PeeVee.TV
   

  ログイン

ホーム 新規ユーザー登録

新着動画一覧

01 02 03

サムネイル

安定した職業・仕事で働きたい!という基準で仕事を選ぶ際の注意点

参考記事:http://perfectlifeproject.com/archives/3059 『大企業に就職すれば安定する。』といったことはよく言われていますが、 今の時代においても『安定した仕事・職業で働きたい!』と考えられている方々に、こうした考え方は危険極まりないということについてお伝えしていきます。 まず、現代においては『安定した職業・仕事』などといったものはほとんどありません。そして、今後も長期的な雇用が保障された仕事は減っていく傾向にあります。 また、こうした流れの中で安定した職業や仕事を求め続けることになれば、『安定』のために『時間とお金を犠牲にすること』になっていきます。

投稿者:サイト名 創職男子☆守淳史
投稿日時:2016.5.11. 11:01
視聴回数:139回
お気に入り登録:0
カテゴリ: ハウツー  
タグ:

サムネイル

メルマガ+アフィリ

参考記事:http://perfectlifeproject.com/archives/4567 トレンドアフィリエイトが飽和状態にならない理由の1つ目では数多くの実践者が途中で挫折するということについてお話しましたが、 トレンドアフィリエイトを実践して十分に稼げるようになった人々はより難易度が高く高いアフィリエイト報酬が見込める特化型ブログによるサイトアフィリエイトやブログ運営のコンサルティングといったより高いステージ並行していきます。

投稿者:サイト名 創職男子☆守淳史
投稿日時:2016.5.11. 10:49
視聴回数:104回
お気に入り登録:0
カテゴリ: ハウツー  
タグ:

サムネイル

アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です)メタ理論・タルムード5章 ・聖クルアーン 68章

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です) メタ理論 ・真なるものを発見する術であるトピカが 発見した真なるものを掲げるとき、 真偽を判断する術であるクリティカで 虚偽なるものを排斥する。 真なるものと真らしきものの判断の場合、 デカルトが 人間誰もが公平に持つ 良識または理性で 真らしきものについて 真偽を正しく区別するための クリティカ的な能力の新しい クリティカという真偽の 判断を行なう判断術にかければ 真らしきものの段階は虚偽であると 真偽の判断の論究を行なったが、 ヴィーコは、 デカルトの方法を認めつつ 真らしきものは虚偽でなく 真らしく見えるが まだはっきりしない真である。 これらは、 真らしきものについての 真偽の判断の未然の段階の 発見の術である新しいトピカの 効果が存在することから、 真らしきものの真偽について 真らしきものを発見する術の 新しいトピカの 発見の術の論究を行なった。 人間の歴史と自然の歴史と 未来の新しい技術と 生き物についての論究から 包括的な歴史を基底に 意欲的な未来を知覚していく ということについて。 存在を離れ不在の表象を 保持する知覚である 持続的表象について 思索するとき、 人間は採取する対象が 現在不在でもそのための 言葉を創作して道具を製作する。 他方、 類人猿が持つ心象場合、 その場限りの知覚である 移行的心象であり、 その状況が消えれば 類人猿が持つその対象の表象の 知覚と意識が消えるが、 これらは、 類人猿とヒトについての差分であり、 大型類人猿のチンパンジーは 獲物を獲得するという行動と 消費するという行動について、 ある程度持続的表象を知覚しながら、 道具を作るための 準備を行なう。 これらについて、 持続的表象と移行的心象で 分けて思索せず、 持続的表象について思索して 大型類人猿とヒトの 質の差分について思索する。 ・タルムード5章 ・聖クルアーン 68章

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.11.5. 13:57
視聴回数:774回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です)メタ理論・タルムード5章   ・聖クルアーン   68章  

サムネイル

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です) メタ理論・意義no類似性の逆説的差分・タルムード3章 ・聖クルアーン 66章

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です) メタ理論 ・意義が類似性の逆説的差分であり 外界を切り開く言葉と道具に派生して、 日常生活の意義から 日常作業の意義に 展開する過程に対しても 意義が意図に派生して 展開する機能を包含する ということについて ・人間が扱う道具と言葉が 自然界または実有の 外を切り開く機能がある ということについて ・タルムード3章 ・聖クルアーン 66章

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.11.3. 21:00
視聴回数:211回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: アヴェ・ヴェルム・コルプス   (お話です)   メタ理論   ・意義が類似性の逆説的差分であり   外界を切り開く言葉と道具に派生して   日常生活の意義から   日常作業の意義に   展開する過程に対しても   意義が意図に派生して   展開する機能を包含する   ということについて   ・人間が扱う道具と言葉が   自然界または実有の   外を切り開く機能がある   ということについて   ・タルムード3章   ・聖クルアーン   66章  

サムネイル

Vivaldi Gloria in D Major RV589 (お話です)メタ理論・タルムード6章 ・聖クルアーン 63章

Vivaldi Gloria in D Major RV589 (お話です) メタ理論 ・700万年前の人類と身体的構造が 直立二足歩行で手が長くなり 顔が短くなッたことで 顔の言語を発する行為と 手を動かす行為が切り話されて発達したことで 社会的言葉と行為を複雑に修理できるようになり 道具が発達して脳容量が増えたのでなく 社会的生活の知覚が発達して 脳容量が増して 複雑な道具を作ることが できるようになった面も 同時に存在するということについて ・タルムード6章 ・聖クルアーン 63章

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.10.25. 21:23
視聴回数:415回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: Vivaldi   Gloria   in   D   Major   RV589   (お話です)   メタ理論   ・700万年前の人類と身体的構造が   直立二足歩行で手が長くなり   顔が短くなッたことで   顔の言語を発する行為と   手を動かす行為が切り話されて発達したことで   社会的言葉と行為を複雑に修理できるようになり   道具が発達して脳容量が増えたのでなく   社会的生活の知覚が発達して   脳容量が増して   複雑な道具を作ることが   できるようになった面も   同時に存在するということについて   ・タルムード6章   ・聖クルアーン   63章  

サムネイル

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です) メタ理論・ある行為の意図の表現についての論究・タルムード2章・聖クルアーン 47章

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です) 「メタ理論」 「ある意図を行為する・行為を意図する。ある意図をもって行為するということについての論究」 「ミシュナー・タルムード ピルケ・アヴォート 第2章」 「聖クルアーン 第47章」

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.9.27. 22:48
視聴回数:280回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: アヴェ・ヴェルム・コルプス   (お話です)   「メタ理論」   「ある意図を行為する・行為を意図する。ある意図をもって行為するということについての論究」   「ミシュナー・タルムード   ピルケ・アヴォート   第2章」   「聖クルアーン   第47章」  

サムネイル

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です) メタ理論・ある行為の意図の表現についての論究・タルムード2章・聖クルアーン 47章

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です) 「メタ理論」 「ある意図を行為する・行為を意図する。ある意図をもって行為するということについての論究」 「ミシュナー・タルムード ピルケ・アヴォート 第2章」 「聖クルアーン 第47章」

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.9.27. 22:42
視聴回数:315回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: アヴェ・ヴェルム・コルプス   (お話です)   「メタ理論」   「ある意図を行為する・行為を意図する。ある意図をもって行為するということについての論究」   「ミシュナー・タルムード   ピルケ・アヴォート   第2章」   「聖クルアーン   第47章」  

サムネイル

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です) メタ定理 「文献学」 「批判術」 「インゲニウム(鋭敏)」「メトドゥス(推理の方法)」

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です) メタ定理 言葉を聴く 言葉を読む これらを別々の手立てを ある個人が 領納(感受)した時の 解釈の差分が 色と音を受けて 処理して行くときの 知覚の過程と どの程度相依性 が存在するか ということについて 「文献学」 「批判術」 「インゲニウム(鋭敏)」 「メトドゥス (推理の能力の手立ての方法)」

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.9.3. 01:22
視聴回数:467回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: アヴェ・ヴェルム・コルプス   (お話です)   メタ定理   言葉を聴く   言葉を読む   これらを別々の手立てを   ある個人が   領納(感受)した時の   解釈の差分が   色と音を受けて   処理して行くときの   知覚の過程と   どの程度相依性   が存在するか   ということについて   「文献学」   「批判術」   「インゲニウム(鋭敏)」   「メトドゥス   (推理の能力の手立ての方法)」  

サムネイル

合唱組曲 島よ (朗読) (お話です)「解釈学について」

合唱組曲 島よ (朗読) (お話です) 「解釈学について」 伝統に対する隔たりある対象 伝統への帰属性の 両極の中間の位置に解釈学が存在する ということについてのお話、 想像の不可能性を越えて 互いの相手のことを知らずして 諸民族全ての間に生まれた 共通感覚を異なる点も知覚して 領納(感受)していくということについて

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.8.31. 13:20
視聴回数:334回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: 合唱組曲   島よ   (朗読)   (お話です)   「解釈学について」   伝統に対する隔たりある対象   伝統への帰属性の   両極の中間の位置に解釈学が存在する   ということについてのお話   想像の不可能性を越えて   互いの相手のことを知らずして   諸民族全ての間に生まれた   共通感覚を異なる点も知覚して   領納(感受)していくということについて  

サムネイル

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です) メタ定理 「インゲニウム」 「メトドゥス」 「批判術」

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です) メタ定理 「インゲニウム(鋭敏)」 「メトドゥス(推理の能力の手立ての方法)」 「批判術」 リチュアル(儀式)と伝統と クレオール(言語・民族・国家に対する 自明の帰属関係を解除して自分という主体に 多様の環境を呼び込む) についてのお話を 途中からですが見てました !! 脳の言語野と言葉について 脳を持つ生き物が 相互の意識について 確実に了解(理解)できるが、 社会というものを 各生き物が 各々確認してから 相互の意識について 再度すり合わせを行うとき 相互の意識について 了解(理解)することが困難になる ということも気になります !! 音と光の脳の認識と 言葉の知覚を デジタルとアナログで捉える ということについても気になります !! (音と光は 波の性質という点で 合致しますが、 光が電磁波という点で 異なります。 音には縦波と横波があり、 縦波は波の進行方向に対して 平行に振動して、 横波は波の進行方向に対して 垂直に振動します。 音の場合、気体中で横波は存在せず、 縦波(疎密波)だけになります。 光については別で、 光は真空中で 空間の電界と磁界の強さの 横波で振動して、振動する 電界と磁界の強さを伝える 波の方向が進行方向に対して 直角ですから横波になります。 光の場合、偏光の現象が生じますが、 縦波に偏光が存在しません。 光が横波の性質ということを 知覚でいう色覚の波の周期の 枚挙の証明で説明します。 ) 言葉を遺伝子に種子(しゅうじ) として生理学的に備えてる可能性がある ということを 『ピジン (共通語を持たない人々の間で ある事象に対して限られた意思疎通の 必要性の存在から生まれる言語。  : エスペラント語も気になりました。)』 を扱う最初の世代があり その子供の世代が ピジンの言語を習うことなく 生理的に扱ってることを 伺わせるという事象から知覚して、 これらをいかに領納していくか ということについて

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.8.31. 12:23
視聴回数:1098回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: アヴェ・ヴェルム・コルプス   (お話です)   メタ定理   「インゲニウム(鋭敏)」   「メトドゥス(推理の能力の手立ての方法)」   「批判術」   リチュアル(儀式)と伝統と   クレオール(言語・民族・国家に対する   自明の帰属関係を解除して自分という主体に   多様の環境を呼び込む)   についてのお話を   途中からですが見てました   !!   脳の言語野と言葉について   脳を持つ生き物が   相互の意識について   確実に了解(理解)できるが   社会というものを   各生き物が   各々確認してから   相互の意識について   再度すり合わせを行うとき   相互の意識について   了解(理解)することが困難になる   ということも気になります   !!   音と光の脳の認識と   言葉の知覚を   デジタルとアナログで捉える   ということについても気になります   !!   (音と光は   波の性質という点で   合致しますが   光が電磁波という点で   異なります。   音には縦波と横波があり   縦波は波の進行方向に対して   平行に振動して   横波は波の進行方向に対して   垂直に振動します。   音の場合   気体中で横波は存在せず   縦波(疎密波)だけになります。   光については別で   光は真空中で   空間の電界と磁界の強さの   横波で振動して   振動する   電界と磁界の強さを伝える   波の方向が進行方向に対して   直角ですから横波になります。   光の場合   偏光の現象が生じますが   縦波に偏光が存在しません。   光が横波の性質ということを   知覚でいう色覚の波の周期の   枚挙の証明で説明します。   )   言葉を遺伝子に種子(しゅうじ)   として生理学的に備えてる可能性がある   ということを   『ピジン   (共通語を持たない人々の間で   ある事象に対して限られた意思疎通の   必要性の存在から生まれる言語。   :   エスペラント語も気になりました。)』   を扱う最初の世代があり   その子供の世代が   ピジンの言語を習うことなく   生理的に扱ってることを   伺わせるという事象から知覚して   これらをいかに領納していくか   ということについて  

01 02 03

   
videovar
iPeeVee iPeeVee

会社概要 |  ソリューション |  お問い合わせ |  スタッフ募集 |  利用規約 |  プライバシーポリシー

Copyright (C) 2006-2019 PeeVee Corporation. All rights reserved.