PeeVee.TV
   

  ログイン

ホーム 新規ユーザー登録

新着動画一覧

01

サムネイル

合唱組曲 島よ (朗読) (お話です) 「ユダヤ教について」「ミシュナー・タルムード・アヴォート編」

合唱組曲 島よ (朗読) (お話です) 「ユダヤ教について」「ミシュナー・タルムード・アヴォート編」 モーゼはシナイ山でトーラを受け、そしてヨシュアにそれを伝え;ヨシュアは長老たちに;長老たちは預言者たちに;預言者たちは偉大な集団の人々に。 [ Avot 1:1 ] モーゼはシナイ山でトーラを受け、そしてヨシュアにそれを伝え;ヨシュアは長老たちに;長老たちは預言者たちに;預言者たちは偉大な集団の人々に。 [ Avot 1:1 ] ◎A ladder in time 共同社会はどんな一人の個人よりも偉大である、なぜならば共同社会は全てを支えているからである。アインシュタインは、彼が住む共同社会の有名でもない農民に、彼のパンを頼っていた。 これはユダヤ人の共同社会では特に真実である、なぜならばメンバーは特別な方法で考えるからである。我々は、ある一つの特別なシナゴーグのメンバーである人々のグループだけではない、この町、あの町に住む人々のグループである。我々は、この国に住んでいるユダヤ人だけではない、世界中の違った国々に住んでいるユダヤ人でさえある。我々は時間において共同社会にいる。そして我々が築いている梯子は時間における梯子である梯子の基礎はアブラハムであり、そのすぐ上の横木はサラ、イサク、リベカ、ヤコブ、レア、そしてラケルであり、それから時間において我々の先生のモーゼがいる。梯子そのものはアボットの最初の章にある最初の句にさかのぼる: モーゼはシナイ山でトーラを受け、そしてヨシュアにそれを伝え;ヨシュアは長老たちに;長老たちは預言者たちに;預言者たちは偉大な集団の人々に。 [ Avot 1:1 ] 梯子(はしご)が最後の日に到達するかどうかは、我々の忍耐と熱心に従属する。我々は梯子の頂上に生まれているのではない。我々は横木を一つ一つ登らなければなりません。学びながら研究しながら、働きながら努力しながら、我々が時間において我々の位置に到達するまで、そしてその時に、我々の子供たちに世襲財産を継続し引き渡して。

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.7.13. 15:38
視聴回数:651回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: 合唱組曲   島よ   (朗読)   (お話です)   「ユダヤ教について」「ミシュナー・タルムード・アヴォート編」   モーゼはシナイ山でトーラを受け   そしてヨシュアにそれを伝え;ヨシュアは長老たちに;長老たちは預言者たちに;預言者たちは偉大な集団の人々に。   [   Avot   1:1   ]   モーゼはシナイ山でトーラを受け   そしてヨシュアにそれを伝え;ヨシュアは長老たちに;長老たちは預言者たちに;預言者たちは偉大な集団の人々に。   [   Avot   1:1   ]   ◎A   ladder   in   time   共同社会はどんな一人の個人よりも偉大である   なぜならば共同社会は全てを支えているからである。アインシュタインは   彼が住む共同社会の有名でもない農民に   彼のパンを頼っていた。   これはユダヤ人の共同社会では特に真実である   なぜならばメンバーは特別な方法で考えるからである。我々は   ある一つの特別なシナゴーグのメンバーである人々のグループだけではない   この町   あの町に住む人々のグループである。我々は   この国に住んでいるユダヤ人だけではない   世界中の違った国々に住んでいるユダヤ人でさえある。我々は時間において共同社会にいる。そして我々が築いている梯子は時間における梯子である梯子の基礎はアブラハムであり   そのすぐ上の横木はサラ   イサク   リベカ   ヤコブ   レア   そしてラケルであり   それから時間において我々の先生のモーゼがいる。梯子そのものはアボットの最初の章にある最初の句にさかのぼる:   モーゼはシナイ山でトーラを受け   そしてヨシュアにそれを伝え;ヨシュアは長老たちに;長老たちは預言者たちに;預言者たちは偉大な集団の人々に。   [   Avot   1:1   ]   梯子(はしご)が最後の日に到達するかどうかは   我々の忍耐と熱心に従属する。我々は梯子の頂上に生まれているのではない。我々は横木を一つ一つ登らなければなりません。学びながら研究しながら   働きながら努力しながら   我々が時間において我々の位置に到達するまで   そしてその時に   我々の子供たちに世襲財産を継続し引き渡して。  

サムネイル

合唱組曲 島よ (朗読) (お話です) 「ユダヤ教について」「ミシュナー・タルムード・アヴォート編」

合唱組曲 島よ (朗読) (お話です) 「ユダヤ教について」「ミシュナー・タルムード・アヴォート編」 モーゼはシナイ山でトーラを受け、そしてヨシュアにそれを伝え;ヨシュアは長老たちに;長老たちは預言者たちに;預言者たちは偉大な集団の人々に。 [ Avot 1:1 ] モーゼはシナイ山でトーラを受け、そしてヨシュアにそれを伝え;ヨシュアは長老たちに;長老たちは預言者たちに;預言者たちは偉大な集団の人々に。 [ Avot 1:1 ] ◎A ladder in time 共同社会はどんな一人の個人よりも偉大である、なぜならば共同社会は全てを支えているからである。アインシュタインは、彼が住む共同社会の有名でもない農民に、彼のパンを頼っていた。 これはユダヤ人の共同社会では特に真実である、なぜならばメンバーは特別な方法で考えるからである。我々は、ある一つの特別なシナゴーグのメンバーである人々のグループだけではない、この町、あの町に住む人々のグループである。我々は、この国に住んでいるユダヤ人だけではない、世界中の違った国々に住んでいるユダヤ人でさえある。我々は時間において共同社会にいる。そして我々が築いている梯子は時間における梯子である梯子の基礎はアブラハムであり、そのすぐ上の横木はサラ、イサク、リベカ、ヤコブ、レア、そしてラケルであり、それから時間において我々の先生のモーゼがいる。梯子そのものはアボットの最初の章にある最初の句にさかのぼる: モーゼはシナイ山でトーラを受け、そしてヨシュアにそれを伝え;ヨシュアは長老たちに;長老たちは預言者たちに;預言者たちは偉大な集団の人々に。 [ Avot 1:1 ] 梯子(はしご)が最後の日に到達するかどうかは、我々の忍耐と熱心に従属する。我々は梯子の頂上に生まれているのではない。我々は横木を一つ一つ登らなければなりません。学びながら研究しながら、働きながら努力しながら、我々が時間において我々の位置に到達するまで、そしてその時に、我々の子供たちに世襲財産を継続し引き渡して。

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.7.13. 13:57
視聴回数:648回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: 合唱組曲   島よ   (朗読)   (お話です)   「ユダヤ教について」「ミシュナー・タルムード・アヴォート編」   モーゼはシナイ山でトーラを受け   そしてヨシュアにそれを伝え;ヨシュアは長老たちに;長老たちは預言者たちに;預言者たちは偉大な集団の人々に。   [   Avot   1:1   ]   モーゼはシナイ山でトーラを受け   そしてヨシュアにそれを伝え;ヨシュアは長老たちに;長老たちは預言者たちに;預言者たちは偉大な集団の人々に。   [   Avot   1:1   ]   ◎A   ladder   in   time   共同社会はどんな一人の個人よりも偉大である   なぜならば共同社会は全てを支えているからである。アインシュタインは   彼が住む共同社会の有名でもない農民に   彼のパンを頼っていた。   これはユダヤ人の共同社会では特に真実である   なぜならばメンバーは特別な方法で考えるからである。我々は   ある一つの特別なシナゴーグのメンバーである人々のグループだけではない   この町   あの町に住む人々のグループである。我々は   この国に住んでいるユダヤ人だけではない   世界中の違った国々に住んでいるユダヤ人でさえある。我々は時間において共同社会にいる。そして我々が築いている梯子は時間における梯子である梯子の基礎はアブラハムであり   そのすぐ上の横木はサラ   イサク   リベカ   ヤコブ   レア   そしてラケルであり   それから時間において我々の先生のモーゼがいる。梯子そのものはアボットの最初の章にある最初の句にさかのぼる:   モーゼはシナイ山でトーラを受け   そしてヨシュアにそれを伝え;ヨシュアは長老たちに;長老たちは預言者たちに;預言者たちは偉大な集団の人々に。   [   Avot   1:1   ]   梯子(はしご)が最後の日に到達するかどうかは   我々の忍耐と熱心に従属する。我々は梯子の頂上に生まれているのではない。我々は横木を一つ一つ登らなければなりません。学びながら研究しながら   働きながら努力しながら   我々が時間において我々の位置に到達するまで   そしてその時に   我々の子供たちに世襲財産を継続し引き渡して。  

サムネイル

Vivaldi Gloria in D Major RV 589(お話です)「ユダヤ教ラビ派カライ派」「タルムード:政府の価値」

Vivaldi Gloria in D Major RV 589 (お話です) 「ラビのユダヤ教のラビ派とサラセン帝国(イスラム系)のユダヤ教カライ派について」「スペインのキリスト教圏のユダヤ教のスファラド系と欧州のキリスト教圏のユダヤ教のアシュケナーズ系について」「スファラド系合理主義者とアシュケナーズ系神秘主義者のマイモニデス論争(マイモニデスが示した律法の再説ミシュナー・トーラーのミシュナ注解の十三か条)について」「ユダヤ啓蒙主義(ハスカラー)につて」「タルムード」「政府の価値」

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.7.1. 23:45
視聴回数:11562回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: Vivaldi   Gloria   in   D   Major   RV   589   (お話です)   「ラビのユダヤ教のラビ派と   サラセン帝国(イスラム系)の   ユダヤ教のカライ派について」   「スペインのキリスト教圏の   ユダヤ教のスファラド系と   欧州のキリスト教圏の   ユダヤ教のアシュケナーズ系について」   「スファラド系合理主義者と   アシュケナーズ系神秘主義者の   マイモニデス論争   (マイモニデスが示した律法の再説   ミシュナー・トーラーの   ミシュナ注解の十三か条)について」   「ユダヤ啓蒙主義(ハスカラー)につて」   「タルムード」   「政府の価値」   When   a   Jew   seeks   wisdom   「The   value   of   goverment」   The   importance   of   goverment   Law   enforcement   and   courts   An   eye   for   an   eye   The   perfect   goverment   The   evils   of   goverment   The   Bill   of   Rightst   All   are   created   equal   Unalienable   rights   The   secure   these   rights   Goverment   and   power   The   law   and   the   land   Creating   a   dream   「The   value   of   goverment:政府の価値」   ラビ・ハニナ   (Rabbi   Hanina)   は言った:政府の繁栄を祈りなさい   なぜならばそれに対する怖れがなければ   人は生きたままで互いを食べるであろうからである。   [   Avot   3:2   ]   The   importance   of   goverment   人々が住んでいるところの法律のシステムは   そこの人々のグループの価値に影響する。たとえそれが停止信号や鉄道信号のような小さなことであっても   それは基本的な価値に影響する   ---   社会のメンバーの安全を保護する価値に。停止信号や鉄道信号を建設することによって   我々自身の安全   我々の愛する人の安全   そして他人の安全   に対して我々の感心を行動の中に置く。価値を行動の中に置くことは政府の重要な一つの機能である   確かに政府を願ましくする機能である。   我々が個々に知っている言葉で   我々が政府を理解する最善の方法は   「Yetzer   HaRa(邪悪の衝動)」と「Yetzer   Tov(善の衝動)」との全体の質問を再び考えることである。トーラが我々に教えていることの一つは   「あなたの心の中で   あなたの隣人を憎んではなりません。」   (レビ記   19:17)   しかし   実際に他の人々を傷つけることから人々を防いでいるのは   まったく別のことである。「十戒」は数千年間存在してきている   そしていまだに毎日の新聞は   殺人や強盗   法廷で偽証を誓った人   他人をだましている人の記事でいっぱいである。明らかな事実は   我々の幾人かは我々の「Yetzer   HaRa」を制御しそれを役に立つ目的に向ける働きをしている一方   他の者はそうではない。彼らは   彼らの中にある「Yetzer   HaRa」を乱暴に走らせることを許している。酔っ払った運転手のように   その時   彼らは道路で他のあらゆる人にとって   危険になっている。   そんな人々から我々を保護するために   政府が作られている。我々が個々のレベルで   我々の「Yetzer   HaRa」を統治することを学ばねいけないということ同様に   「Yetzer   HaRa」が乱暴になっているレベルのグループを制御することが政府の一つの重要な目的である。   Law   enforcement   and   courts   政府が我々を効果的に保護するために   我々の各々は自分自身の自由な意志の幾らかを諦めなければなりません。どれだけ大きな力が政府に与えられるべきかについて継続的な大きな議論や論争がある。しかし   もし政府が我々を効果的に保護するならば   誰もが「幾らか」の力を諦めなければなりません   ということを我々は何の議論もなしで知ることができる。   この一つの良い例は   各個人としての報復の権利を放棄することである。報復はそのグループに破壊的である。AがBから盗みをしたとする   そしてそれからBが返礼にAから盗みをする   これでイーブンと言って。もしこれで終わるならばそれで結構なことであるが   けれども報復はめったに最初の不公平以上により公平にはならない。Bが報復する時   Aが彼から取ったよりも彼はAからより多く取るかもしれない。その時   Aは彼自身が報復の必要を感じる。すぐに   物は手から離れて   そしてAとBは互いに殺すという点にまでくる   ----   また   彼らの友人や親族がその行動に参加するかもしれない。   この種の事態を避けるために   警察や他の代理権の形で実行する法律を規定する力を我々は政府に許す。告訴が設定され聞かれる法廷と同様に。法律を実施する事務所や法廷はどちらも   我々すべてのために   個人よりもむしろグループによって最善に維持される力を代表している。   An   eye   for   an   eye   タルムードは   部分的には   行なわれてきた法廷の記録として見られる。ラビたちは政府の境界線を築くために   事例に事例を積み上げている。我々の例として   タルムードで扱われた古典的な報復の事例は   聖書のきまり文句である「目には目   歯には歯」   のまわりに集中してる。タルムードのラビたちが   「Yetzer   HaRa」のグループを制するために探していた政府とはどんなものかを見るために   次の議論を考えよう。   「目には目」   これは金での支払を意味する。あなたはそれが金での支払だと言うが   おそらくそれは実際に本当の目が没収されなければなりません。という意味だ!しかし   その人の目が一方は大きく他方が小さいとしたとする   そんな場合に「目には目」の法律を私はいかに適応することができるのか?...   あるいは   盲の人が他人の目をたたき出した場合は   またあるいは片足びっこの人が他人を片足びっこの人にした場合は   「目には目」の法律を私はいかに十分に満たすことができるのか?トーラはこう要求している   「あなたは同じ法律を適用せよ(レビ記24:22)」この意味は   あなたたちの全てに対して   法律が同じであるべきだということ。   [   Baba   Kamma   83b   ]   法律はいつも全ての人が同じであるとして扱われなければなりません。我々の基本的な価値は   全てが神によって平等に創造されていることである。もしそれがこの場合   ラビたちが議論した「目には目」の意味はただこうである:もし人が他人の目をたたき出したならば   その有罪人は彼が破壊した目を補償する金額を支払わなければなりません。   このように   社会の全てのメンバーの利益に法律を翻訳するために   政府が割り込む。目や足を失った人にとって   もし彼を傷つけた人が目や足を仕返しに失ったとしても   それは現実に善いことではない。金銭上の支払は   それが元の目や足を取り戻すことはできないが   少なくとも人が傷ついた時に生じた痛みや損失を埋め合わせるために   それはいくらかの方法に役立つ。   The   perfect   goverment   ラビたちはその日   各々の人が神の法律に従って自分自身を統治する時   を楽しみに待った。もし我々の全てがヒレルの原理   ---   「あなた自身が嫌なことを   他人にはするな」   ---   に従うならば   社会を制御する政府や統治者の必要はない。我々の各々は小型の政府であり   成功して「Yetzer   HaRa」を制し   良いことを行なうのに集中している。   このようにラビたちは日々の終わりを夢見た   各々の男も女も神の知恵と畏れの中で大きく成長し   もはや政府の必要がなくなった時を。しかし   彼らは夢想家であったけれども   そして彼らは世界が神だけで統治されるための計画をしていた一方で   ラビたちはまた現実主義者であった。人々が彼ら自身の「Yetzer   HaRa」の制御がまだできていないと彼らは認めていた。それで彼らは共通の政府の必要を認めた   「その理由はそれに対する怖れがないとき   人は生きたままで互いを食べるであろうからである」   「生きたままで互いを食べる」   この句はとても耳障りに見えるかもしれない。しかしそれは政府が働かない時に起こることの現実的な絵である。あの「Wild   West」としての19世紀のアメリカの西部のことを考えてみよう。法律や秩序は   破壊された方法で維持されていた。法律家たちは   彼らが反対した無法者たちのような全く同じ作法で行動した。その政府は   普通はより弱い者を殺す強い者の結果であった。   The   evils   of   goverment   ラビたちは   もはや政府を必要としない時の日を夢見た   その理由は政府から保護するものと期待していたその市民を   政府が「食べる」という事実を恐れていたからである。すなわち政府は力を成長させ統治されている人々からもっともっと多くの自由を奪い取る方法を持っている。預言者サミュエルの時代にさかのぼるユダヤの人々が   独裁主義の政府の悪を指摘してきている。   人々はサミュエルのところにやって来て   その時代には他の全ての国々がそうであったように   彼らを統治してくれる王様が欲しいと要求した。   「裁きを行なう王を与えよ」との彼らの言い分は   サミュエルには悪と写った。   そこで彼は主に祈った。主はサミュエルに言われた:民があなたに言うままに   彼らの声にしたがうがよい。その理由は彼らが退けたのはあなたではなくこの私だ   私が彼らの王として君臨することを退けているのだ。   [   サミュエル記上   8:6-7   ]   サミュエルはその時   彼らを統治する王を持つことの危険を人々に警告した。   あなたたちの上に君臨する王の権能は次の通りである。まず   あなたたちの息子を徴用する。それは   戦車兵や騎兵にして王の戦車の前に走らせ   千人隊の長   五十人隊の長として任命し   王のための耕作や刈り入れに従事させ   あるいは武器や戦車の用具を造らせるためである。また   あなたたちの娘を徴用し   香料作り   料理女   パン焼き女にする。また   あなたたちの最上の畑   ぶどう畑   オリーブ畑を没収し   家臣に分け与える。...........その日あなたたちは   自分が選んだ王ゆえに   泣き叫ぶ。しかし   主はその日   あなたたちに答えてはくださらない。   [   サミュエル記上   8:11-14   18   ]   これは王の力そして咲きすぎた政府の力に対する古典的なユダヤ人の警告である。我々が   我々自身を統治することを学ぶ代わりに   我々の権利を放棄して政府を形成する時はいつでも   その政府は我々の上に力を得る。   聖書の中では   ユダヤ人の族長   士師/英雄   預言者   王が登場しますが   特に親しまれている人物を時代に合わせてまとめると大体このようになります。   聖書   族長   師士/英雄     預言者   創世記   アブラハム   イサク   ヤコブ   ヨセフ   (12部族)         出エジプト記   レビ記   民数記   申命記         モーゼ   アロン   ヨシュア記     ヨシュア       士師記     ギデオン   サムソン       サムエル記       サウル   ダビデ   サムエル   列王記   歴代誌       ソロモン   アハブ   ...   エリア   エリシャ   ...   イザヤ書       ウジヤ   ヒゼキア   ...   イザヤ   ユダヤ人の最初の王様となったのは「サウル王」ですが   なぜ民は王を必要としたか   もう一度   サムエル記を読んで見ましょう。   サムエル記上   7:7~7:10   ペリシテの領主たちはイスラエル攻め上ってきた。イスラエルの人々はそのことを聞き   ペリシテ軍を恐れて   サムエルに乞うた。「どうか黙っていないで下さい。主がわれわれをペリシテ人の手から救ってくださるように   われわれの神   主に助けを求めて叫んでください。」サムエルはまだ乳離れしない子羊一匹を取り   焼き尽くす献げ物として主にささげ   イスラエルのため主に助けを求めて叫んだ。主は彼に答えられた。サムエルが焼き尽くす献げ物をささげている間に   ペリシテ軍はイスラエルに戦いを挑んできたが   主がこの日   ペリシテ軍の上に激しい雷鳴をとどろかせ   彼らを混乱に陥れたので   彼らはイスラエルに打ち負かされた。   サムエル記上   8:1~8:9   サムエルは年老い   ....イスラエルの長老たちは   全員集まり   ラマのサムエルのもとの来て   彼に申し入れた。「あなたはすでに年を取られ   息子たちはあなたの道を歩んでいません。今こそ   ほかのすべての国々のように   われわれのために裁きを行う王を立ててください。」裁きを行う王を与えよとの彼らの言い分は   サムエルの目には悪と映った。主はサムエルに言われた。「民があなたに言うままに   彼らの声に従うがよい。彼らが退けたのはあなたではない。彼らの上にわたしが王として君臨することを退けているのだ。彼らをエジプトから導き上がった日から今日に至るまで   彼らのすることといえば   わたしを捨てて他の神々に仕えることだった。あなたに対しても同じことをしているのだ。今は彼らの声に従いなさい。ただし   彼らにはっきり警告し   彼らの上に君臨する王の権能を教えておきなさい。」   こうして   預言者サムエルは主の指示に従い   若者のサウルを初代イスラエルの国王に任命することになったわけです。その後はダビデ王   ソロモン王が統治してイスラエルは繁栄するわけですが   神が言っていたように   その後の王たちは主の道をはずれて行き   ついにはイスラエルの国は滅びてしまう。   The   Bill   of   Rightst   聖書の時代には   王たちはトーラそれ自身によって幾分か制御されていた。   王がイスラエルの上に君臨するときは   王の最初の仕事は彼自身の手によって文書のトーラを全て書き写すことが義務であった   これは王が後になってから法律を知らなかったと主張できないように。   アメリカでは   我々の政府は憲法によって制御される   そして我々の基本的な権利は   「the   Bill   of   Rights」と呼ばれる憲法への最初の10の修正条項によって保護されている。ここには各々の人に   礼拝   演説   出版   集会   政府への請願   その自由の保証がある。さらに   兵役に服する権利   兵隊に対する住居を準備しなければならないことからの自由   不当な捜索や捕捉からの自由   犯罪に対する告発無しに監禁されることからの自由   同一犯罪に対して二度も裁判されることからの自由   自分自身に対して証言しなければならないことからの自由   そして「生命   自由あるいは繁栄が   法律の当然の進行無しにはく奪される」ことからの自由   を含む。The   Bill   of   Rights   はまた   公平な陪審によって素早く公開の裁判への我々の権利を護衛する   そして限度を超えた保釈金や罰金   そして「残酷で異常な刑罰」を禁止する。   法律のシステムは人々の価値に影響すると言って   我々はこの章を始めた。   The   Bill   of   Rights   の場合は   これらの価値はもっと初期の文書によって公に発表されている:第2回大陸議会(the   Second   Continental   Congress)で   1776年7月4日   独立宣言が採用された。   我々はこれらの真実を自明のものとして支持する:全ての人は平等に造られている   彼らは創造主によって確実な権利を授かっている   これらの中には生命   自由そして幸福の追及がある   ---   これらの権利を安全にするために   政府機構が人々の中に制定される   統治の同意から彼らの正しい力を引き出すように。   これは要点であるが   政府の位置付け   それを造り出す人々の位置付けについての表現である。   All   are   created   equal   独立宣言は   「全ての人は平等」   これが自明であると宣言することによって   始まっている。しかし   それはいつも自明であるということではなかった。エジプトでは   どんな平民もが自分を王様と平等とは考えてはいなかった。王様は神の人であり   分離され   他の全ての人々の上にあると考えられていた。誰一人として王様と平等ではなかった。   他方   イスラエルの王国がその最も偉大な力があって   王が最も力があった時でさえ   王は決して神とは混同されなかった。預言者ナタン(Nathan)はダビデ王を非難するための自由を感じていた:ダビデ王が   他の男の妻を盗み取りその夫を戦いに送り戦死させるという罪を犯した   そのことの間違いを非難した。そして応答においては   「私は王であり   私がしたいことをするのだ」と答えるのとはずっと違っていた。ダビデ王はそうではなくて   神から自分の罪の許しを祈った。   エジプトの王とイスラエルの王との違いは   全ての人々は等しいとユダヤの人々は教えられていたことにあった。なぜ人は一人だけで創造されたのか?   なぜ神は一人だけの男を創造したのか?我々の賢者は説明している   「私は高貴な血統である」と誰もがこのように自慢しないためである。全ての人類が同じ人からの子孫である。全ては神の前に等しい。   [   Sanhedrin   38a   ]   第2回大陸議会(the   Second   Continental   Congress)の人々が   「全ての人々が等しく造られた」のは自明な真実であると宣言した時の表現がこのラビの教えでした。どんな人も他の人より神により近いということはない   このことを我々が記憶するときのみ   それは自明である。   Unalienable   rights(譲渡されない権利)   生命   自由そして幸福の追及への我々の権利は   どれも我々自身が夢見てきた単純な価値ではない。独立宣言に従ってさえも   我々の国の市民の法律の多くがそれを基本としており   我々の権利は我々の主なる神から引き出されている。   どんな人も他人にこう言う権利はない   「私はあなたが生きることを許さない」----まさに殺人者が犠牲者言うことである。神は命じている   「あなたは人を殺してはいけない」   どんな人も他人にこう言う権利はない   「私はあなたを自由にすることを許さない」----まさに主人が奴隷に言うことである。神は命じている   「あなたは自由でありなさい」そして   他人が幸福の追及のための権利をどんな人も禁止することはできない。裁判で偽って誓うとか   盗みとか   あるいは隣人を傷つけることによっても。これらの行動のすべては神によって禁止されている   そして幸福を追及する権利は天の法律   神の戒律   によって保証されている。   The   secure   these   rights   今や我々は   人々の中に政府が必要であるという宣言で   第2回大陸議会(the   Second   Continental   Congress)の人々の論考を   偉大な集団の人々の論考と同様に   理解することができる。その必要は   人間として生まれた全ての人々   神のイメージで創造された人々   の相続財産である権利を保証し安全にするためである。   我々の自由を確実にするために   我々は   我々の自由を制限し安全にするための権力を持った政府を樹立する。その政府から我々自身を保護するために   我々は   今度は   人々のための保護の法律を樹立する。政府の権力はその時   政府が保護するために想定された価値の権力よりも偉大になることは   決して許されるべきではない。   政府の権力は   どこからやって来るのか?それは我々から   「その人々」から来る。しかし我々が見てきたように   政府はそれ自身で先に行きすぎて   より偉大にそしてより強力に成長する傾向を持つ。政府の後ろにある価値の権力は   どこからやって来るのか?この権力は神   創造主   からの授かりものである。「全ての人間は平等に   ...彼らの創造主によって授けられた   確かな譲渡されない権利を持って」   Goverment   and   power   我々が見てきたように   政府に対する必要と   政府を疑うための必要との間に緊張がある。お互いを「相食べる」ことから我々を保つために   我々は政府を必要とする。しかし政府から我々を保護するために   我々はthe   Bill   of   Rightsやタルムードのような手段を必要とするのだ!   しばしば   何を行なおうが   政府は良いことだけを行っていると主張する。「良いこと」とは   「政府の敵」を死に追いやること   市民へ重税をかけること   あるいは戦争に戦うことを意味するかもしれない。ラバン・ガマリエル(Rabban   Gamaliel)   が我々に警告したのは不思議ではない。   権力に気をつけなさい。なぜならばそれらは自分たちにとって必要でなければ人に近寄ってこない。それらは自分たちが得になる時には友だちのように見えるが   人が苦境に陥っている時にはそれらは彼のそばに立ってはくれない。   [   Avot   2:3   ]   我々は真に権力と友だちになることはできない。   典型的な政治家の選挙を考えてみなさい。選挙の前は   候補者の全ては選挙民に約束をする。候補者は   彼らに叫ぶあらゆる人に向かって友だちのようであり機嫌がよい。彼らは不平に耳を傾け   物事を正しくし   それらをより良くすることを約束する。結局   我々の投票を必要としている。しかし選挙が終わるや否や   約束はまた全てしばしば忘れられてしまう。特に   危機の時代   全ての側に苦境が増えている時は   政府の役人たちは人々の興味どころではなく   政府自身の興味で行動する。   おそらく   詩編の一つがなぜこう言っているかがこのことである:君主に信頼をおいてはいけない   なぜならば彼らには助けがない。   [   詩編   146:3   ]   14世紀の注解者のナフミアス(Nahmias)は権力の友情について   次のたとえ話をした:     ある王が彼の将校の一人を昇進させた。毎日   王はこの将校の前に上って彼の首に接吻をしていた。最後に   王は彼を殺して言った。「将校の首が切り落とされ時に   刀が落ちるその場所に接吻をしていたのだ」   人々は言っている   「ライオンが歯をむき出した時に   ライオンが笑っていると考えてはいけない   それはむさぼり食うためだけなのだ。人間の王は   また   しばしば動物王国のライオンのようである」   サミュエルの警告   ナフミアスのたとえ話   そしてガマリエルの警告は全ての政府の行く道と関連している。どんな政府も全体的に信頼されることはない。我々は絶えず権力の進行を見張らなければなりません。   The   law   and   the   land   たとえそうであっても   タルムードの格言ではこう言う:   その土地の法律は   法律である。   [   Baba   Kamma   113a   ]   人は   政府を尊敬しなければなりません。   [   Mechilta   Bo   ]   ここで我々は   また   我々の解釈をバランスしなければなりません。その土地の法律はいつでも法律であるとは限りません。ハドリアン皇帝がトーラの勉強とユダヤ教の実施を禁止した時   ラビはローマの法律を無視しなければならなかった。その土地の法律が神のより高い法律と衝突する時は   すべての政府が統治する権利を得ているのは神の法律からであり   従わなければいけないのは神の法律である。   Creating   a   dream   我々の夢はトーラの法律   すなわち同情と親切   正義と公正   熟考と尊敬の法律   に従って統治される一つの世界である。   しかしそんな夢を現実にするために   我々は「国々の上の光」にならなければならない。   もしユダヤ人が「選ばれた」人々であるならば   それは我々がトーラのメッセージを全てに運んでいるからである。   トーラは   誰もが不平を持っていなかった場所で   人前で公開して与えられた。   もしそれがイスラエルの土地で与えられていたならば   世界の国々は言ったであろう   「この中に我々の場所がない」   それゆえトーラは荒野で与えられた   人前で公開して   そして誰もが不平を持っていなかった場所で。   それを受け入れたい人は誰でも   来て受け入れなさい。   [   Mechilta   Bahodesh   Yitro   ]   その仕事は偉大であり   我々はそれを完成する希望さえできない。   しかし   我々の世界に神の法律をもたらす責任を   我々の各々が感じなければならない   ---   トーラを教えること   そして戒律に従って行動することに責任を。   我々は   共同社会から我々を分離すべきではないだけでなく   そこにできる限り多く参加しなければならない   そしてその地の法律をトーラの戒律にますます多く順応させなければならない。   その時には   タルムードの格言「その土地の法律は   法律である」   に従う時に何の問題も恐れもない。   Reflection   ラビたちは   二つの反対する力を認めていた:   人々が「生きたままで互いを食べる」ことがないように   政府を必要とすること。   そして政府が神の統治の前に敬意を払う時を我々が夢見て生き続ける間に   権力の進行を注意深く監視する必要があること。   我々の価値は   我々が通過させ従う法律の種類に反映されている。   それゆえに   地上に神の統治がやって来るために働くことは   共同体から我々自身を分離しないことを意味する。   それは   トーラの法律に対する採用を創造するために   共同体の中で働くことを意味する。   それは   その土地の法律にユダヤ人の教えの価値を反映させるために   懸命に努力することを意味する。   我々はユダヤ人として世界の中に我々を巻き込むことを要求される。   政府の何かが悪いと感じた時   我々は立ち上がって戦わなければならない。   また   我々が信じているところの方針にそのシステムを持ってゆくために   我々が住んでいる所の法律のシステムの範囲内で仕事をすることを   学ばなければならない。   簡潔に言うと   我々は良い市民で責任ある態度で   「その政府の繁栄を祈る」ことをしなければならない。   ラビ・オシャヤ(Rabbi   Oshaya)は教えた:   人間の実行において   人である王が宮殿を建てる時   それは王自身の技術ではなく建築家の技術で建てている。   さらに建築家は彼自身の頭からではなく   従業員が煙突やドアの配置をどうすればよいか知るために   計画し図面を作る。   このように   神は   トーラを相談相手とし   そしてその後に世界を創造した。   [   Genesis   Rabbah   1:1   ]   それと同じく   世界がいかに最善に統治されるかを知りたいならば   正しい世界の建築のための建築家の計画   すなわち   「トーラの法律」を相談相手にしなければならない。   実際に   全体の世界が基本にしているもの   すなわち   「神一人の政府」よりも良い政府はありえない。  

サムネイル

(お話です) 2 「タルムード」「命の大切さ」「慈善活動」「御皇室」

(お話です) 2  「ミシュナー・タルムード・ アヴォート篇」 「命の大切さと世界」 「慈善活動」 「御皇室」 「神宮」 「それはあたかも 全世界を救ったのと同じ」 It is as if he saved the Entire World ◎The Infinite Value of Each Human Life</色> from the Mishuna 一人の命を救う者は誰でも、それは彼があたかも全世界を救ったと同じである。 [ --- Mishuna Sanhedrin 4:5 ] タルムードに従うと、人間の命の無限の価値の証明は、神が最初に一人の人間、アダムだけを創造したことである。もしアダムが殺されていたならば、全ての人間は滅ぼされていた、そして反対に、彼が救われていたならば、全世界がそうなったであろう。 ユダヤ教の観点からは、各々の人が最高に重要であるということが多くを暗示する。その一つ、罪のない一人の人間を殺す人は、最終の罪を犯したことを意味する。さらに十人の人々を殺すことは、その罪の度合を増やすが、その激烈さを増やすものではない。この教えは、また社会的、政治的、そして経済的に同様な暗示をする。 Rabbi Irwin Kula が言っている: このタルムードの文章の光りの中に、各々の人間が、彼または彼女が無限の価値を持つかのように扱われるような世界をつくるために、我々が何を行なわなければならないか、それを我々は考え出す努力をしなければならない。実際に、一日に一ドルの食べものを欠くために人々が死ぬ時に、あらゆる人間が無限の価値があると言うことは、何の意味があるのであろうか? そのミシュナの中の同じ箇所が、アダムの創造から他の道徳的で論理的な学科を引き出すために、続けて書いている: from the Mishuna 人間の中での平和のために(ただ一人が最初に創造された)、それでひとりの人が彼の仲間に、「私の父はあなたの父よりも偉大であり...」と言うべきでない。 そしてまた神(聖なるお方、主よ祝福あれ)、の偉大さを示すために。人間が同じ鋳型で幾つかのコインを造るならば、それらは全て互いに同じ形である。しかし王の中の王である王(聖なるお方、主よ祝福あれ)は、全ての人間を最初の人間の鋳型で造った。そして、しかも彼らの一人は他の人と同一(identical)ではない。それゆえにあらゆる個人は、「私のために世界が創造された!」と言う義務がある。 [ --- Mishuna Sanhedrin 4:5 ]   悲しいかな、あらゆる個人の異なる型の一つの証明は、今日、主に犯罪学者たちに知られている。あらゆる人間は彼または彼女自身の指紋とオリジナルな面影を持っている:  When To Give, What To Give, How To Give ( Why Tzedaka Is Not Charity ) いつ与えるか、何を与えるか、いかにして与えるか (なぜツェダカは慈善とは違うのか) from The Torah もし、あなたの中の貧しい同胞がいるならば .... その貧しい同胞に対して、心をかたくなにせず、手を閉ざすことなく、彼に大きく手を開いて、必要とするものを十分に貸し与えなさい。 [ 申命記15:7-8 ] 慈善には8つの階級がある。各々はその次より高く、最も高い階級は、どれによっても越えることはできない。最高の慈善とは、貧しいユダヤ人に贈り物あるいはローンを与えることによって、あるいは彼を共同経営に参加させることによって、あるいは彼に仕事を見つけてあげるのを助けることによって、すなわち、他の人々の援助を分配することができる場所に彼を置くことによって、その貧しいユダヤ人を援助する人である。 [ --- Moses Maimonides,Mishuneh Torah, "Laws Concerning Gift to the Poor," 10:7 ] ユダヤ人の法律に従うと、慈善の最も高い形は、短期間であっても、それを必要としないことを保証することである。信頼おける慈善の継続は受取り人の勇気をくじく、という今日広く受け入れられていることを、マイモニデス(Moses Maimonides)は明白に直感していた。この理由で、彼が強調することは、貧しい人にローンを作り彼に仕事を見つけることである。

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.6.10. 11:15
視聴回数:14530回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: (お話です)   2   「ミシュナー・タルムード・   アヴォート篇」   「命の大切さと世界」   「慈善活動」   「御皇室」   「神宮」   「それはあたかも   全世界を救ったのと同じ」   It   is   as   if   he   saved   the   Entire   World   ◎The   Infinite   Value   of   Each   Human   Life</色>   from   the   Mishuna   一人の命を救う者は誰でも   それは彼があたかも全世界を救ったと同じである。   [   ---   Mishuna   Sanhedrin   4:5   ]   タルムードに従うと   人間の命の無限の価値の証明は   神が最初に一人の人間   アダムだけを創造したことである。もしアダムが殺されていたならば   全ての人間は滅ぼされていた   そして反対に   彼が救われていたならば   全世界がそうなったであろう。   ユダヤ教の観点からは   各々の人が最高に重要であるということが多くを暗示する。その一つ   罪のない一人の人間を殺す人は   最終の罪を犯したことを意味する。さらに十人の人々を殺すことは   その罪の度合を増やすが   その激烈さを増やすものではない。この教えは   また社会的   政治的   そして経済的に同様な暗示をする。   Rabbi   Irwin   Kula   が言っている:   このタルムードの文章の光りの中に   各々の人間が   彼または彼女が無限の価値を持つかのように扱われるような世界をつくるために   我々が何を行なわなければならないか   それを我々は考え出す努力をしなければならない。実際に   一日に一ドルの食べものを欠くために人々が死ぬ時に   あらゆる人間が無限の価値があると言うことは   何の意味があるのであろうか?   そのミシュナの中の同じ箇所が   アダムの創造から他の道徳的で論理的な学科を引き出すために   続けて書いている:   from   the   Mishuna   人間の中での平和のために(ただ一人が最初に創造された)   それでひとりの人が彼の仲間に   「私の父はあなたの父よりも偉大であり...」と言うべきでない。   そしてまた神(聖なるお方   主よ祝福あれ)   の偉大さを示すために。人間が同じ鋳型で幾つかのコインを造るならば   それらは全て互いに同じ形である。しかし王の中の王である王(聖なるお方   主よ祝福あれ)は   全ての人間を最初の人間の鋳型で造った。そして   しかも彼らの一人は他の人と同一(identical)ではない。それゆえにあらゆる個人は   「私のために世界が創造された!」と言う義務がある。   [   ---   Mishuna   Sanhedrin   4:5   ]   悲しいかな   あらゆる個人の異なる型の一つの証明は   今日   主に犯罪学者たちに知られている。あらゆる人間は彼または彼女自身の指紋とオリジナルな面影を持っている:   from   the   Shulhan   Arukh   600   000人のユダヤ人を一緒に見ている人は次の祝福を暗唱している。「祝福されよあなた     我々の神   宇宙の統治者   賢いお方   あらゆる人の最も内部の考えを知っている人(すなわち   各々の人間の唯一さを正しく評価する人)」   [   ---   Shulhan   Arukh   Orakh   Chayyim   224:5   ]   ユダヤ人の法律の標準の法典であるShulhan   Arukh   のこの観点は   直感に反している。ほとんどの人々は巨大な群衆を見る時に   彼らの反応は   現われている各々の人の個性に焦点を当てることよりもむしろ   それを一つの巨大な集団   群衆(a   mob)と見ることである。   タルムードは同様に   大きな集まりの真ん中にいる一人の人に   現われている各々の人の知的な区別を思い起こすよう警告している:   from   the   Talmud   各々の心(mind)は他の人のそれと違っている   ちょうど各々の顔が他の人のそれと違っているように。   [   ---   Babylonian   Talmud   Berakhot   58a   ]   ◎The   Many   Sides   of   Each   Individual   from   A   Hasidic   saying   どの人も二つのポケットを持たなければならない   彼の必要に応じて   彼が一方にあるいは他方に手を伸ばすことができるように。彼の右のポケットには   「私のために世界が創造された」という言葉があり   そして彼の左には   「私はごみであり灰である」   [   ---   A   Hasidic   saying   quoted   by   Martin   Buber   Ten   Rungs   page   106   ]   from   Yiddish   proverb   もし私が彼のようになる努力をするならば   いったい誰が私のようになろうとするであろうか?   [   ---   Yiddish   proverb   ]   ハシディックのラビ   Zusha(d.   1800)がよく言っていた:   私が死んで天の審判の前に来たときに   もし彼らが「   Zusha     なぜお前はアブラハムのように偉大ではなかったのか?」こう私に尋ねるならば   私は恐れないであろう。「私はアブラハムの知的な能力を持って生まれて来なかった」   と私は言うであろう。そして   もし     Zusha     なぜお前はモーゼのようではなかったのか?」   こう私に尋ねるならば   「私はモーゼの指導力の能力を持っていなかった」   と私は言うであろう。しかし彼らが     Zusha     なぜお前は   Zusha   のようではなかったのか?」   こう私に尋ねた時には   私はどんな答えも持っていないであろう。   ハシディックのラビ   Menachem   Mendel   of   Kotzk(d.   1859)はこう主張した。人の特性はあらゆる出会いにおいて光り輝いている   そして彼または彼女が話しているその人を喜ばすためという理由で彼の本質を決して変えるべきではない:   If   I   am   I   because   I   am   I   then   I   am   I   and   you   are   you.   But   if   Iam   I   because   you   are   you   and   you   are   you   because   I   am   I   then   I   am   not   I   and   you   are   not   you.   もし私が私であるゆえに私が私であるならば   私は私でありそしてあなたはあなたである。しかし   もしあなたがあなたであるゆえに私が私であり   そして   私が私であるゆえにあなたがあなたであるならば   私は私ではなくそしてあなたはあなたではない。   When   To   Give   What   To   Give   How   To   Give   (   Why   Tzedaka   Is   Not   Charity   )   いつ与えるか   何を与えるか   いかにして与えるか   (なぜツェダカは慈善とは違うのか)   from   The   Torah   もし   あなたの中の貧しい同胞がいるならば   ....   その貧しい同胞に対して   心をかたくなにせず   手を閉ざすことなく   彼に大きく手を開いて   必要とするものを十分に貸し与えなさい。   [   申命記15:7-8   ]   慈善には8つの階級がある。各々はその次より高く   最も高い階級は   どれによっても越えることはできない。最高の慈善とは   貧しいユダヤ人に贈り物あるいはローンを与えることによって   あるいは彼を共同経営に参加させることによって   あるいは彼に仕事を見つけてあげるのを助けることによって   すなわち   他の人々の援助を分配することができる場所に彼を置くことによって   その貧しいユダヤ人を援助する人である。   [   ---   Moses   Maimonides   Mishuneh   Torah   "Laws   Concerning   Gift   to   the   Poor   "   10:7   ]   ユダヤ人の法律に従うと   慈善の最も高い形は   短期間であっても   それを必要としないことを保証することである。信頼おける慈善の継続は受取り人の勇気をくじく   という今日広く受け入れられていることを   マイモニデス(Moses   Maimonides)は明白に直感していた。この理由で   彼が強調することは   貧しい人にローンを作り彼に仕事を見つけることである。   from   The   Torah   もし同胞が貧しく   自分で生計を立てることができないときは   (文字通りには   「そして彼の手が落ちる」ときは)   寄留者ないし滞在者を助けるように   その人を助け   あなたはその人からローンの金利を取ってはならない   [   レビ記25:35-37   ]   「そして彼の手が落ちる」という語句に関して   あるラビの注解では   人は彼をひどい貧乏に落とすことを許してはならない   と教えているこの命令は   ロバの背に重い荷物の話に類似して説明されよう。ロバが立っている限りは   一人の人が   ロバを押さえてそして荷を乗せる。しかしロバが倒れてしまうと   五人の人ですら   ロバを起き上がらすことができない。   [   ---   Sifra   Leviticus   on   25:35-38   ]   この命令   「あなたはその人からローン金利を取ってはならない   ....」に関して   聖書の法律は   実際に   「全て」のローンの金利をとることを禁止している。しかし古代のユダヤ人の生活が   独占的な農耕経済から   農業と結合した経済   小さな事業に拡張した時に   事業の利益を分配することによって   貸し手に金利を稼ぐことを許した法律「合法的なfiction」をラビたちは制定した。   私はこれを「合法的なfiction」と呼び   そして通常の投資とは呼ばない。なぜならば   貸し手は   その事業が利益を出そうが出すまいが   彼の設定した割合を「稼ぐ」からである。   しかしこの法律条項は事業の利益だけに適用している。今日までユダヤ人は   必需品を買うための人にまで拡張されたローンに関しては   どんな金利を集めることも禁止されている。ユダヤ人の共同社会は   歴史を通してずっと   貧乏人に金利無しのローンを拡張するために   (貧乏人とは   繁栄を続けることを避けることに努力している人々)「Free-Loan   Societies」(ヘブライ語の”Gemakh”として知られている)を設立してきている。   あらゆる人の必要が   ローンや仕事の提供で満足されるわけではないので   ユダヤ人の伝統では   慈善に関連して二つの別個の提言をしている。貧乏の危機にある人々には   繁栄に変わるためにあらゆる可能性の選択を試みるように主張   そして莫大な財産を所有している人々には   寛大さを主張している。   The   Jewish   Message   To   The   Poor   貧乏の人々へのユダヤ教の教え   from   The   Talmud   通りにある動物の死体の皮をはいで   そして賃金を稼ぎなさい。そして「(私を援助してくれ)   私は偉大な賢者であって   この仕事は私には品位を落とす」   と言わないように。   [   ---   Babylonian   Talmud   Bava   Bathra   110a   ]   あなたの安息日(の食事)を平日(の質素な食事)のようにしなさい   そして他人に援助を求めないように。   [   ---   Babylonian   Talmud   Bava   Bathra   118a   ]   いくつかのラビの書物は   貧乏人に対して難かしい論理的議論を創造した。一方で   どんな選択もないときには   彼らに慈善を受け入れるように命令している。他方で   できるだけ長くその日を遅らす人々を称賛している。   老人   病人   あるいは非常に苦しんでいる個人のような慈善を受けることなしには生き残ることができない人で   しかも助けを頑固に拒む人は誰でも   自分を殺すという罪になる   ...   しかし慈善を必要としているが   それを取るのを遅らせて   そして共同社会に面倒をかけないように貧しく暮らす人は   他人のために支給するように生活しなさい。   [   ---   Rabbi   Jpseph   Karo(1488-1575)   Shulkhan   Arukh(The   Code   of   Jewish   Law)   Yoreh   Deah   255:2   ]   19世紀の   Vilna     ある裕福な男が彼の全ての財産を失った。彼は貧乏であることを大変に恥じて   彼の立場を誰にも知らせなかった   そして実際に栄養不良で死んでしまった。Rabbi   Israel   Salanter   (1810-1883)が恥じた町の人々を慰めた。「その男は飢えで死んでしまった   しかし自尊心が過渡であった。もし彼が自発的に助けを他人に求めて   そして彼の立場を打ち明けていたならば   彼は餓死することはなかったであろう。」   [   ---   Based   on   Shmuel   Himelstein   Words   of   Wit   page   169   ]   慈善を受け取る人が   自分自身を乞食以上に価値がないとして見ることを妨げるために   ラビは注目すべき法律を制定した。   慈善で生き残っている貧乏人でさえも   慈善を与えるべきである。   [   ---   Babylonian   Talmud   Gittin   7b   ]   Back   to   this   page   top   The   Imperative   To   Respond:   Judaism's   Message   To   Everyone   Except   The   Poor.   応答すべき命令:貧乏の人々を除いたあらゆる人へのユダヤ教の教えユダヤ人の法律は   成功した市民が慈善を与えない理由で   貧乏の人々に向けた教えを引用することを意図していないし   あるいは   その教えを使うことで   物乞いに屈辱を与えることを意図していない。(例えば   「なぜあなたは町で動物の皮をはぎに行かないのか?」といった屈辱   など)   もし金持ちが貧乏人にこう言うならば:なぜあなたは出ていって仕事を見つけに行かないのか?あれらのものを見よ!   あれらの両足を見よ!   あの腹を見よ!   あの筋肉を見よ!その時   主なる神がその金持ちに言うであろう:あなたが彼にあなたのものを何も与えていないということで   あなたにとって十分ではないのか?あなたは   わたしが彼に与えたところのものを   また   ねたまなければならないのか?   [   ---   Leviticus   Rabbah   34:7   ]   ユダヤ人の教科書が   金持ちの人々に向けている時は   それらのメセージは貧乏の人々への教えとは全く違っている:   慈善は   他の全ての戒律を結合したものに   重要さにおいて等しい。   [   ---   Babylonian   Talmud   Bava   Bathra   9a   ]   内密に慈善を与える人は   モーゼよりも偉大である。   [   ---   Babylonian   Talmud   Bava   Bathra   9b   ]   しかしながら   英国のユダヤ人作家   Chaim   Bermant   が皮肉を言った   この種の偉大さは   「ユダヤ人がめったに熱望しないところの一つである。」   マイモニデスに従うと   匿名の寄付は慈善の第2番目に高いランクである。(寄付する側と受け取る側が互いに知らない   すなわち第三者あるいは慈善の組織を含む)私の祖父   Rabbi   Nissan   Telushkin   の聖なる記憶であるが:     貧しくなったあるラビの学生に対して生計の金が必要となった。祖父は   他のラビたちに彼への請願を呼びかけた   しかし受取人の身元を漏らすかもしれない全ての情報は隠した。Cincinnati   のある男   Rabbi   Eliezer   Silver   が祖父に金額欄が空白のままのサインのあるチェックを送ってきた。それにはこう書いてあった   「あなたは受取人の環境と身元を全体的によく知っている人であるので   あなたのみが   記入されるべきた正しい合計を知っているのです。」   マイモニデスが最も低いレベルとして   慈善の8番目のレベルと指摘したのは   人々がしばしば驚嘆する   「気難しく与える人」である。   (Mishuneh   Torah   "Laws   Concerning   Gifts   to   the   Poor   "   10:14)   もちろん   少しも与えないよりはいやいやなでも与える方がまだよいが。理想的には   人は喜んで与えるように熱望すべきである。数年前に   United   Jewish   Appeal   キャンペーンスローガンが勇気付けていた。「それが不都合とならないまで与えなさい!」   Leover   として知られているあるハシディックのラビが   こう教えた。もし人があなたに助けを求めにやって来た時に   「神があなたを助けるでしょう」   とあなたが彼に告げるならば   あなたは神に不信義な行ないをしている。なぜならば   神はあなたに貧乏な人を助けるように送ってきたのであり   その貧乏な人を全能なる神に追い返えさないように   とあなたは理解すべきである。   [   ---   Based   on   Lionel   Blue   with   Jonathan   Magonet   The   Blue   Guide   to   the   Here   and   Hereafter   page   168   ]   Nikolsberg     Rabbi   Shmelke   (d.1778)   が言った:   貧乏人があなたに助けを求めにやって来る時は   彼を助けないための口実として   彼の欠陥を使ってはいけない。なぜならば   その時は   神はあなたの罪を探すであろう   そして神は多くを見つけるに違いない。   Arthur   Kurzweil   は言っている:   この引用は   金を求めている酒飲み人を扱っている時に   何らかの助けとなる。「彼は酒にそれを使うだけだ」   という理由で私が彼に金を拒むことは   助けにはならない。   [   ---   The   Treatment   of   Beggars   According   to   Jewish   Tradition   page   110   ]   乞食の問題に関しては   何が道徳的に正しいか私は知らない   と告白する。   この問題の議論に関して   ほとんど全ての慈善的な組織そして社会のために働く人はコメントした:乞食に与えることは   乞食に対しても   そして継続的に世話する所に対しても   結局は悪い。多くの数の乞食によって洪水のようになった時   私は自分の行動に一貫性がないのを見ている。(私が住むNew   York   City   の歩行者は   一日に20回以上もしつこくせがまれる)私がいつ誰に与えるかを決定する明白な理論的な解釈なしに   私はある人には与え   他の人には通り過ぎる。   私がただ知っていることは   「わたしはずっと食べていない   わたしは腹ぺこだ」   と誰かが言う時に   歩き去るのが難しいと私が見ていることである。もし人が(いくらかの)慈善を与えることを避けるために彼の目を閉じるならば   それはあたかも彼が偶像崇拝の罪を犯している。   [   ---   Babylonian   Talmud   Ketubot   68a   ]   けちくさいことと偶像崇拝との間の見たところこじつけの関係は   近代のタルムード学士   Rabbi   Adin   Steinsalz   によって解説されている:   彼の金が   神から来ているということを知っている人は   彼の金から貧乏人に与えるであろう。しかし貧乏人に与えない人は   彼自身の力(そして知恵)が単独に彼の持っている全てに責任があると明白に信じている。彼が彼自身をあらゆるものの排他的な源泉であるとして断定する限りにおいて   これは偶像崇拝の一つの形である。   [   ---   Commentary   on   Ketubot   page   302;   Hebrew   edition   of   Steinsalz   Talmud   ]   主要な現代ラビの名士である   Rabbi   Israel   Meir   Ha-Kohen   Kagan   (1838-1933)   彼はthe   Haffetz   Hayyim   として知られている人   彼はこのタルムードの格言を聖書の句に結び付けている:「あなたは   あなた自身のために銀の神   金の神を造ってはいけない(出エジプト記20:20)」   すなわち金や銀を神にしてはいけない。(Ahavat   Chesed   Chapter   10)   ラビたちの観点では   偶像崇拝のローマ社会の破滅的な特徴の一つは   芸術の美的に先進的ではあるが   貧乏人に対する残酷な無関心にあった。ある賢者の報告にある。Rabbi   Joshua   ben   Levi   がローマに行った時に   彼は   布で覆われた大理石の寝台を見た。暑さからひび割れせずに   寒さから凍らないように。彼はまた   ある貧乏人が下にわらのマットだけ   上にわらのマットだけ   であるのを見た。   [   ---   Pesikta   de-Rav   Kahana   9:1   ]   我々は   イスラエルの貧乏人と一緒に生活している非ユダヤ人の貧乏人を支援する。   [   ---   Babylonian   Talmud   Gitten   61a   ]   back   to   this   page   top   ◎Steady   Giving   習慣的な寄付   from   the   Shulkhan   Arukh   祈りの前に慈善を与えることは良いことである。   [   ---   Shulkhan   Arukh   Orakh   Chayim   92:10   ]   今日最も伝統的なシナゴークでは   ウィークデイの朝の祈りのサービスの間   (安息日や祝日には金を扱うことが禁止されている)小さな「プシュケ(慈善箱)」が回される   そして人々は貢献することが期待されている   たとえただ僅かな金額であっても。   ふさわしい一人に千の金貨を与える人よりは   それぞれがふさわしい理由のある千の異なった機会に千の金貨を与える人の方が   寛大である。   [   ---   Anoymous;   sixteenth   century   Orhot   Zaddikim   (The   Ways   of   the   Righteous)   ]   その著者はこう仮定しているものと私は信じている:散発的   衝動的よりは   むしろ習慣的に寄付する行為が人をより寛大になるために慣らす。それがすなわち   安息日に入る直前の毎金曜日の午後に   子供たちに慈善箱の中に金を入れるように習慣とし続けている理由である。これは   今でも多くのユダヤ人によって守られている。   from   the   Talmud   断食の長所は(分配された)慈善である。   [   ---   Babylonian   Talmud   Berakhot   6b   ]   このタルムードの注釈として   中世の学士   the   Maharasha   は説明している:断食の前には   人々は彼らが食べないことによって節約した分の金を慈善として分配する習慣があった(Babylonian   Talmud   Sunhedrin   35a)。不幸にして   この美しい習慣はほとんど全ての現代のユダヤ人に知られていない。それは復興すべきである。   back   to   this   page   top   ◎How   Much   Charity   Should   A   Person   Give?   一人がいくらの慈善を与えるべきか?理想的には   人は彼または彼女の収入の10パーセントを最小として寄付すべきである   ユダヤ人の法律では下限と同様に上限を置いているけれども。寄付をしたい人は(一般的に)彼の収入の五分の一以上を与えるべきではない   さもなければ彼が慈善を必要とするようになるからである。   [   ---   Babylonian   Talmud   Ketubot   50a   ]   修道僧の命令を引受る貧困の誓いによって集約されているように   初期のクリスチャンの貧乏の理想化に対して   タルムード法律は対象的にそれ応答している。ラビたちは貧乏を呪いとして見ていた:   この世には貧乏以上に耐えることが難しいものは他になにもない。なぜならば   貧乏によって潰された人はこの世のもめごとの全てがくっついて離れない人のようである...。我々のラビは言った   「もし   この世の全ての苦難と痛みが(天秤の一方に)集められ   貧乏が他の側に集められたならば   貧乏の方がより重いであろう」   [   ---   Exodus   Rabbah   31:14;   →この本の第61章を見よ   ]   このように   もしそれが正直な方法においては   財産のある人は適切な量の慈善を与える限りは   ユダヤ人の法律は富の蓄積を何か悪いこととは決して見ていない。   慈善の最低額と最高額を設定する場合   その心理学的な知恵は二つの部分からなる:   一つは   彼らがそれ以上を与えるようにと人々を勇気づける。(彼らの収入の2から3パーセントを慈善に与える人は   普通   彼ら自身気前が良いと考えている   と私は見ている)もう一つは   必要な額を寄付した敏感な人々に   彼らの所有を罪なしで楽しむことを可能にする。   ◎But   Aren't   Many   Beggars   Fakers   ?   しかし多くの乞食たちのほとんどは大ぼら吹きであると主張して   乞食に金を与えない人々(おそらく我々を含めて)を我々はみな知っている。ユダヤ人の史料は   この議論をいかに扱っているであろうか?   from   the   Talmud   ラビ・ハニナは貧しい人を知っていた。毎回きちんと   安息日の前に   彼に4ズジームの金銭を送っていた。ある日   ラビ・ハニナが妻を介してその金額を送った。彼女は帰ってきた   そしてその男はそれをもらう必要はないとラビ・ハニナに言った。(ラビ・ハニナは妻に尋ねた)お前は何を見たのか?(彼女は答えた)私は   彼がこう質問されていたのを聞いたのです:「あなたの安息日の食事は   銀色の食卓ですか   あるいは金色の食卓ですか?」(ラビ・ハニナは彼女に答えた)Rabbi   Elazar   ben   Pedat   が言ったのはそんな場合のためである:   「我々は   貧乏人の中に不正直な者たちがいるのをありがたく思うべきである。   もし彼らがそうでなければ   (あらゆる乞食の現われに応答していない)我々は   毎日罪を犯していることになるのだから。」   [   ---   Babylonian   Talmud   Ketubot   68a   ]   このアプローチは   あるハシディックなラビによって補強されている。Rabbi   Chaim   of   Sanz   (d.   1786)   は言った:慈善の長所は偉大なので   私は百人の乞食に喜んで慈善を与える   たとえ実際に必要としているのがその中のたった一人であっても。しかし何人かの人々は   一人がにせものだという事実をもって   百人の乞食に慈善を与えることを拒むように行動している。Rabbi   Chaim   の誇大な声明にもかかわらず   ラビたちは   裕福なごまかしの乞食を   彼らの盗癖のゆえに   そしてある人々に慈善を与えることを遠ざけているゆえに   軽蔑した。命令によって大ぼら吹きな乞食たちを消し去ることは不可能であったので   ラビたちは彼らの嘘を真実に変えるために天国に熱望した:我々のラビは教えた。もし人がめくら   膨れた腹   あるいは縮んだ足を持っているふりをしているならば   彼は   実際にそんな状態になる前にこの世を去ることはないであろう。   慈善を受け取る人が   それを必要としない人ならば   彼の終わりはこうなる:   「実際にそんな状態(慈善を受け取る必要のある人)になる前にこの世を去ることはない」   [   ---   Babylonian   Talmud   Ketubot   68a   ]   from   the   Talmud   タルムードは教えている   人は一人の乞食に多額を与える必要はないけれども   少なくとも少額を与える努力をすべきである。マイモニデスは規定した   人が全く何も与えないならば   人は少なくとも楽しい挨拶を広げるべきである。   これは重要な与えられたガイドラインのように見える。我々の多くが   大きな都市に溢れている乞食たちに冷たく向っている。   ある貧乏人が   「私に着物を与えてくれ」と言う時   彼は調査されるべきである(彼にだまされないように)。ある貧乏人が   「私に食べものを与えてくれ」と言う時は   彼は調査されるべきではない(すぐに食事を与えなさい   調査中に餓え死にしないように)。   [   ---   Babylonian   Talmud   Bava   Bathra   9a   ]     Kovno   の町に一人の乞食がやって来た   そして住民から多額の金を集めた。その町の人々はすぐに彼が詐欺師であることを発見した。彼は実際に裕福な男であった。町の評議会は   Kovno   の町に乞食がお金を集めにやってくるのを禁じる条例を作りたかった。Kovno   のラビ   Rabbi   Yitzchak   Elchanan   Specter   (1817-1896)   がその提案された条例について聞いた時   彼は評議会の前に来て話す許しを求めた。彼は言った   「誰があなた方をだましたのですか。金を必要としている人ですか   裕福な人ですか?それは貧乏のふりをした裕福な人であったのです。もしあなた方が条例を作りたいならば   義援金を集めるのを禁ずるのは   金を必要としている乞食ではなく   裕福な人たちを禁じるべきです。」   [   ---   Irving   Bunim   Ethics   from   Sinai   Vol.3   page   121   ]   ◎Isn't   It   God's   Will   That   The   Poor   Be   Poor   ?   貧乏人が貧しいのは神の意志なのか?   from   the   Talmud   タルムード時代のラビは   貧乏人の苦しみは神の意志であるに違いない   という今ではめったに引用されない議論をしばしばさせられた。事実   ある有名なローマの高官によって   タルムードの偉大な賢者に提出された議論がある。   Rabbi   Meir   は言ったものだ。あるユダヤ教への批判家が   あなたに対して議論をしかけてくるかもしれない   「もしあなたの神が貧乏人たちを愛しているならば   なぜ神は彼らを支援しないのか?」彼に言いなさい   「貧乏人たちを通して   我々が死んだ後に我々が罪から救われるためである。」実際に   Turnusrufus(ユダの地のローマの高官)によって   ラビに出された質問。「もしあなたの神が貧乏人たちを愛しているならば   なぜ神は彼らを支援しないのか?」ラビは答えた   「貧乏人たちを通して   我々が死んだ後に我々が罪から救われるためである。」Turnusrufusは言った   「いや   ちょうど反対に   これゆえに   あなたが死んだ後にあなたは罪を追求される。私はたとえ話を通してあなたにそれを証明しよう。これを想像しなさい。ある意地の悪い王様が   彼の召し使いに怒って   彼をろうやに閉じ込めた。そして彼に食べ物も飲み物も与えないように命令した。そしてある男がやって来て   彼に食べ物と飲み物を与えた。もしその王様が聞いたならば   はたして彼はその男を怒らないであろうか?」   ラビは彼に答えた   「私はたとえ話を通してあなたに答えよう。これを想像しなさい。ある意地の悪い王様が彼の息子に怒って   彼をろうやに閉じ込めた。そして彼に食べ物も飲み物も与えないように命令した。そしてある男がやって来て   彼に食べ物と飲み物を与えた。もしその王様が聞いたならば   はたして彼はその男に褒美をあげないであろうか?」   [   ---   Babylonian   Talmud   Bava   10a   ]   ラビは   Turnusrufus   がいう貧乏は神からの罰であるという議論を受け入れたように見えるけれども   貧乏の人々は神の子供たちであり   そしてそれに従って扱われる権利を与える   と彼は主張し続けている。最も重要なことは   貧乏人への我々の助けを神が喜ぶと主張していることである。加えて   神の子供たちであることは   貧しい人々を食べ物   飲み物   お金だけでなく   同様に   恥をかかせないですませる権利を与える。   ◎Guarding   The   Dignity   Of   The   Poor   貧しい人の自尊心は幾つかの方法で安全に守られる。   1.   貧乏のある数量は避けられない   ということをあらゆる人に思い起こすことによって   自尊心は守られる。   私が命令したあなた方の土地に   貧乏人が絶えることは決してないであろう   だから   貧乏人に対してあなた方の手を開きなさい。   [   申命記   15:7-8   ]   2.   金持ちの人々が   慈善を通して神の命令を果たすために   個人的な「必要」を持っている   ということを教えることによって   自尊心は守られる。   Rabbi   Joshua   ben   Hananiah   は言った:金持ちが(慈善を与えることによって)   貧乏人のためにするよりも   貧乏人が(慈善を受け取ることによって)   金持ちのために多くする。   [   ---   Leviticus   Rabbah   34:11   ]   Rabbi   Joshua   の教えは   ユダヤの民間伝承である「shnorrer(乞食)」のイメージを創造することを助けた。(Sigmunt   Freud   が引用した   Jokes   and   Their   Relationship   to   the   Uncinscious     多くのジョークの中で   「shnorrer(乞食)」は恥じるべきで服従的であるよりも   むしろ誇るべきそして肯定的である。乞食は寄付する人の金に「権利がある」と感じている   なぜならば   彼は寄付する人に「戒律」を実行するための機会を与えることで大きな好意をしている。一つの意味深い話ある:   「shnorrer(乞食)」が毎週ある男から決まった寄付を受け取る習慣があった。ある日   彼は金を求めてやって来る時   その男は彼に何も与えることができないと言う。「私は最近恐ろしく出費をしてしまった。私の妻がたいへんな病気になり   そして私は彼女をCarlsbadの健康保養地に送った。そこはとても寒かったので   私は彼女に新しい衣服と毛皮のコートを買ってしまったのだ。」「何と!」   その乞食は叫んだ。「私の金で?」   3.   裕福な人々の現在の経済状態が劇的に変化する   ということを彼らに印象付けることによって   自尊心は守られる。Rabbi   Hiyya   は彼の妻に忠告した   「貧しい人が玄関に来るならば   素早く彼に食べ物を与えなさい   その同じことがあなたの子供たちになされるように」彼女は絶叫した   「あなたは子供たちを呪うのですか(彼らが乞食なるように暗示して)」しかしRabbi   Hiyya   は答えた   「この世界は回転している車輪である」   [   ---   Babylonian   Talmud   Shabbat   151b   ]   人は   生活は回転している車輪のようであり   最後には彼あるいは彼の子供あるいは彼の孫たちが慈善をもらうように変えられるかもしれない   という事実を深く考えるべきである。それゆえ彼は「貧乏人に与えることによって   いったい私がどれほど私の富を減らすことになるのか?」と考えるべきではない。そうでなく   彼の富が彼自身のものではなく   預金者(神)の意志としての信用として彼に預金されただけであるのだ   と理解すべきである。   [   ---   Abridged   Code   of   Jewish   Law   by   Rabbi   Solomon   Ganzfried   (1804-1886)   34:1   ]   ある正直な男   Reuben     Shimon   に金を貸してくれるように求めた。ためらいもなく   Shimon   はローンを与えた   しかしこう言った   「私は実際にこれを贈り物としてあなたに与える」Reuben   はたいへん恥じて   そして当惑させられた。それで彼は決してShimon   に再びローンを求めることはなかった。明らかに   この場合は   Reuben   にその種の贈り物を与えないほうが良かったであろう。   [   ---   Judah   the   Pious   Sefer   Hasidim   (the   thirteenth-century   Book   of   the   Pious)   paragraph   1691   ]   疑いもなく善意であるけれども   Shimon   の振る舞いは受け取り手に屈辱を与えた   彼がもはや平等でなく   より低い社会レベルの乞食であるという感じを与えることによって。このエピソードは私にこうした評論を思い起こす:昔   ラビがある大博愛主義者を論評をした   「彼は   本当に良い人間であるように   あまりにも多くの慈善を与えるのが好きである」すなわち   彼は与えることで慈善を受けている他の人々から   あまりにも多くの満足を引き出している。   ◎Subtlety   In   Giving   与えるときの敏感さ   著名な20世紀の正当派の賢者   Rabbi   Aharin   Kotler   彼は自分の振る舞いが注意深い調査にさらされたのを知っていた。昔   彼がシナゴーグに入ってゆき   そして再び出てきた時に   彼が同じ乞食にお金を与えているのを観察された。なぜ彼が同じ男に二度与えたのかと質問された時に   Kotlerは答えた   「自分がその貧乏人を見過ごしている   と誰かが見ていて   その男が援助される価値がないと判断するかもしれないことを恐れた」   ◎If   All   Else   Fails:   Pragmatic   Reasons   For   Giving   Charity   慈善を与えるための実用本位な理由   慈善は死から救う。[   ---   箴言   10:2   ]   ほとんどのユダヤの文献はこのことを   慈善は寄付する人を早い死から救うという意味であると理解している。多分この句は文字どおりに   慈善は受取人を救う   と翻訳されるべきである。   ある人が   「私はこのコインを慈善に与えている   私の子供が生きるように」   あるいは「次の世界の中に私がそれを作るように」   と言うならば   彼は完全に正当であると認められる(彼の自己本位な動機であるにもかかわらず)。   [   ---   Babylonian   Talmud   Pesachim   8a-b   ]   Something   Greater   Than   Charity:   Gemilut   Chesed   Acts   Of   Loving-kindness   慈善よりも偉大なこと:Gemilut   Chesed   愛のある親切な行動   from   the   Talmud   我々のラビは教えた:「愛のある親切な行動(Gemilut   Chesed)」は3つの方法で慈善よりも偉大である。慈善は   人の金でなされる   一方   「愛のある親切な行動」は   人の金でなされるか   あるいは   人自身でなされる。(例えば   病人に時間を費やすこと)慈善は   貧乏人のみに与えられる   一方   「愛のある親切な行動」は   貧乏人と金持ちの両方に与えられる。(例えば   喪中あるいは気のふさがった人を慰めること)慈善は   生きている人にのみ与えられる   一方   「愛のある親切な行動」は   生きている人と死んだ人の両方に与えられる。(例えば   貧しく死んだ人に対して正しい埋葬を整えることによって)   [   ---   Babylonian   Talmud   Sukkot   49b   ]   ラビは   神を   愛のある親切な行動の原形の模範であると考えた。トーラ自体が   人々に主の道を歩くように命令している。   (申命記13:5)   神が裸の人に衣服を着せた----それゆえ   あなたもまた裸の人に衣服を着せるべきである。「そして主はアダムと彼の妻のために皮の衣服を作った   そして彼らに着せた」   (創世記3:21)   神が病人を訪問した----それゆえ   あなたもまた病人を訪問すべきである。「主はマムレのテレピンの木のそばで   (アブラハムに)現われた」   (創世記18:1   これはアブラハムが90才で割礼をしてすぐ後であった)   神が死人を埋葬した----それゆえ   あなたもまた病人を埋葬すべきである。「主はモアブの谷で(モーゼを)埋葬した」   (申命記34:6)   神が喪中の人を慰めた----それゆえ   あなたもまた喪中の人を慰めるべきである。「そしてアブラハムの死んだ後   主は彼の息子イサクを祝福した」   (創世記25:11)   [   ---   Babylonian   Talmud   Sotah   14a]   そのラビは   卓越と同等に   死人の埋葬を「愛のある親切な行動」として見た   なぜならば   「受取人」である死人に   必然的にその良い行動の見帰りを支払うどんな希望もないからである。実際   Haffetz   Hayyim   は「愛のある親切な行動(Gemilut   Chesed)」を   「人が見帰りとして何も得ないで   他人のために行なう良い行為」として定義した。   ◎A   Final   Thought   一つの最終的な思想   人は   物質的なもの以上に精神的に関係を持つべきである   しかし他の人の物質的な繁栄は   その彼自身の精神的な関心事である。   [   ---   Rabbi   Israel   Salanter   (1810-1883)   founder   of   the   Mussar   movement   a   movement   that   put   particular   emphasis   on   ethical   self-improvement   ]   ロシアの宗教的   な理想主義者   Nikolai   Berdyaev   (1874-1948)   はより詩的に同じ考えを表した。私自身のためのパンの質問は   物質的な質問である。しかし私の隣人のためのパンの質問は   精神的な質問である。  

サムネイル

アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です) 2 ユダヤ教徒とイスラエルの歴史についてと仏法のそれ自体(=自性)について

アヴェ・ヴェルム・コルプス (お話です) 2  BC7~BC4(3755~3758)頃 イエス様がガリラヤ地方のナザレまたはベツレエムで生まれます。  AC0(3761) AC6(3767) ローマ帝国がエルサレムを含むユダヤ地方を直接支配領しました。ヘロデ王が築いたカエサリア(カイザリア)の街に、ローマ帝国のユダヤ州総督府を設置しました。 30(3791) イエス様がエルサレムで十字架刑に処せられました。(ゴルゴダの丘、現在の聖墳墓教会) 70(3831) エルサレムのユダヤ人の反乱が起きて、ローマ軍ティトスに鎮圧されました。このとき第2神殿が破壊されて嘆きの壁(=西壁)だけが残りました。 610(4371) ムハンマド様がアッラーの啓示を受けてイスラム教創始しました。 740(4501)頃 コーカサス地方のハザール王国(=ハザール汗国)でユダヤ教への大量の改宗が起きました。1016(4777)に滅亡しました。 1242(5003) フランスでタルムードの焚書がございました。 1453(5214) オスマントルコでユダヤ教徒の商人と職人を大切に待遇しました。 1492(5253) スペインがユダヤ人に国外追放令を出しました。 (=1492(5253)) コロンブスが新大陸発見の旅に出ました。 1654(5415) 合衆国のニューアムステルダム(=ニューヨーク)にユダヤ人がたどり着きました。 1656(5417) イギリスのクロムウェルがユダヤ教徒の入国を許可しました。(1290(5051) エドワード1世がユダヤ人を国内から追放して以来です。) 1650年頃 ~1870年頃までの時期に、 各国々で ユダヤの方々に対して 名誉の回復が 行われていくことも 気になるので ございますが、 再び、弾圧が 始まるのでございます。 1871(5632)~1903(5664) ロシアでポグロム(ユダヤの方々の粛清)がございました。 1917(5678) バルフォア宣言(イギリス外相がユダヤ人の有力者ロスチャイルド卿にあてた書簡) 1939(5700) 水晶の夜第二次世界大戦中にユダヤ人約600万人がナチス・ドイツに虐殺さました。(ホロコースト) 1948(5709) 5月14日 イスラエルが独立を宣言しました。 1948(5709) 5月15日 第1次中東戦争起きました。 1956(5717) 第2次中東戦争が起きました。 1964(5725) パレスチナ解放機構(PLO)を結成しました。 1967(5728) 第3次中東戦争が起きました。 1973(5734) 第4次中東戦争が起きました。 1979(5740) イスラエルとエジプトが平和条約を締結しました。 1993(5754) パレスチナ暫定自治協定を調印しました。(オスロ合意) 2001(5762) アメリカ合衆国でブッシュ大統領が就任しました。 2001(5762) 3月7日 シャロン政権が発足しました。 2001(5762) 9月11日 米同時テロ事件が起きました。 2001(5762) 10月7日 米空軍がフガニスタンの空爆を開始しました。 2003(5764) 3月20日 米英軍がイラク戦争を開始しました。 2005(5766) 9月12日 イスラエル軍がガザ地区の撤退を完了しました。 2009(5770) 1月3日 イスラエルがガザ地区に侵攻を開始しました。 「ユダヤ教徒エジプト人とマルクス主義」 「アハマド・サーディク・サアドと民衆的思想」 「ヘンリ・クリエルとエジプト共産主義運動」 「エジプト共産主義運動におけるユダヤ教徒問題」 「国連パレスチナ分割決議とエジプト共産主義運動」 「アラブ民族革命とアラブ共産主義者の殉難」 も気になります。 仏法のそれ自体(=自性)について

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.5.29. 21:21
視聴回数:6577回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: アヴェ・ヴェルム・コルプス   (お話です)   2   ユダヤ教徒とイスラエルの歴史について   紀元前2000年(ユダヤ暦1762年)   ~B.C.1700年(2062年)   アブラハム   子イサク   孫ヤコブが活躍しました。   創世記12・1-3節   アブラハムが神の「あなたの生まれ故郷を出て私が示す地へ行きなさい。私は貴女を大いなる国民として祝福します。地上のすべての民族はあなたのおかげで祝福されます。」という語りかけを聞いてアブラハムの父テラと南メソポタミアから来たメソポタミアに行くことから始まりました。   創世記22章   アブラハムが100歳のとき神が息子イサクを与えましたが   神がイサクを神の犠牲として捧げることを命じ   アブラハムがイサクを殺そうとしたとき神はアブラハムの絶対的神への信頼を見て   アブラハムに殺させることを止めて   別の山羊を捧げさせました。ここから   救世主計画の人物としての教義が始まります。       『ユダヤの方々への迫害が1500年代末まで続きましたが   そこを境に   ユダヤ人神学校が各国につくられて国際社会でユダヤの方々に市民権が開放されていきました。他方   ポグロム(ユダヤ人の粛清)がロシアのオデッサ(1871年)・南ロシア(1881年~1882年)・ロシア(1903年)で起きました。ドイツで水晶の夜(600万人の方々に対するホロコースト)(1939年)   ポーランドでワルシャワゲットーの蜂起(1943年)が起きました。』       BC18世紀   エルサレム旧市街南のオフェルの丘東斜面に城壁跡がございます。   BC14世紀   エルサレムはエジプトの支配下になりました。   BC1270(ユダヤ暦2492)   (出エジプト)   預言者モーセに率いられてエジプトを脱出しました。   BC1100(ユダヤ暦2662)   ヨシュア(預言者モーセの後継者)に率いられてイスラエル十二氏族がカナンの地に定住しました。   BC1020(2742)~BC1004(2726)   サウルがイスラエル王国初代国王になってイスラエル諸部族を統合しました。   BC995(2765)   ユダ族のダビデ王がイスラエルの民十二氏族の国王になりエブスびとのエルサレムを占領して   エルサレムが首都になりました。   BC965(2797)   ダビデの子ソロモン王が即位して   エルサレムに第1神殿建立神殿の丘(ハラム・アッシャリフ)40年間の「ソロモンの栄華」がございました。   BC928(2834)   イスラエル統一王国   イスラエル王国((北の10氏族)とユダ王国(南の2氏族)に分裂。エルサレムはユダ王国(ユダ族とベンヤミン族で構成)の首都になりました。   BC721(3040)   イスラエル王国(北王国)はアッシリアに滅ぼされる。イスラエル王国(北王国)の住民は連行されたか改教しました。これが失われた十氏族になります。   BC586(3176)   ユダ王国(南王国)は新バビロニアに滅ぼされ   エルサレムの第1神殿が破壊されました。この時に残った西壁が現在の「嘆きの壁」です。ユダ王国の多くの人々がバビロンに連行されました。(バビロン捕囚)   BC586~BC538(3176~3224)   第2神殿時代でございます。   BC538~AD70(3224~3831)   ペルシア時代でございます。   BC538(3224)   ペルシア王が捕囚されたユダヤ人に祖国復帰を許可しました。バビロンにいたユダヤ人15万人中   約1/4がエルサレムに帰還しました。   BC515(3247)   エルサレムで第2神殿が完成しました。   BC400(3362)頃   トーラー(旧約聖書の最初の5書:モーセの5書   律法)の結集を行いました。   BC332(3430)   エルサレム   アレクサンドロス大王の支配下になりました。ゴラン高原バニアス(BC3世紀のヘレニズム時代の牧神パンの神殿跡)がございます。   BC63(3699)   ローマがエルサレムを支配しました。   BC37(3725)   エルサレムをヘロデ王が統治(~BC4)しまた。神殿の丘(ハラム・アッシャリフ)を大きくしました。   紀元前の値は値が減っていき   紀元になってから値が   増えていきます(加算と減算)が   ユダヤ暦は紀元前2000年から   値が増えていく(加算だけ)   計算でございます。   BC7~BC4(3755~3758)頃   イエス様がガリラヤ地方のナザレまたはベツレヘムで生まれます。   AC0(3761)   AC6(3767)   ローマ帝国がエルサレムを含むユダヤ地方を直接支配領とする。ヘロデ王が築いた街   カエサリア(カイザリア)にローマ帝国ユダヤ州総督府を設置。   AC6(3767)   ローマ帝国がエルサレムを含むユダヤ地方を直接支配領しました。ヘロデ王が築いたカエサリア(カイザリア)の街に   ローマ帝国のユダヤ州総督府を設置しました。   26(3787)   ピラトゥスがユダヤ州総督として着任しました。   30(3791)   イエス様がエルサレムで十字架刑に処せられました。(ゴルゴダの丘   現在の聖墳墓教会)   66~73(3827~3834)   ユダヤ戦争(ユダヤ人のローマ帝国に対する抵抗でございます。)   70(3831)   嘆きの壁について   エルサレムのユダヤ人の反乱が起きて   ローマ軍ティトスに鎮圧されました。このとき第2神殿が破壊されて嘆きの壁(=西壁)だけが残りました。ここからユダヤ人の世界の流浪が始まりました。   313(3984)   コンスタンチヌス帝がキリスト教をローマ帝国で公認しました。(ミラノの勅令)   326(3997)   ローマ皇帝コンスタンティヌス帝の母后ヘレナ   エルサレムを来訪して   ゴルゴダの丘の場所の特定を行って   現在の聖墳墓教会付近であることを特定しました。   392(4153)   テオドシウス帝がキリスト教をローマ帝国の国教にしました。   395(4156)   ローマ帝国が西ローマ帝国と東ローマ帝国(=ビザンツ帝国)に分裂。   610(4371)   ムハンマド様がアッラーの啓示を受けてイスラム教創始しました。   614(4375)   ペルシア軍がエルサレムを蹂躙(蹂躙)しました。   638(4399)   イスラム教徒(正統カリフ時代第二代カリフのウマル)がエルサレムの占領を無血開城で行いました。   691(4452)   岩のドームが完成しました。   715(4476)頃   アルアクサーモスクが完成しました。   740(4501)頃   コーカサス地方のハザール王国(=ハザール汗国)でユダヤ教への大量の改宗が起きました。   940(4701)   アンダルシアでハスダイ・イブン・シャプルートがコルドバの侍医になり外務大臣になってユダヤ社会指導しました。   1016(4777)   コーカサス地方のハザール王国(=ハザール汗国)が滅亡しました。   1040(4801)   バビロニアでプンハディテの最後のガオリンがカリフの命令で死刑になりました。   1099(4860)   十字軍がエルサレムを侵略して   キリスト教のためのエルサレム王国を建国しました。ユダヤ教徒とイスラム教徒とカトリック以外のキリスト教徒の大規模な殺戮が行われました。   1187(4947)   サラディンがエルサレムをイスラム教徒の手に奪還しました。ユダヤ教徒やキリスト教徒を寛大に扱って   キリスト教徒巡礼者の自由を保障しました。ユダヤ人コミュニティが回復してエルサレムに各宗派の棲み分けができました。   1215(4976)   ローマ教皇が第4回ラテラノ会議でユダヤ教徒に対してバッジを義務付けさせました。   1236(4997)   神聖ローマ帝国のフリードリヒ2世がユダヤ教徒を私有財産の扱いにいたしました。   1240(5001)   フランスでタルムード裁判がございました。   1242(5003)   フランスでタルムードの焚書がございました。   1290(5051)   イギリスのエドワード1世がユダヤ人を国内から追放しました。(1656(5417)にクロムウェルがユダヤ人の入国を再度許可しました。)   1298(5059)   神聖ローマ帝国がユダヤ人を迫害して   貴族のカルブフライシュが全ユダヤ人の壊滅を行いなさいという神の命令を受けたと主張しました。   1306(5067)   フランスのフィリップ王が   国内からユダヤ人を追放しました。   1320(5081)   フランスで4万人の羊飼いが十字軍を結成して   聖地の奪回を目指して   ユダヤ人も殺害しました。   1321(5082)   フランスのギエンヌ州で井戸に毒を投げ込んだと尋問を受けたユダヤ人の告白で   5   000人が火刑になりました。   1348(5099)   ドイツと全ヨーロッパでユダヤ人がペストをまく犯人にされて各地でユダヤ人が殺戮されました。ローマ教皇のクレメント6世がユダヤ教徒保護教書を発布しました。   1415(5176)   ローマ教皇のベネディクト13世がタルムードの検閲を命令しました。   1453(5214)   オスマントルコでユダヤ教徒の商人と職人を大切に待遇しました。ポーランドでフランチェスコ会の修道士カピストラーノがユダヤ人の市民権を剥奪するようにポーランド王に進言しました。   1478(5239)   ユダヤ人に対して異端審問が開始されました。   1492(5253)   スペインでユダヤ教徒追放令が発布されて大量の強制改宗が行われました。   (=1492(5253))   シチリアでユダヤ人強制追放が行われました。   (=1492(5253))   ポルトガルでユダヤ人に友好的なマニュエル王がスペインの圧力でユダヤ人が国内から追放または強制改宗が行われました。   (=1492(5253))   スペインがユダヤ人に国外追放令を出しました。   (=1492(5253))   コロンブスが新大陸発見の旅に出ました。   1517(5277)   オスマン帝国がエルサレムを支配下になりました。ヴェネチアで初めてのゲットーができました。   1531(5292)   ポルトガルで異端審問所が発足しました。   1534(5295)   ジギスムント1世がユダヤ教徒のバッジを廃止しました。   1537(5298)   モコッロで最初のメッラーが建立されました。   1540(5301)   ナポリでユダヤ人が追放されました。   1541(5302)   スレイマン大帝がエルサレムの城壁を修復しました。   1550(5301)   ジェノヴァとヴェニスでユダヤ人が追放されました。   1544(5305)   ドイツで宗教改革者のマルチ・ンルターがユダヤ人を攻撃しました。   1555(5316)   ローマ教皇のパウロ4世がユダヤ教徒のゲットーの入植を命令しました。   1569(5330)   ローマ教皇のパウロ4世がユダヤ教徒を追放しました。   1650(5411)   スピノザがユダヤ社会から追放されました。   1654(5415)   合衆国のニューアムステルダム(=ニューヨーク)にユダヤ人がたどり着きました。   1656(5417)   イギリスのクロムウェルがユダヤ教徒の入国を許可しました。(1290(5051)   エドワード1世がユダヤ人を国内から追放して以来です。)   1650年頃   ~1870年頃までの時期に   各国々で   ユダヤの方々に対して   名誉の回復が   行われていくことも   気になるので   ございますが   再び   弾圧が   始まるのでございます。   1711(5472)   ドイツで初の公認のシナゴーグができました。   1730(5491)   合衆国のニューヨークに公認のシナゴーグができました。   1769(5530)   オーストリアでマリア・テレジア女帝がユダヤ人法を発布しました。   1791(5552)   フランスの国民会議で   すべてのユダヤ人に完全な市民権を与えました。   1794(5555)   ロシアでユダヤ人が拘束されて   25年間の軍役を強要して多くのユダヤ人がロシアを離れました。   1808(5569)   モロッコでラバ・トサレとラバトとテトアンにメッラーができました。   1811(5572)   オーストリアのウィーンにシナゴーグの建設が許可されました。   1822(5583)   フランスのメッツにユダヤ人神学校が創立しました。   1829(5590)   イタリアのパドゥアにユダヤ人神学校が創立しました。   1839(5600)   オスマントルコでユダヤ人教徒に対して市民権が与えられました。   1845(5606)   イギリスでユダヤ人対して公職を開放しました。   1847(5607)   イギリスの下院議員ライオネル・ロスチャイルドがキリスト教の宣誓を拒否しました。(1858(5619)年に修正誓約を認めて議席に着きました。)   1870(5631)   イタリアでローマのゲットーが廃止されてユダヤ人の差別が撤廃されました。   1871(5632)   ロシアのオデッサでポグロム(ユダヤの方々の粛清)がございました。   1881(5642)~1882(5643)   南ロシアでポグロム(ユダヤの方々の粛清)がございました。   1903(5664)   ロシアでポグロム(ユダヤの方々の粛清)がございました。   1917(5678)   バルフォア宣言(イギリス外相がユダヤ人の有力者ロスチャイルド卿にあてた書簡)「イギリス政府はパレスチナにナショナルホームを設立することを約束し   その目的達成のため最善の努力を行う」を行いました。   1917(5678)   イギリス軍がパレスチナを占領しました。オスマン帝国軍のエルサレム守備隊がイギリスに降伏しました。   1922(5683)   イギリスによるパレスチナ委任統治正式に始まりました。エルサレムが委任統治領の首都になりました。   1925(5686)   ヘブライ大学が成立しました。   1929(5690)   「嘆きの壁」事件でユダヤ教徒とイスラム教徒の対立で双方の死者が約300人になりました。   1936(5697)   パレスチナ・アラブ大反乱「アラブの大蜂起」がございました。   1939(5700)   水晶の夜第二次世界大戦中にユダヤ人約600万人がナチス・ドイツに虐殺さました。(ホロコースト)   1947(5708)   2月   イギリスがパレスチナの委任統治を放棄することを宣言しました。   1947(5708)   11月   国連がパレスチナ分割決議案採択しました。   1948(5709)   5月14日   イスラエルが独立を宣言しました。そのときのイスラエルのユダヤ人の人口が約70万人です。   1948(5709)   5月15日   第1次中東戦争起きました。アラブ諸国がパレスチナに侵攻しました。アラブ・パレスチナ側が「パレスチナ戦争」と呼んで   イスラエルは「独立戦争」と呼びます。第1次中東戦争でアラブ・パレスチナ人の難民が約80万人になりました。エルサレム旧市街のユダヤ人地区からユダヤ人全員が離れました。。   1949(5710)   イスラエルとヨルダンが休戦協定を締結しました。   1951(5712)   7月20日   ヨルダン国王アブドッラーがアラブ人過激派にアル・アクサー・モスク前で暗殺されて亡くなりました。   1956(5717)   第2次中東戦争が起きました。   1964(5725)   東エルサレム   オリーブ山山頂のホテルでパレスチナ解放機構(PLO)を結成しました。   1967(5728)   第3次中東戦争が起きました。   1968(5729)   スペインはユダヤ人に対する追放令を公式に解除しました。476年ぶりでございましたが   1800年末にロスチャイルド商会のマドリード支店ができて実質的に無効になってございました。   1972(5733)   日本赤軍3名がテルアビブのロッド空港(=現在のベン・グリオン国際空港)で自動小銃を乱射して24人が亡くなって100人近くが負傷しました。   1973(5734)   第4次中東戦争が起きました。   1979(5740)   イスラエルとエジプトが平和条約を締結しました。   1981(5742)   エジプトのサダト大統領が暗殺されて亡くなりました。   1982(5743)   イスラエルがシナイ半島の撤退が完了して   シナイ半島をエジプトに返還しました。   1993(5754)   パレスチナ暫定自治協定を調印しました。イスラエルとPLOが相互承認しました。(オスロ合意)   1995(5756)   イスラエルのラビン首相が暗殺されて亡くなりました。   2000(5761)   リクード党のシャロン党首がアルアクサーモスクを訪問しました。アルアクサー・インティファーダ(第2次インティファーダ)が始まりました。~現在)   2000(5761)   イスラエルのバラク首相とアラファト・パレスチナ自治政府議長がパリで会談しました。   2001(5762)   アメリカ合衆国でブッシュ大統領が就任しました。   2001(5762)   3月7日   シャロン政権が発足しました。   2001(5762)   8月27日   アリー・ムスタファPFLP議長がイスラエルの暗殺作戦で亡くなりました。   2001(5762)   9月11日   米同時テロ事件が起きました。   2001(5762)   10月7日   米空軍がフガニスタンの空爆を開始しました。   2001(5762)   10月17日   イスラエルのゼエヴィ観光相が暗殺されて亡くなりました。(8月27日アリー・ムスタファPFLP議長の暗殺の報復でした。)   2001(5762)   12月3日   シャロン首相が「対テロ戦争」を宣言しました。   2002(5763)   1月22日   ハマスがイスラエルに対して「全面戦争」を宣言しました。   2002(5763)   2月21日   シャロン首相が「分離壁」設置を宣言しました。   2002(5763)   6月   「分離壁」の建設が始まりました。   2003(5764)   1月28日   イスラエルの総選挙でリクード党が圧勝してシャロン首相の続投が決まりました。   2003(5764)   3月20日   米英軍がイラク戦争を開始しました。   2003(5764)   4月9日   バグダッドが陥落しました。イラク・フセイン政権が事実上崩壊しました。   2004(5765)   2月2日   シャロン首相がガザ地区からの一方的な撤退を発表しました。   2004(5765)   3月22日   ハマス指導者ヤシン師がイスラエルの暗殺作戦で亡くなりました。   2004(5765)   4月17日   ハマス新指導者ランティシ師がイスラエルの暗殺作戦で亡くなりました。   2004(5765)   11月11日   PLO議長でパレスチナ自治政府議長のヤセル・アラファト氏(75)が死去しました。   2005(5766)   1月9日   パレスチナ自治政府の議長選挙でアッバース氏が当選しました。   2005(5766)   2月8日   イスラエルのシャロン首相とパレスチナ自治政府のアッバス議長の首脳会談が行われました。(この2者の初の首脳会談で   エジプトのシャルムエルシェイクで行われました。双方が暴力停止を宣言しましたが   ハマスが暴力停止宣言に拘束されないと言明してパレスチナ内部でねじれが起きました。2012年現在の国際社会の各国の政権の現状に似てございます。)   2005(5766)   6月21日   イスラエルのシャロン首相とパレスチナ自治政府のアッバス議長の首脳会談が行われました。(エルサレムで行われましたが   進展しませんでした。共同会見も行われませんでした。)   2005(5766)   8月15日   イスラエルのガザ地区からのユダヤ人の入植者約8   000人が撤退を開始しました。   2005(5766)   9月12日   イスラエル軍がガザ地区の撤退を完了しました。   (ガザ地区が1967年以来38年ぶりにパレスチナの方々の支配下になりました。)   2005(5766)   11月21日   シャロン首相がリクード党を離れて新党「カディマ(=前進)」を結成しました。   2006(5767)   1月4日   シャロン首相が脳出血で重体になりました。   2006(5767)   1月25日   パレスチナ評議会の選挙でハマスが与党第1党になりました。132議席中74議席を獲得しました。   2006(5767)   6月8日   イスラエルがガザ地区南部のラファを空爆してハマス治安部隊のトップなどが亡くなりました。   <特大><特大>2005年2月8日   ~2006年6月8日   奇跡的に   平和な状態の   時期でございました。</特大></特大>   2006(5767)   6月9日   イスラエルがガザ地区北部の海水浴場を誤爆して   家族連れなど7人が亡くなりました。   同日   ハマスは停戦を破棄してイスラエルに対する攻撃を再開すると宣言しました。   2006(5767)   7月12日   レバノンのヒズボラがイスラエルとの戦闘中にイスラエル兵を2名拉致しました。イスラエルはベイルートの空爆を開始しました。   2006(5767)   8月14日   イスラエルとレバノンが停戦に合意しました。   2007(5768)   6月   ハマスがガザ地区を制圧しました。イスラエルが境界を封鎖しました。   2008(5769)   2月27日   イスラエル軍がガザで武装勢力の掃討作戦を行いました。6日間で110人以上の方が亡くなりました。   2008(5769)   6月19日   イスラエルとハマスの停戦の合意が発効しました。   2008(5769)   12月19日   イスラエルとハマスの停戦の合意が終了しました。   2008(5769)   12月27日   イスラエルがガザ地区のハマス拠点に大規模の空爆を開始しました。   2009(5770)   1月3日   イスラエルがガザ地区に侵攻を開始しました。   2010(5771)   中国新彊ウイグル自治区で暴動が起きました。   キルギスで政変が起きました。   タイで反政府デモが起きました。   韓国の哨戒艦が撃沈されました。   北朝鮮が韓国のヨンピョン島を砲撃しました。   ナイジェリアで民族紛争が起きました。   メキシコで麻薬戦争が起きました。   2011(5772)   ヨルダンとシリアとイエメンで反政府運動が激化しました。   チュニジアで反政府暴動が起きて政権が転覆しました。   エジプトで大規模な反政府民主運動が起きて政権が転覆しました。   リビアで政府と反政府勢力の武力衝突が起きて内戦になり政権が崩壊しました。   コートジボアールで内紛が起きて武力衝突しました。   南スーダンが独立しました。   2012(ユダヤ暦5773)   シリアで反政府勢力に対する弾圧が激しくなりました。   マリでクーデターが起きました。   「ユダヤ教徒エジプト人とマルクス主義」   「アハマド・サーディク・サアドと民衆的思想」   「ヘンリ・クリエルとエジプト共産主義運動」   「エジプト共産主義運動におけるユダヤ教徒問題」   「国連パレスチナ分割決議とエジプト共産主義運動」   「アラブ民族革命とアラブ共産主義者の殉難」   も気になります。   仏法のそれ自体(=自性)について  

サムネイル

アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です) 1 ユダヤ教徒とイスラエルの歴史についてと仏法のそれ自体(=自性)について

アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です) 1  ユダヤ教徒とイスラエルの歴史について 紀元前2000年(ユダヤ暦1762年) ~B.C.1700年(2062年) アブラハム、子イサク、孫ヤコブが活躍しました。 創世記12・1-3節 アブラハムが神の「あなたの生まれ故郷を出て私が示す地へ行きなさい。私は貴女を大いなる国民として祝福します。地上のすべての民族はあなたのおかげで祝福されます。」という語りかけを聞いてアブラハムの父テラと南メソポタミアから来たメソポタミアに行くことから始まりました。 創世記22章 アブラハムが100歳のとき神が息子イサクを与えましたが、神がイサクを神の犠牲として捧げることを命じ、アブラハムがイサクを殺そうとしたとき神はアブラハムの絶対的神への信頼を見て、アブラハムに殺させることを止めて、別の山羊を捧げさせました。ここから、救世主計画の人物としての教義が始まります。 ■         ■ 『ユダヤの方々への迫害が1500年代末まで続きましたが、そこを境に、ユダヤ人神学校が各国につくられて国際社会でユダヤの方々に市民権が開放されていきました。他方、ポグロム(ユダヤ人の粛清)がロシアのオデッサ(1871年)・南ロシア(1881年~1882年)・ロシア(1903年)で起きました。ドイツで水晶の夜(600万人の方々に対するホロコースト)(1939年)、ポーランドでワルシャワゲットーの蜂起(1943年)が起きました。』 ■        ■ BC18世紀 エルサレム旧市街南のオフェルの丘東斜面に城壁跡がございます。 BC14世紀 エルサレムはエジプトの支配下になりました。 BC1270(ユダヤ暦2492) (出エジプト) 預言者モーセに率いられてエジプトを脱出しました。 BC1100(ユダヤ暦2662) ヨシュア(預言者モーセの後継者)に率いられてイスラエル十二氏族がカナンの地に定住しました。 BC1020(2742)~BC1004(2726) サウルがイスラエル王国初代国王になってイスラエル諸部族を統合しました。 BC995(2765) ユダ族のダビデ王がイスラエルの民十二氏族の国王になりエブスびとのエルサレムを占領して、エルサレムが首都になりました。 BC965(2797) ダビデの子ソロモン王が即位して、エルサレムに第1神殿建立神殿の丘(ハラム・アッシャリフ)40年間の「ソロモンの栄華」がございました。 BC928(2834) イスラエル統一王国、イスラエル王国((北の10氏族)とユダ王国(南の2氏族)に分裂。エルサレムはユダ王国(ユダ族とベンヤミン族で構成)の首都になりました。 BC721(3040) イスラエル王国(北王国)はアッシリアに滅ぼされる。イスラエル王国(北王国)の住民は連行されたか改教しました。これが失われた十氏族になります。 BC586(3176) ユダ王国(南王国)は新バビロニアに滅ぼされ、エルサレムの第1神殿が破壊されました。この時に残った西壁が現在の「嘆きの壁」です。ユダ王国の多くの人々がバビロンに連行されました。(バビロン捕囚) BC586~BC538(3176~3224) 第2神殿時代でございます。 BC538~AD70(3224~3831) ペルシア時代でございます。 BC538(3224) ペルシア王が捕囚されたユダヤ人に祖国復帰を許可しました。。バビロンにいたユダヤ人15万人中、約1/4がエルサレムに帰還しました。 BC515(3247) エルサレムで第2神殿が完成しました。 BC400(3362)頃 トーラー(旧約聖書の最初の5書:モーセの5書、律法)の結集を行いました。 BC332(3430) エルサレム、アレクサンドロス大王の支配下になりました。ゴラン高原バニアス(BC3世紀のヘレニズム時代の牧神パンの神殿跡)がございます。 BC63(3699) ローマがエルサレムを支配しました。 BC37(3725) エルサレムをヘロデ王が統治(~BC4)しまた。神殿の丘(ハラム・アッシャリフ)を大きくしました。 紀元前の値は値が減っていき、 紀元になってから値が 増えていきます(加算と減算)が、 ユダヤ暦は紀元前2000年から 値が増えていく(加算だけ) 計算でございます。 BC7~BC4(3755~3758)頃 イエス様がガリラヤ地方のナザレまたはベツレエムで生まれます。  AC0(3761)

投稿者:サイト名 有馬徳彦
投稿日時:2012.5.29. 17:55
視聴回数:1697回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 暮らし全般   エンタメ全般   教育全般  
タグ: アヴェ・ヴェルム・コルプス(お話です)   1   ユダヤ教徒とイスラエルの歴史について   紀元前2000年(ユダヤ暦1762年)   ~B.C.1700年(2062年)   アブラハム   子イサク   孫ヤコブが活躍しました。   創世記12・1-3節   アブラハムが神の「あなたの生まれ故郷を出て私が示す地へ行きなさい。私は貴女を大いなる国民として祝福します。地上のすべての民族はあなたのおかげで祝福されます。」という語りかけを聞いてアブラハムの父テラと南メソポタミアから来たメソポタミアに行くことから始まりました。   創世記22章   アブラハムが100歳のとき神が息子イサクを与えましたが   神がイサクを神の犠牲として捧げることを命じ   アブラハムがイサクを殺そうとしたとき神はアブラハムの絶対的神への信頼を見て   アブラハムに殺させることを止めて   別の山羊を捧げさせました。ここから   救世主計画の人物としての教義が始まります。       『ユダヤの方々への迫害が1500年代末まで続きましたが   そこを境に   ユダヤ人神学校が各国につくられて国際社会でユダヤの方々に市民権が開放されていきました。他方   ポグロム(ユダヤ人の粛清)がロシアのオデッサ(1871年)・南ロシア(1881年~1882年)・ロシア(1903年)で起きました。ドイツで水晶の夜(600万人の方々に対するホロコースト)(1939年)   ポーランドでワルシャワゲットーの蜂起(1943年)が起きました。』       BC18世紀   エルサレム旧市街南のオフェルの丘東斜面に城壁跡がございます。   BC14世紀   エルサレムはエジプトの支配下になりました。   BC1270(ユダヤ暦2492)   (出エジプト)   預言者モーセに率いられてエジプトを脱出しました。   BC1100(ユダヤ暦2662)   ヨシュア(預言者モーセの後継者)に率いられてイスラエル十二氏族がカナンの地に定住しました。   BC1020(2742)~BC1004(2726)   サウルがイスラエル王国初代国王になってイスラエル諸部族を統合しました。   BC995(2765)   ユダ族のダビデ王がイスラエルの民十二氏族の国王になりエブスびとのエルサレムを占領して   エルサレムが首都になりました。   BC965(2797)   ダビデの子ソロモン王が即位して   エルサレムに第1神殿建立神殿の丘(ハラム・アッシャリフ)40年間の「ソロモンの栄華」がございました。   BC928(2834)   イスラエル統一王国   イスラエル王国((北の10氏族)とユダ王国(南の2氏族)に分裂。エルサレムはユダ王国(ユダ族とベンヤミン族で構成)の首都になりました。   BC721(3040)   イスラエル王国(北王国)はアッシリアに滅ぼされる。イスラエル王国(北王国)の住民は連行されたか改教しました。これが失われた十氏族になります。   BC586(3176)   ユダ王国(南王国)は新バビロニアに滅ぼされ   エルサレムの第1神殿が破壊されました。この時に残った西壁が現在の「嘆きの壁」です。ユダ王国の多くの人々がバビロンに連行されました。(バビロン捕囚)   BC586~BC538(3176~3224)   第2神殿時代でございます。   BC538~AD70(3224~3831)   ペルシア時代でございます。   BC538(3224)   ペルシア王が捕囚されたユダヤ人に祖国復帰を許可しました。。バビロンにいたユダヤ人15万人中   約1/4がエルサレムに帰還しました。   BC515(3247)   エルサレムで第2神殿が完成しました。   BC400(3362)頃   トーラー(旧約聖書の最初の5書:モーセの5書   律法)の結集を行いました。   BC332(3430)   エルサレム   アレクサンドロス大王の支配下になりました。ゴラン高原バニアス(BC3世紀のヘレニズム時代の牧神パンの神殿跡)がございます。   BC63(3699)   ローマがエルサレムを支配しました。   BC37(3725)   エルサレムをヘロデ王が統治(~BC4)しまた。神殿の丘(ハラム・アッシャリフ)を大きくしました。   紀元前の値は値が減っていき   紀元になってから値が   増えていきます(加算と減算)が   ユダヤ暦は紀元前2000年から   値が増えていく(加算だけ)   計算でございます。   BC7~BC4(3755~3758)頃   イエス様がガリラヤ地方のナザレまたはベツレエムで生まれます。   AC0(3761)  

サムネイル

ロボット「ムラタセイサク」君登場

 三重県内で事業展開する企業などが新製品や新技術を披露する「リーディング産業展みえ2008」が11月7、8の両日、三重県四日市市羽津甲の四日市ドームで行われた。村田製作所の自転車型ロボット「ムラタセイサク君」の実演などのイベントがあり、訪れた人が熱心に見入っていた。

投稿者:サイト名 mainichi
投稿日時:2008.11.13. 01:28
視聴回数:538回
お気に入り登録:0
カテゴリ: 全国   三重   歳時・イベント   いりゃあせ名古屋   歳時・イベント  
タグ: リーディング産業展   四日市ドーム   ムラタセイサク君  

01

   
videovar
iPeeVee iPeeVee

会社概要 |  ソリューション |  お問い合わせ |  スタッフ募集 |  利用規約 |  プライバシーポリシー

Copyright (C) 2006-2019 PeeVee Corporation. All rights reserved.