PeeVee.TV
   

  ログイン

ホーム 新規ユーザー登録

新着動画一覧

01

サムネイル

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です)メタ理論・タルムード2章・聖クルアーン14章

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です) 『メタ定理』 『タルムード第2章』 『聖クルアーン第14章』 『タルムード第2章』 第2章 1。 ラビは言う。人が選ぶべき正しい道はどれだろうか。何であれそれを行うことが誉れであり、また人から彼に誉が与えられるものであれば。また重い掟と同じ程、軽い掟にも留意しなさい。なぜならば、あなたは掟の遵守の報酬に何が与えられるかを知らないからである。また掟の遵守が招く損失をその遵守の報酬と比べて計算しなさい。また、罪の報いを掟の遵守が招く損失と比べて計算しなさい。以下の三つのことに留意しなさい。そうすればあなたは罪の手中に陥ることはない。あなたの上に何があるのかを知りなさい。すなわち、見ている目、聴いている耳、および、書に記されつづけるあなたのすべての行為。 2。 ラビ・ユダ・ハーナスィの息子ラッパン・ガマリエルは言う。生業のかたわらトーラー(律法)を学ぶことはすばらしい。これらの二つに励むことが罪を忘れさせるからである。しかし労働を伴わないすべてのトーラー(律法)の学びは結局は無意味であり、また罪を引きずって来る。また共同体といっしょに労するものはみな、天の名のために労する者にしなさい。なぜなら彼らの父祖たちの功績が彼らを助け、彼らの義が永続するからである。またあなたたちについて、あなたたちがそれらを行ったかのごとく、神であるわたしはあなたたちに大いなる報いを与える。 3。 偽政者たちにに気をつけなさい。なぜなら、彼らは自分たちにとって必要でなければ人に近寄ってこないからである。彼らは自分たちが得になる時は友だちのように見えるが、人が苦境に陥っている時は彼を助けてくれない。 4。 彼は言っていた。神の思し召しをあなたの意思として行いなさい。そうすれば神もあなたの意思をご自身の思し召しのごとく行われるであろう。神の思し召しの前にあなたの意思を無にしなさい。そうすれば神もあなたの意思の前に他の人々の意思を無にされるであろう。  ヒッレルは言う。共同体から分離してはいけない。またあなたの死の日まで自分自身を頼りにしてはいけない。あなたがその立場に立つまでは仲間を裁いてはいけません。最終的に理解されることでも今は理解できないことを言ってはいけない。また、わたしは暇なときに学ぼう。などと言ってはいけません。あなたが暇になることは恐らくないであろう。 5。 ヒレルは言った:社会から自分を分離しないでください。そしてあなたの死の日まで自分を信頼していない。 あなたが彼の代わりになるまで、あなたの仲間を判断してはいけない。 理解することはできませんが、最終的に理解されるであろう何かを言うことはありません。 いないと言う:私はあなたが時間がないかもしれないので、私は勉強する時間があるとき。 6。 ヒレルは言うに使用される:野蛮な男が罪を恐れることはできません。無知な人は敬虔なことはできません。また、内気な男が学ぶことができるか、せっかちな人は教えています。 ビジネスに過度に従事する彼は賢明になることはできません。 全く男性が存在しない場所で人となるよう努めています。 7。 また、彼は水の表面に浮かんで頭蓋骨を見て、彼はそれを言った:あなたは他人を溺れさせたので、彼らはあなたを溺れさせ、そしてあなたが最終的に溺死され溺死したもの。 『聖クルアーン第14章』 イブラーヒーム章 マッカ啓示52節 慈悲あまねく慈愛深きアッラーの御名において。 14-1.アリフ・ラーム・ラー。われはあなたに、あなたが主の御許しによって、人びとを暗黒から光明に、偉大な讃美すべき方の道に導き出すために啓典を下した。 14-2.天にありまた地にある凡ての有はかれに属する。厳しい懲罰を受ける不信心者にこそ災いあれ。 14-3.かれらは来世よりも現世の生活を愛し、(人びとを)アッラーの道から妨げ、曲げようとするものである。これらは遠く迷い去った者である。 14-4.われはその民の言葉を使わないような使徒を遣わしたことはない。(それはその使命を)かれらに明瞭に説くためである。それでアッラーは、御好みの者を迷うに任せ、また御好みの者を導かれる。かれは、偉力ならびなく英明であられる。 14-5.且つてわれは、印を持たせてムーサーを遣わし、「自分の民を、暗黒から光明に導き出し、アッラーの日々(諸民族の過去の出来事)をかれらに銘記させなさい。」と(命じた)。本当にこの中には、耐え忍んで感謝する凡ての者への印がある。

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.8.17. 11:55
視聴回数:6260回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: アヴェ・ヴェルム・コルプス   (お話です)   『メタ定理』   『タルムード第2章』   『聖クルアーン第14章』   『タルムード第2章』   第2章   1。   ラビは言う。人が選ぶべき正しい道はどれだろうか。何であれそれを行うことが誉れであり   また人から彼に誉が与えられるものであれば。また重い掟と同じ程   軽い掟にも留意しなさい。なぜならば   あなたは掟の遵守の報酬に何が与えられるかを知らないからである。また掟の遵守が招く損失をその遵守の報酬と比べて計算しなさい。また   罪の報いを掟の遵守が招く損失と比べて計算しなさい。以下の三つのことに留意しなさい。そうすればあなたは罪の手中に陥ることはない。あなたの上に何があるのかを知りなさい。すなわち   見ている目   聴いている耳   および   書に記されつづけるあなたのすべての行為。   2。   ラビ・ユダ・ハーナスィの息子ラッパン・ガマリエルは言う。生業のかたわらトーラー(律法)を学ぶことはすばらしい。これらの二つに励むことが罪を忘れさせるからである。しかし労働を伴わないすべてのトーラー(律法)の学びは結局は無意味であり   また罪を引きずって来る。また共同体といっしょに労するものはみな   天の名のために労する者にしなさい。なぜなら彼らの父祖たちの功績が彼らを助け   彼らの義が永続するからである。またあなたたちについて   あなたたちがそれらを行ったかのごとく   神であるわたしはあなたたちに大いなる報いを与える。   3。   偽政者たちにに気をつけなさい。なぜなら   彼らは自分たちにとって必要でなければ人に近寄ってこないからである。彼らは自分たちが得になる時は友だちのように見えるが   人が苦境に陥っている時は彼を助けてくれない。   4。   彼は言っていた。神の思し召しをあなたの意思として行いなさい。そうすれば神もあなたの意思をご自身の思し召しのごとく行われるであろう。神の思し召しの前にあなたの意思を無にしなさい。そうすれば神もあなたの意思の前に他の人々の意思を無にされるであろう。   ヒッレルは言う。共同体から分離してはいけない。またあなたの死の日まで自分自身を頼りにしてはいけない。あなたがその立場に立つまでは仲間を裁いてはいけません。最終的に理解されることでも今は理解できないことを言ってはいけない。また   わたしは暇なときに学ぼう。などと言ってはいけません。あなたが暇になることは恐らくないであろう。   5。   ヒレルは言った:社会から自分を分離しないでください。そしてあなたの死の日まで自分を信頼していない。   あなたが彼の代わりになるまで   あなたの仲間を判断してはいけない。   理解することはできませんが   最終的に理解されるであろう何かを言うことはありません。   いないと言う:私はあなたが時間がないかもしれないので   私は勉強する時間があるとき。   6。   ヒレルは言うに使用される:野蛮な男が罪を恐れることはできません。無知な人は敬虔なことはできません。また   内気な男が学ぶことができるか   せっかちな人は教えています。   ビジネスに過度に従事する彼は賢明になることはできません。   全く男性が存在しない場所で人となるよう努めています。   7。   また   彼は水の表面に浮かんで頭蓋骨を見て   彼はそれを言った:あなたは他人を溺れさせたので   彼らはあなたを溺れさせ   そしてあなたが最終的に溺死され溺死したもの。   8。   彼が言うに使用される詳細の肉より多くのワームを   多くの財産を多くの不安   多くの女性より多くの魔力   より多くの奴隷みだらな   より多くのmanservants多くの盗難。   しかし   多くの律法より多くの人生   多くの学校より多くの知恵   より多くの助言より多くの理解を   より多くの正義の平和。   男は良い名前を取得したとき   彼は自分自身を豊かにする何かを得ています   しかし   彼は律法の言葉を取得したとき   彼は死後の世界を達成している。   rabbanのYochananベンZakkaiはヒレルからとshammaiから律法を受けた。   あなたは多くを学んだしている場合は律法はこの目的のためにあなたが作成されたために   あなた自身のために道徳的な卓越性を主張しません:彼が言っていました。   9。   rabbanのYochananベンZakkaiは   5人の弟子   これらを持っていた   彼らは   次のとおりです。エリエゼルベンHyrcanus   ジョシュアベ​​ンChananiah   ヨシ·プリースト   シモン·ベンNatanel   とエラザールベンArach。   彼は   彼らの賞賛を言うために使用しました。エリエゼルベンHyrcanusは   ドロップを失うことはありません漆喰水槽です。ジョシュアベ​​ンChananiah   -   幸せは彼に出産した彼女であるヨシ·プリーストは   聖人のような人間である。シモン·ベンNatanelは罪の恐ろしいです。   ;エラザールベンArachは絶えず流れる温泉です。   彼が言うに使用される:イスラエルのすべての賢人はバランスおよびその他の国におけるエリエゼルベンHyrcanusのいずれかの規模であった場合   彼はそれらすべてを上回るだろう。   アバシャウルは   しかし   彼の名前は次のように述べている。一緒にエリエゼルベンHyrcanusとイスラエルのすべての賢人は   バランスのいずれかの規模であった場合   エラザールベンArachはそれらを上回るだろう。   rabbanのYochananベンZakkaiは彼らに言った。移動して   いい男が最も大切にしなければならないです参照してください。   ラビエリエゼルは   良い目を言った。   ラビヨシュアは   良い仲間と述べた。   ラビヨシは   良き隣人と述べた。   ラビシモンは   先見の明は言った。   ラビエラザールは   良い心を語った。   彼は彼らに言った:私は彼の言葉のためにあなたが含まれている   あなたの言葉にエラザールベンArachの言葉を好む。   彼は彼らに言った:移動し   男は避けるべき邪悪な方法です参照してください。   ラビエリエゼルは   邪眼は言った。   ラビヨシュアは   邪悪な仲間と述べた。   ラビヨシは   邪悪な隣人と述べた。   ラビシモンが言った   彼は借りて返済しないこと。   それは(詩篇37:21)書かれているために人から借りて   彼は神から借りて一人としては   "邪悪で借りて   返済しませんが   正しい者は寛大であり   与え続ける。"   ラビエラザールは   邪悪な心は言った。   彼は彼らに言った:私は彼の言葉のためにあなたが含まれている   あなたの言葉にエラザールベンArachの言葉を好む。   10。   彼らはそれぞれ3つのことを言っていた。   ラビエリエゼルは言った:あなたの仲間の名誉は   あなた自身のようにあなたのように愛するとする。   簡単に怒りに移動しないこと。   あなたの死の前に一日後悔。   賢人の火災前に自分自身を暖めるが   その一口がジャッカルの咬傷で   その蛇のヒスサソリとそのヒスの痛みを刺すためにあなたは   焼かれることを恐れて   彼らの熱烈な石炭の気が利くとし   すべての彼らの言葉は火の炭のようなものです。   11。   ラビヨシュアは言った:邪眼は   彼の仲間の生き物の邪悪な欲望と憎しみは   世界の人を出した。   12。   ラビヨシは言った:あなたの仲間の男のプロパティは   あなた自身のようにあなたに愛するようになりましょう。   それの知識が継承によって自分のものでないために   律法の研究のためにあなた自身を準備します。   すべてのあなたの行為は天のために行われてみましょう。   13。   ラビ・シメオンは言う。シェマアの朗詠と祈りに気をつけなさい。またあなたが祈る時   あなたの祈りを決まりきった仕事でなく   偏在者   -   彼は頌むべきかな   -   の前で哀れみと嘆願の祈りにしなさい。「主は恵みに満ち   哀れみ深く   /   忍耐強く   慈しみに富み   /   くだした災いを悔いられるからだ」(ヨエル書2・13)といわれているからである。また自分自身の前で悪人であってはいけません。   14。   ラビ・エリアザルは言う。トーラー(律法)を勤勉に学びなさい。また不信心の者になんと答えればよいかを知りなさい。あなたが誰の前で労してるか知りなさい。あなたの労働の報酬をあなたに支払うあなたの雇い主は信頼できる。   15。   ラビ・タルフォンは言う。日は短く仕事は多い。しかい労働者は怠慢で   報酬は多い。そして家の主人はせいている。   16。   彼は言っていた。仕事を完成するのはあなたの責任ではないが   あなたはそれから自由に手を引けるものでもない。もしもあなたがトーラー(律法)を多く学めばあなたに多大な報酬が与えられる。またあなたの労働の報酬をあなたに支払うあなたの雇い主は信頼できる。しかし義人の報酬の授与は   将来であることを知りなさい。   『聖クルアーン第14章』   イブラーヒーム章   マッカ啓示52節   慈悲あまねく慈愛深きアッラーの御名において。   14-1.アリフ・ラーム・ラー。われはあなたに   あなたが主の御許しによって   人びとを暗黒から光明に   偉大な讃美すべき方の道に導き出すために啓典を下した。   14-2.天にありまた地にある凡ての有はかれに属する。厳しい懲罰を受ける不信心者にこそ災いあれ。   14-3.かれらは来世よりも現世の生活を愛し   (人びとを)アッラーの道から妨げ   曲げようとするものである。これらは遠く迷い去った者である。   14-4.われはその民の言葉を使わないような使徒を遣わしたことはない。(それはその使命を)かれらに明瞭に説くためである。それでアッラーは   御好みの者を迷うに任せ   また御好みの者を導かれる。かれは   偉力ならびなく英明であられる。   14-5.且つてわれは   印を持たせてムーサーを遣わし   「自分の民を   暗黒から光明に導き出し   アッラーの日々(諸民族の過去の出来事)をかれらに銘記させなさい。」と(命じた)。本当にこの中には   耐え忍んで感謝する凡ての者への印がある。   14-6.ムーサーがその民に言った時を思いなさい。「アッラーがあなたがたをフィルアウンの所から救われた時あなたがたに施されたかれの恩恵を思いなさい。かれらはあなたがたを残酷な刑に会わせ   あなたがたの男児を殺し   女児を生かしておいた。本当にその中には   主からの偉大な試練があったのである。」   14-7.その時主は(ムーサーの口を通じて)宣告された。「もしあなたがたが感謝するなら   われは必ずあなたがたに(対する恩恵を)増すであろう。だがもし恩恵を忘れるならば   わが懲罰は本当に厳しいものである。」   14-8.ムーサーはまた言った。「仮令あなたがたが恩を忘れても   地上の者(が忘恩)でも   本当にアッラーは   凡てが満ち足られている御方讃美すべき方である。」   14-9.あなたがた以前の者たち   ヌーフやアードやサムードの民の消息を   あなたがたは聞かなかったのか。またかれらの後(に来た)者たちのことは   アッラー以外には誰も知らない。使徒たちが明証を持ってかれらの所にやって来たが   かれらは手でかれら(預言者たち)の口を押えて   言った。「わたしたちは   あなたがたが遣わされたことを信じません。またわたしたちを招く教えに就いても   本当に不安な疑いを抱きます。」   14-10.使徒たちは言った。「あなたがたは天と地を創造された方   アッラーに就いて疑いがあるのか。かれがあなたがたを招かれたのは   あなたがたの罪を御赦しなされ   定められた期限まで   あなたがたを猶予なさるためである。」かれらは言った。「あなたがたは   わたしたちと同じ人間に過ぎないのです。あなたがたは   祖先が仕えてきたものから   わたしたちを背かせようと望んでいるのです。それなら(先ず真実を物語る奇跡で)わたしたちに明瞭な権威を現わしなさい。」   14-11.使徒たちはかれらに言った。「勿論わたしたちは   あなたがたと同じ人間に過ぎない。だがアッラーは   そのしもべの中御心に叶う者に御恵みを与えられる。アッラーの御許しがない限り   あなたがたに一つの権威をも齎さないのである。それで凡ての信心ある人びとは   アッラーに全てを御任せしなさい。」   14-12.「どうしてわたしたちは   アッラーを信頼しないでいられようか。かれはわたしたちを(従うべき)道に導かれる。わたしたちは   あなたがたが加える迫害に何処までも耐え忍ぶであろう。信頼する者たちは   アッラーにこそ全てを御任せすべきである。」   14-13.すると信じない者はかれらの使徒たちに言った。「わたしたちは   あなたがたを国土から必ず追放するでしょう。さもなければ   わたしたちの教えに返りなさい。」そこで主は   かれら(使徒)に啓示なされた。「われは不義の徒らを   必ず滅ぼし   14-14.かれらの後   必ずあなたがたをこの国に住まわせるであろう。これらはわれが審判に立つのを恐れる者   また(処罰の)約束を恐れる者のためである。」   14-15.かれらは裁定を望んだが   凡ての頑固な反逆者は望みを断たれてしまった。   14-16.かかる者の後ろは地獄であって   汚らわしい水を飲まされる。   14-17.かれはそれを飲み込もうとするが   なかなか飲み込めない。また死が凡ての方向から迫るが   かれは死にもしない。尚かれの後ろには容赦のない懲罰がある。   14-18.主を信じない者を例えれば   かれらの行いは丁度暴風が吹き荒ぶ大荒の日の灰のようなものである。努力した凡てのことは   かれらに何も役立つものはない。これは(真理の方向から)遠く離れ去っている者である。   14-19.あなたがたはアッラーが   真理によって天地を創造されたことを考えないのか。もしかれの御心ならば   あなたがたを追放して   (その地に)新しい創造物を(あなたがたの代りに)連れて来られよう。   14-20.それはアッラーにとっては   難しいことではない。   14-21.かれらの凡てがアッラーの御前に罷り出る。その時弱者たちは高慢であった者たちに向かって言う。「わたしたちは(地上で)あなたがたに従っていた。だからあなたがたは   アッラーの懲罰を   少しでも防いでくれないのですか。」かれらは(答えて)言う。「もしアッラーがわたしたちを御導きになったら   必ずあなたがたを(正しく)導いたであろう。(今)耐えても   騒いでも   わたしたちにとっては同じことで免れられないのだ。」   14-22.凡ての事が   決定された時   悪魔は言った。「真実の約束を   あなたがたに約束されたのはアッラーでした。わたしも約束したのですが   あなたがたの役には立たなかったのです。もともとわたしは   あなたがたに対し権威はないのです。只あなたがたに呼びかけ   あなたがたがわたしに従っただけです。それでわたしを非難してはならないのです。寧ろ自分自身を責めなさい。わたしはあなたがたを助けることは出来ないのです。あなたがたもわたしを助けられないのです。実はあなたがたが   先にわたしを(アッラーと)同位に置いたが   わたしはそれを拒否していたのです。本当に不義の徒には痛ましい懲罰があるのです。」   14-23.信仰して善い行いに励む者は   かれらの主の御許しの許に   川が下を流れる楽園に入り   永遠にその中に住むことになる。そこでかれらの受ける挨拶は   「平安あれ。」であろう。   14-24.あなたはアッラーが如何に善い御言葉に就いて比喩を上げられているかを考えないのか。それは良い木のようなもので   その根は固く安定し   その幹は天に(聳え)   14-25.(それは)主の命により凡ての季節に実を結ぶ。アッラーは人びとのために比喩を上げられる。それはかれらに反省させるためである。   14-26.悪い言葉を譬えれば   悪い木のようなもので   地面から根が抜けて   それに安定性がない。   14-27.アッラーは現世の生活においてもまた来世でも   堅固な(地歩に立つ)御言葉で   信仰する者たちを立たせられる。だがアッラーは悪を行う者を迷うに任せ   かれは御心のままになされる。   14-28.あなたがたは   アッラーの恩恵を冒涜に換え   自分たちの民を破滅の住み家に落し入れた者を見ないのか。   14-29.地獄(に陥り)   かれらはその中で焼かれるであろう。(何と)悪い落ち着き場所であることよ。   14-30.かれらは(人びとを)主の道から背かせるために   アッラーに同位者を配した。言ってやるがいい。「楽しみなさい(はかないこの世の生活を)。本当にあなたがたの道行きの果ては火獄である。」   14-31.信仰するわれのしもべたちに告げなさい。「礼拝の務めを守り   取引も友情も果たせない日が来る前に   われが授けたものから   密かにまた公に施しなさい。」   14-32.アッラーこそは   天と地を創造され   天から雨を降らせ   これによって果実を実らせられ   あなたがたのために御恵みになられる方である。また船をあなたがたに操縦させ   かれの命令によって海上を航行させられる。また川をあなたがたの用に服させられる。   14-33.またかれは   太陽と月をあなたがたに役立たせ   両者は飽きることなく(軌道)を廻り   また夜と昼をあなたがたの用に役立たせられる。   14-34.またかれはあなたがたが求める   凡てのものを授けられる。仮令アッラーの恩恵を数えあげても   あなたがたはそれを数えられないであろう。人間は   本当に不義であり   忘恩の徒である。   14-35.イブラーヒームが(こう祈って)言った時を思え。「主よ   この町を安泰にして下さい。またわたしと子孫を偶像崇拝から遠ざけて下さい。   14-36.主よ   かれらは人びとの多くを迷わせました。わたし(の道)に従う者は   本当にわたしの身内であります。わたしに従わない者は……だがあなたは度々御許しなされる方   慈悲深い方であられます。   14-37.主よ   わたしは子孫のある者をあなたの聖なる館の側の耕せない谷間に住まわせました。主よ   かれらに礼拝の務めを守らせて下さい。そうすれば人びとの心をかれらに引き付けるでしょう。またかれらに果実を御授け下さい。きっとかれらは感謝するでしょう。   14-38.主よ   本当にあなたは   わたしたちが隠すことも現わすことも知っておられます。また地にも天にも   アッラーに対し何も隠されたものはありません。   14-39.老年なのに   わたしにイスマーイールとイスハークを授けられた方   アッラーを讃えます。本当にわたしの主は   祈りを御聞き届け下さる方です。   14-40.主よ   わたしとわたしの子孫たちを   礼拝の務めを守る者にして下さい。主よ   わたしの祈りを御受け下さい。   14-41.主よ   清算が確定する日には   わたしと両親そして(凡ての)信者たちを   御赦し下さい。」   14-42.不義を行う者を   アッラーは疎かになされると考えてはならない。かれは(恐れのために)目が坐る日まで   かれらに猶予を与えられるだけである。   14-43.(その日)かれらは首を上げて前の方に走って行き   目は坐わって自分に戻らず   心は空ろである。   14-44.それで懲罰がかれらに下る日を   人びとに警告しなさい。その時不義の徒は言うであろう。「主よ   短い期間の御猶予を願います。わたしたちはあなたの呼び掛けに答えて   使徒に従います。」(主は答えて仰せられよう)。「何と   以前あなたがたは   衰退する(ような)ことはないのだと   誓っていたではないか。   14-45.あなたがたは   自らの魂を損っていた人びとの住まい(の跡)に住み   われは如何にかれらを処分したかをあなたがたに明らかにし   またあなたがたのために(多くの)例を述べたのである。」   14-46.かれらは確かに策謀を企んだ。仮令かれらの策謀がそれによって山を移す程のものであっても   かれらが策謀したのはアッラーの御手の中であった。   14-47.だからアッラーが   かれの使徒たちとの約束を破られたと考えてはならない。本当にアッラーは偉力ならびなき報復の主である。   14-48.大地が大地ではないものに変えられ   諸天も変えられる日   (人びとは一斉に)唯一の方   全知   全能の御方   アッラー(の御前)に罷り出るであろう。   14-49.その日あなたは   罪のある者たちが鎖で一緒に繋がれているのを見るであろう。   14-50.かれらの下着はタールで   かれらの顔は火で覆われる。   14-51.アッラーは各人がそれぞれに行ったことに報われる。本当にアッラーは清算に迅速である。   14-52.これは   人びとに対する伝言で   これによってかれらは警告され   かれが唯一の神であられることを知らされ   同時に思慮ある者たちが戒められる。  

サムネイル

アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です)「タルムード」「ユダヤ教の本質と道徳」「神の手立てと人格と人の心」

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です) 「ユダヤ教の本質と道徳」 「神の手立てと人格と人の心」 Does Judaism Have An Essence ? 「ユダヤ教には本質があるのか?」 God's First Questions Other Biblical And Rabbinic Views Of ... An ancient rabbinic tradition teaches ... Additonal Statements of Judaism's Essence God's First Questions 神の最初の質問 from The Talmud 個々の人は、天国の法廷の前に審判のために連れて来られた時に、その人は質問される:あなたは、あなた(の仕事)の業務を正直に営みましたか?あなたは、トーラの勉強のために規則的に時間をさきましたか?あなたは、子供たちを持つことで働きましたか?あなたは、世界のあがないを期待しましたか? [ --- Babylonian Talmud, Shabbat 31a ] 最初の質問 天国で問われる最初の質問は、「あなたは神を信じましたか?」、または、「全ての儀式を守りましか?」ではなく、「仕事で正直でしたか?」であることに注目しなさい。不幸にも、道徳の第一位を主張している多くのテキストにもかかわらず、ほとんどのユダヤ人は儀式を守ることが宗教的であると単純に連想している。ユダヤ人の共同体を通して、「だれそれは宗教的なユダヤ人であるのか?」と質問する時、その応答はいつでもその人の宗教的な法律の遵守に基づいている:「彼(または彼女)はコーシェル(Kosher)を守り、安息日を守っている。彼は宗教的だ」あるいは、「彼女はコーシェルを守らないし、安息日を守っていない。彼女は宗教的でない」そんな応答から、ユダヤ教は道徳的な振る舞いを「余分な教科の活動」、望ましい何かであるがしかし基本的でないとみなしていると、人は容易に結論してしまうであろう。タルムードの節は明らかに、道徳がユダヤ教の核心であると主張している。 神の最初の関心は人の品格である。 2番目の質問 トーラの勉強に関する。なぜならばユダヤ教はトーラを学ぶことを通して人は完全に道徳的である方法を学ぶ。 3番目の質問 子供たちを持つことから来る。(子無しの人々は養子をとることで可能である)Rabbi Irving Greenbergは書いた:家族を育てることは、「次の世代のための世界を完全にする夢と、仕事を進めるための戒律の義務」を果たす。 4番目の質問 完全さへの希望とそれに向けた仕事である。 最初の3つの質問は「微視的な問題」を話しかけている。各個人に排他的に話しかけられたユダヤ教で十分であったかもしれない。しかし、ユダヤ人はまた人々の一部であり、より広い世界の一部であり、そしてユダヤ教はユダヤ人の人々に「tikkun olam」、つまり世界の修繕(あるいは完全)をもたらす助けをする義務を負っている。「Ethics of Fathers 2:21(アボット)」の中でしばしば引用される節に、Rabbi Tarfon は教えている: 「(世界を完全にする)仕事を完成させるのはあなたの義務ではない、しかし(あなたができる全てをすることを)断念する自由はまたあなたにはない」 このタルムードの節についての一つの最後の考え。ユダヤ人の子供が生まれる時に提供される祈りは、その子がその最初の3つの質問に肯定的に応答することができるように、という希望を表現している:トーラを愛し、そして良い行ないを実現するようにと、両親がこの子(息子あるいは娘)に吹き込んで大人に育てるように、そして両親が彼(または彼女)を結婚式の天蓋に導くように。 この祈りは、少女に対して、そして少年に対して割礼の時に、シナゴーグあるいは他の有名な式典で朗唱される。私の友人、Rabbi Irwin Kula、は書いた:4つ目の質問は、すべての割礼式で準備されている「kisei eliyahu(エリヤの椅子)」を通して言及されている。ユダヤ人の伝統では、エリヤ(Elijah)は世界のあがないを先導する預言者である。 Other Biblical And Rabbinic Views Of What Matters Most To God 聖書の預言者やタルムードのユダヤ教の偉大な人物たちは、また、道徳的な振る舞いが人類に対する神の主要な要求である、という観点を表現してきた。  

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.6.13. 17:34
視聴回数:5504回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: アヴェ・ヴェルム・コルプス   (お話です)   「ユダヤ教の本質と道徳」   「神の手立てと人格と人の心」   Does   Judaism   Have   An   Essence   ?   「ユダヤ教には本質があるのか?」   God's   First   Questions   Other   Biblical   And   Rabbinic   Views   Of   ...   An   ancient   rabbinic   tradition   teaches   ...   Additonal   Statements   of   Judaism's   Essence   God's   First   Questions   神の最初の質問   from   The   Talmud   個々の人は   天国の法廷の前に審判のために連れて来られた時に   その人は質問される:あなたは   あなた(の仕事)の業務を正直に営みましたか?あなたは   トーラの勉強のために規則的に時間をさきましたか?あなたは   子供たちを持つことで働きましたか?あなたは   世界のあがないを期待しましたか?   [   ---   Babylonian   Talmud   Shabbat   31a   ]   最初の質問   天国で問われる最初の質問は   「あなたは神を信じましたか?」   または   「全ての儀式を守りましか?」ではなく   「仕事で正直でしたか?」であることに注目しなさい。不幸にも   道徳の第一位を主張している多くのテキストにもかかわらず   ほとんどのユダヤ人は儀式を守ることが宗教的であると単純に連想している。ユダヤ人の共同体を通して   「だれそれは宗教的なユダヤ人であるのか?」と質問する時   その応答はいつでもその人の宗教的な法律の遵守に基づいている:「彼(または彼女)はコーシェル(Kosher)を守り   安息日を守っている。彼は宗教的だ」あるいは   「彼女はコーシェルを守らないし   安息日を守っていない。彼女は宗教的でない」そんな応答から   ユダヤ教は道徳的な振る舞いを「余分な教科の活動」   望ましい何かであるがしかし基本的でないとみなしていると   人は容易に結論してしまうであろう。タルムードの節は明らかに   道徳がユダヤ教の核心であると主張している。   神の最初の関心は人の品格である。   2番目の質問   トーラの勉強に関する。なぜならばユダヤ教はトーラを学ぶことを通して人は完全に道徳的である方法を学ぶ。   3番目の質問   子供たちを持つことから来る。(子無しの人々は養子をとることで可能である)Rabbi   Irving   Greenbergは書いた:家族を育てることは   「次の世代のための世界を完全にする夢と   仕事を進めるための戒律の義務」を果たす。   4番目の質問   完全さへの希望とそれに向けた仕事である。   最初の3つの質問は「微視的な問題」を話しかけている。各個人に排他的に話しかけられたユダヤ教で十分であったかもしれない。しかし   ユダヤ人はまた人々の一部であり   より広い世界の一部であり   そしてユダヤ教はユダヤ人の人々に「tikkun   olam」   つまり世界の修繕(あるいは完全)をもたらす助けをする義務を負っている。「Ethics   of   Fathers   2:21(アボット)」の中でしばしば引用される節に   Rabbi   Tarfon   は教えている:   「(世界を完全にする)仕事を完成させるのはあなたの義務ではない   しかし(あなたができる全てをすることを)断念する自由はまたあなたにはない」   このタルムードの節についての一つの最後の考え。ユダヤ人の子供が生まれる時に提供される祈りは   その子がその最初の3つの質問に肯定的に応答することができるように   という希望を表現している:トーラを愛し   そして良い行ないを実現するようにと   両親がこの子(息子あるいは娘)に吹き込んで大人に育てるように   そして両親が彼(または彼女)を結婚式の天蓋に導くように。   この祈りは   少女に対して   そして少年に対して割礼の時に   シナゴーグあるいは他の有名な式典で朗唱される。私の友人   Rabbi   Irwin   Kula   は書いた:4つ目の質問は   すべての割礼式で準備されている「kisei   eliyahu(エリヤの椅子)」を通して言及されている。ユダヤ人の伝統では   エリヤ(Elijah)は世界のあがないを先導する預言者である。   Other   Biblical   And   Rabbinic   Views   Of   What   Matters   Most   To   God   聖書の預言者やタルムードのユダヤ教の偉大な人物たちは   また   道徳的な振る舞いが人類に対する神の主要な要求である   という観点を表現してきた。   from   The   Bible   彼はあなた方に言った。おお人よ   何が良いことであり何があなた方への主の要求であるか:ただ   正義を行なうこと   良いことを愛すること   そしてあなた方の神と共に控えめに歩くこと。   [   ミカ書   6:8   ]   ---   紀元前8世紀   このように主が言った。知恵において   知恵がある方の光栄でないように。資産において   金持ちの光栄でないように。しかし   人はただ私     への熱望的な愛において光栄であるべきだ。なぜならば     主は親切   正義そして平等をもって世界の中で行動するからである。なぜならば   これらの中で私が喜ぶからである。   [   エレミア書   9:22-23   ]   ---   紀元前6世紀   預言者ミカと同様に   預言者エレミアは   神に楽しみを与える振る舞うの3つのタイプを列挙している。エレミアの場合は   親切   正義そして平等。   from   The   Talmud   (シャマイとヒレルは彼らの時代の2つの指導的なラビであった)シャマイの前に   一人の異教徒がやって来て   そして彼に言った   「もし私が片足で立っている間に   トーラ全部を私に教えて   私をユダヤ教に改宗しなさい」シャマイは   彼の頭に建築者の棒をもって追いやった。その異教徒はヒレルの前にやって来た時に   ヒレルは彼を改宗させて言った   「あなたが嫌なことをあなたの隣人にしてはいけない。これがトーラの全てである。その残りは注解である   さぁ行って学びなさい。」   [   ---   Babylonian   Talmud   Shabbat   31a   ]   ---   紀元の始めの少し前   タルムードのユダヤ教の偉大な人物の一人ヒレルが   この道徳的な原則を受け入れるという基本において非ユダヤ人を喜んで改宗したということは確かに   道徳的な振る舞いがユダヤ教の本質を構成していることを証明している。   (これはプロテスタント(抗議派)の原則主義者が自称「改宗の受け入れ」を主張しているのと同じ方法。イエスキリストが人間の罪を贖って死んだ神の子であった   ということをクリスチャンの本質として見ているところのものを受け入れること)   ヒレルがこの道徳的な原則を認めているように   これがトーラの全てである。   重要なことは   ヒレルがその男にトーラを学び始めることを命令していること   なぜならばこの「注解」を学ぶことによってのみ   その男はユダヤ教の教えを実行することができるから。   ヒレルの後   1世紀後   偉大な学者で彼の時代の先生であったラビはユダヤ教の道徳の卓越を繰り返した:「あなた自身のようにあなたの隣人を愛しなさい(レビ記19:18)」これがトーラの主要な原則である。   [   ---   Palestinian   Talmud   Nedarim   9:4   ]   ---   紀元第2世紀   預言者ミカ   預言者エレミア   そしてラビは全て   神に最も重要である特別な「方法」を見つけることに関心を持っていた。その一方で   ラビ・ヨハナン・ベン・ザカイは   その実践が良い生活を導くということを保証する傾向がある「人格の特性」を分離することに関心を持っていた:彼(ラビ・ヨハナン・ベン・ザカイ)は   彼ら(五人の優れた学生)に言った:「どれが人間が従うべき最善の方法か行って見つけなさい」   Rabbi   Eliezer   は言った   「良い親切な目を(人は持つべきである)」   Rabbi   Joshua   は言った   「良い友人(であるべきである)」   Rabbi   Yossi   は言った   「良い隣人(であるべきである)」   Rabbi   Simeon   は言った   「彼の行動の未来の影響を予知する人」   Rabbi   Elazar   は言った   「良い心を(人は持つべきである)」   彼(ラビ・ヨハナン・ベン・ザカイは彼らに)言った:「私はあなた方にElazar   の言葉を好む   なぜならば彼の言葉の中に   あなた方が含まれるからである」   [   ---   Ethics   of   Fathers   2:9   ]   ---   紀元第1世紀   An   ancient   rabbinic   tradition   teaches   ラビの伝統は教えている   トーラには613の法律がある。(トーラそれ自身はその数を決して示していない)ある有名なタルムードの節は   最も本質的なものがどれかを判読することを試みている。Rabbi   Simlai   は教えた:   モーゼから613の戒律   「モーゼから613個の戒律を表わされた。365が否定の戒律で   ...   248が肯定の戒律で...」   ダビデが11の原則に   「ダビデ(詩編の著者)が来て   彼が613の戒律を要約して11個の(道徳的な)原則にまとめた」   主よ   どのような人があなたの幕屋に滞在し   あなたの聖なる山に住むことができますか?   (1)   非難がなく生活する人   (2)   正しい行ないをする人   (3)   彼の心に真実を話す人   (4)   彼の舌が詐欺を言わない人   (5)   彼の友人を傷つけていない人   (6)   彼の隣人(に対して彼の行動)を   非難することを耐えている人   (7)   卑劣な人に対しては大嫌いな人   (8)   主を畏れる人々を尊敬する人   (9)   彼に不利である時でさえ   彼の誓いを守る人   (10)   決して利息のために金を貸さない人   (11)   無実に対抗して賄賂を受け取らない人   [   詩編15:1-5   ]   原則の(3)   彼の心に真実を話す人   はどんな意味であるのか?彼(または彼女)にのみ知らされている時でさえ   そして実際の条件では不利であっても   その真実に従う人を言及している。タルムードの注解者は   Rabbi   Safra   の場合を引用している:ある日   そのラビが「聞けイスラエルよ」という祈り(Sh'ma)を繰り返していた時   ある男が彼の事務所に入ってきて   ラビが売っている品物を注文した。   Rabbi   Safra   は彼の祈りを中断することを望まなかったので   何も言わなかった。その自称売買人は   その沈黙を拒否として解釈した   そして彼の注文金額を何度も高めていった。Rabbi   Safra   が祈りを終えた時に   彼がなぜ黙っていたかを説明して   その最初の申し出の金額を受け入れた。彼が最初にそれを聞いた時に   彼はその品物をその金額で喜んで売るつもりでいたと説明した。   (そのタルムードの節はつづく)   イザヤが6の原則に   「イザヤがやって来た時に   彼は613の戒律を要約して6つの(道徳的な)原則にまとめた」   (1)   正しく歩む人   (2)   正直に話す人   (3)   詐欺の扱いからの利益を蹴飛ばす人   (4)   賄賂を取らずに手を振って拒む人   (5)   彼の耳を閉じて悪意のある言葉を聞かない人   (6)   悪を見ることに対抗して彼の目を閉じる人   [   イザヤ書   33:15-16   ]   (そのタルムードは次に)   ミカが3の原則に   すでに前に述べたように   ミカは613の戒律を要約して3つの原則にまとめた。   (1)   ただ   正義を行なうこと   (2)   良いことを愛すること   (3)   そしてあなた方の神と共に控えめに歩くこと。   [   ミカ書   6:8   ]   (その次には)   イザヤが2の原則に   イザヤ書の違った節に戻っている。   「彼は613の戒律を要約して2つの原則にまとめた」   (1)   正義を行なう   (2)   正しさ(あるいは慈善)の行ないを実行する   [   イザヤ書   56:1   ]   それから   アモスが戒律を一つの原則に要約したかどうかという短い論争が続く。   「私を探しなさい   そうすればあなたは生きるであろう」   [   アモス書5:4   ]   そして最後に   Habakkuk   が1の原則に   「Habakkuk   がやって来て613の戒律を要約して1つの(道徳的な)原則にまとめた」   彼は言った。   (1)   正しさは彼の誠実に従って生きるであろう   [   ---   Babylonian   Talmud   Makkot   23b-24a   ]   宗教的であると自称している多くの人々は   彼らの毎日の生活の中で   彼らが宣言した誠実に従って生活していない。   Habakkuk   はそれゆえ人の宗教性の誠実を決定するために   簡単な試験を提案している:   彼(あるいは彼女)は   神によって命令されている行動を実行しているか?   ユダヤ人の国民は3つの性格によって識別される。   彼らは慈悲深いか   彼らは控えめか(あるいは   恥ずかしがりやか)   そして   彼らは愛情のある親切な行いを実行するか。   [   ---   Babylonian   Talmud   Yevamot   79a   ]   ユダヤ人の多くがこれらの特性を明らかに所有してはいないけれども   (私は   控えめでもなく恥ずかしがりやでもない人々をより多く知っている)   このラビたちは   各々のユダヤ人が熱望すべき価値と振るまいは何かを主張していた。   繰り返すが   列挙されたこれら特性は全て道徳的である。   Additonal   Statements   of   Judaism's   Essence   ユダヤ教の本質の追加としての声明   From   the   Ethics   of   Fathers   世界は3つの活動のゆえに持続する。   トーラの勉強   神の礼拝   そして愛情からの親切な行い。   [   ---   Ethics   of   Fathers   1:2;   for   the   meaning   of   "deeds   of   loving-kindness   "   see   page   24   ]   From   the   Mishna   人がこの世界   そして再び来たるべき世界   に報いられているのは次の活動のためである。   父と母を尊敬すること   愛情からの親切の行い   そして人と隣人との間の平和を作ること。   しかし   トーラの勉強はそれら一緒の全てと同じように重要である。   [   ---   Mishna   Peah   1:1   ]   From   the   Tanhuma   もし人が   朝に法律の2つの節   夕夜に2つの節を学び   そして毎日彼の仕事をするならば   それは彼が全体においてトーラを果たしてきたかのようにみなされる。   [   ---   Tanhuma   Beshallakh   #20   ]   トーラの勉強は人に生き方を教えるために   それを学んで養成する最も重要な性質は堅実さである。あなたが毎日のトーラの勉強に時間を取っている限り   たとえただの2節だけを学ぶという短い時間であろうとも   それはあなたに影響を与える。トーラの勉強の重要さに関するこれらの声明にもかかわらず   他のラビは慈善を分配することを優れた戒律とみなした。   From   the   Talmud   偶像崇拝を拒否する人はだれでもユダヤ人と呼ばれる。   [   ---   Babylonian   Talmud   Megilla   13a;on   idolatry   see   page   294-297   ]   トーラの主要なメッセージは一つの全世界と道徳的な神の信念である。偶像崇拝   すなわち多数の神の主張そして一つの全世界の道徳の否定   それはユダヤ教の本質を否定している。   最後に   タルムードの後の時代の声明。   中世時代の優れた哲学者でありラビ学者Moses   Maimonides   によって到着した結論:トーラの法律の目的....     慈悲と愛情からの親切とそして平和を世界にもたらすことである。   [   ---   Moses   Maimonides   Mishneh   Torah   "Laws   of   the   Sabbath   "   2:3   ]   ---(12世紀)  

サムネイル

合唱組曲島よ(朗読)(お話です)「ユダヤ教の途絶えぬ信仰」「ミシュナータルムードアヴォート」「生活を選択すること」「平和の価値」

合唱組曲島よ(朗読) (お話です) 「ユダヤの方々の歴史と意識と特色」 「ミシュナー・タルムード(アヴォート編)」 「生活を選択すること」 「平和の価値」 「生活を選択すること」 ◎Choosing life ラバン・シメオン・ベン・ガマリエル(Rabban Simeon ben Gamaliel)は言った、世界は三つの物の上に立って守られている: 真実(by truth)と 審判(by judgment)と 平和(by peace)とによって。 [ Avot 1:18 ] あなたは海を探しに出かけた魚の話を憶えているかもしれない。いたるところを探した後、海は単純に存在していなかったとその魚は決定した。今年に我々が一緒に勉強したところのものについて、あなたはおそらくこんな風に感じているかもしれない。我々がそれを一緒にする時に、それは全て何の意味があるのか?それが全て何についてであるかを忘れずにいる方法はあるのか? たとえそうでも、我々の勉強の中にユダヤ人の道徳の全てをカバーしてきているわけではない。ユダヤ人の道徳の主題に関しては厖大な量の文献がある、 そして我々は単にその表面をひっかいたにすぎない。我々は氷山の先端だけを勉強してきた、とあなたは言うかもしれない。しかし、極めて重大な我々の伝統の価値や概念のほとんどのうちの幾つかを我々は話してきた。共同体社会の重要さ、政府の重要さ、労働の重要さ、トーラの重要さ、そして名誉と尊敬の重要さ、その他について我々は触れてきた。 最初、あなたはあなた自身にこう言うかもしれない:「確立」した道徳がある。それらは個人として自由になることを許していない。それらはただグループにとって何が良いかを用意している。しかし我々は、それはあなたの権利を一個人のものであることを保証し、力と権威の誤った使用からあなたを保護し、あなたの自由を保護している、そのような我々の伝統の価値を話してきた。 これらは生活そのものの価値である ---選択の自由、互いへの感受性、友情と仲間意識、開かれた信用できる議論、そして公平で平等な審判。これらの価値の中で、我々は人間の精神の最も深い熱望を認めることができる。一緒に、共同的で個人的な価値は、高貴な人間の共同社会に対する基礎を我々に提供している:真実を基礎に、審判を基礎に、そして平和を基礎にした共同社会である。 ◎Preserving the world あなたが属しているかもしれない多くのグループの中の、ユダヤ人の人々は最も多くの要求がある。我々は命じられている:「あなたは、主あなたの神をあなたの全ての精神をこめて、あなたの全ての心をこめて、そしてあなたの全ての力をこめて、愛さなければならない」(申命記 6:5)何のさらなる要求が作られることがあったのか?しかし我々がアボットの勉強で見てきたように、我々が神を愛するというのは何を意味するのかを解く場合に、それは人間の世界の中で行動する間に神の法律に従うことである、ということをラビたちは見せてきた。商人たちは、彼らから買う人々を公正に扱わなければならない。農民たちは、公正な測りで収穫物を測らなければならない、そして彼らの客をだまさないように。人は、彼または彼女の使用人から賃金の支払をたとえ一晩でも控えてはならない --- 賃金の支払は時間どおりになされなければならない。慈善は全てに対して要求される --- 貧乏人でさえ慈善をする方法を発見するべきである。「Gemilt Hasadim(神からの乳離れ)」、報酬なしを約束している愛の行動、が命じられている: 我々は病人を 見舞わなければならない、 我々は孤児や未亡人を 助けなければならない、 我々は見知らぬ人を正当に 扱わなければならない、 死人の埋葬の必要が生じた時に 我々は援助しなければならない。 これらの具体的な行動は、 これらそしてもっと多くの、 神に対する我々の 愛の地上での表現である。 しかし特に三つの価値が主要である、その重要さの点で、そして我々が一緒にしてきた勉強の全てのまとめという点において。ラバン・シメオン・ベン・ガマリエルの言葉 [ Avot 1:18 ] では、世界は三つの物の上に立って守られている: 真実(by truth)と 審判(by judgment)と 平和(by peace)を示して。

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.6.7. 17:37
視聴回数:9419回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: 合唱組曲島よ(朗読)   (お話です)   「ユダヤの方々の歴史と意識と特色」   「ミシュナー・タルムード(アヴォート編)」   「生活を選択すること」   「平和の価値」   「生活を選択すること」   ◎Choosing   life   ラバン・シメオン・ベン・ガマリエル(Rabban   Simeon   ben   Gamaliel)は言った   世界は三つの物の上に立って守られている:   真実(by   truth)と   審判(by   judgment)と   平和(by   peace)とによって。   [   Avot   1:18   ]   あなたは海を探しに出かけた魚の話を憶えているかもしれない。いたるところを探した後   海は単純に存在していなかったとその魚は決定した。今年に我々が一緒に勉強したところのものについて   あなたはおそらくこんな風に感じているかもしれない。我々がそれを一緒にする時に   それは全て何の意味があるのか?それが全て何についてであるかを忘れずにいる方法はあるのか?   たとえそうでも   我々の勉強の中にユダヤ人の道徳の全てをカバーしてきているわけではない。ユダヤ人の道徳の主題に関しては厖大な量の文献がある   そして我々は単にその表面をひっかいたにすぎない。我々は氷山の先端だけを勉強してきた   とあなたは言うかもしれない。しかし   極めて重大な我々の伝統の価値や概念のほとんどのうちの幾つかを我々は話してきた。共同体社会の重要さ   政府の重要さ   労働の重要さ   トーラの重要さ   そして名誉と尊敬の重要さ   その他について我々は触れてきた。   最初   あなたはあなた自身にこう言うかもしれない:「確立」した道徳がある。それらは個人として自由になることを許していない。それらはただグループにとって何が良いかを用意している。しかし我々は   それはあなたの権利を一個人のものであることを保証し   力と権威の誤った使用からあなたを保護し   あなたの自由を保護している   そのような我々の伝統の価値を話してきた。   これらは生活そのものの価値である   ---選択の自由   互いへの感受性   友情と仲間意識   開かれた信用できる議論   そして公平で平等な審判。これらの価値の中で   我々は人間の精神の最も深い熱望を認めることができる。一緒に   共同的で個人的な価値は   高貴な人間の共同社会に対する基礎を我々に提供している:真実を基礎に   審判を基礎に   そして平和を基礎にした共同社会である。   ◎Preserving   the   world   あなたが属しているかもしれない多くのグループの中の   ユダヤ人の人々は最も多くの要求がある。我々は命じられている:「あなたは   主あなたの神をあなたの全ての精神をこめて   あなたの全ての心をこめて   そしてあなたの全ての力をこめて   愛さなければならない」(申命記   6:5)何のさらなる要求が作られることがあったのか?しかし我々がアボットの勉強で見てきたように   我々が神を愛するというのは何を意味するのかを解く場合に   それは人間の世界の中で行動する間に神の法律に従うことである   ということをラビたちは見せてきた。商人たちは   彼らから買う人々を公正に扱わなければならない。農民たちは   公正な測りで収穫物を測らなければならない   そして彼らの客をだまさないように。人は   彼または彼女の使用人から賃金の支払をたとえ一晩でも控えてはならない   ---   賃金の支払は時間どおりになされなければならない。慈善は全てに対して要求される   ---   貧乏人でさえ慈善をする方法を発見するべきである。「Gemilt   Hasadim(神からの乳離れ)」   報酬なしを約束している愛の行動   が命じられている:   我々は病人を   見舞わなければならない   我々は孤児や未亡人を   助けなければならない   我々は見知らぬ人を正当に   扱わなければならない   死人の埋葬の必要が生じた時に   我々は援助しなければならない。   これらの具体的な行動は   これらそしてもっと多くの   神に対する我々の   愛の地上での表現である。   しかし特に三つの価値が主要である   その重要さの点で   そして我々が一緒にしてきた勉強の全てのまとめという点において。ラバン・シメオン・ベン・ガマリエルの言葉   [   Avot   1:18   ]   では   世界は三つの物の上に立って守られている:   真実(by   truth)と   審判(by   judgment)と   平和(by   peace)とによって。   ■真実(By   truth)   それが真実に来るとき   我々は互いを信頼しなければならない。信頼が全ての人間の関係に最も深いきずなになっているほどに   我々は互いにたいへん依存している。我々の相続権である我々の伝統を我々に教えてくれる他人を信頼している   そして我々が我々自身でそれを判断するほどに   彼らがそれを我々に真に与えるであろうと信頼している。ヒレルとシャマイについて一つの有名な話がラビによって話された   真実がいかに全ての学びの基礎になっているかを見せるために。   不信仰者がシャマイのところにやってきた   そして言った   「私はあなたと学びたい   しかし最初に私に告げて下さい。一つのトーラ以上のものがあるのですか?」   シャマイは答えた   「二つのトーラがある   ---   the   written   Torah(書文のトーラ)と   the   oral   Torah(口伝のトーラ)とが」そのとき不信仰者は言った   「私自身で読むことができる書文トーラに関しては   私はあなたを信頼するでしょう。しかし口伝トーラに関しては   そうではありません」それでシャマイは全く彼を教えることを拒んだ。その同じ不信仰者がヒレルのところにやってきて同じ質問をした。彼は同じ回答を受けた。「私に書文トーラだけを教えて下さい」   と彼はヒレルに言った。そしてヒレルは同意した。授業の最初の日に   ヒレルはその不信仰者にアレフ・ベイト(Aleph-Bet)を教えた。正しい順序になるように   彼は文字を何度も繰り返したので   その異教徒はそれらを学んだ。   「アレフ(Aleph)   ベイト(Bet)   ギーメル(Gimel)   ダレット(Dalet)   ...     しかしその次の日に   彼が復習にやってきた時   ヒレルは始めた。   「アレフ   ギーメル   ダレット   ベイト   ...     その不信仰者は混乱して言った   「やめて下さい   昨日あなたはこう教えました   『アレフ   ベイト   ギーメル   ダレット   ...』   そして今日は   『アレフ   ギーメル   ダレット   ベイト   ...』   と教えました。   どっちが真実なのですか?」   その時   ヒレルは答えた   「あなたはアレフ・ベイトの真実に対して私を信頼しなければならない。同じように   あなたは我々の伝統の真実に対してもまた私を信頼しなければならない」   (Shabbat   31a)   同じように   我々の伝統の真実に対して我々はお互いを信頼しなければならない。   この本の中で   我々はアボットの言葉を勉強してきた   そしてそれらをユダヤ人の知識の伝統に立つものと認めてきた。世界は   この伝統を習得し   それで生き続けることをユダヤ人に頼っている。それは   我々が世代から世代に通過させ   それをレビューし   そしてより大きくしてきた真実の伝統である。   今や   真実を探求することはユダヤ人としてあなたの責任である。それは   あなたがそのために選ばれた責任である   そしてそれゆえにユダヤ人は「選ばれた民(Chosen   People)」と呼ばれているのだ。しかし真実はあなたからずっと遠くにいるわけではない   ---   それはあなたの気持ちの中に   あなたの心の中にある。   あなたは   あなた自身を信頼することを学び   あなた自身で審判することを学び   あなた自身で決心することを学ばなければならない。あなたは我々の伝統の最も新しい連結(link)である   勉強を通して   探求を通して   あなたは真実を学ばなければならない。次の世代は彼らの相続権をあなたに頼るであろう   あなたが全て充満に学んできた伝統を通過させるであろうことを期待して。あなたが   何がそうであろうかというその真実である。   ■<審判(by   judgment)   我々はまた   あなた自身そしてあなたのまわりの世界の審判として   あなたが演じることの重要な部分を勉強してきた。そしてラバン・シメオンの言葉に中で   市民の世界が頼っているその三つの柱うちの一つは   審判という柱である   ということを彼は我々に思い出させる。シメオンは   「正義(justice)」という言葉を使わないで   むしろ「審判(judgment)」という言葉を選んだことに注意しなさい   ---   審判は法律の法廷の中としての意味がある。そしてシメオンの選んだ言葉のちょっとしたこの違いを強調すると   意味に一つの違いがある。なぜならば   一方において   「正義」は盲目的である   賢者が言っているように:法律の目には   全ての物事は平等であり   そして何の特別な環境もない。しかし「審判」は盲目的ではない:審判の目には   あらゆるケースが特別なケースであり   そして全ての環境が異なる。我々はもう一度   帽子をまわしてた裁判官の話---   彼は町の人々に「正義」と「慈善」の違いを教えた   ---   を呼び出す必要がある   ラバン・シメオンが「審判」という言葉を使った時に   彼が心の中に持っていたところのものを理解するために。彼の言葉の選択から   我々がそれを行動に移すまでは「正義」は共同体社会の柱ではない   ということを我々は学ぶかもしれない。我々は公平に他人を審判しなければならない   フェアプレイの掛け声だけではなく。我々は親切に他人を扱わなければならない   親切な語りだけではなく。我々は尊敬して他人を扱わなければならない   優しく正しい話だけではなく。多くの人々は敏感であるべきことを主張する   しかしこれらの人々の行動が   彼ら自身の必要に加えて他人の必要に向けられている時にのみ   真に敏感である。我々が我々自身について行う審判   そして他人について行う審判に従って   我々は行動しなければならない   ---   その時   我々の審判は真実になるであろう。   ■平和(by   peace)   タルムードの中のどこかほかで   ある注釈が述べている:ラバン・シメオンの三つの価値   ---   審判   真実   そして平和   ---   は本当のものである   なぜならば真実と審判/*原文は審判でなく正義となっているが誤植*/は平和が存在するために必要であり   そしてそれの最も確実な保護である。   審判が公平に報われている時は   真実が支持され   そしてその結果は平和である。   (Jerusalem   Talmud   Taanit   68a)   そのラビにとっては   平和は人間性の自然な状態である。それは   永遠であるに値する生活のたった一つの方法である。我々が以前に「平和の価値(第20章)」で議論してきたように   人は   平和が彼を見つけることを待つことはできない   ---   彼は平和を活発に「追い求め」なければならない。   平和   審判   そして真実の中の関連はたいへん親密なので   アボットは我々に告げている:正義が無視され   そして真実を誤らせる時は   暴力がその避けられない結果である。   正義が遅れるために   そして正義の悪用のために   そしてトーラをその真の意味に従わないで解釈する罪のために   世界に戦争がやって来る。   (Avot   5:11     正しくない状態を正すことについて   我々が待って待ってそして何もしない時   我々は多かれ少なかれ暴力を招いている。国の貧乏人が踏みにじられて飢える時   例えば   金持ちが全体的に苦しんでいる隣人の悪い状態を無視する時   反乱や革命が容易に生じる。正義が悪用され   そして法廷がたやすく賄賂や政治的な興味によって影響される時   その時はまた暴力が遠くはない。法廷が人々を平等に審判することに失敗して   そしてその代わりに彼らを皮膚の色や宗教や社会の地位に従って審判する時   暴力がその結果となる   ---   なぜならば法廷が公平でないならば   いったい他のどこで人々は平和に向きを変えることができるであろうか?   ◎Paths   of   peace   平和は良い心の道の真のゴールである。それはユダヤ人のビジョンであり夢である。それはユダヤ人の道徳およびユダヤ人の価値の心にある。それはまたユダヤ人の生活の道の心にある。しかしそれは   シメオンの言葉に従うと   世界を支えている三つの柱のただ一つである。正義の無い平和は真の平和ではない   そして真実の無い平和は永続することができない   ということを我々に思い出させるべきである。我々の伝統の偉大な鎖の中の最も最近のリンクとして   あなたの世界で平和だけではなく   真実と正義もまたあなたは探さなければならない。   これが   あなた自身の価値の本当のテストである   あなた自身そしてあなたの宗教的な知覚を信頼するためのあなたの能力   そして平和の道を歩くためのあなたの能力の本当のテストである。それがアボットの勉強で我々を導いてきたこのポイントにある:あなたに戻れ(back   to   you)。   ユダヤ的に行動することは容易な仕事ではない。それは   我々が我々のゴールを視野の中に絶えず維持することを要求する。現実を巻き込む我々の衝突がある時   例えば   金曜の夜にフットボールの試合に行くか   または金曜の夕べのシナゴーグや神殿の礼拝に参加するか   またあるいは宗教的な学校に参加するか   または友人とキャンプの旅にでるか   そのどちらかを決心する努力をする時   我々の最終ゴールを視野の中に維持することは氷の壁を登ると同じように難しく見えるかもしれない。しかし6点を獲得するためにどのゴールラインを横切らなければならないかを絶えず忘れているようなフットボール選手に対して   我々がどんな種類の尊敬を持つであろうか。   ◎Choose   well   小さな町に   賢いラビが住んでいた。彼の名声は遠く隅々まで広がっていた。数マイル離れているまわりのユダヤ人たちが   これやあれの問題でラビの意見を得るために   あるいは単に彼のトーラの教えを聞くためにやって来たものだ。   その同じ町で   そのラビに嫉妬を持っている若い生徒がいた。「私はあの老人と同じほど賢いのだ」と生徒は考えた。「なぜ人々はそんなに彼の知恵に感銘を受けるのだろうか?」   それでその生徒は   そのラビが答えられないような質問を夢見る事に夢中になった。「その時   そのラビのまわりに群がるユダヤ人たちの全てが   その賢いラビは単なるいかさま師であることを知るであろう」   と考えた。   時がたち再び   人々が質問したり耳を傾けるためにラビのまわりに集まってくるところの「学びの家」に   その生徒はやって来た。毎回   その学生は彼の考えた難しい問題をラビに質問をした。しかし毎回   ラビが答えたのは   その嫉妬深い学生の大きな失望であった。   ついにその学生は巧妙な計画を考えついた。彼は小さな鳥を捕まえてラビの前に持ってきた   小鳥を両手で包み   その鳥が見えないようにした。   彼は言った   「ラビ   私はあなたが答えることができない質問を持っています。私の両手の中に   小さな鳥を包んでいます。さぁ言って下さい   賢いラビ   その鳥は生きていますかそれとも死んでいますか?」   何と奇妙な質問であろう?そこにいた人々は   ラビの答えを待つために近づいて集まってきた。しかしラビはどのように知るのであろうか?   そして生徒は笑った。ラビがこの質問に答えることができないことを彼は確信していたので。なぜならば   彼は巧妙な計画を持っていたからである。   もしラビが   「鳥は死んでいる」   と答えれば   その時は   その少年は彼の手を開き   そして鳥は飛び去るであろう。   そしてもしラビが   「鳥は生きている」   と答えれば   その少年は彼の両手の平で   素早く小鳥を押し潰して   それから彼の手を開いて   死んだ鳥を見せるであろう。   しばらくの間   ラビは座って深く考えた。彼の目は閉じ   彼の左手はあごひげをさすった。ついに彼は目を開き   生徒の両目をの中をじっと見つめた。   彼は言った   「我が息子よ   あなたの手の中に   あなたが一つの命を   にぎっている。   "Choose   well   what   you   will   do   with   it"   (あなたが   それにしたいことを   うまく選択しなさい)   あらゆる世代の中で   我々ユダヤ人は我々の慣習を再び新しくすることを要求される。あらゆる世代の中で   我々は我々の伝統の長い鎖を続けるために選択することを要求される。あなたは   まさに今   要求されている。あなたは   仕事を完成することを要求されてはいないが   しかしまたあなたは   それを止める自由はない。誕生によって   そして世襲財産によって   Judaism   の仕事   つまり真実の   正義の   慈愛の   そして平和の保存   を続けるためにあなたが   選択されてきている。この瞬間に   あなたはあの賢いラビによって話かけられている。   「あなたの手の中に   あなた自身の生活をにぎっている。あなたがそれにしたいことを   うまく選択しなさい」   さて今や   あなたは行動を通してあなたの選択をしなければならない。もし今でなければ   いつであろうか?If   not   now   when   ?   「平和の価値」   ◎The   value   of   peace   ヒレルは言った:アロンの弟子でありなさい。彼は平和を愛し   平和を追い求める。   あなたの仲間である創造物を愛し   彼らをトーラに近づけさせる。   (Avot   1:12)   ◎Loving   and   pursuing   peace   ヒレルのこれらの言葉は   世界の国々に戦争を終わらせる請願に見えるかもしれない。しかしヒレルの助言は国々への請願ではなく   我々の各々への個人的な請願である。ヒレルは   彼の言葉の最初の部分につなげて   「あなたの仲間である創造物を愛し   彼らをトーラに近づけさせる」と言う。加えて   ヒレルの言葉は元々は彼の生徒たち   個々の人々のグループ   つまり世界の国々の政策を形作る現実の力を持っていない人々への直接のものであった。   実際   ヒレルの平和を愛し追い求めるという助言は   一個人としての「あなた」へ話かけている。そしてあなたが   これはどうやって為されるのか   という質問をする時に   ヒレルは続ける:「あなたの仲間である創造物を愛し   彼らをトーラに近づけさせることによって」隣人を愛し彼らをトーラに近づけさせることによって   平和を愛し追い求める人   その最善の例はモーゼの兄アロンである   とヒレルは感じた。二人の人々が互いに喧嘩をしていた時   アロンは彼らの一人の方に行って座わり   そして言った:   「我が息子よ   あなたの友達は喧嘩をしたことが悪かったと感じている。それは私の誤りだと彼は私に言ったよ」   彼の心から全ての憎しみが消えるまで   アロンは彼と一緒に座った。そしてそれから   アロンはもう一人の方に行って座わり   そして言った:   「我が息子よ   あなたの友達は喧嘩をしたことが悪かったと感じている。それは私の誤りだと彼は私に言ったよ」   彼の心から全ての憎しみが消えるまで   アロンは彼と一緒に座った。そして   二人の男が互いに会った時に   彼らは抱きしめ合い   そして互いにキスをした。   [   Avot   de   Rabbi   Natan   12   ]   ◎Ways   of   seeking   peace   イスラエルにいる男と男の間に平和をもたらす時がやって来る時には   アロンは躊躇しなかった。彼は平和をもららす方法を探しに行った。彼は活発に平和を追い求めた。そのことの事実は   我々は平和については躊躇することはできない   我々は平和を「追い求め」なければならない   ということである。平和のための必要性はたいへん大きいので   待つことがしない。それでラビ・シメオン・ベン・エリアザル(Rabbi   Simeon   ben   Eleazar)は言った:   もし人が彼自身の位置に座って   そして不活発であるならば   彼はいかにしてイスラエルにいる男と男の間に平和を追い求めることができるであろうか?代わりに   彼を彼の位置から前に行かせ   世界のまわりに動かせ   そしてイスラエルに平和を追い求めさせなさい   平和を探しそして追い求めよと言われているように。さて   この意味は何であろうか?あなた自身の家の中で平和を探し   そして他の場所の中で平和を追い求めなさい。   [   Avot   de   Rabbi   Natan   12   ]   ◎Peace   in   your   own   house   始める場所は   あなたの家族と一緒の家である。あなたはすぐに   「あなたの両親を尊敬せよ」という戒律を考えるかもしれない   そしてその戒律が家族に平和をもたらすことといかに重要に関連しているか   を実感するかもしれない。   たとえあなたが   あなたの母や父のがあなたに与える忠告に不一致であるとしても   そして彼らの要求が公平でないと感じるとしても   あなたはそれにもかかわらず尊敬のために彼らに従うべきである   ---   あるいは   最も少なくとも   思いやりのある方法で異議を申し立てるべきである。   兄弟や姉妹とつきあう時に   平和はまたそのゴールであるべきである。兄弟や姉妹はしばしば互いに論争に陥る。我々の両親にとって   これらの論争はたいへん妨害される   たとえ彼らが我々を非常に妨害していない時でさえも。ほとんどの両親は   彼らの子供のうちの一人を他よりも好まないように   たいへん厳しく努力している。両親は彼らの子供たちと一緒に生活するために   また   たいへん厳しく努力している。彼らの子供たちが互いに一緒に生活しようと努力していないように見える時   その時はそれが彼らを困らす。我々の両親を尊敬する一つの方法は   我々自身の中で争わないことである。   家庭の中の平和は   それは「   Shalom   Bayit(平和の家)」という特別な名前さえ持っている   そんな重要なユダヤ人の価値である。ラビ・ナサン(Rabbi   Nathan)は「アボット」に関する彼の注釈の中で教えた   「もし人が家の中に平和をもたらすならば   あたかも平和が全てのイスラエルにもたらされたかのように   聖書がそれを評価する」   [   Avot   de   Rabbi   Natan   28   ]   もしあなたが家庭に平和を確立しているならば   それはまだ十分ではない。あなたは   また   平和に一緒に生活するために他人を助けなければならない。   ◎Aaron   the   peacemaker   他人に「   Shalom   Bayit(平和の家)」をもたらすという拡張に平和を愛し追い求める人   その最善の例それは   再び   アロンがである。アロンが   ある夫と妻がまさに離婚寸前であることを   聞き及ぶならば   彼は急いでその夫の方に急いでそして言う   「あなたとあなたの妻が一緒に暮らしていない   そしてあなたが離婚したいと聞いたので私は来ました。しかしこのことを考えてみなさい:もしあなたが現在の妻と離婚し   そしてもう一人と結婚したとすると   あなたの結婚がより良くなるということを   あなたは確信することができない。なぜならば   あなたが二番目の妻との最初の喧嘩で   彼女はあなたに思い出させる:あなたが喧嘩好きでそして良くない   そうでなければあなたの最初の結婚が離婚で終わることはなかったであろう。私が保証しよう   あなとあなたの現在の妻は幸福になることができる   もしあなたがた二人が努力するならば」   (Legends   3:329)   何千もの結婚がアロンの嘆願と励ましによって救われた。そしてアロンが   喧嘩をしていて離婚の危機にあったこれらの人々を一緒にした時に   そういう夫婦は普通   彼らの結婚を救った高位な祭司を尊敬して彼らの最初の息子をアロンと名付けた。伝説は我々に告げている:   アロンが死んだ時   80   000ものユダヤ人の子供たちがこのようにしてアロンという名前であった。   [   Avot   de   Rabbi   Natan   12   ]   我々の共同体社会の平和は   互いのための各々の人の愛に依存している。   もし   我々が口論へかりたてる心の中の刺激を感じた時に   戦う代わりに親切な言葉の形で平和のメッセージを送るならば   その時我々は平和のために働いている。   しかし   もめごとの言葉の代わりに平和のメッセージを送るよう我々をかりたてる   ことができるのは   それは単に我々の仲間である創造物に対する愛なのだ。   我々の仲間である創造物を愛すことによって我々の行動を平和に導くことの教えは   スペインのユダヤ人の詩人であるイブン・ナグレラ(Ibn   Nagrela   993-1055)   の話としての有名な物語の心臓部である。   イブン・ナグレラは   イスラム教スペインの王様の親しい友人であった。   王様はイスラム人   イブン・ナグレラはユダヤ人であったが   けれども彼らの違いは互いを愛することから引き離すことはなかった。   しかし彼らの互いの愛は   王様の宮廷の中でイスラムの詩人たちの中で   とても大きな嫉妬になっていた。ある時   これらの嫉妬の男たちの一人が王様の前に来て裁判を要求した。   王様は尋ねた   「お前にどんな悪いことがあったのか?」   その詩人は報告した   「ユダヤ人   イブン・ナグレラが   自分のものとして読むために   私の書いた詩を盗んだのです。   彼は王様あなたの前で   むこうみずにも   それを読んでさえしまった。   ああ王様   今私はお願いします   この犯罪のゆえに   彼の舌を切り落とすように」   「よし分かった」   王様は答えた。   イブン・ナグレラが   王様の面前にただちに召し出された。   「この告発にお前は何を言うのか?」   と王様はユダヤ人の友に聞いた。   「私は無実です」   とイブン・ナグレラは言った。   「それではお前の無実を   どうやって証明することができるのか?」   「こんな方法で」   イブン・ナグレラは答えた。   その時彼は   彼の詩のオリジナルな原稿を   前方に引き出した。   「これは私の最初の草案です   そしてその上には   私が創作した詩を   より良くするために   全てのマークと変更があります。   私の仕事の全てがここに見られます   最初の粗雑な形から   私が王様の前で読んだ   最後の作品まで」   王様はイブン・ナグレラを   告発した詩人に言った   「そしてお前は   お前のオリジナルな仕事を   私に見せることができるか?」   しかしその嫉妬の詩人は   しおれてしまった。   「何もありません」   彼は静かに認めた。   「それでは   お前の罰は   イブン・ナグレラの手の中にある」   と王様は言った。   そして彼の友の方に向いて王は続けた   「この男の邪悪な舌を切り落としなさい   彼がお前の舌を切り落とそうとしたように」   その日の後に   王様はイブン・ナグレラの部屋を通った   そしてそこから来る笑う声を聞いた。   戸を開いて   王様はその二人の詩人を見て   非常に驚いた。   そのイスラム人とユダヤ人は笑って   一緒にチェスのゲームをしていた。   王様は言った   「イブン・ナグレラ   この男はお前の敵である。   なぜお前は彼の邪悪な舌を   取り除かなかったのか?」   イブン・ナグレラは答えた   「しかし私はそうしました   わが王様   私は彼の邪悪な舌を取り除いて   そしてそれを思いやりのある舌と   交換したのです」   我々の共同社会に平和をもたらすという見地で   この物語から学ぶことが多くある。   イブン・ナグレラの他の選択を考えてみよう。   もし彼が告発人の舌を切り落としたならば   その時   他の詩人たちがイブン・ナグレラに向けて感じた嫉妬は   王様との彼の友情の故に   その嫉妬は絶対の嫌悪に向かったであろう。   その時   また   イブン・ナグレラは彼の告発人を彼の敵のままに一人で残す   ことができたであろう。   王様の審判について自慢し誇ることによって   虚偽の告発人を法廷の人々の中で   とても大きな恥をかかせることができたであろう。   しかし他の誰か敗北者について自慢する人は   彼の隣人である創造物たちを愛する人ではない。   その王様の考え方にとって   報復は正しい解であった。   しかしイブン・ナグレラの宗教的な考え方にとって   それは少しも解ではなかった。   彼の隣人である創造物たちを愛する人に対する解は   敵を友人に変えることであった。   これがイブン・ナグレラが行なったことである。   王様によって「戦争のメッセージ」が命じられた時でさえ   彼は「平和のメッセージ」を出した。   我々はこれの全ての成り行きをただ想像することができる   そんなに無理をして想像する必要はないけれども。   おそらく   そのイスラムの詩人はイブン・ナグレラの生涯の友人になったであろう。   そしておそらく   また   彼は忠実な友人になったでろう。   彼は   宮廷の中の他のイスラムの詩人たちとイブン・ナグレラとの間に   あった緊張を止めるのを助けたかもしれない。   それで我々は見ることができる:   敵を友人に変える行動が   いかにして我々の共同社会の中に   平和を増加するために我々を助けることができるか。   ◎Drawing   others   to   Torah   しかし   他の人々をトーラに引き寄せるようにヒレルが我々に要求する時に   彼が意味しているものは何か?   実際に   ヒレルは広い意味でトーラの話をした。   ただモーゼ五書だけでなく   我々の人々の伝統と価値   我々がしっかりと   にぎらなければならない「生命の木」である。   他の人々をトーラに引き寄せるために我々が持つ最善の意味は   我々がユダヤ人の価値   それは我々が議論してきたところの価値に従って   行動することである。   その時   我々と接触に来る全ての人々がトーラに近づいて来るであろう。   我々が行くどこにでも   トーラが我々と共にあるであろう。   そして   我々が行なうあらゆるものの中に   トーラが現われるであろう。   このような方法で   我々は他人に教える   我々の模範によって。   当然に   我々が模範を示すために   我々はまず我々の伝統を学ばなければならない   我々が示すべき模範の種類が何かを知るために。   この光りの中でタルムードは言う:   「賢い学生たちが世界に平和を大きくする」   [   Berachot   64a   ]   Judaism   の我々の勉強は平和を追い求める価値ある方法である   なぜならばそれを通して   平和への毎日の道   善い心の道を我々は学ぶからである。   ◎Hope   for   peace   毎日の祈りの中で   平和の年がやってくるように我々は祈りを朗唱する:   「天に平和を創造しているお方が   我々と全てのイスラエルに   平和をもたらしますように」   我々の祈りは   平和に対する我々の必要の表現として立つだけではなく   世界を通して平和が普及するであろう未来の時を予知する。ユダヤ人としての我々の最も気高い信念の一つは   Messiah(救世主)が   やってくるという信念である。我々がいかにしてMessiahを認めるかを説明する場合に   ラビたちは彼のことをこう言った:   「彼の唇を開くことが祝福と平和のためである」   多くの人が本物のMessiahであると主張してきたが   しかしまだ誰も平和な年が来るというこの兆候を提供してきていない。しかしこれは未来に対する我々の夢である。   それは我々の預言者たちの最後のメッセージである   そしてそれは我々の生活の道の最後の目標である。   「見よ   わたしは創造する新しい天をそして新しい地を。初めからこのことを思い起こす者はない。それはだれの心にも上ることはない。彼らが呼びかけるより先に   わたしは答えまだ語りかけている間に   聞き届ける。狼と小羊は共に草をはみ獅子は牛のようにわらを食べ   蛇は塵を食べものとしわたしの聖なる山のどこにおいても害することも滅ぼすこともない。」   と主は言われる。   [   イザヤ書   65:17   24   25   ]     Reflection   詩編の中の一節は読む:   「平和の人には未来がある」   [   詩編   37:37   ]   平和を愛し追い求める人は   未来の中を見つめ   そして全てに対して平和の可能性を見つける人である。   しかしそれ以上に   平和を追い求める人は   家庭でそして世界の中で各々が毎日   平和を探す人である。平和を追い求める人になるためには   敵を友人に変えるという観点で   あなたが   「あなた自身としてあなたの隣人を愛す」   ようにならなければなりませんない。   そして他人に対するあなたの行動の中で   あなたの人々の教えと法律にあなた自身を近付けるのを維持することによって   あなたは彼らをトーラに近付けるために努力しなければなりませんない。このことに   我々は近代の賢者ラブ・クック(Rav   Kook)の教えを追加ができる。   いかにして全てを平等に愛すことができるのか   と聞かれた時に   次のような方法で回答した:   「Sinat   Hinnam(根拠のない憎しみ)」   として知られている罪がある。   これは嫌われるにふさわしくない人を嫌うこと。しかし我々の時代には   「Ahavat   Hinnam(根拠のない愛)」と呼ばれる新しい戒律の必要性がある。これは愛される価値のない人を愛すこと。我々の時代に   真に   「Rodef   Shalom(平和を追い求める人)」   であるためには   我々は全て(---   我々に同意する人   我々に不一致な人   そして我々が好きな人   我々が嫌いな人   ---   )に対して愛を実行しなければなりません。我々は   「Ahavat   Hinnam」   を実行しなければなりません。  

01

   
videovar
iPeeVee iPeeVee

会社概要 |  ソリューション |  お問い合わせ |  スタッフ募集 |  利用規約 |  プライバシーポリシー

Copyright (C) 2006-2019 PeeVee Corporation. All rights reserved.