PeeVee.TV
   

  ログイン

ホーム 新規ユーザー登録

新着動画一覧

01

サムネイル

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です) 「ギリシャとヘブライの倫理」「ニコマコス倫理学」 『タルムード 3章』

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です) 「ギリシャとヘブライの倫理」「プラトンとアリストテレスとニコマコス倫理学」『タルムード:Avot 第3章』「イスラエルとユダヤ教について」「メタ理論について」 第3章 1。 アウガヤ・ベン・マハラエルは言う。三つに留意しなさい。そうすればあなたは罪の手中に陥ることはありません。あなたはどこから来て、どこに行くか、そしてあなたは誰の前で申し開きとと清算をすることになってるかを知りなさい。  あなたはどこから来たか。腐敗したドロップから。あなたはどこに行くか。塵と蛆と虫けらの場所へ。またあなたは誰の前で申し開きとと清算をすることになってるか。王たちを治める王、聖なるお方 - 彼は頌むべきかな - の前で。 2。 神殿長官のラビ・ハナンヤはいう。国の平和のために祈りなさい。なぜならそれへの畏れがなければ、人は彼の仲間が生きてたまま呑み尽くしてしまうからである。  ラビ・ハナンヤ・ベン・ラディオンは言う。二人の者が同席して、律法のない言葉がそれらの間で交換されていない場合、彼らはそれが(詩篇1:1)書かれている、軽蔑のセッションである "またあざける者の座に座る。" しかし、二人一緒に座って、律法の言葉は、それらの間を通過するとき、神の存在がかかっている それらの間に、それが書かれている(マラキ3:16) "そして主を崇拝者たちは互いに話を聞いた。主がメモを取って、聞いて、記念の本は主を崇拝した人から彼の前に書かれて考えられていた彼の名前。  しかしわたしは二人の場合についてしか聖書の箇所の証明を持っていない。たとえ一人で座してトーラー(律法)のマナ日に励んだとしても、聖なるお方 - 彼は頌むべきかな - 画彼に報酬を提指定してくださることを、わたしたちはどこから知り得るのでしょうか。なぜなら「軛(くびき)を負わされたとき / 黙して、独り座っているがよい」(哀歌3:28)と言われているからである。 3。 ラビ・シメオンは言った:3人が同じのテーブルで会食し、その席上に律法の言葉を話されていない場合、彼らはそれが書かれているため(イザヤ28:8) "すべてのテーブルがカバーされ、死者の犠牲を食べていたかのように、それは不潔な嘔吐で、場所はきれいでない "。 彼らは神のテーブルから食べていたかのようにそれが書かれているためではなく三人のテーブルで食べているとその上に律法の言葉を話されている場合、それは(エゼキエル41:22)であり、これは "彼は私に言った。"主の前に立っているテーブル。 " 4。 ラビ・ハナンヤ・ベン・ハヒナイは言った:夜に目を覚ましたまま一人で彼の方法で行くと雑念に心を回す彼は彼の人生に責任がある。

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.7.25. 23:41
視聴回数:3969回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: アヴェ・ヴェルム・コルプス   (お話です)   「ギリシャとヘブライの倫理」「プラトンとアリストテレスとニコマコス倫理学」『タルムード:Avot   第3章』「イスラエルとユダヤ教について」「メタ理論について」第3章   1。   アウガヤ・ベン・マハラエルは言う。三つに留意しなさい。そうすればあなたは罪の手中に陥ることはありません。あなたはどこから来て   どこに行くか   そしてあなたは誰の前で申し開きとと清算をすることになってるかを知りなさい。   あなたはどこから来たか。腐敗したドロップから。あなたはどこに行くか。塵と蛆と虫けらの場所へ。またあなたは誰の前で申し開きとと清算をすることになってるか。王たちを治める王   聖なるお方   -   彼は頌むべきかな   -   の前で。   2。   神殿長官のラビ・ハナンヤはいう。国の平和のために祈りなさい。なぜならそれへの畏れがなければ   人は彼の仲間が生きてたまま呑み尽くしてしまうからである。   ラビ・ハナンヤ・ベン・ラディオンは言う。二人の者が同席して   律法のない言葉がそれらの間で交換されていない場合   彼らはそれが(詩篇1:1)書かれている   軽蔑のセッションである   "またあざける者の座に座る。"   しかし   二人一緒に座って   律法の言葉は   それらの間を通過するとき   神の存在がかかっている   それらの間に   それが書かれている(マラキ3:16)   "そして主を崇拝者たちは互いに話を聞いた。主がメモを取って   聞いて   記念の本は主を崇拝した人から彼の前に書かれて考えられていた彼の名前。   しかしわたしは二人の場合についてしか聖書の箇所の証明を持っていない。たとえ一人で座してトーラー(律法)のマナ日に励んだとしても   聖なるお方   -   彼は頌むべきかな   -   画彼に報酬を提指定してくださることを   わたしたちはどこから知り得るのでしょうか。なぜなら「軛(くびき)を負わされたとき   /   黙して   独り座っているがよい」(哀歌3:28)と言われているからである。   3。   ラビ・シメオンは言った:3人が同じのテーブルで会食し   その席上に律法の言葉を話されていない場合   彼らはそれが書かれているため(イザヤ28:8)   "すべてのテーブルがカバーされ   死者の犠牲を食べていたかのように   それは不潔な嘔吐で   場所はきれいでない   "。   彼らは神のテーブルから食べていたかのようにそれが書かれているためではなく三人のテーブルで食べているとその上に律法の言葉を話されている場合   それは(エゼキエル41:22)であり   これは   "彼は私に言った。"主の前に立っているテーブル。   "   4。   ラビ・ハナンヤ・ベン・ハヒナイは言った:夜に目を覚ましたまま一人で彼の方法で行くと雑念に心を回す彼は彼の人生に責任がある。   5。   ラビ・ネフンヤ・ベン・ハ-   カナは言った:誰が彼から   彼自身に   律法のくびきを取る政府のヨークと世俗的ケアのくびきを離れて取られる   しかし誰でも彼に   律法のくびきをスローすることは政府のくびきを配置されると世俗的ケアのヨーク。   6。   ケファル・ハナンヤの人のラビ・ハラフタは言う。10人は一緒に座って   律法と自分自身を占有する場合   それは書かれている   神の存在は   それらの中でかかっている(詩篇82:1)   "神は神の評議会で彼の場所をとっている。   "   どこから私たちは   これが   5人の場合でもそうであることをわたしたちはどこから知りうるのでしょうか。(アモス午前9・06)書かれた   "そして   地球に彼の金庫を設立"されているため   そして   どのように我々はこれが   3人の場合でもそうであることをわたしたちはどこから知りうるのでしょうか。それは   "彼は判断力を保持している神々の真っ只中で。"(詩篇82:1)書かれています   そしてどこからそれは同じでも   2人の場合でもそうであることをわたしたちはどこから知りうるのでしょうか。(マラキ3:16)書かれているので   "その後   主を崇拝した人は   お互いに話を聞いた。主はメモを取り   耳を傾けた。"   1人の場合でもそうであることをわたしたちはどこから知りうるのでしょうか。それは   "私は私の名前は私があなたに来て   あなたを祝福され記憶されるようになり   すべての場所で​​"(出エジプト記20:24)が書き込まれているので   7。   バルトの人ラビ・エルアザルは言う。   "すべてのものはあなたから来て   あなた自身のために我々が与えた:彼   ダビデは(私は29:14のヴァルキュリア)言ったようにあなたがしていることを   あなたとすべてのために   これは彼であることを神へのレンダリングあなた。   "   ラビ・シメオンは言う。男が道で歩いていると勉強されている場合と   割り込み彼の研究をして言う   "この木はどのように良いですか?"   または   "どのように良い   これがフィールドを耕しているの?"   彼は彼の人生の責任を負いたかのように聖書は彼を考えています。   8。   ラビ・ドスタイ・バル・ヤンナイは   ラビ·メイヤーの名において言う。彼の研究の一つの単語を忘れてしまった彼は   聖書は彼が彼の人生の責任だったかのように   彼に関しては   それが(申命記4:09)書かれているために   "しかし   世話をすると自分自身を見る密接ようにあなたの目を見ていることを忘れないように。   "   人間の研究では   彼にとってあまりにもハードであってもこれが適用されませんか?   聖書は(同上)によれば:   "また彼らはあなたの心から   あなたの人生のすべての日を滑らせる。"   彼は故意に彼の心から離れて   それらのレッスンを入れない限り   このように人は有罪ではありません。   9。   ラビ・ハニナ・ベンドーサは言う。罪への恐れは知恵の優先順位を取る彼は   誰に   彼の知恵は耐えるでしょう。しかし   彼は人に知恵が罪の恐怖の優先順位を取り   彼の知恵には耐えられません。   彼が言うに使用される:彼はその作品の彼の知恵を超えて   彼の知恵は耐える     彼はその知恵彼の作品を超えて   彼の知恵には耐えられません。   10。   彼が言うに使用される:彼は誰が誰の仲間の人々がG   -   dはない喜びを見つけることができない彼に   何の喜びを見いだすではありません。   ラビドーサベンHyrcanusは言った:幼稚な遊びと無学なこの世界から人を削除するのmeetinghousesに座って   真昼で飲んで   朝離れて眠る。   11。   モディインのラビ・エリアザルは言う。人は神聖なものを穢し   祭日を軽んじ   人前で彼の仲間に恥をかかせ   わたしたちの父祖アブラハム   -   彼に平安があるように   -   の契約を破り   またはハラハーによるとされていない律法の意味を教えている場合彼は律法や善行の知識を持っているにもかかわらず   彼は来るべき世界ではシェアを持っていません。   12。   ラ・ビイシュマエルは言う。上の者にはすばやく従い   若者には親切にしなさい。またすべての人を喜んで受け入れなさい。   13。   ラビ・アキヴァは言う。ばか笑いと軽薄は人を淫蕩に慣れさせる。   伝統は   律法の周り守るフェンスです。   十分の一富にフェンスがあります。   禁欲にフェンスを誓います。   沈黙は英知のフェンスです。   14。   ラビは言う。最愛の彼はG   -   dのイメージで作成された男は   それが言うように余分な愛は   自分自身のために   "(創世記9:06)   彼のG   -   dのイメージで作成されたことを彼に知られて作られ画像G   -   dは   "人類ました。   最愛のは   それらがG   -   dに息子と呼ばれているユダヤ人であり   それは(申命記14:1)言うように余分な愛は   彼らがG   -   dに息子と呼ばれていることを彼らに知らせている   "あなたはあなたがたのG   -   dの子です。"   余分な愛は   それが言うように私は良いを与えるために   "(箴言4:2)   彼らは世界の創造の貴重な楽器を与えられたことを彼らに認識され   愛され   それらに貴重な楽器をそこに与えられたことをユダヤ人である教訓は   私の指導を見捨てない   "。   15。   すべては予見されていますが   選択の自由が与えられます。   世界は善で判断され   まだすべてが仕事に比例しています。   16。   すべての約束に対して与えられ   ネットはすべての生きている以上にキャストされています。ショップがオープンの略で   店主は信用を与え   通帳が開いてあると手が書き込まれます。   彼が来て貸して借りしようとする一人一人   しかしコレクターは彼らの毎日のラウンド   正確に行く   本人の同意の有無にかかわらず男性からの支払い   コレクターのための彼らが頼ることができていることを持っています。と判決は   真実の判断であり   すべてがごちそうの準備がされています。   17。   ラビ・エルアザル・ベン・アザルヤは言う。全く律法はありませんどこにない生業が存在しません。とは生業が存在しない場所には律法はありません。   ない知恵はありませんここで   G   -   dの恐れは   ありません。   とG   -   dの心配はありませんどこにない知恵はありません。   全く知識がありませんどこにない見識はありません。と   全く見識がありませんどこに知識がありません。   ない食品はありませんどこない律法はありません   そして全く律法はありませんどこにない食品はありません。   彼が言っていた:彼は   その知恵   彼が似ているものに   彼の作品よりも豊富ですか?   それが書かれている風が   来て   それをuproots   それを覆す(エレミヤ17時06分)   "彼らは砂漠の低木のようにしなければならない   としたときに表示してはならない。その枝が豊富でもそのルーツは少ないです。ツリーへ救援が来る。彼らは無人の塩の土地に   荒野の乾いた場所に住んでいるものとします。   "   しかし   その作品の彼はどのようなものに   彼の知恵よりも豊富である彼?   世界のすべての風がそれを攻撃してくると吹く場合でも   それが書かれている   それは   その場所から攪拌することができないように(エレミヤ17:08)   "彼らは   しなければならない。その枝数であるが   そのルーツは多くの木にストリームによって   そのルーツを送信する   水のほとりに植えられた木のようになり熱が来るとき   それは恐れてはならないものとし   その葉は緑滞在しなければならない。干ばつの年にそれが気になりません   それは実を結ぶことをやめません。   "   18。   ラビ・エルアザル・ベン・ヒスマは言う。鳥の供犠や月経の開始時こそハラハーの基本である。しかし太陽の周期の計算やゲマトリアは知恵にとって小皿である。  

サムネイル

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です) 2 「ギリシャとヘブライの倫理」「ニコマコス倫理学」 『タルムード 3章』

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です) 2 「ギリシャとヘブライの倫理」「プラトンとアリストテレスとニコマコス倫理学」『タルムード:Avot 第3章』「イスラエルとユダヤ教について」「メタ理論について」 第3章 1。 アウガヤ・ベン・マハラエルは言う。三つに留意しなさい。そうすればあなたは罪の手中に陥ることはありません。あなたはどこから来て、どこに行くか、そしてあなたは誰の前で申し開きとと清算をすることになってるかを知りなさい。  あなたはどこから来たか。腐敗したドロップから。あなたはどこに行くか。塵と蛆と虫けらの場所へ。またあなたは誰の前で申し開きとと清算をすることになってるか。王たちを治める王、聖なるお方 - 彼は頌むべきかな - の前で。 2。 神殿長官のラビ・ハナンヤはいう。国の平和のために祈りなさい。なぜならそれへの畏れがなければ、人は彼の仲間が生きてたまま呑み尽くしてしまうからである。  ラビ・ハナンヤ・ベン・ラディオンは言う。二人の者が同席して、律法のない言葉がそれらの間で交換されていない場合、彼らはそれが(詩篇1:1)書かれている、軽蔑のセッションである "またあざける者の座に座る。" しかし、二人一緒に座って、律法の言葉は、それらの間を通過するとき、神の存在がかかっている それらの間に、それが書かれている(マラキ3:16) "そして主を崇拝者たちは互いに話を聞いた。主がメモを取って、聞いて、記念の本は主を崇拝した人から彼の前に書かれて考えられていた彼の名前。  しかしわたしは二人の場合についてしか聖書の箇所の証明を持っていない。たとえ一人で座してトーラー(律法)のマナ日に励んだとしても、聖なるお方 - 彼は頌むべきかな - 画彼に報酬を提指定してくださることを、わたしたちはどこから知り得るのでしょうか。なぜなら「軛(くびき)を負わされたとき / 黙して、独り座っているがよい」(哀歌3:28)と言われているからである。 3。 ラビ・シメオンは言った:3人が同じのテーブルで会食し、その席上に律法の言葉を話されていない場合、彼らはそれが書かれているため(イザヤ28:8) "すべてのテーブルがカバーされ、死者の犠牲を食べていたかのように、それは不潔な嘔吐で、場所はきれいでない "。 彼らは神のテーブルから食べていたかのようにそれが書かれているためではなく三人のテーブルで食べているとその上に律法の言葉を話されている場合、それは(エゼキエル41:22)であり、これは "彼は私に言った。"主の前に立っているテーブル。 " 4。 ラビ・ハナンヤ・ベン・ハヒナイは言った:夜に目を覚ましたまま一人で彼の方法で行くと雑念に心を回す彼は彼の人生に責任がある。

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.7.25. 04:00
視聴回数:4011回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: アヴェ・ヴェルム・コルプス   (お話です)   2   「ギリシャとヘブライの倫理」「プラトンとアリストテレスとニコマコス倫理学」『タルムード:Avot   第3章』「イスラエルとユダヤ教について」「メタ理論について」第3章   1。   アウガヤ・ベン・マハラエルは言う。三つに留意しなさい。そうすればあなたは罪の手中に陥ることはありません。あなたはどこから来て   どこに行くか   そしてあなたは誰の前で申し開きとと清算をすることになってるかを知りなさい。   あなたはどこから来たか。腐敗したドロップから。あなたはどこに行くか。塵と蛆と虫けらの場所へ。またあなたは誰の前で申し開きとと清算をすることになってるか。王たちを治める王   聖なるお方   -   彼は頌むべきかな   -   の前で。   2。   神殿長官のラビ・ハナンヤはいう。国の平和のために祈りなさい。なぜならそれへの畏れがなければ   人は彼の仲間が生きてたまま呑み尽くしてしまうからである。   ラビ・ハナンヤ・ベン・ラディオンは言う。二人の者が同席して   律法のない言葉がそれらの間で交換されていない場合   彼らはそれが(詩篇1:1)書かれている   軽蔑のセッションである   "またあざける者の座に座る。"   しかし   二人一緒に座って   律法の言葉は   それらの間を通過するとき   神の存在がかかっている   それらの間に   それが書かれている(マラキ3:16)   "そして主を崇拝者たちは互いに話を聞いた。主がメモを取って   聞いて   記念の本は主を崇拝した人から彼の前に書かれて考えられていた彼の名前。   しかしわたしは二人の場合についてしか聖書の箇所の証明を持っていない。たとえ一人で座してトーラー(律法)のマナ日に励んだとしても   聖なるお方   -   彼は頌むべきかな   -   画彼に報酬を提指定してくださることを   わたしたちはどこから知り得るのでしょうか。なぜなら「軛(くびき)を負わされたとき   /   黙して   独り座っているがよい」(哀歌3:28)と言われているからである。   3。   ラビ・シメオンは言った:3人が同じのテーブルで会食し   その席上に律法の言葉を話されていない場合   彼らはそれが書かれているため(イザヤ28:8)   "すべてのテーブルがカバーされ   死者の犠牲を食べていたかのように   それは不潔な嘔吐で   場所はきれいでない   "。   彼らは神のテーブルから食べていたかのようにそれが書かれているためではなく三人のテーブルで食べているとその上に律法の言葉を話されている場合   それは(エゼキエル41:22)であり   これは   "彼は私に言った。"主の前に立っているテーブル。   "   4。   ラビ・ハナンヤ・ベン・ハヒナイは言った:夜に目を覚ましたまま一人で彼の方法で行くと雑念に心を回す彼は彼の人生に責任がある。   5。   ラビ・ネフンヤ・ベン・ハ-   カナは言った:誰が彼から   彼自身に   律法のくびきを取る政府のヨークと世俗的ケアのくびきを離れて取られる   しかし誰でも彼に   律法のくびきをスローすることは政府のくびきを配置されると世俗的ケアのヨーク。   6。   ケファル・ハナンヤの人のラビ・ハラフタは言う。10人は一緒に座って   律法と自分自身を占有する場合   それは書かれている   神の存在は   それらの中でかかっている(詩篇82:1)   "神は神の評議会で彼の場所をとっている。   "   どこから私たちは   これが   5人の場合でもそうであることをわたしたちはどこから知りうるのでしょうか。(アモス午前9・06)書かれた   "そして   地球に彼の金庫を設立"されているため   そして   どのように我々はこれが   3人の場合でもそうであることをわたしたちはどこから知りうるのでしょうか。それは   "彼は判断力を保持している神々の真っ只中で。"(詩篇82:1)書かれています   そしてどこからそれは同じでも   2人の場合でもそうであることをわたしたちはどこから知りうるのでしょうか。(マラキ3:16)書かれているので   "その後   主を崇拝した人は   お互いに話を聞いた。主はメモを取り   耳を傾けた。"   1人の場合でもそうであることをわたしたちはどこから知りうるのでしょうか。それは   "私は私の名前は私があなたに来て   あなたを祝福され記憶されるようになり   すべての場所で​​"(出エジプト記20:24)が書き込まれているので   7。   バルトの人ラビ・エルアザルは言う。   "すべてのものはあなたから来て   あなた自身のために我々が与えた:彼   ダビデは(私は29:14のヴァルキュリア)言ったようにあなたがしていることを   あなたとすべてのために   これは彼であることを神へのレンダリングあなた。   "   ラビ・シメオンは言う。男が道で歩いていると勉強されている場合と   割り込み彼の研究をして言う   "この木はどのように良いですか?"   または   "どのように良い   これがフィールドを耕しているの?"   彼は彼の人生の責任を負いたかのように聖書は彼を考えています。   8。   ラビ・ドスタイ・バル・ヤンナイは   ラビ·メイヤーの名において言う。彼の研究の一つの単語を忘れてしまった彼は   聖書は彼が彼の人生の責任だったかのように   彼に関しては   それが(申命記4:09)書かれているために   "しかし   世話をすると自分自身を見る密接ようにあなたの目を見ていることを忘れないように。   "   人間の研究では   彼にとってあまりにもハードであってもこれが適用されませんか?   聖書は(同上)によれば:   "また彼らはあなたの心から   あなたの人生のすべての日を滑らせる。"   彼は故意に彼の心から離れて   それらのレッスンを入れない限り   このように人は有罪ではありません。   9。   ラビ・ハニナ・ベンドーサは言う。罪への恐れは知恵の優先順位を取る彼は   誰に   彼の知恵は耐えるでしょう。しかし   彼は人に知恵が罪の恐怖の優先順位を取り   彼の知恵には耐えられません。   彼が言うに使用される:彼はその作品の彼の知恵を超えて   彼の知恵は耐える     彼はその知恵彼の作品を超えて   彼の知恵には耐えられません。   10。   彼が言うに使用される:彼は誰が誰の仲間の人々がG   -   dはない喜びを見つけることができない彼に   何の喜びを見いだすではありません。   ラビドーサベンHyrcanusは言った:幼稚な遊びと無学なこの世界から人を削除するのmeetinghousesに座って   真昼で飲んで   朝離れて眠る。   11。   モディインのラビ・エリアザルは言う。人は神聖なものを穢し   祭日を軽んじ   人前で彼の仲間に恥をかかせ   わたしたちの父祖アブラハム   -   彼に平安があるように   -   の契約を破り   またはハラハーによるとされていない律法の意味を教えている場合彼は律法や善行の知識を持っているにもかかわらず   彼は来るべき世界ではシェアを持っていません。   12。   ラ・ビイシュマエルは言う。上の者にはすばやく従い   若者には親切にしなさい。またすべての人を喜んで受け入れなさい。   13。   ラビ・アキヴァは言う。ばか笑いと軽薄は人を淫蕩に慣れさせる。   伝統は   律法の周り守るフェンスです。   十分の一富にフェンスがあります。   禁欲にフェンスを誓います。   沈黙は英知のフェンスです。   14。   ラビは言う。最愛の彼はG   -   dのイメージで作成された男は   それが言うように余分な愛は   自分自身のために   "(創世記9:06)   彼のG   -   dのイメージで作成されたことを彼に知られて作られ画像G   -   dは   "人類ました。   最愛のは   それらがG   -   dに息子と呼ばれているユダヤ人であり   それは(申命記14:1)言うように余分な愛は   彼らがG   -   dに息子と呼ばれていることを彼らに知らせている   "あなたはあなたがたのG   -   dの子です。"   余分な愛は   それが言うように私は良いを与えるために   "(箴言4:2)   彼らは世界の創造の貴重な楽器を与えられたことを彼らに認識され   愛され   それらに貴重な楽器をそこに与えられたことをユダヤ人である教訓は   私の指導を見捨てない   "。   15。   すべては予見されていますが   選択の自由が与えられます。   世界は善で判断され   まだすべてが仕事に比例しています。   16。   すべての約束に対して与えられ   ネットはすべての生きている以上にキャストされています。ショップがオープンの略で   店主は信用を与え   通帳が開いてあると手が書き込まれます。   彼が来て貸して借りしようとする一人一人   しかしコレクターは彼らの毎日のラウンド   正確に行く   本人の同意の有無にかかわらず男性からの支払い   コレクターのための彼らが頼ることができていることを持っています。と判決は   真実の判断であり   すべてがごちそうの準備がされています。   17。   ラビ・エルアザル・ベン・アザルヤは言う。全く律法はありませんどこにない生業が存在しません。とは生業が存在しない場所には律法はありません。   ない知恵はありませんここで   G   -   dの恐れは   ありません。   とG   -   dの心配はありませんどこにない知恵はありません。   全く知識がありませんどこにない見識はありません。と   全く見識がありませんどこに知識がありません。   ない食品はありませんどこない律法はありません   そして全く律法はありませんどこにない食品はありません。   彼が言っていた:彼は   その知恵   彼が似ているものに   彼の作品よりも豊富ですか?   それが書かれている風が   来て   それをuproots   それを覆す(エレミヤ17時06分)   "彼らは砂漠の低木のようにしなければならない   としたときに表示してはならない。その枝が豊富でもそのルーツは少ないです。ツリーへ救援が来る。彼らは無人の塩の土地に   荒野の乾いた場所に住んでいるものとします。   "   しかし   その作品の彼はどのようなものに   彼の知恵よりも豊富である彼?   世界のすべての風がそれを攻撃してくると吹く場合でも   それが書かれている   それは   その場所から攪拌することができないように(エレミヤ17:08)   "彼らは   しなければならない。その枝数であるが   そのルーツは多くの木にストリームによって   そのルーツを送信する   水のほとりに植えられた木のようになり熱が来るとき   それは恐れてはならないものとし   その葉は緑滞在しなければならない。干ばつの年にそれが気になりません   それは実を結ぶことをやめません。   "   18。   ラビ・エルアザル・ベン・ヒスマは言う。鳥の供犠や月経の開始時こそハラハーの基本である。しかし太陽の周期の計算やゲマトリアは知恵にとって小皿である。  

サムネイル

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です) 1 「ギリシャとヘブライの倫理」「ニコマコス倫理学」 『タルムード 3章』

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です) 1 「ギリシャとヘブライの倫理」「プラトンとアリストテレスとニコマコス倫理学」『タルムード:Avot 第3章』「イスラエルとユダヤ教について」「メタ理論について」 第3章 1。 アウガヤ・ベン・マハラエルは言う。三つに留意しなさい。そうすればあなたは罪の手中に陥ることはありません。あなたはどこから来て、どこに行くか、そしてあなたは誰の前で申し開きとと清算をすることになってるかを知りなさい。  あなたはどこから来たか。腐敗したドロップから。あなたはどこに行くか。塵と蛆と虫けらの場所へ。またあなたは誰の前で申し開きとと清算をすることになってるか。王たちを治める王、聖なるお方 - 彼は頌むべきかな - の前で。 2。 神殿長官のラビ・ハナンヤはいう。国の平和のために祈りなさい。なぜならそれへの畏れがなければ、人は彼の仲間が生きてたまま呑み尽くしてしまうからである。  ラビ・ハナンヤ・ベン・ラディオンは言う。二人の者が同席して、律法のない言葉がそれらの間で交換されていない場合、彼らはそれが(詩篇1:1)書かれている、軽蔑のセッションである "またあざける者の座に座る。" しかし、二人一緒に座って、律法の言葉は、それらの間を通過するとき、神の存在がかかっている それらの間に、それが書かれている(マラキ3:16) "そして主を崇拝者たちは互いに話を聞いた。主がメモを取って、聞いて、記念の本は主を崇拝した人から彼の前に書かれて考えられていた彼の名前。  しかしわたしは二人の場合についてしか聖書の箇所の証明を持っていない。たとえ一人で座してトーラー(律法)のマナ日に励んだとしても、聖なるお方 - 彼は頌むべきかな - 画彼に報酬を提指定してくださることを、わたしたちはどこから知り得るのでしょうか。なぜなら「軛(くびき)を負わされたとき / 黙して、独り座っているがよい」(哀歌3:28)と言われているからである。 3。 ラビ・シメオンは言った:3人が同じのテーブルで会食し、その席上に律法の言葉を話されていない場合、彼らはそれが書かれているため(イザヤ28:8) "すべてのテーブルがカバーされ、死者の犠牲を食べていたかのように、それは不潔な嘔吐で、場所はきれいでない "。 彼らは神のテーブルから食べていたかのようにそれが書かれているためではなく三人のテーブルで食べているとその上に律法の言葉を話されている場合、それは(エゼキエル41:22)であり、これは "彼は私に言った。"主の前に立っているテーブル。 " 4。 ラビ・ハナンヤ・ベン・ハヒナイは言った:夜に目を覚ましたまま一人で彼の方法で行くと雑念に心を回す彼は彼の人生に責任がある。

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.7.24. 23:53
視聴回数:3614回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: アヴェ・ヴェルム・コルプス   (お話です)   1   「ギリシャとヘブライの倫理」「プラトンとアリストテレスとニコマコス倫理学」『タルムード:Avot   第3章』「イスラエルとユダヤ教について」「メタ理論について」第3章   1。   アウガヤ・ベン・マハラエルは言う。三つに留意しなさい。そうすればあなたは罪の手中に陥ることはありません。あなたはどこから来て   どこに行くか   そしてあなたは誰の前で申し開きとと清算をすることになってるかを知りなさい。   あなたはどこから来たか。腐敗したドロップから。あなたはどこに行くか。塵と蛆と虫けらの場所へ。またあなたは誰の前で申し開きとと清算をすることになってるか。王たちを治める王   聖なるお方   -   彼は頌むべきかな   -   の前で。   2。   神殿長官のラビ・ハナンヤはいう。国の平和のために祈りなさい。なぜならそれへの畏れがなければ   人は彼の仲間が生きてたまま呑み尽くしてしまうからである。   ラビ・ハナンヤ・ベン・ラディオンは言う。二人の者が同席して   律法のない言葉がそれらの間で交換されていない場合   彼らはそれが(詩篇1:1)書かれている   軽蔑のセッションである   "またあざける者の座に座る。"   しかし   二人一緒に座って   律法の言葉は   それらの間を通過するとき   神の存在がかかっている   それらの間に   それが書かれている(マラキ3:16)   "そして主を崇拝者たちは互いに話を聞いた。主がメモを取って   聞いて   記念の本は主を崇拝した人から彼の前に書かれて考えられていた彼の名前。   しかしわたしは二人の場合についてしか聖書の箇所の証明を持っていない。たとえ一人で座してトーラー(律法)のマナ日に励んだとしても   聖なるお方   -   彼は頌むべきかな   -   画彼に報酬を提指定してくださることを   わたしたちはどこから知り得るのでしょうか。なぜなら「軛(くびき)を負わされたとき   /   黙して   独り座っているがよい」(哀歌3:28)と言われているからである。   3。   ラビ・シメオンは言った:3人が同じのテーブルで会食し   その席上に律法の言葉を話されていない場合   彼らはそれが書かれているため(イザヤ28:8)   "すべてのテーブルがカバーされ   死者の犠牲を食べていたかのように   それは不潔な嘔吐で   場所はきれいでない   "。   彼らは神のテーブルから食べていたかのようにそれが書かれているためではなく三人のテーブルで食べているとその上に律法の言葉を話されている場合   それは(エゼキエル41:22)であり   これは   "彼は私に言った。"主の前に立っているテーブル。   "   4。   ラビ・ハナンヤ・ベン・ハヒナイは言った:夜に目を覚ましたまま一人で彼の方法で行くと雑念に心を回す彼は彼の人生に責任がある。   5。   ラビ・ネフンヤ・ベン・ハ-   カナは言った:誰が彼から   彼自身に   律法のくびきを取る政府のヨークと世俗的ケアのくびきを離れて取られる   しかし誰でも彼に   律法のくびきをスローすることは政府のくびきを配置されると世俗的ケアのヨーク。   6。   ケファル・ハナンヤの人のラビ・ハラフタは言う。10人は一緒に座って   律法と自分自身を占有する場合   それは書かれている   神の存在は   それらの中でかかっている(詩篇82:1)   "神は神の評議会で彼の場所をとっている。   "   どこから私たちは   これが   5人の場合でもそうであることをわたしたちはどこから知りうるのでしょうか。(アモス午前9・06)書かれた   "そして   地球に彼の金庫を設立"されているため   そして   どのように我々はこれが   3人の場合でもそうであることをわたしたちはどこから知りうるのでしょうか。それは   "彼は判断力を保持している神々の真っ只中で。"(詩篇82:1)書かれています   そしてどこからそれは同じでも   2人の場合でもそうであることをわたしたちはどこから知りうるのでしょうか。(マラキ3:16)書かれているので   "その後   主を崇拝した人は   お互いに話を聞いた。主はメモを取り   耳を傾けた。"   1人の場合でもそうであることをわたしたちはどこから知りうるのでしょうか。それは   "私は私の名前は私があなたに来て   あなたを祝福され記憶されるようになり   すべての場所で​​"(出エジプト記20:24)が書き込まれているので   7。   バルトの人ラビ・エルアザルは言う。   "すべてのものはあなたから来て   あなた自身のために我々が与えた:彼   ダビデは(私は29:14のヴァルキュリア)言ったようにあなたがしていることを   あなたとすべてのために   これは彼であることを神へのレンダリングあなた。   "   ラビ・シメオンは言う。男が道で歩いていると勉強されている場合と   割り込み彼の研究をして言う   "この木はどのように良いですか?"   または   "どのように良い   これがフィールドを耕しているの?"   彼は彼の人生の責任を負いたかのように聖書は彼を考えています。   8。   ラビ・ドスタイ・バル・ヤンナイは   ラビ·メイヤーの名において言う。彼の研究の一つの単語を忘れてしまった彼は   聖書は彼が彼の人生の責任だったかのように   彼に関しては   それが(申命記4:09)書かれているために   "しかし   世話をすると自分自身を見る密接ようにあなたの目を見ていることを忘れないように。   "   人間の研究では   彼にとってあまりにもハードであってもこれが適用されませんか?   聖書は(同上)によれば:   "また彼らはあなたの心から   あなたの人生のすべての日を滑らせる。"   彼は故意に彼の心から離れて   それらのレッスンを入れない限り   このように人は有罪ではありません。   9。   ラビ・ハニナ・ベンドーサは言う。罪への恐れは知恵の優先順位を取る彼は   誰に   彼の知恵は耐えるでしょう。しかし   彼は人に知恵が罪の恐怖の優先順位を取り   彼の知恵には耐えられません。   彼が言うに使用される:彼はその作品の彼の知恵を超えて   彼の知恵は耐える     彼はその知恵彼の作品を超えて   彼の知恵には耐えられません。   10。   彼が言うに使用される:彼は誰が誰の仲間の人々がG   -   dはない喜びを見つけることができない彼に   何の喜びを見いだすではありません。   ラビドーサベンHyrcanusは言った:幼稚な遊びと無学なこの世界から人を削除するのmeetinghousesに座って   真昼で飲んで   朝離れて眠る。   11。   モディインのラビ・エリアザルは言う。人は神聖なものを穢し   祭日を軽んじ   人前で彼の仲間に恥をかかせ   わたしたちの父祖アブラハム   -   彼に平安があるように   -   の契約を破り   またはハラハーによるとされていない律法の意味を教えている場合彼は律法や善行の知識を持っているにもかかわらず   彼は来るべき世界ではシェアを持っていません。   12。   ラ・ビイシュマエルは言う。上の者にはすばやく従い   若者には親切にしなさい。またすべての人を喜んで受け入れなさい。   13。   ラビ・アキヴァは言う。ばか笑いと軽薄は人を淫蕩に慣れさせる。   伝統は   律法の周り守るフェンスです。   十分の一富にフェンスがあります。   禁欲にフェンスを誓います。   沈黙は英知のフェンスです。   14。   ラビは言う。最愛の彼はG   -   dのイメージで作成された男は   それが言うように余分な愛は   自分自身のために   "(創世記9:06)   彼のG   -   dのイメージで作成されたことを彼に知られて作られ画像G   -   dは   "人類ました。   最愛のは   それらがG   -   dに息子と呼ばれているユダヤ人であり   それは(申命記14:1)言うように余分な愛は   彼らがG   -   dに息子と呼ばれていることを彼らに知らせている   "あなたはあなたがたのG   -   dの子です。"   余分な愛は   それが言うように私は良いを与えるために   "(箴言4:2)   彼らは世界の創造の貴重な楽器を与えられたことを彼らに認識され   愛され   それらに貴重な楽器をそこに与えられたことをユダヤ人である教訓は   私の指導を見捨てない   "。   15。   すべては予見されていますが   選択の自由が与えられます。   世界は善で判断され   まだすべてが仕事に比例しています。   16。   すべての約束に対して与えられ   ネットはすべての生きている以上にキャストされています。ショップがオープンの略で   店主は信用を与え   通帳が開いてあると手が書き込まれます。   彼が来て貸して借りしようとする一人一人   しかしコレクターは彼らの毎日のラウンド   正確に行く   本人の同意の有無にかかわらず男性からの支払い   コレクターのための彼らが頼ることができていることを持っています。と判決は   真実の判断であり   すべてがごちそうの準備がされています。   17。   ラビ・エルアザル・ベン・アザルヤは言う。全く律法はありませんどこにない生業が存在しません。とは生業が存在しない場所には律法はありません。   ない知恵はありませんここで   G   -   dの恐れは   ありません。   とG   -   dの心配はありませんどこにない知恵はありません。   全く知識がありませんどこにない見識はありません。と   全く見識がありませんどこに知識がありません。   ない食品はありませんどこない律法はありません   そして全く律法はありませんどこにない食品はありません。   彼が言っていた:彼は   その知恵   彼が似ているものに   彼の作品よりも豊富ですか?   それが書かれている風が   来て   それをuproots   それを覆す(エレミヤ17時06分)   "彼らは砂漠の低木のようにしなければならない   としたときに表示してはならない。その枝が豊富でもそのルーツは少ないです。ツリーへ救援が来る。彼らは無人の塩の土地に   荒野の乾いた場所に住んでいるものとします。   "   しかし   その作品の彼はどのようなものに   彼の知恵よりも豊富である彼?   世界のすべての風がそれを攻撃してくると吹く場合でも   それが書かれている   それは   その場所から攪拌することができないように(エレミヤ17:08)   "彼らは   しなければならない。その枝数であるが   そのルーツは多くの木にストリームによって   そのルーツを送信する   水のほとりに植えられた木のようになり熱が来るとき   それは恐れてはならないものとし   その葉は緑滞在しなければならない。干ばつの年にそれが気になりません   それは実を結ぶことをやめません。   "   18。   ラビ・エルアザル・ベン・ヒスマは言う。鳥の供犠や月経の開始時こそハラハーの基本である。しかし太陽の周期の計算やゲマトリアは知恵にとって小皿である。  

01

   
videovar
iPeeVee iPeeVee

会社概要 |  ソリューション |  お問い合わせ |  スタッフ募集 |  利用規約 |  プライバシーポリシー

Copyright (C) 2006-2019 PeeVee Corporation. All rights reserved.