PeeVee.TV
   

  ログイン

ホーム 新規ユーザー登録

新着動画一覧

01

サムネイル

Vivaldi Gloria in D Major RV 589(お話です)『タルムード:Avot 第2章・第3章』

Vivaldi Gloria in D Major RV 589(お話です)『ミシュナー・タルムード:Pirkei Avot 第2章・第3章』 『ミシュナー・タルムード:Pirkei Avot 第2章』 Balance in the community  ラビのユダ・ハナシ(Yehudah HaNasi)が言った、  人が彼自身のために選択すべき正しい道はどれであるか?  それは、それを行なう人にとって名誉であるような道であり、  また、人々から彼に名誉を与えるような道である。                       (Avot 2:1) Goverment and power  我々が見てきたように、 政府に対する必要と、政府を疑うための必要との間に緊張がある。 お互いを「相食べる」ことから我々を保つために、我々は政府を必要とする。 しかし政府から我々を保護するために、 我々はthe Bill of Rightsやタルムードのような手段を必要とするのだ! しばしば、何を行なおうが、政府は良いことだけを行っていると主張する。 「良いこと」とは、「政府の敵」を死に追いやること、市民へ重税をかけること、 あるいは戦争に戦うことを意味するかもしれない。 ラバン・ガマリエル(Rabban Gamaliel) が我々に警告したのは不思議ではない。  権力に気をつけなさい。  なぜならばそれらは自分たちにとって必要でなければ人に近寄ってこない。  それらは自分たちが得になる時には友だちのように見えるが、  人が苦境に陥っている時にはそれらは彼のそばに立ってはくれない。                        [ Avot 2:3 ] 我々は真に権力と友だちになることはできない。 そして、ラビ・エリエゼル(Rabbi Eliezer)は言った:  あなたの仲間の名誉をあなた自身のもののように大切にしなさい。                      (Avot 2:15) これらの言葉の両方において、 我々は自分自身と共同体社会との間のバランスを見ることができる。 各々、その作者は我々のあらゆる人に、彼あるいは彼女「自身」に従って、 彼あるいは彼女自身の行動を測ることを要求している。 そして各々、その行動は他の人に関係している --- その人の財産と名誉に。 ラビたちはこう実感していた: 我々が我々自身の欲求や必要を十分良く理解する時から、 我々が我々自身について理解しているところのものを、 他人を巻き込んだ我々の行動に移すために、 我々の宗教的知覚をに使うべきであると。 これこそが、ラビ・エリアザル(Rabbi Eleazar)が心に持って ヨハナン・ベン・ザカイ(Yohanan ben Zakkai)の質問の答えである:  人が保持すべきところの良い道とはどれか?  エリアザルは言った、「良い心」  このページ先頭へ A feeling for what is right あなたは、正しいバランスのために感覚をあなた自身で発展させなければならない。 その選択はいつもあなた自身にある。 誰もあなたのためのあなたの生活の仕方を選択することはできない、 あなたのためにあなたの報酬を受け取る以上には。 あなたにとって何が「良い心」を意味するものかを、あなたは探さなければならない。 もし生まれつきに、あなたがあまりにも寛大である傾向があるならば、 あなたはその偏りをバランスすることを学ばなければならない。 あるいは、もしあなたの性格が利己的になる方向に傾くならば、 あなたはその偏りをバランスすることを学ばなければならない。 ただあなたのみが、あなたの選択において正しいバランスを感じることができる。 最善のバランスはいつもあなたの中に存在する:  「あなた自身の目に見て邪悪でないように」              (Avot 2:18) 『ミシュナー・タルムード:Pirkei Avot 第3章』  ラビ・ハニナ (Rabbi Hanina) は言った:  政府の繁栄を祈りなさい、なぜならばそれに対する怖れがなければ、  人は生きたままで互いを食べるであろうからである。                          [ Avot 3:2 ]

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.7.14. 22:22
視聴回数:5916回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: Vivaldi   Gloria   in   D   Major   RV   589(お話です)『ミシュナー・タルムード:Pirkei   Avot   第2章・第3章』   『ミシュナー・タルムード:Pirkei   Avot   第2章』   Balance   in   the   community   その同じバランスが他人との関係に必要である。   ヒレルの有名な言葉の中に   そのバランスを成し遂げるための処方箋が与えられてき   ている。   If   I   am   not   for   myself   who   will   be   for   me   ?   And   if   I   am   only   for   myself   what   am   I   ?   And   if   not   now   when   ?   (Avot   1:14)   共同体社会との我々の関係の中で   我々の個人的な欲望と必要   それと他人の欲望と必要   その間のバランスを我々は探さなければならない。   我々の隣人を正しく愛するために   我々はまず自分自身を愛さなければならない。   人は   彼が誇るべきことをするよう努力すべきであり   そうすれば他人が彼をまた尊敬するであろう。   ラビのユダ・ハナシ(Yehudah   HaNasi)が言った   人が彼自身のために選択すべき正しい道はどれであるか?   それは   それを行なう人にとって名誉であるような道であり   また   人々から彼に名誉を与えるような道である。   (Avot   2:1)   Goverment   and   power   我々が見てきたように   政府に対する必要と   政府を疑うための必要との間に緊張がある。   お互いを「相食べる」ことから我々を保つために   我々は政府を必要とする。   しかし政府から我々を保護するために   我々はthe   Bill   of   Rightsやタルムードのような手段を必要とするのだ!   しばしば   何を行なおうが   政府は良いことだけを行っていると主張する。   「良いこと」とは   「政府の敵」を死に追いやること   市民へ重税をかけること   あるいは戦争に戦うことを意味するかもしれない。   ラバン・ガマリエル(Rabban   Gamaliel)   が我々に警告したのは不思議ではない。   権力に気をつけなさい。   なぜならばそれらは自分たちにとって必要でなければ人に近寄ってこない。   それらは自分たちが得になる時には友だちのように見えるが   人が苦境に陥っている時にはそれらは彼のそばに立ってはくれない。   [   Avot   2:3   ]   我々は真に権力と友だちになることはできない。   典型的な政治家の選挙を考えてみなさい。   選挙の前は   候補者の全ては選挙民に約束をする。   候補者は   彼らに叫ぶあらゆる人に向かって友だちのようであり機嫌がよい。   彼らは不平に耳を傾け   物事を正しくし   それらをより良くすることを約束する。   結局   我々の投票を必要としている。   しかし選挙が終わるや否や   約束はまた全てしばしば忘れられてしまう。   特に   危機の時代   全ての側に苦境が増えている時は   政府の役人たちは人々の興味どころではなく   政府自身の興味で行動する。   我々の伝統に従うと   正しい道は我々自身を尊敬するために来ると同時に   他人に我々を尊敬させるために行なう真ん中の道である。   それは   我々が我々自身に幸福であり   そしてまた他人が我々に喜ぶように行なう真ん中の道である。   ほとんどすべての関係において   ラビたちは責任を等しく分けた   共同体社会に対する我々の義務と我々自身への我々の義務との間で。   例えば   ラビ・ヨセ(Rabbi   Yose)は言った:   あなたの仲間の財産をあなた自身のもののように大切にしなさい。   (Avot   2:17)   そして   ラビ・エリエゼル(Rabbi   Eliezer)は言った:   あなたの仲間の名誉をあなた自身のもののように大切にしなさい。   (Avot   2:15)   これらの言葉の両方において   我々は自分自身と共同体社会との間のバランスを見ることができる。   各々   その作者は我々のあらゆる人に   彼あるいは彼女「自身」に従って   彼あるいは彼女自身の行動を測ることを要求している。   そして各々   その行動は他の人に関係している   ---   その人の財産と名誉に。   ラビたちはこう実感していた:   我々が我々自身の欲求や必要を十分良く理解する時から   我々が我々自身について理解しているところのものを   他人を巻き込んだ我々の行動に移すために   我々の宗教的知覚をに使うべきであると。   これこそが   ラビ・エリアザル(Rabbi   Eleazar)が心に持って   ヨハナン・ベン・ザカイ(Yohanan   ben   Zakkai)の質問の答えである:   人が保持すべきところの良い道とはどれか?   エリアザルは言った   「良い心」   このページ先頭へ   A   feeling   for   what   is   right   あなたは   正しいバランスのために感覚をあなた自身で発展させなければならない。   その選択はいつもあなた自身にある。   誰もあなたのためのあなたの生活の仕方を選択することはできない   あなたのためにあなたの報酬を受け取る以上には。   あなたにとって何が「良い心」を意味するものかを   あなたは探さなければならない。   もし生まれつきに   あなたがあまりにも寛大である傾向があるならば   あなたはその偏りをバランスすることを学ばなければならない。   あるいは   もしあなたの性格が利己的になる方向に傾くならば   あなたはその偏りをバランスすることを学ばなければならない。   ただあなたのみが   あなたの選択において正しいバランスを感じることができる。   最善のバランスはいつもあなたの中に存在する:   「あなた自身の目に見て邪悪でないように」   (Avot   2:18)   『ミシュナー・タルムード:Pirkei   Avot   第3章』   ラビ・ハニナ   (Rabbi   Hanina)   は言った:   政府の繁栄を祈りなさい   なぜならばそれに対する怖れがなければ   人は生きたままで互いを食べるであろうからである。   [   Avot   3:2   ]   Our   pleasure   is   God's   pleasure   重要なことは共同社会の中にある単なる人気ではなく   共同社会の中の平和を増やすことである。   こんな方法で   成し遂げる価値がある人気の種類があり得るのである。   それは我々のまわりの世界の中に平和と満足をもたらす種類である。   そしてそれは我々が人気がある時に起こる   なぜならば我々が隣人によって尊敬されているので。   しかしここで「人気」という言葉は混乱となるかもしれない。   一つの違った方法でそれに接近してみよう。   人気に対する願望が極端にとられる時   それは邪悪である。   それは我々をたとえ何であっても多勢に従うことに導く。   そしてそれは我々自身が必要とするもの   そして我々の共同社会の本当に必要なものを忘れさせる。   しかし他人に楽しみを与えることは追求する価値がある。   それは我々が我々自身を愛すると同じように   我々の隣人を愛することに基づく。   それは尊敬を与えることを意味し   人気の建設的な形である。   これはハニナ(Hanina)が言った時に   心の中に持っていた種類である:   彼の仲間の精神が喜んでいる者であれば   「the   All-Present(いつもいる神)」の精神もその人から喜んでいる。   (Avot   3:10)   もしハニナが   我々はたとえ何であっても人気になるよう努力すべきである   と我々に言いたかったならば   彼はこう言ったであろう   「彼の仲間が喜んでいる者であれば   ...     しかし   その代わりに   「彼の仲間の『精神』が喜んでいる者であれば   ...     こう言った。   そしてこの注意深い言葉の使用において   意味での重要な違いがある。   神はいつでも人気がある人々で楽しむのだ   とハニナは言ってない。   例えば   預言者たちはしばしば人気とは遠くかけはなれていた。   彼らは共同社会の   人々に向かってしゃべった   彼らの利己的な道を変えて神の道に戻るように叫んだ。   「the   All-Present」の精神がその預言者たちによって喜ばなかった   と我々は想像することができるだろうか?   いいえ   それは人々は預言者たちの言葉の中に真実の声を聞いたからである   これらの言葉はいつでも記録され蓄積された。   人々が預言者たちのようではなかった時でさえ   彼らの「精神」は預言者たちの精神に触れて動かされた。   それでまた   我々が友人や隣人の精神を喜ばす時は   我々は「the   All-Present」の精神を喜ばしている。   我々が共同社会の中に平和   正義そして慈悲をもたらすための行動をする時   我々のまわりに喜びと慰めを与えるような方法で我々は行動している。   我々が真の友情の精神にて友人を作る時   これらの友情は永続し   そして仲間の精神は我々の中に喜びを取る。   それでまた   神はその創造的な果実で喜ぶことによって真の友情の中に参加する。   The   Sodom   type   ---   the   average   人々は自分たちが稼いだ物に権利がある   そしていったん我々が一つの物を稼いだならば   それは我々だけに属する   我々のほとんどはこう信じている。   しかしラビたちは   これが邪悪な考え方   行動の仕方になり得ると感じた。   彼らはそれをソドムの人々の信念として識別した。   ソドムは彼らの邪悪さゆえに神によって滅ぼされた地である。   しかしなぜラビたちは   我々のほとんどがソドムの人々のようである   と言うことが正当であると感じたのであろうか?   我々の態度を所有に向ける時に   我々はほんとうに邪悪であるのか?   この答えは   互いに対して   そして時々互いの財産に対して   我々の相互の必要の中に横たわっている。   ラビたちは   その正しい意味のケースを示すために   我々が所有するところのあらゆるものは神から一種の借り物として見るように   我々に思い起こさせた:   Rabbi   Eleazar   of   Bertoda   は言った   神のものは全て神に与えよ。   あなたとそしてあなたが持つ全てのものは神のものであることを知るように。  

サムネイル

Vivaldi Gloria inDMajorRV589(お話です)「イスラム教第三十二章叩頭」「タルムード」「所有の価値」

Vivaldi Gloria in D Major RV 589(お話です)「イスラム教聖クルアーン第三十二章叩頭」「タルムード」「所有の価値」 ◎「所有の価値」について 人間には四つのタイプがある。私のものは私のもの、あなたのものはあなたのもの、と言う人は平均的なタイプである。ある人はこれをソドムのタイプと呼ぶ。 私のものはあなたのもの、あなたのものは私のもの、と言う人は知識のない人である。 私のものはあなたのもの、あなたのものはあなたのもの、と言う人は聖人のタイプである。 私のものは私のもの、あなたのものは私のもの、と言う人は邪悪な人である。 [ Avot 5:13 ] ◎The Sodom type --- the average 人々は自分たちが稼いだ物に権利がある、そしていったん我々が一つの物を稼いだならば、それは我々だけに属する我々のほとんどはこう信じている。しかしラビたちは、これが邪悪な考え方、行動の仕方になり得ると感じた。彼らはそれをソドムの人々の信念として識別した。ソドムは彼らの邪悪さゆえに神によって滅ぼされた地である。しかしなぜラビたちは、我々のほとんどがソドムの人々のようであると言うことが正当であると感じたのであろうか?我々の態度を所有に向ける時に、我々はほんとうに邪悪であるのか? この答えは、互いに対して、そして時々互いの財産に対して、我々の相互の必要の中に横たわっている。ラビたちは、その正しい意味のケースを示すために、我々が所有するところのあらゆるものは神から一種の借り物として見るように我々に思い起こさせた:Rabbi Eleazar of Bertoda は言った、神のものは全て神に与えよ。あなたとそしてあなたが持つ全てのものは神のものであることを知るように。 [ Avot 3:8 ]

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.7.7. 23:45
視聴回数:6541回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: Vivaldi   Gloria   in   D   Major   RV   589(お話です)「イスラム教   聖クルアーン   第三十二章   叩頭」「タルムード」「所有の価値」   ◎「所有の価値」について   人間には四つのタイプがある。私のものは私のもの   あなたのものはあなたのもの   と言う人は平均的なタイプである。ある人はこれをソドムのタイプと呼ぶ。   私のものはあなたのもの   あなたのものは私のもの   と言う人は知識のない人である。   私のものはあなたのもの   あなたのものはあなたのもの   と言う人は聖人のタイプである。   私のものは私のもの   あなたのものは私のもの   と言う人は邪悪な人である。   [   Avot   5:13   ]   ◎The   Sodom   type   ---   the   average   人々は自分たちが稼いだ物に権利がある   そしていったん我々が一つの物を稼いだならば   それは我々だけに属する我々のほとんどはこう信じている。しかしラビたちは   これが邪悪な考え方   行動の仕方になり得ると感じた。彼らはそれをソドムの人々の信念として識別した。ソドムは彼らの邪悪さゆえに神によって滅ぼされた地である。しかしなぜラビたちは   我々のほとんどがソドムの人々のようであると言うことが正当であると感じたのであろうか?我々の態度を所有に向ける時に   我々はほんとうに邪悪であるのか?   この答えは   互いに対して   そして時々互いの財産に対して   我々の相互の必要の中に横たわっている。ラビたちは   その正しい意味のケースを示すために   我々が所有するところのあらゆるものは神から一種の借り物として見るように我々に思い起こさせた:Rabbi   Eleazar   of   Bertoda   は言った   神のものは全て神に与えよ。あなたとそしてあなたが持つ全てのものは神のものであることを知るように。   [   Avot   3:8   ]   ◎The   cave   and   the   world   世界の財産は   神の奉仕に使われるために意味されている   誰の手にそれが通過していようが   誰がそれを所有しているつもりであろうが。   シメオン・ベン・ヨハイ(Simeon   ben   Yohai)は   彼が非難したローマ人から身を隠すために   洞穴の中に逃げざるを得なかった。この身を隠す場所で中で   彼は息子と一緒であった。この二人はそこで共に十二年間暮して   トーラを勉強した。十二年の後   ローマの皇帝が死んで   ユダヤ人に反抗する決定が公式に解除されたことを知った。彼と彼の息子は   洞穴から出てきて太陽の光りを十分に浴び   ユダヤ人の共同体の生活の中に戻る準備ができた。しかしシメオンは   エレサレムの町に近づいた時に   ユダヤ人の農民たちが彼らの畑を世話しているのを見た。ただちに彼には怒りがわいてきて   彼らに叫んだ   「あなた方はいかに挑戦しているのか   こんな浪費した方法で自分を!ローマの決定は解除された。我々は再びトーラーを勉強することが出来るというのに!畑を離れて勉強しなさい」しかし農民たちは彼を見て笑った   「今は収穫の時です。その後で我々は勉強しますよ」その時シメオンは叫んだ   「これらの畑が燃えてしまうように   なぜならば   この人々は永遠の真実を無視して   単に今必要なものに向きを変えたから」そしてシメオンと彼の息子は彼らの目を向けたあらゆる場所   その畑は突然に炎で焼き尽くされた。ついに   このような声がやって来た   「おまえは私の世界を滅ぼすために洞穴に滞在したのか?トーラを勉強するよりも   トーラによって生活することの方が重要ではないのか?   洞穴に戻って   そしておまえの道を勉強せよ」   [   Shabbat   33b   ]   ◎Living   in   the   world   ユダヤ人の教えの目的は   現実の世界   畑を耕すとか   収穫するとかから我々を切り離すことではなく   現実の世界の中で生活するためにいかに最善となるかを我々が学ぶ助けとなることである。シメオンは洞穴に隠れて長く住んでいる間に起こったことは   もし我々がそれに対して防御していないならば   我々の誰かにも起こり得ることである。   シメオンはそれが生きるための唯一の正しい方法であると確信していた方法で   彼はそんなに長く生活をした。彼はトーラの勉強にとても終始したので   「あなたが生きるような生活を選択しなさい」   という基本の規則を忘れてしまった。その代わりに   彼は勉強だけを信じるようになってしまった。   勉強はユダヤ人の生活をするために必須で重要である   と我々の全てはおそらく同意するであろう。しかし   我々はまたおそらく   共同体の人々を祝福した人   Ben   Zoma   に同意するであろう。(彼らは彼にパンと   彼の着る衣を準備して助けてくれた)我々はまた   Rabbi   Yohanan   に対して   「私はあなたと同様に重要である」と言った労働者に同意するであろう。   より重要であるところの質問   「勉強かそれとも行動か」に関して   ユダヤ人として我々はどちらか一方を犠牲にして他方を選択することを拒否する。   ◎Seeking   a   balance   Solomon   Ganzfried(1804-1886)   彼はハンガリーのラビでKitzur   Shulhan   Aruch   と呼ばれるユダヤ人の法律のマニュアルを編集した   彼はこのように書いている:   従うべき良い正しい道は   人が習慣になるべき真中の道である。人はその体に必要な物をただ願望すべきである   そしてそれらを無しで生活することが重要である:   人は仕事であんまり多くを占有されるべきではなく   生活にただちに必要として要求されるものを得ることにのみに十分であればよい。人はあんまりにも財布のひもを固くすべきではなく   また自由に彼の金を消費すべきでもない   しかし彼の稼ぎに従って慈善をすべきであり   そして貧しい人によろこんで金を貸すべきである。人はあんまりも多くお祭り騒ぎで陽気になるべきではなく   また悲しんで回想にふけるべきでもない   しかし毎日を満足と友情で楽しくすべきである。全ての他の道徳的な価値に関連して   その中道を選ぶ人は賢者と呼ばれる。   我々が行う物事のバランスを探すこと   ---   中道を見つけるように試みること   ---それはスキルでありほとんで芸術である。そんなに多くのユダヤ人の価値のように   それは開いた心を維持し   真実を探すことを我々に要求する。   シメオンと彼の息子が中道への彼らの心を閉じた時に   彼らのまわりのあらゆるものが実際に炎で覆われたのを見た:近代的なことばで言えば   彼らは「激怒(see   red)」した。中道によってよろこんで生活しようとしない人は   実際にその共同体から彼自身が引き離される。   ◎The   pepole   of   the   community   もっと前の章で   我々の各々の内部で複雑な強い努力の話をした---「Yetzer   Tov」と「Yetzer   HaRa」とが   我々の性格を制御するために戦いそして作用している。共同体の中   共同体の人々自身の中にも作用する同様な力がある。個人と同様に   共同体は   その中での力がバランスされた時が最善である。共同体の人々がバランスの中で生活する時   共同体は生活するのに良い場所になる。それでラビたちは教えた:共同体の人々は自然さを一緒に感じるべきであり   そして彼らは互いに分配し合うべきである。しかし彼らはまた互いに正直によろこんで議論すべきである   そして互いは彼ら自身の個人的な所有の権利を持つべきである。ラビたちは言った   美しい家や美しい家具は良いことである   なぜならばそれらは「心の楽しい炎の中に」我々に置く助けになるからである。   ---[   Berachot   57b   ]   そしてまた   心の楽しい炎はその共同体をもっと楽しくするのを助ける。しかしもしその所有者がそれで楽しくないならば   美しい家や美しい家具はなんの役に立たない。それでラビたちは教えた:裕福な人の真の定義とは   「彼の富を通して喜びを見つける人」である。   ---[   Shabbat   25b   ]   ◎Findind   the   middle   ground   共同社会の中での中道を見つけることは   自分自身の中でバランスを探すことと   そんなに違ってはいない。その最初の一歩は   まず極端を見つけることである。それはちょうど   四角形の4つのコーナを位置付けて   それから中心を位置付けるように。   ◎「The   value   of   goverment:政府の価値」   ラビ・ハニナ   (Rabbi   Hanina)   は言った:政府の繁栄を祈りなさい   なぜならばそれに対する怖れがなければ   人は生きたままで互いを食べるであろうからである。   [   Avot   3:2   ]   ◎The   importance   of   goverment   人々が住んでいるところの法律のシステムは   そこの人々のグループの価値に影響する。たとえそれが停止信号や鉄道信号のような小さなことであっても   それは基本的な価値に影響する   ---   社会のメンバーの安全を保護する価値に。停止信号や鉄道信号を建設することによって   我々自身の安全   我々の愛する人の安全   そして他人の安全   に対して我々の感心を行動の中に置く。   価値を行動の中に置くことは政府の重要な一つの機能である   確かに政府を   願ましくする機能である。   我々が個々に知っている言葉で   我々が政府を理解する最善の方法は   「Yetzer   HaRa(邪悪の衝動)」と「Yetzer   Tov(善の衝動)」との全体の質問   を再び考えることである。トーラが我々に教えていることの一つは   「あなたの心の中で   あなたの隣人を憎んではならない」(レビ記   19:17)しかし   実際に他の人々を傷つけることから人々を防いでいるのは   まったく別のことである「十戒」は数千年間存在してきている   そしていまだに日常の情勢は   殺人や強盗   法廷で偽証を誓った人   他人をだましている人の記事でいっぱいである。明らかな事実は   我々の幾人かは我々の「Yetzer   HaRa」を制御しそれを役に立つ目的に向ける働きをしている一方   他の者はそうではない。彼らは   彼らの中にある「Yetzer   HaRa」を乱暴に走らせることを許している。酔っ払った運転手のように   その時   彼らは道路で他のあらゆる人にとって危険になってございます。   そんな人々から我々を保護するために   政府が作られている。我々が個々のレベルで   我々の「Yetzer   HaRa」を統治することを学ばなければならないのと同様に   「Yetzer   HaRa」が乱暴になっているレベルのグループを制御することが政府の一つの重要な目的でございます。   ◎Law   enforcement   and   courts   政府が我々を効果的に保護するために   我々の各々は自分自身の自由な意志の幾らかを諦めなければならない。   どれだけ大きな力が政府に与えられるべきかについて継続的な大きな議論や論争がある。しかし   もし政府が我々を効果的に保護するならば   誰もが「幾らか」の力を諦めなければならない   ということを我々は何の議論もなしで知ることができる。   この一つの良い例は   各個人としての報復の権利を放棄することである。   報復はそのグループに破壊的である。AがBから盗みをしたとする   そしてそれからBが返礼にAから盗みをする   これでイーブンと言って。もしこれで終わるならばそれで結構なことであるが   けれども報復はめったに最初の不公平以上により公平にはならない。Bが報復する時   Aが彼から取ったよりも彼はAからより多く取るかもしれない。その時   Aは彼自身が報復の必要を感じる。すぐに   物は手から離れて   そしてAとBは互いに殺すという点にまでくる   ----   また   彼らの友人や親族がその行動に参加するかもしれない。   この種の事態を避けるために   警察や他の代理権の形で実行する法律を規定する力を我々は政府に許す。告訴が設定され聞かれる法廷と同様に。法律を実施する事務所や法廷はどちらも   我々すべてのために   個人よりもむしろグループによって最善に維持される力を代表している。   ◎An   eye   for   an   eye   タルムードは   部分的には   行なわれてきた法廷の記録として見られる。ラビたちは政府の境界線を築くために   事例に事例を積み上げている。我々の例として   タルムードで扱われた古典的な報復の事例は   聖書のきまり文句である「目には目   歯には歯」   のまわりに集中してる。タルムードのラビたちが   「Yetzer   HaRa」のグループを制するために探していた政府とはどんなものかを見るために   次の議論を考えよう。   「目には目」   これは金での支払を意味する。あなたはそれが金での支払だと言うが   おそらくそれは実際に本当の目が没収されなければならない   という意味だ!しかし   その人の目が一方は大きく他方が小さいとしたとする   そんな場合に「目には目」の法律を私はいかに適応することができるのか?...   あるいは   盲の人が他人の目をたたき出した場合は   またあるいは片足びっこの人が他人を片足びっこの人にした場合は   「目には目」の法律を私はいかに十分に満たすことができるのか?トーラはこう要求している   「あなたは同じ法律を適用せよ(レビ記24:22)」   この意味は   あなたたちの全てに対して   法律が同じであるべきだということ。   [   Baba   Kamma   83b   ]   法律はいつも全ての人が同じであるとして扱われなければならない   なぜならば我々の基本的な価値は   全てが神によって平等に創造されていることである。もしそれがこの場合ならば   ラビたちが議論した「目には目」の意味はただこうである:もし人が他人の目をたたき出したならば   その有罪人は彼が破壊した目を補償する金額を支払わなければならない。   このように   社会の全てのメンバーの利益に法律を翻訳するために   政府が割り込む。目や足を失った人にとって   もし彼を傷つけた人が目や足を仕返しに失ったとしても   それは現実に良いことではない。金銭上の支払は   それが元の目や足を取り戻すことはできないが   少なくとも人が傷ついた時に生じた痛みや損失を埋め合わせるために   それはいくらかの方法に役立つ。  

サムネイル

Vivaldi Gloria inDMajorRV589(お話です)ミシュナ・タルムード「アヴォト(Avot)」篇「所有の価値」

Vivaldi Gloria in D Major RV 589 (お話です) ミシュナー・タルムード「アヴォート(Avot)」篇 ◎「所有の価値」について 人間には四つのタイプがある。私のものは私のもの、あなたのものはあなたのもの、と言う人は平均的なタイプである。ある人はこれをソドムのタイプと呼ぶ。 私のものはあなたのもの、あなたのものは私のもの、と言う人は知識のない人である。 私のものはあなたのもの、あなたのものはあなたのもの、と言う人は聖人のタイプである。 私のものは私のもの、あなたのものは私のもの、と言う人は邪悪な人である。 [ Avot 5:13 ] ◎The Sodom type --- the average 人々は自分たちが稼いだ物に権利がある、そしていったん我々が一つの物を稼いだならば、それは我々だけに属する我々のほとんどはこう信じている。しかしラビたちは、これが邪悪な考え方、行動の仕方になり得ると感じた。彼らはそれをソドムの人々の信念として識別した。ソドムは彼らの邪悪さゆえに神によって滅ぼされた地である。しかしなぜラビたちは、我々のほとんどがソドムの人々のようであると言うことが正当であると感じたのであろうか?我々の態度を所有に向ける時に、我々はほんとうに邪悪であるのか? この答えは、互いに対して、そして時々互いの財産に対して、我々の相互の必要の中に横たわっている。ラビたちは、その正しい意味のケースを示すために、我々が所有するところのあらゆるものは神から一種の借り物として見るように我々に思い起こさせた:Rabbi Eleazar of Bertoda は言った、神のものは全て神に与えよ。あなたとそしてあなたが持つ全てのものは神のものであることを知るように。 [ Avot 3:8 ] ◎Findind the middle ground 共同社会の中での中道を見つけることは、自分自身の中でバランスを探すことと、そんなに違ってはいない。その最初の一歩は、まず極端を見つけることである。それはちょうど、四角形の4つのコーナを位置付けて、それから中心を位置付けるように。 ◎「The value of goverment:政府の価値」 ラビ・ハニナ (Rabbi Hanina) は言った:政府の繁栄を祈りなさい、なぜならばそれに対する怖れがなければ、人は生きたままで互いを食べるであろうからである。 [ Avot 3:2 ] ◎The importance of goverment  人々が住んでいるところの法律のシステムは、そこの人々のグループの価値に影響する。たとえそれが停止信号や鉄道信号のような小さなことであっても、 それは基本的な価値に影響する --- 社会のメンバーの安全を保護する価値に。停止信号や鉄道信号を建設することによって、我々自身の安全、我々の愛する人の安全、そして他人の安全、に対して我々の感心を行動の中に置く。 価値を行動の中に置くことは政府の重要な一つの機能である、確かに政府を 願ましくする機能である。 我々が個々に知っている言葉で、我々が政府を理解する最善の方法は、 「Yetzer HaRa(邪悪の衝動)」と「Yetzer Tov(善の衝動)」との全体の質問 を再び考えることである。トーラが我々に教えていることの一つは、「あなたの心の中で、あなたの隣人を憎んではならない」(レビ記 19:17)しかし、実際に他の人々を傷つけることから人々を防いでいるのは、まったく別のことである「十戒」は数千年間存在してきている、そしていまだに日常の情勢は、殺人や強盗、法廷で偽証を誓った人、他人をだましている人の記事でいっぱいである。明らかな事実は、我々の幾人かは我々の「Yetzer HaRa」を制御しそれを役に立つ目的に向ける働きをしている一方、他の者はそうではない。彼らは、彼らの中にある「Yetzer HaRa」を乱暴に走らせることを許している。酔っ払った運転手のように、その時、彼らは道路で他のあらゆる人にとって危険になってございます。 そんな人々から我々を保護するために、政府が作られている。我々が個々のレベルで、我々の「Yetzer HaRa」を統治することを学ばなければならないのと同様に、「Yetzer HaRa」が乱暴になっているレベルのグループを制御することが政府の一つの重要な目的でございます。

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.6.2. 05:34
視聴回数:7237回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: Vivaldi   Gloria   in   D   Major   RV   589   (お話です)ミシュナー・シュナ・タルムード「アボット(Avot)」篇   ◎「The   value   of   goverment:政府の価値」   ラビ・ハニナ   (Rabbi   Hanina)   は言った:政府の繁栄を祈りなさい   なぜならばそれに対する怖れがなければ   人は生きたままで互いを食べるであろうからである。   [   Avot   3:2   ]   ◎The   importance   of   goverment   人々が住んでいるところの法律のシステムは   そこの人々のグループの価値に影響する。たとえそれが停止信号や鉄道信号のような小さなことであっても   それは基本的な価値に影響する   ---   社会のメンバーの安全を保護する価値に。停止信号や鉄道信号を建設することによって   我々自身の安全   我々の愛する人の安全   そして他人の安全   に対して我々の感心を行動の中に置く。   価値を行動の中に置くことは政府の重要な一つの機能である   確かに政府を   願ましくする機能である。   我々が個々に知っている言葉で   我々が政府を理解する最善の方法は   「Yetzer   HaRa(邪悪の衝動)」と「Yetzer   Tov(善の衝動)」との全体の質問   を再び考えることである。トーラが我々に教えていることの一つは   「あなたの心の中で   あなたの隣人を憎んではならない」(レビ記   19:17)しかし   実際に他の人々を傷つけることから人々を防いでいるのは   まったく別のことである「十戒」は数千年間存在してきている   そしていまだに日常の情勢は   殺人や強盗   法廷で偽証を誓った人   他人をだましている人の記事でいっぱいである。明らかな事実は   我々の幾人かは我々の「Yetzer   HaRa」を制御しそれを役に立つ目的に向ける働きをしている一方   他の者はそうではない。彼らは   彼らの中にある「Yetzer   HaRa」を乱暴に走らせることを許している。酔っ払った運転手のように   その時   彼らは道路で他のあらゆる人にとって危険になってございます。   そんな人々から我々を保護するために   政府が作られている。我々が個々のレベルで   我々の「Yetzer   HaRa」を統治することを学ばなければならないのと同様に   「Yetzer   HaRa」が乱暴になっているレベルのグループを制御することが政府の一つの重要な目的でございます。   ◎Law   enforcement   and   courts   政府が我々を効果的に保護するために   我々の各々は自分自身の自由な意志の幾らかを諦めなければならない。   どれだけ大きな力が政府に与えられるべきかについて継続的な大きな議論や論争がある。しかし   もし政府が我々を効果的に保護するならば   誰もが「幾らか」の力を諦めなければならない   ということを我々は何の議論もなしで知ることができる。   この一つの良い例は   各個人としての報復の権利を放棄することである。   報復はそのグループに破壊的である。AがBから盗みをしたとする   そしてそれからBが返礼にAから盗みをする   これでイーブンと言って。もしこれで終わるならばそれで結構なことであるが   けれども報復はめったに最初の不公平以上により公平にはならない。Bが報復する時   Aが彼から取ったよりも彼はAからより多く取るかもしれない。その時   Aは彼自身が報復の必要を感じる。すぐに   物は手から離れて   そしてAとBは互いに殺すという点にまでくる   ----   また   彼らの友人や親族がその行動に参加するかもしれない。   この種の事態を避けるために   警察や他の代理権の形で実行する法律を規定する力を我々は政府に許す。告訴が設定され聞かれる法廷と同様に。法律を実施する事務所や法廷はどちらも   我々すべてのために   個人よりもむしろグループによって最善に維持される力を代表している。   ◎An   eye   for   an   eye   タルムードは   部分的には   行なわれてきた法廷の記録として見られる。ラビたちは政府の境界線を築くために   事例に事例を積み上げている。我々の例として   タルムードで扱われた古典的な報復の事例は   聖書のきまり文句である「目には目   歯には歯」   のまわりに集中してる。タルムードのラビたちが   「Yetzer   HaRa」のグループを制するために探していた政府とはどんなものかを見るために   次の議論を考えよう。   「目には目」   これは金での支払を意味する。あなたはそれが金での支払だと言うが   おそらくそれは実際に本当の目が没収されなければならない   という意味だ!しかし   その人の目が一方は大きく他方が小さいとしたとする   そんな場合に「目には目」の法律を私はいかに適応することができるのか?...   あるいは   盲の人が他人の目をたたき出した場合は   またあるいは片足びっこの人が他人を片足びっこの人にした場合は   「目には目」の法律を私はいかに十分に満たすことができるのか?トーラはこう要求している   「あなたは同じ法律を適用せよ(レビ記24:22)」   この意味は   あなたたちの全てに対して   法律が同じであるべきだということ。   [   Baba   Kamma   83b   ]   法律はいつも全ての人が同じであるとして扱われなければならない   なぜならば我々の基本的な価値は   全てが神によって平等に創造されていることである。もしそれがこの場合ならば   ラビたちが議論した「目には目」の意味はただこうである:もし人が他人の目をたたき出したならば   その有罪人は彼が破壊した目を補償する金額を支払わなければならない。   このように   社会の全てのメンバーの利益に法律を翻訳するために   政府が割り込む。目や足を失った人にとって   もし彼を傷つけた人が目や足を仕返しに失ったとしても   それは現実に良いことではない。金銭上の支払は   それが元の目や足を取り戻すことはできないが   少なくとも人が傷ついた時に生じた痛みや損失を埋め合わせるために   それはいくらかの方法に役立つ。   ◎「所有の価値」について   人間には四つのタイプがある。私のものは私のもの   あなたのものはあなたのもの   と言う人は平均的なタイプである。ある人はこれをソドムのタイプと呼ぶ。   私のものはあなたのもの   あなたのものは私のもの   と言う人は知識のない人である。   私のものはあなたのもの   あなたのものはあなたのもの   と言う人は聖人のタイプである。   私のものは私のもの   あなたのものは私のもの   と言う人は邪悪な人である。   [   Avot   5:13   ]   ◎The   Sodom   type   ---   the   average   人々は自分たちが稼いだ物に権利がある   そしていったん我々が一つの物を稼いだならば   それは我々だけに属する我々のほとんどはこう信じている。しかしラビたちは   これが邪悪な考え方   行動の仕方になり得ると感じた。彼らはそれをソドムの人々の信念として識別した。ソドムは彼らの邪悪さゆえに神によって滅ぼされた地である。しかしなぜラビたちは   我々のほとんどがソドムの人々のようであると言うことが正当であると感じたのであろうか?我々の態度を所有に向ける時に   我々はほんとうに邪悪であるのか?   この答えは   互いに対して   そして時々互いの財産に対して   我々の相互の必要の中に横たわっている。ラビたちは   その正しい意味のケースを示すために   我々が所有するところのあらゆるものは神から一種の借り物として見るように我々に思い起こさせた:Rabbi   Eleazar   of   Bertoda   は言った   神のものは全て神に与えよ。あなたとそしてあなたが持つ全てのものは神のものであることを知るように。   [   Avot   3:8   ]   ◎The   cave   and   the   world   世界の財産は   神の奉仕に使われるために意味されている   誰の手にそれが通過していようが   誰がそれを所有しているつもりであろうが。   シメオン・ベン・ヨハイ(Simeon   ben   Yohai)は   彼が非難したローマ人から身を隠すために   洞穴の中に逃げざるを得なかった。この身を隠す場所で中で   彼は息子と一緒であった。この二人はそこで共に十二年間暮して   トーラを勉強した。十二年の後   ローマの皇帝が死んで   ユダヤ人に反抗する決定が公式に解除されたことを知った。彼と彼の息子は   洞穴から出てきて太陽の光りを十分に浴び   ユダヤ人の共同体の生活の中に戻る準備ができた。しかしシメオンは   エレサレムの町に近づいた時に   ユダヤ人の農民たちが彼らの畑を世話しているのを見た。ただちに彼には怒りがわいてきて   彼らに叫んだ   「あなた方はいかに挑戦しているのか   こんな浪費した方法で自分を!ローマの決定は解除された。我々は再びトーラーを勉強することが出来るというのに!畑を離れて勉強しなさい」しかし農民たちは彼を見て笑った   「今は収穫の時です。その後で我々は勉強しますよ」その時シメオンは叫んだ   「これらの畑が燃えてしまうように   なぜならば   この人々は永遠の真実を無視して   単に今必要なものに向きを変えたから」そしてシメオンと彼の息子は彼らの目を向けたあらゆる場所   その畑は突然に炎で焼き尽くされた。ついに   このような声がやって来た   「おまえは私の世界を滅ぼすために洞穴に滞在したのか?トーラを勉強するよりも   トーラによって生活することの方が重要ではないのか?   洞穴に戻って   そしておまえの道を勉強せよ」   [   Shabbat   33b   ]   ◎Living   in   the   world   ユダヤ人の教えの目的は   現実の世界   畑を耕すとか   収穫するとかから我々を切り離すことではなく   現実の世界の中で生活するためにいかに最善となるかを我々が学ぶ助けとなることである。シメオンは洞穴に隠れて長く住んでいる間に起こったことは   もし我々がそれに対して防御していないならば   我々の誰かにも起こり得ることである。   シメオンはそれが生きるための唯一の正しい方法であると確信していた方法で   彼はそんなに長く生活をした。彼はトーラの勉強にとても終始したので   「あなたが生きるような生活を選択しなさい」   という基本の規則を忘れてしまった。その代わりに   彼は勉強だけを信じるようになってしまった。   勉強はユダヤ人の生活をするために必須で重要である   と我々の全てはおそらく同意するであろう。しかし   我々はまたおそらく   共同体の人々を祝福した人   Ben   Zoma   に同意するであろう。(彼らは彼にパンと   彼の着る衣を準備して助けてくれた)我々はまた   Rabbi   Yohanan   に対して   「私はあなたと同様に重要である」と言った労働者に同意するであろう。   より重要であるところの質問   「勉強かそれとも行動か」に関して   ユダヤ人として我々はどちらか一方を犠牲にして他方を選択することを拒否する。   ◎Seeking   a   balance   Solomon   Ganzfried(1804-1886)   彼はハンガリーのラビでKitzur   Shulhan   Aruch   と呼ばれるユダヤ人の法律のマニュアルを編集した   彼はこのように書いている:   従うべき良い正しい道は   人が習慣になるべき真中の道である。人はその体に必要な物をただ願望すべきである   そしてそれらを無しで生活することが重要である:   人はビジネスであんまり多くを占有されるべきではなく   生活にただちに必要として要求されるものを得ることにのみに十分であればよい。人はあんまりにも財布のひもを固くすべきではなく   また自由に彼の金を消費すべきでもない   しかし彼の稼ぎに従って慈善をすべきであり   そして貧しい人によろこんで金を貸すべきである。人はあんまりも多くお祭り騒ぎで陽気になるべきではなく   また悲しんで回想にふけるべきでもない   しかし毎日を満足と友情で楽しくすべきである。全ての他の道徳的な価値に関連して   その中道を選ぶ人は賢者と呼ばれる。   我々が行う物事のバランスを探すこと   ---   中道を見つけるように試みること   ---それはスキルでありほとんで芸術である。そんなに多くのユダヤ人の価値のように   それは開いた心を維持し   真実を探すことを我々に要求する。   シメオンと彼の息子が中道への彼らの心を閉じた時に   彼らのまわりのあらゆるものが実際に炎で覆われたのを見た:近代的なことばで言えば   彼らは「激怒(see   red)」した。中道によってよろこんで生活しようとしない人は   実際にその共同体から彼自身が引き離される。   ◎The   pepole   of   the   community   もっと前の章で   我々の各々の内部で複雑な強い努力の話をした---「Yetzer   Tov」と「Yetzer   HaRa」とが   我々の性格を制御するために戦いそして作用している。共同体の中   共同体の人々自身の中にも作用する同様な力がある。個人と同様に   共同体は   その中での力がバランスされた時が最善である。共同体の人々がバランスの中で生活する時   共同体は生活するのに良い場所になる。それでラビたちは教えた:共同体の人々は自然さを一緒に感じるべきであり   そして彼らは互いに分配し合うべきである。しかし彼らはまた互いに正直によろこんで議論すべきである   そして互いは彼ら自身の個人的な所有の権利を持つべきである。ラビたちは言った   美しい家や美しい家具は良いことである   なぜならばそれらは「心の楽しい炎の中に」我々に置く助けになるからである。   ---[   Berachot   57b   ]   そしてまた   心の楽しい炎はその共同体をもっと楽しくするのを助ける。しかしもしその所有者がそれで楽しくないならば   美しい家や美しい家具はなんの役に立たない。それでラビたちは教えた:裕福な人の真の定義とは   「彼の富を通して喜びを見つける人」である。   ---[   Shabbat   25b   ]   ◎Findind   the   middle   ground>   共同社会の中での中道を見つけることは   自分自身の中でバランスを探すことと   そんなに違ってはいない。その最初の一歩は   まず極端を見つけることである。それはちょうど   四角形の4つのコーナを位置付けて   それから中心を位置付けるように。  

01

   
videovar
iPeeVee iPeeVee

会社概要 |  ソリューション |  お問い合わせ |  スタッフ募集 |  利用規約 |  プライバシーポリシー

Copyright (C) 2006-2019 PeeVee Corporation. All rights reserved.