PeeVee.TV
   

  ログイン

ホーム 新規ユーザー登録

新着動画一覧

1 2

サムネイル

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です)メタ理論・タルムード6章・聖クルアーン12章

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です) メタ理論 タルムード6章 聖クルアーン12章 『メタ理論: 個人と集団の各主語的同一性が 時間という共通述語を知覚して 表象していくとき 自然時間という時間が 個人が自然を知覚する過程に 原初の人間と幼児の意識の 人間の身体と身体の行為を 自然界につなげて 抽象性と自己同一性について 想像的普遍の詩的知恵の形相で 表意して記号に起こしていくとき 共通する自然時間を 暦に与えて 時間の合致について たとえば、 共通時間のある暦の時間に ある暦の時間の空間に集まる人間が その日の経験を表象して 詩的知恵が起きて 想像的普遍性に対して 集団と自然のつながりと 個人と自然のつながりに 共通的自己同一性をつくり 縮約した過去である現在に 事象的・社会的・時間的次元の反復を 記憶と記号が可能にして、 感覚的トピカと異なり、 記憶した事象の再叙述を行います。』 『タルムード:Avot 第6章』 Study is work それにもかかわらず、勉強は仕事である。あなたは「トーラに労力」をかけなければいけないと、Rabbi Meirは言った。 勉強がいかに多くの仕事であるか、あなたはすでに知っている。それは、何度もなんどもレッスンを記憶し試験することを意味する。あなたは紙に書いて、レポートにまとめなければいけないであろう。それは、読むこと、再読すること、そして記憶することを意味するであろう。あなたレッスンを理解するために努力しなければいけないだろう。 そして他の種類の仕事のように、あなたが成功する保証はない。幾つかの勉強はあなたにとって易しいかもしれないが、他のものはあまりにも難しいかもしれない。あなたはこう発見するかもしれない:時々、失望してあなたの両手を上げてしまいたい、そして言いたい、「なぜ私は悩むべきなのか?私は本当にうまくいかない。」 『聖クルアーン12章』 ユースフ章 マッカ啓示111節 1.アリフ・ラーム・ラー。これらは明瞭な啓典の印である。 2.われは、アラビア語のクルアーンを下した。恐らくあなたがたは悟るであろう。 3.われはこのクルアーンをあなたに啓示し、物語の中の最も美しいものを語ろう。あなたもこれまで気付かずにいたものである。 4.ユースフがその父(ヤアコーブ)にこう言った時を思え。「父よ、わたしは(夢で)11の星と太陽と月を見ました。わたしは、それらが(皆)わたしに、サジダしているのを見ました。」 5.かれは言った。「息子よ、あなたの夢を兄たちに話してはならない。さもないとかれらはあなたに対して策謀を企らむであろう。本当に悪魔は人間には公然の敵である。 6.このように主は、あなたを御選びになって、出来事の解釈を教えられ、かれが以前に、あなたの祖先のイブラーヒームやイスハークに御恵みを全うされたように、あなたとヤアコーブの子孫にそれを全うしたものである。本当にあなたの主は全知にして英明であられる。」 7.本当にユースフとその兄弟(の物語の中)には、(真理を)探求する者への種々の印がある。

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012-08-16 09:29:43.0
視聴回数:1697回
お気に入り登録:0
カテゴリ: スポーツ全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: アヴェ・ヴェルム・コルプス   (お話です)   メタ理論   タルムード6章   聖クルアーン12章   『メタ理論:   個人と集団の各主語的同一性が   時間という共通述語を知覚して   表象していくとき   自然時間という時間が   個人が自然を知覚する過程に   原初の人間と幼児の意識の   人間の身体と身体の行為を   自然界につなげて   抽象性と自己同一性について   想像的普遍の詩的知恵の形相で   表意して記号に起こしていくとき   共通する自然時間を   暦に与えて   時間の合致について   たとえば   共通時間のある暦の時間に   ある暦の時間の空間に集まる人間が   その日の経験を表象して   詩的知恵が起きて   想像的普遍性に対して   集団と自然のつながりと   個人と自然のつながりに   共通的自己同一性をつくり   縮約した過去である現在に   事象的・社会的・時間的次元の反復を   記憶と記号が可能にして   感覚的トピカと異なり   記憶した事象の再叙述を行います。』   『タルムード:Avot   第6章』   Study   is   work   それにもかかわらず   勉強は仕事である。あなたは「トーラに労力」をかけなければいけないと   Rabbi   Meirは言った。   勉強がいかに多くの仕事であるか   あなたはすでに知っている。それは   何度もなんどもレッスンを記憶し試験することを意味する。あなたは紙に書いて   レポートにまとめなければいけないであろう。それは   読むこと   再読すること   そして記憶することを意味するであろう。あなたレッスンを理解するために努力しなければいけないだろう。   そして他の種類の仕事のように   あなたが成功する保証はない。幾つかの勉強はあなたにとって易しいかもしれないが   他のものはあまりにも難しいかもしれない。あなたはこう発見するかもしれない:時々   失望してあなたの両手を上げてしまいたい   そして言いたい   「なぜ私は悩むべきなのか?私は本当にうまくいかない。」   Study   is   own   reward   一つの答えがある。成功がその唯一の報酬ではないのだ。たとえ何の仕事であろうとも   そしてそれに成功するかどうかに関わらずに   その真の報酬はその行いにある。ある特別な意味では   勉強はそれ自身の報酬である。   Rabbi   Meir   は言った   それ自身のために(すなわち成功を考えずに)トーラに労力をかける人は誰でも   多くの事に奉仕する;そればかりでなく   全世界が彼に恩義をこう:彼は友人と呼ばれる   かわいい   全ての生き物の愛人   人類の愛人:それは彼におとなしさ   尊敬を付与する;それは彼を正義   信神深く   正直な   そして公正にする;それは彼を罪から遠ざける   そして彼に美徳に近づける:彼を通して世界は助言と知恵ある音を楽しむ。   [   Avot   6:1   ]   ラビは教えた   特に   行動に対してあなた自身を準備する仕事において   あなたの態度は   その真の報酬はいつも行動の中にあると   考えるべきである。一人の生徒である場合を考えてみなさい。我々は全てが生徒として同じ特性を持ってはいない   我々は学問のそれぞれの分野において全てが平等に備えられてはいない。我々の幾人かは   ある学問で他の者たちより優れている。しかし我々の態度は   「勉強すること」は価値があるゆえに全ての生徒が価値があると   考えるべきである。   To   delight   the   Lord   「神は物語を愛するゆえに人間を創造した」   という言う言葉がある。そしてまたアボットの最後の文は   神の創造における神の大いなる喜びのこの考えについて力説している:   聖なるお方   賛えられるべき主が彼の世界を創造したものはみな   ただ神の栄光のために創造された。   [   Avot   6:11   ]   The   work   of   righteousness   我々はアボットの中で読む:人間が死ぬときに   銀や金や宝石や真珠を携えて行くことはできない   しかしただトーラと良い行いは(携えて行くことができる)。   [   Avot   6:9   ]   あなたの価値は   あなたがあなた自身を価値あるものに「させる」ところ   のものに集中する。あなたの価値は   あなたがあなたの行動を規則付けているその価値に従う。ハシディムの人々は   ハニポル(Hanipol)   のレブ・ズシュヤ(Reb   Zusya)   の話を繰り返し告げるのを愛した。レブ・ズシュヤは死ぬときに偉大なを教えを行なった:レブ・ズシュヤの生徒たちは   彼らの先生が死にかけているのを聞いて   最後の訪問にやって来た。しかし部屋に入ったときに   恐れでぶるぶる震えている先生を見て   彼らは驚いた。彼らはたずねた   「あなたはなぜ死を恐れているのですか?」「あなたの生活は   モーゼ自身と同じように正義であったではないですか?レブ・ズシュヤは答えた   「私が審判の王座の前に立つとき   『レブ・ズシュヤよ   なぜあなたはモーゼのようでなかったのか?』私がこのようにたずねられることはなく   『レブ・ズシュヤよ   なぜあなたはズシュヤのようでなかったのか?』私がこのようにたずねられるでしょう。」   明らかに   我々の各々は我々の生活の織機の中で正義の布を織るための努力をしなければいけない。   他の全てから離れて特別な生き物として我々各々作っている唯一な方法で   所有や金もちの意味付けよりもずうっと偉大な意味付けを我々の生活の各々に与えている方法で。あなたの生命の価値を測るこのような方法は   あなたのユダヤ伝統の一部であり   ユダヤ人が保持している価値の一部である。我々の各々は   可能な最上の「わたし」にする努力をすべきである。それこそが   ユダヤ人が生命の価値を測る方法なのである。   『聖クルアーン12章』   ユースフ章   マッカ啓示111節   1.アリフ・ラーム・ラー。これらは明瞭な啓典の印である。   2.われは   アラビア語のクルアーンを下した。恐らくあなたがたは悟るであろう。   3.われはこのクルアーンをあなたに啓示し   物語の中の最も美しいものを語ろう。あなたもこれまで気付かずにいたものである。   4.ユースフがその父(ヤアコーブ)にこう言った時を思え。「父よ   わたしは(夢で)11の星と太陽と月を見ました。わたしは   それらが(皆)わたしに   サジダしているのを見ました。」   5.かれは言った。「息子よ   あなたの夢を兄たちに話してはならない。さもないとかれらはあなたに対して策謀を企らむであろう。本当に悪魔は人間には公然の敵である。   6.このように主は   あなたを御選びになって   出来事の解釈を教えられ   かれが以前に   あなたの祖先のイブラーヒームやイスハークに御恵みを全うされたように   あなたとヤアコーブの子孫にそれを全うしたものである。本当にあなたの主は全知にして英明であられる。」   7.本当にユースフとその兄弟(の物語の中)には   (真理を)探求する者への種々の印がある。   8.かれら(兄たち)がこう言った時を思え。「ユースフとその弟は   わたしたちよりも父に寵愛されている。だがわたしたちは多勢の仲間である。父は明らかに間違っている。」   9.(1人が言った。)「ユースフを殺すか   それともかれを何処か外の地に追え。そうすれば父の顔(好意)はあなたがたに向けられよう。その後に   あなたがたは正しい者になれるというものである。」   10.かれらの1人の者が言った。「ユースフを殺害してはならない   もしあなたがたがどうしてもそうしたいなら   寧ろかれを井戸の底に投げ込めば   恐らく何処かの隊商に拾い上げられることもあろう。」   11.かれらは言った。「父よ   何故あなたはユースフを   わたしたちに御任せにならないのですか   わたしたちは   本当にかれに好意を寄せているではありませんか。」   12.「明日わたしたちと一緒にかれを(野に)行かせ   遊んで気を晴らせるようにしてやって下さい。わたしたちはかれを必ず守ります。」   13.かれ(ヤアコーブ)は言った。「あなたがたがかれを連れて行くのは   わたしにはどうも心配である。あなたがたがかれに気を付けない間に   狼がかれを食いはしないかと恐れている。」   14.かれらは言った。「わたしたちは多勢の仲間だから   もし狼がかれを食うようなら   その時はわたしたちは本当におしまいです。」   15.こうしてかれらは   かれ(ユースフ)を連れて行った。そしてかれを井戸の底に投げ込むことに決めた時   われはかれ(ユースフ)に啓示した。「あなたは必ずかれらの(する)この事を   かれらに告げ知らせる(日が)あろう。その時かれらは(あなたに)気付くまい。」   16.日が暮れてかれらは   泣きながら父の許に(帰って)来た。   17.かれらは言った。「父よ   わたしたちは互いに競争して行き   ユースフをわたしたちの品物のかたわらに残して置いたところ   狼が(来て)かれを食いました。わたしたちは真実を報告しても   あなたはわたしたちを信じては下さらないでしょう。」   18.かれらは   かれ(ユースフ)の下着を偽りの血で(汚し)持って来た。かれ(ヤアコーブ)は言った。「いや   いや   あなたがたが自分たちのために(大変なことを安易に考えて)   こんなことにしたのである。それで(わたしとしては)耐え忍ぶのが美徳だ。あなたがたの述べることに就いては   (只)アッラーに御助けを御願いする。」   19.そのうちに   隊商がやって来て水扱人を遣わし   かれは釣瓶を降ろした。かれは言った。「ああ吉報だ   これは少年だ。」そこでかれらは一つの売物にしようとしてかれを隠した。だがアッラーは   かれらの凡ての行いを熟知される。   20.かれらは僅かの銀貨でただ同然にかれを売り払った。かれらは   かれから多くを貪らなかった。   21.かれを買ったエジプトの者は   その妻に言った。「優しくかれを待遇しなさい。多分かれはわたしたちを益することになろう。それとも養子に取り立ててもよい。」こうしてわれはユースフをこの国に落ち着かせ   出来事(事象)の意味のとり方をかれに教えることにした。凡そアッラーは御自分の思うところに十分な力を御持ちになられる。だが人びとの多くは知らない。   22.かれが成年に達した頃   われは識見と知識とをかれに授けた。このようにわれは正しい行いをする者に報いる。   23.かれの起居する家の夫人が   かれの心を惑わそうとして   戸を閉めて言った。「さあ   あなたおいでなさい。」かれは(祈って)言った。「アッラーよ   わたしを御守り下さい。本当にかれ(あなたの夫)は   主人です。わたしを気持よく住ませてくれます。本当に不義の徒は   成功いたしません。」   24.確かにかの女は   かれに求めたのである。主の明証を見なかったならば   かれもかの女を求めたであろう。このようにしてわれは   かれから罪悪と醜行を遠ざけた。本当にかれは   謙虚で純真な(選ばれた)わがしもベの一人である。   25.その時両人は戸の方で相競い   かの女は後ろからかれの服を引き裂き   かれら両人は   戸口でかの女の夫に出会った。かの女は言った。「あなたの家族(妻)に悪事を行おうとした者には   投獄か痛ましい懲罰の外にどんな応報がありましょう。」   26.かれは言った。「奥様こそ   わたしの意に反して   わたしを御求めになりました。」その時かの女の家族の中の一人が証言した。「もしかれの服が前から裂けていれば   奥様が真実で   かれは嘘つきです。   27.だがかれの服が   もし後ろから裂けていれば   奥さまが嘘を御付きになったので   かれは真実であります。」   28.主人は   ユースフの服が後ろから裂かれているのを見て   言った。「これはあなたがた(婦人)の悪企みだ。本当にあなたがたの悪企みは   激しいものである。   29.ユースフよ   これを気にしないでくれ。それから(妻よ)   あなたの罪の赦しを願いなさい。本当にあなたは罪深い者である。」   30.町の婦人たちは(評判して)言った。「貴人の奥様が   青年の意に反し   誘惑したそうよ。きっと恋に狂ったのでしょう。わたしたちは   明らかに奥様の誤りだと思います。」   31.かの女は婦人たちの悪意のある(陰ロ)を聞くと   使いを遣わし   かの女たちのために宴席を設け   一人一人にナイフを渡し   それから(ユースフに)   「かの女たちの前に出て行きなさい。」と言った。かの女たちがかれ(ユースフ)を見ると驚歎し   (興奮して)その手を傷つけて言った。「アッラーの(造化の)完全無欠なことよ   これは人間ではない。これは貴い天使でなくて何でしょう。」   32.かの女は言った。「この人よ   あなたがたがわたしを謗るのは。確かにわたしが引っ張ってかれに求めたの。でもかれは貞節を守ったのよ。でも(今度)もしかれがわたしの命令を守らないなら   きっと投獄されて   汚名を被るでしょう。」   33.かれ(ユースフ)は言った。「主よ   わたしはかの女たちが誘惑するものよりも   牢獄が向いています。あなたがもしかの女たちの悪企みを   わたしから取り除いて下さらなければ   わたしは(若年の弱さで)かの女たちに傾いて   無道な者になるでしょう。」   34.それで主はかれ(の祈り)を受け入れ   かの女たちの悪企みをかれから取り払われた。本当にかれは全聴にして全知であられる。   35.そこでかの女たちは(かれが潔白である)証拠を見ていながら   しばらくかれを投獄しよう(それがかの女たちのために良い)と思った。   36.その時2人の若者が   かれと共に下獄した。その1人が言った。「わたしは酒を絞るのを(夢に)見ました。」また外の者は言った。「わたしは(夢に)自分の頭の上にパンを乗せて運んでいると   鳥がそれを啄むのを見ました。わたしたちにその意味を解いて下さい。御見かけしたところ   あなたは善い行いをされる方です。」   37.かれ(ユースフ)は答えて言った。「あなたがた2人に支給される食事が来る前に   わたしは必ずその解釈を告げよう。それはわたしの主が教えて下さるのである。わたしはアッラーを信じず   また来世を認めない不信心者たちの信条を捨てたのである。   38.そしてわたしは祖先   イブラーヒーム   イスハークまたヤアコーブの信条に従う。わたしたちは   アッラーにどんな同位者も決して配すべきではない。これはわたしたち   また凡ての人びとに与えられたアッラーの恩恵である。だが人びとの多くはこれに感謝しない。   39.2人の獄の友よ(わたしはあなたがたに尋ねる)。雑多の神々がよいのか   それとも唯一にして全能であられるアッラーなのか。   40.かれに仕えないならば   あなたがたとその祖先が命名した   (只の)名称に仕えるに過ぎない。アッラーはそれに対し権能を与えてはいない。大権はアッラーにだけ属し   あなたがたはかれ以外の何ものにも仕えてはならないと(アッラーは)命じている。これこそ正しい教えである。だが人びとの多くは知らない。   41.2人の獄の友よ   あなたがたの中1人に就いていえば   主人のために酒を注ぐであろう。また外の1人に就いては   十字架にかけられて   鳥がその頭から啄むであろう。あなたがた2人が尋ねたことは   こう判断される。」   42.そして2人の中   釈放されると思われる者に言った。「あなたの主人にわたしのことを告げなさい。」だが悪魔は   かれがかれ(ユースフ)のことをその主人に告げるのを忘れさせた。それでかれは   なお数年間獄中に留まった。   43.(エジプトの)王が言った。「わたしは7頭の肥えた牛が   7頭の瘠た牛に食われているのを(夢に)見ました。また穀物の7穂が緑で   他(の7穂)が枯れているのを見ました。首長たちよ   あなたがたが夢を解け得るならば   このわたしの夢を解釈して下さい。」   44.かれらは(答えて)言った。「複雑な夢です。わたしたちは夢の解釈は不得手です。」   45.ところが2人の中の(獄から)釈放された者が   時を経て思い出して言った。「わたしがその解釈をあなたがたに知らせましょう。それで(まず)わたしを行かせて下さい。」   46.(かれは牢獄に来て言った。)「ユースフよ   誠実な人よ   わたしたちに解いて下さい。7頭の肥えた牛を   7頭の瘠た牛が食べ   また7つの緑の穀物の穂と   外の(7つの)枯れたものと(の夢)を。わたしは人びとの処に帰って   かれらに理解させたい。」   47.かれは言った。「あなたがたは7年の間   例年のように種を播きなさい。だが刈り取ったものは   あなたがたが食べるのに必要な少量を除いて   (残りを)籾のまま貯蔵しなさい。   48.それから   その後7年(にわたる)厳しい(年)が来て   あなたがたがかれらのため以前に貯蔵したものを食べ   貯えるものの少量(を残す)に過ぎないであろう。   49.それからその後に来る1年には   人びとに豊かな雨があり   たっぷり(果汁を)萎るであろう。」   50.王は(命じて)言った。「かれをわたしの所に連れて来なさい。」それで使いがユースフの所に来た時   かれは言った。「あなたは引き返して   あの手を傷つけた婦人たち(の心境)はどうなっているのか   主人に尋ねなさい。わたしの主は   かの女たちの悪企みを知っておられる。」   51.かれ(王)は   (婦人たちに)言った。「あなたがたがユースフを誘惑した時   結局どうであったのか。」かの女たちは   「アッラーは完全無欠であられます。かれ(ユースフ)には   何の悪いこともないのを存じています。」と言った。貴人の妻は言った。「今   真実が(皆に)明らかになりました。かれを誘惑したのはわたしです。本当にかれは誠実(高潔)な人物です。」   52.かれ(ユースフ)は言った。「これはかれ(主人)に   かれの不在中わたしが決して裏切らないことを知らせ   またアッラーが裏切り者の悪企みを決して御助けになられないことを知らせるためです。   12-53.またわたし自身   無欠とはいえませんが   主が慈悲をかけた以外の(人間の)魂は悪に傾きやすいのです。本当にわたしの主は寛容にして慈悲深くあられます」   12-54.(これらの報告を聞いて)王は言った。「かれをわたしの許に連れて参れ。わたしは側近としてかれを引き立てよう。」そこでかれ(王)は   かれ(ユースフ)と話を交した後   言った。「今日あなたは   確かにわたしの側近である。高位につけられ   信頼されているのである。」   12-55.かれ(ユースフ)は言った。「わたしをこの国の財庫(の管理者)に任命して下さい。わたしは本当に知識ある管財者です。」   12-56.こうしてわれは   この国においてユースフに権力を授けた。それでかれは   意のままにエジプトの国中を何時でも何処にでも住むことが出来た。われは欲する者に慈悲を施す。また善行をなす者への報奨を虚しくしない。   12-57.信仰して   絶えず主を畏れる者には   来世における報奨こそ最も優れたものである。   12-58.その中ユースフの兄たちが来て   かれの前に罷り出た。かれ(ユースフ)はかれらを認めたが   かれら(兄たち)の方はかれに気付かなかった。   12-59.かれは食料をかれらに与えてから言った。「あなたがたと同じ父親の   兄弟を1人わたしのもとに連れて来なさい。あなたがたは   わたしが十分に計量したのを見なかったのか。それはわたしの最上の持て成しではないか。   12-60.もしあなたがたがかれを連れて来ないなら   あなたがたはわたしの所で(穀物を)計ってもらえず   わたしに近付くことも出来ない。」   12-61.かれらは言った。「かれ(弟)に就いて父を納得させ   必ずそれを実行いたしましょう。」   12-62.それからかれ(ユースフ)は   その部下に(命じて)言った。「かれらの(穀物と交換して払った)代価をかれらの袋に入れて置け。かれらは家に帰りそれを見て   恐らく戻って来るであろう。」   12-63.かれらは父のところに帰って言った。「父よ   わたしたちは(穀物を)計ることを拒否されました。弟をわたしたちと一緒に行かせて下さい。そうすれば計って貰えます。わたしたちは(どんな危険があっても)必ずかれを守ります。」   12-64.かれ(ヤアコーブ)は言った。「わたしは以前にかれの兄(ユースフ)に就いてあなたがたを信用した以上に   かれに就いてあなたがたを信用出来ようか。だがアッラーは最も能く(かれを)守られる。かれこそは   慈悲深い御方の中でも最大の慈悲深い御方であられる。」   12-65.かれらが荷物を開くと   代価がかれらに返されているのを見付けた。かれらは言った。「父よ   わたしたちは(この上)何を望みましょう。この代価がわたしたちに戻されています。家族に(もっと)蓄えが貰えます。弟を守り   ラクダ1頭分の増配を得(て帰)るでしょう。そのくらいは   難なく手に入るでしょう。」   12-66.かれは言った。「あなたがたが   避け難い障害に取り囲まれた場合の外必ずかれを連れて戻ると   アッラーにかけて約束しない限り   わたしはかれをあなたがたと一緒に決してやらないであろう。」こうしてかれらがかれに厳粛に誓った時   かれは言った。「アッラーは   わたしたちの言ったことの監視者であられる。」   12-67.更にかれは言った。「息子たちよ   (町に入る時は皆が)1つの門から入ってはならない。あなたがたは別々の門から入りなさい。だが(この用心は)   アッラーに対しては   あなたがたに何も役立たないであろう。裁定は   只アッラーに属する。かれにわたしは信頼した。凡ての頼る者は   かれにこそ頼るべきである。」   12-68.かれらは父の命じたやり方で入った。それは   アッラー(の計画)に対し   何の役にも立たなかった。只ヤアコーブ自身に必要な気休めに過ぎなかった。かれはわれが教えたので   知識を持っていた。だが人びとの多くは知らない。   12-69.さてかれらがユースフの許に行った時   かれはその弟を親しく迎えて言った。「わたしはあなたの兄です。今までかれら(兄たち)がしてきたことに   心を悩ましてはならない。」   12-70.かれ(ユースフ)が   かれらに配給をし終った時   かれは弟の袋の中に盃を入れた。やがて   ある者が呼びかけた。「隊商よ   あなたがたは確かに泥棒です。」   12-71.かれらは振り向いて言った。「あなたがたの何がなくなりましたか。」   12-72.かれらは言った。「わたしたちは   王様の盃をなくしたのです。それを持って来た者にはラクダの一頭分の荷(を与える)でしょう。わたしがその保証人です。」   12-73.かれらは言った。「アッラーにかけて誓います。わたしたちはこの国で   悪事を働く為に来たのではないことを   あなたがたは既に御存じです。わたしたちは   盗みは致しません。」   12-74.かれらは言った。「あなたがたが嘘つきであったら   その(盗みの)処罰は何としようか。」   12-75.かれら(兄たちは答えて)言った。「その処罰は   誰でも袋の中から(盃が)発見された者であります。かれが   その償いです。このように   わたしたちは悪を行う者を罰します。」   12-76.それでかれ(ユースフ)は   弟の袋(の検査)をする前に   かれらの袋を(調べ)始めた。そして(最後に)弟の袋から   それを捜し出した。われはこのように   ユースフに策略を授けた。アッラーが望まれる以外には   かれは弟を(エジプト国)王の法律の下で抑留することが出来なかったのである。われは欲する者の(英知の)階位を高める。全ての知者の上に全知なる御方はいる。   12-77.かれらは言った。「もしかれが盗んだとすれば   かれの兄も以前確かに盗みをしました。」しかしユースフはこれらのことを自分の心に秘めて   かれらにそれ(秘密)を漏さなかった。かれは(独り言のように)言った。「事情はあなたがたに不利である。アッラーはあなたがたの語る真実を最も能く知っておられる。」   12-78.かれらは言った。「申し上げますが   かれには大変年老いた父親があります。それでかれの代りに   わたしたちの1人を拘留して下さい。御見うけしたところ   あなたは本当に善い行いをなさる方でございます。」   12-79.かれは言った。「アッラーは   わたしたちの物を   その許で見付けた者以外は   (誰も)捕えることを禁じられる。(もしそうしないと)本当にわたしたちは   不義を行うことになるであろう。」   12-80.そこでかれらは   かれ(の引き取り)に望みがないことを知り   密に協議した。かれらの中の最年長の者が言った。「あなたがたは   父がアッラー(の御名)によって誓いをたて   また以前ユースフのことに就いても   どのような誤りを犯したかを考えないのか。それで父がわたしを許すか   またアッラーがわたしたちを御裁き下さるまで   わたしは決してこの地を離れないであろう。かれは最も優れた裁決者であられる。   12-81.あなたがたは父のもとに帰って言いなさい。『父よ   あなたの子は   本当に盗みをしました。わたしたちは   唯知っていることの外は証明出来ません。また目に見ていないことに対しては   どうしようもなかったのです。   12-82.それで(あなたは)   わたしたちがいた町で尋ねるか   またはそこを往来した隊商に問いなさい。わたしたちは真実を言っている(ことが分ります)』。」   12-83.かれ(ヤアコーブ)は言った。「いや嘘である。あなたがた自身のため事件を工夫して作ったに過ぎない。だが耐え忍ぶこそ(わたしには)美徳である。或はアッラーが   かれらを皆わたしに御送りになるかもしれない。かれは本当に全知にして英明であられる。」   12-84.かれはかれらから離れて言った。「ああ   わたしはユースフのことを思うと   悲しくてならない。」かれ(父)の両目は悲嘆の余り白くなり   物思いに沈んだ。   12-85.かれらは言った。「アッラーにかけて申し上げます。あなたはユースフを思うことを止めなければ   重態に陥り   或は死んでしまいます。」   12-86.かれは言った。「わたしは只アッラーに対し   わが悲嘆と苦悩とを訴えている丈である。わたしは   あなたがたが知らないことを   アッラーから教わっている。   12-87.息子たちよ   あなたがたは出掛けてユースフとその弟の消息を尋ねなさい。アッラーの情け深い御恵みに決して絶望してはならない。不信心な者の外は   アッラーの情け深い御恵みに絶望しない。」   12-88.それでかれらは   (また)かれ(ユースフ)の許にやって来て言った。「申し上げます。災難(飢饉)がわたしたちと一族の者に降りかかったので   ほんの粗末な品を持って参いりました。枡目を十分にして   わたしたちに施して下さい。本当にアッラーは施しを与える者を報われます。」   12-89.かれは言った。「あなたがたが無道の余り   ユースフとその弟にどんなことをしたか知っているのか。」   12-90.かれらは驚いて言った。「すると本当にあなたは   ユースフなのですか。」かれは言った。「わたしはユースフです。これはわたしの弟です。アッラーは確かにわたしたちに恵み深くあられる。本当に主を畏れ   堅忍であるならば   アッラーは決して善行の徒への報奨を   虚しくなされない。」   12-91.かれらは言った。「アッラーにかけて。本当にアッラーはわたしたちの上に   あなたを御引き立てなされた。わたしたちは本当に罪深い者です。」   12-92.かれは言った。「今日あなたがたを   (取り立てて)咎めることはありません。アッラーはあなたがたを御赦しになるでしょう。かれは慈悲深き御方の中でも最も優れた慈悲深き御方であられます。   12-93.あなたがたはわたしのこの下着を持って(帰り)   わたしの父の顔に投げかけなさい。かれは眼が見えるようになろう。それからあなたがたは   家族揃ってわたしの処に来なさい。」   12-94.隊商が(エジプトを)たった時   かれらの父は(左右の者に)言った。「わたしは確かにユースフの匂を嗅いだ。だがあなたがたは   老衰のせいだと思うであろう」   12-95.かれらは言った。「アッラーにかけて   全くそれはあなたの(いつもの)老いの迷いです。」   12-96.それから吉報を伝える者が(帰って)来て   (下着を)かれの顔に投げかけると   直かれは視力を回復した。かれは言った。「わたしはあなたがたに言わなかったか。あなたがたが知らないことを   わたしはアッラーから(の啓示で)知っている。」   12-97.かれらは言った。「父よ   わたしたちのために   罪の御赦しを祈って下さい。わたしたちは本当に罪深い者でした。」   12-98.かれは言った。「それではわたしはあなたがたのため   わが主に御赦しを願ってやろう。本当にかれは   寛容で慈悲深くあられる。」   12-99.やがてかれらがユースフの許に来た時   かれは両親を親しく迎えて言った。「もしアッラーが御望みなら   安らかにエジプトに御入りなさい。」   12-100.かれは両親を高座に上らせた。すると一同はかれにひれ伏した。するとかれは言った。「わたしの父よ   これが往年のわたしの夢の解釈です。わが主は   それを真実になさいました。本当にかれは   わたしに恩寵を与え   牢獄からわたしを御出しになり   また悪魔が   わたしと兄弟との間に微妙な敵意をかきたてた後   砂漠からあなたがたを連れて来られたのであります。わが主は   御望みの者には情け深くあられます。本当にかれは全知にして英明であられます。   12-101.主よ   あなたはわたしに権能を授けられ   また出来事の解釈を御教えになりました。天と地の創造の主よ   あなたは現世と来世でのわたしの守護者です。あなたは   わたしをムスリムとして死なせ   正義の徒の中に加えて下さい。」   12-102.これはわれがあなた(ムハンマド)に啓示した   幽玄界の消息の一つである。かれらが(ユースフに対する)計画を策謀した時   あなたはかれらと(その場に)いなかった。   12-103.仮令あなたが如何に望んでも   人びとの多くは信じないであろう。   12-104.あなたはそれ(使命)に対し   どんな報酬もかれらに求めない。これは   全人類への訓戒に外ならない。   12-105.天と地の間には   (アッラーの唯一性や神慮に関し)如何にも多くの印がある。かれらはその側を過ぎるのだが   それらから(顔を)背ける。   12-106.かれらの多くは   アッラーを多神の1つとしてしか信仰しない。   12-107.かれらに下るアッラーの懲罰が覆いかかることに対し   またかれらが気付かない間に突然来る時に対し   かれらは安心出来るのか。   12-108.言ってやるがいい。「これこそわたしの道。わたしも   わたしに従う者たちも明瞭な証拠の上に立って   アッラーに呼びかける。アッラーに讃えあれ。わたしたちは多神を信じる者ではない。」   12-109.われはあなた以前にも   町に住む者の中から(特に選んで)   われが啓示を授けた人間以外は   (預言者として)遣わさなかった。かれら(マッカの人びと)は   地上を旅して   以前の者たちの最後が   どんな(悲惨な)ものであったかを観察しているではないか。本当に主を畏れる者に対する   来世の住まいこそ最上である。あなたがたは悟らないのか。   12-110.(ムハンマド以前の)使徒たちが(遣わされた民のもとで)一切の希望を失った時   そしてかれら(使徒たち)が(不信仰者に対するアッラーからの勝利の約束の)期待が持てなくなったと思い込んだ時   われの助けがかれら(使徒)に下り   われの欲する者に救いは来るのである。只罪を犯した者は   わが懲罰は免れられない。   12-111.本当にかれらの物語の中には   思慮ある人びとへの教訓がある。これは作られた事柄ではなく   以前にあったもの(啓典)の確証であり   凡ゆる事象の詳細な解明であり   また信仰する者への導き   慈悲である。  

サムネイル

(お話です) 2 「ギリシャとヘブライの倫理」『タルムード 6章』

(お話です) 2「ギリシャとヘブライの倫理」 『タルムード:Avot 第6章』 「第九の歌詞(ドイツ語)朗読と譜面解釈」 「メタ理論について」 「ラグランジュ方程式について 一般座標と一般運動の等値を示すとき 外力がない条件で成立するハミルトニアが 全エネルギーと比べたときも同じ値になり ここから運動方程式を 導くことができることについて」 「聖クルアーン第6章」 『タルムード:Avot 第6章』 Study is work  それにもかかわらず、勉強は仕事である。 あなたは「トーラに労力」をかけなければいけないと、Rabbi Meirは言った。 勉強がいかに多くの仕事であるか、あなたはすでに知っている。 それは、何度もなんどもレッスンを記憶し試験することを意味する。 あなたは紙に書いて、レポートにまとめなければいけないであろう。 それは、読むこと、再読すること、そして記憶することを意味するであろう。 あなたレッスンを理解するために努力しなければいけないだろう。 そして他の種類の仕事のように、あなたが成功する保証はない。 幾つかの勉強はあなたにとって易しいかもしれないが、他のものはあまりにも 難しいかもしれない。 あなたはこう発見するかもしれない: 時々、失望してあなたの両手を上げてしまいたい、そして言いたい、 「なぜ私は悩むべきなのか?私は本当にうまくいかない。」 「聖クルアーン第6章」 家畜章(アル・アンアーム) マディーナ啓示 165節 6-1.天と地を創造し、暗黒と光明を定められる、アッラーを讃える。だが信じない者は、かれらの主と(外のものを)同位に置く。 6-2.かれこそは、泥から、あなたがたを創り、次いで(生存の)期間を定められた方である。一定(の期間)が、かれの御許に定められている。それでもあなたがたは疑うのか。 6-3.かれこそは天にあっても、地でもアッラーであられる。かれはあなたがたの隠すことも、現わすことも知っておられる。またかれはあなたがたの、働いて得たもの(の応報)をも知っておられる。 6-4.かれらは主から如何なる印を齎されても必ずそれから顔を背けてしまう。 6-5.真理(クルアーン)がかれらの許に来ると、かれらは常にそれを虚偽であるとした。だがかれらの嘲笑する御告げが、間もなく(事実となって)かれらの許に来るであろう。 6-6.われはかれら以前に、次から次に幾世代も滅ぼしたかを、あなたがたは考えないのか。われは地上でかれらを代々安住させ、あなたがたにすらしなかったものを与えた。われは、かれらの上に雲を送り(雨を)注ぎ降らせ、その足許に川を流れさせた。だが凡ての罪のためにかれらを滅ぼし、その跡に外の世代を出現させた。 6-7.仮令われがあなたに紙上に(書いた)啓典を下し、かれらが自分の手でそれに触れても、不信心な者はきっと、「これは明らかに魔術に過ぎない。」と言う。

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012-07-30 07:15:00.0
視聴回数:969回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: (お話です)   2   「ギリシャとヘブライの倫理」   『タルムード:Avot   第6章』   「第九の歌詞(ドイツ語)朗読と譜面解釈」   「メタ理論について」   「ラグランジュの未定乗数法についてと   ラグランジュ方程式について   一般座標と一般運動の等値を示すとき   外力がない条件で成立するハミルトニア(H)が   全エネルギーと比べたときも同じ値になり   ここから運動方程式を   導くことができることについて」   「極値について   0の値の   停留点が鞍点の時と   ヘッシアン(H)についてと   制限がある極値と   ラグランジュの   未定乗数法についてと」   「聖クルアーン第6章」   『タルムード:Avot   第6章』   Study   is   work   それにもかかわらず   勉強は仕事である。あなたは「トーラに労力」をかけなければいけないと   Rabbi   Meirは言った。   勉強がいかに多くの仕事であるか   あなたはすでに知っている。それは   何度もなんどもレッスンを記憶し試験することを意味する。あなたは紙に書いて   レポートにまとめなければいけないであろう。それは   読むこと   再読すること   そして記憶することを意味するであろう。あなたレッスンを理解するために努力しなければいけないだろう。   そして他の種類の仕事のように   あなたが成功する保証はない。幾つかの勉強はあなたにとって易しいかもしれないが   他のものはあまりにも難しいかもしれない。あなたはこう発見するかもしれない:時々   失望してあなたの両手を上げてしまいたい   そして言いたい   「なぜ私は悩むべきなのか?私は本当にうまくいかない。」   Study   is   own   reward   一つの答えがある。成功がその唯一の報酬ではないのだ。たとえ何の仕事であろうとも   そしてそれに成功するかどうかに関わらずに   その真の報酬はその行いにある。ある特別な意味では   勉強はそれ自身の報酬である。   Rabbi   Meir   は言った   それ自身のために(すなわち成功を考えずに)トーラに労力をかける人は誰でも   多くの事に奉仕する;そればかりでなく   全世界が彼に恩義をこう:彼は友人と呼ばれる   かわいい   全ての生き物の愛人   人類の愛人:それは彼におとなしさ   尊敬を付与する;それは彼を正義   信神深く   正直な   そして公正にする;それは彼を罪から遠ざける   そして彼に美徳に近づける:彼を通して世界は助言と知恵ある音を楽しむ。   [   Avot   6:1   ]   ラビは教えた   特に   行動に対してあなた自身を準備する仕事において   あなたの態度は   その真の報酬はいつも行動の中にあると   考えるべきである。一人の生徒である場合を考えてみなさい。我々は全てが生徒として同じ特性を持ってはいない   我々は学問のそれぞれの分野において全てが平等に備えられてはいない。我々の幾人かは   ある学問で他の者たちより優れている。しかし我々の態度は   「勉強すること」は価値があるゆえに全ての生徒が価値があると   考えるべきである。   To   delight   the   Lord   「神は物語を愛するゆえに人間を創造した」   という言う言葉がある。そしてまたアボットの最後の文は   神の創造における神の大いなる喜びのこの考えについて力説している:   聖なるお方   賛えられるべき主が彼の世界を創造したものはみな   ただ神の栄光のために創造された。   [   Avot   6:11   ]   The   work   of   righteousness   我々はアボットの中で読む:人間が死ぬときに   銀や金や宝石や真珠を携えて行くことはできない   しかしただトーラと良い行いは(携えて行くことができる)。   [   Avot   6:9   ]   あなたの価値は   あなたがあなた自身を価値あるものに「させる」ところ   のものに集中する。あなたの価値は   あなたがあなたの行動を規則付けているその価値に従う。ハシディムの人々は   ハニポル(Hanipol)   のレブ・ズシュヤ(Reb   Zusya)   の話を繰り返し告げるのを愛した。レブ・ズシュヤは死ぬときに偉大なを教えを行なった:レブ・ズシュヤの生徒たちは   彼らの先生が死にかけているのを聞いて   最後の訪問にやって来た。しかし部屋に入ったときに   恐れでぶるぶる震えている先生を見て   彼らは驚いた。彼らはたずねた   「あなたはなぜ死を恐れているのですか?」「あなたの生活は   モーゼ自身と同じように正義であったではないですか?レブ・ズシュヤは答えた   「私が審判の王座の前に立つとき   『レブ・ズシュヤよ   なぜあなたはモーゼのようでなかったのか?』私がこのようにたずねられることはなく   『レブ・ズシュヤよ   なぜあなたはズシュヤのようでなかったのか?』私がこのようにたずねられるでしょう。」   明らかに   我々の各々は我々の生活の織機の中で正義の布を織るための努力をしなければいけない。   他の全てから離れて特別な生き物として我々各々作っている唯一な方法で   所有や金もちの意味付けよりもずうっと偉大な意味付けを我々の生活の各々に与えている方法で。あなたの生命の価値を測るこのような方法は   あなたのユダヤ伝統の一部であり   ユダヤ人が保持している価値の一部である。我々の各々は   可能な最上の「わたし」にする努力をすべきである。それこそが   ユダヤ人が生命の価値を測る方法なのである。   「聖クルアーン第6章」   家畜章(アル・アンアーム)   マディーナ啓示   165節   6-1.天と地を創造し   暗黒と光明を定められる   アッラーを讃える。だが信じない者は   かれらの主と(外のものを)同位に置く。   6-2.かれこそは   泥から   あなたがたを創り   次いで(生存の)期間を定められた方である。一定(の期間)が   かれの御許に定められている。それでもあなたがたは疑うのか。   6-3.かれこそは天にあっても   地でもアッラーであられる。かれはあなたがたの隠すことも   現わすことも知っておられる。またかれはあなたがたの   働いて得たもの(の応報)をも知っておられる。   6-4.かれらは主から如何なる印を齎されても必ずそれから顔を背けてしまう。   6-5.真理(クルアーン)がかれらの許に来ると   かれらは常にそれを虚偽であるとした。だがかれらの嘲笑する御告げが   間もなく(事実となって)かれらの許に来るであろう。   6-6.われはかれら以前に   次から次に幾世代も滅ぼしたかを   あなたがたは考えないのか。われは地上でかれらを代々安住させ   あなたがたにすらしなかったものを与えた。われは   かれらの上に雲を送り(雨を)注ぎ降らせ   その足許に川を流れさせた。だが凡ての罪のためにかれらを滅ぼし   その跡に外の世代を出現させた。   6-7.仮令われがあなたに紙上に(書いた)啓典を下し   かれらが自分の手でそれに触れても   不信心な者はきっと   「これは明らかに魔術に過ぎない。」と言う。   6-8.かれらはまた言う。「何故天使が   かれに遣されないのか。」もしわれが天使を遣したならば   事は直ちに決定されて   かれらは猶予されなかったであろう。   6-9.仮令われがかれ(使徒)を天使としても   必ず人間の姿をさせ   (今)かれらが惑うように   きっと惑わせたであろう。   6-10.あなた以前の使徒たちも   確かに嘲笑されていた。だが嘲笑したものは   その嘲笑していたこと(懲罰)に取り囲まれるであろう。   6-11.言ってやるがいい。(ムハンマドよ。)「地上を旅して   真理を拒否した者の最後が   どうであったかを見なさい。」   6-12.言ってやるがいい。「天と地にある凡てのものは   誰の有であるのか。」言ってやるがいい。「アッラーの有である。かれは慈悲を御自分の勤となされる。審判の日には   必ずあなたがたを召集されよう。それに疑いの余地はないのである。」だが自分の魂を滅ぼしてしまった者は   信じないであろう。   6-13.夜と昼とに住む凡てのものは   かれの有である。かれは   全聴にして全知であられる。   6-14.言ってやるがいい。「わたしは   アッラー以外の加護をどうして求めるだろうか。かれは天と地の創造者で   (すべてを)養い   (誰からも)養われない」言ってやるがいい。「わたしは(かれに)服従   帰依する者の先き駆けとなり   『多神教徒の仲間となってはならない』と命じられた。」   6-15.言ってやるがいい。「わたしがもし主に背くならば   偉大な日の懲罰が本当に恐ろしい。」   6-16.その日(懲罰を)免れる者には   必ず慈悲を与えられる。それは明らかに至上の幸福の成就である。   6-17.もしアッラーが   あなたを災厄で害されれば   かれの外にこれを除くものはない。もしかれが   あなたに幸福を届けられれば   本当にかれは凡てのことに全能であられる。   6-18.かれは   そのしもべたちの上におられる至高者であり   かれは英明にして全知であられる。   6-19.言ってやるがいい。「立証において   最も重要なことは何であるか。」言ってやるがいい。「アッラーは   わたしとあなたがたとの間の立証者であられる。このクルアーンが   わたしに啓示されたのは   わたしがあなたがたそして届く限りの者に   それによって警告するためである。あなたがたは(アッラーの外に)他の神があることを   証言出来るのか。」言ってやるがいい。「わたしは証言することは出来ない。」言ってやるがいい。「本当にかれは唯一の神であられる。わたしは   あなたがたが信仰するものとは全く無関係である。」   6-20.われが啓典を授けた者たちは   自分の子を認めるようにこれを認める。だが   自分の魂を滅ぼした者は信じない。   6-21.アッラーに就いて虚偽を作り上げ   またはその印を拒否するより   甚だしい不義があろうか。本当に不義を行う者は決して成功しないであろう。   6-22.われが一斉にかれらを召集する日   邪神を信仰した者たちに(問うて)言う。「あなたがたが言い張っていた   仲間(邪神ども)はどこにいるのか。」   6-23.その時かれらは   こう言う外にロ実はないであろう。「わたしたちの主   アッラーにかけて誓います。わたしたちは決して外の神々を信仰した者ではありません。」   6-24.見なさい。如何にかれらが自らを欺くか。またかれらの虚構したものが   かれらを迷わせたかを。   6-25.かれらの中には   あなたに耳を傾ける者もあるが   われはかれらの心に覆いをしたので   これ(クルアーン)を理解しない。またその耳を鈍くした。だからかれらは仮令各種の印を見ても   これを信じない。そしてかれらがあなたの許にやって来るのは   議論するため(だけ)である。信じない者たちは   「これは昔の物語に過ぎないのです。」と言う。   6-26.かれらは外の者をそれから遠ざけ   また自分たちもこれを避ける。だがかれらは自ら自分の魂を傷つけるだけで   自分はそれに気付かない。   6-27.あなたがもし   かれらが火獄の前に立たされる姿を見たらどうであろう。その時かれらは言う。「ああ   わたしたちがもし送り帰されるならば   決して主の印を拒否しないで   必ず信仰するでしょうに。」   6-28.いや   かれらが今まで隠していたものが   (今)自分たちの前に明らかになったに過ぎない。それでかれらが仮令(再び)戻されても   かれらは必ず禁じられたことを繰り返すであろう。かれらは本当に虚言の徒である。   6-29.かれらは言う。「この世の生があるだけで   再び甦るなどということはないのです。」   6-30.あなたがもし   かれらが主と向かい合って立たされる時を見たらどうであろう。その時(主は)仰せられるであろう。「これは真実ではないか。」かれらは言う。「そうです。主にかけて(誓って)。」かれは仰せられよう。「あなたがたは   信仰を拒否したために懲罰を味わいなさい。」   6-31.アッラーに会うことを虚偽であるとする者は   確かに失敗者である。その時が突然来れば   かれらは言う。「ああ   悲しい   わたしたちは何と疎かなことをしたことか。」かれらは背に自分の重荷を負っている。ああ   かれらの負う重荷こそ災いである。   6-32.現世の生活は   遊びか戯れに過ぎない。だが主を畏れる者には   来世の住まいこそ最も優れている。あなたがたは悟らないのか。   6-33.われはかれらの言葉が   あなたを如何に悲しませるかを知っている。かれらが虚言の徒とするのは   あなたではない。不義者たちは   専らアッラーの印を否定しているだけ。   6-34.あなた以前にも   使徒たちは虚言の徒と呼ばれた。それでわれの救助を得るまで   かれらは拒否と迫害を耐え忍んだ。誰にもアッラーの御言葉を変えることは出来ない。使徒たちに関する一部の消息は   既にあなたに伝えられたのである。   6-35.もしかれらが反抗して去るのがあなたに酷く苦痛をあたえるとき   あなたに出来ることは   地にトンネルを掘り   または天に梯をかけて   かれらに印を現わせ。アッラーが御好みになるならば   (正しい)導きの上にかれらを集められる。それであなたは   無知な者の仲間となってはいけない。  

サムネイル

Vivaldi Gloria in D Major RV589(お話です) 1 「ギリシャとヘブライの倫理」『タルムード 6章』

Vivaldi Gloria in D Major RV 589 (お話です) 1 「ギリシャとヘブライの倫理」 『タルムード:Avot 第6章』 「第九の歌詞(ドイツ語)朗読と譜面解釈」 「メタ理論について」 「ラグランジュ方程式について 一般座標と一般運動の等値を示すとき 外力がない条件で成立するハミルトニア(H)が全エネルギーと比べたときも同じ値になりここから運動方程式を 導くことができることについて」 「停留点が鞍点の時とヘッシアン(H)について」 「聖クルアーン第6章」 『タルムード:Avot 第6章』 Study is work  それにもかかわらず、勉強は仕事である。 あなたは「トーラに労力」をかけなければならないと、Rabbi Meirは言った。 勉強がいかに多くの仕事であるか、あなたはすでに知っている。 それは、何度もなんどもレッスンを記憶し試験することを意味する。 あなたは紙に書いて、レポートにまとめなければならないであろう。 それは、読むこと、再読すること、そして記憶することを意味するであろう。 あなたレッスンを理解するために努力しなければならないだろう。 そして他の種類の仕事のように、あなたが成功する保証はない。 幾つかの勉強はあなたにとって易しいかもしれないが、他のものはあまりにも 難しいかもしれない。 あなたはこう発見するかもしれない: 時々、失望してあなたの両手を上げてしまいたい、そして言いたい、 「なぜ私は悩むべきなのか?私は本当にうまくいかない。」 「聖クルアーン第6章」 家畜章(アル・アンアーム) マディーナ啓示 165節 6-1.天と地を創造し、暗黒と光明を定められる、アッラーを讃える。だが信じない者は、かれらの主と(外のものを)同位に置く。 6-2.かれこそは、泥から、あなたがたを創り、次いで(生存の)期間を定められた方である。一定(の期間)が、かれの御許に定められている。それでもあなたがたは疑うのか。 6-3.かれこそは天にあっても、地でもアッラーであられる。かれはあなたがたの隠すことも、現わすことも知っておられる。またかれはあなたがたの、働いて得たもの(の応報)をも知っておられる。 6-4.かれらは主から如何なる印を齎されても必ずそれから顔を背けてしまう。 6-5.真理(クルアーン)がかれらの許に来ると、かれらは常にそれを虚偽であるとした。だがかれらの嘲笑する御告げが、間もなく(事実となって)かれらの許に来るであろう。 6-6.われはかれら以前に、次から次に幾世代も滅ぼしたかを、あなたがたは考えないのか。われは地上でかれらを代々安住させ、あなたがたにすらしなかったものを与えた。われは、かれらの上に雲を送り(雨を)注ぎ降らせ、その足許に川を流れさせた。だが凡ての罪のためにかれらを滅ぼし、その跡に外の世代を出現させた。 6-7.仮令われがあなたに紙上に(書いた)啓典を下し、かれらが自分の手でそれに触れても、不信心な者はきっと、「これは明らかに魔術に過ぎない。」と言う。

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012-07-28 01:34:50.0
視聴回数:983回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: Vivaldi   Gloria   in   D   Major   RV   589   (お話です)   1   「ギリシャとヘブライの倫理」   『タルムード:Avot   第6章』   「第九の歌詞(ドイツ語)朗読と譜面解釈」   「メタ理論について」   「ラグランジュ方程式について   一般座標と一般運動の等値を示すとき   外力がない条件で成立するハミルトニア(H)が全エネルギーと比べたときも同じ値になりここから運動方程式を   導くことができることについて」   「停留点が鞍点の時とヘッシアン(H)について」   「聖クルアーン第6章」   『タルムード:Avot   第6章』   Study   is   work   それにもかかわらず   勉強は仕事である。   あなたは「トーラに労力」をかけなければならないと   Rabbi   Meirは言った。   勉強がいかに多くの仕事であるか   あなたはすでに知っている。   それは   何度もなんどもレッスンを記憶し試験することを意味する。   あなたは紙に書いて   レポートにまとめなければならないであろう。   それは   読むこと   再読すること   そして記憶することを意味するであろう。   あなたレッスンを理解するために努力しなければならないだろう。   そして他の種類の仕事のように   あなたが成功する保証はない。   幾つかの勉強はあなたにとって易しいかもしれないが   他のものはあまりにも   難しいかもしれない。   あなたはこう発見するかもしれない:   時々   失望してあなたの両手を上げてしまいたい   そして言いたい   「なぜ私は悩むべきなのか?私は本当にうまくいかない。」   Study   is   own   reward   一つの答えがある。成功がその唯一の報酬ではないのだ。   たとえ何の仕事であろうとも   そしてそれに成功するかどうかに関わらずに   その真の報酬はその行いにある。   ある特別な意味では   勉強はそれ自身の報酬である。   Rabbi   Meir   は言った   それ自身のために(すなわち成功を考えずに)トーラに労力をかける人   は誰でも   多くの事に奉仕する;   そればかりでなく   全世界が彼に恩義をこう:   彼は友人と呼ばれる   かわいい   全ての生き物の愛人   人類の愛人:   それは彼におとなしさ   尊敬を付与する;   それは彼を正義   信神深く   正直な   そして公正にする;   それは彼を罪から遠ざける   そして彼に美徳に近づける:   彼を通して世界は助言と知恵ある音を楽しむ。   [   Avot   6:1   ]   ラビは教えた   特に   行動に対してあなた自身を準備する仕事において   あなたの態度は   その真の報酬はいつも行動の中にあると   考えるべきである。   一人の生徒である場合を考えてみなさい。   我々は全てが生徒として同じ特性を持ってはいない   我々は学問のそれぞれ   の分野において全てが平等に備えられてはいない。   我々の幾人かは   ある学問で他の者たちより優れている。   しかし我々の態度は   「勉強すること」は価値があるゆえに全ての生徒が   価値があると   考えるべきである。   To   delight   the   Lord   「神は物語を愛するゆえに人間を創造した」   という言う言葉がある。   そしてまたアボットの最後の文は   神の創造における神の大いなる喜びの   この考えについて力説している:   聖なるお方   賛えられるべき主が彼の世界を創造したものはみな   ただ神の栄光のために創造された。   [   Avot   6:11   ]   The   work   of   righteousness   我々はアボットの中で読む:   人間が死ぬときに   銀や金や宝石や真珠を携えて行くことはできない   しかしただトーラと良い行いは(携えて行くことができる)。   [   Avot   6:9   ]   あなたの価値は   あなたがあなた自身を価値あるものに「させる」ところ   のものに集中する。   あなたの価値は   あなたがあなたの行動を規則付けているその価値に従う。   ハシディムの人々は   ハニポル(Hanipol)   のレブ・ズシュヤ(Reb   Zusya)     話を繰り返し告げるのを愛した。   レブ・ズシュヤは死ぬときに偉大なを教えを行なった:   レブ・ズシュヤの生徒たちは   彼らの先生が死にかけているのを聞いて   最後の訪問にやって来た。しかし部屋に入ったときに   恐れでぶるぶる   震えている先生を見て   彼らは驚いた。   彼らはたずねた   「あなたはなぜ死を恐れているのですか?」   「あなたの生活は   モーゼ自身と同じように正義であったではないですか?」   レブ・ズシュヤは答えた   「私が審判の王座の前に立つとき   『レブ・ズシュヤよ   なぜあなたはモーゼのようでなかったのか?』   私がこのようにたずねられることはなく   『レブ・ズシュヤよ   なぜあなたはズシュヤのようでなかったのか?』   私がこのようにたずねられるでしょう。」   明らかに   我々の各々は我々の生活の織機の中で正義の布を織るための努力を   しなければならない。他の全てから離れて特別な生き物として我々各々作っている   唯一な方法で   所有や金もちの意味付けよりもずうっと偉大な意味付けを我々の   生活の各々に与えている方法で。   あなたの生命の価値を測るこのような方法は   あなたのユダヤ伝統の一部であり   ユダヤ人が保持している価値の一部である。   我々の各々は   可能な最上の「わたし」にする努力をすべきである。   それこそが   ユダヤ人が生命の価値を測る方法なのである。   「聖クルアーン第6章」   家畜章(アル・アンアーム)   マディーナ啓示   165節   6-1.天と地を創造し   暗黒と光明を定められる   アッラーを讃える。だが信じない者は   かれらの主と(外のものを)同位に置く。   6-2.かれこそは   泥から   あなたがたを創り   次いで(生存の)期間を定められた方である。一定(の期間)が   かれの御許に定められている。それでもあなたがたは疑うのか。   6-3.かれこそは天にあっても   地でもアッラーであられる。かれはあなたがたの隠すことも   現わすことも知っておられる。またかれはあなたがたの   働いて得たもの(の応報)をも知っておられる。   6-4.かれらは主から如何なる印を齎されても必ずそれから顔を背けてしまう。   6-5.真理(クルアーン)がかれらの許に来ると   かれらは常にそれを虚偽であるとした。だがかれらの嘲笑する御告げが   間もなく(事実となって)かれらの許に来るであろう。   6-6.われはかれら以前に   次から次に幾世代も滅ぼしたかを   あなたがたは考えないのか。われは地上でかれらを代々安住させ   あなたがたにすらしなかったものを与えた。われは   かれらの上に雲を送り(雨を)注ぎ降らせ   その足許に川を流れさせた。だが凡ての罪のためにかれらを滅ぼし   その跡に外の世代を出現させた。   6-7.仮令われがあなたに紙上に(書いた)啓典を下し   かれらが自分の手でそれに触れても   不信心な者はきっと   「これは明らかに魔術に過ぎない。」と言う。   6-8.かれらはまた言う。「何故天使が   かれに遣されないのか。」もしわれが天使を遣したならば   事は直ちに決定されて   かれらは猶予されなかったであろう。   6-9.仮令われがかれ(使徒)を天使としても   必ず人間の姿をさせ   (今)かれらが惑うように   きっと惑わせたであろう。   6-10.あなた以前の使徒たちも   確かに嘲笑されていた。だが嘲笑したものは   その嘲笑していたこと(懲罰)に取り囲まれるであろう。   6-11.言ってやるがいい。(ムハンマドよ。)「地上を旅して   真理を拒否した者の最後が   どうであったかを見なさい。」   6-12.言ってやるがいい。「天と地にある凡てのものは   誰の有であるのか。」言ってやるがいい。「アッラーの有である。かれは慈悲を御自分の勤となされる。審判の日には   必ずあなたがたを召集されよう。それに疑いの余地はないのである。」だが自分の魂を滅ぼしてしまった者は   信じないであろう。   6-13.夜と昼とに住む凡てのものは   かれの有である。かれは   全聴にして全知であられる。   6-14.言ってやるがいい。「わたしは   アッラー以外の加護をどうして求めるだろうか。かれは天と地の創造者で   (すべてを)養い   (誰からも)養われない」言ってやるがいい。「わたしは(かれに)服従   帰依する者の先き駆けとなり   『多神教徒の仲間となってはならない』と命じられた。」   6-15.言ってやるがいい。「わたしがもし主に背くならば   偉大な日の懲罰が本当に恐ろしい。」   6-16.その日(懲罰を)免れる者には   必ず慈悲を与えられる。それは明らかに至上の幸福の成就である。   6-17.もしアッラーが   あなたを災厄で害されれば   かれの外にこれを除くものはない。もしかれが   あなたに幸福を届けられれば   本当にかれは凡てのことに全能であられる。   6-18.かれは   そのしもべたちの上におられる至高者であり   かれは英明にして全知であられる。   6-19.言ってやるがいい。「立証において   最も重要なことは何であるか。」言ってやるがいい。「アッラーは   わたしとあなたがたとの間の立証者であられる。このクルアーンが   わたしに啓示されたのは   わたしがあなたがたそして届く限りの者に   それによって警告するためである。あなたがたは(アッラーの外に)他の神があることを   証言出来るのか。」言ってやるがいい。「わたしは証言することは出来ない。」言ってやるがいい。「本当にかれは唯一の神であられる。わたしは   あなたがたが信仰するものとは全く無関係である。」   6-20.われが啓典を授けた者たちは   自分の子を認めるようにこれを認める。だが   自分の魂を滅ぼした者は信じない。   6-21.アッラーに就いて虚偽を作り上げ   またはその印を拒否するより   甚だしい不義があろうか。本当に不義を行う者は決して成功しないであろう。   6-22.われが一斉にかれらを召集する日   邪神を信仰した者たちに(問うて)言う。「あなたがたが言い張っていた   仲間(邪神ども)はどこにいるのか。」   6-23.その時かれらは   こう言う外にロ実はないであろう。「わたしたちの主   アッラーにかけて誓います。わたしたちは決して外の神々を信仰した者ではありません。」   6-24.見なさい。如何にかれらが自らを欺くか。またかれらの虚構したものが   かれらを迷わせたかを。   6-25.かれらの中には   あなたに耳を傾ける者もあるが   われはかれらの心に覆いをしたので   これ(クルアーン)を理解しない。またその耳を鈍くした。だからかれらは仮令各種の印を見ても   これを信じない。そしてかれらがあなたの許にやって来るのは   議論するため(だけ)である。信じない者たちは   「これは昔の物語に過ぎないのです。」と言う。   6-26.かれらは外の者をそれから遠ざけ   また自分たちもこれを避ける。だがかれらは自ら自分の魂を傷つけるだけで   自分はそれに気付かない。   6-27.あなたがもし   かれらが火獄の前に立たされる姿を見たらどうであろう。その時かれらは言う。「ああ   わたしたちがもし送り帰されるならば   決して主の印を拒否しないで   必ず信仰するでしょうに。」   6-28.いや   かれらが今まで隠していたものが   (今)自分たちの前に明らかになったに過ぎない。それでかれらが仮令(再び)戻されても   かれらは必ず禁じられたことを繰り返すであろう。かれらは本当に虚言の徒である。   6-29.かれらは言う。「この世の生があるだけで   再び甦るなどということはないのです。」   6-30.あなたがもし   かれらが主と向かい合って立たされる時を見たらどうであろう。その時(主は)仰せられるであろう。「これは真実ではないか。」かれらは言う。「そうです。主にかけて(誓って)。」かれは仰せられよう。「あなたがたは   信仰を拒否したために懲罰を味わいなさい。」   6-31.アッラーに会うことを虚偽であるとする者は   確かに失敗者である。その時が突然来れば   かれらは言う。「ああ   悲しい   わたしたちは何と疎かなことをしたことか。」かれらは背に自分の重荷を負っている。ああ   かれらの負う重荷こそ災いである。   6-32.現世の生活は   遊びか戯れに過ぎない。だが主を畏れる者には   来世の住まいこそ最も優れている。あなたがたは悟らないのか。   6-33.われはかれらの言葉が   あなたを如何に悲しませるかを知っている。かれらが虚言の徒とするのは   あなたではない。不義者たちは   専らアッラーの印を否定しているだけ。   6-34.あなた以前にも   使徒たちは虚言の徒と呼ばれた。それでわれの救助を得るまで   かれらは拒否と迫害を耐え忍んだ。誰にもアッラーの御言葉を変えることは出来ない。使徒たちに関する一部の消息は   既にあなたに伝えられたのである。   6-35.もしかれらが反抗して去るのがあなたに酷く苦痛をあたえるとき   あなたに出来ることは   地にトンネルを掘り   または天に梯をかけて   かれらに印を現わせ。アッラーが御好みになるならば   (正しい)導きの上にかれらを集められる。それであなたは   無知な者の仲間となってはいけない。  

サムネイル

合唱組曲 島よ (朗読) (お話です)「ギリシャとヘブライの倫理」『タルムード:Avot 第6章』

合唱組曲 島よ (朗読) (お話です)「ギリシャとヘブライの倫理」『タルムード:Avot 第6章』Avot 第6章 Study is work  それにもかかわらず、勉強は仕事である。 あなたは「トーラに労力」をかけなければならないと、Rabbi Meirは言った。 勉強がいかに多くの仕事であるか、あなたはすでに知っている。 それは、何度もなんどもレッスンを記憶し試験することを意味する。 あなたは紙に書いて、レポートにまとめなければならないであろう。 それは、読むこと、再読すること、そして記憶することを意味するであろう。 あなたレッスンを理解するために努力しなければならないだろう。 そして他の種類の仕事のように、あなたが成功する保証はない。 幾つかの勉強はあなたにとって易しいかもしれないが、他のものはあまりにも 難しいかもしれない。 あなたはこう発見するかもしれない: 時々、失望してあなたの両手を上げてしまいたい、そして言いたい、 「なぜ私は悩むべきなのか?私は本当にうまくいかない。」 Study is own reward  一つの答えがある。成功がその唯一の報酬ではないのだ。 たとえ何の仕事であろうとも、そしてそれに成功するかどうかに関わらずに、 その真の報酬はその行いにある。 ある特別な意味では、勉強はそれ自身の報酬である。  Rabbi Meir は言った、  それ自身のために(すなわち成功を考えずに)トーラに労力をかける人  は誰でも、多くの事に奉仕する;  そればかりでなく、全世界が彼に恩義をこう:  彼は友人と呼ばれる、かわいい、全ての生き物の愛人、人類の愛人:  それは彼におとなしさ、尊敬を付与する;  それは彼を正義、信神深く、正直な、そして公正にする;  それは彼を罪から遠ざける、そして彼に美徳に近づける:  彼を通して世界は助言と知恵ある音を楽しむ。 [ Avot 6:1 ] ラビは教えた、特に、行動に対してあなた自身を準備する仕事において、 あなたの態度は、その真の報酬はいつも行動の中にあると、考えるべきである。 一人の生徒である場合を考えてみなさい。 我々は全てが生徒として同じ特性を持ってはいない、我々は学問のそれぞれ の分野において全てが平等に備えられてはいない。 我々の幾人かは、ある学問で他の者たちより優れている。 しかし我々の態度は、「勉強すること」は価値があるゆえに全ての生徒が 価値があると、考えるべきである。 To delight the Lord 「神は物語を愛するゆえに人間を創造した」、という言う言葉がある。 そしてまたアボットの最後の文は、神の創造における神の大いなる喜びの この考えについて力説している:  聖なるお方、賛えられるべき主が彼の世界を創造したものはみな、  ただ神の栄光のために創造された。                   [ Avot 6:11 ] The work of righteousness 我々はアボットの中で読む:  人間が死ぬときに、銀や金や宝石や真珠を携えて行くことはできない、  しかしただトーラと良い行いは(携えて行くことができる)。                         [ Avot 6:9 ] あなたの価値は、あなたがあなた自身を価値あるものに「させる」ところ のものに集中する。 あなたの価値は、あなたがあなたの行動を規則付けているその価値に従う。 ハシディムの人々は、ハニポル(Hanipol) のレブ・ズシュヤ(Reb Zusya) の 話を繰り返し告げるのを愛した。 レブ・ズシュヤは死ぬときに偉大なを教えを行なった:  レブ・ズシュヤの生徒たちは、彼らの先生が死にかけているのを聞いて、  最後の訪問にやって来た。しかし部屋に入ったときに、恐れでぶるぶる  震えている先生を見て、彼らは驚いた。  彼らはたずねた、  「あなたはなぜ死を恐れているのですか?」  「あなたの生活は、モーゼ自身と同じように正義であったではないですか?」  レブ・ズシュヤは答えた、  「私が審判の王座の前に立つとき、   『レブ・ズシュヤよ、なぜあなたはモーゼのようでなかったのか?』   私がこのようにたずねられることはなく、   『レブ・ズシュヤよ、なぜあなたはズシュヤのようでなかったのか?』   私がこのようにたずねられるでしょう。」

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012-07-21 00:39:21.0
視聴回数:369回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: 合唱組曲   島よ   (朗読)   (お話です)「ギリシャとヘブライの倫理」『タルムード:Avot   第6章』Avot   第6章   Study   is   work   それにもかかわらず   勉強は仕事である。   あなたは「トーラに労力」をかけなければならないと   Rabbi   Meirは言った。   勉強がいかに多くの仕事であるか   あなたはすでに知っている。   それは   何度もなんどもレッスンを記憶し試験することを意味する。   あなたは紙に書いて   レポートにまとめなければならないであろう。   それは   読むこと   再読すること   そして記憶することを意味するであろう。   あなたレッスンを理解するために努力しなければならないだろう。   そして他の種類の仕事のように   あなたが成功する保証はない。   幾つかの勉強はあなたにとって易しいかもしれないが   他のものはあまりにも   難しいかもしれない。   あなたはこう発見するかもしれない:   時々   失望してあなたの両手を上げてしまいたい   そして言いたい   「なぜ私は悩むべきなのか?私は本当にうまくいかない。」   Study   is   own   reward   一つの答えがある。成功がその唯一の報酬ではないのだ。   たとえ何の仕事であろうとも   そしてそれに成功するかどうかに関わらずに   その真の報酬はその行いにある。   ある特別な意味では   勉強はそれ自身の報酬である。   Rabbi   Meir   は言った   それ自身のために(すなわち成功を考えずに)トーラに労力をかける人   は誰でも   多くの事に奉仕する;   そればかりでなく   全世界が彼に恩義をこう:   彼は友人と呼ばれる   かわいい   全ての生き物の愛人   人類の愛人:   それは彼におとなしさ   尊敬を付与する;   それは彼を正義   信神深く   正直な   そして公正にする;   それは彼を罪から遠ざける   そして彼に美徳に近づける:   彼を通して世界は助言と知恵ある音を楽しむ。   [   Avot   6:1   ]   ラビは教えた   特に   行動に対してあなた自身を準備する仕事において   あなたの態度は   その真の報酬はいつも行動の中にあると   考えるべきである。   一人の生徒である場合を考えてみなさい。   我々は全てが生徒として同じ特性を持ってはいない   我々は学問のそれぞれ   の分野において全てが平等に備えられてはいない。   我々の幾人かは   ある学問で他の者たちより優れている。   しかし我々の態度は   「勉強すること」は価値があるゆえに全ての生徒が   価値があると   考えるべきである。   To   delight   the   Lord   「神は物語を愛するゆえに人間を創造した」   という言う言葉がある。   そしてまたアボットの最後の文は   神の創造における神の大いなる喜びの   この考えについて力説している:   聖なるお方   賛えられるべき主が彼の世界を創造したものはみな   ただ神の栄光のために創造された。   [   Avot   6:11   ]   The   work   of   righteousness   我々はアボットの中で読む:   人間が死ぬときに   銀や金や宝石や真珠を携えて行くことはできない   しかしただトーラと良い行いは(携えて行くことができる)。   [   Avot   6:9   ]   あなたの価値は   あなたがあなた自身を価値あるものに「させる」ところ   のものに集中する。   あなたの価値は   あなたがあなたの行動を規則付けているその価値に従う。   ハシディムの人々は   ハニポル(Hanipol)   のレブ・ズシュヤ(Reb   Zusya)     話を繰り返し告げるのを愛した。   レブ・ズシュヤは死ぬときに偉大なを教えを行なった:   レブ・ズシュヤの生徒たちは   彼らの先生が死にかけているのを聞いて   最後の訪問にやって来た。しかし部屋に入ったときに   恐れでぶるぶる   震えている先生を見て   彼らは驚いた。   彼らはたずねた   「あなたはなぜ死を恐れているのですか?」   「あなたの生活は   モーゼ自身と同じように正義であったではないですか?」   レブ・ズシュヤは答えた   「私が審判の王座の前に立つとき   『レブ・ズシュヤよ   なぜあなたはモーゼのようでなかったのか?』   私がこのようにたずねられることはなく   『レブ・ズシュヤよ   なぜあなたはズシュヤのようでなかったのか?』   私がこのようにたずねられるでしょう。」   明らかに   我々の各々は我々の生活の織機の中で正義の布を織るための努力を   しなければならない。他の全てから離れて特別な生き物として我々各々作っている   唯一な方法で   所有や金もちの意味付けよりもずうっと偉大な意味付けを我々の   生活の各々に与えている方法で。   あなたの生命の価値を測るこのような方法は   あなたのユダヤ伝統の一部であり   ユダヤ人が保持している価値の一部である。   我々の各々は   可能な最上の「わたし」にする努力をすべきである。   それこそが   ユダヤ人が生命の価値を測る方法なのである。  

サムネイル

合唱組曲 島よ (お話です) 「善い人間は9つの挑戦に 出会わねばなりません」 「誠実、不誠実、 その間のグレイエリア」

合唱組曲 島よ (お話です) 「善い人間は9つの挑戦に 出会わねばなりません」 「誠実、不誠実、 その間のグレイエリア」 ◎Mensch ---Nine Challenges a Good Person Must Meet 「善い人間は 9つの挑戦に 出会わねばなりません」 あなたの隣人を あなた自身のように愛しなさい 1. あなたの隣人の 血の上に立ってはいけない 2. 主の目にかなう 正しい良いことをしなさい 3. そのように良い道に従って、 そして正義の道を守りなさい 4. トーラの道は喜ばしく、 平和のうちにたどって行くことができる 5. あなたは聖なる者となりなさい、 なぜならばあなたの神.... 6. 正義、正義を追求しなさい 7. あなたの隣人の妻を 欲してはなりません 8. 家を新築する時は、 屋根にてすりを作りなさい 9. 私は弟の番人なのでしょうか? Not all biblical verses have had an equal impact on Jewish life すべての聖書の句がユダヤ人の生活に同じインパクトを与えてきているわけではない。そしてあるものは、他のものよりずっと、ユダヤ人の書物やユダヤ人の中で引用されている。例えば、聖書で最も有名な句、「あなたの隣人をあなた自身のように愛しなさい」、これはとても多くの論評を刺激している。 また、その他の9つの代表的な聖書の句や法律の編集からなる。それは数千年以上、良い人間(mensch)がいかに振る舞うべきかというユダヤ人の観念に強く影響させてきている。 1. Do not stand by while your neighbor's blood is shed 1.あなたの隣人の血が流されている間、そのそばに立ってはいけない。(文字どおりには、あなたの隣人の血の上に立ってはいけない) [ --- レビ記19:16] from The Talmud もしある人が、他の人から殺そうと追いかけられているならば、その追いかけられた人は、その追跡者の生命の値段と等しく、救われなければならない。--- 我々はこのことをいかにして知るか?この句、「あなたの隣人の血の上に立ってはいけない 」、からである。 [ --- Babylonian Talmud, Sanhedrin 73a] このように、彼を止める他の方法がまったく無い場合に限って、もし「追跡者」を殺すことがその人の能力の範囲内であるとき、その人はそうすることを余儀なくされる。 from The Talmud もしある人が、溺れている人、獣に噛まれている人、あるいは盗賊に襲われている人を見たならば、その人は彼を救う義務がある。--- 我々はこのことをいかにして知るか? この句、「あなたの隣人の血の上に立ってはいけない 」、からである。 [ --- Babylonian Talmud, Sanhedrin 73a] このタルムードは、Kitty Genovese の悪名高いケースを思い起こさせる:1964年3月、ニューヨーク市の通りで28才の女性が35分以上の間に殺された。38人の目撃者が窓から見ていた、しかし誰も警察を呼ばなかった。傷ついた女性の苦悩に満ちた叫び、「あぁ、神様、彼が私を刺した!どうか私を助けて!どうか私を助けて!」、にもかかわらず、彼女の隣人たちの無関心が頑固であった。後に、目撃者たちの提出した言い訳の中のものはこうであった:「私は巻き込まれたくなかった。」「私は疲れていた。ベットに戻った。」「率直に、我々は恐ろしかった。」 もしあなた自身の生命がそうすることによって危険になると予測されるならば、ユダヤ人の法律は、あなたに余儀なく干渉することはしない。しかし少なくとも、あなたは警察または助けてくれる他の人々を呼ばなければならない、そしてもし必要ならば、危険な人の生命を救うことができる人に金を支払わなければならない。 しかし、もしあなた自身のリスクが極小ならば、あなたは余儀なく干渉される。この場合、もし誰かが溺れているならば、そしてあなたが上手な水泳者であり、かつそのリスクが小さく見えているならば、あなたには助ける義務がある。 この命令は聖書の道徳の基盤であるけれども、それはアメリカの法律では拒絶されている。 ユダヤ人の法律の観点からは、そんな傍観者たちはひどい罪人であり邪悪な人々として考慮されるであろ。

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012-06-15 11:21:04.0
視聴回数:1866回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: 合唱組曲   島よ   (お話です)   「善い人間は9つの挑戦に   出会わねばなりません」   「誠実   不誠実   その間のグレイエリア」   ◎Mensch   ---Nine   Challenges   a   Good   Person   Must   Meet   「善い人間は   9つの挑戦に   出会わねばなりません」   あなたの隣人を   あなた自身のように愛しなさい   1.   あなたの隣人の   血の上に立ってはいけない   2.   主の目にかなう   正しい良いことをしなさい   3.   そのように良い道に従って   そして正義の道を守りなさい   4.   トーラの道は喜ばしく   平和のうちにたどって行くことができる   5.   あなたは聖なる者となりなさい   なぜならばあなたの神....   6.   正義   正義を追求しなさい   7.   あなたの隣人の妻を   欲してはなりません   8.   家を新築する時は   屋根にてすりを作りなさい   9.   私は弟の番人なのでしょうか?   Not   all   biblical   verses   have   had   an   equal   impact   on   Jewish   life   すべての聖書の句がユダヤ人の生活に同じイン   パクトを与えてきているわけではない。そして   あるものは   他のものよりずっと   ユダヤ人の   書物やユダヤ人の中で引用されている。例えば   聖書で最も有名な句   「あなたの隣人をあな   た自身のように愛しなさい」   これはとても多   くの論評を刺激している。   また   その他の9つの代表的な聖書の句や法律   の編集からなる。それは数千年以上   良い人間   (mensch)がいかに振る舞うべきかというユダ   ヤ人の観念に強く影響させてきている。   1.   Do   not   stand   by   while   your   neighbor's   blood   is   shed   1.あなたの隣人の血が流されている間   そのそ   ばに立ってはいけない。(文字どおりには     なたの隣人の血の上に立ってはいけない)   [   ---   レビ記19:16]   from   The   Talmud   もしある人が   他の人から殺そうと追いかけら   れているならば   その追いかけられた人は     の追跡者の生命の値段と等しく   救われなけれ   ばならない。---   我々はこのことをいかにして   知るか?この句   「あなたの隣人の血の上に立   ってはいけない     からである。   [   ---   Babylonian   Talmud   Sanhedrin   73a]   このように   彼を止める他の方法がまったく無   い場合に限って   もし「追跡者」を殺すことが   その人の能力の範囲内であるとき   その人はそ   うすることを余儀なくされる。   from   The   Talmud   もしある人が   溺れている人   獣に噛まれてい   る人   あるいは盗賊に襲われている人を見たな   らば   その人は彼を救う義務がある。---   我々   はこのことをいかにして知るか?   この句   「あなたの隣人の血の上に立ってはい   けない     からである。   [   ---   Babylonian   Talmud   Sanhedrin   73a]   このタルムードは   Kitty   Genovese   の悪名高   いケースを思い起こさせる:1964年3月   ニュ   ーヨーク市の通りで28才の女性が35分以上の間   に殺された。38人の目撃者が窓から見ていた   しかし誰も警察を呼ばなかった。傷ついた女性   の苦悩に満ちた叫び   「あぁ   神様   彼が私を   刺した!どうか私を助けて!どうか私を助けて   !」   にもかかわらず   彼女の隣人たちの無関   心が頑固であった。後に   目撃者たちの提出し   た言い訳の中のものはこうであった:「私は巻   き込まれたくなかった。」「私は疲れていた。   ベットに戻った。」「率直に   我々は恐ろしか   った。」   もしあなた自身の生命がそうすることによって   危険になると予測されるならば   ユダヤ人の法   律は   あなたに余儀なく干渉することはしない   。しかし少なくとも   あなたは警察または助け   てくれる他の人々を呼ばなければならない     してもし必要ならば   危険な人の生命を救うこ   とができる人に金を支払わなければならない。   しかし   もしあなた自身のリスクが極小ならば   あなたは余儀なく干渉される。この場合     し誰かが溺れているならば   そしてあなたが上   手な水泳者であり   かつそのリスクが小さく見   えているならば   あなたには助ける義務がある     この命令は聖書の道徳の基盤であるけれども   それはアメリカの法律では拒絶されている。ハ   ーバードの法律の教授である   Mary   Ann   Glendon   は記述している:「法律の一年目の生   徒たちの世代が   次のような架空のケースの一   つか二つの変化を通して法律の基本的な要素を   紹介されていた。あるオリンピックの水泳の選   手がプールの脇を歩いていた   そしてかわいら   しい赤ちゃんが浅い端で溺れているのを見つけ   る。彼は何の自分自身のリスクもなしに彼女を   簡単に救うことが可能だが   しかしその代わり     彼は椅子を止めてそして彼女が死ぬ時を見   ている」   この練習の目的は   その運動家が制定されてい   ない法律に違反したということ   そして実際に   「我々の法律のシステムには   危険にある他の   人を救う義務を掲げていない」ということを将   来の法律家たちに証明するこである     Glendon   は書いている。   Glendon   の文書のように   このケースは架空の   教室の練習として考慮されるべきではない:「   アメリカの裁判上の判決の長い路線の中で     止一貫して   溺れている人にロープを投げる義     切迫した強襲の疑いのない標的への警告を   する義務   あるいは事故の場面で死にそうに出   血している誰かに医療の援助を呼び出す義務   そのようなどんな義務からも   傍観者たちは免   除されてきている」   [   ---   Mary   Ann   Glendon   Rights   Talk   pages   78-80   ]   ユダヤ人の法律の観点からは   そんな傍観者た   ちはひどい罪人であり邪悪な人々として考慮さ   れるであろ。   「マクロ」のレベルでは   おそらく   「あなた   の隣人の血の上に立ってはいけない」の最も獄   悪非道の違反は   ホロコーストが起こっている   間で   同盟者たち(Allies)によって犯された   ことであった。   1944年を通して   ユダヤ人のグループがアメリ   カとイギリスの空軍に   アウシュビッツへユダ   ヤ人を輸送する鉄道線路を爆撃するように主張   した。その時は   その同盟者たちはヨーロッパ   中の空を制御していたので   攻撃される飛行機   のリスクは極小であった。実際に   1944年の間   その同盟者たちは   そこへ導いている鉄道線   路の上を何度も何度も飛んで   有名な死のキャ   ンプの55マイル以内に位置している7つの合成   石油工場を繰り返し爆撃した。しかしその同盟   者たちの軍隊は鉄道線路を爆撃する要求を拒絶   した。その同盟者たちの飛行機が最後にアウシ   ュビッツを2度たたいた時   ユダヤ人や他の入   獄者たちが労働を強制されて実行していた     のゴム製品の工場に彼らは爆撃を限定した。   [   ---   この同盟者たちの無関心の話は   2つの   重要な歴史的な作品の中で告げられている:   David   Wyman     The   Abandonment   of   the   Jews:   America   and   the   Holocaust   1941-   1945     and   Martin   Gilbert     Auschwitz   and   the   Allies   」]   From   The   Talmud   危険の中に住んでいる人々を活発に助けるため     人々に勇気を与えるために   タルムードは命令している:   もしある人が   追跡された人を救出するため     追跡者の後を追って   そしてある道具を壊し   たとしても   彼はそれを賠償する責任はない。   その道具が追跡者のもの   追跡された人のも     あるいは他の人のものであろうとも。   この場合は厳しい法律にそんなに従うべきで   はない。   しかしもしそうでなければ   追跡者から隣人   を救おうとする人はいないであろう。   (彼が支払わなければならない損害のために   そうしようとはしないであろう)   [   ---   Babylonian   Talmud   Sanhedrin   74a   ]   傍観者たちが脅迫された人を見たときに   彼ら   が間に入る動機付けのためだけに   この規則は   発布された。この規則の画期的な性質は   こん   な事実によって強調できる:「もし(追いかけ   られている)人が他の人々の所有する物品を壊   すならば   彼は賠償の責任がある」   (Maimonides   Mishneh   Torah   "Laws   of   Wounding   and   Damaging   "   8:13     この一般則のように   我々の場合の追跡者は同   様に賠償の責任があると   人は考えている。一   般に   追いかけられている人は自分の生命を救   う必要がある何でもするであろう   しかしそれ   と違って傍観者の方は   他人の生命を救うため   に努力することに対して   告訴されることはな   いと   安心させられることが必要である。   From   The   Shulkhan   Arukh   野蛮人あるいは人を害する陰謀の通報者を聞い   た彼(または彼女)は   意図された犠牲者に知   らせる義務がある。もし彼が加害者をなだめて   彼にその行動から思い止まらせることが出来る   のに   そうしないならば彼はこの法律に違反し   たことになる。この句   「あなたの隣人の血の   上に立ってはいけない     [   ---   Shulkhan   Arukh   Hoshen   Mishpat   426:1   ]   聖書のエステル記は記録している:モルデカイ     アハシュエロス王の宮廷の中で   二人の男   が王様を殺そうと陰謀しているのを立ち聞きし   た。モルデカイはこの事をいとこのエステル王   女に報告した。そして王様の命が救われた。   [   ---   エステル記2:21-23   ]   これは後に   モルデカイと彼の仲間のユダヤ人   に対して   ハマンの地獄のような陰謀を実行す   ることから   王様に止めさせる助けをした     ういう事実の一つであった。   By   Aryeh   Carmel   英国の   Rabbi   Aryeh   Carmell     力強い短い   物語「The   Midnight   Rescue」を書いた。この   命令「あなたの隣人の血の上に立ってはいけな   い」の遵守が   いかにして人に対して   「あな   たの隣人をあなた自身のように愛しなさい」の   命令を満たすように導くかを例示している。   それは過ぎたばかりの真夜中であった。私が人   の住まない町を通って川のあちら側の私のホテ   ルに向かって歩いていた。その夜は暗く霧がた   ちこめていて   そしてタクシーをひろうことが   できなかった。   私が橋に近づいた時   橋のらんかんの上にもた   れているみすぼらしい姿を見つけた。なんと「   おちぶれている」ことか   そう思った。その時   彼は消えた。私は   ぼっしゃんという音を聞   いた。おお神よ   私は考えた   彼はそれをした   。自殺だ!私は橋の下に戻っていった   堤防の   上に   そして川の中に歩いて渡った   私は流れ   に運ばれた彼をつかんだ。彼はまったく若いや   つであった。彼はまだ息をしていた。   二人の人が見ていた   そして私は彼らに救急車   を連れてくるように叫んだ。彼らは何とかして   タクシーを止め   そして我々は協力してその男   をタクシーの中に運んだ.....。私は乗って   そして最も近い病院の緊急室に行くように運転   手に告げた。私は   その男が病院に許可される   のを待って   私が報告を与えて   そして最後に   そのタクシーで私のホテルに行った。   私は良いスーツを破壊させてしまった。朝に自   分がひどい寒気があるだろうと知っていたが   それは良くなって来るだろうと感じるた。しか   しともかくも   私は一つの生命を救ったのだ。   私は暑い風呂に入り   そしてベッドに入った。   しかしそれはまだ私を心配させた。そんな若い   男が!   なぜ彼はそんなことをしたのか?   その次の朝   私が自由になるやいなや   大きな   葡萄の房を買って   病院に旅立った。この事の   背景には何があるのかを見つけ出そうと私は決   心した。おそらく私は助けることができるだろ   う。   なぜ私はその男にそんなに興味を持ったのであ   ろうか?この大きな都市には   少なくとも半ダ   ースの人が毎晩に自殺している。彼らの悲境は   私に作用しかった。今度は   それが私の気を引   いた。もちろん。最初にあなたが「与える」   その時あなたが「関心をもつ」   (First   you   "give"   then   you   "care")   私は全く多くのものを与えた。私は自分の生命   のリスクを持った   そしてその買物で悪い風邪   を得た。私はその男に私自身の何かを投資した   のだ。今   私の愛と関心が目をさまされた。す   なわちいかにそれが進むかである。最初に我々   が「与える」   その時我々が愛するようになる     (First   we   "give"   then   we   come   to   love)   [   --   Aryeh   Carmell   Masterplan:   Judaism:   Its   Program   Meaning   Goals   pages   118   -119   ]   もしあなたが誰かに代わって証言をする立場に   あるならば   あなたは黙ったままでいることは   許されない---   我々はこのことをどこから学ぶ   か?この句   「あなたの隣人の血の上に立って   はいけない     からである。   [   --   Sifra   Leviticus   on   19:16   ]   ユダヤ人の法律の観点では   証言するようあな   たを召喚する法廷が的はずれであろうがなかろ   うが   全てのことは   あなたが正義を前進させること   ができる何かを   知っているかどうかである。   もしあなたが知っていて   そして知っているこ   とを告げることを拒否するならば   あなたは重大な罪であり   有罪である。   2.   Do   what   is   right   and   good   in   the   sight   of   the   Lord.   2   主の目にかなう正しい良いことをしなさい。   [   ---   申命記   6:18]   from   The   Talmud   Rav   Judah     Rav's   の名で教えた:もし人が   兄弟たちやパートナーに属している田畑の間   に横たわっている財産の所有を(土地の税金の   支払いを通して)取っているならば   彼はずう   ずうしい男である。しかし移転させることは出   来ない....   Neherdea(に住むラビの審判)は   こう規定した:彼は   その土地から移転させら   れる(すなわち強制的に売らさせた)....     ぜならば   それはこう書かれているからである   。「主の目にかなう正しい良いことをしなさい     [   --   Babylonian   Talmud   Bava   Mezia   108a   ]   ユダヤ人の法律に従うと   公平がこう要求する   :有効な土地に隣接した財産を所有している人   々は   それを獲得する最初の機会が与えられる   べきである。上のケースにおいては   その買人   はその土地の有効性が知らされる以前に入り   そしてそれを獲得した。聖書の句に明確に書か   れた原則のために   Neherdea   の地   これはバ   ビロニアの都市でユダヤ人の宗教的な生活の主   要な中心地   その地のラビたちは   その買人に   強制的にその土地を売らせた。   そんな論理は   都市の道徳を理解しているほと   んどの人々の面前に飛んでいる。しかしそのト   ーラの句は   「何が利益があるか」ではなく   「何が正しく良いことか」   という標準へユダ   ヤ人を支えている。   マザー・テレサが違った文脈で意見を言った:   神は   成功するように私を召しているのではな     神は   公正であるように私を召しているの   である。   3.   So   follow   the   way   of   the   good   and   keep   to   the   paths   of   the   just.   3.   そのように良い道に従って   そして(人々の)正義の道を守りなさい。   [   ---   箴言   2:20   ]   from   The   Talmud   ある従業員たちが無頓着に   Rabbah   son   of   Bar   Hanana   の所有するワインの樽を壊した。   そして(彼らがその損害の支払に失敗した時に     Rabbah   は彼らのコートを取り上げた。彼   らは   Rav   のところに行って不平を言った。「   彼らにコートを返しなさい」   Rav   は命じた。   「それは法律ですか?」   Rabbah   は質問した   。「そうだ」   彼は答えた   「なぜならばこう   書かれている   "そのように良い道に従って"   」Rabbah   はその運搬人たちにコートを返した     その時   彼らは(Rav   に)不平を言った。「我   々は貧乏人です   我々は一日中働いた   そして   空腹です   そして我々は何も持っていない」「   行って   彼らに支払いなさい」   Rav     Rabbah   に命じた。「それは法律ですか?」   Rabbah   は質問した。「そうだ」   彼は答えた   「なぜならばその句の後ろを見なさい   "そ   して正義の道を守りなさい"     [   --   Babylonian   Talmud   Bava   Mezia   83a   ]   ユダヤ人の法律に従うと   無頓着な従業員は彼   らが働いた損害に対して責任がある。そして   Rabbah     彼らのコートを押収して   彼らに   支払わない   そのことは十分に彼の権利の範囲   内であった。しかしRav   は規定した:この場合   ---   前もっての考えではなく無頓着から生じた   破壊   ---   に法律を文字通りに適用することは   不公平に導くであろう。彼は   Rabbah   がより   高い標準   「lifnim   me-shurat   ha-din   (beyond   the   letter   of   the   low   )」として   知られているところのもの   に責任を持つよう   に支持した。   このタルムードの逸話は   もっと限定された財   産の被告に対して   法律の厳しい適用を主張し   ないように   豊かな人を勇気付けるのにしばし   ば引用される。ある友人が私に言った   巡回の   窓洗い人が不注意に高価な花瓶を壊した時     はこの規則を考えた。彼の最初の本能は   その   男にその花瓶を弁償させること   あるいは少な   くとも彼の仕事に支払をしないことであった。   しかし彼がこのタルムードの規則を思いだした     彼はその男に金を支払い   そして彼の花瓶   を壊した謝りを受け入れた。   4.   Her   ways   [   the   ways   of   Torah]   are   pleasant   and   all   her   paths   peaceful.   4.   彼女の道(トーラの道)は喜ばしく   平和のうちにたどって行くことができる。   [   箴言   3:17   ]   from   The   Talmud   トーラの全体は平和を促進するためである。こ   う書かれているように。「トーラの道は喜ばし     平和のうちにたどって行くことができる」   [   --   Babylonian   Talmud   Gittin   59b   ]   この箴言の句は   トーラの厳格な適用は不公平   に導くであろうという例で案内している。この   句の影響のもとで   タルムードのラビは   「darkei   shalom(The   way   of   peace)」とい   う教義を創作した。これはより平和で公平な個   人間の関係をもたらすように   ある程度の法律   を変えるほどに進めていこうというもの。   例えば   聖書の法律に従うと   人が必要とされ   ている項目の物理的な所有をするまでは   財産   の所有権は許可されない。普通   これは公平の   問題を起こさない。しかしタルムードは質問し   ている   このようなケースはどうなのか?貧し   い人が公衆の領地にあるオリーブの木の頂上に   登り   その後に地面でそれらを拾い集めるとい   うつもりで   オリーブをたたき落とし始めた。   彼はオリーブを拾うまでは所有権がないために   聖書の法律は   通行人が地面からオリーブを   拾って保持することを許すであろう。   しかしそのラビは「Mipnei   darkei   shalom   (because   of   the   way   of   peace)」を規定し   た。そのオリーブはたたき落とした人に属する   。たとえ聖書の法律は技術的に彼または彼女に   そうすることを許しているが   それらを取った   他の誰でもそれは泥棒である。   [   ---   Mishuna   Gittin   5:8]   この原則の現代での一つの適用は   誰かがビジ   ネスの取引をほとんど結んでいる(契約がまだ   サインされていない)時に   ある人がそのビジ   ネスを「盗む」ために入り込むことを禁止する   というものである。   このタルムード(Gittin   61a)は   また   「Mipnei   darkei   shalom(because   of   the   way   of   peace)」の普遍的な例を引用している   :我々は   イスラエルの貧乏人と一緒に   非ユ   ダヤ人の貧乏人を支援する。そしてイスラエル   の病人と一緒に   非ユダヤ人の病人を訪問する   。そしてイスラエルの死人と一緒に   非ユダヤ   人の死人を埋葬する。そして   .......     5.   You   shall   be   holy   for   I   the   Lord   God   am   holy.   5.   あなたは聖なる者となりなさい   なぜならば   (あなたの)神   主であるわたしは   聖なる者であるから。   [   ---   レビ記   19:2   ]   この句に関してタルムードは注釈している。   from   The   Talmud   あなたに   許されているところのものを通して   あなた自身を聖別しなさい。   [   ---   Babylonian   Talmud   Yevamot   20a   ]   トーラの禁止が   その中あるいはそれに   無い   であろう活動から単にさし控えることが   人を   聖なる者に導く。例えば   人はユダヤ人の法律   によって許可されている食べ物を   自分に制限   することができるし   なおも「ブタのように食   べる」こともできる。同様に   人が飲む方法も   ビジネスの活動を実行するのも   そしてユダ   ヤ人の法律を破らないかもしれないセックスを   するのも   なおも聖でないことにもなる。この   ように   ラビたちは上記の警告を加えた。この   ようにして   人が引きつけられるその活動が何   であろうが   聖書の命令   「あなたは聖なる者   となりなさい」   これを十分に満たしているか   どうか   人は自分自身に問わなければならない   。非宗教的な世界は   それに対比して当然     なるという概念を欠いている。   6.   Justice   justice   you   shall   pursue.   6.   正義   正義を追求しなさい。   [   ---   申命記   16:20   ]   by   Hasidic   Rabbe   Ya'akov   Yitzhak   彼らは「the   holy   Yehudi   」(として知られる   Hasidic   Rebbe   Ya'cov   Yitzhak   )に尋ねた。   「なぜこう書かれているのか   "正義   正義を   追求しなさい"?なぜ単語   "正義(Justice)"   が2回なのか?」彼は答えた:「我々は正義を   正義で従うべきである   そして不正で従うべ   きではない」その意味はこうである:正義の終   わりに手段として不正を使うのは   それ自身不   正な終わりを作る。   [   --   Hasidic   Rabbe   Ya'akov   Yitzhak   of   Pzhysha(1766-1814)   quoted   in   Martin   Buber   ed.   Ten   Rungs:   Hasidic   Sayings   page   7   ]   タルムードは   「正義   正義を追求しなさい」   の句を   2つの「権利」が対決する場合での案   内を提供するものとして理解している。双方の   パーティが妥協することによって正義が奉仕さ   れる   とタルムードは説明している。   例えば   川で帆走している2つのボートが出会   うところで   もし双方が同時に通過しようと試   みるならば   双方が沈むであろう。そうでなく   もし一方が他方のために行く道を作っている   とき   双方が災害に会わずに通過することがで   きよう。   [   ---   Babylonian   Talmud   Sunhedrin   32b]   タルムードは同様に   「正義   正義を追求しな   さい」の句を   より少ない苦しみを生じるであ   ろうパーティが   より多い苦しみを生じるであ   ろうパーティに対して恩恵を施す物として理解   している。これは個人的な   そして同様に     族の論争で従うべき良い案内になる。   2頭のラクダが   Beit-Horon   への登り道の途中   で出会った。もし彼ら双方が同時に登るならば   双方が(谷の中に)ころげ落ちるであろう。   もし彼らが一方の後にもう一方が登るとき     方が安全に登ることができる。彼らはいかに行   動すべきであるか?もし一方が荷を積み   他方   が荷を積んで無いなければ   荷を積んで無い方   のラクダが   荷を積んだラクダを先に行かせる   べきである。   [   ---   Babylonian   Talmud   Sunhedrin   32b]   1952年にイスラエルでは   この何ともあいまい   なタルムード的な議論が広く討論された。その   秋に   国の軍事奉仕に女性を懲兵する政府の権   利に関して   宗教的/非宗教的な論争によって   この国は分裂された。その論争の真只中で     理大臣ベン・グリオン(David   Ben-Gurian       the   Hazon   Ish(Rabbi   Avraham   Yeshayahu   Karelitz   1878-1953   )に会うた   めに   Bnai   Brak   に旅立った。   彼はイスラエルの超正統派ユダヤ人(ultra-   Orthodox   Jews)の指導者であった。ベン・グ   リオンはこの宗教的な賢者に質問した。いかに   したら宗教的なユダヤ人と非宗教的なユダヤ人   が調和して一緒に生活することができるか。   The   Hazon   Ish   の応答は前述のタルムード的な   議論を基本にしていた:   タルムードはこう述べている。2つの船が川を   下っている。一方が荷を積み   他方が空で     して双方が出会う。もし彼らが互いに通過しよ   うとすれば   双方が沈んでしまうであろう。空   の船はバックして   荷を積んだ船を先に行かせ   なければならない。宗教的なユダヤ人の   船.....神の名前とトーラの献身を神聖にして   いる何千年もの荷を積んでいる。その船は我々   の時代の狭い海峡の中で   非宗教家たちの空の   船に出会ってきている。そこには妥協をするこ   とができない。そこには調和ができない。船の   間の衝突は避けられないようである。それゆえ     どちらの船がどちらの船より前に戻るべき   であろうか?我々の荷を積んだ船より前に     なた方の空の船ではないのですか?   [   ---   Lawrence   Kaplan   が引用した   "The   Hazon   Ish:   Haredi   Critic   of   Traditional   Orthodoxy   "   page   169   ]   言うまでもなく   非正統派イスラエル人(non   -Orthodox   )の社会を空とした   the   Hazon   Ish   の特性描写を   総理大臣   Ben-Gurian   は激   しく否定した。しかし市民戦争を避けることを   切望して   彼は宗教的な女性を軍隊の懲兵から   免除した。   7.   You   shall   not   covet   your   neighbor's   wife:   You   shall   not   crave   your   neighbor's   house   or   his   field   ...   or   his   ox   or   his   donkey   or   anything   that   is   your   neighbor's   7.あなたの隣人の妻を欲してはならない。隣   人の家     ...牛   ろばなど   隣人のものを   一切欲しがってはなりません。。   [   ---   申命記   5:21   十戒の第10番目の戒律     り]   あなたが今持っている以上に欲しがることは悪   いことではない   しかしあなたの隣人の出費で   のそれを欲しがることは悪いことである。トー   ラの法律は   「考え」を取り締まる企てはほと   んど決してしてなく「行為」のみである。この   場合に一つの例外はある   なぜならば   他人の   ものを欲しがることは   不品行な行為へと必然   的に導くような強い欲望を現わすからである。   from   The   Bible   聖書は   他人のものを欲しがることの罪を犯し   たとして   二人の王を書き表している。彼らは   多分ほとんど他の誰よりも多くを所有していた     ダビデ王はウリヤの妻であるバテシバを欲しが   った(サミエル記下11章)。結果として   彼は   すぐに十戒の他の2つを破った:ダビデ王は   彼女と姦通の罪を犯した(第7番の戒律)。   彼女が妊娠した時に   潜在したスキャンダルを   覆い隠すために彼女の夫を殺した(第6番の戒   律)。   その一世紀以上後に   アハブ王がナボテという   男のワイン畑を欲しがった(列王記上21章)。   ナボテがアハブ王に土地を売るのを拒否した時     アハブ王は深く意気消沈した。彼の妻イザ   ベルは   彼のために必要などんな方法をとって     その土地を獲得する決意をした。彼女は   にせの目撃者たちが   ナボテが反逆罪を犯した   と証言するように手はずを整えた   そしてその   証言は彼を死刑執行に導き   その後に王が彼の   畑を所有した(第8番の戒律)。   このように   他人のものを欲しがることで始ま   った事が   十戒の3つ以上を破ることで終わっ   た:「うその証言を支えること」を禁止する第   9番の戒律   殺人を禁止する第6番の戒律   そし   て盗みを禁止する第8番の戒律。   人は   彼あるいは彼女が   他人のものを欲しが   る衝動を制御することを学ばないならば   良い   人間(mensch)になることができない。人は   常に自分自身で思い起こさなければなりません   。他の人に属しているものは   彼あるいは彼女   に許されてはいないことを。   8.   When   you   build   a   new   house   you   shall   make   a   parapet   for   your   roof   so   that   you   do   not   bring   bloodguilt   on   your   house   if   anyone   should   fall   from   it.   8.   家を新築する時は   屋根にてすりを作りなさい   そうすればもし人がそこから落ちても   あな   たの家が血を流した罪に問われることがないよ   うに。   [   ---   申命記   22:8   ]   from   The   Shulkhan   Arukh   ユダヤ人の法律に従うと   もしあなたの家が平   な屋根を持つならば   人が落ちることなしにそ   れにもたれることができるほど強いてすりを取   付けなければなりません。   (Shulkhan   Arukh   Hoshen   Mishpat   427:1   5     同様に   もしあなたがあなたの土地に井戸ある   いは穴を掘るとき   誰もが落ちないようにそのまわりにてすりを付   けるか   あるいはおおいを施さなければなりま   せん。   (Shulkhan   Arukh   Hoshen   Mishpat   427:7   ;   この聖書の法律の変化した派生がリストされて   いる---   Zelig   Pliskin   Love   Your   Neighbor   pages   415-416     ラビたちはまたこの聖書の法律を   破壊的な傷   害を起こすであろう彼の財産から何かを取り除   くように人に義務つけているものとして理解し   ていた:人は   邪悪な犬を元気付けるべきでは   ないし   また家の中にぐらぐらした階段を放置   すべきではない   ということを我々はどこから   学ぶであろうか?この句からである   「あなた   の家が血を流した罪に問われることがないよう       [   ---   Babylonian   Talmud   Ketubot   41b]   この法律が明らかにしているように   人間は   彼らの行動あるいは受動性の結果として引き続   いて起こり得る傷害を予知することを期待され   ている:もしある人が公衆の領地に一つのガラ   スの器を置いて   そして旅の人がそれを壊した   ならば   それを壊した人はその破壊に責任はな     なぜならば人々が歩いている時にそんなに   注意深くすることを期待されていないからであ   る。実際にもし旅の人が怪我をしたならば     のガラスの器の所有者はその傷害に対して責任   がある。   [---Moses   Maimonides   Mishneh   Torah   "Laws   Concerning   Property   Damage   "   13:5   ]   9.   Am   I   my   brother's   keeper?   9.   私は弟の番人なのでしょうか?   [   ---   創世記4:9   ]   最後に   我々は   カインが弟アベルを殺した後     カインによって神に提出された質問に来る   。聖書のその残りの部分の全ては   カインの疑   念の質問に対して鳴り響く肯定の回答であるの     と主張することは誇張ではない。   ◎Honesty   Dishonesty   and   the   "Gray   Areas"   in   between   「誠実   不誠実   その間のグレイエリア」   商売の誠実さ   盗みの最悪の型   盗人の要求する正義とは何か   商売の道徳   なぜ正直な人々は   正直でない世界に   注意深くなければならないのか   完全に正直であることの意味は何か   Business   Honsty   商売の誠実さ   from   The   Mekhilta   もし人が彼の商売の取り引きで誠実であり     々が彼を尊敬するならば   彼はトーラ全体の義   務を果たしかのようにみなされる。   [   ---   Mekhilta   Vayeesa   chapter   1   (see   Lauterbach   Vol.II   page   96;see   also   page   3   and   the   teaching   that   the   first   question   posed   to   a   person   after   death   concerns   honesty   in   business)   ]   あなたの友人の資産を   あたかもあなた自身の   ものであるように扱いなさい。   [   ---   Ethics   of   the   Fathers   2:17   ]   小売商人は   物差し(measure)を週に二度   ふき取らなければならない   重り(weight)を   週に一度   ふき取らなければならない   秤り(   scale)を重さを計る度に   ふき取らなければ   ならない。   [   ---   Mishna   Bava   Bathra   5:10   ]   言い替えれば   商人は注意しなさい!   売り主は   一つの置き場に異なった等級の生産   物を混在させてはいけない。(より親しみのあ   る用語で言えば   売り