PeeVee.TV
   

  ログイン

ホーム 新規ユーザー登録

新着動画一覧

01

サムネイル

(お話です) 2 「紀元前2000年のイスラエルの各部族がの場所を持つエル(神)と場所を持たぬエル(神)について」「タルムード」

(お話です) 2 「ユダヤ教とイスラエルの神の信仰の相続を受けたユダヤ民族」「タルムード」 「紀元前2000年のイスラエルの各部族が 異教徒を排撃してでも 礼拝を守るときの 各地に存在したエル(神)と 場所を持たぬエル(神)について」イスラエルのヤハウェの神の信仰がございました。ここに、ユダヤ教の存在がございました。しかし、バビロニアの捕囚以降、ユダヤ民族としてのイスラエルの信仰を相続するものがユダヤ教徒でありユダヤ教徒としての民族であるという強い意識を持つにいたり、ユダヤ教徒とユダヤ民族の展開がございました。ここに、神の子としてのキリストであるがゆえに神性を持つということで、キリスト教の存在がまた壁になり、イスラエルの神ヤハウェと神の信仰を相続する選民であるユダヤ民族のユダヤ教が脅かされました。他方、イスラエルの信仰の相続に異を唱えたのが、イスラム教で、同じくユダヤ民族とユダヤ教徒の脅威になのでございます。紀元前2000年のイスラエルの各部族が異教徒を排撃してでも礼拝を守るときの各地に存在したエル(神)と場所を持たぬエル(神)について。 「ミシュナ・タルムード・ピルケ・アヴォート(Pirke Avot)篇」 ◎The struggle within us (我々の内での苦闘)」 The forces within us 選択をする時に、われわれの中で2つの力が働いていると、ラビは信じている。一つは善をしようとする我々の欲求、他方は悪をしようとする我々の欲求である。善をしようとする衝動あるいは傾向を「Yetzer Tov」とラビは名づけた。Yetzerはヘブライ語で衝動(impulse)を意味し、Tovは善(good)を意味する。他方、悪をしようとする衝動あるいは傾向を「Yetzer HaRa」名づけた。Raはヘブライ語で(evil)を意味する。(「Yetzer Tov=善の衝動」、「Yetzer HaRa=悪の衝動」) われわれの各々の人は、これら2つの衝動をいかに操作するかに関わる。「Yetzer Tov」は正義の人をコントロールし、他方「Yetzer HaRa」は邪悪をコントロールする。しかしタルムードでは、両方の衝動が平均的な人をコントロールすると言う。(Berachot 61a) 我々のほとんどはこの3番目のカテゴリーにあり、全体に正義でもなければ、また全体に邪悪であるわけでもない。   ◎Needing impulses for both right and wrong しかし、何が正しいことで、何が悪いことか、われわれはいかにして判断するのであろうか。どうやって一方の衝動から他方を識別するのか。選択はいつも明瞭であるというものではない。いつでも邪悪な一つの選択があり、いつでも正義の一つの選択がある、ということをラビが暗示している時、単純に示しすぎてはいないのか。ラビの理解というのは実際にはもっとずっと複雑であったのだ。彼らは「Yetzer HaRa」が邪悪だとは信じていなかった。それはちょうど邪悪に向かった傾斜であるのだ。彼らは、「Yetzer HaRa」が多くの局面で有用になりえる、ということまでも理解している。このことを示すために、彼らはこんなたとえ話を言っている。 昔、われらの善い者たちは「Yetzer HaRa」を捕まえて、それを金の鎖で縛り上げた。最初彼らは自分たちでたいへん喜んでいた。盗みは止り、殺人は無くなった。人々は友好的になり、互いを愛するようになった。嫉妬は無くなり、イスラエルの全地においてイスラエル人と隣人との間の論争も無くなった。死ぬ者はいなくなった。 しかし突然、彼らは奇妙な出来事を見るようになり始めた。人々はとても満足したので精を出して働く心配がなくなった。競争が無くなったので人々は働くことを止めてしまった。新しい家はもう作られなくなった。人々はもはや、結婚もしないで、子供を欲しがらなくなった。ラビでさえ不精になり始めた。その時、ラビは「Yetzer HaRa」が世界において如何に必要であったかを理解した。それで彼らは縛ってあった鎖を壊し、それを自由にした。 (Genesisi Rabbah 9:7)

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.6.18. 11:55
視聴回数:1965回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: (お話です)   2   「ユダヤ教とイスラエルの神の信仰の相続を受けたユダヤ民族」「タルムード」   「紀元前2000年のイスラエルの各部族が   異教徒を排撃してでも   礼拝を守るときの   各地に存在したエル(神)と   場所を持たぬエル(神)について」イスラエルのヤハウェの神の信仰がございました。ここに   ユダヤ教の存在がございました。しかし   バビロニアの捕囚以降   ユダヤ民族としてのイスラエルの信仰を相続するものがユダヤ教徒でありユダヤ教徒としての民族であるという強い意識を持つにいたり   ユダヤ教徒とユダヤ民族の展開がございました。ここに   神の子としてのキリストであるがゆえに神性を持つということで   キリスト教の存在がまた壁になり   イスラエルの神ヤハウェと神の信仰を相続する選民であるユダヤ民族のユダヤ教が脅かされました。他方   イスラエルの信仰の相続に異を唱えたのが   イスラム教で   同じくユダヤ民族とユダヤ教徒の脅威になのでございます。紀元前2000年のイスラエルの各部族が異教徒を排撃してでも礼拝を守るときの各地に存在したエル(神)と場所を持たぬエル(神)について。   「ミシュナ・タルムード・ピルケ・アヴォート(Pirke   Avot)篇」   ◎The   struggle   within   us   (我々の内での苦闘)」   The   forces   within   us   選択をする時に   われわれの中で2つの力が働いていると   ラビは信じている。一つは善をしようとする我々の欲求   他方は悪をしようとする我々の欲求である。善をしようとする衝動あるいは傾向を「Yetzer   Tov」とラビは名づけた。Yetzerはヘブライ語で衝動(impulse)を意味し   Tovは善(good)を意味する。他方   悪をしようとする衝動あるいは傾向を「Yetzer   HaRa」名づけた。Raはヘブライ語で(evil)を意味する。(「Yetzer   Tov=善の衝動」   「Yetzer   HaRa=悪の衝動」)   われわれの各々の人は   これら2つの衝動をいかに操作するかに関わる。「Yetzer   Tov」は正義の人をコントロールし   他方「Yetzer   HaRa」は邪悪をコントロールする。しかしタルムードでは   両方の衝動が平均的な人をコントロールすると言う。(Berachot   61a)   我々のほとんどはこの3番目のカテゴリーにあり   全体に正義でもなければ   また全体に邪悪であるわけでもない。   ◎Needing   impulses   for   both   right   and   wrong   しかし   何が正しいことで   何が悪いことか   われわれはいかにして判断するのであろうか。どうやって一方の衝動から他方を識別するのか。選択はいつも明瞭であるというものではない。いつでも邪悪な一つの選択があり   いつでも正義の一つの選択がある   ということをラビが暗示している時   単純に示しすぎてはいないのか。ラビの理解というのは実際にはもっとずっと複雑であったのだ。彼らは「Yetzer   HaRa」が邪悪だとは信じていなかった。それはちょうど邪悪に向かった傾斜であるのだ。彼らは   「Yetzer   HaRa」が多くの局面で有用になりえる   ということまでも理解している。このことを示すために   彼らはこんなたとえ話を言っている。     われらの善い者たちは「Yetzer   HaRa」を捕まえて   それを金の鎖で縛り上げた。最初彼らは自分たちでたいへん喜んでいた。盗みは止り   殺人は無くなった。人々は友好的になり   互いを愛するようになった。嫉妬は無くなり   イスラエルの全地においてイスラエル人と隣人との間の論争も無くなった。死ぬ者はいなくなった。   しかし突然   彼らは奇妙な出来事を見るようになり始めた。人々はとても満足したので精を出して働く心配がなくなった。競争が無くなったので人々は働くことを止めてしまった。新しい家はもう作られなくなった。人々はもはや   結婚もしないで   子供を欲しがらなくなった。ラビでさえ不精になり始めた。その時   ラビは「Yetzer   HaRa」が世界において如何に必要であったかを理解した。それで彼らは縛ってあった鎖を壊し   それを自由にした。   (Genesisi   Rabbah   9:7)   ◎Selfishness   「Yetzer   HaRa」を理解する最も簡単な方法は   極端な利己主義としてそれを見てみることである。それは我々の一部でもあり   それは「私のもの」とか「私は欲しい」あるいは「私にくれ」とか言って要求することがそれである。「Yetzer   HaRa」が危険であるのは何かというと   もし我々がそれをバランスしコントロールしないと   それが我々をコントロールするようになる   ということである。   「Yetzer   HaRa」は   本を取り上げて返さない   といった小さなことをするように我々に問いかけてくることで   我々をつかみ始める。そしてやがて   もっと悪い事をするように我々に要求する。それは我々にこう言うかもしれない:「この一回だけやってごらん   あなたがただの一回だけやっても誰も傷つくことはないから」それからやがて   毎回に悪い事をするように要求してくる:「さあ来てこれを傷つけてごらん。彼がいかに弱いか見てみなさい。彼はあなたに仕返しなんか出来ないよ」   最初は   「Yetzer   HaRa」はくもの巣のようであるが   しかし最後には重いロープのようになる。最初は   「Yetzer   HaRa」は通行人のようであり   お客のようであるが   最後にはその家の主人になる。最初は   「Yetzer   HaRa」は甘いが   最後にはにがくなる。   (Sukkot   52a   52b   Jerusalem   Talmud   Shabbat   14c)  

01

   
videovar
iPeeVee iPeeVee

会社概要 |  ソリューション |  お問い合わせ |  スタッフ募集 |  利用規約 |  プライバシーポリシー

Copyright (C) 2006-2019 PeeVee Corporation. All rights reserved.