PeeVee.TV
   

  ログイン

ホーム 新規ユーザー登録

新着動画一覧

01

サムネイル

Vivaldi Gloria inDMajorRV589(お話です)「イスラム教第三十二章叩頭」「タルムード」「所有の価値」

Vivaldi Gloria in D Major RV 589(お話です)「イスラム教聖クルアーン第三十二章叩頭」「タルムード」「所有の価値」 ◎「所有の価値」について 人間には四つのタイプがある。私のものは私のもの、あなたのものはあなたのもの、と言う人は平均的なタイプである。ある人はこれをソドムのタイプと呼ぶ。 私のものはあなたのもの、あなたのものは私のもの、と言う人は知識のない人である。 私のものはあなたのもの、あなたのものはあなたのもの、と言う人は聖人のタイプである。 私のものは私のもの、あなたのものは私のもの、と言う人は邪悪な人である。 [ Avot 5:13 ] ◎The Sodom type --- the average 人々は自分たちが稼いだ物に権利がある、そしていったん我々が一つの物を稼いだならば、それは我々だけに属する我々のほとんどはこう信じている。しかしラビたちは、これが邪悪な考え方、行動の仕方になり得ると感じた。彼らはそれをソドムの人々の信念として識別した。ソドムは彼らの邪悪さゆえに神によって滅ぼされた地である。しかしなぜラビたちは、我々のほとんどがソドムの人々のようであると言うことが正当であると感じたのであろうか?我々の態度を所有に向ける時に、我々はほんとうに邪悪であるのか? この答えは、互いに対して、そして時々互いの財産に対して、我々の相互の必要の中に横たわっている。ラビたちは、その正しい意味のケースを示すために、我々が所有するところのあらゆるものは神から一種の借り物として見るように我々に思い起こさせた:Rabbi Eleazar of Bertoda は言った、神のものは全て神に与えよ。あなたとそしてあなたが持つ全てのものは神のものであることを知るように。 [ Avot 3:8 ]

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.7.7. 23:45
視聴回数:7385回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: Vivaldi   Gloria   in   D   Major   RV   589(お話です)「イスラム教   聖クルアーン   第三十二章   叩頭」「タルムード」「所有の価値」   ◎「所有の価値」について   人間には四つのタイプがある。私のものは私のもの   あなたのものはあなたのもの   と言う人は平均的なタイプである。ある人はこれをソドムのタイプと呼ぶ。   私のものはあなたのもの   あなたのものは私のもの   と言う人は知識のない人である。   私のものはあなたのもの   あなたのものはあなたのもの   と言う人は聖人のタイプである。   私のものは私のもの   あなたのものは私のもの   と言う人は邪悪な人である。   [   Avot   5:13   ]   ◎The   Sodom   type   ---   the   average   人々は自分たちが稼いだ物に権利がある   そしていったん我々が一つの物を稼いだならば   それは我々だけに属する我々のほとんどはこう信じている。しかしラビたちは   これが邪悪な考え方   行動の仕方になり得ると感じた。彼らはそれをソドムの人々の信念として識別した。ソドムは彼らの邪悪さゆえに神によって滅ぼされた地である。しかしなぜラビたちは   我々のほとんどがソドムの人々のようであると言うことが正当であると感じたのであろうか?我々の態度を所有に向ける時に   我々はほんとうに邪悪であるのか?   この答えは   互いに対して   そして時々互いの財産に対して   我々の相互の必要の中に横たわっている。ラビたちは   その正しい意味のケースを示すために   我々が所有するところのあらゆるものは神から一種の借り物として見るように我々に思い起こさせた:Rabbi   Eleazar   of   Bertoda   は言った   神のものは全て神に与えよ。あなたとそしてあなたが持つ全てのものは神のものであることを知るように。   [   Avot   3:8   ]   ◎The   cave   and   the   world   世界の財産は   神の奉仕に使われるために意味されている   誰の手にそれが通過していようが   誰がそれを所有しているつもりであろうが。   シメオン・ベン・ヨハイ(Simeon   ben   Yohai)は   彼が非難したローマ人から身を隠すために   洞穴の中に逃げざるを得なかった。この身を隠す場所で中で   彼は息子と一緒であった。この二人はそこで共に十二年間暮して   トーラを勉強した。十二年の後   ローマの皇帝が死んで   ユダヤ人に反抗する決定が公式に解除されたことを知った。彼と彼の息子は   洞穴から出てきて太陽の光りを十分に浴び   ユダヤ人の共同体の生活の中に戻る準備ができた。しかしシメオンは   エレサレムの町に近づいた時に   ユダヤ人の農民たちが彼らの畑を世話しているのを見た。ただちに彼には怒りがわいてきて   彼らに叫んだ   「あなた方はいかに挑戦しているのか   こんな浪費した方法で自分を!ローマの決定は解除された。我々は再びトーラーを勉強することが出来るというのに!畑を離れて勉強しなさい」しかし農民たちは彼を見て笑った   「今は収穫の時です。その後で我々は勉強しますよ」その時シメオンは叫んだ   「これらの畑が燃えてしまうように   なぜならば   この人々は永遠の真実を無視して   単に今必要なものに向きを変えたから」そしてシメオンと彼の息子は彼らの目を向けたあらゆる場所   その畑は突然に炎で焼き尽くされた。ついに   このような声がやって来た   「おまえは私の世界を滅ぼすために洞穴に滞在したのか?トーラを勉強するよりも   トーラによって生活することの方が重要ではないのか?   洞穴に戻って   そしておまえの道を勉強せよ」   [   Shabbat   33b   ]   ◎Living   in   the   world   ユダヤ人の教えの目的は   現実の世界   畑を耕すとか   収穫するとかから我々を切り離すことではなく   現実の世界の中で生活するためにいかに最善となるかを我々が学ぶ助けとなることである。シメオンは洞穴に隠れて長く住んでいる間に起こったことは   もし我々がそれに対して防御していないならば   我々の誰かにも起こり得ることである。   シメオンはそれが生きるための唯一の正しい方法であると確信していた方法で   彼はそんなに長く生活をした。彼はトーラの勉強にとても終始したので   「あなたが生きるような生活を選択しなさい」   という基本の規則を忘れてしまった。その代わりに   彼は勉強だけを信じるようになってしまった。   勉強はユダヤ人の生活をするために必須で重要である   と我々の全てはおそらく同意するであろう。しかし   我々はまたおそらく   共同体の人々を祝福した人   Ben   Zoma   に同意するであろう。(彼らは彼にパンと   彼の着る衣を準備して助けてくれた)我々はまた   Rabbi   Yohanan   に対して   「私はあなたと同様に重要である」と言った労働者に同意するであろう。   より重要であるところの質問   「勉強かそれとも行動か」に関して   ユダヤ人として我々はどちらか一方を犠牲にして他方を選択することを拒否する。   ◎Seeking   a   balance   Solomon   Ganzfried(1804-1886)   彼はハンガリーのラビでKitzur   Shulhan   Aruch   と呼ばれるユダヤ人の法律のマニュアルを編集した   彼はこのように書いている:   従うべき良い正しい道は   人が習慣になるべき真中の道である。人はその体に必要な物をただ願望すべきである   そしてそれらを無しで生活することが重要である:   人は仕事であんまり多くを占有されるべきではなく   生活にただちに必要として要求されるものを得ることにのみに十分であればよい。人はあんまりにも財布のひもを固くすべきではなく   また自由に彼の金を消費すべきでもない   しかし彼の稼ぎに従って慈善をすべきであり   そして貧しい人によろこんで金を貸すべきである。人はあんまりも多くお祭り騒ぎで陽気になるべきではなく   また悲しんで回想にふけるべきでもない   しかし毎日を満足と友情で楽しくすべきである。全ての他の道徳的な価値に関連して   その中道を選ぶ人は賢者と呼ばれる。   我々が行う物事のバランスを探すこと   ---   中道を見つけるように試みること   ---それはスキルでありほとんで芸術である。そんなに多くのユダヤ人の価値のように   それは開いた心を維持し   真実を探すことを我々に要求する。   シメオンと彼の息子が中道への彼らの心を閉じた時に   彼らのまわりのあらゆるものが実際に炎で覆われたのを見た:近代的なことばで言えば   彼らは「激怒(see   red)」した。中道によってよろこんで生活しようとしない人は   実際にその共同体から彼自身が引き離される。   ◎The   pepole   of   the   community   もっと前の章で   我々の各々の内部で複雑な強い努力の話をした---「Yetzer   Tov」と「Yetzer   HaRa」とが   我々の性格を制御するために戦いそして作用している。共同体の中   共同体の人々自身の中にも作用する同様な力がある。個人と同様に   共同体は   その中での力がバランスされた時が最善である。共同体の人々がバランスの中で生活する時   共同体は生活するのに良い場所になる。それでラビたちは教えた:共同体の人々は自然さを一緒に感じるべきであり   そして彼らは互いに分配し合うべきである。しかし彼らはまた互いに正直によろこんで議論すべきである   そして互いは彼ら自身の個人的な所有の権利を持つべきである。ラビたちは言った   美しい家や美しい家具は良いことである   なぜならばそれらは「心の楽しい炎の中に」我々に置く助けになるからである。   ---[   Berachot   57b   ]   そしてまた   心の楽しい炎はその共同体をもっと楽しくするのを助ける。しかしもしその所有者がそれで楽しくないならば   美しい家や美しい家具はなんの役に立たない。それでラビたちは教えた:裕福な人の真の定義とは   「彼の富を通して喜びを見つける人」である。   ---[   Shabbat   25b   ]   ◎Findind   the   middle   ground   共同社会の中での中道を見つけることは   自分自身の中でバランスを探すことと   そんなに違ってはいない。その最初の一歩は   まず極端を見つけることである。それはちょうど   四角形の4つのコーナを位置付けて   それから中心を位置付けるように。   ◎「The   value   of   goverment:政府の価値」   ラビ・ハニナ   (Rabbi   Hanina)   は言った:政府の繁栄を祈りなさい   なぜならばそれに対する怖れがなければ   人は生きたままで互いを食べるであろうからである。   [   Avot   3:2   ]   ◎The   importance   of   goverment   人々が住んでいるところの法律のシステムは   そこの人々のグループの価値に影響する。たとえそれが停止信号や鉄道信号のような小さなことであっても   それは基本的な価値に影響する   ---   社会のメンバーの安全を保護する価値に。停止信号や鉄道信号を建設することによって   我々自身の安全   我々の愛する人の安全   そして他人の安全   に対して我々の感心を行動の中に置く。   価値を行動の中に置くことは政府の重要な一つの機能である   確かに政府を   願ましくする機能である。   我々が個々に知っている言葉で   我々が政府を理解する最善の方法は   「Yetzer   HaRa(邪悪の衝動)」と「Yetzer   Tov(善の衝動)」との全体の質問   を再び考えることである。トーラが我々に教えていることの一つは   「あなたの心の中で   あなたの隣人を憎んではならない」(レビ記   19:17)しかし   実際に他の人々を傷つけることから人々を防いでいるのは   まったく別のことである「十戒」は数千年間存在してきている   そしていまだに日常の情勢は   殺人や強盗   法廷で偽証を誓った人   他人をだましている人の記事でいっぱいである。明らかな事実は   我々の幾人かは我々の「Yetzer   HaRa」を制御しそれを役に立つ目的に向ける働きをしている一方   他の者はそうではない。彼らは   彼らの中にある「Yetzer   HaRa」を乱暴に走らせることを許している。酔っ払った運転手のように   その時   彼らは道路で他のあらゆる人にとって危険になってございます。   そんな人々から我々を保護するために   政府が作られている。我々が個々のレベルで   我々の「Yetzer   HaRa」を統治することを学ばなければならないのと同様に   「Yetzer   HaRa」が乱暴になっているレベルのグループを制御することが政府の一つの重要な目的でございます。   ◎Law   enforcement   and   courts   政府が我々を効果的に保護するために   我々の各々は自分自身の自由な意志の幾らかを諦めなければならない。   どれだけ大きな力が政府に与えられるべきかについて継続的な大きな議論や論争がある。しかし   もし政府が我々を効果的に保護するならば   誰もが「幾らか」の力を諦めなければならない   ということを我々は何の議論もなしで知ることができる。   この一つの良い例は   各個人としての報復の権利を放棄することである。   報復はそのグループに破壊的である。AがBから盗みをしたとする   そしてそれからBが返礼にAから盗みをする   これでイーブンと言って。もしこれで終わるならばそれで結構なことであるが   けれども報復はめったに最初の不公平以上により公平にはならない。Bが報復する時   Aが彼から取ったよりも彼はAからより多く取るかもしれない。その時   Aは彼自身が報復の必要を感じる。すぐに   物は手から離れて   そしてAとBは互いに殺すという点にまでくる   ----   また   彼らの友人や親族がその行動に参加するかもしれない。   この種の事態を避けるために   警察や他の代理権の形で実行する法律を規定する力を我々は政府に許す。告訴が設定され聞かれる法廷と同様に。法律を実施する事務所や法廷はどちらも   我々すべてのために   個人よりもむしろグループによって最善に維持される力を代表している。   ◎An   eye   for   an   eye   タルムードは   部分的には   行なわれてきた法廷の記録として見られる。ラビたちは政府の境界線を築くために   事例に事例を積み上げている。我々の例として   タルムードで扱われた古典的な報復の事例は   聖書のきまり文句である「目には目   歯には歯」   のまわりに集中してる。タルムードのラビたちが   「Yetzer   HaRa」のグループを制するために探していた政府とはどんなものかを見るために   次の議論を考えよう。   「目には目」   これは金での支払を意味する。あなたはそれが金での支払だと言うが   おそらくそれは実際に本当の目が没収されなければならない   という意味だ!しかし   その人の目が一方は大きく他方が小さいとしたとする   そんな場合に「目には目」の法律を私はいかに適応することができるのか?...   あるいは   盲の人が他人の目をたたき出した場合は   またあるいは片足びっこの人が他人を片足びっこの人にした場合は   「目には目」の法律を私はいかに十分に満たすことができるのか?トーラはこう要求している   「あなたは同じ法律を適用せよ(レビ記24:22)」   この意味は   あなたたちの全てに対して   法律が同じであるべきだということ。   [   Baba   Kamma   83b   ]   法律はいつも全ての人が同じであるとして扱われなければならない   なぜならば我々の基本的な価値は   全てが神によって平等に創造されていることである。もしそれがこの場合ならば   ラビたちが議論した「目には目」の意味はただこうである:もし人が他人の目をたたき出したならば   その有罪人は彼が破壊した目を補償する金額を支払わなければならない。   このように   社会の全てのメンバーの利益に法律を翻訳するために   政府が割り込む。目や足を失った人にとって   もし彼を傷つけた人が目や足を仕返しに失ったとしても   それは現実に良いことではない。金銭上の支払は   それが元の目や足を取り戻すことはできないが   少なくとも人が傷ついた時に生じた痛みや損失を埋め合わせるために   それはいくらかの方法に役立つ。  

サムネイル

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です) 2 「タルムード」「感受性の価値」 「イスラエルのヤハウェ信仰の回復」

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です) 2 「タルムード」 「The value of sensitivity : 感受性の価値」 「イスラエルの民のヤハウェ信仰の回復」 紀元前926 イスラエル王国が 南王国ユダとベニヤミン族(2部族首都エルサレム) 北イスラエル王国(10部族首都サマリア) に分裂 紀元前722 北イスラエル王国が アッシリアに滅ぼされる (列王記下16~17章)   (失われた10部族) 北王国の10部族は アッシリアに虜囚されて滅亡した。 (文書は残されていない。) アッシリアの政策で異民族と混ざる。 紀元前640 ユダ王国のヨシヤ王が8歳で即位。在位31年 (列王記下22~23章)(暦代誌下34章) 予言者エレミア登場 紀元前625頃  新バビロニア王国建国 紀元前609 メギドの戦い(アッシリアの没落で エジプトと新バビロニアが争う) ユダはバビロニアの支配下で、 バビロニアのヨシヤ王が エジプト軍との戦いで戦死。 (列王記下23:29、歴代誌下35:20~24) 紀元前598 新バビロニア王国ネブカドネザル2世が エルサレムを包囲。 ユダ王国の人々がバビロンに捕囚。 第1次バビロン捕囚(列王記下24:10~17) 預言者エゼキエルも共に捕囚 バビロニア時代 紀元前586~538 名前がない極めて有能な預言者 仮に第三のイザヤが 神ヤハウェの信仰と エルサレムの未来について導く。 (イザヤ書 56章~66章) ペルシャ時代 紀元前538~333 第2神殿時代が紀元前538年のバビロン崩壊から 紀元70年ローマによる神殿破壊までの600年間 紀元前586 エルサレム陥落。南ユダ王国滅亡。 第2次バビロン捕囚 (列王記下25章) 神殿破壊され廃墟になる これらの民はバビロンの王に70年の間仕える。 (エレミヤ書25:11) 南ユダ王国新バビロニアの属州にる 紀元前582 第3次バビロン捕囚(745人) 紀元前538 ペルシャ帝国によるバビロン崩壊 ペルシャ王クロス2世が捕囚民の解放。 イスラエルの民が帰還 紀元前515 ペルシャ王クロス2世の勅令で 捕囚から帰還した民が神殿を再建 (エズラ記6章) 第1神殿破壊から71年で第2神殿が完成 (暦代誌下36章) ペルシャ国内が混乱していたため エルサレムでヤハウェ信仰と 神殿の礼拝を認めて、 かつて衝突していた サマリア人、アラブ人などの 周辺諸部族と混ざって行ったが、 特にサマリア人貴族と エルサレムの祭司の 縁戚関係が結ばれて行き ヤハウェ信仰の純粋性が減衰した。 エズラがバビロニア捕囚が終わっても 帰還が果たせぬまま バビロニアを滅ぼした ペルシャ帝国の寛容な政策で エズラがイスラエルの民でも ペルシャの高官になることができた。 このことから、 ペルシャ王 アルタクセルクセス1世 (紀元前464年~423年)の 第7年5月に「ソーフエール」 =書記(律法学者)の称号の エズラが、王から免税特権を与えられて バビロニアの力エルサレムに来たが、 ヤハウェ信仰の純粋性の衰退を指摘して エルサレムの祭司に サマリア人の貴族と エルサレムの祭司の縁戚関係を 離別させようとした「エズラ記10章」 がエルサレム民族共同体の説得に 失敗して13年間エルサレムを離れました。 ペルシャ王 アルタクセルクセス1世 (紀元前464年~423年)の 第20年紀元前445年に ペルシャ宮廷の 捕囚民出身の高官の ネヘミヤがユダヤ州知事に着任して、 神殿の城壁を修復して、 「安息日の遵守」 「1/10の税の神政共同体の維持」 「エルサレムの人口の調整」 「下級祭司とレビ人の 給与の支払いの保障」 「サマリア人の貴族と エルサレムの祭司の 縁戚関係の離別」 を断行して エルサレムに戻ったエズラが 「モーセの律法(五書)」 を読み上げた。 こうしてユダヤ人共同体の 社会改革(エヘミヤ記13章) トーラー(モーセ五書)を 聖典とするユダヤ教が確立しました。 * 「詩編、箴言(しんげん)」 「コヘレトの言葉(伝道の書)」 「雅歌」 「哀歌(エルサレムの滅亡を嘆く歌)」 がございます。

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.6.25. 21:55
視聴回数:8651回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: アヴェ・ヴェルム・コルプス   (お話です)   2   「タルムード」   「The   value   of   sensitivity   :   感受性の価値」   「イスラエルの民のヤハウェ信仰の回復」   紀元前926   イスラエル王国が   南王国ユダとベニヤミン族(2部族首都エルサレム)   北イスラエル王国(10部族首都サマリア)   に分裂   紀元前722   北イスラエル王国が   アッシリアに滅ぼされる   (列王記下16~17章)   (失われた10部族)   北王国の10部族は   アッシリアに虜囚されて滅亡した。   (文書は残されていない。)   アッシリアの政策で異民族と混ざる。   紀元前640   ユダ王国のヨシヤ王が8歳で即位。在位31年   (列王記下22~23章)(暦代誌下34章)   予言者エレミア登場   紀元前625頃   新バビロニア王国建国   紀元前609   メギドの戦い(アッシリアの没落で   エジプトと新バビロニアが争う)   ユダはバビロニアの支配下で   バビロニアのヨシヤ王が   エジプト軍との戦いで戦死。   (列王記下23:29   歴代誌下35:20~24)   紀元前598   新バビロニア王国ネブカドネザル2世が   エルサレムを包囲。   ユダ王国の人々がバビロンに捕囚。   第1次バビロン捕囚(列王記下24:10~17)   預言者エゼキエルも共に捕囚   バビロニア時代   紀元前586~538   名前がない極めて有能な預言者   仮に第三のイザヤが   神ヤハウェの信仰と   エルサレムの未来について導く。   (イザヤ書   56章~66章)   ペルシャ時代   紀元前538~333   第2神殿時代が紀元前538年のバビロン崩壊から   紀元70年ローマによる神殿破壊までの600年間   紀元前586   エルサレム陥落。南ユダ王国滅亡。   第2次バビロン捕囚   (列王記下25章)   神殿破壊され廃墟になる   これらの民はバビロンの王に70年の間仕える。   (エレミヤ書25:11)   南ユダ王国新バビロニアの属州にる   紀元前582   第3次バビロン捕囚(745人)   紀元前538   ペルシャ帝国によるバビロン崩壊   ペルシャ王クロス2世が捕囚民の解放。   イスラエルの民が帰還   紀元前515   ペルシャ王クロス2世の勅令で   捕囚から帰還した民が神殿を再建   (エズラ記6章)   第1神殿破壊から71年で第2神殿が完成   (暦代誌下36章)   ペルシャ国内が混乱していたため   エルサレムでヤハウェ信仰と   神殿の礼拝を認めて   かつて衝突していた   サマリア人   アラブ人などの   周辺諸部族と混ざって行ったが   特にサマリア人貴族と   エルサレムの祭司の   縁戚関係が結ばれて行き   ヤハウェ信仰の純粋性が減衰した。   エズラがバビロニア捕囚が終わっても   帰還が果たせぬまま   バビロニアを滅ぼした   ペルシャ帝国の寛容な政策で   エズラがイスラエルの民でも   ペルシャの高官になることができた。   このことから   ペルシャ王   アルタクセルクセス1世   (紀元前464年~423年)の   第7年5月に「ソーフエール」   =書記(律法学者)の称号の   エズラが   王から免税特権を与えられて   バビロニアの力エルサレムに来たが   ヤハウェ信仰の純粋性の衰退を指摘して   エルサレムの祭司に   サマリア人の貴族と   エルサレムの祭司の縁戚関係を   離別させようとした「エズラ記10章」   がエルサレム民族共同体の説得に   失敗して13年間エルサレムを離れました。   ペルシャ王   アルタクセルクセス1世   (紀元前464年~423年)の   第20年紀元前445年に   ペルシャ宮廷の   捕囚民出身の高官の   ネヘミヤがユダヤ州知事に着任して   神殿の城壁を修復して   「安息日の遵守」   「1/10の税の神政共同体の維持」   「エルサレムの人口の調整」   「下級祭司とレビ人の   給与の支払いの保障」   「サマリア人の貴族と   エルサレムの祭司の   縁戚関係の離別」   を断行して   エルサレムに戻ったエズラが   「モーセの律法(五書)」   を読み上げた。   こうしてユダヤ人共同体の   社会改革(エヘミヤ記13章)   トーラー(モーセ五書)を   聖典とするユダヤ教が確立しました。     「詩編   箴言(しんげん)」   「コヘレトの言葉(伝道の書)」   「雅歌」   「哀歌(エルサレムの滅亡を嘆く歌)」   がございます。   When   a   Jew   seeks   wisdom   「The   value   of   sensitivity」   Sensitivity   Keeping   the   group   together   A   full-time   task   Sensitivity   is   sensible   Timing   is   important   The   hour   of   anger   Seeking   and   receiving   forgiveness   In   the   hour   of   death   In   the   time   of   vow   In   the   hour   of   embarrassment   「The   value   of   sensitivity   :   感受性の価値」   ラビ・シメオン・ベン・エルアザル(Rabbi   Simeon   ben   Eleazar)は言った。あなたの仲間が怒っている時に彼をなだめてはならない   そして死人が彼の前に横たわっている時に彼を慰めてはならない   そして彼が誓いを立てている時に彼に質問してはならない   そして恥ずかしい思いをしている時に彼を見ようとしないように。   (Avot   4:18)   Sensitivity   あなたが特別な秘密を友人に告げて   そして彼があなたの知らない誰かにそれを話したという最初の時をきっとあなたは憶えているでしょう。あなたの友人があなたを当惑させた理由によって   あなたは彼を「wicked」とさえ呼んだかもしれない。   あるいは   おそらくあなたがあるゲームの試合で上手でなかったので   両軍が組み直されあなたがその最後に選ばれた人になり   そして選んでいる選手があなたに陰うつに言った   「おれが思うに   お前はおれの側だよね!」それはチームで最も弱い連結として考えられていることで   正確にあなたを良い気持ちにさせない。   我々の全てはこの種の瞬間をもっている   そして我々の全てはまた他人を時々当惑させている   たとえ故意にではないとしても(そして時々我々は目的をもってまさに故意に他人を当惑させる)。実際に   いかにして他人を当惑させないか   を人は学ばなければならない。これを学ぶことは自然には出来ないのである。   我々は   何が他人を傷つけるか   に敏感であるようには生まれていない。我々は我々自身を訓練しなければならない   いかに他人が傷つくかを学ぶという観点で   それによって我々が他人を傷つけるのを避けるために。そして   もちろん我々のグループは   他人へより多く敏感であるように学ぶことを助ける点で   大きなくいを持っている。   Keeping   the   group   together   グループがしなければいけない   と我々が言ったところのものの一つは   一緒に留まることである。そのメンバーが互いに一緒に暮らさない理由で   もしそのグループが壊れ始めるならば   そのグループは共にいるという感じを失い   そしていずれは解散してしまう。   このことは我々が属している他のグループと同じように   我々のユダヤ人グループにも真である。ユダヤ人共同社会の場合は   そのくいはたいへん高い。もしその共同社会が解散すれば   各々の人は一人での残される;一緒に生活する目的は消え去り   より完全な社会になるように   そしてより良い世界を作ることに向けて   我々が一緒に作ってきたところの全ての前進は失われる。   それでラビたちは   あなたが「何を」するかだけでなく   あなたが「いつ」行なうべきか   そして他人に向けて「いかに」振る舞うべきか   というもっと困難な質問についてとても関心をもった。互いに対して敏感であることは我々を一緒に留める助けとなるであろうと彼らは我々に教えた。   A   full-time   task   互いに対して敏感であることはフルタイムの仕事である。我々が長い間一緒に親密に生活している時でさえ   それはより簡単になることはない。それはほとんどいつでも難しい。例えば   あなたの家族を取り上げてみよう。   あなたが属する他のどんなグループよりも長く   あなたは家族と一緒に生活してきた。ユダヤ人の家族は一緒に親密に   各家族を小さなユダヤ人の人々にして維持するようラビたちがそんなに強く強調しているのは   この理由のためである。   なおも   そして全て   兄弟あるいは姉妹に親切であったと思い出すのが難しい。   我々が自然に嫉妬深い時が何度もある。(ヨセフの物語そして彼の好みの服   彼の兄弟の全てがいかに嫉妬していたか   あなたは思い出すかもしれない。)   我々が両親を困惑させる時が何度もある   両親が我々を困惑させる時が何度もあると同様に。(友人があなたの家で夜を過ごす時に   「あなた」の就寝時刻にあなた方二人が寝なければならないことを思い出すかもしれない。)あなたの両親は他の全ての両親と違っているために   他の両親がそんなに重要であると考えていないような事を   あなたの両親は時々あなたにやらせることがあるかもしれない。それであなたの家族は   敏感な方法で他人と一緒に生活することがいかに難しいかという一つの良い例なのである。   Sensitivity   is   sensible   しかし他人に敏感になるようにやってみることは良いセンスを作る。我々の勉強を通して   全ての種類の支援においていかに多くお互いに依存しているか我々は見てきた。我々の家族は   世話   食物     そして愛を我々に与えている   たとえ他の誰もが与えない時でさえ。そしてユダヤ人民は一種の拡張された家族である----我々ユダヤ人の共同社会は   家族を持っていない人々を世話し   そして家族を持っている人々さえ世話する。我々は共同社会を一緒に築き   そして敏感さは建築の煉瓦の一つである。   それで   病人を訪れることは一つの戒律である。喪に服している人々を慰めることは一つの戒律である。怒っている人を平静に戻すことは一つの戒律である。慈善を与えることは一つの戒律である。必要な時に人を助けることは一つの戒律である。捕虜の身代金を支払うことは一つの戒律である。そして   これらの戒律を実行することは愛の一つの行動   敏感な人の行動である。この行動は   我々の共同社会を強くすること   そして我々人々を密接に一緒にすることを助ける。   Timing   is   important   さらに重要なことは   あなたが何をするかだけではなく   何時それをするかである。例えば   あなたがバレーボールをサービスする場合に   あなたは空中にボールを投げることによって始める。さてあなたは手でそれを打つ最善の瞬間を正確に待つ。もしあんまり早すぎて打つと   ボールは空中に飛んで行ってしまう。もしあまり長く待ち過ぎると   ボールはネットにぶつかる。あなたのタイミングが正確である時のみ   バレーボールであなたがそれを行ないたいことができる。   戒律を実行する場合にも同じことが真である。もしあなたがあんまり早くそれを必要とする前に実行すると   決して来ないかもしれない結果を待つというように   それは空中に止ってします。病気でない友人を病気訪問することを想像してみなさい-----あなたはこう言わないだろうか?「ちょうど今わたしはあなたを訪問している   それは将来ある時に   あなたが気分がすぐれない時に   わたしが遠くからやってきてあなたを訪問しなければならないのがいやだから」   あるいは   盲目の女性が通りを横切りたいと思う前に   彼女が横切るのを助けることを想像してみなさい。彼女は横切った時に感謝を表わし   そしてこう言ったとする   「私が本当に通りの反対側に行きたかったのですか?」あまりにも遅く戒律を実行することは   また   大きく役に立たない。慈善を施す前に   人が餓えて死んでしまうまで待つことは   ほとんど戒律としては数えられない。すでに4年前に死んだ愛する人を失った人を慰めることは   彼が必要な時に彼を慰めると同様な効果を持つことはできない。   戒律とその戒律の実行は正しいタイミングを要求する。そしてタイミングの良いセンスを習得することは   我々の宗教的な知覚の発展において   重要な部分を演じる。こつを習得することは   戒律を行なうための正しい時を知るようになることを含む。何時しゃべり   そして何時黙るか。   The   hour   of   anger   ラビ・シメオン・ベン・エルアザル(Rabbi   Simeon   ben   Eleazar)は我々が他人により敏感になるような4つの方法を話した:最初は   怒っている人をなだめることを含む。2番目は   喪に服している人に慰めをもたらすことを扱う。3番目は   誓いを立てている人にいかに対応するかを扱う。そして4番目は   我々がこの章を始めたところの主題に我々を戻す----当惑させるという話題に。   最初に   シメオンは言った   「あなたの仲間が怒っている時に彼をなだめてはなりません。」   (Avot   4:23)   人が怒の道に行く時   もし彼が善き人であれば   彼の知恵は彼から離れる。もし彼が預言者であれば   彼の預言の力は彼から離れる。そしてもし彼に対する偉大さが天によって認められていた時でさえも   怒る人は誰であれそれ(偉大さ)を失う。   (Pesahim   66b)   激怒と怒は   人の中に深く食い込む   まわりのあらゆるものが酸っぱく変わるまで。怒の発作の中で人は   長く後悔するであろうことを言うであろう。誰かがあなたに怒っている時は   あなたが謝罪することが良い   「soft   answer」を与えるために。差分をつぎ当てするよう試みるのが良い   しかしタイミングとこつが必須である。シメオンは我々に警告した   怒りの頂点にいる人に謝罪したり言い訳しないように   なぜならば彼はその時に「Yetzer   HaRa(邪悪の衝動)」によってのみ制御されているからである。   「地獄の全ての部門は一人の怒りの男が支配している」   (Nedarim   22a)   その代わりに待ちなさい。あなたの現われる時を選びなさい   その怒りの人から激怒が消えた時を。もしあなたがあまり早すぎて来ると   あなたの出現が彼をもっと怒らせるだけであり   そしてそれはあなたが望むこととはちょうど反対である。   一方   もしあなたがあまり長く待ち過ぎると   怒っていた人はあなたに対して恨みを持つようになる。彼は心の中であなたを嫌うことを覚えるかもしれない。なぜならば怒った人は   「もっともっと愚鈍(stupid)になっている」   (Nedarim   22b)   Seeking   and   receiving   forgiveness   あなたは恨みを持った人々との幾つかの経験があるかもしれない。あなたが何度も何度も謝罪した後でさえ   彼らはあなたが悪いことをしたあらゆることをなお憶えており   あなたを敵と考えている。ラビたちは教えた:   戒律は言う   「あなたは心の中であなたの兄弟を嫌ってはならない。」なぜならば人は考えるかもしれない   「私は彼を殴ってはいけない   あるいは彼を打ってはいけない   あるいは彼をののしってはいけない。(しかし私はなお彼を敵として嫌うことは出来る)」それゆえに戒律は言う   「あなたは心の中で」   (Arachin   16b)   あなたが心から謝罪した後で   そしてあなたが起こしたかもしれないどんな損失も   埋め合わせした後に   もう一人の人があなたを許すことを拒否する時   その時はその人に罪がある。   たとえ彼が侮辱をした他の人に彼が支払をしたとしても   彼は神によって許されてはいない   彼が侮辱をした人から許しを求めるまでは。もし彼が他人を許さないならば   その人は無慈悲と呼ばれる。   (Mishnah   Baba   Kamma   8:7)   我々は他の人に心の中のものを制御することはできない。彼だけが自分の心を制御できる。しかし我々はなお許しを求め   我々の敵を友人に向けることができる希望を求めなければならない。我々が悪い時にこれをすればするほど   我々はもっと多くの友人を持つようになり   我々の共同社会はより良くなるであろう。   時々   ラビは言った   議論で我々が正しいと考えた時でさえ   我々は屈服すべきである。もし重要な議論でないのであれば   正しいことによって勝つよりは平和の方がより重要である。そして我々があまりのも頑固なために恨みが成長することがよくある。不一致で分離するよりも   我々が少しかがむ方が良い。   In   the   hour   of   death   ラビ・シメオンはまた忠告した   「彼の死が彼の前に横たわっている」時に   我々は彼に慰めを提供すべきではない。喪に服している人を慰めることは戒律である。しかし愛する人が死んだまさにその時には   その喪に服している人は私的な深い悲しみと嘆きの時間を持つ権利を持っている。我々はあまりにも早まって慰めようとすべきではない   なぜならば我々は彼をもっと悲しく嘆くようにさせてしまうだけだからである。   この種のこつについてはヨブ記の中から引用される   ヨブの愛する人たちがを死んだ時に   ヨブの三人の友人が彼を慰めようとやって来た。   さてヨブの三人の友人は   ヨブにふりかかった悪の一部始終を聞くと   彼を慰めようとそれぞれの国からやって来た。....彼らは七日七晩   ヨブと共に座っていたが   誰も話しかけることはできなかった   なぜならば彼らはヨブの苦痛が激しいのを見たので。   (ヨブ記2:11-13)   その三人はヨブの気分に対してとても敏感であったので   彼らは実際に七日七晩待った!その最後の時に   「ヨブがしゃべった」。そしてこれが   彼らにとってヨブを慰めるに適切な時であるという彼らの合図であった。   死に直面しては   我々が言えることはほとんどない。時々我々ができる最もよいこつは   ただ黙って座っていることである。ただ我々が居ることが   苦しんでいる人に良い効果をもつことができる。なぜならば   死は共同社会から人の最後の離別である   そしてその別離はとても耐えることが困難である。   ラビ・シメオンは敏感な人の気持ちを表現した。死は開いている傷のようである。   「彼の死が彼の前に横たわっている時」   人は苦しまなければなりません。そして我々は苦しみを許すほど十分に機転がなければなりません。   「ヨブ記」について   聖書の中でも   「ヨブ記」が言わんとしている深い意味を理解するのは難かしいのですが   少し紹介します。   ヨブ記1:1-3   ヨブは正しい人で   神を畏れ   悪を避けて生きていた。   七人の息子と三人の娘をもち   東の国一番の富豪であった。   ヨブ記1:6-12   ある日   主の前に神の使いたちが集まり   サタンもきた。   サタンは言った   「ヨブが   利益もないのに神を敬うでしょうか。あなたは彼とその一族   全財産を守っておられるではありませんか。彼の手の業をすべて祝福なさいます。おかげで   彼の家畜はその地に溢れるほどです。   ひとつこの辺で   御手を伸ばして彼の財産に触れてごらんなさい。面と向かってあなたを呪うに違いありません」主はサタンに言われた   「それでは   彼のものを一切お前のいいようにしてみるがよい」   ヨブ記1:18-21   ヨブのもとに召使がやってきて言った   「御報告いたします。   御長男のお宅で   御子息   御息女のみなさまが宴会を開いておられました。すると   荒れ野から大風が吹きつけ   家が倒れ   若い方々は死んでしまわれました」ヨブは立ち上がり   衣を裂き   地にひれ伏した。「主は与え   主は奪う。主の御名はほめたたえられよ」   このような時でも   ヨブは神を非難することはなく   罪を犯さなかった。   ヨブ記2:1-6   またある日   主の前に神の使いたちが集まり   サタンもきた。   主はサタンは言われた   「お前はわたしの僕ヨブに気づいたか。地上に彼ほどの者はいまい。無垢な正しい人で   神を畏れ   悪を避けて生きている。   お前は理由もなく   わたしをそそのかして彼を破滅させようとしたが   彼はどこまでも無垢だ」サタンは答えた   「皮には皮を   と申します。まして命のためには全財産を差し出すものです。   手を伸ばして彼の骨と肉に触れてごらんなさい。   面と向かってあなたを呪うに違いありません」主はサタンは言われた   「それでは   彼をお前のいいようにするがよい」   ヨブ記2:7-10   サタンはヨブに手を下し   頭のてっぺんから足の裏までひどい皮膚病にかからせた。   彼の妻は言った   「どこまでも無垢でいるのですか。神を呪って死ぬほうがましでしょう」   ヨブは答えた   「お前まで愚かなことを言うのか。   わたしたちは   神から幸福をいただいたのだから   不幸もいただこうではないか」   このようになっても   神を唇をもって罪を犯すことをしなかった。   ヨブ記2:11   さてヨブと親しいの三人の友人がヨブにふりかかった災難の一部始終を聞くと   見舞い慰めようと相談して   それぞれの国からやって来た。   ヨブ記2:13   彼らは七日七晩   ヨブと共に地面に座っていたが   その激しい苦痛を見ると   話しかけることもできなかった。   ヨブ記3:1   やがてヨブは口を開き   自分が生まれた日を呪って言った。「わたしの生まれた日は消えうせよ。.......   In   the   time   of   vow   ラビ・シメオンが誓いをしている時に見ていることを   我々の近代的な観点から理解することのより困難さは重要である。「彼の誓いの時間には彼に質問しないように」   シメオンは言った。   我々はこれを一般的な方法で理解できる:   人々が強い気持ちで一生懸命でそれがとても強く   それについて何かをすることを誓う時には   意見を言ったり議論せずに   我々は普通彼らの誓いを通すべきである。   普通   我々は人々に彼らの約束を維持してもらいたいと望んでいる   しかし我々が急いで約束をして   そしてそれをした後で後悔する時がよくある。シメオンがおそらく意味したことは   人ができないような約束をしたのを我々が聞いた時に   彼に質問をすべきではないということである。我々の質問は当惑させることになるかもしれない。それらはその人に   彼が本当にはしたくないことをさせるように強いるかもしれない。   もし我々がただ黙り続けることが全てより良いのである。それがこの場合のなすべき機転である。   例えば   友人が彼のための約束を忘れた理由で   「もう両親を決して信用しないと約束する」   というのをあなたが聞いたとしよう。あなたはその時にこんな質問をすべきではない:「あなたがもう両親を決して信用しない   というのは確かなの?」「もしあなたの両親でなければ   ほかの誰を信用できるの?」これらの質問はあなたの友人を当惑させるだけである。彼の誓いは怒り   あるいは急い状態の中で為された種類のものであり   それは本当には正直で真実なものを意味してはいない。   そんな時は少なくとも   あなたはそれを聞き過ごすべきである   たとえもしあなたがそれに不一致であろうとも。   In   the   hour   of   embarrassment   ラビ・シメオンのその最後の忠告は   「彼が不名誉な時間には彼を見ないように努力しなさい」   ここでシメオンは   うわさ話として進んでいる事をがつがつ見るような   機転のない人の話をしている。   ある人々は   他人について「悪い言葉」を広げて   他人を困惑させるの好きである。   しかし   Judaism   は我々に   各々の人間は貴重であり   神のイメージで造られていると教えている。   それでシメオンは   他の人を困惑させることを   人の精神を殺す種類のものとして見ている。   我々が公衆で困惑させられる時はいつでも   我々の中で血が反応を示す。ある善き人が教えた....:もし誰かが彼の隣人を公衆で恥をかかせると   それは彼が血を流すようなものである。   ラブ・ナフマンは答えた   すなわちこう言われている:顔の赤い血が退き   そして人が青ざめたように白さがやって来る   我々は知ることができるからである。   (Baba   Metzia   58b)   もしあなたがいかに困惑されているか感じることについて考えるとき   故意ではなくあながた何かをしたために   あるいはたまたまあなたに起こった何かのために   困惑がいかに深く傷つけるかあなたは知る。そこで   特に   我々が他の人々に敏感であることが必要である。ここに   また   タイミングとこつが重要である。   少女たちが   ダンスの後にちょうど一人の友達を探し出して   そして彼女とダンスをしようとした人は誰もいなかったという理由で彼女をからかった。   そんな少女たちは残酷である。   しかし少女が   ダンスの後にちょうど一人の友達を探し出して   そして彼女とダンスをしようとした人は誰もいなかったという理由で彼女を慰めた。   そんな少女は   また残酷である   たとえ同じ方法ではないけれども。   からかった彼女たちは邪悪な方法で残酷である。   彼女たちの行動は「Yetzer   HaRa(邪悪の衝動)」の行動である。   しかし   あまりにも早く慰めようとした彼女は   困惑させることを通して残酷である。   彼女は善い意味だけれども   彼女の行動は悪いタイミングであった:   それは機転がない。彼女は宗教的な知覚を使うことに失敗したのである。   あなたが友人に対して   いかにすまないかと感じていることを   彼に走っていって振り向いて告げる前に   あなたが本当にするかもしれないことが   本当に彼を助けることになるであろうかと   最初にあなた自身に質問すべきである。   さもなければ   あなたの「Yetzer   Tov(善の衝動)」を通してあなたが本当に行動していないで   あなたの「Yetzer   HaRa(邪悪の衝動)」を通して行動している   ということをあなたは見つけるかもしれない。   あなたの悪いタイミングが故意で残酷である   とあなたは見つけるであろう。   あなたはちょうど比較によって「大きく」見えたかったのかもしれない。   すなわちこれが   なぜシメオンが我々に   彼の不名誉な時間に」その友人を見ないようにと警告したかの理由である。   それは機転がなく   害がある。   そして   それは我々の現実の目的を忘れてしまう方法である。   その目的   ゴールとは   各々の人間は誰もがいかに重要であるか   我々の全てに対して平和がいかに大きく意味があるか   それを我々が思い出すことである。   我々のすべてが平等に造られている   そして我々の各々が唯一で価値がある   ということをただ知るだけでは十分ではない。   毎日の扱いについて   お互いに対して敏感であることを我々は学ばなければなりません。これをするために   我々は戒律を実行するタイミングを学ばなければならない   我々が物事を為されるべき時に正しい方法でするために。   正しい時間に正しい態度で物事を行なうことは   我々がこつと呼ぶところのものである。   我々が機転がある時   彼らを慰め支援することで我々の戒律は他人を助ける。   特に   緊張の時には   我々の情緒が興奮している時   ----   我々が怒っている時   我々が愛する人の死の喪に服している時   我々が急いで約束した時   我々が我々自身の行動によって困惑している時   ----   我々のまわりの人々   友人そして我々が愛する家族   の支援以上のものを我々は必要とする。   他人がそんな緊張を経験している時   彼らに対して良い友人であり   そしてまた親密な家族であることを   我々は同じく学ばなければなりません。   我々の宗教的な知覚を通して   我々は彼らを助ける最善の方法を見つける努力をすべきである   言葉によって   行動によって   あるいは沈黙のいずれかによって。   我々が何をしようとも   我々はより良い共同社会の我々のゴールの視点を   失ってはならない。   我々の行動は   我々自身   我々の友人   そして我々の親類を   ユダヤ人の生活の平和の流れにできるだけ早く戻す方向になされるべきである   そうすれば全体の共同社会が一つの家族として一緒に働くことができるようになる。  

サムネイル

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です) 1 「タルムード」「感受性の価値」 「イスラエルのヤハウェ信仰の回復」

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です) 1 「タルムード」 「The value of sensitivity : 感受性の価値」 「イスラエルの民のヤハウェ信仰の回復」 紀元前926 イスラエル王国が 南王国ユダとベニヤミン族(2部族首都エルサレム) 北イスラエル王国(10部族首都サマリア) に分裂 紀元前722 北イスラエル王国が アッシリアに滅ぼされる (列王記下16~17章)   (失われた10部族) 北王国の10部族は アッシリアに虜囚されて滅亡した。 (文書は残されていない。) アッシリアの政策で異民族と混ざる。 紀元前640 ユダ王国のヨシヤ王が8歳で即位。在位31年 (列王記下22~23章)(暦代誌下34章) 予言者エレミア登場 紀元前625頃  新バビロニア王国建国 紀元前609 メギドの戦い(アッシリアの没落で エジプトと新バビロニアが争う) ユダはバビロニアの支配下で、 バビロニアのヨシヤ王が エジプト軍との戦いで戦死。 (列王記下23:29、歴代誌下35:20~24) 紀元前598 新バビロニア王国ネブカドネザル2世が エルサレムを包囲。 ユダ王国の人々がバビロンに捕囚。 第1次バビロン捕囚(列王記下24:10~17) 預言者エゼキエルも共に捕囚 バビロニア時代 紀元前586~538 名前がない極めて有能な預言者 仮に第三のイザヤが 神ヤハウェの信仰と エルサレムの未来について導く。 (イザヤ書 56章~66章) ペルシャ時代 紀元前538~333 第2神殿時代が紀元前538年のバビロン崩壊から 紀元70年ローマによる神殿破壊までの600年間 紀元前586 エルサレム陥落。南ユダ王国滅亡。 第2次バビロン捕囚 (列王記下25章) 神殿破壊され廃墟になる これらの民はバビロンの王に70年の間仕える。 (エレミヤ書25:11) 南ユダ王国新バビロニアの属州にる 紀元前582 第3次バビロン捕囚(745人) 紀元前538 ペルシャ帝国によるバビロン崩壊 ペルシャ王クロス2世が捕囚民の解放。 イスラエルの民が帰還 紀元前515 ペルシャ王クロス2世の勅令で 捕囚から帰還した民が神殿を再建 (エズラ記6章) 第1神殿破壊から71年で第2神殿が完成 (暦代誌下36章) ペルシャ国内が混乱していたため エルサレムでヤハウェ信仰と 神殿の礼拝を認めて、 かつて衝突していた サマリア人、アラブ人などの 周辺諸部族と混ざって行ったが、 特にサマリア人貴族と エルサレムの祭司の 縁戚関係が結ばれて行き ヤハウェ信仰の純粋性が減衰した。 エズラがバビロニア捕囚が終わっても 帰還が果たせぬまま バビロニアを滅ぼした ペルシャ帝国の寛容な政策で エズラがイスラエルの民でも ペルシャの高官になることができた。 このことから、 ペルシャ王 アルタクセルクセス1世 (紀元前464年~423年)の 第7年5月に「ソーフエール」 =書記(律法学者)の称号の エズラが、王から免税特権を与えられて バビロニアの力エルサレムに来たが、 ヤハウェ信仰の純粋性の衰退を指摘して エルサレムの祭司に サマリア人の貴族と エルサレムの祭司の縁戚関係を 離別させようとした「エズラ記10章」 がエルサレム民族共同体の説得に 失敗して13年間エルサレムを離れました。 ペルシャ王 アルタクセルクセス1世 (紀元前464年~423年)の 第20年紀元前445年に ペルシャ宮廷の 捕囚民出身の高官の ネヘミヤがユダヤ州知事に着任して、 神殿の城壁を修復して、 「安息日の遵守」 「1/10の税の神政共同体の維持」 「エルサレムの人口の調整」 「下級祭司とレビ人の 給与の支払いの保障」 「サマリア人の貴族と エルサレムの祭司の 縁戚関係の離別」 を断行して エルサレムに戻ったエズラが 「モーセの律法(五書)」 を読み上げた。 こうしてユダヤ人共同体の 社会改革(エヘミヤ記13章) トーラー(モーセ五書)を 聖典とするユダヤ教が確立しました。 * 「詩編、箴言(しんげん)」 「コヘレトの言葉(伝道の書)」 「雅歌」 「哀歌(エルサレムの滅亡を嘆く歌)」 がございます。

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.6.25. 17:55
視聴回数:8665回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: アヴェ・ヴェルム・コルプス   (お話です)   1   「タルムード」   「The   value   of   sensitivity   :   感受性の価値」   「イスラエルの民のヤハウェ信仰の回復」   紀元前926   イスラエル王国が   南王国ユダとベニヤミン族(2部族首都エルサレム)   北イスラエル王国(10部族首都サマリア)   に分裂   紀元前722   北イスラエル王国が   アッシリアに滅ぼされる   (列王記下16~17章)   (失われた10部族)   北王国の10部族は   アッシリアに虜囚されて滅亡した。   (文書は残されていない。)   アッシリアの政策で異民族と混ざる。   紀元前640   ユダ王国のヨシヤ王が8歳で即位。在位31年   (列王記下22~23章)(暦代誌下34章)   予言者エレミア登場   紀元前625頃   新バビロニア王国建国   紀元前609   メギドの戦い(アッシリアの没落で   エジプトと新バビロニアが争う)   ユダはバビロニアの支配下で   バビロニアのヨシヤ王が   エジプト軍との戦いで戦死。   (列王記下23:29   歴代誌下35:20~24)   紀元前598   新バビロニア王国ネブカドネザル2世が   エルサレムを包囲。   ユダ王国の人々がバビロンに捕囚。   第1次バビロン捕囚(列王記下24:10~17)   預言者エゼキエルも共に捕囚   バビロニア時代   紀元前586~538   名前がない極めて有能な預言者   仮に第三のイザヤが   神ヤハウェの信仰と   エルサレムの未来について導く。   (イザヤ書   56章~66章)   ペルシャ時代   紀元前538~333   第2神殿時代が紀元前538年のバビロン崩壊から   紀元70年ローマによる神殿破壊までの600年間   紀元前586   エルサレム陥落。南ユダ王国滅亡。   第2次バビロン捕囚   (列王記下25章)   神殿破壊され廃墟になる   これらの民はバビロンの王に70年の間仕える。   (エレミヤ書25:11)   南ユダ王国新バビロニアの属州にる   紀元前582   第3次バビロン捕囚(745人)   紀元前538   ペルシャ帝国によるバビロン崩壊   ペルシャ王クロス2世が捕囚民の解放。   イスラエルの民が帰還   紀元前515   ペルシャ王クロス2世の勅令で   捕囚から帰還した民が神殿を再建   (エズラ記6章)   第1神殿破壊から71年で第2神殿が完成   (暦代誌下36章)   ペルシャ国内が混乱していたため   エルサレムでヤハウェ信仰と   神殿の礼拝を認めて   かつて衝突していた   サマリア人   アラブ人などの   周辺諸部族と混ざって行ったが   特にサマリア人貴族と   エルサレムの祭司の   縁戚関係が結ばれて行き   ヤハウェ信仰の純粋性が減衰した。   エズラがバビロニア捕囚が終わっても   帰還が果たせぬまま   バビロニアを滅ぼした   ペルシャ帝国の寛容な政策で   エズラがイスラエルの民でも   ペルシャの高官になることができた。   このことから   ペルシャ王   アルタクセルクセス1世   (紀元前464年~423年)の   第7年5月に「ソーフエール」   =書記(律法学者)の称号の   エズラが   王から免税特権を与えられて   バビロニアの力エルサレムに来たが   ヤハウェ信仰の純粋性の衰退を指摘して   エルサレムの祭司に   サマリア人の貴族と   エルサレムの祭司の縁戚関係を   離別させようとした「エズラ記10章」   がエルサレム民族共同体の説得に   失敗して13年間エルサレムを離れました。   ペルシャ王   アルタクセルクセス1世   (紀元前464年~423年)の   第20年紀元前445年に   ペルシャ宮廷の   捕囚民出身の高官の   ネヘミヤがユダヤ州知事に着任して   神殿の城壁を修復して   「安息日の遵守」   「1/10の税の神政共同体の維持」   「エルサレムの人口の調整」   「下級祭司とレビ人の   給与の支払いの保障」   「サマリア人の貴族と   エルサレムの祭司の   縁戚関係の離別」   を断行して   エルサレムに戻ったエズラが   「モーセの律法(五書)」   を読み上げた。   こうしてユダヤ人共同体の   社会改革(エヘミヤ記13章)   トーラー(モーセ五書)を   聖典とするユダヤ教が確立しました。     「詩編   箴言(しんげん)」   「コヘレトの言葉(伝道の書)」   「雅歌」   「哀歌(エルサレムの滅亡を嘆く歌)」   がございます。   When   a   Jew   seeks   wisdom   「The   value   of   sensitivity」   Sensitivity   Keeping   the   group   together   A   full-time   task   Sensitivity   is   sensible   Timing   is   important   The   hour   of   anger   Seeking   and   receiving   forgiveness   In   the   hour   of   death   In   the   time   of   vow   In   the   hour   of   embarrassment   「The   value   of   sensitivity   :   感受性の価値」   ラビ・シメオン・ベン・エルアザル(Rabbi   Simeon   ben   Eleazar)は言った。あなたの仲間が怒っている時に彼をなだめてはならない   そして死人が彼の前に横たわっている時に彼を慰めてはならない   そして彼が誓いを立てている時に彼に質問してはならない   そして恥ずかしい思いをしている時に彼を見ようとしないように。   (Avot   4:18)   Sensitivity   あなたが特別な秘密を友人に告げて   そして彼があなたの知らない誰かにそれを話したという最初の時をきっとあなたは憶えているでしょう。あなたの友人があなたを当惑させた理由によって   あなたは彼を「wicked」とさえ呼んだかもしれない。   あるいは   おそらくあなたがあるゲームの試合で上手でなかったので   両軍が組み直されあなたがその最後に選ばれた人になり   そして選んでいる選手があなたに陰うつに言った   「おれが思うに   お前はおれの側だよね!」それはチームで最も弱い連結として考えられていることで   正確にあなたを良い気持ちにさせない。   我々の全てはこの種の瞬間をもっている   そして我々の全てはまた他人を時々当惑させている   たとえ故意にではないとしても(そして時々我々は目的をもってまさに故意に他人を当惑させる)。実際に   いかにして他人を当惑させないか   を人は学ばなければならない。これを学ぶことは自然には出来ないのである。   我々は   何が他人を傷つけるか   に敏感であるようには生まれていない。我々は我々自身を訓練しなければならない   いかに他人が傷つくかを学ぶという観点で   それによって我々が他人を傷つけるのを避けるために。そして   もちろん我々のグループは   他人へより多く敏感であるように学ぶことを助ける点で   大きなくいを持っている。   Keeping   the   group   together   グループがしなければいけない   と我々が言ったところのものの一つは   一緒に留まることである。そのメンバーが互いに一緒に暮らさない理由で   もしそのグループが壊れ始めるならば   そのグループは共にいるという感じを失い   そしていずれは解散してしまう。   このことは我々が属している他のグループと同じように   我々のユダヤ人グループにも真である。ユダヤ人共同社会の場合は   そのくいはたいへん高い。もしその共同社会が解散すれば   各々の人は一人での残される;一緒に生活する目的は消え去り   より完全な社会になるように   そしてより良い世界を作ることに向けて   我々が一緒に作ってきたところの全ての前進は失われる。   それでラビたちは   あなたが「何を」するかだけでなく   あなたが「いつ」行なうべきか   そして他人に向けて「いかに」振る舞うべきか   というもっと困難な質問についてとても関心をもった。互いに対して敏感であることは我々を一緒に留める助けとなるであろうと彼らは我々に教えた。   A   full-time   task   互いに対して敏感であることはフルタイムの仕事である。我々が長い間一緒に親密に生活している時でさえ   それはより簡単になることはない。それはほとんどいつでも難しい。例えば   あなたの家族を取り上げてみよう。   あなたが属する他のどんなグループよりも長く   あなたは家族と一緒に生活してきた。ユダヤ人の家族は一緒に親密に   各家族を小さなユダヤ人の人々にして維持するようラビたちがそんなに強く強調しているのは   この理由のためである。   なおも   そして全て   兄弟あるいは姉妹に親切であったと思い出すのが難しい。   我々が自然に嫉妬深い時が何度もある。(ヨセフの物語そして彼の好みの服   彼の兄弟の全てがいかに嫉妬していたか   あなたは思い出すかもしれない。)   我々が両親を困惑させる時が何度もある   両親が我々を困惑させる時が何度もあると同様に。(友人があなたの家で夜を過ごす時に   「あなた」の就寝時刻にあなた方二人が寝なければならないことを思い出すかもしれない。)あなたの両親は他の全ての両親と違っているために   他の両親がそんなに重要であると考えていないような事を   あなたの両親は時々あなたにやらせることがあるかもしれない。それであなたの家族は   敏感な方法で他人と一緒に生活することがいかに難しいかという一つの良い例なのである。   Sensitivity   is   sensible   しかし他人に敏感になるようにやってみることは良いセンスを作る。我々の勉強を通して   全ての種類の支援においていかに多くお互いに依存しているか我々は見てきた。我々の家族は   世話   食物     そして愛を我々に与えている   たとえ他の誰もが与えない時でさえ。そしてユダヤ人民は一種の拡張された家族である----我々ユダヤ人の共同社会は   家族を持っていない人々を世話し   そして家族を持っている人々さえ世話する。我々は共同社会を一緒に築き   そして敏感さは建築の煉瓦の一つである。   それで   病人を訪れることは一つの戒律である。喪に服している人々を慰めることは一つの戒律である。怒っている人を平静に戻すことは一つの戒律である。慈善を与えることは一つの戒律である。必要な時に人を助けることは一つの戒律である。捕虜の身代金を支払うことは一つの戒律である。そして   これらの戒律を実行することは愛の一つの行動   敏感な人の行動である。この行動は   我々の共同社会を強くすること   そして我々人々を密接に一緒にすることを助ける。   Timing   is   important   さらに重要なことは   あなたが何をするかだけではなく   何時それをするかである。例えば   あなたがバレーボールをサービスする場合に   あなたは空中にボールを投げることによって始める。さてあなたは手でそれを打つ最善の瞬間を正確に待つ。もしあんまり早すぎて打つと   ボールは空中に飛んで行ってしまう。もしあまり長く待ち過ぎると   ボールはネットにぶつかる。あなたのタイミングが正確である時のみ   バレーボールであなたがそれを行ないたいことができる。   戒律を実行する場合にも同じことが真である。もしあなたがあんまり早くそれを必要とする前に実行すると   決して来ないかもしれない結果を待つというように   それは空中に止ってします。病気でない友人を病気訪問することを想像してみなさい-----あなたはこう言わないだろうか?「ちょうど今わたしはあなたを訪問している   それは将来ある時に   あなたが気分がすぐれない時に   わたしが遠くからやってきてあなたを訪問しなければならないのがいやだから」   あるいは   盲目の女性が通りを横切りたいと思う前に   彼女が横切るのを助けることを想像してみなさい。彼女は横切った時に感謝を表わし   そしてこう言ったとする   「私が本当に通りの反対側に行きたかったのですか?」あまりにも遅く戒律を実行することは   また   大きく役に立たない。慈善を施す前に   人が餓えて死んでしまうまで待つことは   ほとんど戒律としては数えられない。すでに4年前に死んだ愛する人を失った人を慰めることは   彼が必要な時に彼を慰めると同様な効果を持つことはできない。   戒律とその戒律の実行は正しいタイミングを要求する。そしてタイミングの良いセンスを習得することは   我々の宗教的な知覚の発展において   重要な部分を演じる。こつを習得することは   戒律を行なうための正しい時を知るようになることを含む。何時しゃべり   そして何時黙るか。   The   hour   of   anger   ラビ・シメオン・ベン・エルアザル(Rabbi   Simeon   ben   Eleazar)は我々が他人により敏感になるような4つの方法を話した:最初は   怒っている人をなだめることを含む。2番目は   喪に服している人に慰めをもたらすことを扱う。3番目は   誓いを立てている人にいかに対応するかを扱う。そして4番目は   我々がこの章を始めたところの主題に我々を戻す----当惑させるという話題に。   最初に   シメオンは言った   「あなたの仲間が怒っている時に彼をなだめてはなりません。」   (Avot   4:23)   人が怒の道に行く時   もし彼が善き人であれば   彼の知恵は彼から離れる。もし彼が預言者であれば   彼の預言の力は彼から離れる。そしてもし彼に対する偉大さが天によって認められていた時でさえも   怒る人は誰であれそれ(偉大さ)を失う。   (Pesahim   66b)   激怒と怒は   人の中に深く食い込む   まわりのあらゆるものが酸っぱく変わるまで。怒の発作の中で人は   長く後悔するであろうことを言うであろう。誰かがあなたに怒っている時は   あなたが謝罪することが良い   「soft   answer」を与えるために。差分をつぎ当てするよう試みるのが良い   しかしタイミングとこつが必須である。シメオンは我々に警告した   怒りの頂点にいる人に謝罪したり言い訳しないように   なぜならば彼はその時に「Yetzer   HaRa(邪悪の衝動)」によってのみ制御されているからである。   「地獄の全ての部門は一人の怒りの男が支配している」   (Nedarim   22a)   その代わりに待ちなさい。あなたの現われる時を選びなさい   その怒りの人から激怒が消えた時を。もしあなたがあまり早すぎて来ると   あなたの出現が彼をもっと怒らせるだけであり   そしてそれはあなたが望むこととはちょうど反対である。   一方   もしあなたがあまり長く待ち過ぎると   怒っていた人はあなたに対して恨みを持つようになる。彼は心の中であなたを嫌うことを覚えるかもしれない。なぜならば怒った人は   「もっともっと愚鈍(stupid)になっている」   (Nedarim   22b)   Seeking   and   receiving   forgiveness   あなたは恨みを持った人々との幾つかの経験があるかもしれない。あなたが何度も何度も謝罪した後でさえ   彼らはあなたが悪いことをしたあらゆることをなお憶えており   あなたを敵と考えている。ラビたちは教えた:   戒律は言う   「あなたは心の中であなたの兄弟を嫌ってはならない。」なぜならば人は考えるかもしれない   「私は彼を殴ってはいけない   あるいは彼を打ってはいけない   あるいは彼をののしってはいけない。(しかし私はなお彼を敵として嫌うことは出来る)」それゆえに戒律は言う   「あなたは心の中で」   (Arachin   16b)   あなたが心から謝罪した後で   そしてあなたが起こしたかもしれないどんな損失も   埋め合わせした後に   もう一人の人があなたを許すことを拒否する時   その時はその人に罪がある。   たとえ彼が侮辱をした他の人に彼が支払をしたとしても   彼は神によって許されてはいない   彼が侮辱をした人から許しを求めるまでは。もし彼が他人を許さないならば   その人は無慈悲と呼ばれる。   (Mishnah   Baba   Kamma   8:7)   我々は他の人に心の中のものを制御することはできない。彼だけが自分の心を制御できる。しかし我々はなお許しを求め   我々の敵を友人に向けることができる希望を求めなければならない。我々が悪い時にこれをすればするほど   我々はもっと多くの友人を持つようになり   我々の共同社会はより良くなるであろう。   時々   ラビは言った   議論で我々が正しいと考えた時でさえ   我々は屈服すべきである。もし重要な議論でないのであれば   正しいことによって勝つよりは平和の方がより重要である。そして我々があまりのも頑固なために恨みが成長することがよくある。不一致で分離するよりも   我々が少しかがむ方が良い。   In   the   hour   of   death   ラビ・シメオンはまた忠告した   「彼の死が彼の前に横たわっている」時に   我々は彼に慰めを提供すべきではない。喪に服している人を慰めることは戒律である。しかし愛する人が死んだまさにその時には   その喪に服している人は私的な深い悲しみと嘆きの時間を持つ権利を持っている。我々はあまりにも早まって慰めようとすべきではない   なぜならば我々は彼をもっと悲しく嘆くようにさせてしまうだけだからである。   この種のこつについてはヨブ記の中から引用される   ヨブの愛する人たちがを死んだ時に   ヨブの三人の友人が彼を慰めようとやって来た。   さてヨブの三人の友人は   ヨブにふりかかった悪の一部始終を聞くと   彼を慰めようとそれぞれの国からやって来た。....彼らは七日七晩   ヨブと共に座っていたが   誰も話しかけることはできなかった   なぜならば彼らはヨブの苦痛が激しいのを見たので。   (ヨブ記2:11-13)   その三人はヨブの気分に対してとても敏感であったので   彼らは実際に七日七晩待った!その最後の時に   「ヨブがしゃべった」。そしてこれが   彼らにとってヨブを慰めるに適切な時であるという彼らの合図であった。   死に直面しては   我々が言えることはほとんどない。時々我々ができる最もよいこつは   ただ黙って座っていることである。ただ我々が居ることが   苦しんでいる人に良い効果をもつことができる。なぜならば   死は共同社会から人の最後の離別である   そしてその別離はとても耐えることが困難である。   ラビ・シメオンは敏感な人の気持ちを表現した。死は開いている傷のようである。   「彼の死が彼の前に横たわっている時」   人は苦しまなければなりません。そして我々は苦しみを許すほど十分に機転がなければなりません。   「ヨブ記」について   聖書の中でも   「ヨブ記」が言わんとしている深い意味を理解するのは難かしいのですが   少し紹介します。   ヨブ記1:1-3   ヨブは正しい人で   神を畏れ   悪を避けて生きていた。   七人の息子と三人の娘をもち   東の国一番の富豪であった。   ヨブ記1:6-12   ある日   主の前に神の使いたちが集まり   サタンもきた。   サタンは言った   「ヨブが   利益もないのに神を敬うでしょうか。あなたは彼とその一族   全財産を守っておられるではありませんか。彼の手の業をすべて祝福なさいます。おかげで   彼の家畜はその地に溢れるほどです。   ひとつこの辺で   御手を伸ばして彼の財産に触れてごらんなさい。面と向かってあなたを呪うに違いありません」主はサタンに言われた   「それでは   彼のものを一切お前のいいようにしてみるがよい」   ヨブ記1:18-21   ヨブのもとに召使がやってきて言った   「御報告いたします。   御長男のお宅で   御子息   御息女のみなさまが宴会を開いておられました。すると   荒れ野から大風が吹きつけ   家が倒れ   若い方々は死んでしまわれました」ヨブは立ち上がり   衣を裂き   地にひれ伏した。「主は与え   主は奪う。主の御名はほめたたえられよ」   このような時でも   ヨブは神を非難することはなく   罪を犯さなかった。   ヨブ記2:1-6   またある日   主の前に神の使いたちが集まり   サタンもきた。   主はサタンは言われた   「お前はわたしの僕ヨブに気づいたか。地上に彼ほどの者はいまい。無垢な正しい人で   神を畏れ   悪を避けて生きている。   お前は理由もなく   わたしをそそのかして彼を破滅させようとしたが   彼はどこまでも無垢だ」サタンは答えた   「皮には皮を   と申します。まして命のためには全財産を差し出すものです。   手を伸ばして彼の骨と肉に触れてごらんなさい。   面と向かってあなたを呪うに違いありません」主はサタンは言われた   「それでは   彼をお前のいいようにするがよい」   ヨブ記2:7-10   サタンはヨブに手を下し   頭のてっぺんから足の裏までひどい皮膚病にかからせた。   彼の妻は言った   「どこまでも無垢でいるのですか。神を呪って死ぬほうがましでしょう」   ヨブは答えた   「お前まで愚かなことを言うのか。   わたしたちは   神から幸福をいただいたのだから   不幸もいただこうではないか」   このようになっても   神を唇をもって罪を犯すことをしなかった。   ヨブ記2:11   さてヨブと親しいの三人の友人がヨブにふりかかった災難の一部始終を聞くと   見舞い慰めようと相談して   それぞれの国からやって来た。   ヨブ記2:13   彼らは七日七晩   ヨブと共に地面に座っていたが   その激しい苦痛を見ると   話しかけることもできなかった。   ヨブ記3:1   やがてヨブは口を開き   自分が生まれた日を呪って言った。「わたしの生まれた日は消えうせよ。.......   In   the   time   of   vow   ラビ・シメオンが誓いをしている時に見ていることを   我々の近代的な観点から理解することのより困難さは重要である。「彼の誓いの時間には彼に質問しないように」   シメオンは言った。   我々はこれを一般的な方法で理解できる:   人々が強い気持ちで一生懸命でそれがとても強く   それについて何かをすることを誓う時には   意見を言ったり議論せずに   我々は普通彼らの誓いを通すべきである。   普通   我々は人々に彼らの約束を維持してもらいたいと望んでいる   しかし我々が急いで約束をして   そしてそれをした後で後悔する時がよくある。シメオンがおそらく意味したことは   人ができないような約束をしたのを我々が聞いた時に   彼に質問をすべきではないということである。我々の質問は当惑させることになるかもしれない。それらはその人に   彼が本当にはしたくないことをさせるように強いるかもしれない。   もし我々がただ黙り続けることが全てより良いのである。それがこの場合のなすべき機転である。   例えば   友人が彼のための約束を忘れた理由で   「もう両親を決して信用しないと約束する」   というのをあなたが聞いたとしよう。あなたはその時にこんな質問をすべきではない:「あなたがもう両親を決して信用しない   というのは確かなの?」「もしあなたの両親でなければ   ほかの誰を信用できるの?」これらの質問はあなたの友人を当惑させるだけである。彼の誓いは怒り   あるいは急い状態の中で為された種類のものであり   それは本当には正直で真実なものを意味してはいない。   そんな時は少なくとも   あなたはそれを聞き過ごすべきである   たとえもしあなたがそれに不一致であろうとも。   In   the   hour   of   embarrassment   ラビ・シメオンのその最後の忠告は   「彼が不名誉な時間には彼を見ないように努力しなさい」   ここでシメオンは   うわさ話として進んでいる事をがつがつ見るような   機転のない人の話をしている。   ある人々は   他人について「悪い言葉」を広げて   他人を困惑させるの好きである。   しかし   Judaism   は我々に   各々の人間は貴重であり   神のイメージで造られていると教えている。   それでシメオンは   他の人を困惑させることを   人の精神を殺す種類のものとして見ている。   我々が公衆で困惑させられる時はいつでも   我々の中で血が反応を示す。ある善き人が教えた....:もし誰かが彼の隣人を公衆で恥をかかせると   それは彼が血を流すようなものである。   ラブ・ナフマンは答えた   すなわちこう言われている:顔の赤い血が退き   そして人が青ざめたように白さがやって来る   我々は知ることができるからである。   (Baba   Metzia   58b)   もしあなたがいかに困惑されているか感じることについて考えるとき   故意ではなくあながた何かをしたために   あるいはたまたまあなたに起こった何かのために   困惑がいかに深く傷つけるかあなたは知る。そこで   特に   我々が他の人々に敏感であることが必要である。ここに   また   タイミングとこつが重要である。   少女たちが   ダンスの後にちょうど一人の友達を探し出して   そして彼女とダンスをしようとした人は誰もいなかったという理由で彼女をからかった。   そんな少女たちは残酷である。   しかし少女が   ダンスの後にちょうど一人の友達を探し出して   そして彼女とダンスをしようとした人は誰もいなかったという理由で彼女を慰めた。   そんな少女は   また残酷である   たとえ同じ方法ではないけれども。   からかった彼女たちは邪悪な方法で残酷である。   彼女たちの行動は「Yetzer   HaRa(邪悪の衝動)」の行動である。   しかし   あまりにも早く慰めようとした彼女は   困惑させることを通して残酷である。   彼女は善い意味だけれども   彼女の行動は悪いタイミングであった:   それは機転がない。彼女は宗教的な知覚を使うことに失敗したのである。   あなたが友人に対して   いかにすまないかと感じていることを   彼に走っていって振り向いて告げる前に   あなたが本当にするかもしれないことが   本当に彼を助けることになるであろうかと   最初にあなた自身に質問すべきである。   さもなければ   あなたの「Yetzer   Tov(善の衝動)」を通してあなたが本当に行動していないで   あなたの「Yetzer   HaRa(邪悪の衝動)」を通して行動している   ということをあなたは見つけるかもしれない。   あなたの悪いタイミングが故意で残酷である   とあなたは見つけるであろう。   あなたはちょうど比較によって「大きく」見えたかったのかもしれない。   すなわちこれが   なぜシメオンが我々に   彼の不名誉な時間に」その友人を見ないようにと警告したかの理由である。   それは機転がなく   害がある。   そして   それは我々の現実の目的を忘れてしまう方法である。   その目的   ゴールとは   各々の人間は誰もがいかに重要であるか   我々の全てに対して平和がいかに大きく意味があるか   それを我々が思い出すことである。   我々のすべてが平等に造られている   そして我々の各々が唯一で価値がある   ということをただ知るだけでは十分ではない。   毎日の扱いについて   お互いに対して敏感であることを我々は学ばなければなりません。これをするために   我々は戒律を実行するタイミングを学ばなければならない   我々が物事を為されるべき時に正しい方法でするために。   正しい時間に正しい態度で物事を行なうことは   我々がこつと呼ぶところのものである。   我々が機転がある時   彼らを慰め支援することで我々の戒律は他人を助ける。   特に   緊張の時には   我々の情緒が興奮している時   ----   我々が怒っている時   我々が愛する人の死の喪に服している時   我々が急いで約束した時   我々が我々自身の行動によって困惑している時   ----   我々のまわりの人々   友人そして我々が愛する家族   の支援以上のものを我々は必要とする。   他人がそんな緊張を経験している時   彼らに対して良い友人であり   そしてまた親密な家族であることを   我々は同じく学ばなければなりません。   我々の宗教的な知覚を通して   我々は彼らを助ける最善の方法を見つける努力をすべきである   言葉によって   行動によって   あるいは沈黙のいずれかによって。   我々が何をしようとも   我々はより良い共同社会の我々のゴールの視点を   失ってはならない。   我々の行動は   我々自身   我々の友人   そして我々の親類を   ユダヤ人の生活の平和の流れにできるだけ早く戻す方向になされるべきである   そうすれば全体の共同社会が一つの家族として一緒に働くことができるようになる。  

サムネイル

合唱組曲 島よ (朗読) (お話です)「タルムード」「イスラエル2つの王国の統治の手立て」

合唱組曲 島よ (朗読) (お話です) 「タルムード」「イスラエルの2つの王朝の統治について南ユダ王国がユダ家が安定して支配した手立てに神ヤハウェーのイルラエルの信仰のがございましたが、他方、北イスラエル王国のヤラベアム家・バアシャー家・オムリ家・イェフー家・メナヘム家の各統治の入れ替わりが多ございました。しかし、 ユダ王国もバアル礼拝の 信仰に苦しみました。」「タルムード」「正しい道を見つけること」 When a Jew seeks wisdom  「Seeking the right course」 Listening to everyone Freedom of choice Captain of the ship Our two impulses An inner balance Balance in the community A feeling for what is right 夜になり、その週の日々から安息日を聖別するために、祈祷書が朗読されている。 ラビが木の下に座っている、そして彼はパイプを光らせて、 灰色の煙の巨大な一吹きが澄んだ暗い天に向けて上っている。 ラビがそんな平和な気分になっているのを見て、二人の生徒が来て彼の側に座った。 しばらくの間、三人は黙って座っていた。 ついに、一人の生徒が話した、 「親愛なるラビ、我々がいかに神に奉仕すべきか我々に告げて下さい」 ラビは答えた、「わたしが知り得ることなのかい?」 その時、三人はもう一度黙ってしまった、 ラビがパイプをふかす時につくる小さな音を除いて。 最後にラビは話をした:  昔、二人の友人が一緒に山に登った、  そして彼らの前面に深い割れ目が横たわっているのを見つけた。  彼らは一緒に計画し、その深い割れ目を横切ってロープを取付けたアンカーを  持ち上げて投げた。  このようにして彼らは一方から他方へ狭いロープの橋を造った。  そして最初の者がその深い割れ目を横切って歩いた、  あらゆる歩みで彼の危険を冒して、しかし安全に向こう側に到着した。  もう一方の者、まだ同じ場所に立っていたが彼に向かって叫んだ、  「親愛なる友よ、あなたがいかにコントロールしたのか告げてくれ?」  最初の友は答えた、  「私が知っているのは確かではない。   しかし私自身が一方の側によろめきを感じた時はいつでも、   私は他方の側に向けて傾けたよ」                      「Seeking the right course(正しい道を見つけること)」 もしあなたが、人類の残りから離れて、 ある島の世界で一人だけで生活しているならば、 「良い」と「悪い」という言葉は単に、 「私にとって良いこと」と「私にとって悪いこと」という意味になろう。 しかるに、あなたは他人と一緒の社会で生活している、 そしてあなたは「良い」と「悪い」という言葉に他の意味を与えているような 慣習に参加している。 生活というのは複雑である、 そして規則は時々ちょうど壊されるために作られているように見える。 各々の新しい立場が現われる時に、 あなたが取ろうとしている行動の種類について、あなたは選択を強いられる。 規則や好みを持つことはあなたに決断する助けとなる。 そしてあなたのまわりの人々は、彼らの経験に基づいて、 あなたに助言することで喜んで助ける。 しかし、最後にはその選択はあなただけに依存する。

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.6.22. 14:20
視聴回数:8317回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: 合唱組曲   島よ   (朗読)   (お話です)   「タルムード」   「イスラエルの2つの王朝の統治について   南ユダ王国がユダ家が   安定して支配した手立てに   シナイ契約に見立てた   ダビデ契約と神ヤハウェーの   イルラエルの信仰のがございましたが   他方   北イスラエル王国の   ヤラベアム家・バアシャー家・   オムリ家・イェフー家・メナヘム家の   各統治主体の入れ替わりが   多ございました。   しかし   ユダ王国もバアル礼拝の   信仰に苦しみました。」   「タルムード」   「正しい道を見つけること」   When   a   Jew   seeks   wisdom   「Seeking   the   right   course」   Listening   to   everyone   Freedom   of   choice   Captain   of   the   ship   Our   two   impulses   An   inner   balance   Balance   in   the   community   A   feeling   for   what   is   right   夜になり   その週の日々から安息日を聖別するために     祷書が朗読されている。ラビが木の下に座っている   そし   て彼はパイプを光らせて   灰色の煙の巨大な一吹きが澄ん   だ暗い天に向けて上っている。   ラビがそんな平和な気分になっているのを見て   二人の生   徒が来て彼の側に座った。しばらくの間   三人は黙って座   っていた。ついに   一人の生徒が話した   「親愛なるラビ   我々がいかに神に奉仕すべきか我々に告げて下さい」   ラビは答えた   「わたしが知り得ることなのかい?」その     三人はもう一度黙ってしまった   ラビがパイプをふか   す時につくる小さな音を除いて。最後にラビは話をした:     二人の友人が一緒に山に登った   そして彼らの前面に   深い割れ目が横たわっているのを見つけた。彼らは一緒に   計画し   その深い割れ目を横切ってロープを取付けたアン   カーを持ち上げて投げた。このようにして彼らは一方から   他方へ狭いロープの橋を造った。そして最初の者がその深   い割れ目を横切って歩いた   あらゆる歩みで彼の危険を冒   して   しかし安全に向こう側に到着した。もう一方の者   まだ同じ場所に立っていたが彼に向かって叫んだ   「親愛   なる友よ   あなたがいかにコントロールしたのか告げてく   れ?」最初の友は答えた   「私が知っているのは確かでは   ない。しかし私自身が一方の側によろめきを感じた時はい   つでも   私は他方の側に向けて傾けたよ」   ◎「Seeking   the   right   course   (正しい道を見つけること)」   もしあなたが   人類の残りから離れて   ある島の世界で一   人だけで生活しているならば   「良い」と「悪い」という   言葉は単に   「私にとって良いこと」と「私にとって悪い   こと」という意味になろう。しかるに   あなたは他人と一   緒の社会で生活している   そしてあなたは「良い」と「悪   い」という言葉に他の意味を与えているような慣習に参加   している。   生活というのは複雑である   そして規則は時々ちょうど壊   されるために作られているように見える。各々の新しい立   場が現われる時に   あなたが取ろうとしている行動の種類   について   あなたは選択を強いられる。規則や好みを持つ   ことはあなたに決断する助けとなる。そしてあなたのまわ   りの人々は   彼らの経験に基づいて   あなたに助言するこ   とで喜んで助ける。しかし   最後にはその選択はあなただ   けに依存する。   ある日   道路に添って老人と若い少年がロバの手綱を引っ   張っていた。その三者は彼らが動く時に色彩ゆたかな絵画   を描いていた   彼らが歩むに合わせてロバの頭は突然に上   下に振った。道路で見知らぬ者と会うまでは   全てが順調   であった。   見知らぬ者は彼らに言った   「やぁ   こんにちわ。なぜあ   なた方は歩いて   乗らないのですか?ロバは乗るために作   られたのですよ」これは良い助言であると二人は同意した   そしてロバの背に登った。   しかし彼らが町の近くにやってきた時   道路に添って人々   が互いに噂をし始めた。すぐに一人の仲間が彼らを止めた   。彼は頭を両側に振って言った   「そんな小さなロバに   あなた方二人はそのロバの背にはあまりにも重すぎる荷だ     あなた方は恥ずかしくないのか?そんな方法で動物を扱う   のは残酷だ」直ちに   そのおじいさんと少年はその男の知   恵を見て   そして少年はロバの背からすべり降りて   横に   一緒に歩いた。   彼らがこの格好でそんなに遠くまで行かない時に   彼らは   カートを後ろから押して来る行商人に出会った。その行商   人は老人に質問した   「あなたの体重はその貧しいロバの   背には重すぎるとは思わないのですか?あなたが歩くこと   ができれば   なぜその少年とロバは疲れるでしょうか?」   その少年はおじいさんの方を見つめた。彼らは肩をすくめ   た。何が行なわれるべきことであるか?なぜならば彼らは   行商人の言葉に意味を見つけた。老人は重い荷であるのは   真実である   たとえそれは二人両方ほどは重くはないが。   さらに老人は歩くことができる   そして少年は乗ることが   できる。それで老人はロバの背から降りて   そして孫を代   わりに乗せた。   このように彼らは町に向かって再び前進した。またすぐに   友人と一緒に道路の脇に立っていた農夫の呼び声によって   止められた。農夫は叫んだ   「おい   少年よ   お前は年寄   を尊敬しないのか?お前が乗って   貧しい老人が歩くのは   不名誉なことだ」農夫は彼の友人の方に向いて   そしてな   お少年に聞こえるように十分大きな声で話し   彼は言った   「自分が乗っている間に   老人を歩かせるような強権な   若者を想像してごらん!」再び少年はロバの背から降りた   なぜならば彼らは農夫の言葉の中に真実の刺激を感じた   ので。   しかし今や何が行なわれるべきことであったか?彼らが誰   に耳を傾けようが   だれも喜ばなかった。そして彼らが得   た助言の全ては良い助言であった。だれも乗らないロバを   引くことは良いことではなかった。二人が乗ることは良い   ことではなかった。老人だけが乗ることは良いことではな   かった。少年だけが乗ることは良いことではなかった。た   だ一つの選択が残された。ため息をついて   老人とその孫   は彼らの背の上にロバを持ち上げた。   そしてこのように   彼らは町に歩き続けた   ロバの重さの下で奮闘している老   人と少年を道路わきの人々が見てひやかし笑っていた。   ◎Listening   to   everyone   これはばかげた話に見える。しかし我々のまわりのあらゆ   る人に耳を傾けた時に   我々はしばしば「ロバを運ぶ」ような終わりかたをする。   道路のそばにいるあらゆる人が老人と少年に良い助言を与   えた。しかし助言のどの種類も   その人が見たところの観   点のみに基づいていた。このように   見知らぬ人はロバを   引いた少年と老人を見た   そしてもし彼らが乗っていたな   らばいかに良くなるかを考えた。   そしてこのように   農夫は少年だけが乗っているのを見た   。農夫は彼が見る前のすべてを知らなかった---最初にはロ   バにだれも乗っていなかった   その次には二人が乗った   その次には老人だけが降りた。   老人と少年が受け取った助言は   彼らは自分自身では選択   しなかったので   実際に役に立たなかった。しかし彼らは   実際に知的な選択しようとすればできた唯一の人たちで   あった。彼らがしようとすればできた知的な選択は   「彼   らが」最もよく好む方法で支えることであった。生活は複   雑である   しかし我々が自分の意見を言うことを拒む時   それはより複雑になる。   ◎Freedom   of   choice   我々は常に選択をしている   しかし時々選択の自由が我々   にあるということを忘れる。我々が欲するところのことを   そして我々が信じるところのものに従っているところの   ことを   我々は選択することができる。ラビは言った     べてのものが予知されている   しかし選択の自由は与えら   れている。   (Avot   3:19)   昔ある善き者が質問した   「もし神が先に起こるすべての   ことを知っているならば   我々が選択の自由をいかに持つ   ことができるのか?」そして彼はたとえ話を通して彼自身   の質問に答えた:神は   海岸にぽつんと立っている灯台の   守りのようなものである。嵐の真っただ中   暗やみの中で   輝いている明かりで   神は注意して多くの船を見つけ     岸に近寄せる。上の方から   船がぎざぎざの暗礁を避けて   安全に岸に着くのを神が見ている。そして神はまた   どの   船が座礁にこなごなになり滅びるかを知っている。しかし   各々の船長は   彼自身の船をいかに操縦するか   そして   どのコースを追跡するか   という彼自身の選択をする。あ   る者は灯台の警告の明かりを心にとめるであろう   そして   他の者はそうしないであろう。自然には   もし人が警告の   明かりを見て   それに従って操縦するならば人の運はより   善い。しかし   各々の船長は   彼が気に入るように行なう   自由がある。   ◎Captain   of   the   ship   我々の各々は   自分の精神をもったその船長である。その   灯台は   我々の伝統の集められた知恵であり   我々が神の   真実であると支持している法律である。我々はこれらの法   律の自由がある   ---   我々が喜んで従う自由あるいは従わな   い自由である。   しかし   その灯台の光線でのように   これらの法律に我々   が従う時   我々の選択はより良くなる。   我々は選択する自由がある   そしてその選択は我々の前に   広げられている   しかしまたどれによって選択するかのガイドラインがある     我々のユダヤの伝統の価値と一族の慣習。   船長が   海の知覚   「空の中に何があるか」という感覚   そして正しい行動のための素質   を発展させるとちょうど   同じように   我々もまた   我々が確かでない時に我々を導くであろう内   部の感覚   あるいは知覚を発展させなければならない。   これは我々が宗教的な知覚と呼んだところの感覚である。   それは   生活の海を通して我々がそれによって操縦すると   ころの梯子   の種類のように我々に奉仕する   そんな我々の宗教的な知   覚である。   われわれの進路を設定しそれを正しく設定するために何が   必要かを語る。   (And   if   not   now   when?)   ここの50   セント硬貨があり   ケネディ大統領の肖像のまわりに   "   LIBERTY   "   という文字が読めると思います。   下の方に刻ま   れている文字の方はこうです:   "   IN   GOD   WE   TRUST   "       50セントだけでなく   アメリカの全ての硬貨には       "   LIBERTY   "   "   IN   GOD   WE   TRUST   "   が刻まれています     その意味は   今回のテキスト第22章から推測できるので   はないでしょうか。   Our   two   impulses   我々の船の力は   二つの世界の間で我   々のバランスの中にある。   我々は   動物の存在という状態     我々の中に普通の全ての動物の性癖を持って   人間と   して創造されている。   動物たちのように   我々は力に対す   る欲求をもつ   そして我々が若い時にはそれを我々のゲー   ムの中に表現する   ---   国々が世界の中で最も力がある者に   なるというまじめさを持った     山の王様」になるゲー   ムをして。   動物たちのように   我々は性に対する欲求をも     それは時々我々を圧倒するように脅迫する。   最も不   幸にも   ほとんど他の動物には無いような   復讐のために   そして個人的な利益のために   我々自身の種類を狩をして   追いつめる。   出世したいという我々の欲求   重要な人にな   りたいという我々の欲求   ---   これらはラビたち「Yetzer   HaRa(悪の衝動)」と呼ぶところの   我々の利己的な活力の   中にある。   しかし我々はまたそれ以上の他のものである。   我々の中には   他人を喜ばすという欲求がある   我々の仲   間の唇に笑いをもたらすために。   我々は   信じる力   理由   を考える力   そして疑う力を持つ。   そして   我々は   知っ   ていることを越えた何かを感知する力を持つ。ラビがよく   言っているように:   人間は愛されている   なぜならば彼は   神のイメージで創造されたからである。   しかしそれは     が神のイメージで創造されたことを彼に知らせれているこ   との   特別な愛によってである。イスラエルは愛されてい     なぜならば彼らは存在者(All-Present)の子供たち   と呼ばれているからである。   しかしそれは   彼らが存在者の子供たちと呼ばれているこ   とを彼らに知らせれていることの   特別な愛によってであ   る。イスラエルは愛されている   なぜならば彼らに「トー   ラ」が与えられたために。しかしそれは   世界が創造され   たことを通して「トーラ」が彼らのものであるということ   を彼らに知らせれていることの   特別な愛によってである   。「なぜならば   わたしは良い教本をあなたたちに与えた   ---わたしの教えを見捨ててはならない」   と言われている   ように。   (Avot   3:18)   そして   我々が神のイメージで創造されたということ     々が存在者の子供たちと呼ばれていること   「トーラ」が   我々に許可されてきていること   これらを我々が知ること   を可能にしているその特別な愛とは何なのか?   それは良い   ことをしようとする我々の衝動である   それはラビたちが   「Yetzer   Tov(善の衝動)」と呼んだところのものである     An   inner   balance   我々を人間にしているところのものは   「善の衝動」と「悪の衝動」との間の我々の内部のバラ   ンスである。   我々が以前に見てきたように   我々は「悪   の衝動」によってまったく生活することはできない。     して   もっと驚くべきことに   我々は「善の衝動」によっ   てだけで生活することはできない。   我々は   「悪の衝動」   によってだけで生活することが為すところの害を   容易に見   ることができる   しかし「善の衝動」によってだけで生活   することが   為すところの害とは何か?   一つの例を取り上   げよう:断食すること。   断食は   毎日の世界から我々自身   を隔てることを助ける   祈りの間に我々の精神を集中させ   ることを助ける   そしてほんの短い間であるが食べるとい   う我々の地上の必要性から   我々自身を隔てることを助ける     我々が断食する時   神の精神に近づこうという我々の「善   の衝動」を通して   我々は行動している。   断食は   その時   我々の精神にとって善である。   もし一日の断食が我々の   精神にとって善であるならば   二日間の断食はどんなによ   り善であろうか。   そしてもし二日間の断食が我々の精神に   とってより善であるならば   我々は推論する   三日間の   断食はどんなにより善であろうか   四日間では   あるいは   五日間では   そしてもし我々が死ぬまで断食するならば最   善か?   あるいは   慈善を集める人達が   やって来るラビを   見た時に   反対の方向に走り去る   というほどに過大な慈   善を与えるラビを取り上げよう。   ラビの「善の衝動」は非常に極端になることを許されてい   るので   ラビは自身が貧乏人になる危険であった   そし   てその結果としてその共同体社会に負荷が加わる。   「善の   衝動」が我々を支配することを許すことは   「悪の衝動」   が我々を支配することを許すことと同様に悪いことである     我々がそれら両方を支配しなければならない   そして   我々の中のバランスを成し遂げるための探索をしなければ   ならない   もし我々が共同社会にそして我々自身に何か役   に立とうするならば。   ユダヤ人の共同体社会は   聖人の一   部として行動する人々が必要でもなければ   悪魔のように   行動する人々も必要ではない。   バランスされたユダヤ人の   生活を喜んで導く人々が必要なのである。   Balance   in   the   community   その同じバランスが他人との   関係に必要である。   ヒレルの有名な言葉の中に   そのバラ   ンスを成し遂げるための処方箋が与えられてき   ている。   If   I   am   not   for   myself   who   will   be   for   me   ?   And   if   I   am   only   for   myself   what   am   I   ?   And   if   not   now   when   ?   (Avot   1:14)   共同体社会との我々の関係の中で   我々の個人的な欲望と   必要   それと他人の欲望と必要   その間のバランスを我々   は探さなければならない。   我々の隣人を正しく愛するため     我々はまず自分自身を愛さなければならない。人は   彼が誇るべきことをするよう努力すべきであり   そうすれ   ば他人が彼をまた尊敬するであろう。   ラビのユダ・ハナ   シ(Yehudah   HaNasi)が言った   人が彼自身のために選択   すべき正しい道はどれであるか?   それは   それを行なう   人にとって名誉であるような道であり   また   人々から彼   に名誉を与えるような道である。   (Avot   2:1)   我々の伝統に従うと   正しい道は我々自身を尊敬するため   に来ると同時に   他人に我々を尊敬させるために行なう真   ん中の道である。   それは   我々が我々自身に幸福であり   そしてまた他人が我々に喜ぶように行なう真ん中の道であ   る。ほとんどすべての関係において   ラビたちは責任を等   しく分けた   共同体社会に対する我々の義務と我々自身へ   の我々の義務との間で。   例えば   ラビ・ヨセ(Rabbi   Yose   )は言った:あなたの仲間の財産をあなた自身のもののよ   うに大切にしなさい。   (Avot   2:17)   そして   ラビ・エリエゼル(Rabbi   Eliezer)は言った:   あなたの仲間の名誉をあなた自身のもののように大切にし   なさい。   (Avot   2:15)   これらの言葉の両方に対して   我々は自分自身と共同体社   会との間のバランスを見ることができる。   各々   その作者   は我々のあらゆる人に   彼あるいは彼女「自身」に従って   彼あるいは彼女自身の行動を測ることを要求している。   そして各々   その行動は他の人に関係している   ---   その人   の財産と名誉に。   ラビたちはこう実感していた:   我々が   我々自身の欲求や必要を十分良く理解する時から   我々が   我々自身について理解しているところのものを   他人を巻   き込んだ我々の行動に移すために   我々の宗教的知覚をに   使うべきであると。   これこそが   ラビ・エリアザル   (Rabbi   Eleazar)が心に持って   ヨハナン・ベン・ザカイ   (Yohanan   ben   Zakkai)の質問の答えである:   人が保   持すべきところの良い道とはどれか?   エリアザルは言っ     「良い心」   A   feeling   for   what   is   right   あなたは   正しいバランス   のために感覚をあなた自身で発展させなければならない。   その選択はいつもあなた自身にある。   誰もあなたのための   あなたの生活の仕方を選択することはできない   あなたの   ためにあなたの報酬を受け取る以上には。   あなたにとって   何が「良い心」を意味するものかを   あなたは探さなけれ   ばならない。   もし生まれつきに   あなたがあまりにも寛大   である傾向があるならば   あなたはその偏りをバランスす   ることを学ばなければならない。   あるいは   もしあなたの   性格が利己的になる方向に傾くならば   あなたはその偏り   をバランスすることを学ばなければならない。   ただあなた   のみが   あなたの選択において正しいバランスを感じるこ   とができる。   最善のバランスはいつもあなたの中に存在す   る:   「あなた自身の目に見て邪悪でないように」   (Avot   2:18)  

サムネイル

(お話です) 2 「タルムード」「イスラエルのダビデ王とソロモン王」

(お話です) 2 「イスラエルのダビデ王とソロモン王」 「タルムード」 「平和の価値」 「平和の価値」 ◎The value of peace ヒレルは言った:アロンの弟子でありなさい。彼は平和を愛し、平和を追い求める。 あなたの仲間である創造物を愛し、彼らをトーラに近づけさせる。 (Avot 1:12) ◎Loving and pursuing peace ヒレルのこれらの言葉は、世界の国々に戦争を終わらせる請願に見えるかもしれない。しかしヒレルの助言は国々への請願ではなく、我々の各々への個人的な請願である。ヒレルは、彼の言葉の最初の部分につなげて、「あなたの仲間である創造物を愛し、彼らをトーラに近づけさせる」と言う。加えて、ヒレルの言葉は元々は彼の生徒たち、個々の人々のグループ、つまり世界の国々の政策を形作る現実の力を持っていない人々への直接のものであった。 実際、ヒレルの平和を愛し追い求めるという助言は、一個人としての「あなた」へ話かけている。そしてあなたが、これはどうやって為されるのか、という質問をする時に、ヒレルは続ける:「あなたの仲間である創造物を愛し、彼らをトーラに近づけさせることによって」隣人を愛し彼らをトーラに近づけさせることによって、平和を愛し追い求める人、その最善の例はモーゼの兄アロンである、とヒレルは感じた。二人の人々が互いに喧嘩をしていた時、アロンは彼らの一人の方に行って座わり、そして言った: 「我が息子よ、あなたの友達は喧嘩をしたことが悪かったと感じている。それは私の誤りだと彼は私に言ったよ」 彼の心から全ての憎しみが消えるまで、アロンは彼と一緒に座った。そしてそれから、アロンはもう一人の方に行って座わり、そして言った: 「我が息子よ、あなたの友達は喧嘩をしたことが悪かったと感じている。それは私の誤りだと彼は私に言ったよ」 彼の心から全ての憎しみが消えるまで、アロンは彼と一緒に座った。そして、二人の男が互いに会った時に、彼らは抱きしめ合い、そして互いにキスをした。 [ Avot de Rabbi Natan 12 ]

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.6.21. 13:50
視聴回数:8748回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: (お話です)   2   「イスラエルのダビデ王とソロモン王」   「タルムード」   「平和の価値」   「平和の価値」   ◎The   value   of   peace   ヒレルは言った:アロンの弟子でありなさい。彼は平和を愛し   平和を追い求める。   あなたの仲間である創造物を愛し   彼らをトーラに近づけさせる。   (Avot   1:12)   ◎Loving   and   pursuing   peace   ヒレルのこれらの言葉は   世界の国々に戦争を終わらせる請願に見えるかもしれない。しかしヒレルの助言は国々への請願ではなく   我々の各々への個人的な請願である。ヒレルは   彼の言葉の最初の部分につなげて   「あなたの仲間である創造物を愛し   彼らをトーラに近づけさせる」と言う。加えて   ヒレルの言葉は元々は彼の生徒たち   個々の人々のグループ   つまり世界の国々の政策を形作る現実の力を持っていない人々への直接のものであった。   実際   ヒレルの平和を愛し追い求めるという助言は   一個人としての「あなた」へ話かけている。そしてあなたが   これはどうやって為されるのか   という質問をする時に   ヒレルは続ける:「あなたの仲間である創造物を愛し   彼らをトーラに近づけさせることによって」隣人を愛し彼らをトーラに近づけさせることによって   平和を愛し追い求める人   その最善の例はモーゼの兄アロンである   とヒレルは感じた。二人の人々が互いに喧嘩をしていた時   アロンは彼らの一人の方に行って座わり   そして言った:   「我が息子よ   あなたの友達は喧嘩をしたことが悪かったと感じている。それは私の誤りだと彼は私に言ったよ」   彼の心から全ての憎しみが消えるまで   アロンは彼と一緒に座った。そしてそれから   アロンはもう一人の方に行って座わり   そして言った:   「我が息子よ   あなたの友達は喧嘩をしたことが悪かったと感じている。それは私の誤りだと彼は私に言ったよ」   彼の心から全ての憎しみが消えるまで   アロンは彼と一緒に座った。そして   二人の男が互いに会った時に   彼らは抱きしめ合い   そして互いにキスをした。   [   Avot   de   Rabbi   Natan   12   ]   ◎Ways   of   seeking   peace   イスラエルにいる男と男の間に平和をもたらす時がやって来る時には   アロンは躊躇しなかった。彼は平和をもららす方法を探しに行った。彼は活発に平和を追い求めた。そのことの事実は   我々は平和については躊躇することはできない   我々は平和を「追い求め」なければならない   ということである。平和のための必要性はたいへん大きいので   待つことがしない。それでラビ・シメオン・ベン・エリアザル(Rabbi   Simeon   ben   Eleazar)は言った:   もし人が彼自身の位置に座って   そして不活発であるならば   彼はいかにしてイスラエルにいる男と男の間に平和を追い求めることができるであろうか?代わりに   彼を彼の位置から前に行かせ   世界のまわりに動かせ   そしてイスラエルに平和を追い求めさせなさい   平和を探しそして追い求めよと言われているように。さて   この意味は何であろうか?あなた自身の家の中で平和を探し   そして他の場所の中で平和を追い求めなさい。   [   Avot   de   Rabbi   Natan   12   ]   ◎Peace   in   your   own   house   始める場所は   あなたの家族と一緒の家である。あなたはすぐに   「あなたの両親を尊敬せよ」という戒律を考えるかもしれない   そしてその戒律が家族に平和をもたらすことといかに重要に関連しているか   を実感するかもしれない。   たとえあなたが   あなたの母や父のがあなたに与える忠告に不一致であるとしても   そして彼らの要求が公平でないと感じるとしても   あなたはそれにもかかわらず尊敬のために彼らに従うべきである   ---   あるいは   最も少なくとも   思いやりのある方法で異議を申し立てるべきである。   兄弟や姉妹とつきあう時に   平和はまたそのゴールであるべきである。兄弟や姉妹はしばしば互いに論争に陥る。我々の両親にとって   これらの論争はたいへん妨害される   たとえ彼らが我々を非常に妨害していない時でさえも。ほとんどの両親は   彼らの子供のうちの一人を他よりも好まないように   たいへん厳しく努力している。両親は彼らの子供たちと一緒に生活するために   また   たいへん厳しく努力している。彼らの子供たちが互いに一緒に生活しようと努力していないように見える時   その時はそれが彼らを困らす。我々の両親を尊敬する一つの方法は   我々自身の中で争わないことである。   家庭の中の平和は   それは     Shalom   Bayit(平和の家)」   という特別な名前さえ持っている   そんな重要なユダヤ人の価値である。ラビ・ナサン(Rabbi   Nathan)は「アボット」に関する彼の注釈の中で教えた   「もし人が家の中に平和をもたらすならば   あたかも平和が全てのイスラエルにもたらされたかのように   聖書がそれを評価する」   [   Avot   de   Rabbi   Natan   28   ]   もしあなたが家庭に平和を確立しているならば   それはまだ十分ではない。あなたは   また   平和に一緒に生活するために他人を助けなければならない。   ◎Aaron   the   peacemaker   他人に「   Shalom   Bayit(平和の家)」をもたらすという拡張に平和を愛し追い求める人   その最善の例それは   再び   アロンがである。アロンが   ある夫と妻がまさに離婚寸前であることを   聞き及ぶならば   彼は急いでその夫の方に急いでそして言う   「あなたとあなたの妻が一緒に暮らしていない   そしてあなたが離婚したいと聞いたので私は来ました。しかしこのことを考えてみなさい:もしあなたが現在の妻と離婚し   そしてもう一人と結婚したとすると   あなたの結婚がより良くなるということを   あなたは確信することができない。なぜならば   あなたが二番目の妻との最初の喧嘩で   彼女はあなたに思い出させる:あなたが喧嘩好きでそして良くない   そうでなければあなたの最初の結婚が離婚で終わることはなかったであろう。私が保証しよう   あなとあなたの現在の妻は幸福になることができる   もしあなたがた二人が努力するならば」   (Legends   3:329)   何千もの結婚がアロンの嘆願と励ましによって救われた。そしてアロンが   喧嘩をしていて離婚の危機にあったこれらの人々を一緒にした時に   そういう夫婦は普通   彼らの結婚を救った高位な祭司を尊敬して彼らの最初の息子をアロンと名付けた。伝説は我々に告げている:   アロンが死んだ時   80   000ものユダヤ人の子供たちがこのようにしてアロンという名前であった。   [   Avot   de   Rabbi   Natan   12   ]   我々の共同体社会の平和は   互いのための各々の人の愛に依存している。   もし   我々が口論へかりたてる心の中の刺激を感じた時に   戦う代わりに親切な言葉の形で平和のメッセージを送るならば   その時我々は平和のために働いている。   しかし   もめごとの言葉の代わりに平和のメッセージを送るよう我々をかりたてる   ことができるのは   それは単に我々の仲間である創造物に対する愛なのだ。   我々の仲間である創造物を愛すことによって我々の行動を平和に導くことの教えは   スペインのユダヤ人の詩人であるイブン・ナグレラ(Ibn   Nagrela   993-1055)   の話としての有名な物語の心臓部である。   イブン・ナグレラは   イスラム教スペインの王様の親しい友人であった。   王様はイスラム人   イブン・ナグレラはユダヤ人であったが   けれども彼らの違いは互いを愛することから引き離すことはなかった。   しかし彼らの互いの愛は   王様の宮廷の中でイスラムの詩人たちの中で   とても大きな嫉妬になっていた。ある時   これらの嫉妬の男たちの一人が王様の前に来て裁判を要求した。   王様は尋ねた   「お前にどんな悪いことがあったのか?」   その詩人は報告した   「ユダヤ人   イブン・ナグレラが   自分のものとして読むために   私の書いた詩を盗んだのです。   彼は王様あなたの前で   むこうみずにも   それを読んでさえしまった。   ああ王様   今私はお願いします   この犯罪のゆえに   彼の舌を切り落とすように」   「よし分かった」   王様は答えた。   イブン・ナグレラが   王様の面前にただちに召し出された。   「この告発にお前は何を言うのか?」   と王様はユダヤ人の友に聞いた。   「私は無実です」   とイブン・ナグレラは言った。   「それではお前の無実を   どうやって証明することができるのか?」   「こんな方法で」   イブン・ナグレラは答えた。   その時彼は   彼の詩のオリジナルな原稿を   前方に引き出した。   「これは私の最初の草案です   そしてその上には   私が創作した詩を   より良くするために   全てのマークと変更があります。   私の仕事の全てがここに見られます   最初の粗雑な形から   私が王様の前で読んだ   最後の作品まで」   王様はイブン・ナグレラを   告発した詩人に言った   「そしてお前は   お前のオリジナルな仕事を   私に見せることができるか?」   しかしその嫉妬の詩人は   しおれてしまった。   「何もありません」   彼は静かに認めた。   「それでは   お前の罰は   イブン・ナグレラの手の中にある」   と王様は言った。   そして彼の友の方に向いて王は続けた   「この男の邪悪な舌を切り落としなさい   彼がお前の舌を切り落とそうとしたように」   その日の後に   王様はイブン・ナグレラの部屋を通った   そしてそこから来る笑う声を聞いた。   戸を開いて   王様はその二人の詩人を見て   非常に驚いた。   そのイスラム人とユダヤ人は笑って   一緒にチェスのゲームをしていた。   王様は言った   「イブン・ナグレラ   この男はお前の敵である。   なぜお前は彼の邪悪な舌を   取り除かなかったのか?」   イブン・ナグレラは答えた   「しかし私はそうしました   わが王様   私は彼の邪悪な舌を取り除いて   そしてそれを思いやりのある舌と   交換したのです」   我々の共同社会に平和をもたらすという見地で   この物語から学ぶことが多くある。   イブン・ナグレラの他の選択を考えてみよう。   もし彼が告発人の舌を切り落としたならば   その時   他の詩人たちがイブン・ナグレラに向けて感じた嫉妬は   王様との彼の友情の故に   その嫉妬は絶対の嫌悪に向かったであろう。   その時   また   イブン・ナグレラは彼の告発人を彼の敵のままに一人で残す   ことができたであろう。   王様の審判について自慢し誇ることによって   虚偽の告発人を法廷の人々の中で   とても大きな恥をかかせることができたであろう。   しかし他の誰か敗北者について自慢する人は   彼の隣人である創造物たちを愛する人ではない。   その王様の考え方にとって   報復は正しい解であった。   しかしイブン・ナグレラの宗教的な考え方にとって   それは少しも解ではなかった。   彼の隣人である創造物たちを愛する人に対する解は   敵を友人に変えることであった。   これがイブン・ナグレラが行なったことである。   王様によって「戦争のメッセージ」が命じられた時でさえ   彼は「平和のメッセージ」を出した。   我々はこれの全ての成り行きをただ想像することができる   そんなに無理をして想像する必要はないけれども。   おそらく   そのイスラムの詩人はイブン・ナグレラの生涯の友人になったであろう。   そしておそらく   また   彼は忠実な友人になったでろう。   彼は   宮廷の中の他のイスラムの詩人たちとイブン・ナグレラとの間に   あった緊張を止めるのを助けたかもしれない。   それで我々は見ることができる:   敵を友人に変える行動が