PeeVee.TV
   

  ログイン

ホーム 新規ユーザー登録

新着動画一覧

01

サムネイル

Vivaldi Gloria in D Major RV 589 (お話です)メタ理論・タルムード3章・聖クルアーン15章

Vivaldi Gloria in D Major RV 589 (お話です) メタ定理 タルムード第3章 聖クルアーン第15章 『メタ定理』 「真のもの」と 「真らしいもの」を 「確実なもの」で 創造的普遍性を 詩的知恵で表象して 時間的次元と空間的次元を 社会的契機に依拠していくときの 原初の人間たちの自然と 人間の身体と 身体の所作のつながりで 知覚していくことについて 「真らしいもの」を追究していく 過程の重要性について 『タルムード第3章』 1。 アウガヤ・ベン・マハラエルは言う。三つに留意しなさい。そうすればあなたは罪の手中に陥ることはありません。あなたはどこから来て、どこに行くか、そしてあなたは誰の前で申し開きとと清算をすることになってるかを知りなさい。  あなたはどこから来たか。腐敗したドロップから。あなたはどこに行くか。塵と蛆と虫けらの場所へ。またあなたは誰の前で申し開きとと清算をすることになってるか。王たちを治める王、聖なるお方 - 彼は頌むべきかな - の前で。 2。 神殿長官のラビ・ハナンヤはいう。国の平和のために祈りなさい。なぜならそれへの畏れがなければ、人は彼の仲間が生きてたまま呑み尽くしてしまうからである。  ラビ・ハナンヤ・ベン・ラディオンは言う。二人の者が同席して、律法のない言葉がそれらの間で交換されていない場合、彼らはそれが(詩篇1:1)書かれている、軽蔑のセッションである "またあざける者の座に座る。" しかし、二人一緒に座って、律法の言葉は、それらの間を通過するとき、神の存在がかかっている それらの間に、それが書かれている(マラキ3:16) "そして主を崇拝者たちは互いに話を聞いた。主がメモを取って、聞いて、記念の本は主を崇拝した人から彼の前に書かれて考えられていた彼の名前。  しかしわたしは二人の場合についてしか聖書の箇所の証明を持っていない。たとえ一人で座してトーラー(律法)のマナ日に励んだとしても、聖なるお方 - 彼は頌むべきかな - 画彼に報酬を提指定してくださることを、わたしたちはどこから知り得るのでしょうか。なぜなら「軛(くびき)を負わされたとき / 黙して、独り座っているがよい」(哀歌3:28)と言われているからである。 3。 ラビ・シメオンは言った:3人が同じのテーブルで会食し、その席上に律法の言葉を話されていない場合、彼らはそれが書かれているため(イザヤ28:8) "すべてのテーブルがカバーされ、死者の犠牲を食べていたかのように、それは不潔な嘔吐で、場所はきれいでない "。 彼らは神のテーブルから食べていたかのようにそれが書かれているためではなく三人のテーブルで食べているとその上に律法の言葉を話されている場合、それは(エゼキエル41:22)であり、これは "彼は私に言った。"主の前に立っているテーブル。 " 4。 ラビ・ハナンヤ・ベン・ハヒナイは言った:夜に目を覚ましたまま一人で彼の方法で行くと雑念に心を回す彼は彼の人生に責任がある。 『聖クルアーン第15章』 アル・ヒジュル章 マッカ啓示99節 15-1.アリフ・ラーム・ラー。これは啓典の印で、まごうかたないクルアーンの印である。 15-2.信じない者たちは、自分たちがムスリムであったならばと、望む時が屡々あろう。 15-3.かれらを放任し、食べさせ楽しませて、(はかない)希望に惑わせておくがいい。間もなくかれらは悟るであろう。 15-4.われはどんな町を滅ぼす場合でも、定められた期限がやって来た時にそうした。 15-5.誰もその時期を早め、また遅らすことは出来ない。 15-6.かれらは言う。「訓戒が啓示された者よ、本当にあなたは憑かれた者である。 15-7.もしあなた(の言うこと)が真実であるならば、何故天使を連れて来ないのか。」

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.8.17. 13:23
視聴回数:7752回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: Vivaldi   Gloria   in   D   Major   RV   589   (お話です)   メタ定理   タルムード第3章   聖クルアーン第15章   『メタ定理』   「真のもの」と   「真らしいもの」を   「確実なもの」で   創造的普遍性を   詩的知恵で表象して   時間的次元と空間的次元を   社会的契機に依拠していくときの   原初の人間たちの自然と   人間の身体と   身体の所作のつながりで   知覚していくことについて   「真らしいもの」を追究していく   過程の重要性について   『タルムード第3章』   1。   アウガヤ・ベン・マハラエルは言う。三つに留意しなさい。そうすればあなたは罪の手中に陥ることはありません。あなたはどこから来て   どこに行くか   そしてあなたは誰の前で申し開きとと清算をすることになってるかを知りなさい。   あなたはどこから来たか。腐敗したドロップから。あなたはどこに行くか。塵と蛆と虫けらの場所へ。またあなたは誰の前で申し開きとと清算をすることになってるか。王たちを治める王   聖なるお方   -   彼は頌むべきかな   -   の前で。   2。   神殿長官のラビ・ハナンヤはいう。国の平和のために祈りなさい。なぜならそれへの畏れがなければ   人は彼の仲間が生きてたまま呑み尽くしてしまうからである。   ラビ・ハナンヤ・ベン・ラディオンは言う。二人の者が同席して   律法のない言葉がそれらの間で交換されていない場合   彼らはそれが(詩篇1:1)書かれている   軽蔑のセッションである   "またあざける者の座に座る。"   しかし   二人一緒に座って   律法の言葉は   それらの間を通過するとき   神の存在がかかっている   それらの間に   それが書かれている(マラキ3:16)   "そして主を崇拝者たちは互いに話を聞いた。主がメモを取って   聞いて   記念の本は主を崇拝した人から彼の前に書かれて考えられていた彼の名前。   しかしわたしは二人の場合についてしか聖書の箇所の証明を持っていない。たとえ一人で座してトーラー(律法)のマナ日に励んだとしても   聖なるお方   -   彼は頌むべきかな   -   画彼に報酬を提指定してくださることを   わたしたちはどこから知り得るのでしょうか。なぜなら「軛(くびき)を負わされたとき   /   黙して   独り座っているがよい」(哀歌3:28)と言われているからである。   3。   ラビ・シメオンは言った:3人が同じのテーブルで会食し   その席上に律法の言葉を話されていない場合   彼らはそれが書かれているため(イザヤ28:8)   "すべてのテーブルがカバーされ   死者の犠牲を食べていたかのように   それは不潔な嘔吐で   場所はきれいでない   "。   彼らは神のテーブルから食べていたかのようにそれが書かれているためではなく三人のテーブルで食べているとその上に律法の言葉を話されている場合   それは(エゼキエル41:22)であり   これは   "彼は私に言った。"主の前に立っているテーブル。   "   4。   ラビ・ハナンヤ・ベン・ハヒナイは言った:夜に目を覚ましたまま一人で彼の方法で行くと雑念に心を回す彼は彼の人生に責任がある。   5。   ラビ・ネフンヤ・ベン・ハ-   カナは言った:誰が彼から   彼自身に   律法のくびきを取る政府のヨークと世俗的ケアのくびきを離れて取られる   しかし誰でも彼に   律法のくびきをスローすることは政府のくびきを配置されると世俗的ケアのヨーク。   6。   ケファル・ハナンヤの人のラビ・ハラフタは言う。10人は一緒に座って   律法と自分自身を占有する場合   それは書かれている   神の存在は   それらの中でかかっている(詩篇82:1)   "神は神の評議会で彼の場所をとっている。   "   どこから私たちは   これが   5人の場合でもそうであることをわたしたちはどこから知りうるのでしょうか。(アモス午前9・06)書かれた   "そして   地球に彼の金庫を設立"されているため   そして   どのように我々はこれが   3人の場合でもそうであることをわたしたちはどこから知りうるのでしょうか。それは   "彼は判断力を保持している神々の真っ只中で。"(詩篇82:1)書かれています   そしてどこからそれは同じでも   2人の場合でもそうであることをわたしたちはどこから知りうるのでしょうか。(マラキ3:16)書かれているので   "その後   主を崇拝した人は   お互いに話を聞いた。主はメモを取り   耳を傾けた。"   1人の場合でもそうであることをわたしたちはどこから知りうるのでしょうか。それは   "私は私の名前は私があなたに来て   あなたを祝福され記憶されるようになり   すべての場所で​​"(出エジプト記20:24)が書き込まれているので   7。   バルトの人ラビ・エルアザルは言う。   "すべてのものはあなたから来て   あなた自身のために我々が与えた:彼   ダビデは(私は29:14のヴァルキュリア)言ったようにあなたがしていることを   あなたとすべてのために   これは彼であることを神へのレンダリングあなた。   "   ラビ・シメオンは言う。男が道で歩いていると勉強されている場合と   割り込み彼の研究をして言う   "この木はどのように良いですか?"   または   "どのように良い   これがフィールドを耕しているの?"   彼は彼の人生の責任を負いたかのように聖書は彼を考えています。   8。   ラビ・ドスタイ・バル・ヤンナイは   ラビ·メイヤーの名において言う。彼の研究の一つの単語を忘れてしまった彼は   聖書は彼が彼の人生の責任だったかのように   彼に関しては   それが(申命記4:09)書かれているために   "しかし   世話をすると自分自身を見る密接ようにあなたの目を見ていることを忘れないように。   "   人間の研究では   彼にとってあまりにもハードであってもこれが適用されませんか?   聖書は(同上)によれば:   "また彼らはあなたの心から   あなたの人生のすべての日を滑らせる。"   彼は故意に彼の心から離れて   それらのレッスンを入れない限り   このように人は有罪ではありません。   9。   ラビ・ハニナ・ベンドーサは言う。罪への恐れは知恵の優先順位を取る彼は   誰に   彼の知恵は耐えるでしょう。しかし   彼は人に知恵が罪の恐怖の優先順位を取り   彼の知恵には耐えられません。   彼が言うに使用される:彼はその作品の彼の知恵を超えて   彼の知恵は耐える     彼はその知恵彼の作品を超えて   彼の知恵には耐えられません。   10。   彼が言うに使用される:彼は誰が誰の仲間の人々がG   -   dはない喜びを見つけることができない彼に   何の喜びを見いだすではありません。   ラビドーサベンHyrcanusは言った:幼稚な遊びと無学なこの世界から人を削除するのmeetinghousesに座って   真昼で飲んで   朝離れて眠る。   11。   モディインのラビ・エリアザルは言う。人は神聖なものを穢し   祭日を軽んじ   人前で彼の仲間に恥をかかせ   わたしたちの父祖アブラハム   -   彼に平安があるように   -   の契約を破り   またはハラハーによるとされていない律法の意味を教えている場合彼は律法や善行の知識を持っているにもかかわらず   彼は来るべき世界ではシェアを持っていません。   12。   ラ・ビイシュマエルは言う。上の者にはすばやく従い   若者には親切にしなさい。またすべての人を喜んで受け入れなさい。   13。   ラビ・アキヴァは言う。ばか笑いと軽薄は人を淫蕩に慣れさせる。   伝統は   律法の周り守るフェンスです。   十分の一富にフェンスがあります。   禁欲にフェンスを誓います。   沈黙は英知のフェンスです。   14。   ラビは言う。最愛の彼はG   -   dのイメージで作成された男は   それが言うように余分な愛は   自分自身のために   "(創世記9:06)   彼のG   -   dのイメージで作成されたことを彼に知られて作られ画像G   -   dは   "人類ました。   最愛のは   それらがG   -   dに息子と呼ばれているユダヤ人であり   それは(申命記14:1)言うように余分な愛は   彼らがG   -   dに息子と呼ばれていることを彼らに知らせている   "あなたはあなたがたのG   -   dの子です。"   余分な愛は   それが言うように私は良いを与えるために   "(箴言4:2)   彼らは世界の創造の貴重な楽器を与えられたことを彼らに認識され   愛され   それらに貴重な楽器をそこに与えられたことをユダヤ人である教訓は   私の指導を見捨てない   "。   15。   すべては予見されていますが   選択の自由が与えられます。   世界は善で判断され   まだすべてが仕事に比例しています。   16。   すべての約束に対して与えられ   ネットはすべての生きている以上にキャストされています。ショップがオープンの略で   店主は信用を与え   通帳が開いてあると手が書き込まれます。   彼が来て貸して借りしようとする一人一人   しかしコレクターは彼らの毎日のラウンド   正確に行く   本人の同意の有無にかかわらず男性からの支払い   コレクターのための彼らが頼ることができていることを持っています。と判決は   真実の判断であり   すべてがごちそうの準備がされています。   17。   ラビ・エルアザル・ベン・アザルヤは言う。全く律法はありませんどこにない生業が存在しません。とは生業が存在しない場所には律法はありません。   ない知恵はありませんここで   G   -   dの恐れは   ありません。   とG   -   dの心配はありませんどこにない知恵はありません。   全く知識がありませんどこにない見識はありません。と   全く見識がありませんどこに知識がありません。   ない食品はありませんどこない律法はありません   そして全く律法はありませんどこにない食品はありません。   彼が言っていた:彼は   その知恵   彼が似ているものに   彼の作品よりも豊富ですか?   それが書かれている風が   来て   それをuproots   それを覆す(エレミヤ17時06分)   "彼らは砂漠の低木のようにしなければならない   としたときに表示してはならない。その枝が豊富でもそのルーツは少ないです。ツリーへ救援が来る。彼らは無人の塩の土地に   荒野の乾いた場所に住んでいるものとします。   "   しかし   その作品の彼はどのようなものに   彼の知恵よりも豊富である彼?   世界のすべての風がそれを攻撃してくると吹く場合でも   それが書かれている   それは   その場所から攪拌することができないように(エレミヤ17:08)   "彼らは   しなければならない。その枝数であるが   そのルーツは多くの木にストリームによって   そのルーツを送信する   水のほとりに植えられた木のようになり熱が来るとき   それは恐れてはならないものとし   その葉は緑滞在しなければならない。干ばつの年にそれが気になりません   それは実を結ぶことをやめません。   "   18。   ラビ・エルアザル・ベン・ヒスマは言う。鳥の供犠や月経の開始時こそハラハーの基本である。しかし太陽の周期の計算やゲマトリアは知恵にとって小皿である。   『聖クルアーン第15章』   アル・ヒジュル章   マッカ啓示99節   15-1.アリフ・ラーム・ラー。これは啓典の印で   まごうかたないクルアーンの印である。   15-2.信じない者たちは   自分たちがムスリムであったならばと   望む時が屡々あろう。   15-3.かれらを放任し   食べさせ楽しませて   (はかない)希望に惑わせておくがいい。間もなくかれらは悟るであろう。   15-4.われはどんな町を滅ぼす場合でも   定められた期限がやって来た時にそうした。   15-5.誰もその時期を早め   また遅らすことは出来ない。   15-6.かれらは言う。「訓戒が啓示された者よ   本当にあなたは憑かれた者である。   15-7.もしあなた(の言うこと)が真実であるならば   何故天使を連れて来ないのか。」   15-8.われは   それなりの理由による以外には天使を遣わさない。そうなれば   かれらは猶予されないのである。   15-9.本当にわれこそは   その訓戒を下し   必ずそれを守護するのである。   15-10.われはあなた以前の   昔の諸集団にも確かに(使徒たちを)遣わした。   15-11.だが使徒たちがかれらの許に来る度に   かれらによって嘲笑されない者はなかった。   15-12.このようにわれは   罪深い者の心に   そうすることを忍び込ませた。   15-13.昔の者たちへの先例があったのに   かれらはこの(啓示)を信じない。   15-14.仮令われがかれらのために天の門を開いて   (随時)かれらを登らせようとしても   15-15.かれらは必ず   「わたしたちの目は本当に眩んでしまった。いやわたしたちは魔法にかけられている。」と言うであろう。   15-16.われは天に星座を定めて見る者に美しく眺めさせ   15-17.また   呪われた凡ての悪魔からもそれらを守る。   15-18.だが盗み聞きする者は別で   かれは紛いのない炎(流星)に追いかけられる。   15-19.またわれは大地を伸ベ広げて   山々をその上に堅固に据えつけた。そこで凡てのものを(妥当な)均衡の下に   生長させる。   15-20.われはあなたがたのためにも   またあなたがたが決して養育者たりえないものにも生計の道を与えた。   15-21.どのようなものでも   われにその(無尽の)蓄えのないものはない。(必要に応じた)一定の分量以外には下さないだけである。   15-22.またわれは豊沃にする風を送り   天から雨を降らせて   それをあなたがたに飲ませる。だがあなたがたはその(宝庫の)管理者ではない。   15-23.本当にわれは   あなたがたを生かし   また死なせる。われはまた相続者である。   15-24.われはあなたがたの中で率先する者を   知っている。また遅れをとる者も   知っている。   15-25.あなたの主は   かれらを(審判の日に)一斉に召集なされる。本当にかれは英明にして全知であられる。   15-26.本当にわれは人類を   泥で形作って陶土から創った。   15-27.またわれは先に燃え盛る炎から幽精〔ジン〕を創った。   15-28.あなたの主が   天使たちに向かって仰せられた時を思え。「本当にわれは人間を泥で形作って   陶土から創ろうとするのである。   15-29.われはかれを(完全に)形作った。それからわれの霊をかれに吹込んだ時   あなたがた(天使)はかれにサジダしなさい。」と(命じた)。   15-30.それで天使たちは   イブリースを除き一斉にサジダした。   15-31.かれは一緒にサジダすることを拒否した。   15-32.かれは仰せられた。「イブリースよ   あなたが一緒にサジダしなかったのは何故か。」   15-33.かれは申し上げた。「わたしにはあなたが泥で形作り   陶土から御創りになった人間にサジダするようなことは   出来ません。」   15-34.かれは仰せられた。「それならあなたはここから下がれ。本当にあなたは   呪われている。   15-35.この呪いは   本当に審判の日まであなたの上にあろう。」   15-36.かれは申し上げた。「主よ   かれらが甦される日まで   わたしを猶予して下さい。」   15-37.かれは仰せられた。「あなたは猶予される   15-38.定められた時の(その)日まで。」   15-39.かれは申し上げた。「主よあなたは   わたしを迷わされましたので   わたしは地上でかれらに(迷いを)好ましく思わせ   必ずかれら凡てを   迷いに陥らせましょう。   15-40.かれらの中で誠実な(恩恵により清められた)あなたのしもベの外は。」   15-41.かれは仰せられた。「この(謙虚で清純なわがしもベの)道こそ   われへの正しい道である。   15-42.あなた(イブリース)に従って   邪道にそれるような者を除き   われのしもベ(信者)に関しては   あなたはかれらの上に何の権威を持たない。   15-43.本当に地獄こそ   かれら凡ての者に約束される場所である。   15-44.それには7つの門があり   各々の門には   かれら(罪人)の一団が割り当てられるのである。」   15-45.本当に主を畏れる者は   泉のある楽園に入る。   15-46.(かれらは挨拶されよう。)「あなたがたは   平安に心安らかにここにお入り。」   15-47.われはかれらの胸にある拘わりを除き   (かれらは)兄弟として高位の寝椅子の上に対座する。   15-48.そこでは疲れ倦ことなく   また(永遠に)そこから追われることもない。   15-49.われのしもべたちに   「われは本当に   寛容で慈悲深い者であり   15-50.われの懲罰は   本当に痛苦な懲罰である。」と告げ知らせなさい。   15-51.それから   イブラーヒームの賓客のことに就いてかれらに語れ。   15-52.かれら(賓客の2天使)が   かれの所に入って来て   「平安あれ。」と挨拶した時   「わたしたちは   あなたがたが   恐いです。」と言った。   15-53.かれらは言った。「恐れることはない。わたしたちは利口な1人の息子が授る吉報を   あなたに齎したのだ。」   15-54.かれは言った。「わたしは既に老齢に達しているのに   あなたがたはわたしに吉報を下さるのか。一体あなたがたに何の吉報があろうか。」   15-55.かれらは言った。「わたしたちは   真理によって吉報をあなたに伝える。だから失望してはならない。」   15-56.かれは(答えて)言った。「迷った者の外は   誰が主の御慈悲に絶望しましょうか。」   15-57.かれは(また)言った。「(主の)使徒の方がたよ   あなたがた(が来られたところ)の用件は   何でしょうか。」   15-58.かれらは言った。「わたしたちは罪深い民に遣わされた。   15-59.(だが)ルートの一族は別である。わたしたちは   かれらの全員を必ず救うであろう。   15-60.だがわたしたちの確認しているかれ(ルート)の妻は別で   かの女は背後に残る人々の一人である」   15-61.それから使徒たちがルートの一族の許に来た時   15-62.かれは言った。「あなたがたは   見なれない方がたです。」   15-63.かれらは言った。「いや   わたしたちはかれらの疑いを抱いていることに関して   あなたのところに来たのである。   15-64.わたしたちは真理を齎した。本当にわたしたちは   真実を告げる。   15-65.それで夜の明けない間に   あなたの家族と一緒に旅立ちなさい。そしてあなたは皆の一番後から着いていき   あなたがたの誰も後ろを振り向かせてはならない。只   命じられた通りに実行しなさい。」   15-66.われがこの決定をかれに知らせたのは   残ったこれらの(罪深い)者たちを(翌)朝滅ぼすためである。   15-67.町の住民たちは   (若者のニュースを聞いて)喜びに駆りたてられてやって来た。   15-68.かれ(ルート)は言った。「この方がたは   わたしの賓客です。わたしを恥さらしにしないでください。   15-69.アッラーを畏れ   わたしに恥をかかせないでください。」   15-70.かれらは言った。「わたしたちは   外国の者(を泊めること)を   あなたに禁じなかったか」   15-71.かれは言った。「もしあなたがたが行おうとするなら   ここにわたしの娘たちがいます。」   15-72.(預言者よ)あなたの生命にかけて(誓う)。本当にかれらは心を乱して   当てもなくさ迷う者である。   15-73.それで一声(懲罰)が   日の出にかれらを襲った。   15-74.われはその(町を)上を下にして転覆し   焼いた泥の石をかれらの上に降らせた。   15-75.本当にこの中には知性ある者への   種々の印がある。   15-76.その(町の跡)は   大道に沿ってなお存在する。   15-77.本当にこの中には信仰する者への一つの印がある。   15-78.また森の仲間も不義を行う者であった。   15-79.そこでわれはそれに報復した。本当にこの2つ(の跡)は大道に沿って   (今)明らか(に見られるの)である。   15-80.ヒジュルの仲間も使徒たちを嘘つきとして拒否した。   15-81.われはかれらにわが種々の印を下したが   かれらはそれらを避け(て無視し)た。   15-82.かれらは(岩)山に家を彫り込み   安全であると考えていた。   15-83.それである朝   一声(懲罰)が   かれらを襲って   15-84.かれらが(特別の知識と技術で)築き営んでいたことは   かれらにとって何も役立たなかった。   15-85.われは天と地   そしてその間にある凡てのものを   只真理に基いて創造した。(審判の)時は本当に来ているのだ。だからあなたは情け深く寛容に(人びとの過失や欠点を)赦してやるがいい。   15-86.本当にあなたの主は   万有を創造した全知の御方であられる。   15-87.われは絶えず繰り返されるべき7つ(の節)と   偉大なクルアーンをあなたに授けた。   15-88.あの者たちの何人かにわれが授けた楽しみに対して羨ましそうにしてはならない。そしてそれに心を痛めてはならない。それよりあなたの翼を低く(して優しく)しなさい。   15-89.そして言ってやるがいい。「本当にわたしは公明な警告者である。」   15-90.(啓示を勝手に)分割した者に対しても   われは啓示しておいた。   15-91.すなわちクルアーンを(かれらの都合のよいように)断片にした者たちにも。   15-92.それで   あなたの主に誓て   われは必ずかれら凡てを尋問するであろう。   15-93.かれらが行った凡てのことに就いて。   15-94.だからあなたが命じられたことを宣揚しなさい。そして多神教徒から遠ざかれ。   15-95.本当にわれは   嘲笑する者に対し   あなたを十分に守ってやる。   15-96.かれらは   アッラーに外の神を配するが   間もなく知るであろう。   15-97.われはかれらの口にすることで   あなたの胸が締めつけられるのを知っている。   15-98.だから   あなたの主を讃えて唱念し   サジダして   15-99.定めの時が訪れるまで   あなたの主に仕えなさい。  

サムネイル

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です) 「ギリシャとヘブライの倫理」「ニコマコス倫理学」 『タルムード 3章』

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です) 「ギリシャとヘブライの倫理」「プラトンとアリストテレスとニコマコス倫理学」『タルムード:Avot 第3章』「イスラエルとユダヤ教について」「メタ理論について」 第3章 1。 アウガヤ・ベン・マハラエルは言う。三つに留意しなさい。そうすればあなたは罪の手中に陥ることはありません。あなたはどこから来て、どこに行くか、そしてあなたは誰の前で申し開きとと清算をすることになってるかを知りなさい。  あなたはどこから来たか。腐敗したドロップから。あなたはどこに行くか。塵と蛆と虫けらの場所へ。またあなたは誰の前で申し開きとと清算をすることになってるか。王たちを治める王、聖なるお方 - 彼は頌むべきかな - の前で。 2。 神殿長官のラビ・ハナンヤはいう。国の平和のために祈りなさい。なぜならそれへの畏れがなければ、人は彼の仲間が生きてたまま呑み尽くしてしまうからである。  ラビ・ハナンヤ・ベン・ラディオンは言う。二人の者が同席して、律法のない言葉がそれらの間で交換されていない場合、彼らはそれが(詩篇1:1)書かれている、軽蔑のセッションである "またあざける者の座に座る。" しかし、二人一緒に座って、律法の言葉は、それらの間を通過するとき、神の存在がかかっている それらの間に、それが書かれている(マラキ3:16) "そして主を崇拝者たちは互いに話を聞いた。主がメモを取って、聞いて、記念の本は主を崇拝した人から彼の前に書かれて考えられていた彼の名前。  しかしわたしは二人の場合についてしか聖書の箇所の証明を持っていない。たとえ一人で座してトーラー(律法)のマナ日に励んだとしても、聖なるお方 - 彼は頌むべきかな - 画彼に報酬を提指定してくださることを、わたしたちはどこから知り得るのでしょうか。なぜなら「軛(くびき)を負わされたとき / 黙して、独り座っているがよい」(哀歌3:28)と言われているからである。 3。 ラビ・シメオンは言った:3人が同じのテーブルで会食し、その席上に律法の言葉を話されていない場合、彼らはそれが書かれているため(イザヤ28:8) "すべてのテーブルがカバーされ、死者の犠牲を食べていたかのように、それは不潔な嘔吐で、場所はきれいでない "。 彼らは神のテーブルから食べていたかのようにそれが書かれているためではなく三人のテーブルで食べているとその上に律法の言葉を話されている場合、それは(エゼキエル41:22)であり、これは "彼は私に言った。"主の前に立っているテーブル。 " 4。 ラビ・ハナンヤ・ベン・ハヒナイは言った:夜に目を覚ましたまま一人で彼の方法で行くと雑念に心を回す彼は彼の人生に責任がある。

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.7.25. 23:41
視聴回数:3891回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: アヴェ・ヴェルム・コルプス   (お話です)   「ギリシャとヘブライの倫理」「プラトンとアリストテレスとニコマコス倫理学」『タルムード:Avot   第3章』「イスラエルとユダヤ教について」「メタ理論について」第3章   1。   アウガヤ・ベン・マハラエルは言う。三つに留意しなさい。そうすればあなたは罪の手中に陥ることはありません。あなたはどこから来て   どこに行くか   そしてあなたは誰の前で申し開きとと清算をすることになってるかを知りなさい。   あなたはどこから来たか。腐敗したドロップから。あなたはどこに行くか。塵と蛆と虫けらの場所へ。またあなたは誰の前で申し開きとと清算をすることになってるか。王たちを治める王   聖なるお方   -   彼は頌むべきかな   -   の前で。   2。   神殿長官のラビ・ハナンヤはいう。国の平和のために祈りなさい。なぜならそれへの畏れがなければ   人は彼の仲間が生きてたまま呑み尽くしてしまうからである。   ラビ・ハナンヤ・ベン・ラディオンは言う。二人の者が同席して   律法のない言葉がそれらの間で交換されていない場合   彼らはそれが(詩篇1:1)書かれている   軽蔑のセッションである   "またあざける者の座に座る。"   しかし   二人一緒に座って   律法の言葉は   それらの間を通過するとき   神の存在がかかっている   それらの間に   それが書かれている(マラキ3:16)   "そして主を崇拝者たちは互いに話を聞いた。主がメモを取って   聞いて   記念の本は主を崇拝した人から彼の前に書かれて考えられていた彼の名前。   しかしわたしは二人の場合についてしか聖書の箇所の証明を持っていない。たとえ一人で座してトーラー(律法)のマナ日に励んだとしても   聖なるお方   -   彼は頌むべきかな   -   画彼に報酬を提指定してくださることを   わたしたちはどこから知り得るのでしょうか。なぜなら「軛(くびき)を負わされたとき   /   黙して   独り座っているがよい」(哀歌3:28)と言われているからである。   3。   ラビ・シメオンは言った:3人が同じのテーブルで会食し   その席上に律法の言葉を話されていない場合   彼らはそれが書かれているため(イザヤ28:8)   "すべてのテーブルがカバーされ   死者の犠牲を食べていたかのように   それは不潔な嘔吐で   場所はきれいでない   "。   彼らは神のテーブルから食べていたかのようにそれが書かれているためではなく三人のテーブルで食べているとその上に律法の言葉を話されている場合   それは(エゼキエル41:22)であり   これは   "彼は私に言った。"主の前に立っているテーブル。   "   4。   ラビ・ハナンヤ・ベン・ハヒナイは言った:夜に目を覚ましたまま一人で彼の方法で行くと雑念に心を回す彼は彼の人生に責任がある。   5。   ラビ・ネフンヤ・ベン・ハ-   カナは言った:誰が彼から   彼自身に   律法のくびきを取る政府のヨークと世俗的ケアのくびきを離れて取られる   しかし誰でも彼に   律法のくびきをスローすることは政府のくびきを配置されると世俗的ケアのヨーク。   6。   ケファル・ハナンヤの人のラビ・ハラフタは言う。10人は一緒に座って   律法と自分自身を占有する場合   それは書かれている   神の存在は   それらの中でかかっている(詩篇82:1)   "神は神の評議会で彼の場所をとっている。   "   どこから私たちは   これが   5人の場合でもそうであることをわたしたちはどこから知りうるのでしょうか。(アモス午前9・06)書かれた   "そして   地球に彼の金庫を設立"されているため   そして   どのように我々はこれが   3人の場合でもそうであることをわたしたちはどこから知りうるのでしょうか。それは   "彼は判断力を保持している神々の真っ只中で。"(詩篇82:1)書かれています   そしてどこからそれは同じでも   2人の場合でもそうであることをわたしたちはどこから知りうるのでしょうか。(マラキ3:16)書かれているので   "その後   主を崇拝した人は   お互いに話を聞いた。主はメモを取り   耳を傾けた。"   1人の場合でもそうであることをわたしたちはどこから知りうるのでしょうか。それは   "私は私の名前は私があなたに来て   あなたを祝福され記憶されるようになり   すべての場所で​​"(出エジプト記20:24)が書き込まれているので   7。   バルトの人ラビ・エルアザルは言う。   "すべてのものはあなたから来て   あなた自身のために我々が与えた:彼   ダビデは(私は29:14のヴァルキュリア)言ったようにあなたがしていることを   あなたとすべてのために   これは彼であることを神へのレンダリングあなた。   "   ラビ・シメオンは言う。男が道で歩いていると勉強されている場合と   割り込み彼の研究をして言う   "この木はどのように良いですか?"   または   "どのように良い   これがフィールドを耕しているの?"   彼は彼の人生の責任を負いたかのように聖書は彼を考えています。   8。   ラビ・ドスタイ・バル・ヤンナイは   ラビ·メイヤーの名において言う。彼の研究の一つの単語を忘れてしまった彼は   聖書は彼が彼の人生の責任だったかのように   彼に関しては   それが(申命記4:09)書かれているために   "しかし   世話をすると自分自身を見る密接ようにあなたの目を見ていることを忘れないように。   "   人間の研究では   彼にとってあまりにもハードであってもこれが適用されませんか?   聖書は(同上)によれば:   "また彼らはあなたの心から   あなたの人生のすべての日を滑らせる。"   彼は故意に彼の心から離れて   それらのレッスンを入れない限り   このように人は有罪ではありません。   9。   ラビ・ハニナ・ベンドーサは言う。罪への恐れは知恵の優先順位を取る彼は   誰に   彼の知恵は耐えるでしょう。しかし   彼は人に知恵が罪の恐怖の優先順位を取り   彼の知恵には耐えられません。   彼が言うに使用される:彼はその作品の彼の知恵を超えて   彼の知恵は耐える     彼はその知恵彼の作品を超えて   彼の知恵には耐えられません。   10。   彼が言うに使用される:彼は誰が誰の仲間の人々がG   -   dはない喜びを見つけることができない彼に   何の喜びを見いだすではありません。   ラビドーサベンHyrcanusは言った:幼稚な遊びと無学なこの世界から人を削除するのmeetinghousesに座って   真昼で飲んで   朝離れて眠る。   11。   モディインのラビ・エリアザルは言う。人は神聖なものを穢し   祭日を軽んじ   人前で彼の仲間に恥をかかせ   わたしたちの父祖アブラハム   -   彼に平安があるように   -   の契約を破り   またはハラハーによるとされていない律法の意味を教えている場合彼は律法や善行の知識を持っているにもかかわらず   彼は来るべき世界ではシェアを持っていません。   12。   ラ・ビイシュマエルは言う。上の者にはすばやく従い   若者には親切にしなさい。またすべての人を喜んで受け入れなさい。   13。   ラビ・アキヴァは言う。ばか笑いと軽薄は人を淫蕩に慣れさせる。   伝統は   律法の周り守るフェンスです。   十分の一富にフェンスがあります。   禁欲にフェンスを誓います。   沈黙は英知のフェンスです。   14。   ラビは言う。最愛の彼はG   -   dのイメージで作成された男は   それが言うように余分な愛は   自分自身のために   "(創世記9:06)   彼のG   -   dのイメージで作成されたことを彼に知られて作られ画像G   -   dは   "人類ました。   最愛のは   それらがG   -   dに息子と呼ばれているユダヤ人であり   それは(申命記14:1)言うように余分な愛は   彼らがG   -   dに息子と呼ばれていることを彼らに知らせている   "あなたはあなたがたのG   -   dの子です。"   余分な愛は   それが言うように私は良いを与えるために   "(箴言4:2)   彼らは世界の創造の貴重な楽器を与えられたことを彼らに認識され   愛され   それらに貴重な楽器をそこに与えられたことをユダヤ人である教訓は   私の指導を見捨てない   "。   15。   すべては予見されていますが   選択の自由が与えられます。   世界は善で判断され   まだすべてが仕事に比例しています。   16。   すべての約束に対して与えられ   ネットはすべての生きている以上にキャストされています。ショップがオープンの略で   店主は信用を与え   通帳が開いてあると手が書き込まれます。   彼が来て貸して借りしようとする一人一人   しかしコレクターは彼らの毎日のラウンド   正確に行く   本人の同意の有無にかかわらず男性からの支払い   コレクターのための彼らが頼ることができていることを持っています。と判決は   真実の判断であり   すべてがごちそうの準備がされています。   17。   ラビ・エルアザル・ベン・アザルヤは言う。全く律法はありませんどこにない生業が存在しません。とは生業が存在しない場所には律法はありません。   ない知恵はありませんここで   G   -   dの恐れは   ありません。   とG   -   dの心配はありませんどこにない知恵はありません。   全く知識がありませんどこにない見識はありません。と   全く見識がありませんどこに知識がありません。   ない食品はありませんどこない律法はありません   そして全く律法はありませんどこにない食品はありません。   彼が言っていた:彼は   その知恵   彼が似ているものに   彼の作品よりも豊富ですか?   それが書かれている風が   来て   それをuproots   それを覆す(エレミヤ17時06分)   "彼らは砂漠の低木のようにしなければならない   としたときに表示してはならない。その枝が豊富でもそのルーツは少ないです。ツリーへ救援が来る。彼らは無人の塩の土地に   荒野の乾いた場所に住んでいるものとします。   "   しかし   その作品の彼はどのようなものに   彼の知恵よりも豊富である彼?   世界のすべての風がそれを攻撃してくると吹く場合でも   それが書かれている   それは   その場所から攪拌することができないように(エレミヤ17:08)   "彼らは   しなければならない。その枝数であるが   そのルーツは多くの木にストリームによって   そのルーツを送信する   水のほとりに植えられた木のようになり熱が来るとき   それは恐れてはならないものとし   その葉は緑滞在しなければならない。干ばつの年にそれが気になりません   それは実を結ぶことをやめません。   "   18。   ラビ・エルアザル・ベン・ヒスマは言う。鳥の供犠や月経の開始時こそハラハーの基本である。しかし太陽の周期の計算やゲマトリアは知恵にとって小皿である。  

サムネイル

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です) 2 「ギリシャとヘブライの倫理」「ニコマコス倫理学」 『タルムード 3章』

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です) 2 「ギリシャとヘブライの倫理」「プラトンとアリストテレスとニコマコス倫理学」『タルムード:Avot 第3章』「イスラエルとユダヤ教について」「メタ理論について」 第3章 1。 アウガヤ・ベン・マハラエルは言う。三つに留意しなさい。そうすればあなたは罪の手中に陥ることはありません。あなたはどこから来て、どこに行くか、そしてあなたは誰の前で申し開きとと清算をすることになってるかを知りなさい。  あなたはどこから来たか。腐敗したドロップから。あなたはどこに行くか。塵と蛆と虫けらの場所へ。またあなたは誰の前で申し開きとと清算をすることになってるか。王たちを治める王、聖なるお方 - 彼は頌むべきかな - の前で。 2。 神殿長官のラビ・ハナンヤはいう。国の平和のために祈りなさい。なぜならそれへの畏れがなければ、人は彼の仲間が生きてたまま呑み尽くしてしまうからである。  ラビ・ハナンヤ・ベン・ラディオンは言う。二人の者が同席して、律法のない言葉がそれらの間で交換されていない場合、彼らはそれが(詩篇1:1)書かれている、軽蔑のセッションである "またあざける者の座に座る。" しかし、二人一緒に座って、律法の言葉は、それらの間を通過するとき、神の存在がかかっている それらの間に、それが書かれている(マラキ3:16) "そして主を崇拝者たちは互いに話を聞いた。主がメモを取って、聞いて、記念の本は主を崇拝した人から彼の前に書かれて考えられていた彼の名前。  しかしわたしは二人の場合についてしか聖書の箇所の証明を持っていない。たとえ一人で座してトーラー(律法)のマナ日に励んだとしても、聖なるお方 - 彼は頌むべきかな - 画彼に報酬を提指定してくださることを、わたしたちはどこから知り得るのでしょうか。なぜなら「軛(くびき)を負わされたとき / 黙して、独り座っているがよい」(哀歌3:28)と言われているからである。 3。 ラビ・シメオンは言った:3人が同じのテーブルで会食し、その席上に律法の言葉を話されていない場合、彼らはそれが書かれているため(イザヤ28:8) "すべてのテーブルがカバーされ、死者の犠牲を食べていたかのように、それは不潔な嘔吐で、場所はきれいでない "。 彼らは神のテーブルから食べていたかのようにそれが書かれているためではなく三人のテーブルで食べているとその上に律法の言葉を話されている場合、それは(エゼキエル41:22)であり、これは "彼は私に言った。"主の前に立っているテーブル。 " 4。 ラビ・ハナンヤ・ベン・ハヒナイは言った:夜に目を覚ましたまま一人で彼の方法で行くと雑念に心を回す彼は彼の人生に責任がある。

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.7.25. 04:00
視聴回数:3754回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: アヴェ・ヴェルム・コルプス   (お話です)   2   「ギリシャとヘブライの倫理」「プラトンとアリストテレスとニコマコス倫理学」『タルムード:Avot   第3章』「イスラエルとユダヤ教について」「メタ理論について」第3章   1。   アウガヤ・ベン・マハラエルは言う。三つに留意しなさい。そうすればあなたは罪の手中に陥ることはありません。あなたはどこから来て   どこに行くか   そしてあなたは誰の前で申し開きとと清算をすることになってるかを知りなさい。   あなたはどこから来たか。腐敗したドロップから。あなたはどこに行くか。塵と蛆と虫けらの場所へ。またあなたは誰の前で申し開きとと清算をすることになってるか。王たちを治める王   聖なるお方   -   彼は頌むべきかな   -   の前で。   2。   神殿長官のラビ・ハナンヤはいう。国の平和のために祈りなさい。なぜならそれへの畏れがなければ   人は彼の仲間が生きてたまま呑み尽くしてしまうからである。   ラビ・ハナンヤ・ベン・ラディオンは言う。二人の者が同席して   律法のない言葉がそれらの間で交換されていない場合   彼らはそれが(詩篇1:1)書かれている   軽蔑のセッションである   "またあざける者の座に座る。"   しかし   二人一緒に座って   律法の言葉は   それらの間を通過するとき   神の存在がかかっている   それらの間に   それが書かれている(マラキ3:16)   "そして主を崇拝者たちは互いに話を聞いた。主がメモを取って   聞いて   記念の本は主を崇拝した人から彼の前に書かれて考えられていた彼の名前。   しかしわたしは二人の場合についてしか聖書の箇所の証明を持っていない。たとえ一人で座してトーラー(律法)のマナ日に励んだとしても   聖なるお方   -   彼は頌むべきかな   -   画彼に報酬を提指定してくださることを   わたしたちはどこから知り得るのでしょうか。なぜなら「軛(くびき)を負わされたとき   /   黙して   独り座っているがよい」(哀歌3:28)と言われているからである。   3。   ラビ・シメオンは言った:3人が同じのテーブルで会食し   その席上に律法の言葉を話されていない場合   彼らはそれが書かれているため(イザヤ28:8)   "すべてのテーブルがカバーされ   死者の犠牲を食べていたかのように   それは不潔な嘔吐で   場所はきれいでない   "。   彼らは神のテーブルから食べていたかのようにそれが書かれているためではなく三人のテーブルで食べているとその上に律法の言葉を話されている場合   それは(エゼキエル41:22)であり   これは   "彼は私に言った。"主の前に立っているテーブル。   "   4。   ラビ・ハナンヤ・ベン・ハヒナイは言った:夜に目を覚ましたまま一人で彼の方法で行くと雑念に心を回す彼は彼の人生に責任がある。   5。   ラビ・ネフンヤ・ベン・ハ-   カナは言った:誰が彼から   彼自身に   律法のくびきを取る政府のヨークと世俗的ケアのくびきを離れて取られる   しかし誰でも彼に   律法のくびきをスローすることは政府のくびきを配置されると世俗的ケアのヨーク。   6。   ケファル・ハナンヤの人のラビ・ハラフタは言う。10人は一緒に座って   律法と自分自身を占有する場合   それは書かれている   神の存在は   それらの中でかかっている(詩篇82:1)   "神は神の評議会で彼の場所をとっている。   "   どこから私たちは   これが   5人の場合でもそうであることをわたしたちはどこから知りうるのでしょうか。(アモス午前9・06)書かれた   "そして   地球に彼の金庫を設立"されているため   そして   どのように我々はこれが   3人の場合でもそうであることをわたしたちはどこから知りうるのでしょうか。それは   "彼は判断力を保持している神々の真っ只中で。"(詩篇82:1)書かれています   そしてどこからそれは同じでも   2人の場合でもそうであることをわたしたちはどこから知りうるのでしょうか。(マラキ3:16)書かれているので   "その後   主を崇拝した人は   お互いに話を聞いた。主はメモを取り   耳を傾けた。"   1人の場合でもそうであることをわたしたちはどこから知りうるのでしょうか。それは   "私は私の名前は私があなたに来て   あなたを祝福され記憶されるようになり   すべての場所で​​"(出エジプト記20:24)が書き込まれているので   7。   バルトの人ラビ・エルアザルは言う。   "すべてのものはあなたから来て   あなた自身のために我々が与えた:彼   ダビデは(私は29:14のヴァルキュリア)言ったようにあなたがしていることを   あなたとすべてのために   これは彼であることを神へのレンダリングあなた。   "   ラビ・シメオンは言う。男が道で歩いていると勉強されている場合と   割り込み彼の研究をして言う   "この木はどのように良いですか?"   または   "どのように良い   これがフィールドを耕しているの?"   彼は彼の人生の責任を負いたかのように聖書は彼を考えています。   8。   ラビ・ドスタイ・バル・ヤンナイは   ラビ·メイヤーの名において言う。彼の研究の一つの単語を忘れてしまった彼は   聖書は彼が彼の人生の責任だったかのように   彼に関しては   それが(申命記4:09)書かれているために   "しかし   世話をすると自分自身を見る密接ようにあなたの目を見ていることを忘れないように。   "   人間の研究では   彼にとってあまりにもハードであってもこれが適用されませんか?   聖書は(同上)によれば:   "また彼らはあなたの心から   あなたの人生のすべての日を滑らせる。"   彼は故意に彼の心から離れて   それらのレッスンを入れない限り   このように人は有罪ではありません。   9。   ラビ・ハニナ・ベンドーサは言う。罪への恐れは知恵の優先順位を取る彼は   誰に   彼の知恵は耐えるでしょう。しかし   彼は人に知恵が罪の恐怖の優先順位を取り   彼の知恵には耐えられません。   彼が言うに使用される:彼はその作品の彼の知恵を超えて   彼の知恵は耐える     彼はその知恵彼の作品を超えて   彼の知恵には耐えられません。   10。   彼が言うに使用される:彼は誰が誰の仲間の人々がG   -   dはない喜びを見つけることができない彼に   何の喜びを見いだすではありません。   ラビドーサベンHyrcanusは言った:幼稚な遊びと無学なこの世界から人を削除するのmeetinghousesに座って   真昼で飲んで   朝離れて眠る。   11。   モディインのラビ・エリアザルは言う。人は神聖なものを穢し   祭日を軽んじ   人前で彼の仲間に恥をかかせ   わたしたちの父祖アブラハム   -   彼に平安があるように   -   の契約を破り   またはハラハーによるとされていない律法の意味を教えている場合彼は律法や善行の知識を持っているにもかかわらず   彼は来るべき世界ではシェアを持っていません。   12。   ラ・ビイシュマエルは言う。上の者にはすばやく従い   若者には親切にしなさい。またすべての人を喜んで受け入れなさい。   13。   ラビ・アキヴァは言う。ばか笑いと軽薄は人を淫蕩に慣れさせる。   伝統は   律法の周り守るフェンスです。   十分の一富にフェンスがあります。   禁欲にフェンスを誓います。   沈黙は英知のフェンスです。   14。   ラビは言う。最愛の彼はG   -   dのイメージで作成された男は   それが言うように余分な愛は   自分自身のために   "(創世記9:06)   彼のG   -   dのイメージで作成されたことを彼に知られて作られ画像G   -   dは   "人類ました。   最愛のは   それらがG   -   dに息子と呼ばれているユダヤ人であり   それは(申命記14:1)言うように余分な愛は   彼らがG   -   dに息子と呼ばれていることを彼らに知らせている   "あなたはあなたがたのG   -   dの子です。"   余分な愛は   それが言うように私は良いを与えるために   "(箴言4:2)   彼らは世界の創造の貴重な楽器を与えられたことを彼らに認識され   愛され   それらに貴重な楽器をそこに与えられたことをユダヤ人である教訓は   私の指導を見捨てない   "。   15。   すべては予見されていますが   選択の自由が与えられます。   世界は善で判断され   まだすべてが仕事に比例しています。   16。   すべての約束に対して与えられ   ネットはすべての生きている以上にキャストされています。ショップがオープンの略で   店主は信用を与え   通帳が開いてあると手が書き込まれます。   彼が来て貸して借りしようとする一人一人   しかしコレクターは彼らの毎日のラウンド   正確に行く   本人の同意の有無にかかわらず男性からの支払い   コレクターのための彼らが頼ることができていることを持っています。と判決は   真実の判断であり   すべてがごちそうの準備がされています。   17。   ラビ・エルアザル・ベン・アザルヤは言う。全く律法はありませんどこにない生業が存在しません。とは生業が存在しない場所には律法はありません。   ない知恵はありませんここで   G   -   dの恐れは   ありません。   とG   -   dの心配はありませんどこにない知恵はありません。   全く知識がありませんどこにない見識はありません。と   全く見識がありませんどこに知識がありません。   ない食品はありませんどこない律法はありません   そして全く律法はありませんどこにない食品はありません。   彼が言っていた:彼は   その知恵   彼が似ているものに   彼の作品よりも豊富ですか?   それが書かれている風が   来て   それをuproots   それを覆す(エレミヤ17時06分)   "彼らは砂漠の低木のようにしなければならない   としたときに表示してはならない。その枝が豊富でもそのルーツは少ないです。ツリーへ救援が来る。彼らは無人の塩の土地に   荒野の乾いた場所に住んでいるものとします。   "   しかし   その作品の彼はどのようなものに   彼の知恵よりも豊富である彼?   世界のすべての風がそれを攻撃してくると吹く場合でも   それが書かれている   それは   その場所から攪拌することができないように(エレミヤ17:08)   "彼らは   しなければならない。その枝数であるが   そのルーツは多くの木にストリームによって   そのルーツを送信する   水のほとりに植えられた木のようになり熱が来るとき   それは恐れてはならないものとし   その葉は緑滞在しなければならない。干ばつの年にそれが気になりません   それは実を結ぶことをやめません。   "   18。   ラビ・エルアザル・ベン・ヒスマは言う。鳥の供犠や月経の開始時こそハラハーの基本である。しかし太陽の周期の計算やゲマトリアは知恵にとって小皿である。  

サムネイル

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です) 1 「ギリシャとヘブライの倫理」「ニコマコス倫理学」 『タルムード 3章』

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です) 1 「ギリシャとヘブライの倫理」「プラトンとアリストテレスとニコマコス倫理学」『タルムード:Avot 第3章』「イスラエルとユダヤ教について」「メタ理論について」 第3章 1。 アウガヤ・ベン・マハラエルは言う。三つに留意しなさい。そうすればあなたは罪の手中に陥ることはありません。あなたはどこから来て、どこに行くか、そしてあなたは誰の前で申し開きとと清算をすることになってるかを知りなさい。  あなたはどこから来たか。腐敗したドロップから。あなたはどこに行くか。塵と蛆と虫けらの場所へ。またあなたは誰の前で申し開きとと清算をすることになってるか。王たちを治める王、聖なるお方 - 彼は頌むべきかな - の前で。 2。 神殿長官のラビ・ハナンヤはいう。国の平和のために祈りなさい。なぜならそれへの畏れがなければ、人は彼の仲間が生きてたまま呑み尽くしてしまうからである。  ラビ・ハナンヤ・ベン・ラディオンは言う。二人の者が同席して、律法のない言葉がそれらの間で交換されていない場合、彼らはそれが(詩篇1:1)書かれている、軽蔑のセッションである "またあざける者の座に座る。" しかし、二人一緒に座って、律法の言葉は、それらの間を通過するとき、神の存在がかかっている それらの間に、それが書かれている(マラキ3:16) "そして主を崇拝者たちは互いに話を聞いた。主がメモを取って、聞いて、記念の本は主を崇拝した人から彼の前に書かれて考えられていた彼の名前。  しかしわたしは二人の場合についてしか聖書の箇所の証明を持っていない。たとえ一人で座してトーラー(律法)のマナ日に励んだとしても、聖なるお方 - 彼は頌むべきかな - 画彼に報酬を提指定してくださることを、わたしたちはどこから知り得るのでしょうか。なぜなら「軛(くびき)を負わされたとき / 黙して、独り座っているがよい」(哀歌3:28)と言われているからである。 3。 ラビ・シメオンは言った:3人が同じのテーブルで会食し、その席上に律法の言葉を話されていない場合、彼らはそれが書かれているため(イザヤ28:8) "すべてのテーブルがカバーされ、死者の犠牲を食べていたかのように、それは不潔な嘔吐で、場所はきれいでない "。 彼らは神のテーブルから食べていたかのようにそれが書かれているためではなく三人のテーブルで食べているとその上に律法の言葉を話されている場合、それは(エゼキエル41:22)であり、これは "彼は私に言った。"主の前に立っているテーブル。 " 4。 ラビ・ハナンヤ・ベン・ハヒナイは言った:夜に目を覚ましたまま一人で彼の方法で行くと雑念に心を回す彼は彼の人生に責任がある。

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.7.24. 23:53
視聴回数:3377回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: アヴェ・ヴェルム・コルプス   (お話です)   1   「ギリシャとヘブライの倫理」「プラトンとアリストテレスとニコマコス倫理学」『タルムード:Avot   第3章』「イスラエルとユダヤ教について」「メタ理論について」第3章   1。   アウガヤ・ベン・マハラエルは言う。三つに留意しなさい。そうすればあなたは罪の手中に陥ることはありません。あなたはどこから来て   どこに行くか   そしてあなたは誰の前で申し開きとと清算をすることになってるかを知りなさい。   あなたはどこから来たか。腐敗したドロップから。あなたはどこに行くか。塵と蛆と虫けらの場所へ。またあなたは誰の前で申し開きとと清算をすることになってるか。王たちを治める王   聖なるお方   -   彼は頌むべきかな   -   の前で。   2。   神殿長官のラビ・ハナンヤはいう。国の平和のために祈りなさい。なぜならそれへの畏れがなければ   人は彼の仲間が生きてたまま呑み尽くしてしまうからである。   ラビ・ハナンヤ・ベン・ラディオンは言う。二人の者が同席して   律法のない言葉がそれらの間で交換されていない場合   彼らはそれが(詩篇1:1)書かれている   軽蔑のセッションである   "またあざける者の座に座る。"   しかし   二人一緒に座って   律法の言葉は   それらの間を通過するとき   神の存在がかかっている   それらの間に   それが書かれている(マラキ3:16)   "そして主を崇拝者たちは互いに話を聞いた。主がメモを取って   聞いて   記念の本は主を崇拝した人から彼の前に書かれて考えられていた彼の名前。   しかしわたしは二人の場合についてしか聖書の箇所の証明を持っていない。たとえ一人で座してトーラー(律法)のマナ日に励んだとしても   聖なるお方   -   彼は頌むべきかな   -   画彼に報酬を提指定してくださることを   わたしたちはどこから知り得るのでしょうか。なぜなら「軛(くびき)を負わされたとき   /   黙して   独り座っているがよい」(哀歌3:28)と言われているからである。   3。   ラビ・シメオンは言った:3人が同じのテーブルで会食し   その席上に律法の言葉を話されていない場合   彼らはそれが書かれているため(イザヤ28:8)   "すべてのテーブルがカバーされ   死者の犠牲を食べていたかのように   それは不潔な嘔吐で   場所はきれいでない   "。   彼らは神のテーブルから食べていたかのようにそれが書かれているためではなく三人のテーブルで食べているとその上に律法の言葉を話されている場合   それは(エゼキエル41:22)であり   これは   "彼は私に言った。"主の前に立っているテーブル。   "   4。   ラビ・ハナンヤ・ベン・ハヒナイは言った:夜に目を覚ましたまま一人で彼の方法で行くと雑念に心を回す彼は彼の人生に責任がある。   5。   ラビ・ネフンヤ・ベン・ハ-   カナは言った:誰が彼から   彼自身に   律法のくびきを取る政府のヨークと世俗的ケアのくびきを離れて取られる   しかし誰でも彼に   律法のくびきをスローすることは政府のくびきを配置されると世俗的ケアのヨーク。   6。   ケファル・ハナンヤの人のラビ・ハラフタは言う。10人は一緒に座って   律法と自分自身を占有する場合   それは書かれている   神の存在は   それらの中でかかっている(詩篇82:1)   "神は神の評議会で彼の場所をとっている。   "   どこから私たちは   これが   5人の場合でもそうであることをわたしたちはどこから知りうるのでしょうか。(アモス午前9・06)書かれた   "そして   地球に彼の金庫を設立"されているため   そして   どのように我々はこれが   3人の場合でもそうであることをわたしたちはどこから知りうるのでしょうか。それは   "彼は判断力を保持している神々の真っ只中で。"(詩篇82:1)書かれています   そしてどこからそれは同じでも   2人の場合でもそうであることをわたしたちはどこから知りうるのでしょうか。(マラキ3:16)書かれているので   "その後   主を崇拝した人は   お互いに話を聞いた。主はメモを取り   耳を傾けた。"   1人の場合でもそうであることをわたしたちはどこから知りうるのでしょうか。それは   "私は私の名前は私があなたに来て   あなたを祝福され記憶されるようになり   すべての場所で​​"(出エジプト記20:24)が書き込まれているので   7。   バルトの人ラビ・エルアザルは言う。   "すべてのものはあなたから来て   あなた自身のために我々が与えた:彼   ダビデは(私は29:14のヴァルキュリア)言ったようにあなたがしていることを   あなたとすべてのために   これは彼であることを神へのレンダリングあなた。   "   ラビ・シメオンは言う。男が道で歩いていると勉強されている場合と   割り込み彼の研究をして言う   "この木はどのように良いですか?"   または   "どのように良い   これがフィールドを耕しているの?"   彼は彼の人生の責任を負いたかのように聖書は彼を考えています。   8。   ラビ・ドスタイ・バル・ヤンナイは   ラビ·メイヤーの名において言う。彼の研究の一つの単語を忘れてしまった彼は   聖書は彼が彼の人生の責任だったかのように   彼に関しては   それが(申命記4:09)書かれているために   "しかし   世話をすると自分自身を見る密接ようにあなたの目を見ていることを忘れないように。   "   人間の研究では   彼にとってあまりにもハードであってもこれが適用されませんか?   聖書は(同上)によれば:   "また彼らはあなたの心から   あなたの人生のすべての日を滑らせる。"   彼は故意に彼の心から離れて   それらのレッスンを入れない限り   このように人は有罪ではありません。   9。   ラビ・ハニナ・ベンドーサは言う。罪への恐れは知恵の優先順位を取る彼は   誰に   彼の知恵は耐えるでしょう。しかし   彼は人に知恵が罪の恐怖の優先順位を取り   彼の知恵には耐えられません。   彼が言うに使用される:彼はその作品の彼の知恵を超えて   彼の知恵は耐える     彼はその知恵彼の作品を超えて   彼の知恵には耐えられません。   10。   彼が言うに使用される:彼は誰が誰の仲間の人々がG   -   dはない喜びを見つけることができない彼に   何の喜びを見いだすではありません。   ラビドーサベンHyrcanusは言った:幼稚な遊びと無学なこの世界から人を削除するのmeetinghousesに座って   真昼で飲んで   朝離れて眠る。   11。   モディインのラビ・エリアザルは言う。人は神聖なものを穢し   祭日を軽んじ   人前で彼の仲間に恥をかかせ   わたしたちの父祖アブラハム   -   彼に平安があるように   -   の契約を破り   またはハラハーによるとされていない律法の意味を教えている場合彼は律法や善行の知識を持っているにもかかわらず   彼は来るべき世界ではシェアを持っていません。   12。   ラ・ビイシュマエルは言う。上の者にはすばやく従い   若者には親切にしなさい。またすべての人を喜んで受け入れなさい。   13。   ラビ・アキヴァは言う。ばか笑いと軽薄は人を淫蕩に慣れさせる。   伝統は   律法の周り守るフェンスです。   十分の一富にフェンスがあります。   禁欲にフェンスを誓います。   沈黙は英知のフェンスです。   14。   ラビは言う。最愛の彼はG   -   dのイメージで作成された男は   それが言うように余分な愛は   自分自身のために   "(創世記9:06)   彼のG   -   dのイメージで作成されたことを彼に知られて作られ画像G   -   dは   "人類ました。   最愛のは   それらがG   -   dに息子と呼ばれているユダヤ人であり   それは(申命記14:1)言うように余分な愛は   彼らがG   -   dに息子と呼ばれていることを彼らに知らせている   "あなたはあなたがたのG   -   dの子です。"   余分な愛は   それが言うように私は良いを与えるために   "(箴言4:2)   彼らは世界の創造の貴重な楽器を与えられたことを彼らに認識され   愛され   それらに貴重な楽器をそこに与えられたことをユダヤ人である教訓は   私の指導を見捨てない   "。   15。   すべては予見されていますが   選択の自由が与えられます。   世界は善で判断され   まだすべてが仕事に比例しています。   16。   すべての約束に対して与えられ   ネットはすべての生きている以上にキャストされています。ショップがオープンの略で   店主は信用を与え   通帳が開いてあると手が書き込まれます。   彼が来て貸して借りしようとする一人一人   しかしコレクターは彼らの毎日のラウンド   正確に行く   本人の同意の有無にかかわらず男性からの支払い   コレクターのための彼らが頼ることができていることを持っています。と判決は   真実の判断であり   すべてがごちそうの準備がされています。   17。   ラビ・エルアザル・ベン・アザルヤは言う。全く律法はありませんどこにない生業が存在しません。とは生業が存在しない場所には律法はありません。   ない知恵はありませんここで   G   -   dの恐れは   ありません。   とG   -   dの心配はありませんどこにない知恵はありません。   全く知識がありませんどこにない見識はありません。と   全く見識がありませんどこに知識がありません。   ない食品はありませんどこない律法はありません   そして全く律法はありませんどこにない食品はありません。   彼が言っていた:彼は   その知恵   彼が似ているものに   彼の作品よりも豊富ですか?   それが書かれている風が   来て   それをuproots   それを覆す(エレミヤ17時06分)   "彼らは砂漠の低木のようにしなければならない   としたときに表示してはならない。その枝が豊富でもそのルーツは少ないです。ツリーへ救援が来る。彼らは無人の塩の土地に   荒野の乾いた場所に住んでいるものとします。   "   しかし   その作品の彼はどのようなものに   彼の知恵よりも豊富である彼?   世界のすべての風がそれを攻撃してくると吹く場合でも   それが書かれている   それは   その場所から攪拌することができないように(エレミヤ17:08)   "彼らは   しなければならない。その枝数であるが   そのルーツは多くの木にストリームによって   そのルーツを送信する   水のほとりに植えられた木のようになり熱が来るとき   それは恐れてはならないものとし   その葉は緑滞在しなければならない。干ばつの年にそれが気になりません   それは実を結ぶことをやめません。   "   18。   ラビ・エルアザル・ベン・ヒスマは言う。鳥の供犠や月経の開始時こそハラハーの基本である。しかし太陽の周期の計算やゲマトリアは知恵にとって小皿である。  

サムネイル

アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です)「タルムード」「ユダヤ教の本質と道徳」「神の手立てと人格と人の心」

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です) 「ユダヤ教の本質と道徳」 「神の手立てと人格と人の心」 Does Judaism Have An Essence ? 「ユダヤ教には本質があるのか?」 God's First Questions Other Biblical And Rabbinic Views Of ... An ancient rabbinic tradition teaches ... Additonal Statements of Judaism's Essence God's First Questions 神の最初の質問 from The Talmud 個々の人は、天国の法廷の前に審判のために連れて来られた時に、その人は質問される:あなたは、あなた(の仕事)の業務を正直に営みましたか?あなたは、トーラの勉強のために規則的に時間をさきましたか?あなたは、子供たちを持つことで働きましたか?あなたは、世界のあがないを期待しましたか? [ --- Babylonian Talmud, Shabbat 31a ] 最初の質問 天国で問われる最初の質問は、「あなたは神を信じましたか?」、または、「全ての儀式を守りましか?」ではなく、「仕事で正直でしたか?」であることに注目しなさい。不幸にも、道徳の第一位を主張している多くのテキストにもかかわらず、ほとんどのユダヤ人は儀式を守ることが宗教的であると単純に連想している。ユダヤ人の共同体を通して、「だれそれは宗教的なユダヤ人であるのか?」と質問する時、その応答はいつでもその人の宗教的な法律の遵守に基づいている:「彼(または彼女)はコーシェル(Kosher)を守り、安息日を守っている。彼は宗教的だ」あるいは、「彼女はコーシェルを守らないし、安息日を守っていない。彼女は宗教的でない」そんな応答から、ユダヤ教は道徳的な振る舞いを「余分な教科の活動」、望ましい何かであるがしかし基本的でないとみなしていると、人は容易に結論してしまうであろう。タルムードの節は明らかに、道徳がユダヤ教の核心であると主張している。 神の最初の関心は人の品格である。 2番目の質問 トーラの勉強に関する。なぜならばユダヤ教はトーラを学ぶことを通して人は完全に道徳的である方法を学ぶ。 3番目の質問 子供たちを持つことから来る。(子無しの人々は養子をとることで可能である)Rabbi Irving Greenbergは書いた:家族を育てることは、「次の世代のための世界を完全にする夢と、仕事を進めるための戒律の義務」を果たす。 4番目の質問 完全さへの希望とそれに向けた仕事である。 最初の3つの質問は「微視的な問題」を話しかけている。各個人に排他的に話しかけられたユダヤ教で十分であったかもしれない。しかし、ユダヤ人はまた人々の一部であり、より広い世界の一部であり、そしてユダヤ教はユダヤ人の人々に「tikkun olam」、つまり世界の修繕(あるいは完全)をもたらす助けをする義務を負っている。「Ethics of Fathers 2:21(アボット)」の中でしばしば引用される節に、Rabbi Tarfon は教えている: 「(世界を完全にする)仕事を完成させるのはあなたの義務ではない、しかし(あなたができる全てをすることを)断念する自由はまたあなたにはない」 このタルムードの節についての一つの最後の考え。ユダヤ人の子供が生まれる時に提供される祈りは、その子がその最初の3つの質問に肯定的に応答することができるように、という希望を表現している:トーラを愛し、そして良い行ないを実現するようにと、両親がこの子(息子あるいは娘)に吹き込んで大人に育てるように、そして両親が彼(または彼女)を結婚式の天蓋に導くように。 この祈りは、少女に対して、そして少年に対して割礼の時に、シナゴーグあるいは他の有名な式典で朗唱される。私の友人、Rabbi Irwin Kula、は書いた:4つ目の質問は、すべての割礼式で準備されている「kisei eliyahu(エリヤの椅子)」を通して言及されている。ユダヤ人の伝統では、エリヤ(Elijah)は世界のあがないを先導する預言者である。 Other Biblical And Rabbinic Views Of What Matters Most To God 聖書の預言者やタルムードのユダヤ教の偉大な人物たちは、また、道徳的な振る舞いが人類に対する神の主要な要求である、という観点を表現してきた。  

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.6.13. 17:34
視聴回数:5006回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: アヴェ・ヴェルム・コルプス   (お話です)   「ユダヤ教の本質と道徳」   「神の手立てと人格と人の心」   Does   Judaism   Have   An   Essence   ?   「ユダヤ教には本質があるのか?」   God's   First   Questions   Other   Biblical   And   Rabbinic   Views   Of   ...   An   ancient   rabbinic   tradition   teaches   ...   Additonal   Statements   of   Judaism's   Essence   God's   First   Questions   神の最初の質問   from   The   Talmud   個々の人は   天国の法廷の前に審判のために連れて来られた時に   その人は質問される:あなたは   あなた(の仕事)の業務を正直に営みましたか?あなたは   トーラの勉強のために規則的に時間をさきましたか?あなたは   子供たちを持つことで働きましたか?あなたは   世界のあがないを期待しましたか?   [   ---   Babylonian   Talmud   Shabbat   31a   ]   最初の質問   天国で問われる最初の質問は   「あなたは神を信じましたか?」   または   「全ての儀式を守りましか?」ではなく   「仕事で正直でしたか?」であることに注目しなさい。不幸にも   道徳の第一位を主張している多くのテキストにもかかわらず   ほとんどのユダヤ人は儀式を守ることが宗教的であると単純に連想している。ユダヤ人の共同体を通して   「だれそれは宗教的なユダヤ人であるのか?」と質問する時   その応答はいつでもその人の宗教的な法律の遵守に基づいている:「彼(または彼女)はコーシェル(Kosher)を守り   安息日を守っている。彼は宗教的だ」あるいは   「彼女はコーシェルを守らないし   安息日を守っていない。彼女は宗教的でない」そんな応答から   ユダヤ教は道徳的な振る舞いを「余分な教科の活動」   望ましい何かであるがしかし基本的でないとみなしていると   人は容易に結論してしまうであろう。タルムードの節は明らかに   道徳がユダヤ教の核心であると主張している。   神の最初の関心は人の品格である。   2番目の質問   トーラの勉強に関する。なぜならばユダヤ教はトーラを学ぶことを通して人は完全に道徳的である方法を学ぶ。   3番目の質問   子供たちを持つことから来る。(子無しの人々は養子をとることで可能である)Rabbi   Irving   Greenbergは書いた:家族を育てることは   「次の世代のための世界を完全にする夢と   仕事を進めるための戒律の義務」を果たす。   4番目の質問   完全さへの希望とそれに向けた仕事である。   最初の3つの質問は「微視的な問題」を話しかけている。各個人に排他的に話しかけられたユダヤ教で十分であったかもしれない。しかし   ユダヤ人はまた人々の一部であり   より広い世界の一部であり   そしてユダヤ教はユダヤ人の人々に「tikkun   olam」   つまり世界の修繕(あるいは完全)をもたらす助けをする義務を負っている。「Ethics   of   Fathers   2:21(アボット)」の中でしばしば引用される節に   Rabbi   Tarfon   は教えている:   「(世界を完全にする)仕事を完成させるのはあなたの義務ではない   しかし(あなたができる全てをすることを)断念する自由はまたあなたにはない」   このタルムードの節についての一つの最後の考え。ユダヤ人の子供が生まれる時に提供される祈りは   その子がその最初の3つの質問に肯定的に応答することができるように   という希望を表現している:トーラを愛し   そして良い行ないを実現するようにと   両親がこの子(息子あるいは娘)に吹き込んで大人に育てるように   そして両親が彼(または彼女)を結婚式の天蓋に導くように。   この祈りは   少女に対して   そして少年に対して割礼の時に   シナゴーグあるいは他の有名な式典で朗唱される。私の友人   Rabbi   Irwin   Kula   は書いた:4つ目の質問は   すべての割礼式で準備されている「kisei   eliyahu(エリヤの椅子)」を通して言及されている。ユダヤ人の伝統では   エリヤ(Elijah)は世界のあがないを先導する預言者である。   Other   Biblical   And   Rabbinic   Views   Of   What   Matters   Most   To   God   聖書の預言者やタルムードのユダヤ教の偉大な人物たちは   また   道徳的な振る舞いが人類に対する神の主要な要求である   という観点を表現してきた。   from   The   Bible   彼はあなた方に言った。おお人よ   何が良いことであり何があなた方への主の要求であるか:ただ   正義を行なうこと   良いことを愛すること   そしてあなた方の神と共に控えめに歩くこと。   [   ミカ書   6:8   ]   ---   紀元前8世紀   このように主が言った。知恵において   知恵がある方の光栄でないように。資産において   金持ちの光栄でないように。しかし   人はただ私     への熱望的な愛において光栄であるべきだ。なぜならば     主は親切   正義そして平等をもって世界の中で行動するからである。なぜならば   これらの中で私が喜ぶからである。   [   エレミア書   9:22-23   ]   ---   紀元前6世紀   預言者ミカと同様に   預言者エレミアは   神に楽しみを与える振る舞うの3つのタイプを列挙している。エレミアの場合は   親切   正義そして平等。   from   The   Talmud   (シャマイとヒレルは彼らの時代の2つの指導的なラビであった)シャマイの前に   一人の異教徒がやって来て   そして彼に言った   「もし私が片足で立っている間に   トーラ全部を私に教えて   私をユダヤ教に改宗しなさい」シャマイは   彼の頭に建築者の棒をもって追いやった。その異教徒はヒレルの前にやって来た時に   ヒレルは彼を改宗させて言った   「あなたが嫌なことをあなたの隣人にしてはいけない。これがトーラの全てである。その残りは注解である   さぁ行って学びなさい。」   [   ---   Babylonian   Talmud   Shabbat   31a   ]   ---   紀元の始めの少し前   タルムードのユダヤ教の偉大な人物の一人ヒレルが   この道徳的な原則を受け入れるという基本において非ユダヤ人を喜んで改宗したということは確かに   道徳的な振る舞いがユダヤ教の本質を構成していることを証明している。   (これはプロテスタント(抗議派)の原則主義者が自称「改宗の受け入れ」を主張しているのと同じ方法。イエスキリストが人間の罪を贖って死んだ神の子であった   ということをクリスチャンの本質として見ているところのものを受け入れること)   ヒレルがこの道徳的な原則を認めているように   これがトーラの全てである。   重要なことは   ヒレルがその男にトーラを学び始めることを命令していること   なぜならばこの「注解」を学ぶことによってのみ   その男はユダヤ教の教えを実行することができるから。   ヒレルの後   1世紀後   偉大な学者で彼の時代の先生であったラビはユダヤ教の道徳の卓越を繰り返した:「あなた自身のようにあなたの隣人を愛しなさい(レビ記19:18)」これがトーラの主要な原則である。   [   ---   Palestinian   Talmud   Nedarim   9:4   ]   ---   紀元第2世紀   預言者ミカ   預言者エレミア   そしてラビは全て   神に最も重要である特別な「方法」を見つけることに関心を持っていた。その一方で   ラビ・ヨハナン・ベン・ザカイは   その実践が良い生活を導くということを保証する傾向がある「人格の特性」を分離することに関心を持っていた:彼(ラビ・ヨハナン・ベン・ザカイ)は   彼ら(五人の優れた学生)に言った:「どれが人間が従うべき最善の方法か行って見つけなさい」   Rabbi   Eliezer   は言った   「良い親切な目を(人は持つべきである)」   Rabbi   Joshua   は言った   「良い友人(であるべきである)」   Rabbi   Yossi   は言った   「良い隣人(であるべきである)」   Rabbi   Simeon   は言った   「彼の行動の未来の影響を予知する人」   Rabbi   Elazar   は言った   「良い心を(人は持つべきである)」   彼(ラビ・ヨハナン・ベン・ザカイは彼らに)言った:「私はあなた方にElazar   の言葉を好む   なぜならば彼の言葉の中に   あなた方が含まれるからである」   [   ---   Ethics   of   Fathers   2:9   ]   ---   紀元第1世紀   An   ancient   rabbinic   tradition   teaches   ラビの伝統は教えている   トーラには613の法律がある。(トーラそれ自身はその数を決して示していない)ある有名なタルムードの節は   最も本質的なものがどれかを判読することを試みている。Rabbi   Simlai   は教えた:   モーゼから613の戒律   「モーゼから613個の戒律を表わされた。365が否定の戒律で   ...   248が肯定の戒律で...」   ダビデが11の原則に   「ダビデ(詩編の著者)が来て   彼が613の戒律を要約して11個の(道徳的な)原則にまとめた」   主よ   どのような人があなたの幕屋に滞在し   あなたの聖なる山に住むことができますか?   (1)   非難がなく生活する人   (2)   正しい行ないをする人   (3)   彼の心に真実を話す人   (4)   彼の舌が詐欺を言わない人   (5)   彼の友人を傷つけていない人   (6)   彼の隣人(に対して彼の行動)を   非難することを耐えている人   (7)   卑劣な人に対しては大嫌いな人   (8)   主を畏れる人々を尊敬する人   (9)   彼に不利である時でさえ   彼の誓いを守る人   (10)   決して利息のために金を貸さない人   (11)   無実に対抗して賄賂を受け取らない人   [   詩編15:1-5   ]   原則の(3)   彼の心に真実を話す人   はどんな意味であるのか?彼(または彼女)にのみ知らされている時でさえ   そして実際の条件では不利であっても   その真実に従う人を言及している。タルムードの注解者は   Rabbi   Safra   の場合を引用している:ある日   そのラビが「聞けイスラエルよ」という祈り(Sh'ma)を繰り返していた時   ある男が彼の事務所に入ってきて   ラビが売っている品物を注文した。   Rabbi   Safra   は彼の祈りを中断することを望まなかったので   何も言わなかった。その自称売買人は   その沈黙を拒否として解釈した   そして彼の注文金額を何度も高めていった。Rabbi   Safra   が祈りを終えた時に   彼がなぜ黙っていたかを説明して   その最初の申し出の金額を受け入れた。彼が最初にそれを聞いた時に   彼はその品物をその金額で喜んで売るつもりでいたと説明した。   (そのタルムードの節はつづく)   イザヤが6の原則に   「イザヤがやって来た時に   彼は613の戒律を要約して6つの(道徳的な)原則にまとめた」   (1)   正しく歩む人   (2)   正直に話す人   (3)   詐欺の扱いからの利益を蹴飛ばす人   (4)   賄賂を取らずに手を振って拒む人   (5)   彼の耳を閉じて悪意のある言葉を聞かない人   (6)   悪を見ることに対抗して彼の目を閉じる人   [   イザヤ書   33:15-16   ]   (そのタルムードは次に)   ミカが3の原則に   すでに前に述べたように   ミカは613の戒律を要約して3つの原則にまとめた。   (1)   ただ   正義を行なうこと   (2)   良いことを愛すること   (3)   そしてあなた方の神と共に控えめに歩くこと。   [   ミカ書   6:8   ]   (その次には)   イザヤが2の原則に   イザヤ書の違った節に戻っている。   「彼は613の戒律を要約して2つの原則にまとめた」   (1)   正義を行なう   (2)   正しさ(あるいは慈善)の行ないを実行する   [   イザヤ書   56:1   ]   それから   アモスが戒律を一つの原則に要約したかどうかという短い論争が続く。   「私を探しなさい   そうすればあなたは生きるであろう」   [   アモス書5:4   ]   そして最後に   Habakkuk   が1の原則に   「Habakkuk   がやって来て613の戒律を要約して1つの(道徳的な)原則にまとめた」   彼は言った。   (1)   正しさは彼の誠実に従って生きるであろう   [   ---   Babylonian   Talmud   Makkot   23b-24a   ]   宗教的であると自称している多くの人々は   彼らの毎日の生活の中で   彼らが宣言した誠実に従って生活していない。   Habakkuk   はそれゆえ人の宗教性の誠実を決定するために   簡単な試験を提案している:   彼(あるいは彼女)は   神によって命令されている行動を実行しているか?   ユダヤ人の国民は3つの性格によって識別される。   彼らは慈悲深いか   彼らは控えめか(あるいは   恥ずかしがりやか)   そして   彼らは愛情のある親切な行いを実行するか。   [   ---   Babylonian   Talmud   Yevamot   79a   ]   ユダヤ人の多くがこれらの特性を明らかに所有してはいないけれども   (私は   控えめでもなく恥ずかしがりやでもない人々をより多く知っている)   このラビたちは   各々のユダヤ人が熱望すべき価値と振るまいは何かを主張していた。   繰り返すが   列挙されたこれら特性は全て道徳的である。   Additonal   Statements   of   Judaism's   Essence   ユダヤ教の本質の追加としての声明   From   the   Ethics   of   Fathers   世界は3つの活動のゆえに持続する。   トーラの勉強   神の礼拝   そして愛情からの親切な行い。   [   ---   Ethics   of   Fathers   1:2;   for   the   meaning   of   "deeds   of   loving-kindness   "   see   page   24   ]   From   the   Mishna   人がこの世界   そして再び来たるべき世界   に報いられているのは次の活動のためである。   父と母を尊敬すること   愛情からの親切の行い   そして人と隣人との間の平和を作ること。   しかし   トーラの勉強はそれら一緒の全てと同じように重要である。   [   ---   Mishna   Peah   1:1   ]   From   the   Tanhuma   もし人が   朝に法律の2つの節   夕夜に2つの節を学び   そして毎日彼の仕事をするならば   それは彼が全体においてトーラを果たしてきたかのようにみなされる。   [   ---   Tanhuma   Beshallakh   #20   ]   トーラの勉強は人に生き方を教えるために   それを学んで養成する最も重要な性質は堅実さである。あなたが毎日のトーラの勉強に時間を取っている限り   たとえただの2節だけを学ぶという短い時間であろうとも   それはあなたに影響を与える。トーラの勉強の重要さに関するこれらの声明にもかかわらず   他のラビは慈善を分配することを優れた戒律とみなした。   From   the   Talmud   偶像崇拝を拒否する人はだれでもユダヤ人と呼ばれる。   [   ---   Babylonian   Talmud   Megilla   13a;on   idolatry   see   page   294-297   ]   トーラの主要なメッセージは一つの全世界と道徳的な神の信念である。偶像崇拝   すなわち多数の神の主張そして一つの全世界の道徳の否定   それはユダヤ教の本質を否定している。   最後に   タルムードの後の時代の声明。   中世時代の優れた哲学者でありラビ学者Moses   Maimonides   によって到着した結論:トーラの法律の目的....     慈悲と愛情からの親切とそして平和を世界にもたらすことである。   [   ---   Moses   Maimonides   Mishneh   Torah   "Laws   of   the   Sabbath   "   2:3   ]   ---(12世紀)  

01

   
videovar
iPeeVee iPeeVee

会社概要 |  ソリューション |  お問い合わせ |  スタッフ募集 |  利用規約 |  プライバシーポリシー

Copyright (C) 2006-2019 PeeVee Corporation. All rights reserved.