PeeVee.TV
   

  ログイン

ホーム 新規ユーザー登録

新着動画一覧

01

サムネイル

シャローム福音教会 2015年10月11日

宣教題「何を祈る~それにもかかわらず~ 木田師」ネヘミヤ9:1~37

投稿者:サイト名 シャローム福音教会
投稿日時:2015.10.14. 08:12
視聴回数:661回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般  
タグ: church   shalom   教会   シャローム   イエス   キリスト   聖書   メッセージ   宣教  

サムネイル

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です)メタ理論・タルムード6章・聖クルアーン12章

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です) メタ理論 タルムード6章 聖クルアーン12章 『メタ理論: 個人と集団の各主語的同一性が 時間という共通述語を知覚して 表象していくとき 自然時間という時間が 個人が自然を知覚する過程に 原初の人間と幼児の意識の 人間の身体と身体の行為を 自然界につなげて 抽象性と自己同一性について 想像的普遍の詩的知恵の形相で 表意して記号に起こしていくとき 共通する自然時間を 暦に与えて 時間の合致について たとえば、 共通時間のある暦の時間に ある暦の時間の空間に集まる人間が その日の経験を表象して 詩的知恵が起きて 想像的普遍性に対して 集団と自然のつながりと 個人と自然のつながりに 共通的自己同一性をつくり 縮約した過去である現在に 事象的・社会的・時間的次元の反復を 記憶と記号が可能にして、 感覚的トピカと異なり、 記憶した事象の再叙述を行います。』 『タルムード:Avot 第6章』 Study is work それにもかかわらず、勉強は仕事である。あなたは「トーラに労力」をかけなければいけないと、Rabbi Meirは言った。 勉強がいかに多くの仕事であるか、あなたはすでに知っている。それは、何度もなんどもレッスンを記憶し試験することを意味する。あなたは紙に書いて、レポートにまとめなければいけないであろう。それは、読むこと、再読すること、そして記憶することを意味するであろう。あなたレッスンを理解するために努力しなければいけないだろう。 そして他の種類の仕事のように、あなたが成功する保証はない。幾つかの勉強はあなたにとって易しいかもしれないが、他のものはあまりにも難しいかもしれない。あなたはこう発見するかもしれない:時々、失望してあなたの両手を上げてしまいたい、そして言いたい、「なぜ私は悩むべきなのか?私は本当にうまくいかない。」 『聖クルアーン12章』 ユースフ章 マッカ啓示111節 1.アリフ・ラーム・ラー。これらは明瞭な啓典の印である。 2.われは、アラビア語のクルアーンを下した。恐らくあなたがたは悟るであろう。 3.われはこのクルアーンをあなたに啓示し、物語の中の最も美しいものを語ろう。あなたもこれまで気付かずにいたものである。 4.ユースフがその父(ヤアコーブ)にこう言った時を思え。「父よ、わたしは(夢で)11の星と太陽と月を見ました。わたしは、それらが(皆)わたしに、サジダしているのを見ました。」 5.かれは言った。「息子よ、あなたの夢を兄たちに話してはならない。さもないとかれらはあなたに対して策謀を企らむであろう。本当に悪魔は人間には公然の敵である。 6.このように主は、あなたを御選びになって、出来事の解釈を教えられ、かれが以前に、あなたの祖先のイブラーヒームやイスハークに御恵みを全うされたように、あなたとヤアコーブの子孫にそれを全うしたものである。本当にあなたの主は全知にして英明であられる。」 7.本当にユースフとその兄弟(の物語の中)には、(真理を)探求する者への種々の印がある。

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.8.16. 09:29
視聴回数:9022回
お気に入り登録:0
カテゴリ: スポーツ全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: アヴェ・ヴェルム・コルプス   (お話です)   メタ理論   タルムード6章   聖クルアーン12章   『メタ理論:   個人と集団の各主語的同一性が   時間という共通述語を知覚して   表象していくとき   自然時間という時間が   個人が自然を知覚する過程に   原初の人間と幼児の意識の   人間の身体と身体の行為を   自然界につなげて   抽象性と自己同一性について   想像的普遍の詩的知恵の形相で   表意して記号に起こしていくとき   共通する自然時間を   暦に与えて   時間の合致について   たとえば   共通時間のある暦の時間に   ある暦の時間の空間に集まる人間が   その日の経験を表象して   詩的知恵が起きて   想像的普遍性に対して   集団と自然のつながりと   個人と自然のつながりに   共通的自己同一性をつくり   縮約した過去である現在に   事象的・社会的・時間的次元の反復を   記憶と記号が可能にして   感覚的トピカと異なり   記憶した事象の再叙述を行います。』   『タルムード:Avot   第6章』   Study   is   work   それにもかかわらず   勉強は仕事である。あなたは「トーラに労力」をかけなければいけないと   Rabbi   Meirは言った。   勉強がいかに多くの仕事であるか   あなたはすでに知っている。それは   何度もなんどもレッスンを記憶し試験することを意味する。あなたは紙に書いて   レポートにまとめなければいけないであろう。それは   読むこと   再読すること   そして記憶することを意味するであろう。あなたレッスンを理解するために努力しなければいけないだろう。   そして他の種類の仕事のように   あなたが成功する保証はない。幾つかの勉強はあなたにとって易しいかもしれないが   他のものはあまりにも難しいかもしれない。あなたはこう発見するかもしれない:時々   失望してあなたの両手を上げてしまいたい   そして言いたい   「なぜ私は悩むべきなのか?私は本当にうまくいかない。」   Study   is   own   reward   一つの答えがある。成功がその唯一の報酬ではないのだ。たとえ何の仕事であろうとも   そしてそれに成功するかどうかに関わらずに   その真の報酬はその行いにある。ある特別な意味では   勉強はそれ自身の報酬である。   Rabbi   Meir   は言った   それ自身のために(すなわち成功を考えずに)トーラに労力をかける人は誰でも   多くの事に奉仕する;そればかりでなく   全世界が彼に恩義をこう:彼は友人と呼ばれる   かわいい   全ての生き物の愛人   人類の愛人:それは彼におとなしさ   尊敬を付与する;それは彼を正義   信神深く   正直な   そして公正にする;それは彼を罪から遠ざける   そして彼に美徳に近づける:彼を通して世界は助言と知恵ある音を楽しむ。   [   Avot   6:1   ]   ラビは教えた   特に   行動に対してあなた自身を準備する仕事において   あなたの態度は   その真の報酬はいつも行動の中にあると   考えるべきである。一人の生徒である場合を考えてみなさい。我々は全てが生徒として同じ特性を持ってはいない   我々は学問のそれぞれの分野において全てが平等に備えられてはいない。我々の幾人かは   ある学問で他の者たちより優れている。しかし我々の態度は   「勉強すること」は価値があるゆえに全ての生徒が価値があると   考えるべきである。   To   delight   the   Lord   「神は物語を愛するゆえに人間を創造した」   という言う言葉がある。そしてまたアボットの最後の文は   神の創造における神の大いなる喜びのこの考えについて力説している:   聖なるお方   賛えられるべき主が彼の世界を創造したものはみな   ただ神の栄光のために創造された。   [   Avot   6:11   ]   The   work   of   righteousness   我々はアボットの中で読む:人間が死ぬときに   銀や金や宝石や真珠を携えて行くことはできない   しかしただトーラと良い行いは(携えて行くことができる)。   [   Avot   6:9   ]   あなたの価値は   あなたがあなた自身を価値あるものに「させる」ところ   のものに集中する。あなたの価値は   あなたがあなたの行動を規則付けているその価値に従う。ハシディムの人々は   ハニポル(Hanipol)   のレブ・ズシュヤ(Reb   Zusya)   の話を繰り返し告げるのを愛した。レブ・ズシュヤは死ぬときに偉大なを教えを行なった:レブ・ズシュヤの生徒たちは   彼らの先生が死にかけているのを聞いて   最後の訪問にやって来た。しかし部屋に入ったときに   恐れでぶるぶる震えている先生を見て   彼らは驚いた。彼らはたずねた   「あなたはなぜ死を恐れているのですか?」「あなたの生活は   モーゼ自身と同じように正義であったではないですか?レブ・ズシュヤは答えた   「私が審判の王座の前に立つとき   『レブ・ズシュヤよ   なぜあなたはモーゼのようでなかったのか?』私がこのようにたずねられることはなく   『レブ・ズシュヤよ   なぜあなたはズシュヤのようでなかったのか?』私がこのようにたずねられるでしょう。」   明らかに   我々の各々は我々の生活の織機の中で正義の布を織るための努力をしなければいけない。   他の全てから離れて特別な生き物として我々各々作っている唯一な方法で   所有や金もちの意味付けよりもずうっと偉大な意味付けを我々の生活の各々に与えている方法で。あなたの生命の価値を測るこのような方法は   あなたのユダヤ伝統の一部であり   ユダヤ人が保持している価値の一部である。我々の各々は   可能な最上の「わたし」にする努力をすべきである。それこそが   ユダヤ人が生命の価値を測る方法なのである。   『聖クルアーン12章』   ユースフ章   マッカ啓示111節   1.アリフ・ラーム・ラー。これらは明瞭な啓典の印である。   2.われは   アラビア語のクルアーンを下した。恐らくあなたがたは悟るであろう。   3.われはこのクルアーンをあなたに啓示し   物語の中の最も美しいものを語ろう。あなたもこれまで気付かずにいたものである。   4.ユースフがその父(ヤアコーブ)にこう言った時を思え。「父よ   わたしは(夢で)11の星と太陽と月を見ました。わたしは   それらが(皆)わたしに   サジダしているのを見ました。」   5.かれは言った。「息子よ   あなたの夢を兄たちに話してはならない。さもないとかれらはあなたに対して策謀を企らむであろう。本当に悪魔は人間には公然の敵である。   6.このように主は   あなたを御選びになって   出来事の解釈を教えられ   かれが以前に   あなたの祖先のイブラーヒームやイスハークに御恵みを全うされたように   あなたとヤアコーブの子孫にそれを全うしたものである。本当にあなたの主は全知にして英明であられる。」   7.本当にユースフとその兄弟(の物語の中)には   (真理を)探求する者への種々の印がある。   8.かれら(兄たち)がこう言った時を思え。「ユースフとその弟は   わたしたちよりも父に寵愛されている。だがわたしたちは多勢の仲間である。父は明らかに間違っている。」   9.(1人が言った。)「ユースフを殺すか   それともかれを何処か外の地に追え。そうすれば父の顔(好意)はあなたがたに向けられよう。その後に   あなたがたは正しい者になれるというものである。」   10.かれらの1人の者が言った。「ユースフを殺害してはならない   もしあなたがたがどうしてもそうしたいなら   寧ろかれを井戸の底に投げ込めば   恐らく何処かの隊商に拾い上げられることもあろう。」   11.かれらは言った。「父よ   何故あなたはユースフを   わたしたちに御任せにならないのですか   わたしたちは   本当にかれに好意を寄せているではありませんか。」   12.「明日わたしたちと一緒にかれを(野に)行かせ   遊んで気を晴らせるようにしてやって下さい。わたしたちはかれを必ず守ります。」   13.かれ(ヤアコーブ)は言った。「あなたがたがかれを連れて行くのは   わたしにはどうも心配である。あなたがたがかれに気を付けない間に   狼がかれを食いはしないかと恐れている。」   14.かれらは言った。「わたしたちは多勢の仲間だから   もし狼がかれを食うようなら   その時はわたしたちは本当におしまいです。」   15.こうしてかれらは   かれ(ユースフ)を連れて行った。そしてかれを井戸の底に投げ込むことに決めた時   われはかれ(ユースフ)に啓示した。「あなたは必ずかれらの(する)この事を   かれらに告げ知らせる(日が)あろう。その時かれらは(あなたに)気付くまい。」   16.日が暮れてかれらは   泣きながら父の許に(帰って)来た。   17.かれらは言った。「父よ   わたしたちは互いに競争して行き   ユースフをわたしたちの品物のかたわらに残して置いたところ   狼が(来て)かれを食いました。わたしたちは真実を報告しても   あなたはわたしたちを信じては下さらないでしょう。」   18.かれらは   かれ(ユースフ)の下着を偽りの血で(汚し)持って来た。かれ(ヤアコーブ)は言った。「いや   いや   あなたがたが自分たちのために(大変なことを安易に考えて)   こんなことにしたのである。それで(わたしとしては)耐え忍ぶのが美徳だ。あなたがたの述べることに就いては   (只)アッラーに御助けを御願いする。」   19.そのうちに   隊商がやって来て水扱人を遣わし   かれは釣瓶を降ろした。かれは言った。「ああ吉報だ   これは少年だ。」そこでかれらは一つの売物にしようとしてかれを隠した。だがアッラーは   かれらの凡ての行いを熟知される。   20.かれらは僅かの銀貨でただ同然にかれを売り払った。かれらは   かれから多くを貪らなかった。   21.かれを買ったエジプトの者は   その妻に言った。「優しくかれを待遇しなさい。多分かれはわたしたちを益することになろう。それとも養子に取り立ててもよい。」こうしてわれはユースフをこの国に落ち着かせ   出来事(事象)の意味のとり方をかれに教えることにした。凡そアッラーは御自分の思うところに十分な力を御持ちになられる。だが人びとの多くは知らない。   22.かれが成年に達した頃   われは識見と知識とをかれに授けた。このようにわれは正しい行いをする者に報いる。   23.かれの起居する家の夫人が   かれの心を惑わそうとして   戸を閉めて言った。「さあ   あなたおいでなさい。」かれは(祈って)言った。「アッラーよ   わたしを御守り下さい。本当にかれ(あなたの夫)は   主人です。わたしを気持よく住ませてくれます。本当に不義の徒は   成功いたしません。」   24.確かにかの女は   かれに求めたのである。主の明証を見なかったならば   かれもかの女を求めたであろう。このようにしてわれは   かれから罪悪と醜行を遠ざけた。本当にかれは   謙虚で純真な(選ばれた)わがしもベの一人である。   25.その時両人は戸の方で相競い   かの女は後ろからかれの服を引き裂き   かれら両人は   戸口でかの女の夫に出会った。かの女は言った。「あなたの家族(妻)に悪事を行おうとした者には   投獄か痛ましい懲罰の外にどんな応報がありましょう。」   26.かれは言った。「奥様こそ   わたしの意に反して   わたしを御求めになりました。」その時かの女の家族の中の一人が証言した。「もしかれの服が前から裂けていれば   奥様が真実で   かれは嘘つきです。   27.だがかれの服が   もし後ろから裂けていれば   奥さまが嘘を御付きになったので   かれは真実であります。」   28.主人は   ユースフの服が後ろから裂かれているのを見て   言った。「これはあなたがた(婦人)の悪企みだ。本当にあなたがたの悪企みは   激しいものである。   29.ユースフよ   これを気にしないでくれ。それから(妻よ)   あなたの罪の赦しを願いなさい。本当にあなたは罪深い者である。」   30.町の婦人たちは(評判して)言った。「貴人の奥様が   青年の意に反し   誘惑したそうよ。きっと恋に狂ったのでしょう。わたしたちは   明らかに奥様の誤りだと思います。」   31.かの女は婦人たちの悪意のある(陰ロ)を聞くと   使いを遣わし   かの女たちのために宴席を設け   一人一人にナイフを渡し   それから(ユースフに)   「かの女たちの前に出て行きなさい。」と言った。かの女たちがかれ(ユースフ)を見ると驚歎し   (興奮して)その手を傷つけて言った。「アッラーの(造化の)完全無欠なことよ   これは人間ではない。これは貴い天使でなくて何でしょう。」   32.かの女は言った。「この人よ   あなたがたがわたしを謗るのは。確かにわたしが引っ張ってかれに求めたの。でもかれは貞節を守ったのよ。でも(今度)もしかれがわたしの命令を守らないなら   きっと投獄されて   汚名を被るでしょう。」   33.かれ(ユースフ)は言った。「主よ   わたしはかの女たちが誘惑するものよりも   牢獄が向いています。あなたがもしかの女たちの悪企みを   わたしから取り除いて下さらなければ   わたしは(若年の弱さで)かの女たちに傾いて   無道な者になるでしょう。」   34.それで主はかれ(の祈り)を受け入れ   かの女たちの悪企みをかれから取り払われた。本当にかれは全聴にして全知であられる。   35.そこでかの女たちは(かれが潔白である)証拠を見ていながら   しばらくかれを投獄しよう(それがかの女たちのために良い)と思った。   36.その時2人の若者が   かれと共に下獄した。その1人が言った。「わたしは酒を絞るのを(夢に)見ました。」また外の者は言った。「わたしは(夢に)自分の頭の上にパンを乗せて運んでいると   鳥がそれを啄むのを見ました。わたしたちにその意味を解いて下さい。御見かけしたところ   あなたは善い行いをされる方です。」   37.かれ(ユースフ)は答えて言った。「あなたがた2人に支給される食事が来る前に   わたしは必ずその解釈を告げよう。それはわたしの主が教えて下さるのである。わたしはアッラーを信じず   また来世を認めない不信心者たちの信条を捨てたのである。   38.そしてわたしは祖先   イブラーヒーム   イスハークまたヤアコーブの信条に従う。わたしたちは   アッラーにどんな同位者も決して配すべきではない。これはわたしたち   また凡ての人びとに与えられたアッラーの恩恵である。だが人びとの多くはこれに感謝しない。   39.2人の獄の友よ(わたしはあなたがたに尋ねる)。雑多の神々がよいのか   それとも唯一にして全能であられるアッラーなのか。   40.かれに仕えないならば   あなたがたとその祖先が命名した   (只の)名称に仕えるに過ぎない。アッラーはそれに対し権能を与えてはいない。大権はアッラーにだけ属し   あなたがたはかれ以外の何ものにも仕えてはならないと(アッラーは)命じている。これこそ正しい教えである。だが人びとの多くは知らない。   41.2人の獄の友よ   あなたがたの中1人に就いていえば   主人のために酒を注ぐであろう。また外の1人に就いては   十字架にかけられて   鳥がその頭から啄むであろう。あなたがた2人が尋ねたことは   こう判断される。」   42.そして2人の中   釈放されると思われる者に言った。「あなたの主人にわたしのことを告げなさい。」だが悪魔は   かれがかれ(ユースフ)のことをその主人に告げるのを忘れさせた。それでかれは   なお数年間獄中に留まった。   43.(エジプトの)王が言った。「わたしは7頭の肥えた牛が   7頭の瘠た牛に食われているのを(夢に)見ました。また穀物の7穂が緑で   他(の7穂)が枯れているのを見ました。首長たちよ   あなたがたが夢を解け得るならば   このわたしの夢を解釈して下さい。」   44.かれらは(答えて)言った。「複雑な夢です。わたしたちは夢の解釈は不得手です。」   45.ところが2人の中の(獄から)釈放された者が   時を経て思い出して言った。「わたしがその解釈をあなたがたに知らせましょう。それで(まず)わたしを行かせて下さい。」   46.(かれは牢獄に来て言った。)「ユースフよ   誠実な人よ   わたしたちに解いて下さい。7頭の肥えた牛を   7頭の瘠た牛が食べ   また7つの緑の穀物の穂と   外の(7つの)枯れたものと(の夢)を。わたしは人びとの処に帰って   かれらに理解させたい。」   47.かれは言った。「あなたがたは7年の間   例年のように種を播きなさい。だが刈り取ったものは   あなたがたが食べるのに必要な少量を除いて   (残りを)籾のまま貯蔵しなさい。   48.それから   その後7年(にわたる)厳しい(年)が来て   あなたがたがかれらのため以前に貯蔵したものを食べ   貯えるものの少量(を残す)に過ぎないであろう。   49.それからその後に来る1年には   人びとに豊かな雨があり   たっぷり(果汁を)萎るであろう。」   50.王は(命じて)言った。「かれをわたしの所に連れて来なさい。」それで使いがユースフの所に来た時   かれは言った。「あなたは引き返して   あの手を傷つけた婦人たち(の心境)はどうなっているのか   主人に尋ねなさい。わたしの主は   かの女たちの悪企みを知っておられる。」   51.かれ(王)は   (婦人たちに)言った。「あなたがたがユースフを誘惑した時   結局どうであったのか。」かの女たちは   「アッラーは完全無欠であられます。かれ(ユースフ)には   何の悪いこともないのを存じています。」と言った。貴人の妻は言った。「今   真実が(皆に)明らかになりました。かれを誘惑したのはわたしです。本当にかれは誠実(高潔)な人物です。」   52.かれ(ユースフ)は言った。「これはかれ(主人)に   かれの不在中わたしが決して裏切らないことを知らせ   またアッラーが裏切り者の悪企みを決して御助けになられないことを知らせるためです。   12-53.またわたし自身   無欠とはいえませんが   主が慈悲をかけた以外の(人間の)魂は悪に傾きやすいのです。本当にわたしの主は寛容にして慈悲深くあられます」   12-54.(これらの報告を聞いて)王は言った。「かれをわたしの許に連れて参れ。わたしは側近としてかれを引き立てよう。」そこでかれ(王)は   かれ(ユースフ)と話を交した後   言った。「今日あなたは   確かにわたしの側近である。高位につけられ   信頼されているのである。」   12-55.かれ(ユースフ)は言った。「わたしをこの国の財庫(の管理者)に任命して下さい。わたしは本当に知識ある管財者です。」   12-56.こうしてわれは   この国においてユースフに権力を授けた。それでかれは   意のままにエジプトの国中を何時でも何処にでも住むことが出来た。われは欲する者に慈悲を施す。また善行をなす者への報奨を虚しくしない。   12-57.信仰して   絶えず主を畏れる者には   来世における報奨こそ最も優れたものである。   12-58.その中ユースフの兄たちが来て   かれの前に罷り出た。かれ(ユースフ)はかれらを認めたが   かれら(兄たち)の方はかれに気付かなかった。   12-59.かれは食料をかれらに与えてから言った。「あなたがたと同じ父親の   兄弟を1人わたしのもとに連れて来なさい。あなたがたは   わたしが十分に計量したのを見なかったのか。それはわたしの最上の持て成しではないか。   12-60.もしあなたがたがかれを連れて来ないなら   あなたがたはわたしの所で(穀物を)計ってもらえず   わたしに近付くことも出来ない。」   12-61.かれらは言った。「かれ(弟)に就いて父を納得させ   必ずそれを実行いたしましょう。」   12-62.それからかれ(ユースフ)は   その部下に(命じて)言った。「かれらの(穀物と交換して払った)代価をかれらの袋に入れて置け。かれらは家に帰りそれを見て   恐らく戻って来るであろう。」   12-63.かれらは父のところに帰って言った。「父よ   わたしたちは(穀物を)計ることを拒否されました。弟をわたしたちと一緒に行かせて下さい。そうすれば計って貰えます。わたしたちは(どんな危険があっても)必ずかれを守ります。」   12-64.かれ(ヤアコーブ)は言った。「わたしは以前にかれの兄(ユースフ)に就いてあなたがたを信用した以上に   かれに就いてあなたがたを信用出来ようか。だがアッラーは最も能く(かれを)守られる。かれこそは   慈悲深い御方の中でも最大の慈悲深い御方であられる。」   12-65.かれらが荷物を開くと   代価がかれらに返されているのを見付けた。かれらは言った。「父よ   わたしたちは(この上)何を望みましょう。この代価がわたしたちに戻されています。家族に(もっと)蓄えが貰えます。弟を守り   ラクダ1頭分の増配を得(て帰)るでしょう。そのくらいは   難なく手に入るでしょう。」   12-66.かれは言った。「あなたがたが   避け難い障害に取り囲まれた場合の外必ずかれを連れて戻ると   アッラーにかけて約束しない限り   わたしはかれをあなたがたと一緒に決してやらないであろう。」こうしてかれらがかれに厳粛に誓った時   かれは言った。「アッラーは   わたしたちの言ったことの監視者であられる。」   12-67.更にかれは言った。「息子たちよ   (町に入る時は皆が)1つの門から入ってはならない。あなたがたは別々の門から入りなさい。だが(この用心は)   アッラーに対しては   あなたがたに何も役立たないであろう。裁定は   只アッラーに属する。かれにわたしは信頼した。凡ての頼る者は   かれにこそ頼るべきである。」   12-68.かれらは父の命じたやり方で入った。それは   アッラー(の計画)に対し   何の役にも立たなかった。只ヤアコーブ自身に必要な気休めに過ぎなかった。かれはわれが教えたので   知識を持っていた。だが人びとの多くは知らない。   12-69.さてかれらがユースフの許に行った時   かれはその弟を親しく迎えて言った。「わたしはあなたの兄です。今までかれら(兄たち)がしてきたことに   心を悩ましてはならない。」   12-70.かれ(ユースフ)が   かれらに配給をし終った時   かれは弟の袋の中に盃を入れた。やがて   ある者が呼びかけた。「隊商よ   あなたがたは確かに泥棒です。」   12-71.かれらは振り向いて言った。「あなたがたの何がなくなりましたか。」   12-72.かれらは言った。「わたしたちは   王様の盃をなくしたのです。それを持って来た者にはラクダの一頭分の荷(を与える)でしょう。わたしがその保証人です。」   12-73.かれらは言った。「アッラーにかけて誓います。わたしたちはこの国で   悪事を働く為に来たのではないことを   あなたがたは既に御存じです。わたしたちは   盗みは致しません。」   12-74.かれらは言った。「あなたがたが嘘つきであったら   その(盗みの)処罰は何としようか。」   12-75.かれら(兄たちは答えて)言った。「その処罰は   誰でも袋の中から(盃が)発見された者であります。かれが   その償いです。このように   わたしたちは悪を行う者を罰します。」   12-76.それでかれ(ユースフ)は   弟の袋(の検査)をする前に   かれらの袋を(調べ)始めた。そして(最後に)弟の袋から   それを捜し出した。われはこのように   ユースフに策略を授けた。アッラーが望まれる以外には   かれは弟を(エジプト国)王の法律の下で抑留することが出来なかったのである。われは欲する者の(英知の)階位を高める。全ての知者の上に全知なる御方はいる。   12-77.かれらは言った。「もしかれが盗んだとすれば   かれの兄も以前確かに盗みをしました。」しかしユースフはこれらのことを自分の心に秘めて   かれらにそれ(秘密)を漏さなかった。かれは(独り言のように)言った。「事情はあなたがたに不利である。アッラーはあなたがたの語る真実を最も能く知っておられる。」   12-78.かれらは言った。「申し上げますが   かれには大変年老いた父親があります。それでかれの代りに   わたしたちの1人を拘留して下さい。御見うけしたところ   あなたは本当に善い行いをなさる方でございます。」   12-79.かれは言った。「アッラーは   わたしたちの物を   その許で見付けた者以外は   (誰も)捕えることを禁じられる。(もしそうしないと)本当にわたしたちは   不義を行うことになるであろう。」   12-80.そこでかれらは   かれ(の引き取り)に望みがないことを知り   密に協議した。かれらの中の最年長の者が言った。「あなたがたは   父がアッラー(の御名)によって誓いをたて   また以前ユースフのことに就いても   どのような誤りを犯したかを考えないのか。それで父がわたしを許すか   またアッラーがわたしたちを御裁き下さるまで   わたしは決してこの地を離れないであろう。かれは最も優れた裁決者であられる。   12-81.あなたがたは父のもとに帰って言いなさい。『父よ   あなたの子は   本当に盗みをしました。わたしたちは   唯知っていることの外は証明出来ません。また目に見ていないことに対しては   どうしようもなかったのです。   12-82.それで(あなたは)   わたしたちがいた町で尋ねるか   またはそこを往来した隊商に問いなさい。わたしたちは真実を言っている(ことが分ります)』。」   12-83.かれ(ヤアコーブ)は言った。「いや嘘である。あなたがた自身のため事件を工夫して作ったに過ぎない。だが耐え忍ぶこそ(わたしには)美徳である。或はアッラーが   かれらを皆わたしに御送りになるかもしれない。かれは本当に全知にして英明であられる。」   12-84.かれはかれらから離れて言った。「ああ   わたしはユースフのことを思うと   悲しくてならない。」かれ(父)の両目は悲嘆の余り白くなり   物思いに沈んだ。   12-85.かれらは言った。「アッラーにかけて申し上げます。あなたはユースフを思うことを止めなければ   重態に陥り   或は死んでしまいます。」   12-86.かれは言った。「わたしは只アッラーに対し   わが悲嘆と苦悩とを訴えている丈である。わたしは   あなたがたが知らないことを   アッラーから教わっている。   12-87.息子たちよ   あなたがたは出掛けてユースフとその弟の消息を尋ねなさい。アッラーの情け深い御恵みに決して絶望してはならない。不信心な者の外は   アッラーの情け深い御恵みに絶望しない。」   12-88.それでかれらは   (また)かれ(ユースフ)の許にやって来て言った。「申し上げます。災難(飢饉)がわたしたちと一族の者に降りかかったので   ほんの粗末な品を持って参いりました。枡目を十分にして   わたしたちに施して下さい。本当にアッラーは施しを与える者を報われます。」   12-89.かれは言った。「あなたがたが無道の余り   ユースフとその弟にどんなことをしたか知っているのか。」   12-90.かれらは驚いて言った。「すると本当にあなたは   ユースフなのですか。」かれは言った。「わたしはユースフです。これはわたしの弟です。アッラーは確かにわたしたちに恵み深くあられる。本当に主を畏れ   堅忍であるならば   アッラーは決して善行の徒への報奨を   虚しくなされない。」   12-91.かれらは言った。「アッラーにかけて。本当にアッラーはわたしたちの上に   あなたを御引き立てなされた。わたしたちは本当に罪深い者です。」   12-92.かれは言った。「今日あなたがたを   (取り立てて)咎めることはありません。アッラーはあなたがたを御赦しになるでしょう。かれは慈悲深き御方の中でも最も優れた慈悲深き御方であられます。   12-93.あなたがたはわたしのこの下着を持って(帰り)   わたしの父の顔に投げかけなさい。かれは眼が見えるようになろう。それからあなたがたは   家族揃ってわたしの処に来なさい。」   12-94.隊商が(エジプトを)たった時   かれらの父は(左右の者に)言った。「わたしは確かにユースフの匂を嗅いだ。だがあなたがたは   老衰のせいだと思うであろう」   12-95.かれらは言った。「アッラーにかけて   全くそれはあなたの(いつもの)老いの迷いです。」   12-96.それから吉報を伝える者が(帰って)来て   (下着を)かれの顔に投げかけると   直かれは視力を回復した。かれは言った。「わたしはあなたがたに言わなかったか。あなたがたが知らないことを   わたしはアッラーから(の啓示で)知っている。」   12-97.かれらは言った。「父よ   わたしたちのために   罪の御赦しを祈って下さい。わたしたちは本当に罪深い者でした。」   12-98.かれは言った。「それではわたしはあなたがたのため   わが主に御赦しを願ってやろう。本当にかれは   寛容で慈悲深くあられる。」   12-99.やがてかれらがユースフの許に来た時   かれは両親を親しく迎えて言った。「もしアッラーが御望みなら   安らかにエジプトに御入りなさい。」   12-100.かれは両親を高座に上らせた。すると一同はかれにひれ伏した。するとかれは言った。「わたしの父よ   これが往年のわたしの夢の解釈です。わが主は   それを真実になさいました。本当にかれは   わたしに恩寵を与え   牢獄からわたしを御出しになり   また悪魔が   わたしと兄弟との間に微妙な敵意をかきたてた後   砂漠からあなたがたを連れて来られたのであります。わが主は   御望みの者には情け深くあられます。本当にかれは全知にして英明であられます。   12-101.主よ   あなたはわたしに権能を授けられ   また出来事の解釈を御教えになりました。天と地の創造の主よ   あなたは現世と来世でのわたしの守護者です。あなたは   わたしをムスリムとして死なせ   正義の徒の中に加えて下さい。」   12-102.これはわれがあなた(ムハンマド)に啓示した   幽玄界の消息の一つである。かれらが(ユースフに対する)計画を策謀した時   あなたはかれらと(その場に)いなかった。   12-103.仮令あなたが如何に望んでも   人びとの多くは信じないであろう。   12-104.あなたはそれ(使命)に対し   どんな報酬もかれらに求めない。これは   全人類への訓戒に外ならない。   12-105.天と地の間には   (アッラーの唯一性や神慮に関し)如何にも多くの印がある。かれらはその側を過ぎるのだが   それらから(顔を)背ける。   12-106.かれらの多くは   アッラーを多神の1つとしてしか信仰しない。   12-107.かれらに下るアッラーの懲罰が覆いかかることに対し   またかれらが気付かない間に突然来る時に対し   かれらは安心出来るのか。   12-108.言ってやるがいい。「これこそわたしの道。わたしも   わたしに従う者たちも明瞭な証拠の上に立って   アッラーに呼びかける。アッラーに讃えあれ。わたしたちは多神を信じる者ではない。」   12-109.われはあなた以前にも   町に住む者の中から(特に選んで)   われが啓示を授けた人間以外は   (預言者として)遣わさなかった。かれら(マッカの人びと)は   地上を旅して   以前の者たちの最後が   どんな(悲惨な)ものであったかを観察しているではないか。本当に主を畏れる者に対する   来世の住まいこそ最上である。あなたがたは悟らないのか。   12-110.(ムハンマド以前の)使徒たちが(遣わされた民のもとで)一切の希望を失った時   そしてかれら(使徒たち)が(不信仰者に対するアッラーからの勝利の約束の)期待が持てなくなったと思い込んだ時   われの助けがかれら(使徒)に下り   われの欲する者に救いは来るのである。只罪を犯した者は   わが懲罰は免れられない。   12-111.本当にかれらの物語の中には   思慮ある人びとへの教訓がある。これは作られた事柄ではなく   以前にあったもの(啓典)の確証であり   凡ゆる事象の詳細な解明であり   また信仰する者への導き   慈悲である。  

サムネイル

(お話です) 2 「ギリシャとヘブライの倫理」『タルムード 6章』

(お話です) 2「ギリシャとヘブライの倫理」 『タルムード:Avot 第6章』 「第九の歌詞(ドイツ語)朗読と譜面解釈」 「メタ理論について」 「ラグランジュ方程式について 一般座標と一般運動の等値を示すとき 外力がない条件で成立するハミルトニアが 全エネルギーと比べたときも同じ値になり ここから運動方程式を 導くことができることについて」 「聖クルアーン第6章」 『タルムード:Avot 第6章』 Study is work  それにもかかわらず、勉強は仕事である。 あなたは「トーラに労力」をかけなければいけないと、Rabbi Meirは言った。 勉強がいかに多くの仕事であるか、あなたはすでに知っている。 それは、何度もなんどもレッスンを記憶し試験することを意味する。 あなたは紙に書いて、レポートにまとめなければいけないであろう。 それは、読むこと、再読すること、そして記憶することを意味するであろう。 あなたレッスンを理解するために努力しなければいけないだろう。 そして他の種類の仕事のように、あなたが成功する保証はない。 幾つかの勉強はあなたにとって易しいかもしれないが、他のものはあまりにも 難しいかもしれない。 あなたはこう発見するかもしれない: 時々、失望してあなたの両手を上げてしまいたい、そして言いたい、 「なぜ私は悩むべきなのか?私は本当にうまくいかない。」 「聖クルアーン第6章」 家畜章(アル・アンアーム) マディーナ啓示 165節 6-1.天と地を創造し、暗黒と光明を定められる、アッラーを讃える。だが信じない者は、かれらの主と(外のものを)同位に置く。 6-2.かれこそは、泥から、あなたがたを創り、次いで(生存の)期間を定められた方である。一定(の期間)が、かれの御許に定められている。それでもあなたがたは疑うのか。 6-3.かれこそは天にあっても、地でもアッラーであられる。かれはあなたがたの隠すことも、現わすことも知っておられる。またかれはあなたがたの、働いて得たもの(の応報)をも知っておられる。 6-4.かれらは主から如何なる印を齎されても必ずそれから顔を背けてしまう。 6-5.真理(クルアーン)がかれらの許に来ると、かれらは常にそれを虚偽であるとした。だがかれらの嘲笑する御告げが、間もなく(事実となって)かれらの許に来るであろう。 6-6.われはかれら以前に、次から次に幾世代も滅ぼしたかを、あなたがたは考えないのか。われは地上でかれらを代々安住させ、あなたがたにすらしなかったものを与えた。われは、かれらの上に雲を送り(雨を)注ぎ降らせ、その足許に川を流れさせた。だが凡ての罪のためにかれらを滅ぼし、その跡に外の世代を出現させた。 6-7.仮令われがあなたに紙上に(書いた)啓典を下し、かれらが自分の手でそれに触れても、不信心な者はきっと、「これは明らかに魔術に過ぎない。」と言う。

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.7.30. 07:15
視聴回数:4911回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: (お話です)   2   「ギリシャとヘブライの倫理」   『タルムード:Avot   第6章』   「第九の歌詞(ドイツ語)朗読と譜面解釈」   「メタ理論について」   「ラグランジュの未定乗数法についてと   ラグランジュ方程式について   一般座標と一般運動の等値を示すとき   外力がない条件で成立するハミルトニア(H)が   全エネルギーと比べたときも同じ値になり   ここから運動方程式を   導くことができることについて」   「極値について   0の値の   停留点が鞍点の時と   ヘッシアン(H)についてと   制限がある極値と   ラグランジュの   未定乗数法についてと」   「聖クルアーン第6章」   『タルムード:Avot   第6章』   Study   is   work   それにもかかわらず   勉強は仕事である。あなたは「トーラに労力」をかけなければいけないと   Rabbi   Meirは言った。   勉強がいかに多くの仕事であるか   あなたはすでに知っている。それは   何度もなんどもレッスンを記憶し試験することを意味する。あなたは紙に書いて   レポートにまとめなければいけないであろう。それは   読むこと   再読すること   そして記憶することを意味するであろう。あなたレッスンを理解するために努力しなければいけないだろう。   そして他の種類の仕事のように   あなたが成功する保証はない。幾つかの勉強はあなたにとって易しいかもしれないが   他のものはあまりにも難しいかもしれない。あなたはこう発見するかもしれない:時々   失望してあなたの両手を上げてしまいたい   そして言いたい   「なぜ私は悩むべきなのか?私は本当にうまくいかない。」   Study   is   own   reward   一つの答えがある。成功がその唯一の報酬ではないのだ。たとえ何の仕事であろうとも   そしてそれに成功するかどうかに関わらずに   その真の報酬はその行いにある。ある特別な意味では   勉強はそれ自身の報酬である。   Rabbi   Meir   は言った   それ自身のために(すなわち成功を考えずに)トーラに労力をかける人は誰でも   多くの事に奉仕する;そればかりでなく   全世界が彼に恩義をこう:彼は友人と呼ばれる   かわいい   全ての生き物の愛人   人類の愛人:それは彼におとなしさ   尊敬を付与する;それは彼を正義   信神深く   正直な   そして公正にする;それは彼を罪から遠ざける   そして彼に美徳に近づける:彼を通して世界は助言と知恵ある音を楽しむ。   [   Avot   6:1   ]   ラビは教えた   特に   行動に対してあなた自身を準備する仕事において   あなたの態度は   その真の報酬はいつも行動の中にあると   考えるべきである。一人の生徒である場合を考えてみなさい。我々は全てが生徒として同じ特性を持ってはいない   我々は学問のそれぞれの分野において全てが平等に備えられてはいない。我々の幾人かは   ある学問で他の者たちより優れている。しかし我々の態度は   「勉強すること」は価値があるゆえに全ての生徒が価値があると   考えるべきである。   To   delight   the   Lord   「神は物語を愛するゆえに人間を創造した」   という言う言葉がある。そしてまたアボットの最後の文は   神の創造における神の大いなる喜びのこの考えについて力説している:   聖なるお方   賛えられるべき主が彼の世界を創造したものはみな   ただ神の栄光のために創造された。   [   Avot   6:11   ]   The   work   of   righteousness   我々はアボットの中で読む:人間が死ぬときに   銀や金や宝石や真珠を携えて行くことはできない   しかしただトーラと良い行いは(携えて行くことができる)。   [   Avot   6:9   ]   あなたの価値は   あなたがあなた自身を価値あるものに「させる」ところ   のものに集中する。あなたの価値は   あなたがあなたの行動を規則付けているその価値に従う。ハシディムの人々は   ハニポル(Hanipol)   のレブ・ズシュヤ(Reb   Zusya)   の話を繰り返し告げるのを愛した。レブ・ズシュヤは死ぬときに偉大なを教えを行なった:レブ・ズシュヤの生徒たちは   彼らの先生が死にかけているのを聞いて   最後の訪問にやって来た。しかし部屋に入ったときに   恐れでぶるぶる震えている先生を見て   彼らは驚いた。彼らはたずねた   「あなたはなぜ死を恐れているのですか?」「あなたの生活は   モーゼ自身と同じように正義であったではないですか?レブ・ズシュヤは答えた   「私が審判の王座の前に立つとき   『レブ・ズシュヤよ   なぜあなたはモーゼのようでなかったのか?』私がこのようにたずねられることはなく   『レブ・ズシュヤよ   なぜあなたはズシュヤのようでなかったのか?』私がこのようにたずねられるでしょう。」   明らかに   我々の各々は我々の生活の織機の中で正義の布を織るための努力をしなければいけない。   他の全てから離れて特別な生き物として我々各々作っている唯一な方法で   所有や金もちの意味付けよりもずうっと偉大な意味付けを我々の生活の各々に与えている方法で。あなたの生命の価値を測るこのような方法は   あなたのユダヤ伝統の一部であり   ユダヤ人が保持している価値の一部である。我々の各々は   可能な最上の「わたし」にする努力をすべきである。それこそが   ユダヤ人が生命の価値を測る方法なのである。   「聖クルアーン第6章」   家畜章(アル・アンアーム)   マディーナ啓示   165節   6-1.天と地を創造し   暗黒と光明を定められる   アッラーを讃える。だが信じない者は   かれらの主と(外のものを)同位に置く。   6-2.かれこそは   泥から   あなたがたを創り   次いで(生存の)期間を定められた方である。一定(の期間)が   かれの御許に定められている。それでもあなたがたは疑うのか。   6-3.かれこそは天にあっても   地でもアッラーであられる。かれはあなたがたの隠すことも   現わすことも知っておられる。またかれはあなたがたの   働いて得たもの(の応報)をも知っておられる。   6-4.かれらは主から如何なる印を齎されても必ずそれから顔を背けてしまう。   6-5.真理(クルアーン)がかれらの許に来ると   かれらは常にそれを虚偽であるとした。だがかれらの嘲笑する御告げが   間もなく(事実となって)かれらの許に来るであろう。   6-6.われはかれら以前に   次から次に幾世代も滅ぼしたかを   あなたがたは考えないのか。われは地上でかれらを代々安住させ   あなたがたにすらしなかったものを与えた。われは   かれらの上に雲を送り(雨を)注ぎ降らせ   その足許に川を流れさせた。だが凡ての罪のためにかれらを滅ぼし   その跡に外の世代を出現させた。   6-7.仮令われがあなたに紙上に(書いた)啓典を下し   かれらが自分の手でそれに触れても   不信心な者はきっと   「これは明らかに魔術に過ぎない。」と言う。   6-8.かれらはまた言う。「何故天使が   かれに遣されないのか。」もしわれが天使を遣したならば   事は直ちに決定されて   かれらは猶予されなかったであろう。   6-9.仮令われがかれ(使徒)を天使としても   必ず人間の姿をさせ   (今)かれらが惑うように   きっと惑わせたであろう。   6-10.あなた以前の使徒たちも   確かに嘲笑されていた。だが嘲笑したものは   その嘲笑していたこと(懲罰)に取り囲まれるであろう。   6-11.言ってやるがいい。(ムハンマドよ。)「地上を旅して   真理を拒否した者の最後が   どうであったかを見なさい。」   6-12.言ってやるがいい。「天と地にある凡てのものは   誰の有であるのか。」言ってやるがいい。「アッラーの有である。かれは慈悲を御自分の勤となされる。審判の日には   必ずあなたがたを召集されよう。それに疑いの余地はないのである。」だが自分の魂を滅ぼしてしまった者は   信じないであろう。   6-13.夜と昼とに住む凡てのものは   かれの有である。かれは   全聴にして全知であられる。   6-14.言ってやるがいい。「わたしは   アッラー以外の加護をどうして求めるだろうか。かれは天と地の創造者で   (すべてを)養い   (誰からも)養われない」言ってやるがいい。「わたしは(かれに)服従   帰依する者の先き駆けとなり   『多神教徒の仲間となってはならない』と命じられた。」   6-15.言ってやるがいい。「わたしがもし主に背くならば   偉大な日の懲罰が本当に恐ろしい。」   6-16.その日(懲罰を)免れる者には   必ず慈悲を与えられる。それは明らかに至上の幸福の成就である。   6-17.もしアッラーが   あなたを災厄で害されれば   かれの外にこれを除くものはない。もしかれが   あなたに幸福を届けられれば   本当にかれは凡てのことに全能であられる。   6-18.かれは   そのしもべたちの上におられる至高者であり   かれは英明にして全知であられる。   6-19.言ってやるがいい。「立証において   最も重要なことは何であるか。」言ってやるがいい。「アッラーは   わたしとあなたがたとの間の立証者であられる。このクルアーンが   わたしに啓示されたのは   わたしがあなたがたそして届く限りの者に   それによって警告するためである。あなたがたは(アッラーの外に)他の神があることを   証言出来るのか。」言ってやるがいい。「わたしは証言することは出来ない。」言ってやるがいい。「本当にかれは唯一の神であられる。わたしは   あなたがたが信仰するものとは全く無関係である。」   6-20.われが啓典を授けた者たちは   自分の子を認めるようにこれを認める。だが   自分の魂を滅ぼした者は信じない。   6-21.アッラーに就いて虚偽を作り上げ   またはその印を拒否するより   甚だしい不義があろうか。本当に不義を行う者は決して成功しないであろう。   6-22.われが一斉にかれらを召集する日   邪神を信仰した者たちに(問うて)言う。「あなたがたが言い張っていた   仲間(邪神ども)はどこにいるのか。」   6-23.その時かれらは   こう言う外にロ実はないであろう。「わたしたちの主   アッラーにかけて誓います。わたしたちは決して外の神々を信仰した者ではありません。」   6-24.見なさい。如何にかれらが自らを欺くか。またかれらの虚構したものが   かれらを迷わせたかを。   6-25.かれらの中には   あなたに耳を傾ける者もあるが   われはかれらの心に覆いをしたので   これ(クルアーン)を理解しない。またその耳を鈍くした。だからかれらは仮令各種の印を見ても   これを信じない。そしてかれらがあなたの許にやって来るのは   議論するため(だけ)である。信じない者たちは   「これは昔の物語に過ぎないのです。」と言う。   6-26.かれらは外の者をそれから遠ざけ   また自分たちもこれを避ける。だがかれらは自ら自分の魂を傷つけるだけで   自分はそれに気付かない。   6-27.あなたがもし   かれらが火獄の前に立たされる姿を見たらどうであろう。その時かれらは言う。「ああ   わたしたちがもし送り帰されるならば   決して主の印を拒否しないで   必ず信仰するでしょうに。」   6-28.いや   かれらが今まで隠していたものが   (今)自分たちの前に明らかになったに過ぎない。それでかれらが仮令(再び)戻されても   かれらは必ず禁じられたことを繰り返すであろう。かれらは本当に虚言の徒である。   6-29.かれらは言う。「この世の生があるだけで   再び甦るなどということはないのです。」   6-30.あなたがもし   かれらが主と向かい合って立たされる時を見たらどうであろう。その時(主は)仰せられるであろう。「これは真実ではないか。」かれらは言う。「そうです。主にかけて(誓って)。」かれは仰せられよう。「あなたがたは   信仰を拒否したために懲罰を味わいなさい。」   6-31.アッラーに会うことを虚偽であるとする者は   確かに失敗者である。その時が突然来れば   かれらは言う。「ああ   悲しい   わたしたちは何と疎かなことをしたことか。」かれらは背に自分の重荷を負っている。ああ   かれらの負う重荷こそ災いである。   6-32.現世の生活は   遊びか戯れに過ぎない。だが主を畏れる者には   来世の住まいこそ最も優れている。あなたがたは悟らないのか。   6-33.われはかれらの言葉が   あなたを如何に悲しませるかを知っている。かれらが虚言の徒とするのは   あなたではない。不義者たちは   専らアッラーの印を否定しているだけ。   6-34.あなた以前にも   使徒たちは虚言の徒と呼ばれた。それでわれの救助を得るまで   かれらは拒否と迫害を耐え忍んだ。誰にもアッラーの御言葉を変えることは出来ない。使徒たちに関する一部の消息は   既にあなたに伝えられたのである。   6-35.もしかれらが反抗して去るのがあなたに酷く苦痛をあたえるとき   あなたに出来ることは   地にトンネルを掘り   または天に梯をかけて   かれらに印を現わせ。アッラーが御好みになるならば   (正しい)導きの上にかれらを集められる。それであなたは   無知な者の仲間となってはいけない。  

サムネイル

Vivaldi Gloria in D Major RV589(お話です) 1 「ギリシャとヘブライの倫理」『タルムード 6章』

Vivaldi Gloria in D Major RV 589 (お話です) 1 「ギリシャとヘブライの倫理」 『タルムード:Avot 第6章』 「第九の歌詞(ドイツ語)朗読と譜面解釈」 「メタ理論について」 「ラグランジュ方程式について 一般座標と一般運動の等値を示すとき 外力がない条件で成立するハミルトニア(H)が全エネルギーと比べたときも同じ値になりここから運動方程式を 導くことができることについて」 「停留点が鞍点の時とヘッシアン(H)について」 「聖クルアーン第6章」 『タルムード:Avot 第6章』 Study is work  それにもかかわらず、勉強は仕事である。 あなたは「トーラに労力」をかけなければならないと、Rabbi Meirは言った。 勉強がいかに多くの仕事であるか、あなたはすでに知っている。 それは、何度もなんどもレッスンを記憶し試験することを意味する。 あなたは紙に書いて、レポートにまとめなければならないであろう。 それは、読むこと、再読すること、そして記憶することを意味するであろう。 あなたレッスンを理解するために努力しなければならないだろう。 そして他の種類の仕事のように、あなたが成功する保証はない。 幾つかの勉強はあなたにとって易しいかもしれないが、他のものはあまりにも 難しいかもしれない。 あなたはこう発見するかもしれない: 時々、失望してあなたの両手を上げてしまいたい、そして言いたい、 「なぜ私は悩むべきなのか?私は本当にうまくいかない。」 「聖クルアーン第6章」 家畜章(アル・アンアーム) マディーナ啓示 165節 6-1.天と地を創造し、暗黒と光明を定められる、アッラーを讃える。だが信じない者は、かれらの主と(外のものを)同位に置く。 6-2.かれこそは、泥から、あなたがたを創り、次いで(生存の)期間を定められた方である。一定(の期間)が、かれの御許に定められている。それでもあなたがたは疑うのか。 6-3.かれこそは天にあっても、地でもアッラーであられる。かれはあなたがたの隠すことも、現わすことも知っておられる。またかれはあなたがたの、働いて得たもの(の応報)をも知っておられる。 6-4.かれらは主から如何なる印を齎されても必ずそれから顔を背けてしまう。 6-5.真理(クルアーン)がかれらの許に来ると、かれらは常にそれを虚偽であるとした。だがかれらの嘲笑する御告げが、間もなく(事実となって)かれらの許に来るであろう。 6-6.われはかれら以前に、次から次に幾世代も滅ぼしたかを、あなたがたは考えないのか。われは地上でかれらを代々安住させ、あなたがたにすらしなかったものを与えた。われは、かれらの上に雲を送り(雨を)注ぎ降らせ、その足許に川を流れさせた。だが凡ての罪のためにかれらを滅ぼし、その跡に外の世代を出現させた。 6-7.仮令われがあなたに紙上に(書いた)啓典を下し、かれらが自分の手でそれに触れても、不信心な者はきっと、「これは明らかに魔術に過ぎない。」と言う。

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.7.28. 01:34
視聴回数:4697回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: Vivaldi   Gloria   in   D   Major   RV   589   (お話です)   1   「ギリシャとヘブライの倫理」   『タルムード:Avot   第6章』   「第九の歌詞(ドイツ語)朗読と譜面解釈」   「メタ理論について」   「ラグランジュ方程式について   一般座標と一般運動の等値を示すとき   外力がない条件で成立するハミルトニア(H)が全エネルギーと比べたときも同じ値になりここから運動方程式を   導くことができることについて」   「停留点が鞍点の時とヘッシアン(H)について」   「聖クルアーン第6章」   『タルムード:Avot   第6章』   Study   is   work   それにもかかわらず   勉強は仕事である。   あなたは「トーラに労力」をかけなければならないと   Rabbi   Meirは言った。   勉強がいかに多くの仕事であるか   あなたはすでに知っている。   それは   何度もなんどもレッスンを記憶し試験することを意味する。   あなたは紙に書いて   レポートにまとめなければならないであろう。   それは   読むこと   再読すること   そして記憶することを意味するであろう。   あなたレッスンを理解するために努力しなければならないだろう。   そして他の種類の仕事のように   あなたが成功する保証はない。   幾つかの勉強はあなたにとって易しいかもしれないが   他のものはあまりにも   難しいかもしれない。   あなたはこう発見するかもしれない:   時々   失望してあなたの両手を上げてしまいたい   そして言いたい   「なぜ私は悩むべきなのか?私は本当にうまくいかない。」   Study   is   own   reward   一つの答えがある。成功がその唯一の報酬ではないのだ。   たとえ何の仕事であろうとも   そしてそれに成功するかどうかに関わらずに   その真の報酬はその行いにある。   ある特別な意味では   勉強はそれ自身の報酬である。   Rabbi   Meir   は言った   それ自身のために(すなわち成功を考えずに)トーラに労力をかける人   は誰でも   多くの事に奉仕する;   そればかりでなく   全世界が彼に恩義をこう:   彼は友人と呼ばれる   かわいい   全ての生き物の愛人   人類の愛人:   それは彼におとなしさ   尊敬を付与する;   それは彼を正義   信神深く   正直な   そして公正にする;   それは彼を罪から遠ざける   そして彼に美徳に近づける:   彼を通して世界は助言と知恵ある音を楽しむ。   [   Avot   6:1   ]   ラビは教えた   特に   行動に対してあなた自身を準備する仕事において   あなたの態度は   その真の報酬はいつも行動の中にあると   考えるべきである。   一人の生徒である場合を考えてみなさい。   我々は全てが生徒として同じ特性を持ってはいない   我々は学問のそれぞれ   の分野において全てが平等に備えられてはいない。   我々の幾人かは   ある学問で他の者たちより優れている。   しかし我々の態度は   「勉強すること」は価値があるゆえに全ての生徒が   価値があると   考えるべきである。   To   delight   the   Lord   「神は物語を愛するゆえに人間を創造した」   という言う言葉がある。   そしてまたアボットの最後の文は   神の創造における神の大いなる喜びの   この考えについて力説している:   聖なるお方   賛えられるべき主が彼の世界を創造したものはみな   ただ神の栄光のために創造された。   [   Avot   6:11   ]   The   work   of   righteousness   我々はアボットの中で読む:   人間が死ぬときに   銀や金や宝石や真珠を携えて行くことはできない   しかしただトーラと良い行いは(携えて行くことができる)。   [   Avot   6:9   ]   あなたの価値は   あなたがあなた自身を価値あるものに「させる」ところ   のものに集中する。   あなたの価値は   あなたがあなたの行動を規則付けているその価値に従う。   ハシディムの人々は   ハニポル(Hanipol)   のレブ・ズシュヤ(Reb   Zusya)     話を繰り返し告げるのを愛した。   レブ・ズシュヤは死ぬときに偉大なを教えを行なった:   レブ・ズシュヤの生徒たちは   彼らの先生が死にかけているのを聞いて   最後の訪問にやって来た。しかし部屋に入ったときに   恐れでぶるぶる   震えている先生を見て   彼らは驚いた。   彼らはたずねた   「あなたはなぜ死を恐れているのですか?」   「あなたの生活は   モーゼ自身と同じように正義であったではないですか?」   レブ・ズシュヤは答えた   「私が審判の王座の前に立つとき   『レブ・ズシュヤよ   なぜあなたはモーゼのようでなかったのか?』   私がこのようにたずねられることはなく   『レブ・ズシュヤよ   なぜあなたはズシュヤのようでなかったのか?』   私がこのようにたずねられるでしょう。」   明らかに   我々の各々は我々の生活の織機の中で正義の布を織るための努力を   しなければならない。他の全てから離れて特別な生き物として我々各々作っている   唯一な方法で   所有や金もちの意味付けよりもずうっと偉大な意味付けを我々の   生活の各々に与えている方法で。   あなたの生命の価値を測るこのような方法は   あなたのユダヤ伝統の一部であり   ユダヤ人が保持している価値の一部である。   我々の各々は   可能な最上の「わたし」にする努力をすべきである。   それこそが   ユダヤ人が生命の価値を測る方法なのである。   「聖クルアーン第6章」   家畜章(アル・アンアーム)   マディーナ啓示   165節   6-1.天と地を創造し   暗黒と光明を定められる   アッラーを讃える。だが信じない者は   かれらの主と(外のものを)同位に置く。   6-2.かれこそは   泥から   あなたがたを創り   次いで(生存の)期間を定められた方である。一定(の期間)が   かれの御許に定められている。それでもあなたがたは疑うのか。   6-3.かれこそは天にあっても   地でもアッラーであられる。かれはあなたがたの隠すことも   現わすことも知っておられる。またかれはあなたがたの   働いて得たもの(の応報)をも知っておられる。   6-4.かれらは主から如何なる印を齎されても必ずそれから顔を背けてしまう。   6-5.真理(クルアーン)がかれらの許に来ると   かれらは常にそれを虚偽であるとした。だがかれらの嘲笑する御告げが   間もなく(事実となって)かれらの許に来るであろう。   6-6.われはかれら以前に   次から次に幾世代も滅ぼしたかを   あなたがたは考えないのか。われは地上でかれらを代々安住させ   あなたがたにすらしなかったものを与えた。われは   かれらの上に雲を送り(雨を)注ぎ降らせ   その足許に川を流れさせた。だが凡ての罪のためにかれらを滅ぼし   その跡に外の世代を出現させた。   6-7.仮令われがあなたに紙上に(書いた)啓典を下し   かれらが自分の手でそれに触れても   不信心な者はきっと   「これは明らかに魔術に過ぎない。」と言う。   6-8.かれらはまた言う。「何故天使が   かれに遣されないのか。」もしわれが天使を遣したならば   事は直ちに決定されて   かれらは猶予されなかったであろう。   6-9.仮令われがかれ(使徒)を天使としても   必ず人間の姿をさせ   (今)かれらが惑うように   きっと惑わせたであろう。   6-10.あなた以前の使徒たちも   確かに嘲笑されていた。だが嘲笑したものは   その嘲笑していたこと(懲罰)に取り囲まれるであろう。   6-11.言ってやるがいい。(ムハンマドよ。)「地上を旅して   真理を拒否した者の最後が   どうであったかを見なさい。」   6-12.言ってやるがいい。「天と地にある凡てのものは   誰の有であるのか。」言ってやるがいい。「アッラーの有である。かれは慈悲を御自分の勤となされる。審判の日には   必ずあなたがたを召集されよう。それに疑いの余地はないのである。」だが自分の魂を滅ぼしてしまった者は   信じないであろう。   6-13.夜と昼とに住む凡てのものは   かれの有である。かれは   全聴にして全知であられる。   6-14.言ってやるがいい。「わたしは   アッラー以外の加護をどうして求めるだろうか。かれは天と地の創造者で   (すべてを)養い   (誰からも)養われない」言ってやるがいい。「わたしは(かれに)服従   帰依する者の先き駆けとなり   『多神教徒の仲間となってはならない』と命じられた。」   6-15.言ってやるがいい。「わたしがもし主に背くならば   偉大な日の懲罰が本当に恐ろしい。」   6-16.その日(懲罰を)免れる者には   必ず慈悲を与えられる。それは明らかに至上の幸福の成就である。   6-17.もしアッラーが   あなたを災厄で害されれば   かれの外にこれを除くものはない。もしかれが   あなたに幸福を届けられれば   本当にかれは凡てのことに全能であられる。   6-18.かれは   そのしもべたちの上におられる至高者であり   かれは英明にして全知であられる。   6-19.言ってやるがいい。「立証において   最も重要なことは何であるか。」言ってやるがいい。「アッラーは   わたしとあなたがたとの間の立証者であられる。このクルアーンが   わたしに啓示されたのは   わたしがあなたがたそして届く限りの者に   それによって警告するためである。あなたがたは(アッラーの外に)他の神があることを   証言出来るのか。」言ってやるがいい。「わたしは証言することは出来ない。」言ってやるがいい。「本当にかれは唯一の神であられる。わたしは   あなたがたが信仰するものとは全く無関係である。」   6-20.われが啓典を授けた者たちは   自分の子を認めるようにこれを認める。だが   自分の魂を滅ぼした者は信じない。   6-21.アッラーに就いて虚偽を作り上げ   またはその印を拒否するより   甚だしい不義があろうか。本当に不義を行う者は決して成功しないであろう。   6-22.われが一斉にかれらを召集する日   邪神を信仰した者たちに(問うて)言う。「あなたがたが言い張っていた   仲間(邪神ども)はどこにいるのか。」   6-23.その時かれらは   こう言う外にロ実はないであろう。「わたしたちの主   アッラーにかけて誓います。わたしたちは決して外の神々を信仰した者ではありません。」   6-24.見なさい。如何にかれらが自らを欺くか。またかれらの虚構したものが   かれらを迷わせたかを。   6-25.かれらの中には   あなたに耳を傾ける者もあるが   われはかれらの心に覆いをしたので   これ(クルアーン)を理解しない。またその耳を鈍くした。だからかれらは仮令各種の印を見ても   これを信じない。そしてかれらがあなたの許にやって来るのは   議論するため(だけ)である。信じない者たちは   「これは昔の物語に過ぎないのです。」と言う。   6-26.かれらは外の者をそれから遠ざけ   また自分たちもこれを避ける。だがかれらは自ら自分の魂を傷つけるだけで   自分はそれに気付かない。   6-27.あなたがもし   かれらが火獄の前に立たされる姿を見たらどうであろう。その時かれらは言う。「ああ   わたしたちがもし送り帰されるならば   決して主の印を拒否しないで   必ず信仰するでしょうに。」   6-28.いや   かれらが今まで隠していたものが   (今)自分たちの前に明らかになったに過ぎない。それでかれらが仮令(再び)戻されても   かれらは必ず禁じられたことを繰り返すであろう。かれらは本当に虚言の徒である。   6-29.かれらは言う。「この世の生があるだけで   再び甦るなどということはないのです。」   6-30.あなたがもし   かれらが主と向かい合って立たされる時を見たらどうであろう。その時(主は)仰せられるであろう。「これは真実ではないか。」かれらは言う。「そうです。主にかけて(誓って)。」かれは仰せられよう。「あなたがたは   信仰を拒否したために懲罰を味わいなさい。」   6-31.アッラーに会うことを虚偽であるとする者は   確かに失敗者である。その時が突然来れば   かれらは言う。「ああ   悲しい   わたしたちは何と疎かなことをしたことか。」かれらは背に自分の重荷を負っている。ああ   かれらの負う重荷こそ災いである。   6-32.現世の生活は   遊びか戯れに過ぎない。だが主を畏れる者には   来世の住まいこそ最も優れている。あなたがたは悟らないのか。   6-33.われはかれらの言葉が   あなたを如何に悲しませるかを知っている。かれらが虚言の徒とするのは   あなたではない。不義者たちは   専らアッラーの印を否定しているだけ。   6-34.あなた以前にも   使徒たちは虚言の徒と呼ばれた。それでわれの救助を得るまで   かれらは拒否と迫害を耐え忍んだ。誰にもアッラーの御言葉を変えることは出来ない。使徒たちに関する一部の消息は   既にあなたに伝えられたのである。   6-35.もしかれらが反抗して去るのがあなたに酷く苦痛をあたえるとき   あなたに出来ることは   地にトンネルを掘り   または天に梯をかけて   かれらに印を現わせ。アッラーが御好みになるならば   (正しい)導きの上にかれらを集められる。それであなたは   無知な者の仲間となってはいけない。  

サムネイル

合唱組曲 島よ (朗読) (お話です)「ギリシャとヘブライの倫理」『タルムード:Avot 第6章』

合唱組曲 島よ (朗読) (お話です)「ギリシャとヘブライの倫理」『タルムード:Avot 第6章』Avot 第6章 Study is work  それにもかかわらず、勉強は仕事である。 あなたは「トーラに労力」をかけなければならないと、Rabbi Meirは言った。 勉強がいかに多くの仕事であるか、あなたはすでに知っている。 それは、何度もなんどもレッスンを記憶し試験することを意味する。 あなたは紙に書いて、レポートにまとめなければならないであろう。 それは、読むこと、再読すること、そして記憶することを意味するであろう。 あなたレッスンを理解するために努力しなければならないだろう。 そして他の種類の仕事のように、あなたが成功する保証はない。 幾つかの勉強はあなたにとって易しいかもしれないが、他のものはあまりにも 難しいかもしれない。 あなたはこう発見するかもしれない: 時々、失望してあなたの両手を上げてしまいたい、そして言いたい、 「なぜ私は悩むべきなのか?私は本当にうまくいかない。」 Study is own reward  一つの答えがある。成功がその唯一の報酬ではないのだ。 たとえ何の仕事であろうとも、そしてそれに成功するかどうかに関わらずに、 その真の報酬はその行いにある。 ある特別な意味では、勉強はそれ自身の報酬である。  Rabbi Meir は言った、  それ自身のために(すなわち成功を考えずに)トーラに労力をかける人  は誰でも、多くの事に奉仕する;  そればかりでなく、全世界が彼に恩義をこう:  彼は友人と呼ばれる、かわいい、全ての生き物の愛人、人類の愛人:  それは彼におとなしさ、尊敬を付与する;  それは彼を正義、信神深く、正直な、そして公正にする;  それは彼を罪から遠ざける、そして彼に美徳に近づける:  彼を通して世界は助言と知恵ある音を楽しむ。 [ Avot 6:1 ] ラビは教えた、特に、行動に対してあなた自身を準備する仕事において、 あなたの態度は、その真の報酬はいつも行動の中にあると、考えるべきである。 一人の生徒である場合を考えてみなさい。 我々は全てが生徒として同じ特性を持ってはいない、我々は学問のそれぞれ の分野において全てが平等に備えられてはいない。 我々の幾人かは、ある学問で他の者たちより優れている。 しかし我々の態度は、「勉強すること」は価値があるゆえに全ての生徒が 価値があると、考えるべきである。 To delight the Lord 「神は物語を愛するゆえに人間を創造した」、という言う言葉がある。 そしてまたアボットの最後の文は、神の創造における神の大いなる喜びの この考えについて力説している:  聖なるお方、賛えられるべき主が彼の世界を創造したものはみな、  ただ神の栄光のために創造された。                   [ Avot 6:11 ] The work of righteousness 我々はアボットの中で読む:  人間が死ぬときに、銀や金や宝石や真珠を携えて行くことはできない、  しかしただトーラと良い行いは(携えて行くことができる)。                         [ Avot 6:9 ] あなたの価値は、あなたがあなた自身を価値あるものに「させる」ところ のものに集中する。 あなたの価値は、あなたがあなたの行動を規則付けているその価値に従う。 ハシディムの人々は、ハニポル(Hanipol) のレブ・ズシュヤ(Reb Zusya) の 話を繰り返し告げるのを愛した。 レブ・ズシュヤは死ぬときに偉大なを教えを行なった:  レブ・ズシュヤの生徒たちは、彼らの先生が死にかけているのを聞いて、  最後の訪問にやって来た。しかし部屋に入ったときに、恐れでぶるぶる  震えている先生を見て、彼らは驚いた。  彼らはたずねた、  「あなたはなぜ死を恐れているのですか?」  「あなたの生活は、モーゼ自身と同じように正義であったではないですか?」  レブ・ズシュヤは答えた、  「私が審判の王座の前に立つとき、   『レブ・ズシュヤよ、なぜあなたはモーゼのようでなかったのか?』   私がこのようにたずねられることはなく、   『レブ・ズシュヤよ、なぜあなたはズシュヤのようでなかったのか?』   私がこのようにたずねられるでしょう。」

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.7.21. 00:39
視聴回数:2037回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: 合唱組曲   島よ   (朗読)   (お話です)「ギリシャとヘブライの倫理」『タルムード:Avot   第6章』Avot   第6章   Study   is   work   それにもかかわらず   勉強は仕事である。   あなたは「トーラに労力」をかけなければならないと   Rabbi   Meirは言った。   勉強がいかに多くの仕事であるか   あなたはすでに知っている。   それは   何度もなんどもレッスンを記憶し試験することを意味する。   あなたは紙に書いて   レポートにまとめなければならないであろう。   それは   読むこと   再読すること   そして記憶することを意味するであろう。   あなたレッスンを理解するために努力しなければならないだろう。   そして他の種類の仕事のように   あなたが成功する保証はない。   幾つかの勉強はあなたにとって易しいかもしれないが   他のものはあまりにも   難しいかもしれない。   あなたはこう発見するかもしれない:   時々   失望してあなたの両手を上げてしまいたい   そして言いたい   「なぜ私は悩むべきなのか?私は本当にうまくいかない。」   Study   is   own   reward   一つの答えがある。成功がその唯一の報酬ではないのだ。   たとえ何の仕事であろうとも   そしてそれに成功するかどうかに関わらずに   その真の報酬はその行いにある。   ある特別な意味では   勉強はそれ自身の報酬である。   Rabbi   Meir   は言った   それ自身のために(すなわち成功を考えずに)トーラに労力をかける人   は誰でも   多くの事に奉仕する;   そればかりでなく   全世界が彼に恩義をこう:   彼は友人と呼ばれる   かわいい   全ての生き物の愛人   人類の愛人:   それは彼におとなしさ   尊敬を付与する;   それは彼を正義   信神深く   正直な   そして公正にする;   それは彼を罪から遠ざける   そして彼に美徳に近づける:   彼を通して世界は助言と知恵ある音を楽しむ。   [   Avot   6:1   ]   ラビは教えた   特に   行動に対してあなた自身を準備する仕事において   あなたの態度は   その真の報酬はいつも行動の中にあると   考えるべきである。   一人の生徒である場合を考えてみなさい。   我々は全てが生徒として同じ特性を持ってはいない   我々は学問のそれぞれ   の分野において全てが平等に備えられてはいない。   我々の幾人かは   ある学問で他の者たちより優れている。   しかし我々の態度は   「勉強すること」は価値があるゆえに全ての生徒が   価値があると   考えるべきである。   To   delight   the   Lord   「神は物語を愛するゆえに人間を創造した」   という言う言葉がある。   そしてまたアボットの最後の文は   神の創造における神の大いなる喜びの   この考えについて力説している:   聖なるお方   賛えられるべき主が彼の世界を創造したものはみな   ただ神の栄光のために創造された。   [   Avot   6:11   ]   The   work   of   righteousness   我々はアボットの中で読む:   人間が死ぬときに   銀や金や宝石や真珠を携えて行くことはできない   しかしただトーラと良い行いは(携えて行くことができる)。   [   Avot   6:9   ]   あなたの価値は   あなたがあなた自身を価値あるものに「させる」ところ   のものに集中する。   あなたの価値は   あなたがあなたの行動を規則付けているその価値に従う。   ハシディムの人々は   ハニポル(Hanipol)   のレブ・ズシュヤ(Reb   Zusya)     話を繰り返し告げるのを愛した。   レブ・ズシュヤは死ぬときに偉大なを教えを行なった:   レブ・ズシュヤの生徒たちは   彼らの先生が死にかけているのを聞いて   最後の訪問にやって来た。しかし部屋に入ったときに   恐れでぶるぶる   震えている先生を見て   彼らは驚いた。   彼らはたずねた   「あなたはなぜ死を恐れているのですか?」   「あなたの生活は   モーゼ自身と同じように正義であったではないですか?」   レブ・ズシュヤは答えた   「私が審判の王座の前に立つとき   『レブ・ズシュヤよ   なぜあなたはモーゼのようでなかったのか?』   私がこのようにたずねられることはなく   『レブ・ズシュヤよ   なぜあなたはズシュヤのようでなかったのか?』   私がこのようにたずねられるでしょう。」   明らかに   我々の各々は我々の生活の織機の中で正義の布を織るための努力を   しなければならない。他の全てから離れて特別な生き物として我々各々作っている   唯一な方法で   所有や金もちの意味付けよりもずうっと偉大な意味付けを我々の   生活の各々に与えている方法で。   あなたの生命の価値を測るこのような方法は   あなたのユダヤ伝統の一部であり   ユダヤ人が保持している価値の一部である。   我々の各々は   可能な最上の「わたし」にする努力をすべきである。   それこそが   ユダヤ人が生命の価値を測る方法なのである。  

サムネイル

(お話です) 2 「タルムード」「イスラエルのダビデ王とソロモン王」

(お話です) 2 「イスラエルのダビデ王とソロモン王」 「タルムード」 「平和の価値」 「平和の価値」 ◎The value of peace ヒレルは言った:アロンの弟子でありなさい。彼は平和を愛し、平和を追い求める。 あなたの仲間である創造物を愛し、彼らをトーラに近づけさせる。 (Avot 1:12) ◎Loving and pursuing peace ヒレルのこれらの言葉は、世界の国々に戦争を終わらせる請願に見えるかもしれない。しかしヒレルの助言は国々への請願ではなく、我々の各々への個人的な請願である。ヒレルは、彼の言葉の最初の部分につなげて、「あなたの仲間である創造物を愛し、彼らをトーラに近づけさせる」と言う。加えて、ヒレルの言葉は元々は彼の生徒たち、個々の人々のグループ、つまり世界の国々の政策を形作る現実の力を持っていない人々への直接のものであった。 実際、ヒレルの平和を愛し追い求めるという助言は、一個人としての「あなた」へ話かけている。そしてあなたが、これはどうやって為されるのか、という質問をする時に、ヒレルは続ける:「あなたの仲間である創造物を愛し、彼らをトーラに近づけさせることによって」隣人を愛し彼らをトーラに近づけさせることによって、平和を愛し追い求める人、その最善の例はモーゼの兄アロンである、とヒレルは感じた。二人の人々が互いに喧嘩をしていた時、アロンは彼らの一人の方に行って座わり、そして言った: 「我が息子よ、あなたの友達は喧嘩をしたことが悪かったと感じている。それは私の誤りだと彼は私に言ったよ」 彼の心から全ての憎しみが消えるまで、アロンは彼と一緒に座った。そしてそれから、アロンはもう一人の方に行って座わり、そして言った: 「我が息子よ、あなたの友達は喧嘩をしたことが悪かったと感じている。それは私の誤りだと彼は私に言ったよ」 彼の心から全ての憎しみが消えるまで、アロンは彼と一緒に座った。そして、二人の男が互いに会った時に、彼らは抱きしめ合い、そして互いにキスをした。 [ Avot de Rabbi Natan 12 ]

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.6.21. 13:50
視聴回数:7615回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: (お話です)   2   「イスラエルのダビデ王とソロモン王」   「タルムード」   「平和の価値」   「平和の価値」   ◎The   value   of   peace   ヒレルは言った:アロンの弟子でありなさい。彼は平和を愛し   平和を追い求める。   あなたの仲間である創造物を愛し   彼らをトーラに近づけさせる。   (Avot   1:12)   ◎Loving   and   pursuing   peace   ヒレルのこれらの言葉は   世界の国々に戦争を終わらせる請願に見えるかもしれない。しかしヒレルの助言は国々への請願ではなく   我々の各々への個人的な請願である。ヒレルは   彼の言葉の最初の部分につなげて   「あなたの仲間である創造物を愛し   彼らをトーラに近づけさせる」と言う。加えて   ヒレルの言葉は元々は彼の生徒たち   個々の人々のグループ   つまり世界の国々の政策を形作る現実の力を持っていない人々への直接のものであった。   実際   ヒレルの平和を愛し追い求めるという助言は   一個人としての「あなた」へ話かけている。そしてあなたが   これはどうやって為されるのか   という質問をする時に   ヒレルは続ける:「あなたの仲間である創造物を愛し   彼らをトーラに近づけさせることによって」隣人を愛し彼らをトーラに近づけさせることによって   平和を愛し追い求める人   その最善の例はモーゼの兄アロンである   とヒレルは感じた。二人の人々が互いに喧嘩をしていた時   アロンは彼らの一人の方に行って座わり   そして言った:   「我が息子よ   あなたの友達は喧嘩をしたことが悪かったと感じている。それは私の誤りだと彼は私に言ったよ」   彼の心から全ての憎しみが消えるまで   アロンは彼と一緒に座った。そしてそれから   アロンはもう一人の方に行って座わり   そして言った:   「我が息子よ   あなたの友達は喧嘩をしたことが悪かったと感じている。それは私の誤りだと彼は私に言ったよ」   彼の心から全ての憎しみが消えるまで   アロンは彼と一緒に座った。そして   二人の男が互いに会った時に   彼らは抱きしめ合い   そして互いにキスをした。   [   Avot   de   Rabbi   Natan   12   ]   ◎Ways   of   seeking   peace   イスラエルにいる男と男の間に平和をもたらす時がやって来る時には   アロンは躊躇しなかった。彼は平和をもららす方法を探しに行った。彼は活発に平和を追い求めた。そのことの事実は   我々は平和については躊躇することはできない   我々は平和を「追い求め」なければならない   ということである。平和のための必要性はたいへん大きいので   待つことがしない。それでラビ・シメオン・ベン・エリアザル(Rabbi   Simeon   ben   Eleazar)は言った:   もし人が彼自身の位置に座って   そして不活発であるならば   彼はいかにしてイスラエルにいる男と男の間に平和を追い求めることができるであろうか?代わりに   彼を彼の位置から前に行かせ   世界のまわりに動かせ   そしてイスラエルに平和を追い求めさせなさい   平和を探しそして追い求めよと言われているように。さて   この意味は何であろうか?あなた自身の家の中で平和を探し   そして他の場所の中で平和を追い求めなさい。   [   Avot   de   Rabbi   Natan   12   ]   ◎Peace   in   your   own   house   始める場所は   あなたの家族と一緒の家である。あなたはすぐに   「あなたの両親を尊敬せよ」という戒律を考えるかもしれない   そしてその戒律が家族に平和をもたらすことといかに重要に関連しているか   を実感するかもしれない。   たとえあなたが   あなたの母や父のがあなたに与える忠告に不一致であるとしても   そして彼らの要求が公平でないと感じるとしても   あなたはそれにもかかわらず尊敬のために彼らに従うべきである   ---   あるいは   最も少なくとも   思いやりのある方法で異議を申し立てるべきである。   兄弟や姉妹とつきあう時に   平和はまたそのゴールであるべきである。兄弟や姉妹はしばしば互いに論争に陥る。我々の両親にとって   これらの論争はたいへん妨害される   たとえ彼らが我々を非常に妨害していない時でさえも。ほとんどの両親は   彼らの子供のうちの一人を他よりも好まないように   たいへん厳しく努力している。両親は彼らの子供たちと一緒に生活するために   また   たいへん厳しく努力している。彼らの子供たちが互いに一緒に生活しようと努力していないように見える時   その時はそれが彼らを困らす。我々の両親を尊敬する一つの方法は   我々自身の中で争わないことである。   家庭の中の平和は   それは     Shalom   Bayit(平和の家)」   という特別な名前さえ持っている   そんな重要なユダヤ人の価値である。ラビ・ナサン(Rabbi   Nathan)は「アボット」に関する彼の注釈の中で教えた   「もし人が家の中に平和をもたらすならば   あたかも平和が全てのイスラエルにもたらされたかのように   聖書がそれを評価する」   [   Avot   de   Rabbi   Natan   28   ]   もしあなたが家庭に平和を確立しているならば   それはまだ十分ではない。あなたは   また   平和に一緒に生活するために他人を助けなければならない。   ◎Aaron   the   peacemaker   他人に「   Shalom   Bayit(平和の家)」をもたらすという拡張に平和を愛し追い求める人   その最善の例それは   再び   アロンがである。アロンが   ある夫と妻がまさに離婚寸前であることを   聞き及ぶならば   彼は急いでその夫の方に急いでそして言う   「あなたとあなたの妻が一緒に暮らしていない   そしてあなたが離婚したいと聞いたので私は来ました。しかしこのことを考えてみなさい:もしあなたが現在の妻と離婚し   そしてもう一人と結婚したとすると   あなたの結婚がより良くなるということを   あなたは確信することができない。なぜならば   あなたが二番目の妻との最初の喧嘩で   彼女はあなたに思い出させる:あなたが喧嘩好きでそして良くない   そうでなければあなたの最初の結婚が離婚で終わることはなかったであろう。私が保証しよう   あなとあなたの現在の妻は幸福になることができる   もしあなたがた二人が努力するならば」   (Legends   3:329)   何千もの結婚がアロンの嘆願と励ましによって救われた。そしてアロンが   喧嘩をしていて離婚の危機にあったこれらの人々を一緒にした時に   そういう夫婦は普通   彼らの結婚を救った高位な祭司を尊敬して彼らの最初の息子をアロンと名付けた。伝説は我々に告げている:   アロンが死んだ時   80   000ものユダヤ人の子供たちがこのようにしてアロンという名前であった。   [   Avot   de   Rabbi   Natan   12   ]   我々の共同体社会の平和は   互いのための各々の人の愛に依存している。   もし   我々が口論へかりたてる心の中の刺激を感じた時に   戦う代わりに親切な言葉の形で平和のメッセージを送るならば   その時我々は平和のために働いている。   しかし   もめごとの言葉の代わりに平和のメッセージを送るよう我々をかりたてる   ことができるのは   それは単に我々の仲間である創造物に対する愛なのだ。   我々の仲間である創造物を愛すことによって我々の行動を平和に導くことの教えは   スペインのユダヤ人の詩人であるイブン・ナグレラ(Ibn   Nagrela   993-1055)   の話としての有名な物語の心臓部である。   イブン・ナグレラは   イスラム教スペインの王様の親しい友人であった。   王様はイスラム人   イブン・ナグレラはユダヤ人であったが   けれども彼らの違いは互いを愛することから引き離すことはなかった。   しかし彼らの互いの愛は   王様の宮廷の中でイスラムの詩人たちの中で   とても大きな嫉妬になっていた。ある時   これらの嫉妬の男たちの一人が王様の前に来て裁判を要求した。   王様は尋ねた   「お前にどんな悪いことがあったのか?」   その詩人は報告した   「ユダヤ人   イブン・ナグレラが   自分のものとして読むために   私の書いた詩を盗んだのです。   彼は王様あなたの前で   むこうみずにも   それを読んでさえしまった。   ああ王様   今私はお願いします   この犯罪のゆえに   彼の舌を切り落とすように」   「よし分かった」   王様は答えた。   イブン・ナグレラが   王様の面前にただちに召し出された。   「この告発にお前は何を言うのか?」   と王様はユダヤ人の友に聞いた。   「私は無実です」   とイブン・ナグレラは言った。   「それではお前の無実を   どうやって証明することができるのか?」   「こんな方法で」   イブン・ナグレラは答えた。   その時彼は   彼の詩のオリジナルな原稿を   前方に引き出した。   「これは私の最初の草案です   そしてその上には   私が創作した詩を   より良くするために   全てのマークと変更があります。   私の仕事の全てがここに見られます   最初の粗雑な形から   私が王様の前で読んだ   最後の作品まで」   王様はイブン・ナグレラを   告発した詩人に言った   「そしてお前は   お前のオリジナルな仕事を   私に見せることができるか?」   しかしその嫉妬の詩人は   しおれてしまった。   「何もありません」   彼は静かに認めた。   「それでは   お前の罰は   イブン・ナグレラの手の中にある」   と王様は言った。   そして彼の友の方に向いて王は続けた   「この男の邪悪な舌を切り落としなさい   彼がお前の舌を切り落とそうとしたように」   その日の後に   王様はイブン・ナグレラの部屋を通った   そしてそこから来る笑う声を聞いた。   戸を開いて   王様はその二人の詩人を見て   非常に驚いた。   そのイスラム人とユダヤ人は笑って   一緒にチェスのゲームをしていた。   王様は言った   「イブン・ナグレラ   この男はお前の敵である。   なぜお前は彼の邪悪な舌を   取り除かなかったのか?」   イブン・ナグレラは答えた   「しかし私はそうしました   わが王様   私は彼の邪悪な舌を取り除いて   そしてそれを思いやりのある舌と   交換したのです」   我々の共同社会に平和をもたらすという見地で   この物語から学ぶことが多くある。   イブン・ナグレラの他の選択を考えてみよう。   もし彼が告発人の舌を切り落としたならば   その時   他の詩人たちがイブン・ナグレラに向けて感じた嫉妬は   王様との彼の友情の故に   その嫉妬は絶対の嫌悪に向かったであろう。   その時   また   イブン・ナグレラは彼の告発人を彼の敵のままに一人で残す   ことができたであろう。   王様の審判について自慢し誇ることによって   虚偽の告発人を法廷の人々の中で   とても大きな恥をかかせることができたであろう。   しかし他の誰か敗北者について自慢する人は   彼の隣人である創造物たちを愛する人ではない。   その王様の考え方にとって   報復は正しい解であった。   しかしイブン・ナグレラの宗教的な考え方にとって   それは少しも解ではなかった。   彼の隣人である創造物たちを愛する人に対する解は   敵を友人に変えることであった。   これがイブン・ナグレラが行なったことである。   王様によって「戦争のメッセージ」が命じられた時でさえ   彼は「平和のメッセージ」を出した。   我々はこれの全ての成り行きをただ想像することができる   そんなに無理をして想像する必要はないけれども。   おそらく   そのイスラムの詩人はイブン・ナグレラの生涯の友人になったであろう。   そしておそらく   また   彼は忠実な友人になったでろう。   彼は   宮廷の中の他のイスラムの詩人たちとイブン・ナグレラとの間に   あった緊張を止めるのを助けたかもしれない。   それで我々は見ることができる:   敵を友人に変える行動が   いかにして我々の共同社会の中に   平和を増加するために我々を助けることができるか。   ◎Drawing   others   to   Torah   しかし   他の人々をトーラに引き寄せるようにヒレルが我々に要求する時に   彼が意味しているものは何か?   実際に   ヒレルは広い意味でトーラの話をした。   ただモーゼ五書だけでなく   我々の人々の伝統と価値   我々がしっかりと   にぎらなければならない「生命の木」である。   他の人々をトーラに引き寄せるために我々が持つ最善の意味は   我々がユダヤ人の価値   それは我々が議論してきたところの価値に従って   行動することである。   その時   我々と接触に来る全ての人々がトーラに近づいて来るであろう。   我々が行くどこにでも   トーラが我々と共にあるであろう。   そして   我々が行なうあらゆるものの中に   トーラが現われるであろう。   このような方法で   我々は他人に教える   我々の模範によって。   当然に   我々が模範を示すために   我々はまず我々の伝統を学ばなければならない   我々が示すべき模範の種類が何かを知るために。   この光りの中でタルムードは言う:   「賢い学生たちが世界に平和を大きくする」   [   Berachot   64a   ]   Judaism   の我々の勉強は平和を追い求める価値ある方法である   なぜならばそれを通して   平和への毎日の道   善い心の道を我々は学ぶからである。   ◎Hope   for   peace   毎日の祈りの中で   平和の年がやってくるように我々は祈りを朗唱する:   「天に平和を創造しているお方が   我々と全てのイスラエルに   平和をもたらしますように」   我々の祈りは   平和に対する我々の必要の表現として立つだけではなく   世界を通して平和が普及するであろう未来の時を予知する。ユダヤ人としての我々の最も気高い信念の一つは   Messiah(救世主)が   やってくるという信念である。我々がいかにしてMessiahを認めるかを説明する場合に   ラビたちは彼のことをこう言った:   「彼の唇を開くことが祝福と平和のためである」   多くの人が本物のMessiahであると主張してきたが   しかしまだ誰も平和な年が来るというこの兆候を提供してきていない。しかしこれは未来に対する我々の夢である。   それは我々の預言者たちの最後のメッセージである   そしてそれは我々の生活の道の最後の目標である。   「見よ   わたしは創造する新しい天をそして新しい地を。初めからこのことを思い起こす者はない。それはだれの心にも上ることはない。彼らが呼びかけるより先に   わたしは答えまだ語りかけている間に   聞き届ける。狼と小羊は共に草をはみ獅子は牛のようにわらを食べ   蛇は塵を食べものとしわたしの聖なる山のどこにおいても害することも滅ぼすこともない。」   と主は言われる。   [   イザヤ書   65:17   24   25   ]     Reflection   詩編の中の一節は読む:   「平和の人には未来がある」   [   詩編   37:37   ]   平和を愛し追い求める人は   未来の中を見つめ   そして全てに対して平和の可能性を見つける人である。   しかしそれ以上に   平和を追い求める人は   家庭でそして世界の中で各々が毎日   平和を探す人である。平和を追い求める人になるためには   敵を友人に変えるという観点で   あなたが   「あなた自身としてあなたの隣人を愛す」   ようにならなければなりませんない。   そして他人に対するあなたの行動の中で   あなたの人々の教えと法律にあなた自身を近付けるのを維持することによって   あなたは彼らをトーラに近付けるために努力しなければなりませんない。このことに   我々は近代の賢者ラブ・クック(Rav   Kook)の教えを追加ができる。   いかにして全てを平等に愛すことができるのか   と聞かれた時に   次のような方法で回答した:   「Sinat   Hinnam(根拠のない憎しみ)」   として知られている罪がある。   これは嫌われるにふさわしくない人を嫌うこと。しかし我々の時代には   「Ahavat   Hinnam(根拠のない愛)」と呼ばれる新しい戒律の必要性がある。これは愛される価値のない人を愛すこと。我々の時代に   真に   「Rodef   Shalom(平和を追い求める人)」   であるためには   我々は全て(---   我々に同意する人   我々に不一致な人   そして我々が好きな人   我々が嫌いな人   ---   )に対して愛を実行しなければなりません。我々は   「Ahavat   Hinnam」   を実行しなければなりません。  

サムネイル

合唱組曲島よ(朗読)(お話です)「ユダヤ教の途絶えぬ信仰」「ミシュナータルムードアヴォート」「生活を選択すること」「平和の価値」

合唱組曲島よ(朗読) (お話です) 「ユダヤの方々の歴史と意識と特色」 「ミシュナー・タルムード(アヴォート編)」 「生活を選択すること」 「平和の価値」 「生活を選択すること」 ◎Choosing life ラバン・シメオン・ベン・ガマリエル(Rabban Simeon ben Gamaliel)は言った、世界は三つの物の上に立って守られている: 真実(by truth)と 審判(by judgment)と 平和(by peace)とによって。 [ Avot 1:18 ] あなたは海を探しに出かけた魚の話を憶えているかもしれない。いたるところを探した後、海は単純に存在していなかったとその魚は決定した。今年に我々が一緒に勉強したところのものについて、あなたはおそらくこんな風に感じているかもしれない。我々がそれを一緒にする時に、それは全て何の意味があるのか?それが全て何についてであるかを忘れずにいる方法はあるのか? たとえそうでも、我々の勉強の中にユダヤ人の道徳の全てをカバーしてきているわけではない。ユダヤ人の道徳の主題に関しては厖大な量の文献がある、 そして我々は単にその表面をひっかいたにすぎない。我々は氷山の先端だけを勉強してきた、とあなたは言うかもしれない。しかし、極めて重大な我々の伝統の価値や概念のほとんどのうちの幾つかを我々は話してきた。共同体社会の重要さ、政府の重要さ、労働の重要さ、トーラの重要さ、そして名誉と尊敬の重要さ、その他について我々は触れてきた。 最初、あなたはあなた自身にこう言うかもしれない:「確立」した道徳がある。それらは個人として自由になることを許していない。それらはただグループにとって何が良いかを用意している。しかし我々は、それはあなたの権利を一個人のものであることを保証し、力と権威の誤った使用からあなたを保護し、あなたの自由を保護している、そのような我々の伝統の価値を話してきた。 これらは生活そのものの価値である ---選択の自由、互いへの感受性、友情と仲間意識、開かれた信用できる議論、そして公平で平等な審判。これらの価値の中で、我々は人間の精神の最も深い熱望を認めることができる。一緒に、共同的で個人的な価値は、高貴な人間の共同社会に対する基礎を我々に提供している:真実を基礎に、審判を基礎に、そして平和を基礎にした共同社会である。 ◎Preserving the world あなたが属しているかもしれない多くのグループの中の、ユダヤ人の人々は最も多くの要求がある。我々は命じられている:「あなたは、主あなたの神をあなたの全ての精神をこめて、あなたの全ての心をこめて、そしてあなたの全ての力をこめて、愛さなければならない」(申命記 6:5)何のさらなる要求が作られることがあったのか?しかし我々がアボットの勉強で見てきたように、我々が神を愛するというのは何を意味するのかを解く場合に、それは人間の世界の中で行動する間に神の法律に従うことである、ということをラビたちは見せてきた。商人たちは、彼らから買う人々を公正に扱わなければならない。農民たちは、公正な測りで収穫物を測らなければならない、そして彼らの客をだまさないように。人は、彼または彼女の使用人から賃金の支払をたとえ一晩でも控えてはならない --- 賃金の支払は時間どおりになされなければならない。慈善は全てに対して要求される --- 貧乏人でさえ慈善をする方法を発見するべきである。「Gemilt Hasadim(神からの乳離れ)」、報酬なしを約束している愛の行動、が命じられている: 我々は病人を 見舞わなければならない、 我々は孤児や未亡人を 助けなければならない、 我々は見知らぬ人を正当に 扱わなければならない、 死人の埋葬の必要が生じた時に 我々は援助しなければならない。 これらの具体的な行動は、 これらそしてもっと多くの、 神に対する我々の 愛の地上での表現である。 しかし特に三つの価値が主要である、その重要さの点で、そして我々が一緒にしてきた勉強の全てのまとめという点において。ラバン・シメオン・ベン・ガマリエルの言葉 [ Avot 1:18 ] では、世界は三つの物の上に立って守られている: 真実(by truth)と 審判(by judgment)と 平和(by peace)を示して。

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.6.7. 17:37
視聴回数:8699回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: 合唱組曲島よ(朗読)   (お話です)   「ユダヤの方々の歴史と意識と特色」   「ミシュナー・タルムード(アヴォート編)」   「生活を選択すること」   「平和の価値」   「生活を選択すること」   ◎Choosing   life   ラバン・シメオン・ベン・ガマリエル(Rabban   Simeon   ben   Gamaliel)は言った   世界は三つの物の上に立って守られている:   真実(by   truth)と   審判(by   judgment)と   平和(by   peace)とによって。   [   Avot   1:18   ]   あなたは海を探しに出かけた魚の話を憶えているかもしれない。いたるところを探した後   海は単純に存在していなかったとその魚は決定した。今年に我々が一緒に勉強したところのものについて   あなたはおそらくこんな風に感じているかもしれない。我々がそれを一緒にする時に   それは全て何の意味があるのか?それが全て何についてであるかを忘れずにいる方法はあるのか?   たとえそうでも   我々の勉強の中にユダヤ人の道徳の全てをカバーしてきているわけではない。ユダヤ人の道徳の主題に関しては厖大な量の文献がある   そして我々は単にその表面をひっかいたにすぎない。我々は氷山の先端だけを勉強してきた   とあなたは言うかもしれない。しかし   極めて重大な我々の伝統の価値や概念のほとんどのうちの幾つかを我々は話してきた。共同体社会の重要さ   政府の重要さ   労働の重要さ   トーラの重要さ   そして名誉と尊敬の重要さ   その他について我々は触れてきた。   最初   あなたはあなた自身にこう言うかもしれない:「確立」した道徳がある。それらは個人として自由になることを許していない。それらはただグループにとって何が良いかを用意している。しかし我々は   それはあなたの権利を一個人のものであることを保証し   力と権威の誤った使用からあなたを保護し   あなたの自由を保護している   そのような我々の伝統の価値を話してきた。   これらは生活そのものの価値である   ---選択の自由   互いへの感受性   友情と仲間意識   開かれた信用できる議論   そして公平で平等な審判。これらの価値の中で   我々は人間の精神の最も深い熱望を認めることができる。一緒に   共同的で個人的な価値は   高貴な人間の共同社会に対する基礎を我々に提供している:真実を基礎に   審判を基礎に   そして平和を基礎にした共同社会である。   ◎Preserving   the   world   あなたが属しているかもしれない多くのグループの中の   ユダヤ人の人々は最も多くの要求がある。我々は命じられている:「あなたは   主あなたの神をあなたの全ての精神をこめて   あなたの全ての心をこめて   そしてあなたの全ての力をこめて   愛さなければならない」(申命記   6:5)何のさらなる要求が作られることがあったのか?しかし我々がアボットの勉強で見てきたように   我々が神を愛するというのは何を意味するのかを解く場合に   それは人間の世界の中で行動する間に神の法律に従うことである   ということをラビたちは見せてきた。商人たちは   彼らから買う人々を公正に扱わなければならない。農民たちは   公正な測りで収穫物を測らなければならない   そして彼らの客をだまさないように。人は   彼または彼女の使用人から賃金の支払をたとえ一晩でも控えてはならない   ---   賃金の支払は時間どおりになされなければならない。慈善は全てに対して要求される   ---   貧乏人でさえ慈善をする方法を発見するべきである。「Gemilt   Hasadim(神からの乳離れ)」   報酬なしを約束している愛の行動   が命じられている:   我々は病人を   見舞わなければならない   我々は孤児や未亡人を   助けなければならない   我々は見知らぬ人を正当に   扱わなければならない   死人の埋葬の必要が生じた時に   我々は援助しなければならない。   これらの具体的な行動は   これらそしてもっと多くの   神に対する我々の   愛の地上での表現である。   しかし特に三つの価値が主要である   その重要さの点で   そして我々が一緒にしてきた勉強の全てのまとめという点において。ラバン・シメオン・ベン・ガマリエルの言葉   [   Avot   1:18   ]   では   世界は三つの物の上に立って守られている:   真実(by   truth)と   審判(by   judgment)と   平和(by   peace)とによって。   ■真実(By   truth)   それが真実に来るとき   我々は互いを信頼しなければならない。信頼が全ての人間の関係に最も深いきずなになっているほどに   我々は互いにたいへん依存している。我々の相続権である我々の伝統を我々に教えてくれる他人を信頼している   そして我々が我々自身でそれを判断するほどに   彼らがそれを我々に真に与えるであろうと信頼している。ヒレルとシャマイについて一つの有名な話がラビによって話された   真実がいかに全ての学びの基礎になっているかを見せるために。   不信仰者がシャマイのところにやってきた   そして言った   「私はあなたと学びたい   しかし最初に私に告げて下さい。一つのトーラ以上のものがあるのですか?」   シャマイは答えた   「二つのトーラがある   ---   the   written   Torah(書文のトーラ)と   the   oral   Torah(口伝のトーラ)とが」そのとき不信仰者は言った   「私自身で読むことができる書文トーラに関しては   私はあなたを信頼するでしょう。しかし口伝トーラに関しては   そうではありません」それでシャマイは全く彼を教えることを拒んだ。その同じ不信仰者がヒレルのところにやってきて同じ質問をした。彼は同じ回答を受けた。「私に書文トーラだけを教えて下さい」   と彼はヒレルに言った。そしてヒレルは同意した。授業の最初の日に   ヒレルはその不信仰者にアレフ・ベイト(Aleph-Bet)を教えた。正しい順序になるように   彼は文字を何度も繰り返したので   その異教徒はそれらを学んだ。   「アレフ(Aleph)   ベイト(Bet)   ギーメル(Gimel)   ダレット(Dalet)   ...     しかしその次の日に   彼が復習にやってきた時   ヒレルは始めた。   「アレフ   ギーメル   ダレット   ベイト   ...     その不信仰者は混乱して言った   「やめて下さい   昨日あなたはこう教えました   『アレフ   ベイト   ギーメル   ダレット   ...』   そして今日は   『アレフ   ギーメル   ダレット   ベイト   ...』   と教えました。   どっちが真実なのですか?」   その時   ヒレルは答えた   「あなたはアレフ・ベイトの真実に対して私を信頼しなければならない。同じように   あなたは我々の伝統の真実に対してもまた私を信頼しなければならない」   (Shabbat   31a)   同じように   我々の伝統の真実に対して我々はお互いを信頼しなければならない。   この本の中で   我々はアボットの言葉を勉強してきた   そしてそれらをユダヤ人の知識の伝統に立つものと認めてきた。世界は   この伝統を習得し   それで生き続けることをユダヤ人に頼っている。それは   我々が世代から世代に通過させ   それをレビューし   そしてより大きくしてきた真実の伝統である。   今や   真実を探求することはユダヤ人としてあなたの責任である。それは   あなたがそのために選ばれた責任である   そしてそれゆえにユダヤ人は「選ばれた民(Chosen   People)」と呼ばれているのだ。しかし真実はあなたからずっと遠くにいるわけではない   ---   それはあなたの気持ちの中に   あなたの心の中にある。   あなたは   あなた自身を信頼することを学び   あなた自身で審判することを学び   あなた自身で決心することを学ばなければならない。あなたは我々の伝統の最も新しい連結(link)である   勉強を通して   探求を通して   あなたは真実を学ばなければならない。次の世代は彼らの相続権をあなたに頼るであろう   あなたが全て充満に学んできた伝統を通過させるであろうことを期待して。あなたが   何がそうであろうかというその真実である。   ■<審判(by   judgment)   我々はまた   あなた自身そしてあなたのまわりの世界の審判として   あなたが演じることの重要な部分を勉強してきた。そしてラバン・シメオンの言葉に中で   市民の世界が頼っているその三つの柱うちの一つは   審判という柱である   ということを彼は我々に思い出させる。シメオンは   「正義(justice)」という言葉を使わないで   むしろ「審判(judgment)」という言葉を選んだことに注意しなさい   ---   審判は法律の法廷の中としての意味がある。そしてシメオンの選んだ言葉のちょっとしたこの違いを強調すると   意味に一つの違いがある。なぜならば   一方において   「正義」は盲目的である   賢者が言っているように:法律の目には   全ての物事は平等であり   そして何の特別な環境もない。しかし「審判」は盲目的ではない:審判の目には   あらゆるケースが特別なケースであり   そして全ての環境が異なる。我々はもう一度   帽子をまわしてた裁判官の話---   彼は町の人々に「正義」と「慈善」の違いを教えた   ---   を呼び出す必要がある   ラバン・シメオンが「審判」という言葉を使った時に   彼が心の中に持っていたところのものを理解するために。彼の言葉の選択から   我々がそれを行動に移すまでは「正義」は共同体社会の柱ではない   ということを我々は学ぶかもしれない。我々は公平に他人を審判しなければならない   フェアプレイの掛け声だけではなく。我々は親切に他人を扱わなければならない   親切な語りだけではなく。我々は尊敬して他人を扱わなければならない   優しく正しい話だけではなく。多くの人々は敏感であるべきことを主張する   しかしこれらの人々の行動が   彼ら自身の必要に加えて他人の必要に向けられている時にのみ   真に敏感である。我々が我々自身について行う審判   そして他人について行う審判に従って   我々は行動しなければならない   ---   その時   我々の審判は真実になるであろう。   ■平和(by   peace)   タルムードの中のどこかほかで   ある注釈が述べている:ラバン・シメオンの三つの価値   ---   審判   真実   そして平和   ---   は本当のものである   なぜならば真実と審判/*原文は審判でなく正義となっているが誤植*/は平和が存在するために必要であり   そしてそれの最も確実な保護である。   審判が公平に報われている時は   真実が支持され   そしてその結果は平和である。   (Jerusalem   Talmud   Taanit   68a)   そのラビにとっては   平和は人間性の自然な状態である。それは   永遠であるに値する生活のたった一つの方法である。我々が以前に「平和の価値(第20章)」で議論してきたように   人は   平和が彼を見つけることを待つことはできない   ---   彼は平和を活発に「追い求め」なければならない。   平和   審判   そして真実の中の関連はたいへん親密なので   アボットは我々に告げている:正義が無視され   そして真実を誤らせる時は   暴力がその避けられない結果である。   正義が遅れるために   そして正義の悪用のために   そしてトーラをその真の意味に従わないで解釈する罪のために   世界に戦争がやって来る。   (Avot   5:11     正しくない状態を正すことについて   我々が待って待ってそして何もしない時   我々は多かれ少なかれ暴力を招いている。国の貧乏人が踏みにじられて飢える時   例えば   金持ちが全体的に苦しんでいる隣人の悪い状態を無視する時   反乱や革命が容易に生じる。正義が悪用され   そして法廷がたやすく賄賂や政治的な興味によって影響される時   その時はまた暴力が遠くはない。法廷が人々を平等に審判することに失敗して   そしてその代わりに彼らを皮膚の色や宗教や社会の地位に従って審判する時   暴力がその結果となる   ---   なぜならば法廷が公平でないならば   いったい他のどこで人々は平和に向きを変えることができるであろうか?   ◎Paths   of   peace   平和は良い心の道の真のゴールである。それはユダヤ人のビジョンであり夢である。それはユダヤ人の道徳およびユダヤ人の価値の心にある。それはまたユダヤ人の生活の道の心にある。しかしそれは   シメオンの言葉に従うと   世界を支えている三つの柱のただ一つである。正義の無い平和は真の平和ではない   そして真実の無い平和は永続することができない   ということを我々に思い出させるべきである。我々の伝統の偉大な鎖の中の最も最近のリンクとして   あなたの世界で平和だけではなく   真実と正義もまたあなたは探さなければならない。   これが   あなた自身の価値の本当のテストである   あなた自身そしてあなたの宗教的な知覚を信頼するためのあなたの能力   そして平和の道を歩くためのあなたの能力の本当のテストである。それがアボットの勉強で我々を導いてきたこのポイントにある:あなたに戻れ(back   to   you)。   ユダヤ的に行動することは容易な仕事ではない。それは   我々が我々のゴールを視野の中に絶えず維持することを要求する。現実を巻き込む我々の衝突がある時   例えば   金曜の夜にフットボールの試合に行くか   または金曜の夕べのシナゴーグや神殿の礼拝に参加するか   またあるいは宗教的な学校に参加するか   または友人とキャンプの旅にでるか   そのどちらかを決心する努力をする時   我々の最終ゴールを視野の中に維持することは氷の壁を登ると同じように難しく見えるかもしれない。しかし6点を獲得するためにどのゴールラインを横切らなければならないかを絶えず忘れているようなフットボール選手に対して   我々がどんな種類の尊敬を持つであろうか。   ◎Choose   well   小さな町に   賢いラビが住んでいた。彼の名声は遠く隅々まで広がっていた。数マイル離れているまわりのユダヤ人たちが   これやあれの問題でラビの意見を得るために   あるいは単に彼のトーラの教えを聞くためにやって来たものだ。   その同じ町で   そのラビに嫉妬を持っている若い生徒がいた。「私はあの老人と同じほど賢いのだ」と生徒は考えた。「なぜ人々はそんなに彼の知恵に感銘を受けるのだろうか?」   それでその生徒は   そのラビが答えられないような質問を夢見る事に夢中になった。「その時   そのラビのまわりに群がるユダヤ人たちの全てが   その賢いラビは単なるいかさま師であることを知るであろう」   と考えた。   時がたち再び   人々が質問したり耳を傾けるためにラビのまわりに集まってくるところの「学びの家」に   その生徒はやって来た。毎回   その学生は彼の考えた難しい問題をラビに質問をした。しかし毎回   ラビが答えたのは   その嫉妬深い学生の大きな失望であった。   ついにその学生は巧妙な計画を考えついた。彼は小さな鳥を捕まえてラビの前に持ってきた   小鳥を両手で包み   その鳥が見えないようにした。   彼は言った   「ラビ   私はあなたが答えることができない質問を持っています。私の両手の中に   小さな鳥を包んでいます。さぁ言って下さい   賢いラビ   その鳥は生きていますかそれとも死んでいますか?」   何と奇妙な質問であろう?そこにいた人々は   ラビの答えを待つために近づいて集まってきた。しかしラビはどのように知るのであろうか?   そして生徒は笑った。ラビがこの質問に答えることができないことを彼は確信していたので。なぜならば   彼は巧妙な計画を持っていたからである。   もしラビが   「鳥は死んでいる」   と答えれば   その時は   その少年は彼の手を開き   そして鳥は飛び去るであろう。   そしてもしラビが   「鳥は生きている」   と答えれば   その少年は彼の両手の平で   素早く小鳥を押し潰して   それから彼の手を開いて   死んだ鳥を見せるであろう。   しばらくの間   ラビは座って深く考えた。彼の目は閉じ   彼の左手はあごひげをさすった。ついに彼は目を開き   生徒の両目をの中をじっと見つめた。   彼は言った   「我が息子よ   あなたの手の中に   あなたが一つの命を   にぎっている。   "Choose   well   what   you   will   do   with   it"   (あなたが   それにしたいことを   うまく選択しなさい)   あらゆる世代の中で   我々ユダヤ人は我々の慣習を再び新しくすることを要求される。あらゆる世代の中で   我々は我々の伝統の長い鎖を続けるために選択することを要求される。あなたは   まさに今   要求されている。あなたは   仕事を完成することを要求されてはいないが   しかしまたあなたは   それを止める自由はない。誕生によって   そして世襲財産によって   Judaism   の仕事   つまり真実の   正義の   慈愛の   そして平和の保存   を続けるためにあなたが   選択されてきている。この瞬間に   あなたはあの賢いラビによって話かけられている。   「あなたの手の中に   あなた自身の生活をにぎっている。あなたがそれにしたいことを   うまく選択しなさい」   さて今や   あなたは行動を通してあなたの選択をしなければならない。もし今でなければ   いつであろうか?If   not   now   when   ?   「平和の価値」   ◎The   value   of   peace   ヒレルは言った:アロンの弟子でありなさい。彼は平和を愛し   平和を追い求める。   あなたの仲間である創造物を愛し   彼らをトーラに近づけさせる。   (Avot   1:12)   ◎Loving   and   pursuing   peace   ヒレルのこれらの言葉は   世界の国々に戦争を終わらせる請願に見えるかもしれない。しかしヒレルの助言は国々への請願ではなく   我々の各々への個人的な請願である。ヒレルは   彼の言葉の最初の部分につなげて   「あなたの仲間である創造物を愛し   彼らをトーラに近づけさせる」と言う。加えて   ヒレルの言葉は元々は彼の生徒たち   個々の人々のグループ   つまり世界の国々の政策を形作る現実の力を持っていない人々への直接のものであった。   実際   ヒレルの平和を愛し追い求めるという助言は   一個人としての「あなた」へ話かけている。そしてあなたが   これはどうやって為されるのか   という質問をする時に   ヒレルは続ける:「あなたの仲間である創造物を愛し   彼らをトーラに近づけさせることによって」隣人を愛し彼らをトーラに近づけさせることによって   平和を愛し追い求める人   その最善の例はモーゼの兄アロンである   とヒレルは感じた。二人の人々が互いに喧嘩をしていた時   アロンは彼らの一人の方に行って座わり   そして言った:   「我が息子よ   あなたの友達は喧嘩をしたことが悪かったと感じている。それは私の誤りだと彼は私に言ったよ」   彼の心から全ての憎しみが消えるまで   アロンは彼と一緒に座った。そしてそれから   アロンはもう一人の方に行って座わり   そして言った:   「我が息子よ   あなたの友達は喧嘩をしたことが悪かったと感じている。それは私の誤りだと彼は私に言ったよ」   彼の心から全ての憎しみが消えるまで   アロンは彼と一緒に座った。そして   二人の男が互いに会った時に   彼らは抱きしめ合い   そして互いにキスをした。   [   Avot   de   Rabbi   Natan   12   ]   ◎Ways   of   seeking   peace   イスラエルにいる男と男の間に平和をもたらす時がやって来る時には   アロンは躊躇しなかった。彼は平和をもららす方法を探しに行った。彼は活発に平和を追い求めた。そのことの事実は   我々は平和については躊躇することはできない   我々は平和を「追い求め」なければならない   ということである。平和のための必要性はたいへん大きいので   待つことがしない。それでラビ・シメオン・ベン・エリアザル(Rabbi   Simeon   ben   Eleazar)は言った:   もし人が彼自身の位置に座って   そして不活発であるならば   彼はいかにしてイスラエルにいる男と男の間に平和を追い求めることができるであろうか?代わりに   彼を彼の位置から前に行かせ   世界のまわりに動かせ   そしてイスラエルに平和を追い求めさせなさい   平和を探しそして追い求めよと言われているように。さて   この意味は何であろうか?あなた自身の家の中で平和を探し   そして他の場所の中で平和を追い求めなさい。   [   Avot   de   Rabbi   Natan   12   ]   ◎Peace   in   your   own   house   始める場所は   あなたの家族と一緒の家である。あなたはすぐに   「あなたの両親を尊敬せよ」という戒律を考えるかもしれない   そしてその戒律が家族に平和をもたらすことといかに重要に関連しているか   を実感するかもしれない。   たとえあなたが   あなたの母や父のがあなたに与える忠告に不一致であるとしても   そして彼らの要求が公平でないと感じるとしても   あなたはそれにもかかわらず尊敬のために彼らに従うべきである   ---   あるいは   最も少なくとも   思いやりのある方法で異議を申し立てるべきである。   兄弟や姉妹とつきあう時に   平和はまたそのゴールであるべきである。兄弟や姉妹はしばしば互いに論争に陥る。我々の両親にとって   これらの論争はたいへん妨害される   たとえ彼らが我々を非常に妨害していない時でさえも。ほとんどの両親は   彼らの子供のうちの一人を他よりも好まないように   たいへん厳しく努力している。両親は彼らの子供たちと一緒に生活するために   また   たいへん厳しく努力している。彼らの子供たちが互いに一緒に生活しようと努力していないように見える時   その時はそれが彼らを困らす。我々の両親を尊敬する一つの方法は   我々自身の中で争わないことである。   家庭の中の平和は   それは「   Shalom   Bayit(平和の家)」という特別な名前さえ持っている   そんな重要なユダヤ人の価値である。ラビ・ナサン(Rabbi   Nathan)は「アボット」に関する彼の注釈の中で教えた   「もし人が家の中に平和をもたらすならば   あたかも平和が全てのイスラエルにもたらされたかのように   聖書がそれを評価する」   [   Avot   de   Rabbi   Natan   28   ]   もしあなたが家庭に平和を確立しているならば   それはまだ十分ではない。あなたは   また   平和に一緒に生活するために他人を助けなければならない。   ◎Aaron   the   peacemaker   他人に「   Shalom   Bayit(平和の家)」をもたらすという拡張に平和を愛し追い求める人   その最善の例それは   再び   アロンがである。アロンが   ある夫と妻がまさに離婚寸前であることを   聞き及ぶならば   彼は急いでその夫の方に急いでそして言う   「あなたとあなたの妻が一緒に暮らしていない   そしてあなたが離婚したいと聞いたので私は来ました。しかしこのことを考えてみなさい:もしあなたが現在の妻と離婚し   そしてもう一人と結婚したとすると   あなたの結婚がより良くなるということを   あなたは確信することができない。なぜならば   あなたが二番目の妻との最初の喧嘩で   彼女はあなたに思い出させる:あなたが喧嘩好きでそして良くない   そうでなければあなたの最初の結婚が離婚で終わることはなかったであろう。私が保証しよう   あなとあなたの現在の妻は幸福になることができる   もしあなたがた二人が努力するならば」   (Legends   3:329)   何千もの結婚がアロンの嘆願と励ましによって救われた。そしてアロンが   喧嘩をしていて離婚の危機にあったこれらの人々を一緒にした時に   そういう夫婦は普通   彼らの結婚を救った高位な祭司を尊敬して彼らの最初の息子をアロンと名付けた。伝説は我々に告げている:   アロンが死んだ時   80   000ものユダヤ人の子供たちがこのようにしてアロンという名前であった。   [   Avot   de   Rabbi   Natan   12   ]   我々の共同体社会の平和は   互いのための各々の人の愛に依存している。   もし   我々が口論へかりたてる心の中の刺激を感じた時に   戦う代わりに親切な言葉の形で平和のメッセージを送るならば   その時我々は平和のために働いている。   しかし   もめごとの言葉の代わりに平和のメッセージを送るよう我々をかりたてる   ことができるのは   それは単に我々の仲間である創造物に対する愛なのだ。   我々の仲間である創造物を愛すことによって我々の行動を平和に導くことの教えは   スペインのユダヤ人の詩人であるイブン・ナグレラ(Ibn   Nagrela   993-1055)   の話としての有名な物語の心臓部である。   イブン・ナグレラは   イスラム教スペインの王様の親しい友人であった。   王様はイスラム人   イブン・ナグレラはユダヤ人であったが   けれども彼らの違いは互いを愛することから引き離すことはなかった。   しかし彼らの互いの愛は   王様の宮廷の中でイスラムの詩人たちの中で   とても大きな嫉妬になっていた。ある時   これらの嫉妬の男たちの一人が王様の前に来て裁判を要求した。   王様は尋ねた   「お前にどんな悪いことがあったのか?」   その詩人は報告した   「ユダヤ人   イブン・ナグレラが   自分のものとして読むために   私の書いた詩を盗んだのです。   彼は王様あなたの前で   むこうみずにも   それを読んでさえしまった。   ああ王様   今私はお願いします   この犯罪のゆえに   彼の舌を切り落とすように」   「よし分かった」   王様は答えた。   イブン・ナグレラが   王様の面前にただちに召し出された。   「この告発にお前は何を言うのか?」   と王様はユダヤ人の友に聞いた。   「私は無実です」   とイブン・ナグレラは言った。   「それではお前の無実を   どうやって証明することができるのか?」   「こんな方法で」   イブン・ナグレラは答えた。   その時彼は   彼の詩のオリジナルな原稿を   前方に引き出した。   「これは私の最初の草案です   そしてその上には   私が創作した詩を   より良くするために   全てのマークと変更があります。   私の仕事の全てがここに見られます   最初の粗雑な形から   私が王様の前で読んだ   最後の作品まで」   王様はイブン・ナグレラを   告発した詩人に言った   「そしてお前は   お前のオリジナルな仕事を   私に見せることができるか?」   しかしその嫉妬の詩人は   しおれてしまった。   「何もありません」   彼は静かに認めた。   「それでは   お前の罰は   イブン・ナグレラの手の中にある」   と王様は言った。   そして彼の友の方に向いて王は続けた   「この男の邪悪な舌を切り落としなさい   彼がお前の舌を切り落とそうとしたように」   その日の後に   王様はイブン・ナグレラの部屋を通った   そしてそこから来る笑う声を聞いた。   戸を開いて   王様はその二人の詩人を見て   非常に驚いた。   そのイスラム人とユダヤ人は笑って   一緒にチェスのゲームをしていた。   王様は言った   「イブン・ナグレラ   この男はお前の敵である。   なぜお前は彼の邪悪な舌を   取り除かなかったのか?」   イブン・ナグレラは答えた   「しかし私はそうしました   わが王様   私は彼の邪悪な舌を取り除いて   そしてそれを思いやりのある舌と   交換したのです」   我々の共同社会に平和をもたらすという見地で   この物語から学ぶことが多くある。   イブン・ナグレラの他の選択を考えてみよう。   もし彼が告発人の舌を切り落としたならば   その時   他の詩人たちがイブン・ナグレラに向けて感じた嫉妬は   王様との彼の友情の故に   その嫉妬は絶対の嫌悪に向かったであろう。   その時   また   イブン・ナグレラは彼の告発人を彼の敵のままに一人で残す   ことができたであろう。   王様の審判について自慢し誇ることによって   虚偽の告発人を法廷の人々の中で   とても大きな恥をかかせることができたであろう。   しかし他の誰か敗北者について自慢する人は   彼の隣人である創造物たちを愛する人ではない。   その王様の考え方にとって   報復は正しい解であった。   しかしイブン・ナグレラの宗教的な考え方にとって   それは少しも解ではなかった。   彼の隣人である創造物たちを愛する人に対する解は   敵を友人に変えることであった。   これがイブン・ナグレラが行なったことである。   王様によって「戦争のメッセージ」が命じられた時でさえ   彼は「平和のメッセージ」を出した。   我々はこれの全ての成り行きをただ想像することができる   そんなに無理をして想像する必要はないけれども。   おそらく   そのイスラムの詩人はイブン・ナグレラの生涯の友人になったであろう。   そしておそらく   また   彼は忠実な友人になったでろう。   彼は   宮廷の中の他のイスラムの詩人たちとイブン・ナグレラとの間に