PeeVee.TV
   

  ログイン

ホーム 新規ユーザー登録

新着動画一覧

01 02 03 04

サムネイル

給食費の滞納許さない大阪市でも色々あります

給食費の滞納確かに許さないですけども色々と事情があるのでそこを考えてあげないといけないのではないかと思うね。本当に私は日本はそこがしっかりしていないからこそかなと言える。 ブログ Masatoshi Ueda Vlog(メインブログ) http://naoto.minibird.jp/vlog/

投稿者:サイト名 masatosi95
投稿日時:2016.10.24. 23:43
視聴回数:269回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般  
タグ: 大阪市   給食費   滞納   差し押さえ   弁護士   未納   税金   小学校   給食利権   畜産利権   文科省   天下り  

サムネイル

【山さんの選挙ウォッチ(2016/09/01)】(資料編)今週の政局★民進党代表選★ノース・カロライナ州

★民進党の代表選は3氏の戦いとなりました。 ★都政改革の顧問に、大阪維新系の上山氏氏だけでなく、若狭系の弁護士、そして、イオンの特別顧問を入れるようです。 ★米国大統領選挙は、ノース・カロライナ州を取り上げます。

投稿者:サイト名 PatriotesJapan
投稿日時:2016.9.6. 00:51
視聴回数:397回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 事件・事故   ニュース全般   暮らし全般  
タグ: 山内和彦   田淵隆明   ノース・カロライナ州   立正佼成会   東京10区  

サムネイル

【山さんの選挙ウォッチ(2016/08/25)】(3)山内和彦・今週の新都知事

山内和彦氏の今週の新都知事のコーナーです。 ★都政改革の顧問に、大阪維新系の上山氏氏だけでなく、若狭系の弁護士、そして、イオンの特別顧問を入れるようです。 ★小池氏はもともと自民系ではなく維新系でしたが、民進党や宇都宮支持層にも急接近しています。

投稿者:サイト名 PatriotesJapan
投稿日時:2016.8.28. 03:24
視聴回数:153回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 事件・事故   ニュース全般   暮らし全般  
タグ: 山内和彦   田淵隆明   今週の新都知事   築地市場   廃業  

サムネイル

弁護士・大胡田 誠さんによる「やさしくトーク 障害者差別解消法とは」

 視覚障害者向け総合イベントであるサイトワールドで今年、初めて手話通訳が実施された。「やさしくトーク」と題された講演に限ったもので、この6月に成立した障害者差別解消法や障害者の権利条約、スマートフォンに関する話題が取り上げられた。 記事本文:<サイトワールド2013>障害者差別の現状やスマホのタッチ操作をやさしくトーク--講演リポート1 http://mainichi.jp/universalon/news/20131113mog00m040009000c.html

投稿者:サイト名 mainichi
投稿日時:2013.11.14. 12:46
視聴回数:1904回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 東京   ニュース・天気  
タグ: 動画   毎日   ユニバーサロン   サイトワールド   視覚障害   障害者差別解消法  

サムネイル

弁護士・無料相談(債務整理)のご案内

債務整理のエキスパート弁護士事務所【新紀尾井町法律事務所】無料相談のご案内です 詳細↓ http://www.shoken.biz/info/consult/1377/ YouTube http://www.youtube.com/watch?v=yqkRlDeRwMs リリース http://place.yapy.jp/company/shokenbiz/release/205/ ブログ http://shokenbiz.seesaa.net/article/353103272.html お得情報館 http://www.shoken.biz/info/ 商品検索.biz http://www.shoken.biz/ facebook http://www.facebook.com/shokenbiz Twitter http://twitter.com/shokenbiz

投稿者:サイト名 商品検索.biz
投稿日時:2013.3.28. 17:48
視聴回数:172回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般  
タグ: 弁護士   無料相談   債務整理   過払い金  

サムネイル

アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です) 「タルムード」「イスラエルのサウル王の王政の成立」「裁きの価値」

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です) 2 「イスラエルの諸部族の サウル王の王政の成立と 王政できなかった根拠」 「神ヤハウェーが人間を支配するため 人間が人間を支配しないものであるという信仰が 王政の支配を許容できなかった面がある。」 「タルムード」 「裁きの価値」 ◎「The value of judging」 In his place Gathering evidence Balancing justice The poor and rich alike The result of justice and mercy Guarding justice Sifting the evidence Religious awareness and mercy Reflection ◎「The value of judging:裁きの価値」 ヒレルは言った。あなたがその人の位置にくるまでは、あなたの仲間を裁いてはなりません。 ( Avot 2:4) Judaismの中心の価値の一つは、賢い裁きの結果とになる正義である。何が正義と裁きを作るかということはとても重要なことであり、あなたの日々の生活の中で演じる大きな部分である。あなたは他の人々を裁いている。あなたは他の人々がどのように行動すべきかを裁いている。 あなたは自分自身に問う、「この人は私に対して公正でであろうか?」そしてあなたは「yes or no」を答えることで自分の意識である裁き(識別と判断)をしている。あなたはこう質問する、「この人は善い親切な隣人か、または彼はだましたり、嘘をついたりするのか?」そしてあなたはある方、あるいは他方を決心して裁きをする。あなたはこう問う、「この人は私に公正であろうか?」そして「yes or no」を裁くことで答える。 あなたは裁判所での裁判官の衣を着ているわけではないが、毎日あなたの前にやって来るケースを決定する時に、あなたは心の法廷という種類を維持する。あなたは友人から、敵からはずっと違った種類の行動を期待し要求する。 あなたは先生には公平を、 警官には親切を、 ラビには善いことを、 道化師には楽しさを、 親戚には気前良さを、 郵便配達には信用を、 医者には気遣いを、 そして弁護士には あなたの側にあることを 期待する。 あなたが期待したように人々が行動する時と、そうでない時との両方において、あなたは裁きを下す。あなたが裁きをする時に、奇妙なことが起きる:あなたがちょうど属しているところはどこなのかを発見するために、あなたは自分自身を定義し始める。あなたが下す裁きの各々は、あなたが知っている事、あなたが学んだ事のベース、およびあなたが集めた証拠に基づく。もしあなたが一般的に他人に公平であることを期待するならば、あなたが信じている価値と同様にあなたは公平さに注意を払い始めるであろう。あなたが他人に親切である時、あなたはあなた自身に対して親切さを評価し始める。もちろん、その同じことがもう一方の側の方法にもまた真である。あなたが他人に不公平である時、あなた自身に対して公平さを忘れ始める。そしてあなたのまわりの人々についてあなたの裁きが正直でなくなる時、あなたはすぐにあなた自身にもまた嘘をつき始める。 正直に裁くことは我々が学ぶ一つのスキルである。我々は裁きを上手にする能力を持って自動的に生まれてきたわけではない。裁くことを学ぶ場合に、我々は証拠の全てを集め、それを綿密に調べ、我々の評価を選び、そしてそれから我々の選択に基づいて決定をすることを学ばなければならない。それで、この章のテーマを構成しているヒレルの話は明白である。 「あなたがその人の位置にくるまでは、あなたの仲間を裁いてはなりません。」 これは、毎日あなたのまわりの人々をあなたが裁く場合の方法を話している。

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.6.19. 21:23
視聴回数:6744回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: アヴェ・ヴェルム・コルプス   (お話です)   2   「イスラエルの諸部族の   サウル王の王政の成立と   王政できなかった根拠」   「神ヤハウェーが人間を支配するため   人間が人間を支配しないものであるという信仰が   王政の支配を許容できなかった面がある。」   「タルムード」   「裁きの価値」   ◎「The   value   of   judging」   In   his   place   Gathering   evidence   Balancing   justice   The   poor   and   rich   alike   The   result   of   justice   and   mercy   Guarding   justice   Sifting   the   evidence   Religious   awareness   and   mercy   Reflection   ◎「The   value   of   judging:裁きの価値」   ヒレルは言った。あなたがその人の位置にくるまでは   あなたの仲間を裁いてはなりません。   (   Avot   2:4)   Judaismの中心の価値の一つは   賢い裁きの結果とになる正義である。何が正義と裁きを作るかということはとても重要なことであり   あなたの日々の生活の中で演じる大きな部分である。あなたは他の人々を裁いている。あなたは他の人々がどのように行動すべきかを裁いている。   あなたは自分自身に問う   「この人は私に対して公正でであろうか?」そしてあなたは「yes   or   no」を答えることで自分の意識である裁き(識別と判断)をしている。あなたはこう質問する   「この人は善い親切な隣人か   または彼はだましたり   嘘をついたりするのか?」そしてあなたはある方   あるいは他方を決心して裁きをする。あなたはこう問う   「この人は私に公正であろうか?」そして「yes   or   no」を裁くことで答える。   あなたは裁判所での裁判官の衣を着ているわけではないが   毎日あなたの前にやって来るケースを決定する時に   あなたは心の法廷という種類を維持する。あなたは友人から   敵からはずっと違った種類の行動を期待し要求する。   あなたは先生には公平を   警官には親切を   ラビには善いことを   道化師には楽しさを   親戚には気前良さを   郵便配達には信用を   医者には気遣いを   そして弁護士には   あなたの側にあることを   期待する。   あなたが期待したように人々が行動する時と   そうでない時との両方において   あなたは裁きを下す。あなたが裁きをする時に   奇妙なことが起きる:あなたがちょうど属しているところはどこなのかを発見するために   あなたは自分自身を定義し始める。あなたが下す裁きの各々は   あなたが知っている事   あなたが学んだ事のベース   およびあなたが集めた証拠に基づく。もしあなたが一般的に他人に公平であることを期待するならば   あなたが信じている価値と同様にあなたは公平さに注意を払い始めるであろう。あなたが他人に親切である時   あなたはあなた自身に対して親切さを評価し始める。もちろん   その同じことがもう一方の側の方法にもまた真である。あなたが他人に不公平である時   あなた自身に対して公平さを忘れ始める。そしてあなたのまわりの人々についてあなたの裁きが正直でなくなる時   あなたはすぐにあなた自身にもまた嘘をつき始める。   正直に裁くことは我々が学ぶ一つのスキルである。我々は裁きを上手にする能力を持って自動的に生まれてきたわけではない。裁くことを学ぶ場合に   我々は証拠の全てを集め   それを綿密に調べ   我々の評価を選び   そしてそれから我々の選択に基づいて決定をすることを学ばなければならない。それで   この章のテーマを構成しているヒレルの話は明白である。   「あなたがその人の位置にくるまでは   あなたの仲間を裁いてはなりません。」   これは   毎日あなたのまわりの人々をあなたが裁く場合の方法を話している。   ◎In   his   place   我々が他の人の位置に我々自身を置く時   すなわち彼らが物事を見ている方法で我々がそれらを見ようとしている時   裁きはとても複雑になる。しかし   もし我々がこれをするならば   その時にのみ裁きは公平になり得る。証拠を集めるという過程の部分において   これはヨシュヤ(Joshua   ben   Perahyah)が   心に思って   こう言った。   「全ての人々の気に入るように裁け」   (Avot   1:6)   これは我々自身が裁かれたいように裁くという質問である。   結局   我々は最善の可能な方法で他の人々が我々を見て欲しい   特に我々が行なう何かが正当な結果にでない場合に。人間であることは   誤りをすることを含み   我々がやった誤りを通して学び   成長することを含む。我々の誤りのあらゆるものが厳しく裁かれる時   我々は誤りをしないようにそんなに心配し始めるので   我々の成長が妨げられてしまう。   それで   我々が他の人々を好意をもって裁く時   他の人々に「第二の機会」あるいは「不信の親切」を喜んで与える時   それが最善である。結局   これは   我々自身の行動を裁く場合に他の人々がするであろうと我々が期待していることである。   ◎Gathering   evidence   そのこと以上に   我々は期待するのは   人々が我々のした事について裁く前に   彼らが我々に説明の機会を与えることである。これは決定をする前に証拠を集める経過を含む。誰か他の人の立場に我々自身を置こうとする場合に   なぜその人がそのような方法で行動したのかを理解するために   我々は可能な証拠の全てを集める努力をしなければならない。   裁きが合理的な証拠に基づかない時   我々が事実の全てが明らかになる前に結論に飛んでしまう時   誤り導いた裁きがいかになり得るかについて   ラビは一つの物語を話した。     ラブ・アシ(Rav   Ashi)がミシュナの学習を教えていた   そしてユダヤの王マナセ王の物語のところに来た。マナセ王は偶像崇拝に変わっていったと生徒たちに説明した。彼がマナセ王に生きていた時代の説明を始めた時   授業の時間が終わった。彼は閉じるときこう言った:「明日   我々はこの『善い』人についてもっと話そう」さて伝統は我々にこう告げている。実はマナセ王は真に善い人でが   ラブ・アシは『善い』という言葉を皮肉を込めた調子で言った   あたかもマナセ王が本当に無知であるかのように。   その夜   夢の中で   マナセ王がラブ・アシのところにやって来て   「あなたは正直に私を無知だと裁いていますか?」と聞いた。その時に   その王マナセはラブ・アシにユダヤ律法の幾つかの難しい質問をした。ラブ・アシは答えることができなかったが   マナセ王はあざやかに答えて   その学識のある学者を驚かせた。謙遜して   ラブ・アシはその古代のユダヤのマナセ王に質問した:「もしあなたがそんなに学があるのなら   いかにしてあなたは偶像崇拝するようになったのですか?」マナセ王は答えた:「私と共にそこに来てみなさい。あなたは   あなたの衣のふちを集め   偶像を崇拝するために私の後を追ってくるであろう」   (Sanhedrin   102b)   ラブ・アシの誤りは共通のものであった:彼は   マナセの位置に彼自身を置いて想像するような努力を実際にしないで   裁きを下そうとしていた。これは   我々が裁きをする前に事実を集めない時に起こることである。例えば   もしあなたが   これこれのことがそんなになったとの噂を聞いて   そしてあなたが聞いたことが真実かどうか質問すること無しに   あるいはなぜその人がそんな行動をしたのかを理解する努力を無しに   あなたがその人を裁くならば   あなたはラブ・アシの誤りを繰り返している。ラビ・イシマエル(Rabbi   Ishmael)はこう言っていた。事実の全てを知らずに決定を下す人は   おろか者であり   邪悪な者であり   おうへいな者である。   (Avot   4:7)  

サムネイル

アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です) 2 「タルムード」「イスラエルのサウル王の王政の成立」「裁きの価値」

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です) 2 「イスラエルの諸部族の サウル王の王政の成立と 王政できなかった根拠」 「神ヤハウェーが人間を支配するため 人間が人間を支配しないものであるという信仰が 王政の支配を許容できなかった面がある。」 「タルムード」 「裁きの価値」 ◎「The value of judging」 In his place Gathering evidence Balancing justice The poor and rich alike The result of justice and mercy Guarding justice Sifting the evidence Religious awareness and mercy Reflection ◎「The value of judging:裁きの価値」 ヒレルは言った。あなたがその人の位置にくるまでは、あなたの仲間を裁いてはなりません。 ( Avot 2:4) Judaismの中心の価値の一つは、賢い裁きの結果とになる正義である。何が正義と裁きを作るかということはとても重要なことであり、あなたの日々の生活の中で演じる大きな部分である。あなたは他の人々を裁いている。あなたは他の人々がどのように行動すべきかを裁いている。 あなたは自分自身に問う、「この人は私に対して公正でであろうか?」そしてあなたは「yes or no」を答えることで自分の意識である裁き(識別と判断)をしている。あなたはこう質問する、「この人は善い親切な隣人か、または彼はだましたり、嘘をついたりするのか?」そしてあなたはある方、あるいは他方を決心して裁きをする。あなたはこう問う、「この人は私に公正であろうか?」そして「yes or no」を裁くことで答える。 あなたは裁判所での裁判官の衣を着ているわけではないが、毎日あなたの前にやって来るケースを決定する時に、あなたは心の法廷という種類を維持する。あなたは友人から、敵からはずっと違った種類の行動を期待し要求する。 あなたは先生には公平を、 警官には親切を、 ラビには善いことを、 道化師には楽しさを、 親戚には気前良さを、 郵便配達には信用を、 医者には気遣いを、 そして弁護士には あなたの側にあることを 期待する。 あなたが期待したように人々が行動する時と、そうでない時との両方において、あなたは裁きを下す。あなたが裁きをする時に、奇妙なことが起きる:あなたがちょうど属しているところはどこなのかを発見するために、あなたは自分自身を定義し始める。あなたが下す裁きの各々は、あなたが知っている事、あなたが学んだ事のベース、およびあなたが集めた証拠に基づく。もしあなたが一般的に他人に公平であることを期待するならば、あなたが信じている価値と同様にあなたは公平さに注意を払い始めるであろう。あなたが他人に親切である時、あなたはあなた自身に対して親切さを評価し始める。もちろん、その同じことがもう一方の側の方法にもまた真である。あなたが他人に不公平である時、あなた自身に対して公平さを忘れ始める。そしてあなたのまわりの人々についてあなたの裁きが正直でなくなる時、あなたはすぐにあなた自身にもまた嘘をつき始める。 正直に裁くことは我々が学ぶ一つのスキルである。我々は裁きを上手にする能力を持って自動的に生まれてきたわけではない。裁くことを学ぶ場合に、我々は証拠の全てを集め、それを綿密に調べ、我々の評価を選び、そしてそれから我々の選択に基づいて決定をすることを学ばなければならない。それで、この章のテーマを構成しているヒレルの話は明白である。 「あなたがその人の位置にくるまでは、あなたの仲間を裁いてはなりません。」 これは、毎日あなたのまわりの人々をあなたが裁く場合の方法を話している。

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.6.19. 17:55
視聴回数:6976回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: アヴェ・ヴェルム・コルプス   (お話です)   2   「イスラエルの諸部族の   サウル王の王政の成立と   王政できなかった根拠」   「神ヤハウェーが人間を支配するため   人間が人間を支配しないものであるという信仰が   王政の支配を許容できなかった面がある。」   「タルムード」   「裁きの価値」   ◎「The   value   of   judging」   In   his   place   Gathering   evidence   Balancing   justice   The   poor   and   rich   alike   The   result   of   justice   and   mercy   Guarding   justice   Sifting   the   evidence   Religious   awareness   and   mercy   Reflection   ◎「The   value   of   judging:裁きの価値」   ヒレルは言った。あなたがその人の位置にくるまでは   あなたの仲間を裁いてはなりません。   (   Avot   2:4)   Judaismの中心の価値の一つは   賢い裁きの結果とになる正義である。何が正義と裁きを作るかということはとても重要なことであり   あなたの日々の生活の中で演じる大きな部分である。あなたは他の人々を裁いている。あなたは他の人々がどのように行動すべきかを裁いている。   あなたは自分自身に問う   「この人は私に対して公正でであろうか?」そしてあなたは「yes   or   no」を答えることで自分の意識である裁き(識別と判断)をしている。あなたはこう質問する   「この人は善い親切な隣人か   または彼はだましたり   嘘をついたりするのか?」そしてあなたはある方   あるいは他方を決心して裁きをする。あなたはこう問う   「この人は私に公正であろうか?」そして「yes   or   no」を裁くことで答える。   あなたは裁判所での裁判官の衣を着ているわけではないが   毎日あなたの前にやって来るケースを決定する時に   あなたは心の法廷という種類を維持する。あなたは友人から   敵からはずっと違った種類の行動を期待し要求する。   あなたは先生には公平を   警官には親切を   ラビには善いことを   道化師には楽しさを   親戚には気前良さを   郵便配達には信用を   医者には気遣いを   そして弁護士には   あなたの側にあることを   期待する。   あなたが期待したように人々が行動する時と   そうでない時との両方において   あなたは裁きを下す。あなたが裁きをする時に   奇妙なことが起きる:あなたがちょうど属しているところはどこなのかを発見するために   あなたは自分自身を定義し始める。あなたが下す裁きの各々は   あなたが知っている事   あなたが学んだ事のベース   およびあなたが集めた証拠に基づく。もしあなたが一般的に他人に公平であることを期待するならば   あなたが信じている価値と同様にあなたは公平さに注意を払い始めるであろう。あなたが他人に親切である時   あなたはあなた自身に対して親切さを評価し始める。もちろん   その同じことがもう一方の側の方法にもまた真である。あなたが他人に不公平である時   あなた自身に対して公平さを忘れ始める。そしてあなたのまわりの人々についてあなたの裁きが正直でなくなる時   あなたはすぐにあなた自身にもまた嘘をつき始める。   正直に裁くことは我々が学ぶ一つのスキルである。我々は裁きを上手にする能力を持って自動的に生まれてきたわけではない。裁くことを学ぶ場合に   我々は証拠の全てを集め   それを綿密に調べ   我々の評価を選び   そしてそれから我々の選択に基づいて決定をすることを学ばなければならない。それで   この章のテーマを構成しているヒレルの話は明白である。   「あなたがその人の位置にくるまでは   あなたの仲間を裁いてはなりません。」   これは   毎日あなたのまわりの人々をあなたが裁く場合の方法を話している。   ◎In   his   place   我々が他の人の位置に我々自身を置く時   すなわち彼らが物事を見ている方法で我々がそれらを見ようとしている時   裁きはとても複雑になる。しかし   もし我々がこれをするならば   その時にのみ裁きは公平になり得る。証拠を集めるという過程の部分において   これはヨシュヤ(Joshua   ben   Perahyah)が   心に思って   こう言った。   「全ての人々の気に入るように裁け」   (Avot   1:6)   これは我々自身が裁かれたいように裁くという質問である。   結局   我々は最善の可能な方法で他の人々が我々を見て欲しい   特に我々が行なう何かが正当な結果にでない場合に。人間であることは   誤りをすることを含み   我々がやった誤りを通して学び   成長することを含む。我々の誤りのあらゆるものが厳しく裁かれる時   我々は誤りをしないようにそんなに心配し始めるので   我々の成長が妨げられてしまう。   それで   我々が他の人々を好意をもって裁く時   他の人々に「第二の機会」あるいは「不信の親切」を喜んで与える時   それが最善である。結局   これは   我々自身の行動を裁く場合に他の人々がするであろうと我々が期待していることである。   ◎Gathering   evidence   そのこと以上に   我々は期待するのは   人々が我々のした事について裁く前に   彼らが我々に説明の機会を与えることである。これは決定をする前に証拠を集める経過を含む。誰か他の人の立場に我々自身を置こうとする場合に   なぜその人がそのような方法で行動したのかを理解するために   我々は可能な証拠の全てを集める努力をしなければならない。   裁きが合理的な証拠に基づかない時   我々が事実の全てが明らかになる前に結論に飛んでしまう時   誤り導いた裁きがいかになり得るかについて   ラビは一つの物語を話した。     ラブ・アシ(Rav   Ashi)がミシュナの学習を教えていた   そしてユダヤの王マナセ王の物語のところに来た。マナセ王は偶像崇拝に変わっていったと生徒たちに説明した。彼がマナセ王に生きていた時代の説明を始めた時   授業の時間が終わった。彼は閉じるときこう言った:「明日   我々はこの『善い』人についてもっと話そう」さて伝統は我々にこう告げている。実はマナセ王は真に善い人でが   ラブ・アシは『善い』という言葉を皮肉を込めた調子で言った   あたかもマナセ王が本当に無知であるかのように。   その夜   夢の中で   マナセ王がラブ・アシのところにやって来て   「あなたは正直に私を無知だと裁いていますか?」と聞いた。その時に   その王マナセはラブ・アシにユダヤ律法の幾つかの難しい質問をした。ラブ・アシは答えることができなかったが   マナセ王はあざやかに答えて   その学識のある学者を驚かせた。謙遜して   ラブ・アシはその古代のユダヤのマナセ王に質問した:「もしあなたがそんなに学があるのなら   いかにしてあなたは偶像崇拝するようになったのですか?」マナセ王は答えた:「私と共にそこに来てみなさい。あなたは   あなたの衣のふちを集め   偶像を崇拝するために私の後を追ってくるであろう」   (Sanhedrin   102b)   ラブ・アシの誤りは共通のものであった:彼は   マナセの位置に彼自身を置いて想像するような努力を実際にしないで   裁きを下そうとしていた。これは   我々が裁きをする前に事実を集めない時に起こることである。例えば   もしあなたが   これこれのことがそんなになったとの噂を聞いて   そしてあなたが聞いたことが真実かどうか質問すること無しに   あるいはなぜその人がそんな行動をしたのかを理解する努力を無しに   あなたがその人を裁くならば   あなたはラブ・アシの誤りを繰り返している。ラビ・イシマエル(Rabbi   Ishmael)はこう言っていた。事実の全てを知らずに決定を下す人は   おろか者であり   邪悪な者であり   おうへいな者である。   (Avot   4:7)  

サムネイル

アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です) 1 「タルムード」「イスラエルのサウル王の王政の成立」「裁きの価値」

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です) 1 「イスラエルの諸部族の サウル王の王政の成立と 王政できなかった根拠」 「神ヤハウェーが人間を支配するため 人間が人間を支配しないものであるという信仰が それを許容できなかった面がある。」 「タルムード」 「裁きの価値」 ◎「The value of judging」 In his place Gathering evidence Balancing justice The poor and rich alike The result of justice and mercy Guarding justice Sifting the evidence Religious awareness and mercy Reflection ◎「The value of judging:裁きの価値」 ヒレルは言った。あなたがその人の位置にくるまでは、あなたの仲間を裁いてはなりません。 ( Avot 2:4) Judaismの中心の価値の一つは、賢い裁きの結果とになる正義である。何が正義と裁きを作るかということはとても重要なことであり、あなたの日々の生活の中で演じる大きな部分である。あなたは他の人々を裁いている。あなたは他の人々がどのように行動すべきかを裁いている。 あなたは自分自身に問う、「この人は私に対して公正でであろうか?」そしてあなたは「yes or no」を答えることで自分の意識である裁き(識別と判断)をしている。あなたはこう質問する、「この人は善い親切な隣人か、または彼はだましたり、嘘をついたりするのか?」そしてあなたはある方、あるいは他方を決心して裁きをする。あなたはこう問う、「この人は私に公正であろうか?」そして「yes or no」を裁くことで答える。 あなたは裁判所での裁判官の衣を着ているわけではないが、毎日あなたの前にやって来るケースを決定する時に、あなたは心の法廷という種類を維持する。あなたは友人から、敵からはずっと違った種類の行動を期待し要求する。 あなたは先生には公平を、 警官には親切を、 ラビには善いことを、 道化師には楽しさを、 親戚には気前良さを、 郵便配達には信用を、 医者には気遣いを、 そして弁護士には あなたの側にあることを 期待する。 あなたが期待したように人々が行動する時と、そうでない時との両方において、あなたは裁きを下す。あなたが裁きをする時に、奇妙なことが起きる:あなたがちょうど属しているところはどこなのかを発見するために、あなたは自分自身を定義し始める。あなたが下す裁きの各々は、あなたが知っている事、あなたが学んだ事のベース、およびあなたが集めた証拠に基づく。もしあなたが一般的に他人に公平であることを期待するならば、あなたが信じている価値と同様にあなたは公平さに注意を払い始めるであろう。あなたが他人に親切である時、あなたはあなた自身に対して親切さを評価し始める。もちろん、その同じことがもう一方の側の方法にもまた真である。あなたが他人に不公平である時、あなた自身に対して公平さを忘れ始める。そしてあなたのまわりの人々についてあなたの裁きが正直でなくなる時、あなたはすぐにあなた自身にもまた嘘をつき始める。 正直に裁くことは我々が学ぶ一つのスキルである。我々は裁きを上手にする能力を持って自動的に生まれてきたわけではない。裁くことを学ぶ場合に、我々は証拠の全てを集め、それを綿密に調べ、我々の評価を選び、そしてそれから我々の選択に基づいて決定をすることを学ばなければならない。それで、この章のテーマを構成しているヒレルの話は明白である。 「あなたがその人の位置にくるまでは、あなたの仲間を裁いてはなりません。」 これは、毎日あなたのまわりの人々をあなたが裁く場合の方法を話している。

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.6.19. 17:26
視聴回数:9183回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: アヴェ・ヴェルム・コルプス   (お話です)   1   「イスラエルの諸部族の   サウル王の王政の成立と   王政できなかった根拠」   「神ヤハウェーが人間を支配するため   人間が人間を支配しないものであるという信仰が   それを許容できなかった面がある。」   「タルムード」   「裁きの価値」   ◎「The   value   of   judging」   In   his   place   Gathering   evidence   Balancing   justice   The   poor   and   rich   alike   The   result   of   justice   and   mercy   Guarding   justice   Sifting   the   evidence   Religious   awareness   and   mercy   Reflection   ◎「The   value   of   judging:裁きの価値」   ヒレルは言った。あなたがその人の位置にくるまでは   あなたの仲間を裁いてはなりません。   (   Avot   2:4)   Judaismの中心の価値の一つは   賢い裁きの結果とになる正義である。何が正義と裁きを作るかということはとても重要なことであり   あなたの日々の生活の中で演じる大きな部分である。あなたは他の人々を裁いている。あなたは他の人々がどのように行動すべきかを裁いている。   あなたは自分自身に問う   「この人は私に対して公正でであろうか?」そしてあなたは「yes   or   no」を答えることで自分の意識である裁き(識別と判断)をしている。あなたはこう質問する   「この人は善い親切な隣人か   または彼はだましたり   嘘をついたりするのか?」そしてあなたはある方   あるいは他方を決心して裁きをする。あなたはこう問う   「この人は私に公正であろうか?」そして「yes   or   no」を裁くことで答える。   あなたは裁判所での裁判官の衣を着ているわけではないが   毎日あなたの前にやって来るケースを決定する時に   あなたは心の法廷という種類を維持する。あなたは友人から   敵からはずっと違った種類の行動を期待し要求する。   あなたは先生には公平を   警官には親切を   ラビには善いことを   道化師には楽しさを   親戚には気前良さを   郵便配達には信用を   医者には気遣いを   そして弁護士には   あなたの側にあることを   期待する。   あなたが期待したように人々が行動する時と   そうでない時との両方において   あなたは裁きを下す。あなたが裁きをする時に   奇妙なことが起きる:あなたがちょうど属しているところはどこなのかを発見するために   あなたは自分自身を定義し始める。あなたが下す裁きの各々は   あなたが知っている事   あなたが学んだ事のベース   およびあなたが集めた証拠に基づく。もしあなたが一般的に他人に公平であることを期待するならば   あなたが信じている価値と同様にあなたは公平さに注意を払い始めるであろう。あなたが他人に親切である時   あなたはあなた自身に対して親切さを評価し始める。もちろん   その同じことがもう一方の側の方法にもまた真である。あなたが他人に不公平である時   あなた自身に対して公平さを忘れ始める。そしてあなたのまわりの人々についてあなたの裁きが正直でなくなる時   あなたはすぐにあなた自身にもまた嘘をつき始める。   正直に裁くことは我々が学ぶ一つのスキルである。我々は裁きを上手にする能力を持って自動的に生まれてきたわけではない。裁くことを学ぶ場合に   我々は証拠の全てを集め   それを綿密に調べ   我々の評価を選び   そしてそれから我々の選択に基づいて決定をすることを学ばなければならない。それで   この章のテーマを構成しているヒレルの話は明白である。   「あなたがその人の位置にくるまでは   あなたの仲間を裁いてはなりません。」   これは   毎日あなたのまわりの人々をあなたが裁く場合の方法を話している。   ◎In   his   place   我々が他の人の位置に我々自身を置く時   すなわち彼らが物事を見ている方法で我々がそれらを見ようとしている時   裁きはとても複雑になる。しかし   もし我々がこれをするならば   その時にのみ裁きは公平になり得る。証拠を集めるという過程の部分において   これはヨシュヤ(Joshua   ben   Perahyah)が   心に思って   こう言った。   「全ての人々の気に入るように裁け」   (Avot   1:6)   これは我々自身が裁かれたいように裁くという質問である。   結局   我々は最善の可能な方法で他の人々が我々を見て欲しい   特に我々が行なう何かが正当な結果にでない場合に。人間であることは   誤りをすることを含み   我々がやった誤りを通して学び   成長することを含む。我々の誤りのあらゆるものが厳しく裁かれる時   我々は誤りをしないようにそんなに心配し始めるので   我々の成長が妨げられてしまう。   それで   我々が他の人々を好意をもって裁く時   他の人々に「第二の機会」あるいは「不信の親切」を喜んで与える時   それが最善である。結局   これは   我々自身の行動を裁く場合に他の人々がするであろうと我々が期待していることである。   ◎Gathering   evidence   そのこと以上に   我々は期待するのは   人々が我々のした事について裁く前に   彼らが我々に説明の機会を与えることである。これは決定をする前に証拠を集める経過を含む。誰か他の人の立場に我々自身を置こうとする場合に   なぜその人がそのような方法で行動したのかを理解するために   我々は可能な証拠の全てを集める努力をしなければならない。   裁きが合理的な証拠に基づかない時   我々が事実の全てが明らかになる前に結論に飛んでしまう時   誤り導いた裁きがいかになり得るかについて   ラビは一つの物語を話した。     ラブ・アシ(Rav   Ashi)がミシュナの学習を教えていた   そしてユダヤの王マナセ王の物語のところに来た。マナセ王は偶像崇拝に変わっていったと生徒たちに説明した。彼がマナセ王に生きていた時代の説明を始めた時   授業の時間が終わった。彼は閉じるときこう言った:「明日   我々はこの『善い』人についてもっと話そう」さて伝統は我々にこう告げている。実はマナセ王は真に善い人でが   ラブ・アシは『善い』という言葉を皮肉を込めた調子で言った   あたかもマナセ王が本当に無知であるかのように。   その夜   夢の中で   マナセ王がラブ・アシのところにやって来て   「あなたは正直に私を無知だと裁いていますか?」と聞いた。その時に   その王マナセはラブ・アシにユダヤ律法の幾つかの難しい質問をした。ラブ・アシは答えることができなかったが   マナセ王はあざやかに答えて   その学識のある学者を驚かせた。謙遜して   ラブ・アシはその古代のユダヤのマナセ王に質問した:「もしあなたがそんなに学があるのなら   いかにしてあなたは偶像崇拝するようになったのですか?」マナセ王は答えた:「私と共にそこに来てみなさい。あなたは   あなたの衣のふちを集め   偶像を崇拝するために私の後を追ってくるであろう」   (Sanhedrin   102b)   ラブ・アシの誤りは共通のものであった:彼は   マナセの位置に彼自身を置いて想像するような努力を実際にしないで   裁きを下そうとしていた。これは   我々が裁きをする前に事実を集めない時に起こることである。例えば   もしあなたが   これこれのことがそんなになったとの噂を聞いて   そしてあなたが聞いたことが真実かどうか質問すること無しに   あるいはなぜその人がそんな行動をしたのかを理解する努力を無しに   あなたがその人を裁くならば   あなたはラブ・アシの誤りを繰り返している。ラビ・イシマエル(Rabbi   Ishmael)はこう言っていた。事実の全てを知らずに決定を下す人は   おろか者であり   邪悪な者であり   おうへいな者である。   (Avot   4:7)  

サムネイル

アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です)「タルムード・道徳と神の必要性」「ヲシテ文献の ホツマタエ、ミカサフミ、フトマニ」

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です) ミシュナー・タルムード 「アヴォート(Avot)」篇 「道徳と神の必要性」 「ヲシテ文献の ホツマタエ、 ミカサフミ、 フトマニ」 ◎Is God necessary For Morality ? 「道徳のために、神は必要であるのか?」 In the nineteenth century ... The attempt made in recent decades by ... reference(登場する学者の名前) In the nineteenth century ... from Erich Fromm 19世紀に、問題は神が死ぬいうことであった; 20世紀に、問題は人が死ぬということである。 [ --- Erich Fromm, The Sane Society ] 宗教に対抗して人気のある議論は、その宗教の名のもとで多くの悪事が行なわれてきていることである。しかし歴史上で二つの最も殺人的な社会、ナチスとソヴィエト共産主義者、は攻撃的な無心論者であった、ということはめったに説明されていない。ヒトラーは、「ユダヤ人の専制的な神」の破壊を自分の生涯の使命と宣言した、一方でソヴィエト連邦は73年の歴史の間、神の信仰を弁護することを犯罪とした。 フロム(Fromm)が引用している「神の死」とは、19世紀後半の哲学者ニーチェ(Friedrich Nietzsche)によって最初に明確に言われた観念である。およそ同じ時代に、ドストエフスキー(Feodor Dostoevsky)が「カラマゾフの兄弟」の中で、 「もし神がいないのであれば、全てが許される」、と書いた。 ユダヤ教の視野からは、ドストエフスキーのコメントは一つの論理的な結論である:もし神がいないのであれば、何事かが禁止されるべきであるとは誰が言えるのであろうか?今日において、「ヒトラーがなぜ悪かったのか?」という質問に対して、哲学的に強要する答えは全く存在していない、「神がそう言うからである」ということを離れては。 今世紀の最も著名な非宗教的な哲学者ラッセル(Bertrand Russell)は、 彼自身、神のない主観的な道徳の危険を明確に言った:「道徳的な価値の主観性に対する議論をいかにして論破するか、私には分からない。しかし、残酷ないたずらをもった誤ちの全てのことは、私が好まないことである、ということを自分が信じることができないと私は分かっている」 ラッセルは彼の90才代まで良心的に生きたけれども、彼が好まない以上に、 残酷ないたずらに対抗してより強要する議論を作りだすことは決してなかった。 不幸にして、相当な数の人々がそういうことを好んでいる。 from The Tosefta ある哲学者が Rabbi Reuven に聞いた、「世界で誰が最も嫌いな人ですか?」Rabbi Reuven は答えた、「自分の創造者を否定する人」「それはなぜですか?」 そのラビは答えた: 「あなたの父と母を尊敬しなさい....。あなたは殺してはなりません....。あなたは盗んではなりません.....。あなたは隣人に対して嘘の証言を支持してはなりません.....。さぁ聞け、人は彼らの創造者(神)を拒否するまでは、これらの法律のどれも拒否することはない」 [ --- Tosefta Shevuot 3:6 ] The attempt made in recent decades by .... このことから道徳に対して神の必要性についてが思考できます。 ◎「ヲシテ文献の ホツマタエ、 ミカサフミ、 フトマニ」 「初代アマカミの クニトコタチが 木の実を採って 魚、獣を獲って 穴居でございましたが、 木の実の品種の向上を行って 穴居を建物の居場所を造り 改革が行われて 憲法的制度と文字の創始と 人々の生活と文明の度合いの向上があり建国が成立しました。 四代目アマカミの ウビチニ・スビチニの時代に 農耕と乾坤制度が確立して 普及しました。 六代目アマカミの オモタル・カシコネの時代に 季節が寒冷になり 農耕が不作のため 秩序が不安定になり 犯罪者が出て このとき 罪人を斬るホコ(剣)が造られました。 七代目アマカミの イサナギ・イサナミが 新田開発を行って国を再建して 国の言語の整理をしました。」

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.6.11. 17:01
視聴回数:7561回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: アヴェ・ヴェルム・コルプス   (お話です)   ミシュナー・タルムード   「アヴォート(Avot)」篇   「道徳と神の必要性」   「ヲシテ文献の   ホツマタエ   ミカサフミ   フトマニ」   ◎Is   God   necessary   For   Morality   ?   「道徳のために   神は必要であるのか?」   In   the   nineteenth   century   ...   The   attempt   made   in   recent   decades   by   ...   reference(登場する学者の名前)   In   the   nineteenth   century   ...   from   Erich   Fromm   19世紀に   問題は神が死ぬいうことであった;   20世紀に   問題は人が死ぬということである。   [   ---   Erich   Fromm   The   Sane   Society   ]   宗教に対抗して人気のある議論は   その宗教の名のもとで多くの悪事が行なわれてきていることである。しかし歴史上で二つの最も殺人的な社会   ナチスとソヴィエト共産主義者   は攻撃的な無心論者であった   ということはめったに説明されていない。ヒトラーは   「ユダヤ人の専制的な神」の破壊を自分の生涯の使命と宣言した   一方でソヴィエト連邦は73年の歴史の間   神の信仰を弁護することを犯罪とした。   フロム(Fromm)が引用している「神の死」とは   19世紀後半の哲学者ニーチェ(Friedrich   Nietzsche)によって最初に明確に言われた観念である。およそ同じ時代に   ドストエフスキー(Feodor   Dostoevsky)が「カラマゾフの兄弟」の中で   「もし神がいないのであれば   全てが許される」   と書いた。   ユダヤ教の視野からは   ドストエフスキーのコメントは一つの論理的な結論である:もし神がいないのであれば   何事かが禁止されるべきであるとは誰が言えるのであろうか?今日において   「ヒトラーがなぜ悪かったのか?」という質問に対して   哲学的に強要する答えは全く存在していない   「神がそう言うからである」ということを離れては。   今世紀の最も著名な非宗教的な哲学者ラッセル(Bertrand   Russell)は   彼自身   神のない主観的な道徳の危険を明確に言った:「道徳的な価値の主観性に対する議論をいかにして論破するか   私には分からない。しかし   残酷ないたずらをもった誤ちの全てのことは   私が好まないことである   ということを自分が信じることができないと私は分かっている」   ラッセルは彼の90才代まで良心的に生きたけれども   彼が好まない以上に   残酷ないたずらに対抗してより強要する議論を作りだすことは決してなかった。   不幸にして   相当な数の人々がそういうことを好んでいる。   from   The   Tosefta   ある哲学者が   Rabbi   Reuven   に聞いた   「世界で誰が最も嫌いな人ですか?」Rabbi   Reuven   は答えた   「自分の創造者を否定する人」「それはなぜですか?」   そのラビは答えた:   「あなたの父と母を尊敬しなさい....。あなたは殺してはなりません....。あなたは盗んではなりません.....。あなたは隣人に対して嘘の証言を支持してはなりません.....。さぁ聞け   人は彼らの創造者(神)を拒否するまでは   これらの法律のどれも拒否することはない」   [   ---   Tosefta   Shevuot   3:6   ]   The   attempt   made   in   recent   decades   by   ....   from   Will   Herberg   最近の数十年に   非宗教的な思想家たちは   彼らの(聖書に基づいた)宗教的な文脈から(西洋文明の道徳的な原理を)分離するために   「人類愛」の道徳として彼ら自身の生活をすることができるということに確信にもって   行った試みは   ある作家が「切り花文化(cut-flower   culture)」と呼んだ結果となった。   切り花はそれらのオリジナルな美と香を保持している   しかし今それらの根から供給されている生命力を保持している間だけである;それが使い果たされた後には   切り花は枯れて死んでしまう。自由   兄弟関係   正義   そして個人の尊厳   ---   我々文明の道徳的な土台を形成している価値   ---   も同じである。   それらがわき出てくる信仰の元気つける力を無くしては   それらは意味をもたないし生命力もない。神に根拠がない道徳は   実際に砂の上に建てられた家であり   衝動からの気まぐれや   権力と私利私欲の野蛮な圧力に対抗して耐えることができない。   [   ---   Will   Herberg   Judaism   and   Modern   Man   page   91-92   ]   from   Irving   Kristol   (西洋世界で非宗教家である我々人々は)ニーチェの挑戦によって我々自身が悩まされたと見ていた:もし神が本当に死んだのであれば   どの特別な実行が禁止されている   あるいは許されている   ということを我々は何の権威によって言うことができるのか?   近親相姦(incest)が悪いことである   ということを純粋な理由だけで我々に告げることはできない。獣的欲望(bestiality)が悪いことである   ということを純粋な理由だけで我々に告げることはできない。実際に   今日   獣的欲望に対抗する唯一の議論はこうである:動物たちがそれを楽しむのかどうかを   我々が知ることはできないために   それは「動物の権利」に違反している。   [   ---   Irving   Kristol   "Afterword   "   in   David   Dalin   ed.   American   Jews   and   the   Separationist   Faith   page   161   ]   from   J.David   Bleich   昔のイーデッシュの格言   私が偉大な祖母から子供の時に最初に聞いた:「あなたが荷馬車に乗って   そして教会の門を通過する時に   もし運転手が彼自身で十字を切らないならば   ただちに降りなさい」   [   ---   J.David   Bleich   in   David   Dalin   ed.   American   Jews   and   the   Separationist   Faith   page   29   ]   Bleich   は説明している:「その警告は神学と関係しているものではない   安全と生き残りと関係しているあらゆるものを持っている。ユダヤ人は理解した:彼自身の安全は非ユダヤ人が一つの宗教を自称することを要求する   そんな目的のために   どんな宗教でも無いよりは良いことであると。   ボルテア(Voltaire     彼自身が純粋な理論家の無神論者の彼は   無神論は知識人に対してのみ安全であると信じた。彼はこう言ったと報告されている:『私の弁護士   洋服屋   ボーイたち   さらに私の妻でさえも神を信じて欲しい。   もし彼らがそうするならば   私が盗まれることが少なく   また騙されることが少ない   と私は考えている』」   フロイト(Sigmond   Freud   )はボルテアの確信を分担した:知的な傾向の無神論者は   神を信じること無しにさえも道徳的であると信頼されることができる。フロイトは1927年ウイーンでの書物で議論した:低い知的な成就の人々は彼らの道徳を保護するために宗教を必要としているかもしれないけれども   「文明は教育された人々から恐れることはほとんどない.....。彼らの中では   他人によって洗練された振る舞いのために宗教的な動機の代用   非宗教的な動機が謙虚に進(The   Future   of   an   Illusion   page   39)   人間の性質についてのフロイト学派の楽天主義のこのまれな例の10年以内に   フロイト自身が立証した:文明は   教育されていない人々からと同様に   教育された人々から恐れるに大きいものを持っている。彼の仲間のオーストリア人およびドイツ人の知識人たちが   彼らの仲間の市民の他のグループ以上により偉大な道徳的な洞察   力あるいは勇気を全く表さなかった;   実際に   彼らの多くは医者や教授たちであるが   ナチの残酷さの中に参加した。   例えば   第二次世界対戦後に   24人の   "Einsatzgruppen"   の指導者たちが   彼らの大規模なユダヤ人刈り集めをして   ソビエトユダヤ人の百万人以上を殺人したということで裁判にかけられた。これらの中には9人の法律家   2人の経済学者   1人の建築家   教授   銀行家   高校の先生   そして歯医者を含んでいた。   このことから道徳に対して神の必要性についてが思考できます。   ◎「ヲシテ文献の   ホツマタエ   ミカサフミ   フトマニ」   「初代アマカミの   クニトコタチが   木の実を採って     獣を獲って   穴居でございましたが   木の実の品種の向上を行って   穴居を建物の居場所を造り   改革が行われて   憲法的制度と文字の創始と   人々の生活と文明の度合いの向上があり建国が成立しました。   四代目アマカミの   ウビチニ・スビチニの時代に   農耕と乾坤制度が確立して   普及しました。   六代目アマカミの   オモタル・カシコネの時代に   季節が寒冷になり   農耕が不作のため   秩序が不安定になり   犯罪者が出て   このとき   罪人を斬るホコ(剣)が造られました。   七代目アマカミの   イサナギ・イサナミが   新田開発を行って国を再建して   国の言語の整理をしました。」  

サムネイル

アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です)ミシュナー・タルムード「アヴォート(Avot)」篇「裁きの価値」

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です) ミシュナー・タルムード 「アヴォート(Avot)」篇 「裁きの価値」 ヒレルは言った。あなたがその人の位置にくるまでは、あなたの仲間を裁いてはならない。( Avot 2:4) Judaismの中心の価値の一つは、賢い裁きの結果とになる正義である。何が正義と裁きを作るかということはとても重要なことであり、あなたの日々の生活の中で演じる大きな部分である。あなたは他の人々を裁いている。あなたは他の人々がどのように行動すべきかを裁いている。あなたは自分自身にこう質問する、「この人は私に公正でいるであろうか?」そしてあなたは「yes or no」を答えることによって一つの裁きをしている。あなたはこう質問する、「この人は良い親切な隣人であるのか、または彼はだましたり嘘をついたりするのか?」そしてあなたは一方あるいは他方を決心することによって裁きをする。あなたはこう質問する、「この人は私に公正でいるであろうか?」そして「yes or no」を裁くことによって答える。 あなたは裁判所での裁判官の服を着ているわけではないが、毎日あなたの前にやって来るケースを決定する時に、あなたは心の法廷という種類を維持する。あなたは友人から、敵からはずっと違った種類の行動を期待し要求する。 あなたは先生には公平を、 警官には親切を、 ラビには良いことを、 道化師には楽しさを、 親戚には気前良さを、 郵便配達には信用を、 医者には気遣いを、 そして 弁護士には あなたの側にあることを 期待する。 あなたが期待したように人々が行動する時と、そうでない時との両方において、あなたは裁きを下す。あなたが裁きをする時に、奇妙なことが起きる:あなたがちょうど属しているところはどこなのかを発見するために、あなたは自分自身を定義し始める。あなたが下す裁きの各々は、あなたが知っている事、あなたが学んだ事のベース、およびあなたが集めた証拠に基づく。もしあなたが一般的に他人に公平であることを期待するならば、あなたが信じている価値と同様にあなたは公平さに注意を払い始めるであろう。あなたが他人に親切である時、あなたはあなた自身に対して親切さを評価し始める。もちろん、その同じことがもう一方の側の方法にもまた真である。あなたが他人に不公平である時、あなた自身に対して公平さを忘れ始める。そしてあなたのまわりの人々についてあなたの裁きが正直でなくなる時、あなたはすぐにあなた自身にもまた嘘をつき始める。 正直に裁くことは我々が学ぶ一つのスキルである。我々は裁きを上手にする能力を持って自動的に生まれてきたわけではない。裁くことを学ぶ場合に、我々は証拠の全てを集め、それを綿密に調べ、我々の評価を選び、そしてそれから我々の選択に基づいて決定をすることを学ばなければならない。それで、この章のテーマを構成しているヒレルの話は明白である。あなたがその人の位置にくるまでは、あなたの仲間を裁いてはならない。これは、毎日あなたのまわりの人々をあなたが裁く場合の方法を話している。 ◎In his place 我々が他の人の位置に我々自身を置く時、すなわち彼らが物事を見ている方法で我々がそれらを見ようとしている時、裁きはとても複雑になる。しかし、もし我々がこれをするならば、その時にのみ裁きは公平になり得る。証拠を集めるという過程の部分において、これはヨシュヤ(Joshua ben Perahyah)が心に思って、こう言った。 「全ての人々の気に入るように裁け」 (Avot 1:6) これは我々自身が裁かれたいように裁くという質問である。結局、我々は最善の可能な方法で他の人々が我々を見て欲しい、特に我々が行なう何かが正当な結果にならないような場合に。人間であることは、誤りをすることを含み、我々がやった誤りを通して学び、成長することを含む。我々の誤りのあらゆる一つが厳しく裁かれる時、我々は誤りをしないようにそんなに心配し始めるので、我々の成長が妨げられてしまう。それで、我々が他の人々を好意をもって裁く時、 他の人々に「第二の機会」あるいは「不信の親切」を喜んで与える時、それが最善である。結局、これは、我々自身の行動を裁く場合に他の人々がするであろう と我々が期待していることである。

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.6.5. 14:05
視聴回数:8025回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です)   ミシュナー・タルムード   「アヴォート(Avot)」篇   「裁きの価値」   ヒレルは言った。あなたがその人の位置にくるまでは   あなたの仲間を裁いてはならない。(   Avot   2:4)   Judaismの中心の価値の一つは   賢い裁きの結果とになる正義である。何が正義と裁きを作るかということはとても重要なことであり   あなたの日々の生活の中で演じる大きな部分である。あなたは他の人々を裁いている。あなたは他の人々がどのように行動すべきかを裁いている。あなたは自分自身にこう質問する   「この人は私に公正でいるであろうか?」そしてあなたは「yes   or   no」を答えることによって一つの裁きをしている。あなたはこう質問する   「この人は良い親切な隣人であるのか   または彼はだましたり嘘をついたりするのか?」そしてあなたは一方あるいは他方を決心することによって裁きをする。あなたはこう質問する   「この人は私に公正でいるであろうか?」そして「yes   or   no」を裁くことによって答える。   あなたは裁判所での裁判官の服を着ているわけではないが   毎日あなたの前にやって来るケースを決定する時に   あなたは心の法廷という種類を維持する。あなたは友人から   敵からはずっと違った種類の行動を期待し要求する。   あなたは先生には公平を   警官には親切を   ラビには良いことを   道化師には楽しさを   親戚には気前良さを   郵便配達には信用を   医者には気遣いを   そして   弁護士には   あなたの側にあることを   期待する。   あなたが期待したように人々が行動する時と   そうでない時との両方において   あなたは裁きを下す。あなたが裁きをする時に   奇妙なことが起きる:あなたがちょうど属しているところはどこなのかを発見するために   あなたは自分自身を定義し始める。あなたが下す裁きの各々は   あなたが知っている事   あなたが学んだ事のベース   およびあなたが集めた証拠に基づく。もしあなたが一般的に他人に公平であることを期待するならば   あなたが信じている価値と同様にあなたは公平さに注意を払い始めるであろう。あなたが他人に親切である時   あなたはあなた自身に対して親切さを評価し始める。もちろん   その同じことがもう一方の側の方法にもまた真である。あなたが他人に不公平である時   あなた自身に対して公平さを忘れ始める。そしてあなたのまわりの人々についてあなたの裁きが正直でなくなる時   あなたはすぐにあなた自身にもまた嘘をつき始める。   正直に裁くことは我々が学ぶ一つのスキルである。我々は裁きを上手にする能力を持って自動的に生まれてきたわけではない。裁くことを学ぶ場合に   我々は証拠の全てを集め   それを綿密に調べ   我々の評価を選び   そしてそれから我々の選択に基づいて決定をすることを学ばなければならない。それで   この章のテーマを構成しているヒレルの話は明白である。あなたがその人の位置にくるまでは   あなたの仲間を裁いてはならない。これは   毎日あなたのまわりの人々をあなたが裁く場合の方法を話している。   ◎In   his   place   我々が他の人の位置に我々自身を置く時   すなわち彼らが物事を見ている方法で我々がそれらを見ようとしている時   裁きはとても複雑になる。しかし   もし我々がこれをするならば   その時にのみ裁きは公平になり得る。証拠を集めるという過程の部分において   これはヨシュヤ(Joshua   ben   Perahyah)が心に思って   こう言った。   「全ての人々の気に入るように裁け」   (Avot   1:6)   これは我々自身が裁かれたいように裁くという質問である。結局   我々は最善の可能な方法で他の人々が我々を見て欲しい   特に我々が行なう何かが正当な結果にならないような場合に。人間であることは   誤りをすることを含み   我々がやった誤りを通して学び   成長することを含む。我々の誤りのあらゆる一つが厳しく裁かれる時   我々は誤りをしないようにそんなに心配し始めるので   我々の成長が妨げられてしまう。それで   我々が他の人々を好意をもって裁く時   他の人々に「第二の機会」あるいは「不信の親切」を喜んで与える時   それが最善である。結局   これは   我々自身の行動を裁く場合に他の人々がするであろう   と我々が期待していることである。   ◎Gathering   evidence   そのこと以上に   我々は期待するのは   人々が我々のした事について裁く前に   彼らが我々に説明の機会を与えることである。これは決定をする前に証拠を集める経過を含む。誰か他の人の立場に我々自身を置こうとする場合に   なぜその人がそのような方法で行動したのかを理解するために   我々は可能な証拠の全てを集める努力をしなければならない。裁きが合理的な証拠に基づかない時   我々が事実の全てが明らかになる前に結論に飛んでしまう時   誤り導いた裁きがいかになり得るかについて   ラビは一つの物語を話した。     ラブ・アシ(Rav   Ashi)がミシュナの学習を教えていた   そしてユダヤの王マナセの物語のところに来た。マナセは偶像崇拝に変わっていったと生徒たちに説明した。彼がマナセに生きていた時代の説明を始めた時   授業の時間が終わった。彼は閉じるときこう言った:「明日   我々はこの『賢い』人についてもっと話そう」さて伝統は我々にこう告げている。マナセは真に賢い人であった   しかしラブ・アシは『賢い』という言葉を皮肉を込めた調子で言った   あたかもマナセが本当に無知であるかのように。その夜   夢の中で   マナセがラブ・アシのところにやって来た。「あなたは正直に私を無知だと裁いていますか?」マナセは聞いた。その時に   その王マナセはラブ・アシにユダヤ律法の幾つかの難しい質問をした。ラブ・アシは答えることができなかったが   マナセはあざやかに答えて   その学識のある学者を驚かせた。謙遜して   ラブ・アシはその古代のユダヤの王に質問した:「もしあなたがそんなに学があるのなら   いかにしてあなたは偶像崇拝するようになったのですか?」マナセは答えた:「私と共にそこに来てみなさい。あなたは   あなたの衣のふちを集め   偶像を崇拝するために私の後を追ってくるであろう」   (Sanhedrin   102b)   ラブ・アシの誤りは共通のものであった:彼は   マナセの位置に彼自身を置いて想像するような努力を実際にしないで   裁きを下そうとしていた。これは   我々が裁きをする前に事実を集めない時に起こることである。例えば   もしあなたが   これこれのことがそんなになったとの噂を聞いて   そしてあなたが聞いたことが真実かどうか質問すること無しに   あるいはなぜその人がそんな行動をしたのかを理解する努力を無しに   あなたがその人を裁くならば   あなたはラブ・アシの誤りを繰り返している。ラビ・イシマエル(Rabbi   Ishmael)はこう言っていた。   事実の全てを知らずに決定を下す人は   おろか者であり   邪悪な者であり   おうへいな者である。   (Avot   4:7)   これらをラブ・アシは学びました。   ◎Balancing   justice   真に他人の行動を理解すること   真に彼の位置にあなた自身を置いて想像することは   同情と慈悲を要求する。ベン・アザイ(Ben   Azzai)は少し違った方法でこれを言った。どの人も軽蔑せずに   そして不可能なものは無いと信じなさい。なぜならば   彼の時間を持っていない人はいないし   その場所を持っていない物はないからである。   (Avot   4:3)   人に正義をするために   我々は喜んで彼の靴で「1マイルを歩み」   彼を苦しめていることを学び   そして同情と思いやりをしなければならない。その時   正義と慈悲とは同じコインの両面である。両方が操作される時   社会は最善に奉仕し   最も公正に維持する。どっちか一方では共同体をだめにするが   しかし二つが一緒にになって平和をもたらす助けとなる。アボットの多くは裁きが行なわれるべき方法に関連している。しかし裁きの勉強は   法律家や裁判官になろうとする人たちだけのためにだけ意味があるのではない。いかに我々の友人を注意深く裁くか   いかに同じ裁きの行ないに於て慈悲深くあり   いかに我々の共同体社会が   神---(真実の裁きと全ての慈悲のお方)---のイメージで構築されるべきか   ということを我々の全てがより良く理解するために意味がある。  

01 02 03 04

   
videovar
iPeeVee iPeeVee

会社概要 |  ソリューション |  お問い合わせ |  スタッフ募集 |  利用規約 |  プライバシーポリシー

Copyright (C) 2006-2020 PeeVee Corporation. All rights reserved.