PeeVee.TV
   

  ログイン

ホーム 新規ユーザー登録

新着動画一覧

01

サムネイル

Vivaldi Gloria in D Major RV 589(お話です)「ユダヤ教ラビ派カライ派」「タルムード:政府の価値」

Vivaldi Gloria in D Major RV 589 (お話です) 「ラビのユダヤ教のラビ派とサラセン帝国(イスラム系)のユダヤ教カライ派について」「スペインのキリスト教圏のユダヤ教のスファラド系と欧州のキリスト教圏のユダヤ教のアシュケナーズ系について」「スファラド系合理主義者とアシュケナーズ系神秘主義者のマイモニデス論争(マイモニデスが示した律法の再説ミシュナー・トーラーのミシュナ注解の十三か条)について」「ユダヤ啓蒙主義(ハスカラー)につて」「タルムード」「政府の価値」

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.7.1. 23:45
視聴回数:9090回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: Vivaldi   Gloria   in   D   Major   RV   589   (お話です)   「ラビのユダヤ教のラビ派と   サラセン帝国(イスラム系)の   ユダヤ教のカライ派について」   「スペインのキリスト教圏の   ユダヤ教のスファラド系と   欧州のキリスト教圏の   ユダヤ教のアシュケナーズ系について」   「スファラド系合理主義者と   アシュケナーズ系神秘主義者の   マイモニデス論争   (マイモニデスが示した律法の再説   ミシュナー・トーラーの   ミシュナ注解の十三か条)について」   「ユダヤ啓蒙主義(ハスカラー)につて」   「タルムード」   「政府の価値」   When   a   Jew   seeks   wisdom   「The   value   of   goverment」   The   importance   of   goverment   Law   enforcement   and   courts   An   eye   for   an   eye   The   perfect   goverment   The   evils   of   goverment   The   Bill   of   Rightst   All   are   created   equal   Unalienable   rights   The   secure   these   rights   Goverment   and   power   The   law   and   the   land   Creating   a   dream   「The   value   of   goverment:政府の価値」   ラビ・ハニナ   (Rabbi   Hanina)   は言った:政府の繁栄を祈りなさい   なぜならばそれに対する怖れがなければ   人は生きたままで互いを食べるであろうからである。   [   Avot   3:2   ]   The   importance   of   goverment   人々が住んでいるところの法律のシステムは   そこの人々のグループの価値に影響する。たとえそれが停止信号や鉄道信号のような小さなことであっても   それは基本的な価値に影響する   ---   社会のメンバーの安全を保護する価値に。停止信号や鉄道信号を建設することによって   我々自身の安全   我々の愛する人の安全   そして他人の安全   に対して我々の感心を行動の中に置く。価値を行動の中に置くことは政府の重要な一つの機能である   確かに政府を願ましくする機能である。   我々が個々に知っている言葉で   我々が政府を理解する最善の方法は   「Yetzer   HaRa(邪悪の衝動)」と「Yetzer   Tov(善の衝動)」との全体の質問を再び考えることである。トーラが我々に教えていることの一つは   「あなたの心の中で   あなたの隣人を憎んではなりません。」   (レビ記   19:17)   しかし   実際に他の人々を傷つけることから人々を防いでいるのは   まったく別のことである。「十戒」は数千年間存在してきている   そしていまだに毎日の新聞は   殺人や強盗   法廷で偽証を誓った人   他人をだましている人の記事でいっぱいである。明らかな事実は   我々の幾人かは我々の「Yetzer   HaRa」を制御しそれを役に立つ目的に向ける働きをしている一方   他の者はそうではない。彼らは   彼らの中にある「Yetzer   HaRa」を乱暴に走らせることを許している。酔っ払った運転手のように   その時   彼らは道路で他のあらゆる人にとって   危険になっている。   そんな人々から我々を保護するために   政府が作られている。我々が個々のレベルで   我々の「Yetzer   HaRa」を統治することを学ばねいけないということ同様に   「Yetzer   HaRa」が乱暴になっているレベルのグループを制御することが政府の一つの重要な目的である。   Law   enforcement   and   courts   政府が我々を効果的に保護するために   我々の各々は自分自身の自由な意志の幾らかを諦めなければなりません。どれだけ大きな力が政府に与えられるべきかについて継続的な大きな議論や論争がある。しかし   もし政府が我々を効果的に保護するならば   誰もが「幾らか」の力を諦めなければなりません   ということを我々は何の議論もなしで知ることができる。   この一つの良い例は   各個人としての報復の権利を放棄することである。報復はそのグループに破壊的である。AがBから盗みをしたとする   そしてそれからBが返礼にAから盗みをする   これでイーブンと言って。もしこれで終わるならばそれで結構なことであるが   けれども報復はめったに最初の不公平以上により公平にはならない。Bが報復する時   Aが彼から取ったよりも彼はAからより多く取るかもしれない。その時   Aは彼自身が報復の必要を感じる。すぐに   物は手から離れて   そしてAとBは互いに殺すという点にまでくる   ----   また   彼らの友人や親族がその行動に参加するかもしれない。   この種の事態を避けるために   警察や他の代理権の形で実行する法律を規定する力を我々は政府に許す。告訴が設定され聞かれる法廷と同様に。法律を実施する事務所や法廷はどちらも   我々すべてのために   個人よりもむしろグループによって最善に維持される力を代表している。   An   eye   for   an   eye   タルムードは   部分的には   行なわれてきた法廷の記録として見られる。ラビたちは政府の境界線を築くために   事例に事例を積み上げている。我々の例として   タルムードで扱われた古典的な報復の事例は   聖書のきまり文句である「目には目   歯には歯」   のまわりに集中してる。タルムードのラビたちが   「Yetzer   HaRa」のグループを制するために探していた政府とはどんなものかを見るために   次の議論を考えよう。   「目には目」   これは金での支払を意味する。あなたはそれが金での支払だと言うが   おそらくそれは実際に本当の目が没収されなければなりません。という意味だ!しかし   その人の目が一方は大きく他方が小さいとしたとする   そんな場合に「目には目」の法律を私はいかに適応することができるのか?...   あるいは   盲の人が他人の目をたたき出した場合は   またあるいは片足びっこの人が他人を片足びっこの人にした場合は   「目には目」の法律を私はいかに十分に満たすことができるのか?トーラはこう要求している   「あなたは同じ法律を適用せよ(レビ記24:22)」この意味は   あなたたちの全てに対して   法律が同じであるべきだということ。   [   Baba   Kamma   83b   ]   法律はいつも全ての人が同じであるとして扱われなければなりません。我々の基本的な価値は   全てが神によって平等に創造されていることである。もしそれがこの場合   ラビたちが議論した「目には目」の意味はただこうである:もし人が他人の目をたたき出したならば   その有罪人は彼が破壊した目を補償する金額を支払わなければなりません。   このように   社会の全てのメンバーの利益に法律を翻訳するために   政府が割り込む。目や足を失った人にとって   もし彼を傷つけた人が目や足を仕返しに失ったとしても   それは現実に善いことではない。金銭上の支払は   それが元の目や足を取り戻すことはできないが   少なくとも人が傷ついた時に生じた痛みや損失を埋め合わせるために   それはいくらかの方法に役立つ。   The   perfect   goverment   ラビたちはその日   各々の人が神の法律に従って自分自身を統治する時   を楽しみに待った。もし我々の全てがヒレルの原理   ---   「あなた自身が嫌なことを   他人にはするな」   ---   に従うならば   社会を制御する政府や統治者の必要はない。我々の各々は小型の政府であり   成功して「Yetzer   HaRa」を制し   良いことを行なうのに集中している。   このようにラビたちは日々の終わりを夢見た   各々の男も女も神の知恵と畏れの中で大きく成長し   もはや政府の必要がなくなった時を。しかし   彼らは夢想家であったけれども   そして彼らは世界が神だけで統治されるための計画をしていた一方で   ラビたちはまた現実主義者であった。人々が彼ら自身の「Yetzer   HaRa」の制御がまだできていないと彼らは認めていた。それで彼らは共通の政府の必要を認めた   「その理由はそれに対する怖れがないとき   人は生きたままで互いを食べるであろうからである」   「生きたままで互いを食べる」   この句はとても耳障りに見えるかもしれない。しかしそれは政府が働かない時に起こることの現実的な絵である。あの「Wild   West」としての19世紀のアメリカの西部のことを考えてみよう。法律や秩序は   破壊された方法で維持されていた。法律家たちは   彼らが反対した無法者たちのような全く同じ作法で行動した。その政府は   普通はより弱い者を殺す強い者の結果であった。   The   evils   of   goverment   ラビたちは   もはや政府を必要としない時の日を夢見た   その理由は政府から保護するものと期待していたその市民を   政府が「食べる」という事実を恐れていたからである。すなわち政府は力を成長させ統治されている人々からもっともっと多くの自由を奪い取る方法を持っている。預言者サミュエルの時代にさかのぼるユダヤの人々が   独裁主義の政府の悪を指摘してきている。   人々はサミュエルのところにやって来て   その時代には他の全ての国々がそうであったように   彼らを統治してくれる王様が欲しいと要求した。   「裁きを行なう王を与えよ」との彼らの言い分は   サミュエルには悪と写った。   そこで彼は主に祈った。主はサミュエルに言われた:民があなたに言うままに   彼らの声にしたがうがよい。その理由は彼らが退けたのはあなたではなくこの私だ   私が彼らの王として君臨することを退けているのだ。   [   サミュエル記上   8:6-7   ]   サミュエルはその時   彼らを統治する王を持つことの危険を人々に警告した。   あなたたちの上に君臨する王の権能は次の通りである。まず   あなたたちの息子を徴用する。それは   戦車兵や騎兵にして王の戦車の前に走らせ   千人隊の長   五十人隊の長として任命し   王のための耕作や刈り入れに従事させ   あるいは武器や戦車の用具を造らせるためである。また   あなたたちの娘を徴用し   香料作り   料理女   パン焼き女にする。また   あなたたちの最上の畑   ぶどう畑   オリーブ畑を没収し   家臣に分け与える。...........その日あなたたちは   自分が選んだ王ゆえに   泣き叫ぶ。しかし   主はその日   あなたたちに答えてはくださらない。   [   サミュエル記上   8:11-14   18   ]   これは王の力そして咲きすぎた政府の力に対する古典的なユダヤ人の警告である。我々が   我々自身を統治することを学ぶ代わりに   我々の権利を放棄して政府を形成する時はいつでも   その政府は我々の上に力を得る。   聖書の中では   ユダヤ人の族長   士師/英雄   預言者   王が登場しますが   特に親しまれている人物を時代に合わせてまとめると大体このようになります。   聖書   族長   師士/英雄     預言者   創世記   アブラハム   イサク   ヤコブ   ヨセフ   (12部族)         出エジプト記   レビ記   民数記   申命記         モーゼ   アロン   ヨシュア記     ヨシュア       士師記     ギデオン   サムソン       サムエル記       サウル   ダビデ   サムエル   列王記   歴代誌       ソロモン   アハブ   ...   エリア   エリシャ   ...   イザヤ書       ウジヤ   ヒゼキア   ...   イザヤ   ユダヤ人の最初の王様となったのは「サウル王」ですが   なぜ民は王を必要としたか   もう一度   サムエル記を読んで見ましょう。   サムエル記上   7:7~7:10   ペリシテの領主たちはイスラエル攻め上ってきた。イスラエルの人々はそのことを聞き   ペリシテ軍を恐れて   サムエルに乞うた。「どうか黙っていないで下さい。主がわれわれをペリシテ人の手から救ってくださるように   われわれの神   主に助けを求めて叫んでください。」サムエルはまだ乳離れしない子羊一匹を取り   焼き尽くす献げ物として主にささげ   イスラエルのため主に助けを求めて叫んだ。主は彼に答えられた。サムエルが焼き尽くす献げ物をささげている間に   ペリシテ軍はイスラエルに戦いを挑んできたが   主がこの日   ペリシテ軍の上に激しい雷鳴をとどろかせ   彼らを混乱に陥れたので   彼らはイスラエルに打ち負かされた。   サムエル記上   8:1~8:9   サムエルは年老い   ....イスラエルの長老たちは   全員集まり   ラマのサムエルのもとの来て   彼に申し入れた。「あなたはすでに年を取られ   息子たちはあなたの道を歩んでいません。今こそ   ほかのすべての国々のように   われわれのために裁きを行う王を立ててください。」裁きを行う王を与えよとの彼らの言い分は   サムエルの目には悪と映った。主はサムエルに言われた。「民があなたに言うままに   彼らの声に従うがよい。彼らが退けたのはあなたではない。彼らの上にわたしが王として君臨することを退けているのだ。彼らをエジプトから導き上がった日から今日に至るまで   彼らのすることといえば   わたしを捨てて他の神々に仕えることだった。あなたに対しても同じことをしているのだ。今は彼らの声に従いなさい。ただし   彼らにはっきり警告し   彼らの上に君臨する王の権能を教えておきなさい。」   こうして   預言者サムエルは主の指示に従い   若者のサウルを初代イスラエルの国王に任命することになったわけです。その後はダビデ王   ソロモン王が統治してイスラエルは繁栄するわけですが   神が言っていたように   その後の王たちは主の道をはずれて行き   ついにはイスラエルの国は滅びてしまう。   The   Bill   of   Rightst   聖書の時代には   王たちはトーラそれ自身によって幾分か制御されていた。   王がイスラエルの上に君臨するときは   王の最初の仕事は彼自身の手によって文書のトーラを全て書き写すことが義務であった   これは王が後になってから法律を知らなかったと主張できないように。   アメリカでは   我々の政府は憲法によって制御される   そして我々の基本的な権利は   「the   Bill   of   Rights」と呼ばれる憲法への最初の10の修正条項によって保護されている。ここには各々の人に   礼拝   演説   出版   集会   政府への請願   その自由の保証がある。さらに   兵役に服する権利   兵隊に対する住居を準備しなければならないことからの自由   不当な捜索や捕捉からの自由   犯罪に対する告発無しに監禁されることからの自由   同一犯罪に対して二度も裁判されることからの自由   自分自身に対して証言しなければならないことからの自由   そして「生命   自由あるいは繁栄が   法律の当然の進行無しにはく奪される」ことからの自由   を含む。The   Bill   of   Rights   はまた   公平な陪審によって素早く公開の裁判への我々の権利を護衛する   そして限度を超えた保釈金や罰金   そして「残酷で異常な刑罰」を禁止する。   法律のシステムは人々の価値に影響すると言って   我々はこの章を始めた。   The   Bill   of   Rights   の場合は   これらの価値はもっと初期の文書によって公に発表されている:第2回大陸議会(the   Second   Continental   Congress)で   1776年7月4日   独立宣言が採用された。   我々はこれらの真実を自明のものとして支持する:全ての人は平等に造られている   彼らは創造主によって確実な権利を授かっている   これらの中には生命   自由そして幸福の追及がある   ---   これらの権利を安全にするために   政府機構が人々の中に制定される   統治の同意から彼らの正しい力を引き出すように。   これは要点であるが   政府の位置付け   それを造り出す人々の位置付けについての表現である。   All   are   created   equal   独立宣言は   「全ての人は平等」   これが自明であると宣言することによって   始まっている。しかし   それはいつも自明であるということではなかった。エジプトでは   どんな平民もが自分を王様と平等とは考えてはいなかった。王様は神の人であり   分離され   他の全ての人々の上にあると考えられていた。誰一人として王様と平等ではなかった。   他方   イスラエルの王国がその最も偉大な力があって   王が最も力があった時でさえ   王は決して神とは混同されなかった。預言者ナタン(Nathan)はダビデ王を非難するための自由を感じていた:ダビデ王が   他の男の妻を盗み取りその夫を戦いに送り戦死させるという罪を犯した   そのことの間違いを非難した。そして応答においては   「私は王であり   私がしたいことをするのだ」と答えるのとはずっと違っていた。ダビデ王はそうではなくて   神から自分の罪の許しを祈った。   エジプトの王とイスラエルの王との違いは   全ての人々は等しいとユダヤの人々は教えられていたことにあった。なぜ人は一人だけで創造されたのか?   なぜ神は一人だけの男を創造したのか?我々の賢者は説明している   「私は高貴な血統である」と誰もがこのように自慢しないためである。全ての人類が同じ人からの子孫である。全ては神の前に等しい。   [   Sanhedrin   38a   ]   第2回大陸議会(the   Second   Continental   Congress)の人々が   「全ての人々が等しく造られた」のは自明な真実であると宣言した時の表現がこのラビの教えでした。どんな人も他の人より神により近いということはない   このことを我々が記憶するときのみ   それは自明である。   Unalienable   rights(譲渡されない権利)   生命   自由そして幸福の追及への我々の権利は   どれも我々自身が夢見てきた単純な価値ではない。独立宣言に従ってさえも   我々の国の市民の法律の多くがそれを基本としており   我々の権利は我々の主なる神から引き出されている。   どんな人も他人にこう言う権利はない   「私はあなたが生きることを許さない」----まさに殺人者が犠牲者言うことである。神は命じている   「あなたは人を殺してはいけない」   どんな人も他人にこう言う権利はない   「私はあなたを自由にすることを許さない」----まさに主人が奴隷に言うことである。神は命じている   「あなたは自由でありなさい」そして   他人が幸福の追及のための権利をどんな人も禁止することはできない。裁判で偽って誓うとか   盗みとか   あるいは隣人を傷つけることによっても。これらの行動のすべては神によって禁止されている   そして幸福を追及する権利は天の法律   神の戒律   によって保証されている。   The   secure   these   rights   今や我々は   人々の中に政府が必要であるという宣言で   第2回大陸議会(the   Second   Continental   Congress)の人々の論考を   偉大な集団の人々の論考と同様に   理解することができる。その必要は   人間として生まれた全ての人々   神のイメージで創造された人々   の相続財産である権利を保証し安全にするためである。   我々の自由を確実にするために   我々は   我々の自由を制限し安全にするための権力を持った政府を樹立する。その政府から我々自身を保護するために   我々は   今度は   人々のための保護の法律を樹立する。政府の権力はその時   政府が保護するために想定された価値の権力よりも偉大になることは   決して許されるべきではない。   政府の権力は   どこからやって来るのか?それは我々から   「その人々」から来る。しかし我々が見てきたように   政府はそれ自身で先に行きすぎて   より偉大にそしてより強力に成長する傾向を持つ。政府の後ろにある価値の権力は   どこからやって来るのか?この権力は神   創造主   からの授かりものである。「全ての人間は平等に   ...彼らの創造主によって授けられた   確かな譲渡されない権利を持って」   Goverment   and   power   我々が見てきたように   政府に対する必要と   政府を疑うための必要との間に緊張がある。お互いを「相食べる」ことから我々を保つために   我々は政府を必要とする。しかし政府から我々を保護するために   我々はthe   Bill   of   Rightsやタルムードのような手段を必要とするのだ!   しばしば   何を行なおうが   政府は良いことだけを行っていると主張する。「良いこと」とは   「政府の敵」を死に追いやること   市民へ重税をかけること   あるいは戦争に戦うことを意味するかもしれない。ラバン・ガマリエル(Rabban   Gamaliel)   が我々に警告したのは不思議ではない。   権力に気をつけなさい。なぜならばそれらは自分たちにとって必要でなければ人に近寄ってこない。それらは自分たちが得になる時には友だちのように見えるが   人が苦境に陥っている時にはそれらは彼のそばに立ってはくれない。   [   Avot   2:3   ]   我々は真に権力と友だちになることはできない。   典型的な政治家の選挙を考えてみなさい。選挙の前は   候補者の全ては選挙民に約束をする。候補者は   彼らに叫ぶあらゆる人に向かって友だちのようであり機嫌がよい。彼らは不平に耳を傾け   物事を正しくし   それらをより良くすることを約束する。結局   我々の投票を必要としている。しかし選挙が終わるや否や   約束はまた全てしばしば忘れられてしまう。特に   危機の時代   全ての側に苦境が増えている時は   政府の役人たちは人々の興味どころではなく   政府自身の興味で行動する。   おそらく   詩編の一つがなぜこう言っているかがこのことである:君主に信頼をおいてはいけない   なぜならば彼らには助けがない。   [   詩編   146:3   ]   14世紀の注解者のナフミアス(Nahmias)は権力の友情について   次のたとえ話をした:     ある王が彼の将校の一人を昇進させた。毎日   王はこの将校の前に上って彼の首に接吻をしていた。最後に   王は彼を殺して言った。「将校の首が切り落とされ時に   刀が落ちるその場所に接吻をしていたのだ」   人々は言っている   「ライオンが歯をむき出した時に   ライオンが笑っていると考えてはいけない   それはむさぼり食うためだけなのだ。人間の王は   また   しばしば動物王国のライオンのようである」   サミュエルの警告   ナフミアスのたとえ話   そしてガマリエルの警告は全ての政府の行く道と関連している。どんな政府も全体的に信頼されることはない。我々は絶えず権力の進行を見張らなければなりません。   The   law   and   the   land   たとえそうであっても   タルムードの格言ではこう言う:   その土地の法律は   法律である。   [   Baba   Kamma   113a   ]   人は   政府を尊敬しなければなりません。   [   Mechilta   Bo   ]   ここで我々は   また   我々の解釈をバランスしなければなりません。その土地の法律はいつでも法律であるとは限りません。ハドリアン皇帝がトーラの勉強とユダヤ教の実施を禁止した時   ラビはローマの法律を無視しなければならなかった。その土地の法律が神のより高い法律と衝突する時は   すべての政府が統治する権利を得ているのは神の法律からであり   従わなければいけないのは神の法律である。   Creating   a   dream   我々の夢はトーラの法律   すなわち同情と親切   正義と公正   熟考と尊敬の法律   に従って統治される一つの世界である。   しかしそんな夢を現実にするために   我々は「国々の上の光」にならなければならない。   もしユダヤ人が「選ばれた」人々であるならば   それは我々がトーラのメッセージを全てに運んでいるからである。   トーラは   誰もが不平を持っていなかった場所で   人前で公開して与えられた。   もしそれがイスラエルの土地で与えられていたならば   世界の国々は言ったであろう   「この中に我々の場所がない」   それゆえトーラは荒野で与えられた   人前で公開して   そして誰もが不平を持っていなかった場所で。   それを受け入れたい人は誰でも   来て受け入れなさい。   [   Mechilta   Bahodesh   Yitro   ]   その仕事は偉大であり   我々はそれを完成する希望さえできない。   しかし   我々の世界に神の法律をもたらす責任を   我々の各々が感じなければならない   ---   トーラを教えること   そして戒律に従って行動することに責任を。   我々は   共同社会から我々を分離すべきではないだけでなく   そこにできる限り多く参加しなければならない   そしてその地の法律をトーラの戒律にますます多く順応させなければならない。   その時には   タルムードの格言「その土地の法律は   法律である」   に従う時に何の問題も恐れもない。   Reflection   ラビたちは   二つの反対する力を認めていた:   人々が「生きたままで互いを食べる」ことがないように   政府を必要とすること。   そして政府が神の統治の前に敬意を払う時を我々が夢見て生き続ける間に   権力の進行を注意深く監視する必要があること。   我々の価値は   我々が通過させ従う法律の種類に反映されている。   それゆえに   地上に神の統治がやって来るために働くことは   共同体から我々自身を分離しないことを意味する。   それは   トーラの法律に対する採用を創造するために   共同体の中で働くことを意味する。   それは   その土地の法律にユダヤ人の教えの価値を反映させるために   懸命に努力することを意味する。   我々はユダヤ人として世界の中に我々を巻き込むことを要求される。   政府の何かが悪いと感じた時   我々は立ち上がって戦わなければならない。   また   我々が信じているところの方針にそのシステムを持ってゆくために   我々が住んでいる所の法律のシステムの範囲内で仕事をすることを   学ばなければならない。   簡潔に言うと   我々は良い市民で責任ある態度で   「その政府の繁栄を祈る」ことをしなければならない。   ラビ・オシャヤ(Rabbi   Oshaya)は教えた:   人間の実行において   人である王が宮殿を建てる時   それは王自身の技術ではなく建築家の技術で建てている。   さらに建築家は彼自身の頭からではなく   従業員が煙突やドアの配置をどうすればよいか知るために   計画し図面を作る。   このように   神は   トーラを相談相手とし   そしてその後に世界を創造した。   [   Genesis   Rabbah   1:1   ]   それと同じく   世界がいかに最善に統治されるかを知りたいならば   正しい世界の建築のための建築家の計画   すなわち   「トーラの法律」を相談相手にしなければならない。   実際に   全体の世界が基本にしているもの   すなわち   「神一人の政府」よりも良い政府はありえない。  

サムネイル

アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です) 1 「タルムード」「イスラエルのダビデ王の王政の成立」

アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です) 1「タルムード」「イスラエルのダビデ王の王政の成立。サウル王に認められたダビデでしたが力がありすぎて南に追いやられてユダ民族出身だったダビデが南に王朝を成立させました。北の王朝のサウル王が戦闘で戦死して子も亡くなりダビデが北にも権力を与えられて王朝を成立させました」

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.6.20. 15:53
視聴回数:141回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です)   1「タルムード」「イスラエルのダビデ王の王政の成立。サウル王に認められたダビデでしたが力がありすぎて南に追いやられてユダ民族出身だったダビデが南に王朝を成立させました。北の王朝のサウル王が戦闘で戦死して子も亡くなりダビデが北にも権力を与えられて王朝を成立させました」  

サムネイル

アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です) 「タルムード」「イスラエルのサウル王の王政の成立」「裁きの価値」

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です) 2 「イスラエルの諸部族の サウル王の王政の成立と 王政できなかった根拠」 「神ヤハウェーが人間を支配するため 人間が人間を支配しないものであるという信仰が 王政の支配を許容できなかった面がある。」 「タルムード」 「裁きの価値」 ◎「The value of judging」 In his place Gathering evidence Balancing justice The poor and rich alike The result of justice and mercy Guarding justice Sifting the evidence Religious awareness and mercy Reflection ◎「The value of judging:裁きの価値」 ヒレルは言った。あなたがその人の位置にくるまでは、あなたの仲間を裁いてはなりません。 ( Avot 2:4) Judaismの中心の価値の一つは、賢い裁きの結果とになる正義である。何が正義と裁きを作るかということはとても重要なことであり、あなたの日々の生活の中で演じる大きな部分である。あなたは他の人々を裁いている。あなたは他の人々がどのように行動すべきかを裁いている。 あなたは自分自身に問う、「この人は私に対して公正でであろうか?」そしてあなたは「yes or no」を答えることで自分の意識である裁き(識別と判断)をしている。あなたはこう質問する、「この人は善い親切な隣人か、または彼はだましたり、嘘をついたりするのか?」そしてあなたはある方、あるいは他方を決心して裁きをする。あなたはこう問う、「この人は私に公正であろうか?」そして「yes or no」を裁くことで答える。 あなたは裁判所での裁判官の衣を着ているわけではないが、毎日あなたの前にやって来るケースを決定する時に、あなたは心の法廷という種類を維持する。あなたは友人から、敵からはずっと違った種類の行動を期待し要求する。 あなたは先生には公平を、 警官には親切を、 ラビには善いことを、 道化師には楽しさを、 親戚には気前良さを、 郵便配達には信用を、 医者には気遣いを、 そして弁護士には あなたの側にあることを 期待する。 あなたが期待したように人々が行動する時と、そうでない時との両方において、あなたは裁きを下す。あなたが裁きをする時に、奇妙なことが起きる:あなたがちょうど属しているところはどこなのかを発見するために、あなたは自分自身を定義し始める。あなたが下す裁きの各々は、あなたが知っている事、あなたが学んだ事のベース、およびあなたが集めた証拠に基づく。もしあなたが一般的に他人に公平であることを期待するならば、あなたが信じている価値と同様にあなたは公平さに注意を払い始めるであろう。あなたが他人に親切である時、あなたはあなた自身に対して親切さを評価し始める。もちろん、その同じことがもう一方の側の方法にもまた真である。あなたが他人に不公平である時、あなた自身に対して公平さを忘れ始める。そしてあなたのまわりの人々についてあなたの裁きが正直でなくなる時、あなたはすぐにあなた自身にもまた嘘をつき始める。 正直に裁くことは我々が学ぶ一つのスキルである。我々は裁きを上手にする能力を持って自動的に生まれてきたわけではない。裁くことを学ぶ場合に、我々は証拠の全てを集め、それを綿密に調べ、我々の評価を選び、そしてそれから我々の選択に基づいて決定をすることを学ばなければならない。それで、この章のテーマを構成しているヒレルの話は明白である。 「あなたがその人の位置にくるまでは、あなたの仲間を裁いてはなりません。」 これは、毎日あなたのまわりの人々をあなたが裁く場合の方法を話している。

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.6.19. 21:23
視聴回数:4465回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: アヴェ・ヴェルム・コルプス   (お話です)   2   「イスラエルの諸部族の   サウル王の王政の成立と   王政できなかった根拠」   「神ヤハウェーが人間を支配するため   人間が人間を支配しないものであるという信仰が   王政の支配を許容できなかった面がある。」   「タルムード」   「裁きの価値」   ◎「The   value   of   judging」   In   his   place   Gathering   evidence   Balancing   justice   The   poor   and   rich   alike   The   result   of   justice   and   mercy   Guarding   justice   Sifting   the   evidence   Religious   awareness   and   mercy   Reflection   ◎「The   value   of   judging:裁きの価値」   ヒレルは言った。あなたがその人の位置にくるまでは   あなたの仲間を裁いてはなりません。   (   Avot   2:4)   Judaismの中心の価値の一つは   賢い裁きの結果とになる正義である。何が正義と裁きを作るかということはとても重要なことであり   あなたの日々の生活の中で演じる大きな部分である。あなたは他の人々を裁いている。あなたは他の人々がどのように行動すべきかを裁いている。   あなたは自分自身に問う   「この人は私に対して公正でであろうか?」そしてあなたは「yes   or   no」を答えることで自分の意識である裁き(識別と判断)をしている。あなたはこう質問する   「この人は善い親切な隣人か   または彼はだましたり   嘘をついたりするのか?」そしてあなたはある方   あるいは他方を決心して裁きをする。あなたはこう問う   「この人は私に公正であろうか?」そして「yes   or   no」を裁くことで答える。   あなたは裁判所での裁判官の衣を着ているわけではないが   毎日あなたの前にやって来るケースを決定する時に   あなたは心の法廷という種類を維持する。あなたは友人から   敵からはずっと違った種類の行動を期待し要求する。   あなたは先生には公平を   警官には親切を   ラビには善いことを   道化師には楽しさを   親戚には気前良さを   郵便配達には信用を   医者には気遣いを   そして弁護士には   あなたの側にあることを   期待する。   あなたが期待したように人々が行動する時と   そうでない時との両方において   あなたは裁きを下す。あなたが裁きをする時に   奇妙なことが起きる:あなたがちょうど属しているところはどこなのかを発見するために   あなたは自分自身を定義し始める。あなたが下す裁きの各々は   あなたが知っている事   あなたが学んだ事のベース   およびあなたが集めた証拠に基づく。もしあなたが一般的に他人に公平であることを期待するならば   あなたが信じている価値と同様にあなたは公平さに注意を払い始めるであろう。あなたが他人に親切である時   あなたはあなた自身に対して親切さを評価し始める。もちろん   その同じことがもう一方の側の方法にもまた真である。あなたが他人に不公平である時   あなた自身に対して公平さを忘れ始める。そしてあなたのまわりの人々についてあなたの裁きが正直でなくなる時   あなたはすぐにあなた自身にもまた嘘をつき始める。   正直に裁くことは我々が学ぶ一つのスキルである。我々は裁きを上手にする能力を持って自動的に生まれてきたわけではない。裁くことを学ぶ場合に   我々は証拠の全てを集め   それを綿密に調べ   我々の評価を選び   そしてそれから我々の選択に基づいて決定をすることを学ばなければならない。それで   この章のテーマを構成しているヒレルの話は明白である。   「あなたがその人の位置にくるまでは   あなたの仲間を裁いてはなりません。」   これは   毎日あなたのまわりの人々をあなたが裁く場合の方法を話している。   ◎In   his   place   我々が他の人の位置に我々自身を置く時   すなわち彼らが物事を見ている方法で我々がそれらを見ようとしている時   裁きはとても複雑になる。しかし   もし我々がこれをするならば   その時にのみ裁きは公平になり得る。証拠を集めるという過程の部分において   これはヨシュヤ(Joshua   ben   Perahyah)が   心に思って   こう言った。   「全ての人々の気に入るように裁け」   (Avot   1:6)   これは我々自身が裁かれたいように裁くという質問である。   結局   我々は最善の可能な方法で他の人々が我々を見て欲しい   特に我々が行なう何かが正当な結果にでない場合に。人間であることは   誤りをすることを含み   我々がやった誤りを通して学び   成長することを含む。我々の誤りのあらゆるものが厳しく裁かれる時   我々は誤りをしないようにそんなに心配し始めるので   我々の成長が妨げられてしまう。   それで   我々が他の人々を好意をもって裁く時   他の人々に「第二の機会」あるいは「不信の親切」を喜んで与える時   それが最善である。結局   これは   我々自身の行動を裁く場合に他の人々がするであろうと我々が期待していることである。   ◎Gathering   evidence   そのこと以上に   我々は期待するのは   人々が我々のした事について裁く前に   彼らが我々に説明の機会を与えることである。これは決定をする前に証拠を集める経過を含む。誰か他の人の立場に我々自身を置こうとする場合に   なぜその人がそのような方法で行動したのかを理解するために   我々は可能な証拠の全てを集める努力をしなければならない。   裁きが合理的な証拠に基づかない時   我々が事実の全てが明らかになる前に結論に飛んでしまう時   誤り導いた裁きがいかになり得るかについて   ラビは一つの物語を話した。     ラブ・アシ(Rav   Ashi)がミシュナの学習を教えていた   そしてユダヤの王マナセ王の物語のところに来た。マナセ王は偶像崇拝に変わっていったと生徒たちに説明した。彼がマナセ王に生きていた時代の説明を始めた時   授業の時間が終わった。彼は閉じるときこう言った:「明日   我々はこの『善い』人についてもっと話そう」さて伝統は我々にこう告げている。実はマナセ王は真に善い人でが   ラブ・アシは『善い』という言葉を皮肉を込めた調子で言った   あたかもマナセ王が本当に無知であるかのように。   その夜   夢の中で   マナセ王がラブ・アシのところにやって来て   「あなたは正直に私を無知だと裁いていますか?」と聞いた。その時に   その王マナセはラブ・アシにユダヤ律法の幾つかの難しい質問をした。ラブ・アシは答えることができなかったが   マナセ王はあざやかに答えて   その学識のある学者を驚かせた。謙遜して   ラブ・アシはその古代のユダヤのマナセ王に質問した:「もしあなたがそんなに学があるのなら   いかにしてあなたは偶像崇拝するようになったのですか?」マナセ王は答えた:「私と共にそこに来てみなさい。あなたは   あなたの衣のふちを集め   偶像を崇拝するために私の後を追ってくるであろう」   (Sanhedrin   102b)   ラブ・アシの誤りは共通のものであった:彼は   マナセの位置に彼自身を置いて想像するような努力を実際にしないで   裁きを下そうとしていた。これは   我々が裁きをする前に事実を集めない時に起こることである。例えば   もしあなたが   これこれのことがそんなになったとの噂を聞いて   そしてあなたが聞いたことが真実かどうか質問すること無しに   あるいはなぜその人がそんな行動をしたのかを理解する努力を無しに   あなたがその人を裁くならば   あなたはラブ・アシの誤りを繰り返している。ラビ・イシマエル(Rabbi   Ishmael)はこう言っていた。事実の全てを知らずに決定を下す人は   おろか者であり   邪悪な者であり   おうへいな者である。   (Avot   4:7)  

サムネイル

アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です) 2 「タルムード」「イスラエルのサウル王の王政の成立」「裁きの価値」

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です) 2 「イスラエルの諸部族の サウル王の王政の成立と 王政できなかった根拠」 「神ヤハウェーが人間を支配するため 人間が人間を支配しないものであるという信仰が 王政の支配を許容できなかった面がある。」 「タルムード」 「裁きの価値」 ◎「The value of judging」 In his place Gathering evidence Balancing justice The poor and rich alike The result of justice and mercy Guarding justice Sifting the evidence Religious awareness and mercy Reflection ◎「The value of judging:裁きの価値」 ヒレルは言った。あなたがその人の位置にくるまでは、あなたの仲間を裁いてはなりません。 ( Avot 2:4) Judaismの中心の価値の一つは、賢い裁きの結果とになる正義である。何が正義と裁きを作るかということはとても重要なことであり、あなたの日々の生活の中で演じる大きな部分である。あなたは他の人々を裁いている。あなたは他の人々がどのように行動すべきかを裁いている。 あなたは自分自身に問う、「この人は私に対して公正でであろうか?」そしてあなたは「yes or no」を答えることで自分の意識である裁き(識別と判断)をしている。あなたはこう質問する、「この人は善い親切な隣人か、または彼はだましたり、嘘をついたりするのか?」そしてあなたはある方、あるいは他方を決心して裁きをする。あなたはこう問う、「この人は私に公正であろうか?」そして「yes or no」を裁くことで答える。 あなたは裁判所での裁判官の衣を着ているわけではないが、毎日あなたの前にやって来るケースを決定する時に、あなたは心の法廷という種類を維持する。あなたは友人から、敵からはずっと違った種類の行動を期待し要求する。 あなたは先生には公平を、 警官には親切を、 ラビには善いことを、 道化師には楽しさを、 親戚には気前良さを、 郵便配達には信用を、 医者には気遣いを、 そして弁護士には あなたの側にあることを 期待する。 あなたが期待したように人々が行動する時と、そうでない時との両方において、あなたは裁きを下す。あなたが裁きをする時に、奇妙なことが起きる:あなたがちょうど属しているところはどこなのかを発見するために、あなたは自分自身を定義し始める。あなたが下す裁きの各々は、あなたが知っている事、あなたが学んだ事のベース、およびあなたが集めた証拠に基づく。もしあなたが一般的に他人に公平であることを期待するならば、あなたが信じている価値と同様にあなたは公平さに注意を払い始めるであろう。あなたが他人に親切である時、あなたはあなた自身に対して親切さを評価し始める。もちろん、その同じことがもう一方の側の方法にもまた真である。あなたが他人に不公平である時、あなた自身に対して公平さを忘れ始める。そしてあなたのまわりの人々についてあなたの裁きが正直でなくなる時、あなたはすぐにあなた自身にもまた嘘をつき始める。 正直に裁くことは我々が学ぶ一つのスキルである。我々は裁きを上手にする能力を持って自動的に生まれてきたわけではない。裁くことを学ぶ場合に、我々は証拠の全てを集め、それを綿密に調べ、我々の評価を選び、そしてそれから我々の選択に基づいて決定をすることを学ばなければならない。それで、この章のテーマを構成しているヒレルの話は明白である。 「あなたがその人の位置にくるまでは、あなたの仲間を裁いてはなりません。」 これは、毎日あなたのまわりの人々をあなたが裁く場合の方法を話している。

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.6.19. 17:55
視聴回数:4465回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: アヴェ・ヴェルム・コルプス   (お話です)   2   「イスラエルの諸部族の   サウル王の王政の成立と   王政できなかった根拠」   「神ヤハウェーが人間を支配するため   人間が人間を支配しないものであるという信仰が   王政の支配を許容できなかった面がある。」   「タルムード」   「裁きの価値」   ◎「The   value   of   judging」   In   his   place   Gathering   evidence   Balancing   justice   The   poor   and   rich   alike   The   result   of   justice   and   mercy   Guarding   justice   Sifting   the   evidence   Religious   awareness   and   mercy   Reflection   ◎「The   value   of   judging:裁きの価値」   ヒレルは言った。あなたがその人の位置にくるまでは   あなたの仲間を裁いてはなりません。   (   Avot   2:4)   Judaismの中心の価値の一つは   賢い裁きの結果とになる正義である。何が正義と裁きを作るかということはとても重要なことであり   あなたの日々の生活の中で演じる大きな部分である。あなたは他の人々を裁いている。あなたは他の人々がどのように行動すべきかを裁いている。   あなたは自分自身に問う   「この人は私に対して公正でであろうか?」そしてあなたは「yes   or   no」を答えることで自分の意識である裁き(識別と判断)をしている。あなたはこう質問する   「この人は善い親切な隣人か   または彼はだましたり   嘘をついたりするのか?」そしてあなたはある方   あるいは他方を決心して裁きをする。あなたはこう問う   「この人は私に公正であろうか?」そして「yes   or   no」を裁くことで答える。   あなたは裁判所での裁判官の衣を着ているわけではないが   毎日あなたの前にやって来るケースを決定する時に   あなたは心の法廷という種類を維持する。あなたは友人から   敵からはずっと違った種類の行動を期待し要求する。   あなたは先生には公平を   警官には親切を   ラビには善いことを   道化師には楽しさを   親戚には気前良さを   郵便配達には信用を   医者には気遣いを   そして弁護士には   あなたの側にあることを   期待する。   あなたが期待したように人々が行動する時と   そうでない時との両方において   あなたは裁きを下す。あなたが裁きをする時に   奇妙なことが起きる:あなたがちょうど属しているところはどこなのかを発見するために   あなたは自分自身を定義し始める。あなたが下す裁きの各々は   あなたが知っている事   あなたが学んだ事のベース   およびあなたが集めた証拠に基づく。もしあなたが一般的に他人に公平であることを期待するならば   あなたが信じている価値と同様にあなたは公平さに注意を払い始めるであろう。あなたが他人に親切である時   あなたはあなた自身に対して親切さを評価し始める。もちろん   その同じことがもう一方の側の方法にもまた真である。あなたが他人に不公平である時   あなた自身に対して公平さを忘れ始める。そしてあなたのまわりの人々についてあなたの裁きが正直でなくなる時   あなたはすぐにあなた自身にもまた嘘をつき始める。   正直に裁くことは我々が学ぶ一つのスキルである。我々は裁きを上手にする能力を持って自動的に生まれてきたわけではない。裁くことを学ぶ場合に   我々は証拠の全てを集め   それを綿密に調べ   我々の評価を選び   そしてそれから我々の選択に基づいて決定をすることを学ばなければならない。それで   この章のテーマを構成しているヒレルの話は明白である。   「あなたがその人の位置にくるまでは   あなたの仲間を裁いてはなりません。」   これは   毎日あなたのまわりの人々をあなたが裁く場合の方法を話している。   ◎In   his   place   我々が他の人の位置に我々自身を置く時   すなわち彼らが物事を見ている方法で我々がそれらを見ようとしている時   裁きはとても複雑になる。しかし   もし我々がこれをするならば   その時にのみ裁きは公平になり得る。証拠を集めるという過程の部分において   これはヨシュヤ(Joshua   ben   Perahyah)が   心に思って   こう言った。   「全ての人々の気に入るように裁け」   (Avot   1:6)   これは我々自身が裁かれたいように裁くという質問である。   結局   我々は最善の可能な方法で他の人々が我々を見て欲しい   特に我々が行なう何かが正当な結果にでない場合に。人間であることは   誤りをすることを含み   我々がやった誤りを通して学び   成長することを含む。我々の誤りのあらゆるものが厳しく裁かれる時   我々は誤りをしないようにそんなに心配し始めるので   我々の成長が妨げられてしまう。   それで   我々が他の人々を好意をもって裁く時   他の人々に「第二の機会」あるいは「不信の親切」を喜んで与える時   それが最善である。結局   これは   我々自身の行動を裁く場合に他の人々がするであろうと我々が期待していることである。   ◎Gathering   evidence   そのこと以上に   我々は期待するのは   人々が我々のした事について裁く前に   彼らが我々に説明の機会を与えることである。これは決定をする前に証拠を集める経過を含む。誰か他の人の立場に我々自身を置こうとする場合に   なぜその人がそのような方法で行動したのかを理解するために   我々は可能な証拠の全てを集める努力をしなければならない。   裁きが合理的な証拠に基づかない時   我々が事実の全てが明らかになる前に結論に飛んでしまう時   誤り導いた裁きがいかになり得るかについて   ラビは一つの物語を話した。     ラブ・アシ(Rav   Ashi)がミシュナの学習を教えていた   そしてユダヤの王マナセ王の物語のところに来た。マナセ王は偶像崇拝に変わっていったと生徒たちに説明した。彼がマナセ王に生きていた時代の説明を始めた時   授業の時間が終わった。彼は閉じるときこう言った:「明日   我々はこの『善い』人についてもっと話そう」さて伝統は我々にこう告げている。実はマナセ王は真に善い人でが   ラブ・アシは『善い』という言葉を皮肉を込めた調子で言った   あたかもマナセ王が本当に無知であるかのように。   その夜   夢の中で   マナセ王がラブ・アシのところにやって来て   「あなたは正直に私を無知だと裁いていますか?」と聞いた。その時に   その王マナセはラブ・アシにユダヤ律法の幾つかの難しい質問をした。ラブ・アシは答えることができなかったが   マナセ王はあざやかに答えて   その学識のある学者を驚かせた。謙遜して   ラブ・アシはその古代のユダヤのマナセ王に質問した:「もしあなたがそんなに学があるのなら   いかにしてあなたは偶像崇拝するようになったのですか?」マナセ王は答えた:「私と共にそこに来てみなさい。あなたは   あなたの衣のふちを集め   偶像を崇拝するために私の後を追ってくるであろう」   (Sanhedrin   102b)   ラブ・アシの誤りは共通のものであった:彼は   マナセの位置に彼自身を置いて想像するような努力を実際にしないで   裁きを下そうとしていた。これは   我々が裁きをする前に事実を集めない時に起こることである。例えば   もしあなたが   これこれのことがそんなになったとの噂を聞いて   そしてあなたが聞いたことが真実かどうか質問すること無しに   あるいはなぜその人がそんな行動をしたのかを理解する努力を無しに   あなたがその人を裁くならば   あなたはラブ・アシの誤りを繰り返している。ラビ・イシマエル(Rabbi   Ishmael)はこう言っていた。事実の全てを知らずに決定を下す人は   おろか者であり   邪悪な者であり   おうへいな者である。   (Avot   4:7)  

サムネイル

アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です) 1 「タルムード」「イスラエルのサウル王の王政の成立」「裁きの価値」

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です) 1 「イスラエルの諸部族の サウル王の王政の成立と 王政できなかった根拠」 「神ヤハウェーが人間を支配するため 人間が人間を支配しないものであるという信仰が それを許容できなかった面がある。」 「タルムード」 「裁きの価値」 ◎「The value of judging」 In his place Gathering evidence Balancing justice The poor and rich alike The result of justice and mercy Guarding justice Sifting the evidence Religious awareness and mercy Reflection ◎「The value of judging:裁きの価値」 ヒレルは言った。あなたがその人の位置にくるまでは、あなたの仲間を裁いてはなりません。 ( Avot 2:4) Judaismの中心の価値の一つは、賢い裁きの結果とになる正義である。何が正義と裁きを作るかということはとても重要なことであり、あなたの日々の生活の中で演じる大きな部分である。あなたは他の人々を裁いている。あなたは他の人々がどのように行動すべきかを裁いている。 あなたは自分自身に問う、「この人は私に対して公正でであろうか?」そしてあなたは「yes or no」を答えることで自分の意識である裁き(識別と判断)をしている。あなたはこう質問する、「この人は善い親切な隣人か、または彼はだましたり、嘘をついたりするのか?」そしてあなたはある方、あるいは他方を決心して裁きをする。あなたはこう問う、「この人は私に公正であろうか?」そして「yes or no」を裁くことで答える。 あなたは裁判所での裁判官の衣を着ているわけではないが、毎日あなたの前にやって来るケースを決定する時に、あなたは心の法廷という種類を維持する。あなたは友人から、敵からはずっと違った種類の行動を期待し要求する。 あなたは先生には公平を、 警官には親切を、 ラビには善いことを、 道化師には楽しさを、 親戚には気前良さを、 郵便配達には信用を、 医者には気遣いを、 そして弁護士には あなたの側にあることを 期待する。 あなたが期待したように人々が行動する時と、そうでない時との両方において、あなたは裁きを下す。あなたが裁きをする時に、奇妙なことが起きる:あなたがちょうど属しているところはどこなのかを発見するために、あなたは自分自身を定義し始める。あなたが下す裁きの各々は、あなたが知っている事、あなたが学んだ事のベース、およびあなたが集めた証拠に基づく。もしあなたが一般的に他人に公平であることを期待するならば、あなたが信じている価値と同様にあなたは公平さに注意を払い始めるであろう。あなたが他人に親切である時、あなたはあなた自身に対して親切さを評価し始める。もちろん、その同じことがもう一方の側の方法にもまた真である。あなたが他人に不公平である時、あなた自身に対して公平さを忘れ始める。そしてあなたのまわりの人々についてあなたの裁きが正直でなくなる時、あなたはすぐにあなた自身にもまた嘘をつき始める。 正直に裁くことは我々が学ぶ一つのスキルである。我々は裁きを上手にする能力を持って自動的に生まれてきたわけではない。裁くことを学ぶ場合に、我々は証拠の全てを集め、それを綿密に調べ、我々の評価を選び、そしてそれから我々の選択に基づいて決定をすることを学ばなければならない。それで、この章のテーマを構成しているヒレルの話は明白である。 「あなたがその人の位置にくるまでは、あなたの仲間を裁いてはなりません。」 これは、毎日あなたのまわりの人々をあなたが裁く場合の方法を話している。

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.6.19. 17:26
視聴回数:4369回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: アヴェ・ヴェルム・コルプス   (お話です)   1   「イスラエルの諸部族の   サウル王の王政の成立と   王政できなかった根拠」   「神ヤハウェーが人間を支配するため   人間が人間を支配しないものであるという信仰が   それを許容できなかった面がある。」   「タルムード」   「裁きの価値」   ◎「The   value   of   judging」   In   his   place   Gathering   evidence   Balancing   justice   The   poor   and   rich   alike   The   result   of   justice   and   mercy   Guarding   justice   Sifting   the   evidence   Religious   awareness   and   mercy   Reflection   ◎「The   value   of   judging:裁きの価値」   ヒレルは言った。あなたがその人の位置にくるまでは   あなたの仲間を裁いてはなりません。   (   Avot   2:4)   Judaismの中心の価値の一つは   賢い裁きの結果とになる正義である。何が正義と裁きを作るかということはとても重要なことであり   あなたの日々の生活の中で演じる大きな部分である。あなたは他の人々を裁いている。あなたは他の人々がどのように行動すべきかを裁いている。   あなたは自分自身に問う   「この人は私に対して公正でであろうか?」そしてあなたは「yes   or   no」を答えることで自分の意識である裁き(識別と判断)をしている。あなたはこう質問する   「この人は善い親切な隣人か   または彼はだましたり   嘘をついたりするのか?」そしてあなたはある方   あるいは他方を決心して裁きをする。あなたはこう問う   「この人は私に公正であろうか?」そして「yes   or   no」を裁くことで答える。   あなたは裁判所での裁判官の衣を着ているわけではないが   毎日あなたの前にやって来るケースを決定する時に   あなたは心の法廷という種類を維持する。あなたは友人から   敵からはずっと違った種類の行動を期待し要求する。   あなたは先生には公平を   警官には親切を   ラビには善いことを   道化師には楽しさを   親戚には気前良さを   郵便配達には信用を   医者には気遣いを   そして弁護士には   あなたの側にあることを   期待する。   あなたが期待したように人々が行動する時と   そうでない時との両方において   あなたは裁きを下す。あなたが裁きをする時に   奇妙なことが起きる:あなたがちょうど属しているところはどこなのかを発見するために   あなたは自分自身を定義し始める。あなたが下す裁きの各々は   あなたが知っている事   あなたが学んだ事のベース   およびあなたが集めた証拠に基づく。もしあなたが一般的に他人に公平であることを期待するならば   あなたが信じている価値と同様にあなたは公平さに注意を払い始めるであろう。あなたが他人に親切である時   あなたはあなた自身に対して親切さを評価し始める。もちろん   その同じことがもう一方の側の方法にもまた真である。あなたが他人に不公平である時   あなた自身に対して公平さを忘れ始める。そしてあなたのまわりの人々についてあなたの裁きが正直でなくなる時   あなたはすぐにあなた自身にもまた嘘をつき始める。   正直に裁くことは我々が学ぶ一つのスキルである。我々は裁きを上手にする能力を持って自動的に生まれてきたわけではない。裁くことを学ぶ場合に   我々は証拠の全てを集め   それを綿密に調べ   我々の評価を選び   そしてそれから我々の選択に基づいて決定をすることを学ばなければならない。それで   この章のテーマを構成しているヒレルの話は明白である。   「あなたがその人の位置にくるまでは   あなたの仲間を裁いてはなりません。」   これは   毎日あなたのまわりの人々をあなたが裁く場合の方法を話している。   ◎In   his   place   我々が他の人の位置に我々自身を置く時   すなわち彼らが物事を見ている方法で我々がそれらを見ようとしている時   裁きはとても複雑になる。しかし   もし我々がこれをするならば   その時にのみ裁きは公平になり得る。証拠を集めるという過程の部分において   これはヨシュヤ(Joshua   ben   Perahyah)が   心に思って   こう言った。   「全ての人々の気に入るように裁け」   (Avot   1:6)   これは我々自身が裁かれたいように裁くという質問である。   結局   我々は最善の可能な方法で他の人々が我々を見て欲しい   特に我々が行なう何かが正当な結果にでない場合に。人間であることは   誤りをすることを含み   我々がやった誤りを通して学び   成長することを含む。我々の誤りのあらゆるものが厳しく裁かれる時   我々は誤りをしないようにそんなに心配し始めるので   我々の成長が妨げられてしまう。   それで   我々が他の人々を好意をもって裁く時   他の人々に「第二の機会」あるいは「不信の親切」を喜んで与える時   それが最善である。結局   これは   我々自身の行動を裁く場合に他の人々がするであろうと我々が期待していることである。   ◎Gathering   evidence   そのこと以上に   我々は期待するのは   人々が我々のした事について裁く前に   彼らが我々に説明の機会を与えることである。これは決定をする前に証拠を集める経過を含む。誰か他の人の立場に我々自身を置こうとする場合に   なぜその人がそのような方法で行動したのかを理解するために   我々は可能な証拠の全てを集める努力をしなければならない。   裁きが合理的な証拠に基づかない時   我々が事実の全てが明らかになる前に結論に飛んでしまう時   誤り導いた裁きがいかになり得るかについて   ラビは一つの物語を話した。     ラブ・アシ(Rav   Ashi)がミシュナの学習を教えていた   そしてユダヤの王マナセ王の物語のところに来た。マナセ王は偶像崇拝に変わっていったと生徒たちに説明した。彼がマナセ王に生きていた時代の説明を始めた時   授業の時間が終わった。彼は閉じるときこう言った:「明日   我々はこの『善い』人についてもっと話そう」さて伝統は我々にこう告げている。実はマナセ王は真に善い人でが   ラブ・アシは『善い』という言葉を皮肉を込めた調子で言った   あたかもマナセ王が本当に無知であるかのように。   その夜   夢の中で   マナセ王がラブ・アシのところにやって来て   「あなたは正直に私を無知だと裁いていますか?」と聞いた。その時に   その王マナセはラブ・アシにユダヤ律法の幾つかの難しい質問をした。ラブ・アシは答えることができなかったが   マナセ王はあざやかに答えて   その学識のある学者を驚かせた。謙遜して   ラブ・アシはその古代のユダヤのマナセ王に質問した:「もしあなたがそんなに学があるのなら   いかにしてあなたは偶像崇拝するようになったのですか?」マナセ王は答えた:「私と共にそこに来てみなさい。あなたは   あなたの衣のふちを集め   偶像を崇拝するために私の後を追ってくるであろう」   (Sanhedrin   102b)   ラブ・アシの誤りは共通のものであった:彼は   マナセの位置に彼自身を置いて想像するような努力を実際にしないで   裁きを下そうとしていた。これは   我々が裁きをする前に事実を集めない時に起こることである。例えば   もしあなたが   これこれのことがそんなになったとの噂を聞いて   そしてあなたが聞いたことが真実かどうか質問すること無しに   あるいはなぜその人がそんな行動をしたのかを理解する努力を無しに   あなたがその人を裁くならば   あなたはラブ・アシの誤りを繰り返している。ラビ・イシマエル(Rabbi   Ishmael)はこう言っていた。事実の全てを知らずに決定を下す人は   おろか者であり   邪悪な者であり   おうへいな者である。   (Avot   4:7)  

サムネイル

アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です) 2 ユダヤ教徒とイスラエルの歴史についてと仏法のそれ自体(=自性)について

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です) 2  BC7~BC4(3755~3758)頃 イエス様がガリラヤ地方のナザレまたはベツレエムで生まれます。  AC0(3761) AC6(3767) ローマ帝国がエルサレムを含むユダヤ地方を直接支配領しました。ヘロデ王が築いたカエサリア(カイザリア)の街に、ローマ帝国のユダヤ州総督府を設置しました。 30(3791) イエス様がエルサレムで十字架刑に処せられました。(ゴルゴダの丘、現在の聖墳墓教会) 70(3831) エルサレムのユダヤ人の反乱が起きて、ローマ軍ティトスに鎮圧されました。このとき第2神殿が破壊されて嘆きの壁(=西壁)だけが残りました。 610(4371) ムハンマド様がアッラーの啓示を受けてイスラム教創始しました。 740(4501)頃 コーカサス地方のハザール王国(=ハザール汗国)でユダヤ教への大量の改宗が起きました。1016(4777)に滅亡しました。 1242(5003) フランスでタルムードの焚書がございました。 1453(5214) オスマントルコでユダヤ教徒の商人と職人を大切に待遇しました。 1492(5253) スペインがユダヤ人に国外追放令を出しました。 (=1492(5253)) コロンブスが新大陸発見の旅に出ました。 1654(5415) 合衆国のニューアムステルダム(=ニューヨーク)にユダヤ人がたどり着きました。 1656(5417) イギリスのクロムウェルがユダヤ教徒の入国を許可しました。(1290(5051) エドワード1世がユダヤ人を国内から追放して以来です。) 1650年頃 ~1870年頃までの時期に、 各国々で ユダヤの方々に対して 名誉の回復が 行われていくことも 気になるので ございますが、 再び、弾圧が 始まるのでございます。 1871(5632)~1903(5664) ロシアでポグロム(ユダヤの方々の粛清)がございました。 1917(5678) バルフォア宣言(イギリス外相がユダヤ人の有力者ロスチャイルド卿にあてた書簡) 1939(5700) 水晶の夜第二次世界大戦中にユダヤ人約600万人がナチス・ドイツに虐殺さました。(ホロコースト) 1948(5709) 5月14日 イスラエルが独立を宣言しました。 1948(5709) 5月15日 第1次中東戦争起きました。 1956(5717) 第2次中東戦争が起きました。 1964(5725) パレスチナ解放機構(PLO)を結成しました。 1967(5728) 第3次中東戦争が起きました。 1973(5734) 第4次中東戦争が起きました。 1979(5740) イスラエルとエジプトが平和条約を締結しました。 1993(5754) パレスチナ暫定自治協定を調印しました。(オスロ合意) 2001(5762) アメリカ合衆国でブッシュ大統領が就任しました。 2001(5762) 3月7日 シャロン政権が発足しました。 2001(5762) 9月11日 米同時テロ事件が起きました。 2001(5762) 10月7日 米空軍がフガニスタンの空爆を開始しました。 2003(5764) 3月20日 米英軍がイラク戦争を開始しました。 2005(5766) 9月12日 イスラエル軍がガザ地区の撤退を完了しました。 2009(5770) 1月3日 イスラエルがガザ地区に侵攻を開始しました。 「ユダヤ教徒エジプト人とマルクス主義」 「アハマド・サーディク・サアドと民衆的思想」 「ヘンリ・クリエルとエジプト共産主義運動」 「エジプト共産主義運動におけるユダヤ教徒問題」 「国連パレスチナ分割決議とエジプト共産主義運動」 「アラブ民族革命とアラブ共産主義者の殉難」 も気になります。 仏法のそれ自体(=自性)について

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.5.29. 21:21
視聴回数:5787回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: アヴェ・ヴェルム・コルプス   (お話です)   2   ユダヤ教徒とイスラエルの歴史について   紀元前2000年(ユダヤ暦1762年)   ~B.C.1700年(2062年)   アブラハム   子イサク   孫ヤコブが活躍しました。   創世記12・1-3節   アブラハムが神の「あなたの生まれ故郷を出て私が示す地へ行きなさい。私は貴女を大いなる国民として祝福します。地上のすべての民族はあなたのおかげで祝福されます。」という語りかけを聞いてアブラハムの父テラと南メソポタミアから来たメソポタミアに行くことから始まりました。   創世記22章   アブラハムが100歳のとき神が息子イサクを与えましたが   神がイサクを神の犠牲として捧げることを命じ   アブラハムがイサクを殺そうとしたとき神はアブラハムの絶対的神への信頼を見て   アブラハムに殺させることを止めて   別の山羊を捧げさせました。ここから   救世主計画の人物としての教義が始まります。       『ユダヤの方々への迫害が1500年代末まで続きましたが   そこを境に   ユダヤ人神学校が各国につくられて国際社会でユダヤの方々に市民権が開放されていきました。他方   ポグロム(ユダヤ人の粛清)がロシアのオデッサ(1871年)・南ロシア(1881年~1882年)・ロシア(1903年)で起きました。ドイツで水晶の夜(600万人の方々に対するホロコースト)(1939年)   ポーランドでワルシャワゲットーの蜂起(1943年)が起きました。』       BC18世紀   エルサレム旧市街南のオフェルの丘東斜面に城壁跡がございます。   BC14世紀   エルサレムはエジプトの支配下になりました。   BC1270(ユダヤ暦2492)   (出エジプト)   預言者モーセに率いられてエジプトを脱出しました。   BC1100(ユダヤ暦2662)   ヨシュア(預言者モーセの後継者)に率いられてイスラエル十二氏族がカナンの地に定住しました。   BC1020(2742)~BC1004(2726)   サウルがイスラエル王国初代国王になってイスラエル諸部族を統合しました。   BC995(2765)   ユダ族のダビデ王がイスラエルの民十二氏族の国王になりエブスびとのエルサレムを占領して   エルサレムが首都になりました。   BC965(2797)   ダビデの子ソロモン王が即位して   エルサレムに第1神殿建立神殿の丘(ハラム・アッシャリフ)40年間の「ソロモンの栄華」がございました。   BC928(2834)   イスラエル統一王国   イスラエル王国((北の10氏族)とユダ王国(南の2氏族)に分裂。エルサレムはユダ王国(ユダ族とベンヤミン族で構成)の首都になりました。   BC721(3040)   イスラエル王国(北王国)はアッシリアに滅ぼされる。イスラエル王国(北王国)の住民は連行されたか改教しました。これが失われた十氏族になります。   BC586(3176)   ユダ王国(南王国)は新バビロニアに滅ぼされ   エルサレムの第1神殿が破壊されました。この時に残った西壁が現在の「嘆きの壁」です。ユダ王国の多くの人々がバビロンに連行されました。(バビロン捕囚)   BC586~BC538(3176~3224)   第2神殿時代でございます。   BC538~AD70(3224~3831)   ペルシア時代でございます。   BC538(3224)   ペルシア王が捕囚されたユダヤ人に祖国復帰を許可しました。バビロンにいたユダヤ人15万人中   約1/4がエルサレムに帰還しました。   BC515(3247)   エルサレムで第2神殿が完成しました。   BC400(3362)頃   トーラー(旧約聖書の最初の5書:モーセの5書   律法)の結集を行いました。   BC332(3430)   エルサレム   アレクサンドロス大王の支配下になりました。ゴラン高原バニアス(BC3世紀のヘレニズム時代の牧神パンの神殿跡)がございます。   BC63(3699)   ローマがエルサレムを支配しました。   BC37(3725)   エルサレムをヘロデ王が統治(~BC4)しまた。神殿の丘(ハラム・アッシャリフ)を大きくしました。   紀元前の値は値が減っていき   紀元になってから値が   増えていきます(加算と減算)が   ユダヤ暦は紀元前2000年から   値が増えていく(加算だけ)   計算でございます。   BC7~BC4(3755~3758)頃   イエス様がガリラヤ地方のナザレまたはベツレヘムで生まれます。   AC0(3761)   AC6(3767)   ローマ帝国がエルサレムを含むユダヤ地方を直接支配領とする。ヘロデ王が築いた街   カエサリア(カイザリア)にローマ帝国ユダヤ州総督府を設置。   AC6(3767)   ローマ帝国がエルサレムを含むユダヤ地方を直接支配領しました。ヘロデ王が築いたカエサリア(カイザリア)の街に   ローマ帝国のユダヤ州総督府を設置しました。   26(3787)   ピラトゥスがユダヤ州総督として着任しました。   30(3791)   イエス様がエルサレムで十字架刑に処せられました。(ゴルゴダの丘   現在の聖墳墓教会)   66~73(3827~3834)   ユダヤ戦争(ユダヤ人のローマ帝国に対する抵抗でございます。)   70(3831)   嘆きの壁について   エルサレムのユダヤ人の反乱が起きて   ローマ軍ティトスに鎮圧されました。このとき第2神殿が破壊されて嘆きの壁(=西壁)だけが残りました。ここからユダヤ人の世界の流浪が始まりました。   313(3984)   コンスタンチヌス帝がキリスト教をローマ帝国で公認しました。(ミラノの勅令)   326(3997)   ローマ皇帝コンスタンティヌス帝の母后ヘレナ   エルサレムを来訪して   ゴルゴダの丘の場所の特定を行って   現在の聖墳墓教会付近であることを特定しました。   392(4153)   テオドシウス帝がキリスト教をローマ帝国の国教にしました。   395(4156)   ローマ帝国が西ローマ帝国と東ローマ帝国(=ビザンツ帝国)に分裂。   610(4371)   ムハンマド様がアッラーの啓示を受けてイスラム教創始しました。   614(4375)   ペルシア軍がエルサレムを蹂躙(蹂躙)しました。   638(4399)   イスラム教徒(正統カリフ時代第二代カリフのウマル)がエルサレムの占領を無血開城で行いました。   691(4452)   岩のドームが完成しました。   715(4476)頃   アルアクサーモスクが完成しました。   740(4501)頃   コーカサス地方のハザール王国(=ハザール汗国)でユダヤ教への大量の改宗が起きました。   940(4701)   アンダルシアでハスダイ・イブン・シャプルートがコルドバの侍医になり外務大臣になってユダヤ社会指導しました。   1016(4777)   コーカサス地方のハザール王国(=ハザール汗国)が滅亡しました。   1040(4801)   バビロニアでプンハディテの最後のガオリンがカリフの命令で死刑になりました。   1099(4860)   十字軍がエルサレムを侵略して   キリスト教のためのエルサレム王国を建国しました。ユダヤ教徒とイスラム教徒とカトリック以外のキリスト教徒の大規模な殺戮が行われました。   1187(4947)   サラディンがエルサレムをイスラム教徒の手に奪還しました。ユダヤ教徒やキリスト教徒を寛大に扱って   キリスト教徒巡礼者の自由を保障しました。ユダヤ人コミュニティが回復してエルサレムに各宗派の棲み分けができました。   1215(4976)   ローマ教皇が第4回ラテラノ会議でユダヤ教徒に対してバッジを義務付けさせました。   1236(4997)   神聖ローマ帝国のフリードリヒ2世がユダヤ教徒を私有財産の扱いにいたしました。   1240(5001)   フランスでタルムード裁判がございました。   1242(5003)   フランスでタルムードの焚書がございました。   1290(5051)   イギリスのエドワード1世がユダヤ人を国内から追放しました。(1656(5417)にクロムウェルがユダヤ人の入国を再度許可しました。)   1298(5059)   神聖ローマ帝国がユダヤ人を迫害して   貴族のカルブフライシュが全ユダヤ人の壊滅を行いなさいという神の命令を受けたと主張しました。   1306(5067)   フランスのフィリップ王が   国内からユダヤ人を追放しました。   1320(5081)   フランスで4万人の羊飼いが十字軍を結成して   聖地の奪回を目指して   ユダヤ人も殺害しました。   1321(5082)   フランスのギエンヌ州で井戸に毒を投げ込んだと尋問を受けたユダヤ人の告白で   5   000人が火刑になりました。   1348(5099)   ドイツと全ヨーロッパでユダヤ人がペストをまく犯人にされて各地でユダヤ人が殺戮されました。ローマ教皇のクレメント6世がユダヤ教徒保護教書を発布しました。   1415(5176)   ローマ教皇のベネディクト13世がタルムードの検閲を命令しました。   1453(5214)   オスマントルコでユダヤ教徒の商人と職人を大切に待遇しました。ポーランドでフランチェスコ会の修道士カピストラーノがユダヤ人の市民権を剥奪するようにポーランド王に進言しました。   1478(5239)   ユダヤ人に対して異端審問が開始されました。   1492(5253)   スペインでユダヤ教徒追放令が発布されて大量の強制改宗が行われました。   (=1492(5253))   シチリアでユダヤ人強制追放が行われました。   (=1492(5253))   ポルトガルでユダヤ人に友好的なマニュエル王がスペインの圧力でユダヤ人が国内から追放または強制改宗が行われました。   (=1492(5253))   スペインがユダヤ人に国外追放令を出しました。   (=1492(5253))   コロンブスが新大陸発見の旅に出ました。   1517(5277)   オスマン帝国がエルサレムを支配下になりました。ヴェネチアで初めてのゲットーができました。   1531(5292)   ポルトガルで異端審問所が発足しました。   1534(5295)   ジギスムント1世がユダヤ教徒のバッジを廃止しました。   1537(5298)   モコッロで最初のメッラーが建立されました。   1540(5301)   ナポリでユダヤ人が追放されました。   1541(5302)   スレイマン大帝がエルサレムの城壁を修復しました。   1550(5301)   ジェノヴァとヴェニスでユダヤ人が追放されました。   1544(5305)   ドイツで宗教改革者のマルチ・ンルターがユダヤ人を攻撃しました。   1555(5316)   ローマ教皇のパウロ4世がユダヤ教徒のゲットーの入植を命令しました。   1569(5330)   ローマ教皇のパウロ4世がユダヤ教徒を追放しました。   1650(5411)   スピノザがユダヤ社会から追放されました。   1654(5415)   合衆国のニューアムステルダム(=ニューヨーク)にユダヤ人がたどり着きました。   1656(5417)   イギリスのクロムウェルがユダヤ教徒の入国を許可しました。(1290(5051)   エドワード1世がユダヤ人を国内から追放して以来です。)   1650年頃   ~1870年頃までの時期に   各国々で   ユダヤの方々に対して   名誉の回復が   行われていくことも   気になるので   ございますが   再び   弾圧が   始まるのでございます。   1711(5472)   ドイツで初の公認のシナゴーグができました。   1730(5491)   合衆国のニューヨークに公認のシナゴーグができました。   1769(5530)   オーストリアでマリア・テレジア女帝がユダヤ人法を発布しました。   1791(5552)   フランスの国民会議で   すべてのユダヤ人に完全な市民権を与えました。   1794(5555)   ロシアでユダヤ人が拘束されて   25年間の軍役を強要して多くのユダヤ人がロシアを離れました。   1808(5569)   モロッコでラバ・トサレとラバトとテトアンにメッラーができました。   1811(5572)   オーストリアのウィーンにシナゴーグの建設が許可されました。   1822(5583)   フランスのメッツにユダヤ人神学校が創立しました。   1829(5590)   イタリアのパドゥアにユダヤ人神学校が創立しました。   1839(5600)   オスマントルコでユダヤ人教徒に対して市民権が与えられました。   1845(5606)   イギリスでユダヤ人対して公職を開放しました。   1847(5607)   イギリスの下院議員ライオネル・ロスチャイルドがキリスト教の宣誓を拒否しました。(1858(5619)年に修正誓約を認めて議席に着きました。)   1870(5631)   イタリアでローマのゲットーが廃止されてユダヤ人の差別が撤廃されました。   1871(5632)   ロシアのオデッサでポグロム(ユダヤの方々の粛清)がございました。   1881(5642)~1882(5643)   南ロシアでポグロム(ユダヤの方々の粛清)がございました。   1903(5664)   ロシアでポグロム(ユダヤの方々の粛清)がございました。   1917(5678)   バルフォア宣言(イギリス外相がユダヤ人の有力者ロスチャイルド卿にあてた書簡)「イギリス政府はパレスチナにナショナルホームを設立することを約束し   その目的達成のため最善の努力を行う」を行いました。   1917(5678)   イギリス軍がパレスチナを占領しました。オスマン帝国軍のエルサレム守備隊がイギリスに降伏しました。   1922(5683)   イギリスによるパレスチナ委任統治正式に始まりました。エルサレムが委任統治領の首都になりました。   1925(5686)   ヘブライ大学が成立しました。   1929(5690)   「嘆きの壁」事件でユダヤ教徒とイスラム教徒の対立で双方の死者が約300人になりました。   1936(5697)   パレスチナ・アラブ大反乱「アラブの大蜂起」がございました。   1939(5700)   水晶の夜第二次世界大戦中にユダヤ人約600万人がナチス・ドイツに虐殺さました。(ホロコースト)   1947(5708)   2月   イギリスがパレスチナの委任統治を放棄することを宣言しました。   1947(5708)   11月   国連がパレスチナ分割決議案採択しました。   1948(5709)   5月14日   イスラエルが独立を宣言しました。そのときのイスラエルのユダヤ人の人口が約70万人です。   1948(5709)   5月15日   第1次中東戦争起きました。アラブ諸国がパレスチナに侵攻しました。アラブ・パレスチナ側が「パレスチナ戦争」と呼んで   イスラエルは「独立戦争」と呼びます。第1次中東戦争でアラブ・パレスチナ人の難民が約80万人になりました。エルサレム旧市街のユダヤ人地区からユダヤ人全員が離れました。。   1949(5710)   イスラエルとヨルダンが休戦協定を締結しました。   1951(5712)   7月20日   ヨルダン国王アブドッラーがアラブ人過激派にアル・アクサー・モスク前で暗殺されて亡くなりました。   1956(5717)   第2次中東戦争が起きました。   1964(5725)   東エルサレム   オリーブ山山頂のホテルでパレスチナ解放機構(PLO)を結成しました。   1967(5728)   第3次中東戦争が起きました。   1968(5729)   スペインはユダヤ人に対する追放令を公式に解除しました。476年ぶりでございましたが   1800年末にロスチャイルド商会のマドリード支店ができて実質的に無効になってございました。   1972(5733)   日本赤軍3名がテルアビブのロッド空港(=現在のベン・グリオン国際空港)で自動小銃を乱射して24人が亡くなって100人近くが負傷しました。   1973(5734)   第4次中東戦争が起きました。   1979(5740)   イスラエルとエジプトが平和条約を締結しました。   1981(5742)   エジプトのサダト大統領が暗殺されて亡くなりました。   1982(5743)   イスラエルがシナイ半島の撤退が完了して   シナイ半島をエジプトに返還しました。   1993(5754)   パレスチナ暫定自治協定を調印しました。イスラエルとPLOが相互承認しました。(オスロ合意)   1995(5756)   イスラエルのラビン首相が暗殺されて亡くなりました。   2000(5761)   リクード党のシャロン党首がアルアクサーモスクを訪問しました。アルアクサー・インティファーダ(第2次インティファーダ)が始まりました。~現在)   2000(5761)   イスラエルのバラク首相とアラファト・パレスチナ自治政府議長がパリで会談しました。   2001(5762)   アメリカ合衆国でブッシュ大統領が就任しました。   2001(5762)   3月7日   シャロン政権が発足しました。   2001(5762)   8月27日   アリー・ムスタファPFLP議長がイスラエルの暗殺作戦で亡くなりました。   2001(5762)   9月11日   米同時テロ事件が起きました。   2001(5762)   10月7日   米空軍がフガニスタンの空爆を開始しました。   2001(5762)   10月17日   イスラエルのゼエヴィ観光相が暗殺されて亡くなりました。(8月27日アリー・ムスタファPFLP議長の暗殺の報復でした。)   2001(5762)   12月3日   シャロン首相が「対テロ戦争」を宣言しました。   2002(5763)   1月22日   ハマスがイスラエルに対して「全面戦争」を宣言しました。   2002(5763)   2月21日   シャロン首相が「分離壁」設置を宣言しました。   2002(5763)   6月   「分離壁」の建設が始まりました。   2003(5764)   1月28日   イスラエルの総選挙でリクード党が圧勝してシャロン首相の続投が決まりました。   2003(5764)   3月20日   米英軍がイラク戦争を開始しました。   2003(5764)   4月9日   バグダッドが陥落しました。イラク・フセイン政権が事実上崩壊しました。   2004(5765)   2月2日   シャロン首相がガザ地区からの一方的な撤退を発表しました。   2004(5765)   3月22日   ハマス指導者ヤシン師がイスラエルの暗殺作戦で亡くなりました。   2004(5765)   4月17日   ハマス新指導者ランティシ師がイスラエルの暗殺作戦で亡くなりました。   2004(5765)   11月11日   PLO議長でパレスチナ自治政府議長のヤセル・アラファト氏(75)が死去しました。   2005(5766)   1月9日   パレスチナ自治政府の議長選挙でアッバース氏が当選しました。   2005(5766)   2月8日   イスラエルのシャロン首相とパレスチナ自治政府のアッバス議長の首脳会談が行われました。(この2者の初の首脳会談で   エジプトのシャルムエルシェイクで行われました。双方が暴力停止を宣言しましたが   ハマスが暴力停止宣言に拘束されないと言明してパレスチナ内部でねじれが起きました。2012年現在の国際社会の各国の政権の現状に似てございます。)   2005(5766)   6月21日   イスラエルのシャロン首相とパレスチナ自治政府のアッバス議長の首脳会談が行われました。(エルサレムで行われましたが   進展しませんでした。共同会見も行われませんでした。)   2005(5766)   8月15日   イスラエルのガザ地区からのユダヤ人の入植者約8   000人が撤退を開始しました。   2005(5766)   9月12日   イスラエル軍がガザ地区の撤退を完了しました。   (ガザ地区が1967年以来38年ぶりにパレスチナの方々の支配下になりました。)   2005(5766)   11月21日   シャロン首相がリクード党を離れて新党「カディマ(=前進)」を結成しました。   2006(5767)   1月4日   シャロン首相が脳出血で重体になりました。   2006(5767)   1月25日   パレスチナ評議会の選挙でハマスが与党第1党になりました。132議席中74議席を獲得しました。   2006(5767)   6月8日   イスラエルがガザ地区南部のラファを空爆してハマス治安部隊のトップなどが亡くなりました。   <特大><特大>2005年2月8日   ~2006年6月8日   奇跡的に   平和な状態の   時期でございました。</特大></特大>   2006(5767)   6月9日   イスラエルがガザ地区北部の海水浴場を誤爆して   家族連れなど7人が亡くなりました。   同日   ハマスは停戦を破棄してイスラエルに対する攻撃を再開すると宣言しました。   2006(5767)   7月12日   レバノンのヒズボラがイスラエルとの戦闘中にイスラエル兵を2名拉致しました。イスラエルはベイルートの空爆を開始しました。   2006(5767)   8月14日   イスラエルとレバノンが停戦に合意しました。   2007(5768)   6月   ハマスがガザ地区を制圧しました。イスラエルが境界を封鎖しました。   2008(5769)   2月27日   イスラエル軍がガザで武装勢力の掃討作戦を行いました。6日間で110人以上の方が亡くなりました。   2008(5769)   6月19日   イスラエルとハマスの停戦の合意が発効しました。   2008(5769)   12月19日   イスラエルとハマスの停戦の合意が終了しました。   2008(5769)   12月27日   イスラエルがガザ地区のハマス拠点に大規模の空爆を開始しました。   2009(5770)   1月3日   イスラエルがガザ地区に侵攻を開始しました。   2010(5771)   中国新彊ウイグル自治区で暴動が起きました。   キルギスで政変が起きました。   タイで反政府デモが起きました。   韓国の哨戒艦が撃沈されました。   北朝鮮が韓国のヨンピョン島を砲撃しました。   ナイジェリアで民族紛争が起きました。   メキシコで麻薬戦争が起きました。   2011(5772)   ヨルダンとシリアとイエメンで反政府運動が激化しました。   チュニジアで反政府暴動が起きて政権が転覆しました。   エジプトで大規模な反政府民主運動が起きて政権が転覆しました。   リビアで政府と反政府勢力の武力衝突が起きて内戦になり政権が崩壊しました。   コートジボアールで内紛が起きて武力衝突しました。   南スーダンが独立しました。   2012(ユダヤ暦5773)   シリアで反政府勢力に対する弾圧が激しくなりました。   マリでクーデターが起きました。   「ユダヤ教徒エジプト人とマルクス主義」   「アハマド・サーディク・サアドと民衆的思想」   「ヘンリ・クリエルとエジプト共産主義運動」   「エジプト共産主義運動におけるユダヤ教徒問題」   「国連パレスチナ分割決議とエジプト共産主義運動」   「アラブ民族革命とアラブ共産主義者の殉難」   も気になります。   仏法のそれ自体(=自性)について  

サムネイル

アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です) 1 ユダヤ教徒とイスラエルの歴史についてと仏法のそれ自体(=自性)について

アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です) 1  ユダヤ教徒とイスラエルの歴史について 紀元前2000年(ユダヤ暦1762年) ~B.C.1700年(2062年) アブラハム、子イサク、孫ヤコブが活躍しました。 創世記12・1-3節 アブラハムが神の「あなたの生まれ故郷を出て私が示す地へ行きなさい。私は貴女を大いなる国民として祝福します。地上のすべての民族はあなたのおかげで祝福されます。」という語りかけを聞いてアブラハムの父テラと南メソポタミアから来たメソポタミアに行くことから始まりました。 創世記22章 アブラハムが100歳のとき神が息子イサクを与えましたが、神がイサクを神の犠牲として捧げることを命じ、アブラハムがイサクを殺そうとしたとき神はアブラハムの絶対的神への信頼を見て、アブラハムに殺させることを止めて、別の山羊を捧げさせました。ここから、救世主計画の人物としての教義が始まります。 ■         ■ 『ユダヤの方々への迫害が1500年代末まで続きましたが、そこを境に、ユダヤ人神学校が各国につくられて国際社会でユダヤの方々に市民権が開放されていきました。他方、ポグロム(ユダヤ人の粛清)がロシアのオデッサ(1871年)・南ロシア(1881年~1882年)・ロシア(1903年)で起きました。ドイツで水晶の夜(600万人の方々に対するホロコースト)(1939年)、ポーランドでワルシャワゲットーの蜂起(1943年)が起きました。』 ■        ■ BC18世紀 エルサレム旧市街南のオフェルの丘東斜面に城壁跡がございます。 BC14世紀 エルサレムはエジプトの支配下になりました。 BC1270(ユダヤ暦2492) (出エジプト) 預言者モーセに率いられてエジプトを脱出しました。 BC1100(ユダヤ暦2662) ヨシュア(預言者モーセの後継者)に率いられてイスラエル十二氏族がカナンの地に定住しました。 BC1020(2742)~BC1004(2726) サウルがイスラエル王国初代国王になってイスラエル諸部族を統合しました。 BC995(2765) ユダ族のダビデ王がイスラエルの民十二氏族の国王になりエブスびとのエルサレムを占領して、エルサレムが首都になりました。 BC965(2797) ダビデの子ソロモン王が即位して、エルサレムに第1神殿建立神殿の丘(ハラム・アッシャリフ)40年間の「ソロモンの栄華」がございました。 BC928(2834) イスラエル統一王国、イスラエル王国((北の10氏族)とユダ王国(南の2氏族)に分裂。エルサレムはユダ王国(ユダ族とベンヤミン族で構成)の首都になりました。 BC721(3040) イスラエル王国(北王国)はアッシリアに滅ぼされる。イスラエル王国(北王国)の住民は連行されたか改教しました。これが失われた十氏族になります。 BC586(3176) ユダ王国(南王国)は新バビロニアに滅ぼされ、エルサレムの第1神殿が破壊されました。この時に残った西壁が現在の「嘆きの壁」です。ユダ王国の多くの人々がバビロンに連行されました。(バビロン捕囚) BC586~BC538(3176~3224) 第2神殿時代でございます。 BC538~AD70(3224~3831) ペルシア時代でございます。 BC538(3224) ペルシア王が捕囚されたユダヤ人に祖国復帰を許可しました。。バビロンにいたユダヤ人15万人中、約1/4がエルサレムに帰還しました。 BC515(3247) エルサレムで第2神殿が完成しました。 BC400(3362)頃 トーラー(旧約聖書の最初の5書:モーセの5書、律法)の結集を行いました。 BC332(3430) エルサレム、アレクサンドロス大王の支配下になりました。ゴラン高原バニアス(BC3世紀のヘレニズム時代の牧神パンの神殿跡)がございます。 BC63(3699) ローマがエルサレムを支配しました。 BC37(3725) エルサレムをヘロデ王が統治(~BC4)しまた。神殿の丘(ハラム・アッシャリフ)を大きくしました。 紀元前の値は値が減っていき、 紀元になってから値が 増えていきます(加算と減算)が、 ユダヤ暦は紀元前2000年から 値が増えていく(加算だけ) 計算でございます。 BC7~BC4(3755~3758)頃 イエス様がガリラヤ地方のナザレまたはベツレエムで生まれます。  AC0(3761)

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.5.29. 17:55
視聴回数:1434回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です)   1   ユダヤ教徒とイスラエルの歴史について   紀元前2000年(ユダヤ暦1762年)   ~B.C.1700年(2062年)   アブラハム   子イサク   孫ヤコブが活躍しました。   創世記12・1-3節   アブラハムが神の「あなたの生まれ故郷を出て私が示す地へ行きなさい。私は貴女を大いなる国民として祝福します。地上のすべての民族はあなたのおかげで祝福されます。」という語りかけを聞いてアブラハムの父テラと南メソポタミアから来たメソポタミアに行くことから始まりました。   創世記22章   アブラハムが100歳のとき神が息子イサクを与えましたが   神がイサクを神の犠牲として捧げることを命じ   アブラハムがイサクを殺そうとしたとき神はアブラハムの絶対的神への信頼を見て   アブラハムに殺させることを止めて   別の山羊を捧げさせました。ここから   救世主計画の人物としての教義が始まります。       『ユダヤの方々への迫害が1500年代末まで続きましたが   そこを境に   ユダヤ人神学校が各国につくられて国際社会でユダヤの方々に市民権が開放されていきました。他方   ポグロム(ユダヤ人の粛清)がロシアのオデッサ(1871年)・南ロシア(1881年~1882年)・ロシア(1903年)で起きました。ドイツで水晶の夜(600万人の方々に対するホロコースト)(1939年)   ポーランドでワルシャワゲットーの蜂起(1943年)が起きました。』       BC18世紀   エルサレム旧市街南のオフェルの丘東斜面に城壁跡がございます。   BC14世紀   エルサレムはエジプトの支配下になりました。   BC1270(ユダヤ暦2492)   (出エジプト)   預言者モーセに率いられてエジプトを脱出しました。   BC1100(ユダヤ暦2662)   ヨシュア(預言者モーセの後継者)に率いられてイスラエル十二氏族がカナンの地に定住しました。   BC1020(2742)~BC1004(2726)   サウルがイスラエル王国初代国王になってイスラエル諸部族を統合しました。   BC995(2765)   ユダ族のダビデ王がイスラエルの民十二氏族の国王になりエブスびとのエルサレムを占領して   エルサレムが首都になりました。   BC965(2797)   ダビデの子ソロモン王が即位して   エルサレムに第1神殿建立神殿の丘(ハラム・アッシャリフ)40年間の「ソロモンの栄華」がございました。   BC928(2834)   イスラエル統一王国   イスラエル王国((北の10氏族)とユダ王国(南の2氏族)に分裂。エルサレムはユダ王国(ユダ族とベンヤミン族で構成)の首都になりました。   BC721(3040)   イスラエル王国(北王国)はアッシリアに滅ぼされる。イスラエル王国(北王国)の住民は連行されたか改教しました。これが失われた十氏族になります。   BC586(3176)   ユダ王国(南王国)は新バビロニアに滅ぼされ   エルサレムの第1神殿が破壊されました。この時に残った西壁が現在の「嘆きの壁」です。ユダ王国の多くの人々がバビロンに連行されました。(バビロン捕囚)   BC586~BC538(3176~3224)   第2神殿時代でございます。   BC538~AD70(3224~3831)   ペルシア時代でございます。   BC538(3224)   ペルシア王が捕囚されたユダヤ人に祖国復帰を許可しました。。バビロンにいたユダヤ人15万人中   約1/4がエルサレムに帰還しました。   BC515(3247)   エルサレムで第2神殿が完成しました。   BC400(3362)頃   トーラー(旧約聖書の最初の5書:モーセの5書   律法)の結集を行いました。   BC332(3430)   エルサレム   アレクサンドロス大王の支配下になりました。ゴラン高原バニアス(BC3世紀のヘレニズム時代の牧神パンの神殿跡)がございます。   BC63(3699)   ローマがエルサレムを支配しました。   BC37(3725)   エルサレムをヘロデ王が統治(~BC4)しまた。神殿の丘(ハラム・アッシャリフ)を大きくしました。   紀元前の値は値が減っていき   紀元になってから値が   増えていきます(加算と減算)が   ユダヤ暦は紀元前2000年から   値が増えていく(加算だけ)   計算でございます。   BC7~BC4(3755~3758)頃   イエス様がガリラヤ地方のナザレまたはベツレエムで生まれます。   AC0(3761)  

サムネイル

ブロントサウルスのからくりおもちゃ

ブロントサウルス(ブラキオサウルス?)のからくり玩具の歩き方のムービーです。自分で組み立てる工作キットです。

投稿者:サイト名 tuktuk
投稿日時:2006.10.26. 17:45
視聴回数:2049回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 商品紹介  
タグ: 恐竜   からくり   玩具   木のおもちゃ   ブロントサウルス   ブラキオサウルス  

01

   
videovar
iPeeVee iPeeVee

会社概要 |  ソリューション |  お問い合わせ |  スタッフ募集 |  利用規約 |  プライバシーポリシー

Copyright (C) 2006-2019 PeeVee Corporation. All rights reserved.