PeeVee.TV
   

  ログイン

ホーム 新規ユーザー登録

新着動画一覧

1 2

サムネイル

勾留中の「中国人死亡」裁判の不義を正す! H25.6.7

http://blog.livedoor.jp/gaitsui2/archives/1775317.html 死亡した中国人の家族らによる不当な1億円請求! 栃木県に賠償責任は無い! 県民の血税を渡すな! 建造物不法侵入の中国人逮捕の鹿沼署を断固支持! NPO法人 外国人犯罪追放運動 主催 H25.6.7 宇都宮地裁前街宣ダイジェスト

投稿者:サイト名 gaitsui
投稿日時:2013-08-18 22:58:35.0
視聴回数:410回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 事件・事故  
タグ:

サムネイル

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です) 2 「タルムード」「感受性の価値」 「イスラエルのヤハウェ信仰の回復」

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です) 2 「タルムード」 「The value of sensitivity : 感受性の価値」 「イスラエルの民のヤハウェ信仰の回復」 紀元前926 イスラエル王国が 南王国ユダとベニヤミン族(2部族首都エルサレム) 北イスラエル王国(10部族首都サマリア) に分裂 紀元前722 北イスラエル王国が アッシリアに滅ぼされる (列王記下16~17章)   (失われた10部族) 北王国の10部族は アッシリアに虜囚されて滅亡した。 (文書は残されていない。) アッシリアの政策で異民族と混ざる。 紀元前640 ユダ王国のヨシヤ王が8歳で即位。在位31年 (列王記下22~23章)(暦代誌下34章) 予言者エレミア登場 紀元前625頃  新バビロニア王国建国 紀元前609 メギドの戦い(アッシリアの没落で エジプトと新バビロニアが争う) ユダはバビロニアの支配下で、 バビロニアのヨシヤ王が エジプト軍との戦いで戦死。 (列王記下23:29、歴代誌下35:20~24) 紀元前598 新バビロニア王国ネブカドネザル2世が エルサレムを包囲。 ユダ王国の人々がバビロンに捕囚。 第1次バビロン捕囚(列王記下24:10~17) 預言者エゼキエルも共に捕囚 バビロニア時代 紀元前586~538 名前がない極めて有能な預言者 仮に第三のイザヤが 神ヤハウェの信仰と エルサレムの未来について導く。 (イザヤ書 56章~66章) ペルシャ時代 紀元前538~333 第2神殿時代が紀元前538年のバビロン崩壊から 紀元70年ローマによる神殿破壊までの600年間 紀元前586 エルサレム陥落。南ユダ王国滅亡。 第2次バビロン捕囚 (列王記下25章) 神殿破壊され廃墟になる これらの民はバビロンの王に70年の間仕える。 (エレミヤ書25:11) 南ユダ王国新バビロニアの属州にる 紀元前582 第3次バビロン捕囚(745人) 紀元前538 ペルシャ帝国によるバビロン崩壊 ペルシャ王クロス2世が捕囚民の解放。 イスラエルの民が帰還 紀元前515 ペルシャ王クロス2世の勅令で 捕囚から帰還した民が神殿を再建 (エズラ記6章) 第1神殿破壊から71年で第2神殿が完成 (暦代誌下36章) ペルシャ国内が混乱していたため エルサレムでヤハウェ信仰と 神殿の礼拝を認めて、 かつて衝突していた サマリア人、アラブ人などの 周辺諸部族と混ざって行ったが、 特にサマリア人貴族と エルサレムの祭司の 縁戚関係が結ばれて行き ヤハウェ信仰の純粋性が減衰した。 エズラがバビロニア捕囚が終わっても 帰還が果たせぬまま バビロニアを滅ぼした ペルシャ帝国の寛容な政策で エズラがイスラエルの民でも ペルシャの高官になることができた。 このことから、 ペルシャ王 アルタクセルクセス1世 (紀元前464年~423年)の 第7年5月に「ソーフエール」 =書記(律法学者)の称号の エズラが、王から免税特権を与えられて バビロニアの力エルサレムに来たが、 ヤハウェ信仰の純粋性の衰退を指摘して エルサレムの祭司に サマリア人の貴族と エルサレムの祭司の縁戚関係を 離別させようとした「エズラ記10章」 がエルサレム民族共同体の説得に 失敗して13年間エルサレムを離れました。 ペルシャ王 アルタクセルクセス1世 (紀元前464年~423年)の 第20年紀元前445年に ペルシャ宮廷の 捕囚民出身の高官の ネヘミヤがユダヤ州知事に着任して、 神殿の城壁を修復して、 「安息日の遵守」 「1/10の税の神政共同体の維持」 「エルサレムの人口の調整」 「下級祭司とレビ人の 給与の支払いの保障」 「サマリア人の貴族と エルサレムの祭司の 縁戚関係の離別」 を断行して エルサレムに戻ったエズラが 「モーセの律法(五書)」 を読み上げた。 こうしてユダヤ人共同体の 社会改革(エヘミヤ記13章) トーラー(モーセ五書)を 聖典とするユダヤ教が確立しました。 * 「詩編、箴言(しんげん)」 「コヘレトの言葉(伝道の書)」 「雅歌」 「哀歌(エルサレムの滅亡を嘆く歌)」 がございます。

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012-06-25 21:55:32.0
視聴回数:4252回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: アヴェ・ヴェルム・コルプス   (お話です)   2   「タルムード」   「The   value   of   sensitivity   :   感受性の価値」   「イスラエルの民のヤハウェ信仰の回復」   紀元前926   イスラエル王国が   南王国ユダとベニヤミン族(2部族首都エルサレム)   北イスラエル王国(10部族首都サマリア)   に分裂   紀元前722   北イスラエル王国が   アッシリアに滅ぼされる   (列王記下16~17章)   (失われた10部族)   北王国の10部族は   アッシリアに虜囚されて滅亡した。   (文書は残されていない。)   アッシリアの政策で異民族と混ざる。   紀元前640   ユダ王国のヨシヤ王が8歳で即位。在位31年   (列王記下22~23章)(暦代誌下34章)   予言者エレミア登場   紀元前625頃   新バビロニア王国建国   紀元前609   メギドの戦い(アッシリアの没落で   エジプトと新バビロニアが争う)   ユダはバビロニアの支配下で   バビロニアのヨシヤ王が   エジプト軍との戦いで戦死。   (列王記下23:29   歴代誌下35:20~24)   紀元前598   新バビロニア王国ネブカドネザル2世が   エルサレムを包囲。   ユダ王国の人々がバビロンに捕囚。   第1次バビロン捕囚(列王記下24:10~17)   預言者エゼキエルも共に捕囚   バビロニア時代   紀元前586~538   名前がない極めて有能な預言者   仮に第三のイザヤが   神ヤハウェの信仰と   エルサレムの未来について導く。   (イザヤ書   56章~66章)   ペルシャ時代   紀元前538~333   第2神殿時代が紀元前538年のバビロン崩壊から   紀元70年ローマによる神殿破壊までの600年間   紀元前586   エルサレム陥落。南ユダ王国滅亡。   第2次バビロン捕囚   (列王記下25章)   神殿破壊され廃墟になる   これらの民はバビロンの王に70年の間仕える。   (エレミヤ書25:11)   南ユダ王国新バビロニアの属州にる   紀元前582   第3次バビロン捕囚(745人)   紀元前538   ペルシャ帝国によるバビロン崩壊   ペルシャ王クロス2世が捕囚民の解放。   イスラエルの民が帰還   紀元前515   ペルシャ王クロス2世の勅令で   捕囚から帰還した民が神殿を再建   (エズラ記6章)   第1神殿破壊から71年で第2神殿が完成   (暦代誌下36章)   ペルシャ国内が混乱していたため   エルサレムでヤハウェ信仰と   神殿の礼拝を認めて   かつて衝突していた   サマリア人   アラブ人などの   周辺諸部族と混ざって行ったが   特にサマリア人貴族と   エルサレムの祭司の   縁戚関係が結ばれて行き   ヤハウェ信仰の純粋性が減衰した。   エズラがバビロニア捕囚が終わっても   帰還が果たせぬまま   バビロニアを滅ぼした   ペルシャ帝国の寛容な政策で   エズラがイスラエルの民でも   ペルシャの高官になることができた。   このことから   ペルシャ王   アルタクセルクセス1世   (紀元前464年~423年)の   第7年5月に「ソーフエール」   =書記(律法学者)の称号の   エズラが   王から免税特権を与えられて   バビロニアの力エルサレムに来たが   ヤハウェ信仰の純粋性の衰退を指摘して   エルサレムの祭司に   サマリア人の貴族と   エルサレムの祭司の縁戚関係を   離別させようとした「エズラ記10章」   がエルサレム民族共同体の説得に   失敗して13年間エルサレムを離れました。   ペルシャ王   アルタクセルクセス1世   (紀元前464年~423年)の   第20年紀元前445年に   ペルシャ宮廷の   捕囚民出身の高官の   ネヘミヤがユダヤ州知事に着任して   神殿の城壁を修復して   「安息日の遵守」   「1/10の税の神政共同体の維持」   「エルサレムの人口の調整」   「下級祭司とレビ人の   給与の支払いの保障」   「サマリア人の貴族と   エルサレムの祭司の   縁戚関係の離別」   を断行して   エルサレムに戻ったエズラが   「モーセの律法(五書)」   を読み上げた。   こうしてユダヤ人共同体の   社会改革(エヘミヤ記13章)   トーラー(モーセ五書)を   聖典とするユダヤ教が確立しました。     「詩編   箴言(しんげん)」   「コヘレトの言葉(伝道の書)」   「雅歌」   「哀歌(エルサレムの滅亡を嘆く歌)」   がございます。   When   a   Jew   seeks   wisdom   「The   value   of   sensitivity」   Sensitivity   Keeping   the   group   together   A   full-time   task   Sensitivity   is   sensible   Timing   is   important   The   hour   of   anger   Seeking   and   receiving   forgiveness   In   the   hour   of   death   In   the   time   of   vow   In   the   hour   of   embarrassment   「The   value   of   sensitivity   :   感受性の価値」   ラビ・シメオン・ベン・エルアザル(Rabbi   Simeon   ben   Eleazar)は言った。あなたの仲間が怒っている時に彼をなだめてはならない   そして死人が彼の前に横たわっている時に彼を慰めてはならない   そして彼が誓いを立てている時に彼に質問してはならない   そして恥ずかしい思いをしている時に彼を見ようとしないように。   (Avot   4:18)   Sensitivity   あなたが特別な秘密を友人に告げて   そして彼があなたの知らない誰かにそれを話したという最初の時をきっとあなたは憶えているでしょう。あなたの友人があなたを当惑させた理由によって   あなたは彼を「wicked」とさえ呼んだかもしれない。   あるいは   おそらくあなたがあるゲームの試合で上手でなかったので   両軍が組み直されあなたがその最後に選ばれた人になり   そして選んでいる選手があなたに陰うつに言った   「おれが思うに   お前はおれの側だよね!」それはチームで最も弱い連結として考えられていることで   正確にあなたを良い気持ちにさせない。   我々の全てはこの種の瞬間をもっている   そして我々の全てはまた他人を時々当惑させている   たとえ故意にではないとしても(そして時々我々は目的をもってまさに故意に他人を当惑させる)。実際に   いかにして他人を当惑させないか   を人は学ばなければならない。これを学ぶことは自然には出来ないのである。   我々は   何が他人を傷つけるか   に敏感であるようには生まれていない。我々は我々自身を訓練しなければならない   いかに他人が傷つくかを学ぶという観点で   それによって我々が他人を傷つけるのを避けるために。そして   もちろん我々のグループは   他人へより多く敏感であるように学ぶことを助ける点で   大きなくいを持っている。   Keeping   the   group   together   グループがしなければいけない   と我々が言ったところのものの一つは   一緒に留まることである。そのメンバーが互いに一緒に暮らさない理由で   もしそのグループが壊れ始めるならば   そのグループは共にいるという感じを失い   そしていずれは解散してしまう。   このことは我々が属している他のグループと同じように   我々のユダヤ人グループにも真である。ユダヤ人共同社会の場合は   そのくいはたいへん高い。もしその共同社会が解散すれば   各々の人は一人での残される;一緒に生活する目的は消え去り   より完全な社会になるように   そしてより良い世界を作ることに向けて   我々が一緒に作ってきたところの全ての前進は失われる。   それでラビたちは   あなたが「何を」するかだけでなく   あなたが「いつ」行なうべきか   そして他人に向けて「いかに」振る舞うべきか   というもっと困難な質問についてとても関心をもった。互いに対して敏感であることは我々を一緒に留める助けとなるであろうと彼らは我々に教えた。   A   full-time   task   互いに対して敏感であることはフルタイムの仕事である。我々が長い間一緒に親密に生活している時でさえ   それはより簡単になることはない。それはほとんどいつでも難しい。例えば   あなたの家族を取り上げてみよう。   あなたが属する他のどんなグループよりも長く   あなたは家族と一緒に生活してきた。ユダヤ人の家族は一緒に親密に   各家族を小さなユダヤ人の人々にして維持するようラビたちがそんなに強く強調しているのは   この理由のためである。   なおも   そして全て   兄弟あるいは姉妹に親切であったと思い出すのが難しい。   我々が自然に嫉妬深い時が何度もある。(ヨセフの物語そして彼の好みの服   彼の兄弟の全てがいかに嫉妬していたか   あなたは思い出すかもしれない。)   我々が両親を困惑させる時が何度もある   両親が我々を困惑させる時が何度もあると同様に。(友人があなたの家で夜を過ごす時に   「あなた」の就寝時刻にあなた方二人が寝なければならないことを思い出すかもしれない。)あなたの両親は他の全ての両親と違っているために   他の両親がそんなに重要であると考えていないような事を   あなたの両親は時々あなたにやらせることがあるかもしれない。それであなたの家族は   敏感な方法で他人と一緒に生活することがいかに難しいかという一つの良い例なのである。   Sensitivity   is   sensible   しかし他人に敏感になるようにやってみることは良いセンスを作る。我々の勉強を通して   全ての種類の支援においていかに多くお互いに依存しているか我々は見てきた。我々の家族は   世話   食物     そして愛を我々に与えている   たとえ他の誰もが与えない時でさえ。そしてユダヤ人民は一種の拡張された家族である----我々ユダヤ人の共同社会は   家族を持っていない人々を世話し   そして家族を持っている人々さえ世話する。我々は共同社会を一緒に築き   そして敏感さは建築の煉瓦の一つである。   それで   病人を訪れることは一つの戒律である。喪に服している人々を慰めることは一つの戒律である。怒っている人を平静に戻すことは一つの戒律である。慈善を与えることは一つの戒律である。必要な時に人を助けることは一つの戒律である。捕虜の身代金を支払うことは一つの戒律である。そして   これらの戒律を実行することは愛の一つの行動   敏感な人の行動である。この行動は   我々の共同社会を強くすること   そして我々人々を密接に一緒にすることを助ける。   Timing   is   important   さらに重要なことは   あなたが何をするかだけではなく   何時それをするかである。例えば   あなたがバレーボールをサービスする場合に   あなたは空中にボールを投げることによって始める。さてあなたは手でそれを打つ最善の瞬間を正確に待つ。もしあんまり早すぎて打つと   ボールは空中に飛んで行ってしまう。もしあまり長く待ち過ぎると   ボールはネットにぶつかる。あなたのタイミングが正確である時のみ   バレーボールであなたがそれを行ないたいことができる。   戒律を実行する場合にも同じことが真である。もしあなたがあんまり早くそれを必要とする前に実行すると   決して来ないかもしれない結果を待つというように   それは空中に止ってします。病気でない友人を病気訪問することを想像してみなさい-----あなたはこう言わないだろうか?「ちょうど今わたしはあなたを訪問している   それは将来ある時に   あなたが気分がすぐれない時に   わたしが遠くからやってきてあなたを訪問しなければならないのがいやだから」   あるいは   盲目の女性が通りを横切りたいと思う前に   彼女が横切るのを助けることを想像してみなさい。彼女は横切った時に感謝を表わし   そしてこう言ったとする   「私が本当に通りの反対側に行きたかったのですか?」あまりにも遅く戒律を実行することは   また   大きく役に立たない。慈善を施す前に   人が餓えて死んでしまうまで待つことは   ほとんど戒律としては数えられない。すでに4年前に死んだ愛する人を失った人を慰めることは   彼が必要な時に彼を慰めると同様な効果を持つことはできない。   戒律とその戒律の実行は正しいタイミングを要求する。そしてタイミングの良いセンスを習得することは   我々の宗教的な知覚の発展において   重要な部分を演じる。こつを習得することは   戒律を行なうための正しい時を知るようになることを含む。何時しゃべり   そして何時黙るか。   The   hour   of   anger   ラビ・シメオン・ベン・エルアザル(Rabbi   Simeon   ben   Eleazar)は我々が他人により敏感になるような4つの方法を話した:最初は   怒っている人をなだめることを含む。2番目は   喪に服している人に慰めをもたらすことを扱う。3番目は   誓いを立てている人にいかに対応するかを扱う。そして4番目は   我々がこの章を始めたところの主題に我々を戻す----当惑させるという話題に。   最初に   シメオンは言った   「あなたの仲間が怒っている時に彼をなだめてはなりません。」   (Avot   4:23)   人が怒の道に行く時   もし彼が善き人であれば   彼の知恵は彼から離れる。もし彼が預言者であれば   彼の預言の力は彼から離れる。そしてもし彼に対する偉大さが天によって認められていた時でさえも   怒る人は誰であれそれ(偉大さ)を失う。   (Pesahim   66b)   激怒と怒は   人の中に深く食い込む   まわりのあらゆるものが酸っぱく変わるまで。怒の発作の中で人は   長く後悔するであろうことを言うであろう。誰かがあなたに怒っている時は   あなたが謝罪することが良い   「soft   answer」を与えるために。差分をつぎ当てするよう試みるのが良い   しかしタイミングとこつが必須である。シメオンは我々に警告した   怒りの頂点にいる人に謝罪したり言い訳しないように   なぜならば彼はその時に「Yetzer   HaRa(邪悪の衝動)」によってのみ制御されているからである。   「地獄の全ての部門は一人の怒りの男が支配している」   (Nedarim   22a)   その代わりに待ちなさい。あなたの現われる時を選びなさい   その怒りの人から激怒が消えた時を。もしあなたがあまり早すぎて来ると   あなたの出現が彼をもっと怒らせるだけであり   そしてそれはあなたが望むこととはちょうど反対である。   一方   もしあなたがあまり長く待ち過ぎると   怒っていた人はあなたに対して恨みを持つようになる。彼は心の中であなたを嫌うことを覚えるかもしれない。なぜならば怒った人は   「もっともっと愚鈍(stupid)になっている」   (Nedarim   22b)   Seeking   and   receiving   forgiveness   あなたは恨みを持った人々との幾つかの経験があるかもしれない。あなたが何度も何度も謝罪した後でさえ   彼らはあなたが悪いことをしたあらゆることをなお憶えており   あなたを敵と考えている。ラビたちは教えた:   戒律は言う   「あなたは心の中であなたの兄弟を嫌ってはならない。」なぜならば人は考えるかもしれない   「私は彼を殴ってはいけない   あるいは彼を打ってはいけない   あるいは彼をののしってはいけない。(しかし私はなお彼を敵として嫌うことは出来る)」それゆえに戒律は言う   「あなたは心の中で」   (Arachin   16b)   あなたが心から謝罪した後で   そしてあなたが起こしたかもしれないどんな損失も   埋め合わせした後に   もう一人の人があなたを許すことを拒否する時   その時はその人に罪がある。   たとえ彼が侮辱をした他の人に彼が支払をしたとしても   彼は神によって許されてはいない   彼が侮辱をした人から許しを求めるまでは。もし彼が他人を許さないならば   その人は無慈悲と呼ばれる。   (Mishnah   Baba   Kamma   8:7)   我々は他の人に心の中のものを制御することはできない。彼だけが自分の心を制御できる。しかし我々はなお許しを求め   我々の敵を友人に向けることができる希望を求めなければならない。我々が悪い時にこれをすればするほど   我々はもっと多くの友人を持つようになり   我々の共同社会はより良くなるであろう。   時々   ラビは言った   議論で我々が正しいと考えた時でさえ   我々は屈服すべきである。もし重要な議論でないのであれば   正しいことによって勝つよりは平和の方がより重要である。そして我々があまりのも頑固なために恨みが成長することがよくある。不一致で分離するよりも   我々が少しかがむ方が良い。   In   the   hour   of   death   ラビ・シメオンはまた忠告した   「彼の死が彼の前に横たわっている」時に   我々は彼に慰めを提供すべきではない。喪に服している人を慰めることは戒律である。しかし愛する人が死んだまさにその時には   その喪に服している人は私的な深い悲しみと嘆きの時間を持つ権利を持っている。我々はあまりにも早まって慰めようとすべきではない   なぜならば我々は彼をもっと悲しく嘆くようにさせてしまうだけだからである。   この種のこつについてはヨブ記の中から引用される   ヨブの愛する人たちがを死んだ時に   ヨブの三人の友人が彼を慰めようとやって来た。   さてヨブの三人の友人は   ヨブにふりかかった悪の一部始終を聞くと   彼を慰めようとそれぞれの国からやって来た。....彼らは七日七晩   ヨブと共に座っていたが   誰も話しかけることはできなかった   なぜならば彼らはヨブの苦痛が激しいのを見たので。   (ヨブ記2:11-13)   その三人はヨブの気分に対してとても敏感であったので   彼らは実際に七日七晩待った!その最後の時に   「ヨブがしゃべった」。そしてこれが   彼らにとってヨブを慰めるに適切な時であるという彼らの合図であった。   死に直面しては   我々が言えることはほとんどない。時々我々ができる最もよいこつは   ただ黙って座っていることである。ただ我々が居ることが   苦しんでいる人に良い効果をもつことができる。なぜならば   死は共同社会から人の最後の離別である   そしてその別離はとても耐えることが困難である。   ラビ・シメオンは敏感な人の気持ちを表現した。死は開いている傷のようである。   「彼の死が彼の前に横たわっている時」   人は苦しまなければなりません。そして我々は苦しみを許すほど十分に機転がなければなりません。   「ヨブ記」について   聖書の中でも   「ヨブ記」が言わんとしている深い意味を理解するのは難かしいのですが   少し紹介します。   ヨブ記1:1-3   ヨブは正しい人で   神を畏れ   悪を避けて生きていた。   七人の息子と三人の娘をもち   東の国一番の富豪であった。   ヨブ記1:6-12   ある日   主の前に神の使いたちが集まり   サタンもきた。   サタンは言った   「ヨブが   利益もないのに神を敬うでしょうか。あなたは彼とその一族   全財産を守っておられるではありませんか。彼の手の業をすべて祝福なさいます。おかげで   彼の家畜はその地に溢れるほどです。   ひとつこの辺で   御手を伸ばして彼の財産に触れてごらんなさい。面と向かってあなたを呪うに違いありません」主はサタンに言われた   「それでは   彼のものを一切お前のいいようにしてみるがよい」   ヨブ記1:18-21   ヨブのもとに召使がやってきて言った   「御報告いたします。   御長男のお宅で   御子息   御息女のみなさまが宴会を開いておられました。すると   荒れ野から大風が吹きつけ   家が倒れ   若い方々は死んでしまわれました」ヨブは立ち上がり   衣を裂き   地にひれ伏した。「主は与え   主は奪う。主の御名はほめたたえられよ」   このような時でも   ヨブは神を非難することはなく   罪を犯さなかった。   ヨブ記2:1-6   またある日   主の前に神の使いたちが集まり   サタンもきた。   主はサタンは言われた   「お前はわたしの僕ヨブに気づいたか。地上に彼ほどの者はいまい。無垢な正しい人で   神を畏れ   悪を避けて生きている。   お前は理由もなく   わたしをそそのかして彼を破滅させようとしたが   彼はどこまでも無垢だ」サタンは答えた   「皮には皮を   と申します。まして命のためには全財産を差し出すものです。   手を伸ばして彼の骨と肉に触れてごらんなさい。   面と向かってあなたを呪うに違いありません」主はサタンは言われた   「それでは   彼をお前のいいようにするがよい」   ヨブ記2:7-10   サタンはヨブに手を下し   頭のてっぺんから足の裏までひどい皮膚病にかからせた。   彼の妻は言った   「どこまでも無垢でいるのですか。神を呪って死ぬほうがましでしょう」   ヨブは答えた   「お前まで愚かなことを言うのか。   わたしたちは   神から幸福をいただいたのだから   不幸もいただこうではないか」   このようになっても   神を唇をもって罪を犯すことをしなかった。   ヨブ記2:11   さてヨブと親しいの三人の友人がヨブにふりかかった災難の一部始終を聞くと   見舞い慰めようと相談して   それぞれの国からやって来た。   ヨブ記2:13   彼らは七日七晩   ヨブと共に地面に座っていたが   その激しい苦痛を見ると   話しかけることもできなかった。   ヨブ記3:1   やがてヨブは口を開き   自分が生まれた日を呪って言った。「わたしの生まれた日は消えうせよ。.......   In   the   time   of   vow   ラビ・シメオンが誓いをしている時に見ていることを   我々の近代的な観点から理解することのより困難さは重要である。「彼の誓いの時間には彼に質問しないように」   シメオンは言った。   我々はこれを一般的な方法で理解できる:   人々が強い気持ちで一生懸命でそれがとても強く   それについて何かをすることを誓う時には   意見を言ったり議論せずに   我々は普通彼らの誓いを通すべきである。   普通   我々は人々に彼らの約束を維持してもらいたいと望んでいる   しかし我々が急いで約束をして   そしてそれをした後で後悔する時がよくある。シメオンがおそらく意味したことは   人ができないような約束をしたのを我々が聞いた時に   彼に質問をすべきではないということである。我々の質問は当惑させることになるかもしれない。それらはその人に   彼が本当にはしたくないことをさせるように強いるかもしれない。   もし我々がただ黙り続けることが全てより良いのである。それがこの場合のなすべき機転である。   例えば   友人が彼のための約束を忘れた理由で   「もう両親を決して信用しないと約束する」   というのをあなたが聞いたとしよう。あなたはその時にこんな質問をすべきではない:「あなたがもう両親を決して信用しない   というのは確かなの?」「もしあなたの両親でなければ   ほかの誰を信用できるの?」これらの質問はあなたの友人を当惑させるだけである。彼の誓いは怒り   あるいは急い状態の中で為された種類のものであり   それは本当には正直で真実なものを意味してはいない。   そんな時は少なくとも   あなたはそれを聞き過ごすべきである   たとえもしあなたがそれに不一致であろうとも。   In   the   hour   of   embarrassment   ラビ・シメオンのその最後の忠告は   「彼が不名誉な時間には彼を見ないように努力しなさい」   ここでシメオンは   うわさ話として進んでいる事をがつがつ見るような   機転のない人の話をしている。   ある人々は   他人について「悪い言葉」を広げて   他人を困惑させるの好きである。   しかし   Judaism   は我々に   各々の人間は貴重であり   神のイメージで造られていると教えている。   それでシメオンは   他の人を困惑させることを   人の精神を殺す種類のものとして見ている。   我々が公衆で困惑させられる時はいつでも   我々の中で血が反応を示す。ある善き人が教えた....:もし誰かが彼の隣人を公衆で恥をかかせると   それは彼が血を流すようなものである。   ラブ・ナフマンは答えた   すなわちこう言われている:顔の赤い血が退き   そして人が青ざめたように白さがやって来る   我々は知ることができるからである。   (Baba   Metzia   58b)   もしあなたがいかに困惑されているか感じることについて考えるとき   故意ではなくあながた何かをしたために   あるいはたまたまあなたに起こった何かのために   困惑がいかに深く傷つけるかあなたは知る。そこで   特に   我々が他の人々に敏感であることが必要である。ここに   また   タイミングとこつが重要である。   少女たちが   ダンスの後にちょうど一人の友達を探し出して   そして彼女とダンスをしようとした人は誰もいなかったという理由で彼女をからかった。   そんな少女たちは残酷である。   しかし少女が   ダンスの後にちょうど一人の友達を探し出して   そして彼女とダンスをしようとした人は誰もいなかったという理由で彼女を慰めた。   そんな少女は   また残酷である   たとえ同じ方法ではないけれども。   からかった彼女たちは邪悪な方法で残酷である。   彼女たちの行動は「Yetzer   HaRa(邪悪の衝動)」の行動である。   しかし   あまりにも早く慰めようとした彼女は   困惑させることを通して残酷である。   彼女は善い意味だけれども   彼女の行動は悪いタイミングであった:   それは機転がない。彼女は宗教的な知覚を使うことに失敗したのである。   あなたが友人に対して   いかにすまないかと感じていることを   彼に走っていって振り向いて告げる前に   あなたが本当にするかもしれないことが   本当に彼を助けることになるであろうかと   最初にあなた自身に質問すべきである。   さもなければ   あなたの「Yetzer   Tov(善の衝動)」を通してあなたが本当に行動していないで   あなたの「Yetzer   HaRa(邪悪の衝動)」を通して行動している   ということをあなたは見つけるかもしれない。   あなたの悪いタイミングが故意で残酷である   とあなたは見つけるであろう。   あなたはちょうど比較によって「大きく」見えたかったのかもしれない。   すなわちこれが   なぜシメオンが我々に   彼の不名誉な時間に」その友人を見ないようにと警告したかの理由である。   それは機転がなく   害がある。   そして   それは我々の現実の目的を忘れてしまう方法である。   その目的   ゴールとは   各々の人間は誰もがいかに重要であるか   我々の全てに対して平和がいかに大きく意味があるか   それを我々が思い出すことである。   我々のすべてが平等に造られている   そして我々の各々が唯一で価値がある   ということをただ知るだけでは十分ではない。   毎日の扱いについて   お互いに対して敏感であることを我々は学ばなければなりません。これをするために   我々は戒律を実行するタイミングを学ばなければならない   我々が物事を為されるべき時に正しい方法でするために。   正しい時間に正しい態度で物事を行なうことは   我々がこつと呼ぶところのものである。   我々が機転がある時   彼らを慰め支援することで我々の戒律は他人を助ける。   特に   緊張の時には   我々の情緒が興奮している時   ----   我々が怒っている時   我々が愛する人の死の喪に服している時   我々が急いで約束した時   我々が我々自身の行動によって困惑している時   ----   我々のまわりの人々   友人そして我々が愛する家族   の支援以上のものを我々は必要とする。   他人がそんな緊張を経験している時   彼らに対して良い友人であり   そしてまた親密な家族であることを   我々は同じく学ばなければなりません。   我々の宗教的な知覚を通して   我々は彼らを助ける最善の方法を見つける努力をすべきである   言葉によって   行動によって   あるいは沈黙のいずれかによって。   我々が何をしようとも   我々はより良い共同社会の我々のゴールの視点を   失ってはならない。   我々の行動は   我々自身   我々の友人   そして我々の親類を   ユダヤ人の生活の平和の流れにできるだけ早く戻す方向になされるべきである   そうすれば全体の共同社会が一つの家族として一緒に働くことができるようになる。  

サムネイル

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です) 1 「タルムード」「感受性の価値」 「イスラエルのヤハウェ信仰の回復」

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です) 1 「タルムード」 「The value of sensitivity : 感受性の価値」 「イスラエルの民のヤハウェ信仰の回復」 紀元前926 イスラエル王国が 南王国ユダとベニヤミン族(2部族首都エルサレム) 北イスラエル王国(10部族首都サマリア) に分裂 紀元前722 北イスラエル王国が アッシリアに滅ぼされる (列王記下16~17章)   (失われた10部族) 北王国の10部族は アッシリアに虜囚されて滅亡した。 (文書は残されていない。) アッシリアの政策で異民族と混ざる。 紀元前640 ユダ王国のヨシヤ王が8歳で即位。在位31年 (列王記下22~23章)(暦代誌下34章) 予言者エレミア登場 紀元前625頃  新バビロニア王国建国 紀元前609 メギドの戦い(アッシリアの没落で エジプトと新バビロニアが争う) ユダはバビロニアの支配下で、 バビロニアのヨシヤ王が エジプト軍との戦いで戦死。 (列王記下23:29、歴代誌下35:20~24) 紀元前598 新バビロニア王国ネブカドネザル2世が エルサレムを包囲。 ユダ王国の人々がバビロンに捕囚。 第1次バビロン捕囚(列王記下24:10~17) 預言者エゼキエルも共に捕囚 バビロニア時代 紀元前586~538 名前がない極めて有能な預言者 仮に第三のイザヤが 神ヤハウェの信仰と エルサレムの未来について導く。 (イザヤ書 56章~66章) ペルシャ時代 紀元前538~333 第2神殿時代が紀元前538年のバビロン崩壊から 紀元70年ローマによる神殿破壊までの600年間 紀元前586 エルサレム陥落。南ユダ王国滅亡。 第2次バビロン捕囚 (列王記下25章) 神殿破壊され廃墟になる これらの民はバビロンの王に70年の間仕える。 (エレミヤ書25:11) 南ユダ王国新バビロニアの属州にる 紀元前582 第3次バビロン捕囚(745人) 紀元前538 ペルシャ帝国によるバビロン崩壊 ペルシャ王クロス2世が捕囚民の解放。 イスラエルの民が帰還 紀元前515 ペルシャ王クロス2世の勅令で 捕囚から帰還した民が神殿を再建 (エズラ記6章) 第1神殿破壊から71年で第2神殿が完成 (暦代誌下36章) ペルシャ国内が混乱していたため エルサレムでヤハウェ信仰と 神殿の礼拝を認めて、 かつて衝突していた サマリア人、アラブ人などの 周辺諸部族と混ざって行ったが、 特にサマリア人貴族と エルサレムの祭司の 縁戚関係が結ばれて行き ヤハウェ信仰の純粋性が減衰した。 エズラがバビロニア捕囚が終わっても 帰還が果たせぬまま バビロニアを滅ぼした ペルシャ帝国の寛容な政策で エズラがイスラエルの民でも ペルシャの高官になることができた。 このことから、 ペルシャ王 アルタクセルクセス1世 (紀元前464年~423年)の 第7年5月に「ソーフエール」 =書記(律法学者)の称号の エズラが、王から免税特権を与えられて バビロニアの力エルサレムに来たが、 ヤハウェ信仰の純粋性の衰退を指摘して エルサレムの祭司に サマリア人の貴族と エルサレムの祭司の縁戚関係を 離別させようとした「エズラ記10章」 がエルサレム民族共同体の説得に 失敗して13年間エルサレムを離れました。 ペルシャ王 アルタクセルクセス1世 (紀元前464年~423年)の 第20年紀元前445年に ペルシャ宮廷の 捕囚民出身の高官の ネヘミヤがユダヤ州知事に着任して、 神殿の城壁を修復して、 「安息日の遵守」 「1/10の税の神政共同体の維持」 「エルサレムの人口の調整」 「下級祭司とレビ人の 給与の支払いの保障」 「サマリア人の貴族と エルサレムの祭司の 縁戚関係の離別」 を断行して エルサレムに戻ったエズラが 「モーセの律法(五書)」 を読み上げた。 こうしてユダヤ人共同体の 社会改革(エヘミヤ記13章) トーラー(モーセ五書)を 聖典とするユダヤ教が確立しました。 * 「詩編、箴言(しんげん)」 「コヘレトの言葉(伝道の書)」 「雅歌」 「哀歌(エルサレムの滅亡を嘆く歌)」 がございます。

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012-06-25 17:55:33.0
視聴回数:4270回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: アヴェ・ヴェルム・コルプス   (お話です)   1   「タルムード」   「The   value   of   sensitivity   :   感受性の価値」   「イスラエルの民のヤハウェ信仰の回復」   紀元前926   イスラエル王国が   南王国ユダとベニヤミン族(2部族首都エルサレム)   北イスラエル王国(10部族首都サマリア)   に分裂   紀元前722   北イスラエル王国が   アッシリアに滅ぼされる   (列王記下16~17章)   (失われた10部族)   北王国の10部族は   アッシリアに虜囚されて滅亡した。   (文書は残されていない。)   アッシリアの政策で異民族と混ざる。   紀元前640   ユダ王国のヨシヤ王が8歳で即位。在位31年   (列王記下22~23章)(暦代誌下34章)   予言者エレミア登場   紀元前625頃   新バビロニア王国建国   紀元前609   メギドの戦い(アッシリアの没落で   エジプトと新バビロニアが争う)   ユダはバビロニアの支配下で   バビロニアのヨシヤ王が   エジプト軍との戦いで戦死。   (列王記下23:29   歴代誌下35:20~24)   紀元前598   新バビロニア王国ネブカドネザル2世が   エルサレムを包囲。   ユダ王国の人々がバビロンに捕囚。   第1次バビロン捕囚(列王記下24:10~17)   預言者エゼキエルも共に捕囚   バビロニア時代   紀元前586~538   名前がない極めて有能な預言者   仮に第三のイザヤが   神ヤハウェの信仰と   エルサレムの未来について導く。   (イザヤ書   56章~66章)   ペルシャ時代   紀元前538~333   第2神殿時代が紀元前538年のバビロン崩壊から   紀元70年ローマによる神殿破壊までの600年間   紀元前586   エルサレム陥落。南ユダ王国滅亡。   第2次バビロン捕囚   (列王記下25章)   神殿破壊され廃墟になる   これらの民はバビロンの王に70年の間仕える。   (エレミヤ書25:11)   南ユダ王国新バビロニアの属州にる   紀元前582   第3次バビロン捕囚(745人)   紀元前538   ペルシャ帝国によるバビロン崩壊   ペルシャ王クロス2世が捕囚民の解放。   イスラエルの民が帰還   紀元前515   ペルシャ王クロス2世の勅令で   捕囚から帰還した民が神殿を再建   (エズラ記6章)   第1神殿破壊から71年で第2神殿が完成   (暦代誌下36章)   ペルシャ国内が混乱していたため   エルサレムでヤハウェ信仰と   神殿の礼拝を認めて   かつて衝突していた   サマリア人   アラブ人などの   周辺諸部族と混ざって行ったが   特にサマリア人貴族と   エルサレムの祭司の   縁戚関係が結ばれて行き   ヤハウェ信仰の純粋性が減衰した。   エズラがバビロニア捕囚が終わっても   帰還が果たせぬまま   バビロニアを滅ぼした   ペルシャ帝国の寛容な政策で   エズラがイスラエルの民でも   ペルシャの高官になることができた。   このことから   ペルシャ王   アルタクセルクセス1世   (紀元前464年~423年)の   第7年5月に「ソーフエール」   =書記(律法学者)の称号の   エズラが   王から免税特権を与えられて   バビロニアの力エルサレムに来たが   ヤハウェ信仰の純粋性の衰退を指摘して   エルサレムの祭司に   サマリア人の貴族と   エルサレムの祭司の縁戚関係を   離別させようとした「エズラ記10章」   がエルサレム民族共同体の説得に   失敗して13年間エルサレムを離れました。   ペルシャ王   アルタクセルクセス1世   (紀元前464年~423年)の   第20年紀元前445年に   ペルシャ宮廷の   捕囚民出身の高官の   ネヘミヤがユダヤ州知事に着任して   神殿の城壁を修復して   「安息日の遵守」   「1/10の税の神政共同体の維持」   「エルサレムの人口の調整」   「下級祭司とレビ人の   給与の支払いの保障」   「サマリア人の貴族と   エルサレムの祭司の   縁戚関係の離別」   を断行して   エルサレムに戻ったエズラが   「モーセの律法(五書)」   を読み上げた。   こうしてユダヤ人共同体の   社会改革(エヘミヤ記13章)   トーラー(モーセ五書)を   聖典とするユダヤ教が確立しました。     「詩編   箴言(しんげん)」   「コヘレトの言葉(伝道の書)」   「雅歌」   「哀歌(エルサレムの滅亡を嘆く歌)」   がございます。   When   a   Jew   seeks   wisdom   「The   value   of   sensitivity」   Sensitivity   Keeping   the   group   together   A   full-time   task   Sensitivity   is   sensible   Timing   is   important   The   hour   of   anger   Seeking   and   receiving   forgiveness   In   the   hour   of   death   In   the   time   of   vow   In   the   hour   of   embarrassment   「The   value   of   sensitivity   :   感受性の価値」   ラビ・シメオン・ベン・エルアザル(Rabbi   Simeon   ben   Eleazar)は言った。あなたの仲間が怒っている時に彼をなだめてはならない   そして死人が彼の前に横たわっている時に彼を慰めてはならない   そして彼が誓いを立てている時に彼に質問してはならない   そして恥ずかしい思いをしている時に彼を見ようとしないように。   (Avot   4:18)   Sensitivity   あなたが特別な秘密を友人に告げて   そして彼があなたの知らない誰かにそれを話したという最初の時をきっとあなたは憶えているでしょう。あなたの友人があなたを当惑させた理由によって   あなたは彼を「wicked」とさえ呼んだかもしれない。   あるいは   おそらくあなたがあるゲームの試合で上手でなかったので   両軍が組み直されあなたがその最後に選ばれた人になり   そして選んでいる選手があなたに陰うつに言った   「おれが思うに   お前はおれの側だよね!」それはチームで最も弱い連結として考えられていることで   正確にあなたを良い気持ちにさせない。   我々の全てはこの種の瞬間をもっている   そして我々の全てはまた他人を時々当惑させている   たとえ故意にではないとしても(そして時々我々は目的をもってまさに故意に他人を当惑させる)。実際に   いかにして他人を当惑させないか   を人は学ばなければならない。これを学ぶことは自然には出来ないのである。   我々は   何が他人を傷つけるか   に敏感であるようには生まれていない。我々は我々自身を訓練しなければならない   いかに他人が傷つくかを学ぶという観点で   それによって我々が他人を傷つけるのを避けるために。そして   もちろん我々のグループは   他人へより多く敏感であるように学ぶことを助ける点で   大きなくいを持っている。   Keeping   the   group   together   グループがしなければいけない   と我々が言ったところのものの一つは   一緒に留まることである。そのメンバーが互いに一緒に暮らさない理由で   もしそのグループが壊れ始めるならば   そのグループは共にいるという感じを失い   そしていずれは解散してしまう。   このことは我々が属している他のグループと同じように   我々のユダヤ人グループにも真である。ユダヤ人共同社会の場合は   そのくいはたいへん高い。もしその共同社会が解散すれば   各々の人は一人での残される;一緒に生活する目的は消え去り   より完全な社会になるように   そしてより良い世界を作ることに向けて   我々が一緒に作ってきたところの全ての前進は失われる。   それでラビたちは   あなたが「何を」するかだけでなく   あなたが「いつ」行なうべきか   そして他人に向けて「いかに」振る舞うべきか   というもっと困難な質問についてとても関心をもった。互いに対して敏感であることは我々を一緒に留める助けとなるであろうと彼らは我々に教えた。   A   full-time   task   互いに対して敏感であることはフルタイムの仕事である。我々が長い間一緒に親密に生活している時でさえ   それはより簡単になることはない。それはほとんどいつでも難しい。例えば   あなたの家族を取り上げてみよう。   あなたが属する他のどんなグループよりも長く   あなたは家族と一緒に生活してきた。ユダヤ人の家族は一緒に親密に   各家族を小さなユダヤ人の人々にして維持するようラビたちがそんなに強く強調しているのは   この理由のためである。   なおも   そして全て   兄弟あるいは姉妹に親切であったと思い出すのが難しい。   我々が自然に嫉妬深い時が何度もある。(ヨセフの物語そして彼の好みの服   彼の兄弟の全てがいかに嫉妬していたか   あなたは思い出すかもしれない。)   我々が両親を困惑させる時が何度もある   両親が我々を困惑させる時が何度もあると同様に。(友人があなたの家で夜を過ごす時に   「あなた」の就寝時刻にあなた方二人が寝なければならないことを思い出すかもしれない。)あなたの両親は他の全ての両親と違っているために   他の両親がそんなに重要であると考えていないような事を   あなたの両親は時々あなたにやらせることがあるかもしれない。それであなたの家族は   敏感な方法で他人と一緒に生活することがいかに難しいかという一つの良い例なのである。   Sensitivity   is   sensible   しかし他人に敏感になるようにやってみることは良いセンスを作る。我々の勉強を通して   全ての種類の支援においていかに多くお互いに依存しているか我々は見てきた。我々の家族は   世話   食物     そして愛を我々に与えている   たとえ他の誰もが与えない時でさえ。そしてユダヤ人民は一種の拡張された家族である----我々ユダヤ人の共同社会は   家族を持っていない人々を世話し   そして家族を持っている人々さえ世話する。我々は共同社会を一緒に築き   そして敏感さは建築の煉瓦の一つである。   それで   病人を訪れることは一つの戒律である。喪に服している人々を慰めることは一つの戒律である。怒っている人を平静に戻すことは一つの戒律である。慈善を与えることは一つの戒律である。必要な時に人を助けることは一つの戒律である。捕虜の身代金を支払うことは一つの戒律である。そして   これらの戒律を実行することは愛の一つの行動   敏感な人の行動である。この行動は   我々の共同社会を強くすること   そして我々人々を密接に一緒にすることを助ける。   Timing   is   important   さらに重要なことは   あなたが何をするかだけではなく   何時それをするかである。例えば   あなたがバレーボールをサービスする場合に   あなたは空中にボールを投げることによって始める。さてあなたは手でそれを打つ最善の瞬間を正確に待つ。もしあんまり早すぎて打つと   ボールは空中に飛んで行ってしまう。もしあまり長く待ち過ぎると   ボールはネットにぶつかる。あなたのタイミングが正確である時のみ   バレーボールであなたがそれを行ないたいことができる。   戒律を実行する場合にも同じことが真である。もしあなたがあんまり早くそれを必要とする前に実行すると   決して来ないかもしれない結果を待つというように   それは空中に止ってします。病気でない友人を病気訪問することを想像してみなさい-----あなたはこう言わないだろうか?「ちょうど今わたしはあなたを訪問している   それは将来ある時に   あなたが気分がすぐれない時に   わたしが遠くからやってきてあなたを訪問しなければならないのがいやだから」   あるいは   盲目の女性が通りを横切りたいと思う前に   彼女が横切るのを助けることを想像してみなさい。彼女は横切った時に感謝を表わし   そしてこう言ったとする   「私が本当に通りの反対側に行きたかったのですか?」あまりにも遅く戒律を実行することは   また   大きく役に立たない。慈善を施す前に   人が餓えて死んでしまうまで待つことは   ほとんど戒律としては数えられない。すでに4年前に死んだ愛する人を失った人を慰めることは   彼が必要な時に彼を慰めると同様な効果を持つことはできない。   戒律とその戒律の実行は正しいタイミングを要求する。そしてタイミングの良いセンスを習得することは   我々の宗教的な知覚の発展において   重要な部分を演じる。こつを習得することは   戒律を行なうための正しい時を知るようになることを含む。何時しゃべり   そして何時黙るか。   The   hour   of   anger   ラビ・シメオン・ベン・エルアザル(Rabbi   Simeon   ben   Eleazar)は我々が他人により敏感になるような4つの方法を話した:最初は   怒っている人をなだめることを含む。2番目は   喪に服している人に慰めをもたらすことを扱う。3番目は   誓いを立てている人にいかに対応するかを扱う。そして4番目は   我々がこの章を始めたところの主題に我々を戻す----当惑させるという話題に。   最初に   シメオンは言った   「あなたの仲間が怒っている時に彼をなだめてはなりません。」   (Avot   4:23)   人が怒の道に行く時   もし彼が善き人であれば   彼の知恵は彼から離れる。もし彼が預言者であれば   彼の預言の力は彼から離れる。そしてもし彼に対する偉大さが天によって認められていた時でさえも   怒る人は誰であれそれ(偉大さ)を失う。   (Pesahim   66b)   激怒と怒は   人の中に深く食い込む   まわりのあらゆるものが酸っぱく変わるまで。怒の発作の中で人は   長く後悔するであろうことを言うであろう。誰かがあなたに怒っている時は   あなたが謝罪することが良い   「soft   answer」を与えるために。差分をつぎ当てするよう試みるのが良い   しかしタイミングとこつが必須である。シメオンは我々に警告した   怒りの頂点にいる人に謝罪したり言い訳しないように   なぜならば彼はその時に「Yetzer   HaRa(邪悪の衝動)」によってのみ制御されているからである。   「地獄の全ての部門は一人の怒りの男が支配している」   (Nedarim   22a)   その代わりに待ちなさい。あなたの現われる時を選びなさい   その怒りの人から激怒が消えた時を。もしあなたがあまり早すぎて来ると   あなたの出現が彼をもっと怒らせるだけであり   そしてそれはあなたが望むこととはちょうど反対である。   一方   もしあなたがあまり長く待ち過ぎると   怒っていた人はあなたに対して恨みを持つようになる。彼は心の中であなたを嫌うことを覚えるかもしれない。なぜならば怒った人は   「もっともっと愚鈍(stupid)になっている」   (Nedarim   22b)   Seeking   and   receiving   forgiveness   あなたは恨みを持った人々との幾つかの経験があるかもしれない。あなたが何度も何度も謝罪した後でさえ   彼らはあなたが悪いことをしたあらゆることをなお憶えており   あなたを敵と考えている。ラビたちは教えた:   戒律は言う   「あなたは心の中であなたの兄弟を嫌ってはならない。」なぜならば人は考えるかもしれない   「私は彼を殴ってはいけない   あるいは彼を打ってはいけない   あるいは彼をののしってはいけない。(しかし私はなお彼を敵として嫌うことは出来る)」それゆえに戒律は言う   「あなたは心の中で」   (Arachin   16b)   あなたが心から謝罪した後で   そしてあなたが起こしたかもしれないどんな損失も   埋め合わせした後に   もう一人の人があなたを許すことを拒否する時   その時はその人に罪がある。   たとえ彼が侮辱をした他の人に彼が支払をしたとしても   彼は神によって許されてはいない   彼が侮辱をした人から許しを求めるまでは。もし彼が他人を許さないならば   その人は無慈悲と呼ばれる。   (Mishnah   Baba   Kamma   8:7)   我々は他の人に心の中のものを制御することはできない。彼だけが自分の心を制御できる。しかし我々はなお許しを求め   我々の敵を友人に向けることができる希望を求めなければならない。我々が悪い時にこれをすればするほど   我々はもっと多くの友人を持つようになり   我々の共同社会はより良くなるであろう。   時々   ラビは言った   議論で我々が正しいと考えた時でさえ   我々は屈服すべきである。もし重要な議論でないのであれば   正しいことによって勝つよりは平和の方がより重要である。そして我々があまりのも頑固なために恨みが成長することがよくある。不一致で分離するよりも   我々が少しかがむ方が良い。   In   the   hour   of   death   ラビ・シメオンはまた忠告した   「彼の死が彼の前に横たわっている」時に   我々は彼に慰めを提供すべきではない。喪に服している人を慰めることは戒律である。しかし愛する人が死んだまさにその時には   その喪に服している人は私的な深い悲しみと嘆きの時間を持つ権利を持っている。我々はあまりにも早まって慰めようとすべきではない   なぜならば我々は彼をもっと悲しく嘆くようにさせてしまうだけだからである。   この種のこつについてはヨブ記の中から引用される   ヨブの愛する人たちがを死んだ時に   ヨブの三人の友人が彼を慰めようとやって来た。   さてヨブの三人の友人は   ヨブにふりかかった悪の一部始終を聞くと   彼を慰めようとそれぞれの国からやって来た。....彼らは七日七晩   ヨブと共に座っていたが   誰も話しかけることはできなかった   なぜならば彼らはヨブの苦痛が激しいのを見たので。   (ヨブ記2:11-13)   その三人はヨブの気分に対してとても敏感であったので   彼らは実際に七日七晩待った!その最後の時に   「ヨブがしゃべった」。そしてこれが   彼らにとってヨブを慰めるに適切な時であるという彼らの合図であった。   死に直面しては   我々が言えることはほとんどない。時々我々ができる最もよいこつは   ただ黙って座っていることである。ただ我々が居ることが   苦しんでいる人に良い効果をもつことができる。なぜならば   死は共同社会から人の最後の離別である   そしてその別離はとても耐えることが困難である。   ラビ・シメオンは敏感な人の気持ちを表現した。死は開いている傷のようである。   「彼の死が彼の前に横たわっている時」   人は苦しまなければなりません。そして我々は苦しみを許すほど十分に機転がなければなりません。   「ヨブ記」について   聖書の中でも   「ヨブ記」が言わんとしている深い意味を理解するのは難かしいのですが   少し紹介します。   ヨブ記1:1-3   ヨブは正しい人で   神を畏れ   悪を避けて生きていた。   七人の息子と三人の娘をもち   東の国一番の富豪であった。   ヨブ記1:6-12   ある日   主の前に神の使いたちが集まり   サタンもきた。   サタンは言った   「ヨブが   利益もないのに神を敬うでしょうか。あなたは彼とその一族   全財産を守っておられるではありませんか。彼の手の業をすべて祝福なさいます。おかげで   彼の家畜はその地に溢れるほどです。   ひとつこの辺で   御手を伸ばして彼の財産に触れてごらんなさい。面と向かってあなたを呪うに違いありません」主はサタンに言われた   「それでは   彼のものを一切お前のいいようにしてみるがよい」   ヨブ記1:18-21   ヨブのもとに召使がやってきて言った   「御報告いたします。   御長男のお宅で   御子息   御息女のみなさまが宴会を開いておられました。すると   荒れ野から大風が吹きつけ   家が倒れ   若い方々は死んでしまわれました」ヨブは立ち上がり   衣を裂き   地にひれ伏した。「主は与え   主は奪う。主の御名はほめたたえられよ」   このような時でも   ヨブは神を非難することはなく   罪を犯さなかった。   ヨブ記2:1-6   またある日   主の前に神の使いたちが集まり   サタンもきた。   主はサタンは言われた   「お前はわたしの僕ヨブに気づいたか。地上に彼ほどの者はいまい。無垢な正しい人で   神を畏れ   悪を避けて生きている。   お前は理由もなく   わたしをそそのかして彼を破滅させようとしたが   彼はどこまでも無垢だ」サタンは答えた   「皮には皮を   と申します。まして命のためには全財産を差し出すものです。   手を伸ばして彼の骨と肉に触れてごらんなさい。   面と向かってあなたを呪うに違いありません」主はサタンは言われた   「それでは   彼をお前のいいようにするがよい」   ヨブ記2:7-10   サタンはヨブに手を下し   頭のてっぺんから足の裏までひどい皮膚病にかからせた。   彼の妻は言った   「どこまでも無垢でいるのですか。神を呪って死ぬほうがましでしょう」   ヨブは答えた   「お前まで愚かなことを言うのか。   わたしたちは   神から幸福をいただいたのだから   不幸もいただこうではないか」   このようになっても   神を唇をもって罪を犯すことをしなかった。   ヨブ記2:11   さてヨブと親しいの三人の友人がヨブにふりかかった災難の一部始終を聞くと   見舞い慰めようと相談して   それぞれの国からやって来た。   ヨブ記2:13   彼らは七日七晩   ヨブと共に地面に座っていたが   その激しい苦痛を見ると   話しかけることもできなかった。   ヨブ記3:1   やがてヨブは口を開き   自分が生まれた日を呪って言った。「わたしの生まれた日は消えうせよ。.......   In   the   time   of   vow   ラビ・シメオンが誓いをしている時に見ていることを   我々の近代的な観点から理解することのより困難さは重要である。「彼の誓いの時間には彼に質問しないように」   シメオンは言った。   我々はこれを一般的な方法で理解できる:   人々が強い気持ちで一生懸命でそれがとても強く   それについて何かをすることを誓う時には   意見を言ったり議論せずに   我々は普通彼らの誓いを通すべきである。   普通   我々は人々に彼らの約束を維持してもらいたいと望んでいる   しかし我々が急いで約束をして   そしてそれをした後で後悔する時がよくある。シメオンがおそらく意味したことは   人ができないような約束をしたのを我々が聞いた時に   彼に質問をすべきではないということである。我々の質問は当惑させることになるかもしれない。それらはその人に   彼が本当にはしたくないことをさせるように強いるかもしれない。   もし我々がただ黙り続けることが全てより良いのである。それがこの場合のなすべき機転である。   例えば   友人が彼のための約束を忘れた理由で   「もう両親を決して信用しないと約束する」   というのをあなたが聞いたとしよう。あなたはその時にこんな質問をすべきではない:「あなたがもう両親を決して信用しない   というのは確かなの?」「もしあなたの両親でなければ   ほかの誰を信用できるの?」これらの質問はあなたの友人を当惑させるだけである。彼の誓いは怒り   あるいは急い状態の中で為された種類のものであり   それは本当には正直で真実なものを意味してはいない。   そんな時は少なくとも   あなたはそれを聞き過ごすべきである   たとえもしあなたがそれに不一致であろうとも。   In   the   hour   of   embarrassment   ラビ・シメオンのその最後の忠告は   「彼が不名誉な時間には彼を見ないように努力しなさい」   ここでシメオンは   うわさ話として進んでいる事をがつがつ見るような   機転のない人の話をしている。   ある人々は   他人について「悪い言葉」を広げて   他人を困惑させるの好きである。   しかし   Judaism   は我々に   各々の人間は貴重であり   神のイメージで造られていると教えている。   それでシメオンは   他の人を困惑させることを   人の精神を殺す種類のものとして見ている。   我々が公衆で困惑させられる時はいつでも   我々の中で血が反応を示す。ある善き人が教えた....:もし誰かが彼の隣人を公衆で恥をかかせると   それは彼が血を流すようなものである。   ラブ・ナフマンは答えた   すなわちこう言われている:顔の赤い血が退き   そして人が青ざめたように白さがやって来る   我々は知ることができるからである。   (Baba   Metzia   58b)   もしあなたがいかに困惑されているか感じることについて考えるとき   故意ではなくあながた何かをしたために   あるいはたまたまあなたに起こった何かのために   困惑がいかに深く傷つけるかあなたは知る。そこで   特に   我々が他の人々に敏感であることが必要である。ここに   また   タイミングとこつが重要である。   少女たちが   ダンスの後にちょうど一人の友達を探し出して   そして彼女とダンスをしようとした人は誰もいなかったという理由で彼女をからかった。   そんな少女たちは残酷である。   しかし少女が   ダンスの後にちょうど一人の友達を探し出して   そして彼女とダンスをしようとした人は誰もいなかったという理由で彼女を慰めた。   そんな少女は   また残酷である   たとえ同じ方法ではないけれども。   からかった彼女たちは邪悪な方法で残酷である。   彼女たちの行動は「Yetzer   HaRa(邪悪の衝動)」の行動である。   しかし   あまりにも早く慰めようとした彼女は   困惑させることを通して残酷である。   彼女は善い意味だけれども   彼女の行動は悪いタイミングであった:   それは機転がない。彼女は宗教的な知覚を使うことに失敗したのである。   あなたが友人に対して   いかにすまないかと感じていることを   彼に走っていって振り向いて告げる前に   あなたが本当にするかもしれないことが   本当に彼を助けることになるであろうかと   最初にあなた自身に質問すべきである。   さもなければ   あなたの「Yetzer   Tov(善の衝動)」を通してあなたが本当に行動していないで   あなたの「Yetzer   HaRa(邪悪の衝動)」を通して行動している   ということをあなたは見つけるかもしれない。   あなたの悪いタイミングが故意で残酷である   とあなたは見つけるであろう。   あなたはちょうど比較によって「大きく」見えたかったのかもしれない。   すなわちこれが   なぜシメオンが我々に   彼の不名誉な時間に」その友人を見ないようにと警告したかの理由である。   それは機転がなく   害がある。   そして   それは我々の現実の目的を忘れてしまう方法である。   その目的   ゴールとは   各々の人間は誰もがいかに重要であるか   我々の全てに対して平和がいかに大きく意味があるか   それを我々が思い出すことである。   我々のすべてが平等に造られている   そして我々の各々が唯一で価値がある   ということをただ知るだけでは十分ではない。   毎日の扱いについて   お互いに対して敏感であることを我々は学ばなければなりません。これをするために   我々は戒律を実行するタイミングを学ばなければならない   我々が物事を為されるべき時に正しい方法でするために。   正しい時間に正しい態度で物事を行なうことは   我々がこつと呼ぶところのものである。   我々が機転がある時   彼らを慰め支援することで我々の戒律は他人を助ける。   特に   緊張の時には   我々の情緒が興奮している時   ----   我々が怒っている時   我々が愛する人の死の喪に服している時   我々が急いで約束した時   我々が我々自身の行動によって困惑している時   ----   我々のまわりの人々   友人そして我々が愛する家族   の支援以上のものを我々は必要とする。   他人がそんな緊張を経験している時   彼らに対して良い友人であり   そしてまた親密な家族であることを   我々は同じく学ばなければなりません。   我々の宗教的な知覚を通して   我々は彼らを助ける最善の方法を見つける努力をすべきである   言葉によって   行動によって   あるいは沈黙のいずれかによって。   我々が何をしようとも   我々はより良い共同社会の我々のゴールの視点を   失ってはならない。   我々の行動は   我々自身   我々の友人   そして我々の親類を   ユダヤ人の生活の平和の流れにできるだけ早く戻す方向になされるべきである   そうすれば全体の共同社会が一つの家族として一緒に働くことができるようになる。  

サムネイル

合唱組曲 島よ (お話です) 「善い人間は9つの挑戦に 出会わねばなりません」 「誠実、不誠実、 その間のグレイエリア」

合唱組曲 島よ (お話です) 「善い人間は9つの挑戦に 出会わねばなりません」 「誠実、不誠実、 その間のグレイエリア」 ◎Mensch ---Nine Challenges a Good Person Must Meet 「善い人間は 9つの挑戦に 出会わねばなりません」 あなたの隣人を あなた自身のように愛しなさい 1. あなたの隣人の 血の上に立ってはいけない 2. 主の目にかなう 正しい良いことをしなさい 3. そのように良い道に従って、 そして正義の道を守りなさい 4. トーラの道は喜ばしく、 平和のうちにたどって行くことができる 5. あなたは聖なる者となりなさい、 なぜならばあなたの神.... 6. 正義、正義を追求しなさい 7. あなたの隣人の妻を 欲してはなりません 8. 家を新築する時は、 屋根にてすりを作りなさい 9. 私は弟の番人なのでしょうか? Not all biblical verses have had an equal impact on Jewish life すべての聖書の句がユダヤ人の生活に同じインパクトを与えてきているわけではない。そしてあるものは、他のものよりずっと、ユダヤ人の書物やユダヤ人の中で引用されている。例えば、聖書で最も有名な句、「あなたの隣人をあなた自身のように愛しなさい」、これはとても多くの論評を刺激している。 また、その他の9つの代表的な聖書の句や法律の編集からなる。それは数千年以上、良い人間(mensch)がいかに振る舞うべきかというユダヤ人の観念に強く影響させてきている。 1. Do not stand by while your neighbor's blood is shed 1.あなたの隣人の血が流されている間、そのそばに立ってはいけない。(文字どおりには、あなたの隣人の血の上に立ってはいけない) [ --- レビ記19:16] from The Talmud もしある人が、他の人から殺そうと追いかけられているならば、その追いかけられた人は、その追跡者の生命の値段と等しく、救われなければならない。--- 我々はこのことをいかにして知るか?この句、「あなたの隣人の血の上に立ってはいけない 」、からである。 [ --- Babylonian Talmud, Sanhedrin 73a] このように、彼を止める他の方法がまったく無い場合に限って、もし「追跡者」を殺すことがその人の能力の範囲内であるとき、その人はそうすることを余儀なくされる。 from The Talmud もしある人が、溺れている人、獣に噛まれている人、あるいは盗賊に襲われている人を見たならば、その人は彼を救う義務がある。--- 我々はこのことをいかにして知るか? この句、「あなたの隣人の血の上に立ってはいけない 」、からである。 [ --- Babylonian Talmud, Sanhedrin 73a] このタルムードは、Kitty Genovese の悪名高いケースを思い起こさせる:1964年3月、ニューヨーク市の通りで28才の女性が35分以上の間に殺された。38人の目撃者が窓から見ていた、しかし誰も警察を呼ばなかった。傷ついた女性の苦悩に満ちた叫び、「あぁ、神様、彼が私を刺した!どうか私を助けて!どうか私を助けて!」、にもかかわらず、彼女の隣人たちの無関心が頑固であった。後に、目撃者たちの提出した言い訳の中のものはこうであった:「私は巻き込まれたくなかった。」「私は疲れていた。ベットに戻った。」「率直に、我々は恐ろしかった。」 もしあなた自身の生命がそうすることによって危険になると予測されるならば、ユダヤ人の法律は、あなたに余儀なく干渉することはしない。しかし少なくとも、あなたは警察または助けてくれる他の人々を呼ばなければならない、そしてもし必要ならば、危険な人の生命を救うことができる人に金を支払わなければならない。 しかし、もしあなた自身のリスクが極小ならば、あなたは余儀なく干渉される。この場合、もし誰かが溺れているならば、そしてあなたが上手な水泳者であり、かつそのリスクが小さく見えているならば、あなたには助ける義務がある。 この命令は聖書の道徳の基盤であるけれども、それはアメリカの法律では拒絶されている。 ユダヤ人の法律の観点からは、そんな傍観者たちはひどい罪人であり邪悪な人々として考慮されるであろ。

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012-06-15 11:21:04.0
視聴回数:2042回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: 合唱組曲   島よ   (お話です)   「善い人間は9つの挑戦に   出会わねばなりません」   「誠実   不誠実   その間のグレイエリア」   ◎Mensch   ---Nine   Challenges   a   Good   Person   Must   Meet   「善い人間は   9つの挑戦に   出会わねばなりません」   あなたの隣人を   あなた自身のように愛しなさい   1.   あなたの隣人の   血の上に立ってはいけない   2.   主の目にかなう   正しい良いことをしなさい   3.   そのように良い道に従って   そして正義の道を守りなさい   4.   トーラの道は喜ばしく   平和のうちにたどって行くことができる   5.   あなたは聖なる者となりなさい   なぜならばあなたの神....   6.   正義   正義を追求しなさい   7.   あなたの隣人の妻を   欲してはなりません   8.   家を新築する時は   屋根にてすりを作りなさい   9.   私は弟の番人なのでしょうか?   Not   all   biblical   verses   have   had   an   equal   impact   on   Jewish   life   すべての聖書の句がユダヤ人の生活に同じイン   パクトを与えてきているわけではない。そして   あるものは   他のものよりずっと   ユダヤ人の   書物やユダヤ人の中で引用されている。例えば   聖書で最も有名な句   「あなたの隣人をあな   た自身のように愛しなさい」   これはとても多   くの論評を刺激している。   また   その他の9つの代表的な聖書の句や法律   の編集からなる。それは数千年以上   良い人間   (mensch)がいかに振る舞うべきかというユダ   ヤ人の観念に強く影響させてきている。   1.   Do   not   stand   by   while   your   neighbor's   blood   is   shed   1.あなたの隣人の血が流されている間   そのそ   ばに立ってはいけない。(文字どおりには     なたの隣人の血の上に立ってはいけない)   [   ---   レビ記19:16]   from   The   Talmud   もしある人が   他の人から殺そうと追いかけら   れているならば   その追いかけられた人は     の追跡者の生命の値段と等しく   救われなけれ   ばならない。---   我々はこのことをいかにして   知るか?この句   「あなたの隣人の血の上に立   ってはいけない     からである。   [   ---   Babylonian   Talmud   Sanhedrin   73a]   このように   彼を止める他の方法がまったく無   い場合に限って   もし「追跡者」を殺すことが   その人の能力の範囲内であるとき   その人はそ   うすることを余儀なくされる。   from   The   Talmud   もしある人が   溺れている人   獣に噛まれてい   る人   あるいは盗賊に襲われている人を見たな   らば   その人は彼を救う義務がある。---   我々   はこのことをいかにして知るか?   この句   「あなたの隣人の血の上に立ってはい   けない     からである。   [   ---   Babylonian   Talmud   Sanhedrin   73a]   このタルムードは   Kitty   Genovese   の悪名高   いケースを思い起こさせる:1964年3月   ニュ   ーヨーク市の通りで28才の女性が35分以上の間   に殺された。38人の目撃者が窓から見ていた   しかし誰も警察を呼ばなかった。傷ついた女性   の苦悩に満ちた叫び   「あぁ   神様   彼が私を   刺した!どうか私を助けて!どうか私を助けて   !」   にもかかわらず   彼女の隣人たちの無関   心が頑固であった。後に   目撃者たちの提出し   た言い訳の中のものはこうであった:「私は巻   き込まれたくなかった。」「私は疲れていた。   ベットに戻った。」「率直に   我々は恐ろしか   った。」   もしあなた自身の生命がそうすることによって   危険になると予測されるならば   ユダヤ人の法   律は   あなたに余儀なく干渉することはしない   。しかし少なくとも   あなたは警察または助け   てくれる他の人々を呼ばなければならない     してもし必要ならば   危険な人の生命を救うこ   とができる人に金を支払わなければならない。   しかし   もしあなた自身のリスクが極小ならば   あなたは余儀なく干渉される。この場合     し誰かが溺れているならば   そしてあなたが上   手な水泳者であり   かつそのリスクが小さく見   えているならば   あなたには助ける義務がある     この命令は聖書の道徳の基盤であるけれども   それはアメリカの法律では拒絶されている。ハ   ーバードの法律の教授である   Mary   Ann   Glendon   は記述している:「法律の一年目の生   徒たちの世代が   次のような架空のケースの一   つか二つの変化を通して法律の基本的な要素を   紹介されていた。あるオリンピックの水泳の選   手がプールの脇を歩いていた   そしてかわいら   しい赤ちゃんが浅い端で溺れているのを見つけ   る。彼は何の自分自身のリスクもなしに彼女を   簡単に救うことが可能だが   しかしその代わり     彼は椅子を止めてそして彼女が死ぬ時を見   ている」   この練習の目的は   その運動家が制定されてい   ない法律に違反したということ   そして実際に   「我々の法律のシステムには   危険にある他の   人を救う義務を掲げていない」ということを将   来の法律家たちに証明するこである     Glendon   は書いている。   Glendon   の文書のように   このケースは架空の   教室の練習として考慮されるべきではない:「   アメリカの裁判上の判決の長い路線の中で     止一貫して   溺れている人にロープを投げる義     切迫した強襲の疑いのない標的への警告を   する義務   あるいは事故の場面で死にそうに出   血している誰かに医療の援助を呼び出す義務   そのようなどんな義務からも   傍観者たちは免   除されてきている」   [   ---   Mary   Ann   Glendon   Rights   Talk   pages   78-80   ]   ユダヤ人の法律の観点からは   そんな傍観者た   ちはひどい罪人であり邪悪な人々として考慮さ   れるであろ。   「マクロ」のレベルでは   おそらく   「あなた   の隣人の血の上に立ってはいけない」の最も獄   悪非道の違反は   ホロコーストが起こっている   間で   同盟者たち(Allies)によって犯された   ことであった。   1944年を通して   ユダヤ人のグループがアメリ   カとイギリスの空軍に   アウシュビッツへユダ   ヤ人を輸送する鉄道線路を爆撃するように主張   した。その時は   その同盟者たちはヨーロッパ   中の空を制御していたので   攻撃される飛行機   のリスクは極小であった。実際に   1944年の間   その同盟者たちは   そこへ導いている鉄道線   路の上を何度も何度も飛んで   有名な死のキャ   ンプの55マイル以内に位置している7つの合成   石油工場を繰り返し爆撃した。しかしその同盟   者たちの軍隊は鉄道線路を爆撃する要求を拒絶   した。その同盟者たちの飛行機が最後にアウシ   ュビッツを2度たたいた時   ユダヤ人や他の入   獄者たちが労働を強制されて実行していた     のゴム製品の工場に彼らは爆撃を限定した。   [   ---   この同盟者たちの無関心の話は   2つの   重要な歴史的な作品の中で告げられている:   David   Wyman     The   Abandonment   of   the   Jews:   America   and   the   Holocaust   1941-   1945     and   Martin   Gilbert     Auschwitz   and   the   Allies   」]   From   The   Talmud   危険の中に住んでいる人々を活発に助けるため     人々に勇気を与えるために   タルムードは命令している:   もしある人が   追跡された人を救出するため     追跡者の後を追って   そしてある道具を壊し   たとしても   彼はそれを賠償する責任はない。   その道具が追跡者のもの   追跡された人のも     あるいは他の人のものであろうとも。   この場合は厳しい法律にそんなに従うべきで   はない。   しかしもしそうでなければ   追跡者から隣人   を救おうとする人はいないであろう。   (彼が支払わなければならない損害のために   そうしようとはしないであろう)   [   ---   Babylonian   Talmud   Sanhedrin   74a   ]   傍観者たちが脅迫された人を見たときに   彼ら   が間に入る動機付けのためだけに   この規則は   発布された。この規則の画期的な性質は   こん   な事実によって強調できる:「もし(追いかけ   られている)人が他の人々の所有する物品を壊   すならば   彼は賠償の責任がある」   (Maimonides   Mishneh   Torah   "Laws   of   Wounding   and   Damaging   "   8:13     この一般則のように   我々の場合の追跡者は同   様に賠償の責任があると   人は考えている。一   般に   追いかけられている人は自分の生命を救   う必要がある何でもするであろう   しかしそれ   と違って傍観者の方は   他人の生命を救うため   に努力することに対して   告訴されることはな   いと   安心させられることが必要である。   From   The   Shulkhan   Arukh   野蛮人あるいは人を害する陰謀の通報者を聞い   た彼(または彼女)は   意図された犠牲者に知   らせる義務がある。もし彼が加害者をなだめて   彼にその行動から思い止まらせることが出来る   のに   そうしないならば彼はこの法律に違反し   たことになる。この句   「あなたの隣人の血の   上に立ってはいけない     [   ---   Shulkhan   Arukh   Hoshen   Mishpat   426:1   ]   聖書のエステル記は記録している:モルデカイ     アハシュエロス王の宮廷の中で   二人の男   が王様を殺そうと陰謀しているのを立ち聞きし   た。モルデカイはこの事をいとこのエステル王   女に報告した。そして王様の命が救われた。   [   ---   エステル記2:21-23   ]   これは後に   モルデカイと彼の仲間のユダヤ人   に対して   ハマンの地獄のような陰謀を実行す   ることから   王様に止めさせる助けをした     ういう事実の一つであった。   By   Aryeh   Carmel   英国の   Rabbi   Aryeh   Carmell     力強い短い   物語「The   Midnight   Rescue」を書いた。この   命令「あなたの隣人の血の上に立ってはいけな   い」の遵守が   いかにして人に対して   「あな   たの隣人をあなた自身のように愛しなさい」の   命令を満たすように導くかを例示している。   それは過ぎたばかりの真夜中であった。私が人   の住まない町を通って川のあちら側の私のホテ   ルに向かって歩いていた。その夜は暗く霧がた   ちこめていて   そしてタクシーをひろうことが   できなかった。   私が橋に近づいた時   橋のらんかんの上にもた   れているみすぼらしい姿を見つけた。なんと「   おちぶれている」ことか   そう思った。その時   彼は消えた。私は   ぼっしゃんという音を聞   いた。おお神よ   私は考えた   彼はそれをした   。自殺だ!私は橋の下に戻っていった   堤防の   上に   そして川の中に歩いて渡った   私は流れ   に運ばれた彼をつかんだ。彼はまったく若いや   つであった。彼はまだ息をしていた。   二人の人が見ていた   そして私は彼らに救急車   を連れてくるように叫んだ。彼らは何とかして   タクシーを止め   そして我々は協力してその男   をタクシーの中に運んだ.....。私は乗って   そして最も近い病院の緊急室に行くように運転   手に告げた。私は   その男が病院に許可される   のを待って   私が報告を与えて   そして最後に   そのタクシーで私のホテルに行った。   私は良いスーツを破壊させてしまった。朝に自   分がひどい寒気があるだろうと知っていたが   それは良くなって来るだろうと感じるた。しか   しともかくも   私は一つの生命を救ったのだ。   私は暑い風呂に入り   そしてベッドに入った。   しかしそれはまだ私を心配させた。そんな若い   男が!   なぜ彼はそんなことをしたのか?   その次の朝   私が自由になるやいなや   大きな   葡萄の房を買って   病院に旅立った。この事の   背景には何があるのかを見つけ出そうと私は決   心した。おそらく私は助けることができるだろ   う。   なぜ私はその男にそんなに興味を持ったのであ   ろうか?この大きな都市には   少なくとも半ダ   ースの人が毎晩に自殺している。彼らの悲境は   私に作用しかった。今度は   それが私の気を引   いた。もちろん。最初にあなたが「与える」   その時あなたが「関心をもつ」   (First   you   "give"   then   you   "care")   私は全く多くのものを与えた。私は自分の生命   のリスクを持った   そしてその買物で悪い風邪   を得た。私はその男に私自身の何かを投資した   のだ。今   私の愛と関心が目をさまされた。す   なわちいかにそれが進むかである。最初に我々   が「与える」   その時我々が愛するようになる     (First   we   "give"   then   we   come   to   love)   [   --   Aryeh   Carmell   Masterplan:   Judaism:   Its   Program   Meaning   Goals   pages   118   -119   ]   もしあなたが誰かに代わって証言をする立場に   あるならば   あなたは黙ったままでいることは   許されない---   我々はこのことをどこから学ぶ   か?この句   「あなたの隣人の血の上に立って   はいけない     からである。   [   --   Sifra   Leviticus   on   19:16   ]   ユダヤ人の法律の観点では   証言するようあな   たを召喚する法廷が的はずれであろうがなかろ   うが   全てのことは   あなたが正義を前進させること   ができる何かを   知っているかどうかである。   もしあなたが知っていて   そして知っているこ   とを告げることを拒否するならば   あなたは重大な罪であり   有罪である。   2.   Do   what   is   right   and   good   in   the   sight   of   the   Lord.   2   主の目にかなう正しい良いことをしなさい。   [   ---   申命記   6:18]   from   The   Talmud   Rav   Judah     Rav's   の名で教えた:もし人が   兄弟たちやパートナーに属している田畑の間   に横たわっている財産の所有を(土地の税金の   支払いを通して)取っているならば   彼はずう   ずうしい男である。しかし移転させることは出   来ない....   Neherdea(に住むラビの審判)は   こう規定した:彼は   その土地から移転させら   れる(すなわち強制的に売らさせた)....     ぜならば   それはこう書かれているからである   。「主の目にかなう正しい良いことをしなさい     [   --   Babylonian   Talmud   Bava   Mezia   108a   ]   ユダヤ人の法律に従うと   公平がこう要求する   :有効な土地に隣接した財産を所有している人   々は   それを獲得する最初の機会が与えられる   べきである。上のケースにおいては   その買人   はその土地の有効性が知らされる以前に入り   そしてそれを獲得した。聖書の句に明確に書か   れた原則のために   Neherdea   の地   これはバ   ビロニアの都市でユダヤ人の宗教的な生活の主   要な中心地   その地のラビたちは   その買人に   強制的にその土地を売らせた。   そんな論理は   都市の道徳を理解しているほと   んどの人々の面前に飛んでいる。しかしそのト   ーラの句は   「何が利益があるか」ではなく   「何が正しく良いことか」   という標準へユダ   ヤ人を支えている。   マザー・テレサが違った文脈で意見を言った:   神は   成功するように私を召しているのではな     神は   公正であるように私を召しているの   である。   3.   So   follow   the   way   of   the   good   and   keep   to   the   paths   of   the   just.   3.   そのように良い道に従って   そして(人々の)正義の道を守りなさい。   [   ---   箴言   2:20   ]   from   The   Talmud   ある従業員たちが無頓着に   Rabbah   son   of   Bar   Hanana   の所有するワインの樽を壊した。   そして(彼らがその損害の支払に失敗した時に     Rabbah   は彼らのコートを取り上げた。彼   らは   Rav   のところに行って不平を言った。「   彼らにコートを返しなさい」   Rav   は命じた。   「それは法律ですか?」   Rabbah   は質問した   。「そうだ」   彼は答えた   「なぜならばこう   書かれている   "そのように良い道に従って"   」Rabbah   はその運搬人たちにコートを返した     その時   彼らは(Rav   に)不平を言った。「我   々は貧乏人です   我々は一日中働いた   そして   空腹です   そして我々は何も持っていない」「   行って   彼らに支払いなさい」   Rav     Rabbah   に命じた。「それは法律ですか?」   Rabbah   は質問した。「そうだ」   彼は答えた   「なぜならばその句の後ろを見なさい   "そ   して正義の道を守りなさい"     [   --   Babylonian   Talmud   Bava   Mezia   83a   ]   ユダヤ人の法律に従うと   無頓着な従業員は彼   らが働いた損害に対して責任がある。そして   Rabbah     彼らのコートを押収して   彼らに   支払わない   そのことは十分に彼の権利の範囲   内であった。しかしRav   は規定した:この場合   ---   前もっての考えではなく無頓着から生じた   破壊   ---   に法律を文字通りに適用することは   不公平に導くであろう。彼は   Rabbah   がより   高い標準   「lifnim   me-shurat   ha-din   (beyond   the   letter   of   the   low   )」として   知られているところのもの   に責任を持つよう   に支持した。   このタルムードの逸話は   もっと限定された財   産の被告に対して   法律の厳しい適用を主張し   ないように   豊かな人を勇気付けるのにしばし   ば引用される。ある友人が私に言った   巡回の   窓洗い人が不注意に高価な花瓶を壊した時     はこの規則を考えた。彼の最初の本能は   その   男にその花瓶を弁償させること   あるいは少な   くとも彼の仕事に支払をしないことであった。   しかし彼がこのタルムードの規則を思いだした     彼はその男に金を支払い   そして彼の花瓶   を壊した謝りを受け入れた。   4.   Her   ways   [   the   ways   of   Torah]   are   pleasant   and   all   her   paths   peaceful.   4.   彼女の道(トーラの道)は喜ばしく   平和のうちにたどって行くことができる。   [   箴言   3:17   ]   from   The   Talmud   トーラの全体は平和を促進するためである。こ   う書かれているように。「トーラの道は喜ばし     平和のうちにたどって行くことができる」   [   --   Babylonian   Talmud   Gittin   59b   ]   この箴言の句は   トーラの厳格な適用は不公平   に導くであろうという例で案内している。この   句の影響のもとで   タルムードのラビは   「darkei   shalom(The   way   of   peace)」とい   う教義を創作した。これはより平和で公平な個   人間の関係をもたらすように   ある程度の法律   を変えるほどに進めていこうというもの。   例えば   聖書の法律に従うと   人が必要とされ   ている項目の物理的な所有をするまでは   財産   の所有権は許可されない。普通   これは公平の   問題を起こさない。しかしタルムードは質問し   ている   このようなケースはどうなのか?貧し   い人が公衆の領地にあるオリーブの木の頂上に   登り   その後に地面でそれらを拾い集めるとい   うつもりで   オリーブをたたき落とし始めた。   彼はオリーブを拾うまでは所有権がないために   聖書の法律は   通行人が地面からオリーブを   拾って保持することを許すであろう。   しかしそのラビは「Mipnei   darkei   shalom   (because   of   the   way   of   peace)」を規定し   た。そのオリーブはたたき落とした人に属する   。たとえ聖書の法律は技術的に彼または彼女に   そうすることを許しているが   それらを取った   他の誰でもそれは泥棒である。   [   ---   Mishuna   Gittin   5:8]   この原則の現代での一つの適用は   誰かがビジ   ネスの取引をほとんど結んでいる(契約がまだ   サインされていない)時に   ある人がそのビジ   ネスを「盗む」ために入り込むことを禁止する   というものである。   このタルムード(Gittin   61a)は   また   「Mipnei   darkei   shalom(because   of   the   way   of   peace)」の普遍的な例を引用している   :我々は   イスラエルの貧乏人と一緒に   非ユ   ダヤ人の貧乏人を支援する。そしてイスラエル   の病人と一緒に   非ユダヤ人の病人を訪問する   。そしてイスラエルの死人と一緒に   非ユダヤ   人の死人を埋葬する。そして   .......     5.   You   shall   be   holy   for   I   the   Lord   God   am   holy.   5.   あなたは聖なる者となりなさい   なぜならば   (あなたの)神   主であるわたしは   聖なる者であるから。   [   ---   レビ記   19:2   ]   この句に関してタルムードは注釈している。   from   The   Talmud   あなたに   許されているところのものを通して   あなた自身を聖別しなさい。   [   ---   Babylonian   Talmud   Yevamot   20a   ]   トーラの禁止が   その中あるいはそれに   無い   であろう活動から単にさし控えることが   人を   聖なる者に導く。例えば   人はユダヤ人の法律   によって許可されている食べ物を   自分に制限   することができるし   なおも「ブタのように食   べる」こともできる。同様に   人が飲む方法も   ビジネスの活動を実行するのも   そしてユダ   ヤ人の法律を破らないかもしれないセックスを   するのも   なおも聖でないことにもなる。この   ように   ラビたちは上記の警告を加えた。この   ようにして   人が引きつけられるその活動が何   であろうが   聖書の命令   「あなたは聖なる者   となりなさい」   これを十分に満たしているか   どうか   人は自分自身に問わなければならない   。非宗教的な世界は   それに対比して当然     なるという概念を欠いている。   6.   Justice   justice   you   shall   pursue.   6.   正義   正義を追求しなさい。   [   ---   申命記   16:20   ]   by   Hasidic   Rabbe   Ya'akov   Yitzhak   彼らは「the   holy   Yehudi   」(として知られる   Hasidic   Rebbe   Ya'cov   Yitzhak   )に尋ねた。   「なぜこう書かれているのか   "正義   正義を   追求しなさい"?なぜ単語   "正義(Justice)"   が2回なのか?」彼は答えた:「我々は正義を   正義で従うべきである   そして不正で従うべ   きではない」その意味はこうである:正義の終   わりに手段として不正を使うのは   それ自身不   正な終わりを作る。   [   --   Hasidic   Rabbe   Ya'akov   Yitzhak   of   Pzhysha(1766-1814)   quoted   in   Martin   Buber   ed.   Ten   Rungs:   Hasidic   Sayings   page   7   ]   タルムードは   「正義   正義を追求しなさい」   の句を   2つの「権利」が対決する場合での案   内を提供するものとして理解している。双方の   パーティが妥協することによって正義が奉仕さ   れる   とタルムードは説明している。   例えば   川で帆走している2つのボートが出会   うところで   もし双方が同時に通過しようと試   みるならば   双方が沈むであろう。そうでなく   もし一方が他方のために行く道を作っている   とき   双方が災害に会わずに通過することがで   きよう。   [   ---   Babylonian   Talmud   Sunhedrin   32b]   タルムードは同様に   「正義   正義を追求しな   さい」の句を   より少ない苦しみを生じるであ   ろうパーティが   より多い苦しみを生じるであ   ろうパーティに対して恩恵を施す物として理解   している。これは個人的な   そして同様に     族の論争で従うべき良い案内になる。   2頭のラクダが   Beit-Horon   への登り道の途中   で出会った。もし彼ら双方が同時に登るならば   双方が(谷の中に)ころげ落ちるであろう。   もし彼らが一方の後にもう一方が登るとき     方が安全に登ることができる。彼らはいかに行   動すべきであるか?もし一方が荷を積み   他方   が荷を積んで無いなければ   荷を積んで無い方   のラクダが   荷を積んだラクダを先に行かせる   べきである。   [   ---   Babylonian   Talmud   Sunhedrin   32b]   1952年にイスラエルでは   この何ともあいまい   なタルムード的な議論が広く討論された。その   秋に   国の軍事奉仕に女性を懲兵する政府の権   利に関して   宗教的/非宗教的な論争によって   この国は分裂された。その論争の真只中で     理大臣ベン・グリオン(David   Ben-Gurian       the   Hazon   Ish(Rabbi   Avraham   Yeshayahu   Karelitz   1878-1953   )に会うた   めに   Bnai   Brak   に旅立った。   彼はイスラエルの超正統派ユダヤ人(ultra-   Orthodox   Jews)の指導者であった。ベン・グ   リオンはこの宗教的な賢者に質問した。いかに   したら宗教的なユダヤ人と非宗教的なユダヤ人   が調和して一緒に生活することができるか。   The   Hazon   Ish   の応答は前述のタルムード的な   議論を基本にしていた:   タルムードはこう述べている。2つの船が川を   下っている。一方が荷を積み   他方が空で     して双方が出会う。もし彼らが互いに通過しよ   うとすれば   双方が沈んでしまうであろう。空   の船はバックして   荷を積んだ船を先に行かせ   なければならない。宗教的なユダヤ人の   船.....神の名前とトーラの献身を神聖にして   いる何千年もの荷を積んでいる。その船は我々   の時代の狭い海峡の中で   非宗教家たちの空の   船に出会ってきている。そこには妥協をするこ   とができない。そこには調和ができない。船の   間の衝突は避けられないようである。それゆえ     どちらの船がどちらの船より前に戻るべき   であろうか?我々の荷を積んだ船より前に     なた方の空の船ではないのですか?   [   ---   Lawrence   Kaplan   が引用した   "The   Hazon   Ish:   Haredi   Critic   of   Traditional   Orthodoxy   "   page   169   ]   言うまでもなく   非正統派イスラエル人(non   -Orthodox   )の社会を空とした   the   Hazon   Ish   の特性描写を   総理大臣   Ben-Gurian   は激   しく否定した。しかし市民戦争を避けることを   切望して   彼は宗教的な女性を軍隊の懲兵から   免除した。   7.   You   shall   not   covet   your   neighbor's   wife:   You   shall   not   crave   your   neighbor's   house   or   his   field   ...   or   his   ox   or   his   donkey   or   anything   that   is   your   neighbor's   7.あなたの隣人の妻を欲してはならない。隣   人の家     ...牛   ろばなど   隣人のものを   一切欲しがってはなりません。。   [   ---   申命記   5:21   十戒の第10番目の戒律     り]   あなたが今持っている以上に欲しがることは悪   いことではない   しかしあなたの隣人の出費で   のそれを欲しがることは悪いことである。トー   ラの法律は   「考え」を取り締まる企てはほと   んど決してしてなく「行為」のみである。この   場合に一つの例外はある   なぜならば   他人の   ものを欲しがることは   不品行な行為へと必然   的に導くような強い欲望を現わすからである。   from   The   Bible   聖書は   他人のものを欲しがることの罪を犯し   たとして   二人の王を書き表している。彼らは   多分ほとんど他の誰よりも多くを所有していた     ダビデ王はウリヤの妻であるバテシバを欲しが   った(サミエル記下11章)。結果として   彼は   すぐに十戒の他の2つを破った:ダビデ王は   彼女と姦通の罪を犯した(第7番の戒律)。   彼女が妊娠した時に   潜在したスキャンダルを   覆い隠すために彼女の夫を殺した(第6番の戒   律)。   その一世紀以上後に   アハブ王がナボテという   男のワイン畑を欲しがった(列王記上21章)。   ナボテがアハブ王に土地を売るのを拒否した時     アハブ王は深く意気消沈した。彼の妻イザ   ベルは   彼のために必要などんな方法をとって     その土地を獲得する決意をした。彼女は   にせの目撃者たちが   ナボテが反逆罪を犯した   と証言するように手はずを整えた   そしてその   証言は彼を死刑執行に導き   その後に王が彼の   畑を所有した(第8番の戒律)。   このように   他人のものを欲しがることで始ま   った事が   十戒の3つ以上を破ることで終わっ   た:「うその証言を支えること」を禁止する第   9番の戒律   殺人を禁止する第6番の戒律   そし   て盗みを禁止する第8番の戒律。   人は   彼あるいは彼女が   他人のものを欲しが   る衝動を制御することを学ばないならば   良い   人間(mensch)になることができない。人は   常に自分自身で思い起こさなければなりません   。他の人に属しているものは   彼あるいは彼女   に許されてはいないことを。   8.   When   you   build   a   new   house   you   shall   make   a   parapet   for   your   roof   so   that   you   do   not   bring   bloodguilt   on   your   house   if   anyone   should   fall   from   it.   8.   家を新築する時は   屋根にてすりを作りなさい   そうすればもし人がそこから落ちても   あな   たの家が血を流した罪に問われることがないよ   うに。   [   ---   申命記   22:8   ]   from   The   Shulkhan   Arukh   ユダヤ人の法律に従うと   もしあなたの家が平   な屋根を持つならば   人が落ちることなしにそ   れにもたれることができるほど強いてすりを取   付けなければなりません。   (Shulkhan   Arukh   Hoshen   Mishpat   427:1   5     同様に   もしあなたがあなたの土地に井戸ある   いは穴を掘るとき   誰もが落ちないようにそのまわりにてすりを付   けるか   あるいはおおいを施さなければなりま   せん。   (Shulkhan   Arukh   Hoshen   Mishpat   427:7   ;   この聖書の法律の変化した派生がリストされて   いる---   Zelig   Pliskin   Love   Your   Neighbor   pages   415-416     ラビたちはまたこの聖書の法律を   破壊的な傷   害を起こすであろう彼の財産から何かを取り除   くように人に義務つけているものとして理解し   ていた:人は   邪悪な犬を元気付けるべきでは   ないし   また家の中にぐらぐらした階段を放置   すべきではない   ということを我々はどこから   学ぶであろうか?この句からである   「あなた   の家が血を流した罪に問われることがないよう       [   ---   Babylonian   Talmud   Ketubot   41b]   この法律が明らかにしているように   人間は   彼らの行動あるいは受動性の結果として引き続   いて起こり得る傷害を予知することを期待され   ている:もしある人が公衆の領地に一つのガラ   スの器を置いて   そして旅の人がそれを壊した   ならば   それを壊した人はその破壊に責任はな     なぜならば人々が歩いている時にそんなに   注意深くすることを期待されていないからであ   る。実際にもし旅の人が怪我をしたならば     のガラスの器の所有者はその傷害に対して責任   がある。   [---Moses   Maimonides   Mishneh   Torah   "Laws   Concerning   Property   Damage   "   13:5   ]   9.   Am   I   my   brother's   keeper?   9.   私は弟の番人なのでしょうか?   [   ---   創世記4:9   ]   最後に   我々は   カインが弟アベルを殺した後     カインによって神に提出された質問に来る   。聖書のその残りの部分の全ては   カインの疑   念の質問に対して鳴り響く肯定の回答であるの     と主張することは誇張ではない。   ◎Honesty   Dishonesty   and   the   "Gray   Areas"   in   between   「誠実   不誠実   その間のグレイエリア」   商売の誠実さ   盗みの最悪の型   盗人の要求する正義とは何か   商売の道徳   なぜ正直な人々は   正直でない世界に   注意深くなければならないのか   完全に正直であることの意味は何か   Business   Honsty   商売の誠実さ   from   The   Mekhilta   もし人が彼の商売の取り引きで誠実であり     々が彼を尊敬するならば   彼はトーラ全体の義   務を果たしかのようにみなされる。   [   ---   Mekhilta   Vayeesa   chapter   1   (see   Lauterbach   Vol.II   page   96;see   also   page   3   and   the   teaching   that   the   first   question   posed   to   a   person   after   death   concerns   honesty   in   business)   ]   あなたの友人の資産を   あたかもあなた自身の   ものであるように扱いなさい。   [   ---   Ethics   of   the   Fathers   2:17   ]   小売商人は   物差し(measure)を週に二度   ふき取らなければならない   重り(weight)を   週に一度   ふき取らなければならない   秤り(   scale)を重さを計る度に   ふき取らなければ   ならない。   [   ---   Mishna   Bava   Bathra   5:10   ]   言い替えれば   商人は注意しなさい!   売り主は   一つの置き場に異なった等級の生産   物を混在させてはいけない。(より親しみのあ   る用語で言えば   売り主は   全てが同じ品質で   ないならば   最も素晴しく最も赤くなったいち   ごを一番上に置いてはいけない)ブドウ酒を水   で薄めた売り主は   それを客に全て明かさない   で売ってはいけない。そしてどんなことがあっ   ても   彼はそれを卸売り業者には売ってはいけ   ない   たとえ彼が卸売り業者に薄めたことを明   かしたとしても。なぜならば   その卸売り業者   が客をだますかもしれないからである。   [   ---   Mishna   Bava   Mezia   4:11   ;I   have   followed   the   translation   of   and   included   the   annotations   of   Gordon   Tucker   "Jewish   Business   Ethics   "   page   35   ]   自分自身を比較的に誠実だと考えている人々が   盗品である商品を買うことに関して   ラビは   たとえ話をした。盗品の受取り人を死刑にして   盗人の方は許していた統治者の話がある。誰   もがこの統治者を合理的な行動をとならいと非   難した。それで彼は何をしたのか?彼は領地内   に宣言した   「全ての人々は闘技場に!」次に   彼は何をしたのか?彼は   多くのねずみを連   れてきた   そして彼らの前に食べ物の分け前を   置いた。ねずみたちは   その分け前を取って   彼らの穴の中に運んだ。   その翌日   彼は宣言した   「全ての人々は闘技   場に!」再び   彼は   多くのねずみを連れてき   て彼らの前に食べ物の分け前を置いた。しかし   今度   彼は   ねずみたちの穴をふさいでしまっ   た。それでねずみたちが分け前を取って運んだ   とき   穴がふさがれているのを知り   元の場所   に分け前を戻した。このように   ねずみは行動   してみせた。しかし盗品の受取り人にとっては   どこにも盗人がいないであろう。   [   ---   Leviticus   Rabbah   6:2;I   have   followed   almost   verbatim   the   translation   of   William   Braude   in   H.N.Bialik   and   Y.H.Ravnitzky   The   Book   of   Legends   page   652   ]   あるタルムードの討論コースの中で   Rabbi   Joseph   がこのたとえ話の架空の統治者と同じ   ような観点で表現した:ねずみではない   その   穴が盗人なのだ。   彼と同じ時代のAbbayeは   不注意にもその盗人   を無罪にしたことで彼に挑戦した:それでも   もしねずみがいなかったなら   いかにしてその   穴が盗品で満たされるであろうか?   [   ---   Babylonian   Talmud   Gitten   45a   ]   もしあなたが盗人から盗むのであれば   あなた   もまた盗みを味わったことになる。   [   ---   Babylonian   Talmud   Berakhot   5b   ]   The   Worst   Forms   of   Stealing   盗みの最悪の型   from   The   Tosefta   一個人から盗むよりは   多数から盗む方が最悪