PeeVee.TV
   

  ログイン

ホーム 新規ユーザー登録

新着動画一覧

01

サムネイル

(お話です) 2 「ギリシャとヘブライの倫理」『タルムード 6章』

(お話です) 2「ギリシャとヘブライの倫理」 『タルムード:Avot 第6章』 「第九の歌詞(ドイツ語)朗読と譜面解釈」 「メタ理論について」 「ラグランジュ方程式について 一般座標と一般運動の等値を示すとき 外力がない条件で成立するハミルトニアが 全エネルギーと比べたときも同じ値になり ここから運動方程式を 導くことができることについて」 「聖クルアーン第6章」 『タルムード:Avot 第6章』 Study is work  それにもかかわらず、勉強は仕事である。 あなたは「トーラに労力」をかけなければいけないと、Rabbi Meirは言った。 勉強がいかに多くの仕事であるか、あなたはすでに知っている。 それは、何度もなんどもレッスンを記憶し試験することを意味する。 あなたは紙に書いて、レポートにまとめなければいけないであろう。 それは、読むこと、再読すること、そして記憶することを意味するであろう。 あなたレッスンを理解するために努力しなければいけないだろう。 そして他の種類の仕事のように、あなたが成功する保証はない。 幾つかの勉強はあなたにとって易しいかもしれないが、他のものはあまりにも 難しいかもしれない。 あなたはこう発見するかもしれない: 時々、失望してあなたの両手を上げてしまいたい、そして言いたい、 「なぜ私は悩むべきなのか?私は本当にうまくいかない。」 「聖クルアーン第6章」 家畜章(アル・アンアーム) マディーナ啓示 165節 6-1.天と地を創造し、暗黒と光明を定められる、アッラーを讃える。だが信じない者は、かれらの主と(外のものを)同位に置く。 6-2.かれこそは、泥から、あなたがたを創り、次いで(生存の)期間を定められた方である。一定(の期間)が、かれの御許に定められている。それでもあなたがたは疑うのか。 6-3.かれこそは天にあっても、地でもアッラーであられる。かれはあなたがたの隠すことも、現わすことも知っておられる。またかれはあなたがたの、働いて得たもの(の応報)をも知っておられる。 6-4.かれらは主から如何なる印を齎されても必ずそれから顔を背けてしまう。 6-5.真理(クルアーン)がかれらの許に来ると、かれらは常にそれを虚偽であるとした。だがかれらの嘲笑する御告げが、間もなく(事実となって)かれらの許に来るであろう。 6-6.われはかれら以前に、次から次に幾世代も滅ぼしたかを、あなたがたは考えないのか。われは地上でかれらを代々安住させ、あなたがたにすらしなかったものを与えた。われは、かれらの上に雲を送り(雨を)注ぎ降らせ、その足許に川を流れさせた。だが凡ての罪のためにかれらを滅ぼし、その跡に外の世代を出現させた。 6-7.仮令われがあなたに紙上に(書いた)啓典を下し、かれらが自分の手でそれに触れても、不信心な者はきっと、「これは明らかに魔術に過ぎない。」と言う。

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.7.30. 07:15
視聴回数:5428回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: (お話です)   2   「ギリシャとヘブライの倫理」   『タルムード:Avot   第6章』   「第九の歌詞(ドイツ語)朗読と譜面解釈」   「メタ理論について」   「ラグランジュの未定乗数法についてと   ラグランジュ方程式について   一般座標と一般運動の等値を示すとき   外力がない条件で成立するハミルトニア(H)が   全エネルギーと比べたときも同じ値になり   ここから運動方程式を   導くことができることについて」   「極値について   0の値の   停留点が鞍点の時と   ヘッシアン(H)についてと   制限がある極値と   ラグランジュの   未定乗数法についてと」   「聖クルアーン第6章」   『タルムード:Avot   第6章』   Study   is   work   それにもかかわらず   勉強は仕事である。あなたは「トーラに労力」をかけなければいけないと   Rabbi   Meirは言った。   勉強がいかに多くの仕事であるか   あなたはすでに知っている。それは   何度もなんどもレッスンを記憶し試験することを意味する。あなたは紙に書いて   レポートにまとめなければいけないであろう。それは   読むこと   再読すること   そして記憶することを意味するであろう。あなたレッスンを理解するために努力しなければいけないだろう。   そして他の種類の仕事のように   あなたが成功する保証はない。幾つかの勉強はあなたにとって易しいかもしれないが   他のものはあまりにも難しいかもしれない。あなたはこう発見するかもしれない:時々   失望してあなたの両手を上げてしまいたい   そして言いたい   「なぜ私は悩むべきなのか?私は本当にうまくいかない。」   Study   is   own   reward   一つの答えがある。成功がその唯一の報酬ではないのだ。たとえ何の仕事であろうとも   そしてそれに成功するかどうかに関わらずに   その真の報酬はその行いにある。ある特別な意味では   勉強はそれ自身の報酬である。   Rabbi   Meir   は言った   それ自身のために(すなわち成功を考えずに)トーラに労力をかける人は誰でも   多くの事に奉仕する;そればかりでなく   全世界が彼に恩義をこう:彼は友人と呼ばれる   かわいい   全ての生き物の愛人   人類の愛人:それは彼におとなしさ   尊敬を付与する;それは彼を正義   信神深く   正直な   そして公正にする;それは彼を罪から遠ざける   そして彼に美徳に近づける:彼を通して世界は助言と知恵ある音を楽しむ。   [   Avot   6:1   ]   ラビは教えた   特に   行動に対してあなた自身を準備する仕事において   あなたの態度は   その真の報酬はいつも行動の中にあると   考えるべきである。一人の生徒である場合を考えてみなさい。我々は全てが生徒として同じ特性を持ってはいない   我々は学問のそれぞれの分野において全てが平等に備えられてはいない。我々の幾人かは   ある学問で他の者たちより優れている。しかし我々の態度は   「勉強すること」は価値があるゆえに全ての生徒が価値があると   考えるべきである。   To   delight   the   Lord   「神は物語を愛するゆえに人間を創造した」   という言う言葉がある。そしてまたアボットの最後の文は   神の創造における神の大いなる喜びのこの考えについて力説している:   聖なるお方   賛えられるべき主が彼の世界を創造したものはみな   ただ神の栄光のために創造された。   [   Avot   6:11   ]   The   work   of   righteousness   我々はアボットの中で読む:人間が死ぬときに   銀や金や宝石や真珠を携えて行くことはできない   しかしただトーラと良い行いは(携えて行くことができる)。   [   Avot   6:9   ]   あなたの価値は   あなたがあなた自身を価値あるものに「させる」ところ   のものに集中する。あなたの価値は   あなたがあなたの行動を規則付けているその価値に従う。ハシディムの人々は   ハニポル(Hanipol)   のレブ・ズシュヤ(Reb   Zusya)   の話を繰り返し告げるのを愛した。レブ・ズシュヤは死ぬときに偉大なを教えを行なった:レブ・ズシュヤの生徒たちは   彼らの先生が死にかけているのを聞いて   最後の訪問にやって来た。しかし部屋に入ったときに   恐れでぶるぶる震えている先生を見て   彼らは驚いた。彼らはたずねた   「あなたはなぜ死を恐れているのですか?」「あなたの生活は   モーゼ自身と同じように正義であったではないですか?レブ・ズシュヤは答えた   「私が審判の王座の前に立つとき   『レブ・ズシュヤよ   なぜあなたはモーゼのようでなかったのか?』私がこのようにたずねられることはなく   『レブ・ズシュヤよ   なぜあなたはズシュヤのようでなかったのか?』私がこのようにたずねられるでしょう。」   明らかに   我々の各々は我々の生活の織機の中で正義の布を織るための努力をしなければいけない。   他の全てから離れて特別な生き物として我々各々作っている唯一な方法で   所有や金もちの意味付けよりもずうっと偉大な意味付けを我々の生活の各々に与えている方法で。あなたの生命の価値を測るこのような方法は   あなたのユダヤ伝統の一部であり   ユダヤ人が保持している価値の一部である。我々の各々は   可能な最上の「わたし」にする努力をすべきである。それこそが   ユダヤ人が生命の価値を測る方法なのである。   「聖クルアーン第6章」   家畜章(アル・アンアーム)   マディーナ啓示   165節   6-1.天と地を創造し   暗黒と光明を定められる   アッラーを讃える。だが信じない者は   かれらの主と(外のものを)同位に置く。   6-2.かれこそは   泥から   あなたがたを創り   次いで(生存の)期間を定められた方である。一定(の期間)が   かれの御許に定められている。それでもあなたがたは疑うのか。   6-3.かれこそは天にあっても   地でもアッラーであられる。かれはあなたがたの隠すことも   現わすことも知っておられる。またかれはあなたがたの   働いて得たもの(の応報)をも知っておられる。   6-4.かれらは主から如何なる印を齎されても必ずそれから顔を背けてしまう。   6-5.真理(クルアーン)がかれらの許に来ると   かれらは常にそれを虚偽であるとした。だがかれらの嘲笑する御告げが   間もなく(事実となって)かれらの許に来るであろう。   6-6.われはかれら以前に   次から次に幾世代も滅ぼしたかを   あなたがたは考えないのか。われは地上でかれらを代々安住させ   あなたがたにすらしなかったものを与えた。われは   かれらの上に雲を送り(雨を)注ぎ降らせ   その足許に川を流れさせた。だが凡ての罪のためにかれらを滅ぼし   その跡に外の世代を出現させた。   6-7.仮令われがあなたに紙上に(書いた)啓典を下し   かれらが自分の手でそれに触れても   不信心な者はきっと   「これは明らかに魔術に過ぎない。」と言う。   6-8.かれらはまた言う。「何故天使が   かれに遣されないのか。」もしわれが天使を遣したならば   事は直ちに決定されて   かれらは猶予されなかったであろう。   6-9.仮令われがかれ(使徒)を天使としても   必ず人間の姿をさせ   (今)かれらが惑うように   きっと惑わせたであろう。   6-10.あなた以前の使徒たちも   確かに嘲笑されていた。だが嘲笑したものは   その嘲笑していたこと(懲罰)に取り囲まれるであろう。   6-11.言ってやるがいい。(ムハンマドよ。)「地上を旅して   真理を拒否した者の最後が   どうであったかを見なさい。」   6-12.言ってやるがいい。「天と地にある凡てのものは   誰の有であるのか。」言ってやるがいい。「アッラーの有である。かれは慈悲を御自分の勤となされる。審判の日には   必ずあなたがたを召集されよう。それに疑いの余地はないのである。」だが自分の魂を滅ぼしてしまった者は   信じないであろう。   6-13.夜と昼とに住む凡てのものは   かれの有である。かれは   全聴にして全知であられる。   6-14.言ってやるがいい。「わたしは   アッラー以外の加護をどうして求めるだろうか。かれは天と地の創造者で   (すべてを)養い   (誰からも)養われない」言ってやるがいい。「わたしは(かれに)服従   帰依する者の先き駆けとなり   『多神教徒の仲間となってはならない』と命じられた。」   6-15.言ってやるがいい。「わたしがもし主に背くならば   偉大な日の懲罰が本当に恐ろしい。」   6-16.その日(懲罰を)免れる者には   必ず慈悲を与えられる。それは明らかに至上の幸福の成就である。   6-17.もしアッラーが   あなたを災厄で害されれば   かれの外にこれを除くものはない。もしかれが   あなたに幸福を届けられれば   本当にかれは凡てのことに全能であられる。   6-18.かれは   そのしもべたちの上におられる至高者であり   かれは英明にして全知であられる。   6-19.言ってやるがいい。「立証において   最も重要なことは何であるか。」言ってやるがいい。「アッラーは   わたしとあなたがたとの間の立証者であられる。このクルアーンが   わたしに啓示されたのは   わたしがあなたがたそして届く限りの者に   それによって警告するためである。あなたがたは(アッラーの外に)他の神があることを   証言出来るのか。」言ってやるがいい。「わたしは証言することは出来ない。」言ってやるがいい。「本当にかれは唯一の神であられる。わたしは   あなたがたが信仰するものとは全く無関係である。」   6-20.われが啓典を授けた者たちは   自分の子を認めるようにこれを認める。だが   自分の魂を滅ぼした者は信じない。   6-21.アッラーに就いて虚偽を作り上げ   またはその印を拒否するより   甚だしい不義があろうか。本当に不義を行う者は決して成功しないであろう。   6-22.われが一斉にかれらを召集する日   邪神を信仰した者たちに(問うて)言う。「あなたがたが言い張っていた   仲間(邪神ども)はどこにいるのか。」   6-23.その時かれらは   こう言う外にロ実はないであろう。「わたしたちの主   アッラーにかけて誓います。わたしたちは決して外の神々を信仰した者ではありません。」   6-24.見なさい。如何にかれらが自らを欺くか。またかれらの虚構したものが   かれらを迷わせたかを。   6-25.かれらの中には   あなたに耳を傾ける者もあるが   われはかれらの心に覆いをしたので   これ(クルアーン)を理解しない。またその耳を鈍くした。だからかれらは仮令各種の印を見ても   これを信じない。そしてかれらがあなたの許にやって来るのは   議論するため(だけ)である。信じない者たちは   「これは昔の物語に過ぎないのです。」と言う。   6-26.かれらは外の者をそれから遠ざけ   また自分たちもこれを避ける。だがかれらは自ら自分の魂を傷つけるだけで   自分はそれに気付かない。   6-27.あなたがもし   かれらが火獄の前に立たされる姿を見たらどうであろう。その時かれらは言う。「ああ   わたしたちがもし送り帰されるならば   決して主の印を拒否しないで   必ず信仰するでしょうに。」   6-28.いや   かれらが今まで隠していたものが   (今)自分たちの前に明らかになったに過ぎない。それでかれらが仮令(再び)戻されても   かれらは必ず禁じられたことを繰り返すであろう。かれらは本当に虚言の徒である。   6-29.かれらは言う。「この世の生があるだけで   再び甦るなどということはないのです。」   6-30.あなたがもし   かれらが主と向かい合って立たされる時を見たらどうであろう。その時(主は)仰せられるであろう。「これは真実ではないか。」かれらは言う。「そうです。主にかけて(誓って)。」かれは仰せられよう。「あなたがたは   信仰を拒否したために懲罰を味わいなさい。」   6-31.アッラーに会うことを虚偽であるとする者は   確かに失敗者である。その時が突然来れば   かれらは言う。「ああ   悲しい   わたしたちは何と疎かなことをしたことか。」かれらは背に自分の重荷を負っている。ああ   かれらの負う重荷こそ災いである。   6-32.現世の生活は   遊びか戯れに過ぎない。だが主を畏れる者には   来世の住まいこそ最も優れている。あなたがたは悟らないのか。   6-33.われはかれらの言葉が   あなたを如何に悲しませるかを知っている。かれらが虚言の徒とするのは   あなたではない。不義者たちは   専らアッラーの印を否定しているだけ。   6-34.あなた以前にも   使徒たちは虚言の徒と呼ばれた。それでわれの救助を得るまで   かれらは拒否と迫害を耐え忍んだ。誰にもアッラーの御言葉を変えることは出来ない。使徒たちに関する一部の消息は   既にあなたに伝えられたのである。   6-35.もしかれらが反抗して去るのがあなたに酷く苦痛をあたえるとき   あなたに出来ることは   地にトンネルを掘り   または天に梯をかけて   かれらに印を現わせ。アッラーが御好みになるならば   (正しい)導きの上にかれらを集められる。それであなたは   無知な者の仲間となってはいけない。  

サムネイル

Vivaldi Gloria in D Major RV589(お話です) 1 「ギリシャとヘブライの倫理」『タルムード 6章』

Vivaldi Gloria in D Major RV 589 (お話です) 1 「ギリシャとヘブライの倫理」 『タルムード:Avot 第6章』 「第九の歌詞(ドイツ語)朗読と譜面解釈」 「メタ理論について」 「ラグランジュ方程式について 一般座標と一般運動の等値を示すとき 外力がない条件で成立するハミルトニア(H)が全エネルギーと比べたときも同じ値になりここから運動方程式を 導くことができることについて」 「停留点が鞍点の時とヘッシアン(H)について」 「聖クルアーン第6章」 『タルムード:Avot 第6章』 Study is work  それにもかかわらず、勉強は仕事である。 あなたは「トーラに労力」をかけなければならないと、Rabbi Meirは言った。 勉強がいかに多くの仕事であるか、あなたはすでに知っている。 それは、何度もなんどもレッスンを記憶し試験することを意味する。 あなたは紙に書いて、レポートにまとめなければならないであろう。 それは、読むこと、再読すること、そして記憶することを意味するであろう。 あなたレッスンを理解するために努力しなければならないだろう。 そして他の種類の仕事のように、あなたが成功する保証はない。 幾つかの勉強はあなたにとって易しいかもしれないが、他のものはあまりにも 難しいかもしれない。 あなたはこう発見するかもしれない: 時々、失望してあなたの両手を上げてしまいたい、そして言いたい、 「なぜ私は悩むべきなのか?私は本当にうまくいかない。」 「聖クルアーン第6章」 家畜章(アル・アンアーム) マディーナ啓示 165節 6-1.天と地を創造し、暗黒と光明を定められる、アッラーを讃える。だが信じない者は、かれらの主と(外のものを)同位に置く。 6-2.かれこそは、泥から、あなたがたを創り、次いで(生存の)期間を定められた方である。一定(の期間)が、かれの御許に定められている。それでもあなたがたは疑うのか。 6-3.かれこそは天にあっても、地でもアッラーであられる。かれはあなたがたの隠すことも、現わすことも知っておられる。またかれはあなたがたの、働いて得たもの(の応報)をも知っておられる。 6-4.かれらは主から如何なる印を齎されても必ずそれから顔を背けてしまう。 6-5.真理(クルアーン)がかれらの許に来ると、かれらは常にそれを虚偽であるとした。だがかれらの嘲笑する御告げが、間もなく(事実となって)かれらの許に来るであろう。 6-6.われはかれら以前に、次から次に幾世代も滅ぼしたかを、あなたがたは考えないのか。われは地上でかれらを代々安住させ、あなたがたにすらしなかったものを与えた。われは、かれらの上に雲を送り(雨を)注ぎ降らせ、その足許に川を流れさせた。だが凡ての罪のためにかれらを滅ぼし、その跡に外の世代を出現させた。 6-7.仮令われがあなたに紙上に(書いた)啓典を下し、かれらが自分の手でそれに触れても、不信心な者はきっと、「これは明らかに魔術に過ぎない。」と言う。

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.7.28. 01:34
視聴回数:5522回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: Vivaldi   Gloria   in   D   Major   RV   589   (お話です)   1   「ギリシャとヘブライの倫理」   『タルムード:Avot   第6章』   「第九の歌詞(ドイツ語)朗読と譜面解釈」   「メタ理論について」   「ラグランジュ方程式について   一般座標と一般運動の等値を示すとき   外力がない条件で成立するハミルトニア(H)が全エネルギーと比べたときも同じ値になりここから運動方程式を   導くことができることについて」   「停留点が鞍点の時とヘッシアン(H)について」   「聖クルアーン第6章」   『タルムード:Avot   第6章』   Study   is   work   それにもかかわらず   勉強は仕事である。   あなたは「トーラに労力」をかけなければならないと   Rabbi   Meirは言った。   勉強がいかに多くの仕事であるか   あなたはすでに知っている。   それは   何度もなんどもレッスンを記憶し試験することを意味する。   あなたは紙に書いて   レポートにまとめなければならないであろう。   それは   読むこと   再読すること   そして記憶することを意味するであろう。   あなたレッスンを理解するために努力しなければならないだろう。   そして他の種類の仕事のように   あなたが成功する保証はない。   幾つかの勉強はあなたにとって易しいかもしれないが   他のものはあまりにも   難しいかもしれない。   あなたはこう発見するかもしれない:   時々   失望してあなたの両手を上げてしまいたい   そして言いたい   「なぜ私は悩むべきなのか?私は本当にうまくいかない。」   Study   is   own   reward   一つの答えがある。成功がその唯一の報酬ではないのだ。   たとえ何の仕事であろうとも   そしてそれに成功するかどうかに関わらずに   その真の報酬はその行いにある。   ある特別な意味では   勉強はそれ自身の報酬である。   Rabbi   Meir   は言った   それ自身のために(すなわち成功を考えずに)トーラに労力をかける人   は誰でも   多くの事に奉仕する;   そればかりでなく   全世界が彼に恩義をこう:   彼は友人と呼ばれる   かわいい   全ての生き物の愛人   人類の愛人:   それは彼におとなしさ   尊敬を付与する;   それは彼を正義   信神深く   正直な   そして公正にする;   それは彼を罪から遠ざける   そして彼に美徳に近づける:   彼を通して世界は助言と知恵ある音を楽しむ。   [   Avot   6:1   ]   ラビは教えた   特に   行動に対してあなた自身を準備する仕事において   あなたの態度は   その真の報酬はいつも行動の中にあると   考えるべきである。   一人の生徒である場合を考えてみなさい。   我々は全てが生徒として同じ特性を持ってはいない   我々は学問のそれぞれ   の分野において全てが平等に備えられてはいない。   我々の幾人かは   ある学問で他の者たちより優れている。   しかし我々の態度は   「勉強すること」は価値があるゆえに全ての生徒が   価値があると   考えるべきである。   To   delight   the   Lord   「神は物語を愛するゆえに人間を創造した」   という言う言葉がある。   そしてまたアボットの最後の文は   神の創造における神の大いなる喜びの   この考えについて力説している:   聖なるお方   賛えられるべき主が彼の世界を創造したものはみな   ただ神の栄光のために創造された。   [   Avot   6:11   ]   The   work   of   righteousness   我々はアボットの中で読む:   人間が死ぬときに   銀や金や宝石や真珠を携えて行くことはできない   しかしただトーラと良い行いは(携えて行くことができる)。   [   Avot   6:9   ]   あなたの価値は   あなたがあなた自身を価値あるものに「させる」ところ   のものに集中する。   あなたの価値は   あなたがあなたの行動を規則付けているその価値に従う。   ハシディムの人々は   ハニポル(Hanipol)   のレブ・ズシュヤ(Reb   Zusya)     話を繰り返し告げるのを愛した。   レブ・ズシュヤは死ぬときに偉大なを教えを行なった:   レブ・ズシュヤの生徒たちは   彼らの先生が死にかけているのを聞いて   最後の訪問にやって来た。しかし部屋に入ったときに   恐れでぶるぶる   震えている先生を見て   彼らは驚いた。   彼らはたずねた   「あなたはなぜ死を恐れているのですか?」   「あなたの生活は   モーゼ自身と同じように正義であったではないですか?」   レブ・ズシュヤは答えた   「私が審判の王座の前に立つとき   『レブ・ズシュヤよ   なぜあなたはモーゼのようでなかったのか?』   私がこのようにたずねられることはなく   『レブ・ズシュヤよ   なぜあなたはズシュヤのようでなかったのか?』   私がこのようにたずねられるでしょう。」   明らかに   我々の各々は我々の生活の織機の中で正義の布を織るための努力を   しなければならない。他の全てから離れて特別な生き物として我々各々作っている   唯一な方法で   所有や金もちの意味付けよりもずうっと偉大な意味付けを我々の   生活の各々に与えている方法で。   あなたの生命の価値を測るこのような方法は   あなたのユダヤ伝統の一部であり   ユダヤ人が保持している価値の一部である。   我々の各々は   可能な最上の「わたし」にする努力をすべきである。   それこそが   ユダヤ人が生命の価値を測る方法なのである。   「聖クルアーン第6章」   家畜章(アル・アンアーム)   マディーナ啓示   165節   6-1.天と地を創造し   暗黒と光明を定められる   アッラーを讃える。だが信じない者は   かれらの主と(外のものを)同位に置く。   6-2.かれこそは   泥から   あなたがたを創り   次いで(生存の)期間を定められた方である。一定(の期間)が   かれの御許に定められている。それでもあなたがたは疑うのか。   6-3.かれこそは天にあっても   地でもアッラーであられる。かれはあなたがたの隠すことも   現わすことも知っておられる。またかれはあなたがたの   働いて得たもの(の応報)をも知っておられる。   6-4.かれらは主から如何なる印を齎されても必ずそれから顔を背けてしまう。   6-5.真理(クルアーン)がかれらの許に来ると   かれらは常にそれを虚偽であるとした。だがかれらの嘲笑する御告げが   間もなく(事実となって)かれらの許に来るであろう。   6-6.われはかれら以前に   次から次に幾世代も滅ぼしたかを   あなたがたは考えないのか。われは地上でかれらを代々安住させ   あなたがたにすらしなかったものを与えた。われは   かれらの上に雲を送り(雨を)注ぎ降らせ   その足許に川を流れさせた。だが凡ての罪のためにかれらを滅ぼし   その跡に外の世代を出現させた。   6-7.仮令われがあなたに紙上に(書いた)啓典を下し   かれらが自分の手でそれに触れても   不信心な者はきっと   「これは明らかに魔術に過ぎない。」と言う。   6-8.かれらはまた言う。「何故天使が   かれに遣されないのか。」もしわれが天使を遣したならば   事は直ちに決定されて   かれらは猶予されなかったであろう。   6-9.仮令われがかれ(使徒)を天使としても   必ず人間の姿をさせ   (今)かれらが惑うように   きっと惑わせたであろう。   6-10.あなた以前の使徒たちも   確かに嘲笑されていた。だが嘲笑したものは   その嘲笑していたこと(懲罰)に取り囲まれるであろう。   6-11.言ってやるがいい。(ムハンマドよ。)「地上を旅して   真理を拒否した者の最後が   どうであったかを見なさい。」   6-12.言ってやるがいい。「天と地にある凡てのものは   誰の有であるのか。」言ってやるがいい。「アッラーの有である。かれは慈悲を御自分の勤となされる。審判の日には   必ずあなたがたを召集されよう。それに疑いの余地はないのである。」だが自分の魂を滅ぼしてしまった者は   信じないであろう。   6-13.夜と昼とに住む凡てのものは   かれの有である。かれは   全聴にして全知であられる。   6-14.言ってやるがいい。「わたしは   アッラー以外の加護をどうして求めるだろうか。かれは天と地の創造者で   (すべてを)養い   (誰からも)養われない」言ってやるがいい。「わたしは(かれに)服従   帰依する者の先き駆けとなり   『多神教徒の仲間となってはならない』と命じられた。」   6-15.言ってやるがいい。「わたしがもし主に背くならば   偉大な日の懲罰が本当に恐ろしい。」   6-16.その日(懲罰を)免れる者には   必ず慈悲を与えられる。それは明らかに至上の幸福の成就である。   6-17.もしアッラーが   あなたを災厄で害されれば   かれの外にこれを除くものはない。もしかれが   あなたに幸福を届けられれば   本当にかれは凡てのことに全能であられる。   6-18.かれは   そのしもべたちの上におられる至高者であり   かれは英明にして全知であられる。   6-19.言ってやるがいい。「立証において   最も重要なことは何であるか。」言ってやるがいい。「アッラーは   わたしとあなたがたとの間の立証者であられる。このクルアーンが   わたしに啓示されたのは   わたしがあなたがたそして届く限りの者に   それによって警告するためである。あなたがたは(アッラーの外に)他の神があることを   証言出来るのか。」言ってやるがいい。「わたしは証言することは出来ない。」言ってやるがいい。「本当にかれは唯一の神であられる。わたしは   あなたがたが信仰するものとは全く無関係である。」   6-20.われが啓典を授けた者たちは   自分の子を認めるようにこれを認める。だが   自分の魂を滅ぼした者は信じない。   6-21.アッラーに就いて虚偽を作り上げ   またはその印を拒否するより   甚だしい不義があろうか。本当に不義を行う者は決して成功しないであろう。   6-22.われが一斉にかれらを召集する日   邪神を信仰した者たちに(問うて)言う。「あなたがたが言い張っていた   仲間(邪神ども)はどこにいるのか。」   6-23.その時かれらは   こう言う外にロ実はないであろう。「わたしたちの主   アッラーにかけて誓います。わたしたちは決して外の神々を信仰した者ではありません。」   6-24.見なさい。如何にかれらが自らを欺くか。またかれらの虚構したものが   かれらを迷わせたかを。   6-25.かれらの中には   あなたに耳を傾ける者もあるが   われはかれらの心に覆いをしたので   これ(クルアーン)を理解しない。またその耳を鈍くした。だからかれらは仮令各種の印を見ても   これを信じない。そしてかれらがあなたの許にやって来るのは   議論するため(だけ)である。信じない者たちは   「これは昔の物語に過ぎないのです。」と言う。   6-26.かれらは外の者をそれから遠ざけ   また自分たちもこれを避ける。だがかれらは自ら自分の魂を傷つけるだけで   自分はそれに気付かない。   6-27.あなたがもし   かれらが火獄の前に立たされる姿を見たらどうであろう。その時かれらは言う。「ああ   わたしたちがもし送り帰されるならば   決して主の印を拒否しないで   必ず信仰するでしょうに。」   6-28.いや   かれらが今まで隠していたものが   (今)自分たちの前に明らかになったに過ぎない。それでかれらが仮令(再び)戻されても   かれらは必ず禁じられたことを繰り返すであろう。かれらは本当に虚言の徒である。   6-29.かれらは言う。「この世の生があるだけで   再び甦るなどということはないのです。」   6-30.あなたがもし   かれらが主と向かい合って立たされる時を見たらどうであろう。その時(主は)仰せられるであろう。「これは真実ではないか。」かれらは言う。「そうです。主にかけて(誓って)。」かれは仰せられよう。「あなたがたは   信仰を拒否したために懲罰を味わいなさい。」   6-31.アッラーに会うことを虚偽であるとする者は   確かに失敗者である。その時が突然来れば   かれらは言う。「ああ   悲しい   わたしたちは何と疎かなことをしたことか。」かれらは背に自分の重荷を負っている。ああ   かれらの負う重荷こそ災いである。   6-32.現世の生活は   遊びか戯れに過ぎない。だが主を畏れる者には   来世の住まいこそ最も優れている。あなたがたは悟らないのか。   6-33.われはかれらの言葉が   あなたを如何に悲しませるかを知っている。かれらが虚言の徒とするのは   あなたではない。不義者たちは   専らアッラーの印を否定しているだけ。   6-34.あなた以前にも   使徒たちは虚言の徒と呼ばれた。それでわれの救助を得るまで   かれらは拒否と迫害を耐え忍んだ。誰にもアッラーの御言葉を変えることは出来ない。使徒たちに関する一部の消息は   既にあなたに伝えられたのである。   6-35.もしかれらが反抗して去るのがあなたに酷く苦痛をあたえるとき   あなたに出来ることは   地にトンネルを掘り   または天に梯をかけて   かれらに印を現わせ。アッラーが御好みになるならば   (正しい)導きの上にかれらを集められる。それであなたは   無知な者の仲間となってはいけない。  

01

   
videovar
iPeeVee iPeeVee

会社概要 |  ソリューション |  お問い合わせ |  スタッフ募集 |  利用規約 |  プライバシーポリシー

Copyright (C) 2006-2019 PeeVee Corporation. All rights reserved.