PeeVee.TV
   

  ログイン

ホーム 新規ユーザー登録

新着動画一覧

01 02

サムネイル

アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です)「タルムード・道徳と神の必要性」「ヲシテ文献の ホツマタエ、ミカサフミ、フトマニ」

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です) ミシュナー・タルムード 「アヴォート(Avot)」篇 「道徳と神の必要性」 「ヲシテ文献の ホツマタエ、 ミカサフミ、 フトマニ」 ◎Is God necessary For Morality ? 「道徳のために、神は必要であるのか?」 In the nineteenth century ... The attempt made in recent decades by ... reference(登場する学者の名前) In the nineteenth century ... from Erich Fromm 19世紀に、問題は神が死ぬいうことであった; 20世紀に、問題は人が死ぬということである。 [ --- Erich Fromm, The Sane Society ] 宗教に対抗して人気のある議論は、その宗教の名のもとで多くの悪事が行なわれてきていることである。しかし歴史上で二つの最も殺人的な社会、ナチスとソヴィエト共産主義者、は攻撃的な無心論者であった、ということはめったに説明されていない。ヒトラーは、「ユダヤ人の専制的な神」の破壊を自分の生涯の使命と宣言した、一方でソヴィエト連邦は73年の歴史の間、神の信仰を弁護することを犯罪とした。 フロム(Fromm)が引用している「神の死」とは、19世紀後半の哲学者ニーチェ(Friedrich Nietzsche)によって最初に明確に言われた観念である。およそ同じ時代に、ドストエフスキー(Feodor Dostoevsky)が「カラマゾフの兄弟」の中で、 「もし神がいないのであれば、全てが許される」、と書いた。 ユダヤ教の視野からは、ドストエフスキーのコメントは一つの論理的な結論である:もし神がいないのであれば、何事かが禁止されるべきであるとは誰が言えるのであろうか?今日において、「ヒトラーがなぜ悪かったのか?」という質問に対して、哲学的に強要する答えは全く存在していない、「神がそう言うからである」ということを離れては。 今世紀の最も著名な非宗教的な哲学者ラッセル(Bertrand Russell)は、 彼自身、神のない主観的な道徳の危険を明確に言った:「道徳的な価値の主観性に対する議論をいかにして論破するか、私には分からない。しかし、残酷ないたずらをもった誤ちの全てのことは、私が好まないことである、ということを自分が信じることができないと私は分かっている」 ラッセルは彼の90才代まで良心的に生きたけれども、彼が好まない以上に、 残酷ないたずらに対抗してより強要する議論を作りだすことは決してなかった。 不幸にして、相当な数の人々がそういうことを好んでいる。 from The Tosefta ある哲学者が Rabbi Reuven に聞いた、「世界で誰が最も嫌いな人ですか?」Rabbi Reuven は答えた、「自分の創造者を否定する人」「それはなぜですか?」 そのラビは答えた: 「あなたの父と母を尊敬しなさい....。あなたは殺してはなりません....。あなたは盗んではなりません.....。あなたは隣人に対して嘘の証言を支持してはなりません.....。さぁ聞け、人は彼らの創造者(神)を拒否するまでは、これらの法律のどれも拒否することはない」 [ --- Tosefta Shevuot 3:6 ] The attempt made in recent decades by .... このことから道徳に対して神の必要性についてが思考できます。 ◎「ヲシテ文献の ホツマタエ、 ミカサフミ、 フトマニ」 「初代アマカミの クニトコタチが 木の実を採って 魚、獣を獲って 穴居でございましたが、 木の実の品種の向上を行って 穴居を建物の居場所を造り 改革が行われて 憲法的制度と文字の創始と 人々の生活と文明の度合いの向上があり建国が成立しました。 四代目アマカミの ウビチニ・スビチニの時代に 農耕と乾坤制度が確立して 普及しました。 六代目アマカミの オモタル・カシコネの時代に 季節が寒冷になり 農耕が不作のため 秩序が不安定になり 犯罪者が出て このとき 罪人を斬るホコ(剣)が造られました。 七代目アマカミの イサナギ・イサナミが 新田開発を行って国を再建して 国の言語の整理をしました。」

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.6.11. 17:01
視聴回数:7641回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: アヴェ・ヴェルム・コルプス   (お話です)   ミシュナー・タルムード   「アヴォート(Avot)」篇   「道徳と神の必要性」   「ヲシテ文献の   ホツマタエ   ミカサフミ   フトマニ」   ◎Is   God   necessary   For   Morality   ?   「道徳のために   神は必要であるのか?」   In   the   nineteenth   century   ...   The   attempt   made   in   recent   decades   by   ...   reference(登場する学者の名前)   In   the   nineteenth   century   ...   from   Erich   Fromm   19世紀に   問題は神が死ぬいうことであった;   20世紀に   問題は人が死ぬということである。   [   ---   Erich   Fromm   The   Sane   Society   ]   宗教に対抗して人気のある議論は   その宗教の名のもとで多くの悪事が行なわれてきていることである。しかし歴史上で二つの最も殺人的な社会   ナチスとソヴィエト共産主義者   は攻撃的な無心論者であった   ということはめったに説明されていない。ヒトラーは   「ユダヤ人の専制的な神」の破壊を自分の生涯の使命と宣言した   一方でソヴィエト連邦は73年の歴史の間   神の信仰を弁護することを犯罪とした。   フロム(Fromm)が引用している「神の死」とは   19世紀後半の哲学者ニーチェ(Friedrich   Nietzsche)によって最初に明確に言われた観念である。およそ同じ時代に   ドストエフスキー(Feodor   Dostoevsky)が「カラマゾフの兄弟」の中で   「もし神がいないのであれば   全てが許される」   と書いた。   ユダヤ教の視野からは   ドストエフスキーのコメントは一つの論理的な結論である:もし神がいないのであれば   何事かが禁止されるべきであるとは誰が言えるのであろうか?今日において   「ヒトラーがなぜ悪かったのか?」という質問に対して   哲学的に強要する答えは全く存在していない   「神がそう言うからである」ということを離れては。   今世紀の最も著名な非宗教的な哲学者ラッセル(Bertrand   Russell)は   彼自身   神のない主観的な道徳の危険を明確に言った:「道徳的な価値の主観性に対する議論をいかにして論破するか   私には分からない。しかし   残酷ないたずらをもった誤ちの全てのことは   私が好まないことである   ということを自分が信じることができないと私は分かっている」   ラッセルは彼の90才代まで良心的に生きたけれども   彼が好まない以上に   残酷ないたずらに対抗してより強要する議論を作りだすことは決してなかった。   不幸にして   相当な数の人々がそういうことを好んでいる。   from   The   Tosefta   ある哲学者が   Rabbi   Reuven   に聞いた   「世界で誰が最も嫌いな人ですか?」Rabbi   Reuven   は答えた   「自分の創造者を否定する人」「それはなぜですか?」   そのラビは答えた:   「あなたの父と母を尊敬しなさい....。あなたは殺してはなりません....。あなたは盗んではなりません.....。あなたは隣人に対して嘘の証言を支持してはなりません.....。さぁ聞け   人は彼らの創造者(神)を拒否するまでは   これらの法律のどれも拒否することはない」   [   ---   Tosefta   Shevuot   3:6   ]   The   attempt   made   in   recent   decades   by   ....   from   Will   Herberg   最近の数十年に   非宗教的な思想家たちは   彼らの(聖書に基づいた)宗教的な文脈から(西洋文明の道徳的な原理を)分離するために   「人類愛」の道徳として彼ら自身の生活をすることができるということに確信にもって   行った試みは   ある作家が「切り花文化(cut-flower   culture)」と呼んだ結果となった。   切り花はそれらのオリジナルな美と香を保持している   しかし今それらの根から供給されている生命力を保持している間だけである;それが使い果たされた後には   切り花は枯れて死んでしまう。自由   兄弟関係   正義   そして個人の尊厳   ---   我々文明の道徳的な土台を形成している価値   ---   も同じである。   それらがわき出てくる信仰の元気つける力を無くしては   それらは意味をもたないし生命力もない。神に根拠がない道徳は   実際に砂の上に建てられた家であり   衝動からの気まぐれや   権力と私利私欲の野蛮な圧力に対抗して耐えることができない。   [   ---   Will   Herberg   Judaism   and   Modern   Man   page   91-92   ]   from   Irving   Kristol   (西洋世界で非宗教家である我々人々は)ニーチェの挑戦によって我々自身が悩まされたと見ていた:もし神が本当に死んだのであれば   どの特別な実行が禁止されている   あるいは許されている   ということを我々は何の権威によって言うことができるのか?   近親相姦(incest)が悪いことである   ということを純粋な理由だけで我々に告げることはできない。獣的欲望(bestiality)が悪いことである   ということを純粋な理由だけで我々に告げることはできない。実際に   今日   獣的欲望に対抗する唯一の議論はこうである:動物たちがそれを楽しむのかどうかを   我々が知ることはできないために   それは「動物の権利」に違反している。   [   ---   Irving   Kristol   "Afterword   "   in   David   Dalin   ed.   American   Jews   and   the   Separationist   Faith   page   161   ]   from   J.David   Bleich   昔のイーデッシュの格言   私が偉大な祖母から子供の時に最初に聞いた:「あなたが荷馬車に乗って   そして教会の門を通過する時に   もし運転手が彼自身で十字を切らないならば   ただちに降りなさい」   [   ---   J.David   Bleich   in   David   Dalin   ed.   American   Jews   and   the   Separationist   Faith   page   29   ]   Bleich   は説明している:「その警告は神学と関係しているものではない   安全と生き残りと関係しているあらゆるものを持っている。ユダヤ人は理解した:彼自身の安全は非ユダヤ人が一つの宗教を自称することを要求する   そんな目的のために   どんな宗教でも無いよりは良いことであると。   ボルテア(Voltaire     彼自身が純粋な理論家の無神論者の彼は   無神論は知識人に対してのみ安全であると信じた。彼はこう言ったと報告されている:『私の弁護士   洋服屋   ボーイたち   さらに私の妻でさえも神を信じて欲しい。   もし彼らがそうするならば   私が盗まれることが少なく   また騙されることが少ない   と私は考えている』」   フロイト(Sigmond   Freud   )はボルテアの確信を分担した:知的な傾向の無神論者は   神を信じること無しにさえも道徳的であると信頼されることができる。フロイトは1927年ウイーンでの書物で議論した:低い知的な成就の人々は彼らの道徳を保護するために宗教を必要としているかもしれないけれども   「文明は教育された人々から恐れることはほとんどない.....。彼らの中では   他人によって洗練された振る舞いのために宗教的な動機の代用   非宗教的な動機が謙虚に進(The   Future   of   an   Illusion   page   39)   人間の性質についてのフロイト学派の楽天主義のこのまれな例の10年以内に   フロイト自身が立証した:文明は   教育されていない人々からと同様に   教育された人々から恐れるに大きいものを持っている。彼の仲間のオーストリア人およびドイツ人の知識人たちが   彼らの仲間の市民の他のグループ以上により偉大な道徳的な洞察   力あるいは勇気を全く表さなかった;   実際に   彼らの多くは医者や教授たちであるが   ナチの残酷さの中に参加した。   例えば   第二次世界対戦後に   24人の   "Einsatzgruppen"   の指導者たちが   彼らの大規模なユダヤ人刈り集めをして   ソビエトユダヤ人の百万人以上を殺人したということで裁判にかけられた。これらの中には9人の法律家   2人の経済学者   1人の建築家   教授   銀行家   高校の先生   そして歯医者を含んでいた。   このことから道徳に対して神の必要性についてが思考できます。   ◎「ヲシテ文献の   ホツマタエ   ミカサフミ   フトマニ」   「初代アマカミの   クニトコタチが   木の実を採って     獣を獲って   穴居でございましたが   木の実の品種の向上を行って   穴居を建物の居場所を造り   改革が行われて   憲法的制度と文字の創始と   人々の生活と文明の度合いの向上があり建国が成立しました。   四代目アマカミの   ウビチニ・スビチニの時代に   農耕と乾坤制度が確立して   普及しました。   六代目アマカミの   オモタル・カシコネの時代に   季節が寒冷になり   農耕が不作のため   秩序が不安定になり   犯罪者が出て   このとき   罪人を斬るホコ(剣)が造られました。   七代目アマカミの   イサナギ・イサナミが   新田開発を行って国を再建して   国の言語の整理をしました。」  

サムネイル

アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です)ミシュナー・タルムード「アヴォート(Avot)」篇「共同の責任」

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です) ミシュナー・タルムード 「アヴォート(Avot)」篇 「共同の責任」 ◎from The Talmud 全てのユダヤ人は、互いに責任がある。 [ ---Babylonian Talmud, Shevuot 39a ] この広く知られたタルムードの格言は、ユダヤ共同体社会の中での、広範囲な慈善の活動を説明する助けとなる。ユダヤ人は実際に、互いに責任があると感じるように命令されている。ヘブライ語で「責任」という言葉は、「ah-reivin」、文字の意味は「保証人」、すなわち彼自身が、後援者として、名付け親として、借金の保証人として、他の人の責任をもつ人。ユダ(Judah)は、聖書の中で、保証人のモデルである。エジプトで、彼の兄弟として知られているヨセフ(Joseph)が彼らに、残りの兄弟のベニヤミン(Benjamin)を連れて戻るならば、食糧を売ってやろう通告する、そして彼らの父ヤコブ(Jacob)はそれを禁止する。最初、他の兄弟たちはヤコブの抵抗に同意した。しかし、カナンの飢饉が増大する時に、彼らがベニヤミンを連れて行くことを父に説得しなければならないとの結論に達する。ついに、ユダが父ヤコブに言う: 私の世話でその少年を送らせて下さい。.... 私自身が彼の保証人となります。あなたは私に責任を持たせて下さい。もし私があなたの前に彼を連れて帰らないならば、私はあなたの前で永久に罪に耐えましょう。(創世記43:8-9) 後に、ユダは、単なる決まり文句を発したのではないことを証明する。ヨセフの宮廷からの杯が、ベニヤミンの所有物の中に隠されていることが見つけられる。するとヨセフは、ベニヤミンを奴隷として捕まえて、他の兄弟たちをは自由にさせると言う。ユダは、ヨセフに嘆願するために前に歩み出て言う: さあ、あなたの召し使いである私は、父にその少年の保証人となった、「もし私があなたの前に彼を連れて帰らないならば、私はあなたの前で永久に罪に耐えましょう」と言った。それゆえその少年の代わりに、私を主人あなたの奴隷にして下さい、そしてその少年を兄弟たちと一緒に帰してやって下さい。(創世記44:32-33) 17年前にヨセフを奴隷として売ろうと提案した、まさにその兄弟ユダの自発性、今度は、ベニヤミンの代わりとしてユダ自身が奴隷になるという自発性、それはヨセフにかって為されたその悪を十分に忘れさせるものである。ミドラッシュは暗示している、この私利を考えない振る舞いの報酬として、全てのユダヤ人はその後、ユダ(Judah)と名付けられているのだ。(ヘブライ語で、ユダヤ人を「yehudi」という、これは彼の名前「Yehudah」から来ている)  ユダヤ人は、他のユダヤ人の安全と幸福に責任がある、これに加えてこの格言はさらに、全てのユダヤ人は絶対的に、全ての他のユダヤ人の振る舞いに責任がある、という意味に(幾人かによって)理解されている。正統派ユダヤ人たちの中には、非正統派ユダヤ人に(宗教を)遵守するようになるよう影響させる義務がある、という彼らの個人的な感覚を強調するためにこの文を引用している。その一方で、政治的に活動的なユダヤ人たちは、政治的で社会的な彼らの同宗派の信徒たちの振る舞いを変えることを試みるために、この文によって動機付けられている。

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.6.5. 01:23
視聴回数:10972回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: アヴェ・ヴェルム・コルプス   (お話です)   ミシュナー・タルムード   「アヴォート(Avot)」篇   「共同の責任」   ◎from   The   Talmud   全てのユダヤ人は   互いに責任がある。   [   ---Babylonian   Talmud   Shevuot   39a   ]   この広く知られたタルムードの格言は   ユダヤ共同体社会の中での   広範囲な慈善の活動を説明する助けとなる。ユダヤ人は実際に   互いに責任があると感じるように命令されている。ヘブライ語で「責任」という言葉は   「ah-reivin」   文字の意味は「保証人」   すなわち彼自身が   後援者として   名付け親として   借金の保証人として   他の人の責任をもつ人。ユダ(Judah)は   聖書の中で   保証人のモデルである。エジプトで   彼の兄弟として知られているヨセフ(Joseph)が彼らに   残りの兄弟のベニヤミン(Benjamin)を連れて戻るならば   食糧を売ってやろう通告する   そして彼らの父ヤコブ(Jacob)はそれを禁止する。   最初   他の兄弟たちはヤコブの抵抗に同意した。しかし   カナンの飢饉が増大する時に   彼らがベニヤミンを連れて行くことを父に説得しなければならないとの結論に達する。ついに   ユダが父ヤコブに言う:   私の世話でその少年を送らせて下さい。....   私自身が彼の保証人となります。   あなたは私に責任を持たせて下さい。   もし私があなたの前に彼を連れて帰らないならば   私はあなたの前で永久に罪に耐えましょう。   (創世記43:8-9)   後に   ユダは   単なる決まり文句を発したのではないことを証明する。ヨセフの宮廷からの杯が   ベニヤミンの所有物の中に隠されていることが見つけられる。するとヨセフは   ベニヤミンを奴隷として捕まえて   他の兄弟たちをは自由にさせると言う。ユダは   ヨセフに嘆願するために前に歩み出て言う:   さあ   あなたの召し使いである私は   父にその少年の保証人となった   「もし私があなたの前に彼を連れて帰らないならば   私はあなたの前で永久に罪に耐えましょう」と言った。それゆえその少年の代わりに   私を主人あなたの奴隷にして下さい   そしてその少年を兄弟たちと一緒に帰してやって下さい。   (創世記44:32-33)   17年前にヨセフを奴隷として売ろうと提案した   まさにその兄弟ユダの自発性   今度は   ベニヤミンの代わりとしてユダ自身が奴隷になるという自発性   それはヨセフにかって為されたその悪を十分に忘れさせるものである。ミドラッシュは暗示している   この私利を考えない振る舞いの報酬として   全てのユダヤ人はその後   ユダ(Judah)と名付けられているのだ。(ヘブライ語で   ユダヤ人を「yehudi」という   これは彼の名前「Yehudah」から来ている)   ユダヤ人は   他のユダヤ人の安全と幸福に責任がある   これに加えてこの格言はさらに   全てのユダヤ人は絶対的に   全ての他のユダヤ人の振る舞いに責任がある   という意味に(幾人かによって)理解されている。正統派ユダヤ人たちの中には   非正統派ユダヤ人に(宗教を)遵守するようになるよう影響させる義務がある   という彼らの個人的な感覚を強調するためにこの文を引用している。その一方で   政治的に活動的なユダヤ人たちは   政治的で社会的な彼らの同宗派の信徒たちの振る舞いを変えることを試みるために   この文によって動機付けられている。   ◎from   The   Talmud   彼の町の人々を罪から....やめさせることが出来るのに   しない人は誰でも   ...彼の町の人々の罪対して責任がある。   もし彼が全世界を罪からやめさせることが出来るのに   しないならば   彼は全世界を罪に対して責任がある。   [   ---Babylonian   Talmud   Shabbat   54b   ]   このラビの観点から   個々の人々の行動はもしかしたら全世界の運命に影響を及ぼす:   我々のラビは教えた:   人はいつも   彼の良い行為と彼の悪の行為との間に等しいバランスがあるよう   彼自身を見るべきである。一つの戒律を実行する人は運がよい   なぜならば彼が彼の好意の方に秤を傾けたからである。もし彼が一つの悪い行為を実行したならば彼は悲しみである   なぜならば彼は罪の方向に秤を傾けたからである。....   Rabbi   Elazar   ben   Simeon   は言った:   世界はその大多数のベースによって審判される   そして各個人は彼の行動の優勢のベースで審判される   それゆえに   一つの戒律を実行する人は運がよい   なぜならば彼が彼自身の好意と世界の好意の方に秤を傾けたからである。もし彼が一つの悪い行為を実行したならば彼は悲しみである   なぜならば彼自身に反対して   世界に反対して秤を傾けたからである。   [   ---Babylonian   Talmud   Kiddushin   40a-40b;   with   minor   vartions   I   have   followed   the   trnanslation   of   Ben   Zion   Bokser   The   Talmud:   Selected   Writings   pahe   173   ]   この文の光りで   ユダヤ人たちが罪で苦しめられた人々になったというのは   少々疑わしい!   back   to   this   page   top   Do   not   separate   yourself   from   the   community   共同体から離れてはいけない   ◎from   The   Fathers   共同体社会からあなた自身を分離してはいけない。   [   ---   Ethics   of   the   fathers   2:4   ]   上のことは   暗黙のうちに   他のユダヤ人たちに直面している問題から   彼らは免除されるであろうと信じるユダヤ人を批判している。エステル女王が「全てのユダヤ人を破滅するハマンの布告を取り消すために   アハシュエロス王に仲裁することは出来ない」   とモルデカイに言うとき   モルデカイは彼女に警告する:全てのユダヤ人の中の一人であるあなたが   王の宮殿の中にいるということによってあなたの生命は助かる   と想像してはいけない。反対に   もしあなたがこの危機の中で黙り続けるならば   他の方向から解放と救済がユダヤ人にやって来て   あなたと父の家は滅びるであろう。そしておそらく   ちょうどそんな危機のためにあなたは王宮の地位に到達した   と誰が知るであろうか?   (エステル記4:12-14)   もちろんエステルは仲裁し   そしてユダヤ人の民を救う。   ◎from   The   Mishneh   Torah   しかし   共同体社会から分離することの禁止は絶対的ではない。マイモニデスは警告している:もし人がいなかに住んでいて   その習慣が破壊的であり   その住民が正直な作法で行動していないならば   彼は人々が正義である地へ離れてそして   そして良い人々のように行動すべきである。   [   ---   Mishneh   Torah   "Laws   of   Character   Development   and   Ethical   Conduct   "   6:1   ]   しかし   一般にラビたちは   危機にある彼らの信者仲間から距離をおく人々に対して大いなる軽蔑を保持していた:共同体社会が困難にある時に   人はこう言うべきではない   「私は家に帰ろう   そして食べて飲んで自分は平和になろう」   [   ---Babylonian   Talmud   Ta'anit   11a   ]   我々のラビは教えた:   ユダヤ人たちが困難に出会っていて   人が彼らから離れている時は   あらゆる人に同伴している2人の天使がその人にやって来て   手を彼の頭の上において   そして言う「共同体社会から自分を分離しているだれそれは   その救助に署名しない....共同体社会の苦悩を分かち合う人は   その救助に署名する利点があろう」   [   ---Babylonian   Talmud   Ta'anit   11a   ]   モーゼは   彼の共同体社会の苦痛を彼自身が引受たユダヤ人の原形である。   (出エジプト記2:11-19)   彼はエジプト王の宮殿に住んでいたので   ヘブライ人の奴隷たちの苦しみを簡単に無視することができたのであるが   しかし   彼は親類のところに出て行き   彼らの労働を目撃した。そして彼が   ヘブライ人の奴隷を叩いているエジプト人の監督を見たときに   彼を打ち倒した。このことは   ヘブライ人たちを奴隷から解放するよう導くために   モーゼを任命することを神に確信させた   聖書の中で述べられている3つの出来事のうちの一つである。   (過ぎ越しの祭りの儀式で)邪悪な息子は   共同体社会から彼自身を閉めだしている(と指摘される)。   [   ---   Mekhilta   commenting   on   Exodus   13:8   ]   過ぎ越しの祭りの「ハガダ(儀式の本)」では   邪悪な息子はこう言う(と書かれている)   「この礼拝はあなたにとって何の意味があるのですか?」これは彼にとって何の意味もないのだ   ということが明白である。   ◎from   The   Talmud   ある断食において   どんなユダヤ人の罪人も参加していない   というのは断食ではない。   [   ---Babylonian   Talmud   Kritot   6b   ]   ユダヤ人の共同体社会は   罪人たちを閉めだしてしまうほどエリートには決してなるべきではない。このように   13世紀の   Rabbi   Meir   of   Rothenburg   が「Kol   Nidre」   ヨム・キプールの開始での祈り   への序言として今でも暗唱されている一つの決まり文句を創作した:神の認可をもって   そして会衆の認可をもって天の法廷で   地上の法廷で我々は   (ひどく)罪を犯した人々と一緒に祈ることが合法であると宣言する。私は   「ひどく(grievously)」という言葉を追加した   その理由は   それなしではその文章は意味がないからである。なぜならば誰もが幾らかの罪を犯していると想定しているため。   共同社会の規則を無視したために破門されているユダヤ人を特別に含めるために   Rabbi   Meir   がこの決まり文句を創作したことを   我々は知っている。   (参照   Saul   Weiss   Insights   page   212)   ◎from   The   Leviticus   Rabbah   数人の人々が船の中で座っていた   その時   彼らの一人がドリルを持って   船の座席の下に穴を掘る始めた。他の人々は彼に抗議した   「あなたは何をしているのか?」彼は答えた   「あなた方に何かしているのですか?私は自分の座席の下に穴を掘っているのではありませんか?」彼らは言い返した   「しかし水が入ってきて   そして我々みんなが溺れてしまう」(それがユダヤ人の運命。人は罪を犯し   そしてみんなが苦しむ)   [   ---   Leviticus   Rabbah   4:6   ]   少数として   ユダヤ人はしばしば最も煩わしい   あるいは邪悪なメンバーと一緒に   総体として識別されている。反共産主義者でもあり反ユダヤ主義者たちは   いつでもこのように   カール・マルクスはユダヤ人だと述べた。しかし彼は6才でキリスト教に改宗し   そして彼自身が厳しい反ユダヤ主義者であった。   (これは   第65章「Antisemitism」pages   472-473参照)   ソヴィエト連邦は   マルキストの原理で設立された政府であり   反ユダヤ主義者であった。   ◎from   The   Talmud   (3世紀の祈祷文   Rabbi   Hisda   が危険な旅に出発する時に暗唱した)   私の神   主よ   平和に私を導いて   私を歩ませ   私を励まし   私を敵から救い   道に待ち伏兵をおくというあなたの意志がありますように。私の手の仕事に祝福を送り   あなたの目と   私を見つめる全ての人々の目   にある親切と愛と慈悲を私に与えて下さい。人々の祈祷に耳を傾けてくださる主   あなたが祝福されますように。   (しかし   Abbaye   がその言葉に異議を申し立て   そしてコメントした)人は祈祷する時には   いつでも共同体と自分自身を結合させるべきである。人はいかに祈祷すべきであるか?我々の神   主よ   平和に我々を導いて   ....あなたの意志がありますよう。   [   ---Babylonian   Talmud   Berakhot   29b-30a   ]   ユダヤ人の祈祷書の中には   ほとんどどの祈祷者も   その最初の男のような暗唱をしていない。彼らはほとんどいつも複数で行なっている。なぜならば   もし最初の男のように人々が祈るならば   彼らの祈祷文は他の人に対抗するか   あるいは二者選択的に他の人の興味に対抗するようになるかもしれない。このように   ある人が彼が申し込んだ仕事を受け取る時に   実際には   彼はまた他の人の仕事が拒否されるように祈っていることになる。人々が複数で神に呼びかけるときにのみ   普遍的で有益であることに対して祈っているのである。最後に   共同体の経費で儲けている利己主義者は   彼らの貪欲のために最後に苦しむであろうと   ラビたちは教えている:我々のラビは教えた:男は   自分の土地から石ころを取り除いて   それらを公衆の土地に投げ捨てるべきではない。ある男が自分の庭からの石ころを公衆の土地に投げ捨ていた   その時に信心深い男が彼に言った   「おろかなことを   なぜあなたは自分の土地でないところから石を取り除き   あなたの土地の上にそれを投げているのですか?」その男は彼を笑った。   時がたち   その男は彼の畑を売らなければならなくなった   彼が公衆の道を歩いていた時に   彼はこれらの石ころにつまずいた。彼はその時に言った   「あの信心深い男がいかによく話したか   なぜあなたは自分の土地でないところから石を取り除き   あなたの土地の上にそれを投げているのですか?」   [   ---Babylonian   Talmud   Bava   Kamma   50b   ]  

サムネイル

アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です)ミシュナ・タルムード「アボット(Avot)」篇「共同の責任」

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です) ミシュナ・タルムード 「アヴォート(Avot)」篇 「共同の責任」 ◎from The Talmud 全てのユダヤ人は、互いに責任がある。 [ ---Babylonian Talmud, Shevuot 39a ] この広く知られたタルムードの格言は、ユダヤ共同体社会の中での、広範囲な慈善の活動を説明する助けとなる。ユダヤ人は実際に、互いに責任があると感じるように命令されている。ヘブライ語で「責任」という言葉は、「ah-reivin」、文字の意味は「保証人」、すなわち彼自身が、後援者として、名付け親として、借金の保証人として、他の人の責任をもつ人。ユダ(Judah)は、聖書の中で、保証人のモデルである。エジプトで、彼の兄弟として知られているヨセフ(Joseph)が彼らに、 残りの兄弟のベニヤミン(Benjamin)を連れて戻るならば、食糧を売ってやろう通告する、そして彼らの父ヤコブ(Jacob)はそれを禁止する。 最初、他の兄弟たちはヤコブの抵抗に同意した。しかし、カナンの飢饉が増大する時に、彼らがベニヤミンを連れて行くことを父に説得しなければならないとの結論に達する。ついに、ユダが父ヤコブに言う: 私の世話でその少年を送らせて下さい。.... 私自身が彼の保証人となります。 あなたは私に責任を持たせて下さい。 もし私があなたの前に彼を連れて帰らないならば、 私はあなたの前で永久に罪に耐えましょう。 (創世記43:8-9) 後に、ユダは、単なる決まり文句を発したのではないことを証明する。ヨセフの宮廷からの杯が、ベニヤミンの所有物の中に隠されていることが見つけられる。するとヨセフは、ベニヤミンを奴隷として捕まえて、他の兄弟たちをは自由にさせると言う。ユダは、ヨセフに嘆願するために前に歩み出て言う: さあ、あなたの召し使いである私は、父にその少年の保証人となった、「もし私があなたの前に彼を連れて帰らないならば、私はあなたの前で永久に罪に耐えましょう」と言った。それゆえその少年の代わりに、私を主人あなたの奴隷にして下さい、そしてその少年を兄弟たちと一緒に帰してやって下さい。 (創世記44:32-33) 17年前にヨセフを奴隷として売ろうと提案した、まさにその兄弟ユダの自発性、今度は、ベニヤミンの代わりとしてユダ自身が奴隷になるという自発性、それはヨセフにかって為されたその悪を十分に忘れさせるものである。ミドラッシュは暗示している、この私利を考えない振る舞いの報酬として、全てのユダヤ人はその後、ユダ(Judah)と名付けられているのだ。(ヘブライ語で、ユダヤ人を「yehudi」という、これは彼の名前「Yehudah」から来ている)   ユダヤ人は、他のユダヤ人の安全と幸福に責任がある、これに加えてこの格言はさらに、全てのユダヤ人は絶対的に、全ての他のユダヤ人の振る舞いに責任がある、という意味に(幾人かによって)理解されている。正統派ユダヤ人たちの中には、非正統派ユダヤ人に(宗教を)遵守するようになるよう影響させる義務がある、という彼らの個人的な感覚を強調するためにこの文を引用している。その一方で、政治的に活動的なユダヤ人たちは、政治的で社会的な彼らの同宗派の信徒たちの振る舞いを変えることを試みるために、この文によって動機付けられている。

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.6.4. 15:12
視聴回数:10518回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: アヴェ・ヴェルム・コルプス   (お話です)   ミシュナ・タルムード   「アヴォート(Avot)」篇   「共同の責任」   ◎from   The   Talmud   全てのユダヤ人は   互いに責任がある。   [   ---Babylonian   Talmud   Shevuot   39a   ]   この広く知られたタルムードの格言は   ユダヤ共同体社会の中での   広範囲な慈善の活動を説明する助けとなる。ユダヤ人は実際に   互いに責任があると感じるように命令されている。ヘブライ語で「責任」という言葉は   「ah-reivin」   文字の意味は「保証人」   すなわち彼自身が   後援者として   名付け親として   借金の保証人として   他の人の責任をもつ人。ユダ(Judah)は   聖書の中で   保証人のモデルである。エジプトで   彼の兄弟として知られているヨセフ(Joseph)が彼らに   残りの兄弟のベニヤミン(Benjamin)を連れて戻るならば   食糧を売ってやろう通告する   そして彼らの父ヤコブ(Jacob)はそれを禁止する。   最初   他の兄弟たちはヤコブの抵抗に同意した。しかし   カナンの飢饉が増大する時に   彼らがベニヤミンを連れて行くことを父に説得しなければならないとの結論に達する。ついに   ユダが父ヤコブに言う:   私の世話でその少年を送らせて下さい。....   私自身が彼の保証人となります。   あなたは私に責任を持たせて下さい。   もし私があなたの前に彼を連れて帰らないならば   私はあなたの前で永久に罪に耐えましょう。   (創世記43:8-9)   後に   ユダは   単なる決まり文句を発したのではないことを証明する。ヨセフの宮廷からの杯が   ベニヤミンの所有物の中に隠されていることが見つけられる。するとヨセフは   ベニヤミンを奴隷として捕まえて   他の兄弟たちをは自由にさせると言う。ユダは   ヨセフに嘆願するために前に歩み出て言う:   さあ   あなたの召し使いである私は   父にその少年の保証人となった   「もし私があなたの前に彼を連れて帰らないならば   私はあなたの前で永久に罪に耐えましょう」と言った。それゆえその少年の代わりに   私を主人あなたの奴隷にして下さい   そしてその少年を兄弟たちと一緒に帰してやって下さい。   (創世記44:32-33)   17年前にヨセフを奴隷として売ろうと提案した   まさにその兄弟ユダの自発性   今度は   ベニヤミンの代わりとしてユダ自身が奴隷になるという自発性   それはヨセフにかって為されたその悪を十分に忘れさせるものである。ミドラッシュは暗示している   この私利を考えない振る舞いの報酬として   全てのユダヤ人はその後   ユダ(Judah)と名付けられているのだ。(ヘブライ語で   ユダヤ人を「yehudi」という   これは彼の名前「Yehudah」から来ている)   ユダヤ人は   他のユダヤ人の安全と幸福に責任がある   これに加えてこの格言はさらに   全てのユダヤ人は絶対的に   全ての他のユダヤ人の振る舞いに責任がある   という意味に(幾人かによって)理解されている。正統派ユダヤ人たちの中には   非正統派ユダヤ人に(宗教を)遵守するようになるよう影響させる義務がある   という彼らの個人的な感覚を強調するためにこの文を引用している。その一方で   政治的に活動的なユダヤ人たちは   政治的で社会的な彼らの同宗派の信徒たちの振る舞いを変えることを試みるために   この文によって動機付けられている。   ◎from   The   Talmud   彼の町の人々を罪から....やめさせることが出来るのに   しない人は誰でも   ...彼の町の人々の罪対して責任がある。   もし彼が全世界を罪からやめさせることが出来るのに   しないならば   彼は全世界を罪に対して責任がある。   [   ---Babylonian   Talmud   Shabbat   54b   ]   このラビの観点から   個々の人々の行動はもしかしたら全世界の運命に影響を及ぼす:   我々のラビは教えた:   人はいつも   彼の良い行為と彼の悪の行為との間に等しいバランスがあるよう   彼自身を見るべきである。一つの戒律を実行する人は運がよい   なぜならば彼が彼の好意の方に秤を傾けたからである。もし彼が一つの悪い行為を実行したならば彼は悲しみである   なぜならば彼は罪の方向に秤を傾けたからである。....   Rabbi   Elazar   ben   Simeon   は言った:   世界はその大多数のベースによって審判される   そして各個人は彼の行動の優勢のベースで審判される   それゆえに   一つの戒律を実行する人は運がよい   なぜならば彼が彼自身の好意と世界の好意の方に秤を傾けたからである。もし彼が一つの悪い行為を実行したならば彼は悲しみである   なぜならば彼自身に反対して   世界に反対して秤を傾けたからである。   [   ---Babylonian   Talmud   Kiddushin   40a-40b;   with   minor   vartions   I   have   followed   the   trnanslation   of   Ben   Zion   Bokser   The   Talmud:   Selected   Writings   pahe   173   ]   この文の光りで   ユダヤ人たちが罪で苦しめられた人々になったというのは   少々疑わしい!   back   to   this   page   top   Do   not   separate   yourself   from   the   community   共同体から離れてはいけない   ◎from   The   Fathers   共同体社会からあなた自身を分離してはいけない。   [   ---   Ethics   of   the   fathers   2:4   ]   上のことは   暗黙のうちに   他のユダヤ人たちに直面している問題から   彼らは免除されるであろうと信じるユダヤ人を批判している。エステル女王が「全てのユダヤ人を破滅するハマンの布告を取り消すために   アハシュエロス王に仲裁することは出来ない」   とモルデカイに言うとき   モルデカイは彼女に警告する:全てのユダヤ人の中の一人であるあなたが   王の宮殿の中にいるということによってあなたの生命は助かる   と想像してはいけない。反対に   もしあなたがこの危機の中で黙り続けるならば   他の方向から解放と救済がユダヤ人にやって来て   あなたと父の家は滅びるであろう。そしておそらく   ちょうどそんな危機のためにあなたは王宮の地位に到達した   と誰が知るであろうか?   (エステル記4:12-14)   もちろんエステルは仲裁し   そしてユダヤ人の民を救う。   ◎from   The   Mishneh   Torah   しかし   共同体社会から分離することの禁止は絶対的ではない。マイモニデスは警告している:もし人がいなかに住んでいて   その習慣が破壊的であり   その住民が正直な作法で行動していないならば   彼は人々が正義である地へ離れてそして   そして良い人々のように行動すべきである。   [   ---   Mishneh   Torah   "Laws   of   Character   Development   and   Ethical   Conduct   "   6:1   ]   しかし   一般にラビたちは   危機にある彼らの信者仲間から距離をおく人々に対して大いなる軽蔑を保持していた:共同体社会が困難にある時に   人はこう言うべきではない   「私は家に帰ろう   そして食べて飲んで自分は平和になろう」   [   ---Babylonian   Talmud   Ta'anit   11a   ]   我々のラビは教えた:   ユダヤ人たちが困難に出会っていて   人が彼らから離れている時は   あらゆる人に同伴している2人の天使がその人にやって来て   手を彼の頭の上において   そして言う「共同体社会から自分を分離しているだれそれは   その救助に署名しない....共同体社会の苦悩を分かち合う人は   その救助に署名する利点があろう」   [   ---Babylonian   Talmud   Ta'anit   11a   ]   モーゼは   彼の共同体社会の苦痛を彼自身が引受たユダヤ人の原形である。   (出エジプト記2:11-19)   彼はエジプト王の宮殿に住んでいたので   ヘブライ人の奴隷たちの苦しみを簡単に無視することができたのであるが   しかし   彼は親類のところに出て行き   彼らの労働を目撃した。そして彼が   ヘブライ人の奴隷を叩いているエジプト人の監督を見たときに   彼を打ち倒した。このことは   ヘブライ人たちを奴隷から解放するよう導くために   モーゼを任命することを神に確信させた   聖書の中で述べられている3つの出来事のうちの一つである。   (過ぎ越しの祭りの儀式で)邪悪な息子は   共同体社会から彼自身を閉めだしている(と指摘される)。   [   ---   Mekhilta   commenting   on   Exodus   13:8   ]   過ぎ越しの祭りの「ハガダ(儀式の本)」では   邪悪な息子はこう言う(と書かれている)   「この礼拝はあなたにとって何の意味があるのですか?」これは彼にとって何の意味もないのだ   ということが明白である。   ◎from   The   Talmud   ある断食において   どんなユダヤ人の罪人も参加していない   というのは断食ではない。   [   ---Babylonian   Talmud   Kritot   6b   ]   ユダヤ人の共同体社会は   罪人たちを閉めだしてしまうほどエリートには決してなるべきではない。このように   13世紀の   Rabbi   Meir   of   Rothenburg   が「Kol   Nidre」   ヨム・キプールの開始での祈り   への序言として今でも暗唱されている一つの決まり文句を創作した:神の認可をもって   そして会衆の認可をもって天の法廷で   地上の法廷で我々は   (ひどく)罪を犯した人々と一緒に祈ることが合法であると宣言する。私は   「ひどく(grievously)」という言葉を追加した   その理由は   それなしではその文章は意味がないからである。なぜならば誰もが幾らかの罪を犯していると想定しているため。   共同社会の規則を無視したために破門されているユダヤ人を特別に含めるために   Rabbi   Meir   がこの決まり文句を創作したことを   我々は知っている。   (参照   Saul   Weiss   Insights   page   212)   ◎from   The   Leviticus   Rabbah   数人の人々が船の中で座っていた   その時   彼らの一人がドリルを持って   船の座席の下に穴を掘る始めた。他の人々は彼に抗議した   「あなたは何をしているのか?」彼は答えた   「あなた方に何かしているのですか?私は自分の座席の下に穴を掘っているのではありませんか?」彼らは言い返した   「しかし水が入ってきて   そして我々みんなが溺れてしまう」(それがユダヤ人の運命。人は罪を犯し   そしてみんなが苦しむ)   [   ---   Leviticus   Rabbah   4:6   ]   少数として   ユダヤ人はしばしば最も煩わしい   あるいは邪悪なメンバーと一緒に   総体として識別されている。反共産主義者でもあり反ユダヤ主義者たちは   いつでもこのように   カール・マルクスはユダヤ人だと述べた。しかし彼は6才でキリスト教に改宗し   そして彼自身が厳しい反ユダヤ主義者であった。   (これは   第65章「Antisemitism」pages   472-473参照)   ソヴィエト連邦は   マルキストの原理で設立された政府であり   反ユダヤ主義者であった。   ◎from   The   Talmud   (3世紀の祈祷文   Rabbi   Hisda   が危険な旅に出発する時に暗唱した)   私の神   主よ   平和に私を導いて   私を歩ませ   私を励まし   私を敵から救い   道に待ち伏兵をおくというあなたの意志がありますように。私の手の仕事に祝福を送り   あなたの目と   私を見つめる全ての人々の目   にある親切と愛と慈悲を私に与えて下さい。人々の祈祷に耳を傾けてくださる主   あなたが祝福されますように。   (しかし   Abbaye   がその言葉に異議を申し立て   そしてコメントした)人は祈祷する時には   いつでも共同体と自分自身を結合させるべきである。人はいかに祈祷すべきであるか?我々の神   主よ   平和に我々を導いて   ....あなたの意志がありますよう。   [   ---Babylonian   Talmud   Berakhot   29b-30a   ]   ユダヤ人の祈祷書の中には   ほとんどどの祈祷者も   その最初の男のような暗唱をしていない。彼らはほとんどいつも複数で行なっている。なぜならば   もし最初の男のように人々が祈るならば   彼らの祈祷文は他の人に対抗するか   あるいは二者選択的に他の人の興味に対抗するようになるかもしれない。このように   ある人が彼が申し込んだ仕事を受け取る時に   実際には   彼はまた他の人の仕事が拒否されるように祈っていることになる。人々が複数で神に呼びかけるときにのみ   普遍的で有益であることに対して祈っているのである。最後に   共同体の経費で儲けている利己主義者は   彼らの貪欲のために最後に苦しむであろうと   ラビたちは教えている:我々のラビは教えた:男は   自分の土地から石ころを取り除いて   それらを公衆の土地に投げ捨てるべきではない。ある男が自分の庭からの石ころを公衆の土地に投げ捨ていた   その時に信心深い男が彼に言った   「おろかなことを   なぜあなたは自分の土地でないところから石を取り除き   あなたの土地の上にそれを投げているのですか?」その男は彼を笑った。   時がたち   その男は彼の畑を売らなければならなくなった   彼が公衆の道を歩いていた時に   彼はこれらの石ころにつまずいた。彼はその時に言った   「あの信心深い男がいかによく話したか   なぜあなたは自分の土地でないところから石を取り除き   あなたの土地の上にそれを投げているのですか?」   [   ---Babylonian   Talmud   Bava   Kamma   50b   ]  

サムネイル

アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です) 2 ユダヤ教徒とイスラエルの歴史についてと仏法のそれ自体(=自性)について

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です) 2  BC7~BC4(3755~3758)頃 イエス様がガリラヤ地方のナザレまたはベツレエムで生まれます。  AC0(3761) AC6(3767) ローマ帝国がエルサレムを含むユダヤ地方を直接支配領しました。ヘロデ王が築いたカエサリア(カイザリア)の街に、ローマ帝国のユダヤ州総督府を設置しました。 30(3791) イエス様がエルサレムで十字架刑に処せられました。(ゴルゴダの丘、現在の聖墳墓教会) 70(3831) エルサレムのユダヤ人の反乱が起きて、ローマ軍ティトスに鎮圧されました。このとき第2神殿が破壊されて嘆きの壁(=西壁)だけが残りました。 610(4371) ムハンマド様がアッラーの啓示を受けてイスラム教創始しました。 740(4501)頃 コーカサス地方のハザール王国(=ハザール汗国)でユダヤ教への大量の改宗が起きました。1016(4777)に滅亡しました。 1242(5003) フランスでタルムードの焚書がございました。 1453(5214) オスマントルコでユダヤ教徒の商人と職人を大切に待遇しました。 1492(5253) スペインがユダヤ人に国外追放令を出しました。 (=1492(5253)) コロンブスが新大陸発見の旅に出ました。 1654(5415) 合衆国のニューアムステルダム(=ニューヨーク)にユダヤ人がたどり着きました。 1656(5417) イギリスのクロムウェルがユダヤ教徒の入国を許可しました。(1290(5051) エドワード1世がユダヤ人を国内から追放して以来です。) 1650年頃 ~1870年頃までの時期に、 各国々で ユダヤの方々に対して 名誉の回復が 行われていくことも 気になるので ございますが、 再び、弾圧が 始まるのでございます。 1871(5632)~1903(5664) ロシアでポグロム(ユダヤの方々の粛清)がございました。 1917(5678) バルフォア宣言(イギリス外相がユダヤ人の有力者ロスチャイルド卿にあてた書簡) 1939(5700) 水晶の夜第二次世界大戦中にユダヤ人約600万人がナチス・ドイツに虐殺さました。(ホロコースト) 1948(5709) 5月14日 イスラエルが独立を宣言しました。 1948(5709) 5月15日 第1次中東戦争起きました。 1956(5717) 第2次中東戦争が起きました。 1964(5725) パレスチナ解放機構(PLO)を結成しました。 1967(5728) 第3次中東戦争が起きました。 1973(5734) 第4次中東戦争が起きました。 1979(5740) イスラエルとエジプトが平和条約を締結しました。 1993(5754) パレスチナ暫定自治協定を調印しました。(オスロ合意) 2001(5762) アメリカ合衆国でブッシュ大統領が就任しました。 2001(5762) 3月7日 シャロン政権が発足しました。 2001(5762) 9月11日 米同時テロ事件が起きました。 2001(5762) 10月7日 米空軍がフガニスタンの空爆を開始しました。 2003(5764) 3月20日 米英軍がイラク戦争を開始しました。 2005(5766) 9月12日 イスラエル軍がガザ地区の撤退を完了しました。 2009(5770) 1月3日 イスラエルがガザ地区に侵攻を開始しました。 「ユダヤ教徒エジプト人とマルクス主義」 「アハマド・サーディク・サアドと民衆的思想」 「ヘンリ・クリエルとエジプト共産主義運動」 「エジプト共産主義運動におけるユダヤ教徒問題」 「国連パレスチナ分割決議とエジプト共産主義運動」 「アラブ民族革命とアラブ共産主義者の殉難」 も気になります。 仏法のそれ自体(=自性)について

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.5.29. 21:21
視聴回数:8551回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: アヴェ・ヴェルム・コルプス   (お話です)   2   ユダヤ教徒とイスラエルの歴史について   紀元前2000年(ユダヤ暦1762年)   ~B.C.1700年(2062年)   アブラハム   子イサク   孫ヤコブが活躍しました。   創世記12・1-3節   アブラハムが神の「あなたの生まれ故郷を出て私が示す地へ行きなさい。私は貴女を大いなる国民として祝福します。地上のすべての民族はあなたのおかげで祝福されます。」という語りかけを聞いてアブラハムの父テラと南メソポタミアから来たメソポタミアに行くことから始まりました。   創世記22章   アブラハムが100歳のとき神が息子イサクを与えましたが   神がイサクを神の犠牲として捧げることを命じ   アブラハムがイサクを殺そうとしたとき神はアブラハムの絶対的神への信頼を見て   アブラハムに殺させることを止めて   別の山羊を捧げさせました。ここから   救世主計画の人物としての教義が始まります。       『ユダヤの方々への迫害が1500年代末まで続きましたが   そこを境に   ユダヤ人神学校が各国につくられて国際社会でユダヤの方々に市民権が開放されていきました。他方   ポグロム(ユダヤ人の粛清)がロシアのオデッサ(1871年)・南ロシア(1881年~1882年)・ロシア(1903年)で起きました。ドイツで水晶の夜(600万人の方々に対するホロコースト)(1939年)   ポーランドでワルシャワゲットーの蜂起(1943年)が起きました。』       BC18世紀   エルサレム旧市街南のオフェルの丘東斜面に城壁跡がございます。   BC14世紀   エルサレムはエジプトの支配下になりました。   BC1270(ユダヤ暦2492)   (出エジプト)   預言者モーセに率いられてエジプトを脱出しました。   BC1100(ユダヤ暦2662)   ヨシュア(預言者モーセの後継者)に率いられてイスラエル十二氏族がカナンの地に定住しました。   BC1020(2742)~BC1004(2726)   サウルがイスラエル王国初代国王になってイスラエル諸部族を統合しました。   BC995(2765)   ユダ族のダビデ王がイスラエルの民十二氏族の国王になりエブスびとのエルサレムを占領して   エルサレムが首都になりました。   BC965(2797)   ダビデの子ソロモン王が即位して   エルサレムに第1神殿建立神殿の丘(ハラム・アッシャリフ)40年間の「ソロモンの栄華」がございました。   BC928(2834)   イスラエル統一王国   イスラエル王国((北の10氏族)とユダ王国(南の2氏族)に分裂。エルサレムはユダ王国(ユダ族とベンヤミン族で構成)の首都になりました。   BC721(3040)   イスラエル王国(北王国)はアッシリアに滅ぼされる。イスラエル王国(北王国)の住民は連行されたか改教しました。これが失われた十氏族になります。   BC586(3176)   ユダ王国(南王国)は新バビロニアに滅ぼされ   エルサレムの第1神殿が破壊されました。この時に残った西壁が現在の「嘆きの壁」です。ユダ王国の多くの人々がバビロンに連行されました。(バビロン捕囚)   BC586~BC538(3176~3224)   第2神殿時代でございます。   BC538~AD70(3224~3831)   ペルシア時代でございます。   BC538(3224)   ペルシア王が捕囚されたユダヤ人に祖国復帰を許可しました。バビロンにいたユダヤ人15万人中   約1/4がエルサレムに帰還しました。   BC515(3247)   エルサレムで第2神殿が完成しました。   BC400(3362)頃   トーラー(旧約聖書の最初の5書:モーセの5書   律法)の結集を行いました。   BC332(3430)   エルサレム   アレクサンドロス大王の支配下になりました。ゴラン高原バニアス(BC3世紀のヘレニズム時代の牧神パンの神殿跡)がございます。   BC63(3699)   ローマがエルサレムを支配しました。   BC37(3725)   エルサレムをヘロデ王が統治(~BC4)しまた。神殿の丘(ハラム・アッシャリフ)を大きくしました。   紀元前の値は値が減っていき   紀元になってから値が   増えていきます(加算と減算)が   ユダヤ暦は紀元前2000年から   値が増えていく(加算だけ)   計算でございます。   BC7~BC4(3755~3758)頃   イエス様がガリラヤ地方のナザレまたはベツレヘムで生まれます。   AC0(3761)   AC6(3767)   ローマ帝国がエルサレムを含むユダヤ地方を直接支配領とする。ヘロデ王が築いた街   カエサリア(カイザリア)にローマ帝国ユダヤ州総督府を設置。   AC6(3767)   ローマ帝国がエルサレムを含むユダヤ地方を直接支配領しました。ヘロデ王が築いたカエサリア(カイザリア)の街に   ローマ帝国のユダヤ州総督府を設置しました。   26(3787)   ピラトゥスがユダヤ州総督として着任しました。   30(3791)   イエス様がエルサレムで十字架刑に処せられました。(ゴルゴダの丘   現在の聖墳墓教会)   66~73(3827~3834)   ユダヤ戦争(ユダヤ人のローマ帝国に対する抵抗でございます。)   70(3831)   嘆きの壁について   エルサレムのユダヤ人の反乱が起きて   ローマ軍ティトスに鎮圧されました。このとき第2神殿が破壊されて嘆きの壁(=西壁)だけが残りました。ここからユダヤ人の世界の流浪が始まりました。   313(3984)   コンスタンチヌス帝がキリスト教をローマ帝国で公認しました。(ミラノの勅令)   326(3997)   ローマ皇帝コンスタンティヌス帝の母后ヘレナ   エルサレムを来訪して   ゴルゴダの丘の場所の特定を行って   現在の聖墳墓教会付近であることを特定しました。   392(4153)   テオドシウス帝がキリスト教をローマ帝国の国教にしました。   395(4156)   ローマ帝国が西ローマ帝国と東ローマ帝国(=ビザンツ帝国)に分裂。   610(4371)   ムハンマド様がアッラーの啓示を受けてイスラム教創始しました。   614(4375)   ペルシア軍がエルサレムを蹂躙(蹂躙)しました。   638(4399)   イスラム教徒(正統カリフ時代第二代カリフのウマル)がエルサレムの占領を無血開城で行いました。   691(4452)   岩のドームが完成しました。   715(4476)頃   アルアクサーモスクが完成しました。   740(4501)頃   コーカサス地方のハザール王国(=ハザール汗国)でユダヤ教への大量の改宗が起きました。   940(4701)   アンダルシアでハスダイ・イブン・シャプルートがコルドバの侍医になり外務大臣になってユダヤ社会指導しました。   1016(4777)   コーカサス地方のハザール王国(=ハザール汗国)が滅亡しました。   1040(4801)   バビロニアでプンハディテの最後のガオリンがカリフの命令で死刑になりました。   1099(4860)   十字軍がエルサレムを侵略して   キリスト教のためのエルサレム王国を建国しました。ユダヤ教徒とイスラム教徒とカトリック以外のキリスト教徒の大規模な殺戮が行われました。   1187(4947)   サラディンがエルサレムをイスラム教徒の手に奪還しました。ユダヤ教徒やキリスト教徒を寛大に扱って   キリスト教徒巡礼者の自由を保障しました。ユダヤ人コミュニティが回復してエルサレムに各宗派の棲み分けができました。   1215(4976)   ローマ教皇が第4回ラテラノ会議でユダヤ教徒に対してバッジを義務付けさせました。   1236(4997)   神聖ローマ帝国のフリードリヒ2世がユダヤ教徒を私有財産の扱いにいたしました。   1240(5001)   フランスでタルムード裁判がございました。   1242(5003)   フランスでタルムードの焚書がございました。   1290(5051)   イギリスのエドワード1世がユダヤ人を国内から追放しました。(1656(5417)にクロムウェルがユダヤ人の入国を再度許可しました。)   1298(5059)   神聖ローマ帝国がユダヤ人を迫害して   貴族のカルブフライシュが全ユダヤ人の壊滅を行いなさいという神の命令を受けたと主張しました。   1306(5067)   フランスのフィリップ王が   国内からユダヤ人を追放しました。   1320(5081)   フランスで4万人の羊飼いが十字軍を結成して   聖地の奪回を目指して   ユダヤ人も殺害しました。   1321(5082)   フランスのギエンヌ州で井戸に毒を投げ込んだと尋問を受けたユダヤ人の告白で   5   000人が火刑になりました。   1348(5099)   ドイツと全ヨーロッパでユダヤ人がペストをまく犯人にされて各地でユダヤ人が殺戮されました。ローマ教皇のクレメント6世がユダヤ教徒保護教書を発布しました。   1415(5176)   ローマ教皇のベネディクト13世がタルムードの検閲を命令しました。   1453(5214)   オスマントルコでユダヤ教徒の商人と職人を大切に待遇しました。ポーランドでフランチェスコ会の修道士カピストラーノがユダヤ人の市民権を剥奪するようにポーランド王に進言しました。   1478(5239)   ユダヤ人に対して異端審問が開始されました。   1492(5253)   スペインでユダヤ教徒追放令が発布されて大量の強制改宗が行われました。   (=1492(5253))   シチリアでユダヤ人強制追放が行われました。   (=1492(5253))   ポルトガルでユダヤ人に友好的なマニュエル王がスペインの圧力でユダヤ人が国内から追放または強制改宗が行われました。   (=1492(5253))   スペインがユダヤ人に国外追放令を出しました。   (=1492(5253))   コロンブスが新大陸発見の旅に出ました。   1517(5277)   オスマン帝国がエルサレムを支配下になりました。ヴェネチアで初めてのゲットーができました。   1531(5292)   ポルトガルで異端審問所が発足しました。   1534(5295)   ジギスムント1世がユダヤ教徒のバッジを廃止しました。   1537(5298)   モコッロで最初のメッラーが建立されました。   1540(5301)   ナポリでユダヤ人が追放されました。   1541(5302)   スレイマン大帝がエルサレムの城壁を修復しました。   1550(5301)   ジェノヴァとヴェニスでユダヤ人が追放されました。   1544(5305)   ドイツで宗教改革者のマルチ・ンルターがユダヤ人を攻撃しました。   1555(5316)   ローマ教皇のパウロ4世がユダヤ教徒のゲットーの入植を命令しました。   1569(5330)   ローマ教皇のパウロ4世がユダヤ教徒を追放しました。   1650(5411)   スピノザがユダヤ社会から追放されました。   1654(5415)   合衆国のニューアムステルダム(=ニューヨーク)にユダヤ人がたどり着きました。   1656(5417)   イギリスのクロムウェルがユダヤ教徒の入国を許可しました。(1290(5051)   エドワード1世がユダヤ人を国内から追放して以来です。)   1650年頃   ~1870年頃までの時期に   各国々で   ユダヤの方々に対して   名誉の回復が   行われていくことも   気になるので   ございますが   再び   弾圧が   始まるのでございます。   1711(5472)   ドイツで初の公認のシナゴーグができました。   1730(5491)   合衆国のニューヨークに公認のシナゴーグができました。   1769(5530)   オーストリアでマリア・テレジア女帝がユダヤ人法を発布しました。   1791(5552)   フランスの国民会議で   すべてのユダヤ人に完全な市民権を与えました。   1794(5555)   ロシアでユダヤ人が拘束されて   25年間の軍役を強要して多くのユダヤ人がロシアを離れました。   1808(5569)   モロッコでラバ・トサレとラバトとテトアンにメッラーができました。   1811(5572)   オーストリアのウィーンにシナゴーグの建設が許可されました。   1822(5583)   フランスのメッツにユダヤ人神学校が創立しました。   1829(5590)   イタリアのパドゥアにユダヤ人神学校が創立しました。   1839(5600)   オスマントルコでユダヤ人教徒に対して市民権が与えられました。   1845(5606)   イギリスでユダヤ人対して公職を開放しました。   1847(5607)   イギリスの下院議員ライオネル・ロスチャイルドがキリスト教の宣誓を拒否しました。(1858(5619)年に修正誓約を認めて議席に着きました。)   1870(5631)   イタリアでローマのゲットーが廃止されてユダヤ人の差別が撤廃されました。   1871(5632)   ロシアのオデッサでポグロム(ユダヤの方々の粛清)がございました。   1881(5642)~1882(5643)   南ロシアでポグロム(ユダヤの方々の粛清)がございました。   1903(5664)   ロシアでポグロム(ユダヤの方々の粛清)がございました。   1917(5678)   バルフォア宣言(イギリス外相がユダヤ人の有力者ロスチャイルド卿にあてた書簡)「イギリス政府はパレスチナにナショナルホームを設立することを約束し   その目的達成のため最善の努力を行う」を行いました。   1917(5678)   イギリス軍がパレスチナを占領しました。オスマン帝国軍のエルサレム守備隊がイギリスに降伏しました。   1922(5683)   イギリスによるパレスチナ委任統治正式に始まりました。エルサレムが委任統治領の首都になりました。   1925(5686)   ヘブライ大学が成立しました。   1929(5690)   「嘆きの壁」事件でユダヤ教徒とイスラム教徒の対立で双方の死者が約300人になりました。   1936(5697)   パレスチナ・アラブ大反乱「アラブの大蜂起」がございました。   1939(5700)   水晶の夜第二次世界大戦中にユダヤ人約600万人がナチス・ドイツに虐殺さました。(ホロコースト)   1947(5708)   2月   イギリスがパレスチナの委任統治を放棄することを宣言しました。   1947(5708)   11月   国連がパレスチナ分割決議案採択しました。   1948(5709)   5月14日   イスラエルが独立を宣言しました。そのときのイスラエルのユダヤ人の人口が約70万人です。   1948(5709)   5月15日   第1次中東戦争起きました。アラブ諸国がパレスチナに侵攻しました。アラブ・パレスチナ側が「パレスチナ戦争」と呼んで   イスラエルは「独立戦争」と呼びます。第1次中東戦争でアラブ・パレスチナ人の難民が約80万人になりました。エルサレム旧市街のユダヤ人地区からユダヤ人全員が離れました。。   1949(5710)   イスラエルとヨルダンが休戦協定を締結しました。   1951(5712)   7月20日   ヨルダン国王アブドッラーがアラブ人過激派にアル・アクサー・モスク前で暗殺されて亡くなりました。   1956(5717)   第2次中東戦争が起きました。   1964(5725)   東エルサレム   オリーブ山山頂のホテルでパレスチナ解放機構(PLO)を結成しました。   1967(5728)   第3次中東戦争が起きました。   1968(5729)   スペインはユダヤ人に対する追放令を公式に解除しました。476年ぶりでございましたが   1800年末にロスチャイルド商会のマドリード支店ができて実質的に無効になってございました。   1972(5733)   日本赤軍3名がテルアビブのロッド空港(=現在のベン・グリオン国際空港)で自動小銃を乱射して24人が亡くなって100人近くが負傷しました。   1973(5734)   第4次中東戦争が起きました。   1979(5740)   イスラエルとエジプトが平和条約を締結しました。   1981(5742)   エジプトのサダト大統領が暗殺されて亡くなりました。   1982(5743)   イスラエルがシナイ半島の撤退が完了して   シナイ半島をエジプトに返還しました。   1993(5754)   パレスチナ暫定自治協定を調印しました。イスラエルとPLOが相互承認しました。(オスロ合意)   1995(5756)   イスラエルのラビン首相が暗殺されて亡くなりました。   2000(5761)   リクード党のシャロン党首がアルアクサーモスクを訪問しました。アルアクサー・インティファーダ(第2次インティファーダ)が始まりました。~現在)   2000(5761)   イスラエルのバラク首相とアラファト・パレスチナ自治政府議長がパリで会談しました。   2001(5762)   アメリカ合衆国でブッシュ大統領が就任しました。   2001(5762)   3月7日   シャロン政権が発足しました。   2001(5762)   8月27日   アリー・ムスタファPFLP議長がイスラエルの暗殺作戦で亡くなりました。   2001(5762)   9月11日   米同時テロ事件が起きました。   2001(5762)   10月7日   米空軍がフガニスタンの空爆を開始しました。   2001(5762)   10月17日   イスラエルのゼエヴィ観光相が暗殺されて亡くなりました。(8月27日アリー・ムスタファPFLP議長の暗殺の報復でした。)   2001(5762)   12月3日   シャロン首相が「対テロ戦争」を宣言しました。   2002(5763)   1月22日   ハマスがイスラエルに対して「全面戦争」を宣言しました。   2002(5763)   2月21日   シャロン首相が「分離壁」設置を宣言しました。   2002(5763)   6月   「分離壁」の建設が始まりました。   2003(5764)   1月28日   イスラエルの総選挙でリクード党が圧勝してシャロン首相の続投が決まりました。   2003(5764)   3月20日   米英軍がイラク戦争を開始しました。   2003(5764)   4月9日   バグダッドが陥落しました。イラク・フセイン政権が事実上崩壊しました。   2004(5765)   2月2日   シャロン首相がガザ地区からの一方的な撤退を発表しました。   2004(5765)   3月22日   ハマス指導者ヤシン師がイスラエルの暗殺作戦で亡くなりました。   2004(5765)   4月17日   ハマス新指導者ランティシ師がイスラエルの暗殺作戦で亡くなりました。   2004(5765)   11月11日   PLO議長でパレスチナ自治政府議長のヤセル・アラファト氏(75)が死去しました。   2005(5766)   1月9日   パレスチナ自治政府の議長選挙でアッバース氏が当選しました。   2005(5766)   2月8日   イスラエルのシャロン首相とパレスチナ自治政府のアッバス議長の首脳会談が行われました。(この2者の初の首脳会談で   エジプトのシャルムエルシェイクで行われました。双方が暴力停止を宣言しましたが   ハマスが暴力停止宣言に拘束されないと言明してパレスチナ内部でねじれが起きました。2012年現在の国際社会の各国の政権の現状に似てございます。)   2005(5766)   6月21日   イスラエルのシャロン首相とパレスチナ自治政府のアッバス議長の首脳会談が行われました。(エルサレムで行われましたが   進展しませんでした。共同会見も行われませんでした。)   2005(5766)   8月15日   イスラエルのガザ地区からのユダヤ人の入植者約8   000人が撤退を開始しました。   2005(5766)   9月12日   イスラエル軍がガザ地区の撤退を完了しました。   (ガザ地区が1967年以来38年ぶりにパレスチナの方々の支配下になりました。)   2005(5766)   11月21日   シャロン首相がリクード党を離れて新党「カディマ(=前進)」を結成しました。   2006(5767)   1月4日   シャロン首相が脳出血で重体になりました。   2006(5767)   1月25日   パレスチナ評議会の選挙でハマスが与党第1党になりました。132議席中74議席を獲得しました。   2006(5767)   6月8日   イスラエルがガザ地区南部のラファを空爆してハマス治安部隊のトップなどが亡くなりました。   <特大><特大>2005年2月8日   ~2006年6月8日   奇跡的に   平和な状態の   時期でございました。</特大></特大>   2006(5767)   6月9日   イスラエルがガザ地区北部の海水浴場を誤爆して   家族連れなど7人が亡くなりました。   同日   ハマスは停戦を破棄してイスラエルに対する攻撃を再開すると宣言しました。   2006(5767)   7月12日   レバノンのヒズボラがイスラエルとの戦闘中にイスラエル兵を2名拉致しました。イスラエルはベイルートの空爆を開始しました。   2006(5767)   8月14日   イスラエルとレバノンが停戦に合意しました。   2007(5768)   6月   ハマスがガザ地区を制圧しました。イスラエルが境界を封鎖しました。   2008(5769)   2月27日   イスラエル軍がガザで武装勢力の掃討作戦を行いました。6日間で110人以上の方が亡くなりました。   2008(5769)   6月19日   イスラエルとハマスの停戦の合意が発効しました。   2008(5769)   12月19日   イスラエルとハマスの停戦の合意が終了しました。   2008(5769)   12月27日   イスラエルがガザ地区のハマス拠点に大規模の空爆を開始しました。   2009(5770)   1月3日   イスラエルがガザ地区に侵攻を開始しました。   2010(5771)   中国新彊ウイグル自治区で暴動が起きました。   キルギスで政変が起きました。   タイで反政府デモが起きました。   韓国の哨戒艦が撃沈されました。   北朝鮮が韓国のヨンピョン島を砲撃しました。   ナイジェリアで民族紛争が起きました。   メキシコで麻薬戦争が起きました。   2011(5772)   ヨルダンとシリアとイエメンで反政府運動が激化しました。   チュニジアで反政府暴動が起きて政権が転覆しました。   エジプトで大規模な反政府民主運動が起きて政権が転覆しました。   リビアで政府と反政府勢力の武力衝突が起きて内戦になり政権が崩壊しました。   コートジボアールで内紛が起きて武力衝突しました。   南スーダンが独立しました。   2012(ユダヤ暦5773)   シリアで反政府勢力に対する弾圧が激しくなりました。   マリでクーデターが起きました。   「ユダヤ教徒エジプト人とマルクス主義」   「アハマド・サーディク・サアドと民衆的思想」   「ヘンリ・クリエルとエジプト共産主義運動」   「エジプト共産主義運動におけるユダヤ教徒問題」   「国連パレスチナ分割決議とエジプト共産主義運動」   「アラブ民族革命とアラブ共産主義者の殉難」   も気になります。   仏法のそれ自体(=自性)について  

サムネイル

合唱組曲 島よ (朗読) (お話です) 戦没者の方々の抱く平和への渇望とプラサンガ(破邪)の論法の五求門破について

合唱組曲 島よ (朗読) (お話です) 戦没者の方々の抱く平和への渇望をどう領納していくかについて社会主義と民主主義と資本主義と共産主義と君主制と共和制についての領解(りょうげ)の手立てとプラサンガ(破邪)の論法の五求門破(ごくもんは)の論理的必然性と不生不滅と不断不常について

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.5.10. 13:45
視聴回数:152回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: 合唱組曲   島よ   (朗読)   (お話です)   戦没者の方々の抱く平和への渇望をどう領納していくかについて社会主義と民主主義と資本主義と共産主義と君主制と共和制についての領解(りょうげ)の手立てとプラサンガ(破邪)の論法の五求門破(ごくもんは)の論理的必然性と不生不滅と不断不常について  

サムネイル

アヴェ・ヴェルム・コルプス  (お話です)  '50年代(=昭和25)の国内の情勢につて。

アヴェ・ヴェルム・コルプス  (お話です)  '50年代(=昭和25)の国内の情勢につて。'48年(=昭和23)経済安定九原則、サンフランシスコ平和条約と条項と日本の独立と日米安全保障条約の条項、抜き打ち解散とバカヤロー解散、日米行政協定と日米相互防衛援助協定(MSA協定)と日本国内のアメリカ軍の基地拡張反対闘争と沖縄の琉球政府立法院の土地を守る四原則と原水爆禁止運動、憲法改正と保守合同、教員の勤務評定の実施と日本教職員組合と警察官職務執行法(警職法)と日米安全保障条約改正反対の最大公約数的論拠、憲法改正と保守合同で'55年(=昭和30)自民党結党、'57年(=昭和32)ソ連の大陸間弾道ミサイル(ICBM)成功をうけてアメリカ合衆国が日米共同防衛実現のため日米安全保障条約改定を提示しました。このことから'59(=昭和34)安全保障条約改定反対闘争(いわゆる'60年安保闘争)の第八次統一行動が起きて全日本学生自治総連合が国会構内の突入を図り社会党から安全保障条約を支持する集団が'60年(=昭和35年)民主社会党を結党して同じ年の同じ月に新安全保障条約をワシントンで調印しました。'58年(=昭和33)ブント(共産主義者同盟・いわゆる安保ブント)を結成して、'66年(=昭和41)日本で財政法第四条の四条国債の建設国債の発行と同じ年にブントが再建されて第二次ブント(共産主義者同盟)を結成しました。'70年の'70年安保闘争、沖縄闘争の時期に各派に分裂しました。'57年(=昭和32)ジラード事件が発生、同じ年に砂川闘争(米軍砂川基地拡張反対闘争で、米軍基地内侵入について刑事特別法違反に問われて起訴された学生・労働者の被告の全員が無罪判決)の伊達判決(地裁判決)で、「米軍が日本に駐留するのは、わが国の要請と基地の提供、費用の分担などの協力があるもので、これは憲法第9条が禁止する陸海空軍その他の戦力に該当するものであり、憲法上その存在を許すべからざるものである」として、駐留米軍を特別に保護する刑事特別法は憲法違反であり、米軍基地に立入ったことは罪にあたらないと判断しました。このことから、アメリカ軍の日本駐留が憲法違反で刑事特別法第二条(軽犯罪法に比べて重い罰則)を違憲と解釈して被告の全員が無罪判決になり、この解釈の過程で伊達判決(地裁判決)が安全保障条約が憲法違反であると判断して、国が跳躍上告、第三審の最高裁判決で高度の政治性を有するものについては、明白に違憲無効と認められない限り、司法審査の対象とならないとして判断を回避するという意味で合憲ということになりました。日ソ共同宣言と日本の国際連合の加盟について。

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.2.28. 12:10
視聴回数:949回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: アヴェ・ヴェルム・コルプス   (お話です)   '50年代(=昭和25)の国内の情勢につて。'48年(=昭和23)経済安定九原則   サンフランシスコ平和条約と条項と日本の独立と日米安全保障条約の条項   抜き打ち解散とバカヤロー解散   日米行政協定と日米相互防衛援助協定(MSA協定)と日本国内のアメリカ軍の基地拡張反対闘争と沖縄の琉球政府立法院の土地を守る四原則と原水爆禁止運動   憲法改正と保守合同   教員の勤務評定の実施と日本教職員組合と警察官職務執行法(警職法)と日米安全保障条約改正反対の最大公約数的論拠   憲法改正と保守合同で'55年(=昭和30)自民党結党   '57年(=昭和32)ソ連の大陸間弾道ミサイル(ICBM)成功をうけてアメリカ合衆国が日米共同防衛実現のため日米安全保障条約改定を提示しました。このことから'59(=昭和34)安全保障条約改定反対闘争(いわゆる'60年安保闘争)の第八次統一行動が起きて全日本学生自治総連合が国会構内の突入を図り社会党から安全保障条約を支持する集団が'60年(=昭和35年)民主社会党を結党して同じ年の同じ月に新安全保障条約をワシントンで調印しました。'58年(=昭和33)ブント(共産主義者同盟・いわゆる安保ブント)を結成して   '66年(=昭和41)日本で財政法第四条の四条国債の建設国債の発行と同じ年にブントが再建されて第二次ブント(共産主義者同盟)を結成しました。'70年の'70年安保闘争   沖縄闘争の時期に各派に分裂しました。'57年(=昭和32)ジラード事件が発生   同じ年に砂川闘争(米軍砂川基地拡張反対闘争で   米軍基地内侵入について刑事特別法違反に問われて起訴された学生・労働者の被告の全員が無罪判決)の伊達判決(地裁判決)で   「米軍が日本に駐留するのは   わが国の要請と基地の提供   費用の分担などの協力があるもので   これは憲法第9条が禁止する陸海空軍その他の戦力に該当するものであり   憲法上その存在を許すべからざるものである」として   駐留米軍を特別に保護する刑事特別法は憲法違反であり   米軍基地に立入ったことは罪にならないと判断しました。このことから   アメリカ軍の日本駐留が憲法違反で刑事特別法第二条(軽犯罪法に比べて重い罰則)を違憲と解釈して被告の全員が無罪判決になり   この解釈の過程で伊達判決(地裁判決)が安全保障条約が憲法違反であると判断して   国が跳躍上告   第三審の最高裁判決で高度の政治性を有するものについては   明白に違憲無効と認められない限り   司法審査の対象とあたらないとして判断を回避するという意味で合憲ということになりました。日ソ共同宣言と日本の国際連合の加盟について。  

サムネイル

アヴェ・ヴェルム・コルプス  (お話です)  '20年代'30年代の情勢について。

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です) '20年代'30年代の情勢について。'20年代の恐慌の不況の期時に社会保障と行政改革で健康保険法の公布と施行('22'27年)などが行われて 他方 国内の情勢がアジアモンロー主義(自給自足といえば地産地消も気になります)を基底に国内の軍部と官僚のファッショ(国体主義)性への傾倒 国本社(反共産主義・反英米主義:雑誌「国本」の発刊)が成立して 満州事変支持の社会民衆党(反資本主義・反共産主義・反ファシズム(反国体主義))が日本国家社会党を組織 満州事変不支持の旧日本大衆党旧労農党(反戦・反ファシズム(反国体主義))が全国労働大衆党を組織 (これらの日本共産党以外の無産政党が合法的社会主義政党です)その翌年と翌々年('32'33年)に 非合法状態の日本共産党(機関紙「赤旗(せつき)」の発刊)の機関紙と党員の取り締まりが行われてございました。のりひこ

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.2.17. 05:42
視聴回数:352回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: アヴェ・ヴェルム・コルプス   (お話です)   '20年代'30年代の情勢について。'20年代の恐慌の不況の期時に社会保障と行政改革で健康保険法の公布と施行('22'27年)などが行われて   他方   国内の情勢がアジアモンロー主義(自給自足といえば地産地消も気になります)を基底に国内の軍部と官僚のファッショ(国体主義)性への傾倒   国本社(反共産主義・反英米主義:雑誌「国本」の発刊)が成立して   満州事変支持の社会民衆党(反資本主義・反共産主義・反ファシズム(反国体主義))が日本国家社会党を組織   満州事変不支持の旧日本大衆党旧労農党(反戦・反ファシズム(反国体主義))が全国労働大衆党を組織   (これらの日本共産党以外の無産政党が合法的社会主義政党です)その翌年と翌々年('32'33年)に   非合法状態の日本共産党(機関紙「赤旗(せつき)」の発刊)の機関紙と党員の取り締まりが行われてございました。のりひこ  

サムネイル

ハイドンミサ曲第4番ト長調聖ニコラウスのミサの音取り  (お話つき)個人の心のお話と'00年代'10年代'20年代の政局について

ハイドンミサ曲第4番ト長調聖ニコラウスのミサの音取り  (お話つき)  個人の心のお話と'00(=明治33)年代'10年代'20年代の社会主義同盟の解散と非合法の革命政党の樹立と共産主義政党の趨勢と現在の国家の情勢について。のりひこ

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.2.16. 04:58
視聴回数:248回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: ハイドンミサ曲第4番ト長調聖ニコラウスのミサの音取り   (お話つき)   個人の心のお話と'00(=明治33)年代'10年代'20年代の社会主義同盟の解散と非合法の革命政党の樹立と共産主義政党の趨勢と現在の国家の情勢について。のりひこ  

サムネイル

中国共産党 大虐殺の歴史 そして日本侵略へ

中国共産党による大虐殺の犠牲者の数は、「共産主義黒書」(ステファヌ・クルトワ)などの推計に依れば6,500万人にも上るとされている。歴史上有名な大躍進や文化大革命、天安門事件だけでなく、チベット、東トルキスタン(ウイグル)、モンゴルにおいて現在、残虐な粛清と弾圧、歴史・伝統・文化の破壊、民族浄化・絶滅、漢民族への同化政策が行われている。この恐るべき実態は日本にとって対岸の火事では済まず、やがては日本に襲いかかる脅威である。更に、大中華圏の拡大、世界覇権の掌握は、全人類が危機に瀕することにも繋がる。

投稿者:サイト名 010npnssn2670
投稿日時:2010.8.25. 20:46
視聴回数:723回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 事件・事故   趣味・旅行全般   教育全般  
タグ: 中国共産党   天安門   天安門事件   大虐殺   中国人   中国   文化大革命   大躍進   チベット   ウイグル  

サムネイル

近衛文麿は共産主義者だった

近衛上奏文(このえじょうそうぶん)とは、太平洋戦争末期の1945年(昭和20年)2月14日に、近衛文麿が昭和天皇に対して出した上奏文である。近衛は昭和天皇に対して、「敗戦は遺憾ながら最早必至なりと存候」で始まる「近衛上奏文」を奏上し、英米の世論は天皇制廃止にまでは至っていないとの情勢判断の下、いわゆる「国体護持」には敗戦それ自体よりも敗戦の混乱に伴う共産革命を恐れるべきであるとの問題意識を示した。「大東亜戦争」(太平洋戦争)は日本の革新を目的とする軍の一味の計画によるものであること、一味の目的は共産革命とは断言できないが、共産革命を目的とした官僚や民間有志がこれを支援していること、「一億玉砕」はレーニンの「敗戦革命論」のための詞であること[、米英撃滅の論が出てきている反面、一部の陸軍将校にはソ連軍や中国共産党と手を組むことを考えるものもでてきていること、近衛は陸軍内に共産主義者が存在し、敗戦を利用して共産革命を行おうとしている旨を述べた。

投稿者:サイト名 010npnssn2670
投稿日時:2010.8.22. 12:00
視聴回数:2502回
お気に入り登録:0
カテゴリ: ニュース全般   趣味・旅行全般   教育全般  
タグ: 近衛上奏文   近衛文麿   革新   革新派   共産主義   共産革命   敗戦革命   ゾルゲ   尾崎秀実   コミンテルン   スターリン  

01 02

   
videovar
iPeeVee iPeeVee

会社概要 |  ソリューション |  お問い合わせ |  スタッフ募集 |  利用規約 |  プライバシーポリシー

Copyright (C) 2006-2020 PeeVee Corporation. All rights reserved.