PeeVee.TV
   

  ログイン

ホーム 新規ユーザー登録

新着動画一覧

01 02

サムネイル

シャローム福音教会 2016年4月10日

宣教題「望みをヤコブの神に置く 嶋田師」詩篇146

投稿者:サイト名 シャローム福音教会
投稿日時:2016.4.10. 19:09
視聴回数:351回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般  
タグ: church   shalom   教会   シャローム   イエス   キリスト   聖書   メッセージ   宣教  

サムネイル

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です)メタ理論・タルムード4章・クルアーン10章

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です) 「メタ理論」 「タルムード第4章」 「聖クルアーン第10章」 「メタ理論:原初の人間が メタファー(隠喩)を駆使して 表象と意識と無意識について 論究していくとき 言語分節を行って以降に 詩的言語または 自然言語の基底が 隠喩・心象・直喩・比喩で つくられました。 表現したいと意識する知覚と、 直接的に自然につながりがある 身体・物体・行為で会話を行って、 象徴語が発生しました。 特に、 人間は驚嘆すべき事象に接すると わけもわからぬままに 想像して信じ込む特性があり、 このことから 述語的同一性の付与も メタファー(隠喩)的類型分類も、 分節に先行した領域に、 事象的次元の 特異な性質を象徴する 想像的普遍の意味についての 表象である位相の論究を行って、 詩的知恵と 想像的普遍についての 特性と意義を補います。」 「タルムード第4章」 第4章 1。 ベン・ゾーマは言う。賢者とはどんな者のことでしょうか? それが書かれているように、すべての人々から学ぶ者"私はすべてのすべての師にまさって目覚めたものです。"(詩篇119:99) 強い者とはどんな者のことでしょうか? その衝動を抑制するもの。なぜなら、" 忍耐力の強さにまさる。時勢の力は街を占領するにまさる"(箴言16:32) 豊か者とはどんな者のことでしょうか? それが書かれているとして、その持分で喜んでいる者。なぜなら、 "あなたはあなたの手が労して得た物はすべて/あなたの食べ物になる。あなたはいかに幸いなものか。/ あなたはいかに恵まれてるものか。" (詩篇128:2)と言われてるからである。" あなたはいかに幸いなものか。 "はこの世においてである。" あなたはいかに恵まれてるものか。" は、来るべき世界を指す。 尊敬される物とはどんな者のことでしょうか? 他人を救う者。なぜなら、" 私を重んずるものを私は重んじ、私を侮(あなず)らはす物を軽んずる "(サムエル上2:30)と言われてるからである。 2。 ベン・アッザイは言う、軽い掟を思い掟のごとく速やかに遵守して、罪から逃れなさい。なぜならば掟は別のおきてに導き、別の罪に導くからである。なぜならば掟の報いは掟であり、罪の報いは罪であるからである。 3。 彼はまた言っていた。どんな物をも軽蔑してはいけない。またどんなことも軽くあしらってはいけない。なぜならば自分の時が来ない者はいないし、またそのところを得ない者事物もないからである。 4。 ヤヴネーの人であるラビ・ベロカーは言う。誰であれひそかに天の名を冒涜する者は、人前で罰せられる。御名の冒涜は、過失であれ故意であれみな同じである。 「聖クルアーン第10章」 ユーヌス章 マッカ啓示109節 1-1.アリフ・ラーム・ラー。これらは英知に満ちた、啓典の御印である。 1-2.われがかれら(マッカ人)の中の1人(預言者ムハンマド)に啓示して、「あなたは人びとに(不信心の結末を)警告しなさい。また信仰する者には、主の御許で優れた足場を与えられるとの、吉報を伝えなさい。」と命じたことが(マッ力の)人びとに(それ程)驚きであるのか。(だが)不信心者たちは、「これは明らかに魔術師です。」と言う。 1-3.本当にあなたがたの主はアッラーである。6日の間に天と地を創造され、それから(大権の)玉位に鎮座して、凡ての事物を規制統御なされる。かれの許しを得た後でなければ、執り成す者はない。これがあなたがたの主、アッラーである。かれに仕えなさい。あなたがたは、訓戒を受け入れないのか。 1-4.あなたがたは皆一緒にアッラーの御許に帰る。アッラーの約束は真実である。本当にかれは創造を始め、そしてそれを繰り返される。これは信仰して善行をした者に、公正に報われるためである。だがかれを信仰しない者には、煮えたった飲物と、痛ましい懲罰がある。これはかれらが不信心であったためである。 1-5.かれこそは太陽を輝やかせ、月を灯明とされ、その軌道を定め、年数(と時日)の計算をあなたがたに教えられた方である。アッラーがこれらを創造されたのは、只真理(を現わすため)に外ならない。かれは知識ある人びとに印を詳しく述べられる。 1-6.本当に夜と昼との交替、またアッラーが天と地の間に創られる凡てのものの中には、主を畏れる者への印がある。 1-7.本当にわれとの会見を期待しない者、また現世の生活に満足してこれに安心している者、そしてわれの印を疎かにする者、

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.8.13. 13:34
視聴回数:7204回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: アヴェ・ヴェルム・コルプス   (お話です)   「メタ理論」   「タルムード第4章」   「聖クルアーン第10章」   「メタ理論:原初の人間が   メタファー(隠喩)を駆使して   表象と意識と無意識について   論究していくとき   言語分節を行って以降に   詩的言語または   自然言語の基底が   隠喩・心象・直喩・比喩で   つくられました。   表現したいと意識する知覚と   直接的に自然につながりがある   身体・物体・行為で会話を行って   象徴語が発生しました。   特に   人間は驚嘆すべき事象に接すると   わけもわからぬままに   想像して信じ込む特性があり   このことから   述語的同一性の付与も   メタファー(隠喩)的類型分類も   分節に先行した領域に   事象的次元の   特異な性質を象徴する   想像的普遍の意味についての   表象である位相の論究を行って   詩的知恵と   想像的普遍についての   特性と意義を補います。」   「タルムード第4章」   第4章   1。   ベン・ゾーマは言う。賢者とはどんな者のことでしょうか?   それが書かれているように   すべての人々から学ぶ者"私はすべてのすべての師にまさって目覚めたものです。"(詩篇119:99)   強い者とはどんな者のことでしょうか?   その衝動を抑制するもの。なぜなら   "   忍耐力の強さにまさる。時勢の力は街を占領するにまさる"(箴言16:32)   豊か者とはどんな者のことでしょうか?   それが書かれているとして   その持分で喜んでいる者。なぜなら   "あなたはあなたの手が労して得た物はすべて/あなたの食べ物になる。あなたはいかに幸いなものか。/   あなたはいかに恵まれてるものか。"   (詩篇128:2)と言われてるからである。"   あなたはいかに幸いなものか。   "はこの世においてである。"   あなたはいかに恵まれてるものか。"     来るべき世界を指す。   尊敬される物とはどんな者のことでしょうか?   他人を救う者。なぜなら   "   私を重んずるものを私は重んじ   私を侮(あなず)らはす物を軽んずる   "(サムエル上2:30)と言われてるからである。   2。   ベン・アッザイは言う   軽い掟を思い掟のごとく速やかに遵守して   罪から逃れなさい。なぜならば掟は別のおきてに導き   別の罪に導くからである。なぜならば掟の報いは掟であり   罪の報いは罪であるからである。   3。   彼はまた言っていた。どんな物をも軽蔑してはいけない。またどんなことも軽くあしらってはいけない。なぜならば自分の時が来ない者はいないし   またそのところを得ない者事物もないからである。   4。   ヤヴネーの人であるラビ・ベロカーは言う。誰であれひそかに天の名を冒涜する者は   人前で罰せられる。御名の冒涜は   過失であれ故意であれみな同じである。   5。彼の息子ラビ・イシュマエルは言う。教えるために学ぶものは   学びまた教えるための手だてを提供される。また実践されるために学ぶ者は   学び   教え   また遵守し実践するための手だてを提供される。   ラビ・ツァドクは言う。   6。   と言って使用されるラビYishmael息子:彼は教えるために学ぶ学習し   教えることの両方が有効になります。   しかし   実際に順番に学習し   彼は観察すること   教えること   そして練習し   学ぶために有効になります。   7。   律法を自分で殖やすための王冠作る   また   掘るための鍬としてそれを使用しないでください。ラビTzadokは言うために使用されます。   ヒレルが言って使用される:トーラーの王冠の世俗的な使用しています彼は滅びる。   したがって   あなたは律法の言葉を悪用するいずれかの生命の世界から自分を削除することを推論することがあります。   8。   ラビヨシは言うに使用される:彼は律法が人類によって名誉を彼自身である誰が栄誉。   律法をdishonors彼は彼自身が   人類が不渡りされなければならない。   9。   ラビYishmael息子は言った:彼は敵意   窃盗   偽証の裁判官のRID自身の事務所を遠ざかって誰。   彼は律法の問題で僭越ルールは   愚かな邪悪な   と傲慢です。   10。   一人ではない判断し   どれも一つを除いて単独で判断してはならないために:彼が言っていました。   そして   彼らはあなたを決定しないようにすることがあるため   "私の考えを受け入れない"と言う。   11。   ラビYonatanは言った:貧困の中で律法を満たしている彼は   最後には富でそれを満たさなければならない。   富に律法を無視し   彼は最終的に貧困でそれを無視しなければならない。   12。   ラビ・メイアは言った:ビジネスに少しを掛けますが   律法を自分で占有します。   すべての人の前に精神で謙虚である。   しかし   律法後のGdのあなたは労働力があなたを与えるために   豊富な報酬を持っている場合   それはあなたに自分自身を紹介します怠った律法は多くの原因を無視した場合。   13。   ラビエリエゼルベンヤコブは言っていた:1罪を犯した彼が彼自身に1つの告発を得ていながら   1命令を実行する彼は   自分自身に1つの支持者を獲得します。   懺悔と善行は罰に対するシールドのとおりです。   14。   ラビYochananはサンダルメ??ーカーは言った:神聖な目的のためにであるすべてのアセンブリは   最終的に確立しなければならない。   しかし   神聖な目的のためではない任意のアセンブリは   最終的に確立されてはならない。   15。   あなたの学生の名誉は   あなた自身のようにあなたのように貴重になりましょう   そしてあなたの教師敬意として同僚の名誉およびGdのあなたの畏敬の念など   先生に対する尊敬:ラビエラザールベンShammuaは言っていました。   16。   教育に注意して   故意の罪に金額を教えるのエラーのために:ラビユダは言っていました。   17。   ラビシモンは言うに使用:あり3冠です   -   トーラーの王冠   聖職者の冠と   王政の冠はなく   良い名前の冠は   それらすべてを凌駕しています。   18。   ラビNehoraiは言った:それはあなたの永久所有になるあなたの仲間であるために   律法の代わりに自発的な亡命として移動して   律法はあなたに従うことを言うことはありません。   あなた自身の理解に依存しないでください。   19。   ラビYannaiは言うに使用される:それは正しいの邪悪や悲しみのウェルビーイングを説明するために私たちの力ではありません。   20。   すべての人に挨拶の最初に:ラビMatyahベンChereshは言っていました。   ライオンの間で尾はなく   キツネに頭である。   21。   この世界は未来の世界への廊下のようなものです:ラビヤコブは言っていました。   あなたは宴会場に入ることが廊下に自分自身を準備します。   22。   また   彼は言う:世界の全ての生命が来るよりも懺悔とこの世界での善行の1時間です。   より良い   この世界のすべての生命よりも   世界に来るの精神的な休息の1時間です。   23。   ラビシモン・ベンエラザールは言っていた:彼の怒りの時にあなたの仲間をなだめる   また彼の死んだの嘘彼の前にしながら彼を慰めないでください。   彼の誓いの時に彼に質問しないでください。   自分の不名誉の時に彼を見ないようにしてください。   24。   サミュエル   "あなたの敵が倒れたときに喜ぶしないでください   彼らはつまずく   または他の主はそれを見て不快になる   と背を向ける時期あなたの心は喜んでさせない(箴言24:17-18)と言って使用される若い人そこから怒り。   "   25。   エリシャベンAvuyahは言うに使用される。子として学ぶ彼は   彼は次のように何ですか?   彼は新しい紙に書かれたインクのようなものです。   老人のように学習し   彼は   彼は何が好きですか?   彼は紙をブロッティングに書かれたインクのようなものです。   26。   Kefar   HA-Bavliのラビヨシバーユダは言った:若いから学ぶ彼は   彼は次のように何ですか?   彼は未熟なブドウやドリンク彼のワインを押してから新鮮なワインを食べるもののようです。   しかし   高齢者から学ぶ彼は   彼が好き何ですか?   彼は熟したブドウや飲み物昔のワインを食べるもののようです。   27。   ラビ・メイヤーは言うに使用:フラスコを見てはいけないが   何でそれで   昔のワインもその中に新しいワインを持っていない昔のフラスコがいっぱいです新しいフラスコがあるかもしれません。   28。ラビエレアザルHA-Kapparは言っていました。   嫉妬   欲望   野心   を人の世界から消します。   29。   彼はまた言って使用しました。生まれてきた彼らは   死ぬ運命にある。   死んでいる彼らは生きている行うことが運命づけられている。   住んでいると判断することが運命づけられている彼らは   その男性は知っているかもしれないと認識させると彼がG-dであることを理解し   彼は創作者であり   彼は創造主であり   彼はdiscernerですが   彼は裁判官であり   彼が証人であり   彼は訴追人   それは将来の裁判官には   祝福されたその存在が尊崇に値します。収賄もなく   彼になる神です。すべての神です。   すべてが計算によるとあることを知っています。   そして   あなたの邪悪な性質は   墓があなたの隠れ家になることを保証するものではありませましょう:自分の意思にかかわらずのためにあなたが作られ   自分自身の意思にかかわらず   あなたが生まれた   自分自身の意思にかかわらず   あなたは生き   そして自分自身の意思にかかわらず   あなたが死ぬと   自分自身の意思にかかわらず   あなたがに運命づけられているものである神   -   彼は祝福される王の至高王   -   聖なる者の前で申し開きと審判を行うことになってます。   「聖クルアーン第10章」   ユーヌス章   マッカ啓示109節   1-1.アリフ・ラーム・ラー。これらは英知に満ちた   啓典の御印である。   1-2.われがかれら(マッカ人)の中の1人(預言者ムハンマド)に啓示して   「あなたは人びとに(不信心の結末を)警告しなさい。また信仰する者には   主の御許で優れた足場を与えられるとの   吉報を伝えなさい。」と命じたことが(マッ力の)人びとに(それ程)驚きであるのか。(だが)不信心者たちは   「これは明らかに魔術師です。」と言う。   1-3.本当にあなたがたの主はアッラーである。6日の間に天と地を創造され   それから(大権の)玉位に鎮座して   凡ての事物を規制統御なされる。かれの許しを得た後でなければ   執り成す者はない。これがあなたがたの主   アッラーである。かれに仕えなさい。あなたがたは   訓戒を受け入れないのか。   1-4.あなたがたは皆一緒にアッラーの御許に帰る。アッラーの約束は真実である。本当にかれは創造を始め   そしてそれを繰り返される。これは信仰して善行をした者に   公正に報われるためである。だがかれを信仰しない者には   煮えたった飲物と   痛ましい懲罰がある。これはかれらが不信心であったためである。   1-5.かれこそは太陽を輝やかせ   月を灯明とされ   その軌道を定め   年数(と時日)の計算をあなたがたに教えられた方である。アッラーがこれらを創造されたのは   只真理(を現わすため)に外ならない。かれは知識ある人びとに印を詳しく述べられる。   1-6.本当に夜と昼との交替   またアッラーが天と地の間に創られる凡てのものの中には   主を畏れる者への印がある。   1-7.本当にわれとの会見を期待しない者   また現世の生活に満足してこれに安心している者   そしてわれの印を疎かにする者   1-8.これらの者の住まいは   その(悪い)行いのために地獄である。   1-9.本当に信仰して善行に励む者には   かれらの主は   その信仰によってかれらを導かれる。至福の楽園の中に   川はかれらの足元を流れるのである。   1-10.その中でかれらの祈りは   「アッラーよ   あなたの栄光を讃えます。」であり   またそこでのかれらの挨拶は「平安あれ。」であり   そして祈りの結びは   「万有の主アッラーを讃えます。」である。   1-11.かれらが幸福へと急ぐよう   もしアッラーが人びとに対して悪を急がれるならば   (猶予の)期間はきっと終らされたであろう。われとの会見を望まない者には   法外の混乱の中で当てもなくさ迷わせることであろう。   1-12.人びと(不信心者たち)が苦難に会った時は   横たわり   あるいは座り   あるいは立っていても(どんな状態のもとでも)われを呼ぶ。だがわれがかれらから苦難を除くと   (まるで)かれらを苦しめた(以前の)不幸のためわれを呼ばなかったかのように過ごしてしまう。このように愚かな者は   その行いを(悪魔によって)立派だと思わせられる。   1-13.本当にわれはあなたがた以前にも   かれらが不義を行ったために   幾多の民族を滅ぼした。使徒たちが明証をかれらに与えたのだが   かれらは信じようとはしなかった。このようにわれは   罪を犯した民に報いる。   1-14.それからわれはかれらの後に   この地をあなたがたに継がせた。これはあなたがたが   如何に行うかを見るためである。   1-15.ところがわれの明瞭な印が   かれらに読み聞かされた時   われと会うことを望まない者たちは言った。「これとは別のクルアーンを持って来なさい。それともこれを改竄しなさい。」言ってやるがいい。「わたしは自分の裁量でこれを改竄することは出来ない。只   わたしに啓示されたものに従うだけである。わたしがもし主に背いたならば   偉大な日の懲罰を本当に恐れる。」   1-16.言ってやるがいい。「アッラーの御心なら   わたしはあなたがたにそれを読誦せず   またかれは   あなたがたに教えられなかったであろう。その(啓示)前に   わたしは確かにあなたがたの間で   一生ほどの(40年の)歳月を過ごした。あなたがたは未だ悟らないのか。」   1-17.アッラーに就いて偽りを捏造し   その啓示を拒否するほど   甚だしい不義の者があろうか。罪を犯す者は   決して成功しないのである。   1-18.かれらはアッラーの外に   かれらを害せず   また益のないものに仕えて   「これら(の神々)は   アッラーの御前でわたしたちを執り成すものです。」と言う。言ってやるがいい。「あなたがたは   天地においてアッラーの知らないことを   かれに告げようとするのか。」かれを讃えなさい。かれはかれらが配するものの上に高くおられる。   1-19.人間は(元来)唯一族(1つのウンマ)であった。もし以前にあなたの主から下された御言葉がなかったならば   その相違点に就いては   かれらの間に採決が下されてしまっただろう。   1-20.かれらは言うであろう。「何故主から一つの印もかれ(ムハンマド)に下されないのだろう。」言ってやるがいい。「幽玄界のことは   只アッラーが御支配しておられる。だから待て。わたしもまた   あなたがたと共に待つ者である。」   1-21.われが人間に災厄を味わせた後   慈悲を与えると   見よ   かれらはわが印に対して策謀をする。言ってやるがいい。「アッラーは   策謀に対して迅速に処置される。」本当にわが使徒たち(天使)は   あなたがたの策謀することを凡て記録するのである。   1-22.かれこそはあなたがたを陸に   また海に旅をさせられる御方である。それであなたがたが船に乗る時   それが順風に乗って航行すれば   かれらはそれで喜ぶ。暴風が襲うと   大波が四方から押し寄せ   かれらはもうこれまでだと観念して   アッラーに向かって   信心を尽くして祈る。「あなたが   もしわたしたちをこれから救い下されば   必ず感謝を捧げる者になります。」   1-23.だがかれが救助してみると   見よ   かれらは地上において正義を侮って不義を行う。人びとよ   あなたがたの反逆は只自分自身の魂を害し   現世の生活で享楽を得るだけであるが   あなたがたはすぐにわれに帰るのである。その時われは   あなたがたの行ったことを告げ知らせるであろう。   1-24.本当に   現世の生活を例えれば   天からわれが降らせる水(雨)のようなものである。それで土を潤し   人間や家畜の食べ物を茂らせる。大地が美麗な装いで覆われて飾られると   そこの(住)民は   その全権を持ったと思い込む。だがわが命令が   夜も昼も一度下れば   昨日は繁茂していなかったかのように刈り取られたもののように変えてしまう。われはこのように   熟慮する人びとのために(われの)印を解明する。   1-25.本当にアッラーは   人を平安の家に招き   また御好みになられた者を正しい道に導かれる。  

サムネイル

合唱組曲 島よ (朗読) (お話です) 「イスラエルとユダヤ教の歴史について :族長の神とモーセの神について」

合唱組曲 島よ (朗読) (お話です) 「イスラエルとユダヤ教の歴史について。 :族長の神とモーセの神について。 :族長の神の場合、 アブラハムの神、イツハクの神、ヤコブの神という 個人や集団が、神々から特別な関係を結んだ 特定の神である守護神礼拝の形で 特有の名が存在する。 (多数の神々から一神を選ぶ=一神礼拝教) これら守護神と礼拝者の間で 成立した人格的関係が 基底である族長の宗教が、 ヤハウェ一神教の根底に存在します。 このとき、族長部族集団が族長の 守護神の一神礼拝者になっった如く、 イスラエル民族の集団がモーセのヤハウェ神を 民族の集団の一神教の神として主張しました。 (他の神々をすべて否定する=一神教) 他方、 アブラハムとカナンの地を約束した 神の信仰の族長の時代が (多数の神々から一神を選ぶ =一神礼拝教)ですが、 歴史的に先ず、一神礼拝教の信仰があり、 以降、一神教の信仰になりました。」

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.8.9. 07:03
視聴回数:467回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: 合唱組曲   島よ   (朗読)   (お話です)「イスラエルとユダヤ教の歴史について。:族長の神とモーセの神について。」:族長の神の場合   アブラハムの神   イツハクの神   ヤコブの神という個人や集団が   神々から特別な関係を結んだ特定の神である守護神礼拝の形で特有の名が存在する。(多数の神々から一神を選ぶ=一神礼拝教)これら守護神と礼拝者の間で成立した人格的関係が基底である族長の宗教が   ヤハウェ一神教の根底に存在します。このとき   族長部族集団が族長の守護神の一神礼拝者になっった如く   イスラエル民族の集団がモーセのヤハウェ神を民族の集団の一神教の神として主張しました。(他の神々をすべて否定する=一神教)他方   アブラハムとカナンの地を約束した   神の信仰の族長の時代が   (多数の神々から一神を選ぶ   =一神礼拝教)ですが   歴史的に先ず   一神礼拝教の信仰があり   以降   一神教の信仰になりました。」  

サムネイル

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です) 「ギリシャとヘブライの倫理」「ニコマコス倫理学」 『タルムード 4章』

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です) 「ギリシャとヘブライの倫理」「ニコマコス倫理学」 『タルムード 4章』「第九の歌詞(ドイツ語)朗読と譜面解釈」「聖クルアーン第4章 女 アル・ニサー メディナ啓示 : 男女の婚姻制度の根底に戦争の男性人口の減少と孤児の保護について」 『タルムード 4章』 第4章 1。 ベン・ゾーマは言う。賢者とはどんな者のことでしょうか? それが書かれているように、すべての人々から学ぶ者"私はすべてのすべての師にまさって目覚めたものです。"(詩篇119:99) 強い者とはどんな者のことでしょうか? その衝動を抑制するもの。なぜなら、" 忍耐力の強さにまさる。時勢の力は街を占領するにまさる"(箴言16:32) 豊か者とはどんな者のことでしょうか? それが書かれているとして、その持分で喜んでいる者。なぜなら、 "あなたはあなたの手が労して得た物はすべて/あなたの食べ物になる。あなたはいかに幸いなものか。/ あなたはいかに恵まれてるものか。" (詩篇128:2)と言われてるからである。" あなたはいかに幸いなものか。 "はこの世においてである。" あなたはいかに恵まれてるものか。" は、来るべき世界を指す。 尊敬される物とはどんな者のことでしょうか? 他人を救う者。なぜなら、" 私を重んずるものを私は重んじ、私を侮(あなず)らはす物を軽んずる "(サムエル上2:30)と言われてるからである。 2。 ベン・アッザイは言う、軽い掟を思い掟のごとく速やかに遵守して、罪から逃れなさい。なぜならば掟は別のおきてに導き、別の罪に導くからである。なぜならば掟の報いは掟であり、罪の報いは罪であるからである。 3。 彼はまた言っていた。どんな物をも軽蔑してはいけない。またどんなことも軽くあしらってはいけない。なぜならば自分の時が来ない者はいないし、またそのところを得ない者事物もないからである。 4。 ヤヴネーの人であるラビ・ベロカーは言う。誰であれひそかに天の名を冒涜する者は、人前で罰せられる。御名の冒涜は、過失であれ故意であれみな同じである。 5。彼の息子ラビ・イシュマエルは言う。教えるために学ぶものは、学びまた教えるための手だてを提供される。また実践されるために学ぶ者は、学び、教え、 また遵守し実践するための手だてを提供される。  ラビ・ツァドクは言う。 6。 と言って使用されるラビYishmael息子:彼は教えるために学ぶ学習し、教えることの両方が有効になります。 しかし、実際に順番に学習し、彼は観察すること、教えること、そして練習し、学ぶために有効になります。 7。 律法を自分で殖やすための王冠作る、また、掘るための鍬としてそれを使用しないでください。ラビTzadokは言うために使用されます。 ヒレルが言って使用される:トーラーの王冠の世俗的な使用しています彼は滅びる。 したがって、あなたは律法の言葉を悪用するいずれかの生命の世界から自分を削除することを推論することがあります。 「聖クルアーン第4章 女 アル・ニサー メディナ啓示 」 4-1.人びとよ、あなたがたの主を畏れなさい。かれはひとつの魂からあなたがたを創り、またその魂から配偶者を創り、両人から、無数の男と女を増やし広められた方であられる。あなたがたはアッラーを畏れなさい。かれの御名においてお互いに頼みごとをする御方であられる。また近親の絆を(尊重しなさい)。本当にアッラーはあなたがたを絶えず見守られる。 4-2.孤児たちの財産を返還しなさい。(自分の)悪いものを、(かれらの)良いものと替えてはならない。またかれらの財産をわがものにしてはならない。誠にそれは大罪である。 4-3.あなたがたがもし孤児に対し、公正にしてやれそうにもないならば、あなたがたがよいと思う2人、3人または4人の女を娶れ。だが公平にしてやれそうにもないならば、只1人だけ(娶るか)、またはあなたがたの右手が所有する者(奴隷の女)で我慢しておきなさい。このことは不公正を避けるため、もっとも公正である。 4-4.そして(結婚にさいしては)女にマハルを贈り物として与えなさい。だがかの女らが自らその一部を戻すことを願うならば、喜んでこれを納めなさい。 4-5.アッラーから保管を委託された財産を、精神薄弱者に渡してはならない。そして、かれらに衣食を与え、懇切に言葉優しく話しかけなさい。

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.7.26. 07:59
視聴回数:5283回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: アヴェ・ヴェルム・コルプス   (お話です)   「ギリシャとヘブライの倫理」「ニコマコス倫理学」   『タルムード   4章』「第九の歌詞(ドイツ語)朗読と譜面解釈」「聖クルアーン第4章     アル・ニサー   メディナ啓示   :   男女の婚姻制度の根底に戦争の男性人口の減少と孤児の保護について」   『タルムード   4章』   第4章   1。   ベン・ゾーマは言う。賢者とはどんな者のことでしょうか?   それが書かれているように   すべての人々から学ぶ者"私はすべてのすべての師にまさって目覚めたものです。"(詩篇119:99)   強い者とはどんな者のことでしょうか?   その衝動を抑制するもの。なぜなら   "   忍耐力の強さにまさる。時勢の力は街を占領するにまさる"(箴言16:32)   豊か者とはどんな者のことでしょうか?   それが書かれているとして   その持分で喜んでいる者。なぜなら   "あなたはあなたの手が労して得た物はすべて/あなたの食べ物になる。あなたはいかに幸いなものか。/   あなたはいかに恵まれてるものか。"   (詩篇128:2)と言われてるからである。"   あなたはいかに幸いなものか。   "はこの世においてである。"   あなたはいかに恵まれてるものか。"     来るべき世界を指す。   尊敬される物とはどんな者のことでしょうか?   他人を救う者。なぜなら   "   私を重んずるものを私は重んじ   私を侮(あなず)らはす物を軽んずる   "(サムエル上2:30)と言われてるからである。   2。   ベン・アッザイは言う   軽い掟を思い掟のごとく速やかに遵守して   罪から逃れなさい。なぜならば掟は別のおきてに導き   別の罪に導くからである。なぜならば掟の報いは掟であり   罪の報いは罪であるからである。   3。   彼はまた言っていた。どんな物をも軽蔑してはいけない。またどんなことも軽くあしらってはいけない。なぜならば自分の時が来ない者はいないし   またそのところを得ない者事物もないからである。   4。   ヤヴネーの人であるラビ・ベロカーは言う。誰であれひそかに天の名を冒涜する者は   人前で罰せられる。御名の冒涜は   過失であれ故意であれみな同じである。   5。彼の息子ラビ・イシュマエルは言う。教えるために学ぶものは   学びまた教えるための手だてを提供される。また実践されるために学ぶ者は   学び   教え   また遵守し実践するための手だてを提供される。   ラビ・ツァドクは言う。   6。   と言って使用されるラビYishmael息子:彼は教えるために学ぶ学習し   教えることの両方が有効になります。   しかし   実際に順番に学習し   彼は観察すること   教えること   そして練習し   学ぶために有効になります。   7。   律法を自分で殖やすための王冠作る   また   掘るための鍬としてそれを使用しないでください。ラビTzadokは言うために使用されます。   ヒレルが言って使用される:トーラーの王冠の世俗的な使用しています彼は滅びる。   したがって   あなたは律法の言葉を悪用するいずれかの生命の世界から自分を削除することを推論することがあります。   8。   ラビヨシは言うに使用される:彼は律法が人類によって名誉を彼自身である誰が栄誉。   律法をdishonors彼は彼自身が   人類が不渡りされなければならない。   9。   ラビYishmael息子は言った:彼は敵意   窃盗   偽証の裁判官のRID自身の事務所を遠ざかって誰。   彼は律法の問題で僭越ルールは   愚かな邪悪な   と傲慢です。   10。   一人ではない判断し   どれも一つを除いて単独で判断してはならないために:彼が言っていました。   そして   彼らはあなたを決定しないようにすることがあるため   "私の考えを受け入れない"と言う。   11。   ラビYonatanは言った:貧困の中で律法を満たしている彼は   最後には富でそれを満たさなければならない。   富に律法を無視し   彼は最終的に貧困でそれを無視しなければならない。   12。   ラビ・メイアは言った:ビジネスに少しを掛けますが   律法を自分で占有します。   すべての人の前に精神で謙虚である。   しかし   律法後のGdのあなたは労働力があなたを与えるために   豊富な報酬を持っている場合   それはあなたに自分自身を紹介します怠った律法は多くの原因を無視した場合。   13。   ラビエリエゼルベンヤコブは言っていた:1罪を犯した彼が彼自身に1つの告発を得ていながら   1命令を実行する彼は   自分自身に1つの支持者を獲得します。   懺悔と善行は罰に対するシールドのとおりです。   14。   ラビYochananはサンダルメ??ーカーは言った:神聖な目的のためにであるすべてのアセンブリは   最終的に確立しなければならない。   しかし   神聖な目的のためではない任意のアセンブリは   最終的に確立されてはならない。   15。   あなたの学生の名誉は   あなた自身のようにあなたのように貴重になりましょう   そしてあなたの教師敬意として同僚の名誉およびGdのあなたの畏敬の念など   先生に対する尊敬:ラビエラザールベンShammuaは言っていました。   16。   教育に注意して   故意の罪に金額を教えるのエラーのために:ラビユダは言っていました。   17。   ラビシモンは言うに使用:あり3冠です   -   トーラーの王冠   聖職者の冠と   王政の冠はなく   良い名前の冠は   それらすべてを凌駕しています。   18。   ラビNehoraiは言った:それはあなたの永久所有になるあなたの仲間であるために   律法の代わりに自発的な亡命として移動して   律法はあなたに従うことを言うことはありません。   あなた自身の理解に依存しないでください。   19。   ラビYannaiは言うに使用される:それは正しいの邪悪や悲しみのウェルビーイングを説明するために私たちの力ではありません。   20。   すべての人に挨拶の最初に:ラビMatyahベンChereshは言っていました。   ライオンの間で尾はなく   キツネに頭である。   21。   この世界は未来の世界への廊下のようなものです:ラビヤコブは言っていました。   あなたは宴会場に入ることが廊下に自分自身を準備します。   22。   また   彼は言う:世界の全ての生命が来るよりも懺悔とこの世界での善行の1時間です。   より良い   この世界のすべての生命よりも   世界に来るの精神的な休息の1時間です。   23。   ラビシモン・ベンエラザールは言っていた:彼の怒りの時にあなたの仲間をなだめる   また彼の死んだの嘘彼の前にしながら彼を慰めないでください。   彼の誓いの時に彼に質問しないでください。   自分の不名誉の時に彼を見ないようにしてください。   24。   サミュエル   "あなたの敵が倒れたときに喜ぶしないでください   彼らはつまずく   または他の主はそれを見て不快になる   と背を向ける時期あなたの心は喜んでさせない(箴言24:17-18)と言って使用される若い人そこから怒り。   "   25。   エリシャベンAvuyahは言うに使用される。子として学ぶ彼は   彼は次のように何ですか?   彼は新しい紙に書かれたインクのようなものです。   老人のように学習し   彼は   彼は何が好きですか?   彼は紙をブロッティングに書かれたインクのようなものです。   26。   Kefar   HA-Bavliのラビヨシバーユダは言った:若いから学ぶ彼は   彼は次のように何ですか?   彼は未熟なブドウやドリンク彼のワインを押してから新鮮なワインを食べるもののようです。   しかし   高齢者から学ぶ彼は   彼が好き何ですか?   彼は熟したブドウや飲み物昔のワインを食べるもののようです。   27。   ラビ・メイヤーは言うに使用:フラスコを見てはいけないが   何でそれで   昔のワインもその中に新しいワインを持っていない昔のフラスコがいっぱいです新しいフラスコがあるかもしれません。   28。ラビエレアザルHA-Kapparは言っていました。   嫉妬   欲望   野心   を人の世界から消します。   29。   彼はまた言って使用しました。生まれてきた彼らは   死ぬ運命にある。   死んでいる彼らは生きている行うことが運命づけられている。   住んでいると判断することが運命づけられている彼らは   その男性は知っているかもしれないと認識させると彼がG-dであることを理解し   彼は創作者であり   彼は創造主であり   彼はdiscernerですが   彼は裁判官であり   彼が証人であり   彼は訴追人   それは将来の裁判官には   祝福されたその存在が尊崇に値します。収賄もなく   彼になる神です。すべての神です。   すべてが計算によるとあることを知っています。   そして   あなたの邪悪な性質は   墓があなたの隠れ家になることを保証するものではありませましょう:自分の意思にかかわらずのためにあなたが作られ   自分自身の意思にかかわらず   あなたが生まれた   自分自身の意思にかかわらず   あなたは生き   そして自分自身の意思にかかわらず   あなたが死ぬと   自分自身の意思にかかわらず   あなたがに運命づけられているものである神   -   彼は祝福される王の至高王   -   聖なる者の前で申し開きと審判を行うことになってます。   「聖クルアーン第4章     アル・ニサー   メディナ啓示   」4-1.人びとよ   あなたがたの主を畏れなさい。かれはひとつの魂からあなたがたを創り   またその魂から配偶者を創り   両人から   無数の男と女を増やし広められた方であられる。あなたがたはアッラーを畏れなさい。かれの御名においてお互いに頼みごとをする御方であられる。また近親の絆を(尊重しなさい)。本当にアッラーはあなたがたを絶えず見守られる。   4-2.孤児たちの財産を返還しなさい。(自分の)悪いものを   (かれらの)良いものと替えてはならない。またかれらの財産をわがものにしてはならない。誠にそれは大罪である。   4-3.あなたがたがもし孤児に対し   公正にしてやれそうにもないならば   あなたがたがよいと思う2人   3人または4人の女を娶れ。だが公平にしてやれそうにもないならば   只1人だけ(娶るか)   またはあなたがたの右手が所有する者(奴隷の女)で我慢しておきなさい。このことは不公正を避けるため   もっとも公正である。   4-4.そして(結婚にさいしては)女にマハルを贈り物として与えなさい。だがかの女らが自らその一部を戻すことを願うならば   喜んでこれを納めなさい。   4-5.アッラーから保管を委託された財産を   精神薄弱者に渡してはならない。そして   かれらに衣食を与え   懇切に言葉優しく話しかけなさい。   4-6.結婚年齢に達するまでは   孤児を試しなさい。もし   立派な分別があると認められたならば   その財産をかれらに渡しなさい。かれら(孤児)が成年になるまで   浪費したり   急いで消費してはならない。(後見者が)金持ならば抑制してこれに手を触れてはならない。また貧乏ならば   (後見のために)適切に使いなさい。孤児に返還するさいは   かれらのために証人を立てなさい。アッラーは清算者として万全であられる。   4-7.男は両親および近親の遺産の一部を得   女もまた両親及び近親の遺産の一部を得る。そのさい遺産の多少を問わず定められたように配分しなさい。   4-8.遺産の分配にさいし   もし遠い親族や孤児や貧者が   その場に居合わせた時は   それ(遺産)からかれらにも与え   懇切に言葉優しく話しかけなさい。   4-9.自分のあとにひ弱い子女を残し   それらの身を案じる者はよく心配して置け。だからアッラーを畏れ   誠意ある言葉で語りなさい。   4-10.不当に孤児の財産を食い減らす者は   本当に腹の中に火を食らう者。かれらはやがて烈火に焼かれるであろう。   4-11.アッラーはあなたがたの子女に就いてこう命じられる。男児には   女児の2人分と同額。もし女児のみ2人以上のときは遺産の3分の2を受ける。もし女児一人の時は   2分の1を受ける。またその両親は   かれに遺児のある場合   それぞれ遺産の6分の1を受ける。もし遺児がなく   両親がその相続者である場合は   母親はその3分の1を受ける。またもしかれに兄弟がある場合は   母親は6分の1を受ける。(いずれの場合も)その遺言したものと   債務を清算した残り(の分配)である。あなたがたは自分の父母と自分の子女との   どちらがあなたがたにとって   より益があるかを知らない。(これは)アッラーの掟である。本当にアッラーは全知にして英明であられる。   4-12.妻が遺したものは   かの女らに子がない場合   半分をあなたがたが受ける。もし子がある場合は   かの女らの遺言と債務を果たした後   あなたはかの女の残したものの   4分の1を受ける。またあなたがたが遺すものは   あなたがたに子がない場合は妻はあなたの遺産の4分の1を受ける。もしあなたがたに子がある場合は   遺言と債務を果たした後   かの女たちはあなたが残したものの8分の1を受ける。もし遺産を遺す男または女に   父母も子女もなく   兄弟または姉妹一人だけある場合は   その者が遺産の6分の1を受ける。兄弟姉妹が多い場合   かれらは全員で3分の1の分け前を得る。これは   遺言と債務を果たした後のことで   (誰にも)損害を及ぼすことはない。(これは)アッラーからの定めである。アッラーは全知にして大度量であられる。   4-13.これらは   アッラーの定められた決まりである。アッラーとその使徒に服従する者は   川が下を流れる楽園に入り   永遠にその中に住むであろう。それは至上の幸福の成就である。   4-14.だがアッラーとその使徒に従わず   かれの定めに背く者は   業火に入り   永遠にその中に住む。かれは恥ずべき懲罰を受けるであろう。   4-15.あなたがたの女たちの中   不貞を働いた者には   あなたがたの中から   かの女らに対し4名の証人を立てなさい。かれらがもしこれを証言したならば   かの女らを家の中に監禁しなさい。死がかの女らを連れ去るか   アッラーがかの女らのため   (別の)道を決められるまで。   4-16.あなたがたの中2人で罪を犯した者は(2人とも)処罰しなさい。だが   その罪を悔いて身を修めるならば   そのままに放って置け。本当にアッラーは   度々御赦しなされる方   慈悲深い方であられる。   4-17.アッラーが悔悟を御赦しなされるのは   知らずに悪事を犯したが   直ぐ後で   悔い改める者だけである。アッラーは   これらの者を御赦しになられる。アッラーは全知にして英明な御方であられる。   4-18.だが   死に臨むまで悪行を続け   その時になって「今悔い改めます。」と言う者   また不信心のまま死ぬ者の悔悟は御赦しになられない。かれらのために   われは痛苦の懲罰を準備してある。   4-19.あなたがた信仰する者よ   当人の意志に反して   女を相続してはならない。あなたがたが   かの女らに与えたマハルの一部を取り戻すために   かの女らを手荒に扱ってはならない。明らかに不貞の事実があれば別である。出来るだけ仲良く   かの女らと暮しなさい。あなたがたが   かの女らを嫌っても(忍耐しなさい)。そのうち(嫌っている点)にアッラーからよいことを授かるであろう。   4-20.あなたがたが一人の妻の代りに   他と替えようとする時は   仮令かの女に(如何に)巨額を与えていても   その中から何も取り戻してはならない。あなたがたは   ありもしない中傷という明白な罪を犯して   これを取り戻そうとするのか。   4-21.あなたがたは   どうしてそれを取り戻すことが出来ようか。既に互いに深い関係もあり   かの女らは堅い誓約をあなたがたから得ているのである。   4-22.あなたがたの父が結婚したことのある女と   結婚してはならない。過ぎ去った昔のことは問わないが。それは   恥ずべき憎むべきこと。忌まわしい道である。   4-23.あなたがたに禁じられている(結婚)は   あなたがたの母   女児   姉妹   父方のおば   母方のおば   兄弟の女児   姉妹の女児   授乳した乳母   同乳の姉妹   妻の母   あなたがたが関係している妻の生んだ養育中の養女   あなたがたがその妻と   未だ関係していないならばその連れ子を妻にしても罪はない。およびあなたがたの生んだ息子の妻   また同時に二人の姉妹を娶ること(も禁じられる)。過ぎ去った昔のことは問わないが。アッラーは寛容にして慈悲深くあられる。  

サムネイル

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です) 「ギリシャとヘブライの倫理」「ニコマコス倫理学」 『タルムード 4章』

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です) 「ギリシャとヘブライの倫理」「ニコマコス倫理学」 『タルムード 4章』「第九の歌詞(ドイツ語)朗読と譜面解釈」「聖クルアーン第4章 女 アル・ニサー メディナ啓示 : 男女の婚姻制度の根底に戦争の男性人口の減少と孤児の保護について」 『タルムード 4章』 第4章 1。 ベン・ゾーマは言う。賢者とはどんな者のことでしょうか? それが書かれているように、すべての人々から学ぶ者"私はすべてのすべての師にまさって目覚めたものです。"(詩篇119:99) 強い者とはどんな者のことでしょうか? その衝動を抑制するもの。なぜなら、" 忍耐力の強さにまさる。時勢の力は街を占領するにまさる"(箴言16:32) 豊か者とはどんな者のことでしょうか? それが書かれているとして、その持分で喜んでいる者。なぜなら、 "あなたはあなたの手が労して得た物はすべて/あなたの食べ物になる。あなたはいかに幸いなものか。/ あなたはいかに恵まれてるものか。" (詩篇128:2)と言われてるからである。" あなたはいかに幸いなものか。 "はこの世においてである。" あなたはいかに恵まれてるものか。" は、来るべき世界を指す。 尊敬される物とはどんな者のことでしょうか? 他人を救う者。なぜなら、" 私を重んずるものを私は重んじ、私を侮(あなず)らはす物を軽んずる "(サムエル上2:30)と言われてるからである。 2。 ベン・アッザイは言う、軽い掟を思い掟のごとく速やかに遵守して、罪から逃れなさい。なぜならば掟は別のおきてに導き、別の罪に導くからである。なぜならば掟の報いは掟であり、罪の報いは罪であるからである。 3。 彼はまた言っていた。どんな物をも軽蔑してはいけない。またどんなことも軽くあしらってはいけない。なぜならば自分の時が来ない者はいないし、またそのところを得ない者事物もないからである。 4。 ヤヴネーの人であるラビ・ベロカーは言う。誰であれひそかに天の名を冒涜する者は、人前で罰せられる。御名の冒涜は、過失であれ故意であれみな同じである。 5。彼の息子ラビ・イシュマエルは言う。教えるために学ぶものは、学びまた教えるための手だてを提供される。また実践されるために学ぶ者は、学び、教え、 また遵守し実践するための手だてを提供される。  ラビ・ツァドクは言う。 6。 と言って使用されるラビYishmael息子:彼は教えるために学ぶ学習し、教えることの両方が有効になります。 しかし、実際に順番に学習し、彼は観察すること、教えること、そして練習し、学ぶために有効になります。 7。 律法を自分で殖やすための王冠作る、また、掘るための鍬としてそれを使用しないでください。ラビTzadokは言うために使用されます。 ヒレルが言って使用される:トーラーの王冠の世俗的な使用しています彼は滅びる。 したがって、あなたは律法の言葉を悪用するいずれかの生命の世界から自分を削除することを推論することがあります。 「聖クルアーン第4章 女 アル・ニサー メディナ啓示 」 4-1.人びとよ、あなたがたの主を畏れなさい。かれはひとつの魂からあなたがたを創り、またその魂から配偶者を創り、両人から、無数の男と女を増やし広められた方であられる。あなたがたはアッラーを畏れなさい。かれの御名においてお互いに頼みごとをする御方であられる。また近親の絆を(尊重しなさい)。本当にアッラーはあなたがたを絶えず見守られる。 4-2.孤児たちの財産を返還しなさい。(自分の)悪いものを、(かれらの)良いものと替えてはならない。またかれらの財産をわがものにしてはならない。誠にそれは大罪である。 4-3.あなたがたがもし孤児に対し、公正にしてやれそうにもないならば、あなたがたがよいと思う2人、3人または4人の女を娶れ。だが公平にしてやれそうにもないならば、只1人だけ(娶るか)、またはあなたがたの右手が所有する者(奴隷の女)で我慢しておきなさい。このことは不公正を避けるため、もっとも公正である。 4-4.そして(結婚にさいしては)女にマハルを贈り物として与えなさい。だがかの女らが自らその一部を戻すことを願うならば、喜んでこれを納めなさい。 4-5.アッラーから保管を委託された財産を、精神薄弱者に渡してはならない。そして、かれらに衣食を与え、懇切に言葉優しく話しかけなさい。

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.7.26. 05:19
視聴回数:5481回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: アヴェ・ヴェルム・コルプス   (お話です)   「ギリシャとヘブライの倫理」「ニコマコス倫理学」   『タルムード   4章』「第九の歌詞(ドイツ語)朗読と譜面解釈」「聖クルアーン第4章     アル・ニサー   メディナ啓示   :   男女の婚姻制度の根底に戦争の男性人口の減少と孤児の保護について」   『タルムード   4章』   第4章   1。   ベン・ゾーマは言う。賢者とはどんな者のことでしょうか?   それが書かれているように   すべての人々から学ぶ者"私はすべてのすべての師にまさって目覚めたものです。"(詩篇119:99)   強い者とはどんな者のことでしょうか?   その衝動を抑制するもの。なぜなら   "   忍耐力の強さにまさる。時勢の力は街を占領するにまさる"(箴言16:32)   豊か者とはどんな者のことでしょうか?   それが書かれているとして   その持分で喜んでいる者。なぜなら   "あなたはあなたの手が労して得た物はすべて/あなたの食べ物になる。あなたはいかに幸いなものか。/   あなたはいかに恵まれてるものか。"   (詩篇128:2)と言われてるからである。"   あなたはいかに幸いなものか。   "はこの世においてである。"   あなたはいかに恵まれてるものか。"     来るべき世界を指す。   尊敬される物とはどんな者のことでしょうか?   他人を救う者。なぜなら   "   私を重んずるものを私は重んじ   私を侮(あなず)らはす物を軽んずる   "(サムエル上2:30)と言われてるからである。   2。   ベン・アッザイは言う   軽い掟を思い掟のごとく速やかに遵守して   罪から逃れなさい。なぜならば掟は別のおきてに導き   別の罪に導くからである。なぜならば掟の報いは掟であり   罪の報いは罪であるからである。   3。   彼はまた言っていた。どんな物をも軽蔑してはいけない。またどんなことも軽くあしらってはいけない。なぜならば自分の時が来ない者はいないし   またそのところを得ない者事物もないからである。   4。   ヤヴネーの人であるラビ・ベロカーは言う。誰であれひそかに天の名を冒涜する者は   人前で罰せられる。御名の冒涜は   過失であれ故意であれみな同じである。   5。彼の息子ラビ・イシュマエルは言う。教えるために学ぶものは   学びまた教えるための手だてを提供される。また実践されるために学ぶ者は   学び   教え   また遵守し実践するための手だてを提供される。   ラビ・ツァドクは言う。   6。   と言って使用されるラビYishmael息子:彼は教えるために学ぶ学習し   教えることの両方が有効になります。   しかし   実際に順番に学習し   彼は観察すること   教えること   そして練習し   学ぶために有効になります。   7。   律法を自分で殖やすための王冠作る   また   掘るための鍬としてそれを使用しないでください。ラビTzadokは言うために使用されます。   ヒレルが言って使用される:トーラーの王冠の世俗的な使用しています彼は滅びる。   したがって   あなたは律法の言葉を悪用するいずれかの生命の世界から自分を削除することを推論することがあります。   8。   ラビヨシは言うに使用される:彼は律法が人類によって名誉を彼自身である誰が栄誉。   律法をdishonors彼は彼自身が   人類が不渡りされなければならない。   9。   ラビYishmael息子は言った:彼は敵意   窃盗   偽証の裁判官のRID自身の事務所を遠ざかって誰。   彼は律法の問題で僭越ルールは   愚かな邪悪な   と傲慢です。   10。   一人ではない判断し   どれも一つを除いて単独で判断してはならないために:彼が言っていました。   そして   彼らはあなたを決定しないようにすることがあるため   "私の考えを受け入れない"と言う。   11。   ラビYonatanは言った:貧困の中で律法を満たしている彼は   最後には富でそれを満たさなければならない。   富に律法を無視し   彼は最終的に貧困でそれを無視しなければならない。   12。   ラビ・メイアは言った:ビジネスに少しを掛けますが   律法を自分で占有します。   すべての人の前に精神で謙虚である。   しかし   律法後のGdのあなたは労働力があなたを与えるために   豊富な報酬を持っている場合   それはあなたに自分自身を紹介します怠った律法は多くの原因を無視した場合。   13。   ラビエリエゼルベンヤコブは言っていた:1罪を犯した彼が彼自身に1つの告発を得ていながら   1命令を実行する彼は   自分自身に1つの支持者を獲得します。   懺悔と善行は罰に対するシールドのとおりです。   14。   ラビYochananはサンダルメ??ーカーは言った:神聖な目的のためにであるすべてのアセンブリは   最終的に確立しなければならない。   しかし   神聖な目的のためではない任意のアセンブリは   最終的に確立されてはならない。   15。   あなたの学生の名誉は   あなた自身のようにあなたのように貴重になりましょう   そしてあなたの教師敬意として同僚の名誉およびGdのあなたの畏敬の念など   先生に対する尊敬:ラビエラザールベンShammuaは言っていました。   16。   教育に注意して   故意の罪に金額を教えるのエラーのために:ラビユダは言っていました。   17。   ラビシモンは言うに使用:あり3冠です   -   トーラーの王冠   聖職者の冠と   王政の冠はなく   良い名前の冠は   それらすべてを凌駕しています。   18。   ラビNehoraiは言った:それはあなたの永久所有になるあなたの仲間であるために   律法の代わりに自発的な亡命として移動して   律法はあなたに従うことを言うことはありません。   あなた自身の理解に依存しないでください。   19。   ラビYannaiは言うに使用される:それは正しいの邪悪や悲しみのウェルビーイングを説明するために私たちの力ではありません。   20。   すべての人に挨拶の最初に:ラビMatyahベンChereshは言っていました。   ライオンの間で尾はなく   キツネに頭である。   21。   この世界は未来の世界への廊下のようなものです:ラビヤコブは言っていました。   あなたは宴会場に入ることが廊下に自分自身を準備します。   22。   また   彼は言う:世界の全ての生命が来るよりも懺悔とこの世界での善行の1時間です。   より良い   この世界のすべての生命よりも   世界に来るの精神的な休息の1時間です。   23。   ラビシモン・ベンエラザールは言っていた:彼の怒りの時にあなたの仲間をなだめる   また彼の死んだの嘘彼の前にしながら彼を慰めないでください。   彼の誓いの時に彼に質問しないでください。   自分の不名誉の時に彼を見ないようにしてください。   24。   サミュエル   "あなたの敵が倒れたときに喜ぶしないでください   彼らはつまずく   または他の主はそれを見て不快になる   と背を向ける時期あなたの心は喜んでさせない(箴言24:17-18)と言って使用される若い人そこから怒り。   "   25。   エリシャベンAvuyahは言うに使用される。子として学ぶ彼は   彼は次のように何ですか?   彼は新しい紙に書かれたインクのようなものです。   老人のように学習し   彼は   彼は何が好きですか?   彼は紙をブロッティングに書かれたインクのようなものです。   26。   Kefar   HA-Bavliのラビヨシバーユダは言った:若いから学ぶ彼は   彼は次のように何ですか?   彼は未熟なブドウやドリンク彼のワインを押してから新鮮なワインを食べるもののようです。   しかし   高齢者から学ぶ彼は   彼が好き何ですか?   彼は熟したブドウや飲み物昔のワインを食べるもののようです。   27。   ラビ・メイヤーは言うに使用:フラスコを見てはいけないが   何でそれで   昔のワインもその中に新しいワインを持っていない昔のフラスコがいっぱいです新しいフラスコがあるかもしれません。   28。ラビエレアザルHA-Kapparは言っていました。   嫉妬   欲望   野心   を人の世界から消します。   29。   彼はまた言って使用しました。生まれてきた彼らは   死ぬ運命にある。   死んでいる彼らは生きている行うことが運命づけられている。   住んでいると判断することが運命づけられている彼らは   その男性は知っているかもしれないと認識させると彼がG-dであることを理解し   彼は創作者であり   彼は創造主であり   彼はdiscernerですが   彼は裁判官であり   彼が証人であり   彼は訴追人   それは将来の裁判官には   祝福されたその存在が尊崇に値します。収賄もなく   彼になる神です。すべての神です。   すべてが計算によるとあることを知っています。   そして   あなたの邪悪な性質は   墓があなたの隠れ家になることを保証するものではありませましょう:自分の意思にかかわらずのためにあなたが作られ   自分自身の意思にかかわらず   あなたが生まれた   自分自身の意思にかかわらず   あなたは生き   そして自分自身の意思にかかわらず   あなたが死ぬと   自分自身の意思にかかわらず   あなたがに運命づけられているものである神   -   彼は祝福される王の至高王   -   聖なる者の前で申し開きと審判を行うことになってます。   「聖クルアーン第4章     アル・ニサー   メディナ啓示   」4-1.人びとよ   あなたがたの主を畏れなさい。かれはひとつの魂からあなたがたを創り   またその魂から配偶者を創り   両人から   無数の男と女を増やし広められた方であられる。あなたがたはアッラーを畏れなさい。かれの御名においてお互いに頼みごとをする御方であられる。また近親の絆を(尊重しなさい)。本当にアッラーはあなたがたを絶えず見守られる。   4-2.孤児たちの財産を返還しなさい。(自分の)悪いものを   (かれらの)良いものと替えてはならない。またかれらの財産をわがものにしてはならない。誠にそれは大罪である。   4-3.あなたがたがもし孤児に対し   公正にしてやれそうにもないならば   あなたがたがよいと思う2人   3人または4人の女を娶れ。だが公平にしてやれそうにもないならば   只1人だけ(娶るか)   またはあなたがたの右手が所有する者(奴隷の女)で我慢しておきなさい。このことは不公正を避けるため   もっとも公正である。   4-4.そして(結婚にさいしては)女にマハルを贈り物として与えなさい。だがかの女らが自らその一部を戻すことを願うならば   喜んでこれを納めなさい。   4-5.アッラーから保管を委託された財産を   精神薄弱者に渡してはならない。そして   かれらに衣食を与え   懇切に言葉優しく話しかけなさい。   4-6.結婚年齢に達するまでは   孤児を試しなさい。もし   立派な分別があると認められたならば   その財産をかれらに渡しなさい。かれら(孤児)が成年になるまで   浪費したり   急いで消費してはならない。(後見者が)金持ならば抑制してこれに手を触れてはならない。また貧乏ならば   (後見のために)適切に使いなさい。孤児に返還するさいは   かれらのために証人を立てなさい。アッラーは清算者として万全であられる。   4-7.男は両親および近親の遺産の一部を得   女もまた両親及び近親の遺産の一部を得る。そのさい遺産の多少を問わず定められたように配分しなさい。   4-8.遺産の分配にさいし   もし遠い親族や孤児や貧者が   その場に居合わせた時は   それ(遺産)からかれらにも与え   懇切に言葉優しく話しかけなさい。   4-9.自分のあとにひ弱い子女を残し   それらの身を案じる者はよく心配して置け。だからアッラーを畏れ   誠意ある言葉で語りなさい。   4-10.不当に孤児の財産を食い減らす者は   本当に腹の中に火を食らう者。かれらはやがて烈火に焼かれるであろう。   4-11.アッラーはあなたがたの子女に就いてこう命じられる。男児には   女児の2人分と同額。もし女児のみ2人以上のときは遺産の3分の2を受ける。もし女児一人の時は   2分の1を受ける。またその両親は   かれに遺児のある場合   それぞれ遺産の6分の1を受ける。もし遺児がなく   両親がその相続者である場合は   母親はその3分の1を受ける。またもしかれに兄弟がある場合は   母親は6分の1を受ける。(いずれの場合も)その遺言したものと   債務を清算した残り(の分配)である。あなたがたは自分の父母と自分の子女との   どちらがあなたがたにとって   より益があるかを知らない。(これは)アッラーの掟である。本当にアッラーは全知にして英明であられる。   4-12.妻が遺したものは   かの女らに子がない場合   半分をあなたがたが受ける。もし子がある場合は   かの女らの遺言と債務を果たした後   あなたはかの女の残したものの   4分の1を受ける。またあなたがたが遺すものは   あなたがたに子がない場合は妻はあなたの遺産の4分の1を受ける。もしあなたがたに子がある場合は   遺言と債務を果たした後   かの女たちはあなたが残したものの8分の1を受ける。もし遺産を遺す男または女に   父母も子女もなく   兄弟または姉妹一人だけある場合は   その者が遺産の6分の1を受ける。兄弟姉妹が多い場合   かれらは全員で3分の1の分け前を得る。これは   遺言と債務を果たした後のことで   (誰にも)損害を及ぼすことはない。(これは)アッラーからの定めである。アッラーは全知にして大度量であられる。   4-13.これらは   アッラーの定められた決まりである。アッラーとその使徒に服従する者は   川が下を流れる楽園に入り   永遠にその中に住むであろう。それは至上の幸福の成就である。   4-14.だがアッラーとその使徒に従わず   かれの定めに背く者は   業火に入り   永遠にその中に住む。かれは恥ずべき懲罰を受けるであろう。   4-15.あなたがたの女たちの中   不貞を働いた者には   あなたがたの中から   かの女らに対し4名の証人を立てなさい。かれらがもしこれを証言したならば   かの女らを家の中に監禁しなさい。死がかの女らを連れ去るか   アッラーがかの女らのため   (別の)道を決められるまで。   4-16.あなたがたの中2人で罪を犯した者は(2人とも)処罰しなさい。だが   その罪を悔いて身を修めるならば   そのままに放って置け。本当にアッラーは   度々御赦しなされる方   慈悲深い方であられる。   4-17.アッラーが悔悟を御赦しなされるのは   知らずに悪事を犯したが   直ぐ後で   悔い改める者だけである。アッラーは   これらの者を御赦しになられる。アッラーは全知にして英明な御方であられる。   4-18.だが   死に臨むまで悪行を続け   その時になって「今悔い改めます。」と言う者   また不信心のまま死ぬ者の悔悟は御赦しになられない。かれらのために   われは痛苦の懲罰を準備してある。   4-19.あなたがた信仰する者よ   当人の意志に反して   女を相続してはならない。あなたがたが   かの女らに与えたマハルの一部を取り戻すために   かの女らを手荒に扱ってはならない。明らかに不貞の事実があれば別である。出来るだけ仲良く   かの女らと暮しなさい。あなたがたが   かの女らを嫌っても(忍耐しなさい)。そのうち(嫌っている点)にアッラーからよいことを授かるであろう。   4-20.あなたがたが一人の妻の代りに   他と替えようとする時は   仮令かの女に(如何に)巨額を与えていても   その中から何も取り戻してはならない。あなたがたは   ありもしない中傷という明白な罪を犯して   これを取り戻そうとするのか。   4-21.あなたがたは   どうしてそれを取り戻すことが出来ようか。既に互いに深い関係もあり   かの女らは堅い誓約をあなたがたから得ているのである。   4-22.あなたがたの父が結婚したことのある女と   結婚してはならない。過ぎ去った昔のことは問わないが。それは   恥ずべき憎むべきこと。忌まわしい道である。   4-23.あなたがたに禁じられている(結婚)は   あなたがたの母   女児   姉妹   父方のおば   母方のおば   兄弟の女児   姉妹の女児   授乳した乳母   同乳の姉妹   妻の母   あなたがたが関係している妻の生んだ養育中の養女   あなたがたがその妻と   未だ関係していないならばその連れ子を妻にしても罪はない。およびあなたがたの生んだ息子の妻   また同時に二人の姉妹を娶ること(も禁じられる)。過ぎ去った昔のことは問わないが。アッラーは寛容にして慈悲深くあられる。  

サムネイル

アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です)「ギリシャとヘブライの倫理」『タルムード:Avot 第4章』

アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です)「ギリシャとヘブライの倫理」『タルムード:Avot 第4章』Judaism and study  ラビたちは三番目の方法を提出した、それはすべて三つの方法を含むと 彼らが考えているもの:勉強。  ベン・ゾーマ(Ben Zoma)は言った、  「誰が賢いか? 全ての人から学ぶ人である。すなわち、   わたしに教えた全ての先生から、わたしは理解する人になったのだ。」                             [ Avot 4:1 ] 「全てから学ぶ」というのはユダヤ人の価値である。 ラビたちはしばしば、いかに単純な人々が行動で賢い教えをしたか、 という物語を話した。 ラビ・ヨシュア(Rabbi Joshua)は昔、畑を通っている近道を見た時 その側の道を歩いていた。 その近道は他の旅人たちによって踏みならされた一つの小さな道であった。 彼がその畑を横切る道に入り始めた、しかし道の中央で彼は少女に会った。 「あなたはどこに行うと考えているのですか?」、と少女は言った。 「わたしはこの畑を横切って向こう側に行くのです」、と彼は答えた。 「これはわたしの父の畑です」、と彼女は彼に言った。 ラビは言った、 「わたしはすでに出来ている一本の道に従っているだけです。」 「そうです」、少女は言った、 「しかしその道は、作物をすでに害させてきたあなたのような他の人々 によって、作らてたのです。あなたは、彼らの足跡に従って、 邪悪をしようとするのですか?」  [ Erubin 53b ]  少女がラビ・ヨシュア・ベン・ハナニア(Rabbi Joshua ben Hananiah)に 教訓を教えたのに驚かされるばなりでなく、この物語がずっと記録され 我々に引き継いでいる!、このことに驚かされる。 言い換えれば、ラビたちは我々に二つのことを見せるために、 この物語を勉強させたかった: (1)人は他人に従って邪悪なことをすべきではない。 (2)人は(最も偉大なラビですら)誰からでも学ぶことができる。 ユダヤ人の勉強の目的は、もちろん、実行である --- ユダヤ人的に選択する芸術の中で。  ラビ・イシマエル(Rabbi Ishmael)は言った、  教えるために学ぶ者には、  天が彼に学ぶためと教えるための機会を許可するであろう。  しかし実行するために学ぶ者には、  天が彼に学ぶためと教えるためと、そして観察し実行するための機会を  許可するであろう。 [ Avot 4:6 ] 第4章 1。 ベン・ゾーマは言う。賢者とはどんな者のことでしょうか? それが書かれているように すべての人々から学ぶ者"私はすべてのすべての師にまさって目覚めたものです。"(詩篇119:99) 強い者とはどんな者のことでしょうか? その衝動を抑制するもの。なぜなら " 忍耐力の強さにまさる。時勢の力は街を占領するにまさる"(箴言16:32) 豊か者とはどんな者のことでしょうか? それが書かれているとして その持分で喜んでいる者。なぜなら "あなたはあなたの手が労して得た物はすべて/あなたの食べ物になる。あなたはいかに幸いなものか。/ あなたはいかに恵まれてるものか。" (詩篇128:2)と言われてるからである。" あなたはいかに幸いなものか。 "はこの世においてである。" あなたはいかに恵まれてるものか。" は 来るべき世界を指す。 尊敬される物とはどんな者のことでしょうか? 他人を救う者。なぜなら " 私を重んずるものを私は重んじ 私を侮(あなず)らはす物を軽んずる "(サムエル上2:30)と言われてるからである。 2。 ベン・アッザイは言う 軽い掟を思い掟のごとく速やかに遵守して 罪から逃れなさい。なぜならば掟は別のおきてに導き 別の罪に導くからである。なぜならば掟の報いは掟であり 罪の報いは罪であるからである。

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.7.17. 17:32
視聴回数:4295回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です)「ギリシャとヘブライの倫理」『タルムード:Avot   第4章』Judaism   and   study   ラビたちは三番目の方法を提出した   それはすべて三つの方法を含むと   彼らが考えているもの:勉強。   ベン・ゾーマ(Ben   Zoma)は言った   「誰が賢いか?   全ての人から学ぶ人である。すなわち   わたしに教えた全ての先生から   わたしは理解する人になったのだ。」   [   Avot   4:1   ]   「全てから学ぶ」というのはユダヤ人の価値である。   ラビたちはしばしば   いかに単純な人々が行動で賢い教えをしたか   という物語を話した。   ラビ・ヨシュア(Rabbi   Joshua)は昔   畑を通っている近道を見た時   その側の道を歩いていた。   その近道は他の旅人たちによって踏みならされた一つの小さな道であった。   彼がその畑を横切る道に入り始めた   しかし道の中央で彼は少女に会った。   「あなたはどこに行うと考えているのですか?」   と少女は言った。   「わたしはこの畑を横切って向こう側に行くのです」   と彼は答えた。   「これはわたしの父の畑です」   と彼女は彼に言った。   ラビは言った   「わたしはすでに出来ている一本の道に従っているだけです。」   「そうです」   少女は言った   「しかしその道は   作物をすでに害させてきたあなたのような他の人々   によって   作らてたのです。あなたは   彼らの足跡に従って   邪悪をしようとするのですか?」   [   Erubin   53b   ]   少女がラビ・ヨシュア・ベン・ハナニア(Rabbi   Joshua   ben   Hananiah)に   教訓を教えたのに驚かされるばなりでなく   この物語がずっと記録され   我々に引き継いでいる!   このことに驚かされる。   言い換えれば   ラビたちは我々に二つのことを見せるために   この物語を勉強させたかった:   (1)人は他人に従って邪悪なことをすべきではない。   (2)人は(最も偉大なラビですら)誰からでも学ぶことができる。   ユダヤ人の勉強の目的は   もちろん   実行である   ---   ユダヤ人的に選択する芸術の中で。   ラビ・イシマエル(Rabbi   Ishmael)は言った   教えるために学ぶ者には   天が彼に学ぶためと教えるための機会を許可するであろう。   しかし実行するために学ぶ者には   天が彼に学ぶためと教えるためと   そして観察し実行するための機会を   許可するであろう。   [   Avot   4:6   ]第4章   1。   ベン・ゾーマは言う。賢者とはどんな者のことでしょうか?   それが書かれているように   すべての人々から学ぶ者"私はすべてのすべての師にまさって目覚めたものです。"(詩篇119:99)   強い者とはどんな者のことでしょうか?   その衝動を抑制するもの。なぜなら   "   忍耐力の強さにまさる。時勢の力は街を占領するにまさる"(箴言16:32)   豊か者とはどんな者のことでしょうか?   それが書かれているとして   その持分で喜んでいる者。なぜなら   "あなたはあなたの手が労して得た物はすべて/あなたの食べ物になる。あなたはいかに幸いなものか。/   あなたはいかに恵まれてるものか。"   (詩篇128:2)と言われてるからである。"   あなたはいかに幸いなものか。   "はこの世においてである。"   あなたはいかに恵まれてるものか。"     来るべき世界を指す。   尊敬される物とはどんな者のことでしょうか?   他人を救う者。なぜなら   "   私を重んずるものを私は重んじ   私を侮(あなず)らはす物を軽んずる   "(サムエル上2:30)と言われてるからである。   2。   ベン・アッザイは言う   軽い掟を思い掟のごとく速やかに遵守して   罪から逃れなさい。なぜならば掟は別のおきてに導き   別の罪に導くからである。なぜならば掟の報いは掟であり   罪の報いは罪であるからである。   3。   彼はまた言っていた。どんな物をも軽蔑してはいけない。またどんなことも軽くあしらってはいけない。なぜならば自分の時が来ない者はいないし   またそのところを得ない者事物もないからである。   4。   ヤヴネーの人であるラビ・ベロカーは言う。誰であれひそかに天の名を冒涜する者は   人前で罰せられる。御名の冒涜は   過失であれ故意であれみな同じである。   5。彼の息子ラビ・イシュマエルは言う。教えるために学ぶものは   学びまた教えるための手だてを提供される。また実践されるために学ぶ者は   学び   教え   また遵守し実践するための手だてを提供される。   ラビ・ツァドクは言う。   6。   と言って使用されるラビYishmael息子:彼は教えるために学ぶ学習し   教えることの両方が有効になります。   しかし   実際に順番に学習し   彼は観察すること   教えること   そして練習し   学ぶために有効になります。   7。   律法を自分で殖やすための王冠作る   また   掘るための鍬としてそれを使用しないでください。ラビTzadokは言うために使用されます。   ヒレルが言って使用される:トーラーの王冠の世俗的な使用しています彼は滅びる。   したがって   あなたは律法の言葉を悪用するいずれかの生命の世界から自分を削除することを推論することがあります。   8。   ラビヨシは言うに使用される:彼は律法が人類によって名誉を彼自身である誰が栄誉。   律法をdishonors彼は彼自身が   人類が不渡りされなければならない。   9。   ラビYishmael息子は言った:彼は敵意   窃盗   偽証の裁判官のRID自身の事務所を遠ざかって誰。   彼は律法の問題で僭越ルールは   愚かな邪悪な   と傲慢です。   10。   一人ではない判断し   どれも一つを除いて単独で判断してはならないために:彼が言っていました。   そして   彼らはあなたを決定しないようにすることがあるため   "私の考えを受け入れない"と言う。   11。   ラビYonatanは言った:貧困の中で律法を満たしている彼は   最後には富でそれを満たさなければならない。   富に律法を無視し   彼は最終的に貧困でそれを無視しなければならない。   12。   ラビ・メイアは言った:ビジネスに少しを掛けますが   律法を自分で占有します。   すべての人の前に精神で謙虚である。   しかし   律法後のGdのあなたは労働力があなたを与えるために   豊富な報酬を持っている場合   それはあなたに自分自身を紹介します怠った律法は多くの原因を無視した場合。   13。   ラビエリエゼルベンヤコブは言っていた:1罪を犯した彼が彼自身に1つの告発を得ていながら   1命令を実行する彼は   自分自身に1つの支持者を獲得します。   懺悔と善行は罰に対するシールドのとおりです。   14。   ラビYochananはサンダルメ??ーカーは言った:神聖な目的のためにであるすべてのアセンブリは   最終的に確立しなければならない。   しかし   神聖な目的のためではない任意のアセンブリは   最終的に確立されてはならない。   15。   あなたの学生の名誉は   あなた自身のようにあなたのように貴重になりましょう   そしてあなたの教師敬意として同僚の名誉およびGdのあなたの畏敬の念など   先生に対する尊敬:ラビエラザールベンShammuaは言っていました。   16。   教育に注意して   故意の罪に金額を教えるのエラーのために:ラビユダは言っていました。   17。   ラビシモンは言うに使用:あり3冠です   -   トーラーの王冠   聖職者の冠と   王政の冠はなく   良い名前の冠は   それらすべてを凌駕しています。   18。   ラビNehoraiは言った:それはあなたの永久所有になるあなたの仲間であるために   律法の代わりに自発的な亡命として移動して   律法はあなたに従うことを言うことはありません。   あなた自身の理解に依存しないでください。   19。   ラビYannaiは言うに使用される:それは正しいの邪悪や悲しみのウェルビーイングを説明するために私たちの力ではありません。   20。   すべての人に挨拶の最初に:ラビMatyahベンChereshは言っていました。   ライオンの間で尾はなく   キツネに頭である。   21。   この世界は未来の世界への廊下のようなものです:ラビヤコブは言っていました。   あなたは宴会場に入ることが廊下に自分自身を準備します。   22。   また   彼は言う:世界の全ての生命が来るよりも懺悔とこの世界での善行の1時間です。   より良い   この世界のすべての生命よりも   世界に来るの精神的な休息の1時間です。   23。   ラビシモン・ベンエラザールは言っていた:彼の怒りの時にあなたの仲間をなだめる   また彼の死んだの嘘彼の前にしながら彼を慰めないでください。   彼の誓いの時に彼に質問しないでください。   自分の不名誉の時に彼を見ないようにしてください。   24。   サミュエル   "あなたの敵が倒れたときに喜ぶしないでください   彼らはつまずく   または他の主はそれを見て不快になる   と背を向ける時期あなたの心は喜んでさせない(箴言24:17-18)と言って使用される若い人そこから怒り。   "   25。   エリシャベンAvuyahは言うに使用される。子として学ぶ彼は   彼は次のように何ですか?   彼は新しい紙に書かれたインクのようなものです。   老人のように学習し   彼は   彼は何が好きですか?   彼は紙をブロッティングに書かれたインクのようなものです。   26。   Kefar   HA-Bavliのラビヨシバーユダは言った:若いから学ぶ彼は   彼は次のように何ですか?   彼は未熟なブドウやドリンク彼のワインを押してから新鮮なワインを食べるもののようです。   しかし   高齢者から学ぶ彼は   彼が好き何ですか?   彼は熟したブドウや飲み物昔のワインを食べるもののようです。   27。   ラビ・メイヤーは言うに使用:フラスコを見てはいけないが   何でそれで   昔のワインもその中に新しいワインを持っていない昔のフラスコがいっぱいです新しいフラスコがあるかもしれません。   28。ラビエレアザルHA-Kapparは言っていました。   嫉妬   欲望   野心   を人の世界から消します。   29。   彼はまた言って使用しました。生まれてきた彼らは   死ぬ運命にある。   死んでいる彼らは生きている行うことが運命づけられている。   住んでいると判断することが運命づけられている彼らは   その男性は知っているかもしれないと認識させると彼がG-dであることを理解し   彼は創作者であり   彼は創造主であり   彼はdiscernerですが   彼は裁判官であり   彼が証人であり   彼は訴追人   それは将来の裁判官には   祝福されたその存在が尊崇に値します。収賄もなく   彼になる神です。すべての神です。   すべてが計算によるとあることを知っています。   そして   あなたの邪悪な性質は   墓があなたの隠れ家になることを保証するものではありませましょう:自分の意思にかかわらずのためにあなたが作られ   自分自身の意思にかかわらず   あなたが生まれた   自分自身の意思にかかわらず   あなたは生き   そして自分自身の意思にかかわらず   あなたが死ぬと   自分自身の意思にかかわらず   あなたがに運命づけられているものである神   -   彼は祝福される王の至高王   -   聖なる者の前で申し開きと審判を行うことになってます。  

サムネイル

合唱組曲 島よ (朗読) (お話です) 「ユダヤ教について」「ミシュナー・タルムード・アヴォート編」

合唱組曲 島よ (朗読) (お話です) 「ユダヤ教について」「ミシュナー・タルムード・アヴォート編」 モーゼはシナイ山でトーラを受け、そしてヨシュアにそれを伝え;ヨシュアは長老たちに;長老たちは預言者たちに;預言者たちは偉大な集団の人々に。 [ Avot 1:1 ] モーゼはシナイ山でトーラを受け、そしてヨシュアにそれを伝え;ヨシュアは長老たちに;長老たちは預言者たちに;預言者たちは偉大な集団の人々に。 [ Avot 1:1 ] ◎A ladder in time 共同社会はどんな一人の個人よりも偉大である、なぜならば共同社会は全てを支えているからである。アインシュタインは、彼が住む共同社会の有名でもない農民に、彼のパンを頼っていた。 これはユダヤ人の共同社会では特に真実である、なぜならばメンバーは特別な方法で考えるからである。我々は、ある一つの特別なシナゴーグのメンバーである人々のグループだけではない、この町、あの町に住む人々のグループである。我々は、この国に住んでいるユダヤ人だけではない、世界中の違った国々に住んでいるユダヤ人でさえある。我々は時間において共同社会にいる。そして我々が築いている梯子は時間における梯子である梯子の基礎はアブラハムであり、そのすぐ上の横木はサラ、イサク、リベカ、ヤコブ、レア、そしてラケルであり、それから時間において我々の先生のモーゼがいる。梯子そのものはアボットの最初の章にある最初の句にさかのぼる: モーゼはシナイ山でトーラを受け、そしてヨシュアにそれを伝え;ヨシュアは長老たちに;長老たちは預言者たちに;預言者たちは偉大な集団の人々に。 [ Avot 1:1 ] 梯子(はしご)が最後の日に到達するかどうかは、我々の忍耐と熱心に従属する。我々は梯子の頂上に生まれているのではない。我々は横木を一つ一つ登らなければなりません。学びながら研究しながら、働きながら努力しながら、我々が時間において我々の位置に到達するまで、そしてその時に、我々の子供たちに世襲財産を継続し引き渡して。

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.7.13. 15:38
視聴回数:652回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: 合唱組曲   島よ   (朗読)   (お話です)   「ユダヤ教について」「ミシュナー・タルムード・アヴォート編」   モーゼはシナイ山でトーラを受け   そしてヨシュアにそれを伝え;ヨシュアは長老たちに;長老たちは預言者たちに;預言者たちは偉大な集団の人々に。   [   Avot   1:1   ]   モーゼはシナイ山でトーラを受け   そしてヨシュアにそれを伝え;ヨシュアは長老たちに;長老たちは預言者たちに;預言者たちは偉大な集団の人々に。   [   Avot   1:1   ]   ◎A   ladder   in   time   共同社会はどんな一人の個人よりも偉大である   なぜならば共同社会は全てを支えているからである。アインシュタインは   彼が住む共同社会の有名でもない農民に   彼のパンを頼っていた。   これはユダヤ人の共同社会では特に真実である   なぜならばメンバーは特別な方法で考えるからである。我々は   ある一つの特別なシナゴーグのメンバーである人々のグループだけではない   この町   あの町に住む人々のグループである。我々は   この国に住んでいるユダヤ人だけではない   世界中の違った国々に住んでいるユダヤ人でさえある。我々は時間において共同社会にいる。そして我々が築いている梯子は時間における梯子である梯子の基礎はアブラハムであり   そのすぐ上の横木はサラ   イサク   リベカ   ヤコブ   レア   そしてラケルであり   それから時間において我々の先生のモーゼがいる。梯子そのものはアボットの最初の章にある最初の句にさかのぼる:   モーゼはシナイ山でトーラを受け   そしてヨシュアにそれを伝え;ヨシュアは長老たちに;長老たちは預言者たちに;預言者たちは偉大な集団の人々に。   [   Avot   1:1   ]   梯子(はしご)が最後の日に到達するかどうかは   我々の忍耐と熱心に従属する。我々は梯子の頂上に生まれているのではない。我々は横木を一つ一つ登らなければなりません。学びながら研究しながら   働きながら努力しながら   我々が時間において我々の位置に到達するまで   そしてその時に   我々の子供たちに世襲財産を継続し引き渡して。  

サムネイル

合唱組曲 島よ (朗読) (お話です) 「ユダヤ教について」「ミシュナー・タルムード・アヴォート編」

合唱組曲 島よ (朗読) (お話です) 「ユダヤ教について」「ミシュナー・タルムード・アヴォート編」 モーゼはシナイ山でトーラを受け、そしてヨシュアにそれを伝え;ヨシュアは長老たちに;長老たちは預言者たちに;預言者たちは偉大な集団の人々に。 [ Avot 1:1 ] モーゼはシナイ山でトーラを受け、そしてヨシュアにそれを伝え;ヨシュアは長老たちに;長老たちは預言者たちに;預言者たちは偉大な集団の人々に。 [ Avot 1:1 ] ◎A ladder in time 共同社会はどんな一人の個人よりも偉大である、なぜならば共同社会は全てを支えているからである。アインシュタインは、彼が住む共同社会の有名でもない農民に、彼のパンを頼っていた。 これはユダヤ人の共同社会では特に真実である、なぜならばメンバーは特別な方法で考えるからである。我々は、ある一つの特別なシナゴーグのメンバーである人々のグループだけではない、この町、あの町に住む人々のグループである。我々は、この国に住んでいるユダヤ人だけではない、世界中の違った国々に住んでいるユダヤ人でさえある。我々は時間において共同社会にいる。そして我々が築いている梯子は時間における梯子である梯子の基礎はアブラハムであり、そのすぐ上の横木はサラ、イサク、リベカ、ヤコブ、レア、そしてラケルであり、それから時間において我々の先生のモーゼがいる。梯子そのものはアボットの最初の章にある最初の句にさかのぼる: モーゼはシナイ山でトーラを受け、そしてヨシュアにそれを伝え;ヨシュアは長老たちに;長老たちは預言者たちに;預言者たちは偉大な集団の人々に。 [ Avot 1:1 ] 梯子(はしご)が最後の日に到達するかどうかは、我々の忍耐と熱心に従属する。我々は梯子の頂上に生まれているのではない。我々は横木を一つ一つ登らなければなりません。学びながら研究しながら、働きながら努力しながら、我々が時間において我々の位置に到達するまで、そしてその時に、我々の子供たちに世襲財産を継続し引き渡して。

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.7.13. 13:57
視聴回数:653回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: 合唱組曲   島よ   (朗読)   (お話です)   「ユダヤ教について」「ミシュナー・タルムード・アヴォート編」   モーゼはシナイ山でトーラを受け   そしてヨシュアにそれを伝え;ヨシュアは長老たちに;長老たちは預言者たちに;預言者たちは偉大な集団の人々に。   [   Avot   1:1   ]   モーゼはシナイ山でトーラを受け   そしてヨシュアにそれを伝え;ヨシュアは長老たちに;長老たちは預言者たちに;預言者たちは偉大な集団の人々に。   [   Avot   1:1   ]   ◎A   ladder   in   time   共同社会はどんな一人の個人よりも偉大である   なぜならば共同社会は全てを支えているからである。アインシュタインは   彼が住む共同社会の有名でもない農民に   彼のパンを頼っていた。   これはユダヤ人の共同社会では特に真実である   なぜならばメンバーは特別な方法で考えるからである。我々は   ある一つの特別なシナゴーグのメンバーである人々のグループだけではない   この町   あの町に住む人々のグループである。我々は   この国に住んでいるユダヤ人だけではない   世界中の違った国々に住んでいるユダヤ人でさえある。我々は時間において共同社会にいる。そして我々が築いている梯子は時間における梯子である梯子の基礎はアブラハムであり   そのすぐ上の横木はサラ   イサク   リベカ   ヤコブ   レア   そしてラケルであり   それから時間において我々の先生のモーゼがいる。梯子そのものはアボットの最初の章にある最初の句にさかのぼる:   モーゼはシナイ山でトーラを受け   そしてヨシュアにそれを伝え;ヨシュアは長老たちに;長老たちは預言者たちに;預言者たちは偉大な集団の人々に。   [   Avot   1:1   ]   梯子(はしご)が最後の日に到達するかどうかは   我々の忍耐と熱心に従属する。我々は梯子の頂上に生まれているのではない。我々は横木を一つ一つ登らなければなりません。学びながら研究しながら   働きながら努力しながら   我々が時間において我々の位置に到達するまで   そしてその時に   我々の子供たちに世襲財産を継続し引き渡して。  

サムネイル

Vivaldi Gloria in D Major RV 589(お話です)「ユダヤ教ラビ派カライ派」「タルムード:政府の価値」

Vivaldi Gloria in D Major RV 589 (お話です) 「ラビのユダヤ教のラビ派とサラセン帝国(イスラム系)のユダヤ教カライ派について」「スペインのキリスト教圏のユダヤ教のスファラド系と欧州のキリスト教圏のユダヤ教のアシュケナーズ系について」「スファラド系合理主義者とアシュケナーズ系神秘主義者のマイモニデス論争(マイモニデスが示した律法の再説ミシュナー・トーラーのミシュナ注解の十三か条)について」「ユダヤ啓蒙主義(ハスカラー)につて」「タルムード」「政府の価値」

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.7.1. 23:45
視聴回数:11602回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: Vivaldi   Gloria   in   D   Major   RV   589   (お話です)   「ラビのユダヤ教のラビ派と   サラセン帝国(イスラム系)の   ユダヤ教のカライ派について」   「スペインのキリスト教圏の   ユダヤ教のスファラド系と   欧州のキリスト教圏の   ユダヤ教のアシュケナーズ系について」   「スファラド系合理主義者と   アシュケナーズ系神秘主義者の   マイモニデス論争   (マイモニデスが示した律法の再説   ミシュナー・トーラーの   ミシュナ注解の十三か条)について」   「ユダヤ啓蒙主義(ハスカラー)につて」   「タルムード」   「政府の価値」   When   a   Jew   seeks   wisdom   「The   value   of   goverment」   The   importance   of   goverment   Law   enforcement   and   courts   An   eye   for   an   eye   The   perfect   goverment   The   evils   of   goverment   The   Bill   of   Rightst   All   are   created   equal   Unalienable   rights   The   secure   these   rights   Goverment   and   power   The   law   and   the   land   Creating   a   dream   「The   value   of   goverment:政府の価値」   ラビ・ハニナ   (Rabbi   Hanina)   は言った:政府の繁栄を祈りなさい   なぜならばそれに対する怖れがなければ   人は生きたままで互いを食べるであろうからである。   [   Avot   3:2   ]   The   importance   of   goverment   人々が住んでいるところの法律のシステムは   そこの人々のグループの価値に影響する。たとえそれが停止信号や鉄道信号のような小さなことであっても   それは基本的な価値に影響する   ---   社会のメンバーの安全を保護する価値に。停止信号や鉄道信号を建設することによって   我々自身の安全   我々の愛する人の安全   そして他人の安全   に対して我々の感心を行動の中に置く。価値を行動の中に置くことは政府の重要な一つの機能である   確かに政府を願ましくする機能である。   我々が個々に知っている言葉で   我々が政府を理解する最善の方法は   「Yetzer   HaRa(邪悪の衝動)」と「Yetzer   Tov(善の衝動)」との全体の質問を再び考えることである。トーラが我々に教えていることの一つは   「あなたの心の中で   あなたの隣人を憎んではなりません。」   (レビ記   19:17)   しかし   実際に他の人々を傷つけることから人々を防いでいるのは   まったく別のことである。「十戒」は数千年間存在してきている   そしていまだに毎日の新聞は   殺人や強盗   法廷で偽証を誓った人   他人をだましている人の記事でいっぱいである。明らかな事実は   我々の幾人かは我々の「Yetzer   HaRa」を制御しそれを役に立つ目的に向ける働きをしている一方   他の者はそうではない。彼らは   彼らの中にある「Yetzer   HaRa」を乱暴に走らせることを許している。酔っ払った運転手のように   その時   彼らは道路で他のあらゆる人にとって   危険になっている。   そんな人々から我々を保護するために   政府が作られている。我々が個々のレベルで   我々の「Yetzer   HaRa」を統治することを学ばねいけないということ同様に   「Yetzer   HaRa」が乱暴になっているレベルのグループを制御することが政府の一つの重要な目的である。   Law   enforcement   and   courts   政府が我々を効果的に保護するために   我々の各々は自分自身の自由な意志の幾らかを諦めなければなりません。どれだけ大きな力が政府に与えられるべきかについて継続的な大きな議論や論争がある。しかし   もし政府が我々を効果的に保護するならば   誰もが「幾らか」の力を諦めなければなりません   ということを我々は何の議論もなしで知ることができる。   この一つの良い例は   各個人としての報復の権利を放棄することである。報復はそのグループに破壊的である。AがBから盗みをしたとする   そしてそれからBが返礼にAから盗みをする   これでイーブンと言って。もしこれで終わるならばそれで結構なことであるが   けれども報復はめったに最初の不公平以上により公平にはならない。Bが報復する時   Aが彼から取ったよりも彼はAからより多く取るかもしれない。その時   Aは彼自身が報復の必要を感じる。すぐに   物は手から離れて   そしてAとBは互いに殺すという点にまでくる   ----   また   彼らの友人や親族がその行動に参加するかもしれない。   この種の事態を避けるために   警察や他の代理権の形で実行する法律を規定する力を我々は政府に許す。告訴が設定され聞かれる法廷と同様に。法律を実施する事務所や法廷はどちらも   我々すべてのために   個人よりもむしろグループによって最善に維持される力を代表している。   An   eye   for   an   eye   タルムードは   部分的には   行なわれてきた法廷の記録として見られる。ラビたちは政府の境界線を築くために   事例に事例を積み上げている。我々の例として   タルムードで扱われた古典的な報復の事例は   聖書のきまり文句である「目には目   歯には歯」   のまわりに集中してる。タルムードのラビたちが   「Yetzer   HaRa」のグループを制するために探していた政府とはどんなものかを見るために   次の議論を考えよう。   「目には目」   これは金での支払を意味する。あなたはそれが金での支払だと言うが   おそらくそれは実際に本当の目が没収されなければなりません。という意味だ!しかし   その人の目が一方は大きく他方が小さいとしたとする   そんな場合に「目には目」の法律を私はいかに適応することができるのか?...   あるいは   盲の人が他人の目をたたき出した場合は   またあるいは片足びっこの人が他人を片足びっこの人にした場合は   「目には目」の法律を私はいかに十分に満たすことができるのか?トーラはこう要求している   「あなたは同じ法律を適用せよ(レビ記24:22)」この意味は   あなたたちの全てに対して   法律が同じであるべきだということ。   [   Baba   Kamma   83b   ]   法律はいつも全ての人が同じであるとして扱われなければなりません。我々の基本的な価値は   全てが神によって平等に創造されていることである。もしそれがこの場合   ラビたちが議論した「目には目」の意味はただこうである:もし人が他人の目をたたき出したならば   その有罪人は彼が破壊した目を補償する金額を支払わなければなりません。   このように   社会の全てのメンバーの利益に法律を翻訳するために   政府が割り込む。目や足を失った人にとって   もし彼を傷つけた人が目や足を仕返しに失ったとしても   それは現実に善いことではない。金銭上の支払は   それが元の目や足を取り戻すことはできないが   少なくとも人が傷ついた時に生じた痛みや損失を埋め合わせるために   それはいくらかの方法に役立つ。   The   perfect   goverment   ラビたちはその日   各々の人が神の法律に従って自分自身を統治する時   を楽しみに待った。もし我々の全てがヒレルの原理   ---   「あなた自身が嫌なことを   他人にはするな」   ---   に従うならば   社会を制御する政府や統治者の必要はない。我々の各々は小型の政府であり   成功して「Yetzer   HaRa」を制し   良いことを行なうのに集中している。   このようにラビたちは日々の終わりを夢見た   各々の男も女も神の知恵と畏れの中で大きく成長し   もはや政府の必要がなくなった時を。しかし   彼らは夢想家であったけれども   そして彼らは世界が神だけで統治されるための計画をしていた一方で   ラビたちはまた現実主義者であった。人々が彼ら自身の「Yetzer   HaRa」の制御がまだできていないと彼らは認めていた。それで彼らは共通の政府の必要を認めた   「その理由はそれに対する怖れがないとき   人は生きたままで互いを食べるであろうからである」   「生きたままで互いを食べる」   この句はとても耳障りに見えるかもしれない。しかしそれは政府が働かない時に起こることの現実的な絵である。あの「Wild   West」としての19世紀のアメリカの西部のことを考えてみよう。法律や秩序は   破壊された方法で維持されていた。法律家たちは   彼らが反対した無法者たちのような全く同じ作法で行動した。その政府は   普通はより弱い者を殺す強い者の結果であった。   The   evils   of   goverment   ラビたちは   もはや政府を必要としない時の日を夢見た   その理由は政府から保護するものと期待していたその市民を   政府が「食べる」という事実を恐れていたからである。すなわち政府は力を成長させ統治されている人々からもっともっと多くの自由を奪い取る方法を持っている。預言者サミュエルの時代にさかのぼるユダヤの人々が   独裁主義の政府の悪を指摘してきている。   人々はサミュエルのところにやって来て   その時代には他の全ての国々がそうであったように   彼らを統治してくれる王様が欲しいと要求した。   「裁きを行なう王を与えよ」との彼らの言い分は   サミュエルには悪と写った。   そこで彼は主に祈った。主はサミュエルに言われた:民があなたに言うままに   彼らの声にしたがうがよい。その理由は彼らが退けたのはあなたではなくこの私だ   私が彼らの王として君臨することを退けているのだ。   [   サミュエル記上   8:6-7   ]   サミュエルはその時   彼らを統治する王を持つことの危険を人々に警告した。   あなたたちの上に君臨する王の権能は次の通りである。まず   あなたたちの息子を徴用する。それは   戦車兵や騎兵にして王の戦車の前に走らせ   千人隊の長   五十人隊の長として任命し   王のための耕作や刈り入れに従事させ   あるいは武器や戦車の用具を造らせるためである。また   あなたたちの娘を徴用し   香料作り   料理女   パン焼き女にする。また   あなたたちの最上の畑   ぶどう畑   オリーブ畑を没収し   家臣に分け与える。...........その日あなたたちは   自分が選んだ王ゆえに   泣き叫ぶ。しかし   主はその日   あなたたちに答えてはくださらない。   [   サミュエル記上   8:11-14   18   ]   これは王の力そして咲きすぎた政府の力に対する古典的なユダヤ人の警告である。我々が   我々自身を統治することを学ぶ代わりに   我々の権利を放棄して政府を形成する時はいつでも   その政府は我々の上に力を得る。   聖書の中では   ユダヤ人の族長   士師/英雄   預言者   王が登場しますが   特に親しまれている人物を時代に合わせてまとめると大体このようになります。   聖書   族長   師士/英雄     預言者   創世記   アブラハム   イサク   ヤコブ   ヨセフ   (12部族)         出エジプト記   レビ記   民数記   申命記         モーゼ   アロン   ヨシュア記     ヨシュア       士師記     ギデオン   サムソン       サムエル記       サウル   ダビデ   サムエル   列王記   歴代誌       ソロモン   アハブ   ...   エリア   エリシャ   ...   イザヤ書       ウジヤ   ヒゼキア   ...   イザヤ   ユダヤ人の最初の王様となったのは「サウル王」ですが   なぜ民は王を必要としたか   もう一度   サムエル記を読んで見ましょう。   サムエル記上   7:7~7:10   ペリシテの領主たちはイスラエル攻め上ってきた。イスラエルの人々はそのことを聞き   ペリシテ軍を恐れて   サムエルに乞うた。「どうか黙っていないで下さい。主がわれわれをペリシテ人の手から救ってくださるように   われわれの神   主に助けを求めて叫んでください。」サムエルはまだ乳離れしない子羊一匹を取り   焼き尽くす献げ物として主にささげ   イスラエルのため主に助けを求めて叫んだ。主は彼に答えられた。サムエルが焼き尽くす献げ物をささげている間に   ペリシテ軍はイスラエルに戦いを挑んできたが   主がこの日   ペリシテ軍の上に激しい雷鳴をとどろかせ   彼らを混乱に陥れたので   彼らはイスラエルに打ち負かされた。   サムエル記上   8:1~8:9   サムエルは年老い   ....イスラエルの長老たちは   全員集まり   ラマのサムエルのもとの来て   彼に申し入れた。「あなたはすでに年を取られ   息子たちはあなたの道を歩んでいません。今こそ   ほかのすべての国々のように   われわれのために裁きを行う王を立ててください。」裁きを行う王を与えよとの彼らの言い分は   サムエルの目には悪と映った。主はサムエルに言われた。「民があなたに言うままに   彼らの声に従うがよい。彼らが退けたのはあなたではない。彼らの上にわたしが王として君臨することを退けているのだ。彼らをエジプトから導き上がった日から今日に至るまで   彼らのすることといえば   わたしを捨てて他の神々に仕えることだった。あなたに対しても同じことをしているのだ。今は彼らの声に従いなさい。ただし   彼らにはっきり警告し   彼らの上に君臨する王の権能を教えておきなさい。」   こうして   預言者サムエルは主の指示に従い   若者のサウルを初代イスラエルの国王に任命することになったわけです。その後はダビデ王   ソロモン王が統治してイスラエルは繁栄するわけですが   神が言っていたように   その後の王たちは主の道をはずれて行き   ついにはイスラエルの国は滅びてしまう。   The   Bill   of   Rightst   聖書の時代には   王たちはトーラそれ自身によって幾分か制御されていた。   王がイスラエルの上に君臨するときは   王の最初の仕事は彼自身の手によって文書のトーラを全て書き写すことが義務であった   これは王が後になってから法律を知らなかったと主張できないように。   アメリカでは   我々の政府は憲法によって制御される   そして我々の基本的な権利は   「the   Bill   of   Rights」と呼ばれる憲法への最初の10の修正条項によって保護されている。ここには各々の人に   礼拝   演説   出版   集会   政府への請願   その自由の保証がある。さらに   兵役に服する権利   兵隊に対する住居を準備しなければならないことからの自由   不当な捜索や捕捉からの自由   犯罪に対する告発無しに監禁されることからの自由   同一犯罪に対して二度も裁判されることからの自由   自分自身に対して証言しなければならないことからの自由   そして「生命   自由あるいは繁栄が   法律の当然の進行無しにはく奪される」ことからの自由   を含む。The   Bill   of   Rights   はまた   公平な陪審によって素早く公開の裁判への我々の権利を護衛する   そして限度を超えた保釈金や罰金   そして「残酷で異常な刑罰」を禁止する。   法律のシステムは人々の価値に影響すると言って   我々はこの章を始めた。   The   Bill   of   Rights   の場合は   これらの価値はもっと初期の文書によって公に発表されている:第2回大陸議会(the   Second   Continental   Congress)で   1776年7月4日   独立宣言が採用された。   我々はこれらの真実を自明のものとして支持する:全ての人は平等に造られている   彼らは創造主によって確実な権利を授かっている   これらの中には生命   自由そして幸福の追及がある   ---   これらの権利を安全にするために   政府機構が人々の中に制定される   統治の同意から彼らの正しい力を引き出すように。   これは要点であるが   政府の位置付け   それを造り出す人々の位置付けについての表現である。   All   are   created   equal   独立宣言は   「全ての人は平等」   これが自明であると宣言することによって   始まっている。しかし   それはいつも自明であるということではなかった。エジプトでは   どんな平民もが自分を王様と平等とは考えてはいなかった。王様は神の人であり   分離され   他の全ての人々の上にあると考えられていた。誰一人として王様と平等ではなかった。   他方   イスラエルの王国がその最も偉大な力があって   王が最も力があった時でさえ   王は決して神とは混同されなかった。預言者ナタン(Nathan)はダビデ王を非難するための自由を感じていた:ダビデ王が   他の男の妻を盗み取りその夫を戦いに送り戦死させるという罪を犯した   そのことの間違いを非難した。そして応答においては   「私は王であり   私がしたいことをするのだ」と答えるのとはずっと違っていた。ダビデ王はそうではなくて   神から自分の罪の許しを祈った。   エジプトの王とイスラエルの王との違いは   全ての人々は等しいとユダヤの人々は教えられていたことにあった。なぜ人は一人だけで創造されたのか?   なぜ神は一人だけの男を創造したのか?我々の賢者は説明している   「私は高貴な血統である」と誰もがこのように自慢しないためである。全ての人類が同じ人からの子孫である。全ては神の前に等しい。   [   Sanhedrin   38a   ]   第2回大陸議会(the   Second   Continental   Congress)の人々が   「全ての人々が等しく造られた」のは自明な真実であると宣言した時の表現がこのラビの教えでした。どんな人も他の人より神により近いということはない   このことを我々が記憶するときのみ   それは自明である。   Unalienable   rights(譲渡されない権利)   生命   自由そして幸福の追及への我々の権利は   どれも我々自身が夢見てきた単純な価値ではない。独立宣言に従ってさえも   我々の国の市民の法律の多くがそれを基本としており   我々の権利は我々の主なる神から引き出されている。   どんな人も他人にこう言う権利はない   「私はあなたが生きることを許さない」----まさに殺人者が犠牲者言うことである。神は命じている   「あなたは人を殺してはいけない」   どんな人も他人にこう言う権利はない   「私はあなたを自由にすることを許さない」----まさに主人が奴隷に言うことである。神は命じている   「あなたは自由でありなさい」そして   他人が幸福の追及のための権利をどんな人も禁止することはできない。裁判で偽って誓うとか   盗みとか   あるいは隣人を傷つけることによっても。これらの行動のすべては神によって禁止されている   そして幸福を追及する権利は天の法律   神の戒律   によって保証されている。   The   secure   these   rights   今や我々は   人々の中に政府が必要であるという宣言で   第2回大陸議会(the   Second   Continental   Congress)の人々の論考を   偉大な集団の人々の論考と同様に   理解することができる。その必要は   人間として生まれた全ての人々   神のイメージで創造された人々   の相続財産である権利を保証し安全にするためである。   我々の自由を確実にするために   我々は   我々の自由を制限し安全にするための権力を持った政府を樹立する。その政府から我々自身を保護するために   我々は   今度は   人々のための保護の法律を樹立する。政府の権力はその時   政府が保護するために想定された価値の権力よりも偉大になることは   決して許されるべきではない。   政府の権力は   どこからやって来るのか?それは我々から   「その人々」から来る。しかし我々が見てきたように   政府はそれ自身で先に行きすぎて   より偉大にそしてより強力に成長する傾向を持つ。政府の後ろにある価値の権力は   どこからやって来るのか?この権力は神   創造主   からの授かりものである。「全ての人間は平等に   ...彼らの創造主によって授けられた   確かな譲渡されない権利を持って」   Goverment   and   power   我々が見てきたように   政府に対する必要と   政府を疑うための必要との間に緊張がある。お互いを「相食べる」ことから我々を保つために   我々は政府を必要とする。しかし政府から我々を保護するために   我々はthe   Bill   of   Rightsやタルムードのような手段を必要とするのだ!   しばしば   何を行なおうが   政府は良いことだけを行っていると主張する。「良いこと」とは   「政府の敵」を死に追いやること   市民へ重税をかけること   あるいは戦争に戦うことを意味するかもしれない。ラバン・ガマリエル(Rabban   Gamaliel)   が我々に警告したのは不思議ではない。   権力に気をつけなさい。なぜならばそれらは自分たちにとって必要でなければ人に近寄ってこない。それらは自分たちが得になる時には友だちのように見えるが   人が苦境に陥っている時にはそれらは彼のそばに立ってはくれない。   [   Avot   2:3   ]   我々は真に権力と友だちになることはできない。   典型的な政治家の選挙を考えてみなさい。選挙の前は   候補者の全ては選挙民に約束をする。候補者は   彼らに叫ぶあらゆる人に向かって友だちのようであり機嫌がよい。彼らは不平に耳を傾け   物事を正しくし   それらをより良くすることを約束する。結局   我々の投票を必要としている。しかし選挙が終わるや否や   約束はまた全てしばしば忘れられてしまう。特に   危機の時代   全ての側に苦境が増えている時は   政府の役人たちは人々の興味どころではなく   政府自身の興味で行動する。   おそらく   詩編の一つがなぜこう言っているかがこのことである:君主に信頼をおいてはいけない   なぜならば彼らには助けがない。   [   詩編   146:3   ]   14世紀の注解者のナフミアス(Nahmias)は権力の友情について   次のたとえ話をした:     ある王が彼の将校の一人を昇進させた。毎日   王はこの将校の前に上って彼の首に接吻をしていた。最後に   王は彼を殺して言った。「将校の首が切り落とされ時に   刀が落ちるその場所に接吻をしていたのだ」   人々は言っている   「ライオンが歯をむき出した時に   ライオンが笑っていると考えてはいけない   それはむさぼり食うためだけなのだ。人間の王は   また   しばしば動物王国のライオンのようである」   サミュエルの警告   ナフミアスのたとえ話   そしてガマリエルの警告は全ての政府の行く道と関連している。どんな政府も全体的に信頼されることはない。我々は絶えず権力の進行を見張らなければなりません。   The   law   and   the   land   たとえそうであっても   タルムードの格言ではこう言う:   その土地の法律は   法律である。   [   Baba   Kamma   113a   ]   人は   政府を尊敬しなければなりません。   [   Mechilta   Bo   ]   ここで我々は   また   我々の解釈をバランスしなければなりません。その土地の法律はいつでも法律であるとは限りません。ハドリアン皇帝がトーラの勉強とユダヤ教の実施を禁止した時   ラビはローマの法律を無視しなければならなかった。その土地の法律が神のより高い法律と衝突する時は   すべての政府が統治する権利を得ているのは神の法律からであり   従わなければいけないのは神の法律である。   Creating   a   dream   我々の夢はトーラの法律   すなわち同情と親切   正義と公正   熟考と尊敬の法律   に従って統治される一つの世界である。   しかしそんな夢を現実にするために   我々は「国々の上の光」にならなければならない。   もしユダヤ人が「選ばれた」人々であるならば   それは我々がトーラのメッセージを全てに運んでいるからである。   トーラは   誰もが不平を持っていなかった場所で   人前で公開して与えられた。   もしそれがイスラエルの土地で与えられていたならば   世界の国々は言ったであろう   「この中に我々の場所がない」   それゆえトーラは荒野で与えられた   人前で公開して   そして誰もが不平を持っていなかった場所で。   それを受け入れたい人は誰でも   来て受け入れなさい。   [   Mechilta   Bahodesh   Yitro   ]   その仕事は偉大であり   我々はそれを完成する希望さえできない。   しかし   我々の世界に神の法律をもたらす責任を   我々の各々が感じなければならない   ---   トーラを教えること   そして戒律に従って行動することに責任を。   我々は   共同社会から我々を分離すべきではないだけでなく   そこにできる限り多く参加しなければならない   そしてその地の法律をトーラの戒律にますます多く順応させなければならない。   その時には   タルムードの格言「その土地の法律は   法律である」   に従う時に何の問題も恐れもない。   Reflection   ラビたちは   二つの反対する力を認めていた:   人々が「生きたままで互いを食べる」ことがないように   政府を必要とすること。   そして政府が神の統治の前に敬意を払う時を我々が夢見て生き続ける間に   権力の進行を注意深く監視する必要があること。   我々の価値は   我々が通過させ従う法律の種類に反映されている。   それゆえに   地上に神の統治がやって来るために働くことは   共同体から我々自身を分離しないことを意味する。   それは   トーラの法律に対する採用を創造するために   共同体の中で働くことを意味する。   それは   その土地の法律にユダヤ人の教えの価値を反映させるために   懸命に努力することを意味する。   我々はユダヤ人として世界の中に我々を巻き込むことを要求される。   政府の何かが悪いと感じた時   我々は立ち上がって戦わなければならない。   また   我々が信じているところの方針にそのシステムを持ってゆくために   我々が住んでいる所の法律のシステムの範囲内で仕事をすることを   学ばなければならない。   簡潔に言うと   我々は良い市民で責任ある態度で   「その政府の繁栄を祈る」ことをしなければならない。   ラビ・オシャヤ(Rabbi   Oshaya)は教えた:   人間の実行において   人である王が宮殿を建てる時   それは王自身の技術ではなく建築家の技術で建てている。   さらに建築家は彼自身の頭からではなく   従業員が煙突やドアの配置をどうすればよいか知るために   計画し図面を作る。   このように   神は   トーラを相談相手とし   そしてその後に世界を創造した。   [   Genesis   Rabbah   1:1   ]   それと同じく   世界がいかに最善に統治されるかを知りたいならば   正しい世界の建築のための建築家の計画   すなわち   「トーラの法律」を相談相手にしなければならない。   実際に   全体の世界が基本にしているもの   すなわち   「神一人の政府」よりも良い政府はありえない。  

サムネイル

アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です)ミシュナー・タルムード「アヴォート(Avot)」篇「共同の責任」

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です) ミシュナー・タルムード 「アヴォート(Avot)」篇 「共同の責任」 ◎from The Talmud 全てのユダヤ人は、互いに責任がある。 [ ---Babylonian Talmud, Shevuot 39a ] この広く知られたタルムードの格言は、ユダヤ共同体社会の中での、広範囲な慈善の活動を説明する助けとなる。ユダヤ人は実際に、互いに責任があると感じるように命令されている。ヘブライ語で「責任」という言葉は、「ah-reivin」、文字の意味は「保証人」、すなわち彼自身が、後援者として、名付け親として、借金の保証人として、他の人の責任をもつ人。ユダ(Judah)は、聖書の中で、保証人のモデルである。エジプトで、彼の兄弟として知られているヨセフ(Joseph)が彼らに、残りの兄弟のベニヤミン(Benjamin)を連れて戻るならば、食糧を売ってやろう通告する、そして彼らの父ヤコブ(Jacob)はそれを禁止する。最初、他の兄弟たちはヤコブの抵抗に同意した。しかし、カナンの飢饉が増大する時に、彼らがベニヤミンを連れて行くことを父に説得しなければならないとの結論に達する。ついに、ユダが父ヤコブに言う: 私の世話でその少年を送らせて下さい。.... 私自身が彼の保証人となります。あなたは私に責任を持たせて下さい。もし私があなたの前に彼を連れて帰らないならば、私はあなたの前で永久に罪に耐えましょう。(創世記43:8-9) 後に、ユダは、単なる決まり文句を発したのではないことを証明する。ヨセフの宮廷からの杯が、ベニヤミンの所有物の中に隠されていることが見つけられる。するとヨセフは、ベニヤミンを奴隷として捕まえて、他の兄弟たちをは自由にさせると言う。ユダは、ヨセフに嘆願するために前に歩み出て言う: さあ、あなたの召し使いである私は、父にその少年の保証人となった、「もし私があなたの前に彼を連れて帰らないならば、私はあなたの前で永久に罪に耐えましょう」と言った。それゆえその少年の代わりに、私を主人あなたの奴隷にして下さい、そしてその少年を兄弟たちと一緒に帰してやって下さい。(創世記44:32-33) 17年前にヨセフを奴隷として売ろうと提案した、まさにその兄弟ユダの自発性、今度は、ベニヤミンの代わりとしてユダ自身が奴隷になるという自発性、それはヨセフにかって為されたその悪を十分に忘れさせるものである。ミドラッシュは暗示している、この私利を考えない振る舞いの報酬として、全てのユダヤ人はその後、ユダ(Judah)と名付けられているのだ。(ヘブライ語で、ユダヤ人を「yehudi」という、これは彼の名前「Yehudah」から来ている)  ユダヤ人は、他のユダヤ人の安全と幸福に責任がある、これに加えてこの格言はさらに、全てのユダヤ人は絶対的に、全ての他のユダヤ人の振る舞いに責任がある、という意味に(幾人かによって)理解されている。正統派ユダヤ人たちの中には、非正統派ユダヤ人に(宗教を)遵守するようになるよう影響させる義務がある、という彼らの個人的な感覚を強調するためにこの文を引用している。その一方で、政治的に活動的なユダヤ人たちは、政治的で社会的な彼らの同宗派の信徒たちの振る舞いを変えることを試みるために、この文によって動機付けられている。

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.6.5. 01:23
視聴回数:7411回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: アヴェ・ヴェルム・コルプス   (お話です)   ミシュナー・タルムード   「アヴォート(Avot)」篇   「共同の責任」   ◎from   The   Talmud   全てのユダヤ人は   互いに責任がある。   [   ---Babylonian   Talmud   Shevuot   39a   ]   この広く知られたタルムードの格言は   ユダヤ共同体社会の中での   広範囲な慈善の活動を説明する助けとなる。ユダヤ人は実際に   互いに責任があると感じるように命令されている。ヘブライ語で「責任」という言葉は   「ah-reivin」   文字の意味は「保証人」   すなわち彼自身が   後援者として   名付け親として   借金の保証人として   他の人の責任をもつ人。ユダ(Judah)は   聖書の中で   保証人のモデルである。エジプトで   彼の兄弟として知られているヨセフ(Joseph)が彼らに   残りの兄弟のベニヤミン(Benjamin)を連れて戻るならば   食糧を売ってやろう通告する   そして彼らの父ヤコブ(Jacob)はそれを禁止する。   最初   他の兄弟たちはヤコブの抵抗に同意した。しかし   カナンの飢饉が増大する時に   彼らがベニヤミンを連れて行くことを父に説得しなければならないとの結論に達する。ついに   ユダが父ヤコブに言う:   私の世話でその少年を送らせて下さい。....   私自身が彼の保証人となります。   あなたは私に責任を持たせて下さい。   もし私があなたの前に彼を連れて帰らないならば   私はあなたの前で永久に罪に耐えましょう。   (創世記43:8-9)   後に   ユダは   単なる決まり文句を発したのではないことを証明する。ヨセフの宮廷からの杯が   ベニヤミンの所有物の中に隠されていることが見つけられる。するとヨセフは   ベニヤミンを奴隷として捕まえて   他の兄弟たちをは自由にさせると言う。ユダは   ヨセフに嘆願するために前に歩み出て言う:   さあ   あなたの召し使いである私は   父にその少年の保証人となった   「もし私があなたの前に彼を連れて帰らないならば   私はあなたの前で永久に罪に耐えましょう」と言った。それゆえその少年の代わりに   私を主人あなたの奴隷にして下さい   そしてその少年を兄弟たちと一緒に帰してやって下さい。   (創世記44:32-33)   17年前にヨセフを奴隷として売ろうと提案した   まさにその兄弟ユダの自発性   今度は   ベニヤミンの代わりとしてユダ自身が奴隷になるという自発性   それはヨセフにかって為されたその悪を十分に忘れさせるものである。ミドラッシュは暗示している   この私利を考えない振る舞いの報酬として   全てのユダヤ人はその後   ユダ(Judah)と名付けられているのだ。(ヘブライ語で   ユダヤ人を「yehudi」という   これは彼の名前「Yehudah」から来ている)   ユダヤ人は   他のユダヤ人の安全と幸福に責任がある   これに加えてこの格言はさらに   全てのユダヤ人は絶対的に   全ての他のユダヤ人の振る舞いに責任がある   という意味に(幾人かによって)理解されている。正統派ユダヤ人たちの中には   非正統派ユダヤ人に(宗教を)遵守するようになるよう影響させる義務がある   という彼らの個人的な感覚を強調するためにこの文を引用している。その一方で   政治的に活動的なユダヤ人たちは   政治的で社会的な彼らの同宗派の信徒たちの振る舞いを変えることを試みるために   この文によって動機付けられている。   ◎from   The   Talmud   彼の町の人々を罪から....やめさせることが出来るのに   しない人は誰でも   ...彼の町の人々の罪対して責任がある。   もし彼が全世界を罪からやめさせることが出来るのに   しないならば   彼は全世界を罪に対して責任がある。   [   ---Babylonian   Talmud   Shabbat   54b   ]   このラビの観点から   個々の人々の行動はもしかしたら全世界の運命に影響を及ぼす:   我々のラビは教えた:   人はいつも   彼の良い行為と彼の悪の行為との間に等しいバランスがあるよう   彼自身を見るべきである。一つの戒律を実行する人は運がよい   なぜならば彼が彼の好意の方に秤を傾けたからである。もし彼が一つの悪い行為を実行したならば彼は悲しみである   なぜならば彼は罪の方向に秤を傾けたからである。....   Rabbi   Elazar   ben   Simeon   は言った:   世界はその大多数のベースによって審判される   そして各個人は彼の行動の優勢のベースで審判される   それゆえに   一つの戒律を実行する人は運がよい   なぜならば彼が彼自身の好意と世界の好意の方に秤を傾けたからである。もし彼が一つの悪い行為を実行したならば彼は悲しみである   なぜならば彼自身に反対して   世界に反対して秤を傾けたからである。   [   ---Babylonian   Talmud   Kiddushin   40a-40b;   with   minor   vartions   I   have   followed   the   trnanslation   of   Ben   Zion   Bokser   The   Talmud:   Selected   Writings   pahe   173   ]   この文の光りで   ユダヤ人たちが罪で苦しめられた人々になったというのは   少々疑わしい!   back   to   this   page   top   Do   not   separate   yourself   from   the   community   共同体から離れてはいけない   ◎from   The   Fathers   共同体社会からあなた自身を分離してはいけない。   [   ---   Ethics   of   the   fathers   2:4   ]   上のことは   暗黙のうちに   他のユダヤ人たちに直面している問題から   彼らは免除されるであろうと信じるユダヤ人を批判している。エステル女王が「全てのユダヤ人を破滅するハマンの布告を取り消すために   アハシュエロス王に仲裁することは出来ない」   とモルデカイに言うとき   モルデカイは彼女に警告する:全てのユダヤ人の中の一人であるあなたが   王の宮殿の中にいるということによってあなたの生命は助かる   と想像してはいけない。反対に   もしあなたがこの危機の中で黙り続けるならば   他の方向から解放と救済がユダヤ人にやって来て   あなたと父の家は滅びるであろう。そしておそらく   ちょうどそんな危機のためにあなたは王宮の地位に到達した   と誰が知るであろうか?   (エステル記4:12-14)   もちろんエステルは仲裁し   そしてユダヤ人の民を救う。   ◎from   The   Mishneh   Torah   しかし   共同体社会から分離することの禁止は絶対的ではない。マイモニデスは警告している:もし人がいなかに住んでいて   その習慣が破壊的であり   その住民が正直な作法で行動していないならば   彼は人々が正義である地へ離れてそして   そして良い人々のように行動すべきである。   [   ---   Mishneh   Torah   "Laws   of   Character   Development   and   Ethical   Conduct   "   6:1   ]   しかし   一般にラビたちは   危機にある彼らの信者仲間から距離をおく人々に対して大いなる軽蔑を保持していた:共同体社会が困難にある時に   人はこう言うべきではない   「私は家に帰ろう   そして食べて飲んで自分は平和になろう」   [   ---Babylonian   Talmud   Ta'anit   11a   ]   我々のラビは教えた:   ユダヤ人たちが困難に出会っていて   人が彼らから離れている時は   あらゆる人に同伴している2人の天使がその人にやって来て   手を彼の頭の上において   そして言う「共同体社会から自分を分離しているだれそれは   その救助に署名しない....共同体社会の苦悩を分かち合う人は   その救助に署名する利点があろう」   [   ---Babylonian   Talmud   Ta'anit   11a   ]   モーゼは   彼の共同体社会の苦痛を彼自身が引受たユダヤ人の原形である。   (出エジプト記2:11-19)   彼はエジプト王の宮殿に住んでいたので   ヘブライ人の奴隷たちの苦しみを簡単に無視することができたのであるが   しかし   彼は親類のところに出て行き   彼らの労働を目撃した。そして彼が   ヘブライ人の奴隷を叩いているエジプト人の監督を見たときに   彼を打ち倒した。このことは   ヘブライ人たちを奴隷から解放するよう導くために   モーゼを任命することを神に確信させた   聖書の中で述べられている3つの出来事のうちの一つである。   (過ぎ越しの祭りの儀式で)邪悪な息子は   共同体社会から彼自身を閉めだしている(と指摘される)。   [   ---   Mekhilta   commenting   on   Exodus   13:8   ]   過ぎ越しの祭りの「ハガダ(儀式の本)」では   邪悪な息子はこう言う(と書かれている)   「この礼拝はあなたにとって何の意味があるのですか?」これは彼にとって何の意味もないのだ   ということが明白である。   ◎from   The   Talmud   ある断食において   どんなユダヤ人の罪人も参加していない   というのは断食ではない。   [   ---Babylonian   Talmud   Kritot   6b   ]   ユダヤ人の共同体社会は   罪人たちを閉めだしてしまうほどエリートには決してなるべきではない。このように   13世紀の   Rabbi   Meir   of   Rothenburg   が「Kol   Nidre」   ヨム・キプールの開始での祈り   への序言として今でも暗唱されている一つの決まり文句を創作した:神の認可をもって   そして会衆の認可をもって天の法廷で   地上の法廷で我々は   (ひどく)罪を犯した人々と一緒に祈ることが合法であると宣言する。私は   「ひどく(grievously)」という言葉を追加した   その理由は   それなしではその文章は意味がないからである。なぜならば誰もが幾らかの罪を犯していると想定しているため。   共同社会の規則を無視したために破門されているユダヤ人を特別に含めるために   Rabbi   Meir   がこの決まり文句を創作したことを   我々は知っている。   (参照   Saul   Weiss   Insights   page   212)   ◎from   The   Leviticus   Rabbah   数人の人々が船の中で座っていた   その時   彼らの一人がドリルを持って   船の座席の下に穴を掘る始めた。他の人々は彼に抗議した   「あなたは何をしているのか?」彼は答えた   「あなた方に何かしているのですか?私は自分の座席の下に穴を掘っているのではありませんか?」彼らは言い返した