PeeVee.TV
   

  ログイン

ホーム 新規ユーザー登録

新着動画一覧

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11

次へ»

サムネイル

シャローム福音教会 2013年9月8日

宣教題「天の住まい 木田師」ヨハネ14:1~6

投稿者:サイト名 シャローム福音教会
投稿日時:2013.9.11. 07:09
視聴回数:258回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般  
タグ: church   shalom   教会   シャローム   イエス   キリスト   聖書   メッセージ   宣教  

サムネイル

拓望のスイカ割りチャレンジ

帰省中の孫たちの、路上でのスイカ割り体験です。マンション住まいでは出来ない事を、夏休みの体験させました。大喜びでした。

投稿者:サイト名 torayosi372
投稿日時:2013.8.19. 16:56
視聴回数:324回
お気に入り登録:0
カテゴリ: アウトドア  
タグ: スイカ割り  

サムネイル

優奈のスイカ割りチャレンジ

帰省した孫たちの遊びで、マンション住まいでは出来ない路上でのスイカ割りにチャレンジしました。

投稿者:サイト名 torayosi372
投稿日時:2013.8.19. 16:51
視聴回数:330回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般  
タグ: スイカ割り  

サムネイル

賃貸マンション 「コンフォリア文京春日」 I-type STUDIO 22.56㎡

☆名称:コンフォリア文京春日 I-type ☆住所:東京都文京区西片1-15-12 ☆間取:studio ☆専有面積:22.56㎡ ☆賃料:88,000~98,000円(管理費7,000円)  ※賃料は2013年3月のものです  ※経年・時期等により賃料が変わる場合がございます ☆構造:鉄骨鉄筋コンクリート造地上14階地下1階建 ☆築年月:2009年11月 ☆交通:都営三田線 大江戸線 「春日」駅 徒歩1分    東京メトロ丸の内線 南北線 「後楽園」駅 徒歩4分 ☆条件・設備等:賃貸マンション、オートロック、防犯カメラ、エレベーター、宅配ボックス、駐輪場、駐車場、ウォシュレット、システムキッチン、浴室換気乾燥機、追い炊き(1LDK以上)、ペット可 ☆ 周辺環境・施設  ◆ スーパー・コンビニ    ○ ホームセンター 「オリンピック」 260m    ○ スーパー 「クイーンズ伊勢丹」  290m    ○ 24時間スーパー 「グルメシティ」 300m         ◆ 教育施設    ○ 文京区立「柳町幼稚園」 400m    ○ 文京区立「柳町小学校」 450m    ○ 「淑徳中学校・高校」  650m  ◆ レジャー施設等    ○ 「東京ドームシティ」  580m    ○ 「東京ドーム」     750m ※空室状況につきましてはお問い合わせください ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ プロパティエージェント株式会社 オレンジルーム 東京都文京区小石川1-14-3 THE TOWER KOISHIKAWA 1階 フリーダイヤル 0120-974-002 E-MAIL info@orangeroom.jp URL : http://www.orangeroom.jp ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

投稿者:サイト名 orangeroom
投稿日時:2013.4.27. 17:07
視聴回数:404回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   ビジネス全般   住まい・不動産  
タグ: 賃貸マンション   オレンジルーム   コンフォリア文京春日   文京区   引越し   暮らし   住まい   動画   室内動画   物件動画   紹介動画   後楽園   春日   丸ノ内線   南北線   三田線   大江戸線  

サムネイル

賃貸マンション 「コンフォリア文京春日」 D-type 1K 22.05㎡

☆名称:コンフォリア文京春日 D-type ☆住所:東京都文京区西片1-15-12 ☆間取:1K ☆専有面積:22.05㎡ ☆賃料:93,000円~(管理費7,000円)  ※賃料は2013年3月のものです  ※経年・時期等により賃料が変わる場合がございます ☆構造:鉄骨鉄筋コンクリート造地上14階地下1階建 ☆築年月:2009年11月 ☆交通:都営三田線 大江戸線 「春日」駅 徒歩1分    東京メトロ丸の内線 南北線 「後楽園」駅 徒歩4分 ☆条件・設備等:賃貸マンション、オートロック、防犯カメラ、エレベーター、宅配ボックス、駐輪場、駐車場、ウォシュレット、システムキッチン、浴室換気乾燥機、追い炊き(1LDK以上)、ペット可 ☆ 周辺環境・施設  ◆ スーパー・コンビニ    ○ ホームセンター 「オリンピック」 260m    ○ スーパー 「クイーンズ伊勢丹」  290m    ○ 24時間スーパー 「グルメシティ」 300m         ◆ 教育施設    ○ 文京区立「柳町幼稚園」 400m    ○ 文京区立「柳町小学校」 450m    ○ 「淑徳中学校・高校」  650m  ◆ レジャー施設等    ○ 「東京ドームシティ」  580m    ○ 「東京ドーム」     750m ※空室状況につきましてはお問い合わせください ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ プロパティエージェント株式会社 オレンジルーム 東京都文京区小石川1-14-3 THE TOWER KOISHIKAWA 1階 フリーダイヤル 0120-974-002 E-MAIL info@orangeroom.jp URL : http://www.orangeroom.jp ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

投稿者:サイト名 orangeroom
投稿日時:2013.4.27. 17:05
視聴回数:449回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   ビジネス全般   住まい・不動産  
タグ: 賃貸マンション   オレンジルーム   コンフォリア文京春日   文京区   引越し   暮らし   住まい   動画   室内動画   物件動画   紹介動画   後楽園   春日   丸ノ内線   南北線   三田線   大江戸線  

サムネイル

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です)メタ定理・タルムード第5章・聖クルアーン第17章

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です) 『メタ定理』 『 「抽象性」と「確実なもの」で ある事象に対して 「算術の領域」から領納していくとき、 「集合論」の「無限の領域」が 「素数いわゆる複素数」の「本性」から その種類が無限にいたり 人間の尺度を越えたものの領域を 「算術」という「確実なもの」を 「形而上学(メタフィクス:metaphysics)」 の「抽象性」を与えて 「人間の実有」の知覚で論究する ということについて             』 『タルムード第5章』 『聖クルアーン第17章』 「タルムード第5章」 『タルムード第5章』 1。 10の言葉で世界が創造されました。 それについて聖書で何を教えているのだろう。だが世界はひとつの言葉で創造され得たのでないか。しかし、それは10の言葉で創造された世界を滅ぼす悪人どもに刑罰を下すためであり、また10の言葉で創造された世界を永続させる義人たちに素晴らしい報酬を与えるためである。 2。 アダムからノアへの10の世代が、ありました。偉大な彼がそれらに洪水の水を持ってまで、絶えず彼を引き起こし、これらの世代の一人一人のために、彼の忍耐であった方法を示して 3。 アブラハムは、私たちの父が来て、それらすべての報酬を受け取るまで、これらの世代の一人一人のための彼の忍耐は、継続的に彼を挑発した方法大きな表示するには、ノアからアブラハムまで10世代が、ありました。 4。 10テストとテストアブラハムは、私たちの父であったと彼はそれらすべての不動の立っていた[彼らはされました]彼の愛がいかに偉大な表示することもできます。 4。 10の奇跡がエジプトでわたしたちの父祖たちのために行われ、また10の奇跡が会場で行われた。10の疫病を聖なるお方 - 彼は頌むべきかな - はエジプトでエジプト人にもたらし、また10の疫病を海上でもたらした。10度もわたしたちの父祖たちは偏在者である神 - 彼は頌むべきかな - を荒れ野で試みた。なぜなら「不思議は、海上でエジプトと10で私たちの先祖のために行われた。10度もわたしを試み、わたしの声に聞き従わなかった」(民数記14・22)と言われているからである。 『聖クルアーン第17章』 聖クルアーン 第17章 夜の旅章(アル・イスラーゥ)マッカ啓示111節 慈悲あまねく慈愛深きアッラーの御名において。 17-1.かれに栄光あれ。そのしもべを、(マッカの)聖なるマスジドから、われが周囲を祝福した至遠の(エルサレムの)マスジドに、夜間、旅をさせた。わが種々の印をかれ(ムハンマド)に示すためである。本当にかれこそは全聴にして全視であられる。 17-2.われはムーサーに啓典を授け、イスラエルの子孫ヘの導きとさせ(命じ)た。「われの外に守護者を持ってはならない。」 17-3.われがヌーフと一緒に(方舟で)運んだ者の子孫よ。本当にかれは感謝するしもベであった。 17-4.またわれは啓典の中で、イスラエルの子孫に対しこう啓示を与えた。「あなたがたは必ず地上で2度悪を犯し、必ず甚だしく高慢に思いあがるであろう。」 17-5.それで2つの中最初の時(預言)が来た時、われはしもべの中の武勇に富んだ者を、あなたがたに遣わし、かれらは家々の最も奥に入り、約束は成し遂げられた。

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.8.23. 15:53
視聴回数:11099回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: アヴェ・ヴェルム・コルプス   (お話です)   『メタ定理』     「抽象性」と「確実なもの」で   ある事象に対して   「算術の領域」から領納していくとき   「集合論」の「無限の領域」が   「素数いわゆる複素数」の「本性」から   その種類が無限にいたり   人間の尺度を越えたものの領域を   「算術」という「確実なもの」を   「形而上学(メタフィクス:metaphysics)」   の「抽象性」を与えて   「人間の実有」の知覚で論究する   ということについて     『タルムード第5章』   『聖クルアーン第17章』   「タルムード第5章」   『タルムード第5章』   1。   10の言葉で世界が創造されました。   それについて聖書で何を教えているのだろう。だが世界はひとつの言葉で創造され得たのでないか。しかし   それは10の言葉で創造された世界を滅ぼす悪人どもに刑罰を下すためであり   また10の言葉で創造された世界を永続させる義人たちに素晴らしい報酬を与えるためである。   2。   アダムからノアへの10の世代が   ありました。偉大な彼がそれらに洪水の水を持ってまで   絶えず彼を引き起こし   これらの世代の一人一人のために   彼の忍耐であった方法を示して   3。   アブラハムは   私たちの父が来て   それらすべての報酬を受け取るまで   これらの世代の一人一人のための彼の忍耐は   継続的に彼を挑発した方法大きな表示するには   ノアからアブラハムまで10世代が   ありました。   4。   10テストとテストアブラハムは   私たちの父であったと彼はそれらすべての不動の立っていた[彼らはされました]彼の愛がいかに偉大な表示することもできます。   4。   10の奇跡がエジプトでわたしたちの父祖たちのために行われ   また10の奇跡が会場で行われた。10の疫病を聖なるお方   -   彼は頌むべきかな   -   はエジプトでエジプト人にもたらし   また10の疫病を海上でもたらした。10度もわたしたちの父祖たちは偏在者である神   -   彼は頌むべきかな   -   を荒れ野で試みた。なぜなら「不思議は   海上でエジプトと10で私たちの先祖のために行われた。10度もわたしを試み   わたしの声に聞き従わなかった」(民数記14・22)と言われているからである。   5。   10の奇跡は神殿内でわたしたちの先祖のために行われました。すなわち聖別された供儀の肉の匂いで女性が流産しなかった。聖別された供儀の肉も決して腐らなかった。屠獣部屋に蝿(はえ)は見られなかった。贖罪の日に大祭司は夢を漏らさなかった。雨が祭壇の薪束の火を消すことはなかった。風が煙の柱を圧倒することはなかった。オメルの束   二個のパン   および供えのパンに瑕疵は発見されなかった。彼ら人々はひしめいて立ったが   楽に跪(ひざまず)けた。またエルサレムの中では蛇もさそりも危害を加えなかった。またエルサレムで宿泊するわたしには場所が狭すぎる   とその仲間に言ったものは誰もいなかった。   6。   10のものが安息日の前夜の宵の口に創造された。それらは   地の口   井戸の口   雌ろばの口     マナ     シャミール   文字   書体   書き板である。またさらに悪魔   モーセの墓   およびわたしたちの父祖アブラハムの雄羊   と言う者たちもいる。またさらに挟み道具で作られた挟み道具   と言う者たちもいる。   7。   7つのことが無学の者について   また7つのことが賢者について言える。賢者は知恵において自分よりすぐれている人の前では語らない。また彼は仲間の話に割って入らない。また彼は性急に答えない。彼は主題に合わせて訊ね   ハラハーに従って答える。彼は最初の問題は最初に話し   最後の問題は最後に話す。彼が聞いていない事柄に関しては   わたしは聞いていないと言う。また彼は真理を認める。これらの逆が   無学の者の場合である。   8。   7種類の刑罰が7つの大罪のためにこの世に下る。誰かが10分の1をの献げ物を献ても   誰かが10分の1の献げ物を献げなければ   魃(ばつ)による与え   いくつかの十分の一を与えていない場合は   干ばつから飢饉が来る。   いくつかの充足を持っていながら   いくつかの飢餓。   すべての十分の一を与えない解決するときに混乱や干ばつから飢饉が来る。   そして   彼らは生地の提供を(数字15:20)離れて設定されません場合は   すべてのかかる飢饉が来る。   とするため第七年間の農産物(レビ記25:1-7)のTorahsのとがの   疫病ため裁判所に持ち込まれていない律法で差し止め死刑に値する犯罪の世界にしています。   とするためのhalakahに従っていない律法を教えるものの   剣のための正義の遅延と正義の曲げるの世界にしています。   邪悪な獣のため偽証と名前の冒涜の世界に来る。   亡命ため偶像崇拝と近親相姦と血を流すの世界に来る;とするためのサバティカル年の間に土壌中への放出を与えるために無視する。   9。   毎年四年   七年に   七年後の年に   と仮庵の祭りの終わりに4つの期間の疫病の増加で。   "4年"   -   のため三年Poormanの税収(申命記14:28-30)の怠慢である。   "第七年に"   -   ので   6年Poormanの税収の怠慢。   "七年後の年"   -   越境したため7年目のTorahsが生成されます。   "仮庵の祭りの終わりには毎年"   -   ので   そのためです収穫ギフトの貧しい人々を奪った。   10。   男性の間で4つのタイプがあります。   彼は   "私は私のものとあなたがあなたの何です何ですか"と言う人   -   一部は   これはソドムのタイプであることを言うが   これは   一般的なタイプです。   彼は   "私があなたと何かあなたは私です何ですか"と言う人   -   彼は無知な男だ。   彼は誰が   "私はあなたです   何があな​​たは汝自身である何ですか"と言う   -   彼は聖人のような男だ。   そして彼は   "あなたは何ですか鉱山であり   何が私は私です"と言う人   -   彼は邪悪な男だ。   11。   男性の間で四気質があります。   挑発するのは簡単となだめるのは簡単   -   彼の損失は彼の利得によってキャンセルされます。   ハード挑発し   ハードなだめるために   -   彼のゲインは彼の損失によって解除されます。   挑発するのは難しいとなだめる簡単に   -   彼は聖人のような男だ。   彼は邪悪な男です   -   誘発する   ハードなだめるために簡単です。   12。   4つの特性は   学生の間で発見されています。   学ぶことは   迅速かつ忘れ素早く   彼の利得は   彼の損失によって解除されます。   学ぶと忘れてしまい減速する遅く   彼の損失は彼の利得によってキャンセルされます。   学ぶと忘れて遅くに素早く   彼は幸せがたくさんある。   学ぶために遅くなると忘れて迅速に   彼は不幸がたくさんある。   13。   施与をする者に4つの型があります。   彼は誰が与えることを望んでいるが   他に与えるべきであることを望まない   -   彼は他人に属しているものbegrudges。   彼は彼自身に属するものbegrudges   -   彼は誰が他の人が彼が与える必要があることを与えるがないことを望んでいる。   彼は誰が与えること   また   他人が与える必要があることを望んでいる   -   彼は聖人のような男だ。   彼は誰が自分自身を与えたくないし   他人が与えるべきでたくない   -   彼は邪悪な男です。   14。   学塾に通う者に4つの型があります。   練習(研究を)行くとしない彼   -   彼は行くことの報酬を持っています。   彼プラクティス(研究)が行っておりません   -   彼は練習(勉強)の報酬を持っています。   彼は聖人のような男だ   -   になり   またプラクティス(研究)彼。   彼は誰も行かないもプラクティス(研究)   -   彼は邪悪な男だ。   15。   スポンジ   漏斗   ストレーナー   およびふるい:賢人の存在下で座っている者のうち4つの型があります。   "スポンジ"   すべてを浸す。   "漏斗"この最後に取り込んで   他で実施することができます。   ワインをすることができますし   "こし"は   かすを保持します。   "ふるい"は   誰が粗い食事を取り除き   細かい粉を収集します。   16。   愛が何かに依存し   それが通過するたびに   その愛があまりにも離れて渡します。   愛はいくつかの隠された利益に依存していない場合   その後の愛が離れて通過することはありません。   いくつかの材料の優位性に依存し   愛の例とは何ですか?   タマルのためにアムノンのこと。   どのようないくつかの隠された利益に依存していない愛の模範となりますか?   ダビデとヨナタンのこと。   17。   神のサ​​ービスで繰り広げすべての論争は最終的には持続的な価値のものでなければならないが   任意のエンドでない永続的な結果につながるものとされていない。   どの論争では   G-dので繰り広げられている一例でしたか?   などは   ヒレルとshammaiの論争だった。   そしてこれは   G-dのためではなかった?   などは   コラとすべての彼の会社の論争だった。   18。   誰でも正しい道で大衆をリードしてしても罪に来ませんが   誰でも道に迷って大衆をリードして   彼がコミットし   すべての間違ったために後悔することはできません。   こうしてモーセは高潔であり   彼は正しい道で大衆を率いて   それが書かれているそのメリットは   彼に帰されます(申命記33:21)   "彼は主の正義を実行し   イスラエルのための彼の条例。"   しかし   ヤロブアム   ネバテの子   罪を犯し   罪に多数を引き起こし   それが書かれているように大衆の罪は   彼がコミットしていること   そのためヤロブアムの罪   "(私はキングス15:30)彼に帰されている彼は   イスラエルがコミットしていました。   "   19。   寛大な目   謙虚な精神   そして柔和な魂:誰でも私たちの父アブラハムの弟子に属しているこれらの3つの資質を持っています。   しかし   三反対の資質持っている彼   -   邪眼   誇りに思う心と   高慢な魂が   -   邪悪なバラムの弟子である。   どのようにアブラハムの弟子たちはバラムの弟子から違うのでしょうか?   それは(箴言8時21分)書かれているアブラハムの弟子たちは   この世界を楽しみにして世界が来るように継承する   "私を愛する人の富を持つ持たせること   およびそれらの宝庫を埋める。"   バラムの弟子地獄を継承し   それが書かれている   破壊に下る(詩篇55:23)   "しかし   G-d   最小ピットにそれらを下に向けるでしょう。血に飢えと危険なの半分を生きてはならないその日。しかし   私はあなたに信頼します。   "   20。   ユダベンTeimaは言うに使用される:ヒョウ   ワシとして迅速   ガゼルなど艦隊と   天国であなたがたの父の意志を行うためのライオンとして勇敢なように強いこと。   彼はまた言って使用しました。厚かましいは地獄とパラダイスのために愛想のためのものです。   (彼は祈るために使用される):それは寺が私たちの日でスピーディーに再建されることを   わたしたちの父祖たちの主よ私たちのG-dとG-d汝の意志である   あなたの律法で私たちの一部を与えることができる。   21。   彼は言っていた。5歳は聖書の学びの開始のため   10歳はミシュナの学びのため   13歳は掟の遵守の開始のため   15歳はタルムードの学びの買い子のため   18歳は天蓋のため   20歳は追い求めるため   30歳は力のため   40歳は理解のため   50歳は助言のため   60歳は老人のため   70歳は白髪のため   80歳は力のため   90歳は曲がった腰のため   100歳はまるで死人のようになって過ぎ去り   この世から消え去る。(詩篇90:10)   22。   ベン·バグ·バグは言う。律法を繰り返し探せ。なぜならその中にすべてがあるからである。それを見つめ   その中で年老い   朽ちなさい。それから脇にそれてはいけません。なぜならばあなたはそれにまさる基準をもってないからである。   23。   ベン·へー·へーは言う。苦労に応じて報酬である。   『聖クルアーン第17章』   聖クルアーン   第17章   夜の旅章(アル・イスラーゥ)マッカ啓示111節   慈悲あまねく慈愛深きアッラーの御名において。   17-1.かれに栄光あれ。そのしもべを   (マッカの)聖なるマスジドから   われが周囲を祝福した至遠の(エルサレムの)マスジドに   夜間   旅をさせた。わが種々の印をかれ(ムハンマド)に示すためである。本当にかれこそは全聴にして全視であられる。   17-2.われはムーサーに啓典を授け   イスラエルの子孫ヘの導きとさせ(命じ)た。「われの外に守護者を持ってはならない。」   17-3.われがヌーフと一緒に(方舟で)運んだ者の子孫よ。本当にかれは感謝するしもベであった。   17-4.またわれは啓典の中で   イスラエルの子孫に対しこう啓示を与えた。「あなたがたは必ず地上で2度悪を犯し   必ず甚だしく高慢に思いあがるであろう。」   17-5.それで2つの中最初の時(預言)が来た時   われはしもべの中の武勇に富んだ者を   あなたがたに遣わし   かれらは家々の最も奥に入り   約束は成し遂げられた。   17-6.次いでわれは   あなたがたがかれらに勝利を得るようにし   またあなたがたの財産と子女を増やして多くの人々とした。   17-7.(そして仰せられた。)「もしあなたがたが善を行うなら   自分の身のために善を行うのであり   また悪を行っても   自分のため(に行うの)である。」それで2番目の時が来た時   あなたがたの顔は曇り   最初の時のように   かれらはマスジドに侵入し   凡てはかれらによって徹底して踏み躙られ壊滅に帰した。   17-8.或るいは主もあなたがたに情けを与えるであろう。だがあなたがたが(罪を)繰り返すならば   われも(懲罰を)繰り返すであろう。われは不信者のために   地獄を牢獄として設けた。   17-9.本当にこのクルアーンは   正しい(道への)導きであり   また善い行いをする信者への吉報である。かれらには偉大な報奨が授けられる。   17-10.また来世を信じない者には   われはかれらのために痛ましい懲罰を準備した。   17-11.人間の祈りは幸福のためであるべきなのに   かれは災厄のために祈る。凡そ人間はいつも性急である。   17-12.われは夜と昼の2つの印を設け   夜の印を暗くした。だが昼の印は明るくして   あなたがたに(働いて)主の恩恵を祈らせ   また年数を知り   (暦法を)計算させる。われは凡てのことを詳細に説き明かした。   17-13.一人ひとりに   われはその運命を首に結び付けた。そして復活の日には   (行いの)記録された一巻が突き付けられ   かれは開いて見る。   17-14.(かれは仰せられよう。)「あなたがたの記録を読みなさい。今日こそは   あなた自身が自分の清算者である」   17-15.誰でも導かれる者は   只自分の魂を益するために導かれ   また誰でも迷う者は   只自分を損うために迷う。重荷を負う者は   他人の重荷を負うことは出来ない。われは(警告のため)一人の使徒を遣わさない限り決して懲罰を下さない。   17-16.われが一つの町を滅ぼそうとする時は   かれらの中で裕福に生活し   そこで罪を犯している者に(先ず)命令を下し   言葉(の真実)がかれらに確認されて   それからわれはそれを徹底的に壊滅する。   17-17.ヌーフの後   如何に多くの世代を   われは滅ぼしたことであろうか。あなたの主は   そのしもべたちのいろいろな罪を知っておられ   見ておられる方として万全である。   17-18.誰でも束の間(のこの世の事物)を望む者には   われも急いでかれのために   われの欲する物をわれが望む者に与える。それからかれのために地獄を準備する。かれはそこで焼かれ   恥辱を被り   (慈悲を)拒否されるであろう。   17-19.しかし誰でも来世を望み   それに向かい精出し努力し   信仰する者   これらの者の努力は嘉納される。   17-20.われは凡ての者に   これらの者にもまたかれらにも   あなたの主の賜物を広く授ける。あなたの主の賜物には限界はないのである。   17-21.見なさい。われはある者に   如何に外よりも優れた恩恵を与えるかを。しかし来世では   必ずもっと大きい等級や偉大な特典がある。   17-22.アッラーと一緒に外の神を立ててはならない。さもないと   あなたがたは軽蔑され見捨てられるであろう。   17-23.あなたの主は命じられる。かれの外何者をも崇拝してはならない。また両親に孝行しなさい。もし両親かまたそのどちらかが   あなたと一緒にいて老齢に達しても   かれらに「ちえっ」とか荒い言葉を使わず   親切な言葉で話しなさい。   17-24.そして敬愛の情を込め   両親に対し謙虚に翼を低く垂れ(優しくし)て   「主よ   幼少の頃   わたしを愛育してくれたように   2人の上に御慈悲を御授け下さい。」と(祈りを)言うがいい。   17-25.主はあなたがたの心の中に抱くことを熟知なされる。もしあなたがたが正しい行いをするならば   かれは悔悟して度々(主に)返る者に対し   本当に寛容である。   17-26.近親者に   当然与えるべきものは与えなさい。また貧者や旅人にも。だが粗末に浪費してはならない。   17-27.浪費者は本当に悪魔の兄弟である。悪魔は主に対し恩を忘れる。   17-28.あなたは主からの慈悲を請い願うために   仮令かれらから遠ざかっていても   あなたはかれらに対し優しく語りなさい。   17-29.あなたの手を   自分の首に縛り付けてはならない。また限界を越え極端に手を開き   恥辱を被り困窮に陥ってはならない。   17-30.本当にあなたの主は   御心に適う者への報酬を豊かにされ   また控えられる。かれはそのしもべに関し   本当に全知にして全視であられる。   17-31.貧困を恐れてあなたがたの子女を殺してはならない。われはかれらとあなたがたのために給養する。かれらを殺すのは   本当に大罪である。   17-32.私通(の危険)に近付いてはならない。それは醜行である。憎むべき道である。   17-33.正当な理由による以外は   アッラーが尊いものとされた生命を奪ってはならない。誰でも不当に殺害されたならば   われはその相続者に賠償または報復を求める権利を与える。殺害に関して法を越えさせてはならない。本当にかれは(法によって)救護されているのである。   17-34.孤児が力量(ある年齢)に達するまでは   最善(の管理)をなすための外   かれの財産に近付いてはならない。約束を果たしなさい。凡ての約束は   (審判の日)尋問されるのである。   17-35.それからあなたがたが計量する時は   (買い手のために)その量を十分にしなさい。また正しい秤で計りなさい。それは立派であり   その方が結果として最良になる。   17-36.またあなたは   自分の知識のないことに従ってはならない。本当に聴覚   視覚   また心の働きの凡てが(審判の日において)尋問されるであろう。   17-37.また横柄に地上を歩いてはならない。あなたがたは大地を裂くことも出来ず   また(背丈が)山の高さにもなれない。   17-38.これらの凡ては悪事で   あなたの主は   これを憎まれる。   17-39.これらは   主があなたに啓示された英知である。アッラーと一緒に外の神を立ててはならない。そうでないと恥辱を受け(慈悲を)拒否され地獄に投げ込まれるであろう。   17-40.(多神教徒よ)主は男児をあなたがたに授け   (御自分は)天使の中から女児を取られたとするのか。本当にあなたがたは由々しき言葉を口にする者である。   17-41.本当にわれはこのクルアーンで   かれらを戒しめるために繰り返し説いた。しかしそれは   只かれらの(真理からの)離反を加えるだけであった。   17-42.言ってやるがいい。「もしかれらの言うように   アッラーの外に(外の)神があるならば   それらは必ず玉座の主への道を熱望したであろう。」   17-43.かれに讃えあれ   かれはかれらが唱えるものの上に高くおられる。崇高にして偉大な御方であられる。   17-44.7つの天と大地   またその間にある凡てのものは   かれを讃える。何ものも   かれを讃えて唱念しないものはない。だがあなたがたは   それらが如何に唱念しているかを理解しない。本当にかれは忍耐強く寛容であられる。   17-45.あなたがクルアーンを読唱する時   われはあなたと来世を信じない者との間に   見えない幕を垂れる。   17-46.またわれは   かれらがそれを理解しないように   その心に覆いを掛け   耳を鈍くした。それであなたがクルアーンの中で   あなたの主   かれだけを語る時   かれらは(真理を)嫌って背を向ける。   17-47.われは   かれらが聞きに来る時どんな(考え)であなたに聞くかを知っている。そしてかれらが密に話合う時   不義の徒は   「あなたがたは   只憑かれた一人の人間に   従っているに過ぎないのです。」と言う。   17-48.かれらがあなたに対し   どんな例を挙げるかを見るがいい。かれらは迷い去っている。決して道を見い出せないであろう。   17-49.かれらは言う。「わたしたちが骨になり砕けた土になった後   本当に新たな生き物として甦るのでしょうか。」   17-50.言ってやるがいい。「あなたがたが石になり   また鉄になっても   17-51.またあなたがたの胸の中で考えられるものでも。」その時   「誰がわたしたちを甦らせるのでしょうか。」と言う。言ってやるがいい。「最初にあなたがたを創られた方である。」それでかれらはあなたに向って頭を振り   「それは何時でしょうか。」と言う。言ってやるがいい。「それは恐らく近いであろう。   17-52.その日かれは   あなたがたを呼び出される。その時あなたがたは答え   かれを讃える。またあなたがたが(墓の中に)留まったのは   片時に過ぎないと思うであろう。」   17-53.われのしもべに告げなさい。「かれら(ムスリム)は何事でも最も丁重に物を言いなさい。」悪魔は   かれら(不信者)との間に(紛争の)種を蒔く。本当に悪魔は人間の公然の敵である。   17-54.あなたの主は   よくあなたを知っておられる。もしかれの御心ならば   あなたがたに慈悲を与えられ   またかれの御心ならば罰される。われは   かれら(不信者)のための後見人として   あなたを遣わしたのではない。   17-55.あなたの主は   天と地にある凡てのことを最もよく知っておられる。われは預言者たちの中のある者に   外の者以上の恵みを施し   またダーウードには詩篇を授けた。   17-56.言ってやるがいい。「かれを差し置いて   あなたがたが考えている(神々)を呼ベ。かれらはあなたがたから災厄を除く力もなく   またそれを変えることも出来ない。」   17-57.誰が最もアッラーの喜びに近づけるのか   かれらが祈っているものたちでさえ   かれの慈悲を待望し   懲罰を恐れている。本当に主の懲罰こそ   用心すべきである。   17-58.如何なる町でも   われは審判の日以前にそれを滅ぼし   または痛烈な刑で処罰する。それは   (わが不滅の)啓典に印されている。   17-59.われが印を下すことを控えるのは   昔の民がそれを偽りであるとしたからに外ならない。われは以前サムードに   明らかな印の雌ラクダを授けたが   かれらはそれを迫害した。われが印を下すのは   只畏れの念を抱かせるために外ならない。   17-60.われが以前あなたに向かって   「あなたの主は本当に人間を取り囲まれる。」と言った時を思いなさい。われがあなたに見せたものは   人びとに対する一つの試みに過ぎなかった。またクルアーンの中で呪われたあの木も(そうである)。われは畏れ(や警告)を与えるのだが   かれらは只大逆を増すばかりである。   17-61.われが天使たちに   「アーダムにサジダしなさい。」と告げた時を思え。その時イブリース以外はサジダした。かれは言った。「あなたが泥で創られた者に   どうしてサジダしましょうか。」と言った。   17-62.かれは(また)   「あなたは御考えになりませんか   あなたはこの者をわたしよりも重視されます。だがもし復活の日まで   わたしに猶予を下さるなら   僅かの者を除き   かれの子孫を必ずわたしの配下に致しましょう。」と言った。   17-63.かれは仰せられた。「去れ。もしかれらの中あなたに従う者があれば   本当に地獄こそあなたがた(一味)への応報   十分な応報である。   17-64.あなたの(魅惑的な)声でかれらの中の出来る限りの者を動揺させ   あなたの騎兵や歩兵でかれらを攻撃しなさい。かれらの財産や子供つくりに協力し   うまそうな約束を結ベ。」だが悪魔の約束は   欺瞞に過ぎない。   17-65.「あなたは   われのしもベに対して何の権威も持たない。」あなたの主は   信頼する方として万全である。   17-66.主こそは船をあなたがたのため海に航行させ   かれの恩恵を求めさせる方である。本当にかれは   あなたがたに対しいつも慈悲深くあられる。   17-67.あなたがたが海上で災難にあうと   かれ以外にあなたがたが祈るものは見捨てる。だがかれが陸に救って下さると   あなたがたは背き去る。人間はいつも恩を忘れる。   17-68.あなたがたは   かれが地の果てであなたがたを呑み込まれないと安心出来るのか。またあなたがたに対して   (砂石の雨を伴う)旋風を送られないと。その時あなたがたのためには保護者はいないのである。   17-69.または   かれが再びあなたがたをそれ(海上)に戻らせ   あなたがたが恩を忘れたために風を起こし暴風を送り   溺れさせないと安心出来るのか。その時あなたがたは   われに反抗する救助者を発見することは出来ないのである。   17-70.われはアーダムの子孫を重んじて海陸にかれらを運び   また種々の良い(暮らし向きのための)ものを支給し   またわれが創造した多くの優れたものの上に   かれらを優越させたのである。   17-71.その日われは凡ての人間を   その導師と共に(審判のため)召集する。右手に自分の記録を渡される者は   (喜びと満足をもって)その記録を読む。かれらは少しも不当に遇せられないであろう。   17-72.しかし現世でこれを見られなかった者は   来世でも見られないであろう。そしてますます道から迷い去る。   17-73.かれらは   われがあなたに啓示したものからあなたを扇動して背かせようとし   別のものをわれに対して捏造させようとしている。そのとおりにした場合   かれらはあなたを仲間にしたであろう。   17-74.もしわれがあなたを確りさせていなかったならば   先にあなたはかれらに少し傾きかけていた。   17-75.その場合われはあなたの(この世の)生活で2倍   また死んでから(来世で)2倍の(懲罰)を味わわせ   あなたはわれに対し援助者を見い出せないであろう。   17-76.かれらはあなたをこの地(マッカ)から追放しようとして   凡んど居住に耐えられないようにしている。だがそうなれば   あなたの後かれらも   暫時の外(そこに)留まれないであろう。   17-77.あなた以前に遣わした使徒たちに対する(わが)慣行は(皆   こう)であった。あなたはわが慣行に変化を見い出すことは出来ない。   17-78.太陽が(中天を過ぎ)傾く時から夜のとばりが降りるまで   礼拝の務めを守り   また暁には礼拝をしなさい。本当に暁の礼拝には立会人がいる。   17-79.また夜の或る時間を起きて礼拝を務めれば   あなたのために余分の賜物があろう。主はあなたを   光栄ある地位に就かせて下される。   17-80.(祈って)言え   「主よ   わたしを正しい入り方で入らせ   また正しい出方で出させ   あなたの御許から   助けとなる権威をわたしに授けて下さい。」   17-81.言え   「(今や)真理は下り   虚偽は消え去りました。本当に虚偽は常に消える定めにあります。」   17-82.われが(段階を追って)クルアーンで下したものは   信者にとっては(精神的な)癒しであり慈悲である。だが不義の徒にとっては只損失の種である。   17-83.われが恩恵を施せば   かれは背き去って遠ざかり   災厄が襲えば   絶望してしまう。   17-84.言ってやるがいい。「各人は自分の仕方によって行動する。だがあなたがたの主は   誰が正しく導かれた者であるかを最もよく知っておられる。」   17-85.かれらは聖霊に就いてあなたに問うであろう。言ってやるがいい。「聖霊は主の命令によ(って来)る。(人びとよ)あなたがたの授かった知識は微少に過ぎない。」   17-86.かれがもし望むならば   あなたに啓示したものを取り上げることも出来る。その時それに就いて   われに逆らってあなたを弁護する者を見い出さないであろう。   17-87.只あなたの主からの慈悲は別で。あなたに対するかれの恩恵は   本当に広大である。   17-88.言ってやるがいい。「仮令人間とジンが一緒になって   このクルアーンと同じようなものを齎そうと協力しても   (到底)このようなものを齎すことは出来ない。」   17-89.われはクルアーンの中で   種々の比喩を挙げて人びとに説明した。それでも人びとの多くは   不信心一筋に(その受け入れを)拒否する。   17-90.かれらは言う。「わたしたちのために   あなたが地から泉を涌き出させるまでは   あなたを信じないであろう。   17-91.またはあなたがナツメヤシやブドウの園を所有し   その間を通って豊かに川を流れさすまでは。   17-92.またはあなたが(あり得ると)言明したように   大空を粉ごなにしてわたしたちに落すまで。またアッラーそして天使たちを   (わたしたちの)面前に連れて来るまで。   17-93.またはあなたが   黄金(の装飾)の家を持ち   (梯子を踏んで)天に登るまでは。いや   わたしたちに読める啓典を持って下るまで   あなたの昇天をも信じないであろう。」言ってやるがいい。「主に讃えあれ   わたしは使徒として(遣わされた)一人の人間に過ぎないではないか。」   17-94.導きがかれらに下された時   人びとの信心を妨げたのは   かれらが   「アッラーは(わたしたちと同じ)一人の人間を   使徒として遣わされたのか。」と言った(こと)に外ならない。   17-95.言ってやるがいい。「もし地上を悠々と往き来しているのが天使なら   われはきっと一天使を使徒として   天からかれらに遣わしたことであろう。」   17-96.言ってやるがいい。「アッラーは   わたしとあなたがたとの間の立証者として万全であられる。本当にかれは   そのしもべたちを知り尽くし   見ておられる方である。」   17-97.アッラーの導かれる者こそ   導かれた者である。だがかれが迷うに任せた者に対しては   かれの外には決して保護者がないことを   あなたは知るであろう。われは復活の日に   かれらの顔を俯けにして召集する。見えない者   物言えない者   聞こえない者として。かれらの住まいは地獄である。そして(火勢が)衰える度にわれはかれらのために烈火を加える。   17-98.これはかれらが   わが印を信じない応報である。かれらはまた言う。「わたしたちが骨と砕けた土になった後   本当に新たな生き者として甦るのでしょうか。」   17-99.かれらは   天と地を創造されたアッラーが   かれらと同じようなものを   創ることが出来るのが分らないのか。またかれらのために   かれは一期限を定められた。それに疑いの余地はないのである。それでも不義の徒は   不信心一筋に(その受け入れを)拒否する。   17-100.言ってやるがいい。「仮令わたしの主の慈悲の宝物があなたがたの手中にあっても   それを費やすことを恐れて   あなたがたは必ず仕舞込むことであろう。」人間は常に吝嗇である。   17-101.本当にわれはムーサーに9つの明証を授けた。イスラエルの子孫に聞け   かれ(ムーサー)がかれらのもとに来た時フィルアウンは   「ムーサーよ   わたしはあなたを憑かれた者であると思う。」と言った。   17-102.かれは言った。「あなたはこれら(印)を   証拠として下された方が   天と地の主に外ならないことを知っています。フィルアウンよ   本当にあなたは破滅する運命にあるとわたしは考えます。」   17-103.そこでかれ(フィルアウン)はかれらを国外に追放しようとした。だがわれはかれ(フィルアウン)そしてかれに従う者を   一斉に溺れさせた。   17-104.われはその後   イスラエルの子孫たちに言った。「この地に住み着きなさい。だが来世の約束が来る時   われはあなたがたを烏合の衆にするであろう。」   17-105.われはこの(クルアーン)を真理をもって下したので   それは真理によって下った。そしてわれは   吉報の伝達者   または警告者としてあなたを遣わしただけである。   17-106.(これは)われが分割(して啓示)したクルアーンであり   あなた(預言者)にゆっくりと人びとに読唱するために   必要に応じてこれを啓示した。   17-107.言ってやるがいい。「あなたがたがこの(クルアーン)を信じても   また信じなくても   以前に知識を与えられた者たちは   読誦を耳にすると   必ずその顔を伏せてサジダする。   17-108.そして(祈って)   『わたしたちの主の栄光を讃えます。本当に主の御約束は果たされました。』と言う。」   17-109.かれらは涙を流して顔を地に伏せ   謙譲の誠を募らせる。〔サジダ〕   17-110.言ってやるがいい。「アッラーに祈れ。慈悲深い御方に祈りなさい。どの御名でかれに祈ろうとも   最も美しい御名は   凡てかれに属する。」礼拝の折には   声高に唱えてはならない。また(余り)低く唱えてもいけない。その中間の道をとれ。   17-111.また言ってやるがいい。「アッラーに讃えあれ。かれは子を持たれない御方。また(かれの)大権には共有者もない御方。また(かれは)不面目な支援者(それは被創造物だから)を持たない御方であられる。(アッラーは完全自足者であられる)。」かれの偉大さ(栄光)を讃えなさい。  

サムネイル

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です)メタ理論・タルムード2章・聖クルアーン14章

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です) 『メタ定理』 『タルムード第2章』 『聖クルアーン第14章』 『タルムード第2章』 第2章 1。 ラビは言う。人が選ぶべき正しい道はどれだろうか。何であれそれを行うことが誉れであり、また人から彼に誉が与えられるものであれば。また重い掟と同じ程、軽い掟にも留意しなさい。なぜならば、あなたは掟の遵守の報酬に何が与えられるかを知らないからである。また掟の遵守が招く損失をその遵守の報酬と比べて計算しなさい。また、罪の報いを掟の遵守が招く損失と比べて計算しなさい。以下の三つのことに留意しなさい。そうすればあなたは罪の手中に陥ることはない。あなたの上に何があるのかを知りなさい。すなわち、見ている目、聴いている耳、および、書に記されつづけるあなたのすべての行為。 2。 ラビ・ユダ・ハーナスィの息子ラッパン・ガマリエルは言う。生業のかたわらトーラー(律法)を学ぶことはすばらしい。これらの二つに励むことが罪を忘れさせるからである。しかし労働を伴わないすべてのトーラー(律法)の学びは結局は無意味であり、また罪を引きずって来る。また共同体といっしょに労するものはみな、天の名のために労する者にしなさい。なぜなら彼らの父祖たちの功績が彼らを助け、彼らの義が永続するからである。またあなたたちについて、あなたたちがそれらを行ったかのごとく、神であるわたしはあなたたちに大いなる報いを与える。 3。 偽政者たちにに気をつけなさい。なぜなら、彼らは自分たちにとって必要でなければ人に近寄ってこないからである。彼らは自分たちが得になる時は友だちのように見えるが、人が苦境に陥っている時は彼を助けてくれない。 4。 彼は言っていた。神の思し召しをあなたの意思として行いなさい。そうすれば神もあなたの意思をご自身の思し召しのごとく行われるであろう。神の思し召しの前にあなたの意思を無にしなさい。そうすれば神もあなたの意思の前に他の人々の意思を無にされるであろう。  ヒッレルは言う。共同体から分離してはいけない。またあなたの死の日まで自分自身を頼りにしてはいけない。あなたがその立場に立つまでは仲間を裁いてはいけません。最終的に理解されることでも今は理解できないことを言ってはいけない。また、わたしは暇なときに学ぼう。などと言ってはいけません。あなたが暇になることは恐らくないであろう。 5。 ヒレルは言った:社会から自分を分離しないでください。そしてあなたの死の日まで自分を信頼していない。 あなたが彼の代わりになるまで、あなたの仲間を判断してはいけない。 理解することはできませんが、最終的に理解されるであろう何かを言うことはありません。 いないと言う:私はあなたが時間がないかもしれないので、私は勉強する時間があるとき。 6。 ヒレルは言うに使用される:野蛮な男が罪を恐れることはできません。無知な人は敬虔なことはできません。また、内気な男が学ぶことができるか、せっかちな人は教えています。 ビジネスに過度に従事する彼は賢明になることはできません。 全く男性が存在しない場所で人となるよう努めています。 7。 また、彼は水の表面に浮かんで頭蓋骨を見て、彼はそれを言った:あなたは他人を溺れさせたので、彼らはあなたを溺れさせ、そしてあなたが最終的に溺死され溺死したもの。 『聖クルアーン第14章』 イブラーヒーム章 マッカ啓示52節 慈悲あまねく慈愛深きアッラーの御名において。 14-1.アリフ・ラーム・ラー。われはあなたに、あなたが主の御許しによって、人びとを暗黒から光明に、偉大な讃美すべき方の道に導き出すために啓典を下した。 14-2.天にありまた地にある凡ての有はかれに属する。厳しい懲罰を受ける不信心者にこそ災いあれ。 14-3.かれらは来世よりも現世の生活を愛し、(人びとを)アッラーの道から妨げ、曲げようとするものである。これらは遠く迷い去った者である。 14-4.われはその民の言葉を使わないような使徒を遣わしたことはない。(それはその使命を)かれらに明瞭に説くためである。それでアッラーは、御好みの者を迷うに任せ、また御好みの者を導かれる。かれは、偉力ならびなく英明であられる。 14-5.且つてわれは、印を持たせてムーサーを遣わし、「自分の民を、暗黒から光明に導き出し、アッラーの日々(諸民族の過去の出来事)をかれらに銘記させなさい。」と(命じた)。本当にこの中には、耐え忍んで感謝する凡ての者への印がある。

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.8.17. 11:55
視聴回数:5908回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: アヴェ・ヴェルム・コルプス   (お話です)   『メタ定理』   『タルムード第2章』   『聖クルアーン第14章』   『タルムード第2章』   第2章   1。   ラビは言う。人が選ぶべき正しい道はどれだろうか。何であれそれを行うことが誉れであり   また人から彼に誉が与えられるものであれば。また重い掟と同じ程   軽い掟にも留意しなさい。なぜならば   あなたは掟の遵守の報酬に何が与えられるかを知らないからである。また掟の遵守が招く損失をその遵守の報酬と比べて計算しなさい。また   罪の報いを掟の遵守が招く損失と比べて計算しなさい。以下の三つのことに留意しなさい。そうすればあなたは罪の手中に陥ることはない。あなたの上に何があるのかを知りなさい。すなわち   見ている目   聴いている耳   および   書に記されつづけるあなたのすべての行為。   2。   ラビ・ユダ・ハーナスィの息子ラッパン・ガマリエルは言う。生業のかたわらトーラー(律法)を学ぶことはすばらしい。これらの二つに励むことが罪を忘れさせるからである。しかし労働を伴わないすべてのトーラー(律法)の学びは結局は無意味であり   また罪を引きずって来る。また共同体といっしょに労するものはみな   天の名のために労する者にしなさい。なぜなら彼らの父祖たちの功績が彼らを助け   彼らの義が永続するからである。またあなたたちについて   あなたたちがそれらを行ったかのごとく   神であるわたしはあなたたちに大いなる報いを与える。   3。   偽政者たちにに気をつけなさい。なぜなら   彼らは自分たちにとって必要でなければ人に近寄ってこないからである。彼らは自分たちが得になる時は友だちのように見えるが   人が苦境に陥っている時は彼を助けてくれない。   4。   彼は言っていた。神の思し召しをあなたの意思として行いなさい。そうすれば神もあなたの意思をご自身の思し召しのごとく行われるであろう。神の思し召しの前にあなたの意思を無にしなさい。そうすれば神もあなたの意思の前に他の人々の意思を無にされるであろう。   ヒッレルは言う。共同体から分離してはいけない。またあなたの死の日まで自分自身を頼りにしてはいけない。あなたがその立場に立つまでは仲間を裁いてはいけません。最終的に理解されることでも今は理解できないことを言ってはいけない。また   わたしは暇なときに学ぼう。などと言ってはいけません。あなたが暇になることは恐らくないであろう。   5。   ヒレルは言った:社会から自分を分離しないでください。そしてあなたの死の日まで自分を信頼していない。   あなたが彼の代わりになるまで   あなたの仲間を判断してはいけない。   理解することはできませんが   最終的に理解されるであろう何かを言うことはありません。   いないと言う:私はあなたが時間がないかもしれないので   私は勉強する時間があるとき。   6。   ヒレルは言うに使用される:野蛮な男が罪を恐れることはできません。無知な人は敬虔なことはできません。また   内気な男が学ぶことができるか   せっかちな人は教えています。   ビジネスに過度に従事する彼は賢明になることはできません。   全く男性が存在しない場所で人となるよう努めています。   7。   また   彼は水の表面に浮かんで頭蓋骨を見て   彼はそれを言った:あなたは他人を溺れさせたので   彼らはあなたを溺れさせ   そしてあなたが最終的に溺死され溺死したもの。   8。   彼が言うに使用される詳細の肉より多くのワームを   多くの財産を多くの不安   多くの女性より多くの魔力   より多くの奴隷みだらな   より多くのmanservants多くの盗難。   しかし   多くの律法より多くの人生   多くの学校より多くの知恵   より多くの助言より多くの理解を   より多くの正義の平和。   男は良い名前を取得したとき   彼は自分自身を豊かにする何かを得ています   しかし   彼は律法の言葉を取得したとき   彼は死後の世界を達成している。   rabbanのYochananベンZakkaiはヒレルからとshammaiから律法を受けた。   あなたは多くを学んだしている場合は律法はこの目的のためにあなたが作成されたために   あなた自身のために道徳的な卓越性を主張しません:彼が言っていました。   9。   rabbanのYochananベンZakkaiは   5人の弟子   これらを持っていた   彼らは   次のとおりです。エリエゼルベンHyrcanus   ジョシュアベ​​ンChananiah   ヨシ·プリースト   シモン·ベンNatanel   とエラザールベンArach。   彼は   彼らの賞賛を言うために使用しました。エリエゼルベンHyrcanusは   ドロップを失うことはありません漆喰水槽です。ジョシュアベ​​ンChananiah   -   幸せは彼に出産した彼女であるヨシ·プリーストは   聖人のような人間である。シモン·ベンNatanelは罪の恐ろしいです。   ;エラザールベンArachは絶えず流れる温泉です。   彼が言うに使用される:イスラエルのすべての賢人はバランスおよびその他の国におけるエリエゼルベンHyrcanusのいずれかの規模であった場合   彼はそれらすべてを上回るだろう。   アバシャウルは   しかし   彼の名前は次のように述べている。一緒にエリエゼルベンHyrcanusとイスラエルのすべての賢人は   バランスのいずれかの規模であった場合   エラザールベンArachはそれらを上回るだろう。   rabbanのYochananベンZakkaiは彼らに言った。移動して   いい男が最も大切にしなければならないです参照してください。   ラビエリエゼルは   良い目を言った。   ラビヨシュアは   良い仲間と述べた。   ラビヨシは   良き隣人と述べた。   ラビシモンは   先見の明は言った。   ラビエラザールは   良い心を語った。   彼は彼らに言った:私は彼の言葉のためにあなたが含まれている   あなたの言葉にエラザールベンArachの言葉を好む。   彼は彼らに言った:移動し   男は避けるべき邪悪な方法です参照してください。   ラビエリエゼルは   邪眼は言った。   ラビヨシュアは   邪悪な仲間と述べた。   ラビヨシは   邪悪な隣人と述べた。   ラビシモンが言った   彼は借りて返済しないこと。   それは(詩篇37:21)書かれているために人から借りて   彼は神から借りて一人としては   "邪悪で借りて   返済しませんが   正しい者は寛大であり   与え続ける。"   ラビエラザールは   邪悪な心は言った。   彼は彼らに言った:私は彼の言葉のためにあなたが含まれている   あなたの言葉にエラザールベンArachの言葉を好む。   10。   彼らはそれぞれ3つのことを言っていた。   ラビエリエゼルは言った:あなたの仲間の名誉は   あなた自身のようにあなたのように愛するとする。   簡単に怒りに移動しないこと。   あなたの死の前に一日後悔。   賢人の火災前に自分自身を暖めるが   その一口がジャッカルの咬傷で   その蛇のヒスサソリとそのヒスの痛みを刺すためにあなたは   焼かれることを恐れて   彼らの熱烈な石炭の気が利くとし   すべての彼らの言葉は火の炭のようなものです。   11。   ラビヨシュアは言った:邪眼は   彼の仲間の生き物の邪悪な欲望と憎しみは   世界の人を出した。   12。   ラビヨシは言った:あなたの仲間の男のプロパティは   あなた自身のようにあなたに愛するようになりましょう。   それの知識が継承によって自分のものでないために   律法の研究のためにあなた自身を準備します。   すべてのあなたの行為は天のために行われてみましょう。   13。   ラビ・シメオンは言う。シェマアの朗詠と祈りに気をつけなさい。またあなたが祈る時   あなたの祈りを決まりきった仕事でなく   偏在者   -   彼は頌むべきかな   -   の前で哀れみと嘆願の祈りにしなさい。「主は恵みに満ち   哀れみ深く   /   忍耐強く   慈しみに富み   /   くだした災いを悔いられるからだ」(ヨエル書2・13)といわれているからである。また自分自身の前で悪人であってはいけません。   14。   ラビ・エリアザルは言う。トーラー(律法)を勤勉に学びなさい。また不信心の者になんと答えればよいかを知りなさい。あなたが誰の前で労してるか知りなさい。あなたの労働の報酬をあなたに支払うあなたの雇い主は信頼できる。   15。   ラビ・タルフォンは言う。日は短く仕事は多い。しかい労働者は怠慢で   報酬は多い。そして家の主人はせいている。   16。   彼は言っていた。仕事を完成するのはあなたの責任ではないが   あなたはそれから自由に手を引けるものでもない。もしもあなたがトーラー(律法)を多く学めばあなたに多大な報酬が与えられる。またあなたの労働の報酬をあなたに支払うあなたの雇い主は信頼できる。しかし義人の報酬の授与は   将来であることを知りなさい。   『聖クルアーン第14章』   イブラーヒーム章   マッカ啓示52節   慈悲あまねく慈愛深きアッラーの御名において。   14-1.アリフ・ラーム・ラー。われはあなたに   あなたが主の御許しによって   人びとを暗黒から光明に   偉大な讃美すべき方の道に導き出すために啓典を下した。   14-2.天にありまた地にある凡ての有はかれに属する。厳しい懲罰を受ける不信心者にこそ災いあれ。   14-3.かれらは来世よりも現世の生活を愛し   (人びとを)アッラーの道から妨げ   曲げようとするものである。これらは遠く迷い去った者である。   14-4.われはその民の言葉を使わないような使徒を遣わしたことはない。(それはその使命を)かれらに明瞭に説くためである。それでアッラーは   御好みの者を迷うに任せ   また御好みの者を導かれる。かれは   偉力ならびなく英明であられる。   14-5.且つてわれは   印を持たせてムーサーを遣わし   「自分の民を   暗黒から光明に導き出し   アッラーの日々(諸民族の過去の出来事)をかれらに銘記させなさい。」と(命じた)。本当にこの中には   耐え忍んで感謝する凡ての者への印がある。   14-6.ムーサーがその民に言った時を思いなさい。「アッラーがあなたがたをフィルアウンの所から救われた時あなたがたに施されたかれの恩恵を思いなさい。かれらはあなたがたを残酷な刑に会わせ   あなたがたの男児を殺し   女児を生かしておいた。本当にその中には   主からの偉大な試練があったのである。」   14-7.その時主は(ムーサーの口を通じて)宣告された。「もしあなたがたが感謝するなら   われは必ずあなたがたに(対する恩恵を)増すであろう。だがもし恩恵を忘れるならば   わが懲罰は本当に厳しいものである。」   14-8.ムーサーはまた言った。「仮令あなたがたが恩を忘れても   地上の者(が忘恩)でも   本当にアッラーは   凡てが満ち足られている御方讃美すべき方である。」   14-9.あなたがた以前の者たち   ヌーフやアードやサムードの民の消息を   あなたがたは聞かなかったのか。またかれらの後(に来た)者たちのことは   アッラー以外には誰も知らない。使徒たちが明証を持ってかれらの所にやって来たが   かれらは手でかれら(預言者たち)の口を押えて   言った。「わたしたちは   あなたがたが遣わされたことを信じません。またわたしたちを招く教えに就いても   本当に不安な疑いを抱きます。」   14-10.使徒たちは言った。「あなたがたは天と地を創造された方   アッラーに就いて疑いがあるのか。かれがあなたがたを招かれたのは   あなたがたの罪を御赦しなされ   定められた期限まで   あなたがたを猶予なさるためである。」かれらは言った。「あなたがたは   わたしたちと同じ人間に過ぎないのです。あなたがたは   祖先が仕えてきたものから   わたしたちを背かせようと望んでいるのです。それなら(先ず真実を物語る奇跡で)わたしたちに明瞭な権威を現わしなさい。」   14-11.使徒たちはかれらに言った。「勿論わたしたちは   あなたがたと同じ人間に過ぎない。だがアッラーは   そのしもべの中御心に叶う者に御恵みを与えられる。アッラーの御許しがない限り   あなたがたに一つの権威をも齎さないのである。それで凡ての信心ある人びとは   アッラーに全てを御任せしなさい。」   14-12.「どうしてわたしたちは   アッラーを信頼しないでいられようか。かれはわたしたちを(従うべき)道に導かれる。わたしたちは   あなたがたが加える迫害に何処までも耐え忍ぶであろう。信頼する者たちは   アッラーにこそ全てを御任せすべきである。」   14-13.すると信じない者はかれらの使徒たちに言った。「わたしたちは   あなたがたを国土から必ず追放するでしょう。さもなければ   わたしたちの教えに返りなさい。」そこで主は   かれら(使徒)に啓示なされた。「われは不義の徒らを   必ず滅ぼし   14-14.かれらの後   必ずあなたがたをこの国に住まわせるであろう。これらはわれが審判に立つのを恐れる者   また(処罰の)約束を恐れる者のためである。」   14-15.かれらは裁定を望んだが   凡ての頑固な反逆者は望みを断たれてしまった。   14-16.かかる者の後ろは地獄であって   汚らわしい水を飲まされる。   14-17.かれはそれを飲み込もうとするが   なかなか飲み込めない。また死が凡ての方向から迫るが   かれは死にもしない。尚かれの後ろには容赦のない懲罰がある。   14-18.主を信じない者を例えれば   かれらの行いは丁度暴風が吹き荒ぶ大荒の日の灰のようなものである。努力した凡てのことは   かれらに何も役立つものはない。これは(真理の方向から)遠く離れ去っている者である。   14-19.あなたがたはアッラーが   真理によって天地を創造されたことを考えないのか。もしかれの御心ならば   あなたがたを追放して   (その地に)新しい創造物を(あなたがたの代りに)連れて来られよう。   14-20.それはアッラーにとっては   難しいことではない。   14-21.かれらの凡てがアッラーの御前に罷り出る。その時弱者たちは高慢であった者たちに向かって言う。「わたしたちは(地上で)あなたがたに従っていた。だからあなたがたは   アッラーの懲罰を   少しでも防いでくれないのですか。」かれらは(答えて)言う。「もしアッラーがわたしたちを御導きになったら   必ずあなたがたを(正しく)導いたであろう。(今)耐えても   騒いでも   わたしたちにとっては同じことで免れられないのだ。」   14-22.凡ての事が   決定された時   悪魔は言った。「真実の約束を   あなたがたに約束されたのはアッラーでした。わたしも約束したのですが   あなたがたの役には立たなかったのです。もともとわたしは   あなたがたに対し権威はないのです。只あなたがたに呼びかけ   あなたがたがわたしに従っただけです。それでわたしを非難してはならないのです。寧ろ自分自身を責めなさい。わたしはあなたがたを助けることは出来ないのです。あなたがたもわたしを助けられないのです。実はあなたがたが   先にわたしを(アッラーと)同位に置いたが   わたしはそれを拒否していたのです。本当に不義の徒には痛ましい懲罰があるのです。」   14-23.信仰して善い行いに励む者は   かれらの主の御許しの許に   川が下を流れる楽園に入り   永遠にその中に住むことになる。そこでかれらの受ける挨拶は   「平安あれ。」であろう。   14-24.あなたはアッラーが如何に善い御言葉に就いて比喩を上げられているかを考えないのか。それは良い木のようなもので   その根は固く安定し   その幹は天に(聳え)   14-25.(それは)主の命により凡ての季節に実を結ぶ。アッラーは人びとのために比喩を上げられる。それはかれらに反省させるためである。   14-26.悪い言葉を譬えれば   悪い木のようなもので   地面から根が抜けて   それに安定性がない。   14-27.アッラーは現世の生活においてもまた来世でも   堅固な(地歩に立つ)御言葉で   信仰する者たちを立たせられる。だがアッラーは悪を行う者を迷うに任せ   かれは御心のままになされる。   14-28.あなたがたは   アッラーの恩恵を冒涜に換え   自分たちの民を破滅の住み家に落し入れた者を見ないのか。   14-29.地獄(に陥り)   かれらはその中で焼かれるであろう。(何と)悪い落ち着き場所であることよ。   14-30.かれらは(人びとを)主の道から背かせるために   アッラーに同位者を配した。言ってやるがいい。「楽しみなさい(はかないこの世の生活を)。本当にあなたがたの道行きの果ては火獄である。」   14-31.信仰するわれのしもべたちに告げなさい。「礼拝の務めを守り   取引も友情も果たせない日が来る前に   われが授けたものから   密かにまた公に施しなさい。」   14-32.アッラーこそは   天と地を創造され   天から雨を降らせ   これによって果実を実らせられ   あなたがたのために御恵みになられる方である。また船をあなたがたに操縦させ   かれの命令によって海上を航行させられる。また川をあなたがたの用に服させられる。   14-33.またかれは   太陽と月をあなたがたに役立たせ   両者は飽きることなく(軌道)を廻り   また夜と昼をあなたがたの用に役立たせられる。   14-34.またかれはあなたがたが求める   凡てのものを授けられる。仮令アッラーの恩恵を数えあげても   あなたがたはそれを数えられないであろう。人間は   本当に不義であり   忘恩の徒である。   14-35.イブラーヒームが(こう祈って)言った時を思え。「主よ   この町を安泰にして下さい。またわたしと子孫を偶像崇拝から遠ざけて下さい。   14-36.主よ   かれらは人びとの多くを迷わせました。わたし(の道)に従う者は   本当にわたしの身内であります。わたしに従わない者は……だがあなたは度々御許しなされる方   慈悲深い方であられます。   14-37.主よ   わたしは子孫のある者をあなたの聖なる館の側の耕せない谷間に住まわせました。主よ   かれらに礼拝の務めを守らせて下さい。そうすれば人びとの心をかれらに引き付けるでしょう。またかれらに果実を御授け下さい。きっとかれらは感謝するでしょう。   14-38.主よ   本当にあなたは   わたしたちが隠すことも現わすことも知っておられます。また地にも天にも   アッラーに対し何も隠されたものはありません。   14-39.老年なのに   わたしにイスマーイールとイスハークを授けられた方   アッラーを讃えます。本当にわたしの主は   祈りを御聞き届け下さる方です。   14-40.主よ   わたしとわたしの子孫たちを   礼拝の務めを守る者にして下さい。主よ   わたしの祈りを御受け下さい。   14-41.主よ   清算が確定する日には   わたしと両親そして(凡ての)信者たちを   御赦し下さい。」   14-42.不義を行う者を   アッラーは疎かになされると考えてはならない。かれは(恐れのために)目が坐る日まで   かれらに猶予を与えられるだけである。   14-43.(その日)かれらは首を上げて前の方に走って行き   目は坐わって自分に戻らず   心は空ろである。   14-44.それで懲罰がかれらに下る日を   人びとに警告しなさい。その時不義の徒は言うであろう。「主よ   短い期間の御猶予を願います。わたしたちはあなたの呼び掛けに答えて   使徒に従います。」(主は答えて仰せられよう)。「何と   以前あなたがたは   衰退する(ような)ことはないのだと   誓っていたではないか。   14-45.あなたがたは   自らの魂を損っていた人びとの住まい(の跡)に住み   われは如何にかれらを処分したかをあなたがたに明らかにし   またあなたがたのために(多くの)例を述べたのである。」   14-46.かれらは確かに策謀を企んだ。仮令かれらの策謀がそれによって山を移す程のものであっても   かれらが策謀したのはアッラーの御手の中であった。   14-47.だからアッラーが   かれの使徒たちとの約束を破られたと考えてはならない。本当にアッラーは偉力ならびなき報復の主である。   14-48.大地が大地ではないものに変えられ   諸天も変えられる日   (人びとは一斉に)唯一の方   全知   全能の御方   アッラー(の御前)に罷り出るであろう。   14-49.その日あなたは   罪のある者たちが鎖で一緒に繋がれているのを見るであろう。   14-50.かれらの下着はタールで   かれらの顔は火で覆われる。   14-51.アッラーは各人がそれぞれに行ったことに報われる。本当にアッラーは清算に迅速である。   14-52.これは   人びとに対する伝言で   これによってかれらは警告され   かれが唯一の神であられることを知らされ   同時に思慮ある者たちが戒められる。  

サムネイル

合唱組曲 島よ (朗読) (お話です)メタ理論・タルムード1章・聖クルアーン13章

合唱組曲 島よ (朗読) (お話です) メタ理論 タルムード第1章 聖クルアーン第13章 『タルムード第1章』 1。 モーセはシナイ山から律法(トーラー)を受け、ヨシュアに伝え、ヨシュアは長老たちに、長老たちは預言者たちに、また預言者たちは大会堂の人々に伝えた。  彼らは三つのことを語った。裁きにおいては慎重であり、多くの弟子を養い育て、トーラーのための垣根をめぐらしなさい。 2。義人シモンが大会堂の人々の最後の一人であった。  彼は言っていた。この世は三つのものの上に立っている。トーラーの上と、神殿の祭儀の上と、慈しみのわざの上である。 3。 ソボの人アンティゴノスは義人シモンから律法(トーラー)を伝えた。   彼が言っていた。給金を受け取るために主人に仕える僕のようであってはいけない。給金を受け取ることをあてにしなしで主人に仕える僕のようでありなさい。天への畏れがあなたたちの上にありますように。 4。 ツェレダの人ヨセ・ベン・ヨエゼルとエルサレムの人ヨセ・ベン・ヨハナン彼らからトーラーを受けた。  ヨセ・ベン・ヨエゼルは言う。あなたの家を賢者のための集会所にしなさい。また彼らの足下の塵にまみれて座り、彼らの言葉を渇くがごとく飲みなさい。 5。 あなたの家が開いている幅になりましょうとあなたの世帯のメンバーである、貧しい人々をさせ、そして女性とあまり話しません。エルサレムのヨシ·ベンYochananは述べています。 これは自分の妻について語った;なおさら自分の隣人の妻について。 したがって、賢人は言った:女性とあまり話す彼は自分自身に悪もたらし、律法の研究を無視し、最後に地獄を継承します。 6。 ジョシュアベ​​ンPerachyahとNittai Arbelite彼らから律法を受けた。 ジョシュアベ​​ンPerachyahは言った:あなた自身のために教師を提供し、自分の友人を取得およびメリットに向かってすべての人を判断する。 7。 邪悪な隣人から離れたまま、邪悪に関連付けることはできません、そして報復への信仰を放棄しないでください。Nittai Arbeliteは述べています。 『聖クルアーン第13章』 雷電章(アッ・ラアド) マディーナ啓示43節 13-1.アリフ・ラーム・ミーム・ラー。これは啓典の印である。そしてそれは主から、あなたに啓示された真理である。だが人びとの多くは信じない。 13-2.アッラーこそは、あなたがたには見える柱もなくて、諸天を掲げられた方である。それからかれは、(大権の)御座に鎮座なされ、太陽や月を従わせられる。(だから)各々の定められた時期まで運行する。かれが凡ての事物を規制統御し、種々の印を詳しく述べられる。必ずあなたがたに主との会見に就いて確信させるためである。 13-3.かれこそは大地を広げ、その上に山々や河川を配置された方である。またかれはそこで、凡ての果実を2つ(雌雄)の対になされた。また夜でもって昼を覆わされる。本当にこの中には、反省する人びとへの印がある。 13-4.また地上には、隣り合う(が相異った)地域がある。ブドウの園、穀物の畑、一つの根から出た、またはそうでないナツメヤシの木、同じ水で灌漑されても、食物としてあるものを外のものよりも優れたものになさる。本当にこの中には、理性ある人びとにとって印がある。

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.8.16. 14:32
視聴回数:5578回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: 合唱組曲   島よ   (朗読)   (お話です)   メタ理論   タルムード第1章   聖クルアーン第13章   『タルムード第1章』   1。   モーセはシナイ山から律法(トーラー)を受け   ヨシュアに伝え   ヨシュアは長老たちに   長老たちは預言者たちに   また預言者たちは大会堂の人々に伝えた。   彼らは三つのことを語った。裁きにおいては慎重であり   多くの弟子を養い育て   トーラーのための垣根をめぐらしなさい。   2。義人シモンが大会堂の人々の最後の一人であった。   彼は言っていた。この世は三つのものの上に立っている。トーラーの上と   神殿の祭儀の上と   慈しみのわざの上である。   3。   ソボの人アンティゴノスは義人シモンから律法(トーラー)を伝えた。   彼が言っていた。給金を受け取るために主人に仕える僕のようであってはいけない。給金を受け取ることをあてにしなしで主人に仕える僕のようでありなさい。天への畏れがあなたたちの上にありますように。   4。   ツェレダの人ヨセ・ベン・ヨエゼルとエルサレムの人ヨセ・ベン・ヨハナン彼らからトーラーを受けた。   ヨセ・ベン・ヨエゼルは言う。あなたの家を賢者のための集会所にしなさい。また彼らの足下の塵にまみれて座り   彼らの言葉を渇くがごとく飲みなさい。   5。   あなたの家が開いている幅になりましょうとあなたの世帯のメンバーである   貧しい人々をさせ   そして女性とあまり話しません。エルサレムのヨシ·ベンYochananは述べています。   これは自分の妻について語った;なおさら自分の隣人の妻について。   したがって   賢人は言った:女性とあまり話す彼は自分自身に悪もたらし   律法の研究を無視し   最後に地獄を継承します。   6。   ジョシュアベ​​ンPerachyahとNittai   Arbelite彼らから律法を受けた。   ジョシュアベ​​ンPerachyahは言った:あなた自身のために教師を提供し   自分の友人を取得およびメリットに向かってすべての人を判断する。   7。   邪悪な隣人から離れたまま   邪悪に関連付けることはできません   そして報復への信仰を放棄しないでください。Nittai   Arbeliteは述べています。   8。   ユダベンTabbaiとシモン·ベンShetachは彼らから律法を受けた。   ユダベンTabbaiは言った:裁判官の前に提示しているもののように自分自身をしないでください。   律法の訴訟の当事者があなたの前に立っているとき   彼らは邪悪な男として   あなたの目でなければなりませんが   彼らは判決を受け入れた場合   彼らが出発したとき   彼らは無実のようにあなたの目でなければなりません。   9。   シモン·ベンShetachは言った:熱心に証人を調べ   それらが改ざんすることを学ぶそれらを介しないようにあなたの言葉で注意が必要です。   10。   ShemayahとAvtalion彼らから律法を受けた。   支配を嫌い;愛の仕事は   政府の過度の親密さを求めていない:Shemayahは述べています。   11。   あなたは追放のペナルティが発生し   学習の水は不純と   それらを飲むと死ぬの後に来るの弟子である場所に呼ばれていないように賢者は   あなたの言葉で注意してください   そして天の名前が結果的に汚​​されています。Avtalionは言った。   12。   ヒレルとshammaiは   彼らから律法を受けた。   ヒレルは言った:平和を愛し   平和を追求し   アーロンの弟子である   あなたの仲間の生き物を愛し   律法に近いそれらをもたらす。   13。   彼ヒレルは言っていた。名声を得る者はその名声を失い   増やさない者は減らし   学ばない者は死罪の罪責を負う。冠を利用するものは過ぎ去るであろう。   14。   彼ヒレルは言っていた。わたしは自分のためでないときは   わたしのために誰がいるのであろうか。またわたしがわたし自身のためであれば   わたしは何者であろうか。そして今でなければ   いつであろうか。   15。   シャマイは言う。あなたの律法(トーラー)の学びを決まって行い   口数を減らして多くのわざをなし   すべての人をにこやかな面持ちで受け入れなさい。   16。   ラッパン・ガマリエルは言う。また師について疑問を晴らしなさい。推定から十分の一の捧げ物を納めすぎてはいけません。   17。   彼の息子のシメオンは言う。わたしは生涯を通じて賢者たちの間で大きくなったが   自分にとって沈黙にまさるものは見つからなかった。   肝要なのは律法(トーラー)の解釈でなく   実践である。誰であれ口数の多い人は罪を招く。   18。   ラッパン・シメオン・ベン・ガマリエルは言う。この世は三つの物の上に立っている。正義の上に   真実の上に   平和の上に。「城門では真実と正義に基づき/平和をもたらす裁きをせよ」(ゼカリヤ書8・16)と言われているからである。   『聖クルアーン第13章』   雷電章(アッ・ラアド)   マディーナ啓示43節   13-1.アリフ・ラーム・ミーム・ラー。これは啓典の印である。そしてそれは主から   あなたに啓示された真理である。だが人びとの多くは信じない。   13-2.アッラーこそは   あなたがたには見える柱もなくて   諸天を掲げられた方である。それからかれは   (大権の)御座に鎮座なされ   太陽や月を従わせられる。(だから)各々の定められた時期まで運行する。かれが凡ての事物を規制統御し   種々の印を詳しく述べられる。必ずあなたがたに主との会見に就いて確信させるためである。   13-3.かれこそは大地を広げ   その上に山々や河川を配置された方である。またかれはそこで   凡ての果実を2つ(雌雄)の対になされた。また夜でもって昼を覆わされる。本当にこの中には   反省する人びとへの印がある。   13-4.また地上には   隣り合う(が相異った)地域がある。ブドウの園   穀物の畑   一つの根から出た   またはそうでないナツメヤシの木   同じ水で灌漑されても   食物としてあるものを外のものよりも優れたものになさる。本当にこの中には   理性ある人びとにとって印がある。   13-5.もしあなたが不思議に思うのなら   「わたしたちが(現実に)土になった時   わたしたちは本当に新しく創造されるであろうか。」とかれらの言うことこそ不思議である。これらは主を信じない者である。かれらはその首に枷がかけられる火獄の仲間で   その中に永遠に住む者である。   13-6.かれらは(多くの)見せしめの例がかれら以前にあるのにあなたに幸福よりも   寧ろ災厄を急いで求める。しかしあなたの主は人間の悪い行いに対し本当に寛容であり   またあなたの主は   懲罰にも本当に痛烈である。   13-7.信じない者たちは   「何故主からかれらに一つの印も下らないのだろうか。」と言う。あなたは一人の警告者に過ぎない。各々の民には一人の導き手がある。   13-8.アッラーは各々の女性が   妊娠するのを知っておられ   またその子宮の(胎児の時が)直ぐ終るか   また延びるかを知っておられる。凡てのことは   かれの御許で測られている。   13-9.かれは幽玄界も現象界も知っておられる方   偉大にして至高の方であられる。   13-10.あなたがたが言葉を隠しても   また声を出して言っても   あるいは夜間に隠れても   また昼間公然と出かけても   (全知の主においては)同じことである。   13-11.各人には   前からも後ろからも   次から次に(天使)が付いていて   アッラーの御命令により監視している。本当にアッラーは   人が自ら変えない限り   決して人びと(の運命)を変えられない。だがアッラーが(一度)人びとに災難を下そうと御望みになれば   それは決して避けることは出来ない。かれらには   かれの外に守護者はないのである。   13-12.かれこそは稲妻を現わしてあなたがたに恐れと希望を抱かせられ   (雨を含む)重い雲を起こさせられる方である。   13-13.雷はかれを讃えて唱念し   また天使たちもかれを畏れて唱念する。かれは雷鳴を送られ   かれらがアッラーに就いて論争している間に   これでかれの御好みの者を撃たれる。かれは力ある強烈な方である。   13-14.真実の祈りはかれに(だけ祈ることで)ある。かれの外にかれらが祈るものは   決してかれらに答えない。丁度両手を水に差し伸べて   それが自分のロに届く(のを望む)ようなもので   それはかれに届かない。信仰がない者の祈りは   (心が)迷っている(ので無益なこと)に過ぎない。   13-15.天と地上で凡てのものは   好むと好まないとに拘らず   またかれらの影も   朝夕   アッラーにサジダする。   13-16.言ってやるがいい。「天と地の主は誰であるのか。」言ってやるがいい。「アッラーであられる。」言ってやるがいい。「あなたがたはかれの外に   自分自身にさえ益も害も齎せないものたちを保護者とするのか。」言ってやるがいい。「盲人と晴眼者は同じであるのか。また暗黒と光明とは同じであるのか。かれらはアッラーが創造されたような創られたものを   かれと同位に配する。それでかれらには創造の意味が疑わしくなったのか。」言ってやるがいい。「アッラーは凡てのものの創造者であり   かれは唯一にして全能であられる。」   13-17.かれが天から雨を降らせられれば   その量に応じて谷を流れ   奔流は浮ぶ泡を乗せて運び去る。また装飾品や道具を造るために(金属)を火にかけても   それと同じ泡(が出来る)。このようにアッラーは   真実と虚偽とを提示なされる。泡は塵のように消え去る。だが人類を益するものは   地上に残る。アッラーはこのように   種々の譬えで説き明かされる。   13-18.かれらの主に答える者には善賞があり   かれに答えない者には   かれらが天地の凡てのものを所有し   またはそれに倍するものをもち   罪を贖うために提供しても(無益である)。かれらにとっては   悪い清算であろう。その住まいは地獄である。その臥床の何と悲惨なことよ。   13-19.主からあなたに下されたものが   真理であることを知る者と   (盲人が物を見られないように)物事を見られない者と同じ(ように報いられる)であろうか。心ある者だけが   訓戒を受け入れることが出来る。   13-20.(即ち)アッラーの約束を全うし契約に違反しないで   13-21.結ばれるようアッラーが命じられる者と一緒になり   主を畏敬し   (審判の日の)悪い清算を恐れる者である。   13-22.また主の御顔を求めて耐え忍び   礼拝の務めを守り   われが糧のために与えたものの中から   陰に陽に施し   また善によって悪を退けるような者は   (善)果の住まいを得る。   13-23.かれらは   その祖先と配偶者と子孫の中の善行に励む者と一緒に   アドン(エデン)の園に入るであろう。そして天使たちも各々の門からかれらの許に入(ってこう挨拶す)るであろう。   13-24.「あなたがよく耐え忍んだ故に   あなたがたの上に平安あれ。まあ何と善美な終末の住まいであることよ。」   13-25.だがアッラーに誓った後   その契約を破り   アッラーが結べと命じられる者と縁を切り   地上で悪を行った者には呪いがあり   悪い住まいに入るであろう。   13-26.アッラーは御心に適う者に豊かに糧を与え   また乏しくも授けられる。(かれらは)現世の生活を楽しむ。だが現世の生活は   来世では   (はかない)享楽に過ぎない。   13-27.信じない者は言う。「何故主からの印が   かれ(ムハンマド)に下されないのですか。」言ってやるがいい。「本当にアッラーは   御好みの者を迷うに任せ   悔悟してかれに返る者を導かれる。   13-28.これらの信仰した者たちは   アッラーを唱念し   心の安らぎを得る。アッラーを唱念することにより   心の安らぎが得られないはずがないのである。」   13-29.信仰して   善行に励む者にとっては   至福〔トゥーバー〕がかれらのものであり   善美な所が(究極の)帰り所である。   13-30.そこでわれは   以前に多くの民衆が滅び去った民の中に   あなたを遣わした。それはわれが啓示によってあなたに下すものを   慈悲深き御方を未だ信じないでいるかれらに   読誦させるためである。言ってやるがいい。「かれはわたしの主であられ   かれの外には神はないのである。かれにわたしの凡てを御委せし   かれこそわたしの拠り所である。」   13-31.仮令一部のクルアーンがあって   それにより山々が移動され   大地が裂かれ   または死者に語らせることが出来ても   凡ての命令はアッラーに属すのである。アッラーの御心があれば   人類を一斉に導かれることを   信仰する者たちは未だに納得していないのか。だが不信者たちはかれらの(悪い)行いのために   アッラーの約束が実現するまで災厄がかれらの住まいとその付近に絶えることなく付きまとう。本当にアッラーは決して約束を違えられない。   13-32.(多くの)使徒は   あなた以前に確かに嘲笑された。だがわれは不信心な者たちに猶予を与え   それからかれらを捕えた。わが報復は如何であったのか   13-33.かれは人間各人の行う凡てのことを   監察される御方ではないか。だがかれらはアッラーに同位の者を配する。言ってやるがいい。「かれらの名を挙げよ。あなたがたは   かれが地上で知っておられないものを   かれに告げようとするのか。それとも架空な語に過ぎないのか。」いやそうではない。不信心な者は   かれらの策謀したものが立派に見えて   道から閉め出されたのである。アッラーに迷うに任せられた者には   誰も導き手はいない。   13-34.かれらに対しては   現世の生活でも罰が科せられる。だが来世の懲罰は更に厳しい。かれらはアッラー(の御怒り)に対し   守護者もないのである。   13-35.主を畏れる者に約束される楽園に就いて言えば   川が下を流れ   常に果実が実り   日陰に覆れている。これが   かれら主を畏れる者の結末である。だが不信者の結末は火獄である。   13-36.わが啓典を与えられた者たちは   あなたに啓示されたものを喜ぶ。だが氏族の中には   その一部分を拒否する者がある。言ってやるがいい。「わたしはアッラーに仕え   何ものもかれに比肩してはならないと命じられた。わたしはかれにだけ祈りを捧げ   またかれの御許に帰るのである。」   13-37.このようにわれは   アラビア語で判断(の規範)を下した。知識があなたがたに下った後   かれらの(虚しい)欲求に従うならば   あなたはアッラー(の怒り)に対して   援助者もなく守護者もないであろう。   13-38.われはあなた以前にも使徒たちを遣わし   妻と子孫をかれらに授けた。だがアッラーの御許しがない限り   何の使徒も印を現わすことはなかった。各時代に   一つの啓典が(下されるので)ある。   13-39.アッラーは   御好みのものを取り消し   または確認なされる。啓典の母体はかれの御許にある。   13-40.われがかれらに約束したことの一部を   あなたに示しても   または(その完成前に)あなたの魂をわれに召しても   あなたの任務は(啓示を)伝えることであり   清算はわれの行うことである。   13-41.かれらは   われがこの地に来て   端々からそれを切り崩しているのを見ないのか。アッラーの御裁き(ある時)   それを妨げるものはない。かれは清算に迅速であられる。   13-42.かれら以前の者も(使徒に対して)策謀した。だが凡ての策謀はアッラーに属する。かれは各人の行ったことを知っておられる。不信者は   終末の住いが誰のものであるかを間もなく知るであろう。   13-43.信仰しない者は   「あなたは使徒ではない。」と言う。言ってやるがいい。「わたしとあなたがたとの間の立証者として   アッラーと啓典の知識を持つ者がいれば十分である。」  

サムネイル

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です)メタ理論・タルムード6章・聖クルアーン12章

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です) メタ理論 タルムード6章 聖クルアーン12章 『メタ理論: 個人と集団の各主語的同一性が 時間という共通述語を知覚して 表象していくとき 自然時間という時間が 個人が自然を知覚する過程に 原初の人間と幼児の意識の 人間の身体と身体の行為を 自然界につなげて 抽象性と自己同一性について 想像的普遍の詩的知恵の形相で 表意して記号に起こしていくとき 共通する自然時間を 暦に与えて 時間の合致について たとえば、 共通時間のある暦の時間に ある暦の時間の空間に集まる人間が その日の経験を表象して 詩的知恵が起きて 想像的普遍性に対して 集団と自然のつながりと 個人と自然のつながりに 共通的自己同一性をつくり 縮約した過去である現在に 事象的・社会的・時間的次元の反復を 記憶と記号が可能にして、 感覚的トピカと異なり、 記憶した事象の再叙述を行います。』 『タルムード:Avot 第6章』 Study is work それにもかかわらず、勉強は仕事である。あなたは「トーラに労力」をかけなければいけないと、Rabbi Meirは言った。 勉強がいかに多くの仕事であるか、あなたはすでに知っている。それは、何度もなんどもレッスンを記憶し試験することを意味する。あなたは紙に書いて、レポートにまとめなければいけないであろう。それは、読むこと、再読すること、そして記憶することを意味するであろう。あなたレッスンを理解するために努力しなければいけないだろう。 そして他の種類の仕事のように、あなたが成功する保証はない。幾つかの勉強はあなたにとって易しいかもしれないが、他のものはあまりにも難しいかもしれない。あなたはこう発見するかもしれない:時々、失望してあなたの両手を上げてしまいたい、そして言いたい、「なぜ私は悩むべきなのか?私は本当にうまくいかない。」 『聖クルアーン12章』 ユースフ章 マッカ啓示111節 1.アリフ・ラーム・ラー。これらは明瞭な啓典の印である。 2.われは、アラビア語のクルアーンを下した。恐らくあなたがたは悟るであろう。 3.われはこのクルアーンをあなたに啓示し、物語の中の最も美しいものを語ろう。あなたもこれまで気付かずにいたものである。 4.ユースフがその父(ヤアコーブ)にこう言った時を思え。「父よ、わたしは(夢で)11の星と太陽と月を見ました。わたしは、それらが(皆)わたしに、サジダしているのを見ました。」 5.かれは言った。「息子よ、あなたの夢を兄たちに話してはならない。さもないとかれらはあなたに対して策謀を企らむであろう。本当に悪魔は人間には公然の敵である。 6.このように主は、あなたを御選びになって、出来事の解釈を教えられ、かれが以前に、あなたの祖先のイブラーヒームやイスハークに御恵みを全うされたように、あなたとヤアコーブの子孫にそれを全うしたものである。本当にあなたの主は全知にして英明であられる。」 7.本当にユースフとその兄弟(の物語の中)には、(真理を)探求する者への種々の印がある。

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.8.16. 09:29
視聴回数:9843回
お気に入り登録:0
カテゴリ: スポーツ全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: アヴェ・ヴェルム・コルプス   (お話です)   メタ理論   タルムード6章   聖クルアーン12章   『メタ理論:   個人と集団の各主語的同一性が   時間という共通述語を知覚して   表象していくとき   自然時間という時間が   個人が自然を知覚する過程に   原初の人間と幼児の意識の   人間の身体と身体の行為を   自然界につなげて   抽象性と自己同一性について   想像的普遍の詩的知恵の形相で   表意して記号に起こしていくとき   共通する自然時間を   暦に与えて   時間の合致について   たとえば   共通時間のある暦の時間に   ある暦の時間の空間に集まる人間が   その日の経験を表象して   詩的知恵が起きて   想像的普遍性に対して   集団と自然のつながりと   個人と自然のつながりに   共通的自己同一性をつくり   縮約した過去である現在に   事象的・社会的・時間的次元の反復を   記憶と記号が可能にして   感覚的トピカと異なり   記憶した事象の再叙述を行います。』   『タルムード:Avot   第6章』   Study   is   work   それにもかかわらず   勉強は仕事である。あなたは「トーラに労力」をかけなければいけないと   Rabbi   Meirは言った。   勉強がいかに多くの仕事であるか   あなたはすでに知っている。それは   何度もなんどもレッスンを記憶し試験することを意味する。あなたは紙に書いて   レポートにまとめなければいけないであろう。それは   読むこと   再読すること   そして記憶することを意味するであろう。あなたレッスンを理解するために努力しなければいけないだろう。   そして他の種類の仕事のように   あなたが成功する保証はない。幾つかの勉強はあなたにとって易しいかもしれないが   他のものはあまりにも難しいかもしれない。あなたはこう発見するかもしれない:時々   失望してあなたの両手を上げてしまいたい   そして言いたい   「なぜ私は悩むべきなのか?私は本当にうまくいかない。」   Study   is   own   reward   一つの答えがある。成功がその唯一の報酬ではないのだ。たとえ何の仕事であろうとも   そしてそれに成功するかどうかに関わらずに   その真の報酬はその行いにある。ある特別な意味では   勉強はそれ自身の報酬である。   Rabbi   Meir   は言った   それ自身のために(すなわち成功を考えずに)トーラに労力をかける人は誰でも   多くの事に奉仕する;そればかりでなく   全世界が彼に恩義をこう:彼は友人と呼ばれる   かわいい   全ての生き物の愛人   人類の愛人:それは彼におとなしさ   尊敬を付与する;それは彼を正義   信神深く   正直な   そして公正にする;それは彼を罪から遠ざける   そして彼に美徳に近づける:彼を通して世界は助言と知恵ある音を楽しむ。   [   Avot   6:1   ]   ラビは教えた   特に   行動に対してあなた自身を準備する仕事において   あなたの態度は   その真の報酬はいつも行動の中にあると   考えるべきである。一人の生徒である場合を考えてみなさい。我々は全てが生徒として同じ特性を持ってはいない   我々は学問のそれぞれの分野において全てが平等に備えられてはいない。我々の幾人かは   ある学問で他の者たちより優れている。しかし我々の態度は   「勉強すること」は価値があるゆえに全ての生徒が価値があると   考えるべきである。   To   delight   the   Lord   「神は物語を愛するゆえに人間を創造した」   という言う言葉がある。そしてまたアボットの最後の文は   神の創造における神の大いなる喜びのこの考えについて力説している:   聖なるお方   賛えられるべき主が彼の世界を創造したものはみな   ただ神の栄光のために創造された。   [   Avot   6:11   ]   The   work   of   righteousness   我々はアボットの中で読む:人間が死ぬときに   銀や金や宝石や真珠を携えて行くことはできない   しかしただトーラと良い行いは(携えて行くことができる)。   [   Avot   6:9   ]   あなたの価値は   あなたがあなた自身を価値あるものに「させる」ところ   のものに集中する。あなたの価値は   あなたがあなたの行動を規則付けているその価値に従う。ハシディムの人々は   ハニポル(Hanipol)   のレブ・ズシュヤ(Reb   Zusya)   の話を繰り返し告げるのを愛した。レブ・ズシュヤは死ぬときに偉大なを教えを行なった:レブ・ズシュヤの生徒たちは   彼らの先生が死にかけているのを聞いて   最後の訪問にやって来た。しかし部屋に入ったときに   恐れでぶるぶる震えている先生を見て   彼らは驚いた。彼らはたずねた   「あなたはなぜ死を恐れているのですか?」「あなたの生活は   モーゼ自身と同じように正義であったではないですか?レブ・ズシュヤは答えた   「私が審判の王座の前に立つとき   『レブ・ズシュヤよ   なぜあなたはモーゼのようでなかったのか?』私がこのようにたずねられることはなく   『レブ・ズシュヤよ   なぜあなたはズシュヤのようでなかったのか?』私がこのようにたずねられるでしょう。」   明らかに   我々の各々は我々の生活の織機の中で正義の布を織るための努力をしなければいけない。   他の全てから離れて特別な生き物として我々各々作っている唯一な方法で   所有や金もちの意味付けよりもずうっと偉大な意味付けを我々の生活の各々に与えている方法で。あなたの生命の価値を測るこのような方法は   あなたのユダヤ伝統の一部であり   ユダヤ人が保持している価値の一部である。我々の各々は   可能な最上の「わたし」にする努力をすべきである。それこそが   ユダヤ人が生命の価値を測る方法なのである。   『聖クルアーン12章』   ユースフ章   マッカ啓示111節   1.アリフ・ラーム・ラー。これらは明瞭な啓典の印である。   2.われは   アラビア語のクルアーンを下した。恐らくあなたがたは悟るであろう。   3.われはこのクルアーンをあなたに啓示し   物語の中の最も美しいものを語ろう。あなたもこれまで気付かずにいたものである。   4.ユースフがその父(ヤアコーブ)にこう言った時を思え。「父よ   わたしは(夢で)11の星と太陽と月を見ました。わたしは   それらが(皆)わたしに   サジダしているのを見ました。」   5.かれは言った。「息子よ   あなたの夢を兄たちに話してはならない。さもないとかれらはあなたに対して策謀を企らむであろう。本当に悪魔は人間には公然の敵である。   6.このように主は   あなたを御選びになって   出来事の解釈を教えられ   かれが以前に   あなたの祖先のイブラーヒームやイスハークに御恵みを全うされたように   あなたとヤアコーブの子孫にそれを全うしたものである。本当にあなたの主は全知にして英明であられる。」   7.本当にユースフとその兄弟(の物語の中)には   (真理を)探求する者への種々の印がある。   8.かれら(兄たち)がこう言った時を思え。「ユースフとその弟は   わたしたちよりも父に寵愛されている。だがわたしたちは多勢の仲間である。父は明らかに間違っている。」   9.(1人が言った。)「ユースフを殺すか   それともかれを何処か外の地に追え。そうすれば父の顔(好意)はあなたがたに向けられよう。その後に   あなたがたは正しい者になれるというものである。」   10.かれらの1人の者が言った。「ユースフを殺害してはならない   もしあなたがたがどうしてもそうしたいなら   寧ろかれを井戸の底に投げ込めば   恐らく何処かの隊商に拾い上げられることもあろう。」   11.かれらは言った。「父よ   何故あなたはユースフを   わたしたちに御任せにならないのですか   わたしたちは   本当にかれに好意を寄せているではありませんか。」   12.「明日わたしたちと一緒にかれを(野に)行かせ   遊んで気を晴らせるようにしてやって下さい。わたしたちはかれを必ず守ります。」   13.かれ(ヤアコーブ)は言った。「あなたがたがかれを連れて行くのは   わたしにはどうも心配である。あなたがたがかれに気を付けない間に   狼がかれを食いはしないかと恐れている。」   14.かれらは言った。「わたしたちは多勢の仲間だから   もし狼がかれを食うようなら   その時はわたしたちは本当におしまいです。」   15.こうしてかれらは   かれ(ユースフ)を連れて行った。そしてかれを井戸の底に投げ込むことに決めた時   われはかれ(ユースフ)に啓示した。「あなたは必ずかれらの(する)この事を   かれらに告げ知らせる(日が)あろう。その時かれらは(あなたに)気付くまい。」   16.日が暮れてかれらは   泣きながら父の許に(帰って)来た。   17.かれらは言った。「父よ   わたしたちは互いに競争して行き   ユースフをわたしたちの品物のかたわらに残して置いたところ   狼が(来て)かれを食いました。わたしたちは真実を報告しても   あなたはわたしたちを信じては下さらないでしょう。」   18.かれらは   かれ(ユースフ)の下着を偽りの血で(汚し)持って来た。かれ(ヤアコーブ)は言った。「いや   いや   あなたがたが自分たちのために(大変なことを安易に考えて)   こんなことにしたのである。それで(わたしとしては)耐え忍ぶのが美徳だ。あなたがたの述べることに就いては   (只)アッラーに御助けを御願いする。」   19.そのうちに   隊商がやって来て水扱人を遣わし   かれは釣瓶を降ろした。かれは言った。「ああ吉報だ   これは少年だ。」そこでかれらは一つの売物にしようとしてかれを隠した。だがアッラーは   かれらの凡ての行いを熟知される。   20.かれらは僅かの銀貨でただ同然にかれを売り払った。かれらは   かれから多くを貪らなかった。   21.かれを買ったエジプトの者は   その妻に言った。「優しくかれを待遇しなさい。多分かれはわたしたちを益することになろう。それとも養子に取り立ててもよい。」こうしてわれはユースフをこの国に落ち着かせ   出来事(事象)の意味のとり方をかれに教えることにした。凡そアッラーは御自分の思うところに十分な力を御持ちになられる。だが人びとの多くは知らない。   22.かれが成年に達した頃   われは識見と知識とをかれに授けた。このようにわれは正しい行いをする者に報いる。   23.かれの起居する家の夫人が   かれの心を惑わそうとして   戸を閉めて言った。「さあ   あなたおいでなさい。」かれは(祈って)言った。「アッラーよ   わたしを御守り下さい。本当にかれ(あなたの夫)は   主人です。わたしを気持よく住ませてくれます。本当に不義の徒は   成功いたしません。」   24.確かにかの女は   かれに求めたのである。主の明証を見なかったならば   かれもかの女を求めたであろう。このようにしてわれは   かれから罪悪と醜行を遠ざけた。本当にかれは   謙虚で純真な(選ばれた)わがしもベの一人である。   25.その時両人は戸の方で相競い   かの女は後ろからかれの服を引き裂き   かれら両人は   戸口でかの女の夫に出会った。かの女は言った。「あなたの家族(妻)に悪事を行おうとした者には   投獄か痛ましい懲罰の外にどんな応報がありましょう。」   26.かれは言った。「奥様こそ   わたしの意に反して   わたしを御求めになりました。」その時かの女の家族の中の一人が証言した。「もしかれの服が前から裂けていれば   奥様が真実で   かれは嘘つきです。   27.だがかれの服が   もし後ろから裂けていれば   奥さまが嘘を御付きになったので   かれは真実であります。」   28.主人は   ユースフの服が後ろから裂かれているのを見て   言った。「これはあなたがた(婦人)の悪企みだ。本当にあなたがたの悪企みは   激しいものである。   29.ユースフよ   これを気にしないでくれ。それから(妻よ)   あなたの罪の赦しを願いなさい。本当にあなたは罪深い者である。」   30.町の婦人たちは(評判して)言った。「貴人の奥様が   青年の意に反し   誘惑したそうよ。きっと恋に狂ったのでしょう。わたしたちは   明らかに奥様の誤りだと思います。」   31.かの女は婦人たちの悪意のある(陰ロ)を聞くと   使いを遣わし   かの女たちのために宴席を設け   一人一人にナイフを渡し   それから(ユースフに)   「かの女たちの前に出て行きなさい。」と言った。かの女たちがかれ(ユースフ)を見ると驚歎し   (興奮して)その手を傷つけて言った。「アッラーの(造化の)完全無欠なことよ   これは人間ではない。これは貴い天使でなくて何でしょう。」   32.かの女は言った。「この人よ   あなたがたがわたしを謗るのは。確かにわたしが引っ張ってかれに求めたの。でもかれは貞節を守ったのよ。でも(今度)もしかれがわたしの命令を守らないなら   きっと投獄されて   汚名を被るでしょう。」   33.かれ(ユースフ)は言った。「主よ   わたしはかの女たちが誘惑するものよりも   牢獄が向いています。あなたがもしかの女たちの悪企みを   わたしから取り除いて下さらなければ   わたしは(若年の弱さで)かの女たちに傾いて   無道な者になるでしょう。」   34.それで主はかれ(の祈り)を受け入れ   かの女たちの悪企みをかれから取り払われた。本当にかれは全聴にして全知であられる。   35.そこでかの女たちは(かれが潔白である)証拠を見ていながら   しばらくかれを投獄しよう(それがかの女たちのために良い)と思った。   36.その時2人の若者が   かれと共に下獄した。その1人が言った。「わたしは酒を絞るのを(夢に)見ました。」また外の者は言った。「わたしは(夢に)自分の頭の上にパンを乗せて運んでいると   鳥がそれを啄むのを見ました。わたしたちにその意味を解いて下さい。御見かけしたところ   あなたは善い行いをされる方です。」   37.かれ(ユースフ)は答えて言った。「あなたがた2人に支給される食事が来る前に   わたしは必ずその解釈を告げよう。それはわたしの主が教えて下さるのである。わたしはアッラーを信じず   また来世を認めない不信心者たちの信条を捨てたのである。   38.そしてわたしは祖先   イブラーヒーム   イスハークまたヤアコーブの信条に従う。わたしたちは   アッラーにどんな同位者も決して配すべきではない。これはわたしたち   また凡ての人びとに与えられたアッラーの恩恵である。だが人びとの多くはこれに感謝しない。   39.2人の獄の友よ(わたしはあなたがたに尋ねる)。雑多の神々がよいのか   それとも唯一にして全能であられるアッラーなのか。   40.かれに仕えないならば   あなたがたとその祖先が命名した   (只の)名称に仕えるに過ぎない。アッラーはそれに対し権能を与えてはいない。大権はアッラーにだけ属し   あなたがたはかれ以外の何ものにも仕えてはならないと(アッラーは)命じている。これこそ正しい教えである。だが人びとの多くは知らない。   41.2人の獄の友よ   あなたがたの中1人に就いていえば   主人のために酒を注ぐであろう。また外の1人に就いては   十字架にかけられて   鳥がその頭から啄むであろう。あなたがた2人が尋ねたことは   こう判断される。」   42.そして2人の中   釈放されると思われる者に言った。「あなたの主人にわたしのことを告げなさい。」だが悪魔は   かれがかれ(ユースフ)のことをその主人に告げるのを忘れさせた。それでかれは   なお数年間獄中に留まった。   43.(エジプトの)王が言った。「わたしは7頭の肥えた牛が   7頭の瘠た牛に食われているのを(夢に)見ました。また穀物の7穂が緑で   他(の7穂)が枯れているのを見ました。首長たちよ   あなたがたが夢を解け得るならば   このわたしの夢を解釈して下さい。」   44.かれらは(答えて)言った。「複雑な夢です。わたしたちは夢の解釈は不得手です。」   45.ところが2人の中の(獄から)釈放された者が   時を経て思い出して言った。「わたしがその解釈をあなたがたに知らせましょう。それで(まず)わたしを行かせて下さい。」   46.(かれは牢獄に来て言った。)「ユースフよ   誠実な人よ   わたしたちに解いて下さい。7頭の肥えた牛を   7頭の瘠た牛が食べ   また7つの緑の穀物の穂と   外の(7つの)枯れたものと(の夢)を。わたしは人びとの処に帰って   かれらに理解させたい。」   47.かれは言った。「あなたがたは7年の間   例年のように種を播きなさい。だが刈り取ったものは   あなたがたが食べるのに必要な少量を除いて   (残りを)籾のまま貯蔵しなさい。   48.それから   その後7年(にわたる)厳しい(年)が来て   あなたがたがかれらのため以前に貯蔵したものを食べ   貯えるものの少量(を残す)に過ぎないであろう。   49.それからその後に来る1年には   人びとに豊かな雨があり   たっぷり(果汁を)萎るであろう。」   50.王は(命じて)言った。「かれをわたしの所に連れて来なさい。」それで使いがユースフの所に来た時   かれは言った。「あなたは引き返して   あの手を傷つけた婦人たち(の心境)はどうなっているのか   主人に尋ねなさい。わたしの主は   かの女たちの悪企みを知っておられる。」   51.かれ(王)は   (婦人たちに)言った。「あなたがたがユースフを誘惑した時   結局どうであったのか。」かの女たちは   「アッラーは完全無欠であられます。かれ(ユースフ)には   何の悪いこともないのを存じています。」と言った。貴人の妻は言った。「今   真実が(皆に)明らかになりました。かれを誘惑したのはわたしです。本当にかれは誠実(高潔)な人物です。」   52.かれ(ユースフ)は言った。「これはかれ(主人)に   かれの不在中わたしが決して裏切らないことを知らせ   またアッラーが裏切り者の悪企みを決して御助けになられないことを知らせるためです。   12-53.またわたし自身   無欠とはいえませんが   主が慈悲をかけた以外の(人間の)魂は悪に傾きやすいのです。本当にわたしの主は寛容にして慈悲深くあられます」   12-54.(これらの報告を聞いて)王は言った。「かれをわたしの許に連れて参れ。わたしは側近としてかれを引き立てよう。」そこでかれ(王)は   かれ(ユースフ)と話を交した後   言った。「今日あなたは   確かにわたしの側近である。高位につけられ   信頼されているのである。」   12-55.かれ(ユースフ)は言った。「わたしをこの国の財庫(の管理者)に任命して下さい。わたしは本当に知識ある管財者です。」   12-56.こうしてわれは   この国においてユースフに権力を授けた。それでかれは   意のままにエジプトの国中を何時でも何処にでも住むことが出来た。われは欲する者に慈悲を施す。また善行をなす者への報奨を虚しくしない。   12-57.信仰して   絶えず主を畏れる者には   来世における報奨こそ最も優れたものである。   12-58.その中ユースフの兄たちが来て   かれの前に罷り出た。かれ(ユースフ)はかれらを認めたが   かれら(兄たち)の方はかれに気付かなかった。   12-59.かれは食料をかれらに与えてから言った。「あなたがたと同じ父親の   兄弟を1人わたしのもとに連れて来なさい。あなたがたは   わたしが十分に計量したのを見なかったのか。それはわたしの最上の持て成しではないか。   12-60.もしあなたがたがかれを連れて来ないなら   あなたがたはわたしの所で(穀物を)計ってもらえず   わたしに近付くことも出来ない。」   12-61.かれらは言った。「かれ(弟)に就いて父を納得させ   必ずそれを実行いたしましょう。」   12-62.それからかれ(ユースフ)は   その部下に(命じて)言った。「かれらの(穀物と交換して払った)代価をかれらの袋に入れて置け。かれらは家に帰りそれを見て   恐らく戻って来るであろう。」   12-63.かれらは父のところに帰って言った。「父よ   わたしたちは(穀物を)計ることを拒否されました。弟をわたしたちと一緒に行かせて下さい。そうすれば計って貰えます。わたしたちは(どんな危険があっても)必ずかれを守ります。」   12-64.かれ(ヤアコーブ)は言った。「わたしは以前にかれの兄(ユースフ)に就いてあなたがたを信用した以上に   かれに就いてあなたがたを信用出来ようか。だがアッラーは最も能く(かれを)守られる。かれこそは   慈悲深い御方の中でも最大の慈悲深い御方であられる。」   12-65.かれらが荷物を開くと   代価がかれらに返されているのを見付けた。かれらは言った。「父よ   わたしたちは(この上)何を望みましょう。この代価がわたしたちに戻されています。家族に(もっと)蓄えが貰えます。弟を守り   ラクダ1頭分の増配を得(て帰)るでしょう。そのくらいは   難なく手に入るでしょう。」   12-66.かれは言った。「あなたがたが   避け難い障害に取り囲まれた場合の外必ずかれを連れて戻ると   アッラーにかけて約束しない限り   わたしはかれをあなたがたと一緒に決してやらないであろう。」こうしてかれらがかれに厳粛に誓った時   かれは言った。「アッラーは   わたしたちの言ったことの監視者であられる。」   12-67.更にかれは言った。「息子たちよ   (町に入る時は皆が)1つの門から入ってはならない。あなたがたは別々の門から入りなさい。だが(この用心は)   アッラーに対しては   あなたがたに何も役立たないであろう。裁定は   只アッラーに属する。かれにわたしは信頼した。凡ての頼る者は   かれにこそ頼るべきである。」   12-68.かれらは父の命じたやり方で入った。それは   アッラー(の計画)に対し   何の役にも立たなかった。只ヤアコーブ自身に必要な気休めに過ぎなかった。かれはわれが教えたので   知識を持っていた。だが人びとの多くは知らない。   12-69.さてかれらがユースフの許に行った時   かれはその弟を親しく迎えて言った。「わたしはあなたの兄です。今までかれら(兄たち)がしてきたことに   心を悩ましてはならない。」   12-70.かれ(ユースフ)が   かれらに配給をし終った時   かれは弟の袋の中に盃を入れた。やがて   ある者が呼びかけた。「隊商よ   あなたがたは確かに泥棒です。」   12-71.かれらは振り向いて言った。「あなたがたの何がなくなりましたか。」   12-72.かれらは言った。「わたしたちは   王様の盃をなくしたのです。それを持って来た者にはラクダの一頭分の荷(を与える)でしょう。わたしがその保証人です。」   12-73.かれらは言った。「アッラーにかけて誓います。わたしたちはこの国で   悪事を働く為に来たのではないことを   あなたがたは既に御存じです。わたしたちは   盗みは致しません。」   12-74.かれらは言った。「あなたがたが嘘つきであったら   その(盗みの)処罰は何としようか。」   12-75.かれら(兄たちは答えて)言った。「その処罰は   誰でも袋の中から(盃が)発見された者であります。かれが   その償いです。このように   わたしたちは悪を行う者を罰します。」   12-76.それでかれ(ユースフ)は   弟の袋(の検査)をする前に   かれらの袋を(調べ)始めた。そして(最後に)弟の袋から   それを捜し出した。われはこのように   ユースフに策略を授けた。アッラーが望まれる以外には   かれは弟を(エジプト国)王の法律の下で抑留することが出来なかったのである。われは欲する者の(英知の)階位を高める。全ての知者の上に全知なる御方はいる。   12-77.かれらは言った。「もしかれが盗んだとすれば   かれの兄も以前確かに盗みをしました。」しかしユースフはこれらのことを自分の心に秘めて   かれらにそれ(秘密)を漏さなかった。かれは(独り言のように)言った。「事情はあなたがたに不利である。アッラーはあなたがたの語る真実を最も能く知っておられる。」   12-78.かれらは言った。「申し上げますが   かれには大変年老いた父親があります。それでかれの代りに   わたしたちの1人を拘留して下さい。御見うけしたところ   あなたは本当に善い行いをなさる方でございます。」   12-79.かれは言った。「アッラーは   わたしたちの物を   その許で見付けた者以外は   (誰も)捕えることを禁じられる。(もしそうしないと)本当にわたしたちは   不義を行うことになるであろう。」   12-80.そこでかれらは   かれ(の引き取り)に望みがないことを知り   密に協議した。かれらの中の最年長の者が言った。「あなたがたは   父がアッラー(の御名)によって誓いをたて   また以前ユースフのことに就いても   どのような誤りを犯したかを考えないのか。それで父がわたしを許すか   またアッラーがわたしたちを御裁き下さるまで   わたしは決してこの地を離れないであろう。かれは最も優れた裁決者であられる。   12-81.あなたがたは父のもとに帰って言いなさい。『父よ   あなたの子は   本当に盗みをしました。わたしたちは   唯知っていることの外は証明出来ません。また目に見ていないことに対しては   どうしようもなかったのです。   12-82.それで(あなたは)   わたしたちがいた町で尋ねるか   またはそこを往来した隊商に問いなさい。わたしたちは真実を言っている(ことが分ります)』。」   12-83.かれ(ヤアコーブ)は言った。「いや嘘である。あなたがた自身のため事件を工夫して作ったに過ぎない。だが耐え忍ぶこそ(わたしには)美徳である。或はアッラーが   かれらを皆わたしに御送りになるかもしれない。かれは本当に全知にして英明であられる。」   12-84.かれはかれらから離れて言った。「ああ   わたしはユースフのことを思うと   悲しくてならない。」かれ(父)の両目は悲嘆の余り白くなり   物思いに沈んだ。   12-85.かれらは言った。「アッラーにかけて申し上げます。あなたはユースフを思うことを止めなければ   重態に陥り   或は死んでしまいます。」   12-86.かれは言った。「わたしは只アッラーに対し   わが悲嘆と苦悩とを訴えている丈である。わたしは   あなたがたが知らないことを   アッラーから教わっている。   12-87.息子たちよ   あなたがたは出掛けてユースフとその弟の消息を尋ねなさい。アッラーの情け深い御恵みに決して絶望してはならない。不信心な者の外は   アッラーの情け深い御恵みに絶望しない。」   12-88.それでかれらは   (また)かれ(ユースフ)の許にやって来て言った。「申し上げます。災難(飢饉)がわたしたちと一族の者に降りかかったので   ほんの粗末な品を持って参いりました。枡目を十分にして   わたしたちに施して下さい。本当にアッラーは施しを与える者を報われます。」   12-89.かれは言った。「あなたがたが無道の余り   ユースフとその弟にどんなことをしたか知っているのか。」   12-90.かれらは驚いて言った。「すると本当にあなたは   ユースフなのですか。」かれは言った。「わたしはユースフです。これはわたしの弟です。アッラーは確かにわたしたちに恵み深くあられる。本当に主を畏れ   堅忍であるならば   アッラーは決して善行の徒への報奨を   虚しくなされない。」   12-91.かれらは言った。「アッラーにかけて。本当にアッラーはわたしたちの上に   あなたを御引き立てなされた。わたしたちは本当に罪深い者です。」   12-92.かれは言った。「今日あなたがたを   (取り立てて)咎めることはありません。アッラーはあなたがたを御赦しになるでしょう。かれは慈悲深き御方の中でも最も優れた慈悲深き御方であられます。   12-93.あなたがたはわたしのこの下着を持って(帰り)   わたしの父の顔に投げかけなさい。かれは眼が見えるようになろう。それからあなたがたは   家族揃ってわたしの処に来なさい。」   12-94.隊商が(エジプトを)たった時   かれらの父は(左右の者に)言った。「わたしは確かにユースフの匂を嗅いだ。だがあなたがたは   老衰のせいだと思うであろう」   12-95.かれらは言った。「アッラーにかけて   全くそれはあなたの(いつもの)老いの迷いです。」   12-96.それから吉報を伝える者が(帰って)来て   (下着を)かれの顔に投げかけると   直かれは視力を回復した。かれは言った。「わたしはあなたがたに言わなかったか。あなたがたが知らないことを   わたしはアッラーから(の啓示で)知っている。」   12-97.かれらは言った。「父よ   わたしたちのために   罪の御赦しを祈って下さい。わたしたちは本当に罪深い者でした。」   12-98.かれは言った。「それではわたしはあなたがたのため   わが主に御赦しを願ってやろう。本当にかれは   寛容で慈悲深くあられる。」   12-99.やがてかれらがユースフの許に来た時   かれは両親を親しく迎えて言った。「もしアッラーが御望みなら   安らかにエジプトに御入りなさい。」   12-100.かれは両親を高座に上らせた。すると一同はかれにひれ伏した。するとかれは言った。「わたしの父よ   これが往年のわたしの夢の解釈です。わが主は   それを真実になさいました。本当にかれは   わたしに恩寵を与え   牢獄からわたしを御出しになり   また悪魔が   わたしと兄弟との間に微妙な敵意をかきたてた後   砂漠からあなたがたを連れて来られたのであります。わが主は   御望みの者には情け深くあられます。本当にかれは全知にして英明であられます。   12-101.主よ   あなたはわたしに権能を授けられ   また出来事の解釈を御教えになりました。天と地の創造の主よ   あなたは現世と来世でのわたしの守護者です。あなたは   わたしをムスリムとして死なせ   正義の徒の中に加えて下さい。」   12-102.これはわれがあなた(ムハンマド)に啓示した   幽玄界の消息の一つである。かれらが(ユースフに対する)計画を策謀した時   あなたはかれらと(その場に)いなかった。   12-103.仮令あなたが如何に望んでも   人びとの多くは信じないであろう。   12-104.あなたはそれ(使命)に対し   どんな報酬もかれらに求めない。これは   全人類への訓戒に外ならない。   12-105.天と地の間には   (アッラーの唯一性や神慮に関し)如何にも多くの印がある。かれらはその側を過ぎるのだが   それらから(顔を)背ける。   12-106.かれらの多くは   アッラーを多神の1つとしてしか信仰しない。   12-107.かれらに下るアッラーの懲罰が覆いかかることに対し   またかれらが気付かない間に突然来る時に対し   かれらは安心出来るのか。   12-108.言ってやるがいい。「これこそわたしの道。わたしも   わたしに従う者たちも明瞭な証拠の上に立って   アッラーに呼びかける。アッラーに讃えあれ。わたしたちは多神を信じる者ではない。」   12-109.われはあなた以前にも   町に住む者の中から(特に選んで)   われが啓示を授けた人間以外は   (預言者として)遣わさなかった。かれら(マッカの人びと)は   地上を旅して   以前の者たちの最後が   どんな(悲惨な)ものであったかを観察しているではないか。本当に主を畏れる者に対する   来世の住まいこそ最上である。あなたがたは悟らないのか。   12-110.(ムハンマド以前の)使徒たちが(遣わされた民のもとで)一切の希望を失った時   そしてかれら(使徒たち)が(不信仰者に対するアッラーからの勝利の約束の)期待が持てなくなったと思い込んだ時   われの助けがかれら(使徒)に下り   われの欲する者に救いは来るのである。只罪を犯した者は   わが懲罰は免れられない。   12-111.本当にかれらの物語の中には   思慮ある人びとへの教訓がある。これは作られた事柄ではなく   以前にあったもの(啓典)の確証であり   凡ゆる事象の詳細な解明であり   また信仰する者への導き   慈悲である。  

サムネイル

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です)メタ理論・タルムード4章・クルアーン10章

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です) 「メタ理論」 「タルムード第4章」 「聖クルアーン第10章」 「メタ理論:原初の人間が メタファー(隠喩)を駆使して 表象と意識と無意識について 論究していくとき 言語分節を行って以降に 詩的言語または 自然言語の基底が 隠喩・心象・直喩・比喩で つくられました。 表現したいと意識する知覚と、 直接的に自然につながりがある 身体・物体・行為で会話を行って、 象徴語が発生しました。 特に、 人間は驚嘆すべき事象に接すると わけもわからぬままに 想像して信じ込む特性があり、 このことから 述語的同一性の付与も メタファー(隠喩)的類型分類も、 分節に先行した領域に、 事象的次元の 特異な性質を象徴する 想像的普遍の意味についての 表象である位相の論究を行って、 詩的知恵と 想像的普遍についての 特性と意義を補います。」 「タルムード第4章」 第4章 1。 ベン・ゾーマは言う。賢者とはどんな者のことでしょうか? それが書かれているように、すべての人々から学ぶ者"私はすべてのすべての師にまさって目覚めたものです。"(詩篇119:99) 強い者とはどんな者のことでしょうか? その衝動を抑制するもの。なぜなら、" 忍耐力の強さにまさる。時勢の力は街を占領するにまさる"(箴言16:32) 豊か者とはどんな者のことでしょうか? それが書かれているとして、その持分で喜んでいる者。なぜなら、 "あなたはあなたの手が労して得た物はすべて/あなたの食べ物になる。あなたはいかに幸いなものか。/ あなたはいかに恵まれてるものか。" (詩篇128:2)と言われてるからである。" あなたはいかに幸いなものか。 "はこの世においてである。" あなたはいかに恵まれてるものか。" は、来るべき世界を指す。 尊敬される物とはどんな者のことでしょうか? 他人を救う者。なぜなら、" 私を重んずるものを私は重んじ、私を侮(あなず)らはす物を軽んずる "(サムエル上2:30)と言われてるからである。 2。 ベン・アッザイは言う、軽い掟を思い掟のごとく速やかに遵守して、罪から逃れなさい。なぜならば掟は別のおきてに導き、別の罪に導くからである。なぜならば掟の報いは掟であり、罪の報いは罪であるからである。 3。 彼はまた言っていた。どんな物をも軽蔑してはいけない。またどんなことも軽くあしらってはいけない。なぜならば自分の時が来ない者はいないし、またそのところを得ない者事物もないからである。 4。 ヤヴネーの人であるラビ・ベロカーは言う。誰であれひそかに天の名を冒涜する者は、人前で罰せられる。御名の冒涜は、過失であれ故意であれみな同じである。 「聖クルアーン第10章」 ユーヌス章 マッカ啓示109節 1-1.アリフ・ラーム・ラー。これらは英知に満ちた、啓典の御印である。 1-2.われがかれら(マッカ人)の中の1人(預言者ムハンマド)に啓示して、「あなたは人びとに(不信心の結末を)警告しなさい。また信仰する者には、主の御許で優れた足場を与えられるとの、吉報を伝えなさい。」と命じたことが(マッ力の)人びとに(それ程)驚きであるのか。(だが)不信心者たちは、「これは明らかに魔術師です。」と言う。 1-3.本当にあなたがたの主はアッラーである。6日の間に天と地を創造され、それから(大権の)玉位に鎮座して、凡ての事物を規制統御なされる。かれの許しを得た後でなければ、執り成す者はない。これがあなたがたの主、アッラーである。かれに仕えなさい。あなたがたは、訓戒を受け入れないのか。 1-4.あなたがたは皆一緒にアッラーの御許に帰る。アッラーの約束は真実である。本当にかれは創造を始め、そしてそれを繰り返される。これは信仰して善行をした者に、公正に報われるためである。だがかれを信仰しない者には、煮えたった飲物と、痛ましい懲罰がある。これはかれらが不信心であったためである。 1-5.かれこそは太陽を輝やかせ、月を灯明とされ、その軌道を定め、年数(と時日)の計算をあなたがたに教えられた方である。アッラーがこれらを創造されたのは、只真理(を現わすため)に外ならない。かれは知識ある人びとに印を詳しく述べられる。 1-6.本当に夜と昼との交替、またアッラーが天と地の間に創られる凡てのものの中には、主を畏れる者への印がある。 1-7.本当にわれとの会見を期待しない者、また現世の生活に満足してこれに安心している者、そしてわれの印を疎かにする者、

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.8.13. 13:34
視聴回数:6406回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: アヴェ・ヴェルム・コルプス   (お話です)   「メタ理論」   「タルムード第4章」   「聖クルアーン第10章」   「メタ理論:原初の人間が   メタファー(隠喩)を駆使して   表象と意識と無意識について   論究していくとき   言語分節を行って以降に   詩的言語または   自然言語の基底が   隠喩・心象・直喩・比喩で   つくられました。   表現したいと意識する知覚と   直接的に自然につながりがある   身体・物体・行為で会話を行って   象徴語が発生しました。   特に   人間は驚嘆すべき事象に接すると   わけもわからぬままに   想像して信じ込む特性があり   このことから   述語的同一性の付与も   メタファー(隠喩)的類型分類も   分節に先行した領域に   事象的次元の   特異な性質を象徴する   想像的普遍の意味についての   表象である位相の論究を行って   詩的知恵と   想像的普遍についての   特性と意義を補います。」   「タルムード第4章」   第4章   1。   ベン・ゾーマは言う。賢者とはどんな者のことでしょうか?   それが書かれているように   すべての人々から学ぶ者"私はすべてのすべての師にまさって目覚めたものです。"(詩篇119:99)   強い者とはどんな者のことでしょうか?   その衝動を抑制するもの。なぜなら   "   忍耐力の強さにまさる。時勢の力は街を占領するにまさる"(箴言16:32)   豊か者とはどんな者のことでしょうか?   それが書かれているとして   その持分で喜んでいる者。なぜなら   "あなたはあなたの手が労して得た物はすべて/あなたの食べ物になる。あなたはいかに幸いなものか。/   あなたはいかに恵まれてるものか。"   (詩篇128:2)と言われてるからである。"   あなたはいかに幸いなものか。   "はこの世においてである。"   あなたはいかに恵まれてるものか。"     来るべき世界を指す。   尊敬される物とはどんな者のことでしょうか?   他人を救う者。なぜなら   "   私を重んずるものを私は重んじ   私を侮(あなず)らはす物を軽んずる   "(サムエル上2:30)と言われてるからである。   2。   ベン・アッザイは言う   軽い掟を思い掟のごとく速やかに遵守して   罪から逃れなさい。なぜならば掟は別のおきてに導き   別の罪に導くからである。なぜならば掟の報いは掟であり   罪の報いは罪であるからである。   3。   彼はまた言っていた。どんな物をも軽蔑してはいけない。またどんなことも軽くあしらってはいけない。なぜならば自分の時が来ない者はいないし   またそのところを得ない者事物もないからである。   4。   ヤヴネーの人であるラビ・ベロカーは言う。誰であれひそかに天の名を冒涜する者は   人前で罰せられる。御名の冒涜は   過失であれ故意であれみな同じである。   5。彼の息子ラビ・イシュマエルは言う。教えるために学ぶものは   学びまた教えるための手だてを提供される。また実践されるために学ぶ者は   学び   教え   また遵守し実践するための手だてを提供される。   ラビ・ツァドクは言う。   6。   と言って使用されるラビYishmael息子:彼は教えるために学ぶ学習し   教えることの両方が有効になります。   しかし   実際に順番に学習し   彼は観察すること   教えること   そして練習し   学ぶために有効になります。   7。   律法を自分で殖やすための王冠作る   また   掘るための鍬としてそれを使用しないでください。ラビTzadokは言うために使用されます。   ヒレルが言って使用される:トーラーの王冠の世俗的な使用しています彼は滅びる。   したがって   あなたは律法の言葉を悪用するいずれかの生命の世界から自分を削除することを推論することがあります。   8。   ラビヨシは言うに使用される:彼は律法が人類によって名誉を彼自身である誰が栄誉。   律法をdishonors彼は彼自身が   人類が不渡りされなければならない。   9。   ラビYishmael息子は言った:彼は敵意   窃盗   偽証の裁判官のRID自身の事務所を遠ざかって誰。   彼は律法の問題で僭越ルールは   愚かな邪悪な   と傲慢です。   10。   一人ではない判断し   どれも一つを除いて単独で判断してはならないために:彼が言っていました。   そして   彼らはあなたを決定しないようにすることがあるため   "私の考えを受け入れない"と言う。   11。   ラビYonatanは言った:貧困の中で律法を満たしている彼は   最後には富でそれを満たさなければならない。   富に律法を無視し   彼は最終的に貧困でそれを無視しなければならない。   12。   ラビ・メイアは言った:ビジネスに少しを掛けますが   律法を自分で占有します。   すべての人の前に精神で謙虚である。   しかし   律法後のGdのあなたは労働力があなたを与えるために   豊富な報酬を持っている場合   それはあなたに自分自身を紹介します怠った律法は多くの原因を無視した場合。   13。   ラビエリエゼルベンヤコブは言っていた:1罪を犯した彼が彼自身に1つの告発を得ていながら   1命令を実行する彼は   自分自身に1つの支持者を獲得します。   懺悔と善行は罰に対するシールドのとおりです。   14。   ラビYochananはサンダルメ??ーカーは言った:神聖な目的のためにであるすべてのアセンブリは   最終的に確立しなければならない。   しかし   神聖な目的のためではない任意のアセンブリは   最終的に確立されてはならない。   15。   あなたの学生の名誉は   あなた自身のようにあなたのように貴重になりましょう   そしてあなたの教師敬意として同僚の名誉およびGdのあなたの畏敬の念など   先生に対する尊敬:ラビエラザールベンShammuaは言っていました。   16。   教育に注意して   故意の罪に金額を教えるのエラーのために:ラビユダは言っていました。   17。   ラビシモンは言うに使用:あり3冠です   -   トーラーの王冠   聖職者の冠と   王政の冠はなく   良い名前の冠は   それらすべてを凌駕しています。   18。   ラビNehoraiは言った:それはあなたの永久所有になるあなたの仲間であるために   律法の代わりに自発的な亡命として移動して   律法はあなたに従うことを言うことはありません。   あなた自身の理解に依存しないでください。   19。   ラビYannaiは言うに使用される:それは正しいの邪悪や悲しみのウェルビーイングを説明するために私たちの力ではありません。   20。   すべての人に挨拶の最初に:ラビMatyahベンChereshは言っていました。   ライオンの間で尾はなく   キツネに頭である。   21。   この世界は未来の世界への廊下のようなものです:ラビヤコブは言っていました。   あなたは宴会場に入ることが廊下に自分自身を準備します。   22。   また   彼は言う:世界の全ての生命が来るよりも懺悔とこの世界での善行の1時間です。   より良い   この世界のすべての生命よりも   世界に来るの精神的な休息の1時間です。   23。   ラビシモン・ベンエラザールは言っていた:彼の怒りの時にあなたの仲間をなだめる   また彼の死んだの嘘彼の前にしながら彼を慰めないでください。   彼の誓いの時に彼に質問しないでください。   自分の不名誉の時に彼を見ないようにしてください。   24。   サミュエル   "あなたの敵が倒れたときに喜ぶしないでください   彼らはつまずく   または他の主はそれを見て不快になる   と背を向ける時期あなたの心は喜んでさせない(箴言24:17-18)と言って使用される若い人そこから怒り。   "   25。   エリシャベンAvuyahは言うに使用される。子として学ぶ彼は   彼は次のように何ですか?   彼は新しい紙に書かれたインクのようなものです。   老人のように学習し   彼は   彼は何が好きですか?   彼は紙をブロッティングに書かれたインクのようなものです。   26。   Kefar   HA-Bavliのラビヨシバーユダは言った:若いから学ぶ彼は   彼は次のように何ですか?   彼は未熟なブドウやドリンク彼のワインを押してから新鮮なワインを食べるもののようです。   しかし   高齢者から学ぶ彼は   彼が好き何ですか?   彼は熟したブドウや飲み物昔のワインを食べるもののようです。   27。   ラビ・メイヤーは言うに使用:フラスコを見てはいけないが   何でそれで   昔のワインもその中に新しいワインを持っていない昔のフラスコがいっぱいです新しいフラスコがあるかもしれません。   28。ラビエレアザルHA-Kapparは言っていました。   嫉妬   欲望   野心   を人の世界から消します。   29。   彼はまた言って使用しました。生まれてきた彼らは   死ぬ運命にある。   死んでいる彼らは生きている行うことが運命づけられている。   住んでいると判断することが運命づけられている彼らは   その男性は知っているかもしれないと認識させると彼がG-dであることを理解し   彼は創作者であり   彼は創造主であり   彼はdiscernerですが   彼は裁判官であり   彼が証人であり   彼は訴追人   それは将来の裁判官には   祝福されたその存在が尊崇に値します。収賄もなく   彼になる神です。すべての神です。   すべてが計算によるとあることを知っています。   そして   あなたの邪悪な性質は   墓があなたの隠れ家になることを保証するものではありませましょう:自分の意思にかかわらずのためにあなたが作られ   自分自身の意思にかかわらず   あなたが生まれた   自分自身の意思にかかわらず   あなたは生き   そして自分自身の意思にかかわらず   あなたが死ぬと   自分自身の意思にかかわらず   あなたがに運命づけられているものである神   -   彼は祝福される王の至高王   -   聖なる者の前で申し開きと審判を行うことになってます。   「聖クルアーン第10章」   ユーヌス章   マッカ啓示109節   1-1.アリフ・ラーム・ラー。これらは英知に満ちた   啓典の御印である。   1-2.われがかれら(マッカ人)の中の1人(預言者ムハンマド)に啓示して   「あなたは人びとに(不信心の結末を)警告しなさい。また信仰する者には   主の御許で優れた足場を与えられるとの   吉報を伝えなさい。」と命じたことが(マッ力の)人びとに(それ程)驚きであるのか。(だが)不信心者たちは   「これは明らかに魔術師です。」と言う。   1-3.本当にあなたがたの主はアッラーである。6日の間に天と地を創造され   それから(大権の)玉位に鎮座して   凡ての事物を規制統御なされる。かれの許しを得た後でなければ   執り成す者はない。これがあなたがたの主   アッラーである。かれに仕えなさい。あなたがたは   訓戒を受け入れないのか。   1-4.あなたがたは皆一緒にアッラーの御許に帰る。アッラーの約束は真実である。本当にかれは創造を始め   そしてそれを繰り返される。これは信仰して善行をした者に   公正に報われるためである。だがかれを信仰しない者には   煮えたった飲物と   痛ましい懲罰がある。これはかれらが不信心であったためである。   1-5.かれこそは太陽を輝やかせ   月を灯明とされ   その軌道を定め