PeeVee.TV
   

  ログイン

ホーム 新規ユーザー登録

新着動画一覧

01

サムネイル

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です)メタ理論・タルムード6章・聖クルアーン12章

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です) メタ理論 タルムード6章 聖クルアーン12章 『メタ理論: 個人と集団の各主語的同一性が 時間という共通述語を知覚して 表象していくとき 自然時間という時間が 個人が自然を知覚する過程に 原初の人間と幼児の意識の 人間の身体と身体の行為を 自然界につなげて 抽象性と自己同一性について 想像的普遍の詩的知恵の形相で 表意して記号に起こしていくとき 共通する自然時間を 暦に与えて 時間の合致について たとえば、 共通時間のある暦の時間に ある暦の時間の空間に集まる人間が その日の経験を表象して 詩的知恵が起きて 想像的普遍性に対して 集団と自然のつながりと 個人と自然のつながりに 共通的自己同一性をつくり 縮約した過去である現在に 事象的・社会的・時間的次元の反復を 記憶と記号が可能にして、 感覚的トピカと異なり、 記憶した事象の再叙述を行います。』 『タルムード:Avot 第6章』 Study is work それにもかかわらず、勉強は仕事である。あなたは「トーラに労力」をかけなければいけないと、Rabbi Meirは言った。 勉強がいかに多くの仕事であるか、あなたはすでに知っている。それは、何度もなんどもレッスンを記憶し試験することを意味する。あなたは紙に書いて、レポートにまとめなければいけないであろう。それは、読むこと、再読すること、そして記憶することを意味するであろう。あなたレッスンを理解するために努力しなければいけないだろう。 そして他の種類の仕事のように、あなたが成功する保証はない。幾つかの勉強はあなたにとって易しいかもしれないが、他のものはあまりにも難しいかもしれない。あなたはこう発見するかもしれない:時々、失望してあなたの両手を上げてしまいたい、そして言いたい、「なぜ私は悩むべきなのか?私は本当にうまくいかない。」 『聖クルアーン12章』 ユースフ章 マッカ啓示111節 1.アリフ・ラーム・ラー。これらは明瞭な啓典の印である。 2.われは、アラビア語のクルアーンを下した。恐らくあなたがたは悟るであろう。 3.われはこのクルアーンをあなたに啓示し、物語の中の最も美しいものを語ろう。あなたもこれまで気付かずにいたものである。 4.ユースフがその父(ヤアコーブ)にこう言った時を思え。「父よ、わたしは(夢で)11の星と太陽と月を見ました。わたしは、それらが(皆)わたしに、サジダしているのを見ました。」 5.かれは言った。「息子よ、あなたの夢を兄たちに話してはならない。さもないとかれらはあなたに対して策謀を企らむであろう。本当に悪魔は人間には公然の敵である。 6.このように主は、あなたを御選びになって、出来事の解釈を教えられ、かれが以前に、あなたの祖先のイブラーヒームやイスハークに御恵みを全うされたように、あなたとヤアコーブの子孫にそれを全うしたものである。本当にあなたの主は全知にして英明であられる。」 7.本当にユースフとその兄弟(の物語の中)には、(真理を)探求する者への種々の印がある。

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.8.16. 09:29
視聴回数:10824回
お気に入り登録:0
カテゴリ: スポーツ全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: アヴェ・ヴェルム・コルプス   (お話です)   メタ理論   タルムード6章   聖クルアーン12章   『メタ理論:   個人と集団の各主語的同一性が   時間という共通述語を知覚して   表象していくとき   自然時間という時間が   個人が自然を知覚する過程に   原初の人間と幼児の意識の   人間の身体と身体の行為を   自然界につなげて   抽象性と自己同一性について   想像的普遍の詩的知恵の形相で   表意して記号に起こしていくとき   共通する自然時間を   暦に与えて   時間の合致について   たとえば   共通時間のある暦の時間に   ある暦の時間の空間に集まる人間が   その日の経験を表象して   詩的知恵が起きて   想像的普遍性に対して   集団と自然のつながりと   個人と自然のつながりに   共通的自己同一性をつくり   縮約した過去である現在に   事象的・社会的・時間的次元の反復を   記憶と記号が可能にして   感覚的トピカと異なり   記憶した事象の再叙述を行います。』   『タルムード:Avot   第6章』   Study   is   work   それにもかかわらず   勉強は仕事である。あなたは「トーラに労力」をかけなければいけないと   Rabbi   Meirは言った。   勉強がいかに多くの仕事であるか   あなたはすでに知っている。それは   何度もなんどもレッスンを記憶し試験することを意味する。あなたは紙に書いて   レポートにまとめなければいけないであろう。それは   読むこと   再読すること   そして記憶することを意味するであろう。あなたレッスンを理解するために努力しなければいけないだろう。   そして他の種類の仕事のように   あなたが成功する保証はない。幾つかの勉強はあなたにとって易しいかもしれないが   他のものはあまりにも難しいかもしれない。あなたはこう発見するかもしれない:時々   失望してあなたの両手を上げてしまいたい   そして言いたい   「なぜ私は悩むべきなのか?私は本当にうまくいかない。」   Study   is   own   reward   一つの答えがある。成功がその唯一の報酬ではないのだ。たとえ何の仕事であろうとも   そしてそれに成功するかどうかに関わらずに   その真の報酬はその行いにある。ある特別な意味では   勉強はそれ自身の報酬である。   Rabbi   Meir   は言った   それ自身のために(すなわち成功を考えずに)トーラに労力をかける人は誰でも   多くの事に奉仕する;そればかりでなく   全世界が彼に恩義をこう:彼は友人と呼ばれる   かわいい   全ての生き物の愛人   人類の愛人:それは彼におとなしさ   尊敬を付与する;それは彼を正義   信神深く   正直な   そして公正にする;それは彼を罪から遠ざける   そして彼に美徳に近づける:彼を通して世界は助言と知恵ある音を楽しむ。   [   Avot   6:1   ]   ラビは教えた   特に   行動に対してあなた自身を準備する仕事において   あなたの態度は   その真の報酬はいつも行動の中にあると   考えるべきである。一人の生徒である場合を考えてみなさい。我々は全てが生徒として同じ特性を持ってはいない   我々は学問のそれぞれの分野において全てが平等に備えられてはいない。我々の幾人かは   ある学問で他の者たちより優れている。しかし我々の態度は   「勉強すること」は価値があるゆえに全ての生徒が価値があると   考えるべきである。   To   delight   the   Lord   「神は物語を愛するゆえに人間を創造した」   という言う言葉がある。そしてまたアボットの最後の文は   神の創造における神の大いなる喜びのこの考えについて力説している:   聖なるお方   賛えられるべき主が彼の世界を創造したものはみな   ただ神の栄光のために創造された。   [   Avot   6:11   ]   The   work   of   righteousness   我々はアボットの中で読む:人間が死ぬときに   銀や金や宝石や真珠を携えて行くことはできない   しかしただトーラと良い行いは(携えて行くことができる)。   [   Avot   6:9   ]   あなたの価値は   あなたがあなた自身を価値あるものに「させる」ところ   のものに集中する。あなたの価値は   あなたがあなたの行動を規則付けているその価値に従う。ハシディムの人々は   ハニポル(Hanipol)   のレブ・ズシュヤ(Reb   Zusya)   の話を繰り返し告げるのを愛した。レブ・ズシュヤは死ぬときに偉大なを教えを行なった:レブ・ズシュヤの生徒たちは   彼らの先生が死にかけているのを聞いて   最後の訪問にやって来た。しかし部屋に入ったときに   恐れでぶるぶる震えている先生を見て   彼らは驚いた。彼らはたずねた   「あなたはなぜ死を恐れているのですか?」「あなたの生活は   モーゼ自身と同じように正義であったではないですか?レブ・ズシュヤは答えた   「私が審判の王座の前に立つとき   『レブ・ズシュヤよ   なぜあなたはモーゼのようでなかったのか?』私がこのようにたずねられることはなく   『レブ・ズシュヤよ   なぜあなたはズシュヤのようでなかったのか?』私がこのようにたずねられるでしょう。」   明らかに   我々の各々は我々の生活の織機の中で正義の布を織るための努力をしなければいけない。   他の全てから離れて特別な生き物として我々各々作っている唯一な方法で   所有や金もちの意味付けよりもずうっと偉大な意味付けを我々の生活の各々に与えている方法で。あなたの生命の価値を測るこのような方法は   あなたのユダヤ伝統の一部であり   ユダヤ人が保持している価値の一部である。我々の各々は   可能な最上の「わたし」にする努力をすべきである。それこそが   ユダヤ人が生命の価値を測る方法なのである。   『聖クルアーン12章』   ユースフ章   マッカ啓示111節   1.アリフ・ラーム・ラー。これらは明瞭な啓典の印である。   2.われは   アラビア語のクルアーンを下した。恐らくあなたがたは悟るであろう。   3.われはこのクルアーンをあなたに啓示し   物語の中の最も美しいものを語ろう。あなたもこれまで気付かずにいたものである。   4.ユースフがその父(ヤアコーブ)にこう言った時を思え。「父よ   わたしは(夢で)11の星と太陽と月を見ました。わたしは   それらが(皆)わたしに   サジダしているのを見ました。」   5.かれは言った。「息子よ   あなたの夢を兄たちに話してはならない。さもないとかれらはあなたに対して策謀を企らむであろう。本当に悪魔は人間には公然の敵である。   6.このように主は   あなたを御選びになって   出来事の解釈を教えられ   かれが以前に   あなたの祖先のイブラーヒームやイスハークに御恵みを全うされたように   あなたとヤアコーブの子孫にそれを全うしたものである。本当にあなたの主は全知にして英明であられる。」   7.本当にユースフとその兄弟(の物語の中)には   (真理を)探求する者への種々の印がある。   8.かれら(兄たち)がこう言った時を思え。「ユースフとその弟は   わたしたちよりも父に寵愛されている。だがわたしたちは多勢の仲間である。父は明らかに間違っている。」   9.(1人が言った。)「ユースフを殺すか   それともかれを何処か外の地に追え。そうすれば父の顔(好意)はあなたがたに向けられよう。その後に   あなたがたは正しい者になれるというものである。」   10.かれらの1人の者が言った。「ユースフを殺害してはならない   もしあなたがたがどうしてもそうしたいなら   寧ろかれを井戸の底に投げ込めば   恐らく何処かの隊商に拾い上げられることもあろう。」   11.かれらは言った。「父よ   何故あなたはユースフを   わたしたちに御任せにならないのですか   わたしたちは   本当にかれに好意を寄せているではありませんか。」   12.「明日わたしたちと一緒にかれを(野に)行かせ   遊んで気を晴らせるようにしてやって下さい。わたしたちはかれを必ず守ります。」   13.かれ(ヤアコーブ)は言った。「あなたがたがかれを連れて行くのは   わたしにはどうも心配である。あなたがたがかれに気を付けない間に   狼がかれを食いはしないかと恐れている。」   14.かれらは言った。「わたしたちは多勢の仲間だから   もし狼がかれを食うようなら   その時はわたしたちは本当におしまいです。」   15.こうしてかれらは   かれ(ユースフ)を連れて行った。そしてかれを井戸の底に投げ込むことに決めた時   われはかれ(ユースフ)に啓示した。「あなたは必ずかれらの(する)この事を   かれらに告げ知らせる(日が)あろう。その時かれらは(あなたに)気付くまい。」   16.日が暮れてかれらは   泣きながら父の許に(帰って)来た。   17.かれらは言った。「父よ   わたしたちは互いに競争して行き   ユースフをわたしたちの品物のかたわらに残して置いたところ   狼が(来て)かれを食いました。わたしたちは真実を報告しても   あなたはわたしたちを信じては下さらないでしょう。」   18.かれらは   かれ(ユースフ)の下着を偽りの血で(汚し)持って来た。かれ(ヤアコーブ)は言った。「いや   いや   あなたがたが自分たちのために(大変なことを安易に考えて)   こんなことにしたのである。それで(わたしとしては)耐え忍ぶのが美徳だ。あなたがたの述べることに就いては   (只)アッラーに御助けを御願いする。」   19.そのうちに   隊商がやって来て水扱人を遣わし   かれは釣瓶を降ろした。かれは言った。「ああ吉報だ   これは少年だ。」そこでかれらは一つの売物にしようとしてかれを隠した。だがアッラーは   かれらの凡ての行いを熟知される。   20.かれらは僅かの銀貨でただ同然にかれを売り払った。かれらは   かれから多くを貪らなかった。   21.かれを買ったエジプトの者は   その妻に言った。「優しくかれを待遇しなさい。多分かれはわたしたちを益することになろう。それとも養子に取り立ててもよい。」こうしてわれはユースフをこの国に落ち着かせ   出来事(事象)の意味のとり方をかれに教えることにした。凡そアッラーは御自分の思うところに十分な力を御持ちになられる。だが人びとの多くは知らない。   22.かれが成年に達した頃   われは識見と知識とをかれに授けた。このようにわれは正しい行いをする者に報いる。   23.かれの起居する家の夫人が   かれの心を惑わそうとして   戸を閉めて言った。「さあ   あなたおいでなさい。」かれは(祈って)言った。「アッラーよ   わたしを御守り下さい。本当にかれ(あなたの夫)は   主人です。わたしを気持よく住ませてくれます。本当に不義の徒は   成功いたしません。」   24.確かにかの女は   かれに求めたのである。主の明証を見なかったならば   かれもかの女を求めたであろう。このようにしてわれは   かれから罪悪と醜行を遠ざけた。本当にかれは   謙虚で純真な(選ばれた)わがしもベの一人である。   25.その時両人は戸の方で相競い   かの女は後ろからかれの服を引き裂き   かれら両人は   戸口でかの女の夫に出会った。かの女は言った。「あなたの家族(妻)に悪事を行おうとした者には   投獄か痛ましい懲罰の外にどんな応報がありましょう。」   26.かれは言った。「奥様こそ   わたしの意に反して   わたしを御求めになりました。」その時かの女の家族の中の一人が証言した。「もしかれの服が前から裂けていれば   奥様が真実で   かれは嘘つきです。   27.だがかれの服が   もし後ろから裂けていれば   奥さまが嘘を御付きになったので   かれは真実であります。」   28.主人は   ユースフの服が後ろから裂かれているのを見て   言った。「これはあなたがた(婦人)の悪企みだ。本当にあなたがたの悪企みは   激しいものである。   29.ユースフよ   これを気にしないでくれ。それから(妻よ)   あなたの罪の赦しを願いなさい。本当にあなたは罪深い者である。」   30.町の婦人たちは(評判して)言った。「貴人の奥様が   青年の意に反し   誘惑したそうよ。きっと恋に狂ったのでしょう。わたしたちは   明らかに奥様の誤りだと思います。」   31.かの女は婦人たちの悪意のある(陰ロ)を聞くと   使いを遣わし   かの女たちのために宴席を設け   一人一人にナイフを渡し   それから(ユースフに)   「かの女たちの前に出て行きなさい。」と言った。かの女たちがかれ(ユースフ)を見ると驚歎し   (興奮して)その手を傷つけて言った。「アッラーの(造化の)完全無欠なことよ   これは人間ではない。これは貴い天使でなくて何でしょう。」   32.かの女は言った。「この人よ   あなたがたがわたしを謗るのは。確かにわたしが引っ張ってかれに求めたの。でもかれは貞節を守ったのよ。でも(今度)もしかれがわたしの命令を守らないなら   きっと投獄されて   汚名を被るでしょう。」   33.かれ(ユースフ)は言った。「主よ   わたしはかの女たちが誘惑するものよりも   牢獄が向いています。あなたがもしかの女たちの悪企みを   わたしから取り除いて下さらなければ   わたしは(若年の弱さで)かの女たちに傾いて   無道な者になるでしょう。」   34.それで主はかれ(の祈り)を受け入れ   かの女たちの悪企みをかれから取り払われた。本当にかれは全聴にして全知であられる。   35.そこでかの女たちは(かれが潔白である)証拠を見ていながら   しばらくかれを投獄しよう(それがかの女たちのために良い)と思った。   36.その時2人の若者が   かれと共に下獄した。その1人が言った。「わたしは酒を絞るのを(夢に)見ました。」また外の者は言った。「わたしは(夢に)自分の頭の上にパンを乗せて運んでいると   鳥がそれを啄むのを見ました。わたしたちにその意味を解いて下さい。御見かけしたところ   あなたは善い行いをされる方です。」   37.かれ(ユースフ)は答えて言った。「あなたがた2人に支給される食事が来る前に   わたしは必ずその解釈を告げよう。それはわたしの主が教えて下さるのである。わたしはアッラーを信じず   また来世を認めない不信心者たちの信条を捨てたのである。   38.そしてわたしは祖先   イブラーヒーム   イスハークまたヤアコーブの信条に従う。わたしたちは   アッラーにどんな同位者も決して配すべきではない。これはわたしたち   また凡ての人びとに与えられたアッラーの恩恵である。だが人びとの多くはこれに感謝しない。   39.2人の獄の友よ(わたしはあなたがたに尋ねる)。雑多の神々がよいのか   それとも唯一にして全能であられるアッラーなのか。   40.かれに仕えないならば   あなたがたとその祖先が命名した   (只の)名称に仕えるに過ぎない。アッラーはそれに対し権能を与えてはいない。大権はアッラーにだけ属し   あなたがたはかれ以外の何ものにも仕えてはならないと(アッラーは)命じている。これこそ正しい教えである。だが人びとの多くは知らない。   41.2人の獄の友よ   あなたがたの中1人に就いていえば   主人のために酒を注ぐであろう。また外の1人に就いては   十字架にかけられて   鳥がその頭から啄むであろう。あなたがた2人が尋ねたことは   こう判断される。」   42.そして2人の中   釈放されると思われる者に言った。「あなたの主人にわたしのことを告げなさい。」だが悪魔は   かれがかれ(ユースフ)のことをその主人に告げるのを忘れさせた。それでかれは   なお数年間獄中に留まった。   43.(エジプトの)王が言った。「わたしは7頭の肥えた牛が   7頭の瘠た牛に食われているのを(夢に)見ました。また穀物の7穂が緑で   他(の7穂)が枯れているのを見ました。首長たちよ   あなたがたが夢を解け得るならば   このわたしの夢を解釈して下さい。」   44.かれらは(答えて)言った。「複雑な夢です。わたしたちは夢の解釈は不得手です。」   45.ところが2人の中の(獄から)釈放された者が   時を経て思い出して言った。「わたしがその解釈をあなたがたに知らせましょう。それで(まず)わたしを行かせて下さい。」   46.(かれは牢獄に来て言った。)「ユースフよ   誠実な人よ   わたしたちに解いて下さい。7頭の肥えた牛を   7頭の瘠た牛が食べ   また7つの緑の穀物の穂と   外の(7つの)枯れたものと(の夢)を。わたしは人びとの処に帰って   かれらに理解させたい。」   47.かれは言った。「あなたがたは7年の間   例年のように種を播きなさい。だが刈り取ったものは   あなたがたが食べるのに必要な少量を除いて   (残りを)籾のまま貯蔵しなさい。   48.それから   その後7年(にわたる)厳しい(年)が来て   あなたがたがかれらのため以前に貯蔵したものを食べ   貯えるものの少量(を残す)に過ぎないであろう。   49.それからその後に来る1年には   人びとに豊かな雨があり   たっぷり(果汁を)萎るであろう。」   50.王は(命じて)言った。「かれをわたしの所に連れて来なさい。」それで使いがユースフの所に来た時   かれは言った。「あなたは引き返して   あの手を傷つけた婦人たち(の心境)はどうなっているのか   主人に尋ねなさい。わたしの主は   かの女たちの悪企みを知っておられる。」   51.かれ(王)は   (婦人たちに)言った。「あなたがたがユースフを誘惑した時   結局どうであったのか。」かの女たちは   「アッラーは完全無欠であられます。かれ(ユースフ)には   何の悪いこともないのを存じています。」と言った。貴人の妻は言った。「今   真実が(皆に)明らかになりました。かれを誘惑したのはわたしです。本当にかれは誠実(高潔)な人物です。」   52.かれ(ユースフ)は言った。「これはかれ(主人)に   かれの不在中わたしが決して裏切らないことを知らせ   またアッラーが裏切り者の悪企みを決して御助けになられないことを知らせるためです。   12-53.またわたし自身   無欠とはいえませんが   主が慈悲をかけた以外の(人間の)魂は悪に傾きやすいのです。本当にわたしの主は寛容にして慈悲深くあられます」   12-54.(これらの報告を聞いて)王は言った。「かれをわたしの許に連れて参れ。わたしは側近としてかれを引き立てよう。」そこでかれ(王)は   かれ(ユースフ)と話を交した後   言った。「今日あなたは   確かにわたしの側近である。高位につけられ   信頼されているのである。」   12-55.かれ(ユースフ)は言った。「わたしをこの国の財庫(の管理者)に任命して下さい。わたしは本当に知識ある管財者です。」   12-56.こうしてわれは   この国においてユースフに権力を授けた。それでかれは   意のままにエジプトの国中を何時でも何処にでも住むことが出来た。われは欲する者に慈悲を施す。また善行をなす者への報奨を虚しくしない。   12-57.信仰して   絶えず主を畏れる者には   来世における報奨こそ最も優れたものである。   12-58.その中ユースフの兄たちが来て   かれの前に罷り出た。かれ(ユースフ)はかれらを認めたが   かれら(兄たち)の方はかれに気付かなかった。   12-59.かれは食料をかれらに与えてから言った。「あなたがたと同じ父親の   兄弟を1人わたしのもとに連れて来なさい。あなたがたは   わたしが十分に計量したのを見なかったのか。それはわたしの最上の持て成しではないか。   12-60.もしあなたがたがかれを連れて来ないなら   あなたがたはわたしの所で(穀物を)計ってもらえず   わたしに近付くことも出来ない。」   12-61.かれらは言った。「かれ(弟)に就いて父を納得させ   必ずそれを実行いたしましょう。」   12-62.それからかれ(ユースフ)は   その部下に(命じて)言った。「かれらの(穀物と交換して払った)代価をかれらの袋に入れて置け。かれらは家に帰りそれを見て   恐らく戻って来るであろう。」   12-63.かれらは父のところに帰って言った。「父よ   わたしたちは(穀物を)計ることを拒否されました。弟をわたしたちと一緒に行かせて下さい。そうすれば計って貰えます。わたしたちは(どんな危険があっても)必ずかれを守ります。」   12-64.かれ(ヤアコーブ)は言った。「わたしは以前にかれの兄(ユースフ)に就いてあなたがたを信用した以上に   かれに就いてあなたがたを信用出来ようか。だがアッラーは最も能く(かれを)守られる。かれこそは   慈悲深い御方の中でも最大の慈悲深い御方であられる。」   12-65.かれらが荷物を開くと   代価がかれらに返されているのを見付けた。かれらは言った。「父よ   わたしたちは(この上)何を望みましょう。この代価がわたしたちに戻されています。家族に(もっと)蓄えが貰えます。弟を守り   ラクダ1頭分の増配を得(て帰)るでしょう。そのくらいは   難なく手に入るでしょう。」   12-66.かれは言った。「あなたがたが   避け難い障害に取り囲まれた場合の外必ずかれを連れて戻ると   アッラーにかけて約束しない限り   わたしはかれをあなたがたと一緒に決してやらないであろう。」こうしてかれらがかれに厳粛に誓った時   かれは言った。「アッラーは   わたしたちの言ったことの監視者であられる。」   12-67.更にかれは言った。「息子たちよ   (町に入る時は皆が)1つの門から入ってはならない。あなたがたは別々の門から入りなさい。だが(この用心は)   アッラーに対しては   あなたがたに何も役立たないであろう。裁定は   只アッラーに属する。かれにわたしは信頼した。凡ての頼る者は   かれにこそ頼るべきである。」   12-68.かれらは父の命じたやり方で入った。それは   アッラー(の計画)に対し   何の役にも立たなかった。只ヤアコーブ自身に必要な気休めに過ぎなかった。かれはわれが教えたので   知識を持っていた。だが人びとの多くは知らない。   12-69.さてかれらがユースフの許に行った時   かれはその弟を親しく迎えて言った。「わたしはあなたの兄です。今までかれら(兄たち)がしてきたことに   心を悩ましてはならない。」   12-70.かれ(ユースフ)が   かれらに配給をし終った時   かれは弟の袋の中に盃を入れた。やがて   ある者が呼びかけた。「隊商よ   あなたがたは確かに泥棒です。」   12-71.かれらは振り向いて言った。「あなたがたの何がなくなりましたか。」   12-72.かれらは言った。「わたしたちは   王様の盃をなくしたのです。それを持って来た者にはラクダの一頭分の荷(を与える)でしょう。わたしがその保証人です。」   12-73.かれらは言った。「アッラーにかけて誓います。わたしたちはこの国で   悪事を働く為に来たのではないことを   あなたがたは既に御存じです。わたしたちは   盗みは致しません。」   12-74.かれらは言った。「あなたがたが嘘つきであったら   その(盗みの)処罰は何としようか。」   12-75.かれら(兄たちは答えて)言った。「その処罰は   誰でも袋の中から(盃が)発見された者であります。かれが   その償いです。このように   わたしたちは悪を行う者を罰します。」   12-76.それでかれ(ユースフ)は   弟の袋(の検査)をする前に   かれらの袋を(調べ)始めた。そして(最後に)弟の袋から   それを捜し出した。われはこのように   ユースフに策略を授けた。アッラーが望まれる以外には   かれは弟を(エジプト国)王の法律の下で抑留することが出来なかったのである。われは欲する者の(英知の)階位を高める。全ての知者の上に全知なる御方はいる。   12-77.かれらは言った。「もしかれが盗んだとすれば   かれの兄も以前確かに盗みをしました。」しかしユースフはこれらのことを自分の心に秘めて   かれらにそれ(秘密)を漏さなかった。かれは(独り言のように)言った。「事情はあなたがたに不利である。アッラーはあなたがたの語る真実を最も能く知っておられる。」   12-78.かれらは言った。「申し上げますが   かれには大変年老いた父親があります。それでかれの代りに   わたしたちの1人を拘留して下さい。御見うけしたところ   あなたは本当に善い行いをなさる方でございます。」   12-79.かれは言った。「アッラーは   わたしたちの物を   その許で見付けた者以外は   (誰も)捕えることを禁じられる。(もしそうしないと)本当にわたしたちは   不義を行うことになるであろう。」   12-80.そこでかれらは   かれ(の引き取り)に望みがないことを知り   密に協議した。かれらの中の最年長の者が言った。「あなたがたは   父がアッラー(の御名)によって誓いをたて   また以前ユースフのことに就いても   どのような誤りを犯したかを考えないのか。それで父がわたしを許すか   またアッラーがわたしたちを御裁き下さるまで   わたしは決してこの地を離れないであろう。かれは最も優れた裁決者であられる。   12-81.あなたがたは父のもとに帰って言いなさい。『父よ   あなたの子は   本当に盗みをしました。わたしたちは   唯知っていることの外は証明出来ません。また目に見ていないことに対しては   どうしようもなかったのです。   12-82.それで(あなたは)   わたしたちがいた町で尋ねるか   またはそこを往来した隊商に問いなさい。わたしたちは真実を言っている(ことが分ります)』。」   12-83.かれ(ヤアコーブ)は言った。「いや嘘である。あなたがた自身のため事件を工夫して作ったに過ぎない。だが耐え忍ぶこそ(わたしには)美徳である。或はアッラーが   かれらを皆わたしに御送りになるかもしれない。かれは本当に全知にして英明であられる。」   12-84.かれはかれらから離れて言った。「ああ   わたしはユースフのことを思うと   悲しくてならない。」かれ(父)の両目は悲嘆の余り白くなり   物思いに沈んだ。   12-85.かれらは言った。「アッラーにかけて申し上げます。あなたはユースフを思うことを止めなければ   重態に陥り   或は死んでしまいます。」   12-86.かれは言った。「わたしは只アッラーに対し   わが悲嘆と苦悩とを訴えている丈である。わたしは   あなたがたが知らないことを   アッラーから教わっている。   12-87.息子たちよ   あなたがたは出掛けてユースフとその弟の消息を尋ねなさい。アッラーの情け深い御恵みに決して絶望してはならない。不信心な者の外は   アッラーの情け深い御恵みに絶望しない。」   12-88.それでかれらは   (また)かれ(ユースフ)の許にやって来て言った。「申し上げます。災難(飢饉)がわたしたちと一族の者に降りかかったので   ほんの粗末な品を持って参いりました。枡目を十分にして   わたしたちに施して下さい。本当にアッラーは施しを与える者を報われます。」   12-89.かれは言った。「あなたがたが無道の余り   ユースフとその弟にどんなことをしたか知っているのか。」   12-90.かれらは驚いて言った。「すると本当にあなたは   ユースフなのですか。」かれは言った。「わたしはユースフです。これはわたしの弟です。アッラーは確かにわたしたちに恵み深くあられる。本当に主を畏れ   堅忍であるならば   アッラーは決して善行の徒への報奨を   虚しくなされない。」   12-91.かれらは言った。「アッラーにかけて。本当にアッラーはわたしたちの上に   あなたを御引き立てなされた。わたしたちは本当に罪深い者です。」   12-92.かれは言った。「今日あなたがたを   (取り立てて)咎めることはありません。アッラーはあなたがたを御赦しになるでしょう。かれは慈悲深き御方の中でも最も優れた慈悲深き御方であられます。   12-93.あなたがたはわたしのこの下着を持って(帰り)   わたしの父の顔に投げかけなさい。かれは眼が見えるようになろう。それからあなたがたは   家族揃ってわたしの処に来なさい。」   12-94.隊商が(エジプトを)たった時   かれらの父は(左右の者に)言った。「わたしは確かにユースフの匂を嗅いだ。だがあなたがたは   老衰のせいだと思うであろう」   12-95.かれらは言った。「アッラーにかけて   全くそれはあなたの(いつもの)老いの迷いです。」   12-96.それから吉報を伝える者が(帰って)来て   (下着を)かれの顔に投げかけると   直かれは視力を回復した。かれは言った。「わたしはあなたがたに言わなかったか。あなたがたが知らないことを   わたしはアッラーから(の啓示で)知っている。」   12-97.かれらは言った。「父よ   わたしたちのために   罪の御赦しを祈って下さい。わたしたちは本当に罪深い者でした。」   12-98.かれは言った。「それではわたしはあなたがたのため   わが主に御赦しを願ってやろう。本当にかれは   寛容で慈悲深くあられる。」   12-99.やがてかれらがユースフの許に来た時   かれは両親を親しく迎えて言った。「もしアッラーが御望みなら   安らかにエジプトに御入りなさい。」   12-100.かれは両親を高座に上らせた。すると一同はかれにひれ伏した。するとかれは言った。「わたしの父よ   これが往年のわたしの夢の解釈です。わが主は   それを真実になさいました。本当にかれは   わたしに恩寵を与え   牢獄からわたしを御出しになり   また悪魔が   わたしと兄弟との間に微妙な敵意をかきたてた後   砂漠からあなたがたを連れて来られたのであります。わが主は   御望みの者には情け深くあられます。本当にかれは全知にして英明であられます。   12-101.主よ   あなたはわたしに権能を授けられ   また出来事の解釈を御教えになりました。天と地の創造の主よ   あなたは現世と来世でのわたしの守護者です。あなたは   わたしをムスリムとして死なせ   正義の徒の中に加えて下さい。」   12-102.これはわれがあなた(ムハンマド)に啓示した   幽玄界の消息の一つである。かれらが(ユースフに対する)計画を策謀した時   あなたはかれらと(その場に)いなかった。   12-103.仮令あなたが如何に望んでも   人びとの多くは信じないであろう。   12-104.あなたはそれ(使命)に対し   どんな報酬もかれらに求めない。これは   全人類への訓戒に外ならない。   12-105.天と地の間には   (アッラーの唯一性や神慮に関し)如何にも多くの印がある。かれらはその側を過ぎるのだが   それらから(顔を)背ける。   12-106.かれらの多くは   アッラーを多神の1つとしてしか信仰しない。   12-107.かれらに下るアッラーの懲罰が覆いかかることに対し   またかれらが気付かない間に突然来る時に対し   かれらは安心出来るのか。   12-108.言ってやるがいい。「これこそわたしの道。わたしも   わたしに従う者たちも明瞭な証拠の上に立って   アッラーに呼びかける。アッラーに讃えあれ。わたしたちは多神を信じる者ではない。」   12-109.われはあなた以前にも   町に住む者の中から(特に選んで)   われが啓示を授けた人間以外は   (預言者として)遣わさなかった。かれら(マッカの人びと)は   地上を旅して   以前の者たちの最後が   どんな(悲惨な)ものであったかを観察しているではないか。本当に主を畏れる者に対する   来世の住まいこそ最上である。あなたがたは悟らないのか。   12-110.(ムハンマド以前の)使徒たちが(遣わされた民のもとで)一切の希望を失った時   そしてかれら(使徒たち)が(不信仰者に対するアッラーからの勝利の約束の)期待が持てなくなったと思い込んだ時   われの助けがかれら(使徒)に下り   われの欲する者に救いは来るのである。只罪を犯した者は   わが懲罰は免れられない。   12-111.本当にかれらの物語の中には   思慮ある人びとへの教訓がある。これは作られた事柄ではなく   以前にあったもの(啓典)の確証であり   凡ゆる事象の詳細な解明であり   また信仰する者への導き   慈悲である。  

サムネイル

(お話です) 2 「ギリシャとヘブライの倫理」『タルムード 6章』

(お話です) 2「ギリシャとヘブライの倫理」 『タルムード:Avot 第6章』 「第九の歌詞(ドイツ語)朗読と譜面解釈」 「メタ理論について」 「ラグランジュ方程式について 一般座標と一般運動の等値を示すとき 外力がない条件で成立するハミルトニアが 全エネルギーと比べたときも同じ値になり ここから運動方程式を 導くことができることについて」 「聖クルアーン第6章」 『タルムード:Avot 第6章』 Study is work  それにもかかわらず、勉強は仕事である。 あなたは「トーラに労力」をかけなければいけないと、Rabbi Meirは言った。 勉強がいかに多くの仕事であるか、あなたはすでに知っている。 それは、何度もなんどもレッスンを記憶し試験することを意味する。 あなたは紙に書いて、レポートにまとめなければいけないであろう。 それは、読むこと、再読すること、そして記憶することを意味するであろう。 あなたレッスンを理解するために努力しなければいけないだろう。 そして他の種類の仕事のように、あなたが成功する保証はない。 幾つかの勉強はあなたにとって易しいかもしれないが、他のものはあまりにも 難しいかもしれない。 あなたはこう発見するかもしれない: 時々、失望してあなたの両手を上げてしまいたい、そして言いたい、 「なぜ私は悩むべきなのか?私は本当にうまくいかない。」 「聖クルアーン第6章」 家畜章(アル・アンアーム) マディーナ啓示 165節 6-1.天と地を創造し、暗黒と光明を定められる、アッラーを讃える。だが信じない者は、かれらの主と(外のものを)同位に置く。 6-2.かれこそは、泥から、あなたがたを創り、次いで(生存の)期間を定められた方である。一定(の期間)が、かれの御許に定められている。それでもあなたがたは疑うのか。 6-3.かれこそは天にあっても、地でもアッラーであられる。かれはあなたがたの隠すことも、現わすことも知っておられる。またかれはあなたがたの、働いて得たもの(の応報)をも知っておられる。 6-4.かれらは主から如何なる印を齎されても必ずそれから顔を背けてしまう。 6-5.真理(クルアーン)がかれらの許に来ると、かれらは常にそれを虚偽であるとした。だがかれらの嘲笑する御告げが、間もなく(事実となって)かれらの許に来るであろう。 6-6.われはかれら以前に、次から次に幾世代も滅ぼしたかを、あなたがたは考えないのか。われは地上でかれらを代々安住させ、あなたがたにすらしなかったものを与えた。われは、かれらの上に雲を送り(雨を)注ぎ降らせ、その足許に川を流れさせた。だが凡ての罪のためにかれらを滅ぼし、その跡に外の世代を出現させた。 6-7.仮令われがあなたに紙上に(書いた)啓典を下し、かれらが自分の手でそれに触れても、不信心な者はきっと、「これは明らかに魔術に過ぎない。」と言う。

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.7.30. 07:15
視聴回数:5711回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: (お話です)   2   「ギリシャとヘブライの倫理」   『タルムード:Avot   第6章』   「第九の歌詞(ドイツ語)朗読と譜面解釈」   「メタ理論について」   「ラグランジュの未定乗数法についてと   ラグランジュ方程式について   一般座標と一般運動の等値を示すとき   外力がない条件で成立するハミルトニア(H)が   全エネルギーと比べたときも同じ値になり   ここから運動方程式を   導くことができることについて」   「極値について   0の値の   停留点が鞍点の時と   ヘッシアン(H)についてと   制限がある極値と   ラグランジュの   未定乗数法についてと」   「聖クルアーン第6章」   『タルムード:Avot   第6章』   Study   is   work   それにもかかわらず   勉強は仕事である。あなたは「トーラに労力」をかけなければいけないと   Rabbi   Meirは言った。   勉強がいかに多くの仕事であるか   あなたはすでに知っている。それは   何度もなんどもレッスンを記憶し試験することを意味する。あなたは紙に書いて   レポートにまとめなければいけないであろう。それは   読むこと   再読すること   そして記憶することを意味するであろう。あなたレッスンを理解するために努力しなければいけないだろう。   そして他の種類の仕事のように   あなたが成功する保証はない。幾つかの勉強はあなたにとって易しいかもしれないが   他のものはあまりにも難しいかもしれない。あなたはこう発見するかもしれない:時々   失望してあなたの両手を上げてしまいたい   そして言いたい   「なぜ私は悩むべきなのか?私は本当にうまくいかない。」   Study   is   own   reward   一つの答えがある。成功がその唯一の報酬ではないのだ。たとえ何の仕事であろうとも   そしてそれに成功するかどうかに関わらずに   その真の報酬はその行いにある。ある特別な意味では   勉強はそれ自身の報酬である。   Rabbi   Meir   は言った   それ自身のために(すなわち成功を考えずに)トーラに労力をかける人は誰でも   多くの事に奉仕する;そればかりでなく   全世界が彼に恩義をこう:彼は友人と呼ばれる   かわいい   全ての生き物の愛人   人類の愛人:それは彼におとなしさ   尊敬を付与する;それは彼を正義   信神深く   正直な   そして公正にする;それは彼を罪から遠ざける   そして彼に美徳に近づける:彼を通して世界は助言と知恵ある音を楽しむ。   [   Avot   6:1   ]   ラビは教えた   特に   行動に対してあなた自身を準備する仕事において   あなたの態度は   その真の報酬はいつも行動の中にあると   考えるべきである。一人の生徒である場合を考えてみなさい。我々は全てが生徒として同じ特性を持ってはいない   我々は学問のそれぞれの分野において全てが平等に備えられてはいない。我々の幾人かは   ある学問で他の者たちより優れている。しかし我々の態度は   「勉強すること」は価値があるゆえに全ての生徒が価値があると   考えるべきである。   To   delight   the   Lord   「神は物語を愛するゆえに人間を創造した」   という言う言葉がある。そしてまたアボットの最後の文は   神の創造における神の大いなる喜びのこの考えについて力説している:   聖なるお方   賛えられるべき主が彼の世界を創造したものはみな   ただ神の栄光のために創造された。   [   Avot   6:11   ]   The   work   of   righteousness   我々はアボットの中で読む:人間が死ぬときに   銀や金や宝石や真珠を携えて行くことはできない   しかしただトーラと良い行いは(携えて行くことができる)。   [   Avot   6:9   ]   あなたの価値は   あなたがあなた自身を価値あるものに「させる」ところ   のものに集中する。あなたの価値は   あなたがあなたの行動を規則付けているその価値に従う。ハシディムの人々は   ハニポル(Hanipol)   のレブ・ズシュヤ(Reb   Zusya)   の話を繰り返し告げるのを愛した。レブ・ズシュヤは死ぬときに偉大なを教えを行なった:レブ・ズシュヤの生徒たちは   彼らの先生が死にかけているのを聞いて   最後の訪問にやって来た。しかし部屋に入ったときに   恐れでぶるぶる震えている先生を見て   彼らは驚いた。彼らはたずねた   「あなたはなぜ死を恐れているのですか?」「あなたの生活は   モーゼ自身と同じように正義であったではないですか?レブ・ズシュヤは答えた   「私が審判の王座の前に立つとき   『レブ・ズシュヤよ   なぜあなたはモーゼのようでなかったのか?』私がこのようにたずねられることはなく   『レブ・ズシュヤよ   なぜあなたはズシュヤのようでなかったのか?』私がこのようにたずねられるでしょう。」   明らかに   我々の各々は我々の生活の織機の中で正義の布を織るための努力をしなければいけない。   他の全てから離れて特別な生き物として我々各々作っている唯一な方法で   所有や金もちの意味付けよりもずうっと偉大な意味付けを我々の生活の各々に与えている方法で。あなたの生命の価値を測るこのような方法は   あなたのユダヤ伝統の一部であり   ユダヤ人が保持している価値の一部である。我々の各々は   可能な最上の「わたし」にする努力をすべきである。それこそが   ユダヤ人が生命の価値を測る方法なのである。   「聖クルアーン第6章」   家畜章(アル・アンアーム)   マディーナ啓示   165節   6-1.天と地を創造し   暗黒と光明を定められる   アッラーを讃える。だが信じない者は   かれらの主と(外のものを)同位に置く。   6-2.かれこそは   泥から   あなたがたを創り   次いで(生存の)期間を定められた方である。一定(の期間)が   かれの御許に定められている。それでもあなたがたは疑うのか。   6-3.かれこそは天にあっても   地でもアッラーであられる。かれはあなたがたの隠すことも   現わすことも知っておられる。またかれはあなたがたの   働いて得たもの(の応報)をも知っておられる。   6-4.かれらは主から如何なる印を齎されても必ずそれから顔を背けてしまう。   6-5.真理(クルアーン)がかれらの許に来ると   かれらは常にそれを虚偽であるとした。だがかれらの嘲笑する御告げが   間もなく(事実となって)かれらの許に来るであろう。   6-6.われはかれら以前に   次から次に幾世代も滅ぼしたかを   あなたがたは考えないのか。われは地上でかれらを代々安住させ   あなたがたにすらしなかったものを与えた。われは   かれらの上に雲を送り(雨を)注ぎ降らせ   その足許に川を流れさせた。だが凡ての罪のためにかれらを滅ぼし   その跡に外の世代を出現させた。   6-7.仮令われがあなたに紙上に(書いた)啓典を下し   かれらが自分の手でそれに触れても   不信心な者はきっと   「これは明らかに魔術に過ぎない。」と言う。   6-8.かれらはまた言う。「何故天使が   かれに遣されないのか。」もしわれが天使を遣したならば   事は直ちに決定されて   かれらは猶予されなかったであろう。   6-9.仮令われがかれ(使徒)を天使としても   必ず人間の姿をさせ   (今)かれらが惑うように   きっと惑わせたであろう。   6-10.あなた以前の使徒たちも   確かに嘲笑されていた。だが嘲笑したものは   その嘲笑していたこと(懲罰)に取り囲まれるであろう。   6-11.言ってやるがいい。(ムハンマドよ。)「地上を旅して   真理を拒否した者の最後が   どうであったかを見なさい。」   6-12.言ってやるがいい。「天と地にある凡てのものは   誰の有であるのか。」言ってやるがいい。「アッラーの有である。かれは慈悲を御自分の勤となされる。審判の日には   必ずあなたがたを召集されよう。それに疑いの余地はないのである。」だが自分の魂を滅ぼしてしまった者は   信じないであろう。   6-13.夜と昼とに住む凡てのものは   かれの有である。かれは   全聴にして全知であられる。   6-14.言ってやるがいい。「わたしは   アッラー以外の加護をどうして求めるだろうか。かれは天と地の創造者で   (すべてを)養い   (誰からも)養われない」言ってやるがいい。「わたしは(かれに)服従   帰依する者の先き駆けとなり   『多神教徒の仲間となってはならない』と命じられた。」   6-15.言ってやるがいい。「わたしがもし主に背くならば   偉大な日の懲罰が本当に恐ろしい。」   6-16.その日(懲罰を)免れる者には   必ず慈悲を与えられる。それは明らかに至上の幸福の成就である。   6-17.もしアッラーが   あなたを災厄で害されれば   かれの外にこれを除くものはない。もしかれが   あなたに幸福を届けられれば   本当にかれは凡てのことに全能であられる。   6-18.かれは   そのしもべたちの上におられる至高者であり   かれは英明にして全知であられる。   6-19.言ってやるがいい。「立証において   最も重要なことは何であるか。」言ってやるがいい。「アッラーは   わたしとあなたがたとの間の立証者であられる。このクルアーンが   わたしに啓示されたのは   わたしがあなたがたそして届く限りの者に   それによって警告するためである。あなたがたは(アッラーの外に)他の神があることを   証言出来るのか。」言ってやるがいい。「わたしは証言することは出来ない。」言ってやるがいい。「本当にかれは唯一の神であられる。わたしは   あなたがたが信仰するものとは全く無関係である。」   6-20.われが啓典を授けた者たちは   自分の子を認めるようにこれを認める。だが   自分の魂を滅ぼした者は信じない。   6-21.アッラーに就いて虚偽を作り上げ   またはその印を拒否するより   甚だしい不義があろうか。本当に不義を行う者は決して成功しないであろう。   6-22.われが一斉にかれらを召集する日   邪神を信仰した者たちに(問うて)言う。「あなたがたが言い張っていた   仲間(邪神ども)はどこにいるのか。」   6-23.その時かれらは   こう言う外にロ実はないであろう。「わたしたちの主   アッラーにかけて誓います。わたしたちは決して外の神々を信仰した者ではありません。」   6-24.見なさい。如何にかれらが自らを欺くか。またかれらの虚構したものが   かれらを迷わせたかを。   6-25.かれらの中には   あなたに耳を傾ける者もあるが   われはかれらの心に覆いをしたので   これ(クルアーン)を理解しない。またその耳を鈍くした。だからかれらは仮令各種の印を見ても   これを信じない。そしてかれらがあなたの許にやって来るのは   議論するため(だけ)である。信じない者たちは   「これは昔の物語に過ぎないのです。」と言う。   6-26.かれらは外の者をそれから遠ざけ   また自分たちもこれを避ける。だがかれらは自ら自分の魂を傷つけるだけで   自分はそれに気付かない。   6-27.あなたがもし   かれらが火獄の前に立たされる姿を見たらどうであろう。その時かれらは言う。「ああ   わたしたちがもし送り帰されるならば   決して主の印を拒否しないで   必ず信仰するでしょうに。」   6-28.いや   かれらが今まで隠していたものが   (今)自分たちの前に明らかになったに過ぎない。それでかれらが仮令(再び)戻されても   かれらは必ず禁じられたことを繰り返すであろう。かれらは本当に虚言の徒である。   6-29.かれらは言う。「この世の生があるだけで   再び甦るなどということはないのです。」   6-30.あなたがもし   かれらが主と向かい合って立たされる時を見たらどうであろう。その時(主は)仰せられるであろう。「これは真実ではないか。」かれらは言う。「そうです。主にかけて(誓って)。」かれは仰せられよう。「あなたがたは   信仰を拒否したために懲罰を味わいなさい。」   6-31.アッラーに会うことを虚偽であるとする者は   確かに失敗者である。その時が突然来れば   かれらは言う。「ああ   悲しい   わたしたちは何と疎かなことをしたことか。」かれらは背に自分の重荷を負っている。ああ   かれらの負う重荷こそ災いである。   6-32.現世の生活は   遊びか戯れに過ぎない。だが主を畏れる者には   来世の住まいこそ最も優れている。あなたがたは悟らないのか。   6-33.われはかれらの言葉が   あなたを如何に悲しませるかを知っている。かれらが虚言の徒とするのは   あなたではない。不義者たちは   専らアッラーの印を否定しているだけ。   6-34.あなた以前にも   使徒たちは虚言の徒と呼ばれた。それでわれの救助を得るまで   かれらは拒否と迫害を耐え忍んだ。誰にもアッラーの御言葉を変えることは出来ない。使徒たちに関する一部の消息は   既にあなたに伝えられたのである。   6-35.もしかれらが反抗して去るのがあなたに酷く苦痛をあたえるとき   あなたに出来ることは   地にトンネルを掘り   または天に梯をかけて   かれらに印を現わせ。アッラーが御好みになるならば   (正しい)導きの上にかれらを集められる。それであなたは   無知な者の仲間となってはいけない。  

サムネイル

Vivaldi Gloria in D Major RV589(お話です) 1 「ギリシャとヘブライの倫理」『タルムード 6章』

Vivaldi Gloria in D Major RV 589 (お話です) 1 「ギリシャとヘブライの倫理」 『タルムード:Avot 第6章』 「第九の歌詞(ドイツ語)朗読と譜面解釈」 「メタ理論について」 「ラグランジュ方程式について 一般座標と一般運動の等値を示すとき 外力がない条件で成立するハミルトニア(H)が全エネルギーと比べたときも同じ値になりここから運動方程式を 導くことができることについて」 「停留点が鞍点の時とヘッシアン(H)について」 「聖クルアーン第6章」 『タルムード:Avot 第6章』 Study is work  それにもかかわらず、勉強は仕事である。 あなたは「トーラに労力」をかけなければならないと、Rabbi Meirは言った。 勉強がいかに多くの仕事であるか、あなたはすでに知っている。 それは、何度もなんどもレッスンを記憶し試験することを意味する。 あなたは紙に書いて、レポートにまとめなければならないであろう。 それは、読むこと、再読すること、そして記憶することを意味するであろう。 あなたレッスンを理解するために努力しなければならないだろう。 そして他の種類の仕事のように、あなたが成功する保証はない。 幾つかの勉強はあなたにとって易しいかもしれないが、他のものはあまりにも 難しいかもしれない。 あなたはこう発見するかもしれない: 時々、失望してあなたの両手を上げてしまいたい、そして言いたい、 「なぜ私は悩むべきなのか?私は本当にうまくいかない。」 「聖クルアーン第6章」 家畜章(アル・アンアーム) マディーナ啓示 165節 6-1.天と地を創造し、暗黒と光明を定められる、アッラーを讃える。だが信じない者は、かれらの主と(外のものを)同位に置く。 6-2.かれこそは、泥から、あなたがたを創り、次いで(生存の)期間を定められた方である。一定(の期間)が、かれの御許に定められている。それでもあなたがたは疑うのか。 6-3.かれこそは天にあっても、地でもアッラーであられる。かれはあなたがたの隠すことも、現わすことも知っておられる。またかれはあなたがたの、働いて得たもの(の応報)をも知っておられる。 6-4.かれらは主から如何なる印を齎されても必ずそれから顔を背けてしまう。 6-5.真理(クルアーン)がかれらの許に来ると、かれらは常にそれを虚偽であるとした。だがかれらの嘲笑する御告げが、間もなく(事実となって)かれらの許に来るであろう。 6-6.われはかれら以前に、次から次に幾世代も滅ぼしたかを、あなたがたは考えないのか。われは地上でかれらを代々安住させ、あなたがたにすらしなかったものを与えた。われは、かれらの上に雲を送り(雨を)注ぎ降らせ、その足許に川を流れさせた。だが凡ての罪のためにかれらを滅ぼし、その跡に外の世代を出現させた。 6-7.仮令われがあなたに紙上に(書いた)啓典を下し、かれらが自分の手でそれに触れても、不信心な者はきっと、「これは明らかに魔術に過ぎない。」と言う。

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.7.28. 01:34
視聴回数:5879回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: Vivaldi   Gloria   in   D   Major   RV   589   (お話です)   1   「ギリシャとヘブライの倫理」   『タルムード:Avot   第6章』   「第九の歌詞(ドイツ語)朗読と譜面解釈」   「メタ理論について」   「ラグランジュ方程式について   一般座標と一般運動の等値を示すとき   外力がない条件で成立するハミルトニア(H)が全エネルギーと比べたときも同じ値になりここから運動方程式を   導くことができることについて」   「停留点が鞍点の時とヘッシアン(H)について」   「聖クルアーン第6章」   『タルムード:Avot   第6章』   Study   is   work   それにもかかわらず   勉強は仕事である。   あなたは「トーラに労力」をかけなければならないと   Rabbi   Meirは言った。   勉強がいかに多くの仕事であるか   あなたはすでに知っている。   それは   何度もなんどもレッスンを記憶し試験することを意味する。   あなたは紙に書いて   レポートにまとめなければならないであろう。   それは   読むこと   再読すること   そして記憶することを意味するであろう。   あなたレッスンを理解するために努力しなければならないだろう。   そして他の種類の仕事のように   あなたが成功する保証はない。   幾つかの勉強はあなたにとって易しいかもしれないが   他のものはあまりにも   難しいかもしれない。   あなたはこう発見するかもしれない:   時々   失望してあなたの両手を上げてしまいたい   そして言いたい   「なぜ私は悩むべきなのか?私は本当にうまくいかない。」   Study   is   own   reward   一つの答えがある。成功がその唯一の報酬ではないのだ。   たとえ何の仕事であろうとも   そしてそれに成功するかどうかに関わらずに   その真の報酬はその行いにある。   ある特別な意味では   勉強はそれ自身の報酬である。   Rabbi   Meir   は言った   それ自身のために(すなわち成功を考えずに)トーラに労力をかける人   は誰でも   多くの事に奉仕する;   そればかりでなく   全世界が彼に恩義をこう:   彼は友人と呼ばれる   かわいい   全ての生き物の愛人   人類の愛人:   それは彼におとなしさ   尊敬を付与する;   それは彼を正義   信神深く   正直な   そして公正にする;   それは彼を罪から遠ざける   そして彼に美徳に近づける:   彼を通して世界は助言と知恵ある音を楽しむ。   [   Avot   6:1   ]   ラビは教えた   特に   行動に対してあなた自身を準備する仕事において   あなたの態度は   その真の報酬はいつも行動の中にあると   考えるべきである。   一人の生徒である場合を考えてみなさい。   我々は全てが生徒として同じ特性を持ってはいない   我々は学問のそれぞれ   の分野において全てが平等に備えられてはいない。   我々の幾人かは   ある学問で他の者たちより優れている。   しかし我々の態度は   「勉強すること」は価値があるゆえに全ての生徒が   価値があると   考えるべきである。   To   delight   the   Lord   「神は物語を愛するゆえに人間を創造した」   という言う言葉がある。   そしてまたアボットの最後の文は   神の創造における神の大いなる喜びの   この考えについて力説している:   聖なるお方   賛えられるべき主が彼の世界を創造したものはみな   ただ神の栄光のために創造された。   [   Avot   6:11   ]   The   work   of   righteousness   我々はアボットの中で読む:   人間が死ぬときに   銀や金や宝石や真珠を携えて行くことはできない   しかしただトーラと良い行いは(携えて行くことができる)。   [   Avot   6:9   ]   あなたの価値は   あなたがあなた自身を価値あるものに「させる」ところ   のものに集中する。   あなたの価値は   あなたがあなたの行動を規則付けているその価値に従う。   ハシディムの人々は   ハニポル(Hanipol)   のレブ・ズシュヤ(Reb   Zusya)     話を繰り返し告げるのを愛した。   レブ・ズシュヤは死ぬときに偉大なを教えを行なった:   レブ・ズシュヤの生徒たちは   彼らの先生が死にかけているのを聞いて   最後の訪問にやって来た。しかし部屋に入ったときに   恐れでぶるぶる   震えている先生を見て   彼らは驚いた。   彼らはたずねた   「あなたはなぜ死を恐れているのですか?」   「あなたの生活は   モーゼ自身と同じように正義であったではないですか?」   レブ・ズシュヤは答えた   「私が審判の王座の前に立つとき   『レブ・ズシュヤよ   なぜあなたはモーゼのようでなかったのか?』   私がこのようにたずねられることはなく   『レブ・ズシュヤよ   なぜあなたはズシュヤのようでなかったのか?』   私がこのようにたずねられるでしょう。」   明らかに   我々の各々は我々の生活の織機の中で正義の布を織るための努力を   しなければならない。他の全てから離れて特別な生き物として我々各々作っている   唯一な方法で   所有や金もちの意味付けよりもずうっと偉大な意味付けを我々の   生活の各々に与えている方法で。   あなたの生命の価値を測るこのような方法は   あなたのユダヤ伝統の一部であり   ユダヤ人が保持している価値の一部である。   我々の各々は   可能な最上の「わたし」にする努力をすべきである。   それこそが   ユダヤ人が生命の価値を測る方法なのである。   「聖クルアーン第6章」   家畜章(アル・アンアーム)   マディーナ啓示   165節   6-1.天と地を創造し   暗黒と光明を定められる   アッラーを讃える。だが信じない者は   かれらの主と(外のものを)同位に置く。   6-2.かれこそは   泥から   あなたがたを創り   次いで(生存の)期間を定められた方である。一定(の期間)が   かれの御許に定められている。それでもあなたがたは疑うのか。   6-3.かれこそは天にあっても   地でもアッラーであられる。かれはあなたがたの隠すことも   現わすことも知っておられる。またかれはあなたがたの   働いて得たもの(の応報)をも知っておられる。   6-4.かれらは主から如何なる印を齎されても必ずそれから顔を背けてしまう。   6-5.真理(クルアーン)がかれらの許に来ると   かれらは常にそれを虚偽であるとした。だがかれらの嘲笑する御告げが   間もなく(事実となって)かれらの許に来るであろう。   6-6.われはかれら以前に   次から次に幾世代も滅ぼしたかを   あなたがたは考えないのか。われは地上でかれらを代々安住させ   あなたがたにすらしなかったものを与えた。われは   かれらの上に雲を送り(雨を)注ぎ降らせ   その足許に川を流れさせた。だが凡ての罪のためにかれらを滅ぼし   その跡に外の世代を出現させた。   6-7.仮令われがあなたに紙上に(書いた)啓典を下し   かれらが自分の手でそれに触れても   不信心な者はきっと   「これは明らかに魔術に過ぎない。」と言う。   6-8.かれらはまた言う。「何故天使が   かれに遣されないのか。」もしわれが天使を遣したならば   事は直ちに決定されて   かれらは猶予されなかったであろう。   6-9.仮令われがかれ(使徒)を天使としても   必ず人間の姿をさせ   (今)かれらが惑うように   きっと惑わせたであろう。   6-10.あなた以前の使徒たちも   確かに嘲笑されていた。だが嘲笑したものは   その嘲笑していたこと(懲罰)に取り囲まれるであろう。   6-11.言ってやるがいい。(ムハンマドよ。)「地上を旅して   真理を拒否した者の最後が   どうであったかを見なさい。」   6-12.言ってやるがいい。「天と地にある凡てのものは   誰の有であるのか。」言ってやるがいい。「アッラーの有である。かれは慈悲を御自分の勤となされる。審判の日には   必ずあなたがたを召集されよう。それに疑いの余地はないのである。」だが自分の魂を滅ぼしてしまった者は   信じないであろう。   6-13.夜と昼とに住む凡てのものは   かれの有である。かれは   全聴にして全知であられる。   6-14.言ってやるがいい。「わたしは   アッラー以外の加護をどうして求めるだろうか。かれは天と地の創造者で   (すべてを)養い   (誰からも)養われない」言ってやるがいい。「わたしは(かれに)服従   帰依する者の先き駆けとなり   『多神教徒の仲間となってはならない』と命じられた。」   6-15.言ってやるがいい。「わたしがもし主に背くならば   偉大な日の懲罰が本当に恐ろしい。」   6-16.その日(懲罰を)免れる者には   必ず慈悲を与えられる。それは明らかに至上の幸福の成就である。   6-17.もしアッラーが   あなたを災厄で害されれば   かれの外にこれを除くものはない。もしかれが   あなたに幸福を届けられれば   本当にかれは凡てのことに全能であられる。   6-18.かれは   そのしもべたちの上におられる至高者であり   かれは英明にして全知であられる。   6-19.言ってやるがいい。「立証において   最も重要なことは何であるか。」言ってやるがいい。「アッラーは   わたしとあなたがたとの間の立証者であられる。このクルアーンが   わたしに啓示されたのは   わたしがあなたがたそして届く限りの者に   それによって警告するためである。あなたがたは(アッラーの外に)他の神があることを   証言出来るのか。」言ってやるがいい。「わたしは証言することは出来ない。」言ってやるがいい。「本当にかれは唯一の神であられる。わたしは   あなたがたが信仰するものとは全く無関係である。」   6-20.われが啓典を授けた者たちは   自分の子を認めるようにこれを認める。だが   自分の魂を滅ぼした者は信じない。   6-21.アッラーに就いて虚偽を作り上げ   またはその印を拒否するより   甚だしい不義があろうか。本当に不義を行う者は決して成功しないであろう。   6-22.われが一斉にかれらを召集する日   邪神を信仰した者たちに(問うて)言う。「あなたがたが言い張っていた   仲間(邪神ども)はどこにいるのか。」   6-23.その時かれらは   こう言う外にロ実はないであろう。「わたしたちの主   アッラーにかけて誓います。わたしたちは決して外の神々を信仰した者ではありません。」   6-24.見なさい。如何にかれらが自らを欺くか。またかれらの虚構したものが   かれらを迷わせたかを。   6-25.かれらの中には   あなたに耳を傾ける者もあるが   われはかれらの心に覆いをしたので   これ(クルアーン)を理解しない。またその耳を鈍くした。だからかれらは仮令各種の印を見ても   これを信じない。そしてかれらがあなたの許にやって来るのは   議論するため(だけ)である。信じない者たちは   「これは昔の物語に過ぎないのです。」と言う。   6-26.かれらは外の者をそれから遠ざけ   また自分たちもこれを避ける。だがかれらは自ら自分の魂を傷つけるだけで   自分はそれに気付かない。   6-27.あなたがもし   かれらが火獄の前に立たされる姿を見たらどうであろう。その時かれらは言う。「ああ   わたしたちがもし送り帰されるならば   決して主の印を拒否しないで   必ず信仰するでしょうに。」   6-28.いや   かれらが今まで隠していたものが   (今)自分たちの前に明らかになったに過ぎない。それでかれらが仮令(再び)戻されても   かれらは必ず禁じられたことを繰り返すであろう。かれらは本当に虚言の徒である。   6-29.かれらは言う。「この世の生があるだけで   再び甦るなどということはないのです。」   6-30.あなたがもし   かれらが主と向かい合って立たされる時を見たらどうであろう。その時(主は)仰せられるであろう。「これは真実ではないか。」かれらは言う。「そうです。主にかけて(誓って)。」かれは仰せられよう。「あなたがたは   信仰を拒否したために懲罰を味わいなさい。」   6-31.アッラーに会うことを虚偽であるとする者は   確かに失敗者である。その時が突然来れば   かれらは言う。「ああ   悲しい   わたしたちは何と疎かなことをしたことか。」かれらは背に自分の重荷を負っている。ああ   かれらの負う重荷こそ災いである。   6-32.現世の生活は   遊びか戯れに過ぎない。だが主を畏れる者には   来世の住まいこそ最も優れている。あなたがたは悟らないのか。   6-33.われはかれらの言葉が   あなたを如何に悲しませるかを知っている。かれらが虚言の徒とするのは   あなたではない。不義者たちは   専らアッラーの印を否定しているだけ。   6-34.あなた以前にも   使徒たちは虚言の徒と呼ばれた。それでわれの救助を得るまで   かれらは拒否と迫害を耐え忍んだ。誰にもアッラーの御言葉を変えることは出来ない。使徒たちに関する一部の消息は   既にあなたに伝えられたのである。   6-35.もしかれらが反抗して去るのがあなたに酷く苦痛をあたえるとき   あなたに出来ることは   地にトンネルを掘り   または天に梯をかけて   かれらに印を現わせ。アッラーが御好みになるならば   (正しい)導きの上にかれらを集められる。それであなたは   無知な者の仲間となってはいけない。  

サムネイル

合唱組曲 島よ (朗読) (お話です)「ギリシャとヘブライの倫理」『タルムード:Avot 第6章』

合唱組曲 島よ (朗読) (お話です)「ギリシャとヘブライの倫理」『タルムード:Avot 第6章』Avot 第6章 Study is work  それにもかかわらず、勉強は仕事である。 あなたは「トーラに労力」をかけなければならないと、Rabbi Meirは言った。 勉強がいかに多くの仕事であるか、あなたはすでに知っている。 それは、何度もなんどもレッスンを記憶し試験することを意味する。 あなたは紙に書いて、レポートにまとめなければならないであろう。 それは、読むこと、再読すること、そして記憶することを意味するであろう。 あなたレッスンを理解するために努力しなければならないだろう。 そして他の種類の仕事のように、あなたが成功する保証はない。 幾つかの勉強はあなたにとって易しいかもしれないが、他のものはあまりにも 難しいかもしれない。 あなたはこう発見するかもしれない: 時々、失望してあなたの両手を上げてしまいたい、そして言いたい、 「なぜ私は悩むべきなのか?私は本当にうまくいかない。」 Study is own reward  一つの答えがある。成功がその唯一の報酬ではないのだ。 たとえ何の仕事であろうとも、そしてそれに成功するかどうかに関わらずに、 その真の報酬はその行いにある。 ある特別な意味では、勉強はそれ自身の報酬である。  Rabbi Meir は言った、  それ自身のために(すなわち成功を考えずに)トーラに労力をかける人  は誰でも、多くの事に奉仕する;  そればかりでなく、全世界が彼に恩義をこう:  彼は友人と呼ばれる、かわいい、全ての生き物の愛人、人類の愛人:  それは彼におとなしさ、尊敬を付与する;  それは彼を正義、信神深く、正直な、そして公正にする;  それは彼を罪から遠ざける、そして彼に美徳に近づける:  彼を通して世界は助言と知恵ある音を楽しむ。 [ Avot 6:1 ] ラビは教えた、特に、行動に対してあなた自身を準備する仕事において、 あなたの態度は、その真の報酬はいつも行動の中にあると、考えるべきである。 一人の生徒である場合を考えてみなさい。 我々は全てが生徒として同じ特性を持ってはいない、我々は学問のそれぞれ の分野において全てが平等に備えられてはいない。 我々の幾人かは、ある学問で他の者たちより優れている。 しかし我々の態度は、「勉強すること」は価値があるゆえに全ての生徒が 価値があると、考えるべきである。 To delight the Lord 「神は物語を愛するゆえに人間を創造した」、という言う言葉がある。 そしてまたアボットの最後の文は、神の創造における神の大いなる喜びの この考えについて力説している:  聖なるお方、賛えられるべき主が彼の世界を創造したものはみな、  ただ神の栄光のために創造された。                   [ Avot 6:11 ] The work of righteousness 我々はアボットの中で読む:  人間が死ぬときに、銀や金や宝石や真珠を携えて行くことはできない、  しかしただトーラと良い行いは(携えて行くことができる)。                         [ Avot 6:9 ] あなたの価値は、あなたがあなた自身を価値あるものに「させる」ところ のものに集中する。 あなたの価値は、あなたがあなたの行動を規則付けているその価値に従う。 ハシディムの人々は、ハニポル(Hanipol) のレブ・ズシュヤ(Reb Zusya) の 話を繰り返し告げるのを愛した。 レブ・ズシュヤは死ぬときに偉大なを教えを行なった:  レブ・ズシュヤの生徒たちは、彼らの先生が死にかけているのを聞いて、  最後の訪問にやって来た。しかし部屋に入ったときに、恐れでぶるぶる  震えている先生を見て、彼らは驚いた。  彼らはたずねた、  「あなたはなぜ死を恐れているのですか?」  「あなたの生活は、モーゼ自身と同じように正義であったではないですか?」  レブ・ズシュヤは答えた、  「私が審判の王座の前に立つとき、   『レブ・ズシュヤよ、なぜあなたはモーゼのようでなかったのか?』   私がこのようにたずねられることはなく、   『レブ・ズシュヤよ、なぜあなたはズシュヤのようでなかったのか?』   私がこのようにたずねられるでしょう。」

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.7.21. 00:39
視聴回数:2361回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: 合唱組曲   島よ   (朗読)   (お話です)「ギリシャとヘブライの倫理」『タルムード:Avot   第6章』Avot   第6章   Study   is   work   それにもかかわらず   勉強は仕事である。   あなたは「トーラに労力」をかけなければならないと   Rabbi   Meirは言った。   勉強がいかに多くの仕事であるか   あなたはすでに知っている。   それは   何度もなんどもレッスンを記憶し試験することを意味する。   あなたは紙に書いて   レポートにまとめなければならないであろう。   それは   読むこと   再読すること   そして記憶することを意味するであろう。   あなたレッスンを理解するために努力しなければならないだろう。   そして他の種類の仕事のように   あなたが成功する保証はない。   幾つかの勉強はあなたにとって易しいかもしれないが   他のものはあまりにも   難しいかもしれない。   あなたはこう発見するかもしれない:   時々   失望してあなたの両手を上げてしまいたい   そして言いたい   「なぜ私は悩むべきなのか?私は本当にうまくいかない。」   Study   is   own   reward   一つの答えがある。成功がその唯一の報酬ではないのだ。   たとえ何の仕事であろうとも   そしてそれに成功するかどうかに関わらずに   その真の報酬はその行いにある。   ある特別な意味では   勉強はそれ自身の報酬である。   Rabbi   Meir   は言った   それ自身のために(すなわち成功を考えずに)トーラに労力をかける人   は誰でも   多くの事に奉仕する;   そればかりでなく   全世界が彼に恩義をこう:   彼は友人と呼ばれる   かわいい   全ての生き物の愛人   人類の愛人:   それは彼におとなしさ   尊敬を付与する;   それは彼を正義   信神深く   正直な   そして公正にする;   それは彼を罪から遠ざける   そして彼に美徳に近づける:   彼を通して世界は助言と知恵ある音を楽しむ。   [   Avot   6:1   ]   ラビは教えた   特に   行動に対してあなた自身を準備する仕事において   あなたの態度は   その真の報酬はいつも行動の中にあると   考えるべきである。   一人の生徒である場合を考えてみなさい。   我々は全てが生徒として同じ特性を持ってはいない   我々は学問のそれぞれ   の分野において全てが平等に備えられてはいない。   我々の幾人かは   ある学問で他の者たちより優れている。   しかし我々の態度は   「勉強すること」は価値があるゆえに全ての生徒が   価値があると   考えるべきである。   To   delight   the   Lord   「神は物語を愛するゆえに人間を創造した」   という言う言葉がある。   そしてまたアボットの最後の文は   神の創造における神の大いなる喜びの   この考えについて力説している:   聖なるお方   賛えられるべき主が彼の世界を創造したものはみな   ただ神の栄光のために創造された。   [   Avot   6:11   ]   The   work   of   righteousness   我々はアボットの中で読む:   人間が死ぬときに   銀や金や宝石や真珠を携えて行くことはできない   しかしただトーラと良い行いは(携えて行くことができる)。   [   Avot   6:9   ]   あなたの価値は   あなたがあなた自身を価値あるものに「させる」ところ   のものに集中する。   あなたの価値は   あなたがあなたの行動を規則付けているその価値に従う。   ハシディムの人々は   ハニポル(Hanipol)   のレブ・ズシュヤ(Reb   Zusya)     話を繰り返し告げるのを愛した。   レブ・ズシュヤは死ぬときに偉大なを教えを行なった:   レブ・ズシュヤの生徒たちは   彼らの先生が死にかけているのを聞いて   最後の訪問にやって来た。しかし部屋に入ったときに   恐れでぶるぶる   震えている先生を見て   彼らは驚いた。   彼らはたずねた   「あなたはなぜ死を恐れているのですか?」   「あなたの生活は   モーゼ自身と同じように正義であったではないですか?」   レブ・ズシュヤは答えた   「私が審判の王座の前に立つとき   『レブ・ズシュヤよ   なぜあなたはモーゼのようでなかったのか?』   私がこのようにたずねられることはなく   『レブ・ズシュヤよ   なぜあなたはズシュヤのようでなかったのか?』   私がこのようにたずねられるでしょう。」   明らかに   我々の各々は我々の生活の織機の中で正義の布を織るための努力を   しなければならない。他の全てから離れて特別な生き物として我々各々作っている   唯一な方法で   所有や金もちの意味付けよりもずうっと偉大な意味付けを我々の   生活の各々に与えている方法で。   あなたの生命の価値を測るこのような方法は   あなたのユダヤ伝統の一部であり   ユダヤ人が保持している価値の一部である。   我々の各々は   可能な最上の「わたし」にする努力をすべきである。   それこそが   ユダヤ人が生命の価値を測る方法なのである。  

サムネイル

(お話です) 2 「タルムード」「命の大切さ」「慈善活動」「御皇室」

(お話です) 2  「ミシュナー・タルムード・ アヴォート篇」 「命の大切さと世界」 「慈善活動」 「御皇室」 「神宮」 「それはあたかも 全世界を救ったのと同じ」 It is as if he saved the Entire World ◎The Infinite Value of Each Human Life</色> from the Mishuna 一人の命を救う者は誰でも、それは彼があたかも全世界を救ったと同じである。 [ --- Mishuna Sanhedrin 4:5 ] タルムードに従うと、人間の命の無限の価値の証明は、神が最初に一人の人間、アダムだけを創造したことである。もしアダムが殺されていたならば、全ての人間は滅ぼされていた、そして反対に、彼が救われていたならば、全世界がそうなったであろう。 ユダヤ教の観点からは、各々の人が最高に重要であるということが多くを暗示する。その一つ、罪のない一人の人間を殺す人は、最終の罪を犯したことを意味する。さらに十人の人々を殺すことは、その罪の度合を増やすが、その激烈さを増やすものではない。この教えは、また社会的、政治的、そして経済的に同様な暗示をする。 Rabbi Irwin Kula が言っている: このタルムードの文章の光りの中に、各々の人間が、彼または彼女が無限の価値を持つかのように扱われるような世界をつくるために、我々が何を行なわなければならないか、それを我々は考え出す努力をしなければならない。実際に、一日に一ドルの食べものを欠くために人々が死ぬ時に、あらゆる人間が無限の価値があると言うことは、何の意味があるのであろうか? そのミシュナの中の同じ箇所が、アダムの創造から他の道徳的で論理的な学科を引き出すために、続けて書いている: from the Mishuna 人間の中での平和のために(ただ一人が最初に創造された)、それでひとりの人が彼の仲間に、「私の父はあなたの父よりも偉大であり...」と言うべきでない。 そしてまた神(聖なるお方、主よ祝福あれ)、の偉大さを示すために。人間が同じ鋳型で幾つかのコインを造るならば、それらは全て互いに同じ形である。しかし王の中の王である王(聖なるお方、主よ祝福あれ)は、全ての人間を最初の人間の鋳型で造った。そして、しかも彼らの一人は他の人と同一(identical)ではない。それゆえにあらゆる個人は、「私のために世界が創造された!」と言う義務がある。 [ --- Mishuna Sanhedrin 4:5 ]   悲しいかな、あらゆる個人の異なる型の一つの証明は、今日、主に犯罪学者たちに知られている。あらゆる人間は彼または彼女自身の指紋とオリジナルな面影を持っている:  When To Give, What To Give, How To Give ( Why Tzedaka Is Not Charity ) いつ与えるか、何を与えるか、いかにして与えるか (なぜツェダカは慈善とは違うのか) from The Torah もし、あなたの中の貧しい同胞がいるならば .... その貧しい同胞に対して、心をかたくなにせず、手を閉ざすことなく、彼に大きく手を開いて、必要とするものを十分に貸し与えなさい。 [ 申命記15:7-8 ] 慈善には8つの階級がある。各々はその次より高く、最も高い階級は、どれによっても越えることはできない。最高の慈善とは、貧しいユダヤ人に贈り物あるいはローンを与えることによって、あるいは彼を共同経営に参加させることによって、あるいは彼に仕事を見つけてあげるのを助けることによって、すなわち、他の人々の援助を分配することができる場所に彼を置くことによって、その貧しいユダヤ人を援助する人である。 [ --- Moses Maimonides,Mishuneh Torah, "Laws Concerning Gift to the Poor," 10:7 ] ユダヤ人の法律に従うと、慈善の最も高い形は、短期間であっても、それを必要としないことを保証することである。信頼おける慈善の継続は受取り人の勇気をくじく、という今日広く受け入れられていることを、マイモニデス(Moses Maimonides)は明白に直感していた。この理由で、彼が強調することは、貧しい人にローンを作り彼に仕事を見つけることである。

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.6.10. 11:15
視聴回数:14597回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: (お話です)   2   「ミシュナー・タルムード・   アヴォート篇」   「命の大切さと世界」   「慈善活動」   「御皇室」   「神宮」   「それはあたかも   全世界を救ったのと同じ」   It   is   as   if   he   saved   the   Entire   World   ◎The   Infinite   Value   of   Each   Human   Life</色>   from   the   Mishuna   一人の命を救う者は誰でも   それは彼があたかも全世界を救ったと同じである。   [   ---   Mishuna   Sanhedrin   4:5   ]   タルムードに従うと   人間の命の無限の価値の証明は   神が最初に一人の人間   アダムだけを創造したことである。もしアダムが殺されていたならば   全ての人間は滅ぼされていた   そして反対に   彼が救われていたならば   全世界がそうなったであろう。   ユダヤ教の観点からは   各々の人が最高に重要であるということが多くを暗示する。その一つ   罪のない一人の人間を殺す人は   最終の罪を犯したことを意味する。さらに十人の人々を殺すことは   その罪の度合を増やすが   その激烈さを増やすものではない。この教えは   また社会的   政治的   そして経済的に同様な暗示をする。   Rabbi   Irwin   Kula   が言っている:   このタルムードの文章の光りの中に   各々の人間が   彼または彼女が無限の価値を持つかのように扱われるような世界をつくるために   我々が何を行なわなければならないか   それを我々は考え出す努力をしなければならない。実際に   一日に一ドルの食べものを欠くために人々が死ぬ時に   あらゆる人間が無限の価値があると言うことは   何の意味があるのであろうか?   そのミシュナの中の同じ箇所が   アダムの創造から他の道徳的で論理的な学科を引き出すために   続けて書いている:   from   the   Mishuna   人間の中での平和のために(ただ一人が最初に創造された)   それでひとりの人が彼の仲間に   「私の父はあなたの父よりも偉大であり...」と言うべきでない。   そしてまた神(聖なるお方   主よ祝福あれ)   の偉大さを示すために。人間が同じ鋳型で幾つかのコインを造るならば   それらは全て互いに同じ形である。しかし王の中の王である王(聖なるお方   主よ祝福あれ)は   全ての人間を最初の人間の鋳型で造った。そして   しかも彼らの一人は他の人と同一(identical)ではない。それゆえにあらゆる個人は   「私のために世界が創造された!」と言う義務がある。   [   ---   Mishuna   Sanhedrin   4:5   ]   悲しいかな   あらゆる個人の異なる型の一つの証明は   今日   主に犯罪学者たちに知られている。あらゆる人間は彼または彼女自身の指紋とオリジナルな面影を持っている:   from   the   Shulhan   Arukh   600   000人のユダヤ人を一緒に見ている人は次の祝福を暗唱している。「祝福されよあなた     我々の神   宇宙の統治者   賢いお方   あらゆる人の最も内部の考えを知っている人(すなわち   各々の人間の唯一さを正しく評価する人)」   [   ---   Shulhan   Arukh   Orakh   Chayyim   224:5   ]   ユダヤ人の法律の標準の法典であるShulhan   Arukh   のこの観点は   直感に反している。ほとんどの人々は巨大な群衆を見る時に   彼らの反応は   現われている各々の人の個性に焦点を当てることよりもむしろ   それを一つの巨大な集団   群衆(a   mob)と見ることである。   タルムードは同様に   大きな集まりの真ん中にいる一人の人に   現われている各々の人の知的な区別を思い起こすよう警告している:   from   the   Talmud   各々の心(mind)は他の人のそれと違っている   ちょうど各々の顔が他の人のそれと違っているように。   [   ---   Babylonian   Talmud   Berakhot   58a   ]   ◎The   Many   Sides   of   Each   Individual   from   A   Hasidic   saying   どの人も二つのポケットを持たなければならない   彼の必要に応じて   彼が一方にあるいは他方に手を伸ばすことができるように。彼の右のポケットには   「私のために世界が創造された」という言葉があり   そして彼の左には   「私はごみであり灰である」   [   ---   A   Hasidic   saying   quoted   by   Martin   Buber   Ten   Rungs   page   106   ]   from   Yiddish   proverb   もし私が彼のようになる努力をするならば   いったい誰が私のようになろうとするであろうか?   [   ---   Yiddish   proverb   ]   ハシディックのラビ   Zusha(d.   1800)がよく言っていた:   私が死んで天の審判の前に来たときに   もし彼らが「   Zusha     なぜお前はアブラハムのように偉大ではなかったのか?」こう私に尋ねるならば   私は恐れないであろう。「私はアブラハムの知的な能力を持って生まれて来なかった」   と私は言うであろう。そして   もし     Zusha     なぜお前はモーゼのようではなかったのか?」   こう私に尋ねるならば   「私はモーゼの指導力の能力を持っていなかった」   と私は言うであろう。しかし彼らが     Zusha     なぜお前は   Zusha   のようではなかったのか?」   こう私に尋ねた時には   私はどんな答えも持っていないであろう。   ハシディックのラビ   Menachem   Mendel   of   Kotzk(d.   1859)はこう主張した。人の特性はあらゆる出会いにおいて光り輝いている   そして彼または彼女が話しているその人を喜ばすためという理由で彼の本質を決して変えるべきではない:   If   I   am   I   because   I   am   I   then   I   am   I   and   you   are   you.   But   if   Iam   I   because   you   are   you   and   you   are   you   because   I   am   I   then   I   am   not   I   and   you   are   not   you.   もし私が私であるゆえに私が私であるならば   私は私でありそしてあなたはあなたである。しかし   もしあなたがあなたであるゆえに私が私であり   そして   私が私であるゆえにあなたがあなたであるならば   私は私ではなくそしてあなたはあなたではない。   When   To   Give   What   To   Give   How   To   Give   (   Why   Tzedaka   Is   Not   Charity   )   いつ与えるか   何を与えるか   いかにして与えるか   (なぜツェダカは慈善とは違うのか)   from   The   Torah   もし   あなたの中の貧しい同胞がいるならば   ....   その貧しい同胞に対して   心をかたくなにせず   手を閉ざすことなく   彼に大きく手を開いて   必要とするものを十分に貸し与えなさい。   [   申命記15:7-8   ]   慈善には8つの階級がある。各々はその次より高く   最も高い階級は   どれによっても越えることはできない。最高の慈善とは   貧しいユダヤ人に贈り物あるいはローンを与えることによって   あるいは彼を共同経営に参加させることによって   あるいは彼に仕事を見つけてあげるのを助けることによって   すなわち   他の人々の援助を分配することができる場所に彼を置くことによって   その貧しいユダヤ人を援助する人である。   [   ---   Moses   Maimonides   Mishuneh   Torah   "Laws   Concerning   Gift   to   the   Poor   "   10:7   ]   ユダヤ人の法律に従うと   慈善の最も高い形は   短期間であっても   それを必要としないことを保証することである。信頼おける慈善の継続は受取り人の勇気をくじく   という今日広く受け入れられていることを   マイモニデス(Moses   Maimonides)は明白に直感していた。この理由で   彼が強調することは   貧しい人にローンを作り彼に仕事を見つけることである。   from   The   Torah   もし同胞が貧しく   自分で生計を立てることができないときは   (文字通りには   「そして彼の手が落ちる」ときは)   寄留者ないし滞在者を助けるように   その人を助け   あなたはその人からローンの金利を取ってはならない   [   レビ記25:35-37   ]   「そして彼の手が落ちる」という語句に関して   あるラビの注解では   人は彼をひどい貧乏に落とすことを許してはならない   と教えているこの命令は   ロバの背に重い荷物の話に類似して説明されよう。ロバが立っている限りは   一人の人が   ロバを押さえてそして荷を乗せる。しかしロバが倒れてしまうと   五人の人ですら   ロバを起き上がらすことができない。   [   ---   Sifra   Leviticus   on   25:35-38   ]   この命令   「あなたはその人からローン金利を取ってはならない   ....」に関して   聖書の法律は   実際に   「全て」のローンの金利をとることを禁止している。しかし古代のユダヤ人の生活が   独占的な農耕経済から   農業と結合した経済   小さな事業に拡張した時に   事業の利益を分配することによって   貸し手に金利を稼ぐことを許した法律「合法的なfiction」をラビたちは制定した。   私はこれを「合法的なfiction」と呼び   そして通常の投資とは呼ばない。なぜならば   貸し手は   その事業が利益を出そうが出すまいが   彼の設定した割合を「稼ぐ」からである。   しかしこの法律条項は事業の利益だけに適用している。今日までユダヤ人は   必需品を買うための人にまで拡張されたローンに関しては   どんな金利を集めることも禁止されている。ユダヤ人の共同社会は   歴史を通してずっと   貧乏人に金利無しのローンを拡張するために   (貧乏人とは   繁栄を続けることを避けることに努力している人々)「Free-Loan   Societies」(ヘブライ語の”Gemakh”として知られている)を設立してきている。   あらゆる人の必要が   ローンや仕事の提供で満足されるわけではないので   ユダヤ人の伝統では   慈善に関連して二つの別個の提言をしている。貧乏の危機にある人々には   繁栄に変わるためにあらゆる可能性の選択を試みるように主張   そして莫大な財産を所有している人々には   寛大さを主張している。   The   Jewish   Message   To   The   Poor   貧乏の人々へのユダヤ教の教え   from   The   Talmud   通りにある動物の死体の皮をはいで   そして賃金を稼ぎなさい。そして「(私を援助してくれ)   私は偉大な賢者であって   この仕事は私には品位を落とす」   と言わないように。   [   ---   Babylonian   Talmud   Bava   Bathra   110a   ]   あなたの安息日(の食事)を平日(の質素な食事)のようにしなさい   そして他人に援助を求めないように。   [   ---   Babylonian   Talmud   Bava   Bathra   118a   ]   いくつかのラビの書物は   貧乏人に対して難かしい論理的議論を創造した。一方で   どんな選択もないときには   彼らに慈善を受け入れるように命令している。他方で   できるだけ長くその日を遅らす人々を称賛している。   老人   病人   あるいは非常に苦しんでいる個人のような慈善を受けることなしには生き残ることができない人で   しかも助けを頑固に拒む人は誰でも   自分を殺すという罪になる   ...   しかし慈善を必要としているが   それを取るのを遅らせて   そして共同社会に面倒をかけないように貧しく暮らす人は   他人のために支給するように生活しなさい。   [   ---   Rabbi   Jpseph   Karo(1488-1575)   Shulkhan   Arukh(The   Code   of   Jewish   Law)   Yoreh   Deah   255:2   ]   19世紀の   Vilna     ある裕福な男が彼の全ての財産を失った。彼は貧乏であることを大変に恥じて   彼の立場を誰にも知らせなかった   そして実際に栄養不良で死んでしまった。Rabbi   Israel   Salanter   (1810-1883)が恥じた町の人々を慰めた。「その男は飢えで死んでしまった   しかし自尊心が過渡であった。もし彼が自発的に助けを他人に求めて   そして彼の立場を打ち明けていたならば   彼は餓死することはなかったであろう。」   [   ---   Based   on   Shmuel   Himelstein   Words   of   Wit   page   169   ]   慈善を受け取る人が   自分自身を乞食以上に価値がないとして見ることを妨げるために   ラビは注目すべき法律を制定した。   慈善で生き残っている貧乏人でさえも   慈善を与えるべきである。   [   ---   Babylonian   Talmud   Gittin   7b   ]   Back   to   this   page   top   The   Imperative   To   Respond:   Judaism's   Message   To   Everyone   Except   The   Poor.   応答すべき命令:貧乏の人々を除いたあらゆる人へのユダヤ教の教えユダヤ人の法律は   成功した市民が慈善を与えない理由で   貧乏の人々に向けた教えを引用することを意図していないし   あるいは   その教えを使うことで   物乞いに屈辱を与えることを意図していない。(例えば   「なぜあなたは町で動物の皮をはぎに行かないのか?」といった屈辱   など)   もし金持ちが貧乏人にこう言うならば:なぜあなたは出ていって仕事を見つけに行かないのか?あれらのものを見よ!   あれらの両足を見よ!   あの腹を見よ!   あの筋肉を見よ!その時   主なる神がその金持ちに言うであろう:あなたが彼にあなたのものを何も与えていないということで   あなたにとって十分ではないのか?あなたは   わたしが彼に与えたところのものを   また   ねたまなければならないのか?   [   ---   Leviticus   Rabbah   34:7   ]   ユダヤ人の教科書が   金持ちの人々に向けている時は   それらのメセージは貧乏の人々への教えとは全く違っている:   慈善は   他の全ての戒律を結合したものに   重要さにおいて等しい。   [   ---   Babylonian   Talmud   Bava   Bathra   9a   ]   内密に慈善を与える人は   モーゼよりも偉大である。   [   ---   Babylonian   Talmud   Bava   Bathra   9b   ]   しかしながら   英国のユダヤ人作家   Chaim   Bermant   が皮肉を言った   この種の偉大さは   「ユダヤ人がめったに熱望しないところの一つである。」   マイモニデスに従うと   匿名の寄付は慈善の第2番目に高いランクである。(寄付する側と受け取る側が互いに知らない   すなわち第三者あるいは慈善の組織を含む)私の祖父   Rabbi   Nissan   Telushkin   の聖なる記憶であるが:     貧しくなったあるラビの学生に対して生計の金が必要となった。祖父は   他のラビたちに彼への請願を呼びかけた   しかし受取人の身元を漏らすかもしれない全ての情報は隠した。Cincinnati   のある男   Rabbi   Eliezer   Silver   が祖父に金額欄が空白のままのサインのあるチェックを送ってきた。それにはこう書いてあった   「あなたは受取人の環境と身元を全体的によく知っている人であるので   あなたのみが   記入されるべきた正しい合計を知っているのです。」   マイモニデスが最も低いレベルとして   慈善の8番目のレベルと指摘したのは   人々がしばしば驚嘆する   「気難しく与える人」である。   (Mishuneh   Torah   "Laws   Concerning   Gifts   to   the   Poor   "   10:14)   もちろん   少しも与えないよりはいやいやなでも与える方がまだよいが。理想的には   人は喜んで与えるように熱望すべきである。数年前に   United   Jewish   Appeal   キャンペーンスローガンが勇気付けていた。「それが不都合とならないまで与えなさい!」   Leover   として知られているあるハシディックのラビが   こう教えた。もし人があなたに助けを求めにやって来た時に   「神があなたを助けるでしょう」   とあなたが彼に告げるならば   あなたは神に不信義な行ないをしている。なぜならば   神はあなたに貧乏な人を助けるように送ってきたのであり   その貧乏な人を全能なる神に追い返えさないように   とあなたは理解すべきである。   [   ---   Based   on   Lionel   Blue   with   Jonathan   Magonet   The   Blue   Guide   to   the   Here   and   Hereafter   page   168   ]   Nikolsberg     Rabbi   Shmelke   (d.1778)   が言った:   貧乏人があなたに助けを求めにやって来る時は   彼を助けないための口実として   彼の欠陥を使ってはいけない。なぜならば   その時は   神はあなたの罪を探すであろう   そして神は多くを見つけるに違いない。   Arthur   Kurzweil   は言っている:   この引用は   金を求めている酒飲み人を扱っている時に   何らかの助けとなる。「彼は酒にそれを使うだけだ」   という理由で私が彼に金を拒むことは   助けにはならない。   [   ---   The   Treatment   of   Beggars   According   to   Jewish   Tradition   page   110   ]   乞食の問題に関しては   何が道徳的に正しいか私は知らない   と告白する。   この問題の議論に関して   ほとんど全ての慈善的な組織そして社会のために働く人はコメントした:乞食に与えることは   乞食に対しても   そして継続的に世話する所に対しても   結局は悪い。多くの数の乞食によって洪水のようになった時   私は自分の行動に一貫性がないのを見ている。(私が住むNew   York   City   の歩行者は   一日に20回以上もしつこくせがまれる)私がいつ誰に与えるかを決定する明白な理論的な解釈なしに   私はある人には与え   他の人には通り過ぎる。   私がただ知っていることは   「わたしはずっと食べていない   わたしは腹ぺこだ」   と誰かが言う時に   歩き去るのが難しいと私が見ていることである。もし人が(いくらかの)慈善を与えることを避けるために彼の目を閉じるならば   それはあたかも彼が偶像崇拝の罪を犯している。   [   ---   Babylonian   Talmud   Ketubot   68a   ]   けちくさいことと偶像崇拝との間の見たところこじつけの関係は   近代のタルムード学士   Rabbi   Adin   Steinsalz   によって解説されている:   彼の金が   神から来ているということを知っている人は   彼の金から貧乏人に与えるであろう。しかし貧乏人に与えない人は   彼自身の力(そして知恵)が単独に彼の持っている全てに責任があると明白に信じている。彼が彼自身をあらゆるものの排他的な源泉であるとして断定する限りにおいて   これは偶像崇拝の一つの形である。   [   ---   Commentary   on   Ketubot   page   302;   Hebrew   edition   of   Steinsalz   Talmud   ]   主要な現代ラビの名士である   Rabbi   Israel   Meir   Ha-Kohen   Kagan   (1838-1933)   彼はthe   Haffetz   Hayyim   として知られている人   彼はこのタルムードの格言を聖書の句に結び付けている:「あなたは   あなた自身のために銀の神   金の神を造ってはいけない(出エジプト記20:20)」   すなわち金や銀を神にしてはいけない。(Ahavat   Chesed   Chapter   10)   ラビたちの観点では   偶像崇拝のローマ社会の破滅的な特徴の一つは   芸術の美的に先進的ではあるが   貧乏人に対する残酷な無関心にあった。ある賢者の報告にある。Rabbi   Joshua   ben   Levi   がローマに行った時に   彼は   布で覆われた大理石の寝台を見た。暑さからひび割れせずに   寒さから凍らないように。彼はまた   ある貧乏人が下にわらのマットだけ   上にわらのマットだけ   であるのを見た。   [   ---   Pesikta   de-Rav   Kahana   9:1   ]   我々は   イスラエルの貧乏人と一緒に生活している非ユダヤ人の貧乏人を支援する。   [   ---   Babylonian   Talmud   Gitten   61a   ]   back   to   this   page   top   ◎Steady   Giving   習慣的な寄付   from   the   Shulkhan   Arukh   祈りの前に慈善を与えることは良いことである。   [   ---   Shulkhan   Arukh   Orakh   Chayim   92:10   ]   今日最も伝統的なシナゴークでは   ウィークデイの朝の祈りのサービスの間   (安息日や祝日には金を扱うことが禁止されている)小さな「プシュケ(慈善箱)」が回される   そして人々は貢献することが期待されている   たとえただ僅かな金額であっても。   ふさわしい一人に千の金貨を与える人よりは   それぞれがふさわしい理由のある千の異なった機会に千の金貨を与える人の方が   寛大である。   [   ---   Anoymous;   sixteenth   century   Orhot   Zaddikim   (The   Ways   of   the   Righteous)   ]   その著者はこう仮定しているものと私は信じている:散発的   衝動的よりは   むしろ習慣的に寄付する行為が人をより寛大になるために慣らす。それがすなわち   安息日に入る直前の毎金曜日の午後に   子供たちに慈善箱の中に金を入れるように習慣とし続けている理由である。これは   今でも多くのユダヤ人によって守られている。   from   the   Talmud   断食の長所は(分配された)慈善である。   [   ---   Babylonian   Talmud   Berakhot   6b   ]   このタルムードの注釈として   中世の学士   the   Maharasha   は説明している:断食の前には   人々は彼らが食べないことによって節約した分の金を慈善として分配する習慣があった(Babylonian   Talmud   Sunhedrin   35a)。不幸にして   この美しい習慣はほとんど全ての現代のユダヤ人に知られていない。それは復興すべきである。   back   to   this   page   top   ◎How   Much   Charity   Should   A   Person   Give?   一人がいくらの慈善を与えるべきか?理想的には   人は彼または彼女の収入の10パーセントを最小として寄付すべきである   ユダヤ人の法律では下限と同様に上限を置いているけれども。寄付をしたい人は(一般的に)彼の収入の五分の一以上を与えるべきではない   さもなければ彼が慈善を必要とするようになるからである。   [   ---   Babylonian   Talmud   Ketubot   50a   ]   修道僧の命令を引受る貧困の誓いによって集約されているように   初期のクリスチャンの貧乏の理想化に対して   タルムード法律は対象的にそれ応答している。ラビたちは貧乏を呪いとして見ていた:   この世には貧乏以上に耐えることが難しいものは他になにもない。なぜならば   貧乏によって潰された人はこの世のもめごとの全てがくっついて離れない人のようである...。我々のラビは言った   「もし   この世の全ての苦難と痛みが(天秤の一方に)集められ   貧乏が他の側に集められたならば   貧乏の方がより重いであろう」   [   ---   Exodus   Rabbah   31:14;   →この本の第61章を見よ   ]   このように   もしそれが正直な方法においては   財産のある人は適切な量の慈善を与える限りは   ユダヤ人の法律は富の蓄積を何か悪いこととは決して見ていない。   慈善の最低額と最高額を設定する場合   その心理学的な知恵は二つの部分からなる:   一つは   彼らがそれ以上を与えるようにと人々を勇気づける。(彼らの収入の2から3パーセントを慈善に与える人は   普通   彼ら自身気前が良いと考えている   と私は見ている)もう一つは   必要な額を寄付した敏感な人々に   彼らの所有を罪なしで楽しむことを可能にする。   ◎But   Aren't   Many   Beggars   Fakers   ?   しかし多くの乞食たちのほとんどは大ぼら吹きであると主張して   乞食に金を与えない人々(おそらく我々を含めて)を我々はみな知っている。ユダヤ人の史料は   この議論をいかに扱っているであろうか?   from   the   Talmud   ラビ・ハニナは貧しい人を知っていた。毎回きちんと   安息日の前に   彼に4ズジームの金銭を送っていた。ある日   ラビ・ハニナが妻を介してその金額を送った。彼女は帰ってきた   そしてその男はそれをもらう必要はないとラビ・ハニナに言った。(ラビ・ハニナは妻に尋ねた)お前は何を見たのか?(彼女は答えた)私は   彼がこう質問されていたのを聞いたのです:「あなたの安息日の食事は   銀色の食卓ですか   あるいは金色の食卓ですか?」(ラビ・ハニナは彼女に答えた)Rabbi   Elazar   ben   Pedat   が言ったのはそんな場合のためである:   「我々は   貧乏人の中に不正直な者たちがいるのをありがたく思うべきである。   もし彼らがそうでなければ   (あらゆる乞食の現われに応答していない)我々は   毎日罪を犯していることになるのだから。」   [   ---   Babylonian   Talmud   Ketubot   68a   ]   このアプローチは   あるハシディックなラビによって補強されている。Rabbi   Chaim   of   Sanz   (d.   1786)   は言った:慈善の長所は偉大なので   私は百人の乞食に喜んで慈善を与える   たとえ実際に必要としているのがその中のたった一人であっても。しかし何人かの人々は   一人がにせものだという事実をもって   百人の乞食に慈善を与えることを拒むように行動している。Rabbi   Chaim   の誇大な声明にもかかわらず   ラビたちは   裕福なごまかしの乞食を   彼らの盗癖のゆえに   そしてある人々に慈善を与えることを遠ざけているゆえに   軽蔑した。命令によって大ぼら吹きな乞食たちを消し去ることは不可能であったので   ラビたちは彼らの嘘を真実に変えるために天国に熱望した:我々のラビは教えた。もし人がめくら   膨れた腹   あるいは縮んだ足を持っているふりをしているならば   彼は   実際にそんな状態になる前にこの世を去ることはないであろう。   慈善を受け取る人が   それを必要としない人ならば   彼の終わりはこうなる:   「実際にそんな状態(慈善を受け取る必要のある人)になる前にこの世を去ることはない」   [   ---   Babylonian   Talmud   Ketubot   68a   ]   from   the   Talmud   タルムードは教えている   人は一人の乞食に多額を与える必要はないけれども   少なくとも少額を与える努力をすべきである。マイモニデスは規定した   人が全く何も与えないならば   人は少なくとも楽しい挨拶を広げるべきである。   これは重要な与えられたガイドラインのように見える。我々の多くが   大きな都市に溢れている乞食たちに冷たく向っている。   ある貧乏人が   「私に着物を与えてくれ」と言う時   彼は調査されるべきである(彼にだまされないように)。ある貧乏人が   「私に食べものを与えてくれ」と言う時は   彼は調査されるべきではない(すぐに食事を与えなさい   調査中に餓え死にしないように)。   [   ---   Babylonian   Talmud   Bava   Bathra   9a   ]     Kovno   の町に一人の乞食がやって来た   そして住民から多額の金を集めた。その町の人々はすぐに彼が詐欺師であることを発見した。彼は実際に裕福な男であった。町の評議会は   Kovno   の町に乞食がお金を集めにやってくるのを禁じる条例を作りたかった。Kovno   のラビ   Rabbi   Yitzchak   Elchanan   Specter   (1817-1896)   がその提案された条例について聞いた時   彼は評議会の前に来て話す許しを求めた。彼は言った   「誰があなた方をだましたのですか。金を必要としている人ですか   裕福な人ですか?それは貧乏のふりをした裕福な人であったのです。もしあなた方が条例を作りたいならば   義援金を集めるのを禁ずるのは   金を必要としている乞食ではなく   裕福な人たちを禁じるべきです。」   [   ---   Irving   Bunim   Ethics   from   Sinai   Vol.3   page   121   ]   ◎Isn't   It   God's   Will   That   The   Poor   Be   Poor   ?   貧乏人が貧しいのは神の意志なのか?   from   the   Talmud   タルムード時代のラビは   貧乏人の苦しみは神の意志であるに違いない   という今ではめったに引用されない議論をしばしばさせられた。事実   ある有名なローマの高官によって   タルムードの偉大な賢者に提出された議論がある。   Rabbi   Meir   は言ったものだ。あるユダヤ教への批判家が   あなたに対して議論をしかけてくるかもしれない   「もしあなたの神が貧乏人たちを愛しているならば   なぜ神は彼らを支援しないのか?」彼に言いなさい   「貧乏人たちを通して   我々が死んだ後に我々が罪から救われるためである。」実際に   Turnusrufus(ユダの地のローマの高官)によって   ラビに出された質問。「もしあなたの神が貧乏人たちを愛しているならば   なぜ神は彼らを支援しないのか?」ラビは答えた   「貧乏人たちを通して   我々が死んだ後に我々が罪から救われるためである。」Turnusrufusは言った   「いや   ちょうど反対に   これゆえに   あなたが死んだ後にあなたは罪を追求される。私はたとえ話を通してあなたにそれを証明しよう。これを想像しなさい。ある意地の悪い王様が   彼の召し使いに怒って   彼をろうやに閉じ込めた。そして彼に食べ物も飲み物も与えないように命令した。そしてある男がやって来て   彼に食べ物と飲み物を与えた。もしその王様が聞いたならば   はたして彼はその男を怒らないであろうか?」   ラビは彼に答えた   「私はたとえ話を通してあなたに答えよう。これを想像しなさい。ある意地の悪い王様が彼の息子に怒って   彼をろうやに閉じ込めた。そして彼に食べ物も飲み物も与えないように命令した。そしてある男がやって来て   彼に食べ物と飲み物を与えた。もしその王様が聞いたならば   はたして彼はその男に褒美をあげないであろうか?」   [   ---   Babylonian   Talmud   Bava   10a   ]   ラビは   Turnusrufus   がいう貧乏は神からの罰であるという議論を受け入れたように見えるけれども   貧乏の人々は神の子供たちであり   そしてそれに従って扱われる権利を与える   と彼は主張し続けている。最も重要なことは   貧乏人への我々の助けを神が喜ぶと主張していることである。加えて   神の子供たちであることは   貧しい人々を食べ物   飲み物   お金だけでなく   同様に   恥をかかせないですませる権利を与える。   ◎Guarding   The   Dignity   Of   The   Poor   貧しい人の自尊心は幾つかの方法で安全に守られる。   1.   貧乏のある数量は避けられない   ということをあらゆる人に思い起こすことによって   自尊心は守られる。   私が命令したあなた方の土地に   貧乏人が絶えることは決してないであろう   だから   貧乏人に対してあなた方の手を開きなさい。   [   申命記   15:7-8   ]   2.   金持ちの人々が   慈善を通して神の命令を果たすために   個人的な「必要」を持っている   ということを教えることによって   自尊心は守られる。   Rabbi   Joshua   ben   Hananiah   は言った:金持ちが(慈善を与えることによって)   貧乏人のためにするよりも   貧乏人が(慈善を受け取ることによって)   金持ちのために多くする。   [   ---   Leviticus   Rabbah   34:11   ]   Rabbi   Joshua   の教えは   ユダヤの民間伝承である「shnorrer(乞食)」のイメージを創造することを助けた。(Sigmunt   Freud   が引用した   Jokes   and   Their   Relationship   to   the   Uncinscious     多くのジョークの中で   「shnorrer(乞食)」は恥じるべきで服従的であるよりも   むしろ誇るべきそして肯定的である。乞食は寄付する人の金に「権利がある」と感じている   なぜならば   彼は寄付する人に「戒律」を実行するための機会を与えることで大きな好意をしている。一つの意味深い話ある:   「shnorrer(乞食)」が毎週ある男から決まった寄付を受け取る習慣があった。ある日   彼は金を求めてやって来る時   その男は彼に何も与えることができないと言う。「私は最近恐ろしく出費をしてしまった。私の妻がたいへんな病気になり   そして私は彼女をCarlsbadの健康保養地に送った。そこはとても寒かったので   私は彼女に新しい衣服と毛皮のコートを買ってしまったのだ。」「何と!」   その乞食は叫んだ。「私の金で?」   3.   裕福な人々の現在の経済状態が劇的に変化する   ということを彼らに印象付けることによって   自尊心は守られる。Rabbi   Hiyya   は彼の妻に忠告した   「貧しい人が玄関に来るならば   素早く彼に食べ物を与えなさい   その同じことがあなたの子供たちになされるように」彼女は絶叫した   「あなたは子供たちを呪うのですか(彼らが乞食なるように暗示して)」しかしRabbi   Hiyya   は答えた   「この世界は回転している車輪である」   [   ---   Babylonian   Talmud   Shabbat   151b   ]   人は   生活は回転している車輪のようであり   最後には彼あるいは彼の子供あるいは彼の孫たちが慈善をもらうように変えられるかもしれない   という事実を深く考えるべきである。それゆえ彼は「貧乏人に与えることによって   いったい私がどれほど私の富を減らすことになるのか?」と考えるべきではない。そうでなく   彼の富が彼自身のものではなく   預金者(神)の意志としての信用として彼に預金されただけであるのだ   と理解すべきである。   [   ---   Abridged   Code   of   Jewish   Law   by   Rabbi   Solomon   Ganzfried   (1804-1886)   34:1   ]   ある正直な男   Reuben     Shimon   に金を貸してくれるように求めた。ためらいもなく   Shimon   はローンを与えた   しかしこう言った   「私は実際にこれを贈り物としてあなたに与える」Reuben   はたいへん恥じて   そして当惑させられた。それで彼は決してShimon   に再びローンを求めることはなかった。明らかに   この場合は   Reuben   にその種の贈り物を与えないほうが良かったであろう。   [   ---   Judah   the   Pious   Sefer   Hasidim   (the   thirteenth-century   Book   of   the   Pious)   paragraph   1691   ]   疑いもなく善意であるけれども   Shimon   の振る舞いは受け取り手に屈辱を与えた   彼がもはや平等でなく   より低い社会レベルの乞食であるという感じを与えることによって。このエピソードは私にこうした評論を思い起こす:昔   ラビがある大博愛主義者を論評をした   「彼は   本当に良い人間であるように   あまりにも多くの慈善を与えるのが好きである」すなわち   彼は与えることで慈善を受けている他の人々から   あまりにも多くの満足を引き出している。   ◎Subtlety   In   Giving   与えるときの敏感さ   著名な20世紀の正当派の賢者   Rabbi   Aharin   Kotler   彼は自分の振る舞いが注意深い調査にさらされたのを知っていた。昔   彼がシナゴーグに入ってゆき   そして再び出てきた時に   彼が同じ乞食にお金を与えているのを観察された。なぜ彼が同じ男に二度与えたのかと質問された時に   Kotlerは答えた   「自分がその貧乏人を見過ごしている   と誰かが見ていて   その男が援助される価値がないと判断するかもしれないことを恐れた」   ◎If   All   Else   Fails:   Pragmatic   Reasons   For   Giving   Charity   慈善を与えるための実用本位な理由   慈善は死から救う。[   ---   箴言   10:2   ]   ほとんどのユダヤの文献はこのことを   慈善は寄付する人を早い死から救うという意味であると理解している。多分この句は文字どおりに   慈善は受取人を救う   と翻訳されるべきである。   ある人が   「私はこのコインを慈善に与えている   私の子供が生きるように」   あるいは「次の世界の中に私がそれを作るように」   と言うならば   彼は完全に正当であると認められる(彼の自己本位な動機であるにもかかわらず)。   [   ---   Babylonian   Talmud   Pesachim   8a-b   ]   Something   Greater   Than   Charity:   Gemilut   Chesed   Acts   Of   Loving-kindness   慈善よりも偉大なこと:Gemilut   Chesed   愛のある親切な行動   from   the   Talmud   我々のラビは教えた:「愛のある親切な行動(Gemilut   Chesed)」は3つの方法で慈善よりも偉大である。慈善は   人の金でなされる   一方   「愛のある親切な行動」は   人の金でなされるか   あるいは   人自身でなされる。(例えば   病人に時間を費やすこと)慈善は   貧乏人のみに与えられる   一方   「愛のある親切な行動」は   貧乏人と金持ちの両方に与えられる。(例えば   喪中あるいは気のふさがった人を慰めること)慈善は   生きている人にのみ与えられる   一方   「愛のある親切な行動」は   生きている人と死んだ人の両方に与えられる。(例えば   貧しく死んだ人に対して正しい埋葬を整えることによって)   [   ---   Babylonian   Talmud   Sukkot   49b   ]   ラビは   神を   愛のある親切な行動の原形の模範であると考えた。トーラ自体が   人々に主の道を歩くように命令している。   (申命記13:5)   神が裸の人に衣服を着せた----それゆえ   あなたもまた裸の人に衣服を着せるべきである。「そして主はアダムと彼の妻のために皮の衣服を作った   そして彼らに着せた」   (創世記3:21)   神が病人を訪問した----それゆえ   あなたもまた病人を訪問すべきである。「主はマムレのテレピンの木のそばで   (アブラハムに)現われた」   (創世記18:1   これはアブラハムが90才で割礼をしてすぐ後であった)   神が死人を埋葬した----それゆえ   あなたもまた病人を埋葬すべきである。「主はモアブの谷で(モーゼを)埋葬した」   (申命記34:6)   神が喪中の人を慰めた----それゆえ   あなたもまた喪中の人を慰めるべきである。「そしてアブラハムの死んだ後   主は彼の息子イサクを祝福した」   (創世記25:11)   [   ---   Babylonian   Talmud   Sotah   14a]   そのラビは   卓越と同等に   死人の埋葬を「愛のある親切な行動」として見た   なぜならば   「受取人」である死人に   必然的にその良い行動の見帰りを支払うどんな希望もないからである。実際   Haffetz   Hayyim   は「愛のある親切な行動(Gemilut   Chesed)」を   「人が見帰りとして何も得ないで   他人のために行なう良い行為」として定義した。   ◎A   Final   Thought   一つの最終的な思想   人は   物質的なもの以上に精神的に関係を持つべきである   しかし他の人の物質的な繁栄は   その彼自身の精神的な関心事である。   [   ---   Rabbi   Israel   Salanter   (1810-1883)   founder   of   the   Mussar   movement   a   movement   that   put   particular   emphasis   on   ethical   self-improvement   ]   ロシアの宗教的   な理想主義者   Nikolai   Berdyaev   (1874-1948)   はより詩的に同じ考えを表した。私自身のためのパンの質問は   物質的な質問である。しかし私の隣人のためのパンの質問は   精神的な質問である。  

サムネイル

2009年元旦・経営者モーニングセミナー会員スピーチ:丸山弘、県会長

2009年元旦・郡山中央倫理法人会、 経営者モーニングセミナー会員スピーチ:丸山弘、県会長 元旦営業には賛否両論がある 合わせるところに倫理の価値があると思う http://plaza.rakuten.co.jp/2008901/diary/200901010000/

投稿者:サイト名 fcr2008
投稿日時:2009.1.1. 22:16
視聴回数:907回
お気に入り登録:0
カテゴリ: ビジネス全般    
タグ: 郡山中央倫理法人会   経営者モーニングセミナー  

01