PeeVee.TV
   

  ログイン

ホーム 新規ユーザー登録

新着動画一覧

01

サムネイル

合唱組曲 島よ (朗読) (お話です)メタ理論・タルムード1章・聖クルアーン13章

合唱組曲 島よ (朗読) (お話です) メタ理論 タルムード第1章 聖クルアーン第13章 『タルムード第1章』 1。 モーセはシナイ山から律法(トーラー)を受け、ヨシュアに伝え、ヨシュアは長老たちに、長老たちは預言者たちに、また預言者たちは大会堂の人々に伝えた。  彼らは三つのことを語った。裁きにおいては慎重であり、多くの弟子を養い育て、トーラーのための垣根をめぐらしなさい。 2。義人シモンが大会堂の人々の最後の一人であった。  彼は言っていた。この世は三つのものの上に立っている。トーラーの上と、神殿の祭儀の上と、慈しみのわざの上である。 3。 ソボの人アンティゴノスは義人シモンから律法(トーラー)を伝えた。   彼が言っていた。給金を受け取るために主人に仕える僕のようであってはいけない。給金を受け取ることをあてにしなしで主人に仕える僕のようでありなさい。天への畏れがあなたたちの上にありますように。 4。 ツェレダの人ヨセ・ベン・ヨエゼルとエルサレムの人ヨセ・ベン・ヨハナン彼らからトーラーを受けた。  ヨセ・ベン・ヨエゼルは言う。あなたの家を賢者のための集会所にしなさい。また彼らの足下の塵にまみれて座り、彼らの言葉を渇くがごとく飲みなさい。 5。 あなたの家が開いている幅になりましょうとあなたの世帯のメンバーである、貧しい人々をさせ、そして女性とあまり話しません。エルサレムのヨシ·ベンYochananは述べています。 これは自分の妻について語った;なおさら自分の隣人の妻について。 したがって、賢人は言った:女性とあまり話す彼は自分自身に悪もたらし、律法の研究を無視し、最後に地獄を継承します。 6。 ジョシュアベ​​ンPerachyahとNittai Arbelite彼らから律法を受けた。 ジョシュアベ​​ンPerachyahは言った:あなた自身のために教師を提供し、自分の友人を取得およびメリットに向かってすべての人を判断する。 7。 邪悪な隣人から離れたまま、邪悪に関連付けることはできません、そして報復への信仰を放棄しないでください。Nittai Arbeliteは述べています。 『聖クルアーン第13章』 雷電章(アッ・ラアド) マディーナ啓示43節 13-1.アリフ・ラーム・ミーム・ラー。これは啓典の印である。そしてそれは主から、あなたに啓示された真理である。だが人びとの多くは信じない。 13-2.アッラーこそは、あなたがたには見える柱もなくて、諸天を掲げられた方である。それからかれは、(大権の)御座に鎮座なされ、太陽や月を従わせられる。(だから)各々の定められた時期まで運行する。かれが凡ての事物を規制統御し、種々の印を詳しく述べられる。必ずあなたがたに主との会見に就いて確信させるためである。 13-3.かれこそは大地を広げ、その上に山々や河川を配置された方である。またかれはそこで、凡ての果実を2つ(雌雄)の対になされた。また夜でもって昼を覆わされる。本当にこの中には、反省する人びとへの印がある。 13-4.また地上には、隣り合う(が相異った)地域がある。ブドウの園、穀物の畑、一つの根から出た、またはそうでないナツメヤシの木、同じ水で灌漑されても、食物としてあるものを外のものよりも優れたものになさる。本当にこの中には、理性ある人びとにとって印がある。

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.8.16. 14:32
視聴回数:5358回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: 合唱組曲   島よ   (朗読)   (お話です)   メタ理論   タルムード第1章   聖クルアーン第13章   『タルムード第1章』   1。   モーセはシナイ山から律法(トーラー)を受け   ヨシュアに伝え   ヨシュアは長老たちに   長老たちは預言者たちに   また預言者たちは大会堂の人々に伝えた。   彼らは三つのことを語った。裁きにおいては慎重であり   多くの弟子を養い育て   トーラーのための垣根をめぐらしなさい。   2。義人シモンが大会堂の人々の最後の一人であった。   彼は言っていた。この世は三つのものの上に立っている。トーラーの上と   神殿の祭儀の上と   慈しみのわざの上である。   3。   ソボの人アンティゴノスは義人シモンから律法(トーラー)を伝えた。   彼が言っていた。給金を受け取るために主人に仕える僕のようであってはいけない。給金を受け取ることをあてにしなしで主人に仕える僕のようでありなさい。天への畏れがあなたたちの上にありますように。   4。   ツェレダの人ヨセ・ベン・ヨエゼルとエルサレムの人ヨセ・ベン・ヨハナン彼らからトーラーを受けた。   ヨセ・ベン・ヨエゼルは言う。あなたの家を賢者のための集会所にしなさい。また彼らの足下の塵にまみれて座り   彼らの言葉を渇くがごとく飲みなさい。   5。   あなたの家が開いている幅になりましょうとあなたの世帯のメンバーである   貧しい人々をさせ   そして女性とあまり話しません。エルサレムのヨシ·ベンYochananは述べています。   これは自分の妻について語った;なおさら自分の隣人の妻について。   したがって   賢人は言った:女性とあまり話す彼は自分自身に悪もたらし   律法の研究を無視し   最後に地獄を継承します。   6。   ジョシュアベ​​ンPerachyahとNittai   Arbelite彼らから律法を受けた。   ジョシュアベ​​ンPerachyahは言った:あなた自身のために教師を提供し   自分の友人を取得およびメリットに向かってすべての人を判断する。   7。   邪悪な隣人から離れたまま   邪悪に関連付けることはできません   そして報復への信仰を放棄しないでください。Nittai   Arbeliteは述べています。   8。   ユダベンTabbaiとシモン·ベンShetachは彼らから律法を受けた。   ユダベンTabbaiは言った:裁判官の前に提示しているもののように自分自身をしないでください。   律法の訴訟の当事者があなたの前に立っているとき   彼らは邪悪な男として   あなたの目でなければなりませんが   彼らは判決を受け入れた場合   彼らが出発したとき   彼らは無実のようにあなたの目でなければなりません。   9。   シモン·ベンShetachは言った:熱心に証人を調べ   それらが改ざんすることを学ぶそれらを介しないようにあなたの言葉で注意が必要です。   10。   ShemayahとAvtalion彼らから律法を受けた。   支配を嫌い;愛の仕事は   政府の過度の親密さを求めていない:Shemayahは述べています。   11。   あなたは追放のペナルティが発生し   学習の水は不純と   それらを飲むと死ぬの後に来るの弟子である場所に呼ばれていないように賢者は   あなたの言葉で注意してください   そして天の名前が結果的に汚​​されています。Avtalionは言った。   12。   ヒレルとshammaiは   彼らから律法を受けた。   ヒレルは言った:平和を愛し   平和を追求し   アーロンの弟子である   あなたの仲間の生き物を愛し   律法に近いそれらをもたらす。   13。   彼ヒレルは言っていた。名声を得る者はその名声を失い   増やさない者は減らし   学ばない者は死罪の罪責を負う。冠を利用するものは過ぎ去るであろう。   14。   彼ヒレルは言っていた。わたしは自分のためでないときは   わたしのために誰がいるのであろうか。またわたしがわたし自身のためであれば   わたしは何者であろうか。そして今でなければ   いつであろうか。   15。   シャマイは言う。あなたの律法(トーラー)の学びを決まって行い   口数を減らして多くのわざをなし   すべての人をにこやかな面持ちで受け入れなさい。   16。   ラッパン・ガマリエルは言う。また師について疑問を晴らしなさい。推定から十分の一の捧げ物を納めすぎてはいけません。   17。   彼の息子のシメオンは言う。わたしは生涯を通じて賢者たちの間で大きくなったが   自分にとって沈黙にまさるものは見つからなかった。   肝要なのは律法(トーラー)の解釈でなく   実践である。誰であれ口数の多い人は罪を招く。   18。   ラッパン・シメオン・ベン・ガマリエルは言う。この世は三つの物の上に立っている。正義の上に   真実の上に   平和の上に。「城門では真実と正義に基づき/平和をもたらす裁きをせよ」(ゼカリヤ書8・16)と言われているからである。   『聖クルアーン第13章』   雷電章(アッ・ラアド)   マディーナ啓示43節   13-1.アリフ・ラーム・ミーム・ラー。これは啓典の印である。そしてそれは主から   あなたに啓示された真理である。だが人びとの多くは信じない。   13-2.アッラーこそは   あなたがたには見える柱もなくて   諸天を掲げられた方である。それからかれは   (大権の)御座に鎮座なされ   太陽や月を従わせられる。(だから)各々の定められた時期まで運行する。かれが凡ての事物を規制統御し   種々の印を詳しく述べられる。必ずあなたがたに主との会見に就いて確信させるためである。   13-3.かれこそは大地を広げ   その上に山々や河川を配置された方である。またかれはそこで   凡ての果実を2つ(雌雄)の対になされた。また夜でもって昼を覆わされる。本当にこの中には   反省する人びとへの印がある。   13-4.また地上には   隣り合う(が相異った)地域がある。ブドウの園   穀物の畑   一つの根から出た   またはそうでないナツメヤシの木   同じ水で灌漑されても   食物としてあるものを外のものよりも優れたものになさる。本当にこの中には   理性ある人びとにとって印がある。   13-5.もしあなたが不思議に思うのなら   「わたしたちが(現実に)土になった時   わたしたちは本当に新しく創造されるであろうか。」とかれらの言うことこそ不思議である。これらは主を信じない者である。かれらはその首に枷がかけられる火獄の仲間で   その中に永遠に住む者である。   13-6.かれらは(多くの)見せしめの例がかれら以前にあるのにあなたに幸福よりも   寧ろ災厄を急いで求める。しかしあなたの主は人間の悪い行いに対し本当に寛容であり   またあなたの主は   懲罰にも本当に痛烈である。   13-7.信じない者たちは   「何故主からかれらに一つの印も下らないのだろうか。」と言う。あなたは一人の警告者に過ぎない。各々の民には一人の導き手がある。   13-8.アッラーは各々の女性が   妊娠するのを知っておられ   またその子宮の(胎児の時が)直ぐ終るか   また延びるかを知っておられる。凡てのことは   かれの御許で測られている。   13-9.かれは幽玄界も現象界も知っておられる方   偉大にして至高の方であられる。   13-10.あなたがたが言葉を隠しても   また声を出して言っても   あるいは夜間に隠れても   また昼間公然と出かけても   (全知の主においては)同じことである。   13-11.各人には   前からも後ろからも   次から次に(天使)が付いていて   アッラーの御命令により監視している。本当にアッラーは   人が自ら変えない限り   決して人びと(の運命)を変えられない。だがアッラーが(一度)人びとに災難を下そうと御望みになれば   それは決して避けることは出来ない。かれらには   かれの外に守護者はないのである。   13-12.かれこそは稲妻を現わしてあなたがたに恐れと希望を抱かせられ   (雨を含む)重い雲を起こさせられる方である。   13-13.雷はかれを讃えて唱念し   また天使たちもかれを畏れて唱念する。かれは雷鳴を送られ   かれらがアッラーに就いて論争している間に   これでかれの御好みの者を撃たれる。かれは力ある強烈な方である。   13-14.真実の祈りはかれに(だけ祈ることで)ある。かれの外にかれらが祈るものは   決してかれらに答えない。丁度両手を水に差し伸べて   それが自分のロに届く(のを望む)ようなもので   それはかれに届かない。信仰がない者の祈りは   (心が)迷っている(ので無益なこと)に過ぎない。   13-15.天と地上で凡てのものは   好むと好まないとに拘らず   またかれらの影も   朝夕   アッラーにサジダする。   13-16.言ってやるがいい。「天と地の主は誰であるのか。」言ってやるがいい。「アッラーであられる。」言ってやるがいい。「あなたがたはかれの外に   自分自身にさえ益も害も齎せないものたちを保護者とするのか。」言ってやるがいい。「盲人と晴眼者は同じであるのか。また暗黒と光明とは同じであるのか。かれらはアッラーが創造されたような創られたものを   かれと同位に配する。それでかれらには創造の意味が疑わしくなったのか。」言ってやるがいい。「アッラーは凡てのものの創造者であり   かれは唯一にして全能であられる。」   13-17.かれが天から雨を降らせられれば   その量に応じて谷を流れ   奔流は浮ぶ泡を乗せて運び去る。また装飾品や道具を造るために(金属)を火にかけても   それと同じ泡(が出来る)。このようにアッラーは   真実と虚偽とを提示なされる。泡は塵のように消え去る。だが人類を益するものは   地上に残る。アッラーはこのように   種々の譬えで説き明かされる。   13-18.かれらの主に答える者には善賞があり   かれに答えない者には   かれらが天地の凡てのものを所有し   またはそれに倍するものをもち   罪を贖うために提供しても(無益である)。かれらにとっては   悪い清算であろう。その住まいは地獄である。その臥床の何と悲惨なことよ。   13-19.主からあなたに下されたものが   真理であることを知る者と   (盲人が物を見られないように)物事を見られない者と同じ(ように報いられる)であろうか。心ある者だけが   訓戒を受け入れることが出来る。   13-20.(即ち)アッラーの約束を全うし契約に違反しないで   13-21.結ばれるようアッラーが命じられる者と一緒になり   主を畏敬し   (審判の日の)悪い清算を恐れる者である。   13-22.また主の御顔を求めて耐え忍び   礼拝の務めを守り   われが糧のために与えたものの中から   陰に陽に施し   また善によって悪を退けるような者は   (善)果の住まいを得る。   13-23.かれらは   その祖先と配偶者と子孫の中の善行に励む者と一緒に   アドン(エデン)の園に入るであろう。そして天使たちも各々の門からかれらの許に入(ってこう挨拶す)るであろう。   13-24.「あなたがよく耐え忍んだ故に   あなたがたの上に平安あれ。まあ何と善美な終末の住まいであることよ。」   13-25.だがアッラーに誓った後   その契約を破り   アッラーが結べと命じられる者と縁を切り   地上で悪を行った者には呪いがあり   悪い住まいに入るであろう。   13-26.アッラーは御心に適う者に豊かに糧を与え   また乏しくも授けられる。(かれらは)現世の生活を楽しむ。だが現世の生活は   来世では   (はかない)享楽に過ぎない。   13-27.信じない者は言う。「何故主からの印が   かれ(ムハンマド)に下されないのですか。」言ってやるがいい。「本当にアッラーは   御好みの者を迷うに任せ   悔悟してかれに返る者を導かれる。   13-28.これらの信仰した者たちは   アッラーを唱念し   心の安らぎを得る。アッラーを唱念することにより   心の安らぎが得られないはずがないのである。」   13-29.信仰して   善行に励む者にとっては   至福〔トゥーバー〕がかれらのものであり   善美な所が(究極の)帰り所である。   13-30.そこでわれは   以前に多くの民衆が滅び去った民の中に   あなたを遣わした。それはわれが啓示によってあなたに下すものを   慈悲深き御方を未だ信じないでいるかれらに   読誦させるためである。言ってやるがいい。「かれはわたしの主であられ   かれの外には神はないのである。かれにわたしの凡てを御委せし   かれこそわたしの拠り所である。」   13-31.仮令一部のクルアーンがあって   それにより山々が移動され   大地が裂かれ   または死者に語らせることが出来ても   凡ての命令はアッラーに属すのである。アッラーの御心があれば   人類を一斉に導かれることを   信仰する者たちは未だに納得していないのか。だが不信者たちはかれらの(悪い)行いのために   アッラーの約束が実現するまで災厄がかれらの住まいとその付近に絶えることなく付きまとう。本当にアッラーは決して約束を違えられない。   13-32.(多くの)使徒は   あなた以前に確かに嘲笑された。だがわれは不信心な者たちに猶予を与え   それからかれらを捕えた。わが報復は如何であったのか   13-33.かれは人間各人の行う凡てのことを   監察される御方ではないか。だがかれらはアッラーに同位の者を配する。言ってやるがいい。「かれらの名を挙げよ。あなたがたは   かれが地上で知っておられないものを   かれに告げようとするのか。それとも架空な語に過ぎないのか。」いやそうではない。不信心な者は   かれらの策謀したものが立派に見えて   道から閉め出されたのである。アッラーに迷うに任せられた者には   誰も導き手はいない。   13-34.かれらに対しては   現世の生活でも罰が科せられる。だが来世の懲罰は更に厳しい。かれらはアッラー(の御怒り)に対し   守護者もないのである。   13-35.主を畏れる者に約束される楽園に就いて言えば   川が下を流れ   常に果実が実り   日陰に覆れている。これが   かれら主を畏れる者の結末である。だが不信者の結末は火獄である。   13-36.わが啓典を与えられた者たちは   あなたに啓示されたものを喜ぶ。だが氏族の中には   その一部分を拒否する者がある。言ってやるがいい。「わたしはアッラーに仕え   何ものもかれに比肩してはならないと命じられた。わたしはかれにだけ祈りを捧げ   またかれの御許に帰るのである。」   13-37.このようにわれは   アラビア語で判断(の規範)を下した。知識があなたがたに下った後   かれらの(虚しい)欲求に従うならば   あなたはアッラー(の怒り)に対して   援助者もなく守護者もないであろう。   13-38.われはあなた以前にも使徒たちを遣わし   妻と子孫をかれらに授けた。だがアッラーの御許しがない限り   何の使徒も印を現わすことはなかった。各時代に   一つの啓典が(下されるので)ある。   13-39.アッラーは   御好みのものを取り消し   または確認なされる。啓典の母体はかれの御許にある。   13-40.われがかれらに約束したことの一部を   あなたに示しても   または(その完成前に)あなたの魂をわれに召しても   あなたの任務は(啓示を)伝えることであり   清算はわれの行うことである。   13-41.かれらは   われがこの地に来て   端々からそれを切り崩しているのを見ないのか。アッラーの御裁き(ある時)   それを妨げるものはない。かれは清算に迅速であられる。   13-42.かれら以前の者も(使徒に対して)策謀した。だが凡ての策謀はアッラーに属する。かれは各人の行ったことを知っておられる。不信者は   終末の住いが誰のものであるかを間もなく知るであろう。   13-43.信仰しない者は   「あなたは使徒ではない。」と言う。言ってやるがいい。「わたしとあなたがたとの間の立証者として   アッラーと啓典の知識を持つ者がいれば十分である。」  

サムネイル

Vivaldi Gloria in DMajorRV589(お話です)ギリシャとヘブライの倫理・タルムード2章・クルアーン8章

Vivaldi Gloria in D Major RV 589 (お話です) 「ギリシャとヘブライの倫理」 『タルムード:Avot 第2章』 「イスラエルとユダヤの歴史: 神と約束についてと アブラハムと族長について」 「Beethoven Symphony No.9 (Tenor) Corus」 『聖クルアーン 第8章』 「メタ理論: 感覚的トピカについて 無知の知と頑迷な無知について 神々の形象について」 『タルムード:Avot 第2章』 第2章 1。 ラビは言う。人が選ぶべき正しい道はどれだろうか。何であれそれを行うことが誉れであり、また人から彼に誉が与えられるものであれば。また重い掟と同じ程、軽い掟にも留意しなさい。なぜならば、あなたは掟の遵守の報酬に何が与えられるかを知らないからである。また掟の遵守が招く損失をその遵守の報酬と比べて計算しなさい。また、罪の報いを掟の遵守が招く損失と比べて計算しなさい。以下の三つのことに留意しなさい。そうすればあなたは罪の手中に陥ることはない。あなたの上に何があるのかを知りなさい。すなわち、見ている目、聴いている耳、および、書に記されつづけるあなたのすべての行為。 2。 ラビ・ユダ・ハーナスィの息子ラッパン・ガマリエルは言う。生業のかたわらトーラー(律法)を学ぶことはすばらしい。これらの二つに励むことが罪を忘れさせるからである。しかし労働を伴わないすべてのトーラー(律法)の学びは結局は無意味であり、また罪を引きずって来る。また共同体といっしょに労するものはみな、天の名のために労する者にしなさい。なぜなら彼らの父祖たちの功績が彼らを助け、彼らの義が永続するからである。またあなたたちについて、あなたたちがそれらを行ったかのごとく、神であるわたしはあなたたちに大いなる報いを与える。 3。 偽政者たちにに気をつけなさい。なぜなら、彼らは自分たちにとって必要でなければ人に近寄ってこないからである。彼らは自分たちが得になる時は友だちのように見えるが、人が苦境に陥っている時は彼を助けてくれない。 4。 彼は言っていた。神の思し召しをあなたの意思として行いなさい。そうすれば神もあなたの意思をご自身の思し召しのごとく行われるであろう。神の思し召しの前にあなたの意思を無にしなさい。そうすれば神もあなたの意思の前に他の人々の意思を無にされるであろう。  ヒッレルは言う。共同体から分離してはいけない。またあなたの死の日まで自分自身を頼りにしてはいけない。あなたがその立場に立つまでは仲間を裁いてはいけません。最終的に理解されることでも今は理解できないことを言ってはいけない。また、わたしは暇なときに学ぼう。などと言ってはいけません。あなたが暇になることは恐らくないであろう。 『聖クルアーン 第8章』 戦利品章(アル・アンファール) マディーナ啓示 75節 8-1.かれらは戦利品に就いてあなたに問う。言ってやるがいい。「戦利品はアッラーと使徒のものである。だからアッラーを畏れて、あなたがたの間の諸関係を公正に処理し、あなたがたが信者ならば、アッラーと使徒に従え。」 8-2.信者は、アッラーのことに話が進んだ時、胸が(畏敬の念で)戦く者たちで、かれらに印が読誦されるのを聞いて信心を深め、主に信頼する者たち、 8-3.礼拝の務めを守り、われが授けたものを(施しに)使う者たち、 8-4.これらの者こそ真の信者である。かれらには主の御許にいくつもの段階があり、寛容と栄誉ある給養を与えられる。 8-5.そのように主は真理のため、あなたをその家から出て行かせられる。だがある信者の少数は、それを好まなかった。

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.8.5. 04:45
視聴回数:5859回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: Vivaldi   Gloria   in   D   Major   RV   589   (お話です)   「ギリシャとヘブライの倫理」   『タルムード:Avot   第2章』   「イスラエルとユダヤの歴史:   神と約束についてと   アブラハムと族長について」   「Beethoven   Symphony   No.9   (Tenor)   Corus」   『聖クルアーン   第8章』   「メタ理論:   感覚的トピカについて   無知の知と頑迷な無知について   神々の形象について」   『タルムード:Avot   第2章』   第2章   1。   ラビは言う。人が選ぶべき正しい道はどれだろうか。何であれそれを行うことが誉れであり   また人から彼に誉が与えられるものであれば。また重い掟と同じ程   軽い掟にも留意しなさい。なぜならば   あなたは掟の遵守の報酬に何が与えられるかを知らないからである。また掟の遵守が招く損失をその遵守の報酬と比べて計算しなさい。また   罪の報いを掟の遵守が招く損失と比べて計算しなさい。以下の三つのことに留意しなさい。そうすればあなたは罪の手中に陥ることはない。あなたの上に何があるのかを知りなさい。すなわち   見ている目   聴いている耳   および   書に記されつづけるあなたのすべての行為。   2。   ラビ・ユダ・ハーナスィの息子ラッパン・ガマリエルは言う。生業のかたわらトーラー(律法)を学ぶことはすばらしい。これらの二つに励むことが罪を忘れさせるからである。しかし労働を伴わないすべてのトーラー(律法)の学びは結局は無意味であり   また罪を引きずって来る。また共同体といっしょに労するものはみな   天の名のために労する者にしなさい。なぜなら彼らの父祖たちの功績が彼らを助け   彼らの義が永続するからである。またあなたたちについて   あなたたちがそれらを行ったかのごとく   神であるわたしはあなたたちに大いなる報いを与える。   3。   偽政者たちにに気をつけなさい。なぜなら   彼らは自分たちにとって必要でなければ人に近寄ってこないからである。彼らは自分たちが得になる時は友だちのように見えるが   人が苦境に陥っている時は彼を助けてくれない。   4。   彼は言っていた。神の思し召しをあなたの意思として行いなさい。そうすれば神もあなたの意思をご自身の思し召しのごとく行われるであろう。神の思し召しの前にあなたの意思を無にしなさい。そうすれば神もあなたの意思の前に他の人々の意思を無にされるであろう。   ヒッレルは言う。共同体から分離してはいけない。またあなたの死の日まで自分自身を頼りにしてはいけない。あなたがその立場に立つまでは仲間を裁いてはいけません。最終的に理解されることでも今は理解できないことを言ってはいけない。また   わたしは暇なときに学ぼう。などと言ってはいけません。あなたが暇になることは恐らくないであろう。   5。   ヒレルは言った:社会から自分を分離しないでください。そしてあなたの死の日まで自分を信頼していない。   あなたが彼の代わりになるまで   あなたの仲間を判断してはいけない。   理解することはできませんが   最終的に理解されるであろう何かを言うことはありません。   いないと言う:私はあなたが時間がないかもしれないので   私は勉強する時間があるとき。   6。   ヒレルは言うに使用される:野蛮な男が罪を恐れることはできません。無知な人は敬虔なことはできません。また   内気な男が学ぶことができるか   せっかちな人は教えています。   ビジネスに過度に従事する彼は賢明になることはできません。   全く男性が存在しない場所で人となるよう努めています。   7。   また   彼は水の表面に浮かんで頭蓋骨を見て   彼はそれを言った:あなたは他人を溺れさせたので   彼らはあなたを溺れさせ   そしてあなたが最終的に溺死され溺死したもの。   8。   彼が言うに使用される詳細の肉より多くのワームを   多くの財産を多くの不安   多くの女性より多くの魔力   より多くの奴隷みだらな   より多くのmanservants多くの盗難。   しかし   多くの律法より多くの人生   多くの学校より多くの知恵   より多くの助言より多くの理解を   より多くの正義の平和。   男は良い名前を取得したとき   彼は自分自身を豊かにする何かを得ています   しかし   彼は律法の言葉を取得したとき   彼は死後の世界を達成している。   rabbanのYochananベンZakkaiはヒレルからとshammaiから律法を受けた。   あなたは多くを学んだしている場合は律法はこの目的のためにあなたが作成されたために   あなた自身のために道徳的な卓越性を主張しません:彼が言っていました。   9。   rabbanのYochananベンZakkaiは   5人の弟子   これらを持っていた   彼らは   次のとおりです。エリエゼルベンHyrcanus   ジョシュアベ​​ンChananiah   ヨシ·プリースト   シモン·ベンNatanel   とエラザールベンArach。   彼は   彼らの賞賛を言うために使用しました。エリエゼルベンHyrcanusは   ドロップを失うことはありません漆喰水槽です。ジョシュアベ​​ンChananiah   -   幸せは彼に出産した彼女であるヨシ·プリーストは   聖人のような人間である。シモン·ベンNatanelは罪の恐ろしいです。   ;エラザールベンArachは絶えず流れる温泉です。   彼が言うに使用される:イスラエルのすべての賢人はバランスおよびその他の国におけるエリエゼルベンHyrcanusのいずれかの規模であった場合   彼はそれらすべてを上回るだろう。   アバシャウルは   しかし   彼の名前は次のように述べている。一緒にエリエゼルベンHyrcanusとイスラエルのすべての賢人は   バランスのいずれかの規模であった場合   エラザールベンArachはそれらを上回るだろう。   rabbanのYochananベンZakkaiは彼らに言った。移動して   いい男が最も大切にしなければならないです参照してください。   ラビエリエゼルは   良い目を言った。   ラビヨシュアは   良い仲間と述べた。   ラビヨシは   良き隣人と述べた。   ラビシモンは   先見の明は言った。   ラビエラザールは   良い心を語った。   彼は彼らに言った:私は彼の言葉のためにあなたが含まれている   あなたの言葉にエラザールベンArachの言葉を好む。   彼は彼らに言った:移動し   男は避けるべき邪悪な方法です参照してください。   ラビエリエゼルは   邪眼は言った。   ラビヨシュアは   邪悪な仲間と述べた。   ラビヨシは   邪悪な隣人と述べた。   ラビシモンが言った   彼は借りて返済しないこと。   それは(詩篇37:21)書かれているために人から借りて   彼は神から借りて一人としては   "邪悪で借りて   返済しませんが   正しい者は寛大であり   与え続ける。"   ラビエラザールは   邪悪な心は言った。   彼は彼らに言った:私は彼の言葉のためにあなたが含まれている   あなたの言葉にエラザールベンArachの言葉を好む。   10。   彼らはそれぞれ3つのことを言っていた。   ラビエリエゼルは言った:あなたの仲間の名誉は   あなた自身のようにあなたのように愛するとする。   簡単に怒りに移動しないこと。   あなたの死の前に一日後悔。   賢人の火災前に自分自身を暖めるが   その一口がジャッカルの咬傷で   その蛇のヒスサソリとそのヒスの痛みを刺すためにあなたは   焼かれることを恐れて   彼らの熱烈な石炭の気が利くとし   すべての彼らの言葉は火の炭のようなものです。   11。   ラビヨシュアは言った:邪眼は   彼の仲間の生き物の邪悪な欲望と憎しみは   世界の人を出した。   12。   ラビヨシは言った:あなたの仲間の男のプロパティは   あなた自身のようにあなたに愛するようになりましょう。   それの知識が継承によって自分のものでないために   律法の研究のためにあなた自身を準備します。   すべてのあなたの行為は天のために行われてみましょう。   13。   ラビ・シメオンは言う。シェマアの朗詠と祈りに気をつけなさい。またあなたが祈る時   あなたの祈りを決まりきった仕事でなく   偏在者   -   彼は頌むべきかな   -   の前で哀れみと嘆願の祈りにしなさい。「主は恵みに満ち   哀れみ深く   /   忍耐強く   慈しみに富み   /   くだした災いを悔いられるからだ」(ヨエル書2・13)といわれているからである。また自分自身の前で悪人であってはいけません。   14。   ラビ・エリアザルは言う。トーラー(律法)を勤勉に学びなさい。また不信心の者になんと答えればよいかを知りなさい。あなたが誰の前で労してるか知りなさい。あなたの労働の報酬をあなたに支払うあなたの雇い主は信頼できる。   15。   ラビ・タルフォンは言う。日は短く仕事は多い。しかい労働者は怠慢で   報酬は多い。そして家の主人はせいている。   16。   彼は言っていた。仕事を完成するのはあなたの責任ではないが   あなたはそれから自由に手を引けるものでもない。もしもあなたがトーラー(律法)を多く学めばあなたに多大な報酬が与えられる。またあなたの労働の報酬をあなたに支払うあなたの雇い主は信頼できる。しかし義人の報酬の授与は   将来であることを知りなさい。   『聖クルアーン   第8章』   戦利品章(アル・アンファール)   マディーナ啓示   75節   8-1.かれらは戦利品に就いてあなたに問う。言ってやるがいい。「戦利品はアッラーと使徒のものである。だからアッラーを畏れて   あなたがたの間の諸関係を公正に処理し   あなたがたが信者ならば   アッラーと使徒に従え。」   8-2.信者は   アッラーのことに話が進んだ時   胸が(畏敬の念で)戦く者たちで   かれらに印が読誦されるのを聞いて信心を深め   主に信頼する者たち   8-3.礼拝の務めを守り   われが授けたものを(施しに)使う者たち   8-4.これらの者こそ真の信者である。かれらには主の御許にいくつもの段階があり   寛容と栄誉ある給養を与えられる。   8-5.そのように主は真理のため   あなたをその家から出て行かせられる。だが信者の一部は   それを好まなかった。   8-6.真理が既に明瞭にされた後でも   かれらはそれに就いてあなたと論議する。それは丁度死を見ていながら   それに向かって追い立てられるかのように。   8-7.またアッラーが   (敵の)2つの隊の中   1つはあなたがたのものであろう   と約束された時を思え。その時あなたがたは武装しない一隊が   あなたがたのものであるようにと望んだ。だがアッラーは御自分の御言葉により   真理を真理として立てられ   不信者が   根絶することを望まれる。   8-8.仮令罪のある者たちが嫌がっても   かれは真理は真理とし   虚偽は虚偽として立証されるためである。   8-9.あなたがたが主に援助を歎願した時を思いなさい。その時あなたがたに答えられた。「われは   次ぎ次ぎに来る一千の天使であなたがたを助けるであろう。」   8-10.アッラーは   只これをあなたがたへの吉報となされ   あなたがたの心をそれで安らげられる。勝利はアッラーからだけ(来る)。アッラーは偉力ならびなく英明な御方であられる。   8-11.その時   かれは平安を与え   あなたがたを微睡で包み   また天から雨を降らせ   それであなたがたを清めて   悪魔の汚れを洗い去り   更にあなたがたの心を引き締めて   あなたがたの足場を   これ(雨)によって固められた。   8-12.あなたの主が   天使たちに啓示された時を思いなさい。「われはあなたがたと一緒にいるのだ。信仰する者たちを堅固にせよ。」われは不信者たちの心の中に   恐れを染み込ませよう。その時あなたがたはかれらの首を刎ね   またそれぞれの指先を打ち切れ。   8-13.これは   かれらがアッラーとその使徒に反抗したためである。アッラーとその使徒に反抗する者には   本当にアッラーは痛烈な懲罰を下される。   8-14.これこそは   (主が行われる)不信者への火刑である。あなたがたはそれを味わえ。   8-15.信仰する者よ   あなたがたが不信者の進撃に会う時は   決してかれらに背を向けてはならない。   8-16.その日かれらに背を向ける者は   作戦上または(味方の)軍に合流するための外   必ずアッラーの怒りを被り   その住まいは地獄である。何と悪い帰り所であることよ。   8-17.あなたがたがかれらを殺したのではない。アッラーが殺したのである。あなたが射った時   あなたが当てたのではなく   アッラーが当てたのである。(これは)かれからの良い試練をもって   信者を試みになられたためである。本当にアッラーは全聴にして   全知であられる。   8-18.このようにアッラーは   不信者の計略を無力になされる。   8-19.(不信者よ)もしあなたがたが決定を求めたのならば   その決定はもう来たのである。あなたがたが(不義な事を)止めるなら   それはあなたがたのために最もよい。もしあなたがたが(攻撃を)繰り返すなら   わたしたちも繰り返すであろう。あなたがたの軍勢が仮令多くても   あなたがたにとっては無益であろう。本当にアッラーは   信者たちと共においでになられる。   8-20.あなたがた信仰する者よ   アッラーとその使徒に従え。(かれの言葉を)聞きながら   かれに背いてはならない。   8-21.また   「わたしたちは聞いた」といいながら   耳を傾けない者のようであってはならない。   8-22.本当にアッラーの御許で最悪の罪人とは   (事理を)理解しない聞かない物言わない者である。   8-23.アッラーがもしかれらに良いところを認められれば   かれは必ずかれらに聞かせられる。だがかれが仮令聞かせられたとしても   かれらは(辞退して)背き去るであろう。   8-24.信仰する者よ   アッラーと使徒の呼びかけに応えなさい。アッラーが(使徒を通じて)あなたがたを(現世と来世で)生かすために呼びかけたときは。アッラーは   人間とその心の間に入られることを知れ。またあなたがたは   必ずかれに召集されるのである。   8-25.また試みの災厄に対して   あなたがたの身を守れ。それはあなたがたの中不義を行う者(だけ)に下るものではない。アッラーは懲罰に厳正であることを知れ。   8-26.あなたがたは地上において少数で弱く   虐待されていた時を思いなさい。人びと(マッカの多神教徒たち)があなたがたを   うち滅ぼしてしまうのではないかと恐れた。だがかれは避難所を与えられ   御助けによりあなたがたを強くされ   また種々の清きよいものを与えられた。恐らくあなたがたは   感謝するであろう。   8-27.あなたがた信仰する者よ   アッラーとその使徒を裏切ってはならない。また故意に   あなたがたへの信頼を裏切ってはならない。   8-28.あなたがたの財産と子女とは一つの試みであり   またアッラーはあなたがたへの最高の報奨を持つ方であることを知れ。   8-29.信仰する者よ   もしあなたがたがアッラーを畏れるならば   かれはあなたがたに識別を与え   あなたがたの諸悪を消滅し赦して下される。本当にアッラーは偉大な恩恵の主であられる。   8-30.また不信心者たちが   あなた(ムハンマド)に対し如何に策謀したかを思い起しなさい。あなたを拘禁し   あるいは殺害し   あるいはまた放逐しようとした。かれらは策謀したが   アッラーもまた計略をめぐらせられた。本当にアッラーは最も優れた計略者であられる。   8-31.またわが印がかれらに読誦された時   かれらは言った。「わたしたちは(先に)聞いている。もしわたしたちが望むならば   これらと同じことが言えるであろう。本当にこれは   昔の物語に過ぎない。」   8-32.またかれらがこう言った時を思いなさい。「アッラーよ   もしこれが本当にあなたからの真理であるならば   わたしたちの上に天から石(の雨)を降らせ   またわたしたちに痛ましい懲罰を科して下さい。」   8-33.だがアッラーは   あなたがかれらの中にいる間   懲罰をかれらに下されなかった。またかれらが御赦しを請うている間は   処罰されなかった。   8-34.かれらは聖なるマスジドの管理者でもないのに   (アッラーのしもベを)そこに入れまいと妨げたことに対して   アッラーがかれらを処罰されずにおかない。(真の)管理者は(主に対し)義務を果たす者だけである。だがかれらの多くはそれが分らない。   8-35.(アッラーの)家におけるかれらの礼拝ぶりは   只ロ笛を吹いて両手で拍手するに過ぎない。あなたがたは不信心であったのだから懲罰を味わえ。   8-36.本当に信じない者たちはアッラーの道から(人びとを)妨げるために   その財資を費やしている。それを費やさせなさい。間もなくそれはかれらの苦悩となり   その中かれらは征服されよう。これら不信心者は地獄に集められるであろう。   8-37.それはアッラーが   善良な者から邪悪な者を区別されるためで   かれは邪悪なものを次々と積み重ね一緒にして   地獄に投げ込まれる。これらの者こそ失敗者である。   8-38.不信心の者に言ってやるがいい。「あなたがたが(信者に対する迫害を)止めるならば   過去のことは赦されよう。」だがかれらがもし繰り返すなら   昔の先例が既にあるのだ。   8-39.だから   迫害と奸計がなくなるまで   また(かれらの)教えがすべてアッラーを示すまで   かれらと戦え。だがかれらがもし(敵対を)止めるならば   本当にアッラーは   かれらの行うことを御存知であられる。   8-40.かれらがもし背き去るなら   アッラーはあなたがたの守護者であることを知れ。何とよい守護者であり   また何とよい救助者であられることよ。  

サムネイル

(お話です) 2 「ギリシャとヘブライの倫理」『タルムード 6章』

(お話です) 2「ギリシャとヘブライの倫理」 『タルムード:Avot 第6章』 「第九の歌詞(ドイツ語)朗読と譜面解釈」 「メタ理論について」 「ラグランジュ方程式について 一般座標と一般運動の等値を示すとき 外力がない条件で成立するハミルトニアが 全エネルギーと比べたときも同じ値になり ここから運動方程式を 導くことができることについて」 「聖クルアーン第6章」 『タルムード:Avot 第6章』 Study is work  それにもかかわらず、勉強は仕事である。 あなたは「トーラに労力」をかけなければいけないと、Rabbi Meirは言った。 勉強がいかに多くの仕事であるか、あなたはすでに知っている。 それは、何度もなんどもレッスンを記憶し試験することを意味する。 あなたは紙に書いて、レポートにまとめなければいけないであろう。 それは、読むこと、再読すること、そして記憶することを意味するであろう。 あなたレッスンを理解するために努力しなければいけないだろう。 そして他の種類の仕事のように、あなたが成功する保証はない。 幾つかの勉強はあなたにとって易しいかもしれないが、他のものはあまりにも 難しいかもしれない。 あなたはこう発見するかもしれない: 時々、失望してあなたの両手を上げてしまいたい、そして言いたい、 「なぜ私は悩むべきなのか?私は本当にうまくいかない。」 「聖クルアーン第6章」 家畜章(アル・アンアーム) マディーナ啓示 165節 6-1.天と地を創造し、暗黒と光明を定められる、アッラーを讃える。だが信じない者は、かれらの主と(外のものを)同位に置く。 6-2.かれこそは、泥から、あなたがたを創り、次いで(生存の)期間を定められた方である。一定(の期間)が、かれの御許に定められている。それでもあなたがたは疑うのか。 6-3.かれこそは天にあっても、地でもアッラーであられる。かれはあなたがたの隠すことも、現わすことも知っておられる。またかれはあなたがたの、働いて得たもの(の応報)をも知っておられる。 6-4.かれらは主から如何なる印を齎されても必ずそれから顔を背けてしまう。 6-5.真理(クルアーン)がかれらの許に来ると、かれらは常にそれを虚偽であるとした。だがかれらの嘲笑する御告げが、間もなく(事実となって)かれらの許に来るであろう。 6-6.われはかれら以前に、次から次に幾世代も滅ぼしたかを、あなたがたは考えないのか。われは地上でかれらを代々安住させ、あなたがたにすらしなかったものを与えた。われは、かれらの上に雲を送り(雨を)注ぎ降らせ、その足許に川を流れさせた。だが凡ての罪のためにかれらを滅ぼし、その跡に外の世代を出現させた。 6-7.仮令われがあなたに紙上に(書いた)啓典を下し、かれらが自分の手でそれに触れても、不信心な者はきっと、「これは明らかに魔術に過ぎない。」と言う。

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.7.30. 07:15
視聴回数:5038回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: (お話です)   2   「ギリシャとヘブライの倫理」   『タルムード:Avot   第6章』   「第九の歌詞(ドイツ語)朗読と譜面解釈」   「メタ理論について」   「ラグランジュの未定乗数法についてと   ラグランジュ方程式について   一般座標と一般運動の等値を示すとき   外力がない条件で成立するハミルトニア(H)が   全エネルギーと比べたときも同じ値になり   ここから運動方程式を   導くことができることについて」   「極値について   0の値の   停留点が鞍点の時と   ヘッシアン(H)についてと   制限がある極値と   ラグランジュの   未定乗数法についてと」   「聖クルアーン第6章」   『タルムード:Avot   第6章』   Study   is   work   それにもかかわらず   勉強は仕事である。あなたは「トーラに労力」をかけなければいけないと   Rabbi   Meirは言った。   勉強がいかに多くの仕事であるか   あなたはすでに知っている。それは   何度もなんどもレッスンを記憶し試験することを意味する。あなたは紙に書いて   レポートにまとめなければいけないであろう。それは   読むこと   再読すること   そして記憶することを意味するであろう。あなたレッスンを理解するために努力しなければいけないだろう。   そして他の種類の仕事のように   あなたが成功する保証はない。幾つかの勉強はあなたにとって易しいかもしれないが   他のものはあまりにも難しいかもしれない。あなたはこう発見するかもしれない:時々   失望してあなたの両手を上げてしまいたい   そして言いたい   「なぜ私は悩むべきなのか?私は本当にうまくいかない。」   Study   is   own   reward   一つの答えがある。成功がその唯一の報酬ではないのだ。たとえ何の仕事であろうとも   そしてそれに成功するかどうかに関わらずに   その真の報酬はその行いにある。ある特別な意味では   勉強はそれ自身の報酬である。   Rabbi   Meir   は言った   それ自身のために(すなわち成功を考えずに)トーラに労力をかける人は誰でも   多くの事に奉仕する;そればかりでなく   全世界が彼に恩義をこう:彼は友人と呼ばれる   かわいい   全ての生き物の愛人   人類の愛人:それは彼におとなしさ   尊敬を付与する;それは彼を正義   信神深く   正直な   そして公正にする;それは彼を罪から遠ざける   そして彼に美徳に近づける:彼を通して世界は助言と知恵ある音を楽しむ。   [   Avot   6:1   ]   ラビは教えた   特に   行動に対してあなた自身を準備する仕事において   あなたの態度は   その真の報酬はいつも行動の中にあると   考えるべきである。一人の生徒である場合を考えてみなさい。我々は全てが生徒として同じ特性を持ってはいない   我々は学問のそれぞれの分野において全てが平等に備えられてはいない。我々の幾人かは   ある学問で他の者たちより優れている。しかし我々の態度は   「勉強すること」は価値があるゆえに全ての生徒が価値があると   考えるべきである。   To   delight   the   Lord   「神は物語を愛するゆえに人間を創造した」   という言う言葉がある。そしてまたアボットの最後の文は   神の創造における神の大いなる喜びのこの考えについて力説している:   聖なるお方   賛えられるべき主が彼の世界を創造したものはみな   ただ神の栄光のために創造された。   [   Avot   6:11   ]   The   work   of   righteousness   我々はアボットの中で読む:人間が死ぬときに   銀や金や宝石や真珠を携えて行くことはできない   しかしただトーラと良い行いは(携えて行くことができる)。   [   Avot   6:9   ]   あなたの価値は   あなたがあなた自身を価値あるものに「させる」ところ   のものに集中する。あなたの価値は   あなたがあなたの行動を規則付けているその価値に従う。ハシディムの人々は   ハニポル(Hanipol)   のレブ・ズシュヤ(Reb   Zusya)   の話を繰り返し告げるのを愛した。レブ・ズシュヤは死ぬときに偉大なを教えを行なった:レブ・ズシュヤの生徒たちは   彼らの先生が死にかけているのを聞いて   最後の訪問にやって来た。しかし部屋に入ったときに   恐れでぶるぶる震えている先生を見て   彼らは驚いた。彼らはたずねた   「あなたはなぜ死を恐れているのですか?」「あなたの生活は   モーゼ自身と同じように正義であったではないですか?レブ・ズシュヤは答えた   「私が審判の王座の前に立つとき   『レブ・ズシュヤよ   なぜあなたはモーゼのようでなかったのか?』私がこのようにたずねられることはなく   『レブ・ズシュヤよ   なぜあなたはズシュヤのようでなかったのか?』私がこのようにたずねられるでしょう。」   明らかに   我々の各々は我々の生活の織機の中で正義の布を織るための努力をしなければいけない。   他の全てから離れて特別な生き物として我々各々作っている唯一な方法で   所有や金もちの意味付けよりもずうっと偉大な意味付けを我々の生活の各々に与えている方法で。あなたの生命の価値を測るこのような方法は   あなたのユダヤ伝統の一部であり   ユダヤ人が保持している価値の一部である。我々の各々は   可能な最上の「わたし」にする努力をすべきである。それこそが   ユダヤ人が生命の価値を測る方法なのである。   「聖クルアーン第6章」   家畜章(アル・アンアーム)   マディーナ啓示   165節   6-1.天と地を創造し   暗黒と光明を定められる   アッラーを讃える。だが信じない者は   かれらの主と(外のものを)同位に置く。   6-2.かれこそは   泥から   あなたがたを創り   次いで(生存の)期間を定められた方である。一定(の期間)が   かれの御許に定められている。それでもあなたがたは疑うのか。   6-3.かれこそは天にあっても   地でもアッラーであられる。かれはあなたがたの隠すことも   現わすことも知っておられる。またかれはあなたがたの   働いて得たもの(の応報)をも知っておられる。   6-4.かれらは主から如何なる印を齎されても必ずそれから顔を背けてしまう。   6-5.真理(クルアーン)がかれらの許に来ると   かれらは常にそれを虚偽であるとした。だがかれらの嘲笑する御告げが   間もなく(事実となって)かれらの許に来るであろう。   6-6.われはかれら以前に   次から次に幾世代も滅ぼしたかを   あなたがたは考えないのか。われは地上でかれらを代々安住させ   あなたがたにすらしなかったものを与えた。われは   かれらの上に雲を送り(雨を)注ぎ降らせ   その足許に川を流れさせた。だが凡ての罪のためにかれらを滅ぼし   その跡に外の世代を出現させた。   6-7.仮令われがあなたに紙上に(書いた)啓典を下し   かれらが自分の手でそれに触れても   不信心な者はきっと   「これは明らかに魔術に過ぎない。」と言う。   6-8.かれらはまた言う。「何故天使が   かれに遣されないのか。」もしわれが天使を遣したならば   事は直ちに決定されて   かれらは猶予されなかったであろう。   6-9.仮令われがかれ(使徒)を天使としても   必ず人間の姿をさせ   (今)かれらが惑うように   きっと惑わせたであろう。   6-10.あなた以前の使徒たちも   確かに嘲笑されていた。だが嘲笑したものは   その嘲笑していたこと(懲罰)に取り囲まれるであろう。   6-11.言ってやるがいい。(ムハンマドよ。)「地上を旅して   真理を拒否した者の最後が   どうであったかを見なさい。」   6-12.言ってやるがいい。「天と地にある凡てのものは   誰の有であるのか。」言ってやるがいい。「アッラーの有である。かれは慈悲を御自分の勤となされる。審判の日には   必ずあなたがたを召集されよう。それに疑いの余地はないのである。」だが自分の魂を滅ぼしてしまった者は   信じないであろう。   6-13.夜と昼とに住む凡てのものは   かれの有である。かれは   全聴にして全知であられる。   6-14.言ってやるがいい。「わたしは   アッラー以外の加護をどうして求めるだろうか。かれは天と地の創造者で   (すべてを)養い   (誰からも)養われない」言ってやるがいい。「わたしは(かれに)服従   帰依する者の先き駆けとなり   『多神教徒の仲間となってはならない』と命じられた。」   6-15.言ってやるがいい。「わたしがもし主に背くならば   偉大な日の懲罰が本当に恐ろしい。」   6-16.その日(懲罰を)免れる者には   必ず慈悲を与えられる。それは明らかに至上の幸福の成就である。   6-17.もしアッラーが   あなたを災厄で害されれば   かれの外にこれを除くものはない。もしかれが   あなたに幸福を届けられれば   本当にかれは凡てのことに全能であられる。   6-18.かれは   そのしもべたちの上におられる至高者であり   かれは英明にして全知であられる。   6-19.言ってやるがいい。「立証において   最も重要なことは何であるか。」言ってやるがいい。「アッラーは   わたしとあなたがたとの間の立証者であられる。このクルアーンが   わたしに啓示されたのは   わたしがあなたがたそして届く限りの者に   それによって警告するためである。あなたがたは(アッラーの外に)他の神があることを   証言出来るのか。」言ってやるがいい。「わたしは証言することは出来ない。」言ってやるがいい。「本当にかれは唯一の神であられる。わたしは   あなたがたが信仰するものとは全く無関係である。」   6-20.われが啓典を授けた者たちは   自分の子を認めるようにこれを認める。だが   自分の魂を滅ぼした者は信じない。   6-21.アッラーに就いて虚偽を作り上げ   またはその印を拒否するより   甚だしい不義があろうか。本当に不義を行う者は決して成功しないであろう。   6-22.われが一斉にかれらを召集する日   邪神を信仰した者たちに(問うて)言う。「あなたがたが言い張っていた   仲間(邪神ども)はどこにいるのか。」   6-23.その時かれらは   こう言う外にロ実はないであろう。「わたしたちの主   アッラーにかけて誓います。わたしたちは決して外の神々を信仰した者ではありません。」   6-24.見なさい。如何にかれらが自らを欺くか。またかれらの虚構したものが   かれらを迷わせたかを。   6-25.かれらの中には   あなたに耳を傾ける者もあるが   われはかれらの心に覆いをしたので   これ(クルアーン)を理解しない。またその耳を鈍くした。だからかれらは仮令各種の印を見ても   これを信じない。そしてかれらがあなたの許にやって来るのは   議論するため(だけ)である。信じない者たちは   「これは昔の物語に過ぎないのです。」と言う。   6-26.かれらは外の者をそれから遠ざけ   また自分たちもこれを避ける。だがかれらは自ら自分の魂を傷つけるだけで   自分はそれに気付かない。   6-27.あなたがもし   かれらが火獄の前に立たされる姿を見たらどうであろう。その時かれらは言う。「ああ   わたしたちがもし送り帰されるならば   決して主の印を拒否しないで   必ず信仰するでしょうに。」   6-28.いや   かれらが今まで隠していたものが   (今)自分たちの前に明らかになったに過ぎない。それでかれらが仮令(再び)戻されても   かれらは必ず禁じられたことを繰り返すであろう。かれらは本当に虚言の徒である。   6-29.かれらは言う。「この世の生があるだけで   再び甦るなどということはないのです。」   6-30.あなたがもし   かれらが主と向かい合って立たされる時を見たらどうであろう。その時(主は)仰せられるであろう。「これは真実ではないか。」かれらは言う。「そうです。主にかけて(誓って)。」かれは仰せられよう。「あなたがたは   信仰を拒否したために懲罰を味わいなさい。」   6-31.アッラーに会うことを虚偽であるとする者は   確かに失敗者である。その時が突然来れば   かれらは言う。「ああ   悲しい   わたしたちは何と疎かなことをしたことか。」かれらは背に自分の重荷を負っている。ああ   かれらの負う重荷こそ災いである。   6-32.現世の生活は   遊びか戯れに過ぎない。だが主を畏れる者には   来世の住まいこそ最も優れている。あなたがたは悟らないのか。   6-33.われはかれらの言葉が   あなたを如何に悲しませるかを知っている。かれらが虚言の徒とするのは   あなたではない。不義者たちは   専らアッラーの印を否定しているだけ。   6-34.あなた以前にも   使徒たちは虚言の徒と呼ばれた。それでわれの救助を得るまで   かれらは拒否と迫害を耐え忍んだ。誰にもアッラーの御言葉を変えることは出来ない。使徒たちに関する一部の消息は   既にあなたに伝えられたのである。   6-35.もしかれらが反抗して去るのがあなたに酷く苦痛をあたえるとき   あなたに出来ることは   地にトンネルを掘り   または天に梯をかけて   かれらに印を現わせ。アッラーが御好みになるならば   (正しい)導きの上にかれらを集められる。それであなたは   無知な者の仲間となってはいけない。  

サムネイル

Vivaldi Gloria in D Major RV589(お話です) 1 「ギリシャとヘブライの倫理」『タルムード 6章』

Vivaldi Gloria in D Major RV 589 (お話です) 1 「ギリシャとヘブライの倫理」 『タルムード:Avot 第6章』 「第九の歌詞(ドイツ語)朗読と譜面解釈」 「メタ理論について」 「ラグランジュ方程式について 一般座標と一般運動の等値を示すとき 外力がない条件で成立するハミルトニア(H)が全エネルギーと比べたときも同じ値になりここから運動方程式を 導くことができることについて」 「停留点が鞍点の時とヘッシアン(H)について」 「聖クルアーン第6章」 『タルムード:Avot 第6章』 Study is work  それにもかかわらず、勉強は仕事である。 あなたは「トーラに労力」をかけなければならないと、Rabbi Meirは言った。 勉強がいかに多くの仕事であるか、あなたはすでに知っている。 それは、何度もなんどもレッスンを記憶し試験することを意味する。 あなたは紙に書いて、レポートにまとめなければならないであろう。 それは、読むこと、再読すること、そして記憶することを意味するであろう。 あなたレッスンを理解するために努力しなければならないだろう。 そして他の種類の仕事のように、あなたが成功する保証はない。 幾つかの勉強はあなたにとって易しいかもしれないが、他のものはあまりにも 難しいかもしれない。 あなたはこう発見するかもしれない: 時々、失望してあなたの両手を上げてしまいたい、そして言いたい、 「なぜ私は悩むべきなのか?私は本当にうまくいかない。」 「聖クルアーン第6章」 家畜章(アル・アンアーム) マディーナ啓示 165節 6-1.天と地を創造し、暗黒と光明を定められる、アッラーを讃える。だが信じない者は、かれらの主と(外のものを)同位に置く。 6-2.かれこそは、泥から、あなたがたを創り、次いで(生存の)期間を定められた方である。一定(の期間)が、かれの御許に定められている。それでもあなたがたは疑うのか。 6-3.かれこそは天にあっても、地でもアッラーであられる。かれはあなたがたの隠すことも、現わすことも知っておられる。またかれはあなたがたの、働いて得たもの(の応報)をも知っておられる。 6-4.かれらは主から如何なる印を齎されても必ずそれから顔を背けてしまう。 6-5.真理(クルアーン)がかれらの許に来ると、かれらは常にそれを虚偽であるとした。だがかれらの嘲笑する御告げが、間もなく(事実となって)かれらの許に来るであろう。 6-6.われはかれら以前に、次から次に幾世代も滅ぼしたかを、あなたがたは考えないのか。われは地上でかれらを代々安住させ、あなたがたにすらしなかったものを与えた。われは、かれらの上に雲を送り(雨を)注ぎ降らせ、その足許に川を流れさせた。だが凡ての罪のためにかれらを滅ぼし、その跡に外の世代を出現させた。 6-7.仮令われがあなたに紙上に(書いた)啓典を下し、かれらが自分の手でそれに触れても、不信心な者はきっと、「これは明らかに魔術に過ぎない。」と言う。

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.7.28. 01:34
視聴回数:4866回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: Vivaldi   Gloria   in   D   Major   RV   589   (お話です)   1   「ギリシャとヘブライの倫理」   『タルムード:Avot   第6章』   「第九の歌詞(ドイツ語)朗読と譜面解釈」   「メタ理論について」   「ラグランジュ方程式について   一般座標と一般運動の等値を示すとき   外力がない条件で成立するハミルトニア(H)が全エネルギーと比べたときも同じ値になりここから運動方程式を   導くことができることについて」   「停留点が鞍点の時とヘッシアン(H)について」   「聖クルアーン第6章」   『タルムード:Avot   第6章』   Study   is   work   それにもかかわらず   勉強は仕事である。   あなたは「トーラに労力」をかけなければならないと   Rabbi   Meirは言った。   勉強がいかに多くの仕事であるか   あなたはすでに知っている。   それは   何度もなんどもレッスンを記憶し試験することを意味する。   あなたは紙に書いて   レポートにまとめなければならないであろう。   それは   読むこと   再読すること   そして記憶することを意味するであろう。   あなたレッスンを理解するために努力しなければならないだろう。   そして他の種類の仕事のように   あなたが成功する保証はない。   幾つかの勉強はあなたにとって易しいかもしれないが   他のものはあまりにも   難しいかもしれない。   あなたはこう発見するかもしれない:   時々   失望してあなたの両手を上げてしまいたい   そして言いたい   「なぜ私は悩むべきなのか?私は本当にうまくいかない。」   Study   is   own   reward   一つの答えがある。成功がその唯一の報酬ではないのだ。   たとえ何の仕事であろうとも   そしてそれに成功するかどうかに関わらずに   その真の報酬はその行いにある。   ある特別な意味では   勉強はそれ自身の報酬である。   Rabbi   Meir   は言った   それ自身のために(すなわち成功を考えずに)トーラに労力をかける人   は誰でも   多くの事に奉仕する;   そればかりでなく   全世界が彼に恩義をこう:   彼は友人と呼ばれる   かわいい   全ての生き物の愛人   人類の愛人:   それは彼におとなしさ   尊敬を付与する;   それは彼を正義   信神深く   正直な   そして公正にする;   それは彼を罪から遠ざける   そして彼に美徳に近づける:   彼を通して世界は助言と知恵ある音を楽しむ。   [   Avot   6:1   ]   ラビは教えた   特に   行動に対してあなた自身を準備する仕事において   あなたの態度は   その真の報酬はいつも行動の中にあると   考えるべきである。   一人の生徒である場合を考えてみなさい。   我々は全てが生徒として同じ特性を持ってはいない   我々は学問のそれぞれ   の分野において全てが平等に備えられてはいない。   我々の幾人かは   ある学問で他の者たちより優れている。   しかし我々の態度は   「勉強すること」は価値があるゆえに全ての生徒が   価値があると   考えるべきである。   To   delight   the   Lord   「神は物語を愛するゆえに人間を創造した」   という言う言葉がある。   そしてまたアボットの最後の文は   神の創造における神の大いなる喜びの   この考えについて力説している:   聖なるお方   賛えられるべき主が彼の世界を創造したものはみな   ただ神の栄光のために創造された。   [   Avot   6:11   ]   The   work   of   righteousness   我々はアボットの中で読む:   人間が死ぬときに   銀や金や宝石や真珠を携えて行くことはできない   しかしただトーラと良い行いは(携えて行くことができる)。   [   Avot   6:9   ]   あなたの価値は   あなたがあなた自身を価値あるものに「させる」ところ   のものに集中する。   あなたの価値は   あなたがあなたの行動を規則付けているその価値に従う。   ハシディムの人々は   ハニポル(Hanipol)   のレブ・ズシュヤ(Reb   Zusya)     話を繰り返し告げるのを愛した。   レブ・ズシュヤは死ぬときに偉大なを教えを行なった:   レブ・ズシュヤの生徒たちは   彼らの先生が死にかけているのを聞いて   最後の訪問にやって来た。しかし部屋に入ったときに   恐れでぶるぶる   震えている先生を見て   彼らは驚いた。   彼らはたずねた   「あなたはなぜ死を恐れているのですか?」   「あなたの生活は   モーゼ自身と同じように正義であったではないですか?」   レブ・ズシュヤは答えた   「私が審判の王座の前に立つとき   『レブ・ズシュヤよ   なぜあなたはモーゼのようでなかったのか?』   私がこのようにたずねられることはなく   『レブ・ズシュヤよ   なぜあなたはズシュヤのようでなかったのか?』   私がこのようにたずねられるでしょう。」   明らかに   我々の各々は我々の生活の織機の中で正義の布を織るための努力を   しなければならない。他の全てから離れて特別な生き物として我々各々作っている   唯一な方法で   所有や金もちの意味付けよりもずうっと偉大な意味付けを我々の   生活の各々に与えている方法で。   あなたの生命の価値を測るこのような方法は   あなたのユダヤ伝統の一部であり   ユダヤ人が保持している価値の一部である。   我々の各々は   可能な最上の「わたし」にする努力をすべきである。   それこそが   ユダヤ人が生命の価値を測る方法なのである。   「聖クルアーン第6章」   家畜章(アル・アンアーム)   マディーナ啓示   165節   6-1.天と地を創造し   暗黒と光明を定められる   アッラーを讃える。だが信じない者は   かれらの主と(外のものを)同位に置く。   6-2.かれこそは   泥から   あなたがたを創り   次いで(生存の)期間を定められた方である。一定(の期間)が   かれの御許に定められている。それでもあなたがたは疑うのか。   6-3.かれこそは天にあっても   地でもアッラーであられる。かれはあなたがたの隠すことも   現わすことも知っておられる。またかれはあなたがたの   働いて得たもの(の応報)をも知っておられる。   6-4.かれらは主から如何なる印を齎されても必ずそれから顔を背けてしまう。   6-5.真理(クルアーン)がかれらの許に来ると   かれらは常にそれを虚偽であるとした。だがかれらの嘲笑する御告げが   間もなく(事実となって)かれらの許に来るであろう。   6-6.われはかれら以前に   次から次に幾世代も滅ぼしたかを   あなたがたは考えないのか。われは地上でかれらを代々安住させ   あなたがたにすらしなかったものを与えた。われは   かれらの上に雲を送り(雨を)注ぎ降らせ   その足許に川を流れさせた。だが凡ての罪のためにかれらを滅ぼし   その跡に外の世代を出現させた。   6-7.仮令われがあなたに紙上に(書いた)啓典を下し   かれらが自分の手でそれに触れても   不信心な者はきっと   「これは明らかに魔術に過ぎない。」と言う。   6-8.かれらはまた言う。「何故天使が   かれに遣されないのか。」もしわれが天使を遣したならば   事は直ちに決定されて   かれらは猶予されなかったであろう。   6-9.仮令われがかれ(使徒)を天使としても   必ず人間の姿をさせ   (今)かれらが惑うように   きっと惑わせたであろう。   6-10.あなた以前の使徒たちも   確かに嘲笑されていた。だが嘲笑したものは   その嘲笑していたこと(懲罰)に取り囲まれるであろう。   6-11.言ってやるがいい。(ムハンマドよ。)「地上を旅して   真理を拒否した者の最後が   どうであったかを見なさい。」   6-12.言ってやるがいい。「天と地にある凡てのものは   誰の有であるのか。」言ってやるがいい。「アッラーの有である。かれは慈悲を御自分の勤となされる。審判の日には   必ずあなたがたを召集されよう。それに疑いの余地はないのである。」だが自分の魂を滅ぼしてしまった者は   信じないであろう。   6-13.夜と昼とに住む凡てのものは   かれの有である。かれは   全聴にして全知であられる。   6-14.言ってやるがいい。「わたしは   アッラー以外の加護をどうして求めるだろうか。かれは天と地の創造者で   (すべてを)養い   (誰からも)養われない」言ってやるがいい。「わたしは(かれに)服従   帰依する者の先き駆けとなり   『多神教徒の仲間となってはならない』と命じられた。」   6-15.言ってやるがいい。「わたしがもし主に背くならば   偉大な日の懲罰が本当に恐ろしい。」   6-16.その日(懲罰を)免れる者には   必ず慈悲を与えられる。それは明らかに至上の幸福の成就である。   6-17.もしアッラーが   あなたを災厄で害されれば   かれの外にこれを除くものはない。もしかれが   あなたに幸福を届けられれば   本当にかれは凡てのことに全能であられる。   6-18.かれは   そのしもべたちの上におられる至高者であり   かれは英明にして全知であられる。   6-19.言ってやるがいい。「立証において   最も重要なことは何であるか。」言ってやるがいい。「アッラーは   わたしとあなたがたとの間の立証者であられる。このクルアーンが   わたしに啓示されたのは   わたしがあなたがたそして届く限りの者に   それによって警告するためである。あなたがたは(アッラーの外に)他の神があることを   証言出来るのか。」言ってやるがいい。「わたしは証言することは出来ない。」言ってやるがいい。「本当にかれは唯一の神であられる。わたしは   あなたがたが信仰するものとは全く無関係である。」   6-20.われが啓典を授けた者たちは   自分の子を認めるようにこれを認める。だが   自分の魂を滅ぼした者は信じない。   6-21.アッラーに就いて虚偽を作り上げ   またはその印を拒否するより   甚だしい不義があろうか。本当に不義を行う者は決して成功しないであろう。   6-22.われが一斉にかれらを召集する日   邪神を信仰した者たちに(問うて)言う。「あなたがたが言い張っていた   仲間(邪神ども)はどこにいるのか。」   6-23.その時かれらは   こう言う外にロ実はないであろう。「わたしたちの主   アッラーにかけて誓います。わたしたちは決して外の神々を信仰した者ではありません。」   6-24.見なさい。如何にかれらが自らを欺くか。またかれらの虚構したものが   かれらを迷わせたかを。   6-25.かれらの中には   あなたに耳を傾ける者もあるが   われはかれらの心に覆いをしたので   これ(クルアーン)を理解しない。またその耳を鈍くした。だからかれらは仮令各種の印を見ても   これを信じない。そしてかれらがあなたの許にやって来るのは   議論するため(だけ)である。信じない者たちは   「これは昔の物語に過ぎないのです。」と言う。   6-26.かれらは外の者をそれから遠ざけ   また自分たちもこれを避ける。だがかれらは自ら自分の魂を傷つけるだけで   自分はそれに気付かない。   6-27.あなたがもし   かれらが火獄の前に立たされる姿を見たらどうであろう。その時かれらは言う。「ああ   わたしたちがもし送り帰されるならば   決して主の印を拒否しないで   必ず信仰するでしょうに。」   6-28.いや   かれらが今まで隠していたものが   (今)自分たちの前に明らかになったに過ぎない。それでかれらが仮令(再び)戻されても   かれらは必ず禁じられたことを繰り返すであろう。かれらは本当に虚言の徒である。   6-29.かれらは言う。「この世の生があるだけで   再び甦るなどということはないのです。」   6-30.あなたがもし   かれらが主と向かい合って立たされる時を見たらどうであろう。その時(主は)仰せられるであろう。「これは真実ではないか。」かれらは言う。「そうです。主にかけて(誓って)。」かれは仰せられよう。「あなたがたは   信仰を拒否したために懲罰を味わいなさい。」   6-31.アッラーに会うことを虚偽であるとする者は   確かに失敗者である。その時が突然来れば   かれらは言う。「ああ   悲しい   わたしたちは何と疎かなことをしたことか。」かれらは背に自分の重荷を負っている。ああ   かれらの負う重荷こそ災いである。   6-32.現世の生活は   遊びか戯れに過ぎない。だが主を畏れる者には   来世の住まいこそ最も優れている。あなたがたは悟らないのか。   6-33.われはかれらの言葉が   あなたを如何に悲しませるかを知っている。かれらが虚言の徒とするのは   あなたではない。不義者たちは   専らアッラーの印を否定しているだけ。   6-34.あなた以前にも   使徒たちは虚言の徒と呼ばれた。それでわれの救助を得るまで   かれらは拒否と迫害を耐え忍んだ。誰にもアッラーの御言葉を変えることは出来ない。使徒たちに関する一部の消息は   既にあなたに伝えられたのである。   6-35.もしかれらが反抗して去るのがあなたに酷く苦痛をあたえるとき   あなたに出来ることは   地にトンネルを掘り   または天に梯をかけて   かれらに印を現わせ。アッラーが御好みになるならば   (正しい)導きの上にかれらを集められる。それであなたは   無知な者の仲間となってはいけない。  

01

   
videovar
iPeeVee iPeeVee

会社概要 |  ソリューション |  お問い合わせ |  スタッフ募集 |  利用規約 |  プライバシーポリシー

Copyright (C) 2006-2019 PeeVee Corporation. All rights reserved.