PeeVee.TV
   

  ログイン

ホーム 新規ユーザー登録

新着動画一覧

01 02 03

サムネイル

Vivaldi Gloria in D Major RV 589 (お話です) メタ定理 「心と身体」 「共同体感覚」

Vivaldi Gloria in D Major RV 589 (お話です) メタ定理 「文献学」 「批判術」 「インゲニウム(鋭敏)」 「メトドゥス (推理の能力の手立ての方法)」 「心と身体」 「共同体感覚 (コミュニティー・センス)」 「解釈学的理解を 理解の対象の遠近の度合いで 適度であれば効果的だが、 このとき、 理解の対象に対して 自己内省が発生して リトルネロ(反復)でいう 歴史と時間から 過去と過去の縮約の現在の 適度な領域が必要である。 他方、 理解できぬ領域が何かといえば たとえば、時間的または 歴史的に最も昔になる 「原初の人間」 に対して理解しようと 思考を始めたとき、 理解が全くできぬ ということから始まる。 しかも、これらはあらゆる努力の結果 理解できる領域に行きつくことが可能である。 これらが ある階級の全体 ある市民の全体 ある国民の全体 で成立して、 歴史的に可変であり かつ時と場所に応じて異なるが 各々が遮蔽した集団であり ここに、ある時、ある場所、 ある社会にだけ共通する 「共同体感覚 (コミュニティー・センス)」 が存在することに気づく。

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.9.3. 07:34
視聴回数:526回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: Vivaldi   Gloria   in   D   Major   RV   589   (お話です)   メタ定理   「文献学」   「批判術」   「インゲニウム(鋭敏)」   「メトドゥス   (推理の能力の手立ての方法)」   「心と身体」   「共同体感覚   (コミュニティー・センス)」   「解釈学的理解を   理解の対象の遠近の度合いで   適度であれば効果的だが   このとき   理解の対象に対して   自己内省が発生して   リトルネロ(反復)でいう   歴史と時間から   過去と過去の縮約の現在の   適度な領域が必要である。   他方   理解できぬ領域が何かといえば   たとえば   時間的または   歴史的に最も昔になる   「原初の人間」   に対して理解しようと   思考を始めたとき   理解が全くできぬ   ということから始まる。   しかも   これらはあらゆる努力の結果   理解できる領域に行きつくことが可能である。   これらが   ある階級の全体   ある市民の全体   ある国民の全体   で成立して   歴史的に可変であり   かつ時と場所に応じて異なるが   各々が遮蔽した集団であり   ここに   ある時   ある場所   ある社会にだけ共通する   「共同体感覚   (コミュニティー・センス)」   が存在することに気づく。  

サムネイル

合唱組曲 島よ (朗読) (お話です)メタ理論・タルムード1章・聖クルアーン13章

合唱組曲 島よ (朗読) (お話です) メタ理論 タルムード第1章 聖クルアーン第13章 『タルムード第1章』 1。 モーセはシナイ山から律法(トーラー)を受け、ヨシュアに伝え、ヨシュアは長老たちに、長老たちは預言者たちに、また預言者たちは大会堂の人々に伝えた。  彼らは三つのことを語った。裁きにおいては慎重であり、多くの弟子を養い育て、トーラーのための垣根をめぐらしなさい。 2。義人シモンが大会堂の人々の最後の一人であった。  彼は言っていた。この世は三つのものの上に立っている。トーラーの上と、神殿の祭儀の上と、慈しみのわざの上である。 3。 ソボの人アンティゴノスは義人シモンから律法(トーラー)を伝えた。   彼が言っていた。給金を受け取るために主人に仕える僕のようであってはいけない。給金を受け取ることをあてにしなしで主人に仕える僕のようでありなさい。天への畏れがあなたたちの上にありますように。 4。 ツェレダの人ヨセ・ベン・ヨエゼルとエルサレムの人ヨセ・ベン・ヨハナン彼らからトーラーを受けた。  ヨセ・ベン・ヨエゼルは言う。あなたの家を賢者のための集会所にしなさい。また彼らの足下の塵にまみれて座り、彼らの言葉を渇くがごとく飲みなさい。 5。 あなたの家が開いている幅になりましょうとあなたの世帯のメンバーである、貧しい人々をさせ、そして女性とあまり話しません。エルサレムのヨシ·ベンYochananは述べています。 これは自分の妻について語った;なおさら自分の隣人の妻について。 したがって、賢人は言った:女性とあまり話す彼は自分自身に悪もたらし、律法の研究を無視し、最後に地獄を継承します。 6。 ジョシュアベ​​ンPerachyahとNittai Arbelite彼らから律法を受けた。 ジョシュアベ​​ンPerachyahは言った:あなた自身のために教師を提供し、自分の友人を取得およびメリットに向かってすべての人を判断する。 7。 邪悪な隣人から離れたまま、邪悪に関連付けることはできません、そして報復への信仰を放棄しないでください。Nittai Arbeliteは述べています。 『聖クルアーン第13章』 雷電章(アッ・ラアド) マディーナ啓示43節 13-1.アリフ・ラーム・ミーム・ラー。これは啓典の印である。そしてそれは主から、あなたに啓示された真理である。だが人びとの多くは信じない。 13-2.アッラーこそは、あなたがたには見える柱もなくて、諸天を掲げられた方である。それからかれは、(大権の)御座に鎮座なされ、太陽や月を従わせられる。(だから)各々の定められた時期まで運行する。かれが凡ての事物を規制統御し、種々の印を詳しく述べられる。必ずあなたがたに主との会見に就いて確信させるためである。 13-3.かれこそは大地を広げ、その上に山々や河川を配置された方である。またかれはそこで、凡ての果実を2つ(雌雄)の対になされた。また夜でもって昼を覆わされる。本当にこの中には、反省する人びとへの印がある。 13-4.また地上には、隣り合う(が相異った)地域がある。ブドウの園、穀物の畑、一つの根から出た、またはそうでないナツメヤシの木、同じ水で灌漑されても、食物としてあるものを外のものよりも優れたものになさる。本当にこの中には、理性ある人びとにとって印がある。

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.8.16. 14:32
視聴回数:5095回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: 合唱組曲   島よ   (朗読)   (お話です)   メタ理論   タルムード第1章   聖クルアーン第13章   『タルムード第1章』   1。   モーセはシナイ山から律法(トーラー)を受け   ヨシュアに伝え   ヨシュアは長老たちに   長老たちは預言者たちに   また預言者たちは大会堂の人々に伝えた。   彼らは三つのことを語った。裁きにおいては慎重であり   多くの弟子を養い育て   トーラーのための垣根をめぐらしなさい。   2。義人シモンが大会堂の人々の最後の一人であった。   彼は言っていた。この世は三つのものの上に立っている。トーラーの上と   神殿の祭儀の上と   慈しみのわざの上である。   3。   ソボの人アンティゴノスは義人シモンから律法(トーラー)を伝えた。   彼が言っていた。給金を受け取るために主人に仕える僕のようであってはいけない。給金を受け取ることをあてにしなしで主人に仕える僕のようでありなさい。天への畏れがあなたたちの上にありますように。   4。   ツェレダの人ヨセ・ベン・ヨエゼルとエルサレムの人ヨセ・ベン・ヨハナン彼らからトーラーを受けた。   ヨセ・ベン・ヨエゼルは言う。あなたの家を賢者のための集会所にしなさい。また彼らの足下の塵にまみれて座り   彼らの言葉を渇くがごとく飲みなさい。   5。   あなたの家が開いている幅になりましょうとあなたの世帯のメンバーである   貧しい人々をさせ   そして女性とあまり話しません。エルサレムのヨシ·ベンYochananは述べています。   これは自分の妻について語った;なおさら自分の隣人の妻について。   したがって   賢人は言った:女性とあまり話す彼は自分自身に悪もたらし   律法の研究を無視し   最後に地獄を継承します。   6。   ジョシュアベ​​ンPerachyahとNittai   Arbelite彼らから律法を受けた。   ジョシュアベ​​ンPerachyahは言った:あなた自身のために教師を提供し   自分の友人を取得およびメリットに向かってすべての人を判断する。   7。   邪悪な隣人から離れたまま   邪悪に関連付けることはできません   そして報復への信仰を放棄しないでください。Nittai   Arbeliteは述べています。   8。   ユダベンTabbaiとシモン·ベンShetachは彼らから律法を受けた。   ユダベンTabbaiは言った:裁判官の前に提示しているもののように自分自身をしないでください。   律法の訴訟の当事者があなたの前に立っているとき   彼らは邪悪な男として   あなたの目でなければなりませんが   彼らは判決を受け入れた場合   彼らが出発したとき   彼らは無実のようにあなたの目でなければなりません。   9。   シモン·ベンShetachは言った:熱心に証人を調べ   それらが改ざんすることを学ぶそれらを介しないようにあなたの言葉で注意が必要です。   10。   ShemayahとAvtalion彼らから律法を受けた。   支配を嫌い;愛の仕事は   政府の過度の親密さを求めていない:Shemayahは述べています。   11。   あなたは追放のペナルティが発生し   学習の水は不純と   それらを飲むと死ぬの後に来るの弟子である場所に呼ばれていないように賢者は   あなたの言葉で注意してください   そして天の名前が結果的に汚​​されています。Avtalionは言った。   12。   ヒレルとshammaiは   彼らから律法を受けた。   ヒレルは言った:平和を愛し   平和を追求し   アーロンの弟子である   あなたの仲間の生き物を愛し   律法に近いそれらをもたらす。   13。   彼ヒレルは言っていた。名声を得る者はその名声を失い   増やさない者は減らし   学ばない者は死罪の罪責を負う。冠を利用するものは過ぎ去るであろう。   14。   彼ヒレルは言っていた。わたしは自分のためでないときは   わたしのために誰がいるのであろうか。またわたしがわたし自身のためであれば   わたしは何者であろうか。そして今でなければ   いつであろうか。   15。   シャマイは言う。あなたの律法(トーラー)の学びを決まって行い   口数を減らして多くのわざをなし   すべての人をにこやかな面持ちで受け入れなさい。   16。   ラッパン・ガマリエルは言う。また師について疑問を晴らしなさい。推定から十分の一の捧げ物を納めすぎてはいけません。   17。   彼の息子のシメオンは言う。わたしは生涯を通じて賢者たちの間で大きくなったが   自分にとって沈黙にまさるものは見つからなかった。   肝要なのは律法(トーラー)の解釈でなく   実践である。誰であれ口数の多い人は罪を招く。   18。   ラッパン・シメオン・ベン・ガマリエルは言う。この世は三つの物の上に立っている。正義の上に   真実の上に   平和の上に。「城門では真実と正義に基づき/平和をもたらす裁きをせよ」(ゼカリヤ書8・16)と言われているからである。   『聖クルアーン第13章』   雷電章(アッ・ラアド)   マディーナ啓示43節   13-1.アリフ・ラーム・ミーム・ラー。これは啓典の印である。そしてそれは主から   あなたに啓示された真理である。だが人びとの多くは信じない。   13-2.アッラーこそは   あなたがたには見える柱もなくて   諸天を掲げられた方である。それからかれは   (大権の)御座に鎮座なされ   太陽や月を従わせられる。(だから)各々の定められた時期まで運行する。かれが凡ての事物を規制統御し   種々の印を詳しく述べられる。必ずあなたがたに主との会見に就いて確信させるためである。   13-3.かれこそは大地を広げ   その上に山々や河川を配置された方である。またかれはそこで   凡ての果実を2つ(雌雄)の対になされた。また夜でもって昼を覆わされる。本当にこの中には   反省する人びとへの印がある。   13-4.また地上には   隣り合う(が相異った)地域がある。ブドウの園   穀物の畑   一つの根から出た   またはそうでないナツメヤシの木   同じ水で灌漑されても   食物としてあるものを外のものよりも優れたものになさる。本当にこの中には   理性ある人びとにとって印がある。   13-5.もしあなたが不思議に思うのなら   「わたしたちが(現実に)土になった時   わたしたちは本当に新しく創造されるであろうか。」とかれらの言うことこそ不思議である。これらは主を信じない者である。かれらはその首に枷がかけられる火獄の仲間で   その中に永遠に住む者である。   13-6.かれらは(多くの)見せしめの例がかれら以前にあるのにあなたに幸福よりも   寧ろ災厄を急いで求める。しかしあなたの主は人間の悪い行いに対し本当に寛容であり   またあなたの主は   懲罰にも本当に痛烈である。   13-7.信じない者たちは   「何故主からかれらに一つの印も下らないのだろうか。」と言う。あなたは一人の警告者に過ぎない。各々の民には一人の導き手がある。   13-8.アッラーは各々の女性が   妊娠するのを知っておられ   またその子宮の(胎児の時が)直ぐ終るか   また延びるかを知っておられる。凡てのことは   かれの御許で測られている。   13-9.かれは幽玄界も現象界も知っておられる方   偉大にして至高の方であられる。   13-10.あなたがたが言葉を隠しても   また声を出して言っても   あるいは夜間に隠れても   また昼間公然と出かけても   (全知の主においては)同じことである。   13-11.各人には   前からも後ろからも   次から次に(天使)が付いていて   アッラーの御命令により監視している。本当にアッラーは   人が自ら変えない限り   決して人びと(の運命)を変えられない。だがアッラーが(一度)人びとに災難を下そうと御望みになれば   それは決して避けることは出来ない。かれらには   かれの外に守護者はないのである。   13-12.かれこそは稲妻を現わしてあなたがたに恐れと希望を抱かせられ   (雨を含む)重い雲を起こさせられる方である。   13-13.雷はかれを讃えて唱念し   また天使たちもかれを畏れて唱念する。かれは雷鳴を送られ   かれらがアッラーに就いて論争している間に   これでかれの御好みの者を撃たれる。かれは力ある強烈な方である。   13-14.真実の祈りはかれに(だけ祈ることで)ある。かれの外にかれらが祈るものは   決してかれらに答えない。丁度両手を水に差し伸べて   それが自分のロに届く(のを望む)ようなもので   それはかれに届かない。信仰がない者の祈りは   (心が)迷っている(ので無益なこと)に過ぎない。   13-15.天と地上で凡てのものは   好むと好まないとに拘らず   またかれらの影も   朝夕   アッラーにサジダする。   13-16.言ってやるがいい。「天と地の主は誰であるのか。」言ってやるがいい。「アッラーであられる。」言ってやるがいい。「あなたがたはかれの外に   自分自身にさえ益も害も齎せないものたちを保護者とするのか。」言ってやるがいい。「盲人と晴眼者は同じであるのか。また暗黒と光明とは同じであるのか。かれらはアッラーが創造されたような創られたものを   かれと同位に配する。それでかれらには創造の意味が疑わしくなったのか。」言ってやるがいい。「アッラーは凡てのものの創造者であり   かれは唯一にして全能であられる。」   13-17.かれが天から雨を降らせられれば   その量に応じて谷を流れ   奔流は浮ぶ泡を乗せて運び去る。また装飾品や道具を造るために(金属)を火にかけても   それと同じ泡(が出来る)。このようにアッラーは   真実と虚偽とを提示なされる。泡は塵のように消え去る。だが人類を益するものは   地上に残る。アッラーはこのように   種々の譬えで説き明かされる。   13-18.かれらの主に答える者には善賞があり   かれに答えない者には   かれらが天地の凡てのものを所有し   またはそれに倍するものをもち   罪を贖うために提供しても(無益である)。かれらにとっては   悪い清算であろう。その住まいは地獄である。その臥床の何と悲惨なことよ。   13-19.主からあなたに下されたものが   真理であることを知る者と   (盲人が物を見られないように)物事を見られない者と同じ(ように報いられる)であろうか。心ある者だけが   訓戒を受け入れることが出来る。   13-20.(即ち)アッラーの約束を全うし契約に違反しないで   13-21.結ばれるようアッラーが命じられる者と一緒になり   主を畏敬し   (審判の日の)悪い清算を恐れる者である。   13-22.また主の御顔を求めて耐え忍び   礼拝の務めを守り   われが糧のために与えたものの中から   陰に陽に施し   また善によって悪を退けるような者は   (善)果の住まいを得る。   13-23.かれらは   その祖先と配偶者と子孫の中の善行に励む者と一緒に   アドン(エデン)の園に入るであろう。そして天使たちも各々の門からかれらの許に入(ってこう挨拶す)るであろう。   13-24.「あなたがよく耐え忍んだ故に   あなたがたの上に平安あれ。まあ何と善美な終末の住まいであることよ。」   13-25.だがアッラーに誓った後   その契約を破り   アッラーが結べと命じられる者と縁を切り   地上で悪を行った者には呪いがあり   悪い住まいに入るであろう。   13-26.アッラーは御心に適う者に豊かに糧を与え   また乏しくも授けられる。(かれらは)現世の生活を楽しむ。だが現世の生活は   来世では   (はかない)享楽に過ぎない。   13-27.信じない者は言う。「何故主からの印が   かれ(ムハンマド)に下されないのですか。」言ってやるがいい。「本当にアッラーは   御好みの者を迷うに任せ   悔悟してかれに返る者を導かれる。   13-28.これらの信仰した者たちは   アッラーを唱念し   心の安らぎを得る。アッラーを唱念することにより   心の安らぎが得られないはずがないのである。」   13-29.信仰して   善行に励む者にとっては   至福〔トゥーバー〕がかれらのものであり   善美な所が(究極の)帰り所である。   13-30.そこでわれは   以前に多くの民衆が滅び去った民の中に   あなたを遣わした。それはわれが啓示によってあなたに下すものを   慈悲深き御方を未だ信じないでいるかれらに   読誦させるためである。言ってやるがいい。「かれはわたしの主であられ   かれの外には神はないのである。かれにわたしの凡てを御委せし   かれこそわたしの拠り所である。」   13-31.仮令一部のクルアーンがあって   それにより山々が移動され   大地が裂かれ   または死者に語らせることが出来ても   凡ての命令はアッラーに属すのである。アッラーの御心があれば   人類を一斉に導かれることを   信仰する者たちは未だに納得していないのか。だが不信者たちはかれらの(悪い)行いのために   アッラーの約束が実現するまで災厄がかれらの住まいとその付近に絶えることなく付きまとう。本当にアッラーは決して約束を違えられない。   13-32.(多くの)使徒は   あなた以前に確かに嘲笑された。だがわれは不信心な者たちに猶予を与え   それからかれらを捕えた。わが報復は如何であったのか   13-33.かれは人間各人の行う凡てのことを   監察される御方ではないか。だがかれらはアッラーに同位の者を配する。言ってやるがいい。「かれらの名を挙げよ。あなたがたは   かれが地上で知っておられないものを   かれに告げようとするのか。それとも架空な語に過ぎないのか。」いやそうではない。不信心な者は   かれらの策謀したものが立派に見えて   道から閉め出されたのである。アッラーに迷うに任せられた者には   誰も導き手はいない。   13-34.かれらに対しては   現世の生活でも罰が科せられる。だが来世の懲罰は更に厳しい。かれらはアッラー(の御怒り)に対し   守護者もないのである。   13-35.主を畏れる者に約束される楽園に就いて言えば   川が下を流れ   常に果実が実り   日陰に覆れている。これが   かれら主を畏れる者の結末である。だが不信者の結末は火獄である。   13-36.わが啓典を与えられた者たちは   あなたに啓示されたものを喜ぶ。だが氏族の中には   その一部分を拒否する者がある。言ってやるがいい。「わたしはアッラーに仕え   何ものもかれに比肩してはならないと命じられた。わたしはかれにだけ祈りを捧げ   またかれの御許に帰るのである。」   13-37.このようにわれは   アラビア語で判断(の規範)を下した。知識があなたがたに下った後   かれらの(虚しい)欲求に従うならば   あなたはアッラー(の怒り)に対して   援助者もなく守護者もないであろう。   13-38.われはあなた以前にも使徒たちを遣わし   妻と子孫をかれらに授けた。だがアッラーの御許しがない限り   何の使徒も印を現わすことはなかった。各時代に   一つの啓典が(下されるので)ある。   13-39.アッラーは   御好みのものを取り消し   または確認なされる。啓典の母体はかれの御許にある。   13-40.われがかれらに約束したことの一部を   あなたに示しても   または(その完成前に)あなたの魂をわれに召しても   あなたの任務は(啓示を)伝えることであり   清算はわれの行うことである。   13-41.かれらは   われがこの地に来て   端々からそれを切り崩しているのを見ないのか。アッラーの御裁き(ある時)   それを妨げるものはない。かれは清算に迅速であられる。   13-42.かれら以前の者も(使徒に対して)策謀した。だが凡ての策謀はアッラーに属する。かれは各人の行ったことを知っておられる。不信者は   終末の住いが誰のものであるかを間もなく知るであろう。   13-43.信仰しない者は   「あなたは使徒ではない。」と言う。言ってやるがいい。「わたしとあなたがたとの間の立証者として   アッラーと啓典の知識を持つ者がいれば十分である。」  

サムネイル

合唱組曲 島よ (朗読) (お話です)「ギリシャとヘブライの倫理」『タルムード:Avot 第1章』『聖クルアーン 第7章』

合唱組曲 島よ (朗読) (お話です) 「ギリシャとヘブライの倫理」 「ニコマコス倫理学」 『タルムード:Avot 第1章』 「メタ定理:トピカ(発見の知)とクリティカ(学問知)」 『聖クルアーン 第7章』 「第九歌詞ドイツ語朗読」 「イスラエルとユダヤ教の歴史」 『タルムード:Avot 第1章』 第1章 1。 モーセはシナイ山から律法(トーラー)を受け、ヨシュアに伝え、ヨシュアは長老たちに、長老たちは預言者たちに、また預言者たちは大会堂の人々に伝えた。  彼らは三つのことを語った。裁きにおいては慎重であり、多くの弟子を養い育て、トーラーのための垣根をめぐらしなさい。 2。義人シモンが大会堂の人々の最後の一人であった。  彼は言っていた。この世は三つのものの上に立っている。トーラーの上と、神殿の祭儀の上と、慈しみのわざの上である。 3。 ソボの人アンティゴノスは義人シモンから律法(トーラー)を伝えた。   彼が言っていた。給金を受け取るために主人に仕える僕のようであってはいけない。給金を受け取ることをあてにしなしで主人に仕える僕のようでありなさい。天への畏れがあなたたちの上にありますように。 4。 ツェレダの人ヨセ・ベン・ヨエゼルとエルサレムの人ヨセ・ベン・ヨハナン彼らからトーラーを受けた。  ヨセ・ベン・ヨエゼルは言う。あなたの家を賢者のための集会所にしなさい。また彼らの足下の塵にまみれて座り、彼らの言葉を渇くがごとく飲みなさい。 『聖クルアーン 第7章』 第7章 高壁章(アル・アアラーフ) マッカ啓示 206節 7-1. アリフ・ラーム・ミーム・サード。 7-2.(これは)あなたに下した啓典である。あなたはそれで、もう意気そそうしてはならない。あなたが信者たちに訓戒し、警告するため(に下されたもの)である。 7-3.(人びとよ)主からあなたがたに下されたものに従い、かれ以外の保護者に従ってはならない。だがあなたがたの(中)、教訓に留意する者は少ない。 7-4.われは如何に多くの町を滅したことであろうか、わが力は夜の間に、またかれらの昼の休みに(突然)襲いかかる。 7-5.わが懲罰がかれらに下った時、かれらは只「わたしたちは、本当に不義を行っていた。」と言うだけであった。 7-6.それからわれは、使徒が遣された者たちを尋問し、また使徒たちをも尋問する。 7-7.それからわれは、(確かな)知識に基づいてかれらに告げるであろう。「われは決して不在(の時および所)はないのである。」 7-8.量はその日、真正である。(善行の)目方の重い者は、成功する者である。 7-9.また目方の軽い者は、わが印を軽んじたため自分を損う者である。 7-10.われは地上において、あなたがた(人間)に力をもたせ、またあなたがたのため、そこに生計の道を授けた。だがあなたがたの(中)、感謝する者は僅かである。 7-11.われはあなたがたを創り、形を授け、それからわれは、天使たちに向かって、「アーダムにサジダしなさい。」と告げた。それで外のものは皆サジダしたが、悪魔〔イブリース〕はサジダした者の中に加わらなかった。 7-12.かれは仰せられた。「われがあなたに命じた時、どうしてサジダしなかったのか。」悪魔は答えた。「わたしはかれよりも優れております。あなたはわたしを火から御創りになりましたが、かれを泥で創られました。」 7-13.かれは仰せられた。「ここから落ちてしまえ。あなたはここで高慢であるべきではない。立ち去れ。あなたは本当に卑しむべき者である。」 7-14.悪魔は答えた。「かれらが甦らされる日まで、わたしを猶予して下さい。」 7-15.かれは、「あなたは猶予されよう。」と仰せられた。

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.8.3. 01:59
視聴回数:6836回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: 合唱組曲   島よ   (朗読)   (お話です)   「ギリシャとヘブライの倫理」   「ニコマコス倫理学」   『タルムード:Avot   第1章』   「メタ定理:トピカ(発見の知)とクリティカ(学問知)」   『聖クルアーン   第7章』   「第九歌詞ドイツ語朗読」   「イスラエルとユダヤ教の歴史」   『タルムード:Avot   第1章』   第1章   1。   モーセはシナイ山から律法(トーラー)を受け   ヨシュアに伝え   ヨシュアは長老たちに   長老たちは預言者たちに   また預言者たちは大会堂の人々に伝えた。   彼らは三つのことを語った。裁きにおいては慎重であり   多くの弟子を養い育て   トーラーのための垣根をめぐらしなさい。   2。義人シモンが大会堂の人々の最後の一人であった。   彼は言っていた。この世は三つのものの上に立っている。トーラーの上と   神殿の祭儀の上と   慈しみのわざの上である。   3。   ソボの人アンティゴノスは義人シモンから律法(トーラー)を伝えた。   彼が言っていた。給金を受け取るために主人に仕える僕のようであってはいけない。給金を受け取ることをあてにしなしで主人に仕える僕のようでありなさい。天への畏れがあなたたちの上にありますように。   4。   ツェレダの人ヨセ・ベン・ヨエゼルとエルサレムの人ヨセ・ベン・ヨハナン彼らからトーラーを受けた。   ヨセ・ベン・ヨエゼルは言う。あなたの家を賢者のための集会所にしなさい。また彼らの足下の塵にまみれて座り   彼らの言葉を渇くがごとく飲みなさい。   5。   あなたの家が開いている幅になりましょうとあなたの世帯のメンバーである   貧しい人々をさせ   そして女性とあまり話しません。エルサレムのヨシ・ベンYochananは述べています。   これは自分の妻について語った;なおさら自分の隣人の妻について。   したがって   賢人は言った:女性とあまり話す彼は自分自身に悪もたらし   律法の研究を無視し   最後に地獄を継承します。   6。   ジョシュアベ??ンPerachyahとNittai   Arbelite彼らから律法を受けた。   ジョシュアベ??ンPerachyahは言った:あなた自身のために教師を提供し   自分の友人を取得およびメリットに向かってすべての人を判断する。   7。   邪悪な隣人から離れたまま   邪悪に関連付けることはできません   そして報復への信仰を放棄しないでください。Nittai   Arbeliteは述べています。   8。   ユダベンTabbaiとシモン・ベンShetachは彼らから律法を受けた。   ユダベンTabbaiは言った:裁判官の前に提示しているもののように自分自身をしないでください。   律法の訴訟の当事者があなたの前に立っているとき   彼らは邪悪な男として   あなたの目でなければなりませんが   彼らは判決を受け入れた場合   彼らが出発したとき   彼らは無実のようにあなたの目でなければなりません。   9。   シモン・ベンShetachは言った:熱心に証人を調べ   それらが改ざんすることを学ぶそれらを介しないようにあなたの言葉で注意が必要です。   10。   ShemayahとAvtalion彼らから律法を受けた。   支配を嫌い;愛の仕事は   政府の過度の親密さを求めていない:Shemayahは述べています。   11。   あなたは追放のペナルティが発生し   学習の水は不純と   それらを飲むと死ぬの後に来るの弟子である場所に呼ばれていないように賢者は   あなたの言葉で注意してください   そして天の名前が結果的に汚??されています。Avtalionは言った。   12。   ヒレルとshammaiは   彼らから律法を受けた。   ヒレルは言った:平和を愛し   平和を追求し   アーロンの弟子である   あなたの仲間の生き物を愛し   律法に近いそれらをもたらす。   13。   彼ヒレルは言っていた。名声を得る者はその名声を失い   増やさない者は減らし   学ばない者は死罪の罪責を負う。冠を利用するものは過ぎ去るであろう。   14。   彼ヒレルは言っていた。わたしは自分のためでないときは   わたしのために誰がいるのであろうか。またわたしがわたし自身のためであれば   わたしは何者であろうか。そして今でなければ   いつであろうか。   15。   シャマイは言う。あなたの律法(トーラー)の学びを決まって行い   口数を減らして多くのわざをなし   すべての人をにこやかな面持ちで受け入れなさい。   16。   ラッパン・ガマリエルは言う。また師について疑問を晴らしなさい。推定から十分の一の捧げ物を納めすぎてはいけません。   17。   彼の息子のシメオンは言う。わたしは生涯を通じて賢者たちの間で大きくなったが   自分にとって沈黙にまさるものは見つからなかった。   肝要なのは律法(トーラー)の解釈でなく   実践である。誰であれ口数の多い人は罪を招く。   18。   ラッパン・シメオン・ベン・ガマリエルは言う。この世は三つの物の上に立っている。正義の上に   真実の上に   平和の上に。「城門では真実と正義に基づき/平和をもたらす裁きをせよ」(ゼカリヤ書8・16)と言われているからである。   『聖クルアーン   第7章』   第7章   高壁章(アル・アアラーフ)   マッカ啓示   206節   7-1.   アリフ・ラーム・ミーム・サード。   7-2.(これは)あなたに下した啓典である。あなたはそれで   もう意気そそうしてはならない。あなたが信者たちに訓戒し   警告するため(に下されたもの)である。   7-3.(人びとよ)主からあなたがたに下されたものに従い   かれ以外の保護者に従ってはならない。だがあなたがたの(中)   教訓に留意する者は少ない。   7-4.われは如何に多くの町を滅したことであろうか   わが力は夜の間に   またかれらの昼の休みに(突然)襲いかかる。   7-5.わが懲罰がかれらに下った時   かれらは只「わたしたちは   本当に不義を行っていた。」と言うだけであった。   7-6.それからわれは   使徒が遣された者たちを尋問し   また使徒たちをも尋問する。   7-7.それからわれは   (確かな)知識に基づいてかれらに告げるであろう。「われは決して不在(の時および所)はないのである。」   7-8.量はその日   真正である。(善行の)目方の重い者は   成功する者である。   7-9.また目方の軽い者は   わが印を軽んじたため自分を損う者である。   7-10.われは地上において   あなたがた(人間)に力をもたせ   またあなたがたのため   そこに生計の道を授けた。だがあなたがたの(中)   感謝する者は僅かである。   7-11.われはあなたがたを創り   形を授け   それからわれは   天使たちに向かって   「アーダムにサジダしなさい。」と告げた。それで外のものは皆サジダしたが   悪魔〔イブリース〕はサジダした者の中に加わらなかった。   7-12.かれは仰せられた。「われがあなたに命じた時   どうしてサジダしなかったのか。」悪魔は答えた。「わたしはかれよりも優れております。あなたはわたしを火から御創りになりましたが   かれを泥で創られました。」   7-13.かれは仰せられた。「ここから落ちてしまえ。あなたはここで高慢であるべきではない。立ち去れ。あなたは本当に卑しむべき者である。」   7-14.悪魔は答えた。「かれらが甦らされる日まで   わたしを猶予して下さい。」   7-15.かれは   「あなたは猶予されよう。」と仰せられた。   7-16.悪魔は答えた。「あなたがわたしを惑わされたので   わたしはあなたの正しい道の上で   人々を待ち伏せるであろう。   7-17.そしてわたしは   かれらを前から   後ろから   右てからも左てからも襲いましょう。あなたはかれらの多くの者が   (御慈悲に対し)感謝しないことが御分かりになるでしょう。」   7-18.かれは仰せられた。「恥辱を受けて追われて   ここから出て行け。凡そかれらの中あなたに従う者があれば   われはあなたがたの人々で地獄を満たすであろう。」   7-19.(それからアーダムに仰せられた。)「アーダムよ   あなたとあなたの妻は楽園に住み   随所であなたがた(の好むものを)食べなさい。只この樹に近付いて不義を犯してはならない。」   7-20.その後悪魔〔シャイターン〕はかれらに囁き   今まで見えなかった恥かしいところを   あらわに示そうとして言った。「あなたがたの主が   この樹に近付くことを禁じられたのは   あなたがたが天使になり   または永遠に生きる(のを恐れられた)からである。」   7-21.そしてかれは   かれら両人に誓っ(て言っ)た。「わたしはあなたがたの心からの忠告者である。」   7-22.こうしてかれは両人を欺いて堕落させた。かれらがこの木を味わうと   その恥ずかしい処があらわになり   2人は園の木の葉でその身を覆い始めた。その時主は   かれらに呼びかけて仰せられた。「われはこの木をあなたがたに禁じたではないか。また悪魔〔シャイターン〕は   あなたがたの公然の敵であると告げたではないか。」   7-23.かれら両人は言った。「主よ   わたしたちは誤ちを犯しました。もしあなたの御赦しと慈悲を御受け出来ないならば   わたしたちは必ず失敗者の仲間になってしまいます。」   7-24.かれは仰せられた。「あなたがたは落ちて行け   あなたがたは互いに敵となるであろう。あなたがたには地上に住まいと   一定の期間の恵みがあろう。」   7-25.かれは仰せられた。「そこであなたがたは生活し   死に   またそこから(復活の時に)引き出されるであろう。」   7-26.アーダムの子孫よ   われは   恥ずかしいところを覆い   また飾るために衣装をあなたがたに授けた。だが篤信という衣装こそ最も優れたものである。これはアッラーの印である。恐らくかれらは諭されるであろう。   7-27.アーダムの子孫よ   あなたがたは悪魔に惑わされてはならない。かれ(悪魔)が昔   あなたがたの祖先に   その恥ずかしいところを見せるためにかれら2人の衣を奪い   楽園から追い出したように。かれ(悪魔)とかれの一味は   あなたがたの見えない所からあなたがたを見ている。本当にわれは悪魔を不信心な者たちの友とした。   7-28.かれらは淫らなことをする時   「わたしたちは祖先が行うのを見た。またアッラーがこれをわたしたちに命じられた。」と言う。言ってやるがいい。「アッラーは決して淫らなことを命じられない。あなたがたはアッラーに就いて   知りもしないことをロにするのか。」   7-29.言ってやるがいい。「わたしの主は   正義を命じられる。それであなたがたは全霊をうち込み   何処のマスジドでも   かれに信心の誠を尽くして祈りなさい。最初あなたがたを創られたように   あなたがたは(かれに)帰るのである。   7-30.かれはある一団の者を導かれ   またある一団の者には迷いを正当となされる。かれらはアッラーを差し置いて悪魔を保護者となし   正しい導きにあずかれると考えている。」   7-31.アーダムの子孫よ   何処のマスジドでも清潔な衣服を体につけなさい。そして食べたり飲んだりしなさい。だが度を越してはならない。本当にかれは浪費する者を御好みにならない。   7-32.言ってやるがいい。「アッラーがしもべたちに与えられた   かれからの(賜物)や   食料として(与えられた)清浄なものを   誰が禁じたのか。」言ってやるがいい。「これらのものは   現世の信仰する者たちのためのものであり   特に審判の日には完全に信者の専有するものとなる。」われはこのように印を   理解ある人々に解明する。   7-33.言ってやるがいい。「本当にわたしの主が禁じられたことは   あからさまな   また隠れた淫らな行いや罪   真理や道義に外れた迫害   またアッラーが何の権威をも授けられないものを崇拝すること。またアッラーに就いて   あなたがたが知らないことを語ることである。」   7-34.それぞれの民には   一定の期限がある。だからその期限がやって来れば   一刻も遅らすことも出来ず   早めることも出来ない。   7-35.アーダムの子孫よ   あなたがたの間から使徒がやって来て   わが印をあなたがたに語る時   主を畏れて身を修める者には   恐れもなく憂いもないであろう。   7-36.しかしわが印を偽りであるとする高慢な者は   業火の住人として   その中に永遠に住むであろう。   7-37.凡そアッラーに就いて偽りを捏造し   またその印を拒否することより甚しい不義があろうか。それらの者には(主の)啓典に   (定められている)かれらの分け前が   到来するであろう。わが使徒(天使)がかれらを訪れて魂をとり上げる時   かれら(天使)は言う。「アッラーを差し置いて   あなたがたが祈っていたものは何処にいるのか。」かれらは言うであろう。「かれらは   わたしたちから逸れました。」かれらは自分で   本当に不信心であったことを立証する。   7-38.かれは仰せられた。「あなたがたは以前に行った   ジンと人間の一団と共に火獄に入れ。」そして一団が火獄に入る度に   必ず(先に行った)仲間の一団を呪う。全部の者が   次々にその中に入ると   後の一団は最初の一団をさして言う。「主よ   わたしたちを迷わせたのは   これらの者です。だから2倍の火獄の刑罰を与えて下さい。」かれは仰せられよう。「誰もみな2倍(の刑罰が)与えられよう。だがあなたがたはそれを知らない。」   7-39.また前の一団は   後の一団に向かって言うであろう。「あなたがたは   何もわたしたちに優るところはないのです。それであなたがたが行ったことに対し   懲罰を味わいなさい。」   7-40.わが印を偽りであるとし   それに対し高慢であった者たちには   天の門は決して開かれないであろう。またラクダが針の穴を通るまで   かれらは楽園に入れないであろう。このようにわれは罪ある者に報いる。   7-41.かれらには   臥床として地獄があり   その上は(層また層で)覆われよう。われはこのように不義なる者に報いる。   7-42.だが信仰して善い行いに励む者は   われは誰にも   能力以上のものを負わせない。かれらは楽園の住人である。その中に永遠に住むのである。   7-43.われはかれらの心の中の怨恨を除き   かれらの足元に川を流す。かれらは言うであろう。「わたしたちをこの(幸福)に御導き下された   アッラーを讃える。もしアッラーの御導きがなかったならば   わたしたちは決して(正しく)導かれなかったでありましょう。主の使徒たちは   確かに真理を伝えました。」(声があり)かれらは呼びかけられる。「これが楽園である。あなたがたは(正しい)行いのために   ここの居住者となれたのである。」   7-44.楽園の仲間は火獄の仲間に向かって叫ぶであろう。「わたしたちは主の約束が真実であることが分った。あなたがたも主の約束が真実であることが分ったか。」かれらは「はい」と答えるであろう。その時1人の告知人が   両者の間で叫ぶであろう。「アッラーの御怒りは   不義の徒の上に下るのだ。   7-45.これらの者はアッラーの道から(人びとを)背かせ   また歪めようとした者であり来世を信じない者たちであった。」   7-46.両者の間には仕切りの壁があり   高い壁の上には印によって   凡ての者を見分ける人びとがいて   かれらは楽園に行く人を呼んで(言う)。「あなたがたに平安あれ。」かれらは望んでいるのだが   そこに入ることは出来ない。   7-47.次に目を火獄の住人の方に向けるとかれらは   「主よ   わたしたちを不義の人びとと一緒にしないで下さい。」と言うであろう。   7-48.高い壁の上にいる人びとは   その印によって見分けた人びとに向かって呼びかけて   言う。「あなたがたは(財を)積み   大いに自慢していたが何の役にも立たなかった。   7-49.これらの人々は   アッラーがかれらには慈悲を施さないであろうと   あなたがたが断言した人々ではないか。(これらの人々に就いては)さあ楽園に入りなさい。あなたがたには   恐れもなく憂いもないであろう。」(と言われるであろう)。   7-50.火獄の仲間は楽園の仲間を呼んで(言う)。「わたしたちに水を注いでくれ。またはアッラーが   あなたがたに与えられたものを恵んでくれ。」かれらは(答えて)言う。「アッラーは   そのどちらをも   不信者には禁じられる。」   7-51.かれらは自分の宗教を遊びや戯れと心得   またこの世の生活に欺かれた者たちである。それでかれらがこの日の会見を忘れ   またわが印を拒否していたように   今日われはかれらを忘れるであろう。   7-52.われはまさに啓典をかれらに下し   知識によって詳しく述べた。これは信じる人びとへの導きであり   慈悲である。   7-53.かれら(マッカの人びと)は   その解明を待つ以外にはない。その解明が行われる日になって   先にこれを軽視していた者は言うであろう。「主の使徒たちは   確かに真理を伝えたのだ。昔かれらがわたしたちのために執り成したように   執り成す者はないのか。それともわたしたちは(地上の生活に)返されて   わたしたちがしなかった行いをすることが出来ないのか。」実際に   かれらは自分の魂を滅ぼし   勝手に造りあげていたものたちはかれらから姿を消してしまった。   7-54.本当にあなたがたの主はアッラーであられる。かれは6日で天と地を創り   それから玉座に座しておられる。かれは昼の上に夜を覆わせ   夜に昼を慌ただしく相継がしめなされ   また太陽     群星を   命に服させられる。ああ   かれこそは創造し統御される御方ではないか。万有の主アッラーに祝福あれ。   7-55.謙虚にまた目立たない隠れたところで   あなたがたの主に祈れ。かれは教えに背く者を御好みになられない。   7-56.秩序が定められた後   地上で悪を行ってはならない。恐れと熱情をもってかれに祈れ。本当にアッラーの慈悲は   (常に)善行をなす者の近くにある。   7-57.かれこそは   慈悲に先んじて吉報を齎す風を送られる御方である。それが(雨を)含んだ重い雲を運ベば   われはそれを死んでいる地に送って雨を降らせ   これによって各種の果実を生産させる。われはこのように死者を甦らせる。恐らくあなたがたは悟るであろう。   7-58.良い土には   主の御許しによって   草木が茂る。悪い土には   貧弱なものの外生長しない。われはこのように感謝する者のために   繰り返し各種の印を解明している。   7-59.先にわれはヌーフをその民に遣わした。かれは言った。「わたしの人びとよ   アッラーに仕えなさい。かれの外に神はないのである。本当にわたしは   偉大な日の懲罰をあなたがたのために恐れる。」   7-60.かれの民の長老たちは言った。「本当にわたしたちは   あなたが明らかに間違っていると思う。」   7-61.かれは(答えて)言った。「人びとよ   わたしは間違うことはない。それどころか   わたしは万有の主の使徒である。   7-62.わたしはあなたがたに   主の神託を宣べ伝え   また助言を呈する。わたしはあなたがたが知らないことを   アッラーから知るものである。   7-63.あなたがたの中の1人を通じ   主の訓戒があなたがたにやって来たことを驚くのか。そしてあなたがたに警告し   主を畏れるようにし   あなたがたを慈悲に浴させるであろう。」   7-64.だがかれらはヌーフを拒否した。それでわれは   かれと方舟の中で一緒であったものたちを救い   わが印を偽りであるとした者たちを溺れさせた。本当にかれらは盲目の民であった。   7-65.(われは)またアードの民に   その同胞のフードを(遣わした)。かれは言った。「わたしの人びとよ   アッラーに仕えなさい。あなたがたには   かれ(アッラー)の外に神はないのである。あなたがたは主を畏れないのか。」   7-66.かれの民の中不信心な長老たちは言った。「わたしたちは   実際あなたを愚かな者だと思う。またあなたは   本当の嘘つきだと考える。」   7-67.かれは言った。「人びとよ   わたしは愚か者ではない。それどころか   わたしは万有の主からの使徒である。   7-68.わたしは   あなたがたに主の神託を宣べ伝え   また誠実な信頼出来るあなたがたへの助言者である。   7-69.あなたがたの中の1人を通じて警告するために   主の訓戒があなたがたにやって来たことを驚くのか。主はあなたがたにヌーフの民の後継ぎをさせ   またあなたがたの体が強大にされたことを思いなさい。だからアッラーの恩恵を念じなさい。きっとあなたがたは成功するであろう。」   7-70.かれらは言った。「あなたは   わたしたちがアッラーだけに仕え   わたしたちの祖先が仕えていたものを捨てさせるために来たのか。もしあなたが真実ならば   あなたが脅すものをわたしたちに齎せ。」   7-71.かれは言った。「あなたがたの主の懲罰と御怒りは   既にあなたがたに下っている。あなたがたと   あなたがたの祖先が命名した(偶像の)名に就いて   アッラーが何の権威をも授けられないものに就いて   あなたがたはわたしと論争するのか。それなら待て。本当にわたしも   あなたがたと共に待っている者である。」   7-72.それだからわれは慈悲をもって   かれと一緒にいる者たちを救い   わが印を拒否した者と信仰しなかった者たちを根絶してしまった。   7-73.(われは)また   サムードの民にその同胞サーリフを(遣わした)。かれは言った。「わたしの人びとよ   アッラーに仕えなさい。あなたがたには   かれの外に神はないのである。今主から証があなたがたに下った。このアッラーの雌ラクダが   あなたがたへの印である。それでこれをアッラーの大地に放牧して食べさせなさい。そしてあなたがたが痛ましい懲罰に遭わないよう   それに害を加えてはならない。   7-74.またかれは   アードの民の後をあなたがたに継がせ   その地に安住させられた時のことを思いなさい。あなたがたは平地に宮殿を設け   また(岩)山に家を彫りこんだ。だからアッラーの御恵みを心に銘じて   悪を慎み   地上を乱してはならない。」   7-75.その民の中の高慢な長老たちは   力がないと思われていた信仰する者たちに言った。「あなたがたはサーリフが   主から遣わされたことを知っているのか。」かれらは(答えて)言った。「わたしたちは   かれが遣わされた者であることを本当に信じます。」   7-76.高慢な者たちは言った。「わたしたちは   あなたがたが信じるものを認めない。」   7-77.そこでかれらは   かの雌ラクダの膝の腱を切って不具にし   (屠殺し)かれらの主の命令を傲慢無礼にも無視して   かれらは言った。「サーリフよ   もしあなたが(本当に)使徒であるならば   ふりかかってくると言っているものを   わたしたちに齎せ。」   7-78.そこで大地震がかれらを襲い   翌朝かれらはその家の中に平伏していた。   7-79.それで(サーリフは)かれらから去って言った。「わたしの人びとよ   確かにわたしは主の御告げを宣べ伝え   またあなたがたに助言をした。だがあなたがたは誠実な助言者を喜ばない。」   7-80.また(われは)ルートを(遣わした)   かれはその民に言った。「あなたがたは   あなたがた以前のどの世でも   誰も行わなかった淫らなことをするのか。   7-81.あなたがたは   情欲のため女でなくて男に赴く。いやあなたがたは   途方もない人びとである。」   7-82.かれの民は   只(互いに)こう言うだけであった。「かれらを   あなたがたの村から追い出せ。かれらは本当に清純ぶった人たちである。」   7-83.こうしてわれは   かれ(ルート)の妻を除き   かれとその家族を救った。かの女は後の方になった遅れた者の仲間であった。   7-84.われはかれらの上に   (瓦礫の)雨を降らせた。見なさい。罪に耽る者の最後がどんなものであったかを。   7-85.(われは)また   マドヤンの民に   その同胞のシュアイブを(遣わした)。かれは言った。「わたしの人びとよ   アッラーに仕えなさい。あなたがたにはかれの外に神はないのである。今主からの証が   あなたがたに下ったのだ。だからきちんと寸法をとり   目方を量り   人を誤魔化してはならない。また秩序が定められた後   地上で悪を行ってはならない。もしあなたがたが信者であるならば   これはあなたがたのために最も良いことである。   7-86.あなたがたは   (旅人を脅かすために)どの路上でも待伏せしてはならない。また信じる者をアッラーの道から妨げたり   曲げ(ようとし)てはならない。またあなたがたは少数であったが   かれが(如何に)数多くなされたかを思いなさい。また悪を行ったものの最後がどうであったかを見なさい。   7-87.それからもしあなたがたの中に   わたしの遣わされた使命を信じる一団と   それを信じない一団とがある時は   アッラーがわたしたちの間を裁かれるまで待ちなさい。本当にかれは裁決に最も優れた御方であられる。」  

サムネイル

Vivaldi Gloria in D Major RV 589(お話です)『タルムード:Avot 第2章・第3章』

Vivaldi Gloria in D Major RV 589(お話です)『ミシュナー・タルムード:Pirkei Avot 第2章・第3章』 『ミシュナー・タルムード:Pirkei Avot 第2章』 Balance in the community  ラビのユダ・ハナシ(Yehudah HaNasi)が言った、  人が彼自身のために選択すべき正しい道はどれであるか?  それは、それを行なう人にとって名誉であるような道であり、  また、人々から彼に名誉を与えるような道である。                       (Avot 2:1) Goverment and power  我々が見てきたように、 政府に対する必要と、政府を疑うための必要との間に緊張がある。 お互いを「相食べる」ことから我々を保つために、我々は政府を必要とする。 しかし政府から我々を保護するために、 我々はthe Bill of Rightsやタルムードのような手段を必要とするのだ! しばしば、何を行なおうが、政府は良いことだけを行っていると主張する。 「良いこと」とは、「政府の敵」を死に追いやること、市民へ重税をかけること、 あるいは戦争に戦うことを意味するかもしれない。 ラバン・ガマリエル(Rabban Gamaliel) が我々に警告したのは不思議ではない。  権力に気をつけなさい。  なぜならばそれらは自分たちにとって必要でなければ人に近寄ってこない。  それらは自分たちが得になる時には友だちのように見えるが、  人が苦境に陥っている時にはそれらは彼のそばに立ってはくれない。                        [ Avot 2:3 ] 我々は真に権力と友だちになることはできない。 そして、ラビ・エリエゼル(Rabbi Eliezer)は言った:  あなたの仲間の名誉をあなた自身のもののように大切にしなさい。                      (Avot 2:15) これらの言葉の両方において、 我々は自分自身と共同体社会との間のバランスを見ることができる。 各々、その作者は我々のあらゆる人に、彼あるいは彼女「自身」に従って、 彼あるいは彼女自身の行動を測ることを要求している。 そして各々、その行動は他の人に関係している --- その人の財産と名誉に。 ラビたちはこう実感していた: 我々が我々自身の欲求や必要を十分良く理解する時から、 我々が我々自身について理解しているところのものを、 他人を巻き込んだ我々の行動に移すために、 我々の宗教的知覚をに使うべきであると。 これこそが、ラビ・エリアザル(Rabbi Eleazar)が心に持って ヨハナン・ベン・ザカイ(Yohanan ben Zakkai)の質問の答えである:  人が保持すべきところの良い道とはどれか?  エリアザルは言った、「良い心」  このページ先頭へ A feeling for what is right あなたは、正しいバランスのために感覚をあなた自身で発展させなければならない。 その選択はいつもあなた自身にある。 誰もあなたのためのあなたの生活の仕方を選択することはできない、 あなたのためにあなたの報酬を受け取る以上には。 あなたにとって何が「良い心」を意味するものかを、あなたは探さなければならない。 もし生まれつきに、あなたがあまりにも寛大である傾向があるならば、 あなたはその偏りをバランスすることを学ばなければならない。 あるいは、もしあなたの性格が利己的になる方向に傾くならば、 あなたはその偏りをバランスすることを学ばなければならない。 ただあなたのみが、あなたの選択において正しいバランスを感じることができる。 最善のバランスはいつもあなたの中に存在する:  「あなた自身の目に見て邪悪でないように」              (Avot 2:18) 『ミシュナー・タルムード:Pirkei Avot 第3章』  ラビ・ハニナ (Rabbi Hanina) は言った:  政府の繁栄を祈りなさい、なぜならばそれに対する怖れがなければ、  人は生きたままで互いを食べるであろうからである。                          [ Avot 3:2 ]

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.7.14. 22:22
視聴回数:5310回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: Vivaldi   Gloria   in   D   Major   RV   589(お話です)『ミシュナー・タルムード:Pirkei   Avot   第2章・第3章』   『ミシュナー・タルムード:Pirkei   Avot   第2章』   Balance   in   the   community   その同じバランスが他人との関係に必要である。   ヒレルの有名な言葉の中に   そのバランスを成し遂げるための処方箋が与えられてき   ている。   If   I   am   not   for   myself   who   will   be   for   me   ?   And   if   I   am   only   for   myself   what   am   I   ?   And   if   not   now   when   ?   (Avot   1:14)   共同体社会との我々の関係の中で   我々の個人的な欲望と必要   それと他人の欲望と必要   その間のバランスを我々は探さなければならない。   我々の隣人を正しく愛するために   我々はまず自分自身を愛さなければならない。   人は   彼が誇るべきことをするよう努力すべきであり   そうすれば他人が彼をまた尊敬するであろう。   ラビのユダ・ハナシ(Yehudah   HaNasi)が言った   人が彼自身のために選択すべき正しい道はどれであるか?   それは   それを行なう人にとって名誉であるような道であり   また   人々から彼に名誉を与えるような道である。   (Avot   2:1)   Goverment   and   power   我々が見てきたように   政府に対する必要と   政府を疑うための必要との間に緊張がある。   お互いを「相食べる」ことから我々を保つために   我々は政府を必要とする。   しかし政府から我々を保護するために   我々はthe   Bill   of   Rightsやタルムードのような手段を必要とするのだ!   しばしば   何を行なおうが   政府は良いことだけを行っていると主張する。   「良いこと」とは   「政府の敵」を死に追いやること   市民へ重税をかけること   あるいは戦争に戦うことを意味するかもしれない。   ラバン・ガマリエル(Rabban   Gamaliel)   が我々に警告したのは不思議ではない。   権力に気をつけなさい。   なぜならばそれらは自分たちにとって必要でなければ人に近寄ってこない。   それらは自分たちが得になる時には友だちのように見えるが   人が苦境に陥っている時にはそれらは彼のそばに立ってはくれない。   [   Avot   2:3   ]   我々は真に権力と友だちになることはできない。   典型的な政治家の選挙を考えてみなさい。   選挙の前は   候補者の全ては選挙民に約束をする。   候補者は   彼らに叫ぶあらゆる人に向かって友だちのようであり機嫌がよい。   彼らは不平に耳を傾け   物事を正しくし   それらをより良くすることを約束する。   結局   我々の投票を必要としている。   しかし選挙が終わるや否や   約束はまた全てしばしば忘れられてしまう。   特に   危機の時代   全ての側に苦境が増えている時は   政府の役人たちは人々の興味どころではなく   政府自身の興味で行動する。   我々の伝統に従うと   正しい道は我々自身を尊敬するために来ると同時に   他人に我々を尊敬させるために行なう真ん中の道である。   それは   我々が我々自身に幸福であり   そしてまた他人が我々に喜ぶように行なう真ん中の道である。   ほとんどすべての関係において   ラビたちは責任を等しく分けた   共同体社会に対する我々の義務と我々自身への我々の義務との間で。   例えば   ラビ・ヨセ(Rabbi   Yose)は言った:   あなたの仲間の財産をあなた自身のもののように大切にしなさい。   (Avot   2:17)   そして   ラビ・エリエゼル(Rabbi   Eliezer)は言った:   あなたの仲間の名誉をあなた自身のもののように大切にしなさい。   (Avot   2:15)   これらの言葉の両方において   我々は自分自身と共同体社会との間のバランスを見ることができる。   各々   その作者は我々のあらゆる人に   彼あるいは彼女「自身」に従って   彼あるいは彼女自身の行動を測ることを要求している。   そして各々   その行動は他の人に関係している   ---   その人の財産と名誉に。   ラビたちはこう実感していた:   我々が我々自身の欲求や必要を十分良く理解する時から   我々が我々自身について理解しているところのものを   他人を巻き込んだ我々の行動に移すために   我々の宗教的知覚をに使うべきであると。   これこそが   ラビ・エリアザル(Rabbi   Eleazar)が心に持って   ヨハナン・ベン・ザカイ(Yohanan   ben   Zakkai)の質問の答えである:   人が保持すべきところの良い道とはどれか?   エリアザルは言った   「良い心」   このページ先頭へ   A   feeling   for   what   is   right   あなたは   正しいバランスのために感覚をあなた自身で発展させなければならない。   その選択はいつもあなた自身にある。   誰もあなたのためのあなたの生活の仕方を選択することはできない   あなたのためにあなたの報酬を受け取る以上には。   あなたにとって何が「良い心」を意味するものかを   あなたは探さなければならない。   もし生まれつきに   あなたがあまりにも寛大である傾向があるならば   あなたはその偏りをバランスすることを学ばなければならない。   あるいは   もしあなたの性格が利己的になる方向に傾くならば   あなたはその偏りをバランスすることを学ばなければならない。   ただあなたのみが   あなたの選択において正しいバランスを感じることができる。   最善のバランスはいつもあなたの中に存在する:   「あなた自身の目に見て邪悪でないように」   (Avot   2:18)   『ミシュナー・タルムード:Pirkei   Avot   第3章』   ラビ・ハニナ   (Rabbi   Hanina)   は言った:   政府の繁栄を祈りなさい   なぜならばそれに対する怖れがなければ   人は生きたままで互いを食べるであろうからである。   [   Avot   3:2   ]   Our   pleasure   is   God's   pleasure   重要なことは共同社会の中にある単なる人気ではなく   共同社会の中の平和を増やすことである。   こんな方法で   成し遂げる価値がある人気の種類があり得るのである。   それは我々のまわりの世界の中に平和と満足をもたらす種類である。   そしてそれは我々が人気がある時に起こる   なぜならば我々が隣人によって尊敬されているので。   しかしここで「人気」という言葉は混乱となるかもしれない。   一つの違った方法でそれに接近してみよう。   人気に対する願望が極端にとられる時   それは邪悪である。   それは我々をたとえ何であっても多勢に従うことに導く。   そしてそれは我々自身が必要とするもの   そして我々の共同社会の本当に必要なものを忘れさせる。   しかし他人に楽しみを与えることは追求する価値がある。   それは我々が我々自身を愛すると同じように   我々の隣人を愛することに基づく。   それは尊敬を与えることを意味し   人気の建設的な形である。   これはハニナ(Hanina)が言った時に   心の中に持っていた種類である:   彼の仲間の精神が喜んでいる者であれば   「the   All-Present(いつもいる神)」の精神もその人から喜んでいる。   (Avot   3:10)   もしハニナが   我々はたとえ何であっても人気になるよう努力すべきである   と我々に言いたかったならば   彼はこう言ったであろう   「彼の仲間が喜んでいる者であれば   ...     しかし   その代わりに   「彼の仲間の『精神』が喜んでいる者であれば   ...     こう言った。   そしてこの注意深い言葉の使用において   意味での重要な違いがある。   神はいつでも人気がある人々で楽しむのだ   とハニナは言ってない。   例えば   預言者たちはしばしば人気とは遠くかけはなれていた。   彼らは共同社会の   人々に向かってしゃべった   彼らの利己的な道を変えて神の道に戻るように叫んだ。   「the   All-Present」の精神がその預言者たちによって喜ばなかった   と我々は想像することができるだろうか?   いいえ   それは人々は預言者たちの言葉の中に真実の声を聞いたからである   これらの言葉はいつでも記録され蓄積された。   人々が預言者たちのようではなかった時でさえ   彼らの「精神」は預言者たちの精神に触れて動かされた。   それでまた   我々が友人や隣人の精神を喜ばす時は   我々は「the   All-Present」の精神を喜ばしている。   我々が共同社会の中に平和   正義そして慈悲をもたらすための行動をする時   我々のまわりに喜びと慰めを与えるような方法で我々は行動している。   我々が真の友情の精神にて友人を作る時   これらの友情は永続し   そして仲間の精神は我々の中に喜びを取る。   それでまた   神はその創造的な果実で喜ぶことによって真の友情の中に参加する。   The   Sodom   type   ---   the   average   人々は自分たちが稼いだ物に権利がある   そしていったん我々が一つの物を稼いだならば   それは我々だけに属する   我々のほとんどはこう信じている。   しかしラビたちは   これが邪悪な考え方   行動の仕方になり得ると感じた。   彼らはそれをソドムの人々の信念として識別した。   ソドムは彼らの邪悪さゆえに神によって滅ぼされた地である。   しかしなぜラビたちは   我々のほとんどがソドムの人々のようである   と言うことが正当であると感じたのであろうか?   我々の態度を所有に向ける時に   我々はほんとうに邪悪であるのか?   この答えは   互いに対して   そして時々互いの財産に対して   我々の相互の必要の中に横たわっている。   ラビたちは   その正しい意味のケースを示すために   我々が所有するところのあらゆるものは神から一種の借り物として見るように   我々に思い起こさせた:   Rabbi   Eleazar   of   Bertoda   は言った   神のものは全て神に与えよ。   あなたとそしてあなたが持つ全てのものは神のものであることを知るように。  

サムネイル

合唱組曲 島よ (朗読) (お話です)「イスラム教 クルアーン 第三十章 羅馬人(ローマジン)」「タルムード」「愛の価値」

合唱組曲 島よ (朗読) (お話です)「イスラム教 クルアーン 第三十章 羅馬人(ローマジン)」「ユダヤ教 タルムード」「愛の価値」「イスラム教 聖クルアーン 第30章 羅馬人(ローマジン)」 慈悲あまねく慈愛深きアッラーの御名において。 1. アリフ・ラーム・ミーム。 2. ビザンチンの民は打ち負かされた。 3. 近接する地において(打ち負かされた)。だがかれらは,(この)敗北の後直ぐに勝つであろう。 4. 数年の中に(勝利を得よう)。前の場合も後の場合も,凡てはアッラーに属する。その日,ムスリムたちは喜ぶであろう。 5. アッラーの勝利を(喜ぶであろう)。かれは御望みの者を助けられる。かれは偉力ならびなく慈悲深き御方であられる。 6. (これは)アッラーの約束である。アッラーはその約束を違えられない。だが人びとの多くは理解しない。 7. かれらの知るのは,現世の生活の表面だけである。かれらは(事物の)結末に就いては注意しない。 「The value of love:愛の価値」 アボットは、ラビ・ヨハナン・ベン・ザカイ (Rabbi Yohanan ben Zakkai) が、ラビである五人の生徒に与えら普通でない宿題の記録を含んでいる。それは二つの質問からなる。 どれが人の固守すべき正しい道なのか、出て行って見てきなさい......。人が遠ざけなければならない邪悪な道はどれなのか、出て行って見てきなさい。 [ Avot 2:9 ] ヨハナン・ベン・ザカイが「出て行って」と言っているように、彼らの答えを教室の外で、毎日の行動の世界の中で、探すように告げていた。あなたは、五人の学生ラビが彼に与える答えを読み進む前に、紙とペンを取ってあなた自身の答えを少ない言葉で書いてみなさい。正義と公平をするための鍵は何だと思いますか。もし我々が邪悪を避けるつもりなら、避けなければいけないものは何だと思いますか。 我々の各々は、何が我々を痛めているか、我々が痛い時はいつかを知っている。我々が自分自身を愛している時、自分が痛くないようにと、痛くなることから自分を保持しようと努力している。我々が痛みの意味を理解した時のみ、我々は他人がいかに感じるかを理解し始める。 つまりこのことが、ヒレルの質問がこの文で終わっていない理由である。 "If I am not for myself, who will be for me ?" ヒレルの質問はつづく。 "And if I am only for myself, what am I ?" "And if not now, when ?" もし人が彼自身のためだけならば、もし彼が重大な人は自分だけであると考えるほど利己的であるならば、彼は全ての意味を失っている。それは現実を離れて横に歩く道であり、真の愛からはずれた臆病者の道である。臆病者は彼自身を愛すことができない。 ヒレルの質問 "If I am not for myself, who will be for me ?" は、我々が自分自身を評価し我々の可能性を評価しなければならない、我々が自重して行動するよう自分自身を訓練しなければならない、ことを意味している。もし我々がそうすれば、我々が他の人々に対して正しく行動することに、そして自分自身を尊敬すると同様に他の人々を尊敬することについて我々が基礎をもつであろう。何が良いことで寛大なことか、そして何が悪いことで利己的なことか、我々がその間の内部バランスを創る努力をするのとちょうど同じように、また我々自身の考慮と我々の隣人たちの考慮との間の内部バランスを創る努力をしなければならない。我々はお互いを愛さなければならない。 そして、我々の伝統は我々自身を良くする訓練を助け、我々がとる行動の種類において我々自身を愛する理由の発見を助ける、これと同様に、それは他の人々と一緒に我々自身が生活する訓練を助ける。我々の各々が「良い心の道」に従う努力をして、我々がお互いに痛みを避ける努力をするような社会を一緒に築かなければならない。共同体社会の全てのメンバーが個々に良いという理由で、共同体社会が「良い心の道」に従う、そんな社会を我々は築かなければなりません。 これが「The value of community」共同体の価値の本質である、そこでは ヒレルの第二の質問を答える努力をする。 "And if I am only for myself, what am I ?"

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.7.7. 03:59
視聴回数:8731回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: 合唱組曲   島よ   (朗読)   (お話です)「イスラム教   クルアーン   第三十章   羅馬人(ローマジン)」「ユダヤ教   タルムード」「愛の価値」「イスラム教   聖クルアーン   第30章   羅馬人(ローマンジン)」   「ペルシャ軍がローマを敗北させて   キリスト教の権威を落とさせて   絶頂だったペルシャ軍について   いずれ逆にローマが   ペルシャに勝利することを   実際に勝利する数年前に   ムハッマド預言者が予言したことについて   ユダヤ教の預言者エレミアが   エルサレム神殿の礼拝を行わねば   滅びるということを予言して   バビロニアに捕囚されるということが   預言者と信仰対象の神についての   イスラム教徒ユダヤ教の   共通項と異なる事が気になります。」   「タルムード」   「愛の価値」   「聖クルアーン」   「第30章   羅馬人(ローマジン)」   慈悲あまねく慈愛深きアッラーの御名において。   1.   アリフ・ラーム・ミーム。   2.   ビザンチンの民は打ち負かされた。   3.   近接する地において(打ち負かされた)。だがかれらは,(この)敗北の後直ぐに勝つであろう。   4.   数年の中に(勝利を得よう)。前の場合も後の場合も,凡てはアッラーに属する。その日,ムスリムたちは喜ぶであろう。   5.   アッラーの勝利を(喜ぶであろう)。かれは御望みの者を助けられる。かれは偉力ならびなく慈悲深き御方であられる。   6.   (これは)アッラーの約束である。アッラーはその約束を違えられない。だが人びとの多くは理解しない。   7.   かれらの知るのは,現世の生活の表面だけである。かれらは(事物の)結末に就いては注意しない。   8.   かれらは反省しないのか。アッラーが天と地,そしてその間にある凡てのものを創造なされたのは,唯真理のため,また定めの時のためであることを。だが人びとの多くは,主との会見を否認する。   9.   かれら(マッカの多神教徒)は,地上を旅してかれら以前の者の最後が如何であったかを,観察しないのか。かれら(昔の人)は,かれらよりも力において優れ,地を掘り起こし(て耕作し),またかれらよりも栄えていた。そして使徒たちは明証を持ってかれらのところに来た。アッラーがかれらを損ったのではない。かれらが自ら自分を損ったのである。   10.   所詮悪行の徒の最後は悪い。それはかれらがアッラーの印を虚偽であるとし,それを愚弄していたためである。   11.   アッラーはまず創造を始め,それからそれを繰り返し,それからあなたがたをかれに帰される。   12.   (審判の)   時が到来する日,罪のある者は絶望するであろう。   13.   そしてかれらが(われに)配した(神々の)中には,かれらのために執り成す者もなく,またかれらも,これらの配したものたちを否認する。   14.   (審判の)時が到来するその日には,(凡ての人は)ちりぢりにされるであろう。   15.   その時,善行に勤しんだ者は,緑の野辺で,幸せにされよう。   16.   信仰を拒否しわが印と来世での(主との)会見を虚偽であるとした者は,懲罰に付せられよう。   17.   それで,夕暮にまた暁に,アッラーを讃えなさい。   18.   天においても地にあっても,栄光はかれに属する。午后遅くに,また日の傾き初めに(アッラーを讃えなさい)。   19.   かれは,死から生を(打?)し,また生から死を(打?)され,また枯れ果てた大地を甦らせる。これと同じようにあなたがたも引き出される。   20.   かれが,泥からあなたを創られたのは,かれの印の一つである。見るがいい。やがてあなたがた人間は(繁殖して地上に)散らばった。   21.   またかれがあなたがた自身から,あなたがたのために配偶を創られたのは,かれの印の一つである。あなたがたはかの女らによって安らぎを得るよう(取り計らわれ),あなたがたの間に愛と情けの念を植え付けられる。本当にその中には,考え深い者への印がある。   22.   またかれが,諸天と大地を創造なされ,あなたがたの言語と,肌色を様々異なったものとされているのは,かれの印の一つである。本当にその中には,知識ある者への印がある。   23.   またかれが,あなたがたを夜も昼も眠れるようにし,またかれに恩恵を求めることが出来るのも,かれの印の一つである。本当にその中には,聞く者への印がある。   24.   またかれが,恐れと希望の稲光をあなたがたに示しなされ,天から雨を降らせて,死んだ後の大地を甦らせられるのは,かれの印の一つである。本当にその中には,思慮ある者への印がある。   25.   またかれが,御意志によって,天と地を打ち建てられたのは,かれの印の一つである。そこで,(一声)あなたがたに呼び掛けられると,見るがいい。たちまち大地からあなたがたは(引き)出される。   26.   天と地にある凡てのものは,かれに属する。万有は,真心込めてかれ従属する。   27.   かれこそは先ず創造を始め,それからそれを繰り返される御方。それは,かれにおいてはとてもた易いことである。天と地における,(考え得られる)最高の姿は,かれに属する。かれは偉力ならびなく英明であられる。   28.   かれは,あなたがた自身(の経験)から,一つの譬えを提示なされる。あなたがたは,自分の右手の所有する者たち(奴隷)を,われがあなたがたに与えたものを同等に分配する仲間にするだろうか。あなたがたが互いに気付かうように,かれら(奴隷たち)に気兼ねするだろうか。(そうではあるまい)。このようにわれは,思慮ある者に印を説き明かす。   29.   いや,不義を行う者は知識もなく私利私欲に従う。アッラーが迷うに任せられた者を,誰が導けようか。かれらには救助者はないであろう。   30.   それであなたはあなたの顔を純正な教えに,確り向けなさい。アッラーが人間に定められた天性に基いて。アッラーの創造に,変更がある筈はない。それは正しい教えである。だが人びとの多くは分らない。   31.   悔悟してかれに返り,かれを畏れなさい。礼拝の務めを守り,偶像信者の仲間になってはならない。   32.   それは宗教を分裂させて,分派を作り,それぞれ自分の持っているものに喜び,満足している者。   33.   災厄が人びとを悩ます時かれらは悔悟して主に祈る。だがかれが,慈悲をかれらに味わせると,たちまち一部のをは主に(外の神々を)配し,   34.   われが与えたものを有り難く思わないようになる。(僅かの年月を)享楽するがいい。   だがやがて分るであろう。   35.   われに配しているものを支持する権威を,われがかれらに下したとでもいうのか。   36.   われが人間に慈悲を味わせると,かれらはそれに狂喜する。だが自分の行いのために災厄が下ると,たちまち,かれらは絶望する。   37.   かれらは見ないのか,アッラーが御望みの者に,糧を増し,また減らしなされるのを。本当にその中には,信仰する者への印がある。   38.   それで近親の者に,しかるべきものを与えよ。また貧者と旅人にも。それは,アッラーの慈顔を求める者たちにとり,最も善いことである。これらは,栄える者たちである。   39.   あなたがたが利殖のために,高利で人に貸し与えても,アッラーの許では,何も増えない。だがアッラーの慈顔を求めて喜捨する者には報償が増加される。   40.   アッラーこそは,あなたがたを創り,扶養され,次いで死なせ,更に甦らせられる方である。あなたがたが(捏造しかれに)配したものの中,これらのことの一つでも出来るものがあるか。かれに讃えあれ。かれはかれらが配するものの上に高くおられる。   41.   人間の手が稼いだことのために,陸に海に荒廃がもう現われている。これは(アッラーが),かれらの行ったことの一部を味わわせかれらを(悪から)戻らせるためである。   42.   言ってやるがいい。「地上を旅して,(あなたがた)以前の者たちの最後が,どうであったかを観察しなさい。かれらの多くは多神教徒であった。」   43.   それでアッラーから避け得ない日が来る前に,あなたの顔を正しい教えにしっかり向けなさい。その日かれらは(2群に)分けられよう。   44.   不信心の者は,その不信心のために責めを負う。また正しい行いの者は,自分自身のため(天国に)褥を用意するようなもの。   45.   信仰して善行に動しむ者には,かれは恩恵により報われる。本当にかれは,不信心者を御好みになられない。   46.   吉報の前触れとして風を送るのは,かれの印の一つである。あなたがたにかれの慈悲(降雨と肥次)を味わわせるためであり,またかれの御意志により舟を滑るように進ませ,またあなたがたは,かれの恩恵(海上貿易による利益)を求めるためである。あなたがたは必ず感謝するであろう。   47.   本当にわれはあなた以前にも,使徒たちを(それぞれの)民族に遣わし,かれら(使徒)は,かれらに明証を(西?)した。そしてわれは,罪を犯した者に報復した。だが信仰する者を助けるのは,われの務めである。   48.   アッラーこそは,風を送りそれで雲を起こされる御方であられる。それから御心のままに天にそれを広げ,粉微塵にそれを打ち砕かれる。するとあなたは,その間から出て来る雨滴を見る。かれは,そのしもベの中,御心に適う者にそれを降らせられる。見るがいい。かれらの喜ぶ様子を。   49.   かれらに(雨を)降らせる前,失望にうちひしがれていたのだが。   50.   さあアッラーの慈悲の跡をよくみるがいい。かれが如何に,死んだあとの大地を甦らされるかを。このようにかれは,死んだ者を甦らせる。かれは凡てのことに全能であられる。   51.   だが,われが風を送っても,(作物が)黄ばむのを見ると,その後かれらは,必ず不信心になる。   52.   あなたは,死者にものを聞かせることは出来ない。また,背を向けて逃げ去る聞こえない者に,呼び掛けても聞かせることは出来ない。   53.   またあなたは,(ものごとの)分らない盲目を,迷いから導くことも出来ない。あなたは,只われの印を信じて服従,帰依する者だけに,聞かせることが出来るのである。   54.   アッラーは,あなたがたを弱い者に創られ,それから弱い者を後で,強壮にされ,強壮な者を弱い白髪になされる。かれは御自分の望みのままに創られる。かれは全知にして全能であられる。   55.   (審判の)時が,到来するその日,罪深い者たちは,わたしたちは一時しか(墓に)留まらなかったと誓うであろう。このように,かれらは欺かれていた。   56.   だが知識と信仰を授かった者たちは,言うであろう。「あなたがたはアッラーの定めに基いて,復活の日まで確かに滞在しました。これが復活の日です。だがあなたがたは気付かなかったのです。」   57.   だがその日になってからでは,悪を行った者の弁解も益がなく,またかれらは(悔悟して御恵みを請う)ことも出来ないであろう。   58.   本当にわれは人びとのため,このクルアーンの中に種々の譬えを提示した。だがあなたが,仮令どの一節を持ち出しても,信じない者は必ず,「あなたがたは虚偽に従う者に過ぎません。」と言うであろう。   59.   このようにアッラーは,理解しない者の心を封じられる。   60.   だから耐え忍ベ。本当にアッラーの約束は真実である。確りした信心のない者たちのせいで,あなたまでが動揺してはなりません。   「タルムード」   「The   value   of   love:愛の価値」   アボットは   ラビ・ヨハナン・ベン・ザカイ   (Rabbi   Yohanan   ben   Zakkai)     ラビである五人の生徒に与えら普通でない宿題の記録を含んでいる。それは二つの質問からなる。   どれが人の固守すべき正しい道なのか   出て行って見てきなさい......。人が遠ざけなければならない邪悪な道はどれなのか   出て行って見てきなさい。   [   Avot   2:9   ]   ヨハナン・ベン・ザカイが「出て行って」と言っているように   彼らの答えを教室の外で   毎日の行動の世界の中で   探すように告げていた。あなたは   五人の学生ラビが彼に与える答えを読み進む前に   紙とペンを取ってあなた自身の答えを少ない言葉で書いてみなさい。正義と公平をするための鍵は何だと思いますか。もし我々が邪悪を避けるつもりなら   避けなければならないものは何だと思いますか。   The   answers   五人の学生ラビの答えは   この本の前半の我々の勉強の要約となるのものである。ユダヤ人の行動に対して我々自身がいかに準備したらよいか   これに関してここに集められたアイデアの多くは   ラビたちが与えた答の中に含まれている。これらのアイデアの幾つかは   またあなたが書いた短い答えの中に   おそらく含まれている。我々が勉強してきた道にあなたがどれだけ近づいてきたか見てみよう。あなたはこれらの質問にどのように答えるのでしょうか?   The   answers   of   Rabbi   Eliezer   (1)ラビ・エリエゼルの答え   エリエゼルはスポンジのような記憶力を持った学生であった。注がれた水の全ての一滴までも捕えてしまう水がめのようなので   彼の先生は彼を「セメントの水がめ」と呼んだ。エリエゼルはかって聞いたトーラの全ての教えを記憶していた。そんな人はこの二つの質問にどう答えるであろうか?   エリエゼルは言った   固守すべき正しい道は「良い目」で   避けるべき邪悪な道は「邪悪な目」である。我々は「邪悪な目」によって意味していることを簡単に理解することができる。それは世界を見て   生きる所として醜い   不幸な   みすぼらしい場所を探す道である。「邪悪な目」は   ねたみ   嫉妬   絶えず続く不平そして不幸に耐える。     ある男が彼のラビの前に現われて言った:「私は良いことをするという仕事を止めましたよ。私の一生で   人々は私が良かったら成功するだろうと言っていた。しかし見よ   ここに邪悪であったが成功した人の20人のリストを持っているこれから   私の客をだますことにしよう   そして私もまた金持ちになろう。」ラビは笑って言った:「私は邪悪で成功した人のあなたのリストを見た。しかし   良いことで成功した人のあなたのリストはどこにあるのか?」   人が「邪悪な目」を通して世界を見る時   彼は自然に邪悪であるところの事のみを見ている   そして彼はすべてのものによって妨害されているのだ。「良い目」の人はちょうどその反対である。「良い目」を通しての世界は   喜び   歓声そして   満足   安心の場所である。「良い目」は我々の宗教的な知覚であり   我々を通して世界の中にどんな良いことがもたらせられるのかを知るための我々の能力である。   エリエゼルの答えは   我々にこう告げている:我々が本当に何を見ているかは   我々が物事を見る方法に依存しているのだ。   ことわざが言う:「良い目」を持った人は祝福されるであろう   彼は貧しい者にパンを与えるからである。   (箴言22:9)   言い換えれば   たとえ「良い目」を持った人彼自身が貧しくても   彼はもっと貧しい人を見つけて慈善をするであろう   なぜならば彼の「良い目」が彼自身を金持ちであるとして自分を認めるからである。   箴言=しんげん   箴言22:9の解説:   「良い目」を持った人は祝福されるであろう   彼は貧しい者にパンを与えるからである。   (箴言22:9)   これは聖書の原文であるヘブライ語からの翻訳ですが   日本語や英語の聖書を読むと訳が違っているのに気づきます。   例えば   「新共同訳」聖書では   「寛大な人」は祝福を受ける   自分のパンをさいて弱い人に与えるから。   (箴言22:9)   また   英訳の「Holy   Bible」では   A   generous   man   will   himself   be   blessed   for   he   shares   his   food   with   the   poor.   (   Proverbs   22:9   )   この日本語や英訳の   「寛大な人/generous   man」が慈善をする   というのはあたりまえで   ここには新しい教訓がなく   面白くも何ともない。ヘブライ語原文の   「良い目の人」が慈善をする   という謎めいた教訓の方がはるかに知的で感動しませんか。偉大なソロモン王が創作したことわざ集と言われる「箴言」   その彼の作品の苦労の一端を少し理解できたわけです。   Rabbi   Joshua's   answer   (2)ラビ・ヨシュアの答え   ヨシュアによると   従うべき良い道は「良い友」であり   避けるべき道は「邪悪な友」である。ヨシュアの答えは「腐ったリンゴは束をだめにする」という古い格言を思い起こさせる。しかし彼の考えは   アボットの他の所で別の人々が表現しているものとそんなに変わらなかった。例えばアルベル人のニッタイ   (Nittai   the   Arbelite)   がこう言った:邪悪な友人からあなた自身が離れているように   邪悪と組するな。   [   Avot   1:7   ]   ザドク   (Zadok)   とヒレル   (Hillel)   は同意した:人は共同体社会から彼自身を分離すべきではない。そして   これはまたこう教えられた   我々は邪悪の人々から我々自身を分離すべきであると。あなたはきっと「腐ったリンゴ   (rotten   apple)   」のタイプを知っているでしょう。彼はこう言う人です:「この雑誌を盗もう   本屋は絶対に気付かないから」「今日だけ学校をさぼろう   何と時間を持てるんだから!」彼は   これらの事は結局そんな悪いことではないのだと   あなたに考えさせるような人なのだ。「他の人たちもそうしている   罰っせられないよ。あんたはなぜしないの?」腐ったリンゴの人はあなたに「邪悪の衝動」を直接にしゃべる人なのだ。   ヨシュアによると   従うのに最も悪い道は   邪悪な仲間があなたを導くその道である。最も良い道は   良い友人と共同体社会の道である。我々が選んだ友人たちが良い道の人たちである時   我々は彼らをもっと好きになる。また我々自身が他の人々に良い友人となり   正しい道に彼らを導く。ヨシュアはこの彼自身のようであった。彼は   彼を知っている全てへの祝福であった。   Rabbi   Yose's   answer   (3)ラビ・ヨセの答え   ヨセの答えはヨシュアの答えにとても類似していた。ヨセは答えた:従うべき良い道は「良い隣人」であり   避けるべき道は「邪悪な隣人」である。共同体社会という言葉の考えを除いて   実際に「良い友」と「良い隣人」との差はないであろう。   ヨセが区別しているのはこういうことである。「良い隣人」はグループで一緒に仕事することによってなされる事に関連している。「良い隣人」は彼の芝生が保持されている道を気にかけ   彼のごみをいかに処理するかに気を使う。一般に   彼のまわりに住んでいる人々の気持ちを深く考える。「良い隣人」になるということは   緊張が関係しているところの他の物事に向かってゆく態度を開発するという意味がある:近所に住んでいる人々全ての幸福への関係   共同体社会の将来への関係   共同体社会が選択するところの生活の道への関係。そんな関係は「良い隣人」のしるしである。   「邪悪な隣人」がすることは利己主義である。「邪悪な衝動」が成し遂げることができる最大の害の一つが「邪悪な隣人」に人を変えることである。他の人々は共同体社会にプライドを持つが   一方   「邪悪な隣人」は自分だけのためにしか注意を払わない。共同体社会が危険な状態になる   あるいは悪い時期に落ちる時は   それは単純に「邪悪な隣人」が移り住んで来て   彼はもう一つの共同体社会の中で自分の安らぎを探そうとする時である。   我々は時々   近所が「悪くなってきている」あるいは住むのに難しくなってきている   ということを聞く。通常このことは   近所の人々がお互いに「良い隣人」になることを止めて   彼ら自身のためだけに心配するという「邪悪な隣人」の作法を行ない始めたためなのである。   Rabbi   Simeon's   answer   (4)ラビ・シモンの答え   シモンの答えは全く異なっていた。シモンは言った:従うべき良い道は   自らの行動の「結果を考える人」である。人がある方法で行動するときにその結果が何かを知る   そのことの助けとして宗教的な知覚を使う人は   他人に害を与えるような過ちを少なくするであろう。人々は通常は残酷な行動をとろうとはしないものだ   しかし   しばしば考え無しで行動することがある。   例えば   しばしば我々を勝たせるために我々の怒りを許してしまい   そして我々が本当は世話するところの他人を侮辱してしまう。そんな振る舞いが他人に起こす苦痛を前もって考えておくことが   普通にはこんな風に我々の怒りを表わさないで維持できるであろう。   また   我々の行動の「結果を考える」ためには   我々は行動する前に証拠を集めなければならない。我々にとって   このことは結果あるいはその可能な結果を学ぶことを意味する。我々が前もって行動の可能な結果を学ぶ時   我々はもっと親切に行動するようになる。なぜならば我々の行動が他人   そして結局は我々自身   をいかに害するかもしれないと知るからである。   このような老人の物語がある。ある老人が彼の最後の年に彼の息子の家族のもとで住むためにやって来た。さて彼の息子は   彼の父に食事に使うのを許したら   父がその上等な陶器を壊してはしまわないかと恐れた。それでその息子は老人のために食事に使う木のおわんと木のスプーンを準備した。   さてある日   その息子が家に帰ってきて   彼自身の息子がナイフで木の片を削っているのを見た。「何をしているのかい?」   彼は子供に言った。「お父さんがおじいちゃんのように年とった時に   お父さんが食べるための木のおわんを作っているんだよ」   と子供は言った。   シモンの二つ目の質問の答えは   人が避けるべき道は「借りたのに返さない人」であった。最初は   これは彼の行動の「結果を考える」ことの正反対ではないように思われるが   しかし本当の意味では正反対なのである。返すことを考えずに借りる人は明らかに彼の行動の結果を深く考えてはいない。ラビはこう教えた:我々は   自分自身の財産と同じように   他人の財産を尊重すべきである。我々が何かを借りた時   我々自身の所有物にするのと同じように注意深く扱うべきである。   シモンは説明を続けた:我々が他の人から借りた時   我々は「神から借りている人」のようである。最後の分析では   我々が所有している全てのものは「神から借りている」。慈善をすることは我々が借りていたものに対する払戻しの一種である。詩に書かれているように   邪悪な者は借り   そして返さない   正義の者は憐み   そして与える。   (詩編37:21)   The   answers   of   Rabbi   Eleazar   (5)ラビ・エルアザルの答え   最後の答えはラビ・エルアザル・ベン・アラクのものである。エルアザルは言った:従うべき良い道は「良い心」であり   避けるべき道は「邪悪な心」である。   ラビ・ヨハナンは彼の学生たちにの答えをよく聞いた後に   彼は言った:わたしはラビ・エルアザル・ベン・アラクの言葉を取る。あなたたちの言葉は彼の言葉に含まれているからだ。   [   Avot   2:9   ]   「良い心」の考えは   おそらく   我々がもう終わっている「study」の(The   value   of   study   :   勉強の価値)で最もよく要約されている。全ての事が「良い心」を持つという考えの中に入ってゆく......我々の各々が持ち得る人間という種類の性質の全ての事。   「良い心」を持った人は   彼のまわりの全てにあるところの良いものと見る   そして彼自身の行動を通してそれに加える。「良い心」を持った人は   神のイメージで生活し   他の人々を尊敬するよう努力している。ラビの有名な話の一が良い例である:私は(神の)創造物であり   私の隣人もまた彼の創造物である。私の仕事は町にあり   彼の仕事は畑にある。私は私の仕事のために早く起きる   彼は彼の仕事のために早く起きる。彼は私の仕事を越えることはできないように   私も彼の仕事を越えることはできない。しかしあなたは言うであろう   私は大きなことをしている   そして彼は小さなことをしている。我々は学んだ   人がすることが多かろうが少なかろうがそれが問題ではない   もし彼が天に向けて彼の心を導いてさえいれば。   [   Berachot   17a   ]   The   path   of   the   good   heart   我々はこの教えを「良い心の道」と呼ぶかもしれない。ラビがヤバネの学校   (the   academy   at   Yavneh)   時代に教えていた時と同様に   それは今でも真実である。あなたが医者あるいは労働者   料理長   店員   警官あるいは店主であろうともそれが問題ではない。人間を偉大にするところのものは「良い心の道」に従うことである。   人は言うかもしれない   私は賢人になるほど学んでいなかった   私は法律(トーラ)を勉強しなかった   私はすべき何なのか(what   am   I   to   do)?しかし神はそのイスラエル人に言った   全ての知恵も全トーラも簡単な一つのことなのだ。私を恐れる者   そしてトーラを行なう者は   彼の心の中に全ての知恵と全トーラを持っているのだ。   [   Deuteronomy   Rabbah   11:6   ]   全トーラが行ないで見られる   ということを示すために   ラビはこう教えた:トーラの最後の文字は「lamed」であり   トーラの最初の文字は「bet」である。これらの文字を連げると単語「レブ」となる   これは「心」を意味する。このことは   イスラエルの法律であるトーラの中に含まれている全てのものは   各々のユダヤ人の心の中に含まれている   ということを示しているのだ。   トーラの最後の文字は「lamed」であり   トーラの最初の文字は「bet」である。   これについて解説します。トーラの最後の文は   申命記の最後の文章:また   モーセが全イスラエルの目の前で   あらゆる力ある業とあらゆる大いなる恐るべき出来事を示すためであった。   (申命記34:12)   ヘブライ語での原書では   最後の単語が「イスラエル」ですから   最後の文字は「ル」つまりヘブル文字「lamed」です。トーラの最初の文は   創世記の最初の文章:初めに   神は天地を創造された。   (創世記1:1)   ヘブライ語での原書では   最初の単語が「ベレッシート」ですから   最初の文字は「ベ」つまりヘブル文字「bet」です。トーラの最後と最初をつなげる   という発想がユニークなんですが   「..............イスラエル」+「ベレッシート...............」これらの文字を連げると   「ル」+「ベ」   つまり「lamed」+「bet」これは単語「レブ」と発音して「heart(心)」を意味します。   我々はヒレル   (Hillel)   によて提案された質問:   If   I   am   not   for   myself   who   will   be   for   me   ?   について各々が答えを見つけなければならない。   我々の伝統だけではこの質問の答えを我々に教えることはできない   その答えはもっと身近にあるからであり   それは我々の各々の心の中にある。我々の伝統が我々に教えることができるのは   それがあなた自身の「ために」なると意味していることであり   そして   Who   will   be   "for"   you   when   you   act   for   yourself.   ヒレルの質問は一つの中に百の質問がある:   If   I   am   not   myself   who   will   be   me   ?   If   I   do   not   take   part   in   my   community   who   in   the   community   will   take   my   part   for   me   ?   If   I   do   not   take   a   stand   in   my   own   name   who   will   fight   for   what   I   believe   ?   If   I   do   not   work   to   make   myself   better   who   will   do   that   work   for   me   ?   If   I   do   not   direct   my   actions   who   will   direct   them   for   me   ?   And   more.   我々の伝統が我々に教えているのは   我々は我々の行動を通して良くなることができ   良くなることは達成するのにそんなに難しいことではなく   そして良くなることへの報酬は結果として良いことである   ということである。それで   彼自身の「ために」実行することを欲する人は   他の人々の「ために」もまた実行するであろう。   トーラの戒律「あなた自身のようにあなたの隣人を愛しなさい」   これは他の人々を愛すためにはまず最初にあなた自身を愛さなくてはならない   ということを意味している。     ラビがこう教えていた。トーラが「あなた自身のようにあなたの隣人を愛しなさい」と言う時は   何を意味しているのか。彼は一人の学生の方に向いて聞いた。「私を愛していますか?」学生は少し考えてから正直に答えた。「私はそう思います。」ラビは言った。「では   私を痛めているものは何か   言ってみなさい。」学生は答えた。「あなたを痛めているものは何か知りません。」「それなら   あなたは私を愛してはいない。」ラビは言った。「誰かを愛することは彼を痛めているものは何かを知ることを意味する。」   我々の各々は   何が我々を痛めているか   我々が痛い時はいつかを知っている。我々が自分自身を愛している時   自分が痛くないようにと   痛くなることから自分を保持しようと努力している。我々が痛みの意味を理解した時のみ   我々は他人がいかに感じるかを理解し始める。   つまりこのことが   ヒレルの質問がこの文で終わっていない理由である。   "If   I   am   not   for   myself   who   will   be   for   me   ?"   ヒレルの質問はつづく。   "And   if   I   am   only   for   myself   what   am   I   ?"   "And   if   not   now   when   ?"   もし人が彼自身のためだけならば   もし彼が重大な人は自分だけであると考えるほど利己的であるならば   彼は全ての意味を失っている。それは現実を離れて横に歩く道であり   真の愛からはずれた臆病者の道である。臆病者は彼自身を愛すことができない。   ヒレルの質問   "If   I   am   not   for   myself   who   will   be   for   me   ?"     我々が自分自身を評価し我々の可能性を評価しなければならない   我々が自重して行動するよう自分自身を訓練しなければならない   ことを意味している。もし我々がそうすれば   我々が他の人々に対して正しく行動することに   そして自分自身を尊敬すると同様に他の人々を尊敬することについて我々が基礎をもつであろう。何が良いことで寛大なことか   そして何が悪いことで利己的なことか   我々がその間の内部バランスを創る努力をするのとちょうど同じように   また我々自身の考慮と我々の隣人たちの考慮との間の内部バランスを創る努力をしなければならない。我々はお互いを愛さなければならない。   そして   我々の伝統は我々自身を良くする訓練を助け   我々がとる行動の種類において我々自身を愛する理由の発見を助ける   これと同様に   それは他の人々と一緒に我々自身が生活する訓練を助ける。我々の各々が「良い心の道」に従う努力をして   我々がお互いに痛みを避ける努力をするような社会を一緒に築かなければならない。共同体社会の全てのメンバーが個々に良いという理由で   共同体社会が「良い心の道」に従う   そんな社会を我々は築かなければなりません。   これが「The   value   of   community」共同体の価値の本質である   そこでは   ヒレルの第二の質問を答える努力をする。   "And   if   I   am   only   for   myself   what   am   I   ?"  

サムネイル

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です) 2 「タルムード」「感受性の価値」 「イスラエルのヤハウェ信仰の回復」

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です) 2 「タルムード」 「The value of sensitivity : 感受性の価値」 「イスラエルの民のヤハウェ信仰の回復」 紀元前926 イスラエル王国が 南王国ユダとベニヤミン族(2部族首都エルサレム) 北イスラエル王国(10部族首都サマリア) に分裂 紀元前722 北イスラエル王国が アッシリアに滅ぼされる (列王記下16~17章)   (失われた10部族) 北王国の10部族は アッシリアに虜囚されて滅亡した。 (文書は残されていない。) アッシリアの政策で異民族と混ざる。 紀元前640 ユダ王国のヨシヤ王が8歳で即位。在位31年 (列王記下22~23章)(暦代誌下34章) 予言者エレミア登場 紀元前625頃  新バビロニア王国建国 紀元前609 メギドの戦い(アッシリアの没落で エジプトと新バビロニアが争う) ユダはバビロニアの支配下で、 バビロニアのヨシヤ王が エジプト軍との戦いで戦死。 (列王記下23:29、歴代誌下35:20~24) 紀元前598 新バビロニア王国ネブカドネザル2世が エルサレムを包囲。 ユダ王国の人々がバビロンに捕囚。 第1次バビロン捕囚(列王記下24:10~17) 預言者エゼキエルも共に捕囚 バビロニア時代 紀元前586~538 名前がない極めて有能な預言者 仮に第三のイザヤが 神ヤハウェの信仰と エルサレムの未来について導く。 (イザヤ書 56章~66章) ペルシャ時代 紀元前538~333 第2神殿時代が紀元前538年のバビロン崩壊から 紀元70年ローマによる神殿破壊までの600年間 紀元前586 エルサレム陥落。南ユダ王国滅亡。 第2次バビロン捕囚 (列王記下25章) 神殿破壊され廃墟になる これらの民はバビロンの王に70年の間仕える。 (エレミヤ書25:11) 南ユダ王国新バビロニアの属州にる 紀元前582 第3次バビロン捕囚(745人) 紀元前538 ペルシャ帝国によるバビロン崩壊 ペルシャ王クロス2世が捕囚民の解放。 イスラエルの民が帰還 紀元前515 ペルシャ王クロス2世の勅令で 捕囚から帰還した民が神殿を再建 (エズラ記6章) 第1神殿破壊から71年で第2神殿が完成 (暦代誌下36章) ペルシャ国内が混乱していたため エルサレムでヤハウェ信仰と 神殿の礼拝を認めて、 かつて衝突していた サマリア人、アラブ人などの 周辺諸部族と混ざって行ったが、 特にサマリア人貴族と エルサレムの祭司の 縁戚関係が結ばれて行き ヤハウェ信仰の純粋性が減衰した。 エズラがバビロニア捕囚が終わっても 帰還が果たせぬまま バビロニアを滅ぼした ペルシャ帝国の寛容な政策で エズラがイスラエルの民でも ペルシャの高官になることができた。 このことから、 ペルシャ王 アルタクセルクセス1世 (紀元前464年~423年)の 第7年5月に「ソーフエール」 =書記(律法学者)の称号の エズラが、王から免税特権を与えられて バビロニアの力エルサレムに来たが、 ヤハウェ信仰の純粋性の衰退を指摘して エルサレムの祭司に サマリア人の貴族と エルサレムの祭司の縁戚関係を 離別させようとした「エズラ記10章」 がエルサレム民族共同体の説得に 失敗して13年間エルサレムを離れました。 ペルシャ王 アルタクセルクセス1世 (紀元前464年~423年)の 第20年紀元前445年に ペルシャ宮廷の 捕囚民出身の高官の ネヘミヤがユダヤ州知事に着任して、 神殿の城壁を修復して、 「安息日の遵守」 「1/10の税の神政共同体の維持」 「エルサレムの人口の調整」 「下級祭司とレビ人の 給与の支払いの保障」 「サマリア人の貴族と エルサレムの祭司の 縁戚関係の離別」 を断行して エルサレムに戻ったエズラが 「モーセの律法(五書)」 を読み上げた。 こうしてユダヤ人共同体の 社会改革(エヘミヤ記13章) トーラー(モーセ五書)を 聖典とするユダヤ教が確立しました。 * 「詩編、箴言(しんげん)」 「コヘレトの言葉(伝道の書)」 「雅歌」 「哀歌(エルサレムの滅亡を嘆く歌)」 がございます。

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.6.25. 21:55
視聴回数:7465回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: アヴェ・ヴェルム・コルプス   (お話です)   2   「タルムード」   「The   value   of   sensitivity   :   感受性の価値」   「イスラエルの民のヤハウェ信仰の回復」   紀元前926   イスラエル王国が   南王国ユダとベニヤミン族(2部族首都エルサレム)   北イスラエル王国(10部族首都サマリア)   に分裂   紀元前722   北イスラエル王国が   アッシリアに滅ぼされる   (列王記下16~17章)   (失われた10部族)   北王国の10部族は   アッシリアに虜囚されて滅亡した。   (文書は残されていない。)   アッシリアの政策で異民族と混ざる。   紀元前640   ユダ王国のヨシヤ王が8歳で即位。在位31年   (列王記下22~23章)(暦代誌下34章)   予言者エレミア登場   紀元前625頃   新バビロニア王国建国   紀元前609   メギドの戦い(アッシリアの没落で   エジプトと新バビロニアが争う)   ユダはバビロニアの支配下で   バビロニアのヨシヤ王が   エジプト軍との戦いで戦死。   (列王記下23:29   歴代誌下35:20~24)   紀元前598   新バビロニア王国ネブカドネザル2世が   エルサレムを包囲。   ユダ王国の人々がバビロンに捕囚。   第1次バビロン捕囚(列王記下24:10~17)   預言者エゼキエルも共に捕囚   バビロニア時代   紀元前586~538   名前がない極めて有能な預言者   仮に第三のイザヤが   神ヤハウェの信仰と   エルサレムの未来について導く。   (イザヤ書   56章~66章)   ペルシャ時代   紀元前538~333   第2神殿時代が紀元前538年のバビロン崩壊から   紀元70年ローマによる神殿破壊までの600年間   紀元前586   エルサレム陥落。南ユダ王国滅亡。   第2次バビロン捕囚   (列王記下25章)   神殿破壊され廃墟になる   これらの民はバビロンの王に70年の間仕える。   (エレミヤ書25:11)   南ユダ王国新バビロニアの属州にる   紀元前582   第3次バビロン捕囚(745人)   紀元前538   ペルシャ帝国によるバビロン崩壊   ペルシャ王クロス2世が捕囚民の解放。   イスラエルの民が帰還   紀元前515   ペルシャ王クロス2世の勅令で   捕囚から帰還した民が神殿を再建   (エズラ記6章)   第1神殿破壊から71年で第2神殿が完成   (暦代誌下36章)   ペルシャ国内が混乱していたため   エルサレムでヤハウェ信仰と   神殿の礼拝を認めて   かつて衝突していた   サマリア人   アラブ人などの   周辺諸部族と混ざって行ったが   特にサマリア人貴族と   エルサレムの祭司の   縁戚関係が結ばれて行き   ヤハウェ信仰の純粋性が減衰した。   エズラがバビロニア捕囚が終わっても   帰還が果たせぬまま   バビロニアを滅ぼした   ペルシャ帝国の寛容な政策で   エズラがイスラエルの民でも   ペルシャの高官になることができた。   このことから   ペルシャ王   アルタクセルクセス1世   (紀元前464年~423年)の   第7年5月に「ソーフエール」   =書記(律法学者)の称号の   エズラが   王から免税特権を与えられて   バビロニアの力エルサレムに来たが   ヤハウェ信仰の純粋性の衰退を指摘して   エルサレムの祭司に   サマリア人の貴族と   エルサレムの祭司の縁戚関係を   離別させようとした「エズラ記10章」   がエルサレム民族共同体の説得に   失敗して13年間エルサレムを離れました。   ペルシャ王   アルタクセルクセス1世   (紀元前464年~423年)の   第20年紀元前445年に   ペルシャ宮廷の   捕囚民出身の高官の   ネヘミヤがユダヤ州知事に着任して   神殿の城壁を修復して   「安息日の遵守」   「1/10の税の神政共同体の維持」   「エルサレムの人口の調整」   「下級祭司とレビ人の   給与の支払いの保障」   「サマリア人の貴族と   エルサレムの祭司の   縁戚関係の離別」   を断行して   エルサレムに戻ったエズラが   「モーセの律法(五書)」   を読み上げた。   こうしてユダヤ人共同体の   社会改革(エヘミヤ記13章)   トーラー(モーセ五書)を   聖典とするユダヤ教が確立しました。     「詩編   箴言(しんげん)」   「コヘレトの言葉(伝道の書)」   「雅歌」   「哀歌(エルサレムの滅亡を嘆く歌)」   がございます。   When   a   Jew   seeks   wisdom   「The   value   of   sensitivity」   Sensitivity   Keeping   the   group   together   A   full-time   task   Sensitivity   is   sensible   Timing   is   important   The   hour   of   anger   Seeking   and   receiving   forgiveness   In   the   hour   of   death   In   the   time   of   vow   In   the   hour   of   embarrassment   「The   value   of   sensitivity   :   感受性の価値」   ラビ・シメオン・ベン・エルアザル(Rabbi   Simeon   ben   Eleazar)は言った。あなたの仲間が怒っている時に彼をなだめてはならない   そして死人が彼の前に横たわっている時に彼を慰めてはならない   そして彼が誓いを立てている時に彼に質問してはならない   そして恥ずかしい思いをしている時に彼を見ようとしないように。   (Avot   4:18)   Sensitivity   あなたが特別な秘密を友人に告げて   そして彼があなたの知らない誰かにそれを話したという最初の時をきっとあなたは憶えているでしょう。あなたの友人があなたを当惑させた理由によって   あなたは彼を「wicked」とさえ呼んだかもしれない。   あるいは   おそらくあなたがあるゲームの試合で上手でなかったので   両軍が組み直されあなたがその最後に選ばれた人になり   そして選んでいる選手があなたに陰うつに言った   「おれが思うに   お前はおれの側だよね!」それはチームで最も弱い連結として考えられていることで   正確にあなたを良い気持ちにさせない。   我々の全てはこの種の瞬間をもっている   そして我々の全てはまた他人を時々当惑させている   たとえ故意にではないとしても(そして時々我々は目的をもってまさに故意に他人を当惑させる)。実際に   いかにして他人を当惑させないか   を人は学ばなければならない。これを学ぶことは自然には出来ないのである。   我々は   何が他人を傷つけるか   に敏感であるようには生まれていない。我々は我々自身を訓練しなければならない   いかに他人が傷つくかを学ぶという観点で   それによって我々が他人を傷つけるのを避けるために。そして   もちろん我々のグループは   他人へより多く敏感であるように学ぶことを助ける点で   大きなくいを持っている。   Keeping   the   group   together   グループがしなければいけない   と我々が言ったところのものの一つは   一緒に留まることである。そのメンバーが互いに一緒に暮らさない理由で   もしそのグループが壊れ始めるならば   そのグループは共にいるという感じを失い   そしていずれは解散してしまう。   このことは我々が属している他のグループと同じように   我々のユダヤ人グループにも真である。ユダヤ人共同社会の場合は   そのくいはたいへん高い。もしその共同社会が解散すれば   各々の人は一人での残される;一緒に生活する目的は消え去り   より完全な社会になるように   そしてより良い世界を作ることに向けて   我々が一緒に作ってきたところの全ての前進は失われる。   それでラビたちは   あなたが「何を」するかだけでなく   あなたが「いつ」行なうべきか   そして他人に向けて「いかに」振る舞うべきか   というもっと困難な質問についてとても関心をもった。互いに対して敏感であることは我々を一緒に留める助けとなるであろうと彼らは我々に教えた。   A   full-time   task   互いに対して敏感であることはフルタイムの仕事である。我々が長い間一緒に親密に生活している時でさえ   それはより簡単になることはない。それはほとんどいつでも難しい。例えば   あなたの家族を取り上げてみよう。   あなたが属する他のどんなグループよりも長く   あなたは家族と一緒に生活してきた。ユダヤ人の家族は一緒に親密に   各家族を小さなユダヤ人の人々にして維持するようラビたちがそんなに強く強調しているのは   この理由のためである。   なおも   そして全て   兄弟あるいは姉妹に親切であったと思い出すのが難しい。   我々が自然に嫉妬深い時が何度もある。(ヨセフの物語そして彼の好みの服   彼の兄弟の全てがいかに嫉妬していたか   あなたは思い出すかもしれない。)   我々が両親を困惑させる時が何度もある   両親が我々を困惑させる時が何度もあると同様に。(友人があなたの家で夜を過ごす時に   「あなた」の就寝時刻にあなた方二人が寝なければならないことを思い出すかもしれない。)あなたの両親は他の全ての両親と違っているために   他の両親がそんなに重要であると考えていないような事を   あなたの両親は時々あなたにやらせることがあるかもしれない。それであなたの家族は   敏感な方法で他人と一緒に生活することがいかに難しいかという一つの良い例なのである。   Sensitivity   is   sensible   しかし他人に敏感になるようにやってみることは良いセンスを作る。我々の勉強を通して   全ての種類の支援においていかに多くお互いに依存しているか我々は見てきた。我々の家族は   世話   食物     そして愛を我々に与えている   たとえ他の誰もが与えない時でさえ。そしてユダヤ人民は一種の拡張された家族である----我々ユダヤ人の共同社会は   家族を持っていない人々を世話し   そして家族を持っている人々さえ世話する。我々は共同社会を一緒に築き   そして敏感さは建築の煉瓦の一つである。   それで   病人を訪れることは一つの戒律である。喪に服している人々を慰めることは一つの戒律である。怒っている人を平静に戻すことは一つの戒律である。慈善を与えることは一つの戒律である。必要な時に人を助けることは一つの戒律である。捕虜の身代金を支払うことは一つの戒律である。そして   これらの戒律を実行することは愛の一つの行動   敏感な人の行動である。この行動は   我々の共同社会を強くすること   そして我々人々を密接に一緒にすることを助ける。   Timing   is   important   さらに重要なことは   あなたが何をするかだけではなく   何時それをするかである。例えば   あなたがバレーボールをサービスする場合に   あなたは空中にボールを投げることによって始める。さてあなたは手でそれを打つ最善の瞬間を正確に待つ。もしあんまり早すぎて打つと   ボールは空中に飛んで行ってしまう。もしあまり長く待ち過ぎると   ボールはネットにぶつかる。あなたのタイミングが正確である時のみ   バレーボールであなたがそれを行ないたいことができる。   戒律を実行する場合にも同じことが真である。もしあなたがあんまり早くそれを必要とする前に実行すると   決して来ないかもしれない結果を待つというように   それは空中に止ってします。病気でない友人を病気訪問することを想像してみなさい-----あなたはこう言わないだろうか?「ちょうど今わたしはあなたを訪問している   それは将来ある時に   あなたが気分がすぐれない時に   わたしが遠くからやってきてあなたを訪問しなければならないのがいやだから」   あるいは   盲目の女性が通りを横切りたいと思う前に   彼女が横切るのを助けることを想像してみなさい。彼女は横切った時に感謝を表わし   そしてこう言ったとする   「私が本当に通りの反対側に行きたかったのですか?」あまりにも遅く戒律を実行することは   また   大きく役に立たない。慈善を施す前に   人が餓えて死んでしまうまで待つことは   ほとんど戒律としては数えられない。すでに4年前に死んだ愛する人を失った人を慰めることは   彼が必要な時に彼を慰めると同様な効果を持つことはできない。   戒律とその戒律の実行は正しいタイミングを要求する。そしてタイミングの良いセンスを習得することは   我々の宗教的な知覚の発展において   重要な部分を演じる。こつを習得することは   戒律を行なうための正しい時を知るようになることを含む。何時しゃべり   そして何時黙るか。   The   hour   of   anger   ラビ・シメオン・ベン・エルアザル(Rabbi   Simeon   ben   Eleazar)は我々が他人により敏感になるような4つの方法を話した:最初は   怒っている人をなだめることを含む。2番目は   喪に服している人に慰めをもたらすことを扱う。3番目は   誓いを立てている人にいかに対応するかを扱う。そして4番目は   我々がこの章を始めたところの主題に我々を戻す----当惑させるという話題に。   最初に   シメオンは言った   「あなたの仲間が怒っている時に彼をなだめてはなりません。」   (Avot   4:23)   人が怒の道に行く時   もし彼が善き人であれば   彼の知恵は彼から離れる。もし彼が預言者であれば   彼の預言の力は彼から離れる。そしてもし彼に対する偉大さが天によって認められていた時でさえも   怒る人は誰であれそれ(偉大さ)を失う。   (Pesahim   66b)   激怒と怒は   人の中に深く食い込む   まわりのあらゆるものが酸っぱく変わるまで。怒の発作の中で人は   長く後悔するであろうことを言うであろう。誰かがあなたに怒っている時は   あなたが謝罪することが良い   「soft   answer」を与えるために。差分をつぎ当てするよう試みるのが良い   しかしタイミングとこつが必須である。シメオンは我々に警告した   怒りの頂点にいる人に謝罪したり言い訳しないように   なぜならば彼はその時に「Yetzer   HaRa(邪悪の衝動)」によってのみ制御されているからである。   「地獄の全ての部門は一人の怒りの男が支配している」   (Nedarim   22a)   その代わりに待ちなさい。あなたの現われる時を選びなさい   その怒りの人から激怒が消えた時を。もしあなたがあまり早すぎて来ると   あなたの出現が彼をもっと怒らせるだけであり   そしてそれはあなたが望むこととはちょうど反対である。   一方   もしあなたがあまり長く待ち過ぎると   怒っていた人はあなたに対して恨みを持つようになる。彼は心の中であなたを嫌うことを覚えるかもしれない。なぜならば怒った人は   「もっともっと愚鈍(stupid)になっている」   (Nedarim   22b)   Seeking   and   receiving   forgiveness   あなたは恨みを持った人々との幾つかの経験があるかもしれない。あなたが何度も何度も謝罪した後でさえ   彼らはあなたが悪いことをしたあらゆることをなお憶えており   あなたを敵と考えている。ラビたちは教えた:   戒律は言う   「あなたは心の中であなたの兄弟を嫌ってはならない。」なぜならば人は考えるかもしれない   「私は彼を殴ってはいけない   あるいは彼を打ってはいけない   あるいは彼をののしってはいけない。(しかし私はなお彼を敵として嫌うことは出来る)」それゆえに戒律は言う   「あなたは心の中で」   (Arachin   16b)   あなたが心から謝罪した後で   そしてあなたが起こしたかもしれないどんな損失も   埋め合わせした後に   もう一人の人があなたを許すことを拒否する時   その時はその人に罪がある。   たとえ彼が侮辱をした他の人に彼が支払をしたとしても   彼は神によって許されてはいない   彼が侮辱をした人から許しを求めるまでは。もし彼が他人を許さないならば   その人は無慈悲と呼ばれる。   (Mishnah   Baba   Kamma   8:7)   我々は他の人に心の中のものを制御することはできない。彼だけが自分の心を制御できる。しかし我々はなお許しを求め   我々の敵を友人に向けることができる希望を求めなければならない。我々が悪い時にこれをすればするほど   我々はもっと多くの友人を持つようになり   我々の共同社会はより良くなるであろう。   時々   ラビは言った   議論で我々が正しいと考えた時でさえ   我々は屈服すべきである。もし重要な議論でないのであれば   正しいことによって勝つよりは平和の方がより重要である。そして我々があまりのも頑固なために恨みが成長することがよくある。不一致で分離するよりも   我々が少しかがむ方が良い。   In   the   hour   of   death   ラビ・シメオンはまた忠告した   「彼の死が彼の前に横たわっている」時に   我々は彼に慰めを提供すべきではない。喪に服している人を慰めることは戒律である。しかし愛する人が死んだまさにその時には   その喪に服している人は私的な深い悲しみと嘆きの時間を持つ権利を持っている。我々はあまりにも早まって慰めようとすべきではない   なぜならば我々は彼をもっと悲しく嘆くようにさせてしまうだけだからである。   この種のこつについてはヨブ記の中から引用される   ヨブの愛する人たちがを死んだ時に   ヨブの三人の友人が彼を慰めようとやって来た。   さてヨブの三人の友人は   ヨブにふりかかった悪の一部始終を聞くと   彼を慰めようとそれぞれの国からやって来た。....彼らは七日七晩   ヨブと共に座っていたが   誰も話しかけることはできなかった   なぜならば彼らはヨブの苦痛が激しいのを見たので。   (ヨブ記2:11-13)   その三人はヨブの気分に対してとても敏感であったので   彼らは実際に七日七晩待った!その最後の時に   「ヨブがしゃべった」。そしてこれが   彼らにとってヨブを慰めるに適切な時であるという彼らの合図であった。   死に直面しては   我々が言えることはほとんどない。時々我々ができる最もよいこつは   ただ黙って座っていることである。ただ我々が居ることが   苦しんでいる人に良い効果をもつことができる。なぜならば   死は共同社会から人の最後の離別である   そしてその別離はとても耐えることが困難である。   ラビ・シメオンは敏感な人の気持ちを表現した。死は開いている傷のようである。   「彼の死が彼の前に横たわっている時」   人は苦しまなければなりません。そして我々は苦しみを許すほど十分に機転がなければなりません。   「ヨブ記」について   聖書の中でも   「ヨブ記」が言わんとしている深い意味を理解するのは難かしいのですが   少し紹介します。   ヨブ記1:1-3   ヨブは正しい人で   神を畏れ   悪を避けて生きていた。   七人の息子と三人の娘をもち   東の国一番の富豪であった。   ヨブ記1:6-12   ある日   主の前に神の使いたちが集まり   サタンもきた。   サタンは言った   「ヨブが   利益もないのに神を敬うでしょうか。あなたは彼とその一族   全財産を守っておられるではありませんか。彼の手の業をすべて祝福なさいます。おかげで   彼の家畜はその地に溢れるほどです。   ひとつこの辺で   御手を伸ばして彼の財産に触れてごらんなさい。面と向かってあなたを呪うに違いありません」主はサタンに言われた   「それでは   彼のものを一切お前のいいようにしてみるがよい」   ヨブ記1:18-21   ヨブのもとに召使がやってきて言った   「御報告いたします。   御長男のお宅で   御子息   御息女のみなさまが宴会を開いておられました。すると   荒れ野から大風が吹きつけ   家が倒れ   若い方々は死んでしまわれました」ヨブは立ち上がり   衣を裂き   地にひれ伏した。「主は与え   主は奪う。主の御名はほめたたえられよ」   このような時でも   ヨブは神を非難することはなく   罪を犯さなかった。   ヨブ記2:1-6   またある日   主の前に神の使いたちが集まり   サタンもきた。   主はサタンは言われた   「お前はわたしの僕ヨブに気づいたか。地上に彼ほどの者はいまい。無垢な正しい人で   神を畏れ   悪を避けて生きている。   お前は理由もなく   わたしをそそのかして彼を破滅させようとしたが   彼はどこまでも無垢だ」サタンは答えた   「皮には皮を   と申します。まして命のためには全財産を差し出すものです。   手を伸ばして彼の骨と肉に触れてごらんなさい。   面と向かってあなたを呪うに違いありません」主はサタンは言われた   「それでは   彼をお前のいいようにするがよい」   ヨブ記2:7-10   サタンはヨブに手を下し   頭のてっぺんから足の裏までひどい皮膚病にかからせた。   彼の妻は言った   「どこまでも無垢でいるのですか。神を呪って死ぬほうがましでしょう」   ヨブは答えた   「お前まで愚かなことを言うのか。   わたしたちは   神から幸福をいただいたのだから   不幸もいただこうではないか」   このようになっても   神を唇をもって罪を犯すことをしなかった。   ヨブ記2:11   さてヨブと親しいの三人の友人がヨブにふりかかった災難の一部始終を聞くと   見舞い慰めようと相談して   それぞれの国からやって来た。   ヨブ記2:13   彼らは七日七晩   ヨブと共に地面に座っていたが   その激しい苦痛を見ると   話しかけることもできなかった。   ヨブ記3:1   やがてヨブは口を開き   自分が生まれた日を呪って言った。「わたしの生まれた日は消えうせよ。.......   In   the   time   of   vow   ラビ・シメオンが誓いをしている時に見ていることを   我々の近代的な観点から理解することのより困難さは重要である。「彼の誓いの時間には彼に質問しないように」   シメオンは言った。   我々はこれを一般的な方法で理解できる:   人々が強い気持ちで一生懸命でそれがとても強く   それについて何かをすることを誓う時には   意見を言ったり議論せずに   我々は普通彼らの誓いを通すべきである。   普通   我々は人々に彼らの約束を維持してもらいたいと望んでいる   しかし我々が急いで約束をして   そしてそれをした後で後悔する時がよくある。シメオンがおそらく意味したことは   人ができないような約束をしたのを我々が聞いた時に   彼に質問をすべきではないということである。我々の質問は当惑させることになるかもしれない。それらはその人に   彼が本当にはしたくないことをさせるように強いるかもしれない。   もし我々がただ黙り続けることが全てより良いのである。それがこの場合のなすべき機転である。   例えば   友人が彼のための約束を忘れた理由で   「もう両親を決して信用しないと約束する」   というのをあなたが聞いたとしよう。あなたはその時にこんな質問をすべきではない:「あなたがもう両親を決して信用しない   というのは確かなの?」「もしあなたの両親でなければ   ほかの誰を信用できるの?」これらの質問はあなたの友人を当惑させるだけである。彼の誓いは怒り   あるいは急い状態の中で為された種類のものであり   それは本当には正直で真実なものを意味してはいない。   そんな時は少なくとも   あなたはそれを聞き過ごすべきである   たとえもしあなたがそれに不一致であろうとも。   In   the   hour   of   embarrassment   ラビ・シメオンのその最後の忠告は   「彼が不名誉な時間には彼を見ないように努力しなさい」   ここでシメオンは   うわさ話として進んでいる事をがつがつ見るような   機転のない人の話をしている。   ある人々は   他人について「悪い言葉」を広げて   他人を困惑させるの好きである。   しかし   Judaism   は我々に   各々の人間は貴重であり   神のイメージで造られていると教えている。   それでシメオンは   他の人を困惑させることを   人の精神を殺す種類のものとして見ている。   我々が公衆で困惑させられる時はいつでも   我々の中で血が反応を示す。ある善き人が教えた....:もし誰かが彼の隣人を公衆で恥をかかせると   それは彼が血を流すようなものである。   ラブ・ナフマンは答えた   すなわちこう言われている:顔の赤い血が退き   そして人が青ざめたように白さがやって来る   我々は知ることができるからである。   (Baba   Metzia   58b)   もしあなたがいかに困惑されているか感じることについて考えるとき   故意ではなくあながた何かをしたために   あるいはたまたまあなたに起こった何かのために   困惑がいかに深く傷つけるかあなたは知る。そこで   特に   我々が他の人々に敏感であることが必要である。ここに   また   タイミングとこつが重要である。   少女たちが   ダンスの後にちょうど一人の友達を探し出して   そして彼女とダンスをしようとした人は誰もいなかったという理由で彼女をからかった。   そんな少女たちは残酷である。   しかし少女が   ダンスの後にちょうど一人の友達を探し出して   そして彼女とダンスをしようとした人は誰もいなかったという理由で彼女を慰めた。   そんな少女は   また残酷である   たとえ同じ方法ではないけれども。   からかった彼女たちは邪悪な方法で残酷である。   彼女たちの行動は「Yetzer   HaRa(邪悪の衝動)」の行動である。   しかし   あまりにも早く慰めようとした彼女は   困惑させることを通して残酷である。   彼女は善い意味だけれども   彼女の行動は悪いタイミングであった:   それは機転がない。彼女は宗教的な知覚を使うことに失敗したのである。   あなたが友人に対して   いかにすまないかと感じていることを   彼に走っていって振り向いて告げる前に   あなたが本当にするかもしれないことが   本当に彼を助けることになるであろうかと   最初にあなた自身に質問すべきである。   さもなければ   あなたの「Yetzer   Tov(善の衝動)」を通してあなたが本当に行動していないで   あなたの「Yetzer   HaRa(邪悪の衝動)」を通して行動している   ということをあなたは見つけるかもしれない。   あなたの悪いタイミングが故意で残酷である   とあなたは見つけるであろう。   あなたはちょうど比較によって「大きく」見えたかったのかもしれない。   すなわちこれが   なぜシメオンが我々に   彼の不名誉な時間に」その友人を見ないようにと警告したかの理由である。   それは機転がなく   害がある。   そして   それは我々の現実の目的を忘れてしまう方法である。   その目的   ゴールとは   各々の人間は誰もがいかに重要であるか   我々の全てに対して平和がいかに大きく意味があるか   それを我々が思い出すことである。   我々のすべてが平等に造られている   そして我々の各々が唯一で価値がある   ということをただ知るだけでは十分ではない。   毎日の扱いについて   お互いに対して敏感であることを我々は学ばなければなりません。これをするために   我々は戒律を実行するタイミングを学ばなければならない   我々が物事を為されるべき時に正しい方法でするために。   正しい時間に正しい態度で物事を行なうことは   我々がこつと呼ぶところのものである。   我々が機転がある時   彼らを慰め支援することで我々の戒律は他人を助ける。   特に