PeeVee.TV
   

  ログイン

ホーム 新規ユーザー登録

新着動画一覧

01

サムネイル

アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です)「タルムード・道徳と神の必要性」「ヲシテ文献の ホツマタエ、ミカサフミ、フトマニ」

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です) ミシュナー・タルムード 「アヴォート(Avot)」篇 「道徳と神の必要性」 「ヲシテ文献の ホツマタエ、 ミカサフミ、 フトマニ」 ◎Is God necessary For Morality ? 「道徳のために、神は必要であるのか?」 In the nineteenth century ... The attempt made in recent decades by ... reference(登場する学者の名前) In the nineteenth century ... from Erich Fromm 19世紀に、問題は神が死ぬいうことであった; 20世紀に、問題は人が死ぬということである。 [ --- Erich Fromm, The Sane Society ] 宗教に対抗して人気のある議論は、その宗教の名のもとで多くの悪事が行なわれてきていることである。しかし歴史上で二つの最も殺人的な社会、ナチスとソヴィエト共産主義者、は攻撃的な無心論者であった、ということはめったに説明されていない。ヒトラーは、「ユダヤ人の専制的な神」の破壊を自分の生涯の使命と宣言した、一方でソヴィエト連邦は73年の歴史の間、神の信仰を弁護することを犯罪とした。 フロム(Fromm)が引用している「神の死」とは、19世紀後半の哲学者ニーチェ(Friedrich Nietzsche)によって最初に明確に言われた観念である。およそ同じ時代に、ドストエフスキー(Feodor Dostoevsky)が「カラマゾフの兄弟」の中で、 「もし神がいないのであれば、全てが許される」、と書いた。 ユダヤ教の視野からは、ドストエフスキーのコメントは一つの論理的な結論である:もし神がいないのであれば、何事かが禁止されるべきであるとは誰が言えるのであろうか?今日において、「ヒトラーがなぜ悪かったのか?」という質問に対して、哲学的に強要する答えは全く存在していない、「神がそう言うからである」ということを離れては。 今世紀の最も著名な非宗教的な哲学者ラッセル(Bertrand Russell)は、 彼自身、神のない主観的な道徳の危険を明確に言った:「道徳的な価値の主観性に対する議論をいかにして論破するか、私には分からない。しかし、残酷ないたずらをもった誤ちの全てのことは、私が好まないことである、ということを自分が信じることができないと私は分かっている」 ラッセルは彼の90才代まで良心的に生きたけれども、彼が好まない以上に、 残酷ないたずらに対抗してより強要する議論を作りだすことは決してなかった。 不幸にして、相当な数の人々がそういうことを好んでいる。 from The Tosefta ある哲学者が Rabbi Reuven に聞いた、「世界で誰が最も嫌いな人ですか?」Rabbi Reuven は答えた、「自分の創造者を否定する人」「それはなぜですか?」 そのラビは答えた: 「あなたの父と母を尊敬しなさい....。あなたは殺してはなりません....。あなたは盗んではなりません.....。あなたは隣人に対して嘘の証言を支持してはなりません.....。さぁ聞け、人は彼らの創造者(神)を拒否するまでは、これらの法律のどれも拒否することはない」 [ --- Tosefta Shevuot 3:6 ] The attempt made in recent decades by .... このことから道徳に対して神の必要性についてが思考できます。 ◎「ヲシテ文献の ホツマタエ、 ミカサフミ、 フトマニ」 「初代アマカミの クニトコタチが 木の実を採って 魚、獣を獲って 穴居でございましたが、 木の実の品種の向上を行って 穴居を建物の居場所を造り 改革が行われて 憲法的制度と文字の創始と 人々の生活と文明の度合いの向上があり建国が成立しました。 四代目アマカミの ウビチニ・スビチニの時代に 農耕と乾坤制度が確立して 普及しました。 六代目アマカミの オモタル・カシコネの時代に 季節が寒冷になり 農耕が不作のため 秩序が不安定になり 犯罪者が出て このとき 罪人を斬るホコ(剣)が造られました。 七代目アマカミの イサナギ・イサナミが 新田開発を行って国を再建して 国の言語の整理をしました。」

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.6.11. 17:01
視聴回数:3260回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: アヴェ・ヴェルム・コルプス   (お話です)   ミシュナー・タルムード   「アヴォート(Avot)」篇   「道徳と神の必要性」   「ヲシテ文献の   ホツマタエ   ミカサフミ   フトマニ」   ◎Is   God   necessary   For   Morality   ?   「道徳のために   神は必要であるのか?」   In   the   nineteenth   century   ...   The   attempt   made   in   recent   decades   by   ...   reference(登場する学者の名前)   In   the   nineteenth   century   ...   from   Erich   Fromm   19世紀に   問題は神が死ぬいうことであった;   20世紀に   問題は人が死ぬということである。   [   ---   Erich   Fromm   The   Sane   Society   ]   宗教に対抗して人気のある議論は   その宗教の名のもとで多くの悪事が行なわれてきていることである。しかし歴史上で二つの最も殺人的な社会   ナチスとソヴィエト共産主義者   は攻撃的な無心論者であった   ということはめったに説明されていない。ヒトラーは   「ユダヤ人の専制的な神」の破壊を自分の生涯の使命と宣言した   一方でソヴィエト連邦は73年の歴史の間   神の信仰を弁護することを犯罪とした。   フロム(Fromm)が引用している「神の死」とは   19世紀後半の哲学者ニーチェ(Friedrich   Nietzsche)によって最初に明確に言われた観念である。およそ同じ時代に   ドストエフスキー(Feodor   Dostoevsky)が「カラマゾフの兄弟」の中で   「もし神がいないのであれば   全てが許される」   と書いた。   ユダヤ教の視野からは   ドストエフスキーのコメントは一つの論理的な結論である:もし神がいないのであれば   何事かが禁止されるべきであるとは誰が言えるのであろうか?今日において   「ヒトラーがなぜ悪かったのか?」という質問に対して   哲学的に強要する答えは全く存在していない   「神がそう言うからである」ということを離れては。   今世紀の最も著名な非宗教的な哲学者ラッセル(Bertrand   Russell)は   彼自身   神のない主観的な道徳の危険を明確に言った:「道徳的な価値の主観性に対する議論をいかにして論破するか   私には分からない。しかし   残酷ないたずらをもった誤ちの全てのことは   私が好まないことである   ということを自分が信じることができないと私は分かっている」   ラッセルは彼の90才代まで良心的に生きたけれども   彼が好まない以上に   残酷ないたずらに対抗してより強要する議論を作りだすことは決してなかった。   不幸にして   相当な数の人々がそういうことを好んでいる。   from   The   Tosefta   ある哲学者が   Rabbi   Reuven   に聞いた   「世界で誰が最も嫌いな人ですか?」Rabbi   Reuven   は答えた   「自分の創造者を否定する人」「それはなぜですか?」   そのラビは答えた:   「あなたの父と母を尊敬しなさい....。あなたは殺してはなりません....。あなたは盗んではなりません.....。あなたは隣人に対して嘘の証言を支持してはなりません.....。さぁ聞け   人は彼らの創造者(神)を拒否するまでは   これらの法律のどれも拒否することはない」   [   ---   Tosefta   Shevuot   3:6   ]   The   attempt   made   in   recent   decades   by   ....   from   Will   Herberg   最近の数十年に   非宗教的な思想家たちは   彼らの(聖書に基づいた)宗教的な文脈から(西洋文明の道徳的な原理を)分離するために   「人類愛」の道徳として彼ら自身の生活をすることができるということに確信にもって   行った試みは   ある作家が「切り花文化(cut-flower   culture)」と呼んだ結果となった。   切り花はそれらのオリジナルな美と香を保持している   しかし今それらの根から供給されている生命力を保持している間だけである;それが使い果たされた後には   切り花は枯れて死んでしまう。自由   兄弟関係   正義   そして個人の尊厳   ---   我々文明の道徳的な土台を形成している価値   ---   も同じである。   それらがわき出てくる信仰の元気つける力を無くしては   それらは意味をもたないし生命力もない。神に根拠がない道徳は   実際に砂の上に建てられた家であり   衝動からの気まぐれや   権力と私利私欲の野蛮な圧力に対抗して耐えることができない。   [   ---   Will   Herberg   Judaism   and   Modern   Man   page   91-92   ]   from   Irving   Kristol   (西洋世界で非宗教家である我々人々は)ニーチェの挑戦によって我々自身が悩まされたと見ていた:もし神が本当に死んだのであれば   どの特別な実行が禁止されている   あるいは許されている   ということを我々は何の権威によって言うことができるのか?   近親相姦(incest)が悪いことである   ということを純粋な理由だけで我々に告げることはできない。獣的欲望(bestiality)が悪いことである   ということを純粋な理由だけで我々に告げることはできない。実際に   今日   獣的欲望に対抗する唯一の議論はこうである:動物たちがそれを楽しむのかどうかを   我々が知ることはできないために   それは「動物の権利」に違反している。   [   ---   Irving   Kristol   "Afterword   "   in   David   Dalin   ed.   American   Jews   and   the   Separationist   Faith   page   161   ]   from   J.David   Bleich   昔のイーデッシュの格言   私が偉大な祖母から子供の時に最初に聞いた:「あなたが荷馬車に乗って   そして教会の門を通過する時に   もし運転手が彼自身で十字を切らないならば   ただちに降りなさい」   [   ---   J.David   Bleich   in   David   Dalin   ed.   American   Jews   and   the   Separationist   Faith   page   29   ]   Bleich   は説明している:「その警告は神学と関係しているものではない   安全と生き残りと関係しているあらゆるものを持っている。ユダヤ人は理解した:彼自身の安全は非ユダヤ人が一つの宗教を自称することを要求する   そんな目的のために   どんな宗教でも無いよりは良いことであると。   ボルテア(Voltaire     彼自身が純粋な理論家の無神論者の彼は   無神論は知識人に対してのみ安全であると信じた。彼はこう言ったと報告されている:『私の弁護士   洋服屋   ボーイたち   さらに私の妻でさえも神を信じて欲しい。   もし彼らがそうするならば   私が盗まれることが少なく   また騙されることが少ない   と私は考えている』」   フロイト(Sigmond   Freud   )はボルテアの確信を分担した:知的な傾向の無神論者は   神を信じること無しにさえも道徳的であると信頼されることができる。フロイトは1927年ウイーンでの書物で議論した:低い知的な成就の人々は彼らの道徳を保護するために宗教を必要としているかもしれないけれども   「文明は教育された人々から恐れることはほとんどない.....。彼らの中では   他人によって洗練された振る舞いのために宗教的な動機の代用   非宗教的な動機が謙虚に進(The   Future   of   an   Illusion   page   39)   人間の性質についてのフロイト学派の楽天主義のこのまれな例の10年以内に   フロイト自身が立証した:文明は   教育されていない人々からと同様に   教育された人々から恐れるに大きいものを持っている。彼の仲間のオーストリア人およびドイツ人の知識人たちが   彼らの仲間の市民の他のグループ以上により偉大な道徳的な洞察   力あるいは勇気を全く表さなかった;   実際に   彼らの多くは医者や教授たちであるが   ナチの残酷さの中に参加した。   例えば   第二次世界対戦後に   24人の   "Einsatzgruppen"   の指導者たちが   彼らの大規模なユダヤ人刈り集めをして   ソビエトユダヤ人の百万人以上を殺人したということで裁判にかけられた。これらの中には9人の法律家   2人の経済学者   1人の建築家   教授   銀行家   高校の先生   そして歯医者を含んでいた。   このことから道徳に対して神の必要性についてが思考できます。   ◎「ヲシテ文献の   ホツマタエ   ミカサフミ   フトマニ」   「初代アマカミの   クニトコタチが   木の実を採って     獣を獲って   穴居でございましたが   木の実の品種の向上を行って   穴居を建物の居場所を造り   改革が行われて   憲法的制度と文字の創始と   人々の生活と文明の度合いの向上があり建国が成立しました。   四代目アマカミの   ウビチニ・スビチニの時代に   農耕と乾坤制度が確立して   普及しました。   六代目アマカミの   オモタル・カシコネの時代に   季節が寒冷になり   農耕が不作のため   秩序が不安定になり   犯罪者が出て   このとき   罪人を斬るホコ(剣)が造られました。   七代目アマカミの   イサナギ・イサナミが   新田開発を行って国を再建して   国の言語の整理をしました。」  

サムネイル

アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です)「ユダヤ教の途絶えぬ信仰」「ミシュナータルムードアヴォート」「勇気の価値」「忍耐の価値」

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です) ユダヤ教の 途絶えぬ信仰の根拠について ミシュナー・タルムード 「アヴォート(Avot)」篇 「勇気の価値」 The value of courage 「忍耐の価値」 The value of patience について ◎ユダヤ教の 途絶えぬ信仰の根拠 ユダヤ民族が信仰の地もなく国もない離散の状態で信仰が途絶えることなく存在してきた根拠に、「ユダヤ人と神の契約の履行」が極めて重要でございます。 新バビロニアが崩壊して解放されたユダヤの方々が第二神殿を造りましたが ユダヤ人と神の契約が不履行になるほど戒律がゆるくなりました。 この時期にエズラが人々に真の信仰の回帰を言い渡して聞かせました。具体的な事実としてのユダヤの方々のバビロニアの捕囚の歴史の史実を示しました。バビロニアの捕囚に苦しんだ根拠がユダヤ教徒と神の契約の不履行だったことであり契約を履行するべきであるということを示しましたが、他国と姻戚を結ぶ高位の階級の組織が反発して人々から冷遇されて追放されました。 他方、総督がネヘミアになり、神殿の城壁を修復して、信仰の回帰を掲げてユダヤ教の基盤をつくりました。 これだけでなく、移り行く時間に対して情勢も推移いたしますからここに、教義を行って聖典の編纂を行い続けて結集(けつじゅう)したものが「タルームード」に全てございます。 これらの、「ユダヤ人と神の契約の履行」と「タルムード」の2つの糸でユダヤ教の歴史の糸を途絶えることなく紡いで(つむいで)ございます。 ◎「勇気の価値」 The value of courage 我々が学んできた価値(value)の幾つかを一緒に置くならば、それらは我々を一つの興味深い質問に導く。我々の各々は神のイメージで創造されている、我々の各々の中に、利己主義に向かった我々の衝動「Yetzer Hara」と神聖に向かった我々の衝動「Yetzer Tov」との間に葛藤がある、 我々の各々は自由な意思を与えられているこのように、我々は教えられている。Judaismは、宗教的な知覚を発展させ、そして勉強を通して証拠を集める訓練をする助けとなるこのことを、我々は知っている。 それでは、なぜ我々は完全であることを要求されていないのか ◎「忍耐の価値」 The value of patience あなたは、人々が「欲求不満」になっている、と言うのをおそらく聞いたことがあるでしょう。心の病気の一つとして欲求不満の話を聞いたことがあるかもしれない。今日の米国で、欲求不満は最も共通な心の病気の現われである、と心理学者たちは信じている。欲求不満にあるということは、わなに捕えられているようなものである。我々が欲求不満になるのは、やっている事あるいはやりたい事がどれも到達しない時、それらが妨げられて挫折され、くじけられ、打ちのめされる時。欲求不満であるのは、我々の目標に到達することが出来ないという意味である。我々が何かをしたい時にそれが何も出来ない時に、欲求不満がやって来る。しかし多くの場合、我々のベストを尽くしたにもかかわらずにやって来る。 欲求不満はより悪くなるものだ。あなたは、あなたの制御を超えた全体的な事によって、自分が欲求不満になったことを知るかもしれない。 全てのものに対する時間の考えはラビたちの考えとはまさに違う。それはもっと以前に起こっている。聖書「コヘレトの言葉( Ecclesiastes)」で、我々は最も詩的な形でそれ見ることができる。 何事にも季節があり、 天でない世界の事態に すべて定められた時がある。 生まれる時、死ぬ時 植える時、植えたものを抜く時 殺す時、癒す時 破壊する時、建てる時、 泣く時、笑う時 嘆く時、踊る時 石を放つ時、石を集める時 抱擁の時、抱擁を遠ざける時 求める時、失う時 保つ時、放つ時 裂く時、縫う時 黙する時、語る時 愛する時、憎む時 戦いの時、平和の時 ( Ecclesiastes 3:1-8) これは我々の行動の全てに関して持っていなければならない態度である、全てのものには一つの時間があり、各々はその季節にやって来なければならない。 我々はすでに、この態度は我々を助けることが出来るという証拠をもっている、なぜならば我々は自然のうちに忍耐することを学んできているからである。

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.6.7. 04:35
視聴回数:2046回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: アヴェ・ヴェルム・コルプス   (お話です)ユダヤ教の   途絶えぬ信仰の根拠について   ミシュナー・タルムード   「アヴォート(Avot)」篇   「勇気の価値」   The   value   of   courage   「忍耐の価値」   The   value   of   patience   について   ◎ユダヤ教の   途絶えぬ信仰の根拠   ユダヤ民族が信仰の地もなく国もない離散の状態で信仰が途絶えることなく存在してきた根拠に   「ユダヤ人と神の契約の履行」が極めて重要でございます。   新バビロニアが崩壊して解放されたユダヤの方々が第二神殿を造りましたが   ユダヤ人と神の契約が不履行になるほど戒律がゆるくなりました。   この時期にエズラが人々に真の信仰の回帰を言い渡して聞かせました。具体的な事実としてのユダヤの方々のバビロニアの捕囚の歴史の史実を示しました。バビロニアの捕囚に苦しんだ根拠がユダヤ教徒と神の契約の不履行だったことであり契約を履行するべきであるということを示しましたが   他国と姻戚を結ぶ高位の階級の組織が反発して人々から冷遇されて追放されました。   他方   総督がネヘミアになり   神殿の城壁を修復して   信仰の回帰を掲げてユダヤ教の基盤をつくりました。   これだけでなく   移り行く時間に対して情勢も推移いたしますからここに   教義を行って聖典の編纂を行い続けて結集(けつじゅう)したものが「タルームード」に全てございます。   これらの   「ユダヤ人と神の契約の履行」と「タルムード」の2つの糸でユダヤ教の歴史の糸を途絶えることなく紡いで(つむいで)ございます。   紀元前   ユダ王国   622年   ヨシア王宗教革命   597年   バビロン補囚   申命記文書   ゼファニヤ書   エレミヤ書   ナホム書   ハバクク書   ヨシュア記   士師記   サムエル記上下   列王記上下   バビロン補囚時代   587年   ユダ王国滅亡   538年   クロス王の解放令   帰還   祭司(P)文書   エゼキエル書   イザヤ書(40年~55年)   詩編・哀歌   ペルシャ支配   515年   第二神殿完成   458年   エズラの改革   445年   ネヘミヤの宗教改革   モーセ五書   創世記   出エジプト記   レビ記   民数記   申命記   ◎「勇気の価値」   The   value   of   courage   我々が学んできた価値(value)の幾つかを一緒に置くならば   それらは我々を一つの興味深い質問に導く。我々の各々は神のイメージで創造されている   我々の各々の中に   利己主義に向かった我々の衝動「Yetzer   Hara」と神聖に向かった我々の衝動「Yetzer   Tov」との間に葛藤がある   我々の各々は自由な意思を与えられているこのように   我々は教えられている。Judaismは   宗教的な知覚を発展させ   そして勉強を通して証拠を集める訓練をする助けとなるこのことを   我々は知っている。   それでは   なぜ我々は完全であることを要求されていないのか   ◎「忍耐の価値」   The   value   of   patience   あなたは   人々が「欲求不満」になっている   と言うのをおそらく聞いたことがあるでしょう。心の病気の一つとして欲求不満の話を聞いたことがあるかもしれない。今日の米国で   欲求不満は最も共通な心の病気の現われである   と心理学者たちは信じている。欲求不満にあるということは   わなに捕えられているようなものである。我々が欲求不満になるのは   やっている事あるいはやりたい事がどれも到達しない時   それらが妨げられて挫折され   くじけられ   打ちのめされる時。欲求不満であるのは   我々の目標に到達することが出来ないという意味である。我々が何かをしたい時にそれが何も出来ない時に   欲求不満がやって来る。しかし多くの場合   我々のベストを尽くしたにもかかわらずにやって来る。例えば   あなたは幾つかのあるいはほとんどのテーマでさえうまく行くが   しかしある一つのテーマには絶えず失敗している   と生物学者は言っている。あなたは挑戦し挑戦する   あなたは生活援助システムの定義とリストを記憶したとしも   しかし学年試験が公示され再び失敗したことを知る。そしてあなたは欲求不満になる。   欲求不満はより悪くなるものだ。あなたは   あなたの制御を超えた全体的な事によって   自分が欲求不満になったことを知るかもしれない。   全てのものに対する時間の考えはラビたちの考えとはまさに違う。それはもっと以前に起こっている。聖書「コヘレトの言葉(   Ecclesiastes)」で   我々は最も詩的な形でそれ見ることができる。   何事にも季節があり   天でない世界の事態に   すべて定められた時がある。   生まれる時   死ぬ時   植える時   植えたものを抜く時   殺す時   癒す時   破壊する時   建てる時   泣く時   笑う時   嘆く時   踊る時   石を放つ時   石を集める時   抱擁の時   抱擁を遠ざける時   求める時   失う時   保つ時   放つ時   裂く時   縫う時   黙する時   語る時   愛する時   憎む時   戦いの時   平和の時   (   Ecclesiastes   3:1-8)   これは我々の行動の全てに関して持っていなければならない態度である   全てのものには一つの時間があり   各々はその季節にやって来なければならない。   我々はすでに   この態度は我々を助けることが出来るという証拠をもっている   なぜならば我々は自然のうちに忍耐することを学んできているからである。   我々は   夏にりんごが熟すとか秋にももが熟すことを期待してはいない。農夫は種を蒔く時   雨の時   成長する時   そして収穫の時を忍耐強く待つ。我々は雪の季節   そして暑さの季節を期待することを学ぶ。  

サムネイル

アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です)「ユダヤ教の途絶えぬ信仰」「ミシュナータルムードアヴォート」「勇気の価値」「忍耐の価値」

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です) ユダヤ教の 途絶えぬ信仰の根拠について ミシュナー・タルムード 「アヴォート(Avot)」篇 「勇気の価値」 The value of courage 「忍耐の価値」 The value of patience について ◎ユダヤ教の 途絶えぬ信仰の根拠 ユダヤ民族が信仰の地もなく国もない離散の状態で信仰が途絶えることなく存在してきた根拠に、「ユダヤ人と神の契約の履行」が極めて重要でございます。 新バビロニアが崩壊して解放されたユダヤの方々が第二神殿を造りましたが ユダヤ人と神の契約が不履行になるほど戒律がゆるくなりました。 この時期にエズラが人々に真の信仰の回帰を言い渡して聞かせました。具体的な事実としてのユダヤの方々のバビロニアの捕囚の歴史の史実を示しました。バビロニアの捕囚に苦しんだ根拠がユダヤ教徒と神の契約の不履行だったことであり契約を履行するべきであるということを示しましたが、他国と姻戚を結ぶ高位の階級の組織が反発して人々から冷遇されて追放されました。 他方、総督がネヘミアになり、神殿の城壁を修復して、信仰の回帰を掲げてユダヤ教の基盤をつくりました。 これだけでなく、移り行く時間に対して情勢も推移いたしますからここに、教義を行って聖典の編纂を行い続けて結集(けつじゅう)したものが「タルームード」に全てございます。 これらの、「ユダヤ人と神の契約の履行」と「タルムード」の2つの糸でユダヤ教の歴史の糸を途絶えることなく紡いで(つむいで)ございます。 ◎「勇気の価値」 The value of courage 我々が学んできた価値(value)の幾つかを一緒に置くならば、それらは我々を一つの興味深い質問に導く。我々の各々は神のイメージで創造されている、我々の各々の中に、利己主義に向かった我々の衝動「Yetzer Hara」と神聖に向かった我々の衝動「Yetzer Tov」との間に葛藤がある、 我々の各々は自由な意思を与えられているこのように、我々は教えられている。Judaismは、宗教的な知覚を発展させ、そして勉強を通して証拠を集める訓練をする助けとなるこのことを、我々は知っている。 それでは、なぜ我々は完全であることを要求されていないのか ◎「忍耐の価値」 The value of patience あなたは、人々が「欲求不満」になっている、と言うのをおそらく聞いたことがあるでしょう。心の病気の一つとして欲求不満の話を聞いたことがあるかもしれない。今日の米国で、欲求不満は最も共通な心の病気の現われである、と心理学者たちは信じている。欲求不満にあるということは、わなに捕えられているようなものである。我々が欲求不満になるのは、やっている事あるいはやりたい事がどれも到達しない時、それらが妨げられて挫折され、くじけられ、打ちのめされる時。欲求不満であるのは、我々の目標に到達することが出来ないという意味である。我々が何かをしたい時にそれが何も出来ない時に、欲求不満がやって来る。しかし多くの場合、我々のベストを尽くしたにもかかわらずにやって来る。 欲求不満はより悪くなるものだ。あなたは、あなたの制御を超えた全体的な事によって、自分が欲求不満になったことを知るかもしれない。 全てのものに対する時間の考えはラビたちの考えとはまさに違う。それはもっと以前に起こっている。聖書「コヘレトの言葉( Ecclesiastes)」で、我々は最も詩的な形でそれ見ることができる。 何事にも季節があり、 天でない世界の事態に すべて定められた時がある。 生まれる時、死ぬ時 植える時、植えたものを抜く時 殺す時、癒す時 破壊する時、建てる時、 泣く時、笑う時 嘆く時、踊る時 石を放つ時、石を集める時 抱擁の時、抱擁を遠ざける時 求める時、失う時 保つ時、放つ時 裂く時、縫う時 黙する時、語る時 愛する時、憎む時 戦いの時、平和の時 ( Ecclesiastes 3:1-8) これは我々の行動の全てに関して持っていなければならない態度である、全てのものには一つの時間があり、各々はその季節にやって来なければならない。 我々はすでに、この態度は我々を助けることが出来るという証拠をもっている、なぜならば我々は自然のうちに忍耐することを学んできているからである。

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.6.6. 19:17
視聴回数:1754回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: アヴェ・ヴェルム・コルプス   (お話です)ユダヤ教の   途絶えぬ信仰の根拠について   ミシュナー・タルムード   「アヴォート(Avot)」篇   「勇気の価値」   The   value   of   courage   「忍耐の価値」   The   value   of   patience   について   ◎ユダヤ教の   途絶えぬ信仰の根拠   ユダヤ民族が信仰の地もなく国もない離散の状態で信仰が途絶えることなく存在してきた根拠に   「ユダヤ人と神の契約の履行」が極めて重要でございます。   新バビロニアが崩壊して解放されたユダヤの方々が第二神殿を造りましたが   ユダヤ人と神の契約が不履行になるほど戒律がゆるくなりました。   この時期にエズラが人々に真の信仰の回帰を言い渡して聞かせました。具体的な事実としてのユダヤの方々のバビロニアの捕囚の歴史の史実を示しました。バビロニアの捕囚に苦しんだ根拠がユダヤ教徒と神の契約の不履行だったことであり契約を履行するべきであるということを示しましたが   他国と姻戚を結ぶ高位の階級の組織が反発して人々から冷遇されて追放されました。   他方   総督がネヘミアになり   神殿の城壁を修復して   信仰の回帰を掲げてユダヤ教の基盤をつくりました。   これだけでなく   移り行く時間に対して情勢も推移いたしますからここに   教義を行って聖典の編纂を行い続けて結集(けつじゅう)したものが「タルームード」に全てございます。   これらの   「ユダヤ人と神の契約の履行」と「タルムード」の2つの糸でユダヤ教の歴史の糸を途絶えることなく紡いで(つむいで)ございます。   紀元前   ユダ王国   622年   ヨシア王宗教革命   597年   バビロン補囚   申命記文書   ゼファニヤ書   エレミヤ書   ナホム書   ハバクク書   ヨシュア記   士師記   サムエル記上下   列王記上下   バビロン補囚時代   587年   ユダ王国滅亡   538年   クロス王の解放令   帰還   祭司(P)文書   エゼキエル書   イザヤ書(40年~55年)   詩編・哀歌   ペルシャ支配   515年   第二神殿完成   458年   エズラの改革   445年   ネヘミヤの宗教改革   モーセ五書   創世記   出エジプト記   レビ記   民数記   申命記   ◎「勇気の価値」   The   value   of   courage   我々が学んできた価値(value)の幾つかを一緒に置くならば   それらは我々を一つの興味深い質問に導く。我々の各々は神のイメージで創造されている   我々の各々の中に   利己主義に向かった我々の衝動「Yetzer   Hara」と神聖に向かった我々の衝動「Yetzer   Tov」との間に葛藤がある   我々の各々は自由な意思を与えられているこのように   我々は教えられている。Judaismは   宗教的な知覚を発展させ   そして勉強を通して証拠を集める訓練をする助けとなるこのことを   我々は知っている。   それでは   なぜ我々は完全であることを要求されていないのか   ◎「忍耐の価値」   The   value   of   patience   あなたは   人々が「欲求不満」になっている   と言うのをおそらく聞いたことがあるでしょう。心の病気の一つとして欲求不満の話を聞いたことがあるかもしれない。今日の米国で   欲求不満は最も共通な心の病気の現われである   と心理学者たちは信じている。欲求不満にあるということは   わなに捕えられているようなものである。我々が欲求不満になるのは   やっている事あるいはやりたい事がどれも到達しない時   それらが妨げられて挫折され   くじけられ   打ちのめされる時。欲求不満であるのは   我々の目標に到達することが出来ないという意味である。我々が何かをしたい時にそれが何も出来ない時に   欲求不満がやって来る。しかし多くの場合   我々のベストを尽くしたにもかかわらずにやって来る。例えば   あなたは幾つかのあるいはほとんどのテーマでさえうまく行くが   しかしある一つのテーマには絶えず失敗している   と生物学者は言っている。あなたは挑戦し挑戦する   あなたは生活援助システムの定義とリストを記憶したとしも   しかし学年試験が公示され再び失敗したことを知る。そしてあなたは欲求不満になる。   欲求不満はより悪くなるものだ。あなたは   あなたの制御を超えた全体的な事によって   自分が欲求不満になったことを知るかもしれない。   全てのものに対する時間の考えはラビたちの考えとはまさに違う。それはもっと以前に起こっている。聖書「コヘレトの言葉(   Ecclesiastes)」で   我々は最も詩的な形でそれ見ることができる。   何事にも季節があり   天でない世界の事態に   すべて定められた時がある。   生まれる時   死ぬ時   植える時   植えたものを抜く時   殺す時   癒す時   破壊する時   建てる時   泣く時   笑う時   嘆く時   踊る時   石を放つ時   石を集める時   抱擁の時   抱擁を遠ざける時   求める時   失う時   保つ時   放つ時   裂く時   縫う時   黙する時   語る時   愛する時   憎む時   戦いの時   平和の時   (   Ecclesiastes   3:1-8)   これは我々の行動の全てに関して持っていなければならない態度である   全てのものには一つの時間があり   各々はその季節にやって来なければならない。   我々はすでに   この態度は我々を助けることが出来るという証拠をもっている   なぜならば我々は自然のうちに忍耐することを学んできているからである。   我々は   夏にりんごが熟すとか秋にももが熟すことを期待してはいない。農夫は種を蒔く時   雨の時   成長する時   そして収穫の時を忍耐強く待つ。我々は雪の季節   そして暑さの季節を期待することを学ぶ。  

サムネイル

アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です)ミシュナー・タルムード「アヴォート(Avot)」篇「裁きの価値」

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です) ミシュナー・タルムード 「アヴォート(Avot)」篇 「裁きの価値」 ヒレルは言った。あなたがその人の位置にくるまでは、あなたの仲間を裁いてはならない。( Avot 2:4) Judaismの中心の価値の一つは、賢い裁きの結果とになる正義である。何が正義と裁きを作るかということはとても重要なことであり、あなたの日々の生活の中で演じる大きな部分である。あなたは他の人々を裁いている。あなたは他の人々がどのように行動すべきかを裁いている。あなたは自分自身にこう質問する、「この人は私に公正でいるであろうか?」そしてあなたは「yes or no」を答えることによって一つの裁きをしている。あなたはこう質問する、「この人は良い親切な隣人であるのか、または彼はだましたり嘘をついたりするのか?」そしてあなたは一方あるいは他方を決心することによって裁きをする。あなたはこう質問する、「この人は私に公正でいるであろうか?」そして「yes or no」を裁くことによって答える。 あなたは裁判所での裁判官の服を着ているわけではないが、毎日あなたの前にやって来るケースを決定する時に、あなたは心の法廷という種類を維持する。あなたは友人から、敵からはずっと違った種類の行動を期待し要求する。 あなたは先生には公平を、 警官には親切を、 ラビには良いことを、 道化師には楽しさを、 親戚には気前良さを、 郵便配達には信用を、 医者には気遣いを、 そして 弁護士には あなたの側にあることを 期待する。 あなたが期待したように人々が行動する時と、そうでない時との両方において、あなたは裁きを下す。あなたが裁きをする時に、奇妙なことが起きる:あなたがちょうど属しているところはどこなのかを発見するために、あなたは自分自身を定義し始める。あなたが下す裁きの各々は、あなたが知っている事、あなたが学んだ事のベース、およびあなたが集めた証拠に基づく。もしあなたが一般的に他人に公平であることを期待するならば、あなたが信じている価値と同様にあなたは公平さに注意を払い始めるであろう。あなたが他人に親切である時、あなたはあなた自身に対して親切さを評価し始める。もちろん、その同じことがもう一方の側の方法にもまた真である。あなたが他人に不公平である時、あなた自身に対して公平さを忘れ始める。そしてあなたのまわりの人々についてあなたの裁きが正直でなくなる時、あなたはすぐにあなた自身にもまた嘘をつき始める。 正直に裁くことは我々が学ぶ一つのスキルである。我々は裁きを上手にする能力を持って自動的に生まれてきたわけではない。裁くことを学ぶ場合に、我々は証拠の全てを集め、それを綿密に調べ、我々の評価を選び、そしてそれから我々の選択に基づいて決定をすることを学ばなければならない。それで、この章のテーマを構成しているヒレルの話は明白である。あなたがその人の位置にくるまでは、あなたの仲間を裁いてはならない。これは、毎日あなたのまわりの人々をあなたが裁く場合の方法を話している。 ◎In his place 我々が他の人の位置に我々自身を置く時、すなわち彼らが物事を見ている方法で我々がそれらを見ようとしている時、裁きはとても複雑になる。しかし、もし我々がこれをするならば、その時にのみ裁きは公平になり得る。証拠を集めるという過程の部分において、これはヨシュヤ(Joshua ben Perahyah)が心に思って、こう言った。 「全ての人々の気に入るように裁け」 (Avot 1:6) これは我々自身が裁かれたいように裁くという質問である。結局、我々は最善の可能な方法で他の人々が我々を見て欲しい、特に我々が行なう何かが正当な結果にならないような場合に。人間であることは、誤りをすることを含み、我々がやった誤りを通して学び、成長することを含む。我々の誤りのあらゆる一つが厳しく裁かれる時、我々は誤りをしないようにそんなに心配し始めるので、我々の成長が妨げられてしまう。それで、我々が他の人々を好意をもって裁く時、 他の人々に「第二の機会」あるいは「不信の親切」を喜んで与える時、それが最善である。結局、これは、我々自身の行動を裁く場合に他の人々がするであろう と我々が期待していることである。

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.6.5. 14:05
視聴回数:5299回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です)   ミシュナー・タルムード   「アヴォート(Avot)」篇   「裁きの価値」   ヒレルは言った。あなたがその人の位置にくるまでは   あなたの仲間を裁いてはならない。(   Avot   2:4)   Judaismの中心の価値の一つは   賢い裁きの結果とになる正義である。何が正義と裁きを作るかということはとても重要なことであり   あなたの日々の生活の中で演じる大きな部分である。あなたは他の人々を裁いている。あなたは他の人々がどのように行動すべきかを裁いている。あなたは自分自身にこう質問する   「この人は私に公正でいるであろうか?」そしてあなたは「yes   or   no」を答えることによって一つの裁きをしている。あなたはこう質問する   「この人は良い親切な隣人であるのか   または彼はだましたり嘘をついたりするのか?」そしてあなたは一方あるいは他方を決心することによって裁きをする。あなたはこう質問する   「この人は私に公正でいるであろうか?」そして「yes   or   no」を裁くことによって答える。   あなたは裁判所での裁判官の服を着ているわけではないが   毎日あなたの前にやって来るケースを決定する時に   あなたは心の法廷という種類を維持する。あなたは友人から   敵からはずっと違った種類の行動を期待し要求する。   あなたは先生には公平を   警官には親切を   ラビには良いことを   道化師には楽しさを   親戚には気前良さを   郵便配達には信用を   医者には気遣いを   そして   弁護士には   あなたの側にあることを   期待する。   あなたが期待したように人々が行動する時と   そうでない時との両方において   あなたは裁きを下す。あなたが裁きをする時に   奇妙なことが起きる:あなたがちょうど属しているところはどこなのかを発見するために   あなたは自分自身を定義し始める。あなたが下す裁きの各々は   あなたが知っている事   あなたが学んだ事のベース   およびあなたが集めた証拠に基づく。もしあなたが一般的に他人に公平であることを期待するならば   あなたが信じている価値と同様にあなたは公平さに注意を払い始めるであろう。あなたが他人に親切である時   あなたはあなた自身に対して親切さを評価し始める。もちろん   その同じことがもう一方の側の方法にもまた真である。あなたが他人に不公平である時   あなた自身に対して公平さを忘れ始める。そしてあなたのまわりの人々についてあなたの裁きが正直でなくなる時   あなたはすぐにあなた自身にもまた嘘をつき始める。   正直に裁くことは我々が学ぶ一つのスキルである。我々は裁きを上手にする能力を持って自動的に生まれてきたわけではない。裁くことを学ぶ場合に   我々は証拠の全てを集め   それを綿密に調べ   我々の評価を選び   そしてそれから我々の選択に基づいて決定をすることを学ばなければならない。それで   この章のテーマを構成しているヒレルの話は明白である。あなたがその人の位置にくるまでは   あなたの仲間を裁いてはならない。これは   毎日あなたのまわりの人々をあなたが裁く場合の方法を話している。   ◎In   his   place   我々が他の人の位置に我々自身を置く時   すなわち彼らが物事を見ている方法で我々がそれらを見ようとしている時   裁きはとても複雑になる。しかし   もし我々がこれをするならば   その時にのみ裁きは公平になり得る。証拠を集めるという過程の部分において   これはヨシュヤ(Joshua   ben   Perahyah)が心に思って   こう言った。   「全ての人々の気に入るように裁け」   (Avot   1:6)   これは我々自身が裁かれたいように裁くという質問である。結局   我々は最善の可能な方法で他の人々が我々を見て欲しい   特に我々が行なう何かが正当な結果にならないような場合に。人間であることは   誤りをすることを含み   我々がやった誤りを通して学び   成長することを含む。我々の誤りのあらゆる一つが厳しく裁かれる時   我々は誤りをしないようにそんなに心配し始めるので   我々の成長が妨げられてしまう。それで   我々が他の人々を好意をもって裁く時   他の人々に「第二の機会」あるいは「不信の親切」を喜んで与える時   それが最善である。結局   これは   我々自身の行動を裁く場合に他の人々がするであろう   と我々が期待していることである。   ◎Gathering   evidence   そのこと以上に   我々は期待するのは   人々が我々のした事について裁く前に   彼らが我々に説明の機会を与えることである。これは決定をする前に証拠を集める経過を含む。誰か他の人の立場に我々自身を置こうとする場合に   なぜその人がそのような方法で行動したのかを理解するために   我々は可能な証拠の全てを集める努力をしなければならない。裁きが合理的な証拠に基づかない時   我々が事実の全てが明らかになる前に結論に飛んでしまう時   誤り導いた裁きがいかになり得るかについて   ラビは一つの物語を話した。     ラブ・アシ(Rav   Ashi)がミシュナの学習を教えていた   そしてユダヤの王マナセの物語のところに来た。マナセは偶像崇拝に変わっていったと生徒たちに説明した。彼がマナセに生きていた時代の説明を始めた時   授業の時間が終わった。彼は閉じるときこう言った:「明日   我々はこの『賢い』人についてもっと話そう」さて伝統は我々にこう告げている。マナセは真に賢い人であった   しかしラブ・アシは『賢い』という言葉を皮肉を込めた調子で言った   あたかもマナセが本当に無知であるかのように。その夜   夢の中で   マナセがラブ・アシのところにやって来た。「あなたは正直に私を無知だと裁いていますか?」マナセは聞いた。その時に   その王マナセはラブ・アシにユダヤ律法の幾つかの難しい質問をした。ラブ・アシは答えることができなかったが   マナセはあざやかに答えて   その学識のある学者を驚かせた。謙遜して   ラブ・アシはその古代のユダヤの王に質問した:「もしあなたがそんなに学があるのなら   いかにしてあなたは偶像崇拝するようになったのですか?」マナセは答えた:「私と共にそこに来てみなさい。あなたは   あなたの衣のふちを集め   偶像を崇拝するために私の後を追ってくるであろう」   (Sanhedrin   102b)   ラブ・アシの誤りは共通のものであった:彼は   マナセの位置に彼自身を置いて想像するような努力を実際にしないで   裁きを下そうとしていた。これは   我々が裁きをする前に事実を集めない時に起こることである。例えば   もしあなたが   これこれのことがそんなになったとの噂を聞いて   そしてあなたが聞いたことが真実かどうか質問すること無しに   あるいはなぜその人がそんな行動をしたのかを理解する努力を無しに   あなたがその人を裁くならば   あなたはラブ・アシの誤りを繰り返している。ラビ・イシマエル(Rabbi   Ishmael)はこう言っていた。   事実の全てを知らずに決定を下す人は   おろか者であり   邪悪な者であり   おうへいな者である。   (Avot   4:7)   これらをラブ・アシは学びました。   ◎Balancing   justice   真に他人の行動を理解すること   真に彼の位置にあなた自身を置いて想像することは   同情と慈悲を要求する。ベン・アザイ(Ben   Azzai)は少し違った方法でこれを言った。どの人も軽蔑せずに   そして不可能なものは無いと信じなさい。なぜならば   彼の時間を持っていない人はいないし   その場所を持っていない物はないからである。   (Avot   4:3)   人に正義をするために   我々は喜んで彼の靴で「1マイルを歩み」   彼を苦しめていることを学び   そして同情と思いやりをしなければならない。その時   正義と慈悲とは同じコインの両面である。両方が操作される時   社会は最善に奉仕し   最も公正に維持する。どっちか一方では共同体をだめにするが   しかし二つが一緒にになって平和をもたらす助けとなる。アボットの多くは裁きが行なわれるべき方法に関連している。しかし裁きの勉強は   法律家や裁判官になろうとする人たちだけのためにだけ意味があるのではない。いかに我々の友人を注意深く裁くか   いかに同じ裁きの行ないに於て慈悲深くあり   いかに我々の共同体社会が   神---(真実の裁きと全ての慈悲のお方)---のイメージで構築されるべきか   ということを我々の全てがより良く理解するために意味がある。  

サムネイル

アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です)ミシュナー・タルムード「アヴォート(Avot)」篇「共同の責任」

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です) ミシュナー・タルムード 「アヴォート(Avot)」篇 「共同の責任」 ◎from The Talmud 全てのユダヤ人は、互いに責任がある。 [ ---Babylonian Talmud, Shevuot 39a ] この広く知られたタルムードの格言は、ユダヤ共同体社会の中での、広範囲な慈善の活動を説明する助けとなる。ユダヤ人は実際に、互いに責任があると感じるように命令されている。ヘブライ語で「責任」という言葉は、「ah-reivin」、文字の意味は「保証人」、すなわち彼自身が、後援者として、名付け親として、借金の保証人として、他の人の責任をもつ人。ユダ(Judah)は、聖書の中で、保証人のモデルである。エジプトで、彼の兄弟として知られているヨセフ(Joseph)が彼らに、残りの兄弟のベニヤミン(Benjamin)を連れて戻るならば、食糧を売ってやろう通告する、そして彼らの父ヤコブ(Jacob)はそれを禁止する。最初、他の兄弟たちはヤコブの抵抗に同意した。しかし、カナンの飢饉が増大する時に、彼らがベニヤミンを連れて行くことを父に説得しなければならないとの結論に達する。ついに、ユダが父ヤコブに言う: 私の世話でその少年を送らせて下さい。.... 私自身が彼の保証人となります。あなたは私に責任を持たせて下さい。もし私があなたの前に彼を連れて帰らないならば、私はあなたの前で永久に罪に耐えましょう。(創世記43:8-9) 後に、ユダは、単なる決まり文句を発したのではないことを証明する。ヨセフの宮廷からの杯が、ベニヤミンの所有物の中に隠されていることが見つけられる。するとヨセフは、ベニヤミンを奴隷として捕まえて、他の兄弟たちをは自由にさせると言う。ユダは、ヨセフに嘆願するために前に歩み出て言う: さあ、あなたの召し使いである私は、父にその少年の保証人となった、「もし私があなたの前に彼を連れて帰らないならば、私はあなたの前で永久に罪に耐えましょう」と言った。それゆえその少年の代わりに、私を主人あなたの奴隷にして下さい、そしてその少年を兄弟たちと一緒に帰してやって下さい。(創世記44:32-33) 17年前にヨセフを奴隷として売ろうと提案した、まさにその兄弟ユダの自発性、今度は、ベニヤミンの代わりとしてユダ自身が奴隷になるという自発性、それはヨセフにかって為されたその悪を十分に忘れさせるものである。ミドラッシュは暗示している、この私利を考えない振る舞いの報酬として、全てのユダヤ人はその後、ユダ(Judah)と名付けられているのだ。(ヘブライ語で、ユダヤ人を「yehudi」という、これは彼の名前「Yehudah」から来ている)  ユダヤ人は、他のユダヤ人の安全と幸福に責任がある、これに加えてこの格言はさらに、全てのユダヤ人は絶対的に、全ての他のユダヤ人の振る舞いに責任がある、という意味に(幾人かによって)理解されている。正統派ユダヤ人たちの中には、非正統派ユダヤ人に(宗教を)遵守するようになるよう影響させる義務がある、という彼らの個人的な感覚を強調するためにこの文を引用している。その一方で、政治的に活動的なユダヤ人たちは、政治的で社会的な彼らの同宗派の信徒たちの振る舞いを変えることを試みるために、この文によって動機付けられている。

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.6.5. 01:23
視聴回数:7103回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: アヴェ・ヴェルム・コルプス   (お話です)   ミシュナー・タルムード   「アヴォート(Avot)」篇   「共同の責任」   ◎from   The   Talmud   全てのユダヤ人は   互いに責任がある。   [   ---Babylonian   Talmud   Shevuot   39a   ]   この広く知られたタルムードの格言は   ユダヤ共同体社会の中での   広範囲な慈善の活動を説明する助けとなる。ユダヤ人は実際に   互いに責任があると感じるように命令されている。ヘブライ語で「責任」という言葉は   「ah-reivin」   文字の意味は「保証人」   すなわち彼自身が   後援者として   名付け親として   借金の保証人として   他の人の責任をもつ人。ユダ(Judah)は   聖書の中で   保証人のモデルである。エジプトで   彼の兄弟として知られているヨセフ(Joseph)が彼らに   残りの兄弟のベニヤミン(Benjamin)を連れて戻るならば   食糧を売ってやろう通告する   そして彼らの父ヤコブ(Jacob)はそれを禁止する。   最初   他の兄弟たちはヤコブの抵抗に同意した。しかし   カナンの飢饉が増大する時に   彼らがベニヤミンを連れて行くことを父に説得しなければならないとの結論に達する。ついに   ユダが父ヤコブに言う:   私の世話でその少年を送らせて下さい。....   私自身が彼の保証人となります。   あなたは私に責任を持たせて下さい。   もし私があなたの前に彼を連れて帰らないならば   私はあなたの前で永久に罪に耐えましょう。   (創世記43:8-9)   後に   ユダは   単なる決まり文句を発したのではないことを証明する。ヨセフの宮廷からの杯が   ベニヤミンの所有物の中に隠されていることが見つけられる。するとヨセフは   ベニヤミンを奴隷として捕まえて   他の兄弟たちをは自由にさせると言う。ユダは   ヨセフに嘆願するために前に歩み出て言う:   さあ   あなたの召し使いである私は   父にその少年の保証人となった   「もし私があなたの前に彼を連れて帰らないならば   私はあなたの前で永久に罪に耐えましょう」と言った。それゆえその少年の代わりに   私を主人あなたの奴隷にして下さい   そしてその少年を兄弟たちと一緒に帰してやって下さい。   (創世記44:32-33)   17年前にヨセフを奴隷として売ろうと提案した   まさにその兄弟ユダの自発性   今度は   ベニヤミンの代わりとしてユダ自身が奴隷になるという自発性   それはヨセフにかって為されたその悪を十分に忘れさせるものである。ミドラッシュは暗示している   この私利を考えない振る舞いの報酬として   全てのユダヤ人はその後   ユダ(Judah)と名付けられているのだ。(ヘブライ語で   ユダヤ人を「yehudi」という   これは彼の名前「Yehudah」から来ている)   ユダヤ人は   他のユダヤ人の安全と幸福に責任がある   これに加えてこの格言はさらに   全てのユダヤ人は絶対的に   全ての他のユダヤ人の振る舞いに責任がある   という意味に(幾人かによって)理解されている。正統派ユダヤ人たちの中には   非正統派ユダヤ人に(宗教を)遵守するようになるよう影響させる義務がある   という彼らの個人的な感覚を強調するためにこの文を引用している。その一方で   政治的に活動的なユダヤ人たちは   政治的で社会的な彼らの同宗派の信徒たちの振る舞いを変えることを試みるために   この文によって動機付けられている。   ◎from   The   Talmud   彼の町の人々を罪から....やめさせることが出来るのに   しない人は誰でも   ...彼の町の人々の罪対して責任がある。   もし彼が全世界を罪からやめさせることが出来るのに   しないならば   彼は全世界を罪に対して責任がある。   [   ---Babylonian   Talmud   Shabbat   54b   ]   このラビの観点から   個々の人々の行動はもしかしたら全世界の運命に影響を及ぼす:   我々のラビは教えた:   人はいつも   彼の良い行為と彼の悪の行為との間に等しいバランスがあるよう   彼自身を見るべきである。一つの戒律を実行する人は運がよい   なぜならば彼が彼の好意の方に秤を傾けたからである。もし彼が一つの悪い行為を実行したならば彼は悲しみである   なぜならば彼は罪の方向に秤を傾けたからである。....   Rabbi   Elazar   ben   Simeon   は言った:   世界はその大多数のベースによって審判される   そして各個人は彼の行動の優勢のベースで審判される   それゆえに   一つの戒律を実行する人は運がよい   なぜならば彼が彼自身の好意と世界の好意の方に秤を傾けたからである。もし彼が一つの悪い行為を実行したならば彼は悲しみである   なぜならば彼自身に反対して   世界に反対して秤を傾けたからである。   [   ---Babylonian   Talmud   Kiddushin   40a-40b;   with   minor   vartions   I   have   followed   the   trnanslation   of   Ben   Zion   Bokser   The   Talmud:   Selected   Writings   pahe   173   ]   この文の光りで   ユダヤ人たちが罪で苦しめられた人々になったというのは   少々疑わしい!   back   to   this   page   top   Do   not   separate   yourself   from   the   community   共同体から離れてはいけない   ◎from   The   Fathers   共同体社会からあなた自身を分離してはいけない。   [   ---   Ethics   of   the   fathers   2:4   ]   上のことは   暗黙のうちに   他のユダヤ人たちに直面している問題から   彼らは免除されるであろうと信じるユダヤ人を批判している。エステル女王が「全てのユダヤ人を破滅するハマンの布告を取り消すために   アハシュエロス王に仲裁することは出来ない」   とモルデカイに言うとき   モルデカイは彼女に警告する:全てのユダヤ人の中の一人であるあなたが   王の宮殿の中にいるということによってあなたの生命は助かる   と想像してはいけない。反対に   もしあなたがこの危機の中で黙り続けるならば   他の方向から解放と救済がユダヤ人にやって来て   あなたと父の家は滅びるであろう。そしておそらく   ちょうどそんな危機のためにあなたは王宮の地位に到達した   と誰が知るであろうか?   (エステル記4:12-14)   もちろんエステルは仲裁し   そしてユダヤ人の民を救う。   ◎from   The   Mishneh   Torah   しかし   共同体社会から分離することの禁止は絶対的ではない。マイモニデスは警告している:もし人がいなかに住んでいて   その習慣が破壊的であり   その住民が正直な作法で行動していないならば   彼は人々が正義である地へ離れてそして   そして良い人々のように行動すべきである。   [   ---   Mishneh   Torah   "Laws   of   Character   Development   and   Ethical   Conduct   "   6:1   ]   しかし   一般にラビたちは   危機にある彼らの信者仲間から距離をおく人々に対して大いなる軽蔑を保持していた:共同体社会が困難にある時に   人はこう言うべきではない   「私は家に帰ろう   そして食べて飲んで自分は平和になろう」   [   ---Babylonian   Talmud   Ta'anit   11a   ]   我々のラビは教えた:   ユダヤ人たちが困難に出会っていて   人が彼らから離れている時は   あらゆる人に同伴している2人の天使がその人にやって来て   手を彼の頭の上において   そして言う「共同体社会から自分を分離しているだれそれは   その救助に署名しない....共同体社会の苦悩を分かち合う人は   その救助に署名する利点があろう」   [   ---Babylonian   Talmud   Ta'anit   11a   ]   モーゼは   彼の共同体社会の苦痛を彼自身が引受たユダヤ人の原形である。   (出エジプト記2:11-19)   彼はエジプト王の宮殿に住んでいたので   ヘブライ人の奴隷たちの苦しみを簡単に無視することができたのであるが   しかし   彼は親類のところに出て行き   彼らの労働を目撃した。そして彼が   ヘブライ人の奴隷を叩いているエジプト人の監督を見たときに   彼を打ち倒した。このことは   ヘブライ人たちを奴隷から解放するよう導くために   モーゼを任命することを神に確信させた   聖書の中で述べられている3つの出来事のうちの一つである。   (過ぎ越しの祭りの儀式で)邪悪な息子は   共同体社会から彼自身を閉めだしている(と指摘される)。   [   ---   Mekhilta   commenting   on   Exodus   13:8   ]   過ぎ越しの祭りの「ハガダ(儀式の本)」では   邪悪な息子はこう言う(と書かれている)   「この礼拝はあなたにとって何の意味があるのですか?」これは彼にとって何の意味もないのだ   ということが明白である。   ◎from   The   Talmud   ある断食において   どんなユダヤ人の罪人も参加していない   というのは断食ではない。   [   ---Babylonian   Talmud   Kritot   6b   ]   ユダヤ人の共同体社会は   罪人たちを閉めだしてしまうほどエリートには決してなるべきではない。このように   13世紀の   Rabbi   Meir   of   Rothenburg   が「Kol   Nidre」   ヨム・キプールの開始での祈り   への序言として今でも暗唱されている一つの決まり文句を創作した:神の認可をもって   そして会衆の認可をもって天の法廷で   地上の法廷で我々は   (ひどく)罪を犯した人々と一緒に祈ることが合法であると宣言する。私は   「ひどく(grievously)」という言葉を追加した   その理由は   それなしではその文章は意味がないからである。なぜならば誰もが幾らかの罪を犯していると想定しているため。   共同社会の規則を無視したために破門されているユダヤ人を特別に含めるために   Rabbi   Meir   がこの決まり文句を創作したことを   我々は知っている。   (参照   Saul   Weiss   Insights   page   212)   ◎from   The   Leviticus   Rabbah   数人の人々が船の中で座っていた   その時   彼らの一人がドリルを持って   船の座席の下に穴を掘る始めた。他の人々は彼に抗議した   「あなたは何をしているのか?」彼は答えた   「あなた方に何かしているのですか?私は自分の座席の下に穴を掘っているのではありませんか?」彼らは言い返した   「しかし水が入ってきて   そして我々みんなが溺れてしまう」(それがユダヤ人の運命。人は罪を犯し   そしてみんなが苦しむ)   [   ---   Leviticus   Rabbah   4:6   ]   少数として   ユダヤ人はしばしば最も煩わしい   あるいは邪悪なメンバーと一緒に   総体として識別されている。反共産主義者でもあり反ユダヤ主義者たちは   いつでもこのように   カール・マルクスはユダヤ人だと述べた。しかし彼は6才でキリスト教に改宗し   そして彼自身が厳しい反ユダヤ主義者であった。   (これは   第65章「Antisemitism」pages   472-473参照)   ソヴィエト連邦は   マルキストの原理で設立された政府であり   反ユダヤ主義者であった。   ◎from   The   Talmud   (3世紀の祈祷文   Rabbi   Hisda   が危険な旅に出発する時に暗唱した)   私の神   主よ   平和に私を導いて   私を歩ませ   私を励まし   私を敵から救い   道に待ち伏兵をおくというあなたの意志がありますように。私の手の仕事に祝福を送り   あなたの目と   私を見つめる全ての人々の目   にある親切と愛と慈悲を私に与えて下さい。人々の祈祷に耳を傾けてくださる主   あなたが祝福されますように。   (しかし   Abbaye   がその言葉に異議を申し立て   そしてコメントした)人は祈祷する時には   いつでも共同体と自分自身を結合させるべきである。人はいかに祈祷すべきであるか?我々の神   主よ   平和に我々を導いて   ....あなたの意志がありますよう。   [   ---Babylonian   Talmud   Berakhot   29b-30a   ]   ユダヤ人の祈祷書の中には   ほとんどどの祈祷者も   その最初の男のような暗唱をしていない。彼らはほとんどいつも複数で行なっている。なぜならば   もし最初の男のように人々が祈るならば   彼らの祈祷文は他の人に対抗するか   あるいは二者選択的に他の人の興味に対抗するようになるかもしれない。このように   ある人が彼が申し込んだ仕事を受け取る時に   実際には   彼はまた他の人の仕事が拒否されるように祈っていることになる。人々が複数で神に呼びかけるときにのみ   普遍的で有益であることに対して祈っているのである。最後に   共同体の経費で儲けている利己主義者は   彼らの貪欲のために最後に苦しむであろうと   ラビたちは教えている:我々のラビは教えた:男は   自分の土地から石ころを取り除いて   それらを公衆の土地に投げ捨てるべきではない。ある男が自分の庭からの石ころを公衆の土地に投げ捨ていた   その時に信心深い男が彼に言った   「おろかなことを   なぜあなたは自分の土地でないところから石を取り除き   あなたの土地の上にそれを投げているのですか?」その男は彼を笑った。   時がたち   その男は彼の畑を売らなければならなくなった   彼が公衆の道を歩いていた時に   彼はこれらの石ころにつまずいた。彼はその時に言った   「あの信心深い男がいかによく話したか   なぜあなたは自分の土地でないところから石を取り除き   あなたの土地の上にそれを投げているのですか?」   [   ---Babylonian   Talmud   Bava   Kamma   50b   ]  

サムネイル

アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です)ミシュナ・タルムード「アボット(Avot)」篇「共同の責任」

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です) ミシュナ・タルムード 「アヴォート(Avot)」篇 「共同の責任」 ◎from The Talmud 全てのユダヤ人は、互いに責任がある。 [ ---Babylonian Talmud, Shevuot 39a ] この広く知られたタルムードの格言は、ユダヤ共同体社会の中での、広範囲な慈善の活動を説明する助けとなる。ユダヤ人は実際に、互いに責任があると感じるように命令されている。ヘブライ語で「責任」という言葉は、「ah-reivin」、文字の意味は「保証人」、すなわち彼自身が、後援者として、名付け親として、借金の保証人として、他の人の責任をもつ人。ユダ(Judah)は、聖書の中で、保証人のモデルである。エジプトで、彼の兄弟として知られているヨセフ(Joseph)が彼らに、 残りの兄弟のベニヤミン(Benjamin)を連れて戻るならば、食糧を売ってやろう通告する、そして彼らの父ヤコブ(Jacob)はそれを禁止する。 最初、他の兄弟たちはヤコブの抵抗に同意した。しかし、カナンの飢饉が増大する時に、彼らがベニヤミンを連れて行くことを父に説得しなければならないとの結論に達する。ついに、ユダが父ヤコブに言う: 私の世話でその少年を送らせて下さい。.... 私自身が彼の保証人となります。 あなたは私に責任を持たせて下さい。 もし私があなたの前に彼を連れて帰らないならば、 私はあなたの前で永久に罪に耐えましょう。 (創世記43:8-9) 後に、ユダは、単なる決まり文句を発したのではないことを証明する。ヨセフの宮廷からの杯が、ベニヤミンの所有物の中に隠されていることが見つけられる。するとヨセフは、ベニヤミンを奴隷として捕まえて、他の兄弟たちをは自由にさせると言う。ユダは、ヨセフに嘆願するために前に歩み出て言う: さあ、あなたの召し使いである私は、父にその少年の保証人となった、「もし私があなたの前に彼を連れて帰らないならば、私はあなたの前で永久に罪に耐えましょう」と言った。それゆえその少年の代わりに、私を主人あなたの奴隷にして下さい、そしてその少年を兄弟たちと一緒に帰してやって下さい。 (創世記44:32-33) 17年前にヨセフを奴隷として売ろうと提案した、まさにその兄弟ユダの自発性、今度は、ベニヤミンの代わりとしてユダ自身が奴隷になるという自発性、それはヨセフにかって為されたその悪を十分に忘れさせるものである。ミドラッシュは暗示している、この私利を考えない振る舞いの報酬として、全てのユダヤ人はその後、ユダ(Judah)と名付けられているのだ。(ヘブライ語で、ユダヤ人を「yehudi」という、これは彼の名前「Yehudah」から来ている)   ユダヤ人は、他のユダヤ人の安全と幸福に責任がある、これに加えてこの格言はさらに、全てのユダヤ人は絶対的に、全ての他のユダヤ人の振る舞いに責任がある、という意味に(幾人かによって)理解されている。正統派ユダヤ人たちの中には、非正統派ユダヤ人に(宗教を)遵守するようになるよう影響させる義務がある、という彼らの個人的な感覚を強調するためにこの文を引用している。その一方で、政治的に活動的なユダヤ人たちは、政治的で社会的な彼らの同宗派の信徒たちの振る舞いを変えることを試みるために、この文によって動機付けられている。

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.6.4. 15:12
視聴回数:5705回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: アヴェ・ヴェルム・コルプス   (お話です)   ミシュナ・タルムード   「アヴォート(Avot)」篇   「共同の責任」   ◎from   The   Talmud   全てのユダヤ人は   互いに責任がある。   [   ---Babylonian   Talmud   Shevuot   39a   ]   この広く知られたタルムードの格言は   ユダヤ共同体社会の中での   広範囲な慈善の活動を説明する助けとなる。ユダヤ人は実際に   互いに責任があると感じるように命令されている。ヘブライ語で「責任」という言葉は   「ah-reivin」   文字の意味は「保証人」   すなわち彼自身が   後援者として   名付け親として   借金の保証人として   他の人の責任をもつ人。ユダ(Judah)は   聖書の中で   保証人のモデルである。エジプトで   彼の兄弟として知られているヨセフ(Joseph)が彼らに   残りの兄弟のベニヤミン(Benjamin)を連れて戻るならば   食糧を売ってやろう通告する   そして彼らの父ヤコブ(Jacob)はそれを禁止する。   最初   他の兄弟たちはヤコブの抵抗に同意した。しかし   カナンの飢饉が増大する時に   彼らがベニヤミンを連れて行くことを父に説得しなければならないとの結論に達する。ついに   ユダが父ヤコブに言う:   私の世話でその少年を送らせて下さい。....   私自身が彼の保証人となります。   あなたは私に責任を持たせて下さい。   もし私があなたの前に彼を連れて帰らないならば   私はあなたの前で永久に罪に耐えましょう。   (創世記43:8-9)   後に   ユダは   単なる決まり文句を発したのではないことを証明する。ヨセフの宮廷からの杯が   ベニヤミンの所有物の中に隠されていることが見つけられる。するとヨセフは   ベニヤミンを奴隷として捕まえて   他の兄弟たちをは自由にさせると言う。ユダは   ヨセフに嘆願するために前に歩み出て言う:   さあ   あなたの召し使いである私は   父にその少年の保証人となった   「もし私があなたの前に彼を連れて帰らないならば   私はあなたの前で永久に罪に耐えましょう」と言った。それゆえその少年の代わりに   私を主人あなたの奴隷にして下さい   そしてその少年を兄弟たちと一緒に帰してやって下さい。   (創世記44:32-33)   17年前にヨセフを奴隷として売ろうと提案した   まさにその兄弟ユダの自発性   今度は   ベニヤミンの代わりとしてユダ自身が奴隷になるという自発性   それはヨセフにかって為されたその悪を十分に忘れさせるものである。ミドラッシュは暗示している   この私利を考えない振る舞いの報酬として   全てのユダヤ人はその後   ユダ(Judah)と名付けられているのだ。(ヘブライ語で   ユダヤ人を「yehudi」という   これは彼の名前「Yehudah」から来ている)   ユダヤ人は   他のユダヤ人の安全と幸福に責任がある   これに加えてこの格言はさらに   全てのユダヤ人は絶対的に   全ての他のユダヤ人の振る舞いに責任がある   という意味に(幾人かによって)理解されている。正統派ユダヤ人たちの中には   非正統派ユダヤ人に(宗教を)遵守するようになるよう影響させる義務がある   という彼らの個人的な感覚を強調するためにこの文を引用している。その一方で   政治的に活動的なユダヤ人たちは   政治的で社会的な彼らの同宗派の信徒たちの振る舞いを変えることを試みるために   この文によって動機付けられている。   ◎from   The   Talmud   彼の町の人々を罪から....やめさせることが出来るのに   しない人は誰でも   ...彼の町の人々の罪対して責任がある。   もし彼が全世界を罪からやめさせることが出来るのに   しないならば   彼は全世界を罪に対して責任がある。   [   ---Babylonian   Talmud   Shabbat   54b   ]   このラビの観点から   個々の人々の行動はもしかしたら全世界の運命に影響を及ぼす:   我々のラビは教えた:   人はいつも   彼の良い行為と彼の悪の行為との間に等しいバランスがあるよう   彼自身を見るべきである。一つの戒律を実行する人は運がよい   なぜならば彼が彼の好意の方に秤を傾けたからである。もし彼が一つの悪い行為を実行したならば彼は悲しみである   なぜならば彼は罪の方向に秤を傾けたからである。....   Rabbi   Elazar   ben   Simeon   は言った:   世界はその大多数のベースによって審判される   そして各個人は彼の行動の優勢のベースで審判される   それゆえに   一つの戒律を実行する人は運がよい   なぜならば彼が彼自身の好意と世界の好意の方に秤を傾けたからである。もし彼が一つの悪い行為を実行したならば彼は悲しみである   なぜならば彼自身に反対して   世界に反対して秤を傾けたからである。   [   ---Babylonian   Talmud   Kiddushin   40a-40b;   with   minor   vartions   I   have   followed   the   trnanslation   of   Ben   Zion   Bokser   The   Talmud:   Selected   Writings   pahe   173   ]   この文の光りで   ユダヤ人たちが罪で苦しめられた人々になったというのは   少々疑わしい!   back   to   this   page   top   Do   not   separate   yourself   from   the   community   共同体から離れてはいけない   ◎from   The   Fathers   共同体社会からあなた自身を分離してはいけない。   [   ---   Ethics   of   the   fathers   2:4   ]   上のことは   暗黙のうちに   他のユダヤ人たちに直面している問題から   彼らは免除されるであろうと信じるユダヤ人を批判している。エステル女王が「全てのユダヤ人を破滅するハマンの布告を取り消すために   アハシュエロス王に仲裁することは出来ない」   とモルデカイに言うとき   モルデカイは彼女に警告する:全てのユダヤ人の中の一人であるあなたが   王の宮殿の中にいるということによってあなたの生命は助かる   と想像してはいけない。反対に   もしあなたがこの危機の中で黙り続けるならば   他の方向から解放と救済がユダヤ人にやって来て   あなたと父の家は滅びるであろう。そしておそらく   ちょうどそんな危機のためにあなたは王宮の地位に到達した   と誰が知るであろうか?   (エステル記4:12-14)   もちろんエステルは仲裁し   そしてユダヤ人の民を救う。   ◎from   The   Mishneh   Torah   しかし   共同体社会から分離することの禁止は絶対的ではない。マイモニデスは警告している:もし人がいなかに住んでいて   その習慣が破壊的であり   その住民が正直な作法で行動していないならば   彼は人々が正義である地へ離れてそして   そして良い人々のように行動すべきである。   [   ---   Mishneh   Torah   "Laws   of   Character   Development   and   Ethical   Conduct   "   6:1   ]   しかし   一般にラビたちは   危機にある彼らの信者仲間から距離をおく人々に対して大いなる軽蔑を保持していた:共同体社会が困難にある時に   人はこう言うべきではない   「私は家に帰ろう   そして食べて飲んで自分は平和になろう」   [   ---Babylonian   Talmud   Ta'anit   11a   ]   我々のラビは教えた:   ユダヤ人たちが困難に出会っていて   人が彼らから離れている時は   あらゆる人に同伴している2人の天使がその人にやって来て   手を彼の頭の上において   そして言う「共同体社会から自分を分離しているだれそれは   その救助に署名しない....共同体社会の苦悩を分かち合う人は   その救助に署名する利点があろう」   [   ---Babylonian   Talmud   Ta'anit   11a   ]   モーゼは   彼の共同体社会の苦痛を彼自身が引受たユダヤ人の原形である。   (出エジプト記2:11-19)   彼はエジプト王の宮殿に住んでいたので   ヘブライ人の奴隷たちの苦しみを簡単に無視することができたのであるが   しかし   彼は親類のところに出て行き   彼らの労働を目撃した。そして彼が   ヘブライ人の奴隷を叩いているエジプト人の監督を見たときに   彼を打ち倒した。このことは   ヘブライ人たちを奴隷から解放するよう導くために   モーゼを任命することを神に確信させた   聖書の中で述べられている3つの出来事のうちの一つである。   (過ぎ越しの祭りの儀式で)邪悪な息子は   共同体社会から彼自身を閉めだしている(と指摘される)。   [   ---   Mekhilta   commenting   on   Exodus   13:8   ]   過ぎ越しの祭りの「ハガダ(儀式の本)」では   邪悪な息子はこう言う(と書かれている)   「この礼拝はあなたにとって何の意味があるのですか?」これは彼にとって何の意味もないのだ   ということが明白である。   ◎from   The   Talmud   ある断食において   どんなユダヤ人の罪人も参加していない   というのは断食ではない。   [   ---Babylonian   Talmud   Kritot   6b   ]   ユダヤ人の共同体社会は   罪人たちを閉めだしてしまうほどエリートには決してなるべきではない。このように   13世紀の   Rabbi   Meir   of   Rothenburg   が「Kol   Nidre」   ヨム・キプールの開始での祈り   への序言として今でも暗唱されている一つの決まり文句を創作した:神の認可をもって   そして会衆の認可をもって天の法廷で   地上の法廷で我々は   (ひどく)罪を犯した人々と一緒に祈ることが合法であると宣言する。私は   「ひどく(grievously)」という言葉を追加した   その理由は   それなしではその文章は意味がないからである。なぜならば誰もが幾らかの罪を犯していると想定しているため。   共同社会の規則を無視したために破門されているユダヤ人を特別に含めるために   Rabbi   Meir   がこの決まり文句を創作したことを   我々は知っている。   (参照   Saul   Weiss   Insights   page   212)   ◎from   The   Leviticus   Rabbah   数人の人々が船の中で座っていた   その時   彼らの一人がドリルを持って   船の座席の下に穴を掘る始めた。他の人々は彼に抗議した   「あなたは何をしているのか?」彼は答えた   「あなた方に何かしているのですか?私は自分の座席の下に穴を掘っているのではありませんか?」彼らは言い返した   「しかし水が入ってきて   そして我々みんなが溺れてしまう」(それがユダヤ人の運命。人は罪を犯し   そしてみんなが苦しむ)   [   ---   Leviticus   Rabbah   4:6   ]   少数として   ユダヤ人はしばしば最も煩わしい   あるいは邪悪なメンバーと一緒に   総体として識別されている。反共産主義者でもあり反ユダヤ主義者たちは   いつでもこのように   カール・マルクスはユダヤ人だと述べた。しかし彼は6才でキリスト教に改宗し   そして彼自身が厳しい反ユダヤ主義者であった。   (これは   第65章「Antisemitism」pages   472-473参照)   ソヴィエト連邦は   マルキストの原理で設立された政府であり   反ユダヤ主義者であった。   ◎from   The   Talmud   (3世紀の祈祷文   Rabbi   Hisda   が危険な旅に出発する時に暗唱した)   私の神   主よ   平和に私を導いて   私を歩ませ   私を励まし   私を敵から救い   道に待ち伏兵をおくというあなたの意志がありますように。私の手の仕事に祝福を送り   あなたの目と   私を見つめる全ての人々の目   にある親切と愛と慈悲を私に与えて下さい。人々の祈祷に耳を傾けてくださる主   あなたが祝福されますように。   (しかし   Abbaye   がその言葉に異議を申し立て   そしてコメントした)人は祈祷する時には   いつでも共同体と自分自身を結合させるべきである。人はいかに祈祷すべきであるか?我々の神   主よ   平和に我々を導いて   ....あなたの意志がありますよう。   [   ---Babylonian   Talmud   Berakhot   29b-30a   ]   ユダヤ人の祈祷書の中には   ほとんどどの祈祷者も   その最初の男のような暗唱をしていない。彼らはほとんどいつも複数で行なっている。なぜならば   もし最初の男のように人々が祈るならば   彼らの祈祷文は他の人に対抗するか   あるいは二者選択的に他の人の興味に対抗するようになるかもしれない。このように   ある人が彼が申し込んだ仕事を受け取る時に   実際には   彼はまた他の人の仕事が拒否されるように祈っていることになる。人々が複数で神に呼びかけるときにのみ   普遍的で有益であることに対して祈っているのである。最後に   共同体の経費で儲けている利己主義者は   彼らの貪欲のために最後に苦しむであろうと   ラビたちは教えている:我々のラビは教えた:男は   自分の土地から石ころを取り除いて   それらを公衆の土地に投げ捨てるべきではない。ある男が自分の庭からの石ころを公衆の土地に投げ捨ていた   その時に信心深い男が彼に言った   「おろかなことを   なぜあなたは自分の土地でないところから石を取り除き   あなたの土地の上にそれを投げているのですか?」その男は彼を笑った。   時がたち   その男は彼の畑を売らなければならなくなった   彼が公衆の道を歩いていた時に   彼はこれらの石ころにつまずいた。彼はその時に言った   「あの信心深い男がいかによく話したか   なぜあなたは自分の土地でないところから石を取り除き   あなたの土地の上にそれを投げているのですか?」   [   ---Babylonian   Talmud   Bava   Kamma   50b   ]  

サムネイル

Vivaldi Gloria inDMajorRV589(お話です)ミシュナ・タルムード「アヴォト(Avot)」篇「所有の価値」

Vivaldi Gloria in D Major RV 589 (お話です) ミシュナー・タルムード「アヴォート(Avot)」篇 ◎「所有の価値」について 人間には四つのタイプがある。私のものは私のもの、あなたのものはあなたのもの、と言う人は平均的なタイプである。ある人はこれをソドムのタイプと呼ぶ。 私のものはあなたのもの、あなたのものは私のもの、と言う人は知識のない人である。 私のものはあなたのもの、あなたのものはあなたのもの、と言う人は聖人のタイプである。 私のものは私のもの、あなたのものは私のもの、と言う人は邪悪な人である。 [ Avot 5:13 ] ◎The Sodom type --- the average 人々は自分たちが稼いだ物に権利がある、そしていったん我々が一つの物を稼いだならば、それは我々だけに属する我々のほとんどはこう信じている。しかしラビたちは、これが邪悪な考え方、行動の仕方になり得ると感じた。彼らはそれをソドムの人々の信念として識別した。ソドムは彼らの邪悪さゆえに神によって滅ぼされた地である。しかしなぜラビたちは、我々のほとんどがソドムの人々のようであると言うことが正当であると感じたのであろうか?我々の態度を所有に向ける時に、我々はほんとうに邪悪であるのか? この答えは、互いに対して、そして時々互いの財産に対して、我々の相互の必要の中に横たわっている。ラビたちは、その正しい意味のケースを示すために、我々が所有するところのあらゆるものは神から一種の借り物として見るように我々に思い起こさせた:Rabbi Eleazar of Bertoda は言った、神のものは全て神に与えよ。あなたとそしてあなたが持つ全てのものは神のものであることを知るように。 [ Avot 3:8 ] ◎Findind the middle ground 共同社会の中での中道を見つけることは、自分自身の中でバランスを探すことと、そんなに違ってはいない。その最初の一歩は、まず極端を見つけることである。それはちょうど、四角形の4つのコーナを位置付けて、それから中心を位置付けるように。 ◎「The value of goverment:政府の価値」 ラビ・ハニナ (Rabbi Hanina) は言った:政府の繁栄を祈りなさい、なぜならばそれに対する怖れがなければ、人は生きたままで互いを食べるであろうからである。 [ Avot 3:2 ] ◎The importance of goverment  人々が住んでいるところの法律のシステムは、そこの人々のグループの価値に影響する。たとえそれが停止信号や鉄道信号のような小さなことであっても、 それは基本的な価値に影響する --- 社会のメンバーの安全を保護する価値に。停止信号や鉄道信号を建設することによって、我々自身の安全、我々の愛する人の安全、そして他人の安全、に対して我々の感心を行動の中に置く。 価値を行動の中に置くことは政府の重要な一つの機能である、確かに政府を 願ましくする機能である。 我々が個々に知っている言葉で、我々が政府を理解する最善の方法は、 「Yetzer HaRa(邪悪の衝動)」と「Yetzer Tov(善の衝動)」との全体の質問 を再び考えることである。トーラが我々に教えていることの一つは、「あなたの心の中で、あなたの隣人を憎んではならない」(レビ記 19:17)しかし、実際に他の人々を傷つけることから人々を防いでいるのは、まったく別のことである「十戒」は数千年間存在してきている、そしていまだに日常の情勢は、殺人や強盗、法廷で偽証を誓った人、他人をだましている人の記事でいっぱいである。明らかな事実は、我々の幾人かは我々の「Yetzer HaRa」を制御しそれを役に立つ目的に向ける働きをしている一方、他の者はそうではない。彼らは、彼らの中にある「Yetzer HaRa」を乱暴に走らせることを許している。酔っ払った運転手のように、その時、彼らは道路で他のあらゆる人にとって危険になってございます。 そんな人々から我々を保護するために、政府が作られている。我々が個々のレベルで、我々の「Yetzer HaRa」を統治することを学ばなければならないのと同様に、「Yetzer HaRa」が乱暴になっているレベルのグループを制御することが政府の一つの重要な目的でございます。

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.6.2. 05:34
視聴回数:7928回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: Vivaldi   Gloria   in   D   Major   RV   589   (お話です)ミシュナー・シュナ・タルムード「アボット(Avot)」篇   ◎「The   value   of   goverment:政府の価値」   ラビ・ハニナ   (Rabbi   Hanina)   は言った:政府の繁栄を祈りなさい   なぜならばそれに対する怖れがなければ   人は生きたままで互いを食べるであろうからである。   [   Avot   3:2   ]   ◎The   importance   of   goverment   人々が住んでいるところの法律のシステムは   そこの人々のグループの価値に影響する。たとえそれが停止信号や鉄道信号のような小さなことであっても   それは基本的な価値に影響する   ---   社会のメンバーの安全を保護する価値に。停止信号や鉄道信号を建設することによって   我々自身の安全   我々の愛する人の安全   そして他人の安全   に対して我々の感心を行動の中に置く。   価値を行動の中に置くことは政府の重要な一つの機能である   確かに政府を   願ましくする機能である。   我々が個々に知っている言葉で   我々が政府を理解する最善の方法は   「Yetzer   HaRa(邪悪の衝動)」と「Yetzer   Tov(善の衝動)」との全体の質問   を再び考えることである。トーラが我々に教えていることの一つは   「あなたの心の中で   あなたの隣人を憎んではならない」(レビ記   19:17)しかし   実際に他の人々を傷つけることから人々を防いでいるのは   まったく別のことである「十戒」は数千年間存在してきている   そしていまだに日常の情勢は   殺人や強盗   法廷で偽証を誓った人   他人をだましている人の記事でいっぱいである。明らかな事実は   我々の幾人かは我々の「Yetzer   HaRa」を制御しそれを役に立つ目的に向ける働きをしている一方   他の者はそうではない。彼らは   彼らの中にある「Yetzer   HaRa」を乱暴に走らせることを許している。酔っ払った運転手のように   その時   彼らは道路で他のあらゆる人にとって危険になってございます。   そんな人々から我々を保護するために   政府が作られている。我々が個々のレベルで   我々の「Yetzer   HaRa」を統治することを学ばなければならないのと同様に   「Yetzer   HaRa」が乱暴になっているレベルのグループを制御することが政府の一つの重要な目的でございます。   ◎Law   enforcement   and   courts   政府が我々を効果的に保護するために   我々の各々は自分自身の自由な意志の幾らかを諦めなければならない。   どれだけ大きな力が政府に与えられるべきかについて継続的な大きな議論や論争がある。しかし   もし政府が我々を効果的に保護するならば   誰もが「幾らか」の力を諦めなければならない   ということを我々は何の議論もなしで知ることができる。   この一つの良い例は   各個人としての報復の権利を放棄することである。   報復はそのグループに破壊的である。AがBから盗みをしたとする   そしてそれからBが返礼にAから盗みをする   これでイーブンと言って。もしこれで終わるならばそれで結構なことであるが   けれども報復はめったに最初の不公平以上により公平にはならない。Bが報復する時   Aが彼から取ったよりも彼はAからより多く取るかもしれない。その時   Aは彼自身が報復の必要を感じる。すぐに   物は手から離れて   そしてAとBは互いに殺すという点にまでくる   ----   また   彼らの友人や親族がその行動に参加するかもしれない。   この種の事態を避けるために   警察や他の代理権の形で実行する法律を規定する力を我々は政府に許す。告訴が設定され聞かれる法廷と同様に。法律を実施する事務所や法廷はどちらも   我々すべてのために   個人よりもむしろグループによって最善に維持される力を代表している。   ◎An   eye   for   an   eye   タルムードは   部分的には   行なわれてきた法廷の記録として見られる。ラビたちは政府の境界線を築くために   事例に事例を積み上げている。我々の例として   タルムードで扱われた古典的な報復の事例は   聖書のきまり文句である「目には目   歯には歯」   のまわりに集中してる。タルムードのラビたちが   「Yetzer   HaRa」のグループを制するために探していた政府とはどんなものかを見るために   次の議論を考えよう。   「目には目」   これは金での支払を意味する。あなたはそれが金での支払だと言うが   おそらくそれは実際に本当の目が没収されなければならない   という意味だ!しかし   その人の目が一方は大きく他方が小さいとしたとする   そんな場合に「目には目」の法律を私はいかに適応することができるのか?...   あるいは   盲の人が他人の目をたたき出した場合は   またあるいは片足びっこの人が他人を片足びっこの人にした場合は   「目には目」の法律を私はいかに十分に満たすことができるのか?トーラはこう要求している   「あなたは同じ法律を適用せよ(レビ記24:22)」   この意味は   あなたたちの全てに対して   法律が同じであるべきだということ。   [   Baba   Kamma   83b   ]   法律はいつも全ての人が同じであるとして扱われなければならない   なぜならば我々の基本的な価値は   全てが神によって平等に創造されていることである。もしそれがこの場合ならば   ラビたちが議論した「目には目」の意味はただこうである:もし人が他人の目をたたき出したならば   その有罪人は彼が破壊した目を補償する金額を支払わなければならない。   このように   社会の全てのメンバーの利益に法律を翻訳するために   政府が割り込む。目や足を失った人にとって   もし彼を傷つけた人が目や足を仕返しに失ったとしても   それは現実に良いことではない。金銭上の支払は   それが元の目や足を取り戻すことはできないが   少なくとも人が傷ついた時に生じた痛みや損失を埋め合わせるために   それはいくらかの方法に役立つ。   ◎「所有の価値」について   人間には四つのタイプがある。私のものは私のもの   あなたのものはあなたのもの   と言う人は平均的なタイプである。ある人はこれをソドムのタイプと呼ぶ。   私のものはあなたのもの   あなたのものは私のもの   と言う人は知識のない人である。   私のものはあなたのもの   あなたのものはあなたのもの   と言う人は聖人のタイプである。   私のものは私のもの   あなたのものは私のもの   と言う人は邪悪な人である。   [   Avot   5:13   ]   ◎The   Sodom   type   ---   the   average   人々は自分たちが稼いだ物に権利がある   そしていったん我々が一つの物を稼いだならば   それは我々だけに属する我々のほとんどはこう信じている。しかしラビたちは   これが邪悪な考え方   行動の仕方になり得ると感じた。彼らはそれをソドムの人々の信念として識別した。ソドムは彼らの邪悪さゆえに神によって滅ぼされた地である。しかしなぜラビたちは   我々のほとんどがソドムの人々のようであると言うことが正当であると感じたのであろうか?我々の態度を所有に向ける時に   我々はほんとうに邪悪であるのか?   この答えは   互いに対して   そして時々互いの財産に対して   我々の相互の必要の中に横たわっている。ラビたちは   その正しい意味のケースを示すために   我々が所有するところのあらゆるものは神から一種の借り物として見るように我々に思い起こさせた:Rabbi   Eleazar   of   Bertoda   は言った   神のものは全て神に与えよ。あなたとそしてあなたが持つ全てのものは神のものであることを知るように。   [   Avot   3:8   ]   ◎The   cave   and   the   world   世界の財産は   神の奉仕に使われるために意味されている   誰の手にそれが通過していようが   誰がそれを所有しているつもりであろうが。   シメオン・ベン・ヨハイ(Simeon   ben   Yohai)は   彼が非難したローマ人から身を隠すために   洞穴の中に逃げざるを得なかった。この身を隠す場所で中で   彼は息子と一緒であった。この二人はそこで共に十二年間暮して   トーラを勉強した。十二年の後   ローマの皇帝が死んで   ユダヤ人に反抗する決定が公式に解除されたことを知った。彼と彼の息子は   洞穴から出てきて太陽の光りを十分に浴び   ユダヤ人の共同体の生活の中に戻る準備ができた。しかしシメオンは   エレサレムの町に近づいた時に   ユダヤ人の農民たちが彼らの畑を世話しているのを見た。ただちに彼には怒りがわいてきて   彼らに叫んだ   「あなた方はいかに挑戦しているのか   こんな浪費した方法で自分を!ローマの決定は解除された。我々は再びトーラーを勉強することが出来るというのに!畑を離れて勉強しなさい」しかし農民たちは彼を見て笑った   「今は収穫の時です。その後で我々は勉強しますよ」その時シメオンは叫んだ   「これらの畑が燃えてしまうように   なぜならば   この人々は永遠の真実を無視して   単に今必要なものに向きを変えたから」そしてシメオンと彼の息子は彼らの目を向けたあらゆる場所   その畑は突然に炎で焼き尽くされた。ついに   このような声がやって来た   「おまえは私の世界を滅ぼすために洞穴に滞在したのか?トーラを勉強するよりも   トーラによって生活することの方が重要ではないのか?   洞穴に戻って   そしておまえの道を勉強せよ」   [   Shabbat   33b   ]   ◎Living   in   the   world   ユダヤ人の教えの目的は   現実の世界   畑を耕すとか   収穫するとかから我々を切り離すことではなく   現実の世界の中で生活するためにいかに最善となるかを我々が学ぶ助けとなることである。シメオンは洞穴に隠れて長く住んでいる間に起こったことは   もし我々がそれに対して防御していないならば   我々の誰かにも起こり得ることである。   シメオンはそれが生きるための唯一の正しい方法であると確信していた方法で   彼はそんなに長く生活をした。彼はトーラの勉強にとても終始したので   「あなたが生きるような生活を選択しなさい」   という基本の規則を忘れてしまった。その代わりに   彼は勉強だけを信じるようになってしまった。   勉強はユダヤ人の生活をするために必須で重要である   と我々の全てはおそらく同意するであろう。しかし   我々はまたおそらく   共同体の人々を祝福した人   Ben   Zoma   に同意するであろう。(彼らは彼にパンと   彼の着る衣を準備して助けてくれた)我々はまた   Rabbi   Yohanan   に対して   「私はあなたと同様に重要である」と言った労働者に同意するであろう。   より重要であるところの質問   「勉強かそれとも行動か」に関して   ユダヤ人として我々はどちらか一方を犠牲にして他方を選択することを拒否する。   ◎Seeking   a   balance   Solomon   Ganzfried(1804-1886)   彼はハンガリーのラビでKitzur   Shulhan   Aruch   と呼ばれるユダヤ人の法律のマニュアルを編集した   彼はこのように書いている:   従うべき良い正しい道は   人が習慣になるべき真中の道である。人はその体に必要な物をただ願望すべきである   そしてそれらを無しで生活することが重要である:   人はビジネスであんまり多くを占有されるべきではなく   生活にただちに必要として要求されるものを得ることにのみに十分であればよい。人はあんまりにも財布のひもを固くすべきではなく   また自由に彼の金を消費すべきでもない   しかし彼の稼ぎに従って慈善をすべきであり   そして貧しい人によろこんで金を貸すべきである。人はあんまりも多くお祭り騒ぎで陽気になるべきではなく   また悲しんで回想にふけるべきでもない   しかし毎日を満足と友情で楽しくすべきである。全ての他の道徳的な価値に関連して   その中道を選ぶ人は賢者と呼ばれる。   我々が行う物事のバランスを探すこと   ---   中道を見つけるように試みること   ---それはスキルでありほとんで芸術である。そんなに多くのユダヤ人の価値のように   それは開いた心を維持し   真実を探すことを我々に要求する。   シメオンと彼の息子が中道への彼らの心を閉じた時に   彼らのまわりのあらゆるものが実際に炎で覆われたのを見た:近代的なことばで言えば   彼らは「激怒(see   red)」した。中道によってよろこんで生活しようとしない人は   実際にその共同体から彼自身が引き離される。   ◎The   pepole   of   the   community   もっと前の章で   我々の各々の内部で複雑な強い努力の話をした---「Yetzer   Tov」と「Yetzer   HaRa」とが   我々の性格を制御するために戦いそして作用している。共同体の中   共同体の人々自身の中にも作用する同様な力がある。個人と同様に   共同体は   その中での力がバランスされた時が最善である。共同体の人々がバランスの中で生活する時   共同体は生活するのに良い場所になる。それでラビたちは教えた:共同体の人々は自然さを一緒に感じるべきであり   そして彼らは互いに分配し合うべきである。しかし彼らはまた互いに正直によろこんで議論すべきである   そして互いは彼ら自身の個人的な所有の権利を持つべきである。ラビたちは言った   美しい家や美しい家具は良いことである   なぜならばそれらは「心の楽しい炎の中に」我々に置く助けになるからである。   ---[   Berachot   57b   ]   そしてまた   心の楽しい炎はその共同体をもっと楽しくするのを助ける。しかしもしその所有者がそれで楽しくないならば   美しい家や美しい家具はなんの役に立たない。それでラビたちは教えた:裕福な人の真の定義とは   「彼の富を通して喜びを見つける人」である。   ---[   Shabbat   25b   ]   ◎Findind   the   middle   ground>   共同社会の中での中道を見つけることは   自分自身の中でバランスを探すことと   そんなに違ってはいない。その最初の一歩は   まず極端を見つけることである。それはちょうど   四角形の4つのコーナを位置付けて   それから中心を位置付けるように。  

サムネイル

合唱組曲島よ(朗読) (お話です)ミシュナ・タルムード「アヴォート(Avot)」篇の共同社会について

合唱組曲島よ(朗読) (お話です) ミシュナー・タルムード 「ピルケ・アヴォート (Pirke Avot)」篇 ◎The struggle within us (我々の内での苦闘)」 The forces within us 選択をする時に、われわれの中で2つの力が働いていると、ラビは信じている。一つは善をしようとする我々の欲求、他方は悪をしようとする我々の欲求である。善をしようとする衝動あるいは傾向を「Yetzer Tov」とラビは名づけた。Yetzerはヘブライ語で衝動(impulse)を意味し、Tovは善(good)を意味する。他方、悪をしようとする衝動あるいは傾向を「Yetzer HaRa」名づけた。Raはヘブライ語で(evil)を意味する。(「Yetzer Tov=善の衝動」、「Yetzer HaRa=悪の衝動」) われわれの各々の人は、これら2つの衝動をいかに操作するかに関わる。「Yetzer Tov」は正義の人をコントロールし、他方「Yetzer HaRa」は邪悪をコントロールする。しかしタルムードでは、両方の衝動が平均的な人をコントロールすると言う。(Berachot 61a) 我々のほとんどはこの3番目のカテゴリーにあり、全体に正義でもなければ、また全体に邪悪であるわけでもない。   ◎Needing impulses for both right and wrong しかし、何が正しいことで、何が悪いことか、われわれはいかにして判断するのであろうか。どうやって一方の衝動から他方を識別するのか。選択はいつも明瞭であるというものではない。いつでも邪悪な一つの選択があり、いつでも正義の一つの選択がある、ということをラビが暗示している時、単純に示しすぎてはいないのか。ラビの理解というのは実際にはもっとずっと複雑であったのだ。彼らは「Yetzer HaRa」が邪悪だとは信じていなかった。それはちょうど邪悪に向かった傾斜であるのだ。彼らは、「Yetzer HaRa」が多くの局面で有用になりえる、ということまでも理解している。このことを示すために、彼らはこんなたとえ話を言っている。 昔、われらの賢者たちは「Yetzer HaRa」を捕まえて、それを金の鎖で縛り上げた。最初彼らは自分たちでたいへん喜んでいた。盗みは止り、殺人は無くなった。人々は友好的になり、互いを愛するようになった。嫉妬は無くなり、イスラエルの全地においてイスラエル人と隣人との間の論争も無くなった。死ぬ者はいなくなった。 しかし突然、彼らは奇妙な出来事を見るようになり始めた。人々はとても満足したので精を出して働く心配がなくなった。競争が無くなったので人々は働くことを止めてしまった。新しい家はもう作られなくなった。人々はもはや、結婚もしないで、子供を欲しがらなくなった。ラビでさえ不精になり始めた。その時、ラビは「Yetzer HaRa」が世界において如何に必要であったかを理解した。それで彼らは縛ってあった鎖を壊し、それを自由にした。 (Genesisi Rabbah 9:7) ■ピルケ・アボット (Pirke Avot)編 以外の律法 ■ ユダヤ王は真の世界の法王、世界にまたがる教会の総大司教となる。だが、一方で、われわれが青年層を過渡期の新しい伝統の宗教に、後にはわれわれの宗教で再教育する間、われわれは明らさまには既存の教会には指一本触れないけれども、教会内部の軋轢を目ざし批判を加えて宗教人と闘う。その場合、一般的には、われわれの現代の新聞はゴイムの国家問題、宗教、ゴイムの無能さを断罪し続けるが、常に、わが民天与の才能を振い、あらゆる手段を駆使してかれらの威信を剥奪すべく、罵詈雑言を浴びせ百方中傷する。 <十七>

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.6.1. 00:27
視聴回数:3681回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: 合唱組曲島よ(朗読)   (お話です)   ミシュナー・タルムード   「ピルケ・アヴォート   (Pirke   Avot)」篇   ◎The   struggle   within   us   (我々の内での苦闘)」   The   forces   within   us   選択をする時に   われわれの中で2つの力が働いていると   ラビは信じている。一つは善をしようとする我々の欲求   他方は悪をしようとする我々の欲求である。善をしようとする衝動あるいは傾向を「Yetzer   Tov」とラビは名づけた。Yetzerはヘブライ語で衝動(impulse)を意味し   Tovは善(good)を意味する。他方   悪をしようとする衝動あるいは傾向を「Yetzer   HaRa」名づけた。Raはヘブライ語で(evil)を意味する。(「Yetzer   Tov=善の衝動」   「Yetzer   HaRa=悪の衝動」)   われわれの各々の人は   これら2つの衝動をいかに操作するかに関わる。「Yetzer   Tov」は正義の人をコントロールし   他方「Yetzer   HaRa」は邪悪をコントロールする。しかしタルムードでは   両方の衝動が平均的な人をコントロールすると言う。(Berachot   61a)   我々のほとんどはこの3番目のカテゴリーにあり   全体に正義でもなければ   また全体に邪悪であるわけでもない。   ◎Needing   impulses   for   both   right   and   wrong   しかし   何が正しいことで   何が悪いことか   われわれはいかにして判断するのであろうか。どうやって一方の衝動から他方を識別するのか。選択はいつも明瞭であるというものではない。いつでも邪悪な一つの選択があり   いつでも正義の一つの選択がある   ということをラビが暗示している時   単純に示しすぎてはいないのか。ラビの理解というのは実際にはもっとずっと複雑であったのだ。彼らは「Yetzer   HaRa」が邪悪だとは信じていなかった。それはちょうど邪悪に向かった傾斜であるのだ。彼らは   「Yetzer   HaRa」が多くの局面で有用になりえる   ということまでも理解している。このことを示すために   彼らはこんなたとえ話を言っている。     われらの賢者たちは「Yetzer   HaRa」を捕まえて   それを金の鎖で縛り上げた。最初彼らは自分たちでたいへん喜んでいた。盗みは止り   殺人は無くなった。人々は友好的になり   互いを愛するようになった。嫉妬は無くなり   イスラエルの全地においてイスラエル人と隣人との間の論争も無くなった。死ぬ者はいなくなった。   しかし突然   彼らは奇妙な出来事を見るようになり始めた。人々はとても満足したので精を出して働く心配がなくなった。競争が無くなったので人々は働くことを止めてしまった。新しい家はもう作られなくなった。人々はもはや   結婚もしないで   子供を欲しがらなくなった。ラビでさえ不精になり始めた。その時   ラビは「Yetzer   HaRa」が世界において如何に必要であったかを理解した。それで彼らは縛ってあった鎖を壊し   それを自由にした。   (Genesisi   Rabbah   9:7)   ■ピルケ・アボット   (Pirke   Avot)編   以外の律法     ユダヤ王は真の世界の法王   世界にまたがる教会の総大司教となる。だが   一方で   われわれが青年層を過渡期の新しい伝統の宗教に   後にはわれわれの宗教で再教育する間   われわれは明らさまには既存の教会には指一本触れないけれども   教会内部の軋轢を目ざし批判を加えて宗教人と闘う。その場合   一般的には   われわれの現代の新聞はゴイムの国家問題   宗教   ゴイムの無能さを断罪し続けるが   常に   わが民天与の才能を振い   あらゆる手段を駆使してかれらの威信を剥奪すべく   罵詈雑言を浴びせ百方中傷する。   <十七>     重ねて述べるが   臣民は自分たちとは絶対的にかけ離れた力強い手に対しては   盲目的に服従する。彼らはそこに自分たちを襲う社会的な鞭から守ってくれる防御の剣を感じて支持するのである……彼らは王者に天使の心を期待するのか?   彼らが王者に見たいのは力     力の権化なのである。   <二十三>     ダヴィデ王の子孫のうちの数人が   相続権ではなく優れた資質を基準にして王と後継者を選定する。その人々には   政治の最高機密と政府の仕組とが伝授されるが   常に何びとにも極秘の知恵が漏れないように留意する。この方式の真意は   このような秘義を授けられたことがない者には   政府を委すことはできないということを徹底させることにある。これらの人々にのみ   何世紀にもわたる諸経験と比較しつつ   私がこれまでに述べたような計画の実際化や   政治経済運動や社会科学研究の全成果-一言で言えば   人間関係を律する動かしがたい天然法則の大真理-が伝授される。   <二十四>     たとえ残忍であったとしても無条件に断固たる人物にのみ   われらの賢人長老たちから支配統治の手綱を渡されるのである。……通常の時間における王の行動計画と将来に関することはすべて   最も親しい助言者たちにも知らされない。王と三人の顧問のみが   将来の計画を知っている。断乎とした意志で自分と人類を律する王の人柄には   万人が神秘の宿命を認めるのである。何びとも王が何を行おうとしているのかを知らぬので   あえて知らぬ小路を遮ろうとする者はいない。王の頭の中には実行すべき政府計画を理解するに足りる知恵が貯えられていなければならない。王位に就く前に   前に述べた賢人長老たちが試験を行うのは   そのためである。   <二十四>     ユダヤ王は自分の感情   とりわけ情欲のとりこになってはならない。王は自分の人格のどの一面でも   荒々しい本能に精神をしのがせることがあってはならぬ。情欲はいかなる精神的な欠点よりも   明晰に見る力を殺ぎ   思考を人間の性質中最悪の獣的なものに落とし込む。ダヴィデの聖なる子孫である全世界統治王その人は   人類の支柱であり   人民のためにはいかなる個人的希望をも犠牲にしなければならない。われらが至高の王は完全無欠の権化でなければならない。   <二十四>     あなたは   あなたの神   主の聖なる民である。あなたの神   主は地の面にいるすべての民の中からあなたを選び   御自分の宝の民とされた。(申命記   七章六)     主はあなたの意のままにあしらわせ   あなたが彼らを撃つときは   彼らを必ず滅ぼし尽くさねばならない。彼らと協定を結んではならず   彼らを憐れんではならない。   (申命記   七章二)。     掟の言葉より法師の言葉を敬え。   <アシ法師>     汝知るべし   法師の言葉は予言者の言葉より美し   と。   <アシ法師>     もし法師   汝の右の手を左の手と言ひ   左の手を右の手と言ふとも   彼の言葉に違ふべからず。   <アシ法師>     犬は異邦人より勝れたるものなり。   <アシ法師>     拾得物を紛失者に返却すべしとの戒は   ユダヤ人に対してのみ守らるべきものにして   ゴイに対しては然らず。この事に就き亡き吾等の教法師達の言えるあり。即ち   「遺失物とはすべて汝の兄弟の失いしところの物を指すものにして   ゴイの失える物は然らず。その理由は   ゴイは神に属する者に非ずして   地の邪神に属する者なる故なり。故にゴイの失える総べての物は   この世にては再び見付けらるる事なき遺失物にして   その所有者に還るべきにあらず。財宝は唯イスラエル人にふさわしく   他の民はこれに値いせざるものなればなり。これ預言者イザヤ(二六ノ一九)の言えるが如し」と。   <ゲルソン法師>     ゴイの耳は不潔である。かれらの浴槽   住居   田園は不潔である。   (トセフタ・ミクワト   vの一)     ユダヤ人はゴイから奪ってよい。ユダヤ人はゴイから金を騙しとってよい。ゴイは金を持つべきではなく   持てば神の名において不名誉となるだろう。   (シュルハン・アルーフ   コーゼン・ハミズパット   三四八)     ゴイの失せ物を見付けた者は自分の所有にしてはならないが   ゴイに返すことは禁じられている。   (シュルハン・アルーフ   コーゼン・ハミズパット   二六六の一)。     タルムードの誡において神は命じて曰く   ゴイに金を貸すには必ず高利を以てすべし   と。これ   彼らが借りたる金により利する事なからんため   かつまた   我らが金銭にて彼らに助力を与うることなく   むしろ損害を与えんがためなり。   <モシェー・バル・マエモン>     ゴイにわれらの信教を教える者は   ユダヤ人を殺すに等しい。もしもゴイがわれらの教説を知ったならば   かれらは公然とわれらを殺すだろう。   (リブル・デヴィッドの書   三七)  

01

   
videovar
iPeeVee iPeeVee

会社概要 |  ソリューション |  お問い合わせ |  スタッフ募集 |  利用規約 |  プライバシーポリシー

Copyright (C) 2006-2019 PeeVee Corporation. All rights reserved.